FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

黄金時代への流れと解散総選挙 <改訂版>

2014年12月10日
ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックをよろしくお願いします!
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

当ブログ内では、政治に関しての話題にはほとんど触れておりませんでしたが、14日(日)の衆議院議員総選挙が行われますので、その話題に関しまして、少しだけ触れたいと思います。

解散からこれまでの流れをみると、現在の安倍政権が、まるで何かに追われていて焦っているような日程の進み方の早さで、当日を迎えることになるように感じられます。

今回、解散した理由はいろいろといわれていますが、この解散というシナリオに合わせるようにして、小渕さんのことももともとから知られていることが暴露されたようですし、わざわざ解散するほどのこととは感じられないような取ってつけたような解散の理由に、国民の多くはあまりぴんときておらず「なぜ今こんなに急いで解散するの?」と思われた方も少なくないはずです。

でも、これも自民党や公明党といった与党のねらいの1つのようで、あまり盛り上がらない選挙になれば投票率は下がるために、そうなると、もともと組織票の多い自民や公明党が勝利する可能性が高くなるという事です。また、野党も、選挙体制が整っておらず、準備不足の状態で選挙に臨むことになり、不利な状況といえるでしょう。

過去の政治の歴史の中で、似たようなことが小泉政権の時に行われました。この時は、2005年9月に小泉政権が郵政解散に踏み切りましたが、2003年11月の総選挙から2年も経過しない時点で総選挙に打って出て、この選挙で大勝して小泉政権は長期政権を実現しました。

このように、理由はどうでもよいことであって、とにかくここで解散総選挙を行って自民や公明が勝利をおさめて政権を維持することができれば、ここであらためて国民の意志を確認した事ができたということをアピールできますので、消費税の10%への引き上げも、集団的自衛権も問題なく通す事もでき、これまで推し進めてきた原発再稼働、マイナンバー法案、TPP参加、憲法解釈変更に伴う安保法制、沖縄基地建設推進など、国民が反対する施策を強行実施した事も認められたことにできるので、今後もより一層、安倍政権のやりたい放題になるというねらいがあるようです。

我が家では、以前は毎朝、朝の情報番組として‘めざましテレビ’を見ていましたが、夏休みに入った7月中旬頃から全く見なくなりました。また、夕方のニュース番組もすでに奥出雲に引越したころから見ていませんでしたが、娘たちも夜のバラエティー番組も夏休み頃からほとんど見なくなり、結局、家族で申し合せたり何か意図してそのようにしたわけではありませんが、結果的に振り返ってみると、もう約5か月間、ジョーホー奥出雲という地元ケーブルテレビ以外のテレビ放送を、ほとんど見ていない状況に至りました。ですから、今回の総選挙の情報が、テレビを通してまったくというほど入っていない状況の仲に我が家はあります。

新聞はとっていますが、政治や経済の話題はいろいろと操作されたり偽りが書かれたりしていますので、ほとんど読んでいません。でも、地元の情報のみは時々(妻は毎日のように)見ますし、娘の社会の宿題で新聞記事を切り抜いて感想を書くという課題が出ているために活用していますが、今回の選挙に関する記事は、正直いってほとんど読む気にならず、ザッと見るだけです。

そんなわけですので、今、得ている情報のほとんどがネットによる情報です。でも、ネットの情報とはいっても、これまでの選挙の中でも私自身は最も焦点を合わせる気にならない、崩れていくものをあわれに見守る選挙でもあり、かつ、イエス、ノ-がはっきりしている選挙と捉えています。

この先は地球上の波動・エネルギーの高まりに乗じた流れの中に在るために、もう、歴史は繰り返されないことが多くなっていきます。ネガティブな要素の多い歴史は、地球人類の意識の高まりに乗じて、繰り返される必要がなくなり、より光の多い、本来の世のため人のため地球のため宇宙のために愛の大きくめぐるポジティブな歴史がより多く生じるようになるのです。

それには、まず、それなりに国民一人一人が、必要最低限な真実を知る必要があります。過去数千年の地球上の人類の中で繰り広げられてきた‘真実の歴史’に深入りしたり、現状の真実の情報を躍起になって探る必要はそれほどないとは思いますので、個々のわくわく感に乗じて、ほどほどに得て理解すればよいと思いますが、真実に触れるのを避けたり目をつぶったりして、無関心や無知でいることは選択しないことをお勧めします。

今回の衆議院解散の件でいえば、これまでの政府とイルミナティなどの闇の人たちやアメリカとの関係といったようなことに深入りして知識を得るかどうかは個々次第になりますが、少なくとも、もし信頼できると感じられるようでしたら、上記のような内容は知っておいて今後の動向を見たり活用したりしていくほうが、よりポジティブにこの件を捉えてた対応することができると思います。

もし、今、解散した旧安倍政権が進めているような、消費税の10%への引き上げ、集団的自衛権、これまで推し進めてきた原発再稼働、TPP参加、憲法解釈変更に伴う安保法制、沖縄基地建設推進、マイナンバー法案などを認めるようでしたら、特に何もしなくても、何か意識をそれほど向けなくても、現状維持の政権が続く事でしょう。でも、このままでは良くない、このような歴史は繰り返されるべきではないというような変革を望むようであれば、それなりに必要に応じて今回の選挙に意識を向けるようにして、より自分なりにできることを選択すべきであります。

その中で、選挙で自分の意思に近いことを実行してくれそうな人や政党に投票するということも大切なことでありますが、最も大切なことは、、大きな愛の中での自由と平和と統一の世界である黄金時代の到来を目指して、より強く自分の望むことや理想を抱いて意識をめぐらせることです。そして、個々の意識がより高まり、それが集合意識になることで、世の中の波動・エネルギーはより大きく変わっていきます。人の意識の力は強大なのです。現実世界は、人の意識によって創られるものなのです。

ですから、選挙に投票してもしなくても、それは個人のわくわくや必要性によりますから、日本の表面上の物理世界の問題でもありますし、必用に感じたら投票するとよいでしょうし、投票する人が見当たらないとか気がのらなければ投票しなくても仕方ないと思います。でも、この選挙を機会にどのような意識をめぐらせるのかは、地球全体にも、宇宙全体にも影響を与えるものです。そして、それはすべてが地球上の現実世界にも反映される形でめぐってきますので、どのような意識をどれだけ強くめぐらせるのかは、とても重要な事になります。

今、銀河連合をはじめ、高次元の宇宙の皆さんも、地球に関わる神仏も天使も、あらゆる宇宙の存在が地球上の黄金時代に向けての変革をサポートしてくれていて、実際にも宇宙の根源神のもと、天の計画のもと、順調に進んでいます。その中でも、最も大事にされるのが、当事者である「地球人類の自由意思」なのです。地球人類の意識がより高まり、自由意思によって選択されることがより愛を大きく抱いて平和や自由や統一を望むのかが、黄金時代に至るまでの流れを左右させるのです。

地球の中でも、日本は色々な面で中心になっている場所です。日本人の総合的な意識はとても高くて強く、地球全体にもとても大きく影響しているのです。そんなことを意識したうえで、今回の選挙の流れの中で、選挙に行くとか行かないとかという3次元的なことはわくわく感に任せてよりポジティブに感じる行動を選択をされれば良いわけでして、国会議員としてふさわしいと感じる人がいないなどの理由でたとえ選挙に行かない事を選択されても、わくわく感じなければポジティブなことだと思います。

最も大切なことは、日本国民である私たち個々が、このような総選挙という機会に政治や社会状況に対してそれなりに焦点を合わせて関心を向けるようにして、日本がより良い方向へと変革するように願い、よりポジティブな意識を抱きめぐらせる必要があるという事です。そして、特にこの選挙日は、意識的にでもより強く祈ったり意識をめぐらせたりするように努めることをお勧めします。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどろしくお願いします!
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~月末の大祓い、守護霊様・前世リサーチ、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

☆奥出雲町在住ひほし画伯☆
龍神様の絵に関してのホームページhttp://www.shuwrie7.com/newpage6.html

ちょっぴりスピリチュアル☆奥出雲暮らし☆ 

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」

❀アマンダ:「小鳥のゆりかご」








スポンサーサイト



スピリチュアル
 | HOME |