FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

大天使ミカエル~全体とのつながりを忘れずになすべき事を行え~ 2013年1月4日

2013年01月07日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

サルーサやメタトロンからのメッセージなどを紹介させていただいているhttp://japonese.despertando.me/に掲載されております「大天使ミカエル・・・全体とのつながりを忘れずになすべき事を行え 2013年1月4日」を紹介いたします。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

大天使ミカエル・・・全体とのつながりを忘れずになすべき事を行え  2013年1月4日
http://oraclesandhealers.wordpress.com/2013/01/04/do-what-is-yours-to-do-but-keep-always-in-your-hearts-your-connection-to-the-whole-channeled-by-ron-head/
Do what is yours to do, but keep always in your hearts your connection to the whole
channeled by Ron Head

現在の状況について説明を続けましょう。ほとんどの人たちは”憂鬱”といえる気分から抜け出し始めています。さてこれから何をすべきなのでしょうか?

あなた方にとっては、自己の内面に集中し、よりハートに密着することが唯一必要なことです。この場所から行動することを学んでください。多くのことの出来事の中から、次に行うべきこと、あなた方を動かす環境の発生を知るでしょう。最初の段階として行う、”勇敢”や”信義”又はあなた方が使いたい言葉で表現することは、この同じ場所で知ることになるでしょう。これらは簡単なことではありません。これらはマスターの段階です。マスターにとっては、いつも広い世界を変えることが必要なわけではありません。マスターは、最初の段階を踏んでから次の段階に進みます。しかし、あなた方は第二の段階から始めようとは思わないでしょう。ですからあなた方も、最初の段階から始めるために正確に自分がどの位置にいるのかを知る必要があります。この時点で数十億のあなた方がいて、各人は初めの段階に踏み出す位置にいます。あなた方は自分だけを心配すればよいのです。

全ての人が今日、第一の段階に踏み出した明日の世界を想像してみましょう。今日踏み出す第一の段階があり、同様に第二の段階があります。ある段階は最終段階に近いものでしょう。自分のハートで感じる、行き着きたい所だけに注意を払ってください。残りは、他の人が極めてうまく処理するでしょう。

今では、全ての以前の障害は、なくなっていることが分かるでしょう。この生涯の今までに行ったことよりも多くのことが達成され始めるでしょう。あなた方には又、自分の成長にとっての障害がもはや恐ろしいものではないことが分かるでしょう。今年は、自分がいかに強力であり、仲間の人たちも同様であることが分かるでしょう。しかし、最終段階は、今までのようには、初めには来ないでしょう。

ハートに立ち帰って、自分の強さを再確認する事が必要な場合が多いかもしれません。このような時には、私たちに支援を求めるのを忘れないでください。日々を、あなた方が行ったこと、あるいは学んだことに感謝を捧げる事で終わり、毎日を新しい機会を得たことに感謝しながら始めてください。自分がなすべき事を行い、全体とのつながりをいつもハートの中に持ち続けてください。

今年が普通の年ではないことはすぐに明らかになるでしょう。あなた方は自分が非常に特別であり、特別になることが分かり始めると思います。私たちはあなた方の行っていることに大喜びしています。

一休みしたいと思う自分をしからないでください。この道は実に長いものだからです。あなた方はいつも立ち止まり、きつい道に入りなおしていたのです。あなた方はあきらめず、あなた方の努力は非常に間近に実を結ぶことを、私たちは知っています。私たちは、最も深い愛をあなた方に送り、あなた方が今までに見られなかった世界を構築していることを尊敬しています。

これからもしばしばお話をします。良い日をお過ごしください。

Copyright (C) Ronald Head

翻訳 Taki 

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com
*タエヌのスピリチュアル百科はご覧いただけますが、現在、すべてのご依頼の受付は休止しています。

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」












大天使ミカエルからのメッセージ

わくわくを選択すること

2013年01月06日
DSC02994+(3)_convert_20130105112421.jpg

昨日5日に街へと買い出しに行った帰りに、於茂登岳(沖縄県で最も高い山:標高526m)をバックに撮影しました。石垣島のここ3~4日の天候は、晴れ間がほとんど見られず、曇りもしくは雨模様の天気が続いています。昨日の最高気温は22.4度、最低気温は17.5度で、ほぼ平年並みの気温です。

我が家では、街へと買い出しに行く以外は年末年始にほとんど外出せず、家の中で家族で過ごす時間が多くありました。そして、家族それぞれが思い思いのわくわくに従って、やりたいことややるべきと感じることを選択し続けたり、のんびりゆったりと過ごしたりしました。

地球上のアセンションに向けての波動・エネルギーが大きく変わると予測された昨年の12月12日も、12月21日~23日も同様に、許される限りリラックスして過ごすことを心掛けて、わくわくにより忠実に従って行動するように努めていました。そして、12月21日の夜8時頃から8時半頃までは、部屋を暗くして娘たち3人と妻と私とでテーブルを囲んで瞑想をしました。

そんな感じで過ごした12-12-12も12-21-12も、そして12月全般も、娘たちも妻も私も個々なりに、様々なスピリチュアルな経験をしてきましたし、波動・エネルギーの変化を実感して認識することができました。しかし、同じような感覚になったこともありましたが、皆それぞれが個々なりに気付きや認識その中で、経験は5人5様で、人それぞれ様々でした。

その中で、5人に共通していたのが、12月21日に瞑想した際に、強い眠気を感じたことと、21日~23日の3日間も、いつも以上に眠いと感じてよく眠ったことです。より穏やかになった高次元のエネルギーを心地よく感じ、究極のリラックス状態である睡眠へといざなう眠気が生じたこともあるでしょうし、眠っている間に高次に帰ってさまざまな準備をしていた事もあったでしょう。また、高次元世界の始まりの始まりのポータルが開いたために、新たなる旅立ちのために休息をとっていたとも捉えています。

あともう1つ共通していたのは、12-12-12の方が、エネルギーの変化をより強くよりダイレクトに認識したということです。特に私と妻は強く感じましたし、あの時に味わった感覚は、一生忘れられないものとなるような貴重な経験となりました。

また、12月21日の夜に妻と娘たちと5人で瞑想した、あの穏やかな波動や一体感などを味わった経験も、魂にしっかりと刻み込まれた素敵で貴重な経験となりました。

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

「わくわく」という言葉は、広辞苑によると‘期待・喜びなどで心がはずみ、興奮ぎみで落ち着かないさま’という意味であると書かれています。つまり、感動とか感激とかという表現に近いものということになります。

広辞苑に書かれている意味のこの「わくわく」と表現できるようなことは、日常生活における経験の中において、時には当てはまることもあるでしょうけれども、割合的にはそんなに多くはないでしょう。

わくわく感じることを選択しましょう…
わくわく感に従って生きましょう…

私がブログでこのように表現している際の「わくわく」という言葉の意味合いは、上記のような広辞苑に書かれているような意味も含まれてはいますが、根本的には高次元の存在であるメッセンジャー‘バシャール’の「ワクワク」という言葉の表現に基づいて使っています。

今、こうしてアセンションを果たした地球上の波動は大きく変わりつつあり、それに伴って世の中もどんどん4次元世界に見合ったポジティブな状況へと変革しつつあります。地球上の世界はこのまま5次元まで徐々にかつ急速に昇り続けますが、その波動状況に合わせて、人の意識もそれなりに大きく変化していく必要があります。

ただし、大きく変化させようと無理をしすぎたり焦ったりする必要はありません。ネガティブな波動を発しやすい、無理のしすぎや焦りという状況の中から何かを選択すると、ポジティブなことを選択したつもりでいても、実際には低い波動を生じてしまうことがあります。ネガティブな状況からはネガティブなことが生じやすくなるのです。

アセンションした地球上の波動域は高次元の始まりに達しているために、その波動・エネルギーを活用し、世のポジティブに変化していく流れに乗って、より軽やかで、よりリラックスしたナチュラルな感覚の中で、より自分らしい個性に基づいたことを、自己責任を強く持ち、自由意思に基づいて選択すように努め続けていれば、よりポジティブなことを選択するに至る場合が多くあるでしょう。その基本となることが「わくわくすることを選択する」ことです。

アセンションを果たした今、わくわくに基づいた選択をすることを、これまで以上により強く意識して行うべき時代に入ったのです。高次元の波動域に入った今、地球人類個々の意識は、これまで以上にそこから発するエネルギーは強力になっているために、目の前の現実世界を、より早くより的確に作り出すようになっていることが、より多くの場面で認識できるようになっていきます。

よりポジティブなエネルギーを発するような意識をより多く持って、よりポジティブな選択をし続けていれば、これまで以上に早く目の前の現実世界の中で、願いや祈りは実現しやすくなっているのです。逆に、ネガティブな意識も広がりやすくなっているために、そこから生じる波動・エネルギーに基づいた現実世界も同様に、より早く現実化するようになってきているのです。

ですから、「わくわくすることを選択する」ことは、より重要になってきているのです。

以下の内容は、バシャールが「ワクワク」という言葉で表現していることの意味、ワクワクの波動に関して、ワクワク感に従って生きることの大切さなどが、わかりやすく適切に表現されていますので転載させていただきました。 

バシャールはエササニ星の高次元の宇宙存在です。

《以下の内容は、BASHAR②1989年 チャネラー ダリル・アンカ  ㈱VOICE より引用しました。》

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

私たちが皆さんに
ワクワクすることをやってくださいというのは、
次のような理由からです。

皆さんの「自分は誰か」
という存在の表現、波動が「ワクワク」です。

自分の存在の周波数を
肉体的なレベルに翻訳した言葉が、
ワクワクという気持ちになっていきます。

それが、みなさんを導いていく信号になります。

ですから、自分の歩むべき道を歩むことは、
本当は簡単なのです。

ひとりでにワクワクした気持ちが
出てくるものなのです。

皆さんの文明では、何千年もの間、
本来の自然な自分に抵抗したり、
否定したりしてきました。

ワクワクするものは抑圧しなければいけない、
と学んできたのです。

なぜなら皆さんは
「人生というものは辛いものなのだ」と
年上の人から教えられてきたからです。

でも、だからといって、
私たちはただワクワクしていればいい
と言っているのではありません。

ワクワクしてくださいといっても、
毎瞬毎瞬、飛び上がっていなければならない
ということではないのです。

「ワクワク」というのは、
自分が本当にやりたいことをやっている、
やりたいことを知っている、

もしくは、非常に内なる心の穏やかさ、
心の平和がある、ということなのです。

「ワクワク」の波動は、
存在の非常に基本的な波動です。
創造的な力です。

ですから、それを感じるときには、
自分がとても強力になっていることを
感じられると思います。

また、ワクワクしているとき、
自分が他の人を輝き照らしていることが分かります。

生きている光だということを、
他の人に示すことができるのです。

自分がワクワクすることを始めるとき、
二つのことが起こります。

第一に、非常に素晴らしい偶然が次々と起こります。
常に魔法のように、あるべき所に、
あるべき時に、あるべきことが起こります。

そして第二に、自分のやることが、
無理して努力するようなことはなく進むようになります。

「自分自身が誰か」を示すことを
自然にやっているからです。

皆さんが、自然な、本来の自分であるとき、
宇宙は非常に楽に皆さんをサポートすることができます。

自分の欲しいもの、必要なものが入ってこないときは、
本当の自然な自分を出していないときです。

ですから宇宙の方では、
どれを誰にあげたらいいのかまったく分からなくて、
ウロウロしてしまいます。

皆さんが本来の自分自身でないとき、
宇宙は皆さんを見つけることができないのです。

もうひとつ、こんなことがあります。

まず第一に、自分はなんのために創造されたのかを、
自分で感じとることができます。

第二に、自分はすべての創造物とつながっている、
と感じることができます。

第三に、本来の自分自身であることのお返しとして、
豊かさがすべて自分に戻ってきます。

この世の中では、非常にたくさんの人が、
自分の人生の目的や使命を一生懸命に探しています。

探すことを喜んでいる人はそれで構いません。

でも、本当に見つけたくなったら、
それは非常に簡単なことなのです。

ワクワクする気持ち、興奮する気持ちが、
どれが一番近道なのかを教えてくれます。

だからといって、今日ワクワクするものと、
明日ワクワクするものとが
同じでなければいけないということではありません。

宇宙の中でただ一つ一定なのは「変化」だけです。

ワクワクすることをやっていると、
いろいろなものはひとりでに、
どんどん変化していきます。

今の仕事や自分の持っているものとは
別なものに魅かれてワクワクすることもあります。

それでも結構です。

心に描いている大きなビジョンや夢、
そういったものに対するアプローチの仕方、
ライフスタイルも変わっていきます。

自分の使命はなにか、
人生の目的はなにかと、宇宙に祈るとき、
自分が一番ワクワクすることが答えになります。

この世界では、小さい頃から何々しなければならない、
「ねばならない」ということをたくさん与えられてきました。

自然に自分に流れ込んできたアイディアに耳を傾けないで、
社会の要請にちょうど合うようなものを探します。

社会の期待に沿うようなものを見つけても、
それは必ずしも自然なあなたと一致するとは限りません。

なぜなら根本的に、
あなた以外の人から与えられた答えだからです。

合うはずがありません。

しかし、だからといって
人からのアドバイスを無視していい
ということではありません。

他の人からもらったアドバイスを、
自分で、自分のために
選ぶことができるということです。

すべての痛み、苦しみ、病気は、
自然な本来の自分になることに
抵抗することから生まれてきます。

自分自身が非常に疲れるのは、
本当の自然な自分に
一生懸命抵抗しているからなのです。

一番簡単なのは、
本当の自分になってしまうことなのです。

逆に、一番むずかしいのは、
自分以外の自分になろうとすることです。

ときには、こういうことを
すぐ分かる人もいますが、

そうでない人は、一生懸命、一生懸命、
自分以外の人間になろうと、
くたびれ果てるまで続けます。

本来の自分になるまでに、
どの位の時間を費やすかは
自分で決めればいいことです。

ここでひとつ皆さんに申し上げておきたいのは、
いままで皆さんがやってきたことの中で、
無駄なことはひとつもないということです。

すべてのことから学ぶことができるということを
知っておいてください。

ですから、今までの経験を捨てたり、
逃げようとしたりしないで、
その中から得た知識と共に前進してください。

そして、自分にとって、
他の人とは違う非常にユニークなやり方で
それを応用していってください。

それが、ワクワク興奮する、ということです。

それによって、あなたは満足することができます。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com
*タエヌのスピリチュアル百科はご覧いただけますが、現在、すべてのご依頼の受付は休止しています。

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」












スピリチュアル

サルーサからのメッセージ January 4, 2013

2013年01月05日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

シリウスのサルーサからの最新のメッセージです。以下はhttp://japonese.despertando.me/およびGalacticChannelings.com に掲載されている内容を転載させていただきました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

SaLuSa, January 4, 2013

二元性のサイクルにおけるあなた方の多くの生涯の中で、あなた方は強烈な挑戦に何回も出くわし、その結果スピリチュアルなレベルの向上が得られました。今あなた方が知っている二元性は、背景の中に消失して、あなた方に対する力を失いつつあります。それでもあなた方はその影響と戦い、低いエネルギーとのつながりを断ち切ろうとしているので、強烈な挑戦に直面しつつあります。あなた方が信じ込むように育てられてきたことに基づく態度、考え、及び信念を捨て去ることが困難であることは私には良く分かります。しかし、あなた方の内部にはあらゆる知識があり、そこには真実が見られ、あなた方は、疑念に囚われているにしても、新しい理解への移行には躊躇はありません。過去においては、人々の普通のやり方だったので、あなた方は審判をしがちでしたが、今では、その代わりに全てのソウルを一つのものとして見るような立場を取りたいと思うようになっています。

分離は闇の者たちが演じた、あなた方の喉元を締め付け続けるゲームでしたが、今では、自分たち全てが切り離されているという嘘を、信じ続けるのを拒否できるようになっています。肉体的な差、習慣、宗教的信念の背景には、あなた方と全く同じ光の魂があるのですから、そのようなことは忘れてください。あらゆる事が一つのものであるとの認識の中にこそ、更なる次元上昇への道に沿って進む用意が出来ている者のそばに、あなた方の占めるべき場所があるのです。最終的に、あらゆるもののソースに帰還するまでは、完璧さの追求に終わりはありません。それでも、あなた方は、自分自身のやり方で、真実から遠ざけようとするあらゆる試みに打ち勝つのに成功したのです。あなた方なしには完了しないので、あなた方自身の貢献が他の者の貢献と同様に、大切である一つのものと言う真実の一部であると、あなた方は認識してきました。

あなた方は未完の仕事を残してゆくかもしれませんが、2012年が二元性のサイクルの完了を見ていたようには、未完でも重要ではありません。カルマ的には、重要な問題を解消しているでしょうし、このような時には、恩寵の法則が作用して、あなた方は、"許された”といえるでしょう。あなた方は自分を向上させるレッスンを学び、更なる経験には二元性が不要になっています。2013年という年はこうして充実し、あなた方は新しく、より意味のある、ハイアーセルフとのつながりを成し遂げる年になるでしょう。このことは、過去の年とは異なり、知識の泉からハイアーセルフが持つ知識を汲み取るので、あなた方には知識や理解について他者の助けを借りる必要がなくなることを意味します。

あなた方には、自分の内部のあらゆる知識を備えていると、話したことがあるはずです。ガイドとしての自分を信じれば、正しい決断をしつつあるのかどうか、直感的に知ることが出来るでしょう。今年は、地球に達し続ける高いエネルギーを引き続き受けるので、あなた方にとって非常に実りの多い年でしょう。あらゆる事が加速し、今までとは全く異なって、時間が次第に止まってゆくでしょう。次元上昇の次の部分は、母なる地球にも共に到来し、私たちの支援で指数関数的に成長し、完全意識を取り戻した存在になるソウルにふさわしい、新しい地球が創り出されるでしょう。そうすればあなた方は、自分たちを”銀河の存在”と呼ぶことができるようになり、今までに経験したことがない大きい機会に対する扉が開かれるでしょう。あなた方の進歩の速度は、全くあなた方次第であり、決断次第で、私たちから多くの支援が受けられるでしょう。

どこに行くのか自分の旅を決めるのは、あなたなのですから、地球上で最も大切な人はあなたなのです。あなたは自分に与えられた種々の選択肢から選択を行いますが、それが、それらがどのようなものなのか、確実に知るような注意を払うことが求められる理由です。全てのライトワーカーの仕事は、他者のニーズにも注意を払うことなのですから、自分と、自分のニーズに注意を払うということは、他者を無視するということではありません。各ソウルは今、より多量の光を受ける用意をする責任を担っているので、意識レベルが拡張しつつあります。意識の拡張は、より高等な理解への道を確実なものにし、高次元への移行を支援します。それゆえに、あなた方の眼前には道が開かれ、正確に自分に適した速度で進歩します。以前申し上げたように、あなた方は不死であり、無限に進化出来る状態にあります。あなた方の進歩には、自分が快適だと思う速度以外には、圧力は加えられません。

あなた方を二元性に拘束していたほとんどの低いエネルギーの抹消によって、あなた方のきつい仕事は完了しました。今は、あなた方はより野心的になることができ、以前よりも広い視野を設定できます。ここ数千年の間、特にここ数年の間にあなた方が払ってきた努力は、実を結びました。単に次元上昇があなた方の期待にそぐわなかったからといって、何か感じる必要はありません。実際は正反対で、あなた方は振動を上げ、到来するエネルギーはあなた方を通じてグラウンディングされるようになっています。これによってグリッドの配置が確実になり、あなた方をさらに向上させ、愛が取って代わりつつあり、より急速に進歩し、新時代の恩恵が受けられるようになるでしょう。闇の者たちが進歩を止めるために行った多くの遅延と障害がありましたが、それももはや続くことはありません。彼らはそれを実行する組織や力を持っていませんし、彼らの活動は、自分たちが本当にはどのような存在なのかを認識させています。

全ては”今”の中に存在し、あなた方が望むことそのものの実現を待っているのですから、あなた方には、引き続き今の暮らしを続け、今までと同じ点に集中し、ポジティブな思考をするようにお願いします。いろいろな時に、何が起きるのかについての十分な詳細が知らされ、新しいパラダイムが現実のものになるので、新しい時代への移行から恩恵が得られるあらゆる機会があります。現在のような不確定な時期は長くは続かず、間もなく変化が起きていることに気が付き、感じるようになるでしょう。意識レベルの向上によって、新しい態度と、文明の可能な限りの速度での新しい時代にふさわしいものへの移行が得られるので、それが集中すべきことなのです。変化の規模が極めて大きくなるので、ある程度の不便は避けがたいことです。しかし、私たち銀河連合はいつものように準備を済ませており、あなた方のニーズに合わせて常にプランを調整しています。ひとたび始めれば、あなた方にとって現在可能なものをはるかに凌駕する急速な進歩がなされるでしょう。

私はシリウスのサルーサで、次元上昇に対するあなた方の全体的な反応が受容に基づいたものであり、あなた方が次元上昇の道に迷ってはいないことを喜んでいます。全ては定められたとおりに進行していて、すばらしい未来が確約されており、予定通りの経験が得られるでしょう。あなた方がどこに行こうとも、私たちの愛は、永遠にあなた方とともにあります。

ありがとうサルーサ、
マイク・クインシー。
Website: Tree of the Golden Light
Translation: Taki

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com
*タエヌのスピリチュアル百科はご覧いただけますが、現在、すべてのご依頼の受付は休止しています。

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」












サルーサからのメッセージ

生命に対する意識

2013年01月04日
DSC02784+(3)_convert_20130103121845.jpg
我が家のペットたちを紹介します。うさぎ(ライオンラビット系の雑種)の「イヨ」です。6歳7か月になりました。千葉県から一緒に引っ越してきましたが、石垣島の気候も波動も合っているようで、とても元気に過ごしています。グミ(長女仮名高1)が主にお世話しています。

DSC02937+(3)_convert_20130103123912.jpg
ハムスター(ジャンガリアン)の「ハム」です。デンプ(3女仮名小3)の強い希望で、昨年の6月に我が家にやってきてから7か月ほど経ちました。しぐさがかわいくて我が家のアイドルです。デンプが主にお世話しています。

DSC02920+(3)_convert_20130103125236.jpg
桜文鳥の「123(ひふみ)」です。一昨年の12月3日に我が家に来たので、アマンダ(次女仮名小6)が名付けました。とても賢い手乗りの文鳥です。籠から部屋の中に出ると、家族みんなの肩や頭の上や手にとまってちょっかいを出したりいたずらをしたりして遊んでいます。

DSC02955+(3)_convert_20130103130114.jpg
白文鳥の「127(ひふな)」です。昨年末の12月27日我が家に来てから10日ほど経ちます。12月6日に生まれたばかりのヒナで、間もなく生後1っか月になります。下の写真は我が家に来て間もない頃に撮影しましたが、まだ羽も開き切っていなくて移動もほとんどできない状況でした。わずか10日ほどで歩くのも上手になり、止まり木や手の指にも止まれるようにもなって、羽をバタバタさせて飛ぶ準備まではじめています。

DSC02843+(3)_convert_20130103125315.jpg
人間の赤ちゃんを育てるように繊細に大事にして、食事を作ってあげたり温度管理や巣の管理をしたりして、大切に大切に愛情をこめて育てています。ひふみとひふなはアマンダが主にお世話しています。今はまだ餌は食べさせてあげていますし、飛ぶこともほとんどできませんが、もう何日か経てば飛べるようになり、自分で餌も食べられるようになっていくはずです。また、数週間で羽の色も全身が白くなるはずですので、またその頃になりましたら「ひふな」の写真を紹介させていただく予定です。

DSC02981+(3)_convert_20130103195646.jpg
ネイチャーアクアリウムの世界の住人達も元気に育っています。水草は何度も刈り込むほど成長し、グッピーやミッキーマウスプラティーはたくさんの赤ちゃんを産みました。現在、我が家の水槽2つで飼育している魚介類は150匹ほどです。毎朝夕の餌やりをデンプが行い、それ以外の管理をタエヌが行っています。

DSC02825+(3)_convert_20130103123748.jpg
サキシマヒラタクワガタです。現在、オスが4匹とメスが1匹います。すべて、自宅マンションのライトに向かって夜に飛んできて、朝方になっても森に帰らずに階段や通路にいるところを保護して、そのまま飼育しています。サキシマヒラタクワガタは八重山諸島(石垣島・西表島・波照間島などの日本最南端の諸島)に生息している日本最大級のヒラタクワガタで、体長はオスが28~79mm、メスが25~30mmですが、この写真のサキシマヒラタクワガタは体長約50mmの中型です。

DSC02966+(3)_convert_20130103131447.jpg
この写真はペットではありませんが、アマンダが私の前でパソコンを打っていたので撮影しました。アマンダとデンプが昨年8月の末頃からブログを継続して書き始めて早4ヶ月ほど経ちましたが、ほぼ毎日休まずに書き続けて、すっかりとブログを書くことが日課のようになっています。

2人ともブログを書いたり絵や写真を掲載したりすることへのわくわく感がずっと続いているようで、毎日平均1~2時間ほど費やしていますが、その集中力の高さには親ながらに感心してしまいます。もし、みなさまもお気が向かれました際にはお立ち寄りくださいませ。また、ブログランキングに参加していますが、1日1回の応援ワンクリックをして頂けると励みになりますのでよろしくお願いします。

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

☆以下の内容は、今から約5年半前から、何度か同じテーマで掲載した内容を転載したものと、今日書き加えた内容を掲載しました。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

《2007年5月11日》

~ペットについて~ 


大草原の中を 優雅に群れを成す牛たち

本当は自由が大好きなんだね


豚だってそうだよ

鶏だってそうだよ


狭い所  嫌だもん

暗い所  嫌だもん


やっぱり自由に生きていたいもん

たくさんの経験がしたいもん


だって生まれてきた目的は 人間と同じだから・・・


幸せになりたいからだもん!


魂を高めたいからだもん!


急に目頭が熱くなり書かされた詩です。人間の食料として育てられている動物達の思いが伝わってきたのでしょうか。

しかし、人間による無償の愛により、ペットとして飼われている動物は少し違ってくるようです。安心や安全、物質的にも食料や住家などを与えられている中、人から受ける愛、そして人に愛を与えるということ。そして人と調和を図るということは、動物が魂や智恵を上げるには、野生で生きているよりもはるかに大きいということです。だから、野生の状態に比べると自由とか広さとかといった状態においては劣ってしまいますが、そうでない多大な恩恵を受けているということです。

ちなみに、最も知的・精神的に高いといわれる動物は、確かに以前は猿でした。しかし、高次元のスピリットによると現段階では、1位が犬、2位が猫、3位が猿だそうです。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

《2007年8月21日》

肉食について  

我が家の食事を今年はじめ頃と比べて、動物の肉食は5分の1くらいに、魚の肉食は2分の1くらいに減りました。その分、野菜類の摂取量は増えました。無理なく少しずつ肉食が減っている結果です。動物の肉はハムやウインナーやベーコンといった、加工品が多くなりました。

私は少し前まで大好きだった牛や豚の脂肉が、今ではくさくてべとべとして美味しく感じなくなってきました。 食生活はこのように変わってきていますが、家族の体調は相変わらず好調です。私においては、体脂肪率が5月頃から減り始めました。だから、体がいままで以上に軽く感じます。学校給食の関係や子どもたちの自由意志の点などから、家族全員というのは難しいと思いますが、たぶん、この先、私自身はもう少し経つと動物の肉は食べなくなるような気がします。魚は・・?ですが。

以前、「肉食について」の日記に書きましたが、肉食を意識的に減らしたというよりも、肉を食するということに対する意識が少し変わっただけのことでして、今でも同様です。意識していることとは、人間と同じ哺乳類の動物を食するということへの罪悪感。豚や牛や馬といった高等な動物達には自分が死ぬ瞬間がわかり、その時の気持ちである恐怖や痛みなどのネガティブな思いが肉にしみこんでいるために、肉を食することによって波動が荒くなるということ。また、このような感情や個性をもっている動物の肉を食するということへの違和感。

欧米の肉食文化が浸透している日本において、幼い頃からおいしい食材としてこれらの動物の肉を食べるという習慣から、急激に変えることは私にとっては難しいこと。きっと多くの方もそうであると思います。でも、意識さえ変われば自然と行動が変わるもの。行動が変われば習慣も変わっていくもの。

今、私の意識として変わってきた肉食の捉え方は、私にとってはとても心地よくポジティブなこととして受容しています。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

《2008年12月19日》

さらに肉食は減り続けていますが、食すこともあります。ここ半年くらいは、生の肉を調理することができなくなりました。それでも、ハムやウィンナーなどの加工品や、火を通してあるカツや空揚げなどを購入して食べることはできます。魚も、お刺身はほとんど食べなくなりましたが、鍋に入れたりしゃけのほぐし身をごはんに乗せて食べたりすることはあります。ですから、やはり完全にはベジタリアンではありませんが、主食は野菜類や穀物類です。食事に関しても、やはり無理なくわくわくすることを選択し続けている結果、このような状態になっています。昨日の夕食でも、久しぶりにピザを食べましたが、ピザ生地に少しの肉類などが乗っている物を購入して家で焼いて食べました。やはり食べてみるとおいしかったです。

ただし、意識はさらに変化し続けていて、すべての動物や魚介類や虫や植物などの生き物に対して、命の尊さを、より強く感じるようになってきています。例えば、蚊を叩くのにもためらうようになりました。でも、自分の肌にとまったり我が子たちがかゆがっている様子を見たりすると、やはり叩いてしまいますが・・・。また、以前にはまったくというほど意識していなかった、蚊やハエやゴキブリの命を奪う事に対しても罪悪感が湧き上がるようになっています。ですから、以前はわりと平気に叩いていたのに、今ではまず最初に家の外へと逃がすことを考えて行動しています。

7年ほど前までの自分を振り返ると考えられないほどに・・・

自然と少しず~つ・・自分自身の意識や行動がこのように変化していることを、なんだか嬉しくて愛おしく感じてしまいます。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

《2010年5月21日》

食生活や生物に対する意識や行動などの習慣として身についてきて、実践を続けていることから、最近では加工品を含んだ肉食をした後、ごく少量の肉食でしたらそれほど気にはならないのですが、ハムやベーコンを2枚くらい食したとか、鳥の空揚げを何個か食べた時などの多めに肉食をした後に、やたらと発汗したり水分を欲したり排泄をたくさんしたりする等、身体的に早く排出しようとする作用をしていることが、はっきりと感じられるようになりました。

食べる時には感謝や慈しみの思いを抱き、食べている最中も美味しく感じるのですが、どうやら肉体自体はあまり心地良く感じていないようです。かといって、やはり今の時点では、我慢してまで、無理してまで肉食を完全に止めようとは思っていません。このように食べたいと感じたナチュラルな気持ちは認め、調をしたり食べたりする際には感謝と慈しみの気持ちを抱き、美味しいと感じた際には食べると言った、他の食事と同じように、食生活を充実させ続けたいと思っています。でも、結果的に、今後も少しずつ肉食に関しての割合は減っていくでしょうし、全体的な食生活も変わっていくだろうということは予測しています。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

《2011年9月13日》

1年4ヶ月ほど前の上記の状況と、生き物に対しては意識的にほとんど変わっていません。でも、さらに肉食は減り続けています。また、あの頃は趣味の釣りを時々していましたので、釣ってきた魚をさばいて食することもありましたが、ついにここ半年くらいの間は、魚を針にかけて傷つけることやさばくことを想像すると、魚を釣ろうという気にもならず、釣りも魚をまるごとさばくようなこともしていません。(時々、サーモンやマグロなどのサクの半身をお刺身用に切ることはあります)

蚊やハエなどの招かざる客が勝手に部屋の中に入ってきても、追い払って出ていくように導くことが、家族の中では当然のことになっていて、蚊がぶんぶん飛んでいると、みんなで手のひらを使って、時間をかけてでも外へと追い払っています。何年か前までは、蚊がいると当たり前のようにパチンと手の平で叩いたりゴキブリやハエなどは物で叩いたり、殺虫剤をまいたりしていたのに、いつのまにかそのような「逃がす」ことが習慣のようになっています。家族みんなのそんな様子を見て、私としてはやっぱり嬉しくなります。

千葉で一戸建てマイホームに住んでいた頃から一緒に暮らしている、ペットのぴよちゃん(手乗りのインコ:7歳6カ月)とイヨ(白ウサギ:5歳4カ月)は、今も元気に暮らしています。石垣島の気候はあっているようで、千葉にいた時よりも元気に過ごしているように感じます。以前のイヨは家の庭にてとび跳ねていましたが、今は庭もなく狭い賃貸マンションの小さなベランダにて、小さなカゴの中で暮らしていて可哀想に思えることもありますが、安全なこの環境はそれなりに落ち着いて心地良いようでして、健康状態も良好のようです。「早くまた庭付きの一戸建てのマイホームに住みたいな~。もっとたくさんのペットたちと一緒に暮らしたいし、以前のように畑や花壇を作ったり、木を育てたりしたいな~♪」と、家族みんなで願い続けています。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

2013年1月4日

昨年の12月初旬頃から、ベーコンやハムなどの加工品も含めて、私は完全に動物の肉類を食べたくないと感じ、食べないことを選択するようになりました。食べないようにしよう…と意識したわけではなく、食べたいと思わなくなり、必然的に食べないことを選択するようになったので、とてもスムーズに理想的な状況へと移行しましたす。すでにアマンダも自宅では同様にウィンナーやベーコンなどの加工品も食べなくなりましたが(小学校の給食ではできるだけ残さずに食べるようにしているようです)、他の家族4人は加工した肉類は食べていますので、時々調理して食卓に並べています。

あれだけ好きだった魚釣りも、結局いまだに行っていません。それでも時々、海を見ている時に「釣りをしたいな~」と思うことはありますが、魚が釣られてもがいているシーンや、魚をさばく自分を想像すると、そのとたんにわくわくは消えうせ、釣りをしないことを選択しています。かといって、釣りをしている人を見てネガティブに感じることはなく、魚の肉をまったく食べなくなったわけでもありません。必要やわくわくの中で釣りをしたり食べたりしているわけですし、人それぞれの個性を持ち合わせている中で、このような選択をしつつ、気づきや学びを続けているわけですから、人それぞれであると捉えています。そんな中、さらに機会は少なくなりましたが、私は焼いたり煮たり加工したりした魚介類は食べていますし、家族みんなもお刺身を含めて魚介類の肉は食べ続けています。

でも、私はあれだけ大好きだったお刺身を、昨年の12月中旬頃から食べたくないと感じ、完全に食べないことを選択するようになりました。自分でも不思議に思うほどですが、全く食べたいとは思わなくなりました。私以外の家族は今まで通りに美味しく食べていますので、食卓には時々並べています。このように、肉食に関しての嗜好が昨年の12月を機会にはっきりと変わってきたことを自覚しています。

肉食とは関係ありませんが、もう1つ食生活が大きく変わったことがあります。それは、アルコール類をまったく受けつけなくなったことです。一時期やめていた飲酒を、夏が過ぎた頃から少しずつ再開して、結局はグラスワインを数杯飲むことが毎晩の楽しみになっていたのですが、やはり12月に入って間もない頃、突然あれだけ大好きだった赤ワインを飲もうという気にならなくなり、それ以来、今日までまったく飲酒をしていません。しかも、知人から頂いたとっておきのちょっと高価な赤ワインのコルクを、あけて飲み始めたばかりだったので、まだビンの中には赤ワインが残っている状態です。いつかは完全にアルコールはやめたいと思っていましたが、その時が突然やってきて、我慢することもなくスムーズに移行することができました。

ここからはペットの話に変わります。

相変わらずの狭い我が家ではありますが、冒頭に写真で紹介しました通り、約1年半前に掲載した頃よりもペットの数は増えました。私や娘たちがそれぞれ責任を持って主にお世話しているペット達がいて、妻と私で全体的なフォローもして育てています。ペット達と愛をめぐらせあい、癒しを感じあいながら、家族の一員として楽しく暮らしています。

昨年の12月24日に掲載しました「アース・エンジェルスからのメッセージ ~動物達を愛してください~
」の内容にありましたが、すべての動物達は、地球がアセンションしたとき、パワフルな活性化の受取人でした。彼らは、今ガイアの新しい結晶質マトリックスであるものの保管者であり、そしてこのグリッドは非常に若く、一貫した養育が求められます。動物達は、清浄と無垢の振動数、惑星が帰還した5次元のありさまを運びます。彼らはバランサーです。

我が家のペット達の中で、特にひふみ(桜文鳥)が、12月21日に普段と違う様子で振る舞う場面を何度も見ましたし、アマンダが何度もその様子に気づいて「アセンションするためのエネルギーがわかっているのかな~!」と、やたらとはしゃいでいました。

以下はアースエンジェルからのメッセージです。

「あなた方は偶然、12月21日に、あなたの周りの動物達が微妙に普段と違って振る舞うのを目撃しました。彼らが消費する食物と彼らの周り一帯の外部の刺激に、より敏感になることにあなた方は気付いていたかも知れません。行動面で、彼らは過度に疲れている、あるいは落ち着きの無さと動揺した様子を交互に見せたかも知れません。これは、ごく微かな金切り声または衝突でも彼らを興奮状態に投げ込むには覿面だったように、室内飼いの生き物の間で最も顕著に目立っていたかも知れません。室外では、鳥達がよりうるさく鳴きました。この説明は全く簡単で、あなたと同じように、彼らも彼らのエネルギーのアップグレードと活性化を受けたのです。あなたはそれに対して、このように見たいと思って構いません – 彼らは命令を支給され、グリッド・キーパー、観測者、ガイア独自の三つ折りの炎の提出者としての任務のために呼び出しをかけられたのだと。」

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com
*タエヌのスピリチュアル百科はご覧いただけますが、現在、すべてのご依頼の受付は休止しています。

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」












スピリチュアル

シェルダンナイドルニュース

2013年01月03日
これまでに何度か紹介しております、シェルダンナイドルがチャネリングしたシリウスからのメッセージを紹介します。

シェルダンナイドル(SHELDAN NIDLE) は、1946年、ニューヨークで生まれました。シェルダンによれば、彼は生まれたその日から地球外生物と接触していたと言います。ナイドルは高校で物理学、化学、微積分学、先進の科学プログラムを学びます。その後主にエネルギー分野の研究者として働きます。1997年、彼はPlanetary Activation Organization (PAO)を設立し、銀河同盟のライトワーカー(通常シリウス人)の情報の発信をはじめます。彼のウェブサイトにプロフィールなどがあります。

Paoweb.com

チャネリングはどのようにして行なうのですか?

"「私には特別な交信用チップが体内にあります。簡単に連絡をとれるラジオトランシーバのようなものです。私はテレパシーでシリウス人の話を聞きます。まるでラジオが私の中にあるような感じ。素晴らしいですよ。シリウス人は私のエーテル体に3つ、肉体に1つの交信用チップを埋めこんでいきました。交信用チップは体内から取り外しても単体で通信につかうこともできます。」、" (過去の会見談より)。

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

以下はhttp://japonese.despertando.me/およびGalacticChannelings.com に掲載されている内容を転載させていただきました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

シェルダンナイドルニュース 2013年1月1日
http://www.ashtarcommandcrew.net/profiles/blogs/update-by-sheldan-nidle-for-the-spiritual-hierarchy-and-the-10
Update by Sheldan Nidle for the Spiritual Hierarchy and the Galactic Federation 01/01/2013

ドラッツォ!タジュ・ジャイ・ダン!(明けましておめでとう!)戻ってきました。人間にとって新しい時代の夜明けです。今までに何が起こったのかについて手短にお話することから始めます。私たちの聖なる秘密の連合は、次元上昇をしたマスターたちと共に、新しい経済システムを配置につけ、種々のキーパースンに貴金属の裏付けある通貨の配布と、それに関連する新しい銀行システムに関する指示を始めました。一方、現存する政権の古い官僚たちに代わって地位を踏襲する者が、瞬時に世界を変革させる告知の準備をしています。さらに、光に根ざす軍隊と軍事グループが一連の、新しい合法的な政府を権力の座につける法的処置を完了させる用意をしています。これが行われると、告知は放送され、6か条のNESARAの主要分がその土地の法律になります。最初は、これらの行動は、憲法への回帰、コモンロー、新しい貴金属の裏付けがある世界通貨の流通を確立します。この通貨は、新しい銀行システムを始動させ、世界に繁栄をもたらすものです。

銀行の免許が新規に発行され、企業は再編され、社会的に責任を持つパートナーシップに置き換えられます。大銀行と大企業は解体されます。新しく各種の機関と公共機関の完全な透明性に重きを置いた要件の詳細を記述した法律が制定されます。人々は、このプロセスの重要な役割を担います。これらの新しいパートナーシップには、ガイアを助け、数十年間に亘る不注意によって作り出された多くの問題の再考に向けられる仕事の必要性を認識することが厳に要求されます。これらの機関は工業的な公害を終わりにし、ゼロポイントエネルギーと光ビーム技術を利用してのクリーンエネルギー化を促進するために公共的に制御され、今繁栄しているコミュニティーと対話しなければなりません。私たちは、あなた方の対話能力を新しいレベルに引き上げ、ガイアとその広範囲の、脆弱なエコシステムに損傷を与える、集団農業やそのほかの伝統産業からコミュニティーを遠ざけさせる技術の供与による支援をするつもりです。

あなた方が優先的に実施しなければならないことは、コミュニティーライフの充実とふるさと社会に対する愛の表現です。私たち銀河連合は、あなた方が住んできる土地のスピリチュアル、及び物質的な様相を見ています。どちらの様相も、海洋、空、陸地のいずれであろうとも、私たちにとって非常に貴重です。あなた方の完全意識の祖先たちは毎日愛を実践し、あなた方の世界のいわゆる未開の人たちさえ聖なるエッセンスを保持しているのです。この観点があなた方のものになります。科学者たちは、この創造の中心教義の真実を把握し始めたばかりであり、エコロジーや関連する生物科学でさえこのような基礎的な見地を持っています。あなた方の意識が拡張するにつれて、あなた方の周辺のすべてのものに含まれる生命を感じ始めるでしょう。あなた方は美しいふるさとである地球の世話役の、生物世界を寿ぎ、それが与えてくれるあらゆることに感謝を捧げるコミュニティーを形成します。あなた方はあらゆる生命が聖なるものであり、相互に密接に関連していることを真に理解し始めます。

この統一は創造主が現実化した物理性における大きく断定的な要因です。この聖なるデザインはあらゆる創造物に見られます。私たちがどこに行こうとも、この統一的基本構成が見られます。この構成の下に太陽系は運用され、各部の生命は相互依存の状態にあります。この構成の下に天は物理性と相互に優しく対話しています。あらゆるところで、この全てを発達させるリズムが観察されます。 それは私たちにとっては尽きることのない喜びであり、あなた方は、私たちが言うことの深い意味を知っています。あなた方の生理の中に含まれ、認識されるべき、ますます多くのニーズが発見されつつあります。あなた方は又、他の真実にあなた方が気が付かないように教義という遮蔽物が用いられていることを見つけ始めています。あなた方は何が真実で何が自分の奥深くで同調するのかを探っています。この探りには、それを作動させる本質に関する認識を含み、何よりもまず、何か新しいことが必要だということをあなた方は知っているのです。 これが、これらの疑問に答える必要性を知りながら、ここにきている理由です。私たちの役割は、あなた方を完全意識へと突き動かす能力を用いて、天の助けを借りてそれらを供給することです。

ナマステ!私たちは次元上昇をしたマスターです。私たちは今、人間に対する聖なる導師としてここに来ています。私たちは聖なる時に、多くの驚異に満ちた新しい現実をあらわにするために来ています。ずっと以前に、私たち一人一人は、創造主の大いなる祝福と共に、完全意識への道の再発見のための能力を十分に明らかにするための壮大な追求を始めました。この旅は長く続き、骨の折れるものであり、数世代に亘る方向の誤まりがありましたが、その後ついに、偉大な栄光の瞬間がきました!私たちがどのような存在なのかを発見する過程で、私たちから何が取り除かれたのかを学びました。それから、数多くの転生で人間を急速に驚異の経験ができるところまで連れて行くミッションが始まりました。私たちは天にお願いをして、これが起きる道を見つけようとし、このプランは既に存在していることを発見しました。あなた方の領域全体で現在起きていることは、ある、真に例外的なことの始まりです。すなわち、あなた方は私たちのファミリーと面会し、ファミリーはあなた方を間もなく大量覚醒へと導きます。

完全意識は記念碑的な祝福の状態です。それはあなた方に高度に聖なる情動を経験させ、表現させ、物理性の世界の中でのあらゆる行動の探索を可能にします。これに対して適切な備えをしていなければ、肉体のソウルに大きい負担をかけるので、大きい責任が伴い、軽々しく考えるべきものではありません。これがこの変態には、優れた導師と特殊な技術が必要になる理由です。天はこれを知っていて、最も優れた質を持つ私たちを送り込んだのです。私たちは人間に対するすばらしいゴールを認識するこの機会を得たことを喜びとしています。時は迫ってきており、今、あなた方はちょうど、最も厳しい試練を通過した所です。残りは単にタイミングだけです。天のスケジュールが定められていて、あなた方人々は、非常に間もなく多くのファミリーをこの世界に迎えることが出来るばかりでなく、そのうちの一人になれるのです。

これらの天からの大いなる祝福は、もっとすばらしいことの始まりです!私たちはこのワンダーランド全体で、あなた方を導くよう指名されたことを誇りに思い、あなた方の非合法な政府の代わりが機能したら公式な導きを始めようと思います。新しい、よりスピリチュアルな環境においては、デスクロージャーが行われ、私たちはあなた方の前に姿を現します。多くの聖なる真実があなた方の覚醒への道の一部を形成するので、あなた方にはそれらの真実が知らされるでしょう。次元上昇をする、又は完全意識のマントを着装するには、注意深く組み立てられた指示が必要です。あなた方は壮大な創造の王国の踊りを学ぶことになるでしょう。これは私たちが慣れ親しんでいることですので、あなた方に容易に教えることが出来ます。あなた方がそれを始めると、世界のシフトが起きる時に用いられるレベルにまで急速に熟達し、意識は拡張し、天の領域との間の対話が劇的に増すでしょう。

今日は、あなた方の世界の周りに起きつつあることについてお話を続けました。毎日、あなた方は天が定めた運命に近づいています。あなた方は間もなく宇宙と内部地球のファミリーに会い、完全意識を取り戻します。親愛なる皆さん、無限の供給と終わりのない天の繁栄があなた方のものであることを知ってください!そうあれ!セラマト・ガジュン!セラマト・ジャ!(シリウスの言葉で、ひとつのものであれ、喜びの中にあれ!)

Planetary Activation Organization
http://www.paoweb.com/index.html

翻訳 Taki 

*以下の内容は私の個人的な見解ですが、一応付け加えておきます。

高次元のみなさんがメッセージの中で「まもなく」とか「もうすぐ」とかと表現されている場合は、「今日や明日にでもすぐに」と捉えられる場合もありますが、多くの場合は「準備ができ次第」とか「その機会が訪れたらすぐに」とかといったように、直線的な時間では「今すぐにでも」という場合もあれば、「何年か先になるような場合もある」と私は理解しています。

これは、あくまでも予測であることから具体的にはっきりとした日時までは示すことが難しいことや、高次元的な時間の捉え方の違いや、言葉による表現のニュアンス的な問題などから生じていると思われます。ですから、私はそのような言葉で表現されている場合は、具体的な日にちや時間が示されていない限り、時間的には幅を長くもった「今よりも先のベストな機会に」というような感じで捉えるようにしています。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆≪アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com
*タエヌのスピリチュアル百科はご覧いただけますが、現在、すべてのご依頼の受付は休止しています。

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」












銀河連邦からのメッセージ(シェルダンナイドル)

マシュー君のメッセージ(68)

2013年01月03日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

これまでに何度も紹介しています森田玄さんのブログ「玄のリモ農園ダイアリー」に載せていただいたマシュー君からの新しいメッセージの和訳文です。

このメッセージを送ってくれたマシュー・ワード(Matthew Ward)君は、1980年に17歳で亡くなっていて、それ以来、お母さん(スージーさん)のチャネリングを通してさまざまなメッセージを送ってくれています。

マシュー君は太陽系のもっとも高い菩薩界磁場相に存在する意識体で、さらに上なる銀河系磁場からの情報を伝えてくれているようです。

以下、森田玄氏が2013年1月3日付で「玄のリモ農園ダイアリー」http://moritagen.blogspot.com に掲載してくださった内容を転載いたします。森田玄さんには、心より感謝いたしております。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

2012年12月29日

12月21日の反応と実際の影響、現実を創造する信念、闇の余波とその“ガレキ”処理、期待すること、ET到着は神の責任、情報源、安定するアセンション、同じエネルギーの魂と科学

1. マシューです。この宇宙領域のすべての魂たちから心からのご挨拶をします。いったいどうなるんだろうとワクワクする気持と様々な思いで人々が長く待ち望んできた日、12月21日が来て過ぎて行きました。

2. その日の一人ひとりの経験は、魂自身と同様に、それぞれ個人的で独特なものです。それでもライトワーカーたちに感じられた感覚は主に、ある人たちには高いスピリチュアルな調和、ある人には平和と幸福、また劇的な変化を期待していた人たちには失望の瞬間だったと表現できるでしょう。“終末論”信者たちを除けば、それ以外のマヤ歴に少しでも関心を持っていた地球の人々の一般的な反応は、“べつにいつもと変わったことなど起こるとは思っていなかったよ”でした。

3. 僕たちの親愛なる地球ファミリーのみなさん、いつもとは全然違うことが起きたのです。冬至の日に地球にしっかり留まるように送られた強力なエネルギーが、何百万の魂たちを光で照らしたことを知ったら、あなたたちの世界の誰もが大喜びしたことでしょう。その中には、地球のアセンションなど何も知らない人たちや“日和見主義”の人たち、あるいは闇の道にはまりそうになっている人たちが含まれています。無意識ではあるけれど、人々はすべてあなたたちの世界の過ちを正そうという願いと決意を、集合意識の中で強めています。

4. あなたたちにはもちろん僕たちが見ているようには見えませんが、その莫大な量の愛と光のエネルギーの注入の影響を見ることになるでしょう。今までにも増して世界中の人々が、無差別多量殺人後のショックと悲しみにいる人たちや、独裁からの自由のために闘い死んでいる人たち、ホームレスで飢えている人たちに、深い同情の気持を抱き始めています。

5. これまでも出来る限りのことをして、ほかの人たちを助けようとする人たちはいつもいました。これまでになかったのは、魂のレベルでは知られているあらゆるものがひとつというワンネスが意識レベルにまで昇ってきていることです。そうなることで、苦しんでいるあらゆる人たちとのつながりの感覚がゆっくりと目覚め始めています。

6. 最近の光の注入によって、あなたたちの世界の暴力を終わらせよう、たくさんの貧しい人々の暮らしを向上させようという、魂レベルでの人々の意思がひとつになりました。この意思にしたがった思考と行動が合体して、これが実現できるという集合的な信念に発展するにつれ、それを達成するための確固たる歩みが取られるでしょう。

7.  コンティニュウム(時空連続体)の中では、これが既成事実であることをあなたたちは知っていますね。でもほとんどの地球の人々は、さまざまな第三密度の意識レベルにまだいます。そのレベルでの可能性は、第三密度の感覚と能力と、これまで教えられて来たことだけに限られるのです。

8. その人たちの平和で幸せな世界をこころから望む気持は本当ですが、彼らの限定された信念は、それが本当に起きるだろうかという疑いを生んだのです。信じることがリアリティ(現実)を創造するという宇宙の法則が、一人ひとりとそれぞれの人生に影響を与えることは広く知られていません。ですから、あなたたちのほとんどの文明社会では、あなたたちの世界のおびただしい恐ろしい状況は、あまりにも深刻で治しようがないと、これまで信じるように刷り込まれてきたのは理解できます。いま、魂レベルの気づきによって、“不可能”から“もしかしたら可能”にと思考が変化し始めています・・ですから、やってみましょう!

9. 地球はいま、宇宙の窓を通り過ぎているところです。そこでは、第三密度の最後のわずかな痕跡は極めて弱々しくなっているため、それらは闇が入れない第四密度のより明るい、より力強い最初の痕跡のわきにあって、ほとんど見えなくなっています。宇宙の歴史でも、未曾有のこの栄光ある偉業にあらゆる光の存在たちが歓喜の声をあげていますが、だからと言って、地球が突然パラダイスに変容するわけではありません。

10. 暴風雨が死と破壊をそれが通った後に残すように、闇も同様です。でも嵐はほんの数時間しかつづかないし、世界中を襲うわけでもありません。闇は地球の生命を何千年も支配して来ました。あなたたちの今日ある世界の状況は、何世代にわたる闇の破壊の結果なのです。それが惑星地球にもたらした傷と多くの人々のこころを支配して来た影響力を後に残したのです。

11. 闇が残したガレキがきれいに片付くのは、僕たちの宇宙ファミリーがそこに来るまでは起きないとあなたたちの中には思っている人たちがいます。宇宙ファミリーが彼らのテクノロジーを持ち込んで、あなたたちと一緒にはたらきたいと思ってはいるのですが、そのような支援の可能性は、集合意識に強く記録されてはいません。この場合の良い点は、惑星地球の魂たち、そしてもうすぐほかの魂たちもです、が率先して必要とされる変化を起こしていることです。

12. ここしばらく起きている変化をどうぞ見過ごさないでください。たくさんの嘘と腐敗が明らかにされ、いくつかの国では、市民が立ち上がって抑圧のくびきを投げ捨てています。選挙で選ばれた政府が、市民の必要とすることを満たせないところでは、高まる草の根運動が変化を押し進めています。崩壊した経済で打撃を受けた人々は、素晴らしい方法を開発して困難に耐えるだけでなく、それを克服しています。

13. あなたたちの中に暮らしている地球外生命体(ET)たちが、これらの偉業に手助けしているのは本当ですが、どうか、あなたたちこそ自分自身を褒めてやってください。あなたたちの神性で、光の中の揺るぎない行動が掛け替えのない貢献です。あなたたちの祈り、輝く地球のビジョン、貧しい人たちとの共有、環境保護やほかの貴重な活動に関わる組織を支援するパワーは計り知れません。

14. 実際のところ、もっとたくさんのことがされなければなりません。そして努力をつづけることで、光の勢いがより速く広く広がるにつれて、さまざまな計画と意図が実を結ぶでしょう。平和で自然と調和する暮らしを望むあなたたちのこころに共鳴して新しい年が進むにつれ、抵抗と敵対心が話し合いと協調と精神の統合に進展していくでしょう。

15. 試行錯誤とつまづきのように“のらりくらり”することが途中にあるでしょう。でもそれらは前進運動を妨げるというよりも、むしろあなたたちが望む平和で健康で美しい世界を創造する方向に全員でしっかり向かって行こうという意思を強固にするでしょう。

16. さらに多くのあなたたちの宇宙ファミリーたちが、あなたたちに加わることになるでしょう、それは確かです。でもこれはあなたたちの世界であり、あなたたちが責任をもってすることなのです。ライトワーカーたちの一部は指導的立場にいまあるか、まもなくなるでしょう。その一方で、あなたたちのほとんどは、目覚めている魂たちと、まだそこまで到達していない魂たちのための道案内人です。それには単純に、あなたたちがいまあるようにそのまま光に生きれば十分です。

17. この惑星に何世代にわたって、かつてなかったレベルの波動エネルギーが広まり、それに対応してあなたたちの波動速度が高まっています。あなたたちの本質そのものである光が、かつてないほどに増大したパワーで輝いています。この光が、あなたたちが出会う人々の考え方と感情にとてもよい影響を与えています。そしてそれが外に流れ出て、あらゆるところに残っているネガティビティ(破壊的エネルギー)のかけらを光に変える助けをしています。

18.  あなたたちの輝く光が、12月21日に期待していたことが起きなかったので、がっかりしているあなたたちの仲間たちを元気づけるでしょう。つまり、世界の状況はあの日に劇的に向上することはなかったということです。

19. 期待することについて話しましょう。それには信念がリアリティ(現実)を創造するという宇宙の法則に戻る必要がありますが、その法則には、ある条項が存在することを付け加えます。それは、信念はその状況内にあって現実的なものでなければならない、というものです。

20. 例えば、高速で走っている列車が、わずか数メートルに迫っているのにもかかわらず、踏切を無事に越えられると信じる人がいるとしましょう。地球のような環境では彼はできません。そこでは、危険が非物質化や空間移動で回避できるという信念は、集合意識としてないからです。ですから、それらはあなたたちの世界ではリアリティでも可能性でもないのです。

21. それは、12月21日の期待はずれのことも同じです。あなたたちの大半の人々が、やっと今になってあなたたちの世界をより良くできるかもしれないと信じ始めたところです。どのような特定な日であっても、あなたたちの世界全体で起きる重大な変化は、それらの信念体系の中にありません。ですから、集合意識にも強くないことになります。そして、集合意識が文明社会の創造的な力をつくるのです。ですから、地球の環境ではどのような日であっても、世界中の大きな変化を期待することは、リアリスティック(現実的)ではないのです。

22. “終末論”信者の信念については、それらは集合意識とだけではなく、まったく他から“ずれて”いました。惑星が自滅するか破壊されるだろうと信じることは、ガイアの惑星体とそのすべての生命体のための、黄金時代の彼女のビジョンの正反対です。神は彼女(ガイア)の望みを尊重しているのです。

23. ですから、12月21日の前の日もその当日と大して変わらず、その翌日も同様ですよと僕たちが前のメッセージで確信をもって言うことができたのです。地球が第四密度のはじまりに到達したときには、お祝いの”リボンカットセレモニー”はなにもありませんよと冗談に言いましたが、それはリニアル(線形)時間で言えば、その日辺りになることが知られていました。
(2011年9月9日のメッセージ:”最後”の第三密度エネルギーの流れが漂う中を地球がアセンションするとき、それは第四密度の”最初”の流れと入り混じるので、あなたたちがそれを日ごとにダイナミックな変化として気づくことはないでしょう。言わば、リボンを切る記念式典のようなものはないでしょう。)
24. ほかの世界から来る僕たちのファミリーの到着に関して、集合意識の文明社会への影響にはもうひとつの要素があります。あなたたちは宇宙船の着陸とあなたたちの中に住んでいるメンバーたちとの会合を心待ちにしています。

25. けれども、そのようなワクワクする気持を分かち合う人はあなたたちの社会ではほとんどいないだけでなく、“エイリアン(宇宙人)”たちが救援に来るとか、すでに地球に住んでいるという事実は彼らの信仰体系にはありません。そのうえ、ほとんどの場合彼らの地球外生命体のイメージは、映画で描かれているような地球を侵略するモンスターというものです。

26. 僕たちが前のメッセージで述べたように、以前は宇宙最高評議会が到着と紹介のタイミングについて責任を負っていましたが、いまは神に一任しています。地球人類が宇宙船の大挙着陸を眺め、そして普通ではない姿の存在たちを歓迎するための精神的な用意が、いつできるか決定するその重い責任を、神は評議会から外してあげたのです。会合が恐れではなく歓迎の気持でできるようになれば、神はゴーサインを出すでしょう。それが来ることを知っている僕たち全員と同じように、彼(神)もそのうれしい時を心待ちにしています。

27. 神がこれの舵を取ることになったのは、僕たちが最初のメッセージで伝えたことからの変化です。変化は宇宙の頂点で起こります。それはあなたたちの暮らしで起こるのとまったく同じです。ですから、僕たちが間違った情報を与えて、後でそれを取り消すということではありません・・僕たちのメッセージの時点で分かっていることを、あなたたちに伝えています。もしその後に重大な変化があれば、それを報告します。

28. あなたたちの中で、僕たちがどこから情報を得るのか訊いて来ている人たちがいます。一部の情報は僕たちの魂レベルの知識で、それは自己発見、あるいは思い出すことを通して現れて来ます。それはもっとも適切、簡潔には“宇宙知識”と表現できます。僕たちの知識はほかのどの魂たちと変わりません。単に、スピリチュアル(霊的)と意識的な進化によって、僕たちは進化が遅れている魂たちよりもその知識の宝庫にあることを思い出すチャンスをより多く持っているだけのことです。

29. 地球がどうなるのか、そして地球に起きていることについての僕たちの情報は、たくさんの情報源によっています。いくつかからの情報が大体同じであれば、僕たちは自信を持ってあなたたちと共有しています。

30. ひとつの情報源は神です。彼(神)が宇宙船団司令官にゴーサインを通知するよう評議会に告知するときについて、いま僕たちが言ったことを神が僕たちに教えました。その評議会は、もうひとつの情報源です。そして銀河系間宇宙船団司令官であり、地球とほかの宇宙とのあいだの通信長官で、僕たちの親友のハトンもそうです。僕たちはニルヴァーナにいて地球の活動をモニターしている人たちと、あまりにもスピリチュアルに、知的に、そしてテクノロジー的に進化しているので、この宇宙領域でも魔法のように見える宇宙文明社会人たちとも連絡を取っています。

31. 僕たちは、宇宙の総合意識と地球の集合意識であるアカシックレコードにアクセスできます。また地球の可能性のエネルギー場に存在することを知っています。可能性が確率性に、確率性が確実性になるのはその場(フィールド)の中です。それは、あなたたちの集合的な思考と感情と行動が、ある起こりうる出来事に与えるエネルギーの量によって決まります。

32. さて、あなたたちの太陽系の惑星配列の自然な変化が、強力なエネルギー上昇をもたらしていた過去数カ月間にくらべて、いまからは地球の行程はもっとスムーズになるでしょう。そのようなエネルギーの急上昇は、地球が第四密度の入口に到達するために必要な飛躍的前進を彼女(地球)にもたらしましたが、同時に、あなたたちのからだが増大する波動エネルギーに順応しようとしたために、あなたたちの多くは当惑するような肉体的、感情的、あるいは精神的な不調を経験したのです。

33. これから先は、クリスタル基盤の細胞構造と地球のアセンション行程にしたがって強度を増す光とが一体になるので、あなたたちのからだはもっと安定してくるでしょう。そして、どのような状況が起こっても、あなたたちは落着きと自信と内なる叡智をもって対処できるようになるでしょう。

34. ほとんど例外なく、あなたたちの科学者たちは光を天体物理学とテクノロジーに照らし合わせて見るようになり、宗教は愛を魂の領域にあるものとして見るでしょう。科学の光と魂の愛がひとつの同じエネルギーであること、そしてコスモス(大宇宙)でもっとも強力なフォース(力)であることが知られるでしょう。ガイアと彼女の惑星体が神の完全な存在として創造されて以来、このエネルギーがあなたたちの世界にこれほど多量に流れたことはありません。それによって、彼女の住人たちと地球自身の傷を癒すことができるのです。

35. この宇宙全体の光の存在たちは、これまで通りそしてこれからも永遠に、あなたたちの見えない支援者であり力を貸す人たちであることを知って、あなたたちの2013年を迎えてください。僕たちがあなたたちに感じている無条件の愛を、あなたたちも僕たちに同じように感じられるようになったらなんとうれしいことでしょう!
____________________________

愛と平和を
スザンヌ・ワード著
原文: Matthew’s Messages

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ






マシュー君のメッセージ

ヒラリオン 週間メッセージ

2013年01月02日
DSC02890+(3)_convert_20130102130454.jpg
昨日1月1日AM8:18に撮影しました自宅の裏山から見えた初日の出です。石垣島のお正月は薄らと晴れて、島内のいたるところで初日の出が見られたようです。昨日の最高気温は20,5度、最低気温は12,5度でした。

2013年

新年あけましておめでとうございます!


地球は予定通りにアセンションを果たすことができ、私たち地球人類も世の中のすべてにおいても、さらなる飛躍がよりスムーズにできることを期待できる年となりました。

これまで通り、目指すことは魂の向上でありますが、そのためにもこれまで以上によりポジティブなことを選択するように努めつつ、自分自身により厳格になり、より一層の修養に努める必要があることを私は認識しているので、この先もさらに尽力し続けて実行していきたいと思っています。

そして、みなさまとともに、より軽やかに、よりナチュラルに、より自分らしく、より楽天的に、よりわくわくする道を選択しながら、より幸せになるために、より大きな愛をめぐらせることができれば幸いと思っています。

当ブログでは、これまで通りに、私自身がインスピレーションや直感などによってもたらされた気づきや知識、そして、あらゆる情報の中で得た知識の中でも、みなさんにシェアしたいとわくわく感じた内容を掲載し続けていきたいと思っています。

また、私以外の方がチャネリングして書き下ろされたメッセージの中でも、私自身が読んで共感したり感銘を受けたりした内容を精選して、みなさんにシェアしたいとわくわく感じた強く深く信頼したメッセージも、記載元の管理者様から承諾を得られた際には、これまでのように、転載して掲載していきたいと思っています。

「タエヌのスピリチュアル日記」を、今後ともどうぞよろしくお願いします!


☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

サルーサやメタトロンからのメッセージなどを紹介させていただいているhttp://japonese.despertando.me/に掲載されております、「ヒラリオンの週間メッセージ 12月30日ー2013年1月6日」を紹介いたします。

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

ヒラリオン 12月30日ー2013年1月6日

Written By / Escrito Por: AoiDesp
|
January 1, 2013

愛されし者達、

大気は驚きとマジックで生き生きとしています。何か素晴らしい物事がやってきている予感の、浸透する感じがあります。あなた方は目的地に着いており、今引っ越しして落ち着いています。あなたの内側と私生活における変化は全く新しい現実へ劇的にシフトするのではなく、むしろあなたがいる微妙な変化に生じています。あなたが伴にこの冒険を旅している者達には、その違いに気付きかつ何か深遠なことが起こったと気付くようになるための時があることにより、これはそれがそうあるべき通りです。

これらの変化は、あなた方各自の内部で連続的に起こっています。エネルギーのダウンロードには次の猛襲の前に同化が可能にするためのリズムと波があります。生じるままのこのプロセスの波の盛衰に気付いているようになってください。そしてそれは、今は馴染みの活性化と同化の症状がいつ来るかを知る助けとなるでしょう。これらの時の間は自身の身体の要素に耳を傾け、内部の訴えにしたがってください。あなた方の多くは、日がな、増加した「うとうと」状態を経験しています。また、それは実際に横になるか、統合に相対的に楽に起きるようにさせるために短時間静かに座ることで、この感覚を尊重することを支援するでしょう。

あなた方が現在あるこのプロセスは、蝶のライフサイクルの蛹の段階に例えられます。あなたの神性のより高い側面で偉大な統合が起こっており、これはあなたの全感覚の使用を、とりわけ特にあなたの直感的な能力を必要とします。あなたは、束縛であなたを千年の間拘束したその領域の支配を維持しようとする心の絶え間ないおしゃべりを聴いているよりも、むしろ心の内部の訴えに耳を傾けることを学んでいます。ものすごい不快感と不可解な心配が起こる期間があるかも知れません。前面化してきている思考を観察してください。そうして、既に経験され今は過ぎ去った過去からの経験は、最終的なチェックのためにあなたの前をパレードしているのだと分るでしょう。

単に見て、許して、これらの経験があなたが現在いる地点にあなたが着くのを助けたのだと認めてください。あなたが誰であるかを本当に学んでいるのは、この地点です。由緒ある格言「汝自身を知れ」は今こそ大きな重要性を持ちます。あなた方は、より大きな内側の調和化に到達するために、本当のあなたではないものから真にあなたであるもの(神)を切り離すプロセスにすべてあります。気付きは各々に来るように、この潜伏期間は各個人で異なります。あらゆるソウルはもはや自身のために役立たないすべてを認める機会を与えられます。そしてそれに続く新しいパターンを創ることが彼らを自分が創りたい方向に連れて行きます。

この経験に判断あるいは疑問を自身与えないでください。というのは、あなた方が経験したすべてはあなたの展開の必要な部分だったのですから。とりわけ、愛しき者達よ、あなたの個人的なきまぐれや表現のパターンすべてで、あなた自身を無条件に愛してください。あなた自身とあなたの周りの人達への贈り物が、あなたが経験したすべての中にあります。あなたが選択している道にはもはや奉仕しない振る舞いの傾向を手放すことは、あなたの前で首を長くしている未知の領域へと新しい旅を加速させます。the One(一つ:創造主)があなた方を愛しているように、私たちがあなた方を愛しているように、お互い愛し合ってください。すべて良い状態です!

次週まで…

私はヒラリオン

©2012 Marlene Swetlishoff/Tsu-tana (Soo-tam-ah) Keeper of the
Symphonies of Grace

翻訳 ソウルカメラ

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ



ヒラリオンからのメッセージ
« Prev | HOME |