05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

守護霊様からのメッセージ その22

2016年06月30日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/blankpage1.html

ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

今回紹介いたします内容は、16世紀か17世紀の頃、中国で女性として転生していた方で、中国の王朝の親族の家系の娘として生まれ育った方からのメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

〈守護霊様からのメッセージです〉

日常の中でさりげない気遣いをしたり、何気なく慈愛にあふれた行動をしたりするようなあなたにとってはごく普通の心遣いによる言動が、その愛の恩恵を受けた人にとっては、とても大きな癒しになり支えになり、光を充電し、波動を高める結果に至っているのです。

ただ、あまり過剰な気遣いやサポートをし過ぎてしまって、相手にとって少し有難迷惑なことであったり、本来はその本人自身が解決すべき問題をサポートしすぎて解決してあげることによって、その本人の学びを損ねる結果に至ってしまったりすることもありますので、あなたのその優しさやさりげない気遣いはとても素晴らしいところがありますが、相手の領域に入り込み過ぎてしまったと感じるようなことがあった場合には、気づき次第修正し、お互いの領域を守るよう努めつつ、ポジティブに感じる状況に納めるよう努めた方が良いでしょう。

あらゆる角度から物事を見て捉えるようにすると、一方向から見て感じるだけでは認識できなかったような様々な事実が、広がり深まって認識できることがあります。ある一方向から感じるとネガティブな要素が強く思えたことが、多方面から総合的に捉えてみると、実際は必要でとてもポジティブであったという事もあり得るわけですし、その逆のことも在り得るわけです。

第一印象や直感や第一インスピレーションはとても大切であり、それを信頼することがよりポジティブな選択をすることにつながることは事実ですが、今話をしたことは、ある一つの物事や言葉や物理的状況を捉える場合の話でして、何が何でも多角的に捉えるべきだと申しているわけではありません。

直感的に捉えた方が良いこともあれば、多角的に捉えた方が良いこともあるわけでして、一方向から捉えて何か腑に落ちないとか違和感があるとかと感じた際には、多角的に捉え直すとよいという事です。

逆に直感的に強いわくわく感があり、これで間違いないと感じた時には、本来持ち合わせているあなたの感受性の強さや直感力・インスピレーションを受け取る力の強い特質からも、強くわくわく感じる事やそれで間違いないだろうと確信できるようなことは、ハイヤーマインドやスピリットガイドといった高次元領域から与えられた、直感やインスピレーションである確率が高いので、特に大切になさるとよいです。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」









スポンサーサイト
バックナンバー改訂版

我が子・家族・愛する人の健康に対するサポート

2016年06月29日
✿現在、6月の月末の大祓いのご依頼を承っています。6月30日(木)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

より健康な状態を保つことは、あらゆることのバランスをよりポジティブに保つようにすることが必要になります。私たち大人と自覚しているそれなりに自立した生活を送っている者にとって、この健康管理やよりポジティブにバランスをとることに関しては、自らの自由意思や自己責任による自己管理が大切になるわけですが、今世における人生においては、保護者を必要とする子どもたちにとっては、保護者としての立場である大人のサポートが必要不可欠なものとなりますし、そのサポートによる影響力は大きなものとなっているのが事実です。

上記のような自覚のもと、我が家の子どもたちが健康を保つことや、崩れかけたり崩れてしまったりしている健康を回復させるために、我が家で私や妻が日頃から気を遣っていることを思い浮かんだ順番に、いくつかの実践方法をピックアップして書きたいと思います。

また、これから書く内容は、何か特別な能力やツールやメソッドが必要であるわけではなく、意識的に行うだけでどなたにでも比較的に実践しやすいと内容が多いだろうと思われますし、すでに日常生活の中で実践されていることと同じようなことでもあるかもしれませんが、一通りお読みいただく中でポジティブに感じられるようなことがありましたら、わくわく感に応じて意識的に実生活でご活用いただければ幸いに思います。

そして、これは自分の子どもに対してだけではなくて、自分自身の健康保持にも役立つでしょうし、私が「我が子」と表現した部分を「家族」や「愛する人」と言葉を置き換えれば、我が子以外の人に対してはもちろんのこと、あなたが愛を向ける必要を感じたすべての人に対して通じる内容でもあります。

◎親として、我が子に対する愛情が深い人は、その愛を大きくめぐらせていくうちに、気遣いや心遣いがいつのまにかネガティブな波動・エネルギーを発するような、余計なことまで心配したり不安を感じたりするなどといった取り越し苦労をついついしてしまったり、切なくてつらく悲しい気持ちになったりするようなネガティブな情緒が発するような経験は、多かれ少なかれ、子育てを経験しているほとんどのみなさんが経験していることだろうと思います。

このネガティブな気持ちに至った要因は、我が子に対する純粋な愛が大きいことから生じたわけですから、愛というとてもポジティブなものでもありますが、結果としてネガティブな情緒が大きくなればなるほど低い波動を発してしまい、自分自身の波動が下がり、我が子に対してもネガティブなエネルギーを与えてしまう結果となってしまいます。

ですから、愛深き気持ちが、心配や不安やイライラなどのネガティブな感情となったり、それなりに必要な危機管理のようなことはしたとしても、ネガティブな情緒を発していることや過剰な危機管理をしていることに気づいた時点で、できるだけ過剰にならないようにし、取り越し苦労をしすぎないように意識することが必要です。

そして、愛の思いに立ち返り、励ましや許しや安心などのポジティブな愛の表現に意識的に置き換えるようにして「がんばってね」「早く元気になってね」「大丈夫だよ」「安心してね」などといった元気づけるようなポジティブな言霊や思念(心の中で思うこと)を我が子に向けて発するようにしたり、元気になっている姿や笑顔などといった健康が回復した時の我が子をイメージしたりするだけで、親の愛情に加えてとても強くて高い波動から発するエネルギーを我が子に与え癒すことができます。

我が子が目の前で病気等に苦しんでいる時に、不安や心配などのネガティブな情緒が、多かれ少なかれそれなりに発してしまうのは愛が大きい人には当然のことであるともいえますが、ネガティブなままでいるよりも、ポジティブな波動・エネルギーに変換するだけでも、本質的であるスピリチュアルな観点では、結果としてとても大きな違いが生じるということになるということなのです。

我が子があらゆる境遇の中でたとえ様々なマイナスエネルギーの影響を受けてしまったとしても、親の愛情が深く、より高い波動の中で包み込んであげたり、多く身を置く場所である自宅のエネルギーをより高く保つようにしたりするなど、親から与えられるエネルギーやサポートは、我が子にとっては最も重要であり影響を受けやすいものなのです。

これは、親子の信頼関係や深い絆からくるものですから、当然のことでもあるわけですが、だからこそ、とても重要なことでもあるのです。かといって、我が子が病気になったのは、すべて親の責任であるということをいっているのではありません。子ども自身のカルマが関係する場合もありますし、子どもが成長するための学びの状況として与えられる場合もあるからです。

しかしながら、苦しみや痛みなどのネガティブな状況になってしまう我が子の姿を見たくはないですし、できればより健康のままで学びを続けてほしいという親としての願いを持っているわけですから、より健康的な状況の中で学びをサポートするためには、親の無償の愛を、できるだけ高い波動のままポジティブなエネルギーとして我が子に与えるよう努めることが大切であるということなのです。

◎青白い光(白・白銀・銀・金でもOK)で我が子を包むようにイメージしてみてください。これは、目を開けていても閉じていてもどちらでも結構です。また、我が子が見える範囲にいない場合は、我が子をイメージして青白い光で包み込むイメージをしてみてください。そして、我が子に対して「今日も一日元気で過ごせますように。」「平熱に戻りますように。」「インフルエンザが治りますように」などといった、希望や理想とする状況のアフォーメーション(肯定的表現の言葉)を心の中で唱えてください。それだけでも、我が子に対して高い波動のスピリチュアルなエネルギーが与えられますし、より強く守護していただけるようにもなります。

◎ショッピングセンターや役所などといった、たくさんの人が出入りする場所で、空調や窓や出入り口の関係などから、気の流れが滞っているような場所や薄暗いような場所には、比較的に人から発する邪気や場の邪気がたまりやすい状況になっている場合があります。また特に病院はそれなりに多くの邪気のたまり場となっている場合が多くみられます。そして、子どもにとっては身近であり、それなりに長い時間身を置いている、保育園や幼稚園や学校でも、土地や担任教師のネガティブなエネルギーが発されていたり、特に冬場に室内の換気を怠って気が滞っているときに、邪気がこもっていたりするケースもめずらしくはありません。

そのような事をすでに10年以上は常に感じて意識し、そういった邪気の多い場所に行ったと自覚した際には、事後に出来るだけ早い段階で、日々浄化に励んでいるいる我が家では、自分自身のため家族のために、上記のような邪気の多い場所に行った際には、帰宅するなり必ず、子どもたちはまず先にできるだけ早い段階で入浴すること、そして服を着替えることを、もうすでにすっかりと習慣となって身について実践していますし、親である私も妻も習慣にして実践し続けています。

場所や他の人から邪気をそれなりに多く受けてしまったと感じたり、体調を崩しかけたりしている時には、少しぬるめにした湯船に、できるだけゆっくりとつかること。そして、いつも以上に身体をよく洗い流すこと。それだけでも、邪気は肉体から除去され浄化されます。水の浄化力はとても強いのです。また、発汗することや体が温められて全身が活性化されることも、浄化作用があるので効果があります。また、衣服にも邪気は付着するので、必ず着替えるようにしています。

ちなみに、衣服を洗濯をする時に湯船にたまっている水を使う方もいますが、湯船にたまっている残り湯には、浄化された邪気が残っています。ですから、せっかく水に溶け込んだ邪気が洗濯した衣服についてしまいます。それでも、外に干して日光や風によって浄化されればそれなりに浄化しますが、乾燥機にかけたり家の中で乾かしたりした場合には、邪気が残ったままになってしまいます。そんな訳ですので、できれば洗濯をする際には湯船の残り水は使わないことをお勧めしますし、もしご家族で体調を崩しているような方がいる場合には、特に気をつけた方が良いです。

☆関連記事⇒「浄化&パワー入れの実践方法」

子どもは大人に比べると肉体的にはまだまだ弱さがあるために、たとえエネルギー的には波動が高くて光を多く放っていたとしても、肉体が邪気によって不調和を起こしてしまい、肉体のアンバランスさから苦痛を味わったり悪性のウィルスに感染してしまったりという、いわゆる病気になってしまう可能性が、肉体的な成長期を終えた大人よりも、はるかに確率的には高い状況であります。

それでも、必要に応じて我が子を連れてこのような場所に行く機会が日常的なこととしては避けられない方が多いでしょうから、完全に避けるということは、日本において実生活を送る中では難しいという人がほとんどかと思います。もちろん我が家でも同様に、必要に応じて子どもとともに出かけますが、特に心がけていることは「最低限の必要に応じて」ということを意識しているということと、私や妻がマイナスなエネルギーを強く感じた場合はもちろんのこと、子どもにも様子を聞いて邪気の影響をそれなりに強く受けていると感じた場合には、さらにより早くその場を出るようにしているということです。

上記の「子どもに様子を聞く」とはどのようなことかといいますと、子どもたちの波動も肉体も、大人以上に敏感であり微細である場合が多いのですが、特に肉体的に不調和を感じやすいのが「頭痛がする」「頭がふらふらする」「吐き気がする」「おなかが痛くなる」といったことが、耐えきれない状況まではいかなくいで少しだけ感じただけだとしても、肉体に影響するには、それなりに強い邪気があるという証拠でもありますので、このようなわずかな体調の変化でもいいから子どもに聞いてみることで、その場の状況を認識する大きな材料になります。

また、言葉を発することやうまく表現することが難しい幼い子の場合は、わけもなく泣いたり不快な表情をしたりする場合には、チェックして親なりに状況を識別する必要があるということになります。普段から、このようにエネルギーに対して敏感である子どもの状況を見たり感じたり話をして聞くようにしたりすることは、その場のエネルギーを判断するのにはとても有効なことでもありますし、我が子の健康を守るためにもたいへん必要なことであると私たちは感じて意識的に行っています。


◎日頃からカルフード(ネガティブな食物)はできるだけ摂取しないような食生活を心掛けると良いです。このカルフードの代表的な物は、化学食品添加物を多く含んだ食品、遺伝子組み換え食品などです。それでも、これらが含まれていると分かっていても、完全に避けることは、今の食品全体の状況から難しいと言えるでしょうし、個々の体に応じての必要性やこれまでの食生活における習慣などから、意識的に減らすことはできても、やはり完全に避けることは難しいでしょう。今の世においては、私たちはネガティブなものとポジティブなものとの両面のあることを知っていながらも、うまくバランスを保ってネガティブであるとわかっていても、必要に応じてあえて活用すべき場合もあるのです。

*また、加えて電子レンジの使用もできるだけ避けることをお勧めします。よろしかったら私の過去に掲載した記事をご参照ください⇒「それでも電子レンジを使いますか?」

それでも、意識的にカルフードを減らすことや、できるだけ避けることはできますので、無理しすぎるようなことはなく、ポジティブな感覚に応じて、できるところから変えていってよりポジティブフードを食するようにすることは、健康促進のためには大切な事になるでしょう。

特に、健康が崩れている時には、カルフードと感じる食物は極力避け、ポジティブフードである有機野菜や穀物類や果物(できれば旬の物や地元の物)を中心とした食生活をする方が、より健康回復をするためには適していると感じます。我が家では健康を崩してしまったり活力がわかなかったりしたときには、特に果物、もしくは100パーセント果汁ジュースをいつもよりも多く摂るようにしています。たとえ親からしたら過剰な量かと感じられるようなことがあっても、我が子が欲した物を欲する分だけ与えてあげると、必要に応じた健康回復のための栄養分が摂取できると感じています。

なんだか書き始めたら長い文章になってしまいましたし、以前にも書いた内容も含めてさらに書きたくなってしまい、きりがなくなってしまいそうなので、今回はこの辺で区切りたいと思います。

スピリチュアルなエネルギーを用いたヒーリングや各種ワークなどによって、健康を回復させたり維持したりすることも大切であることの1つであるとも感じていますが、日常生活において、どのようなことを意識して習慣にしているかといったことが最も大切であり、意識したり習慣化されたりしたことが、たとえスピリチュアルな観点での意識をしていなかったとしても、結果的により波動を高める状況に至っていたり、よりスピリチュアルな観点におけるポジティブなエネルギーを与えていたりするような結果をもたらしているような場合には、特別なヒーリングメソッドを身につけたりワークを行ったりしていなかったとしても、健康を維持したり回復したりする効果としては、より明確にポジティブなこととして表れることになるはずです。

ご自身の実生活を、上記までに示したような観点においても、今一度見直してみて、修正したり変容させたりする必要を感じましたら、ご参考いただきご自身の自己責任のもと、無理ない範囲から実践されてより健康的な実生活を送られることに努められることをお勧めします。


☆ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いします☆
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

✿現在、6月の月末の大祓いのご依頼を承っています。6月30日(木)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
0~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







バックナンバー改訂版

過去世や今世の過去の経験や学びは、今のあなた自身にすべて凝縮されている

2016年06月28日
✿現在、6月の月末の大祓いのご依頼を承っています。6月30日(木)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

過去世はあくまでも「過去の済んだ経験」であるわけでして、経験によって学んだことは今世ですべていかされているわけですが、それは決して1度や2度の過去世における学びによって培ったものではなく、今生きている人の100回も200回も重ねてきている過去世の中での、すべての経験とすべての学びの結果の集大成が、今現在のあなたであり、今世の経験をあなたが選ぶに至った元となっているのです。

ですから、過去世の一部をあなたが知る機会を得たと感じた時、それはそれで参考になることではありますが、度重ねた輪廻転生における長い時間の中のほんのごく一部の経験にすぎないもののわけですから、そのほんの一部の過去世に対して、あまり強く焦点を合わせる必要はなく、過去世にとらわれすぎると、今世のあなたの道を選択する際の道を狭めて、より限定的になったり、あなたの直感力の高さを損ねて、思考により強く頼る方向に導いてしまう度合いが強くなってしまったりする可能性が高くなってしまいます。

今この時点でのあなたの思い、感情、感覚、わくわく感が大事であり、今、何をしたいのか、今、何をすべきと感じているのかが重要なのです。あなたの直感力、つまりあなた自身のハイヤーマインド(高次元の自己・魂意識)から伝えられるインスピレーションである直感によって得たことを活用することは、あなたがよりポジティブな選択をするには重要視するべきことなのです。

今、やりたいと感じることを、今、できることから始めるべきです。この先に理想に感じる道が見えているのでしたら、あらゆる不安や恐れは安心に変えて、理想や願望の実現に向かうようにすると葛藤は解決します。

ライトワーカーであると自覚しているあなたは、より自分自身を輝かせるために、周囲の人々にも光をめぐらせるために転生してきましたので、そのスターシードとしてのお役目を果たすためには、今、あなたのやりたいという願望・理想を叶えて、より輝くことで、あなた自身の今世に転生した目的を果たすことになっていくのです。

あなたの今世の過去の経験も、過去世のたくさんの経験も、すべてが今の時点のあなたの思考に、感情に、意識のすべてに凝縮して表れています。そして、容姿にも、顔の表情にも表れます。根本的には、今のあなたの波動や発しているエネルギーや愛の度合いもそうです。過去を探るより、凝縮されてはっきりとわかっている‘今のあなた自身’の内側も外側もそのすべてをより強く見つめ直すことによって、この先のあなたの歩むべきよりポジティブな道は見いだせるはずです。

それには、今のあなたのわくわくするようなこと、つまり今やりたいこと、今やるべきとかやった方が良いだろうとかと感じることを、すぐに実行できることから行動したり、イメージの中で実行してみたり、計画を進めたりして、優先して行うと良いでしょう。そして並行して、葛藤しているようなこと、恐れ・不安・心配事をより安心・安全に変えるように努めあなた自身の中での解決に導くように努め、周囲の人との調和を図り、ネガティブに感じる要素を、できるだけ解消していく必要もあります。


☆ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いします☆
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

✿現在、6月の月末の大祓いのご依頼を承っています。6月30日(木)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
0~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







バックナンバー改訂版

守護霊様からのメッセージ その21

2016年06月27日
✿現在、6月の月末の大祓いのご依頼を承っています。6月30日(木)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

今回紹介いたします内容は、15世紀の頃に日本で男性として転生されていた守護霊様からのメッセージです。まるでよく描かれている達磨大使を思い出させるような、豪快な感じのお顔でがっちりとした体形で、ごうごうと燃える炎に向かって一身に何か念仏のようなものを唱えている様子で、仏教を信仰していた方です。

そしてもう一つ重なるように、でも少し離れて見える映像は、そのさらに前世の様子で、9世紀の頃に中国で女性として転生されていて、天女様のような優しい表情を浮かべ、白いシルクの布のお着物をまとった方が、ロウソクの白い炎に向かって何かを優しく唱えて信仰している様子を見せてくれました。

男性として転生していた時は男性性がとても強くにじみだされ、何か近寄りがたいような厳格な雰囲気が感じられるものの、目がとても奥深く優しさに満ち溢れていて何か吸い込まれるような魅力を感じる方です。そしてその前の前世の女性は女性性がとても強く、何か引き寄せられるような優しく抱きしめられて覆われるようなやわらかさや温かさと強い愛を感じます。このような男性性と女性性の両面を強く持ちその調和がなされているとても高貴な方が守護されていることを感じます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

〈守護霊様からのメッセージです〉

夜に花咲くものもあれば、昼に咲く花もある。泥水の中で栄養を蓄え芽を出して元気に育ち、水の上の暖かな明るい日差しのもとに出て高貴な花を咲かせる蓮のような植物もあれば、雑草と呼ばれるような地の表面近くで芽を出して育ち、足で踏みつけられたり抜かれたりしながらも、目立たぬような花をきれいに咲かせるようなものもあります。

植物と同じように、人はそれぞれ育つ環境も花の咲く時期も咲き方自体も、あらゆるものが人それぞれ適したものがあって、必ずしもそれがその人の思いや理想と一致するものではなく、また他者から見てその考えや捉え方が一致するわけでもなく、その者が最も適していると天が定め、その者の在り方の波動に合わせ、その波動の法則に従い、最もふさわしい場所にて栄養を貯え、そして因果果報に基づいたり魂の成長度合いに従ったりして、咲かすべき花を、咲かすべき場所で、咲かす時が来たら開花させることができるのです。

それをそなたの自由意思で決められるときもあれば、そなたの自由意思とは違っている場合もあり、そなたの在り方や魂の特質や、その後の生きる道などのすべてを合わせて天が導くものもあるわけですから、そんな結果を真摯に受け止めるようにして、ネガティブに捉えるよりも必然の結果としてポジティブに受け止めたほうが賢明であるといえるでしょう。

そなたが育つ環境も花を咲かせる時期も場所も、今申し上げた通り、あらゆる角度から総合的に天が捉えて決まるともいえるわけですが、栄養を蓄えるべき魂の成長度合いも因果果報も、そなたの、今、その瞬間の選択次第でいかようにもなるわけですから、結局は今その瞬間にどのような波動状況に在るのか、何を選択するのかが重要なわけでして、それはそなたの健在意識の意思によって、ある程度は操作可能なものでもあるわけですから、そのような意識を抱きつつ、よりポジティブな状況に在るように努めることが大切なわけです。

やむをえずと感じた選んだ道であっても、流れ流れて意図した道に感じない今の在り方であったとしても、今この瞬間におけるそなたの湧きあがるワクワクする感情や意思に従ってさえいると感じていれば、今、歩んでいる道をそなたは自信を持って歩き続けて良いわけでして、あれやこれやと考えすぎて自分のネガティブ探しをする必要はなく、世の中で良しとする在り方はあくまでも参考にして、次なる今、この瞬間のポジティブに感じることを選択するようにすれば良いわけです。

金木犀のように、小さな花でもたくさん咲かせることによって広範囲に広がる甘く心地良い香りを放つ花もあれば、蓮の花ように1つの花でも遠くからでもその美しさを目で見て感じられるような花もあるのです。


☆ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いします☆
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

✿現在、6月の月末の大祓いのご依頼を承っています。6月30日(木)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
0~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







スピリットガイドのメッセージ

ネガティブに感じる周囲の人との人間関係の改善方法

2016年06月26日
✿現在、6月の月末の大祓いのご依頼を承っています。6月30日(木)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

近所に住む人や近い親類などの、それなりにお付き合いを続けて行く必要があり、顔を合わせることが多くなるような人から、ちょっとした嫌がらせに感じることをされたり、陰口や悪口のようなことを言われるような経験のある方もいらっしゃると思います。そのような疎遠にできないような周囲の人たちとのネガティブに感じる関係を、少しでもできるだけポジティブに改善させたいという願いが生じた際に、周囲の人たちの気持ちを変えたいとか、防御をしようとか、排除をしようとかというような、他者をどうにかしようと思ってもこれは難しい事であります。でも、自分自身の相手に対する思い(思念や波動・エネルギー)のめぐらせ方を、よりポジティブに改善するということは、それなりに愛の気持ちを抱いて意識的に努めるようにすれば、比較的容易にできるはずです。

相手の領域である相手の意識を探ったり、ネガティブに感じられる言動自体を非難したり焦点を合わせすぎたりすると、それが相手の領域内に踏み入りすぎてしまう過干渉になりがちなので、その分、自分自身も相手からも過干渉を受けてしまったり、そのようなネガティブな波動・エネルギーをあえて向けることでそのカルマがめぐってしまい、自分にも返ってきやすい状況になります。相手のネガティブさに焦点を合わせれば合わせるほど、自分にも同様なことがめぐってきやすくなるのです。

このようなケースの際には、実際にどのようなことを心がければよいかといいますと、相手のネガティブに感じるような言動に対して、できるだけ焦点を合わせないように努める事です。なかなかこれは難しいことかもしれませんが、相手が嫌味を言ってきたり嫌がるような行動をしたりしても、そこにできるだけ焦点を合わせないように努め、できるだけあっさりと見過ごすように努めたり、心の中でネガティブな感情を抱いても、できるだけ早く心を落ち着かせることが大切になります。

たとえば、怒りや悲しみや蔑みといったようなネガティブな感情が湧き上がっても、そのような感情を最小限に抑えるように自分の中で落ち着かせるように努めるだけでも、そこから発するネガティブな波動・エネルギーが最小限に抑えられるために、相手との間にそのようなカルマがめぐらないで済むからです。心の中で思っただけでも、これは思念となって必ず相手にも届き、カルマとして何らかの形で返ってくるものなのです。

また、嫌がらせな言動をとる相手のとても低い波動エネルギーや意識に対して、そのような低い波動を発している相手が‘かわいそうなことであり改善すべき欠点である’と認めて許してあげて、そのような言動が自分に向けられた際には、心の中で「かわいそうに」とか、「そのようなことは改善できるように頑張ってね」とかといったような、慈しみの気持ちを向けるようにすると、これまでのようなネガティブな波動エネルギーを向けて、それがめぐりめぐって返ってくる様なカルマを作り続けず、逆に慈しみという愛の気持ちを向けたものを発すすことになり、その愛のめぐりが返ってくることになります。

これは自分の意識の中で、よりポジティブに相手を捉えて意識をめぐらせるという地道なことを積み重ねていくことになりますが、すぐにその成果が表れなかったとしても、このような波動・エネルギーのめぐりは、宇宙の法則である波動の法則や不干渉の法則やカルマの法則が必ず強く働くので、周囲の人々の間とのエネルギー・波動のめぐりがよりポジティブになり、お互いの関係も少しずつ改善されていくはずです。

また、相手がどのように思おうとも、たとえ無視をするような形をとられてたとしても、最低限の礼儀やお付き合いを重んじることもお勧めします。その中で最も大切なのは挨拶ですので「おはようございます」とか「こんにちは」といったような、さりげない挨拶をすることは最低限の礼儀であると心に命じて、できる限りネガティブな感情を持たずに、必要最低限のことであると徹して挨拶をしたり、また何か言葉で伝えた方がいいようなことがあった場合は、それも必要最低限の仕事であると割り切って、あらゆる感情や過去の出来事などはいったん抜きにして、その仕事を遂行するという事に意識を集中し、ネガティブな感情入れず最低限のそういったお付き合いをされるといったようなことをするだけでも、やはり関係は改善されていくはずです。

ネガティブに感じるような関係をよりポジティブに改善させたいと願っている場合に、すぐにでも効き目のあるような特効薬的なことや、スピリチュアルな波動エネルギーを使った何らかの方法やテクニックというようなことはないのですが、周囲の人たちに対する意識の向け方や波動・エネルギーのめぐらせ方、つまり自分自身の思考や感情といった顕在意識内のことや表面的である言葉や態度や行動を、できるだけポジティブに改善ように努めることを地道に続けていけば、波動のめぐりも愛のめぐりも高まれば高まるほどに、実際の人間関係もよりポジティブなものへと改善されていくはずです。

人の意識を変えようとすることは難しいことであり、過干渉にもなりがちで、よりネガティブな関係に至ってしまうケースが多くなってしまうでしょう。しかし、自分内にお領域である、自分の意識や行動をよりポジティブに改善したり変換したりするように努めることは、自分自身の波動をより高めたりより愛を大きく抱いてめぐらせるようにしたりするよう努めればできていくことなので、人間関係をよりポジティブに改善したい時は、心の持ち方や感情や焦点の合わせ方などの‘自分の領域内である意識のめぐらせ方をよりポジティブに在るように努める’ことに留意するのが大切であるということです。


☆ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いします☆
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

✿現在、6月の月末の大祓いのご依頼を承っています。6月30日(木)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
0~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







バックナンバー改訂版

集合エネルギー

2016年06月25日
タエヌのHP‘アセンションスペースシューリエ’で、現在、ご依頼を受け付けている年末・月末大祓いに関しまして、同じようなご質問を何度かいただいたので以下に掲載します。

Q:「遠隔スピリチュアルヒーリングと年末・月末大祓いの違いを教えてください」

A:年末・月末の大祓いも遠隔スピリチュアルヒーリングも、
浄化やパワー入れを目的とした遠隔ヒーリング
という点では共通しています。

年末・月末の大祓いではご依頼いただいた皆さんと当方とが、
個々を特定して深い領域でつながりながら
一斉に同じ時間帯にヒーリングを行うことによって

ヒーリングを実施している妻atumiと私タエヌと
ご依頼者様全員から発されている光エネルギー&癒しのエネルギーとが、
ヒーリングによってめぐる宇宙の光&癒しのエネルギーに乗って
集合エネルギーとなり大きくめぐることで、

とても強く多大なヒーリングエネルギーとなって
皆さん個々にめぐり与えることができるために、
それなりの効果が期待できます。

一方、遠隔スピリチュアルヒーリングでは、
実施する日にちも回数・日数もご自由にお選びいただくことができて、
(実施時間は当方の都合で決めさせていただきます)
ご依頼者様個人の状況やご要望に合わせた質のエネルギーを送りつつ
ヒーリングを行っています。

ですから、遠隔スピリチュアルヒーリングの方が、
エネルギーの量の多さを比較すると少なめになることもありますが
より個別でニーズに合わせたヒーリングを行うことができます。

以前は、遠隔スピリチュアルヒーリングの料金を
1回分(1日分)5千円に設定して行っていましたが、

もっとお気軽にお受け頂きたいこと等から料金を値下げしたので、
結果的には年末・月末大祓いをほとんど変わらない金額となりました。


ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

意識的に祈ったりヒーリングをしたりして何かに向けてエネルギーを送る場合や、意識を向けたり思考やイメージをしたりするなど、特に意識的なことではなかったとしても、結果的に何かに向けてエネルギーが発される場合には、自分一人が個で発するエネルギーよりも、自分を含めた複数が同時に発するエネルギーの方が、はるかに強いエネルギーが生じます。

この計算式が常にぴたりと当てはまるわけではありませんが、2人で行うとエネルギーの量は単純に2倍になるのではなく2乗倍になり、3人だと2乗倍で9倍、10人だとその2乗倍で100倍になるともいわれています。

この数値はおおよそではありますが、このような数値で示されるように、複数の人が同じ対象に同時にエネルギーを送る効果は、自分一人で行うよりもはるかに高いということは事実なのです。

レイキヒーリングにおいては、「レイキマラソン」と称されるヒーリングの実践方法がありますが、これは同じ対象に対して複数の人数で同時にヒーリングを行ったり、長い時間を継続して行ったりすることを指しています。このレイキマラソンも集合エネルギーを利用したもので、個人のみで行うよりも高い効果が表れたという実践報告もたくさんあるようです。

かといって個人で送られるエネルギーは微々たるものであると言っているのではなくて、あくまでも自分が個で発するよりも複数で同じ対象に向けて発したほうが、より強いエネルギーになるということを説明しているだけですので、個人よりも複数で行なうことを奨励しているというわけではありません。

複数で行うメリットもありますが、個人で行うメリットもいろいろとありますので、もっともポジティブと感じる方法でその都度エネルギーの送り方を直感に従い選択することが望ましいでしょう。

また、個々の特質や状況によって、エネルギーを発する強さや質も違ってくるので、あるヒーリングの力の高い個人の発するエネルギーが、とても強くて質の高いものや純粋な深い真実の愛から発されたものであれば、特別に強いというわけでもないようなさりげなく発されたいくつものエネルギーが集合エネルギーとなって発されるよりも、その個人の発するエネルギーの方が、はるかに強く大きな光エネルギーとなってめぐることもあるのです。

とにかくここで言いたいのは、愛から生じたエネルギーを集合させることで、宇宙の法則(特に波動の法則)やご加護くださっている神仏や天使など高次元の存在のパワーなども大きく働き、単純に1プラス1という数値ではなくて、2乗倍といわれるほどのとても強いエネルギーとなることを、知識の1つとして持ち合わせて必要に応じてご活用されることもお勧めしたいということです。

ちなみに、大地震や大竜巻などの大きな災害が起きると、世界中のたくさんの人々が愛の意識を向けられているために、結果的にはたくさんの愛の意識が同時に継続的に重なり、集合エネルギーとなって送られているのです。

このようなケースにおいては、それなりの集団を形成して意識的にエネルギーを送ることも有効ですが、たとえ個別にエネルギーを送ったとしても、結果的には集合エネルギーとなって届くのです。

大きな災害があって、被災地や被災者や関係者などにエネルギーを送り続けるような際に、根本的に大切であることは、祈りやヒーリングなどの個々のポジティブ感に基づいたやり方で、より純粋な愛に満ちた中で、無理するようなことなくより継続的に、自分自身がよりポジティブな波動の高いと感じられるような状況の中で実践し続けることであるといえるでしょう。

各個人の純粋な愛の気持ちから発されるエネルギーは、多くの人が思っている以上に強くて影響力があります。さらに、そのような愛のエネルギーが、結果的に集合エネルギーとなって送られることで、さらなる強大な光エネルギーがめぐり大いなる活力や癒しとなるのです。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







バックナンバー改訂版

守護霊様からのメッセージ その20

2016年06月24日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/blankpage1.html

ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

今回紹介いたします内容は、17世紀の頃、日本で男性として転生していた方で、古くからの由緒あるお寺様でご住職をされていた方です。宗派はよく分かりませんが、沢山の仏像を見せてくれました。また、境内にひときわ目立って大きな観音様の像があり、守護霊様はこの観音様への信仰を特に重んじて行っていたようです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

〈守護霊様からのメッセージです〉

美を追求するには、表面ばかりにとらわれず内面を大切にすべきであって、表面の幅広さに心を集中させるのみではなく、その奥深さにも心を向けあなたの思いや愛情や願いなどといった意識の光を込めることによって、より美しいものへとなっていくものです。

優しさという人からあふれ出す雰囲気も、優しい言葉がけをしたり行いをしたりすれば良いという訳ではなく、本当に大切にすべきものは、その言葉がけや行いをするあなた自身の感情や思いといった愛情深さでありますので、言葉や行動が裏腹になるという事ではなく、その思いを素直な行動や言葉で表して、その愛の思いに従ってさりげなく謙虚に施し醸し出されるようなものが、本来の優しさであるといえるのです。

口に出してしまった言葉は、聞く人が一人でもいればもう取り消すことはできないわけでして、そのエネルギーは相手には深くつながります。そしてその言葉の発するエネルギーは相手にも影響を与えますが、それはあなた自身に対しても同じことが言えるわけです。つまり、あなたが人に話したり独り言のようにつぶやいたりした言葉も、心の中で思った言葉も、すべてがエネルギーとなって、あなた自身にも与えられるものなのです。

言霊も意識のエネルギーに準じてとてもパワフルなものでありますので、それなりに選んで話す必要があるわけですが、いったん言葉にしたことは取り消せないわけでして、もしその選択した言葉がネガティブな波動で、低いエネルギーをもたらしてしまったと気付いたのでしたら、その時点で、できるだけ早い段階にあなたがその低い波動を少しでも和らげて、そのネガティブなエネルギーに光を当てて浄化させるべきなのです。

つまり、一度選択して使ってしまったネガティブな言葉は消せないにしても、ポジティブな言葉に言い直したり、意識を改めて謝罪して言葉もポジティブに変えたりするなどして、その波動やエネルギーを修正し、それなりに元の状態に戻すことは可能なので、そう努めるべきなのです。

ですから、そのような極度にネガティブな言葉を使ってしまったと気づいた場合にも後悔をする必要はなく、すぐにでもできる限りの修正・改善をするように努めることが大事で、あなた自身が今その瞬間にできる、できる限りのことをすぐに実行すればよいわけです。

このように、言葉ばかりではなく、時と場合によっては、あなたの選択したことが天の意図することに反してしまったと感じる場合もあるでしょうけれども、それに気づくことが大事で、問題視して改善すべき点を見出し解決するように努めれば、必ず解決できるのです。問題は解決するためにあり、解決することで人は成長できるものなのです。

天の神も我々守護の存在もいつでもあなたを応援し味方でいるので、そのような問題・改善すべきことに気づいた時には、あなたがあなたの自由意思で責任をしっかり持って、意識を前向きに保つように努め、今できることに尽力するようにしていれば、結果的にはなんとかなっていくものなのです。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」





スピリットガイドのメッセージ

魂の旅行~波動が高まるにつれて敏感になること≪後編≫~

2016年06月23日
✿現在、6月の月末の大祓いのご依頼を承っています。6月30日(木)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

「自分の波動が繊細になっていくと、お客様に邪気があった場合、感じすぎてしまい、仕事がきつくなるのではないかという恐れがあります。旅行や買い物などでも人混みがしんどくなるのではないかという恐れもあります。」

今回の内容を書くきっかけとなりましたこのご質問に関してですが、恐れる必要はまったくありません。逆に、自分の波動が繊細になり、邪気をより敏感に感じられるようになったことを大いに喜ぶべきことなのです。

肉体が、より敏感に感じることで、マイナスエネルギーの影響を受けてしまい、肉体に何らかの不調和が生じた際に、改善するために対処をすることが、より意識的に行いやすくなります。

「フラワーエッセンスやエッセンシャルオイルに頼ったりすることもあります。」とご質問の中に書かれていましたが、これも1つのポジティブな対処をしている実践例です。つまり、より敏感に感じ取り、より早い段階で自己の浄化に努め続けていれば、肉体のメンテナンスのみならず、あらゆる高次元の体の調和も保たれやすくなるために、肉体的にも精神的にも、病気やけがなどのネガティブな結果が生じにくくなるということです。つまり、早期発見、早期浄化することで、自らが意識的に、よりポジティブな状況へと改善しやすくなるのです。

それでは最後に、とても安らぎ、とてもパワフルでもある、素晴らしい瞑想法が書かれているオムネク(5次元世界である金星のアストラル界に存在していた時の記憶を残したまま、地球人類として実生活を送っている人)の本の内容を紹介いたしますことで、このテーマの記述を閉じさせていただきます。

以下の内容は「私はアセンションした惑星から来た」 オムネク・オネク著 徳間書店より引用しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

『魂の旅行-スピリチュアルなエクササイズ法』

夜になると、私たち家族はたいていは、暖炉を囲んで皆でいっしょに座って、至高なる神性の法則のスピリチュアルなエクササイズをします。私たちがよく学習の時間と呼んでいたように、それはスピリチュアルな学びのために捧げていた時間で、それをせずに私たちの1日が終わることは決してありませんでした。精神的なエクササイズは本当に全ての仕事の基礎となる大切なものでした。それによって魂は現在の体を離れて一層高い世界を経験することができたからです。(訳注:以下はオムネクがセミナー等で指導している瞑想である)。

『魂の旅行(瞑想へのガイド)』

それでは私が皆さんのガイド役となって、魂の旅行へ案内しましょう。まずは物質的な世界から始めて、個人個人がそれぞれの世界または次元を超えて行きます。各階層に対応するマントラ(真言)と色もお教えします。皆さんがすることは、たったひとつだけ‘リラックスして試してみること’です。

中には瞑想に慣れていない人もいるでしょう。姿勢にはさまざまな種類があります。伝統的なポーズは蓮華座ですが、いすに座るときは背筋を伸ばして肩の力を抜いてリラックスして下さい。両方の足元は必ず接触させてひざの上で組んだ両手の親指も接するようにします。このようにすると姿勢そのものが体にエネルギーを流れやすくします。またはベッドに横になっても構いません。両手を組んでおなかの上に置いて、親指どうしを接触させてください。足も互いに交差するか接触させてください。

そして第3の目(眉間あたり)に意識を集中させて、あたかもそこにテレビの画面があるようなイメージをして下さい。肉眼で見るのではなく、そこに心を集中させて下さい。一番大切なことはこの旅全体を通してリラックスして心地良く感じていることです。瞑想のポーズをとったら、深呼吸を3回して心身を浄化して下さい。それでは始めましょう。

『最初の次元 物理的な世界』

最初の次元は物理的世界です。マントラは「アライア(Alaya)」です。この音は雷鳴とドラムを表現していて、色はグリーンです。このマントラは肉体のエネルギーバランスを整え、活力を高めますので、体を精力的に使う際に役立ちます。緑色をイメージしながら、「アライア」のマントラをとてもゆっくりと、少なくとも3回唱えます。深く深呼吸して……では始めて下さい。

『2番目の次元 アストラル界』

2番目の次元はアストラル界です。マントラは「カラ(Kala)」これは大海原の波の音を表していて、色はローズ(ばら色)またはピンクです。この音は情緒体にバランスと調和をもたらす効果があります。あなたが情緒的にストレスを感じていて感情のコントロールが難しい時に、このマントラは各々の情緒に応じて効果的に働きます。泣きたくなったり、幸せに感じたりすることがありますが、そのどちらも情緒を安定させることに役立つのです。ばら色か桃色をイメージしながら「カラ」のマントラをとてもゆっくりと、少なくとも4回唱えて下さい。深く深呼吸して……では始めて下さい。

『3番目の次元 コーザル界』

3番目の次元はコーザル界です。マントラは「オゥム(Aum/Om)」です(訳注:「ム」は口を閉じて発音)。これは小さな鐘がちりんちりんと鳴る音で、色はバイオレット(すみれ色)または紫です。コーザル界には魂の経験が記録されていますので、この音には潜在意識にある過去世の記憶を表層意識に浮かび上がらせる作用があります。すみれ色か紫色をイメージしながら「オゥム」のマントラをとてもゆっくりと、少なくとも5回唱えて下さい。深く深呼吸して……では始めて下さい。

『4番目の次元 メンタル界』

4番目の次元はメンタル界です。マントラは「マナ(Mana)」です。この音は流れる水、または滴る水を表しています。色はブルーです。この音には、思考プロセスを刺激してバランスと調和をもたらし、精神的な混乱とストレスを排除する効果がありますので、知的な仕事をする際に有益なものです。青色をイメージしながら「マナ」のマントラをとてもゆっくりと、少なくとも6回唱えてください。深く深呼吸して……では始めて下さい。

『5番目の次元 エーテル界』

5番目の次元はエーテル界です。エーテル体は、創造された魂が渦巻く下層世界の階層へと降りていく旅のために最初に身にまとう外皮です。マントラは「ブァジュー(Baju)」です。これは蜂がぶんぶんいう音を表しています。このマントラは内在する創造的なエネルギーを刺激しますので、クリエイティブな活動に役立ちます。色はゴールドです。金色をイメージながら「ブァジュー」のマントラをとてもゆっくりと、少なくとも7回唱えてください。深く深呼吸をして……では始めて下さい。

『6番目の次元 魂の世界』

6番目の次元は魂の世界です。マントラは「シャンティ(Shanti)」です。これは荒涼とした風の音で、色は淡いイエローです。このマントラは、これまで述べたすべてのマントラの作用を持ち、それぞれの次元の体を調和させ、とても穏やかな充足感をもたらします。この音はまた、肉体の怪我、精神的な危うさ、精神的な病気など、あらゆるタイプの機能的な低下や障害を癒す作用があります。淡い黄色をイメージしながら「シャンティ」のマントラをゆっくりと、少なくとも8回唱えて下さい。深く深呼吸して……では始めて下さい。

『7番目の次元 アナミ・ロクまたは神の世界』

7番目の次元は創造の「空(くう)」と呼ばれるアナミ・ロク(Anami Lok:名のなき領域、の意)または神の世界で、そこから森羅万象そしてすべての魂を創り出すエネルギーが流れ出ています。そこは創造の中心なのです。マントラは「ヒュー(Hu)」です。これは宇宙の音楽で、色はホワイトです。この音は個人にスピリチュアルな啓蒙をもたらし、意識を高めて人生観を変えるのに役立ちます。この次元が私たちの起源であり、魂はあらゆる知識を求めてここに戻ろうとするのです(訳注:Huはスーフィーの聖なる言葉でもある)。白い色をイメージしながら「ヒュー」のマントラを少なくとも9回唱えて下さい。深く深呼吸をして……では始めて下さい。

はい、では瞑想を終わります。

ここで紹介したそれぞれのマントラは、それらが象徴する階層世界まで魂の波動を上昇させ、そこで体験すべき学習のプロセスへといざなうものなのです。物理的な世界よりも上層の世界に向かうにつれてバイブレーションも高まってきますので、ときおり瞑想中に高周波の音が聞こえてくることもあります。それは他の階層世界の音がチャクラを通して入ってきているもので、各階層に属した体の介在によって自己の内部で聞いているのです。

その他のささいな感覚にも注意を払ってください。ときどき頭頂部や第3の目のあたりが開くように感じる人もいます。光やイメージを感じたら、それに従って一体化してください。そのような感覚は、最初はかすかなものかもしれませんが、日々の練習によって強まってくるでしょう。瞑想とは、各階層の体に対する一種のスピリチュアルな浄化であり、再び健全なエネルギーの流れにもなるのです。

*上記の内容は「私はアセンションした惑星から来た」 オムネク・オネク著 徳間書店より引用しました。


☆ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いします☆
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

✿現在、6月の月末の大祓いのご依頼を承っています。6月30日(木)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
0~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







バックナンバー改訂版

高次元体と肉体~波動が高まるにつれて敏感になること≪中編≫~

2016年06月22日
✿現在、6月の月末の大祓いのご依頼を承っています。6月30日(木)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

☆印以下の内容は、オムネク(5次元世界である金星のアストラル界に存在していた時の記憶を残したまま、地球人類として実生活を送っている人)の本に書かれている内容を転載しました。

以下の内容は、「私はアセンションした惑星から来た」 オムネク・オネク著 徳間書店より引用しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

『振動、周波数の違う階層世界は、遠心機の原理で説明できる』

これらの階層世界の構造を説明するために、おなじみのたとえを用いましょう。まず、遠心機を思い浮かべて下さい。これは回転による遠心力を利用して物体を分離し、透明にしたりする科学的な装置です。この中に、水、泥、砂、そして小石を混ぜ合わせたものを入れて高速回転させると、重たい物体はその重量のせいで外側の端に集まります。内側の方を見ると、中心に向かうにつれてだんだんと粗い物体が少なくなってきていて、最も中央の部分には空気しかないことがわかります。

いちばん外側の層は物理的な世界を思わせます。宇宙の中で最も密度が濃く、物質的な領域です。中央に近づくにつれて、層を成す物体の粒子がより繊細になっていきます。これらはすべてがより高い周波数で振動している時空世界を思わせます。そこに住んでいる人にとっては、その世界の物体は、物理的な世界で私たちが感じるのと同じように、現実的で個体感のあるものです。これはそこで使われている感覚が同じ高周波で振動しているからです。同様に、私たちの肉体的な感覚器官は、物理的な世界だけで使用するようにできているため、別の周波数の物体や人を感知することができないのです。

遠心機内で回転する液体の最中央部分、つまり空気だけの層は、時間と空間を超越した純粋なスピリチュアルな世界を思わせます。これらの世界が魂のふるさとであり、宗教では神と呼ばれる究極の実在なのです。魂は時空を超えた清らかでポジティブなスピリチュアル世界に源を発し、無意識の微粒子としてこの宇宙の海に生まれました。至高なる神そのものは実際には空(くう)なのです。それはそれ以外のものとは何のかかわりも持っていません。空(くう)について何も語れない理由はここにあるのです。しかしそれを体験することはできます。それを最もよく表現したのは「まさにそうである!」という言葉です。

『意識的な微粒子へ ~気づきの体験をしてゆく魂の世界~』

至高なる神から流れ出て、物質界を含むすべての世界を維持し生命力を与えているのが、聖霊せせらぐ生命の潮流なのです。私たちの物理的な世界の物体とエネルギーは、この宇宙エネルギーが波動を低下させたものにほかなりません。

この聖霊の海に魂は存在しているのです。それは聖霊の一部なのです。まず無意識の微粒子として想像された魂は、それが何であるかも、至高なる神が何であるかも、なぜそれが存在するかも、そしてそれがコントロールできる力が何であるかも知りませんでした。それは聖霊の海の中で眠ったままで、なんらかの力によって目覚めさせられ、せめてそれが存在している事実に気付く必要がありました。

魂が目を覚ますきっかけを与えるために、思考なる神は形ある世界を創造し、そこに正反対の聖霊を存在させました。それが私たちが「カル」と呼ぶネガティブなパワーです。そこにおいて、魂は気づきを得るまで対立の中で試され、清められていくのです。そして目覚めに必要な体験を持ち、神の体から離れた意識的な微粒子となり、かつその一部でありつづけるのです。そしてそれは永遠なるすべての個人としてとどまるのです。

魂は純粋でポジティブなスピリチュアルな世界に自然に存在していて、そこには物体も、エネルギーも、空間も時間もありません。そしてネガティブなパワーの痕跡すらありません。それらの世界はとても現実的なものですが、言葉で描写するのはほとんど不可能です。なぜならそれらは心やその働きを超えた領域にあるからです。それらを知るには人は自分自身で体験しなければなりません。

『ポジティブとネガティブの極性 ~階層世界は魂の学校~』

より密度の濃い世界は魂の学校として、極性とカル(ネガティブなパワー)の創造を通して構築されています。魂はこれらのポジティブとネガティブの極性の世界に、訓練期間を終了して卒業するまで、ほんの一時的に滞在します。

永劫の昔、魂は物理世界に向けて下層世界を降り始めました。下層世界の中で最も神々しいのはエーテル界と呼ばれています。スピリチュアルな用語では、濃密な世界と高次の聖霊レベルとの間の乗り換え線といえます。魂がこれらの密度の濃い世界と接触する際には、被膜または体によって自らを保護する必要がありました。魂にとって下層世界での最良の保護は、その世界に当たり前に存在する材料で出来た体でした。

最初にまとった体は、ほとんど透明な被膜、または魂を覆う光でした。地球ではそれは潜在意識として知られているもので、濃密な世界での魂の最も高性能な道具のひとつです。潜在意識の心の無限の供給はエーテル界に存在し、多くの聖者や神秘家たちはそこで宇宙の意識をつながっていました。存在領域としてエーテル界は物理的な世界と同じくらい現実的で、多くの意味でさらに現実感があります。エーテル界には人々、都市、美しい風景や光景が存在し、私たちでも訓練によって体外離脱の能力を身につければ、それらを見て記憶にとどめることも可能です。

その下の階層はメンタル界と呼ばれています。ここもまた燦然たる景色と調べの世界で、そのいくつかは地球の宗教書の中に記録されています。聖ヨハネは体外離脱体験の中でメンタル界を訪れ、そこで見てきたものを書き記しました。その中にはカイラッシュと呼ばれる都市も含まれていました。この領域には宗教の多くの天国が存在します。物理的な世界よりも希薄な密度のこの世界で存在するために、魂はよりきめの粗い体で自らを防護しなければなりません。それがメンタル体または心(マインド)と呼ばれるものです。私たちの心は実際にこの体なのであって、そのエネルギーは思念として現れます。誰もがその体を持っています。なぜならそれは魂が下層世界で活動するために用いる道具であるからです。それ自体は独自の生命を持っていませんが、エネルギーによって魂がそれに生命を持たせることもあります。

メンタル界のすぐ下はコーザル界です。そこでは魂はさらにきめの粗いコーザル体をまといます。それによって魂は下層世界での過去世の記憶を呼び起こすことができます。地球の教えの中にはこれを「種の体」と呼んでいるものもあります。私たちの行いのカルマの種がここに植えられ、のちに収穫されるからです。コーザル界はしばしばアカシック・レコードと呼ばれます。本物のアカシック・レコードは実際には下層世界を超えた領域に存在しているのですが、コーザル界を訪れる人たちには、それより下層の世界での私たちの過去世について学ぶ機会があるのです。有名なアメリカのエドガー・ケイシーがまさにそれをしました。過去世についての自身の調査において彼はこれらの記憶を目にしたのです。誰でもやがてはコーザル界を訪れることができるようになり、地球や他の惑星での自分自身の過去世についての事実を発見できるようになれます。

コーザル界より周波数の低い領域は、人々の物理的な生活に最も大きな役割を果たしているアストラル界です。ここであなたの魂は、アストラル体をまとい、情緒と呼ばれるものを表現する能力を持ちます。人が持つ感情とは、実際にはアストラル体から流れてくるエネルギーなのです。いつの人生においても、あなたのアストラル体は肉体の正確な複製なのです。違うのはそれがより優美に見えることだけです。アストラル界は他の時空世界と沿うように非常に現実的な世界です。実際、私たちが物理世界で知っているあらゆるもの、たとえば人間、山、木、家、そして都市などは、最初にアストラル界に存在したのです。物理的な世界は、アストラル界において心で創造されたのですが、色彩や輝きはより劣ったものとなってしまっています。

アストラル界に住んでいる人々はより多くの能力を持っています。たとえばテレパシー、心による物体の顕現(創造)、乗り物や装置を使わず途方もないスピードで移動することなどです。アストラル体は輝きを放っていて、私たちが肉体に感じるような痛みはありません。このため、時々アストラル体を魂と混同してしまう人々がいるのです。物理的世界での生まれ変わりの中間に、あなたは意識のレベルに応じた上層世界に応じた下層世界に一定期間滞在します。ごく初期の頃はほとんどの魂はアストラル界へ行き、また物理的な宇宙に再生するまでの間そこに留まります。

上記の内容は「私はアセンションした惑星から来た」 オムネク・オネク著 徳間書店より引用しました。 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

私たちが5感で認識できる人の肉体は、現在の物質世界の密度に適した状態で作られていますし、今の世で実生活を送るには、最良の状態に進化しています。ですから、今の世で生きていくためにはとても大切な物であり、肉体のメンテナンスは重要なこととなっています。その人なりに肉体の調和がより保たれた状態、つまり、より健康な状態でいることは、よりポジティブな実生活を送るためには必要不可欠であるともいえるでしょう。

宇宙全体は階層の世界でもあります。その中でも我々地球人類は、もっとも下にある物質的な世界に存在しています。ただし、物質的世界に肉体をまとって地球人類として存在していますが、実際にはとても多次元的な存在でもあるのです。そして、物質世界に適した肉体以外にも、上記のオムネクの本の内容で示されているように、エーテル体、メンタル体、コーザル体、アストラル体といった、高次元の体も実際には持ち合わせているのです。さらに本体である魂があり、神も内在しています

私たち地球人類は、肉体が存在している場所がもっとも密度の濃い物質世界にあるために、顕在意識においての認識は、人が肉体を通して得られる3次元的な事象が中心となっています。でも、顕在意識としては認識しにくいのですが、実際には宇宙におけるすべての次元と深くつながっているので、あらゆるエネルギーや情報とつながっていますし、あらゆる次元において存在し体験もしているのです。

ここまでに書き表しましたように、人は肉体以外にも様々な体を持っていて、魂を護りつつ、多くの経験を積んでいるのです。でも、実際には肉体以外の体を自覚することもそこから意識的に情報を得ることも、日常的なこととして認識することはとても難しいことなのです。でも、私たち物質世界に存在している地球人類は、それらすべての実情を知る手段として「肉体を通して五感で認識すること」が最も便利でありわかりやすいのです。

今の世に普通に存在している密度の物質である肉体や顕在意識には、多次元体であるエーテル体、アストラル体、メンタル体、コーザル体といった、高次元の体や魂が察知した波動・エネルギーの状況やバランスの状態が、物理的に五感的にもわかるように伝わってきて、結果的現象として顕在意識で認識しやすいように表現されているのです。

「波動が高まるにつれて周囲の波動やエネルギーに対して敏感になる」理由を簡単に説明しますと、自らの波動が高まることで、肉体の波動も高まるために、肉体自体がより繊細なバイブレーションになり、より高い周波数を放つのです。そのことによって、肉体自体が感知しやすくなるとともに、高次元のバイブレーションでできているエーテル体・コーザル体・メンタル体・アストラル体などの、他のあらゆる体が感知したエネルギーに対して、肉体がより敏感に感応するために、顕在意識の中で、その変化を捉えやすくなるからです。

これは、高い波動やエネルギーに対しても低いものに対しても同じですが、荒い波動を放ちネガティブなエネルギーを放つ低い波動に対しての方が、不快に感じる度合いははるかに強いですし、自らの波動が高まれば高まるほど、敏感に感じるようになります。

自分の波動よりも、極端に低い波動を発する人や場所などに身を置いた時には、肉体的もしくは精神的な不調和を、前編に実例を書きましたように、より強く五感的に認識できるようになってくるケースが多くなっていくのです。これは、意識していてもしていなくても起きる現象ですが、自己の肉体や精神的な感覚に対して、より意識を向けることによって、周囲の波動の状況と、自らが受けてしまった低い波動やマイナスのエネルギーの影響を受けたことによる不調和が、どのような状態であるかがわかるために、今どうすれば良いかという解決策を見い出すためには重要なこととなります。

もっとも簡単な解決策は、その場からできるだけ影響の受けないような遠方に、できるだけ早く離れることです。しかし、例えばそのような人と長い時間接し続けることを選択する必要がある場合や、その場所に居続ける必要がある場合には、そのような解決策をとることが難しいわけですから、他の方法が必要になるでしょう。

それではここで、他の対処方法をいくつか羅列して挙げてみます。

☆自らの波動が下がると相手の低い波動に、より近づいてしまうため、波動の法則によってマイナスエネルギーの影響を受けやすくなるので、肉体的・精神的に不快に感じても、その不快感をできるだけ払拭して耐えるように意識することにより、自らの情緒ができるだけネガティブになって自らの波動を下げないように留意すると、マイナスのエネルギーの影響を抑えることができます。ただし、不快な情緒が大きくなると、自らの波動が下がるために、相手の波動とのギャップが狭まり、波動自体から生じる肉体的・精神的な不快感は和らぎます。しかし、マイナスなエネルギーの影響はより大きく受けてしまうために、後々に浄化したり自らの波動を整えたりする際に、時間も霊力もたくさん費やすことになります。

☆相手の波動に合わせようとせずに、自分自身のポジティブさをできるだけ保つように意識し、自らの意識をより平静な状態で保ちって、より淡々とした態度をとり、必要最小限の接触に留めるようにすること。場所に関しては、必要最小限の時間のみ身を置くように努めること。

☆美容室や整体院などで人を癒すようなお仕事を通して接する場合には、空調に気をつけて、照明をつけるか太陽光を入れるようにして明るくし、できるだけ室内の空気が循環するようにして気が滞らないように留意し(できれば外気と常に交換できる環境が良い)、相手と接している間は、たとえ不快に感じるような感覚があっても、自らの意思によって人を癒すことを選択したことに対しての、誇りやお役目を果たしていることの必然や充実感を、できるだけポジティブに感じて、情緒をよりポジティブな方向に向けるように留意するようにすると、癒されたことによって相手から発散されるマイナスなエネルギーの影響は、最小限に食い止めることができます。

また、相手が癒されたことによって発散されたマイナスのエネルギーは(私には灰色の煙や細かいほこりのように見える場合が多いので「ホコリ邪気」と呼んでいます)、物質に近い状態になっているので、肉体的にとても不快に感じやすいのですが、癒す側の波動が思い切り下がっていない限り、事後の自己ヒーリングによって簡単に取り払うことができる場合が多いです。(入浴法や呼吸法やレイキによる自己ヒーリングや宇宙エネルギーを取り入れる方法などの、各自が普段から行っているような自己ヒーリング(浄化)法で十分ですが、より意識的に行うと効果が増します。)

つまり「できるだけ自分自身の波動を下げない(マイナスのエネルギーの影響を受けない)ように留意すること」「低いエネルギーのネガティブな影響を感じたら、身を置くことを必要最小限にとどめるように努めること」「相手や場所を癒している場合には、換気や明かりを意識するなどして場をより整え、自分自身のお役目の素晴らしさや必然のありがたさなどの、癒すことによってもたらされるポジティブさをより強く意識してその時間を尽力し、できるだけ自らの波動を落とさないように保つことで、事後の自己ヒーリング(浄化)をより意識的にしっかりと行うようにすること」の3点が、基本的に大切なことになります。

また、自らの波動をより高い状態にしておくこと(例えば何かを楽しみにしてわくわくするとか、その場を楽しんだり充実したりしていると感じたり喜びが大きかったりするなど)、自らの体からよりたくさんのポジティブなエネルギーが発されるために、そのエネルギーがバリアになってガードされることにもなります。また、イメージの中で自分自身に光の卵で全身を覆うようにしても、光によってある程度ガードされるようになります。また、「トホカミエミタメ」や「ありがとう」などの、マントラや言霊の高い波動のエネルギーを使うことも、即座に自己ヒーリングやガードになります。

いずれにしても、今の時点のような、あらゆる高低の波動を持ち合わせている物質的存在と接する必然の中にある今の世では、ネガティブなエネルギーや低い波動の影響を受けてしまうことは、当然のことであると理解しておくことが必要になります。そして、それをより早い段階で改善するように努め、できる限り自分自身の波動を下げないようにしつつ高めるように修養し続けることが大切になります。

*この内容の続きの《後編》は、明日掲載する予定です。

☆ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いします☆
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

✿現在、6月の月末の大祓いのご依頼を承っています。6月30日(木)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







バックナンバー改訂版

波動の違いによって生じる現象~波動が高まるにつれて敏感になること≪前編≫~

2016年06月21日
✿現在、6月の月末の大祓いのご依頼を承っています。6月30日(木)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

「自分の波動が繊細になっていくと、お客様に邪気があった場合、感じすぎてしまい、仕事がきつくなるのではないかという恐れがあります。旅行や買い物などでも人混みがしんどくなるのではないかという恐れもあります。今でも接客中とか、乗り物の中など、エネルギー的にしんどいなと感じるときもあり、 フラワーエッセンスやエッセンシャルオイルに頼ったりすることもあります。

繊細だと影響を受けやすく、弱くなるのでしょうか?強くなるということは、鈍いということでしょうか?恐れをなくし、波動が高くなりたい。そして、邪気やネガティブなものに対する耐性も 強くなりたいというのが理想なのですが、難しいでしょうか?いつかブログ内でもお答えいただけたらありがたく思います。」

今から5ほど前のこことになりますが、HPを通して何度もご依頼を頂いている方から、上記の内容のメールをいただきました。この方は美容師さんでして、美容を通して光を与えるお仕事に励まれている素敵な方です。

私はこのメールの内容に関して、以前からまとめて書きたいと感じていたのですが、表現がうまくできるかどうかが難しく感じていたので、このテーマに関しては折に触れて少しずつ書いてきました。でも、今回とても良い機会と感じましたので、ご質問に答えるような形で書き表してみます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

波動が高まるこにつれて、その人から発する音やバイブレーションが、より微細で速い動きになり、周波数が高まっていきます。肉体を持った高次の宇宙のみなさんや、高次の物質でできている宇宙船を、普段私たちが肉眼で捉えることが難しいのは、このバイブレーションがあまりにも大きく違うからなのです。

オムネク(5次元世界の金星に存在していた記憶を持ったまま地球人類として実生活を送っている人)の著書に書かれていることを引用しますと、扇風機の羽がゆっくり回っている時は羽の形を見ることができますが、高速で回転すると羽が見えずに透き通って見えます。これと同様の現象が起きているために、高次元の物質は、今のような状況での私たちには、視覚で認識するのが難しいのです。

でも、このような現象は、次元が違うほどの大きな波動の違いがあるために起きることでして、今の時点の世の波動域に存在する肉体(物質)間には、そこまでの大きな差異はないので、今の地球上に存在することができている肉体を持つ人間同士では、お互いの肉体を肉眼で確認し合うことができるのです。

しかし、荒い波動を発している人(波動の低い人)と微細な波動を発している人(波動の高い人)とが接すると、音やバイブレーションや周波数の違うもの同士が重なるために、多かれ少なかれ、何らかの不調和が生じる場合があります。

この不調和の状況や感じ方は、波動の違いの大きさによっても違ってきますし、持ち合わせているエネルギーの質によっても違ってきます。また、肉体的・精神的な状況によっても違ってきます。波動は音でもあり振動でもあり周波数でありエネルギーでもありますので、大きく違う音や振動や周波数やエネルギーが交わった場合には、多かれ少なかれ、なんらかの不調和は生じてしまう場合があるのです。

ただし、それほど波動に違いがなければ、お互いに共感し合い共鳴し合うことができるために、多少の不調和などはそれほどネガティブに影響しなくなり、その共感や共鳴などといった調和の中にある、喜びや楽しさや愛のめぐりなどといったポジティブさが大きくなので、お互い同士が接することを望み合うのです。それが、親しい友達とか恋人とかといったような間柄で、愛を大きくめぐらせ合いながら楽しみ合うような関係なのです。

では、波動の違いが大きい場合には、顕在意識で認識できることとして、どのような不調和が起こりやすいかということを、大きく2つに分けて、いくつかの具体例を挙げて表現してみます。ちなみにここでは、全体的な波動の高いような人が、自分に比べて極端に波動の低い人と接した場合、もしくは極端に波動の低い場所に身を置いた場合に感じる不調和について述べてみます。また、波動が極端に低いということは、邪気や邪念といったマイナスのエネルギーが強いことも同じ意味となります。

以下は、顕在意識において不調和の起きている要因を認識しずらいような状況なのに、実際に不調和や違和感のようなものが感じられた際には、顕在意識ではわかりにくい、こういったことが要因しているという、いくつかの具体例になります。

1つは精神的な不調和です。価値観や意見や好みなどといったことが合わないために、一緒にいたいとか連絡を取りたいとかとは感じなくなることとか、話しているうちに話が合わないと感じたりつまらないと感じたりするとか、近くにいるだけで不快な気分になるとか等、表面的にも心の中でも様々な不調和が生じていまい、ネガティブな感情が湧き上がる状況になるということです。

でも、このような場合には、連絡をとらないようにしたり、接触してもあいさつを交わす程度にして離れてしまい、お互いのことを忘れてしまったり、話をしなかったりすれば、大きな不調和を生じることは少なくなるでしょう。ただし、これは友人関係であれば簡単なことなのですが、例えば職場が一緒であるとか、家族として同居しているとかといった場合には、結果的に同じ場所に身を置くことによって波動が交わり合うことを、お互いに選択し合っているわけですから、何らかの要因でお互いの波動の状況が近づかないかぎり、あらゆることで不調和が生じ続けることになるでしょう。

実際には、5感では認識しにくいスピリチュアルなレベル(エネルギー・カルマ・波動など)における不調和が根本的な要因なのですが、根本が変化して近づいていかない限り、表面的に認識できる状況においては、不調和が生じ続けることになるということなのです。また、極端に波動の低い場所に身を置くと、いらいらするとか、恐怖心や不安感が大きくなるとか、その場を離れたくなるとかといった、訳もなく気持ちがネガティブになる場合が多いです。

そしてもう1つは肉体的な不調和です。つまり、痛みや苦しみや重さや気だるさなどといった、最も身近に感じている自らの肉体に不調和が生じることで、ネガティブに感じるということなのです。

いくつか具体的に例を挙げていますと、相手に強いエゴや怒りや心配や欺瞞心などといったような、ネガティブな情緒が多くある場合や、癒しのエネルギーが強い人が接することで相手の低いエネルギーが浄化された場合には、荒れた波動や発する邪気もしくは浄化されて発散された邪気の影響で、みぞおちの辺りが苦しくなったり吐き気がしたり頭痛がしたり、せきやたんや鼻水や汗やゲップが出たり下痢になったり、ひどい時には貧血を起こしたりおう吐したりする場合(邪気を急激に肉体から排出するため)があります。

邪気が極度に強い人と接したり、そのような波動の荒くて低い場所に身を置いたりしたり場合には、後頭部周辺や、脊椎の付け根を中心に首回りや肩や肩甲骨周辺に、痛みが生じる場合があります。また、邪気の強い人や未成仏霊からの強い邪念を飛ばされた場合には、こめかみ周辺や後頭部が痛む場合がありますし、頭部の奥から鈍い強い痛みが生じる場合もあります。運動や労働や寝不足等によって肉体的な疲労が大きい人と接すると、皮膚などの表面的な部位や、痛みの緩和してきている傷口や虫歯などが急に痛みを感じるような場合があります。

また、これは自分自身の意識や情緒の問題でありますが、自分の本心や思想信条にそぐわない思考をしたり行動をしたりすると、心臓が痛む場合があります。自分に特に合わない波動に触れた際には心臓が痛むことがあります。また、恐怖や怒りなどといったネガティブな情緒が強く出ると、脱力感や震えが強く出る場合があります。

全般的に、極端に低い波動やたくさんの邪気の影響を受けたときの肉体的な反応としましては、力が入りにくくなる、頭部のどこかに違和感や痛みが生じる、もともと肉体的にある程度の不調和を感じている部位(傷口や痛みの出やすい場所など)が急激に大きく不調和を感じる(痛みやしびれ等が増す)、邪気を肉体から排出するために咳やタンや鼻水や汗やゲップが出たり下痢になったりおう吐したりする場合がみられやすいです。

~この続きの<中編>は明日掲載する予定です~

☆ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いします☆
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

✿現在、6月の月末の大祓いのご依頼を承っています。6月30日(木)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







バックナンバー改訂版

過去世のカルマについて

2016年06月20日
✿現在、6月の月末の大祓いのご依頼を承っています。6月30日(木)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

カルマは完璧に働きます。カルマとはすべての物事を指します。良いと感じること、良くないと感じること、さりげなくやり過ごしたことなど、あらゆる事象のすべての波動はカルマとなって返ってきます。

人のカルマとは、その人自身の行動や意識などにおいて、自己の責任の下での自分の行いすべてが自分自身に返ってくることです。愛を与えれば愛を与えられます。罪を犯せば同じような波動の低い出来事が返ってきます。高い波動の情緒を発すれば高い波動の情緒が返ってきます。人に嫌な思いをさせれば自分も嫌な思いをします。カルマは完璧に働くのです。

地球における物理世界に存在する人は、これまでの地球上の歴史において、死を選ぶことにより肉体から魂を分離させ、地球上に転生したそれ以前の記憶のほとんどすべてを顕在意識から消した状態で、またあらためて肉体をまとって地球上に転生することを選んでいます。これが、輪廻転生といわれることでして、今、地球上で存在している人の多くは、このようにして生まれ変わって地球の世を旅し続けているのです。

地球人類は、一つの人生において地球に存在しているうちに、あらゆる物に対して愛着がわき、執着となる場合が多いのです。また、家族や隣人などの人に対しても、物事に対しても同様です。本来は、もう必要がなくなっていたとしても、次のステップを歩んで魂を向上させる道よりも、愛着や執着のある物事やその時の固定観念や価値観を大切にしすぎてしまい、さらに上にあるものに気づかなかったり、波動が合わなくなっているにもかかわらず家族とか友人とかというしがらみから抜け出せずに、波動の法則に反してでも関係を続けようとしたりするのです。

物理世界に存在する地球の人類が死を選択するのは、このような執着や固定観念や価値観などをいったん忘れて魂の状態に戻り、再び転生することによって、あらたなるステップを歩むための転換をするためなのです。そのためには、前の人生を覚えているよりも、覚えていない状態の方が都合良いのです。だから、潜在意識や無意識の領域では覚えていても、ほとんどの魂における過去世の記憶を顕在意識に表出させること、つまり思い出すことができないのです。

それでも、実際に過去世を思い出さない方が、今世をより最良で快適な魂向上を目的とした旅になるというような記憶は、それほど多くはありません。また、知る必要のないことを知ることはできませんが、今世において過去世を知っても旅がネガティブにならないようであれば、その人の波動の状態に合わせて、必然的に過去世を知る機会が与えられるのです。ですから、過去世を知ることはネガティブなことではないのです。自らの記憶が呼び起こされたり、人との出会いによって相手から過去世を知らされる機会があったりして、自らも納得できたり実感できたり少しでも思い出したりした過去世は、知る必要がある機会が訪れたために知ることができたという、必然なのです。

今世におけるカルマは、今世におけるすべての自らの行いを思い起こせば知ることができるでしょう。しかし、過去世におけるカルマは、多くの場合は知ることができないのです。そもそも、知ることができないというよりは、転生する時に、顕在意識の中の記憶を奥にしまいこんで思い出せないようにすることを、自らの魂の意思によって選択したのです。

今世の人生を振り返ってみても、それほどネガティブなカルマは思い浮かばないのに、身の周りのできごとがネガティブなことがめぐり続けると、ふと過去世におけるカルマなのではないかと疑いたくなります。そして、過去世におけるカルマを知りたくなります。このような状態になった時、やはり知る必要があれば、自らの魂の記憶を思い出したり信頼する人から聞いたりするなどの結果、知ることができる場合もあります。しかし、実際は知ることができない場合がほとんどなのです。また、思い出したつもりであったり知ったつもりになっていたりしていても、偽りである場合もあるのです。

では、なぜ過去世におけるカルマが今世に持ち越していてしまい、そのことを知らない場合が多いのかといいますと、知らないでいてもカルマを果たすことができるからなのです。ポジティブなカルマでしたら、さらにポジティブなカルマをめぐらせれば良いのです。ネガティブなカルマなら、少しでもポジティブに変換して、ポジティブなカルマに昇華するように努めれば良いのです。これを、目の前に起こるすべての出来事に対して、今世も過去世も関係なく、ひとつひとつをよりポジティブな波動になるように対処していけば、どのようなカルマであっても、結果的によりポジティブなカルマに変換してめぐらせることのみ意識していれば、全てのカルマがポジティブなものに昇華されるのです。

人によっては、現在のネガティブなカルマは過去世からきていることに気づき、その過去世を探ることに対して躍起になりすぎてしまい、かえってネガティブなカルマを作ってしまう人もいます。また、過去世というものはスピリチュアルなことであり特別なことであるという固定観念から、過去世のカルマをポジティブに変換するためには、修業とかスピリチュアルといわれる部類のメソッドや技術など、何か俗世間から離れた特別なことを行わないといけないのではないかという方向に走ってしまう人も少なくはありません。

実際に、その方が気づきや目覚めが進んで波動が高まったり、より真実である過去世を知ることができるたりすれば、その方が早く解決する場合もありますが、実際にはそんな特別なことをして、かえって3次元の世における人間関係や物事の中で不調和を起こしてしまったり、他にも楽しみがあるのに犠牲にしてしまったりするなどのネガティブなカルマを作ってしまうよりは、普通に実生活を送る中で、目の前のことをひとつひとつよりポジティブに対処しようと意識して習慣にするほうが、とても大切なことであり重要なことでもあるのです。そして、実生活の中で習慣にしてしまえば、その後に同じようなネガティブなカルマを作ることを選択することはありませんし、とても楽天的に日常生活を過ごして、自然にさらなる波動を高めるためのわくわくする選択をし続けようとします。

少し極端な話になってしまいましたが、何も修行とか瞑想とかスピリチュアルヒーリングとか過去世のリーディングとかといったあらゆるスピリチュアルな観点や行動をしない方が良いといっているわけではありません。このようなことは、波動を高めるためにはとても素晴らしいことであるわけですから、無理なく、わくわく感に従ってバランスのとれた中でおこなうのでしたら、必要なことであり大切なことでもあります。ここで伝えたいのは「過去世にこだわりすぎなくても良い」ということと、たとえネガティブなカルマが過去世に起因していると感じたとしても「カルマを昇華させるために特別なツールやメソッドにこだわりすぎる必要はない」ということなのです。

つまり「今」をより大切にしてポジティブに生きていれば、過去も未来もすべてがポジティブなものになります。あまり過去のことにこだわりすぎず、あまり先の分からない未来を期待しすぎたり求めすぎたりせず、理想は常に追い求めつつも、心にはより多くの愛を持ち続け、目の前である「今」ある道を、1歩1歩、よりポジティブに歩むように努め続けることが大切であるということです。


☆ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いします☆
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

✿現在、6月の月末の大祓いのご依頼を承っています。6月30日(木)に、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした月に一度の大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







バックナンバー改訂版

守護霊様からのメッセージ その19

2016年06月19日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/blankpage1.html

ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

今回紹介いたします内容は、17世紀の頃、日本で女性として転生していた守護霊様からのメッセージです。それなりに身分の高い武家に生まれ育ち、やはり同等の身分の家に嫁ぎ、武家の奥方として嫁いだ家をサポートしていたようです。

陰ながらにご主人を支え、子どもたちや祖父母を女性として妻としてまた母としてサポートをしてきましたが、ただ従順にしていたり決まりきったルーチンワークをこなしたりするという訳ではなく、日々の自分自身の行いに責任を持ち、常に相手を尊重しつつ愛をもってサポートし、相手のしてほしいと思うことや、必要なサポートを感じて見極めながら行動をするように努めていたとのことです。

これは幼い頃からの実の母の教えでもあったようで、人にただ言われるがままに行うのではなく、常に自分の行動を考えて責任を持つことや、相手を思い相手の要求に従いつつも、自分の意思を大切にして自分の行動に責任が持てることを行うようにと教えられてきたようです。そしてそのことが歳を重ねるごとに確かにそうだと感じ、意識の在り方の習慣になっていたとのことで、この意識の在り方を実践し続けたとのことです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今は女性が女性らしさを発揮して、本来の役割を果たすことができるようになってきている時代です。封建的な中では難しかったことでも、今は自由意思をそれなりに大きく存分表現することが許され、女性としての立場が男性と同等に近づいてくるような愛のより大きくめぐる時代になってきたのです。

そんなことを意識され、女性特有の精神的な強さや気高さ、繊細さ、謙虚さなどといった特質をフルに発揮し、前に前に出ようとはしなくても陰ながらでもよいですし、些細と感じるような行動でもよいですから、女性として生まれたことを誇りに感じ、あなたらしいやりかたで、あなたの特質をいかし、あなたの自由意思で、あなたが今やりたいことややった方が良いと感じることを、自分のためになることを基本にして、世のため人のため地球のため宇宙のためになることを実践なさるとよいです。

そして、いつか機会が訪れてから…と先延ばしにするのではなく、どんなことからでも良いから行動したりイメージをより具体的に深め広げたりするなど、今できることからすぐにでもわくわく感じることが湧きあがったら動き出すことをお勧めします。

矢のように過ぎるようになってきた、この時間の流れの速くなってきている今、あれやこれやと考えすぎて先に進まないのはもったいないことでして、この流れに乗ってあなたが成したいと感じたことが湧きあがったら、すぐにでもやってみることが大切です。

やってみて前に進まなかったら、そこで振り返って反省し、スムーズに物事が進んでいくようでしたら余計なことを考えずに前に前にと進むことだけに集中して進めていけば良いのです。

焦ることはネガティブな状況に至る要因になりますので避けるべきですが、変化を拒むことも必要を満たされない結果に至りネガティブな波動を発する要因になる場合もあります。自分自身の意識内に沸き上がるわくわくするような感覚を、今後より一層、大切になさると良いでしょう。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」




スピリットガイドのメッセージ

黄金時代に向かう地球上で「今」の在り方

2016年06月18日
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

宇宙の根源神におけるあらゆる計画が成されていく中で、地球に関係している最も重要であった地球上が4次元そして5次元世界へと次元上昇するするという計画は、予定通りに進行しているようです。これは、星の整列やフォトンベルトなど影響などで、地球に与えられる宇宙エネルギーが増大したことや、宇宙のあらゆる存在からのサポートがあったからこそ成し得ていることではありますが、私たち地球人類も、この転生した目的を果たして光をめぐらせることができているために、こうして多くの地球人類が、地球上の次元上昇の波に乗ることができて、今、ここに存在することができているのです。

今、地球人類として転生してきて、地球上にこうして残っている者たちは、生前からの神との合意のもとで転生して、次元上昇した地球上で魂向上のための道を歩むという約束を果たしている最中であるために、今、ここに肉体を持ったまま存在することができているわけですから、そんな私たちは、とても栄誉ある魂の存在と言えるのです。ですから、とても素晴らしい事なのです。

2012年末の時が過ぎ、地球上は高次元界の扉の入り口に入りましたが、黄金時代である高次元の世界の始まりが始まったばかりなのです。高次のポータルが開かれて、今、その入り口に立つことが許されたまでの事でして、実際は、高次の世界に入って、黄金時代といえるような愛に満ち溢れた自由と平和と統一の世界に至ったわけではなく、波動域は高次元領域の始まりに入ったものの、この時点で皆さんが感じられているように、肉体的にも意識の中も世の中の状況も、今はまだ完全に4次元そして5次元の世界に見合った状況に至らずに、まだまだ多くの事において、3次元世界の末期の状況が続いているのです。

以前にも当ブログで述べたことですが、次元上昇して地球上の波動が高次元の始まりに至っても、政治や経済や教育や医療などの世の中の体制や物理的状況も、瞬時にすべてが高次元世界の波動に見合った状況へと変わるわけではあうりません。波動・エネルギーが変化しても、物理的な状況が同時に変化する場合もありますが、多くの事が後になって変化していくのです。4次元以上の高次元の世界に完全に至ることができれば、波動・エネルギーの状況と現実とはそのまま結びつき、即座に願ったことは実現するのですが、今のようにまだ完全に高次元世界に至っていないような状況では、難しい事が多いのです。

地球上が高次元界の入り口に入ったので、今まで以上に世の中の状況のポジティブな変革はさらに急速に続きますが、地球上の波動域は第4密度の波動域に入っても、地球上のすべての人々の在り方や世の中の状況すべてが高次元の世界に見合った状況へ至ったと感じられるまでには、直線的な時間ですと約二十数年(2037年~2039年頃)はかかるだろうと予測されています。そして地球の次元上昇の流れはその後も続いて、4次元を超えて5次元世界まで上昇していくのです。

地球上の現在の状況の中でも、世の中の3次元的なネガティブな状況や、個人内の意識における感情や思考などのネガティブな部分は、高次元の波動領域に入ると3次元世界で作り上げて残っているネガティブな固定観念や感情などの意識や物理的な事などにおける葛藤が、今まで以上に急速に進み、最終局面に入っているのです。

そして、すでに4次元の波動域に入っている地球上の波動状況に見合うまでに、さまざまな葛藤や変化が続き、やがて世の中の状況も個人の在り方も変革した時、高次元世界へと次元上昇したとはっきりと認識できるでしょう。

そして、威厳が上昇したと実感できるような状況になった頃には、直線的な時間における現在・過去・未来というような時間の概念や感覚がなくなり、すべてが「今」起きていると認識できるような状況になるために、波動に見合った状況も願いも何もかもが「今」瞬時に、目の前である現実世界で実現するようになるのです。


ところで、ここまで述べてきたようなことは、まだ地球上の波動域が3次元末期の状態であった2012年12月22日頃までの間にも、同じようなことを伝えてきましたので、これといった違いは見当たらないでしょう。では、いったい高次元のポータルが開かれて入り口に入る前と、今、こうして波動・エネルギー的に4次元領域の始まりに入った地球上とでは何が違うのかということを、簡単ではありますが明確に述べてみたいと思います。

それは、今、波動・エネルギーが高次元の領域、つまり第4密度に至っているので、すべての世の中の体制も物理的なことも人の肉体も意識も、いつでも、今すぐに、次の瞬間にでも、高次の状況に至ってもおかしくないようなところにまできているということです。つまり、準備ができてゴーの青信号が灯れば、いつでも高次の世界の状況に至ることができるということです。

アセンションする前の3次元世界では、政治や経済といった分野の改善すべき状況を、新たな黄金時代にふさわしい体制のスタンバイを進めるまでが精いっぱいだったことも、3次元世界では存在することのできたイルミナティなどの闇の存在やそれに深くかかわり加担していた者たちが、地球上で存在することが難しくなり、自分たちが生きていくことで精いっぱいになったり、光の勢力に転じたり、地球を去ることを選択したりしている状況が進んでいたりしているので、それらによって阻害されていた政治や経済などの物事が、まだ済んでいない内容の調整が進みやすく、新しい体制へとスムーズに変革しやすい状況に至っているということです。

そして、もう少しそのような変革や調整が進んで青信号さえ灯るような状況に至れば、いつでも発進できるところまで、すでに地球上の世界の中での準備は進んでいるのです。新しい政治や経済、つまり黄金時代にふさわしい愛の溢れる指導者による政治や、富が公平に分配されて運用される経済も、高次元の宇宙の皆さんとの親交も、その準備は整う直前にまで至っており、それほど時を待たずにゴーサインの青信号が灯るところまできているのです。

人の意識に関しては、すでに3次元が終わりに近づくにつれて、ネガティブな意識を多く持ち合わせていく傾向にある人と、ポジティブな意識を多く持ち合わせていく傾向にある人とが、どんどん2極化されて進行していましたが、高次元の波動域に入った今、それがさらに顕著に表れていき、2極化は急加速して進んでいます。そしていずれはポジティブな変化が続くにつれて、2極は統合していくのです。

今、この時点で、波動・エネルギーがアセンションした2012年末以降の現在も地球上に残っている人すべては、3次元以下の意識を持ち合わせていても、必ず4次元以上の意識も持ち合わせている人のみであります。まるで、冷酷であるように感じられる人でも、今、この地球に存在することが許されている人の意識の中には、必ず4次元以上に存在できる「愛」の意識が備わっているのです。だから、高次元のポータルが開いた今も、4次元世界の密度に入って存在することができているのです。

ただし、この先、時が経つにつれて、世の中の状況や存在する人々の意識も高まり続けていくうちに、さらに波動・エネルギーは急加速して高まり続けるので、宇宙における普遍の法則である波動の法則や必然の法則が大きく働き、3次元以下の意識を多く持ち合わせてめぐらせ続けているような人は、波動はますます下がっていくために、この地球上に存在することは難しくなり、その波動の法則や必然に従い、在るべき場所へと、魂向上のために最も適した場所へと移動することを選択するようになるのです。

ですから、今この時点ではまだ存在することが許されていても、これから先の在り方次第では、このままアセンションを完全に果たせるものもあれば、3次元意識が強くなり、地球以外の3次元世界の惑星にて次なる転生を迎えるものもあるのです。そして、完全にすべてが成るようになって、自身が存在するにふさわしい状況に、今存在している地球上すべての人類が完全に至るまでには、二十数年かかるといわれており、ギリギリまで葛藤を続ける者も多くあるでしょう。


今、高次元の世界のポータルが開かれました。あらゆるものが、その高次の波動・エネルギーを受けて、この先、さらに急加速して変化していきます。その結果、必然的に地球上で魂をさらに向上するための道を選び旅を続ける者と、他の3次元世界へと旅立つものとに分かれていきます。世の中も、黄金時代にふさわしい必要なものは発展し、必要でないものはなくなったり変革したりしていきます。人の肉体は、その波動・エネルギーにふさわしい状態へと変化をし続けていき、完全に高次の意識に至った頃には、クリスタル基盤の密度の軽い高次の肉体へと変わっていくのです。

すでに、黄金時代である、高次元の世界の始まりが始まったといえる2012年末の波動・エネルギーが高次元領域に入ってから約2年9か月の時が経ちました。

この時期は、古い時代であった3次元世界の終わりの終わりの時期であり、4次元以上の高次元の世へと移り変わるための変革期・転換期ともいえるでしょう。宇宙は常に変化し続けています。そして、当然、私たち地球人類も絶えず変化をし続けています。

その変化が、今、急加速して、高次元の方向へ歩んでいく者と、以前のような3次元以下の世界の方向へと歩み続ける者とに、分かれて進んでいるところなのです。ですから、個人内においても、変革期・転換期を迎える者が増えており、個人内の葛藤が表面化して、顕在意識で認識する機会が増えているような人は、ますます多くなっていくでしょう。

このように、自分自身をよりポジティブな状況へと変えるために、自分自身の葛藤が増えたり大きくなったりしているのだろうと感じているような皆さんは、アセンションの波に乗っており、この先ますます高まっていく波動・エネルギーに見合った状況へと自分自身の状況を合わせるために変化しようとしているという、とてもポジティブな流れに乗っている人が多いといえるでしょう。

そために、今の環境や実生活や仕事などはそれほど変化はさせないで、自分内の意識を高めるような変革期・転換期を迎える人もありますが、人によっては住んでいる場所を変えたり、仕事を変えたりするなどといったような、環境やメインで行っていることの変革期・転換期を迎えているような人も増えています。そのような人は、自分自身の身近である実生活や環境や在り方自体もも大きく変えようとしているために、葛藤が大きかったり、とても大きな変革期・転換期を迎えているのであろうと感じたりすることでしょう。

そのような変革期・転換期の中に在ると感じられるような時には、とても大切になることは、波動をできるだけ下げないように努めること。そして、より高い状態でいられるように努めることです。そのためには、自らの中で湧き上がる「わくわく感」に焦点を合わせること、つまり今やるべきと感じたこと、今やりたいと感じたことを大切にする必要があるということです。そして、「自他へのより大きな愛をめぐらせるように努めること」です。宇宙はとてもシンプルな世界です。愛がすべてなのです。真の愛さえより多く持ち合わせていて、真の愛をより多くめぐらせてさえいれば、波動は高まり魂は向上し、上へ上へと昇り続けていき、宇宙の神へと近づいていくことができるのです。

そして、今、こうして存在できていることを誇りに思い、宇宙に感謝し、このまま地球とともに物理的にも完全に次元上昇して、黄金時代で過ごすことを望むのであれば、今、私たちは真の愛を、今まで以上により強く意識すべきなのです。自己への愛をより深め、他者への愛をより多くめぐらせて、あらゆる環境や生物への愛も、地球への愛も宇宙への愛も、より大きく広くめぐらせるように努めるべきなのです。

また、次元上昇の流れに乗っている地球上に存在することができている栄誉ある魂だからこそ、私たちはより強く意識をポジティブに持ち続けるように努め、ネガティブな意識をより早くよりポジティブに改善するようにも努め、自分自身に対してより厳格でいるようにして、ネガティブなことにエネルギーを使うよりも、ポジティブなことにより焦点を合わせて尽力するように努めるべきなのです。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







バックナンバー改訂版

守護霊様からのメッセージ その18

2016年06月17日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/blankpage1.html

ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

今回紹介いたします内容は、18世紀の頃、日本で女性として転生して、上流階級にある武士の長女として生まれ育ちました。父親の方針として女性もそれなりにしっかりと学問を身につけるべきとの事で、特に長女であるこの守護霊様に対し、武士の男性が身につけるような学問を子どもの頃から習わせ、身につけさせていました。

20歳の頃に、学問所の師範の兄である男性と結婚しました。基本的に女性は簡単な学問を学べばよいとされていたようですが、この守護霊様の女性の強い意向を藩主も認め、武士の中でもそれなりに上流の階級である女性で希望する者に、この守護霊様の女性が師となって男性が身につけているようなかなり広く深い学問を身につけることを許されたことから、学問所で講座を開きました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

〈守護霊様からのメッセージです〉

人と人とがコミュニケーションを図るときに、最も大切なのは愛を大きく抱き愛をめぐらせることでありますので、その態度や表情や話し合うときには、その言葉遣いや目配せといった表面的なものはそれほど強く気にして意識を大きく向けすぎるようにする必要はなく、いかに相手を尊重し、相手を思い、相手にめぐらす愛が大きいかどうかによって、コミュニケーションがよりポジティブに図ることができるのです。

それでもやはり言葉というものはそれなりに重要なもので、特に日本語は多くの言葉が言霊により成り立ち、言霊としての大きな強い力を持ち合わせているので、他国の言葉に比べると、その言葉の持つエネルギーや波動といったパワーはそれなりに強く影響力がありますから、ほどほどに意識をする必要はあります。

あなたの持つ元来の大きな愛をもって言葉を発すれば、それだけでとてもポジティブな波動に乗せてポジティブなエネルギーがめぐりますが、それでもやはり、より意識的にポジティブな言霊を発するように心がけることで、さらによりポジティブにコミュニケーションを図るように努めることは大切なこととなります。

今、あらためてこのようなことを申し上げるのは、特にあなたの発する言霊が何か問題があったり意識的に大きく改善したりした方が良いということではなく、あなたの波動の優しく軽やかなテンポに合わせ、より一層のポジティブな言霊が発されれば、そこから発されるエネルギーだけでも、人を大いに癒したり元気づけ活力をみなぎらせたりすることが、思念力が強く影響力も強いあなたの元来持ち合わせているその特質である、あなたから発せられるエネルギーの強さがより活かされるということなのです。

また、あなたの持つその柔らかく軽やかな優しい波動に対し、もう一つの女性性の愛の大きさからくるとても強い女性としての厳格さと芯の強さとがあり、あなたがあなたの意を貫き通す時のその確固たるエネルギーは素晴らしく強いものがあります。

その精神的な強さを支えているこの女性性の愛の大きな素晴らしいエネルギーを、これからもより一層活かし、あなたの持つ優しさや許しによって柔らかく人や物事を包んだり、さらりと受け流ししてあげるようなこともあれば、自分の意を貫き通したり厳しさをもったりして、自分に対しても大切に思う人に対しても、あなたの持つその強い愛のエネルギーを活用することは、あなたにとっても周囲の方々にとっても、今後よりポジティブな道を歩むにはとても大切なことであるといえるのです。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」




スピリットガイドのメッセージ

9種のパワーストーン 

2016年06月16日
タエヌのホームページ‘アセンションスペースシューリエ’のパワーストーンの販売に関しまして、水晶のクラスターやピンクコーラル・ケープアメジスト・ヒスイなどのブレスレットなどの新商品を加えてリニュアルしました。よろしかったらご覧くださいませ。
パワーストーンの販売https://taenu1.amebaownd.com/pages/639721/page_201609141507

ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

タエヌのホームページ‘アセンションスペースシューリエ’において販売している各種のパワーストーンのパワーに関することと、取り扱っている商品の写真を紹介させていただきます。

従来販売していました、水晶・アメジスト・ローズクォーツ・ラピスラズリ・タイガーズアイのブレスレットや水晶玉に加え、ご要望の多かった水晶のクラスター、ブレスレットはピンクコーラル・ケープアメジスト・ヒスイ・レッドアイアゲートも新たに加えました。

当方でご注文いただきご入金を確認させていただきましたら、お客様にご指定いただいたサイズに合わせまして、タエヌの妻atumiがブレスレットを手作りで作成します。ブレスレットは伸縮するシリコンゴムでつながれています。作成したブレスレットはタエヌが浄化&パワー入れをした後、出雲の国の癒しのエネルギーごと包んで郵送してお届けします。

パワーストーンに関する説明書等の資料はお付けしませんので、梱包したパワーストーンのみのシンプルな状態で、タエヌとatumiの光の気持ちも込めてお届けします。


《パワーストーン》

☆水晶 ~招福・浄化・直感力・オールマイティーのパワー~

古来より霊石として崇められており、生命や精霊が宿っているともいわれてきました。アメリカ先住民族のシャーマンは、儀式や病気回復のために用いていたようです。浄化力に優れています。持ち主のエネルギーと共鳴したり、一緒に持ち合わせている他のパワーストーンのエネルギーとも共鳴したりするために、直感力を高めたり、一緒に持ち合わせている他のパワーストーンのパワーをより高めたりする効果もあるといわれています。ヒーリングや瞑想や祈りをする際に身につけると、エネルギーのパワーアップ・心願成就・浄化・自己防衛などの効果が期待できます。

DSC03704+(3)_convert_20130508160402.jpg
<水晶7mm玉ブレスレット~>
当方では7mm玉・8mm玉・10mm玉・12mm玉・16mm玉の5つの球のサイズのブレスレットを販売しています。一般的に販売されているブレスレットは8mm玉が比較的多く見られますが、好みや用途に合わせてサイズや形はさまざまです。

DSC03711+(3)_convert_20130508160612.jpg
<水晶12mm大玉のブレスレット>
普段身につけるには少し大きめなサイズですが、私はヒーリングやアチューンメントの際に身につけています。

DSC01439_convert_20160616094320.jpg
<さらに大玉の水晶16mmのブレスレット>

DSC03759+(3)_convert_20130508161715.jpg
<水晶30mm玉(金台付き)>
30mmを越える大きさの水晶玉には、場所全体を浄化したりエネルギーを満たしたりするパワーがあるといわれています。お部屋に、玄関に、オフィスにどうぞ。当方では30mm以上の大きさの完全にクリアーな水晶玉を販売しています。

DSC01382_convert_20160616050702.jpg

DSC01376_convert_20160616050529.jpg
<水晶クラスター> ~お部屋やブレスレットの浄化&パワー充電に~


☆アメジスト ~インスピレーションや霊力を高める・魔よけの護符・真実の愛・冷静な判断力・癒し~

古代から、高貴な石として扱われてきたようです。インスピレーションや直感力を高めるパワーや、ネガティブな感情や高ぶりすぎる感情を鎮めるパワーがあります。「恋愛成就」「愛の守護石」ともいわれています。

DSC03766+(3)_convert_20130508161426.jpg
<アメジスト8mm玉のブレスレット>

DSC03742+(3)_convert_20130508161830.jpg
〈アメジスト8mm玉と多角平カット水晶のブレスレット〉

☆ケープアメジスト ~安らぎ・集中力・創造力・理解力を高める~

ケープアメジストは、ヒーリング作用の強いアメジストとミルキークォーツが綺麗に合わさったパワーストーンです。 白と紫のライン状の模様がはっきり出ているストーンほど貴重とされ、中国では「夢幻紫水晶」と呼ばれ高い人気を誇ります。

DSC01478_convert_20160616115442.jpg
〈ケープアメジスト10mm玉ブレスレット〉

DSC01446_convert_20160616094533.jpg
〈ケープアメジスト10mm玉&水晶多角カットブレスレット〉

☆ローズクォーツ ~女性性を高める・美意識を高める・愛をはぐくむ~

美と愛を象徴する石とされています。やさしい感情と円満な心を養うパワーがあるとされ、他人からの好意を受けやすくなるといわれています。また、ダイエットや美容にも有効とされています。

DSC03720+(3)_convert_20130508160739.jpg
〈ローズクォーツ8mm玉ブレスレット〉


☆ラピスラズリ ~直感力を高める・潜在能力を引き出す・邪気・邪念を取り除く・第六チャクラ(第3の目)の活性化・高位の霊能力を解き放つ~

エジプトやメキシコ等の様々な古代文明で「神聖な石」として儀式に用いられてきた世界最古の霊石の1つです。古代エジプトでは、この石には神が宿ると信じられ、ファラオや司祭のみが身につけられる特別な石でした。ラピス(ラテン語で石という意味)ラズリ(アラビア語で青または空という意味)の石の青の中に金や白の含有物を散りばめたその姿を、ローマ帝国の官史プラニウスは「夜空」と呼びました。日本名は「瑠璃(るり)」。仏教では瑠璃は浄土の色であり、悟りの世界を表します。

DSC01482_convert_20160616115548.jpg
〈ラピスラズリ8mm玉ブレスレット〉

DSC01484_convert_20160616115619.jpg
〈ラピスラズリ8mm玉と多角平カット水晶のブレスレット〉


☆ピンクコーラル(サンゴ) ~平和と安らぎ・知性・情緒の安定・忍耐力~

サンゴは古くから邪気を払う魔除けの力が高いとされてお守りとして用いられ、持ち主に富と幸運をもたらすと伝えられてきました。また、結婚運や子宝運につながることから、妊娠や出産のお守りとしても用いられてきました。さらに、旅行の際にトラブルから守ってくれるとも言われています。

DSC01444_convert_20160616094437.jpg
〈コーラル8mm玉ブレスレット〉 

DSC01442_convert_20160616094404.jpg
〈コーラル8mm玉&多角平カット水晶のブレスレット〉*現在、在庫切れ中です。


☆タイガーズアイ ~ 洞察力・邪気払い・幸運・仕事運・金運~

「虎目石」とも言われていますが、虎の目は「すべてを見通す目」ともいわれ、洞察力を高め、災厄を避け、成功をもたらす石とされています。他人からの邪気や邪念を跳ね飛ばし、直感力や行動力が高まり、仕事運や金運をアップさせるとも言われています。

DSC03731+(3)_convert_20130508160724.jpg
〈タイガーズアイ8mm玉ブレスレット〉


☆レッドアイアゲート(メノウ) ~魔力の石・悟りの石・気力の石・向上心の石~

強い魔除け効果に加え、神の眼(ゴッドアイ)を持つ叡智の石としても知られています。イライラしているような時には心を鎮めて、内面のやさしさを引き出すとされています。好奇心引き出し、気力や行動を起こしやすくなるとも言われています。勇気や勝利の祈願としての御守りにも用いられてきました。

DSC01481_convert_20160616115517.jpg
〈レッドアイアゲート8mm玉ブレスレット〉


☆翡翠(ヒスイ) ~幸運を呼ぶ・不老長寿・災難除け・商売繁盛・交通安全~

東洋や中南米において何にも勝る宝石とみられてきました。 特に中国においては古代から神秘的な力を持つ石として尊ばれていて、中国では五徳(礼・儀・智・仁・勇)とされ、お守り等によく使われています。日本においても勾玉の材料になるなど、神々との関連が深い霊玉です。現代では水晶のように万能のパワーストーンとして親しまれています。

DSC01450_convert_20160616120138.jpg
〈翡翠8mm玉ブレスレット〉


☆ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いします☆
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

パワーストーンの販売https://taenu1.amebaownd.com/pages/639721/page_201609141507

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~パワーストーンの販売、守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
https://taenu1.amebaownd.com/

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







スピリチュアル

高次元の存在とのチャネリング

2016年06月15日
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

私が初めて私自身の守護霊様をはっきりと認識することが許されたのは、今から約13年前の事、約15年間勤めていた公立学校の教員を辞職する前の最後の一年となる年の終わり頃でした。明け方の4時頃、ふと目が覚めると同時に、背中に何かの気配を感じると、背中周辺にモワンとしたような感じがして、それが身体全体に広がって、軽い金縛りのような、でも心地良くリラックスしたような、体が宙に浮いたような軽い感覚になった後、頭の中に何かの心地良く感じるリズムと声が聞こえてきました。最初は小さくてよく聞き取れないような音と声でしたが、しだいにはっきりと聞こえるようになってきました。このリズムをとっていたのは木魚で、声はとてもやさしく、かつ芯の強さも感じましたが「南無妙法蓮華経」と唱える声でした。そして、小柄でやせ細った体ではありますが、座っているお姿はとても凛として意志の強さが感じられるお坊さんの後姿がはっきりと見えて、日蓮宗のお上人でお名前が「にっしょう」様だということもわかりました。

そのお姿が見えて名前が分かった次の瞬間、ふとあたりが現実の世界に戻って、家族みんなで寝ている寝室に私がいたことを実感できましたが、心の中には感動のような、大きな喜びのようなわくわくした思いでいっぱいになり、あの美しく天使の声にも感じた守護霊様の心に響くお題目と、あの細くて芯の強いどっしりとしたお姿を思い浮かべて、その余韻に浸っていたことを今でもはっきりと覚えています。

このようなことがあった約1年前の、今から約14年前に、私はレイキの1~3の伝授を受けていましたので、機会があるごとにレイキヒーリングに励んでいましたし、ほぼ毎日欠かさずに自己ヒーリングも続けていました。私は、他者へのレイキヒーリングをしている最中に、ヒーリングをしているお相手の心の内側にある何かが伝わってくることがあって、その人自身やその家族などの問題に思っていることやその解決方法、心身の不調和の状況やその要因、オーラの色や状態、また、時には前世、守護霊様やメッセージなど、私はただただレイキを活用して、ヒーリングによって、よりポジティブな状況に至るようにしたいと願ってヒーリングをしているだけなのですが、このような色々な情報が、人によって様々ではありますが、私に伝わってくることが多くありました。

私は、最初はそのような事が伝わってきても、特に相手に話をしないでいるようにして自分内にとどめておこうとしても、何度も繰り返し伝わってきたり、どうしても相手に伝えなくてはいけないような使命感のようなものを強く感じられたりして、結局はヒーリングの最中や終了後に、私が認識した内容を湧き上がるがままに伝えるようにしました。すると、ほとんどのみなさんにいえることですが、実際に私の感じられた様々な事は、そのヒーリングをしたご本人にとっては大きな問題であったり、難しいと思っているような問題の解決策であったり、前世を知ることでポジティブな道が開けたり何かが分かったり、守護霊様のメッセージが心に強く響いたりするなど、私にはそれほど特別には感じられないような事でも、伝えることによってお相手本人にはとてもポジティブなことである場合がよくあったので、そのような機会を重ねていくうちに、私にはそのような霊能力が開花してきていることや、そのようなお役目があるということを自覚するに至りました。

そのような経験を重ねていくうちに、ヒーリングを行わなくても、相手と波動を合わせるだけでいろいろな情報が伝わってきたり、相手がその場にいなくても、生年月日と名前を聞いて波動を合わせるだけでも同様にわかるようになったりしました。そんな中、約10年前にヒーリングルームを開設した当初は、レイキヒーリングや伝授をメインで行っていましたが、徐々にスピリチュアルカウンセリングをご要望されるお客様が増えていき、知人の知人、またその知人といったように、主に口コミで広がって、時には関東以外の大阪や京都などの遠方の方も、千葉の田舎町のヒーリングルームまでお越しいただくようになり、広島や岡山や福島や秋田などの遠方に出張してカウンセリングをする機会もいただきました。

そんな中、当ブログを書き始めた1年ほど前の2006年の夏頃から、それまでは守護霊様やご先祖様の霊との交信を行いメッセージもいただいていましたが、高次元の宇宙の存在とチャネリングしてメッセージを頂くようにもなりました。私がはじめて高次元の宇宙の存在「ユニーダル」からメッセージを頂いた時の事をよく覚えていますが、一人で車で買い物に出かけた帰りに、ダイソーの前にある駐車場を出ようとした瞬間に、頭上からびりびりとしたエネルギーが流れてきて、そのエネルギーに焦点を合わせると、いつものような感じでチャネリングによる高次からのメッセージが伝わってきましたが、いつもとエネルギーの質が違ってとても強くダイレクトに感じましたので、不思議に感じていると「エササニ星のユニーダル」と名乗ってくれたので、宇宙からのメッセージだと分かりました。

この日から、私が何か特別なことをしていたり、何かを意識をしていなくても、車の運転中やゆったりとくつろいでいるときなど、ふとした時にユニーダルをはじめ、シリウスやプレアデスなどの宇宙の皆さんからメッセージをいただくようになりました。またこの頃に、天上界に存在しているという、聖徳太子や卑弥呼や山上憶良、額田王、フランシスコザビエルなどの、歴史上で知られている人として転生していたという方々からも、メッセージをいただくようになりました。

そして、2007年の2月、わくわく感に従って当ブログを開設して、頂いたメッセージの一部や、チャネリングをしながら文章を書いたりするなど掲載しはじめて現在に至りました。また、2008年の2月に‘たま出版’より「タエヌのスピリチュアル日記」の本も出版していただき、今もアマゾンなどのウェブサイトでも販売しています。ここ最近は、シリウスや金星やアガルタ(内部地球)を中心に様々な高次元の方々から、チャネリングメッセージを受け取っていると認識しています。

ひとつまえに掲載した内容「数々の心霊体験から学んだ事」に書きましたように、私は30代中頃まではさまざまな未成仏霊のネガティブな心霊現象にあう中で、私なりに霊能力の開花しているようなことを感じていましたが、当時は私にとってあまり喜ばしい特質とは思えないような感じでした。しかし、ここ10年ちょっとの間に、こうして高次の存在とチャネリングしたり、ご縁のある方に対して霊的な力が少しでもお役に立つことができたりしていることを感じられるようになり、私の魂が培ってきて開花してきたこういった霊的な力を、心から歓迎し魂や宇宙に感謝している次第です。(ちなみに、本来はすべての人に、とても強苦て高い霊的な能力は備わっています。でも、それがどこまで開花しているのか、活用できているのかが違うというだけだと私は認識しています)

そのようなさまざまな霊的な体験をしていうちに、未成仏霊などのネガティブな波動を持つ低次の霊とチャネリングした際と、今日書いたような高次の存在とチャネリングした際の違いが、それなりに分かるようになったと自負していまして、エネルギーの質や波動が、直感的な感じ方や、五感で味わう身体の感覚的なものが明らかに異なることが感じられます。

具体的には、低次の存在とチャネリングしている際には、ゾクッと感じる寒気のようなものや心が重くなるような嫌な感じがしたり、みぞおちあたりが苦しくなるような感じになるなど、気持ちも肉体的にもネガティブな感覚が伝わってきますし、後味もすっきりとしないような感覚になります。高次の存在とチャネリングしている際には、ほんわりとした眠気を帯びたような心地よい感覚になったり、時には強いエネルギーがビリビリと強く感じることもありますが、身体が馴染んでくると心地良く感じたりありがたく思うようになります。また、心の中にボンとかたまりのように何かが入ってきて、それがじっくりと解けるように言葉として広がったり、優しく穏やかな音でメッセージが聞こえてくるなど、チャネリングしている間は穏やかなほんわりとした心地よいわくわくした気持ちでいられますし、終わった後に思い返したり内容を確認したりしても、心地よいわくわくした気分に浸ります。

ですから、私にとっての高次と低次の存在との識別方法は、エネルギー・波動の感じ方が違うために、このような感覚的に行ったり、メッセージの内容や見せてくれる映像を味わっている時の私自身の気持ちのポジティブさとネガティブさを感じて行ったりすることがメインとなっています。また、時には妻に話をしたりブログに書いた内容を読んでもらったっりして、感覚が鋭い妻の感じる波動も参考にして識別するようにしています。


☆ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いします☆
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







バックナンバー改訂版

数々の心霊現象の体験から学んだ事

2016年06月14日
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

私は子どもの頃、比較的に怖がりな子でして、夜トイレに行く時や暗がりを歩くときなど、人一倍怖がることがよくありました。時々、暗がりやどんよりとしたような雰囲気の所で何か不気味さが感じられ、それが何かが分からないのですが、何かよく分からない存在がいるような、誰かに見られているような、何かがそっと触れているような感覚が伝わってくるなど、目に見えない存在におびえていたことを記憶しています。また、目をつぶっている時や背後に感じる時もよくあり、お風呂で顔や頭を洗っている時やトイレで用を足したりしている時、薄目を開けたり振り返ったりすることもありました。それでも、そういった怖い存在を実際に直接的に見たり実感したりするようことは、18歳頃までは全くなかったと思います。

私が18歳の頃、大学受験が近づき、追い詰められたようなネガティブな気持ちが強くあり、寝不足の続いていたある夜、自宅の4畳半の私の部屋のベットで寝ていた時、夜中に夢なのか現実なのかがわからないような夢うつつのまま何かの気配を感じて目が覚めて、そっと薄目を開けると、ベットの横の空いているスペースに5歳くらいの男の子が私の方を見て立っていました。私は隣に住んでいた男の子だと思ったので「なかちゃん!?」と名前を呼びかけました。すると、突然その男の子は消え、キーンという大きな耳鳴りのような音が響き渡ると同時に、体が締め付けられるような感覚になり、全く身動きできなくなりました。こうして私は、初めての未成仏霊と感じられる霊体を見て、さらに初めての金縛りを体験したのです。

この初めて経験した金縛りの時間がどれだけ経ったのかは分かりませんでしたが、金縛りがとけるまで、長い時間がかかったような感覚だった事を記憶しています。そして、金縛りが解けた瞬間、即座に部屋の明かりをつけたところ、急にあたりからどんよりとした気配が消え、金縛りの間中続いてた夢うつつのようなどんよりとした感覚から解放されて、ごく普通のいつもの私の部屋に戻っていました。この時、ふと考えると、隣に住んでいたなかちゃんという5歳くらいの男の子は、すでに5~6年前に引っ越しをしていましたし、引っ越しをした当時はそのくらいの年齢でしたが、生きていればその時点ですでに10歳くらいになっているはずなので、あの男の子はいったいだれなのだろう…?と不思議に思いました。

それからというもの、毎晩のように金縛りにあうようになりました。2年間大学受験の浪人をしていましたので、気持的にネガティブに陥ることも多かったと思います。必ず金縛りになる直前に何らかの気配がしたり音がしたり話し声がしたりするなどの心霊現象があり、金縛りにあっている最中にもさまざまな心霊体験をしました。特に多かった体験は、私が寝ている上をたくさんの人が歩いている足音が聞こえ、時には影のような薄暗い姿も見えたり、寂しそうだったりつらそうだったりしている人たちもいましたが、明らかに兵隊の格好をした人たちが集団で列を作って歩いている姿が見えることもあったりしました。このような足音は、いつも同じような方向に向かって同じルートで足音が近づいてきて遠ざかるので、当時私は私の寝ている真上あたりに霊の通り道があると感じていました。

また、体の上に乗っかる人は身体に重みを感じますし、体を引っ張る人もいましたが、私は必死になって抵抗して引き込まれないようにしました。明らかに私の顔に息をふきかけるようにして顔を近づける人もいて、その時に目を開けるともっと怖い思いをしてヤバいかも…と思い、恐怖と好奇心の中、必死になって目を開けないようにしたこともあります。何を話しているのか分からない、まるで現実の話し声のようなはっきりとした話し声が聞こえるようなこともありましたが、耳を澄まして話を聞いてはいけないと私は感じ、必死になって聞かないようにしたことも覚えています。

あの初めての金縛り&霊を見る体験をして以来、こういったようなネガティブに感じる心霊現象に数多く経験しました。金縛りだけでも、20歳代後半までの間に100回ほどはあったと思いますが、経験を重ねていくうちに金縛りを解く自己流の対処法も身につけましたし、怖かった金縛りも徐々に怖いという感覚が薄れていき、「またかょ…」といったような慣れたウザいような感覚にもなっていって、比較的冷静に対処するようになっていきました。また、金縛りや心霊現象にあう時の自分自身の状態がだんだんとわかるようになり、ひどく疲れている時や落ち込んでいる時、悩んでいる時などの心身がつらいと感じるようなときに起きると気づきました。

20歳の頃になると、寝ている時の金縛りに限らず、起きて普通に活動している時にも心霊現象にあったり霊が見えたり聞こえたりすることもありました。それでも、金縛りの体験のように、普通に実生活を送っている時の心霊体験も、体験を重ねるごとにだんだんと冷静に対応できるようになっていきましたし、最初のうちはただ怖いだけだったリ嫌なものだったりしたことが、その未成仏な霊の状況や気持ちが伝わってきたり、その場所にどうして縛られているのか、なぜ浮遊霊としてさまよっているのかなどもわかるようになってきました。

今は未成仏霊とチャネリングするような事は、私がそのような気配を感じて焦点を合わせたり、浄霊をする際に必要に応じて未成仏霊の情報を得たりするために意識的にチャネリングしたりする際に、私が意識的にコントロールすることができますが、20歳の頃から30代中頃までの間は、そのようにコントロールすることはできなかったので、ふとした時や思いもよらないような時や怖いと感じているような時などに、ネガティブに感じる心霊体験をしていました。

あの頃は、とにかくあの嫌な感じがする心霊現象からできるだけ逃げたくて、いろいろと自分なりに対処の仕方を考えたり直感的に行ったりっしましたし、心霊現象にあわないようにするための工夫もしました。今になって思えば、このような体験から学んだことは、ここ10年ほどの間に実践している除霊や浄霊にとてもいかすことができましたし、心霊現象に悩む方の相談に応じたり対処法を伝えたりする際にも、身を持って度重なる経験をしてきたので、その経験がとても役に立っています。

ちなみに、ここ15年くらいは、金縛りも強くネガティブに感じるような心霊体験もほとんどしていません。それは、これらの経験からの気づきや学びを得たためや、さまざまな除霊や波動を極端に下げないようにするためのマントラやテクニックを活用しているためでもありますが、根本的には、そのような心霊現象を引き起こす未成仏霊の気持ちがわかるようになって慈愛の気持ちで接することができるようになってきたことや、自分自身の波動が極端に下がっていたために波動の法則によって心霊現象にあっていた(恐怖感が強かったりや極度に疲れたりした時には、自分自身の波動が極端に下がるために未成仏霊との波動が合いやすく、霊的な能力が強い人は心霊現象にあいやすいということ)ことがわかって気をつけるようなったからだと思いますし、あの頃よりも、自分自身の波動も極端に低くなることはほとんどなくなっていて、未成仏霊と波動があうことも減少しているとも自負しています。

さらに、地球上の波動は黄金時代に向けて日増しに高まっていますが、2012年末のアセンションのポータルが開いてその入り口に差し掛かってからは、より一層、地球全体の波動が高まり、未成仏霊や魔といった下層アストラル界に存在する魂たちは、光によって浄化されたり波動の法則によって地球上に存在できなくなったりして、地球から離れたものが多くあり、現在の地球に残っている未成仏霊や魔が極端に減少していることを感じます。また、そのようなネガティブな存在がいられるような場所も減少し、一部の繁華街のような場所や一部建物内ネガティブな波動が多くある所や、極端に低い波動を多分に持っているようなごく一部の人には、その土地に地縛霊や浮遊霊として存在したり、人に憑依したりして残っているものもありますが、10年以上前に比べますと、かなり極端に減少していることを私は認識しています。

この内容の終わりとしまして、もし、ネガティブに感じるような心霊現象にあったりあいそうになったリ、恐怖感が強く湧き上がったり、極端に低い波動を感じてつらくなったときなど、自分自身の気持ち的な波動が極端に下がってしまいそうになった時の、即座に一時的ではありますが気持の波動をそれなりに高めるためのテクニックを紹介します。とても簡単な事ですが「あ・り・が・と・う」と心の中もしくは声に出して唱え続けることです。もし家族や知人など、人が浮かんできたらその人を思い浮かべて感謝の気持ちをこめて唱えるとより効果的です。「あ・り・が・と・う」の5文字の組み合わせの言霊からは、言霊の中でも最高峰の波動・エネルギーを発します。また「ト・ホ・カ・ミ・エ・ミ・タ・メ」の8文字は祓い清めるための最高峰の波動・エネルギーを発しますので、ネガティブな心霊現象にあいそうになったりあってしまったりしたときには、心霊現象をやめさせたり除霊したりするために、「ト・ホ・カ・ミ・エ・ミ・タ・メ」と繰り返し唱えることはとても有効に働きます。

強くネガティブな波動の中にあって、いまだに成仏できない霊も、本当は戻るべき場所があって帰る必要があるのです。未成仏霊自身は、悪さをしようとか怖がらせようとかとしているつもりはなく、自分という存在をアピールしたいとか、自分の気持ちを分かってほしいとかといったことが、結果的にはネガティブに感じられる事態に至ってしまったり、未成仏霊にとっては自分の波動に合う人が輝かしい光に感じてそこに移ったことが結果的には人に憑依することになったりするなど、なんとかしたい、なんとかしてほしい、わかってほしい・・・などといったような気持ちが強くあっても、多くの未成仏霊たちは、生きている人に対して意図的に悪さをしようとは思っていないというのが事実なのです。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







バックナンバー改訂版

守護霊様からのメッセージ その17

2016年06月13日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/blankpage1.html

ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

今回紹介いたします内容は、16世紀頃にイギリスで女性として転生していた守護霊様からのメッセージです。小高い山の頂上付近に広がる草原と広い森との境の辺りの丸太小屋のような家に住んでいて、家の前に流れる小川にしゃがんで手に水をすくい飲んでいる守護霊様の15歳の頃のお姿を見せてくれました。

守護霊様は幼い頃からこの小川の水を飲むととても元気になることを感じ、それほど食料を多くとらなくてもこの水さえあれば元気に生きていくことができると感じていたようです。そしてこの水からささやいて聞こえる歌や、優しい音を聞いているだけで心が楽しくなり軽くなったとのことです。家のすぐ近くの森にある木々は様々なことを教えてくれる友達であったので、よく子供の頃から森に入っては木々に手を当てて話をしたり、草原の草花と見つめ合ったり会話をしたりすることが楽しみだったようです。

20歳の頃初めて山を下りて大きな町に出た時、市場で人ごみの中に入るととても苦しい思いをしたり、低いうめき声のような様々な魑魅魍魎的なものが見えたりして嫌な思いをしたとのことで、この経験を境に、ずっと生まれ育ったこの草原や森がある自然いっぱいの中で、また気の合う家族や集落の人々の中で一生を過ごしたとのことです。その前には日本で女性として転生していて、神道に深くかかわり巫女のような役割を果たしていたようです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

〈守護霊様からのメッセージです〉

あなたが地球上の輪廻転生においてここ千年ほどの間に、徐々に物質社会に閉じこもっていく道を歩んできたため、もともとある天地や高次元との深いつながりが徐々に薄らいでいき、そのような気高きソースからの情報を受け取る力や、コミュニケーションをとる能力が薄れてきてしまったことは事実であります。それでもわずか、それは千年ほどの出来事で、それ以上の何万年という間、あなたはしっかりと顕在意識において、天地や高次元の存在との深いつながりの中で、それなりに叡智とともに在り続けてきた歴史があります。もちろんその中でも様々な経験を積むために困難と言われる時や、身体が思うように動かぬ時、闇に強く染まった時といった陰の経験も選んできましたが、陽の経験もそれ相応に積んできたために、あなたの魂は順調に成長し続けてきました。

先ほど申し上げましたように、それでもここ約千年のあなたの地球上での転生の歴史の中では物理世界にどんどん閉じこもっていき、それなりの幸せは得ていても何かしっくりとこないような人生を歩むことを選んできましたが、それが今世においてあらゆるものが溶け、開花し、そしてまた再び天地やあらゆる高次元の存在とつながる(純粋な高次元の存在に戻る)わけですが、今そのステップアップのために一つの転機を迎えているという事に至るまでに成長したということを伝えておきます。

そのような時期ですから、あなたの存在するべき場所は、あなたの波動・エネルギーに合わせる必要もあるために、住居や主に過ごす場所の移動を選択しようとすることはごく自然な流れでありますので、自分自身の意思に合わせて変化させるとよいでしょう。ただし場所を変えるということが必ずしも良いという訳ではなく、そのようなことも含めてあなたの意思を大切にし、そのうえであなたの実生活におけるあらゆる物理的現象や周囲との和も流れ着いてくるわけですから、あまり先々のことは考え過ぎず、あなたの意思と、そして共に在るものの意思とをうまく掛け合わし、あなたにとってよりポジティブに感じる選択をするとよいでしょう。

あなたの歩む道はあなたのワクワク感じる方向に進むようにすれば間違いなどは無く、あなたがよりポジティブに感じる道を歩むことはあなたの意思でもあり、あなたのまわりに存在する私達スピリットガイドやあなたのもっと奥にあるハイヤーマインドの意思でもありますので、何か突き動かされるような感覚や、この世的な理由などなくてもこうした方が良いという感覚が沸き上がった時には、あなたの意思に合わせてあらゆるものの意思が加わっているものとみなし、大船に乗ったつもりでその意思に従い道を決定すればよいのです。

あなたのチャネリング能力を高めるためには、技術やメゾットといった何らかの他者から伝えられる手段があった方が良い場合もありますが、先ほど申し上げましたように、もともとあなたはチャネリング能力が高く、前世の叡智を思い出すにつれてまたもともとからある天地や高次元との深いパイプがあなたの波動を高めることでよりエネルギーの流れがスムーズになってつながり、もとに戻っていくにつれて徐々にチャネリング能力は高まっていく(戻っていく)わけです。

焦りや疲れは、このことに味方してくれることはなく、また加えて自分自身への奢りや喪失感などのネガティブな波動を発することにより、高次元領域との交信を遮断してしまったり、つながっているパイプによるエネルギーの流れを滞らせてしまったりする結果に至ってしまいます。あなたのもともとから備わっている能力・特質を信頼し、あなたの周囲に存在する高次元の存在であるガイドスピリットや、天地や神や天使や妖精などといった自然霊的なものもあらゆる意思も深く信頼し、ただただあなたは自分自身への愛を強く持ち、他への愛も強くめぐらせてさえいれば、それに相応した叡智を得ることができて、また相手にとって必要な情報をあなたが読み取り伝えることができるのです。

あなたにとって今、最も意識すべき大切なことは、チャネリング能力を高めようとすること以上に、あなた自身の波動をより高め、あなた自身の在り方をより高次元領域に近づけるように努めることが必要であります。そして実際にあなたが高次元領域に近づくにつれて、あなたのチャネリング能力も結果的には高まっていくものなのです。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」




スピリットガイドのメッセージ

過去に戻ってやり直せるのか?

2016年06月12日
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

地球上が黄金時代に至った時、つまり次元が上昇して完全に高次元世界に入ることができた時、そこに存在することができている高次元の意識を持ち合わせているすべての人々は、今感じられるような直線的な時間ではなくて、過去も未来もすべてがひとつに感じられるような円形の時間の中に在ることを実感し、必然的に今のその瞬間をより大切にして生きるようになりますし、そのような生き方ができるまで意識の高まっている人のみが、高次元世界に存在できるともいえるでしょう。

4次元以上の高次元世界に存在できるような人は、自分の過去世そすべてを知ることは可能ですし、地球上の歴史を含めた宇宙のあらゆる過去の出来事を見る事も可能です。これは光の屈折や水晶のエネルギーを利用したり、アカシックレコードとつながって認識したりすること等によって、高次元世界における科学では普通にできることなのです。そして、過去や未来の世界にタイムトラベルすることも可能なのです。

ただし、過去の自分自身に戻って、過去に戻って特定した何らかの経験をやり直すとか、自分自身の過去に選択した道を変えてやり直すとかといったような「自分自身の過去の経験をやり直す」ということはできません。’

地球上の物理的状況も含めて、完全に次元上昇した状態に見合った黄金時代である4次元以上の高次元の世界に存在できるに至った人は、今のような移行期に様々な経験をして波動を高めていくうちに、もともと魂の知っている叡智を思い出したり(スピリチュアルに目覚めたり)、叡智を得て学んでいく中で3次元世界での過去のネガティブなカルマを徐々に解消して昇華させていき、同時に今その時点で作られるカルマをよりポジティブなものにするように、自分の今の在り方により責任を強く持つようになっていくなどして、この波動・エネルギーの高まりの流れに乗りながら、自分自身の意識が高まっていくにつれて過去のさまざまな経験をポジティブに活用しながら、今、その瞬間を責任を強く持って生きるように努めていくようになるのです。

その結果、ネガティブなエネルギーとして意識の中に残ってしまっているような過去の経験を思い出す機会は増える人が多くありますが、アセンションの流れに乗りながら黄金時代を迎えるにあたって意識を順調に上昇させている人たちは、少しずつ、でも着実に、そのような過去のネガティブな記憶としてしまいこんでいた経験を、顕在意識に湧き上がって思い出すたびに、自分自身の意識の中でポジティブな学びとして変換することによって、この過去の経験のカルマがポジティブなカルマへと昇華すると同時に、過去の経験があるからこそ今の自分があると感謝するなど、過去が今へとつながって感じるようになっていきます。

つまり、過去とか未来とか今とかといったような、はっきりと区切ったような直線的な時間の捉え方は、3次元意識を持つ私たち物理世界に存在する人特有のものであり、意識内でのことであるわけで、宇宙にはもともとこのような直線的な時間は存在せず、すべてが今なのであります。ですから、高次元世界に近づくにつれて時間を流動的に感じるようになっていくのです。そして、直線的な時間の捉え方はどんどん変化していき、高次元世界に至ると完全に直線的な時間から解放されるようになるのです。

自分内の意識の中でポジティブに変革することさえできて、今の自分がそのような経験や学びによって、今、ポジティブに生きていることができていて、そのような経験をさせてくれた人や宇宙に感謝しつつ、自分自身を愛して誇りに思う事ができれば、それで過去のネガティブに感じていたカルマは完全にポジティブなものへと昇華してカルマの昇華が完了したことになります。

それが、人によってはポジティブに変換・昇華できるようになっていく人もいますが、そのように努めていても、実際には結果的になかなかポジティブに変換できていない人もたくさんいます。また、自分自身の気持ちの中ではポジティブに変換したつもりでいても、実際にはまだネガティブなエネルギーが残ったまま記憶の中にしまいこんでしまい、再度思い出してネガティブに感じてしまうような場合もあります。特に深く強くネガティブな感情を経験した思い出は、このようなことを何度も繰り返して、思い出すたびに、時間をかけて少しずつ癒してポジティブに変換する必要があるのです。

それどころか、まだ今の時点では圧倒的に多いのが、過去のネガティブな出来事を思い出すたびに、思考や感情がネガティブになってしまい、そのネガティブな渦中にあり続けることを容認して、ポジティブに変換しようと努めない人がたくさんいるということです。このようなことがたくさんあればあるほど、アセンションの流れに乗って意識をスムーズに上昇させていくことは、なかなか難しい場合があるでしょう。

ポジティブに変換するように努め、過去の傷を癒してポジティブに変換することができるのであれば、宇宙的に捉えれば、もうそれで十分であるといえますし、それが完全にできていれば、今に生きる事ができて過去に戻って経験を再度やり直す必要を感じなくなっていくはずです。

しかし、過去に戻ってやり直したいというような思いが湧き上がるとしたら、過去の経験を、自分の意識の中ではポジティブな学びとして認めたり許したりすることや、そのような経験があったからこそ今をポジティブに生きているという感謝の気持ちを持つことが、まだ完全にはできていない、変換しきれていない可能性があるということです。つまり、先ほど申し上げた中の1つである、ポジティブに変換したつもりでいても、まだネガティブなエネルギーがその経験を思い出すと表出してしまい、そのネガティブなエネルギーごと記憶にしまいなおしているという可能性が高いという事です。

でも、無理に経験を深く思い出して、一生懸命意識の中で癒そうとか許そうとか感謝しようとか学びとして捉えようとするとかといったことに努める必要はありません。過去に戻ってやり直すといったような経験を再度行うことはできないという事や、実際にはその必要もないということ、そして、このまま意識が高まり続けて波動が上昇していけば、このような過去の記憶を思い出すたびに、時間をかけてでも、その都度よりポジティブに変換し続けるように努めていけば、自分の意識内でいずれは完全にポジティブに変換することができていくのだろうと、自分の波動がより高まっていることと、もともとの魂の高さを信頼して、今をよりポジティブに生きていくように努めることが大切であるという事です。

そして、このような過去の経験が、完全にポジティブに変換できて、大切な学びとして捉える事ができ、許しや慈しみや感謝の気持ちをその記憶や関係したみなさんに向ける事ができた時、さらに意識は高まっていて「今に生きる」自分自身をはっきりと認識することができるようになっているでしょう。今ここに在る自分自身のこの姿こそ、過去のすべてを含めた姿であるわけでして、波動も魂の高さもあり方も意識の持ち方も叡智も、今の自分自身こそがすべてなのです。

過去も次の瞬間であるすぐ先の未来も、今、ここにすべてがあるので、今をよりポジティブな意識でいられるようにして、より良い生き方ができるように努め、結果として総合的な波動が高まり続ければ、過去のネガティブに感じるような経験はポジティブに感じられる学びに変換され、よりポジティブな未来も開かれていくのです。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







バックナンバー改訂版

過去世の記憶とカルマの法則

2016年06月11日
過去世の記憶とカルマの法則

ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

☆印の以下の内容は、「アミ3度目の約束」エンリケ・バリオス著 徳間書店 の内容を引用しました。

*「アミ」は高次元に存在する宇宙人。「ビンカ」は地球と同じ次元の物理世界の女の子。アミが表現する‘きみたち’とは、地球人類全体のことを指しています。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

アミ:「宇宙は自分たちの創造物が、あらたな経験、あらたな環境、あらたな場所、あらたな人と、あらたな考えに触れることで、進化し、成長していってほしいと考えている。

ところがそれをはばむのが、きみたち自身の「執着心」なんだ。きみたちはあまりにもいろいろなものにしがみつきすぎている。自分たちの場所、自分たちの愛する人、自分たちの物、自分たちの姿、自分たちの考え、思い出……すべてを手放したがらない。

きみたちが、そういった諸々の執着から自由になって、別の状態へ、別の幸福へと通り抜けるためのたった一つの道は、今、その身にまとっている‘服,つまり肉体……を脱ぎ捨てることだ。

肉体が滅び、死を迎えた時にようやく君たちは執着からのがれて、あらたな状態に入ることができるんだ。でも、そのかわりにきみたちは、かつての人生の事を何一つ……どんなに愛着のあったものでも……覚えてはいない。

でも本当は、一人ひとりの心の奥底に、記憶はひっそりとねむっているんだけど……」

ビンカ:「私たちが死ぬのはそのためなの?」とビンカが尋ねた。

アミ:「そう、残念ながら今の君たちがあらたな状態に移るためには、‘死、を利用するほかに道がないんだ。

でも、もし君たちがもっと進化した段階の人たちのように、もう少し執着からはなことれることができれば、‘死、という、痛ましくて苦しいプロセスはいらなくなる。

進んだ魂たちは、もはや‘死、を通過しなくても、自分の意思だけで簡単に宇宙が用意してくれた新しい状態の中へとびこんでいけるんだよ。しかも前の人生でのことを忘れたりしないでね」      

         ~「アミ3度めの約束」(徳間書店)より~

☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆
 
「自分がなぜ存在し、なぜここにいて、どこへ行こうとしているのか、そして物質的世界を超えて存在する偉大な力とは何かと問いかけるようになり、それらの答えを熱心に探し求めるようになっている」と感じていたり、すでにその答えをそれなりに認識している方が、私のブログをお読みいただいている方の中には多いのだろうと感じています。

そのような方は、あなた自身がこの世界での転生サイクルが終わりかけていることを示す、ひとつの特徴でもあります。

私が過去世を知ることが許された様々なみなさんの過去世を思い浮かべると、多くの方は貧しさと豊かさ、権力と非力、有名と無名、健康と不養生、転機と愚鈍などの双方を経験していることを実感しました。この双方の経験は、1度の人生の中で経験することもあれば、いくつかの輪廻転生の中で総合的に経験する場合もあります。

魂は自らが必要な体験をするために、転生する時代や地域や両親などを自らの意思によって選択し、自身自身のその転生における人としての性格を作り上げたり、肉体に代々伝えられている遺伝子の影響も用いたりして、カルマの清算や霊性向上のために、必要に応じて自分自身の状況を作り上げるのです。

そして、たくさんの輪廻転生の経験を経て、物質的世界である今の世における負のカルマが清算された時、次の世である高次元世界である黄金時代の世で存在することができるようになるわけです。地球表面上の物質的存在である我々も、アセンションする高次の地球自体と物理的にも同じ密度になり、肉体を持ったまま4次元の世、そして5次元の世へとアセンションできるというたいへん貴重な体験ができる、そんなビッグチャンスが間近に迫っている「今」、こうして地球人類として存在しているわけですから、「今」私たち個々のできることをせいいっぱいポジティブに成すよう、より意識的に日々の修養に励むことが大切であります。

以下の内容は、「私はアセンションした惑星から来た」 オムネク・オネク著 徳間書店 より引用しました。著者のオムネクは、5次元世界である金星のアストラル界に存在していた時の記憶を残したまま、地球人類として実生活を送っています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

『過去世の記憶とカルマの法則』

自分たちの過去世の記憶が閉ざされているのは私たちには好都合なことなのです。もし人があまりにも多くの記憶の洪水に飲み込まれたら、最終的には隔離施設に送られてしまいかねません。これらの記憶は魂の知識の一部であり、私たちがそれを取り扱えるほどに成熟するまでは、あまり気づくことはないのです。

時空を超えた世界での経験を幸いにも覚えている人は誰でも、下層世界(3次元世界)にはいろいろと不完全なところが多いことを知っています。それではなぜ私たちはこんなにも長いあいだ下層世界に縛られて留まっているのでしょう?

それは私たちを浄化して完成させるために作り出されたネガティブなパワーが、できるだけ長く私たちをここに押しとどめておこうとしているからです。その道具であるカルマの法則は、引力の法則と同じように、私たちがその存在にすら気づいていない遥か昔から私たちをここにとどまらせていたのです。カルマの法則が目に見えないものであることを疑う人はいませんが、それがどれだけ現実的なものかに気づかないでいる期間が長ければ長いほど、人は物理的な世界により長く縛られることになるのです。

キリストはカルマの法則について次のように言及しています。「あなたが蒔いたように、あなたは収穫するでしょう」。地球上のほとんどすべての宗教や精神的な道の指導者たちは、かつてこの普遍の法則を説きました。今日ですら地球の大部分の人たち、とくに東洋の人々は、カルマの法則を知っています。しばしば言われてきたことですが、心は便利な召使になり得ると同時にひどい主人にもなり得ます。

魂は濃密な体を常にコントロールしていなければいけませんが、それができていないことがあまりにもしばしばあります。聖霊なる魂が心をコントロールしなければ、ネガティブな‘カル・パワー’が支配権を奪い、人を虚栄心、怒り、渇望、貪欲さ、そして物質的な物への執着という5つの激情に溺れさせていく恐れがあります。このような状態になっている限り、カルマの負債を生み出しながら魂は下層世界に縛り付けられていくでしょう。清算すべきカルマがある限り、再び生まれてこなければならないからです。

人間としての多くの輪廻転生を通して、魂はカルマのしがらみに巻き込まれます。誰もがかつては貧しさと豊かさ、権力と非力、有名と無名、健康と不養生、転機と愚鈍などの双方を体験してきましたが、やがて魂が物質的世界においてのバランス状態に近付くときが訪れます。

個人がこの世界での転生サイクルが終わりかけている頃、彼は自分がなぜ存在し、なぜここにいて、どこへ行こうとしているのか、そして物質的世界を超えて存在する偉大な力とは何かと問いかけるようになり、それらの答えを熱心に探し求めるようになります。そして伝統的な教えはもはや自分を満足させないことに気づきます。この時点において、人は自身の内在する人物……自らのフィーリング、思念、そして直感に、さらに気づき始めるようになります。

やがて人は真理を求めて物理的世界を超えた領域を意識的に探査し始めるようになるでしょう。もはや現代の宗教に魂は納得しなくなります。なぜならそこには十分な真理も答えも見いだせないからです。魂は物理的な世界を超えた何かを求める準備ができているのです。この時に人はスピリチュアルな教えを見出し、魂について、そしてかつて物理的世界に入ってくる前の自身の存在について知ることになるのです。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







バックナンバー改訂版

歴史はもう繰り返さない ~プレアデスからのメッセージ~

2016年06月10日
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

*以下の内容は、過去にタエヌがプレアデスの高次元の存在とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

あなたが、もし、深い闇の中の洞窟に迷い込んだとき、さらに奥深い闇の道が続いていたとしたら、あなたはさらに奥深くまで行くことを望みますか?きっとそれでも、出口を捜すために奥深く進むべきだと感じた場合には、出口を求めてさらに奥深く歩いて行くでしょう。そして、ある所にさしかかったとき、大きな道が開けていましたが、一方では細く不安定ながらも光が差し込む道が見えたとした場合、あなたは光を求めて光のさしこむ道を歩むことでしょう。道は険しく、時には通ることが困難なほど狭くても、あなたは壁を崩したり底を掘ったりしてでも、光を頼りに突き進む道を選択するでしょう。

そして、まばゆい光の差し込む出口を見つけて洞窟から外に出られた時、それまでの暗闇にいた恐怖も不安もすべてが過去の出来事となって忘れ去り、「今」こうして光の世界にいることができている喜びのみを大いに味わうことでしょう。それまでの間を暗闇でネガティブな思いをしたため、余計に光の中にいられことの嬉しさや、恐怖や不安などといったネガティブな感情から解放されたポジティブさとが、これまで以上に強く実感できることができるでしょう。

あなた方地球人類として今存在している多くの方は、そんな経験をするために物理世界の地球を選んで転生してきました。しかも、まもなく闇から脱して光のみの世界になる黄金時代の時を迎えるという、この素晴らしい時代への転生を望み、神から選ばれて転生することができた栄誉ある魂なのです。ただし、地球上のすべてのものと共に光の世へと向かうためには、あなた個人が、闇から脱して光の存在として羽ばたく必要があるのです。これは、あなた方個々のレベルの問題でもあるのです。

個々のレベルの問題とはいっても、光の道へ進むには個々のレベルのみではとても難しいこととなります。なにしろ、物理世界の地球の世には、あなたという個の魂以外にも、果てしない数のたくさんの魂が存在するために、その魂たちとの調和を重んじることが光の道へと進むための基本的なこととなるからです。

ここでいう魂とは、地球上に存在する魂すべてを指します。もちろん人間やそれ以外の生物にも魂が宿っています。水にも菌類にも、すべての生きとし生ける物には魂が宿っているのです。地球自体も生命体なので魂が宿っているのです。

あなた方が、普段何気なくしてしまう環境破壊は、地球という魂との不調和を引き起こします。逆に、ちょっとした環境に対する気遣いは調和を深めます。すべての魂はあなたとの調和を望んでいますので、あなたもすべての魂と調和を図るように努めることが大切なこととなります。地球レベルにおいても宇宙レベルにおいても、基本的であり根本的なことは、お互いに調和を求めあっているということなのです。

カルマの法則は完璧に働いています。あなたがしたこと全てはあなたに返ってきます。そして、このカルマとは、全宇宙レベルにおいてつながっている魂や波動レベルにおいてのことなので、例えば環境破壊をしたから自分の住んでいる土地の環境が破壊されるというようなほぼ同じ出来事がカルマとして返ってくるというだけの意味ではなくて、同じような低い波動の出来事やエネルギーなどといった、波動レベルや魂レベルにおけるカルマとして返ってくるのです。

ですから、低い波動のカルマを多くの魂たちとの間で引き起こした場合、同じように多くの魂から、同じような低い波動のものを返されてしまい、自分自身が経験するようになるということなのです。つまり、物質的に認識できる出来事がそのまま返ってくるのだけではなく、同じ波動の質の出来事が返ってくるということなのです。

もちろん、ポジティブなカルマを多く生じれば、同じような質のポジティブなカルマとして返ってきます。愛多く、より深い調和を保ち、慈しみの心を持ってあらゆる魂やすべてのものに接するようにすれば、そのポジティブなカルマのすべてはあなたに返ってきて、あなたはさらなる幸福感を味わうことができるのです。

ただし、それが物質的に恵まれるとか、形としてはっきりと分かるかどうかはケースバイケースということになります。すべては、魂や波動のレベルが基本となるので、たとえ物理的には恵まれていないと感じたとしても、本当の意味の幸せというものを味わった時、この多次元的である喜びを至福の喜びとして感じることができるのです。

今、世の中は緩やかに動いているようで、波動やエネルギーレベルにおける実際は、とても大きくものすごい速さで変化し続けています。これまでにもこういったメッセージには何度も触れてきたかとは思いますが、またここ最近にきてさらに急激な変化をしているというのが事実なのです。

そんな中、物理的にわかりやすい現象としては、まだ追いついていない事象が多くあるので、あまり強く実感することができていない方が多いことでしょう。でも、世の中の全体的な動きを総合的に捉えてみると、多くの方も理解できるだろうと感じています。

経済的な不安定さ、政治のあいまいさ、教育の在り方に対する多くの疑問点、政治家、警察官、教育者などの公的に信頼されるべき立場の人々が連日のように報じられている信用失墜行為の数々、様々な異常ともいえるネガティブな事件、地球レベルでの環境の変化などなど…ひとつひとつをとってみると過去にも経験したようなこともあるので、過去の出来事に当てはめることによって不安を解消したり総合的レベルで捉えようとしたりすることをしない場合が多いようですが、こういった変化が同時に起きているという過去の歴史はないのです。

歴史は繰り返されるという言葉がありますが、実は、この先の地球上における歴史は、過去の地球上の歴史とは当てはまらないこと、つまり繰り返さないことが多々出てきます。

たとえば、世界大恐慌という過去の経験のように、いつかは過去の出来事となり安定するだろうという金融市場の目測は、もはや通じなくなっていくのです。つまり、不平等である経済のシステムは崩壊し、ごく一部の金銭的に富める者が物質を独占して、多くの人が飢餓や貧困にあえぐ時代は、もうまもなく去っていくのです。みな、物質的に平等に分配される時代になっていくのです。

たとえば、日本における義務教育のように、競争や画一性や制限などといた、個よりも集団を重視するような教育の基本的なこととされていることは、もはや崩れていき、個を重視して自由な環境の中で、子どもたちの望み通りに伸び伸びとしたポジティブな状態で教育を受けることができるようになるのです。

他にも、地球温暖化は地球の気候の平均化のことですので、地球人類レベルのみが引き起こした出来事ではありません。地球自体が、地球全体の気候を生物が住みやすくするために平均化しているというとてもポジティブなことなのです。

また、各国における政府という存在は、もはや人の物質的な富が平等になっていき、軍事力の必要がない平和な世になっていき、国とか人種とかといった差別や区別や仕切りがなくなっていくにつれて、必要がなくなっていくのです。

人が人を裁く必要はありません。すべてはカルマによって成されます。波動が合ってその場にいることを選択すればどの場にでも存在することができるのです。つまり、地球上にて黄金時代を迎えることができるように波動を高めることができて、地球に存在することを望めば、地球という素晴らしい光の世界に存在し続けることができるのです。しかし、波動があまりにも合わなくなってしまった場合には、波動の法則が働いて、存在すべき領域へとその魂を移動させるようになるのです。

そんな時代が、すぐそこまで近づいてきているのです。だから、過去の歴史の中でも、ネガティブな状態へと戻る歴史は、もはや繰り返さないのです。それが、黄金時代に向かうことにつながっていくのです。

あなた方が長年、光と思いこんでいたことが、実は闇であったり薄暗い状態であったりしていたことに気づき、真の光を差し込むことができる時代がやっと訪れたのです。これまでは、それがごくわずかな出来事であったのが、地球全体のレベルにおいて、根本的なすべてのことにおける状況に対して、光を照らして闇をなくすことができる時がやってきているのです。

そして、多くの人がそのことに気付くことで集合意識が高まれば高まるほど、その高い波動によって、さらなる光がさしこんできます。宇宙における波動の法則やカルマの法則とは、そういうものでもあるのです。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







バックナンバー改訂版

守護霊様からのメッセージ その16

2016年06月09日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/blankpage1.html

ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

今回紹介いたします内容は、江戸時代に日本で男性として転生していた方で、漆を使った器やかんざし等の工芸品を作る漆職人をされていた守護霊様からのメッセージです。

その仕事の繊細さや、工芸品の形やバランスのよさや美しさ、そして漆塗りの技術の素晴らしさがとても高く評価されて、藩主の目に留まり、藩の御用達の様な形で作品を納めるにまで至ったとのことです。

漆職人としての技術は代々家系によって伝えられてきたものですが、守護霊様がいくつか新しい手法を加えてよりよい仕上がりができるようになり、当時の技術としては斬新なものであり、当初の頃に考案して作った作品はあまり受け入れられなかったようです。

それでも自分の良いと感じた感覚を信じ、新しい事(古くから続くものを変化させること)をするときに初めは反発をされることはあっても、そのうちに良いもの、必要なものは認められるようになるだろうという信念を持ち続け、結果的にはその成果が実って世にも認められ、このように藩の御用達にまで至ったとのことです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

〈守護霊様からのメッセージです〉

こつこつと作業をした方が良い時もあれば、ダイナミックに一気に仕上げた方が良い時もある。地道に積み重ねればより良いと感じる作品を作り上げられる時もあれば、その場のひらめきや直感でさらりと仕上げた方が素晴らしいと感じる作品ができる時もある。物事を作り上げる時、物事を成し遂げる時のその過程においての良し悪しは、人それぞれであり、またその時々によって変わってくる場合がありますので、一つの型のようにして経過の進み具合の良し悪しを固定観念として判断したり評価したりして抱くのではなく、個性に合わせて流れやその場やその時々の波動に合わせて、最も心地よくスムーズに軽やかに感じるやり方で行えばよいのです。

あらゆることに関してもこれは当てはまることでして、型にはまったことや固定観念に沿ったことが最善と思えることもあれば、オリジナルなやり方を加えたりその時々に浮かんでくる直感的なことやアレンジを加えたりすることによって、よりポジティブにまたスムーズに、より良いと感じる結果に至ることはあるわけです。

ですから自分があまりにも従来通りの型にこだわろうとしたり、変化させることを恐れて、変えたいと感じたにもかかわらず保守的に変えないことを選択したりしそうになった時には、‘物事は常に変化し続ける’という宇宙の普遍の法則を思い出し、必要に応じて変化させることを選択することは、今このようにますます波動が高くまっていく地球上における流れにおいては、よりポジティブに物事を成し遂げたり在り続けたりするためには、必要なことと大切なこととなる場合が多くなっていくはずです。

あるいは、もしも…と、先々を考えすぎて前に進めないことは恥ずるべきことではありませんが、今,この時期のあなたにとってはこの先をよりポジティブに生きていくためには、厳しい状況を招く可能性が高まります。何かを変化させようとしたり、前に向かって歩もうとしたりしているときに、あるいはもしも…というような先々のことを考えすぎて心配や不安がよぎったならば、それはそれで参考にはしつつも、まず行動してみる、もしくはイメージの世界で成功を描いてみるなど、自分の感情は素直に受け入れつつも、ネガティブな感情に押しつぶされることなく、前向きさや寛容さポジティブさを大切にして、より前に向かって歩み続けてください。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」




スピリットガイドのメッセージ

ヒーリングやレイキ伝授のQ&A

2016年06月07日
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

レイキの伝授やヒーリングについて、Q&A方式で紹介します。

Q:「遠隔レイキ伝授の場合、特にヒーリングの経験がなく、よく知らないような私でも習得できますか?」

A:‘レイキの伝授を受けたい!’というようなわくわく感が湧き上がる方は、どなたでも伝授を受ければ習得して実践し、ヒーラーになることができます。このようなわくわくする気持ちが湧き上がるのは、インスピレーションやハイヤーセルフ・魂意識からくるものですので、ご自身が伝授を受けたいと感じている気持ちは、同時にその人の本体である魂・ハイヤーセルフ自体や守護の存在が「ヒーリングする能力がある」「伝授を受けた方が良い」と伝えてくれていることからくるものであると、私は認識しています。ですからそう感じられたのですから、もちろん、習得は可能だと思います。レイキ伝授は遠隔でも直接でも、同様にレイキを習得できます」。

知識や実践方法に関しましては、当方の伝授を受けて頂きますと、テキストや副読本をもとに、タエヌの解説DVD付きで説明しますので、基本的な内容はマスターできるようになっています。あとは、レイキを実践するにあたってのより具体的なご質問や、レイキ伝授を受けていただいた後に実践を重ねながら疑問点や困ったことなど、メールでご連絡いただけましたら、随時、お答えするようにしています。

Q:「レイキの伝授を受けると、霊的に開花するのですか?また個人的にはどのようなことが開花するのですか?」

A:霊的に開花するのか否かは、人それぞれですので、全くそう感じられないという方もいらっしゃいますし、大きく開花したと感じている方もいらっしゃいます。これは、個々の波動状況や魂の特質や今世を生きる目的など、個性によって違ってくるので、どのような結果に至るのかということは一概にこうであるとはいえません。

ただすべてのみなさんに共通していえることは、レイキの伝授を受けることによって、宇宙の光エネルギーとより強くつながることができるということや、そのエネルギーを信頼して有効に活用すれば、よりヒーリング力が高まるということです。そして、より強く多く光エネルギーを得る事ができたり、ヒーリングを施すことによって自分自身の波動を実際に高めることができればできるほど、その人自身の在り方がより高次元に近づいていき、よりポジティブになっていきますので、その人自身がさらに一層波動が高まり、よりポジティブな状況に至るために必要なものが、高まったり開花したりするようになる人が多いです。

ですから、霊的能力が、今の時点で開花してより高まった方がポジティブな道を歩める方は、どんどん高まってよりポジティブな自分になっていくでしょうし、そう望んでいなかったり、霊的な力が開花せずに高まらない方がよりポジティブになるようでしたら、そのような状況になるでしょう。

もし伝授を受けたりヒーリングを続けたりしていれば、徐々に必要なだけ、ポジティブな道を歩むために必要な霊的能力は開花したり高まったりすると思いますが、あまりネガティブに感じられるようだったり波動が下がったりしてしまうようでしたら、レイキのポジティブなエネルギーによって霊的能力が高まることはあまり期待できないでしょう。

Q:「ヒーリングは使えば使うほど高まるのですか?」

A:ヒーリングを行うヒーラーの動機や目的や愛の大きさや波動の高さにもよります。動機や目的がエゴや不純なものが多かったり、愛が薄かったりする場合には、あまり変わらない場合が多いですし、逆に動機や目的がより純粋な愛に基づいていて愛を大きくめぐらせてヒーリングを信頼し合っていれば、より波動は高まり魂向上のために必要な霊的能力は高まっていくでしょう。

Q.レイキを伝授されるという事は地球ではレイキという名称で呼ばれている宇宙エネルギーに繋がるパイプを授かると言う事なのでしょうか?

A.簡単にいえばそのような答えになりますが、実際には元来すべての人が宇宙エネルギーとはつながっているわけですから、その中でも地球上では現在レイキとも称されている高い波動の癒しの宇宙エネルギーとのパイプを、より太くしっかりと繋がるためのリチュアルがアチューンメントであり、レイキの伝授全体ということになると私は理解しています。また、アチューンメントによって宇宙エネルギーをより実感したり、レイキに関して学んだり、さらにヒーリングを行いながら実感していくことによって、「信頼」というポジティブな状況が増すことにより、さらに癒しの宇宙エネルギー「レイキ」との繋がりが深くなっていくと私は感じています。

Q.伝授に関しても、ティーチャーになるなら2,3人の方から伝授を受けたほうがいいとかかれたHPが意外に多くて(私自身今のところティーチャーになる気はないのですが)、レイキはひとつなのにどうしてたくさん伝授を受けたほうがいいとあるのか不思議でたまりませんでした。もしかして色々な人から受けたほうが、パイプが太くなるという意味なのでしょうか?ということは、伝授する方によってパイプの太さが異なるという事になるのでしょうか?

A.このことに関しましても、「信頼」という言葉がキーワードになると感じます。つまり、レイキのヒーラーとしてレイキのエネルギーをより強く信頼することができて、レイキヒーラーになりたいとわくわく感じた自らの直感や特質をより強く信頼することができて、レイキティーチャーをより強く信頼することさえできれば、何度も繰り返して何人もの人から伝授を受けようとは思わないはずです。ですから、私が個人的に答えるならば、個々の状況によって違いますので、いろいろな方々のご意見を参考にしつつも、ご自身がより納得できるように意識して行動されるのが最適だと思います。そして、思考には頼らずに、最終的には自分自身の直感を信頼してください・・・と答えます。また、私は複数のティチャーから伝授を受けた方が良いとは感じませんし、複数から受ければパイプが太くなるとも感じません。逆に、レイキと称されている、本来はだれでもつながっている宇宙の無限なる高次の癒しのエネルギーが、そのような他者の力量に依存するようなネガティブな物ではないということも私は信頼していますので、そのよな物質的な観点で捉えているようなHPの内容は、私には受け入れられないだろうと感じます。それでも、複数のティチャーから伝授を受けた方が良いとはお勧めしませんが、ご自身の直感的に複数のティチャーから伝授を受けたいというわくわく感が湧き上がれば、その感覚に従った方が良いとは感じますし、そのことによって新たなティーチャーとのご縁が広がり、結果的にはその必然なご縁がさらなるポジティブな状況を招く結果に至る場合もあるかもしれません。ちなみに、当方では他所でレイキの伝授をお受けになられた方の再受講もお受けしています。料金は3割ほど割引になりますが、テキストは通常の伝授と同じものをお渡ししています。

Q.ヒーリングやアチューンメントをすることによって、相手の波動やエネルギーなどの状況はどこまでわかるものなのでしょうか?

A.レイキは遠隔でも直接行っていても、相手のエネルギーをダイレクトに感じ取れる場合があります。これは、ヒーラーの状況によって違うようですし、経験を重ねていくうちに敏感になる方が多いようですが、今の時点の私や妻は、遠隔でヒーリングをしてもアチューンメントをしていても、相手のエネルギーの状況をそれなりに感じ取って把握することができていると自負しています。

以前は、私自身が相手の状況を読み取ろうということを意識していましたので、今以上にいろいろなことが伝わってきていましたし、伝わってきたことはそのまま相手に伝えるようにしていました。(これはレイキの伝授やヒーリングに限らず、カウンセリングや日常で人と接していてもそのように過干渉するような感じになることがよくありました)でも、不干渉の法則を強く意識するようになってからは、普段は相手の状況を読み取ろうという意識は持たないようにしていますし、それが習慣となり、過干渉しないようになっていると自負しています。それでも、ヒーリングやアチューンメントを行っていると、それなりに状況は伝わってきますが、これは私が知っておいた方がよりスムーズにヒーリングやアチューンメントが行えるための最低限に必要な状況を知ることができている(知らされている)と理解して受容するようにしています。

状況が伝わってくるとはいっても、ヒーリングを行う際には相手(ヒーリー)を癒すことが目的であり、相手にエネルギーをいかに有効に与えるかということが重要になりますが、アチューンメントでは相手とレイキエネルギーの根源とをより深く強くつなげることが目的であるために、伝わってくる情報が異なる場合が多いです。

この必要である最低限の情報とは、相手のエネルギーや波動の状況です。その中でもヒーリングを行っている際には、主に相手のネガティブな状態であるエネルギーの状況が伝わってくる場合が多いです。そして、最低限の状況を知ることによって、より有効に癒しを行うための必要な情報となります。

また、アチューンメントを行っている際には、主に相手にレイキのエネルギー(高い波動のエネルギー)がどのような感じで流れているのかというような状況が伝わってきます。簡単にいいますと、相手にエネルギー強く流れていると、その分、私自身も強いエネルギーを感じますが、あまりエネルギーが強く流れていないような場合は、私自身の感じるエネルギーも弱く感じます。また、このエネルギーの流れる感覚の中でも、エネルギーに対する感受性やエネルギーを発する際にはどうであるかといったような状況も伝わってくる場合が多いです。

ちなみに、ヒーリングをしている際にも、相手がネガティブな状況が強い場合には、相応の癒しに必要なレイキエネルギーがたくさん流れていることを感じますが、その際には浄化された邪気も強く感じてしまいますし、憑依が絡んでいる場合には、憑依しているネガティブな霊からの影響も受けてしまうことがあります。ですから、エネルギーがたくさん流れるポジティブな感覚とネガティブな感覚との2つが交わって感じられますが、アチューンメントを行っている際にはヒーリングを行うこととの目的の違いから、多少の浄化されたネガティブなエネルギーも感じることもありますが、ポジティブな感覚の方が多く伝わってきます。

またアチューンメントをしている際には、同じ回のアチューンメント中でも伝わってくるエネルギーの状況が違ってくる場合もありますし、日にちを分けた場合には、日によて違う場合もあります。でも、大きな違いを感じるよりも、多少の違いを感じる程度の場合が多いです。

アチューンメント中やヒーリング中に相手の状況がどれだけ感じられるのかという状態は、人によって差があり違いますし、最初は何も感じられなくても、経験を積み重ねることによって感じられるようになっていくなど、経験や状況によっても異なる場合があります。でも、相手の状況が感じられないからといってエネルギーが流れていないというわけではありませんし、ヒーリングの効果とも関係はありません。要は、相手の状況がどれだけ感じられるのかということは、人それぞれの持つ特質やその時点での波動の状況や必要性によるものであると私は感じています。またこれは、アチューンメントを受ける側の人やヒーリングを受ける側も同様でして、どれだけエネルギーが感じられたかという状態と、実際に得ることのできたエネルギーの量や質とは、それほど関係してきませんので、何かを感じられたか否かということを、本来は気にする必要はありません。

Q:「遠隔ヒーリングですが、チャクラの浄化もしていただけますか?やはり、何回かヒーリングしないと改善しませんよね?遠隔ヒーリングは、3千円で大丈夫ですか?」

A:当方で行っている遠隔スピリチュアルヒーリングによって、レイキエネルギーを含めた、様々なポジティブな癒しの光エネルギーを集中的に送ります。その結果、エネルギーの出入り口であるチャクラは、もちろんそれなりに浄化もされる場合が多いです。ただし、その浄化がどこまでされるのか、浄化できているかどうかをどのようにどれくらい実感できるのかということは、人それぞれその時点での状況によって違ってきますし、改善される度合いも違てきます。また、有効なヒーリングの回数も違ってきますし、ヒーリングがどのような効果がもたらされるのか、特に効果が感じられないのかも人それぞれですので、お受けいただいてみて認識していただくようになります。回数の設定は、ご自身の直感で選択していただくのがベストですし、他者がはっきりとわかる問題ではないと私は感じています。また、あまり他者に強く依存してしまうと、ご自身の備わっている直感力や判断力がにぶってしまうために、ご自身で決めていただくことを私はお勧めしています。

当方の遠隔スピリチュアルヒーリングの料金は、ホームページに記載しました通りですので、1日分のみのお申し込みですとですと3,000円になりますし、6日以上のお申し込みを頂いた際には、記載の通りに割引をしています。

Q:「遠隔スピリチュアルヒーリングと月末の大祓との相違点は何ですか?」

A:月末の大祓いも遠隔スピリチュアルヒーリングも、浄化やパワー入れを目的とした遠隔ヒーリングという点では共通しています。

月末の大祓いではご依頼いただいた皆さんと当方とが、個々を特定して深い領域でつながりながら一斉に同じ時間帯にヒーリングを行うことによって、ヒーリングを実施している妻atumiと私タエヌとご依頼者様全員から発されている光エネルギー&癒しのエネルギーとが、ヒーリングによってめぐる宇宙の光&癒しのエネルギーに乗って集合エネルギーとなり大きくめぐることで、とても強く多大なヒーリングエネルギーとなって皆さん個々にめぐり与えることができるために、それなりの効果が期待できます。

一方、遠隔スピリチュアルヒーリングでは、実施する日にちも回数・日数もご自由にお選びいただくことができて、(実施時間は当方の都合で決めさせていただきます)ご依頼者様個人の状況やご要望に合わせた質のエネルギーを送りつつ、ヒーリングを行っています。

ですから、遠隔スピリチュアルヒーリングの方が、エネルギーの量の多さを比較すると少なめになることもありますが、より個別でニーズに合わせたヒーリングを行うことができます。

以前は、遠隔スピリチュアルヒーリングの料金を、1回分(1日分)5千円に設定して行っていましたが、もっとお気軽にお受け頂きたいこと等から料金を値下げしたので、結果的には月末大祓いをほとんど変わらない金額となりました。

Q:「レイキは多用できないこととか、高齢者や弱っている方にはレイキを送れないといったことを聞きましたが本当ですか?」

A:レイキは宇宙にあまねく癒しのエネルギーであり、光である純粋な愛のエネルギーでもあります。この光であり愛でもあるレイキエネルギーを活用したヒーリングを行うにあたって、レイキは多用できないこととか、高齢者や弱っている方にはレイキを送れないといったことは、本来ありえない考えであると私は認識しています。愛はどれだけ多くめぐらせてもネガティブなことはありません。愛の光を与えすぎてネガティブに至ることなどはありえないのです。

ただし、愛をめぐらせ与えているつもりでいながら、実際にはエゴによるものであったり、ネガティブな感情な意識が多分に含まれたりするようなものをめぐらせているのでしたら話は別です。また、疑念や思い込みを抱いてレイキヒーリングを行った場合も、そのような低い波動のネガティブなエネルギーも含めてめぐるために、レイキは多用できないこととか、高齢者や弱っている方にはレイキを送れないといったようなことを信じ込んでヒーリングを行えば、そのような制限によるネガティブなエネルギーがめぐってしまうでしょう。人が信じることによって生じるパワーやエネルギーはとても強いものになりますので、何を信頼するのかによって大きく状況が変わっていくものです。

Q:「レイキはサイキックなこともできるようになりますか?」

A:‘奇跡的である’と感じられたり、世間の人が奇跡的と思われたりするようなことができるようになる場合もありますし、そうでない場合もあります。人それぞれではありますが、レイキヒーリングやレイキの力を活用した実践を継続して行っていると、サイキックと感じられるような現象を、それなりに経験する方が多いでしょうし、やってみたらできた・・・ということもでてくるでしょう。

ちなみに、私は色々と経験しましたが、レイキの伝授を受けた当初に奇跡的というか‘おもしろくてわくわくする’と感じたことは、雲を消すことができること、水の味をおいしくできること、たばこのニコチンやお酒のアルコールを簡単に減らせることができることなどでした。レイキのパワーを強く信頼して実践すれば、レイキの伝授を受けた後には、ほとんどの人ができるようになります。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







バックナンバー改訂版

大切な日を迎える人によりポジティブなサポートをする方法

2016年06月06日
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

何か大切な試験を受けるとか、職場で大切な会議がある、人に対して大切な話をしに行くなどといった、それなりに本人が大切にしている何かを行う日の直前や当日には、健康面や精神面など、本人はもとより、強くサポートされているご家族や親しい周囲の人たちも、それなりに気遣うことでしょう。当事者が、よりポジティブな状況でいられるようにと愛をこめて思い配慮したことは、すべてに間違いはなく、それなりにポジティブな波動・エネルギーとなってめぐりますが、以下の事に留意すると、よりポジティブなめぐりとなりますのでご参考いただきたいと思います。

ここでは、その中でも、睡眠や食事をよりポジティブにとることなどの物理的な観点や、本人がよりリラックスできるように配慮すること等、一般的な観点における留意点というよりは、スピリチュアルな観点における「波動・エネルギー的によりポジティブなものがめぐり、本人の日頃の成果をより発揮しやすい状況」を作り上げていくために、影響力の強いご家族(親)や親しい知人といったような、身近で親しい関係だけれどもいっしょに参加するわけではない人がサポートできる、特別なものではなくどなたにでも実践できる、いくつかの実践方法と留意点を紹介させていただきます。

根本的に宇宙のすべてはひとつにつながっています。もちろん、地球上すべての人同士も魂の深い領域ではしっかりとつながっています。ですから、人と人との思念を通じ合わせるということに関しては、近いとか遠いとかといった物質的な距離というものも過去や未来といった時間というもの、つまり時空は一切関係なくつながりあっているのです。その中でも、親子のつながりは、とても強くて太いパイプによって成されています。

特定した相手に電話をかけてつながれば会話ができます。これと同様に、心の中で相手を特定して思うだけで、相手との波動や魂レベルなどといった相手の本質と深くつながることができるのです。つまり、相手を思うだけで思念が伝わり波動やエネルギーが伝わるということになります。思念にはとても強い力「思念力」があります。ですから、相手を強く思えば思うほどその波動やエネルギーも強いものとなって相手に伝わるということになります。

そしてさらに、このような特定の相手とつながりながら、思念に加えて言葉に出すこと、つまり「言霊」も加えることにより、相手に与える波動・エネルギーはさらに強いものになるのです。

言霊の中でも、最高峰の高い波動の言葉は「あ・り・が・と・う」です。この5文字の組み合わせにより発される音の波動が高いというのが本質です。ですから、この「ありがとう」という言葉に、たとえ感謝の気持ちという思念を加えなかったとしても、この5文字の組み合わせでできている言霊の波動だけでもとても高いものになっていますが、もちろん、愛ある気持ちが加わるほど、より波動は高くなりエネルギーは高く強いものとなります。

この言霊と思念力を意識的に活用する最も効果的な方法として、この最高峰の5文字の言霊である「あ・り・が・と・う」を活用する方法です。日頃から、感謝する際には意識的にでも「ありがとう」と言うようにした方が、「どうも」とか「サンキュー」とかという言葉を使うよりもポジティブな波動・エネルギーがめぐりますが、特に大切なことのある日の直前や当日に機会がありましたら、この言霊をできるだけ多く口に出して伝えると良いです。

また、言霊は声に出した方が効果的ではありますが、心の中で唱えるだけでも思念力となって波動・エネルギーを発します。ですから、受験中や試合中などの実施している最中の時間帯にも、心の中で相手のことをイメージしたり名前を唱えたりして「ありがとう」の言霊や思念を送るだけでも、それが強い光のエネルギーとなって届き、癒しとなり活力の源にもなりますので、実力をポジティブに発揮しやすい状況をサポートしてあげる事ができます。

「ありがとう」以外の波動の高い言霊や思念を例えて幾つか挙げますと、「うれしい」「たのしい」「おもしろい」「がんばる」「すばらしい」「だいじょうぶ」等、わくわくする言葉や慈しみを表現する言葉などの「愛を表現した言葉」もポジティブなエネルギーを送るために有効ですので、そのような言霊や思念を送るのもよろしいかと思います。

ちなみに、祓い清める言霊の最高峰は「ト・ホ・カ・ミ・エ・ミ・タ・メ」の八文字の組み合わせですので、私は邪気の多い場所の浄化や除霊をするときには、よくこの言霊の力を使いますが、試験会場や会議室や試合会場の波動は重くなりやすくて、エネルギー的にはマイナスエネルギーである邪気や邪念がめぐりやすくなりますから、この「ト・ホ・カ・ミ・エ・ミ・タ・メ」の力を活用するのも有効だと思います。

別の実践方法になりますが、光(光の色は光の色は白・白銀・銀・金・青白い光のいずれかのイメージしやすいものをお選び下さい)で当事者を包むようにイメージしてみてください。これは、目を開けていても閉じていてもどちらでも結構です。また、当事者が見える範囲にいない場合は、当事者をイメージして光で包み込むイメージをしてみてください。そして、当事者に対して「今日も一日元気で過ごせますように!」「受験で最大限の力が発揮できるように!」「最良の状況に至りますように!」などといった、希望や理想とする状況のアフォーメーション(肯定的表現の言葉)を心の中で唱えてください。それだけでも、当事者に対して高い波動のスピリチュアルなエネルギーが与えられますし、よりパワフルな波動・エネルギーをめぐらせることができます。この実践方法はイメージ力が必要になりますが、もしできるようならスピリチュアルなエネルギーを送るのには有効ですので実践してみてください。

最後に1つ、愛から発せられている言霊や思念ために、波動は高いようであるのに結果的にはとても低い波動を発してしまっているため、気をつけた方が良い日常的によくあること、愛が大きいゆえに気遣い・心遣いが心配・取り越し苦労というような、ネガティブな波動になりがちな1つの実例としまして、当事者に対する、気遣い・心遣いの仕方について述べてみます。

家族や恋人などの大切な人を送り出す時、事故にあったらどうしよう…とか、〇〇は大丈夫か…などといったような、愛が大きいゆえの気遣い・心遣いの意識がいつのまにか心配・不安・取り越し苦労のような低い波動の意識になってしまうことがあるでしょう。 もともとは愛の大きな意識の中で生じたポジティブなものであっても、結果的に低い波動を相手に向けてしまうと、それがネガティブなエネルギーになって相手に届いてしまうのです。

ですから結果的にその時点で、ネガティブな意識になっていると気づいたら、できるだけ早くポジティブに変換した方がよいので、「事故にあいませんように」「無事帰宅できますように」「素敵な1日になりますように」「がんばってね」などというような、ポジティブなアフォーメーションにして唱えたり笑顔で元気に帰宅する姿をイメージしたりするなどして、心配・不安・取り越し苦労の低い波動を向けるよりは、ポジティブな願い・イメージの高い波動にして意識を向けた方が、同じ愛を大きく抱いた中での気遣い・心遣いが、より高い波動の中で意識をめぐらせることができるので、よりポジティブなエネルギーを相手に送ることができます。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







バックナンバー改訂版

守護霊様からのメッセージ その15

2016年06月05日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/blankpage1.html

ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

今回紹介いたします内容は、17世紀から18世紀頃にかけて、今のスペインで転生していた男性で、画家としての才能を発揮されて、それなりに人に認められていた守護霊様からのメッセージです。

若い頃は、素朴な色合いで風景画や身近にある木々や花水辺の絵も得意としていて、川や湖などの景色を主に描いていました。その後、だんだんと空の移り変わる様子に焦点を合わせることが多くなり、空に広がる雲の様子や、夜に輝く星、そして特に好きだったのが雨上がりに出る虹を描くことでした。

この虹の輝さと青空、そして緑の木々との色合いの調和がとても面白く感じ、さらに水辺の景色も加えたこの水と緑、そして空とふんわりと浮かぶ雲、更に虹が出ている絵を最も気に入っていて、そのような風景画をたくさん描いていたようですし、それが特に世の人の心を明るくして、喜びを与えてくれる絵であると感じられて評判になっていたようです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

〈守護霊様からのメッセージです〉

誰もが虹色に輝く光を持っていて、心の中も虹のごとく様々な色に変化するものなのです。何か一つの物事に集中しているような時にも、一つの色(エネルギー・考え方)のみに染まるのではなく、虹のごとくあらゆるエネルギーがめぐり、考え方やインスピレーション、捉え方や歩み方も様々に変化してめぐるのです。

一つのことに熱中し、一つのものを仕上げるとはいっても、その一つのものを作り上げたり一つのことを成し遂げたりするためには、様々な角度や色(エネルギー)や音(波動)や心(感情・思考・インスピレーション)などがめぐってバランスをとり、その中で成しうるものなのです。

ですから、一つの物事を達成するとき、一つのものを作り上げていくときには、総合的な自分自身の知恵と意識と経験からくるものなどのあらゆることが必要になり、また、成し遂げた時にはあらゆる観点において成長できるものでして、それを喜びに感じることは大変素晴らしいものであります。

ただし、すべてのものにおいて成し遂げることや完成させることがポジティブであるとは言い切れず、途中でやめることを決めたり、徐々に変化を加えることにより、最終的には全く違う方向へ向かって行ったりしても、それはそれで自らのポジティブな感覚に従がっているのでしたらまったく問題はないことでして、結果として成し遂げたという思いを自分自身が実感できることや、その経験や経過の中で得た気づきや学びが大切になることもあるので、世の人が完成したとか物事を成し遂げたなどとったとえ評価しないとしても、自分内の意識の中でそれなりにやり遂げたことを実感したのであれば、それはそれでよろしいわけであります。

虹の色というのはとても美しく輝いて見えますが、虹の同じ色素を持っていても、それが淀んでいたりくすんでいたりするように、同じ色合いでも心わくわくしないような色になってしまうこともあります。

人の心とは、今のこの物理世界においては、そのように変化をすることもあるので、心に皆、虹の色を持っているとはいっても、時には輝く時もあれば、時には淀む事もあり、赤の心である時もあれば紫の心、黄色の心の時もあるので、そのような人の心の変化をいちいち気にしすぎて自分の色までも変化させて合わせすぎようとしたり、自分の音(波動)まで変化させて相手の鈍い音に合わせようとしたりすると、それはそれであなたも、今、放っている本当の色や音を狂わせてしまい、結果として不調和を起こしネガティブなものが生じてしまうことにもなります。

相手や周囲の色や音を感じ取る力が強いあなたではありますが、あまりにも周囲に合わせようとしすぎたり気にしすぎたりしてしまうと、あなた自身の気苦労や取り越し苦労、余計な気遣いなどをしてしまい、結果的にエネルギーを消耗したり波動を下げてしまったりすることがありますので、周囲にそれなりに必要な愛を持っての気遣いや心遣い、心配りはすることはとても大切なことでありますが、あなた自身の色や音をできるだけ損なわないように留意して、あなたらしさを保ちストレートでナチュラルな感覚の中で、あなたの愛を持って周囲のみなさんと色や音を交わせる様にすると、ご自分にとってより心地良い人間関係や環境を形成することができるようになります。

あなたの心の虹は、元来とても明るく輝いています。その素晴らしい虹色の光の架け橋を、たくさんの人々にかけて癒したりサポートしたりすること、特に親しい家族や友人には、あなたの持つ虹色の愛のエネルギーを今まで通り、そして今まで以上に意識的に多くめぐらせる様にすると、すべてはまたその虹の架け橋を通して、あなたのもとへとめぐり、より一層この虹は輝いていきます。自分らしさを大切に。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」











スピリットガイドのメッセージ

義務教育は縦社会・ピラミッド社会の基礎作り

2016年06月04日
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

義務教育に関する昨日の記事〈"義務教育は1日8時間労働の基礎作り">義務教育は1日8時間労働の基礎作り」の続編です。

<子どもや保護者の同意なしにテスト(試験)をして評価する>~縦社会・ピラミッド社会の基礎作り~

評価をする側は、評価をされる側の上に立ちやすいというのが今の社会です。また、テストをする側とテストをされる側というのも同様のケースが多いです。評価をされる側からすれば、評価をする側に対して、より要求に合った答えを示し言動を示したり、より気に入られるようにしたりして、より忠実に従ったりした方が、より良い評価を受けやすいためにそのようになりがちでありまして、さらには、競争に勝ったり、優位に立ったりした方が優劣がつけやすいために、それなりに点数や勝負にこだわる傾向が強くなりがちで、そのための基礎作りが、義務教育における学校内や、そのテストや評価の結果を受けた子どもの家庭内で行われている事が多く見受けられるのが事実です。

公立学校の義務教育においては、子どもや保護者の同意を得なくても、当然のごとく「テスト」をしたり通知表という形などによって「評価」をしたりします。私たち多くの大人たちは、学校でテストを受けたり通知表等で評価されたりすることは、幼い頃から常識として受けてきたために、その必要性も、自らが受けたいか否かの意思を示すことすらも、ほとんど考えることなく過ごした人が、とても多くいるはずです。

もし、児童・生徒の人権や個性を重しているのでしたら、普通に考えてみると、本来はテストを受けたいか否かということ、子どもの意思がどうであるのかを確認すべきではないでしょうか?評価してそれを通知表という形で書き表すということも、教師が勝手に行うのではなく、本来はやはり子どもの意思を確認すべきではないでしょうか?学校という特殊な集団であり環境である元だからといって、子どもたちの自由意思を取り入れずに、少なくとも義務教育中の9年間はテストや評価を繰り返すことが常であるということは、ポジティブなことなのでしょうか?

まだ、子どもの自由意思で判断しあぐねるような事なら、保護者の自由意思も含めて、このテストと評価の必要性を確認すべきです。そして、もしそのようなことを子どもも保護者も望んでいるのでしたら、これまで通りに行っても問題ないといえるでしょう。しかし、1人でも個人的に「子どもをテストによって試されたり優劣をつけたり競わせたりしないでほしい」「勝手に評価しておとなが優劣をつけたりランク付けをしたりしないでほしい」などのテストや評価を拒む人がいるのでしたら、個別に対応して、そのように望む子どもにはテストを勝手に受けさせたり、勝手に評価をして通知表という文字や数字などによて表現するべきではないと思います。

このように、学校側にも問題はありますが、教育を受ける側にも問題がありまして、お互いがこのようなことを「当然のこと・常識である」と思い込んでいること、疑問に感じないこと自体に問題があるという事です。しかしながら、今の義務教育の体制から、個人的にテストや評価を受けないように望んで口頭で伝えれば学校側が許すとか、教師が勝手に出す宿題を必要としていない家庭には宿題を出さなかったりテストや評価も個人的に要望に応じてしなかったりするという事を実践すると、間違いなく不調和が起きるでしょうし、そもそもそのような疑問を持った子どもや保護者が学校側に訴えたとしても、ごく少数の変わり者として扱われたり、しつこく豪語するとモンスターペアレンツなどといった差別をされたりしてしまったり聞き入れられなかったりする可能性が高いでしょう。

ですから、今の時点で大切なことは、そのように訴えて変えるという事よりも「教師が子どもを勝手にテストしたり評価したりすることは本当に必要なのか?許すべきなのか?」ということを、子どもも保護者もあらためて意識して考えてみるということです。そして、保護者と子どもとでその自由意思を確認し合う必要があります。また、「テストや評価を受けた結果の‘点数’や‘優劣のランク付け’や‘教師の個人的な見解’を参考にはしても、過度に気にし過ぎない様にする」必要があるという事です。そして「だれかにテストをされたり評価をされたりすることが普通のことである、当然のことである」と思い込まないようにすることです。そのようなことを意識したうえで、子どもたちを保護者として家族として、より愛を大きくめぐらせて慈しみの気持ちを持ってサポートしてあげるという事です。

私はここで、学校教育を批判しているつもりはありません。普通に考えて捉えてみて、気がついた問題点を指摘しているだけです。洗脳を解くには洗脳されていることに気づく事が必要です。状況がおかしいと気づく事で、正しく感じられる状況に変革させるように努めることができるのです。

問題を問題と思わないことが問題なのです。もし、子どもが学校で、テストや評価を受けることを、「必用として教師にお願いしたいことである」と子どもも保護者も思っているようでいたら、このままで良いでしょう。でも、どちらかが、もしくはお互いが疑問に感じたり必要ない、してほしくないと感じているのでしたら、その意識を子どもと保護者とで確認して認識し合うべきです。そして、保護者としては、過度にテストや評価を気にしたり高い順位やより良い評価を受けることに躍起になったりしすぎず、ただでさえ学校生活という家庭から離れた場での生活を長時間にわたって経験していて疲れているわけですし、家庭での安らぎや癒しや愛情を受けることを求めているわけですから、保護者として、子どもたちが望むようなサポートをできる限りしてあげるように努める必要があるという事を、今ここであらためて意識してほしいと願います。

<マスコミの奨励・スポーツの過度の奨励>

さまざまな真実の情報からも実際に報じられている内容からもいえることは、テレビや新聞のマスコミの報道、特にニュースの報道は、闇の権力者たちにとって、都合の良いことを流すことがよくありますし、中には偽りの情報、人にネガティブな意識を与えて落とし込めるための報道、思い込ませる・洗脳するための報道も、連日何かしらの形で報じられているのが事実です。
*たくさんある中のマスコミの問題点の真実の情報の中の1つ⇒「米国防総省はNHK内で情報検閲を行なっている

しかしながら、学校教育においては、小学校の段階から、このように問題の多いNHKのテレビを学校教育の副教材的なものとして授業中に放映でするなどして奨励することがありますし、新聞が正しい物、読むべき物、必用な物として位置付けてそのような意識を子どもたちに与えるために、新聞を読む事を奨励する内容を時間をかけて教えていることをご存知の方も多いことと思います。

このことは、やはり先ほどのテストや評価に関することと同様で、授業を受けている子どもたちも、それをサポートして見守っている保護者も、さらに教えている教師自身も、このようなことが問題であると思っている人はとても少ないのが事実でして、疑念を持つことも、あらためて考えてみることもしない人が多くあるのが事実です。ですから、問題を問題と思わないことが問題であって、だからこれまでは普通のこととして、常識のようなこととしてまかりとおってきたのです。

スポーツの過度の奨励も同じ事です。小学校の課外授業や学校の敷地を利用した地域社会で行われている、野球やサッカー、ミニバスケット、バレーボール、柔道、剣道など、そして、中学校では部活動として行われている様々なスポーツは、ほどよく子どもたちの健康促進のため、子どもたちのわくわくする意思に合わせて行われているような活動もあるでしょうけれども、多くのこのような団体は、スポーツを過度に奨励している学校や保護者や地域住人が指導していて、勝つため、根性をつけるため、精神力を高めるためなどといった目的を掲げて、「過度に奨励している」ことに疑問も持たずに参加している人が多いことでしょう。

プロ野球で、年間億単位の収入を得ている人が何人もいることが報じられています。大リーグにもなると、複数年で何十億円といった、破格の給料が支払われています。野球に限らず、プロサッカーやプロバスケットやプロゴルフなど、億を超える収入を得ている人が目立つように報じられることがあります。でも、普通に考えると、頂点に立つようなごくごく一部の人が高収入を得ている事がなぜこんなにマスコミ上の話題になるのでしょうか?ただ、人よりスポーツが上手にできるというだけで、どうしてこんなに超高額なお金を得ることができるのでしょうか?たとえば格闘技や武道などでは、殴ったり蹴ったり投げ飛ばしたりして相手を倒したりするという、結果的には肉体に対する暴力行為をしたり、痛みや苦しみといった精神的にも苦痛を伴うような行為をすることが、世間の一般的な中では体罰や暴力はネガティブな行為とされているはずなのに、なぜ今の世の地球上ではスポーツという名のもとでは合法とされ認められ許されるのでしょうか?

イルミナティなどの闇の権力者たちが、‘3S政策’といわれるスポーツ、スクリーン、セックスを奨励して気を強く向けさせ熱中させることで、人びとの波動を落とし、ポジティブさを損ねることで意識を低下させたり、政治や経済から目を背けさせたりすることを促進させて、人びとを操りやすい状況に至らしめることが行われてきていることは、それなりに知られてはいますが、日本も第2次世界大戦後にGHQがこの3S政策を促進させた流れや影響もあり、社会全体に大きく浸透しているのが事実です。

それでも、気づいてきている人が増えてきていて、少しずつ緩和されていることも事実ですが、義務教育の世界では、以前ほど盛んではなくなってきてはいるものの、課外活動や部活動や運動会や陸上大会などの各地域や都道府県や全国レベルで行われているようなスポーツの大会などにおいては、そこに参加する児童や生徒の練習に関しても、大会にしても、大人に評価を受けることが多く、優劣や順位や勝敗といったことを強く意識したり、疲れがたまってしまったり、自分の自由な時間もリラックスする時間もあまりもてずにいたりするなど、様々な面でエゴが増大し、疲労がたまり、制限や評価を受けるなどして、結果的に子どもたちの波動を低下させ、自由を制限し、余裕が減り、大人の目や評価を気にしすぎて、縦社会やピラミッド社会の基礎作りなどが、過度のスポーツの奨励によって、義務教育の段階からこのような問題のあることが事実なのです。

子どもたちは、ただでさえ学校で長い時間過ごしていて、テストや評価を頻繁に受ける学校生活に、それなりに体力も気力もたくさん使って疲れているのに、さらにこのようなスポーツを過度に行っているということは、それなりに問題があると言える場合が多いでしょう。もちろん、子どもも保護者もこれらすべてのことを承知して同意したうえで、本人自身がネガティブに感じておらず、わくわく感に基づいて行っているのであれば、特に問題はないといえるでしょう。でも、この文章を読まれたことを機に、今一度、あらためて、ご自身や子どもたちの状況を見つめ直して捉えなおしてみて、もし何らかの疑念や問題点や改善すべき点を見出したのでしたら、今すぐにでもできることから、意識を変え、行動を変え、よりポジティブに感じられる方向に向かうべきだろう思います。

すべては、未来を担う子どもたちのためです。保護者として、家族としての理想もあるでしょうけれども、子どもたちの魂がより向上するために、よりポジティブに感じられる実生活を送るために、どのようにサポートすることが最善かを、あらためて考え直す時期に、今、世の中の流れ、というより宇宙の中の地球上の流れとして在るのです。

まだ、他にも具体的に学校における義務教育の問題点はいろいろとありますが、代表的な事をいくつかあげてみました。当然のこととして私と同じように捉えていた方もいらっしゃることでしょうし、あらためて気づいた方もいらっしゃると思いますが、ここまでお読みいただいてがいかがでしたでしょうか。

今回の記述ではもうこれ以上、学校教育に関する問題点を具体的にあげて述べるつもりはありませんが、このような視点からも、今一度、この宇宙の流れの中の変革期にある日本の未来を担う子供たちの教育に関しまして、あらためて捉えなおしてみて、今できることから、よりポジティブに改善するように大人としてできることから意識を変え行動していくとともに、子どもたちをよりポジティブにサポートするように努めるために、この内容を読まれたことで、一つの機会となりきっかけにして頂けましたら幸いに思います。

これまでの地球上ではこれらの経験は魂向上のためには必用であり、学びとなっていたとしても、この先の新しい世を迎えるにあたっては、引き続き必要なことなのでしょうか?色々と見直して捉えてみて、よりポジティブに変えていくべきことは、学校教育上のことでも多々あるのではないでしょうか!?

最後にもう1つだけ申し上げますと、子どもに対するしつけや基礎的な教育を学校に依存しすぎないよう、学校教育を過信しすぎないよう留意する必要があるという事を付け加えておきます。子どもたちの総合的な成長を見守り、自立できるまでの間を責任もってサポートして育て上げるのは、あくまでも家庭の役目であり保護者としての子育てという重要な仕事であります。学校は、そのための補助機関でもあり、ある決められた短い年数はそれなりに受け入れてはくれるものの、担任を外れたり、卒業したりしたら、それなりにサポートしてくれる場合も個人的にはありますが、学校側からは離れて、子ども本人の責任や保護者の責任などの学校外の責任に戻ってゆだねられるという事を、あらためて書き留めておきます。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







バックナンバー改訂版

義務教育は1日8時間労働の基礎作り

2016年06月03日
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

日本社会が変わってしまった背景には、戦後米軍のGHQがたとえば日教組を組織させて、彼らによって日本の歴史を否定する自虐史観を広めたという経緯があります。本来、人権には厳格であるはずのリベラルな人々が、階級闘争などを通してかえって多くの人に差別意識を植え付けてきたことがじわじわ効いてきたのです。米国の目的は究極的には日本民族を弱めていくことだったのですが、日本も戦後GHQから押し付けられた憲法を後生大事に守っているという矛盾を抱えています。我々日本人が押し付けられた憲法には、日本のよき家族や地域社会、仕事仲間の結びつきを崩壊させる考え方が意図的に盛り込まれています。

そこには太平洋戦争を果敢に戦った日本人を怖れる気持ちがこもっています。日本人の高い精神性と、みなが団結する力を壊したいという意思です。ちなみにドイツでは、占領軍から与えられた憲法を戦後間もなく、自分たちが制定した憲法に書き換えています。日本も同じようにしなければなりません。何年か前に、かつて日本国憲法の作成を担当していたという、90歳を超えたアメリカ人女性に会いに行ったという人の話ですが、その人が彼女に「日本ではあのときの憲法を未だに使っています」と伝えたところ、彼女は大層驚いてこう言ったそうです。「ではもう日本の家庭はボロボロになっているでしょう」。

確かにそうで、戦前と比べれば日本の家庭も核家族化が進みました。その結果少子化も進み、田舎では老人たちがいなくなれば村には誰もいなくなるという「限界集落」がたくさん存在しています。都会でやっていけなくても、実家のある集落に戻れば何とかなるのが古きよき日本でしたが、もはやそのような社会はなくなってしまいました。また日本には世界に類を見ないほど、長く続いている老舗企業が数多く残っています。なかには何百年という歴史を持つ企業もあります。ですがやはりGHQの政策により労使紛争を煽り、労働環境に対立を煽り、企業を内側から破壊することが進められています。

ですから本来なら、まず日本という国が再生していくように憲法を改正して、教育も見直し、子どものころからしっかりとした人間に育むところから取り組まなければなりません。しかし憲法改正は簡単なことではありません。ちなみに憲法九条だけは、天照大御神が昭和天皇に降臨して制定されたもので、まさに人間復興の世界平和を先取りする珠玉の条項なので、これだけは守らなければなりません。

*上記の内容は『この世界でいま本当に起きていること』 中丸薫・菅沼光弘著 徳間書店より引用させていただきました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

〈以下、タエヌより〉

日本の義務教育は、第二次世界大戦後、日本国憲法に基づいて作られた教育基本法や、その制定を受けて学校教育の制度の根幹を定める法律として制定された学校教育法などによって成されていますが、この大元になっている日本国憲法自体が制定された真の目的の1つが「日本のよき家族や地域社会、仕事仲間の結びつきを崩壊させる考え方が意図的に盛り込まれている」ものでして「日本の家庭がボロボロになるためのもの」でもあるのです。

もちろん、日本国憲法には第9条のように平和を守るための内容もありますし、他にも憲法の前文の中にもありますように、国民主権や基本的人権の尊重、平和主義に関する内容が盛り込まれており、ポジティブな内容があるのも事実ですが、実際にはアメリカにとって都合の良いことも盛り込まれていて、日本国民にとって本来は改善すべき内容も多々あるのも事実なのです。日本の教育に関しても、素晴らしさもいろいろとあることは事実ですが、やはり憲法と同じように、問題点や改善すべきことも多々あることも事実です。

引用した冒頭の内容に書かれていたように「まず日本という国が再生していくように憲法を改正して、教育も見直し、子どものころからしっかりとした人間に育むところから取り組まなければなりません。」ということがいえるでしょう。言い換えれば、世の中が黄金時代に向かっていくための、根本的に最低限必用な事であり重要な事の1つとして、日本国憲法の改正…というよりも、日本国民の手によって、日本国民のため世界のために、日本の国の在るべき状況に至るための、真の平和や自由や統一などをもたらすための憲法を新たに作り上げる必要があるのです。そして、教育も大幅に見直す必要があるのです。

今の世の中では‘権力者’といわれているような政治家やら財界の大物などといった人たちなら、個人的あるいはグループとして考え方が変化していき、憲法改正や教育の見直しなどといったことを実行しようと思えば、それなりに影響力はあるだろうと思われますが、私たち、一般の小市民が、そんなことを思ったり訴えたりしても、それほど意味はなく、世の中の変革のためにはあまり影響がないのでは?…と考えられる方もいらっしゃることでしょう。そう考えるのが、物理世界に生まれ育って、この世界で育ってきた人の常識ともいえるようなことですが、実はこのような固定観念を植え付けるためにも、憲法も教育もマスコミも利用されてきたのです。

人の意識はとても強大な力を備えています。強く望む事、つまり‘祈る’ことによって放たれるエネルギーは、瞬時に地球をめぐり宇宙をかけめぐり、祈る者のもとへとめぐってきます。そしてその影響力は、その人の身の回りだけではなく、地球全体にも宇宙全体にもめぐるために与えることになるのです。個人の祈りでさえも、それなりに全宇宙をめぐって影響を与えるのですが、それが同じような祈りとなって集合意識として発されるエネルギーは、とても強大なものとなり影響を与えるのです。

何かを変革させるには、何かを変革させた方が良いと思うことが大切で、そのためには問題定義やデメリットを知ることも必要となります。そして、何かを大きく変革させるためにはそれなりの大きな力や長い時間を必要とするような事に関しては、上記に示したようなことからもよりポジティブな状況になるよう願い祈ることも重要ですが、それと並行して、各個人が、今、すぐにでもできること、やるべき事、やった方が良いと感じることから動き始め、心の変化に加えて行動も伴うような選択を、今すぐにできることから意識を変えたり即実行したりすべきなのです。

子どもたちが日本で育っていくためには、必ず関わっていくように法律で定められている‘義務教育’に対して、今、義務教育を受けている子どもたちも、そして子どもたちに関わる保護者やその家族や地域住人としして、各個人が知っておくべき最低限必要とされている「義務教育の問題点」は多々ありますし、知ることでよりポジティブに活用して改善できることも多々あります。物事をより良い状況に変革するためには、ネガティブであることに気づく事が大切であり、そのためには真相・真実を知る必要があるのです。そこで、代表的な事をいくつか羅列して問題点などを解説すると共に、保護者として、おとなとして、どのようにサポートしたり意識をめぐらせたりする必要があるのかを述べたいと思います。

<義務教育を受けるための学校に関わる時間が長すぎる> ~1日8時間労働の基礎作り~

学校によって登下校の時間も時間枠も多少違ってきますが、平均的には小学校の高学年では朝8時頃までに登校して午後4時頃が下校時間になっています。小学校によっては、吹奏楽や合唱やミニバスケットなどの課外活動を奨励して行っていますので、参加している児童はさらに長い時間学校にいます。通学に必要な時間を含めると、1日に学校に関して費やす時間は、小学校の低学年であるわずか6歳になった頃から、平常日課ですと6~8時間、高学年になると長い時には10時間以上もありますし、中学生で部活動に参加している生徒は、1日のうちの半分以上の時間を学校で費やすような日々を送っています。そして、多くの子ども達は、学校が終わった後、もしくは学校の休みの日にも、塾やスポーツや習い事などをするために、家庭から離れて活動をしているような状況です。さらに追い打ちをかけるように、宿題を毎日のように出してチェックする教師もたくさんいますので、家庭に帰ってからも学校教育の‘残業’をしているような状況なのです。

これだけ幼い頃から長い時間を家庭から離れて学校にいて、たとえ授業の合間に休み時間と称するものが与えられていても、家庭でくつろいでいる本来の休んでいる憩いの時間とは違っていて、常に学校という場に拘束されそれなりに監視されている中で、学校という閉鎖的な波動のめぐる中で心身をゆったりとリラックスさせるのは難しく、それなりの緊張感は常に抱き、次の授業を準備したり、限られた時間枠を意識したりするなど、実質的に学校にいる間の子どもたちには「休み時間はない」状況であるといえるでしょう。

また、本来は家庭にいて家族のだれかがいれば、コミュニケーションをとったり、それなりの家庭での役割・仕事をこなしたり、家族からのしつけを受けたり知識を得たり技術を教わったする機会が設けられやすい状況なのに、これだけ長い時間学校に関わっていれば、家庭によって実態は様々ではありますが、それなりに家庭内の結びつきがゆるくなりやすいでしょう。

ですから、疲れている子どもが多いと感じるのも、親子のコミュニケーションが不足しているとかと感じるのも当然のことでして、日本の義務教育の大元となっている日本国憲法自体が「日本の家庭をボロボロにするため」にする目的も含めて作られたわけですから、成るようになっているという事なのです。

また、このようにわずか6歳になった頃から長時間、家庭を離れることを義務付けられて学校に通う事を通して‘1日約8時間労働(週40時間)・週休2日’という、世界の中で断トツの長時間を誇る日本の仕事に要する就労時間枠の基礎を徹底的に身につけ習慣づけられてきて社会人へと育っていくために、義務教育は「1日8時間労働の基礎」を作るために利用されているといえるのです。子どもの頃から長時間家庭から離れることを続け余暇が少ないために、家庭から離れて過ごすことや長時間労働が「習慣」づけられ「普通のこと」という認識や固定観念が植えつけられやすい状況にあるという事なのです。

ですから、もし、保護者として、家族として、大人としてそのように感じられるようでしたら、義務教育を受けている子どもたちに対して、そのような理解のもと、そのことに留意して、よりポジティブに接してサポートしてあげる必要があるのです。子どもたちは学校から疲れて帰って来るのです。‘疲れ’は波動を下げエネルギーを低下させます。ポジティブな実生活を送るには味方になってくれません。そして、さらに疲れるような、塾や習い事など、家庭から離れるようなことを、子どもの自由意思ではなく、親の望みで仕向けたりさせたりするようなことは選択しないようにするべきなのです。

またもし、子どもが自らそのようなことをやりたいと伝えてきた際には、塾や習い事をすると、さらにどれだけのエネルギーや時間を費やすのか、余暇や余裕がなくなるのかなど、想定されるメリットもデメリットもきちんと伝えて、よくお互いに考えてから選択する必要があるのです。そして、そのことを認めて選択することを同意した場合には、子どもたちが家庭にいる間は、めいいっぱい大きな愛をめぐらせて子どもたちを癒してあげるように、環境を整え家族としてサポートしてあげる必要性を、今一度あらためて強く意識され、子どもたちにとってよりポジティブに感じられる家庭であるように努めてほしいのです。

義務教育を受けるように定められている年齢である、6歳から15歳までの貴重な少年期・青年期の育ち盛りで、人としてピュアであらゆることを吸収できて柔軟性のあるこの時に、あらゆる可能性のあるポジティブさを限定的にしたり、時間枠に縛り付けることを習慣づけたり、疲労をためこみ波動を低下させたりすることを、子どもたちに選択するように推奨するのも、そのように強制したりしむけたりするのは、本当にどの程度必要なことであるのかを、今一度、この機会にあらためて考え直してみて頂けると幸いに思います。

*まだ、この先も内容は続きますが、長くなりましたのでここまでとして、以降の内容は明日公開する続編に掲載したいと思います。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

バックナンバー改訂版

「今」に伏し目がちなあなたへ

2016年06月02日
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

世の中のあらゆるできごとの真実に対して
伏し目がちなあなたへ…

あなた自身の内なる声・本当の自分に対して
伏し目がちなあなたへ…

「今」を大切にして生きることに対して
伏し目がちなあなたへ…

今のこの地球上にある
さまざまな仕組まれたシステムに対しても、
経済・法律・教育・宗教・マスメディアによる報道など
実生活に深く関係するあらゆることに対しても

今これだけ真実の情報が出回っていて
その気になれば簡単に真実を知ることができるのに

今の世の表面だけを信じすぎたり理想を追い求めすぎたり
足元である現実の中の真実を直視することを避けたり
真実を知る機会をあえて意識的に遠ざけたりしてはいませんか?

真実を知る機会を与えられた必然に感謝して受け入れて
真実をよりポジティブに受け止めて活用することによって

今の世をよりポジティブに生きるための糧となり
今の世の出来事に対して意識の波動を安易に揺れ動かさずに
自らの意識をしっかりとポジティブに保ちやすくなるのです。


世の中の表面的なことにフォーカスしすぎてしまい
世の中の常識とか大勢が支持するものとかを良しとして
あなた自身や他者の行動や意識を比較したり評価したりして
自分内のポジティブさよりも外の物差しを大切にする…

そんなふうにしてあなたらしさを失いかけたり
あなたの内なる心に目を向けるよりも
あなたの外に目を向けすぎてしまったりして

あなた自身の元来持ち合わせている
魂の叡智や輝きを十分に発揮することができず
自分の中でもがき苦しんではいませんか?


「今」黄金時代の始まりの始まりの時を迎え
短い期間の中で魂向上のためには最適な状況である
今のこの地球上に転生したいと希望している魂はたくさんあって

そのたくさんの転生を希望する魂の中から宇宙の神によって選ばれた
様々な地球上での葛藤の中で魂を高めることができる可能性を秘めた
栄誉ある素晴らしい魂をあなたは持ち合わせているのです。

「今」ネガティブな渦中にあると感じているような人は
そんな栄誉ある素晴らしい魂の叡智や光を持っているのに
それを意識の内にこもらせたままにしているので、
とてもとてももったいないことであります。


新しい自分を切り開こうとするのではなく、
社会に認められるような自分になろうとするのではなく

他者の評価を気にしすぎたり
自分と他とを比較しすぎたりするのではなく

あなたの内側から湧き上がってくる
やりたいこと、やったほうが良いと感じること
本来の自分自身ならやれるはずだと感じるようなこと

そんな本来の自分の姿である意識が目覚め
その本来の自分自身の魂や潜在的な意識が表出してきたら

そんな「今」湧き上がってきたポジティブな意識は
元来自分の持ち合わせている
栄誉ある魂から湧き上がる意識でありますから

そんな「わくわく感」が湧き上がってくることに感謝し
そこまで波動の高まってきている自分を認めて褒めてあげて
あとは自分の内側から湧き上がるわくわく感に従い

「今」の自分自身のわくわくの意識を大切にして
「今」の自分自身の在り方に活用して
「今」をより自分らしく在るように努め続けてさえしていれば

本来の自分らしい生き方・在り方に近づいていき
その本来の自分らしさに近づくにつれて

より軽やかになっていき、
より心の平安を感じる時が増え、
より幸福感を味わっていると実感できる時が増えていくことでしょう。

大切である、知っておくべきであると感じるような
今の世のできごとの真実に対して

そして、あなたの内なる声であり本来の自分自身の意識ともいえる
あなた自身の栄誉ある魂から湧き上がるわくわく感に対して

もっと耳を傾けて、焦点を合わせるようにして、
もっと大切にして活用するように努めつづけてさえいれば

あなたらしく、よりポジティブに「今」を過ごしていると
容易に実感することができるようになていくことでしょう。

今まで経験してきたこと、学んできたことの中に、
無駄な事は何一つありません。

ネガティブに感じるようなことを
忘れ去ろうとする必要もなく
魂はしっかりとすべてを記憶していて、
魂はその経験や学びをポジティブに受け止めているのです。

あとは、その経験を思い出した時に
学びや気づきとしていかにポジティブに意識し直して捉えられるのか
またそれをいかに「今」の自分の在り方にポジティブに活用できるのか、
そういったことが大切になるのですが、

そのような経験や気づきや学びを
「今」の在り方に対しいていかにポジティブに活用できるか否かは
すべてが自分次第になりますので、

すべてはあなた自身の内側の問題であり
あなた自身の「今」の意識の中で
何を選択するのかにかかっているのです。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」







バックナンバー改訂版

守護霊様からのメッセージ (14)

2016年06月01日
☆守護霊様・前世リサーチのご依頼を承っています。守護霊様リサーチでは、守護霊様はどのような方なのか、守護力,守護の度合い、リサーチした時点におけるすべての高級守護先祖霊団(守護霊)の数を、前世リサーチでは知ることを許されたいくつかの前世における状況を、それぞれA4用紙2枚程度の文章でお伝えしています。詳しくはタエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」をご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/blankpage1.html

ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

‘守護霊様からのメッセージ’のシリーズは、私がご依頼を受けた守護霊様リサーチの際につながった守護霊様から頂いた個人宛のメッセージを、守護霊様からの許可を得て、読者の皆様宛に、必要に応じて一部改訂した内容を掲載します。

今回紹介いたします内容は、守護霊様の中でも指導霊様として守護して下さっている17世紀の頃、ネイティブアメリカンの男性として転生していた方、そして、お母様方の系統で守護してくださっている観音様、さらには大天使ラファエルのご加護もいただいていらっしゃるとのことで、指導霊様を通して、皆さまから合わせていただいたメッセージをご紹介します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

大地に根付いて大地とともに生きるという、地球人類としてより崇高に生きていくための基本を忘れてはいけません。地球のこの大地に存在することが、神によって、また地球によって許され、この大地のエネルギーの一部として、この地球と共に成長し合い、あらゆるものを育み合っているということを忘れてはいけません。

そのためには、この地球という人類を住まわせてくれているこの場所を、この大地を、もっともっと大切にしていかなければなりません。それは何か大々的に活動をした方が良いということを強く促しているわけではありませんが、あなたの心がけ一つ、さらにより一層地球に対してポジティブな思いを向けて、さらに愛からなる行動を実行するだけでも、それがより地球自体を救い、周囲へも波及し、あらゆるものに影響を与えるということを、分かっていてください。

ですからあなたが一つどんな些細なことでもいいですから、大地をより良い状況にするような、汚染されたことを浄化させたり、自らがより汚染しないように何かを工夫したりするなど、意識の上でも行動の上でも地球を大切にする心、地球の環境をより意識的にとらえ改善するようにし、それを習慣になるように持続するよう努めることで、地球にとってもあなたにとっても大きな財産になっていくのです。

地球はあなたと共にあり、常にあなたをサポートしてくれているということを忘れないでください。大地に足をつけて、ただそこに立っているだけでも地球はあなたに対してあらゆるエネルギーを与えてくれて、浄化しつつ、電磁波を整えバランスを整えてくれているのです。

そんな地球のエネルギーをより多く受け、一体化するためにも、高層ビルやアスファルトや鉄などといった大地から離れた場所に立つよりも、土や砂や岩や芝生など直接地に足を付けることをより多くの時間をとって実行するだけで、ただそれだけでもあなた自身にエネルギーを注入し、波動調整を行い、地球は大いに癒してくれるのです。

疲れた時や心がネガティブになった時、何か行き詰った時やアイデアがほしい時など、できるだけ自然に触れ、大地に体を直接つけて(立つ、座る、寝るなど)ただただそこで呼吸をしているだけで波動は高まり、より高次元のあなたの意識を取り戻し、更には大天使ラファエルや観音様や我々守護の存在や宇宙の存在など、あらゆる高次元領域の者とつながり、あなたに対して様々な方面から多大なるサポートがより強く与えられる結果に至るのです。

感じていることや分かっていることが多い話だとは思いますが、気持ちに余裕がない時、心身が重くネガティブに感じられたようなときにはこの話を思い出して、地球からの、大地のサポートを受けるように努めるのもよいでしょう。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~守護霊様・前世リサーチ、月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

❀タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’のブログ:「あんずと桃」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」











スピリットガイドのメッセージ
 | HOME |