FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

石垣島 東シナ海の空にUFO出現 2013年9月6日PM7時半頃~8時少し過ぎまで

2013年09月06日
これまで当ブログをお読みいただいた中で、当ブログの記事の中にポジティブに感じていただき必要な内容もあると感じていただいた方は、お手数をおかけいたしますが、ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックを押していただけると幸いです。私にとっては応援していただけると励みにもなりますし、さらなるご縁が広がるためにもなります。どうぞよろしくお願いいたします。
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

✿‘ハピネスのブログ’はタエヌの管理しているもう1つのブログです。現代社会の真実やディスクロージャーに関して等、タエヌが得た情報の中で、みなさんにシェアしたいと感じた内容を精選して掲載しています。よろしかったらお立ち寄りくださいませ。⇒「ハピネスのブログ」

★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。

DSC04899+(3)_convert_20130906211858.jpg
BSのテレビ番組で千葉県のローカル線の旅を見ていたら、窓の外があまりにも明るく光っているので窓の外をよく見ると、我が家の正面にあたる東シナ海の北方向の空に、とても明るく輝く大きな発光体が見えました。最初は1~2基、一時期は5基まで増えましたが、数は増減を繰り返し、また大きさも色も変化しました。発光体はほとんど動くことはなく、東シナ海の上空にほぼ停滞して、約30分間も姿を見せてくれました。

DSC04897+(3)_convert_20130906211900.jpg
我が家は家族6人が揃って家にいたので、家族全員が目撃者です。明らかに宇宙船であるUFOで間違いないだろう…と思いつつも、メッセージのようなものは特に伝わってきませんでしたし、発光体の色が今の次元の光の色であるようにも感じられたので、98%は宇宙の高次元の皆さんが見せてくれているのだろうと信頼しつつ、微妙に疑っている私とアマンダ(次女)がありました。でも、他の4人は宇宙船であるとしか考えられない!と言っていました。とにかくみんなで興奮しまくっていた約30分間でした。今はもう9時半を回ったので、いつもなら眠りにつく私ですが、興奮冷めやらぬ状態が続いたので、こうして写真をアップすることにしました。でも、これだけ興奮しまくっていますし、実際にはついにこれだけはっきりとした形で家族全員に宇宙船を見せてくれたと思って、大きな喜びを感じて感謝しつつ超わくわくしているわけですから、これがメッセージであり、高次元の世界から来て見せてくれた宇宙船であると確信したという証拠であるともいえるのでしょう。

DSC04535+(3)_convert_20130722083544.jpg
この写真は少し前に撮影した日中の景色です。ちょうどこのあたりにUFOがありましたが、大きさは飛行機に比べると4~5倍は大きいように感じられましたし、とにかく光の明るさがすごかったです。私が以前のブログで何度か書きました「高次からよくインスピレーションを与えられたり、高次の存在を感じる空」と紹介した空周辺です。

DSC04889+(3)_convert_20130906211754.jpg


DSC04887+(3)_convert_20130906211814.jpg

DSC04885+(3)_convert_20130906211750.jpg

[広告] VPS

実際に、写真のみではなくてビデオもデジカメで撮影しましたが、撮影した時間が長すぎてしまい、FC2の無料動画サイトからでは投稿できなかったので、とりあえず、もう1つ撮影した短いビデオをアップしました。このビデオでは、3つのUFO(発光体)が1つ減る場面と、色や大きさが変わる様子を、短い時間ながらも撮影ことができました。肉眼で見ると、UFO(発光体)は写真やビデオで見えるような球体というよりは、円形に近いアダムスキー型の円盤に似ている形のようにも見えました。


*当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

タエヌにとっは励みになり活力になりますし、投票数が高くなることで当ブログをより多くの方にお読みいただく機会が増えますので、ますますご縁が広がることが期待されます。お読み頂きありがとうございます。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

✿ハピネス:「ハピネスのブログ」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」







スポンサーサイト



スピリチュアル

よりポジティブなスピリチュアルライフを送るために

2013年09月06日
これまで当ブログをお読みいただいた中で、当ブログの記事の中にポジティブに感じていただき必要な内容もあると感じていただいた方は、お手数をおかけいたしますが、ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックを押していただけると幸いです。私にとっては応援していただけると励みにもなりますし、さらなるご縁が広がるためにもなります。どうぞよろしくお願いいたします。
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

✿‘ハピネスのブログ’はタエヌの管理しているもう1つのブログです。現代社会の真実やディスクロージャーに関して等、タエヌが得た情報の中で、みなさんにシェアしたいと感じた内容を精選して掲載しています。よろしかったらお立ち寄りくださいませ。⇒「ハピネスのブログ」

★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。

これまでの今世の人生や過去世の経験の中で、無駄な事は何一つなく、これまでの経験も、そして得てきた知識や技術的なことやスピリチュアルなことなども、霊性向上のためには全てが必要なことなのです。

そんな中で、スピリチュアルなことの中でも、五感ではよくわからないようなスペシャルなことである、目に見えなかったりはっきりと認識しづらいことにも意識を向けたり知識を得たりすることは、この先もさらに必要になっていきます。

宇宙の根本である法則や道理などを叡智として持ち合わせていたり、五感では認識しずらいような気や宇宙エネルギーや高次の存在や魂などに意識を向けたりすることは、この先の実生活を、より継続的により安定させてよりポジティブに送るためには、必要不可欠ともいえる重要なことであります。

ただし、現時点で波動がいつも以上に下がっていたり邪気などのネガティブなエネルギーが多く在ったりして、肉体や心のバランスが崩れてしまい、いわゆる病気と称されるものとか、病気と称するには至らなくても、実生活を送る上で支障をきたしネガティブな度合いを強めてしまうような状況になっているといったような場合には、その状況を改善させようとするために、やはり現状の波動の中において、基本的な生活習慣や心の在り方や行動などといった、五感ではっきりと認識できる観点における改善が必要であり、スピリチュアルのスペシャルな観点のことよりも、そちらの方が重要である場合が多くあります。

スピリチュアルな観点に基づく霊性向上のためには大切な意識や行動は、今の世の日常生活においてはスペシャルと感じられるようなこと、つまり、瞑想や自己ヒーリングなどのエネルギーワークに努めたり滝行や断食などの修行のようなことを行ったりすることも大切ではありますが、そのような一般的にはスペシャルといえるようなことよりも、日常的に普通に選択している意識や行動を、いかにポジティブな選択をしたり愛に基づいたことをしているのかという事の方が、比較的に重要なのです。

スピリチュアルな目覚めの進んでいる人が増え続けている「今」、目覚めが進んでいる人の中には、日常的に自分の理想や願望などが思うようにいかないと、自身の気づかぬうちに多かれ少なかれ依存や逃避のような形で、スピリチュアルなことの中でも、やたらとスペシャルなことを望んで実行したり意識しすぎたりする人もいます。

しかし、本来は基本的な生活習慣をみつめなおしたり、その日の自分自身の行動や意識の在り方をみつめなおしたりする中で、日常的に意識したり行動したりした中での反省をもとに、霊性向上のために改善すべきことは何かしら見つかるはずです。そして、あくまでも日常生活をよりポジティブにすることを大切にする中で、それと平行して、スピリチュアルでスペシャルなことにも努めて、よりバランスよく自己成長を図るようにし、反省と実践とを繰り返しつつ、自分内のバランスをよりポジティブに保ちながら、世のため人のために尽力することが大切になります。

地球上で日増しに高まっているエネルギーの強さは、感じやすい人でもそれほど感じない人でも、実際には平等に分け隔たりなく地球内部からも宇宙からもたくさん注がれています。そんな中、心身のバランスを保つためには、自らの顕在意識では感じられないほど、身も心もとてもたいへんな作業をしていて、そういった中での調和を保つ心身の疲労はこれまで以上に大きなものとなっている人が多くあります。

そういった中で、波動をポジティブに保って過ごすためには、これまで以上に肉体的にも精神的にもたくさんの労力を使っているために、より調和を保とうとすればするほど、精神的な疲労や霊的な気力的な疲労も伴って、疲労が重なって心身の不調和を生じてしまっている人も多いのです。

特に、ここ約10年の間にどんどんエネルギーの増大する幅が大きくなっていますし、更に2007年頃から急加速し、そして波動・エネルギー的にアセンションを果たして黄金時代の始まりの始まりに突入している現在も、そのエネルギーの加速度は高まるばかりです。そういった中で、このような疲労を蓄積させてしまう事は、肉体的にも精神的にも霊的にも知らず知らずのうちに不調和を生じていき、それが個々の状況に応じてネガティブな状況として現れてきている場合があるのです。

肉体や心のバランスを崩していると自覚するに至るような状況を招いたあらゆる要因の中でも、特に基本的な生活習慣としての睡眠や食事や日常的な実生活の習慣や、ほどよい運動を行うことや、身を置く環境をできるだけポジティブなエネルギーの中にいられるようにすること、たとえば自然の中にいられる時間を増やすなど、より実生活におけるあらゆることを、よりポジティブな状況に改善することにより、この疲労を少しでも和らげ、バランスを崩して不調和になることも緩和され、自らにたまってきているマイナスのエネルギーを浄化するためなどの、自分自身の状況をよりポジティブに改善するためのキーポイントがたくさんあるはずです。

例えば睡眠は今の状況の中で人々にとってたいへん必要とされているものでして、このとてつもなく高まっているエネルギーの中で調和を保つためには、(個人差があるので一概にこの数値があてはまるとはいえないかもしれませんがませんが)最低でも平均6~7時間ぐらいは睡眠時間を確保する必要があるでしょう。世のエネルギーの状況がどんどん増加して変化している中、今この6~7時間といったラインの平均睡眠時間の最低ラインは、自分をよりポジティブな状態に保つため、浄化をしていくために、十分な休息をとるため、魂の故郷である高次の世界に帰るため、ポジティブなエネルギーをたくさん受けるためには必要不可欠といっても良いほど、たいへん重要なこととなっています。

例えば仕事の関係や家事や趣味を行うことなどから「そういった睡眠時間をとるのが難しい。」という選択をされたとしても、本来は睡眠時間の確保は必ず自分次第でどうにかなっていくはずです。「無理だ」という選択をされるのであればこれまでどおりで変わらない選択をしたわけですから、改善されなくても仕方ないにしても、少しでも多く取るよう意識して実行しようと努めることが、最も大切なこととなります。

また、食事はできるだけ動物の肉食は避け、野菜や穀物そして果物を中心とした食事にすることや、白砂糖や添加物などの体に悪影響を与えるような食材を摂取することもできるだけ避けるようにするなど、体にとってよりポジティブな食事を心がけて摂取することによって、それなりに波動は和らぎますし、「今」こうして高いエネルギーを保ち、黄金時代へと向かっている状況の中、より高いエネルギーを受けて、より調和を保つためには大切な事の中の1つとなっています。

これは私も私の家族もそうですが、肉食を全く今の時点でやめてしまうということをしようとすると、それだけで無理を生じたりバランスを崩したりして、多かれ少なかれ不調和を生じてしまう可能性があるでしょう。ですから、ナチュラルな感覚に従ってわずかながらの動物の肉食も続けていますし、魚も大分減りましたが食しています。つまり、あまり極端に急激に無理にでも変えようとするよりも、できることから無理なく改善するように努める必要もあります。

不調和と感じるようなネガティブな状況を改善させるための解決方法を、スピリチュアルな観点に基づいた意識や行動に求めることは、とても重要なことです。ただし、エネルギーワークを行うとか、前世の状況を知って改善を求めるとか、マントラや経典とかを唱えるとか、断食や滝行などの荒行をするなどといった、これまでの日常生活の中では、スピリチュアルでスペシャルなことを行うことも素晴らしい改善方法ではありますが、このようなスペシャルなことに重きを置きすぎたり、スペシャルなことをしているから十分であると思いこんだり、スペシャルなことを続けても改善しないことに嘆いたりすることは、逆にネガティブな波動・エネルギーを生じてしまう場合があります。

すべては「愛」の大きさが関わってきます。そして、「バランスをよりポジティブに保つ」ことが大切です。肉体も多次元体も持ち合わせている私たち地球人類にとっては、よりバランスよくより調和のとれた実生活を送ることが、今の世をポジティブに生き抜くにはたいへん重要なことになりますし、そのように意識することが必要不可欠でもあるのです。そして、このバランスを保つためには、スピリチュアルな観点で物事を捉えたり、スピリチュアルな叡智を活用したりすることはとても大切なことでありますが、足元である「今の世の実生活(特に基本的生活習慣)をよりポジティブに送ること」に対して、もっとも重きを置くことが重要になっていきます。

少なくともここ100年ほどの間の日本では、多くの人が物理的なことに重きを置きすぎていたために、ネガティブな波動はなかなか改善されずにいた場合が多かったわけですが、ここ近年になって、急速にスピリチュアルな目覚めを迎える人々が増え、波動が急激に高まり、エネルギーも高まるという素晴らし状況になっています。しかしその反面、スピリチュアルな中でもスペシャルなことに重きを置きすぎてしまい、もっとも身近で分かりやすい、基本的な生活習慣や日常生活における意識や行動の在り方に対する反省や改善を怠ってしまったことから、結果的にはネガティブな状況を招いてしまっているという方もいます。

特に、スピリチュアルな目覚めが進んでいる方の波動は、それ以前に比べたら総合的には、はるかに高まっていることは事実なのです。それなのに、高い部分は高くなり続けているにもかかわらず、低い波動のネガティブな感情を出したり暴力をふるったりウソをついたり基本的生活習慣が乱れたりしても、反省もせず改善もせずに認めてしまっていたら、その波動の高低のギャップの大きさから、肉体や心の状況にアンバランスを生じてしまうことは当然のように起きてしまいます。

現在、日増しに地球に与えられている宇宙エネルギーが高まっていますが、このエネルギーは地球人類にとっては、ポジティブなエネルギーもネガティブなエネルギーも、両方の質のエネルギーが共に高まって与えられています。ですから、よりポジティブな生き方をして高い波動を放っている人には、ポジティブなエネルギーがその引き寄せの法則に基づいてたくさん与えられますが、ネガティブな意識や行動をして波動が下がれば、ネガティブなエネルギーもその波動の状況に応じて、これまで以上にたくさん与えられているのが現状です。

そして、そのギャップが大きいと、アストラル体やエーテル体やメンタル体やコーザル体といった他次元的な体はバランスを崩しやすくなり、物質である肉体はエネルギーのギャップも多次元的な体の不調和も敏感に感じ取り、病気と称される不調和が肉体や心に表れたり、自然治癒力や免疫力が弱まってウィルスに感染しやすくなったり、低い波動のできごとを招いたりしてしまいがちになるのです。

この先に黄金時代へ突入する地球上において、「今」地球上に存在している多くの魂が望んでいることである黄金時代を経験するためには、心身の不調和から、魂レベルや潜在意識レベルでは気づいていても、顕在意識レベルでは気づいていないようなネガティブな側面に早く気づくために、このような不調和を肉体や心が起こすことによって「シグナル」を送っているのです。

そして、この「シグナル」は、実際には全体的に波動の高い人に低い波動を生じてしまっている部分があって不調を生じている場合には、わかりやすい状態で心身の不調として表れ、すぐに命にかかわるような危機的な症状ではなくて、意識や行動の改善を図ることで、比較的肉体的にも精神的にも早期に改善されるようなケースとして、心身の不調や怪我などによって表面化することが多いのです。

もちろん、ネガティブな生き方を多く選択していてネガティブなエネルギーを多く与えられている人の方が、本来は不調和を起こしやすいですし、実際にも不調和はおきているのですが、肉体や心が、全体的に波動が粗く(低く)なっているために、心身の不調和が起きている状況に気づいていない、もしくはわかりやすい状態に表出されていないだけの話なのです。ですから、そのような場合には、不調和の状態がより深刻な状況になってから表面的な病気や怪我などとして表れて、気づいた時点ではそれなりに悪化している場合が多いのです。


長い内容となりましたが、私が今回の内容の中で特に伝えたいことは、肉体的もしくは心がネガティブな状況になっていると認識した時、まずは最も身近で認識しやすい、実生活における基本的な生活習慣を省みて改善すべき点は改善するよう努めることを全般的に見つめ直し、世の中をよりポジティブに捉えるようにしつつ、自分自身にとっての理想的なポジティブライフの在り方により近づけるよう、今の時点で無理なくできるところから実践するようにすることに重点を置いて、実践することから始めることが大切であるということです。

そして、必要と感じたスピリチュアルな叡智をわくわく感に従って得るようにし、瞑想やヒーリングなどのあらゆるスピリチュアルなワークもわくわく感に従って実践して習慣化することも並行して行いつつ、スピリチュアルな観点の叡智やワークなどで得たことを、スペシャルなこととか別物であるとかといったように分けるのではなく、実生活をよりポジティブに改善するため、いかにポジティブに活用して波動を高めたり愛をよりたくさんめぐらせることができるような修養に努めたりすることができるかどうかが、より調和のとれたよりポジティブな実生活を送るためには大切なこととなりますし、結果的には心身ともに健康状態を保つことができるようになるのです。

肉体的・精神的に不調を感じた時、その要因が、ここまで述べてきたような自分自身の波動の大きなギャップによるものなのか、ネガティブなカルマによるものなのか、自らのネガティブな感情や心の在り方によるものなのか、他から受けたマイナスエネルギーによるものなのか、ポジティブなエネルギーを強く感じすぎてのことなのか、天命を全うするためのものなのか等の、不調の意味合いを的確に識別するのは難しい場合があるかもしれません。

でも、常に不調を感じた時に、そのような観点で要因を探ったり、改善するために自己解決するための試みをしたり内観したりするなど、不調は学びのためであり、不調のすべては自らが要因しているということを意識して改善するための尽力をし続けていれば、このような識別や改善方法が、だんだんと直感的にわかるようになってくるものです。医者などの他者に頼りすぎなくても、不調を起こしている心身の状況を改善する方法を、自らの内なる心で見出すことができるようになるのです。


*当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

タエヌにとっは励みになり活力になりますし、投票数が高くなることで当ブログをより多くの方にお読みいただく機会が増えますので、ますますご縁が広がることが期待されます。お読み頂きありがとうございます。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

✿ハピネス:「ハピネスのブログ」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」







バックナンバー改訂版

マスコミと教育で「自虐史観」を植えつけられてきた日本人 ~知っておくべき真相~

2013年09月06日
これまで当ブログをお読みいただいた中で、当ブログの記事の中にポジティブに感じていただき必要な内容もあると感じていただいた方は、お手数をおかけいたしますが、ブログランキングへの1日1回応援ワンクリックを押していただけると幸いです。私にとっては応援していただけると励みにもなりますし、さらなるご縁が広がるためにもなります。どうぞよろしくお願いいたします。
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

✿‘ハピネスのブログ’はタエヌの管理しているもう1つのブログです。現代社会の真実やディスクロージャーに関して等、タエヌが得た情報の中で、みなさんにシェアしたいと感じた内容を精選して掲載しています。よろしかったらお立ち寄りくださいませ。⇒「ハピネスのブログ」


以下の内容はzeraniumさんのブログより転載させていただきました。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

《マスコミと教育で「自虐史観」を植えつけられてきた日本人》


中丸   今回の増税は、日本国民の大切な稼ぎを、さらに闇の勢力に貢いでいく仕組みなのです。こうした時代にあえて消費税をアップしようというのは、その目的が実は財政の安定のためではないということなのです。なぜなら景気が低迷しているなかでの増税は、景気をさらに悪くすることはあっても、財政の安定にはつながらないことは歴史が証明しています。しかも消費税を上げなければ日本の財政は立ち行かないから早く導入せよとは、国民の側からは一言も言っていないのです。

   では誰が言い出したかというと、IMF(国際通貨基金)です。
   IMFは、それを堂々と日本政府に突きつけているのです。IMFは世界の通貨の番人のような存在で、通貨の流通を取り仕切っていますが、その大本締めが闇の権力なのです。しかし最近のIMFはどうかといえば、闇の権力のお金の力は弱まっているのでIMFの力も衰えています。実際にリーマン・ショック直後には、IMFも機能不全に陥りました。あのときIMFを救済したのが日本で、麻生太郎首相の時でした。麻生さんと中川昭一財務兼金融担当大臣がIMFを助け、ドル崩壊による世界経済の大混乱を食い止めたのです。

   ちなみにこの時中川さんは日本の国益を考えて、日本がIMFを助ける代わりに、IMFに対する発言権を強めようとしたのです。世界の要人もこれに合意しており、日本のプレゼンスは非常に高まりつつあったのですが、闇の権力がそれを見逃すはずはなく、中川さんはすぐに彼らによって抹殺されてしまいました。それでまたしても日本は、お金を出すのみとなったのです。それが2009年2月にイタリア・ローマで開催されたG7の席でした。サミット終了後の記者会見が泥酔会見という前代未聞の会見となったのです。

   中川さんの側にいた財務省の幹部と、白川方明日銀総裁がそれを実行したのです。
   中川さんが側で朦朧としているのに、白川さんは何もしないというあの怖ろしい状況こそ前代未聞でしたね。中川氏に、自覚できないほど朦朧とさせるために薬を盛った実行部隊は、読売新聞の女性番記者であったこともわかっています。

   屈辱的な姿を世界中に晒すというやり方で、政界から追放するという卑劣なやり方こそ、彼らの得意とするところです。そしてマスコミも泥酔会見を面白おかしく伝え、中川さんを擁護することなく貶めたので彼らも実は共犯なのです。中川さんはその後辞任し、そして殺されました。今の一番の「悪」は彼らの手先に成り下がったマスコミであり、ほとんど染まりきっています。

(IMF・国際通貨基金を運営しているのはイエズス会のマルタ騎士団といわれている。)

菅沼   アメリカの対日政策とは何だったかを改めて考えてみると、占領当時は「日本を弱体化するにはどうするか」という活動でした。これまでにもアメリカはいろいろ画策しましたが、その柱の一つにマスコミ対策がありました。たとえば竹村健一さんですが、彼は今もアメリカの思惑に沿って動いています。竹村さんは毎日新聞の英文毎日にいましたが、英語の勉強ということで、フルブライトの一期生として米国に留学しました。

   本来、アメリカがフルブライト交流事業を設けた目的は、海外に親米派の人材をつくるためですが、アメリカの手先を作るためと言ってもいいでしょう。それを上院のフルブライト議員が資金を出して始めたということになっていますが、対象は日本だけではなく、同じようなことが他の国でも行なわれています。

   フルブライト交流事業は戦後、すぐに始まっています。
   これまでにも世界中で30万人以上がアメリカで学び、日本では1950年代初頭までにフルブライトの前の制度で約1000人が米国へ留学しましたが、1952年からフルブライト交流事業になり、竹村さんはその一期生です。1980年からは日本政府もお金を出しています。公費で、毎年日本人とアメリカ人がそれぞれ50人ずつ行き来をしており、同窓生は日本人で6000人を超えるようです。それはマスコミ業界だけではなく、教育や行政、法曹界、ビジネス界にまで及びます。その目的は親米派を育てるための実施ですから、当然、それを使って留学した人は好む好まないにかかわらず、必ず親米派として行動することが要求されます。

   ですから彼らが日本に帰国して、たとえばフジテレビなら『報道2001』というような人気番組にコメンテーターとして出演するわけです。私も彼とはいろいろ話しましたが、しかし彼には自分の意見というものがないんです。経済なら、ロンドンの「エコノミスト」という雑誌に書いてあることをそのまま自分の意見として言い、中国やロシアの批判はしますが、アメリカの批判はまったくしない。「報道2001」で司会をしていたのが黒岩祐次・現神奈川県知事で、私が呼ばれていた頃は黒岩さんが司会を担当していましたが、彼は番組の流れを親米寄りに引っ張っていくのです。

   彼も一度番組を降りて、フジテレビのアメリカ支局へ行きましたが、そのあと帰国して再び再登板するのです。つまり日米を行き来してまた新たな情報を仕込んできて、日本にも新たな親米派のコメンテーターをアレンジして報道番組を作るのです。言い換えれば、日本人の顔をしたアメリカ人をテレビに出して、アメリカ寄りの情報を発信するのです。朝日新聞もそうです。元朝日新聞主筆の船橋洋一さんがアメリカへ行きましたが、帰国して彼が朝日の親米化を進めました。

中丸   実際には今では日本のすべてのマスコミは、完全に掌握されているといってもいいでしょう。CIAの息のかかったコメンテーターたちは、アメリカの批判はしません。それでは何のためのコメンテーターなのでしょうか。私も黒岩さん司会の「報道2001」に出たことがありますが、やはり親米の司会進行でした。小泉政権のとき、マスコミはアメリカの言うこと以外は書かなくなりました。下手なことを書くと潰されそうでしたからね。特に日本経済新聞が偏ったと思います。要するに日経はグローバリズムの先兵なわけです。

   アメリカが日本の金融制度や経済政策を変えたいと思えば、日経新聞から情報を発信して日本人に読ませるのが一番手っ取り早いわけです。しかも経済界では日経を信じてみな読んでいますから、「そうなのか、なるほど」とみな納得してしまうわけです。船橋洋一さんは、闇の権力の討議機関である三極委員会の委員にもなっていますね。ですがもともと、朝日新聞は最初からアメリカに牛耳られていたのです。朝日も毎日も戦前は、日本の参戦を煽り、戦争中は国民に勝利の幻想を抱かせたのです。

   戦後は一転して、中国や韓国、北朝鮮寄りの記事を書いているように見えますが、しかし何も変わってはいないのです。戦前から、アメリカのバックにいる闇の権力の意向をしっかり伝えています。アジアを重視した反米の態度に見えますが、実はそうではなく、手の込んだやり方で国民に情報を発信しているのです。産経新聞は、社長も務めた住田良能さんが編集長だった頃から変わったように思います。その頃から最初の安倍政権が成立する頃までに、保守論壇の周辺で何か陰謀のようなものが渦巻いたようです。その一つが、新しい歴史教科書をつくる会の運動です。この運動の裏でいろいろ動いたようです。

   同じグループのフジテレビの日枝久さんは、デビッド・ロックフェラーの系列ですね。
   ロックフェラーの本が出た時に、彼は日本に来て出版記念会のような集まりを開催しましたが、このときに日枝さんが挨拶をしていました。ですから産経新聞も日枝さんの言うことは聞かざるを得ない立場にあるはずで、彼はキッシンジャーが来た時にも一生懸命案内していましたね。

   新聞報道について具体的に言えることは、まず普段から中国や韓国、北朝鮮を持ち上げる記事を書きます。そして一方で日本を陥れる記事を書きます。そうすると周辺国は、日本の新聞がこう言っているから我々は正しい、優れた民族だ、と強気になります。しかし一方日本国民は、自分たちは間違っている、大した国民じゃない、という思いを募らせていきます。戦後日本人は、こうした自虐報道をいやと言うほど聞かされてきたので、国際政治を強く主張できないというおかしな癖がついてしまいました。特に、高度経済成長期を担ってきた世代はそうであるはずです。

   こうして米国はGHQを通して、戦前の日本を否定し、戦後はますます彼ら闇の権力の忠実な僕になるようにと、さまざまな政策を遂行してきたのです。教育の面では日教組を組織し、この日教組とリベラル系のマスコミが足並みを揃えて、自虐史観を子どもたちに植え付けることに力を入れたのです。

菅沼   情報の発信の方法が変わったという面があります。
   船橋洋一氏は帰国してから、2010年に新聞社を辞めましたが、それから朝日新聞もすっかりスタイルが変わりました。リベラル系の新聞もかつては手の込んだ自虐史観を打ち出していましたが、今は表現が直接的で、いうなれば隠しながら出していたものが、堂々と出すようになったということです。つまり親米ぶりが直接的なのです。そして今一番問題なのが、産経新聞です。それは保守路線であった産経が大きく親米寄りになったことです。そこには経営的に苦しいマスコミ業界の事情もあります。

   1990年代から続く不景気は、マスコミ業界の経営も追い込んでいき、今では公告も減り、読者も減る一方です。産経新聞も同じで、住田良能さんが社長だった2007年から2009年頃まで大幅なリストラを敢行し、記者もかなり解雇されました。この時に、反米保守の記者がほとんど切られてしまい、親米保守の記者だけが残されたという背景があります。すっかりメンバーが変わってしまったことで親米に勢いがついているのです。

   TPPにしても何にしても、アメリカのやることには全面的に賛成、という姿勢です。
   それは産経新聞に限ったことではなく、日本の新聞それにマスコミはもはや真実を伝えず、本来の批評精神という牙を抜かれ、生命力を失った単なる「張子の虎」です。


    book 『この世界でいま本当に起きていること』 中丸薫・菅沼光弘著 徳間書店

                           抜粋


☆当ブログの記事の内容をポジティブに受け止めて下さった方、参考になったという方、当ブログを応援してくださる方、よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

タエヌにとっは励みになり活力になりますし、投票数が高くなることで当ブログをより多くの方にお読みいただく機会が増えますので、ますますご縁が広がることが期待されます。お読み頂きありがとうございます。
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
~遠隔スピリチュアルヒーリング、レイキ遠隔伝授、産土神社・鎮守神社リサーチ、パワーストーンの販売、相談・スピリチュアルアドバイス、タエヌのスピリチュアル百科~
http://www.shuwrie7.com

✿ハピネス:「ハピネスのブログ」

✿くるみ あんず:アセンション小説「かのこの現実」

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」









知っておくべきこの世界の真相
 | HOME |