FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

波動の法則を意識してのポジティブな選択について

2014年07月23日
DSC07049+(3)_convert_20140723071508.jpg
石垣島にて長男シュー(仮名20歳)と同居しながら日本最南端に位置している高校に通っている長女のグミ(仮名高3)が、先週末に奥出雲の実家である我が家に里帰りしてきました。

どこへ行きたいのか聞くと「アニメイト(アニメグッズの専門店)とどこかの神社!」とのことでしたので、一番近いアニメイトは鳥取県の米子駅近くにあるジャスコ内にあるため、21日(月)に家族5人で行ってきました。そして、神社はまだグミは行った事のない美保神社へ参拝することにしました。

美保神社は米子駅周辺からからドライブして40~50分の所にあり、鳥取県とは海をはさんだ間近に位置する島根半島の先端付近で島根県松江市の美保関(みほのせき)にあります。

美保神社は全国各地にある恵比寿様こと事代主命(ことしろぬしのみこと)系の総本社として、ことに水産・海運に携わる人々から広く敬われ親しまれてきました。8世紀に編纂された『出雲国風土記』の神社台帳に記載される古社でもあります。

海上交通の要所として永く栄えた美保関で、古くから漁業・海運の神、商売繁盛の神として信仰を集めていて、出雲大社の大黒様の嫡子である事代主と、妻である三穂津姫命が祀られていることから、古くから「恵比寿大黒両参り」「大社だけでは片参り」とも言われています。

DSC07052+(3)_convert_20140723071552.jpg
この写真は、美保神社の参道へと続く青石畳通りと呼ばれる所です。美保関は、江戸中期以降、北前船の西廻り航路の寄港地で、松江からの宿場町だった頃に敷かれたというこの道には、海運業が栄えたこの地方の繁栄の影がしっかりと残されています。

この石畳、雨の日には、うっすらと青色に変化することからその名が付いたと言われ、散策途中には、高浜虚子など文豪も多く訪れた由緒正しい老舗旅館、旧家などがあります。

DSC07055+(3)_convert_20140723071637.jpg
この写真は美保関燈台とその周辺です。美保関灯台は山陰最古の石造灯台で、1898年(明治31年)に島根半島の東端 地蔵崎にたてられました。

「世界灯台100選」および「日本の灯台50選」に選ばれている日本を代表する灯台の一つで、その歴史的文化財的価値が高さから、Aランクの保存灯台に指定され、灯台として初の登録有形文化財に登録されているようです。この日は灯台が一般公開されていたので、灯台の上まで登ることができました。

ちなみに、久しぶりに娘たちが3人そろったところで、夏休みを利用して娘たち3人だけで、昨日から4泊5日の東京&神奈川の旅に出ました。昨日は早朝の米子発羽田行の飛行機に乗って出かけまして、神奈川県にある家族ぐるみでお付き合いしている知人宅にてお世話になっています。知人宅で2泊した後、私の実家の東京都足立区に住む祖父母の家にて2泊3日の孫として孝行をしてくる予定です。昨日まではそんなことなどからいろいろと動き回っていたので、ブログを掲載する余裕がなくて2日ほど休みしましたが、娘たちがいなくなったために、ここしばらくの間は妻と2人の静かな我が家になりそうです。

✿現在、7月末の大祓いのご依頼を承っています。今月末7月31日(木)に出雲の国にて、邪気払いや浄化&パワー入れを目的とした大祓い(一斉遠隔スピリチュアルヒーリング)を、タエヌと妻atumiによって共同で実施いたします。詳しくはこちらのHPをご覧くださいませ。⇒http://www.shuwrie7.com/company1.html

これまで当ブログをお読みいただいた中で、当ブログの記事の中にポジティブに感じていただき必要な内容もあると感じていただいた方は、お手数をおかけいたしますが、ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックを押していただけると幸いです。私にとっては応援していただけると励みにもなりますし、さらなるご縁が広がるためにもなります。どうぞよろしくお願いいたします。
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

<波動の法則を意識してのポジティブな選択について>

波動の法則は完ぺきに働いています。たとえ家族でも恋人でもどのような親しい人にでも、波動の法則は完ぺきに働きます。その波動の法則に、自らの本来のナチュラルな感覚で従い、もっともポジティブな選択をし続けていれば、自分の親しい人も存在している場所も、自分の波動に合ったポジティブに感じられるような状況が作られていきます。

波動に合った人や場所とは、スピリチュアルな表現をすれば、高次元の世界と同じように、同じような波動の高さの階層のフィールドに存在して、同じような波動の状態の人々とともに存在するということです。しかし今の世では、あらゆる固定観念や価値観や波動の高低や質を持った人々が、同じ地球上の世というフィールドに存在しているために、高次元世界のような階層として細かく分かれている世界ではなく、まだ物理的にアセンションを果たしていない地球上では、1つの大きな階層の中で様々な波動を持った人々も場も一緒に存在しており、たとえ波動が大きく違っていたとしても、直接会って接したり、それなりに生活を共にしたりすることも可能なのです。

ある時点までは、どんなに自分自身がポジティブな状況であると感じていて、実際にもそれなりに波動を高めていたとしても、その後に堕落や欺瞞などの低い波動をもたらすようなことを選択してしまったり、不安や心配事や怒りや悲しみなどの低い波動の中に在って実生活を送り続けたりしていると、結果的にいつの間にか大きく波動を下げてしまうような可能性は、だれにでも多分にあるのです。ですから、そのような波動の法則やカルマの法則などの宇宙の普遍の真理である法則を知った場合には、できるだけそれに即した意識を持ち実生活を送るように心がけながら、自らの波動を高めようとしたり下げないようにしたりすることに努めることが大切になります。

また、自分が多くの時間身を置いて存在している場所、たとえば職場や自宅といったような、主に身を置く場の波動を感じて、もし自分に適していないと認識できるような場合には、場所を変えるか、もしくは場所の波動を変えるかといった処置を選択する必要があります。このような場合、もっとも効果的なことは、場所を変えること、つまり自宅でしたら引っ越すか、職場でしたら転勤や職場を変えるということです。しかし、そのようなことは難しいようでしたら、場所の波動をよりポジティブに変換するように努めることです。

人同士の間で、以前は親しくしていて仲が良かったり、素晴らしい人と感じて尊敬したりしていた人が、幾つかの出来事の中でとか、なんとなくとかといった感じの中で、‘気が合わなくなってくる’とか‘尊敬するに値しないと感じてくる’ような状態に至った経験は、みなさんのこれまでの人生の中で、多かれ少なかれあったことかと思います。これは、実際には「波動が違ってきた」から生じたことなのです。どちらかが大きく下がったか上がったか質が変わったかしたために、気が合っていたのに合わなくなっていたとか、尊敬するほど波動の高さを感じていたのが、その高さを感じなくなってきたとかといった現象が、思考や感情や物理的な条件とかに出てきた結果なのです。

このような中で、波動の高さを感じなくなったような、尊敬していた人や師のような人がいたとしたら、今の自分自身に合った師をあらたに選択するようにし、それまで慕っていた師から離れれば良いだけのことです。また、師とか尊敬している人とかといった識別ではなく、共に学び合う人間どうしであると認識してお付き合いするように変換する選択もポジティブであるかと思います。本来は、今の時点の波動を識別して活用することが大切であり、過去のことに感謝したり思い出としてポジティブに受け止めつつも、今の時点の波動状況をもっとも大切にすることが、お互いにとってポジティブなことといえるでしょう。

また、気が合わなくなってきたと感じてきた友人がいたとしたら、しばらく会わないとか連絡を取らないとかといった手段をとればよいわけです。そして、またいつか波動が合うように感じた場合には、会いたいとか連絡を取り合いたいとかと思うはずですから、そのナチュラルな感覚に従った選択をすればよいということになるでしょう。

しかし、生活を共にしている家族の場合は、そのような簡単な手段をとることが難しい場合がでてくるでしょうし、そのような選択が物理的な条件などから不可能かもしれないと考えるような人も多いでしょう。しかし、たとえ家族とか親類とかとしてのご縁を結んでいたとしても、そういった親しい関係の中から離れてはいけない(離れない方が良い)とか、離れるべきではないとかといったような、執着や固定観念や恩や義理といった感覚や常識や良識が邪魔してしまい、本来の宇宙の普遍な法則や、魂の意思として選択したいことを、ナチュラルな感覚で選択できないでいるケースが、それなりに多く起きているようです。

今、この時点である程度の高さまで波動を高めていて、本来の自分自身を思い出してきている(スピリチュアルな目覚めを進めてきている)人が、実際には波動の大きな違いを認識していて場所を離れた方が良いと感じていたり、家族として暮らしていても実際には離れて生活をした方が良いと感じたりしていても、このような固定観念や執着などが邪魔をしてしまい、自分自身はそれなりにわかっているのに、実際にはポジティブな選択しないで、わかっていてもネガティブに感じる道を歩むことを選択してる人もいることでしょう。

これは、確かに単純な問題もありますがそうでない場合もあります。愛が大きいからこそ波動が高まっていくわけですから、愛の大きいゆえに、たとえ波動の違いを強く感じても、家族や親しい人とは離れたくないというような、まるで見捨ててしまうとか、自分だけがポジティブなことを選択してしまうというような罪悪感みたいなものが生じる場合があるわけです。また、カルマの法則や必要の法則などもからんでくるわけですから、一概に波動の法則の観点のみではない場合もあるからです。

なんだか、まとまりのない内容になってしまいましたが、最後に、以下の記述で今回の内容のまとめとします。

黄金時代に突入するまでの残された時間を、より有効に使って黄金時代に向けて波動を高めるためには、自らがネガティブな状況に陥ってしまうような、今の自分の仕事や生活環境や人間関係などの実生活全般をにおいて、本来は改善することが可能であるのに我慢しすぎてしまったり、改善すべき内容がわかっていてもネガティブな思考によってあきらめたり先延ばししようとしたりして、肉体や精神的に不調和を起こし続けてまでも無理を続けるようなことを選択するよりも、一刻でも早く自らのわくわく感に従って、もっともポジティブであると感じる道を選択すべきなのです。

また、もし次なる道を自らのわくわく感(直感・純粋な意識)の中で、ある程度具体的に抱いている場合にはなおのこと、自らのわくわく感覚に従って、できるだけ早い段階で目の前の道をポジティブな状況へと向かうような選択を意識的に行うべきなのです。


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

タエヌにとっは励みになり活力になりますし、投票数が高くなることで当ブログをより多くの方にお読みいただく機会が増えますので、ますますご縁が広がることが期待されます。お読み頂きありがとうございます。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~月末の大祓い、遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、ご相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

ちょっぴりスピリチュアル☆奥出雲暮らし☆ 

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

✿atumi:「あつみのブログ」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨチヨ」

❀アマンダ:「小鳥のゆりかご」







スポンサーサイト



バックナンバー改訂版
 | HOME |