10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

地球とともにアセンションするための留意点

2012年11月30日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

私たちが住んでいる地球表面上の物質世界は、今の時点では3次元世界であります。そして、今のままでいけば2012年12月21~22日には、4次元の波動域(密度)へと上昇するであろうという予測が成されているわけですが、実際には、今の地球はその次元の変わる直前の時期、つまり、まだ実際には3次元世界であり、すでにあらゆることが4次元世界に移行するために大きく変化している大変革期の真っただ中でもあるのです。

ただし、大きく変化しているとはいっても、物質的レベルでは、徐々に変化しているように感じることがほとんどです。必要に応じて急激に変わることもありますが、よりスムーズに変化するには、できるだけ徐々に変化する方がスムーズな場合が多くあるからです。でも、実際には波動やエネルギーの状況は急激な変化は続いており、地球全域にわたって大きく変わっているのが事実です。

今、こうして急激に与えられ続けている宇宙エネルギーは、すべてが光である高い波動のものばかりではなくて、同時に低い波動のエネルギーも与えられています。

これは、波動の法則でもあり必要の法則でもありますが、3次元世界にはまだまだネガティブなエネルギーもたくさん混在しているために、陽(ポジティブ)のエネルギーのみではなく、陰陽の調和のためにも、陰(ネガティブ)のエネルギーも与えられているのです。

つまり、陰陽の両極のエネルギーが与えられていることから、ポジティブな生き方をしている人は、その必要に応じて、波動の高さに応じて、この両極のエネルギーの中でも高い波動のエネルギーを多く受け取ることができます。これは個々の選択によるものもあれば、集団意識とか政治や経済や教育やスポーツなどのあらゆる物事にも当てはまりますが、ポジティブなことを選択すればするほど、その波動の高まっている状況に見合ったエネルギーを、さらに多く受けることができるのです。波動の法則によって引き寄せ、必要に応じて与えられ、様々な高次元の存在からも、さらに護られ応援されサポートされ導かれるために、どんどん波動は高まっていくのです。

逆に、波動の低いことを選択し続けてしまうと、その逆のことが起こって、ネガティブなエネルギーがめぐってしまいます。高次元の存在も、あまりに波動が低くなるとその波動が合わなくなってしまい、サポートをしようとしてもエネルギーやインスピレーションなどを与えにくくなくなってしまったり、さらに低くなると探し出せないような状況になってしまうこともあるのです。

それが、今の時点での地球表面上に与えられているエネルギーの状況であり、スピリチュアルな観点から見た、地球表面上の2極化が進んでいる状況です。そして、今、アセンション直前の転換期でもあるために、次の世で生きていけるまでに波動を徐々に高めていく生物とそうでない生物とに分かれていっていますし、必要な物事は発展し、4次元の世に必要でない物事は変わるか消滅するかの一途をたどっている最中なのです。

3次元世界は、陰も多くある中での陰と陽とが調和している世界です。ネガティブなものも多くある中で、ポジティブなものも混在して調和が成されているのです。それが3次元世界の特徴なのです。しかし、4次元よりも高い世界に存在できるまで波動を高めると、3次元世界にあるようなネガティブな意識も言動もなくなります。なくなるというより、そのようなことが生じる状況ではなくなり、その波動状況に合った、愛に満ちた、自由と平和の大調和の世界が現実世界となるのです。そして、はるかに陽が多い中で調和がなされるのです。

肉体も今のような重い密度の物ではなくなります。炭素基盤からクリスタル基盤へと変わるのです。そして肉体ばかりでなく、すべての物質自体の密度が軽くなるのです。でも、「今」の時点では、地球上は3次元の波動域の世界でありますから、ネガティブなものがあって当然なのです。不安や心配や恐怖、悲しみ、苦しみ、痛み、嫉妬心、エゴなどなど…の意識、肉体的な痛みや病気…そのような低い波動を生じる可能性が常にあり、実際に部分的でも一時的でも常時であっても、このような低い波動を持ち合わせていて当然なのです。

例えば、今、私たちがまとっているような叩かれて痛いと感じる肉体を持っていると自覚していたり、死に対して少しでも不安や恐怖のような感じを持ったりしていると自覚しているような私たちは、間違いなく3次元の世界に住んでいる人間なのです。何もしていないのにおもいきり頭をたたかれて、痛みも、不安も、嫌な感じの驚きなどといったネガティブなことは何も感じず、瞬時に高い波動の「許し」や「感謝」の気持ちでいっぱいになる人などはいないでしょうし、たとえ感情的には波動が下がらなくても、痛みや違和感を肉体で感じた瞬間に、多かれ少なかれ、必ず何らかの低い波動を発するはずなのです。

それが、3次元世界に生きている人の特徴であり、もしも仮に完全にネガティブなものがまったくないとしたら、3次元世界の波動とは合わないために、地球人類として存在するのは難しくなるはずです。というより、あえて3次元世界に転生している意味がなくなるのです。

ちなみに、このように肉体を含めた物質的な状況や現実世界は3次元の世界ではありますが、意識の中は多次元世界になっています。地球人類の多くの人は、4次元や5次元、もしくはそれよりも高い波動の意識を持ち合わせている人もいます。すべての人類がそのような高い意識である純粋な愛の光を持ち合わせているといってもよいでしょう。

しかしその反面、まだまだ3次元的なネガティブな意識も持ち合わせていますし、それ以下の次元的な意識を持ち合わせている人もいます。自覚している人も自覚していない人(ネガティブな波動はまったく持ち合わせていないと思いこんでいるとか、自分はすでに個人的にアセンションを果たしていると思い込んでいる人)も、先ほど述べましたように、結果的には今の世で肉体を持って存在している以上、すべての人が3次元以下の世特有のネガティブである意識も持ち合わせている、あるいは常にネガティブな意識を生じる可能性を持ち合わせているのです。

でも、もし今後、ネガティブな意識が生じなくなり、今持ち合わせているポジティブな意識が残っただけで、それだけで高次元の存在に至るのです。つまり、すでにほとんどすべての人には、すでにアセンションできる可能性が備わっているのです。そして、今後、加速し続けるエネルギーの中で、今、そしてこの先に、自己の責任によってどのような選択をするのかにより、自分の意識一つでどの方向にでも向かうことができるのです。

アセンションに向けて、さらに地球上の波動は急加速して高まっていきます。そして、その波動が高まるにつれて、人々やすべての生物も、あらゆる物事も、さらに2極化が進んでいきます。この2極化とは、次の世である4次元に存在できるように波動を高めていくものと、そうでない道を歩むものとに分かれていくということです。

今はまだアセンションに向かっている途中であるわけですから、ポジティブなものとネガティブなものとの両面を持ち合わせていて当然なのです。その中で、いかにバランスをポジティブに保ちつつ、全体的な波動をいかに高めていくのかが、今の私たち3次元世界に転生している人の共通の学びであり、その学んでいる最中なのです。そして、そのような両面のバランスを保つ中で、いかにポジティブな波動を多く発しつつ、ネガティブな波動をより少なく発しながらバランスが保てるのかどうかで、総合的な波動が違っていくのです。

先ほど述べました地球上で高まり続ける波動も、陰陽の調和のために両極の波動・エネルギーがありますが、割合的にはポジティブな波動・エネルギーの方が強いのです。バランスを保つ際に、ポジティブな波動・エネルギーの方が強い状態でバランスを保ち続けているのです。

ですから、地球全体の波動は、結果的には両極が高まりつつも、総合的にはどんどんポジティブなエネルギーの方が量も質も多くなりつつバランスを保っていて、さらにこの先も、割合としてはポジティブなエネルギーの方がますます急激に増え続けるのです。そして、そのエネルギーが増大するにつれて、地球表面上に存在するすべてに関しても、徐々にポジティブなエネルギーとネガティブなエネルギーとの割合が変わっていき、そのエネルギーの状況に即した心身の状態に至っていくのです。

そして、その波動・エネルギーの状況が、ネガティブなものがとても少なくなるまでに至るのが2012年12月21~22日頃(冬至)のアセンションの時なのです。ですから、実際には、まだその日の時点では、波動・エネルギー自体がほぼ完全にポジティブであったとしても、表面的(現実的)には完全にポジティブな状況に至っていない物事や人の意識も、まだそれなりに残っているはずなのです。

急に完全に変われるものとそうでないものとがありますが、人の意識すべてが完全にポジティブなものに変わったり、世の中の体制(政治・経済・教育等)すべてが完全に宇宙の真理に合ったポジティブなものへと変革するにまで至ったりすることができているのかといったら、まだそうでない変革途中のものもあるのです。

そして、アセンションして地球全体が4次元以上の波動(密度)に至った時点で、現実的にもほぼ状況はその波動に見合った状態にまで至りますが、完全に4次元の波動に見合った現実的・物理的な状況に至るまでには、アセンションしてからもしばらくの間は多少の葛藤や変革が続きます。

人としての大きな変化としては、肉体がクリスタル化するとか、DNAが増えるとか、コミュニケーションの主な手段がテレパシーによるものになるとかといったような、今の状況とは大きく変わることに関しては、今の時点でも波動に合わせて徐々に変化している最中ではありますが、アセンションした瞬間からそれ以降には、それなりにはっきりと自覚することができるでしょう。

かといって、無理に今からコミュニケーション手段を言葉ではなくテレパシーで行う練習をするとか、今はどの段階であるかとかと確かめるとかといった必要はありません。自分自身の波動をより高められるように努めていれば、そのようなことは必然の結果として生じるのです。

ちなみに、地球がアセンションするには、地球表面上に存在する我々地球人類の集合意識や波動レベルが高まることが要因にもなりますが、今回の地球のアセンションはその要因のみではなく、宇宙の動きの中で、宇宙から地球に与えられるエネルギーが加速し続けて、2012年12月21日~22日に、銀河の中心を含んだ星の整列がなされ、そのために地球に向かて発されるエネルギーによる影響も加わることも大きな要因となって、地球のアセンションは起きるのです。

また、銀河の中心を含んだこの星の整列は、今の時点でも徐々に進んでいますが、それに伴ってエネルギーが徐々に、かつ急速に加速されているのです。フォトンベルトから与えられる多大なるエネルギーの影響を受けているのです。ですから、アセンションできるか否かは地球人類個々の波動次第であり、今、そしてこれからの自己の選択次第である、というような言われ方がよくされるのは、そういったことから生じるのです。この2極性のエネルギーが加速し続ける中で、どちらの方向を選択し続けるのかによって、アセンションできるか否かという道を選択するのかに繋がることとは、そういった意味なのです。

アセンションの情報の中で「ポジティブな考えを持っていればアセンションできて、ネガティブな考えを持っていればできない」というようなことが述べられているケースもあるようですが、こうして3次元世界の地球人類である以上は、これまで述べてきましたように、まずそのようなどちらであるのかといった結果を求めても、両面を持ち合わせているわけですから二者択一で答えるのは難しいこととなるでしょうし、そのようなものであれば、今の時点でアセンションできると確信できるような人はいないといっていいでしょう。3次元世界に暮らしている以上、必ずポジティブな面とネガティブな面の両面を持ち合わせているのです。

しかし、「ポジティブなことを選択し続けるように努め、ネガティブなことを選択しないように意識しつつ、ネガティブな状況に至った場合には改善してポジティブに変換するように努める」ことは、向上心さえ持ち続けていれば、それなりにできることでしょう。実際は、このような意識を持てるかどうか、そして継続して持ち続けて実行できるかどうかが大切なのです。

実際に現時点の3次元世界移行期から4次元世界の当初まで、つまりアセンションして数十年くらいまでは、ネガティブな意識は残ったままでいる人もいるはずです。ただし、3次元世界の終盤である現在に、より波動を高めてある程度まで総合的に高い波動にまで至れば、エネルギーの変化に伴って、よりネガティブな意識は減り続きつつ逆にポジティブな意識が高まり続け、現実的にもそのような行動をより多く選択するようになっていきます。

そして、アセンションして4次元の世に入って、そのエネルギーに乗じて個々の意識でポジティブな選択をし続けているうちに、ふと気がつくとネガティブな意識はなくなっており、愛と平和と自由と宇宙の統合の中で至福の時を過ごしている自分に気づくことでしょう。それが、アセンションを完了した時点での姿であり、さらに地球は5次元にまでアセンションするので、3次元的には言葉で言い表せないほどの愛に満ちた至福の世に至るのです。

ですから、今の時点では、まだ移行期間であるの3次元世界に存在しているために、ネガティブな意識があっても当然なことなのです。そして今、またこの先に、私たちがどのような意識の中で何を選択し続けるのかがアセンションできるか否かにつながります。その人数がわずかなものになっていくのか、それともかなり高い割合の人がアセンションできるのかは、アセンションということを意識していても意識していなくても、すべてがこの先の意識の持ち方や選択によって変わっていきます。

ちなみに、もうすでに今の時点で、アセンションできるか否かを、宇宙や神が選別し終えているために、既にそのようになるのかという結果が決まっている…というような情報も流れているようですが、決してそのようなことはありません。宇宙はそのような選別はしていないのです。宇宙の法則も神の意思も、すべてに対して平等にめぐっているのです。

ですから、今、この地球上に存在している人すべては、神(宇宙の根源)と魂との間でアセンション前に地球上を去るという合意がなされていたり、魂の自由意思としてこの先に望まない限り、地球人類としてアセンションを経験する可能性は、すべての人に残されているのです。つまり、この先にアセンションできるのか否かは、この先の地球人類個々の在り方、自分自身の在り方次第なのです。

先をネガティブに見過ぎて悲観したり取り越し苦労をしたりするよりは、今、できることの中でポジティブなことを選択し続ける方が波動は高まります。ネガティブな意識が生じても、それを認め、許し、そして改善してポジティブなものへと変換するように努めれば、いつのまにか習慣のようになっていき、加速するポジティブなエネルギーもさらに与えられることで、波動はさらに高まり続けます。

このようなポジティブなめぐりにより、幸福感を味わうことは、多くの人が望んでいるはずです。そして、多くの人は、今すぐにでもそのような方向へとまっすぐに歩むことを、自分の自由意思による選択次第でできることなのです。ただし、急激な現実としての変化を望んでは、焦りやエゴが生じるなど、さらに落胆や悲観などのネガティブな状況に至ってしまう場合があります。3次元世界の現象は気にしつつも、自己の意識の中で、今、できる中で何を選択するのかに全力を注ぐことが大切になります。

そして、3次元的な現実として表面化することも、意識の中で感じる幸福感も、すべての現実的感覚は結果として生じるものなのです。結果をむやみに求めようとしなくても、波動さえ高まり続けていれば、その結果としてそれに見合った現実世界や顕在意識を味わうことができるのです。

今、私たちがアセンションに向けて意識すべきことは、意識をより波動の高い状態に保つように努めること。そして、波動が低くならないようにも努めること。あらゆる行動や意識の持ち方などの自己の責任で選択すべきことは、より強く自己責任を持つよう努め、よりポジティブな選択をし続けるように努めること。ネガティブに感じるようなことがあれば、できるだけ早い段階で、できるだけポジティブに変換して受容したり、選択をし直したりして、「今」の時点での結果を、より波動の高い状態にできるよう努めることです。

また、政治・経済・教育などの世の中の体制やエコなどといった地域や日本や地球全体に関わるようなことに対して、自分なりにできることは行い、行動に移すのが難しいようなことはポジティブになるよう願い、無理をしない程度にわくわく感じることを選択し続け、人のため自分のため世のため地球のため宇宙のために、今、できることは行いつつも、今、特に他には何も浮かばなかったら、いつでもさらにお役に立てるようにスタンバイしてその機会を待ち、より楽天的で余裕のある状況で在るようにすることです。

そして、ネガティブな情報や出来事には焦点を合わせすぎず、「かわいそうに」「お気の毒に」「改善できるようにがんばってね」と慈しみや励ましなどのポジティブな愛の心を向けるように努め、ポジティブな出来事により強く焦点を合わせるようにすること。どのような人に対しても、結果的には「許し」や「感謝」や「慈しみ」などの‘より大きな愛’をめぐらせるように努めることです。

そのようなことを個々が選択し続けて波動を高めるようにしてさえいれば、地球自体から発されるエネルギーも、宇宙から与えられるエネルギーも着実に増加して与えられ続けていくので、世の中も4次元の世に向かってポジティブに変化し続け、振り返ってみると、以前の自分に比べて波動の高まった、よりポジティブになっている自分自身をはっきりと認識できるようになるでしょう。

それでも、さらにもっと波動を高め魂向上のための道を歩み続けることを選択し続けていれば、気がつくとアセンションの時を迎えて波動域(密度)が4次元に至ってエネルギーも大きく変わり、それに伴って現実世界の物理的状況も大きく変わり、さらに社会の全体的な体制もさらにポジティブな状況へと変化し続け、自分自身の意識もその流れに乗って、いつのまにかネガティブな意識がなくなっていく。それが、我々個々の一般的な地球人類がアセンションするまでの道のりであると私は認識しています。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」












スポンサーサイト
バックナンバー改訂版

タエヌ家の生活パターン 

2012年11月30日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

以前からほとんど変わっておりませんが
私や家族の現在の生活パターンを
ここで簡単に紹介させていただきます。

私は毎朝、平均は4時頃に起床していますが
3時台から5時台前半の間と起床時間には幅があります。

その理由は目覚まし時計を
少なくとも10年以上は一切使っておらず
体内時計に任せて目覚めているからです。

ちなみに今朝はほぼジャスト3時に起床しましたが
月末の大祓い当日は波動・エネルギーが極度に高ぶるために
このように早めに起床することが多いです。

目覚めたらすぐにパソコンを起動して
メールやブログや時事をチェックします。

そして、ブログはすぐに書き始めて
でき上がり次第公開しています。

最近は、その日に公開するブログを
朝5時台までは仕上げて
公開することが多くありますが、

状況によっては、時々、
朝8時を過ぎるようなこともあります。

ブログを掲載するまでに要する時間は
平均1時間~1時間半ほどですが

3時間を超えるような
長い時間を要する場合もありますので
前日から2日がかりで仕上げることもあります。

妻とグミ(長女仮名高1)とアマンダ(次女仮名小6)は
5時半~5時45分の間に起床することが多く、

デンプ(3女仮名小3)やシュー(長男仮名18歳社会人)は
6時頃に起床しています。

結婚して以来20年ほど続いていますが
私は我が家の食事のメニューを決めることや
食材選びや食事作りを主にしていますので

5時30分頃から朝食を作り始め
6時20分を目安に
家族6人が揃って朝食を食べはじめます。

ちなみに、ひと月ほど前に
グミが女子力をアップさせたいため(!?)か
「お味噌汁を上手に作れるようになりたい!」と希望したので、

あーだこーだと言われながらのタエヌの熱血指導のもと、
我が家の味噌汁作り継承のために励んでいます。

7時15分頃になると、
グミは街の高校に登校するために家を出ます。

7時45分頃にアマンダとデンプは
目の前にある小学校へ登校しますが
必ず玄関先まで出て妻と共に見送っています。

メールを書くのはそれ以降に行うことが多く、
だいたい朝8時頃~午後3時頃までの間の
書きたいとわくわく感が高まった時点で打つようにしていますが、
翌日以降になる場合もあります。

ホームページからご依頼いただいた仕事をするのは
多くの場合はメールを書くのと同じ時間帯の日中のみでして

子どもたちの帰宅し始める
午後3時頃から5時頃(4時を目安にする事が多いです)には
家事&リラックスモードに切り替えて

デザート作りや夕食作りをしたり入浴したり
子どもたちとの会話を楽しんだりしています。

ちなみに、食事作り関係以外の家事や
学校や地域関係の実際上のお付き合いは
ほぼ妻に任せきっていまして

私は知恵をかしたりアドバイスをしたりするなど
バックアップ的なサポートをしています。

夕方以降は急用がない限り
メールを打ったりブログを書いたりすることは
ほとんどありませんので

午後3時頃から深夜にかけて
私宛に送っていただいたメールは
翌日以降に返信をする場合が多いです。

午後6時を目安に夕食を食べ始め
(シューとグミは7時頃になる場合が多いです)
その後は家族団らんのリラックスタイムで
憩いのひと時を過ごしています。

我が家では子どもたちが
保育園に通っていた幼い頃からの
習慣にもなっているようなことですが

帰宅してから何かをする前の
できるだけ早い時間のうちに
必ず入浴するようにしていますので、

子どもたちは学校や職場から帰宅すると
まずは入浴をして邪気を流してすっきりしてから

宿題ややりたいことなどをしたり
夕食を食べたりしています。

就寝(消灯)時間は夜9時が目安で
子どもたちと一緒に親2人も寝ますが

私は寝つきが良い方なので
夜10時を越えるまで眠らないでいることは
ほとんどありません。

(ちなみに、千葉にいた頃は
建坪が40坪くらいの4LDKの一戸建てで
収納スペースもたくさんある家に住んでいましたが

今は6畳3Kの賃貸マンションに住んでいますので
収納スペースも少なく部屋に荷物が入りきれず、

寝るスペースは4人までしかとれないので
別の階のワンルームの部屋も借りていまして
シューとグミはその部屋で寝ています。)

タエヌ家の平日はこんな感じの生活パターンでして
休日も登娘達が登校すること以外は同じような感じです。

石垣島に住んで約2年半の間も千葉に住んでいた頃も
ほとんど変わらずこの生活パターンは続いていますが

今の時点でもっとも心地よく感じるペースですし、
ゆとりもあってスムーズに流れているとも感じています。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」












バックナンバー改訂版

サルーサからのメッセージ  November 28, 2012

2012年11月29日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

11月末の大祓いを、11月30日(金)に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

月末の大祓いをお受けいただいた皆様からのご感想

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

サルーサからの最新のメッセージです。以下に紹介いたしますシリウスにおける高次元の存在「サルーサからのメッセージ」は、イングランドにお住いのチャネラーマイククインシーさんが書き下ろしてださったメッセージの日本語訳版です。

以下はhttp://japonese.despertando.me/およびGalacticChannelings.com に掲載されている内容を転載させていただきました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

SaLuSa, November 28, 2012

あなた方が目覚めつつあるので、長い間言われてきた今年の予言が現実になりますが、今年はごく普通の年でした。未報告の自然の物理現象がたくさんあります。従って、大規模な隆起や天災に対する準備が必要になるようなことがほとんど起こらなかったとの報告は喜ばしいことです。地球の振動が数年以前のものに対してかなり上昇したので、結果についてはかなり信頼が出来ます。地球に引き寄せられる光の量はより多くのエネルギー的な浄化の必要性を低減させました。私たち銀河連合は又、浄化に参加する事によって支援をし、公害の悪化を一般的には防止しました。これには、全ての生命体に及ぼすケミトレールの重大な影響の防止をも含みます。

今では、あなた方の道の二元性における最後の数週間の通過は極めて平和に行え、あなた方を次元上昇への準備に集中させるでしょう。最善のアドバイスは、静けさを保ち、平和のうちに暮らし、あなた方の集中を妨げるような気晴らしをしないことです。 次元上昇に関連するあらゆる事の実際経験をすることによって、あなた方は歴史を作ることになるでしょう。古い振動はもはやあなた方の進化を妨げられないでしょうし、その代わりにあなた方を向上させる高い振動が置き換わるでしょう。ある者にとっては、変化に適応することは困難であるにもかかわらず、あなた方のほとんどは、変化に対して適切な反応を示すことでしょう。総合的な周波数変化は自然に大きいものになり、あらゆる生命体はある程度の影響を受けるでしょう。

劇的な変化に引き続いて次元上昇が起こりますが、多くの変化はあなた方が既に経験済みのものです。全ては適切な時に起きますが、闇の者たちの妨害戦略が無かったとしたら既に始まっていたはずの進歩が急速に起こります。あらゆる制約を受けていた闇の時代は、多くの点でのあなた方の向上がある時代に置き換わり、人々が相互に愛し尊敬する文明へと移行します。信頼がお互いを分離させていた恐れに代わるので、あなた方の間の間違った障壁が消失し、この移行は困難ではなくなるでしょう。

あなた方は愛と真の感情の表現が出来るようになるので、今では、真の自己になり始めることが出来ます。あまりにも長い間、あなた方は他者があなた方をどのように考えているのかについての恐れと、他者に対する自然の愛の表現に対する躊躇に縛られていました。疑念や注意ではなく、光と愛を自由に分かち合うことが出来る栄光を知っている自分のハートの中の、内なる子供を見出してください。あなた方は教育の全過程における選択的な訓練によって、自分を、自分だと思われる型にはめていたのです。あなた方は生命の喜びを他者と分かち合う自由を得つつあります。将来は、全ての者は一つなのですから、誰も愛を示すことを妨げられず、お互いに全く自然に挨拶ができるようになるでしょう。

そうです、屈辱を受けたものが地球を受け継ぎ、死と破壊を意図した戦争によって非常に多くの難儀をもたらした者たちはあなた方の中から追放されるでしょう。二元性の中では見られなかった、優しく愛すべきソウルのみが幸福で喜びあふれる生涯を楽しめます。あなた方は自分たちが力強い黄金のハートを持ち、全ての者があなた方を次元上昇していると認めるソウルになるでしょう。あなた方の創造のパワーは全ての者の善のための意図を持った創造に用いられるでしょう。これまでは、あなた方は自分たちが実際に如何に強力な存在なのかを自覚せず、自分の能力を制御していませんでした。しかし、次元上昇によってあなた方の意識レベルが向上すると、全ての事が変化するので、心配はありません。

あなた方は神との共同創造者であり、あなた方の他者へのサービスは宇宙全体に行き渡ります。あなた方は、二元性における種々の経験からもたらされる、独特の質を持つことになるでしょう。あなた方は光のマスターとして尊敬され、他の文明の進化を助けるでしょう。そのような時は今からまだ先のことですが、あなた方は、このような方法で他者に対するサービスに携わるでしょう。あなた方は長い困難な旅をしてきましたが、私たちが大いに関心する程多くのことを得ました。あなた方は私たちと同等の位置を占めるようになり、多くの人たちは連合に参加する選択をするでしょう。あなた方がこのような決断をするためには、私たちのことを十分に知っており、私たちのコメントは男にも女にも共通に適用できます。この点では、今とは異なり、男女双方は二つのエネルギーの中でバランスを取っていて、男女の差はほとんど認識できない程度のものです。

現在の世界の混乱にもかかわらず、平和の見込みは非常に現実のものです。平和は最高レベルのものに近づいていますし、反応は見込みの有るものです。小さい国々を引き戻すのは大国の力に対する恐れを除去することによって可能になりますが、武装解除の合意が行われれば、私たちにとっては、平和の維持は容易なことです。高次元の世界は戦争の脅威のような低い振動を許さないので、あなた方が高次元に移行したいのなら、平和が絶対に必要です。進行中の政府の変化の達成とともに、文明の全局面を変化させる劇的な変化が起きるでしょう。その後には、デスクロージャーが行われ、事態は、全速力で進行するでしょう。これらのイベントは遠い先のことではなく、私たちの連合はそれらの結実に向かって賢明の作業をしている最中です。

私たちは、デスクロージャーに対して大きな重きを置いています。より大切なことは、私たちの側からあなた方の社会の膨大な変化を監視し、大企業が、自身に影響を及ぼす変化を処理できるように支援することです。独占企業よりも、小さいグループに対するニーズを反映した変化があるはずです。将来のビジネスにおいては公開が原則なので、全ての人が起きていることを知りますが、これは正直と正義の原則に基づいています。今の社会に存在する犯罪分子が追放されるので、これは容易に実現できるはずです。

私はシリウスのサルーサで、過去に当てていた焦点を取り去り、自分のエネルギーを自分の期待に沿う新しいことに注いでください。これによって、あなた方は新しいことの早期の実現を助け、これからおきることに旨く備えられるようになるでしょう。私たちはあなた方と共にあり、いつもそうです。

ありがとうサルーサ、
マイク・クインシー。
Website: Tree of the Golden Light
Translation: Taki

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」












サルーサからのメッセージ

‘今’このエネルギーの中で

2012年11月28日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

11月末の大祓いを、11月30日(金)に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

月末の大祓いをお受けいただいた皆様からのご感想

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

☆以下に掲載しております6枚の写真は、本日28日(水)の朝7時半~7時50分頃に撮影しました。

DSC02577+(3)_convert_20121128080513.jpg
今朝もいつものように5時台に
アマンダ(次女仮名小6)が起床してきて
「今日は満月だ!」と嬉しそうに言っていました。

今まではそのようなことを
それほど意識してはいなかったはずですが、

今回の満月を4~5日ほど前から
楽しみにしているようでした。

そこで今朝、「どうして今回はそんなに満月を意識しているの?」と、
アマンダに聞いてみると

「何かが大きく変わりそうだから♪」と答えていました。

DSC02576+(3)_convert_20121128080417.jpg

今回の満月は部分月食もあります。

この天体の動きもあって、
地球に与えられるエネルギーはさらに急激に増して、
極端に強力なものになるでしょう。

今日11月28日と明日29日は、
この急増するエネルギーを受けて
地球に存在するものすべてにエネルギー・波動的には
大きな影響を与えることになります。

ですから、すべての地球人類は精神的にも肉体的にも
よりポジティブに過ごすように意識的に持続して努めることが
いつも以上に大切なことになるでしょう。

DSC02585+(3)_convert_20121128080701.jpg

今朝の食事中の6時半頃の時点で、
グミ(長女仮名高1)とデンプ(3女仮名小3)は、
学校へ行こうかどうかを迷っているとのことでした。

デンプはとても元気ですし、
グミは少し体調に不調和を感じているようですが
特に問題はありません。

すでに大きく動き始めている
このエネルギーの状況を実感しての
迷いや葛藤のようなものが湧き上がっているのでしょう。

DSC02586+(3)_convert_20121128080744.jpg

そこで私は、次のような話を娘たちにしました。

「今日と明日は、満月や部分月食の関係などから、
アセンションに向けてのエネルギーが急激に増すことになる。

だから、ポジティブでいればよりポジティブになれるし、
ネガティブな意識が湧き上がると、
いつも以上に強くネガティブになりがちである。

だから、そのことを意識して、
ポジティブな意識は自分自身のストレートな感覚に任せて
より強く大きく広げ、

ネガティブな意識に気づいたら
より即座にポジティブに改善するように努めるめるべきである。

また、周囲の多くの人々は、
このエネルギーの大きな変化に気づいておらず、

ネガティブな物事や意識が強くなると
低い波動をより強く発しやすいために、

そのようなエネルギー・波動に気づいた時には、
その場から離れるとか
意識をより強くポジティブに保つように努めるなど、

意識的によりポジティブに、
よりネガティブにならないように努めることが大切である。

つまり、いつも留意しているようなことと
たいして変わらないことではあるが、

ここ2日間は特に意識的にそのように努めていれば、
自分次第でどうにでもなることでもある。

もし、学校にいることが厳しいと感じれば
早退して帰ってくれば良いわけで、

決して無理をしすぎないように、
そして、より意識的にポジティブにいられるように努めつつ、
より自分らしくストレートにいるように。」

DSC02582+(3)_convert_20121128080616.jpg

そんな話をしてすぐに、
グミは「大丈夫そうだから今日は学校に行く!」と
意気揚々として登校することを選択しました。

デンプはその時点では特に何も言ってはいませんでしたが、
結果的に学校へ行くことを選択し、
アマンダと共に登校しました。

学校に行くことがポジティブなのか否かは
私には今の状況では何とも言えない問題ではありますが、

このように子どもたちが自分自身の自由意思により
学校へ行くことを選択したのであれば、

あとはよりポジティブな状況を整えて
親として最善と感じられるサポートをしつつ

子どもたちを送り出しました。

DSC02574+(3)_convert_20121128080340.jpg

今日28日(水)石垣島の今日の予報は
曇り一時雨で最低気温は21度、最高気温は25度です。

AM8時現在の気温は約22度で、
薄日も差してきてとても過ごしやすく
今朝もとても心地よい朝を迎えています。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」













スピリチュアル

1つのゴール(アセンション)を目指して

2012年11月28日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

11月末の大祓いを、11月30日(金)に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

月末の大祓いをお受けいただいた皆様からのご感想

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

「今」よりも先にある、
まだ見えてもいない幾つかの分かれ道を
どのように歩んでいくのかということについて、

まだその岐路に立つ前から
あれやこれやと考えてしまうことは、
多くの人が経験していることでしょう。

そして、実際に岐路に差し掛かった時には、
自分の直感はどこかに置き忘れてしまい、

高い次元にはないようなとてもネガティブである
今世で身につけた価値観や固定観念などによって、
思考が働き進む道を選択しようとしたために、

悩んだり迷ったりして
大きな葛藤をしながら進む道の選択をしたことを、
すでに数多く経験している人は多いことでしょう。

また、自分が歩む道を、
取り越し苦労というネガティブな波動を発しながら
描き続けてしまうと、

その自らの思念がネガティブな道を多く作り出してしまい、
自ら描いた迷路のようなネガティブな森の中で、
出口を求めて迷い続けることを選択してしまうこともあるでしょう。

しかし、「今」自分の歩んでいる道には、
道を歩きながら迷うような岐路などはなく、
歩むべき道はスムーズに選択できて
1本の道が続いていくのだろうと、

意識の奥底でも顕在意識においても
強く信頼することができるようであれば、

実際にも岐路に感じたり
迷いを生じたりするような道はできず、

たとえたくさんの選択肢という道が待ち受けていたとしても、
迷いなく1本の道をスムーズに歩くことができるでしょう。

そこには、自分自身が
よりポジティブな波動の中で選択することや、

今世で身につけてきた
3次元的な固定観念や常識とされることをもとにしたり、
ネガティブに感じる情報との比較をしたり
こだわりすぎたりするようなことはなく、

自らの直感に基づき、
宇宙の真理に基づいた中で選択をすることが、
必要不可欠なことになるわけです。

そして、そのようなことが
しっかりと身について習慣になっているような人は、
ナチュラルな感覚の中で行えるので、
常に1本道を歩むことができるのです。

でももし、そのようなことが習慣になってはいないのでしたら、
まずは自分自身の意識の在り方を
自分なりに常にしっかりと認識するように努めることが必要です。

そして、心配や不安や怒りや羨望や
先々をネガティブに考えてしまうような
取り越し苦労などといったネガティブな意識を見つけたら、

その都度反省をして、
できるだけ早い段階でポジティブに変換するように
努めることが大切になります。

また、3次元的な常識とされることや情報や
周囲の人から教えられてきたことや
制限や枠にとらわれ過ぎず、

直感(内なる心・魂意識)をより信頼し、
自分自身の強く信頼している価値観を大切にして識別し、
よりポジティブに感じることを選択する必要があります。

ネガティブな自分の思考や感情などの意識に気づくたびに、
よりポジティブに変換するように努めることを、
意識的にこつこつと少しずつ経験を重ね続けていけば、

やがてそれほど強く意識しなくても、
ナチュラルな感覚の中で
習慣としてできるようになっていくのです。

また、もし細い別れ道がたくさんあったとしても、
直感的にポジティブであると深く信頼していることや、
動機・目的が明確でゆるぎない純粋な愛に基づいたものであれば、

たとえまわり道をしてでも、
歩むべき最もポジティブである
1本の道へとたどり着くものなのです。

そして、結果的に今の世の中を歩き続けている
地球上のすべての人のゴールといえるべきことは、

肉体を持っていてもそうでなくても、
アセンションを果たすということになるでしょう。

よりポジティブな道を選択して歩み続け、
より波動を高めることができて、

4次元の世にアセンションするために
ふさわしい状況に至ることができれば、

そのすべての人々は
個々それぞれが選択したあらゆる道を歩みつつも、

同じ1つのゴール地点である
アセンションを果たすことができることによって、
喜びや幸せを分かち合うことができ、

その先の黄金の世において、
幸福に満ち溢れた人生を
共に経験することができるのです。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」












バックナンバー改訂版

サルーサからのメッセージ November 26

2012年11月27日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

11月末の大祓いを、11月30日(金)に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

月末の大祓いをお受けいただいた皆様からのご感想

*先日、サルーサからのメッセージを翻訳されている中のおひとりであるソウルカメラさんからメールを頂きまして、11月21日のサルーサのメッセージを一部改訂してリアップされたとのことでした。当ブログの内容も24日のPM17時半頃に改訂版を転載させていただきリアップいたしましたことをお知らせします。

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

サルーサからの最新のメッセージです。シリウスにおける高次元の存在「サルーサからのメッセージ」は、イングランドにお住いのチャネラーマイククインシーさんが書き下ろしてださったメッセージの日本語訳です。

以下はhttp://japonese.despertando.me/およびGalacticChannelings.com に掲載されている内容を転載させていただきました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

SaLuSa, November 26, 2012

今では毎日、進行中の変化をあなた方に伝える、舞台裏で起きていることの最初の真の証拠が明らかになる可能性があります。メディアは、いまだに支配されているので、残念なことに”良い”ニュースを取り扱おうとはしません。しかし、インターネットが非常に発達していますし、しばしば真の情報源からの情報がもたらされるので、デスクロージャーやそのほかに予想されるイベントに関する参考情報を見出すのになんら問題はありません。それでも、信頼できるウエブサイトや、あなた方を混乱させるために伝えられる報告に気をつけていなければなりません。真の宣告がなされると、その信頼性にはなんら疑う余地は無いでしょう。デスクロージャーは、例えば世界的に重要なものであり、従って、リーダーたちには直接伝えられます。

あなた方と母なる地球の次元上昇への道についての全ては、いまだに構築中ですが、なんら問題はありません。宇宙については、全てが準備の後半の段階にあり、あなた方の次元上昇は他のあらゆる変化と同様に、それ以上ではないにしても、重要なものです。あなた方のみが、自分自身に対して何も出来ない者ですが、もちろん私たち光の銀河連合の者や他の者があなた方の支援のために活発に活動しています。この役割を私たちが担うことになったのは私たちの誇りとするところであり、他者への奉仕が私たちの存在理由です。次元上昇は始まったばかりであり、今以降、次元上昇に伴う暮らしの変化へのあなた方の迅速な移入と、あなた方の尊厳の回復に関して多くのなすべきことがあります。他者にあなた方の道を創らせるのではなく、あなた方自身が自分の現実を創るでしょう。このことが同じ意図を持つソウルを集合させ、異なる意図を持つ者が異なる道を取る理由です。

あなた方が新しい周波数へと移行することを考慮すると、各次元には種々のレベルがあることが分かるでしょう。あなた方はそれゆえに同じ周波数の範囲にいるのではなく、ある者はあなた方の視野から消失するでしょう。私たちはそれゆえに、繰り返し強調しますが、各ソウルは正確に正しいレベルを見出すのです。快適であり安楽であると感じる者は、自分自身の振動と調和している者なのです。他の人たちに関心を持つ者、他の者を自分のレベルに連れてゆこうとしている者にとってはこれが完全な回答です。家族に関しては安心してほしいと思いますが、ほとんどのメンバーは普通は共に行動します。もしも人々が次元上昇に関して相対する見解を持っている場合には、この者たちは、明らかに、平行世界において異なる現実を創造するでしょう。自由意志が縮小している場合には、自由意志の発揮は制約を受けるでしょう。

来るべき変化の真の程度は、あなた方の現在の経験とは極めて異なるものなので、多くの人々には分かっていません。地球上に天が見られるとしたら、それがあなた方が得るものですが、それはもちろん新しい地球の上でのものです。あなた方の生涯にとって恐ろしかったものは除去しようとして多くの時間を費やした塵です。空気が純粋になるために塵はなくなり、足元の土地は今あなた方が知っているものとは異なる構成になります。老化や衰退は無くなるので、植物、あるいは他のソースからの残渣もありません。清浄さと明るさは高い振動と一対一のものですので、あなた方が現在感じているものよりも広い範囲の色彩をもたらします。従って天とは、光の高次元を記述するために実に適切な言葉なのです。

地球上には非常に多くの犯罪行動がみられるので、あなた方の暮らしは自分の家や財産を犯罪から守る事に費やされてされています。個人的なレベルでは、あなた方は盗まれたり襲われたり、あるいはもっと悪いことになるのではないかと恐れています。親愛なる皆さん、高次元の世界では、このような危険や脅威は無く、あり得ず、全てのソウルは愛の中で表現をし、相互をいたわっています。豊穣さはあらゆる形の富の蓄積の必要を排除します。あなた方が必要なもの全てを入手できる場合には、他者の品物や所有物をほしがる必要はありません。ドアには鍵は必要ではなく、あなた方の持ち物を隠す必要が無い状態を考えてみてください。暮らしは全くの喜びと幸福の中での継続的な経験なので、あなた方はこのような変化にすぐに慣れ、何事にも心配はしなくなるでしょう。

あなた方と類似の道にあるので、あなた方と親密になりたいと切に願う多くの文明があります。彼ら全ては人間様の生命体又はヒューマノイドであり、しばしば遺伝子的にあなた方との共通性を持っています。本来人間は、友好的で素直な存在であり、あなた方は同じような存在を引き寄せるのです。ある者は、既にあなた方との個人的な接触を果たしていますが、次元上昇のようなより大切な問題からあなた方の関心をそらせないように、私たちは、このような接触をコントロールしています。私たちの最初の会合は、既に銀河連合のメンバーである主要なファミリーの紹介から始まるでしょう。その時までには、あなた方は意識レベルを向上させており、間もなく過去のつながりを思い出す事でしょう。

あなた方が目覚め始めているので、次元上昇は、振動と意識レベルの飛躍的な上昇ということになります。準備が出来ているかどうかを調べるために、数年間を振り返って見れば、自分の意識が大きく向上したことが分かるでしょう。過去においては成長はゆっくりとしたものでしたが、今では加速し、あなた方は毎日のペースで差を感じていることでしょう。宇宙の隅々から光が地球に降り注がれていると申し上げます。あなた方には支援が与えられなかったことはありませんし、今では次元上昇が近づいているために、支援が強化されています。私たちは次元上昇の意思を示したソウル一人一人が自信を持ち、旨く準備を整えているのが見られるよう希望します。

あなた方全ては、光の者であろうと闇の者であろうと、宇宙全体を通じて憧れの的であり、愛されています。それは二元性においては、全てが自分の役割を果たし、それゆえに一人が他者を審判することが無いからです。あなた方の法律では、法律を破った者には、告発と投獄が行われますが、犯罪をあらかじめ判定し、罰を想定する傾向があるので、無審判に慣れる必要があります。これが意見を持ってはならないということを意味するのではなく、あなた方の審判はしばしば処罰という考えを苦労して手に入れたというエネルギーの想念形態を伴うのです。高次元の世界はこのような審判を下す場ではなく、誰かの犯罪が見過ごされているに見えても、審判は常に行われているので安心してください。全ての行動のエネルギーはエーテル界の中に留まり続けるので、永久に何事かが隠され、誰もそれを知らないようなことはあり得ません。

私ははシリウスのサルーサで、多くの人たちが次元上昇のための個人的なパラメーターを完成するための暗号を解くのに大切な12-12-12の特別なイベントを計画しているのが見られて喜びを感じています。光の中にあり、愛であってください。

ありがとうサルーサ、
マイク・クインシー。
Website: Tree of the Golden Light
Translation: Taki

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」












サルーサからのメッセージ

「わくわく」という言葉の意味

2012年11月26日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

11月末の大祓いを、11月30日(金)に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

月末の大祓いをお受けいただいた皆様からのご感想

*一昨日の夕方、サルーサからのメッセージを翻訳されているソウルカメラさんからメールを頂きまして、11月21日のサルーサのメッセージを一部改訂してリアップされたとのことでした。当ブログの内容も一昨日24日のPM17時半頃に改訂版を転載させていただきリアップいたしましたことをお知らせします。報告が遅くなりまして失礼いたしました。

以下は過去に掲載した内容の改訂版です。私はここに転載しましたバシャールのメッセージが好きで、数か月に一度くらいの割合で読み返したくなり、その都度わくわくしながら読んでいます。

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

「わくわく」という言葉は、広辞苑によると‘期待・喜びなどで心がはずみ、興奮ぎみで落ち着かないさま’という意味であると書かれています。つまり、感動とか感激とかという表現に近いものということになります。

広辞苑に書かれている意味のこの「わくわく」と表現できるようなことは、日常生活における経験の中において、時には当てはまることもあるでしょうけれども、割合的にはそんなに多くはないでしょう。

わくわく感じることを選択しましょう…
わくわく感に従って生きましょう…

私がブログでこのように表現している際の「わくわく」という言葉の意味合いは、上記のような広辞苑に書かれているような意味も含まれてはいますが、根本的には高次元の存在であるメッセンジャー‘バシャール’のワクワクという言葉の表現に基づいて使っています。

以下の内容は、バシャールが「ワクワク」という言葉で表現していることの意味、ワクワクの波動に関して、ワクワク感に従って生きることの大切さなどが表現されていますので転載させていただきました。 

バシャールはエササニ星の高次元の宇宙存在です。

《以下の内容は、BASHAR②1989年 チャネラー ダリル・アンカ  ㈱VOICE より引用しました。》

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

私たちが皆さんに
ワクワクすることをやってくださいというのは、
次のような理由からです。

皆さんの「自分は誰か」
という存在の表現、波動が「ワクワク」です。

自分の存在の周波数を
肉体的なレベルに翻訳した言葉が、
ワクワクという気持ちになっていきます。

それが、みなさんを導いていく信号になります。

ですから、自分の歩むべき道を歩むことは、
本当は簡単なのです。

ひとりでにワクワクした気持ちが
出てくるものなのです。

皆さんの文明では、何千年もの間、
本来の自然な自分に抵抗したり、
否定したりしてきました。

ワクワクするものは抑圧しなければいけない、
と学んできたのです。

なぜなら皆さんは
「人生というものは辛いものなのだ」と
年上の人から教えられてきたからです。

でも、だからといって、
私たちはただワクワクしていればいい
と言っているのではありません。

ワクワクしてくださいといっても、
毎瞬毎瞬、飛び上がっていなければならない
ということではないのです。

「ワクワク」というのは、
自分が本当にやりたいことをやっている、
やりたいことを知っている、

もしくは、非常に内なる心の穏やかさ、
心の平和がある、ということなのです。

「ワクワク」の波動は、
存在の非常に基本的な波動です。
創造的な力です。

ですから、それを感じるときには、
自分がとても強力になっていることを
感じられると思います。

また、ワクワクしているとき、
自分が他の人を輝き照らしていることが分かります。

生きている光だということを、
他の人に示すことができるのです。

自分がワクワクすることを始めるとき、
二つのことが起こります。

第一に、非常に素晴らしい偶然が次々と起こります。
常に魔法のように、あるべき所に、
あるべき時に、あるべきことが起こります。

そして第二に、自分のやることが、
無理して努力するようなことはなく進むようになります。

「自分自身が誰か」を示すことを
自然にやっているからです。

皆さんが、自然な、本来の自分であるとき、
宇宙は非常に楽に皆さんをサポートすることができます。

自分の欲しいもの、必要なものが入ってこないときは、
本当の自然な自分を出していないときです。

ですから宇宙の方では、
どれを誰にあげたらいいのかまったく分からなくて、
ウロウロしてしまいます。

皆さんが本来の自分自身でないとき、
宇宙は皆さんを見つけることができないのです。

もうひとつ、こんなことがあります。

まず第一に、自分はなんのために創造されたのかを、
自分で感じとることができます。

第二に、自分はすべての創造物とつながっている、
と感じることができます。

第三に、本来の自分自身であることのお返しとして、
豊かさがすべて自分に戻ってきます。

この世の中では、非常にたくさんの人が、
自分の人生の目的や使命を一生懸命に探しています。

探すことを喜んでいる人はそれで構いません。

でも、本当に見つけたくなったら、
それは非常に簡単なことなのです。

ワクワクする気持ち、興奮する気持ちが、
どれが一番近道なのかを教えてくれます。

だからといって、今日ワクワクするものと、
明日ワクワクするものとが
同じでなければいけないということではありません。

宇宙の中でただ一つ一定なのは「変化」だけです。

ワクワクすることをやっていると、
いろいろなものはひとりでに、
どんどん変化していきます。

今の仕事や自分の持っているものとは
別なものに魅かれてワクワクすることもあります。

それでも結構です。

心に描いている大きなビジョンや夢、
そういったものに対するアプローチの仕方、
ライフスタイルも変わっていきます。

自分の使命はなにか、
人生の目的はなにかと、宇宙に祈るとき、
自分が一番ワクワクすることが答えになります。

この世界では、小さい頃から何々しなければならない、
「ねばならない」ということをたくさん与えられてきました。

自然に自分に流れ込んできたアイディアに耳を傾けないで、
社会の要請にちょうど合うようなものを探します。

社会の期待に沿うようなものを見つけても、
それは必ずしも自然なあなたと一致するとは限りません。

なぜなら根本的に、
あなた以外の人から与えられた答えだからです。

合うはずがありません。

しかし、だからといって
人からのアドバイスを無視していい
ということではありません。

他の人からもらったアドバイスを、
自分で、自分のために
選ぶことができるということです。

すべての痛み、苦しみ、病気は、
自然な本来の自分になることに
抵抗することから生まれてきます。

自分自身が非常に疲れるのは、
本当の自然な自分に
一生懸命抵抗しているからなのです。

一番簡単なのは、
本当の自分になってしまうことなのです。

逆に、一番むずかしいのは、
自分以外の自分になろうとすることです。

ときには、こういうことを
すぐ分かる人もいますが、

そうでない人は、一生懸命、一生懸命、
自分以外の人間になろうと、
くたびれ果てるまで続けます。

本来の自分になるまでに、
どの位の時間を費やすかは
自分で決めればいいことです。

ここでひとつ皆さんに申し上げておきたいのは、
いままで皆さんがやってきたことの中で、
無駄なことはひとつもないということです。

すべてのことから学ぶことができるということを
知っておいてください。

ですから、今までの経験を捨てたり、
逃げようとしたりしないで、
その中から得た知識と共に前進してください。

そして、自分にとって、
他の人とは違う非常にユニークなやり方で
それを応用していってください。

それが、ワクワク興奮する、ということです。

それによって、あなたは満足することができます。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」












バックナンバー改訂版

波動が高まってくると

2012年11月25日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

11月末の大祓いを、11月30日(金)に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

月末の大祓いをお受けいただいた皆様からのご感想

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

波動が高まってくると…


道ばたに咲いている草花が

なんだかとても愛しくかわいらしく感じたり


木の芽吹いている様子を見て

生命の尊さや素晴らしさを感じたり


小鳥の鳴き声を聞いて

思わず楽しくなって微笑んだり


太陽から与えられる光を

なんだかとても有難く感じて感謝したり


近所の人と笑顔で挨拶を交わしただけで

とても温かい優しさを感じたり


自分が生きていて

「今」ここに存在していること自体が幸せに感じて

深い愛と感謝の気持ちで満たされたり


車でお店に到着した途端に

入口の前の駐車スペースが空いたとか

ふと立ち寄ったお店に

なかなか見つからなかった物が置いてあるとか


なんだかこのようなちょっとした喜びが

やけに大きな喜びとして感じられたりする…


波動が高まってくると

これまではあまり気にとめなかったような

自分の周囲にあるものや些細な出来事を


今まで以上にポジティブな感じ方をしていることに

気づくことがあるでしょう。


このような何気ないようなことをも

これまで以上にポジティブに感じたり

ポジティブに感じている自分自身に気づいたりすると


さらに波動は高まってポジティブなエネルギーがめぐり

高い波動のものごとをより多く引き寄せたり

より多くの光エネルギーを受け取ったりすることができるのです。


もちろん人生の転機と感じるような

大きな出来事の中でもポジティブに感じるようなことがあれば


その高まった波動から発されるエネルギーは全宇宙をめぐり

すべては自分に返ってくるのです。


★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜


怒りや悲しみや心配や恐怖などの感情を

それなりに強く抱いてしまったために

波動が下がってしまっているような時には


自分の周囲が見えずらくなってしまいます。


道ばたに咲く草花にも小鳥の声にも

愛を向けるどころか

気づくことすらできないこが多くなるでしょう。


このようなネガティブな波動の渦中に入って埋もれてしまうと

自らが周囲に気を向けられなくなり

愛のめぐりも少なくなり


周囲からも気を向けられることが少なくなり

愛のめぐりも減ってしまいます。


さらに波動の下がってしまうような状況である

強い恐怖感を抱き続けたり


強いエゴを果たそうとして不調和を続けていたり

詐欺や暴力などの大きな罪を犯すようなことをしたりすると

とても強いネガティブなエネルギーを発してしまいます。


このような強いネガティブなエネルギーは

陰のバリアとなってその人を覆うために


宇宙から降り注いでいる高い波動の光も

高次元の存在である神や仏や

天使や御蔭様(守護のスピリット)からの光も


その人自身に届くことも

受け取ることも難しくなってしまうのです。


そして、あまりにも強い

ネガティブなエネルギーを生じている場合には


宇宙はその人を探し出すことすら

できなくなってしまうこともあります。


神も仏も天使も御蔭様も

手を差し伸べようとしても

見つけることすらできなくなってしまうのです。


★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜


いつも以上に

人にやさしくされたり微笑みかけられたりするように感じ

ポジティブな気分に感じるような時は


あなたも高い波動の中で

ポジティブなエネルギーをめぐらせているのです。


そんな時、鏡で自分の顔をよく見てみると

自分の顔が微笑んでいたりやさしく感じたりするでしょう。


中でも特に目が

素敵に輝いて見えることでしょう。


目はその人のオーラーを映し出します。


目から感じられるオーラは

その人の過去も今もすべてを映し出しますが


今の時点での波動が

もっともダイレクトに映し出されます。


★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜


なんだか人との関係がうまくいかないと感じたり

目の前の出来事をネガティブに感じるようなことが多かったり

気分があまりすぐれないと感じたりしたような時


世の中のせいにしたり他者のせいにしたり

薬に頼ったり人に相談したり

他者にサポートをしてもらったりする前に


「今」その時点での自分自身を

見つめ直すことからはじめることが大切になります。


もし、「今」に何か見当たらなかったら

少し過去にさかのぼって反省していけば


「今」もしくは少し過去の状況から

何らかの自らが発している

低い波動を見つけることができるでしょう。


そんな時、鏡で自分の顔をよく見てみると

自分の顔がこわばっていたり疲れきっていたりするなど

ネガティブな感じに見えることでしょう。


特に目を見つめてみると

本来の自分自身の健康な時の目と比べると


怖い目・悲しそうな目・冷たい目…

なんだかネガティブに感じることでしょう。


そんなネガティブな状態であることに気付いた時

意識の持ち方や行動において解決すべきことがあれば

できるだけ早い段階で解決し


ポジティブな状況に変換するように

意識的に務めれば良いのです。


もし、その時点で解決することが難しいようでしたら

ひとまず保留にしておいて


解決するための算段をつけて

意識にとどめれば良いでしょう。


どうにも気分がめげてしまうような時には

気分を晴らすためになるような

ポジティブに感じることを選択して

波動を下げないように努めれば良いでしょう。


自分自身がネガティブな状態になった時

まずは自分自身がネガティブな状態になっていると

気づくことが大切です。


そして、気づいた時点からできるだけ早い段階で

ポジティブに変換するように努めることが大切なのです。


でも、もし、せっかく気がついたのに

容認してそのままの状態を保ってしまっては

さらに波動が下がることを選択し続けてしまうでしょう。


ネガティブな状況と容認した後

自らの意思で何を選択するのかが


その経験の中から

どのような学びを得ることができるのかという結果に

大きく関わってくるのです。


それまでの経過よりも

その時点での結果が大切です。


経過がたとえネガティブであったと感じても

結果としてポジティブな波動に至り

ポジティブな学びを得ることができれば


魂は向上するはずなのです。


そのためには自らが意識的に

波動を下げないように努めることと

波動を高めるように努めることが大切です。


★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。,:*:。.:*:・'゜


波動の法則・カルマの法則・不干渉の法則…などなど

宇宙の法則は絶対であり普遍的なものでもあります。


この先の世を

よりポジティブに生きていくには


これらの法則の内容を

叡智として得ることはとても大切なことです。


そして、さらに大切なことは

この素晴らしい叡智を

いかに実生活でポジティブに活用できるかということです。


自由意思によって自己責任を持ち選択をする権利は

宇宙の神がすべての魂に対して

平等に与えてくれているものです。


そして、その選択した結果として生じることのすべては

自分自身のもとへとめぐってくるのです。


ポジティブなこともネガティブなことも

すべては自己の責任で招いたものなのです。


《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」












バックナンバー改訂版

サルーサからのメッセージ  November 23, 2012

2012年11月24日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

11月末の大祓いを、11月30日(金)に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

月末の大祓いをお受けいただいた皆様からのご感想

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

サルーサからの最新のメッセージです。シリウスにおける高次元の存在「サルーサからのメッセージ」は、イングランドにお住いのチャネラーマイククインシーさんが書き下ろしてださったメッセージの日本語訳です。

以下はhttp://japonese.despertando.me/およびGalacticChannelings.com に掲載されている内容を転載させていただきました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

SaLuSa, November 23, 2012

世界平和を達成するためには全ての戦争行為をやめなければなりませんが、必要なら、私たちはその実行を確実にする手段を持っています。新しい時代には絶対にこのような低い振動が起きる場所はありません。実際には、意識レベルの上昇がより多くのソウルに戦争に関することを拒絶させる結果になっているので、今それに成功するのは比較的容易です。かたくなな旧軍人でさえも変化を求め、平和のために働くことをよしとしています。彼らは外部の運動に利用されていましたが、今では自国に対する抗議活動に目覚め始めています。このような人たちが真実に目覚め始めると、イルミナティは急速に力を減衰させ、軍隊に対する支配を失うでしょう。彼らは実にかつては力の一部でしたが、元に戻ることはないでしょう。

直近の将来には、あなた方には軍隊は実際には不要になるでしょうが、地球での望ましくない侵入者を遠ざけるために必要な保護システムは必要でしょう。又、光の銀河連合も宇宙の警察官としての役割を果たします。私たちの技術は別の惑星の宇宙船を容易に検知できるのです。必要とあれば、私たちは光速よりも早く移動できますし、宇宙のほかの部分に対する責任を担います。私たちと同じような行動をし、独自の責任を担うアシュターコマンドもいます。全ての惑星は、良く保護されていて、その上の人々は自由と平和のうちに暮らしています。あなた方の古い地球も干渉から保護され、あなた方の自由な選択による進化を可能にしていました。しかし、このような低い振動では、他の同様な文明と接触させざるを得ませんでした。

あなた方が次元上昇を通過すると、あなた方もまた、愛と光の同様な振動を持つ訪問者に対して開かれることになるでしょう。このような状況で、あなた方はこのような者たちを信頼することができ、他の文明がどのように成り立っているのかを知ることが出来るでしょう。あなた方は、種々の規模の、時には太陽よりも大きい他の惑星を訪問することによって大きい経験が得られるでしょう。 最も進化した文明はその惑星に住むことによって受け入れられるようになるでしょうが、各種の理由によってその多くは惑星内部に見られるでしょう。内部地球の文明と同じく、このような文明は、自身の太陽を備え、地下に住んでいるとは思えないようなものでしょう。彼らは今のあなた方よりもはるかに進化の程度が高く、非常に間近のうちにあなた方に知られるようになるでしょう。彼らはレムリアの崩壊と共に内部地球に逃れたあなた方の祖先です。あなた方自身のうちの一部が比較的最近この文明を訪れたので、彼らの話はこれから明らかになるでしょう。

あなた方に対して隠蔽されていた多くの知識があり、次元上昇の後では学ぶべきことがたくさんあります。もはやあなた方が闇の中に閉じ込められ、誤まったことを吹き込まれることはありませんし、しばしば言われるように、”真実は隠せない”事は事実です。あなた方には隠蔽されていたタイムワープが明らかになりますが、私たちは何が真実なのかを知る手助けをします。もしもある人たちが疑念に囚われるとしたら、真実としてあなた方に示されることを証明します。私たちをそれらをあなた方に押し付けるようなことはしませんし、ある人たちは、誤まった信念にこだわり続けることでしょう。やがては真実のみが明らかになるでしょうから、それは問題ではありません。あなた方は自分たちの暮らしの全てを記録してある記録の会堂を持っているので、真実に関しての議論の余地はありません。真実の記録は、各人の転生の後に自分の暮らしを冷静に振り返る時に用いられるでしょう。

親愛なる皆さん、私たちは冗談やからかいで生涯について語りはしませんから、私たちを信じてください。私たちは生涯を喜びのうちに過ごしていて、ユーモアを交換できるようになれば、私たちの結びつきはもっと緊密になるでしょう。もちろん、私たちにはあなた方が持っているような心配事はありませんので、あなた方は自分と他者の日々を共に笑い合うことによって光を照らし出せるでしょう。笑いは宇宙のものであり、全てのソウルは面白いことや話を楽しむ用意があります。笑いはスピリットと振動をを大きく向上させます。しかし、良い笑いは他者を馬鹿にすることからは生まれません。心の底ではあなた方全てはまだ子供ですが、成長するにつれて子供の楽しみと呼ぶことを超越したと思ってしまうので、超然とした態度をとるようになるのです。自分を解き放ち、子供に戻ってください。そうすれば、暮らしの面白さが見られるようになるでしょう。

あなた方には最初の変化のしるしが近々見られそうですが、私たちの連合はそれに加わる機会を作り出そうと懸命に働いています。連合は自分たちの責任を良く知っていて、あなた方を次元上昇に向かわせる最後の一押しに役立とうと必死です。あるイベントが次元上昇を多少引き伸ばすかもしれませんが、次元上昇はいずれにしても起こります。しかし、ある変化が他のものよりもはるかに大切であり、私たちはデスクロージャー宣告の最初のしるしが現れるのを見守っています。ある意味では、私たちの存在と、私たちがあなた方のそばにいることは一般に知られているので、デスクロージャーには緊急性は無いのかもしれません。それでも、私たちにとっては公に姿を現わせられるように、公的な認知が必要です。

私たちは強制的に存在を認めさせるという選択肢を手放しませんが、これは最後の手段です。あらゆる点に鑑み、あなた方が自分たちの選択によってデスクロージャーを行ってほしいと思います。正義のためにあなた方は幾度と無くリーダーたちに対してデスクロージャーの誓願をしましたが、今のところ誰もこれを認めるほど向こう見ずではありません。私たちは注意深い手段を好ましいと思っていますが、今は、注意深さを投げ捨てて、大部分の大衆が既に知っていることを宣言すべき時です。何が起ころうとも、私たちはもっと頻繁に姿を表すようにしますので、かつてのような恐れを抱かずに、受け入れられるようになればうれしいと思います。あなた方が私たちを迎え入れる備えは出来たと感じられますので、私たちの反応も早さを増すことでしょう。

私はシリウスのサルーサで、愛を世界中に広げてほしいと思う光の銀河連合の望みをお伝えします。光が多すぎることはなく、あなた方が次元上昇に近づくと、光は指数関数的に増大するでしょう。地球はあなた方全てから放散されるすばらしい光に照らされています。あなた方が問題のみには直面しないような意図のもとに、あなた方は大いなる支援を受けていますが、高次元への道を進むに連れてますます支援の程度は高まるでしょう。

ありがとうサルーサ、
マイク・クインシー。
Website: Tree of the Golden Light
Translation: Taki

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」












サルーサからのメッセージ

巨大な嵐と地球温暖化 ~メタトロンからのメッセージ~

2012年11月24日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

11月末の大祓いを、11月30日(金)に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

月末の大祓いをお受けいただいた皆様からのご感想

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

Despertando http://japonese.despertando.me/に掲載されていたメタトロンからのメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

≪巨大な嵐と地球温暖化≫
~大天使メタトロンからのメッセージ~11/04/2012

最愛なる皆さん、こんにちは!わたしはメタトロン、光の主、そしてわたしはこの瞬間に皆さんを歓迎し、天の光で皆さんを取り囲みます。

ですから親愛なる皆さん、皆さんの周りと皆さんの上を、聖なる地球の上を取り囲んでいるさらに巨大な生命さえ存在することを、わたし達は皆さんに伝えます。そして今、こうしたものが皆さんの惑星に流れ込み、皆さんの自覚的意識の全領域で利用できるようになっています。それは、繊細な特質を備えた光です。それは期待の光ではなく、論理を保有せず、むしろそれは健康的な光であり、そして実際に天使の領域の‘故郷の’エネルギーを運びます。

この二元性に属する特殊な惑星、この最愛なる聖なる地球上で、この天の光がその影響範囲に、その意識の領域に入ることにこころを開き、それを許すすべての人々は、瞬時に自分自身が霊の中で祝福され、神聖なる静穏の中で光を放っていることに気付くようになることを、わたし達は皆さんに伝えたいと思います。このエネルギーは静かであり、このエネルギーは和解させるものであり、そしてこのエネルギーは皆さんの数々のチャクラを皆さんの天の故郷に結び付けます。

それはここに現れるすべての人々に利用できるものであり、そして手軽に利用できるものです。これは癒しと健康の場所です。その道筋の上にいる人間は、まだいつもその理解の探求の中でいつも健康を含めることを求めているとは限りませんが、しかしそれはすべての人々が理解しなければならないものです。何故ならそれは、それは真実に敬意を表し、皆さんの三位一体の存在のすべての部分がそれを切に必要とするからです。

《巨大な嵐》The Superstorm

非常に最近の巨大な嵐は、合衆国の東海岸で発生しました。実際にここ数年の数々のハリケーンや地震で起ったような、そういった破局的な出来事のすべてに伴う苦痛と悲嘆と同時に、深い心的外傷と悲しみを、わたし達は理解します。

現時点の地球の移行期に人間でいることは、これほど数多くの人々にとって極端に困難であり、そしてわたし達はすべての皆さんに、苦渋に満ちた損失を経験している人々に対して、皆さんの祈りを捧げることを求めます。天使の領域に属するわたし達は、皆さんと伴に存在します。悲劇的な数々の生命の損失や大地と構造物の荒廃があったという事実にもかかわらず、こうした破局的状況はどのようなカルマも、どのような罰も、実際に何らかの否定的なものを目的としていません。熟達者の皆さん、わたし達は皆さんに、今起っていることは発生しなければならないものである、と伝えます。それはひとつの不可欠な再調整です。それは地球の移行であり、新しいエネルギーへの移り変わりです。

親愛なる皆さん、わたし達はこうした数々の損失における皆さんの痛みを感じます。そしてわたし達は、皆さんが耐え続けている数々の困難を通して変化のエネルギーを維持していることに対して、皆さんをこれほど高く評価します。わたし達は事実通り、二元性の領域の悲しみを理解します。わたし達は、こうした移行の時期を通して、皆さんを愛の中に取り囲みます。しかし、起っているあらゆる物事は選択によるものであり、人間が行った勇気ある聖なる選択は、次元上昇することだということを、理解してください。

わたし達はまた、困難の一方で、そういった数々の出来事が人々を団結させ、そして事実通り人類の中の最良のものを明らかにして、お互いに支援するために協力していることを、皆さんに伝えます。

《惑星の変化》Planetary Change

さて、ほとんどの皆さんが、現在皆さんの惑星が数多くの変化を経験し続けていることを、充分に自覚しています。わたし達は、こうした変化は実際に適切であることを、皆さんに伝えます。すべては、惑星の振動を浄化し、一掃し、引き上げるために考案されています。

メタトロンへの質問:わたし達は、過去数年の間与えられた情報から、こうした出来事は次元上昇のために必要であることを理解しています。こうした出来事は2012年の後は減少するでしょうか、それとも止まるのでしょうか?

メタトロン:地球は絶えず活動的です。皆さんは、生きている惑星を安定させることは、継続的な‘自然な’過程であることを理解することが必要です。今までいつも起ってきた均衡状態の移行は、必要になれば起り続けることになり、それは継続しているひとつの過程です。ちょうど皆さんの物質的な人間の身体とオーラの身体が外部と内部の経験と力に従って必要な調性をしているように、ガイアの身体も同じように、安定のための移行を行っています。惑星は12-12-12に次元上昇し、そして12-12-21に生れ変ります。しかし、2013年はその時、拡大されたマトリクスの中で新しい始まりを迎えています。次の26年間で、惑星は単体の太陽を中心とした配列構造から銀河の構造に向かいます。そのため、変化、上方移行は、2012年で止まることはありません。

数々の氷冠の溶解は、その動きの一部です。

数多くの人類が、地球温暖化の現象は、怖れられ、阻止されることになると、感じます。これは事実ではありません。極地の氷冠の溶解といったような現象は適切であり、必要なことです。地球温暖化は、進化そのものを引き起こします… そして2012年を過ぎても続くことになるでしょう。この惑星は太陽のエネルギーを受け取り、氷冠を溶かし、言ってみれば、水の結晶質の内部に符号化されているものを解き放ち、古い数々のパターンを取り除きます。受け取られる新しい数々の符号は、流水を通して移動し、このようにして地球のすべてのエネルギー領域に影響を与え、それに触れるすべてのものに付着し、その上それを活性化します。このようにして、惑星と人間の進化、意識とそうしたものが、さらに急激に前進し始めます。

そのように拡大が起るため、2012年に移行を終えることを許すためには、その努力が必要でした。しかし新しい地球と実際に次の300年間の人類の体裁を整えるために考案された働きが、始まります。次の段階は、新しい天空の形成と整形であり、2038年に完了します。

2013年は、新しい始まりであり、終わりではありません… しかし、地球温暖化は続くことになるでしょう。

《地球温暖化》The Warming

過去10年の間に起った巨大な嵐、ハリケーンや巨大トルネードは、最近記録された歴史に中のどのような記録よりも、かなり大きく、さらに強力なものになっています。最近のハリケーンであるサンディの規模と範囲は、直径が1000マイルを超える範囲に広がっています。規模と勢力の増大は、実際に直接的にさらに温暖化している地球の水と大地の気温と関連しています。溶解している氷冠は、海面を高め、これが続くことになるでしょう。皆さんの極域の氷河と氷冠は、太陽の光を反射し、惑星に届く熱の吸着を減少するために役立ちました。この減少によって、気温が増大しています。それにもかかわらず、これが地球温暖化の主要な理由ではありません… しかし皆さんの学者達は、自然にその理解の範囲の中で数々の原因に帰することになるでしょう。

ほとんどの皆さんが、皆さんの惑星は現在数多くの変化を経験していることを良く自覚しています。そしてわたし達は、ひとつの鍵となる理解を再び強調することを望んでいます。そのためこうした転移は適切なだけではなく、地球と人類が古いものを解き放ち、新しいエネルギーに向けた上方移行をするために必要な手段であることを、わたし達はもう一度皆さんに伝えます。こうした数々のハリケーンや地震は、これほど頻繁に誤解されている他の活動的な地球の出来事のように、惑星の振動を一掃して引き上げるために考案されています。そのため、進行中の数々の地震、津波、地球温暖化、巨大なハリケーンの活動の活発化は、怖れられまたは阻止されるようになるものではなく、わし達はそのことを皆さんが認識することを求めます。それは事実ではありません。こうした数々の出来事は、実際に進化のために極めて必要なものです。皆さんが惑星の次元上昇と呼ぶ進化です。そしてわたし達は、‘怖れ’の解放は簡単に行うことができることではないことを良く理解しています。何故ならそれは、皆さんの生き残りの本能の中に染み込んでいるひとつの自然な反応になっているからです。

数々のハリケーンや地震やその種のものからの間隔もまた、地球に触れるすべてのものを解き放ち、再符号化し、そして再調整している生きていいる地球の意識領域に、影響を与えます。このようにして、ひとつの新しい意識、ひとつの新しい地球が前進を始めます。

それにもかかわらず、怖れは依然として持続します。そしてそれは自然なことであり、実際に理解できることです。直接的に影響を受けないいわゆる安全な地域にいる人々でさえ、以前の洪水に見舞われたアトランティス、レムリア、そしてそれを上回る地球規模の大変動を潜在的に極めて良く自覚しています。親愛なる皆さん、今まで4回、人類の惑星上の存在がほとんど排除されています。そのためわたし達は、地震、惑星の温暖化、火山の噴火、嵐、そして磁場の移動の可能性がやがて別の‘再起動’を、皆さんがそれを認識するように生命を絶滅させる地球規模の大変動を、創り出すようになると皆さんが怖れる理由を、理解します。実際に別の‘再起動’は起ることになりますが、しかし差し当たり、それは幾らか人類の集団的な反応に左右された、より漸進的な移行になることを、わたし達は皆さんに伝えます。

皆さんの世界の報道媒体と映写技師の劇的な演技にもかかわらず、2012年は地球規模の破壊になることはないでしょう。34年前の調和的収束に先だって、それは実際にそうなることになっていましたが、しかし皆さんがそれを変えました。磁気の熟達者のキロンは、10年以上にわたって、調和的収束によって引き起こされた変化について、人類が光の基準を満たして次元上昇を起こす脚本を書いた様子について、皆さんに伝えてきました。

そのためわたし達は、報道媒体や数々の映画が劇的に考案してきた地軸の傾斜、激変をもたらす隕石の衝撃、そして磁極の移動の怖れは起ることはない、と皆さんに伝えます。皆さんは、そういった怖れに報いることができます。。惑星の地軸は、怖れられる衝撃的な角度に傾くことはなく、破壊的な隕石が地球に衝突することもなく、そして2012年に磁極が移行することもないでしょう。

そのためわたし達はもう一度伝えますが、それは実際に人文科学の計測と選択であり、巨大な地球規模の大変動、世界中の活動領域での大規模な破壊は決して起ることはないことは、既に決定されています。むしろ比較的小さな局地化された環境で浄化が起ることになり、そして人類は実際にこれから次の水準に向けて前進することになるでしょう。

親愛なる皆さん、間違わないでください。その一掃を許す数々の変化が続くことになり、またそれは続かなければならないことですが、もしも民衆が正当に教育され、さらに高い善の立場と展望に対してこころを開くなら、そういった適切な変化がさらに大幅に簡単に行われる可能性があり、意外に早くそうなるでしょう。

《惑星の救済》Saving the Planet

数多くの人々が、皆さんの言葉で言う、‘惑星を救う’ことを望んでいる人々です。そのためこの交信者は、人類のこの生きている惑星に対する関係性の本質になっているものを尋ねます。もしもその関係性が共時的で、事実通り今は地球と人類の間にひとつの対話が生じることができることに気付いているなら、それは最も良いことでしょう。地球の管理者、先住者、ドルイド僧、アトラのラーとして数々の生涯を過してきた皆さんにとって、実際にこの交信者のような数多くの皆さんが、今特別にこうした対話のエネルギーを維持するために、今ここに存在します。そして、それが起り始めています。

さて、良い意図をもった他の数多くの人々の困難は、現実性の資質に関する真の枠組みを受け入れるためには、彼らは周波数が合っていない、充分な光の割合になっていない、ということです。そのため、こうした民衆は支援することを望んでいる一方で、事実通りその方法を認識していません。彼らは、変化を阻むこと、あるいは変化を何処か他の場所に移すことが適切だ、と考えます。ここよりあそこの方が良い、ということですが、分かりますか?支援することを望むすべての人々が、皆さんが巨大ハリケーン、火山の噴火、地震、津波と呼ぶそういった出来事のさらに大きな善を、さらに高い目的を、事実通り理解しているとは限りません。

そのため、ほとんどの人々はこうした出来事に対して単純に怖れで反応し、そしてその不安から自由になることを望みます。しかし怖れを解消することは、その怖れを理解することと同じではなく、従って、人類の民衆はその出来事を変え、実際にそれを再現します。変化する数々の出来事を解消する、あるいは無しにすることは、地球に対しても人類に対しても、必ずしも恩恵にはなるとは限りません。支援を望んでいる人々の困難は、彼らが自分はその知識においてより認識していると考えているか、より学術的で良く認識していると考えているからです。それにもかかわらず、彼らは神性を排除し、彼らは皆さんの専門用語で言う形而上の中で霊と呼ばれているものの完全性を排除します。彼らは起っていることの中の完全性を理解せず、あるいは確認しません。すべては完璧になっていて、すべては良き秩序の中に存在することを理解していない彼らにとって大きな困難があり、次に本質において、彼らは軋る車輪に油を差さず、むしろ彼らはその時停止しているか固まってしまっている歯車の歯の邪魔をして、そのため進化はさらに困難なものになっているからです。分かりますか?怖れがいつも、大いなる原因です。

《完全なる嵐》The Perfect Storm

さて、皆さんの惑星上で起っている非常に重要な周波数の上昇の仕組みのひとつが、巨大なハリケーンです。これは大幅に誤解され、大幅に怖れられています。再び怖れです。こうしたハリケーンは、事実通り壮大な数々のエネルギーで海洋を変化させるように意図されています。ハリケーンは、陸地に引き寄せられるように意図されていません。しかし、それはまるで、世界全体が、ハリケーンが上陸することになる場所、それが引き起こすことになる破壊、沿岸に現れるようになる場所を予測する専門家達に、意識を集中させられています。そのため、そういった地球規模の意識の集中によって、魅惑と怖れの中で注目している人間達によって期待されているように、実際にそのハリケーンは沿岸部に引き寄せられます。

こうした数々の嵐の真の目的は、水のエネルギーを増大し、水が電気的に拡大することを許すことです。もしもこうした嵐が海上に留まっているなら、その時その電気エネルギーは、単純に惑星の非常に大きな部分に穏やかな流れの波動として伝えられるだけです。そのためそれはさらに多くの存在達にそれが届くことができるように、風や波によってではなく、そのエネルギーの流れによって大地や人々に伝えられます。それに対してひとつの完全性が存在しますが、分かりますか?ある意味で完全なる嵐と呼ばれるものが存在しますが、しかしその完全な嵐は、電磁的な流れが完全に融合しているものです。こうした‘数々の嵐’は人類の領域を進んで行くため、それは惑星の周波数の次元上昇のために役立つものであり、そのため人類全体にも役立つものです。

メタトロンへの質問:過去数年の中で非常に強力なハリケーンが幾つか発生しました。エネルギーがそのような組織立った様子で蓄積する時、それはひとつの意識を持つ、と言うことは正確でしょうか?

メタトロン:巨大ハリケーンはひとつの幾何学的な側面を持ち、そして実際にフィボナッチのパターンを持つことを、皆さんは気付くようになるでしょう。そのためわたし達は、こうした‘組織立った’自然力のエネルギーの統合体は、ひとつの自覚を持つと伝えることになり、その通り、それは正しいものの、しかしそれをひとつの意識と呼ぶことは、適切ではありません。団結するのは、ひとつの自覚です。皆さんはその違いが分かりますか?自覚はひとつの共通の目的のために機能するひとつの単位のことです。魚の群れは、ひとつの共通の目標、ひとつの共通の目的に向けて調和して機能するひとつの単位として、数多くの個別の構成単位で作られているひとつの単体の単位として、ひとつの自覚を持ちます。これはひとつの意識と同じではありません。つまり意識とは、拡大してひとつの精神になり、より以上のものになることを望み、神聖なる精神と呼ばれるものが植え付けられているひとつの非常に有能な精神になるひとつの簡潔なエネルギーのことであり、それとは同じではありません。それが意識です。分かりますか?

メタトロンへの質問:過去も現在も、文字通り、ここしばらくの間ずっと起ってきた数々のハリケーン、そして今回起ったハリケーンの衝撃を緩和するように祈っている数百万の人々が存在します。そしてわたしは、これはひとつの影響力を持つと考えていますが、それは正しいでしょうか?

メタトロン:その通り、思考のエネルギーは実際にあらゆる物事に影響を及ぼします。しかし本質的に、皆さんが祈ることができるものもまた、至高の善に向けたものになっていることが必要であり、そしてそれは、ハリケーンの真の目的である善意ある電磁的な移行を許し、海上にハリケーンを留めることです。ハリケーンを散らして、陸地に到達する前に勢いを現象させることです。しかし、皆さんはこうした嵐を排除することができると考えることは、考え違いです。実際に、こうした嵐は発生しなければならないものであり、それは地球の移行に不可欠なものです。さらに高い水準では、すべての皆さんがこれを認識していますが、それにもかかわらず、二元性の中では、それは当然のことながら把握することが困難です。

そのため、民衆の反応は、怖れの中で祈ることです。わたし達が既に伝えたように、ハリケーンを増幅して特定の場所に引き寄せるものは、ある程度、人間の怖れ、ハリケーンに対する人間の否定的な情緒を込めた意識の集中です。集団意識、ひとつの巨大な集団の怖れに満ちた興奮の質量場が寄せ集められ、それもまた実際にハリケーンを陸地に引き寄せました。あなたが言う通り、数百万の人々が祈っていましたが、しかしその投影しているほとんどのものは、怖れです。“わたし達はこれはいらない、わたし達はこれを望んでいない、それを追っ払ってくれ!”

しかしわたし達は再び伝えますが、人々の反応の背後にある主要な情緒は怖れであり、そしてその怖れはその出来事に磁気を帯びさせて、怖れが怖れられているものを引き寄せます。それが、‘法則’という言葉が協調されている、引き寄せの法則です。

《報道媒体の事件への集中》The Media-Event Focus

ハリケーンの発生全体は、ひとつの報道媒体の事件になり、民衆、特に湾岸周辺の人々は、テレビ画面やラジオに釘付けになります。気象学者は進路予想図を描き、地滑りが起りそうな場所を予測し、目標とされた地域が磁化された状態になります。そのため、人間の情緒的な干渉という集団意識のエネルギーがこれほど巨大なものになり、それは相互作用を起こし、その出来事の自然な進路に多少影響を与えます。繰り返しますが、気象学者達からの警告は有益であり、慎重さは‘内陸のさらに高い地盤に移動する’という助言に注意を払うように指示しますが、しかし数多くの人間が、その避難勧告を無視します。

さて、言うまでもなく、訪れる嵐の事前の警告を人々に与えるために皆さんの科学技術を利用することは、それ自体が極めて有益で、極めて善意あるものですが、しかしそれは一部の報道媒体によって誇張が施されて、その出来事をある種の絶滅に作り直して扇情主義のひとつの機会にして、視聴者の注意を引き付けます。そしてそれは、怖れと劇的状況を激化させる方法で行われます。皆さんはその違いを理解していますか?

それは、人間の情緒がその出来事を創り出すということを伝えようとしているのではなく、むしろ、収集された怖れが特定の量的な慣性まで蓄積される時、それは磁化してそのハリケーンのエネルギーを様々な程度まで引き寄せることができ、そしてそうなることを伝えようとしています。

もしもこの巨大な情緒的なエネルギーが怖れに基づいたものではなければ、それは実際にそのハリケーンを海上に留めておくか、あるいは地滑りを遥かに少ない強さのエネルギーに留めておく効果を持つことができたはずです。そのためもしも集団の反応が、恐慌状態や怖れを持たずに至高の善と無害化に対する祈りに調整されていれば、その効果は‘自然な出来事’にひとつの非常に有益な影響力を持っていたでしょう。それは情緒的に帯電した増幅を、むしろ拡大するよりも妨げることができたはずです。分かりますか?

メタトロンへの質問:数々のハリケーンのさらに高い目的とはなんでしょうか?

メタトロン:わたし達が既に伝えたように、その目的は調和的なエネルギーを拡大し、実際に地表の3分の2を意味する、水で覆われている惑星の領域全体の周波数的な増大と共鳴を拡大することです。竜巻は、その目的を陸地で達成します。サイクロン、台風、ハリケーン、そして竜巻は、すべて渦巻き状の回転を持ち、その特殊なパターンは海面や陸地だけではなく、その回転する渦巻き状の形式で惑星の奥深くまで達して、エネルギーの浄化とエネルギーの調整の両方の働きを行います。その速度と規模が特定の比率を伝え、まさにそれが踏破する地域よりも遥かに広い領域に向けて広がります。それはレイラインにエネルギーを供給し、上昇がさらにより多くの領域や存在達に到達することができることを目的として、軸的性格を備えた数々のネルギーを非常に大きな割合まで持って行きます。それに対するひとつの完全性が存在します、分かりますか?

《地球温暖化》Global Warming

皆さんの世界のハリケーンの勢力の増大は、水の温暖化によるものです。そして、皆さん人間は地球温暖化の責任を引き受けることを望みますが、それは主として皆さんの産業化によるものではありません。もしも皆さんが野原で暮らす社会であったとしても、地球温暖化は起っているでしょう。しかし誤解して貰いたくないのは、産業的な浪費と排出に起因する環境汚染は、人類の健康と皆さんの惑星の生きている数々の王国のためにも制御された状態が実現されていなければならないものです。

しかし地球温暖化の主要な原因は、地球の内部の溶融核の回転の増大です。核の回転の加速が、内部核の溶けた鉄とニッケルの質量と温度を増大します。生み出された熱がマントルを温めます。より高速の回転は、惑星の中心内部の内核と外核の間の回転率に影響を与えます。こうした比率は反対方向と異なる速度になっています。

この回転と回転率の変化の仕組みそのものが、皆さんの惑星上の皆さんの時系列の閃光を増大させています。またそれは、内部核の質量を増大させ、その結果、皆さんがシューマン共鳴と呼ぶイオンの放出を増大させます。こうした数々の変化は実質的に徹底的なものであり、皆さんの惑星の進化と惑星のマトリクスに関連しています。その調整が進行中であり、そして‘微調整’が必要になっています。

現在、その‘調整’は完了していません。そのため現在は惑星の中心の内部、内部核そのものの内部は、その核の部分が時計回りと反時計回りの両方での回転する状態に関して不安定な状態になっていて、そのため次に、地球上もまたひとつの安定した状態になることが必要になります。そうでなければ、そういった安定がなければ、地球はさらに高い数々の次元の受領のための不可欠な準備の中で、事実通りそのさらに高いオクターブに進むことはできません。

そのため実際には、そして皮肉なことに、人類の民衆に認識されていないその逆説とさらに巨大な現実性として、そうして電磁的な安定化の働きがなければ、より多くの地球の変化が起っていることです。初めにひとつの地震があり、次にハリケーンとトルネードが発生して安定させます。分かりますか?別の地震が起り、次にハリケーンとトルネードが起り、それ自体でひとつのパターンを創り出していますが、それは役立つことはないでしょう。このようにして、その時、電磁特性が惑星を動き回る方法を備えたひとつの先行するエネルギーがあり、そのグリッド系の周辺を循環し、次に地球に浸透し、次に内部もまた安定させます。

必ずしも地球の数々の変化を妨げる訳ではありませんが、しかし安定が相応しい場所に、安定をもたらします。その不安定、未調整のままの状態は、わたし達は皆さん保証しますが、巨視的な規模の大変動につながる場合があります。その結果、微視的な数々の出来事が起って安定をもたらし、そしてご存知のように、そうしている間に巨視的な出来事を防ぐことがより良い状況です。

《コロナ質量放出と天体の影響力》CME’s & Celestial Influences

同じやり方で、今までコロナ質量放出、太陽の嵐が起ってきて、太陽風と呼ばれているものを創り出しています。それは強度においてさらに一層大規模なものになってきて、その一部は今まで記録されてきた中で最大のものになっています。それで皆さんは、惑星の次元上昇における太陽風あるいはコロナ質量放出の役割は何か、と尋ねます。わたし達は皆さんに、こうしたものが振動を変えていて、それが地球に影響を与えます。それは人類の精神を操作する手段になる、数々の周波数を変化させます。それは、さらに高い次元の利用に対する接点を提供します。

これはどのように機能するのでしょうか?コロナ質量放出から現れるエネルギーは、地球の構造プレートで吸収され、その方法を通して地球の振動共鳴を増大しています。こうした状況は特定の強力な場所や聖地で特に機能します。特に、幾何学的な結晶構造の層がある場所です。

次にこうしたエネルギーは、地球の全体的な結節系を進んで行きます。もしもそのようなコロナ質量放出がそういったひとつの振動を創り出すなら、その結果地球の電磁的な流れ全体が影響を受けます。潮流は影響を受け、構造プレート、人類の精神も影響を受けます。人類がその内部で暮らす現実性を創り出す方法、人類が信じる幻影、人類が人類自身の生命に対して感じる方法、存在達の共同体または個別の存在達の存在方法が、影響を受けます。このすべては、太陽から訪れるものによって、太陽風から訪れるものによって、影響を受けます。

実際に、コロナ質量放出を上回る、次元上昇に大きな影響力を持ち続けている他の天体のエネルギーの源泉が無数にあります。太陽は他のすべてのものも連携させている、と伝えることが最も良いと思います。他の影響力を備えた光線がある場合、こうしたものは、太陽によって吸収され、調整され、反射されます。

さて、他の数々の宇宙の天体、他の惑星もまた、皆さんの惑星にその効果と影響を与えます。これは長い間認識されてきましたが、しかし大幅に誤解され、大幅に軽視されてきました。この交信者は、正確に他の天体からの重力の影響力が地球に影響を与えている姿を尋ねます。

わたし達は皆さんに伝えます。それは意思の環の中で外部に向かって移動し、次にそれは言うならば天の意思によって伝えられ、地球に向かいます。

こうしたものの一部は、磁気であり、一部は電磁気であり、ゼロ場のエネルギーに属する他のさらに微かな物質です。

《結びとして:》Closing :

地球はひとつの全能の存在です。地球が破壊されることはあり得ません。皆さんがそれを受け入れるかどうかにかかわらず、地球が許さないものを、地球から取り上げることはできません。人間は地球を破壊することはできず、ただ地球上で生きる自分の能力を破壊することができるだけです。地球はまさに、今の地球のように、ひとつの燃える溶岩の球体と同じ意識でした。訪れている数々の変化は、ガイアによる同意を受けていて、実際に地球、太陽、そして皆さんの言葉で言う創造主の神の感覚性によって、かなり大幅に調整されています。すべてが完全な秩序の中に存在することを、認識してください。

親愛なる皆さん、皆さんは今回ここに存在することに同意しただけではなく、こうした数々の変化を創り出し、調整するためにこの世界に現れました。さらに高い自己の中で、皆さんは完全にこれを自覚しています。二元性は困難なものであり、そしてわたし達は五感という濾過装置を身に着けて、その数々の困難に耐えていることに対して、皆さんを高く評価します。それにもかかわらず、皆さんが今行っていることは、信じ難いほど重要であり、非常に目的を持ったものです… そしてわたし達は、皆さんを高く評価します。わたし達は、皆さんの真の神性を皆さんに思い出させます。

わたしはメタトロン、そして皆さんは、最愛なる人々です。

今起っている数々の変化がその完全性をもたらし続けています。それは完全な嵐です。


Channeler: James Tyberonn

by 森のくま (2012-11-08 19:34)

http://blog.livedoor.jp/sisia3413/archives/19903117.html

http://blog.livedoor.jp/sisia3413/archives/19903136.html

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」












メタトロンからのメッセージ

ラパ・ヌイの144 ~メタトロンからのメッセージ~ 

2012年11月24日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

11月末の大祓いを、11月30日(金)に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

月末の大祓いをお受けいただいた皆様からのご感想

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

Despertando http://japonese.despertando.me/に掲載されていたメタトロンからの最新のメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

《ラパ・ヌイの144》~メタトロンからのメッセージ~ 18 November 2012

熟達者の皆さん、こんにちは!わたしはメタトロン、光の主。わたしは無条件の愛の方向量の中で、ひとりひとりの皆さんに挨拶を贈ります。わたし達は、側近の天使達やラパ・ヌイの場所の霊を呼び寄せるために、少し時間を取ります。わたし達は鮮やかに輝く螺旋状の方向量の中で、ハトホル達、そして古代のムーの存在達と協力します。しばらくの間皆さんの目を閉じて、わたし達の集合体の様子を感じてください…..

嗚呼、親愛なる人間の天使達、わたし達は皆さんを、個人的にも集団的にも、愛情を込めて取り囲みます。皆さんは、皆さんが完全に皆さん本来の精緻なエネルギーの姿を確認することを阻んでいる、二元性の濾過装置を着用しています。数多くの皆さんが、次元上昇が象徴する崇高な偉業を自覚さえせず、ほんの少数の人々だけが、皆さんがそれを創り出したという事実を理解しているだけです。皆さんはすべて、完全に驚くべき卒業の最先端にいます!

親愛なる皆さん、地球は、巨大で強力で、そして皆さんが推測することができるよりも遥かに広範囲の太陽系の一部になっています。ひとつの物質的な地球が存在しますが、しかしまたひとつの現実性以上の領域の中に存在し、数多くの変型が存在します。地球は数多くの目的に奉仕してきて、これからも同じように奉仕し続けることになるでしょう。地球の上空、表層、そして内部には特殊な数々の場所があり、そこでは数々の次元が融合し、周波数の出入り口が発生します。無数の洞窟の開口部があり、それは地球の遥か内部まで到達し、他の数々の次元や、異なる経験と表現に属する存在達の領域に入り込んでいます。

わたし達は以前皆さんに、他の存在達や種族達が現在皆さんと全体的な地球を共有していることを伝えてあります。時間と空間の異なる数々の時代の中で、無数の他の存在達が現れては去っています。そのほとんどが、皆さんとは非常に異なる地球を認識します。地球はその始まり以降、地球やその月の上や内部で暮らすことを選択してきた無数の種族の故郷になっています。彼らは空間、時間、次元、そして目的によって隔てられながら、お互いに気付き、また気付かずに過してきました。地球は他に類を見ないほどその内部で共生的であり、一部の存在達に対するキャンプ場であり、人類にとっては実験場になっています。しかし、惑星上の大地の上または下に入るすべての存在達は、ラパ・ヌイを認識しています。何故ならそれは、アルクトゥルスとの固有の配置を持つ極端に強力なひとつのスターゲイトになっているからです。地球の次元領域に入るすべての生命は、まずアルクトゥルスの出入り口を通過します。

そのためわたし達は、ラパ・ヌイ、イースター島について伝えます。

《巨大なポータル》/ Mega Portal

実際に、それは地球上で最も強力で固有なポータルのひとつであり、そうしたものとして数千年の間認識されてきています。それは絶対的に、ひとつの強力で慈善的な‘地球の臍帯’です。地球、その自然力の王国、そして実際に人類を支える、活力に満ちて、安定的で、育成的なエネルギーです。

そこは、かつて巨人種達、ハトホル達、そしてシリウスの歩くクジラ目の故郷だった場所です。レムリアの人々の表層の神殿でした。ほとんどの皆さんが、皆さんが自覚しているよりも遥かに多くの物事を認識しています。わたし達は皆さんに、それは桁外れな割合と重要性を持ったひとつの出入り口を収容していることを伝えます。そしてそれは、2013年の始まりの時に、極端に重要なひとつの役割を演じることになります。わたし達はそれに応じて、地球の管理者達にラパ・ヌイを経験して、その数々の符号を受け取って固定するように働きかけるように、この交信者に要請してきました。明快な呼び掛けです!

さて、数々のポータルは通常、地球上空からの入り口になることを許す空間の中のワームホール、あるいはスターゲイトになっていると考えられています。イースター島の上に存在するその驚くべきポータルは、二重の8面体のマトリクスに属するものです。それは、2つの8面体の“門”です。地球の上空と下の入り口を備えたひとつの垂直な8面体であり、時間の中の他の要所と結び付いているひとつの水平的な8面体のポータルの両方です。

《ラパ・ヌイの144》 / Rapa Nui 144

ラパ・ヌイ(イースター島)はまた、その言葉の正真正銘の意味として、動力発生のひとつの要所です。地球の地軸は、その性質においてスカラー波と呼ばれているものと類似するエネルギーパターンを受け取り、また生成します。ラパ・ヌイは球状の地球上の12の場所の内のひとつであり、この信じ難いエネルギーの直接的なひとつの導管です。ラパ・ヌイは、ギザと同時に他の11の巨大結節点とのひとつの非常に特殊化された関係を維持します。そのひとつの渦状のポータルとしての機能の観点から見た場合です。わたし達は、惑星のグリッド上のその位置を、春分点歳差運動の中で機能している、ひとつの主要な結節点になっているものとして確認します。

適切に経度‘ゼロ’が割り当てられているギザと伴に、イースター島は144度という重要な進行の中に存在します!それは、惑星のグリッドと周波数的な数値計算上の鍵の両方において、非常に意義深いものです。これは実際に、皆さんの世界の科学者や予言者達に認識されている理由と認識されていない理由の両方の意味で、それほど遠くない未来において、さらに重要なものになるでしょう。ラパ・ヌイはひとつの新しい役割に向けて目覚めているところであり、そして新しい天空に対する南半球の中の4つの主要な維持装置のひとつになるでしょう。

《安定化された領域》 / Balanced Field

イースター島は、三角形を形成する3つの火山の溶岩から形成されました。その火山は潤色が施され、シャスタ山とかなり似ていて、ラパ・ヌイの144のポータルの上下で発生する巨大な次元的な重畳に固定するために役立ちます。ここで発生させられたエネルギーは信じ難いほど強力ですが、それにもかかわらず、親和的に安定しています。それはほとんど音楽的な安らかさを醸し出し、それぞれの巡礼者や訪問者のこころを開いて、高められた自覚的意識と神聖なる自己との霊的な融合に向かわせます。それは、‘薄い覆い’をもったひとつの驚くべき場所です。人は、ここでの瞑想の中で、桁外れに明快な明晰さで神性を経験します。

太平洋の海水に近接していることが、ラパ・ヌイを落ち着きと育成のこころのひとつのオアシスにしています。この島は現在非常に小さいため、その海岸線上の海洋の波の効果が、親和的で心地良い陰イオン性の電荷のプラズマの領域で、その地域全体を簡単にカプセル状態にします。他の方法でこのエネルギーの中に存在することは極端に強力なため不可能ですが、しかし大地と宇宙のエネルギーの混合のおかげで、皆さんはこの地域を再生の結節点と呼ぶことができます。ここで機能する無数の力が極端に上手い具合に均質になり、この島の上で時間を過す人々にたいして大幅に役立つ、ひとつのエネルギー的な誘導磁場を提供します。そのエネルギーは文字通り人間のオーラの領域を安定させ、調整することができ、また数々の慢性疾患を癒し、実際に寿命を延ばすことができます。これはレムリアの人々によく認識されていたことであり、ラパ・ヌイは癒しの中心地や霊的な拡大の場所として利用されました。

2013年の3月の昼夜平分時に始まることとして、エネルギー的に符号化された結晶構造の光がこの地域に流れ込むことになるでしょう。それは新しいひとつの時代の光であり、啓発された人類の出現を支え、促進します。それは数多くの人々のひとつの灯台になり、そしてそれは、地球の上と下で聞かれることになるでしょう。それは新しい天空を確認しながら、ひとつの壮大な再統合のための方法を準備し続けています。

さて、特に莫大な有用性と複雑性、としてイースター島の力の結節点の極端な生成のおかげで、それはひとつの桁外れな巨大な渦状のポータルになっています。それはレムリアの時代に最初から良く理解されていて、そして実際に、地球が二元性の惑星になる前に、数多くの存在達が地球の次元領域を最初に経験するときに利用した、その入り口の門でした。これは、最初の天空の時代のことでした。ラパ・ヌイは、地球の次元領域への入り口のひとつの主要な要所としてのその機能において、非常に活発なままです。

イースター島は、最初の天空の時代の中で、ひとつの理想郷の憧れの地として役立ちました。惑星のその局面では遥かに大きな陸塊であり、宇宙全体からの訪問を受けた場所でした。その地域の中に信じ難い数々のピラミッドが建設され、現在はそのほとんどが海水の中に没していていますが、その幾つかは、空洞の地球と呼ぶことができるもの中のその下の巨大都市の中に位置し、機能し続けています。

直線的な時系列でかなり後にあたる、アトランティスの‘黄金時代’の間、シリウスA、シリウスB、プレアデス、そしてアルクトゥルスといった数多くの地球外生命体達が地球上に姿を現して、有機体の中の人間達と伴に歩んだ時、地球はそのように計画されていました。そうした遺跡の場所は、科学技術的に送受信するピラミッドで飾り立てられた状態になっていて、そして回路化された数々の石柱がそういった場所や方向量の中に設置されました。

イースター島、ギザ、チチカカ、パタゴニア、イスラエル、トルコ、アーカンソー、そしてニューグレンジは、こうしたもののひとつでした。こうしたものの一部は、惑星の表層に存在しました。他の数多くのものは、表層の下の周波数の亀裂の中に設置されました。

その回路と数々の伝送局が、数々の次元領域のより濃縮された集中的な融合状態と、その内部のエネルギーの流れの安定化と制御の手段を可能にしました。それにもかかわらず、その科学技術は高い周波数の思考に応じて活用され、その思考によって運用されたこを、理解してください。地球は皆さんが理解するものよりもかなり異なっていることを、わたし達は皆さんに伝えます。その状態を理解できるように‘コンピューター’に喩えてみると、ひとつの主要な地球用プログラムがあり、そのプログラムの内部に数多くの下位プログラム、またはファイルが存在し、それには異なる変型、異なる時代、そして異なる時空間の可能性が含まれています。そのため、この多少説明的な印象で、全体的な地球の内部には、数々の時空間の次元が存在し、それは周波数によって分離されていることを理解してください。

《全体的な地球の次元的な数々の回廊》 / Dimensional Corridors of the Omni Earth

熟達者の皆さん、数々の次元は距離によって隔てられている訳ではなく、そしてそうなっているため、他の数々の世界、あるは他の全体的な地球の領域によって隔てられている訳でもありません。こうした世界は、事実通り、皆さんの物質的な現実性の限定された数々の法則の内部で皆さんが考えることができる方法による物質的な旅によって、接近することはできません。もしも人類がその現在の時代の中で、その思考を物質的な移動と同じ分だけ精神的な移動に向けていたとすれば、全く異なる運動の物理特性の組合せが理解されているでしょう。全体的な地球のすべての次元は、同じ時間のない瞬間と同じ(空間のない)空間の中で発生しますが、しかし同じ周波数の中で発生する訳ではありません。別の言葉で言うと、数々の次元は、ある意味でひとつのラジオ波が数多くの異なる放送局の電波を運んでいる場合と同じ方法で、お互いに隣接しています。

地球には、今もいつも、特殊化された数々の次元の門が含まれています。周波数的な数々の世界に対する入り口になっている、数々のポータルです。ほとんどの人類にとって、それはひとつの未解決の問題点です。何故なら、周波数的な移行には、こうした驚くべきポータルの通路の認識や明確な開放が不可欠になるからです。

一体性の法則に属するアトランティスの人々、レムリアの人々、古代エジプトの人々、チベットの僧達、そして特定の土着の文化(その前後も)は、これを行う方法を理解し、特定のシャーマン的な訓練の下で、自分達の現実性やその次元的な共鳴を変えることができました。

《ラパ・ヌイの144、最初の入り口の門》 / Rapa Nui- 144-The Original Entry Gate

わたし達が伝えてきたように、イースター島は、レムリアまたはムーと呼ばれている時代の中の人類の経験の初期の複数の段階の間に、最初に地球の次元領域に入るために数々の魂達が利用したポータルを収納していました。それはギザに位置するスターゲイトと同じように強力であり、そしてギザに先立って、特にアルクトゥルスとシリウスの存在達によって、利用されました。

イースター島の多様性の中で、皆さんは、ひとつの通路の上に立ち続けますが、そこでは時間と周波数が、異なる数々の次元の中の数々の通路や一時的な立体映像を提示することができます。ラパ・ヌイの陸塊はまた、‘空洞の地球’と呼ばれているものに対する巨力な開放の場所になっています。それは幾つかの主要な入り口の中で最も大規模なものであり、それはレムリアがもはや存続できない状態の時代に、レムリアの人々によって地球の表層の地下の領域に入るために利用されました。

ラパ・ヌイは、数多くの符号の担い手達が引き寄せられて再訪する、ひとつの陸地です。何故ならその内部には、今後再活性化されるムーの数々の美しい記憶が含まれているからです。そのため、この陸地に引き寄せられる人々は、それを瞬時に自覚することになるでしょう。ラパ・ヌイの場所のエネルギーは皆さんを歓迎し、そして皆さんの出現によって恩恵をもたらすことになるでしょう。そして実際に、皆さんは信じ難い活性化を受け取ることによって、恩恵を受けることになるでしょう。ラパ・ヌイは、皆さんを思い出します。皆さんは内部にひとつの種子を携えていて、それが再活性化し、定着し、そして皆さんの未来に現れ始める非常に特殊な再浮上と同調することになるでしょう。

皆さんの直線的な時系列で3世紀以内の間に、ラパ・ヌイはひとつの宇宙の憧れと地として、再浮上することになるでしょう。熟達した存在達が多元宇宙中から旅をして訪れるようになり、その大地が依然として空洞になっていることを享受することになるでしょう。ラパ・ヌイは、特に内部地球のレムリアと同時に黄金のハトホルと聖なるクジラ目の存在達の再出現のために、もう一度ひとつの巡礼地や理想郷になるでしょう。この局面の中で、海抜はかなり低下することになり、ラパ・ヌイは再びかなり巨大な陸塊になっているでしょう。そこはまた、すべての生命体に対する若返りと歓びのひとつの隠れ家になるでしょう。そこは訪れるすべての存在達をかくまい、育むことになるでしょう。熟達した存在達が再び明らかにされた姿で人類の間を歩くのは、その最初の地域の中になるでしょう。そのエネルギー領域がその共鳴の内部で持続する次元を超えた表現を極めて明確に提示することになるため、他に類をみないほど、そのようになるでしょう。それは地球の内部世界の居住者に対する接点になるでしょう。何故なら、その表層の領域のちょうど下が、古代レムリアと同時にハトホル達の、最も大規模な都市のひとつになっているからです。実際に、その2つはまさにつながっています。

《地球の内部世界》 / Inner Earth

数多くの皆さんが、事実通り全体的な地球の内側が居住できる場所であると考えませんが、しかしわたし達は皆さんに、そこは完全に居住地になっていることを保証します。実際に、皆さんの太陽系のあらゆる惑星と同時に、皆さんの惑星の3つの月は、表層の下の亀裂の中が、内部の居住地になっています。

地球の内部の数々の次元の中に居住している存在達は、大勢います。しかしわたし達は、地球上の地球外生命体のどの種族も、現在敵対的ではなく、干渉もしていないことを付け加えます。実際に彼らは惑星のために、防護遮蔽体を提供し続けています。すべてはアシュタルの集団か、またはシリウス・プレアデス連合と関係を持っています。一部の地球外生命体は地球の始まりから、実際に人類の出現前から、ここに存在し続けています。こうした存在達の中で最も有名な生命体には、シリウス、プレアデス、アルクトゥルス、そして他の特定の友好的な連星の恒星系の存在達が含まれます。

彼らは複数の観察基地、あるいは実験室と呼ぶことができるものを所有します。一部の存在達は、他の数々の領域との惑星の接点となる数々の側面を維持する役割を持っています。

《地球の内部(空洞)世界のレムリアの人々》 / The LeMurians of Inner (Hollow) Earth

しかしその一方で、最も巨大な地球の内部世界の居住者は、レムリアの人間達です。最初の頃、地球が表層の陸地ではもはや人間の生命を維持することができなくなった大惨事の局面に入る前には、数多くの皆さんが彼らに囲まれて存在しました。

レムリアは当初、その天空の時期に、地球がひとつの‘二元性の宇宙’になる前の惑星上で発生したことを、覚えておいてください。この局面の中で、人類は事実通り物質的な存在ではなく、そして地球はひとつの理想郷の経験の中にあり、そこで人類は半物質的な姿で現れながら、意のままに消えることができました。天空の落下と両極性の領域が優位に立った後、身体はより密度が高くなり、数々の濾過機能が定位置に現れました。人生の遍歴が、選択された成長と課題のひとつになったため、人々の振動は両極性の立場に移行しました。人々の理想郷の存在は失われ、より大きな使命に置き換えられました。

レムリアの社会とエネルギーは、黄金のハトホルと黄金のイルカに属する育成と無条件の愛の側面を受け入れました。彼らの変型もまたかなりの部分を妖精の王国に同調し、彼らはすべての自然の深い愛を表現しました。

地球の環境がもはや人間の生命を維持することができなくなった時(過去に何度か起りました)、約65%のレムリアの人々が地球の空洞の中に入ることを選択しました。他の人々はアトランティスに転生することを選択し、別の人々は人類に奉仕をするために、聖なるクジラ目(イルカ)の領域に向かいました。わたし達は以前皆さんに、イルカ達や鯨達は、現在の地球の3分の2を網羅する海洋の数々の力の結節点やエネルギーを調節し、歓びに溢れながらそれを引き上げ、そしてそれを定着させていることを伝えておきました。彼らは、愛に溢れる水の守護者達です。

《生理的な進化》 / Physiological Evolution

空洞の地球への順応は、数多くの世代を必要としましたが、レムリアの共同体はそれに応じて、地球の内部世界の環境とお互いの両方で順応しました。そのため、精神、霊、そして身体はその結び付きを承認し、神聖なる意志を通して、まさにその移行が起りました。人間の身体は順応し、急速にその生理に進化してその内部と外部の環境の必要性に合致するようになることを、わたし達は皆さんに伝えます。幾つかの短い世代の範囲内で、以前は有毒だった環境が極めて快適な環境になることが可能であり、そしてそれが、穏やかなレムリアの人々の経験でした。実施に、この驚くべき生理的な適応力は遠い昔の事例ですが、しかしそれは、再び皆さんの考えられる未来の中の事例になるでしょう。地球上の数々の出来事はこれから数世紀の間は進歩し続けるため、地球の地下、地球の表層、同時に月や遥か遠くの木星や土星にある実験的な数々の共同社会が確立されるようになり、そしてそれぞれの事例の中で、人間種の身体は順応し、そして順応しながら新しい親和性を持った故郷を作り上げることになるでしょう。

そして話を続けると、地球の内部世界のレムリアの人々は今、表層で暮している人類の身体よりもかなり密度が低い体の中に存在します。彼らは、自分達の環境を調節する精神的な能力を持ち、多少カメレオンのような、周波数的に変容させることができる姿をしながら、自分達の環境に対して弾力性があり適応性がある身体の中で暮しています。彼らの視界も今まで進化してきて、光の可視的な波長分布と呼ばれるものの上下に広がるかなり広範囲に及ぶ視界の視認性で、自分達の環境の正確な画像を把握することができます。彼らは、イルカの音波探知器と類似した能力を発達させてきました。彼らの姿のためにひとつの骸骨のような骨組みがありますが、しかしそれは、本来はさらに伸縮性の高い融通が利くものです。彼らの肌は淡い灰青色ですが、これは彼らが飲む水の豊かなミネラル含有量のせいです。彼らは、その身体に活力を与える栄養素を、ほとんど直接彼らが飲む強化されたミネラル飲料水から抽出しています。彼らはスピルリナに類似した水性の藻のひとつの形態を養殖しています。彼らの身体は、ほとんど固形の老廃物を生み出しません。彼らの身体はより長寿を維持することができます。彼らの寿命は、地球の表層の人間の3倍から4倍になります。

《地球の内部世界の生命維持環境》 / Life Sustenance in Inner Earth

レムリアの人間達は、地球の内部世界の生命維持環境の部分の中で暮しています。それは、地球の表層よりも遥かに安定しています。かれらは非常に長い間そこで過ごしてきて、非常に完成に近付いた、ひとつの文明になっています。現在彼らは、他の存在達が皆さんに伝える可能性がある内容にかかわらず、表層の人類と交じり合うことをまったくと言って良いほど望んでいません。しかし、表層の世界で最初にレムリアの存在の一部だった比較的進化した人間達と今まで接触してきた彼らの指導者達の間では、ひとつの小さな偶発性は存在するかもしれません。これは一般的に、人間の潜在意識の領域か、あるいは夢の状態で生じます。幾つかの稀な発生率で、外交顧問と呼ぶことができるひとつの特殊化された中核部分が、皆さんの世界の政府機関や指導者達の一部と面会したことがあります。これは、核戦争の最も高い可能性があった時期であった、皆さんの世界の第二次世界大戦直後の数年の中で起りました。

レムリアの人々のほんとうにわずかな人々が、危険を冒して物質的な姿で地表上に向かいました。何故なら実際に、彼らの適応した身体は非常に長い間、現在の日光(紫外線の水準)に耐えることはできないからです。この状態が、2038年の新たな天空の確立の後で変化し始めることになるでしょう。

シャスタ山で表面化しているここしばらくの間のレムリアの人々の報告の多くは、多少誇張されたものか、あるいは夢の情景からの数々の思い出です。(しかし実際に、夢の視野の潜在意識の領域の内部では、相互作用が存在します。)

レムリアの人々は、単純に現在惑星の表層世界に物質的な身体で現れることはありません。何故なら、彼らの物質的な身体は、数々のウィルス、特定の細菌性の感染、そして日光への過度の露出に対して極めて脆弱になっているからです。彼らの物質的な視覚は、地表上で現れるものよりも異なる光の形態に適応しています。レムリアの人々はまた、表層の世界の民衆達の数々の敵意や問題点をかなり自覚していて、人類が今後3世紀かけて進歩するまで、彼らの現在いる場所で終始することにかなり満足しています。

レムリアの人々は、最初の天空の落下の後の惑星の二元性の領域への移行に対して、多少困惑していました。彼らはいつも暴力と侵略に嫌悪感を抱いてきましたが、それはひとつの社会と文化がそれに対抗しながら困難を経験してきたためであり、あるいは、それに対抗する防御方法や、何時それを行うかということさえ学んできたからです。ほとんどのレムリアの人々が内部の次元領域に移動したのは、これがその理由です。皆さんの太陽系のすべての惑星は、その内部領域で暮している社会を持ち、そして原則として、内部に居住している数々の社会は、より霊的に進化していることを、わたし達は皆さんに伝えることになるでしょう。

強さはひとつの愛の属性であり、そして強さのない愛は不完全であるという事実はそのままです。それにもかかわらず、レムリアは意志の強さを達成するひとつの方法を見つけ出しましたが、しかし数々の暴力の問題を成功裏に解決しながら、立ちはだかる二元性の問題を解消することは、今までしてきませんでした。それは、皆さんの過去の幾つかの文明に対するひとつの問題になったままです。それはひとつの困難な立体パズルですが、しかし、二元性を習得するためには必要なものです。それが解消される時、それは創造主精神における拡大的な成長と桁外れの飛躍をもたらしますが、しかしまた、それはひとつの複雑な仕事です。

人類の表層の構成員の一部は、内部地球のレムリアの人々とより共鳴していることを、わたし達は付け加えたいと思います。何故なら、彼らは地球の内部世界と同時に地表上の中の両方で転生してきたからですが、しかしこうした人々は少数です。こうした特殊な魂達は、両方の領域にひとつの独自の称賛に値する貢献を提供しています。そして約15世代かけた人類の集団的な次元上昇の後でレムリアが浮上し始める時、彼らはひとつの重要な役割を演じることになるでしょう。この浮上は、イースター島、パタゴニア、アーカンソー、チチカカ(ティアワナコ)、サンフランシスコ山(アリゾナ州)、トルコ、グアテマラ、ユカタン、そしてシャスタ山から主要な出口の要所の一部の場所の中で、起ることになるでしょう。

《結びとして》 / Closing

2013年以降、皆さんの前に多くの物事が横たわっています。何故なら、時間の機能と大地の機能がその隠された数々の階層を明らかにするからです。時空間の数々の回廊が今開き始めていて、皆さんに現在、過去、そして未来を創造する恩恵を提示しています。

数多くの皆さんが、皆さんは皆さんの最後の地上の人生経験の中にいる、と感じています。わたし達は身皆さんに伝えますが、2038年を超えて2312年に向けて、数多くの皆さんが戻ってくることを選択するでしょう。学びのためではなく、祝祭のために、そして歓びに溢れた再統合のために。

何故ならこの局面の中に、啓発に向けた人類の集団移行が起るからです。ご存知のように、2012年は地球の次元上昇であり、結晶質のグリッドとマトリクスの拡大であり、しかも2012年の拡大が、集団における人類の啓発と次元上昇を許します。皆さんは、それは遥かに遠い時間だと感じるかもしれませんが、しかしそれはさらい高い視点からは、一瞬の時間に過ぎません。

この局面がさらに近付くに連れて、皆さんは、指導霊たち、教師達、そして数々の周波数の内部やほとんど皆さんがまだ訪れていない内部の空間に居住いしている訪問者達の恩恵を、経験することになるでしょう。この稀有な回廊、ラパ・ヌイを通して、それが、新しく、興奮を誘う、素晴らしい方法で明らかにされる皆さんの地球を映し出す、数々の世界を許します。それが、地球がこれほど徹底的に魅力的な理由です。

地球が属する恒星系は、壮麗な卒業に向けて、そしてひとつの精緻な結晶構造の共鳴の段階に向けて、急速に脈動を続けています。地球の次元上昇は、大宇宙全体に影響を与え始めている、その進化上の飛躍に刺激を与え続けています。それは時間の巨大な計画の内部のひとつの稀有な出来事であり、その中で、二元性の経験がさらに高く移動し、そしてすべての周波数、すべてのエネルギー、大宇宙の内部のすべての生命が、引き上げられます。

わたし達が既に皆さんに伝えたように、2013年は真の始まりであり、終わりではありません。その壮大さのすべての中に存在する新しい地球が、事実通り今展開し始めています。これは、地球がその存在を作り直し続けると同時に、皆さんが存在している世界の作り直しという特別な素晴らしい時代です。わたし達は皆さんを称賛し、そして皆さんに愛の祝福を降り注ぎます。皆さんは事実通り壮麗な存在です… 決してそれを忘れないでください。

わたしはメタトロン、そしてわたしは皆さんとこの真実を共有します。皆さんは最愛なる人々です!

…そしてその通りに…そしてそのように…

…And so it is…And it is so…

by 森のくま (2012-11-23 17:48)

http://blog.livedoor.jp/sisia3413/archives/20457663.html
http://blog.livedoor.jp/sisia3413/archives/20457685.html

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」












メタトロンからのメッセージ

2012年11月の蝕 ~大天使メタトロンからのメッセージ~

2012年11月23日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

11月末の大祓いを、11月30日(金)に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

月末の大祓いをお受けいただいた皆様からのご感想

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

Despertando http://japonese.despertando.me/に掲載されていた大天使メタトロンからのメッセージです。

Galacticchannelings と Despertando internationalの皆様やチャネラーの皆様のライトワーカーとしての素晴らしい御活動に、心から敬意を表するとともに、深く厚く感謝いたしております。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

2012年11月の蝕 ~大天使メタトロンからのメッセージ~

親愛なる皆さん、こんにちは!わたしはメタトロン、光の主。そしてわたし達は、皆さんを目的とした数々のエネルギーについて伝えます。わたし達は、皆さんの直線的な時系列で2012年11月の数々の蝕の時間帯について伝えます。

2012年の残りのそれぞれのエネルギーは、極端に強力なものになるでしょう。皆さんの安定を維持することが重要になります。無数の複雑なエネルギーが地球を襲い続けていて、人類はその数々の影響を感じ続けています。こうした状態は神聖なる目的で起っていますが、しかし今は非常に激しい期間であり、そしてそれは不可欠であり、その感覚において非常に慈善的であり、次元上昇にとって極めて必要なものです。

実際には、皆さんの現在の中で起っていることは浄化の連続であり、不安定の排除です。それは上方移行であり、惑星のすべての力、すべての自然力の元素、地、風、火、そして水は、その不可欠な部分です。そしてまた、宇宙的な天体の数々のエネルギーがそれを動かしています。

現時点で神聖なる女性エネルギーの流入もまた溢れ続けていて、純化されなければならないものを解き放つ支援をしています。女性エネルギーの流入は日蝕でその最大流量が始まり、11月28日の月蝕を通して最適な流れを続けます。

これは、12-12-12の次元上昇に先立って安定をもたらすために与えられています。それはひとつの重要な局面です。ひとつの時代が完了し、ひとつの新しい局面を引き起こします… 安定のひとつです。地球、そして同じように人類のためになる、安定です。

実際に、次に惑星の安定が、それぞれの生きている魂が内面の平衡に気付くように影響を与えます。

2回の蝕が、女性エネルギーと呼ばれるものをさらに巨大な比率にします。それにもかかわらず、ひとの‘性’つまり人類の側面だけを対象にしているものとして、こうしたエネルギーを考えないでください。

何故なら神聖なる側面の中で、皆さんは男性でも女性でもないからです。性は、二元性の両極性のひとつの側面です。明確にすると、ご存知のように、性はさらに高い次元の中では生じません。それは、熟慮し理解すべき重要なことです。

その時この惑星の目標は、両極性の領域の内部の皆さんが神聖なる女性原理と神聖なる男性原理と呼ぶものの完全な安定です。何故なら、こうしたエネルギーが同等な状態の時、惑星の安定が生じて新しい地球の平衡を許すからです。

次にその新しいマトリクスの同等性が、それぞれの人間が不可欠な自己の内面の安定を見付け出す、さらに簡単なひとつの道筋を許します。何故なら、この安定がなければ、単純に不可欠な一体性に向けた成長が起ることができないからです。

現在のエネルギーは惑星上で極めて強烈であり、そしてこの強度は、12-12-12の次元上昇と12-21-12の再生に至るまで増大して行くことになるでしょう。それにもかかわらず、それが強烈なものである一方で、現在の蝕、逆行、そして流星という占星学的な数々の影響がまた、成長、浄化、そして再生のための信じ難いひとつの機会を提示することに注意してください。今は、意思の明晰さと数々の壮大な発想のための時です。

わたし達は、皆さんがこの時機を利用するように要請します。わたし達は、皆さんが自己に寛大になり、皆さんの生命、皆さんのエネルギー、皆さんの安定、そして皆さんの前進を熟慮するように働きかけます。親愛なる人間の皆さん、すべては完璧性の中に存在し、あらゆる物事は順調であり、そしてその知識で、皆さんは神聖なる恩寵の中に存在していることを理解してください。しかし、前進運動を創り出さなければならないのは、皆さんです。

2012年11月の蝕の時間帯は、皆さんを支援するために時刻が決められ、装飾が施され、そして輝きが与えられた時期です。重力が強烈で、皆さんは個人的にも集団的にもやるべきことが山ほどあることは、本当です。

こうした数々の出来事、こうした数々のエネルギーは、皆さんをひとつにして、皆さんに内面を深く進む機会を提示するために、計画されました。皆さんを目的とした筋書は、深淵な再調整のための信じ難いひとつの機会を提供します。皆さんの意思を考慮し、基準調整し、明確にするために、こうした蝕のエネルギーを利用してください。こうした数々のエネルギーの内部には、壮大な考えが瞬時に明らかになることを可能にする、高い集中力を備えた生命力があります。

2012年は、それぞれの月が新しい困難な課題を引き起こしてきた年でしたが、しかし皆さんは、もう少しで目的地に到着します。惑星の再生が近付いています。そしてわたし達は皆さんに、占星学的な影響と呼ばれるかもしれない意味において、2013年は強烈さが遥かに少ない状態になることを伝えます。

わたしはメタトロン、そしてわたしはこの真実を皆さんと共有します。皆さんは最愛なる人々です。

そしてその通りに…


Channeler: James Tyberonn
by 森のくま (2012-11-15 19:39)

http://blog.livedoor.jp/sisia3413/archives/20179414.html

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」












メタトロンからのメッセージ

2013年-新しい地球の年:壮麗な始まり ~メタトロンからのメッセージ~

2012年11月23日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

11月末の大祓いを、11月30日(金)に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

月末の大祓いをお受けいただいた皆様からのご感想

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

昨日掲載しましたサルーサからのメッセージと同じ掲載元であるDespertando http://japonese.despertando.me/に掲載されていた大天使メタトロンからのメッセージです。

メタトロンからのメッセージも、とても心に響く内容がたくさんありましたので、その中のいくつかを紹介させていただきます。また、今後、新しいメッセージが更新された際には、サルーサのメッセージと同様に、随時紹介させていただく予定です。

Galacticchannelings と Despertando internationalの皆様やチャネラーの皆様のライトワーカーとしての素晴らしい御活動に、心から敬意を表するとともに、深く厚く感謝いたします。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

~2013年-新しい地球の年:壮麗な始まり~
11 November 2012 – 11:32pm

熟達者の皆さん、こんにちは!(Greetings Masters !)

わたし達はあらゆる皆さんひとりひとりを、育みのエネルギーと自己強化の領域で取り囲みます。何故ならひとりひとりの皆さんが、事実通り皆さんの次元上昇の道筋の熟達者として存在するからです。皆さんに閃きと明瞭性を提示することがわたし達の目的ですが、しかし実際に、皆さんはひとりの聖なる主権を持った存在として、このメッセージや、こうした交信されたメッセージで優れた判断力を実践することが、いつも不可欠になります。

わたし達は、一部の皆さんがまだ持っている数々の怖れに対処することから、事実通り幸先の容良いこの2013年に関するメッセージを始めたいと思います。わたし達はまず、この惑星の次元上昇は実際にこれから起ることを、皆さんに伝えたいと思います。それがそうなるようにしてきたのは、皆さんです。しかしわたし達は、それは惑星地球の卒業式であり、既に生じている12次元に向けた拡大であることを、明確にしたいと思います。

《長い計算基準を用いた歴》The Long Count Calendar

皆さんの世界の数多くのマヤ文明の研究者達は、長い計算基準を用いた2012年12月21日が意味するものを理解する方法を探し求めてきました。彼らは今まで、それがマヤ文明によってではなく、彼らの ‘星の国家の神々’ によって記述された可能性があるのかどうか、疑問に思ってきました。一部の人々は、それは惑星に対する激変を伴う終末を意味している、と懸念しました。他の人々は、一部の保存されているマヤの文章の中で暗示されているように、それは ‘星の神々の復帰’ の日付を指し示しているかもしれない、と感じました。

わたし達は皆さんに、次元上昇は新しい始まりである、と伝えたいと思います。そして2013年には、地球は予言された ‘復帰’ を許すようになる、新しい形式の中に存在します。しかし ‘接触’ について語られている多くの物事は、皆さんが考えるかもしれない3次元の方法では起ることはないでしょう。むしろそれは、明確に増大し、さらに高い数々の次元に向けて意識的に次元上昇する、人類の能力になるでしょう。それが、接触が起るようになる方法です。地球はもはや、支援を目的として慈善的な教師達が3次元に対して物質的に姿を現わさなければならない惑星ではありません。新しい地球は今、人類が多次元性の内部でその真の特質をさらに自覚できるようにする、その結晶構造のグリッドを通したひとつのマトリクスを携えています。それは起ることになるでしょう。そしてそうしている中で、皆さんは皆さんが待ち続けてきた存在達であるという事実に、気付くことになるでしょう。

《時間の中のすべて》All in Time

それはもう少し年数を必要とするでしょう。しかしそれは2013年に始まります。わたし達が以前に皆さんに伝えたように、集団としての人類の次元上昇は、300年程かけて起ります!そして実際に、またこれは起ることになりますが、しかし人類の次元上昇を可能にするものは、絶対的に地球の次元上昇です。時間の中のすべて、そのすべては、時がくれば起ることになるでしょう。分かりますか?今、それに応じて、圧倒的多数の人類は、地球上の差し迫ったどのような変化も確認することはないでしょう。

彼らは2012年12月22日に目覚めて、“何が一大事だったんだ?” と話しているでしょう。その道筋の皆さんでさえ、差し迫った目に見える変化がまだ起っていないと理解します。わたし達は穏やかに、すべての皆さんが、一瞬だけでも皆さんの周りの世界に目を向けることを求めます。皆さんは何を確認しますか?

皆さんの報道媒体の見通しは、依然として戦争、飢饉、災害を伝え、そして経済の崩壊を予測し続けています。そして放送されている内容は、3次元の中で確認されていることです。それはしばしば憂鬱と破滅に満ち溢れたものになっていないでしょうか?

最後の審判の日の予言者達は、特にこの話題の上で最高潮になっていませんか?数多くの3次元の悲運の思索家達は、この領域において特に肥沃な大地の上に存在し、彗星の衝突、小惑星、地震、激変を伴う極の反転、そして経済の崩壊の周りで、怖れの支持者達を生み出しています。

こうした否定論者達がそれを認めるかどうかにかかわらず、彼らは彼らが生み出す怖れを自分達の主食にします。

熟達者の皆さん、惑星上には今までいつも、そしてこれからも継続して、憂鬱と破滅と怖れを伴う警告を予言する否定論者たちが存在することになるでしょう。良く理解されていないことは、否定性に根差しているように見える人々でさえ、二元性の中のひとつの目的に役立ち、そして確かに地球全体をざっと一瞥すると、彼らの立場を正当化するように見えるかもしれません。しかしわたし達は皆さんに伝えますが、それは古いエネルギーです。そして絶えず皆さんに希望を諦めるか、皆さんの自由意志を手放すように伝えることは、霊の役割ではありません。

わたし達のメッセージは、皆さんに皆さんの神性を伝え、事実として、真実のひとつの要点として、惑星は今 ‘新しい地球の第一年目’ への変わり目にいることを伝えることを目的にしています。実際に、人類はその方向に進むことになり、そしてまた短期間の内に、次元上昇することになるでしょう。皆さんは完全に次元上昇が起る状態に向かって進んでいます。

ですから親愛なる皆さん、わたし達は皆さんにもう一度伝えますが、惑星の次元上昇は既に起ったことであり、人類は既にそれをそのようにしています。

たとえ多くの人類が3次元の中でそれを自覚しなくても、地球は実際に既に変化していて、ひとつのあたらしい枠組みに向けて卒業しました。そのため今は、古いエネルギーを、怖れを、手放す時です。悲運の予言、地球規模の激変による災害は、起ることはないでしょう。経済は混沌に向かって崩壊することはないでしょう。それが何かに役立つのでしょうか?それは新しい惑星の道筋ではありません。わたし達は、2013年に新しい太陽が夜明けを迎え、そしてそれは実際に変化という太陽であることを、皆さんに保証します。それは、壮麗な新しい地球の光をもたらします。そして親愛なる皆さん、わたし達はまさに、壮麗なものを指し示します。この新しい時代の中で、歓びを投影し、光を投影することは、探求者達の義務です。何故なら結晶構造の高調波への拡大の中で、皆さんが投影するあらゆる精神的な光の量子が増幅されるからです。そしてこれは、新しいエネルギーの中ではさらに急激に起ります。そのため皆さんの役割は、皆さんの創造の力が増大するため、ひとつの新しい博愛の精神を身に着けることです、

そのためわたし達は、2013年の各論を伝えます。

《2013年:新しい地球の第一年目》2013: Year One of the New Earth

2013年は途方もなく重要な年であり、いろいろな意味で、2012年以上に重要です。

数多くの皆さんが、2012年が頂点になり、しかもその後に続くことは拍子抜けするものになる、と感じてきました。親愛なる皆さん、皆さんの仕事は、たった今始まったばかりです!そしてわたし達は、2013年は数々の困難な課題と仕事をもたらすことを、皆さんに伝えます。皆さんが魂の契約によって2013年に達成することに同意したすべての物事は、その言葉のあらゆる意味において、新しい始まりです。しかし今は、皆さんの栄光に満足する時ではありません。新しい地球には、その連続した直線的な流れの内部に多次元的な交点と時間ゲートが含まれています。それは実際に、強化された多種多様な時間の要所であり、それで次元上昇が起ることが可能になります。こうしたポイントは出入り口であり、未来からの代理人、シリウス・プレアデス・アルクトゥルスの航海士達、符号の担い手達といった数多くの皆さんが、こうしたポータルを通して入り、次元上昇に向かう惑星上のここに存在しています。そしていろいろな意味で、皆さんの任務は始まったばかりです。

2013年は、地球規模の様態に向かうひとつの半球の中で、符号の担い手達が一緒にこうした数々の要所を彩り始めることが予定されている期間です。特に重要なことは、符号の担い手達が、北半球と南半球と呼ばれているもののエネルギーを融合することです。パタゴニア、ウルル、イースター島、そしてキリマンジャロのような南半球の中で、ある種の鍵となる尖端部分は、これから年数をかけて、新しい天空に固定されることになるでしょう。

次元上昇前の符号の担い手達として仕えてきた皆さんは、新しい天空の発生に対する鍵となる要所を結び付けるという、比較的重要な役割を引き受けるように求められることになるでしょう。

《新しい天空は2013年に始まる》The New Firmament Begins in 2013

12-12-12の結晶構造のグリッドの完成は、新しい天空の構造を発生させることになるでしょう。新しい天空は、人類の次元上昇に極めて重要であり、実際に完成されるグリッドの延長部分です。

皆さんの惑星上の特定の場所は、その場所を接続点にする稀有なエネルギー特性を持っています。ニューグレンジがそのひとつであり、イースター島も同じです。両方が多面的で多次元的なグリッドの要所です。両方が、数々の次元と時間を超越する8面体のポータルです。両方が、144の結晶構造のグリッドの星型の二重5角12面体の各頂点に直接結び付けられています。

こうした場所は、新しい天空に直接結び付くように様式化されていて、12-12-12の完了と2012年12月21日の再生(再起動)の後に、自発的な初期形成を始めます。次元上昇の数々の上昇の過程は、12-12-12に起ることに気付くことが重要です。12-12-12によって、結晶構造のエネルギーが新しい地球に向けて明らかになることが許されます。それが惑星の新しいDNAが結晶構造の領域の内部でネットワーク化して、新しいグリッドと結び付き、“人間のグリッド” と溶け込むことを許します。それはすべて、12-12-12の12時12分に起ります。次に再起動が起り、そして2012年12月21日に ‘新しい地球の誕生’ が起ることを可能にします。

その時、新しい活動が始まります。

《新しい天空》The New Firmamant

わたし達は以前、新しい天空の発生について皆さんに伝えました。これは虹色の周波数の半球型をした2つの楕円形の帯域として外面化することになり、その天空が悠久の昔のように地球を取り囲むことになるでしょう。このひとつは、共鳴する相乗効果において高度に精緻化された電磁特性を持ち、黄金の色合いを放射します。もうひとつは結晶構造であり、鮮やかなプラチナ色の彩色を放射します。

この2つの天空が、144のグリッドの144の二重5角の12面体の上で回転することになるでしょう。

高度な専門用語では、その天空は、そのグリッドの接点に対する圧電性物質の逓減の中で、超結晶構造的な周波数の振幅を変換する機能を果たし、このようにして、巨大中心太陽トゥーラに由来する統一場のガンマ結晶構造のエネルギーの完全な回路的な統合を可能にすることになるでしょう。

より理解しやすい言葉で伝えると、その天空は、強力な天体のエネルギー波動を、地球の次元領域上でより簡単に受け取れることができる慈善的な形に変換することになるでしょう。

そのためある意味では、その天空は巨大な変換装置であり、急騰保護装置です!それはエネルギー的に形式を ‘磨き’、深め、そして地球の12次元の中での活用に向けて天体のエネルギーを精緻化します。

2つの楕円形の帯域は、ひとつの周波数的な光変調装置の領域を創り出すことになるでしょう。それは、2038年に多少北極光に似た姿で現れて、夜空の中で柔らかく輝くことになるでしょう。

さて、新しい天空の最初の局面は、2013年の3月の昼夜平分時に始まることになるでしょう。イースター島やパタゴニア(鍵となる緯度51度にある)を含めた幾つかの鍵となる方向量で、ひとつの開放が起ることになるでしょう。両方が、アカシュと呼ばれている意識の構成単位の符号化された取込可能データを受け取ることになるでしょう。こうした活発な光のエネルギーの取込可能データは、2013年に主として南半球の主要なファイ・ピラミッドの8面体のエネルギーと構造体を通して受け取られることになるでしょう。数多くの人々が、そのデータを固定するために引き寄せられることになるでしょう。

《新しい地球の使者達》Envoys of the New Earth

わたし達が以前皆さんに説明したように、皆さんの2013年に関するより良い理解に役立つという目的を持って、莫大な数の魂達が、地球の未来とさらに高い次元の数々の世界の両方に由来する5次元を超えた数々の次元から、現時点の地球に現れることを選択しました。

皆さんは実際に結晶構造の光の使者であり、愛の大使です。皆さんは、直線的な地球の時間の中の皆さんの言葉で伝えると、未来から戻ってきた人々であり、過去40年の中で展開されてきた騒然とした時期を通り過ぎる中で、そして鍵となる時点である2038年に至るこれからの26年間の中で提示されることになる時期に、人類を支援することを目的にしています。

ご存知のように、数多くの皆さんが、皆さんの未来から2011年と2012年の中の過去の役割に向けて、ただ目覚めさせられているだけです。こうした2つの年の時間ゲートは、皆さんが2013年から2038まで引き受けた仕事のための急所でした。ご存知のように、新しい天空は皆さんの年で2038年に完成します。それは数々のピラミッドに記述されていませんか?実際に、皆さんの世界のエドガー・ケイシーは、この2038年という年を示唆しました。

それは、人類の次元上昇におけるもうひとつの主要な基準点です。

一部の皆さんは2038年に物質的に存在していませんが、しかし皆さんは、この任務に呼ばれている人々を支援する重要な使命を持つことになるでしょう。皆さんは数々の定着点と結び付く際の準備用組合せ素材を提供されるでしょう。そして皆さんは、2038年の新しい天空完成のために、クリスタル・チルドレンの探究者達を刺激することになるでしょう。

ご存知のように、数多くの皆さんが、既に何回か、他の数々の惑星や他の数々の世界の次元上昇を経験しています。そして皆さんは、その危険性を認識しています。皆さんはその構造を理解しています。そして残っていることは、新しい方向性の確立であり、新しい天空の定着です。

しかし決して忘れてはいけないことは、数々の符号の定着に加えて、2013年は皆さんの光を輝かせることによってすべての人々を支援して、怖れの最後の苦しみや古いエネルギーの最後の貪欲な抵抗に圧倒されないことが不可欠です。

《2013年に起ること》What Will Occur in 2013

2013年に起ることは、ひとつの新しい始まりです。その新しい始まりは、新しい地球の新しい雛形です。地球の次元上昇は、惑星の次元的な修正と拡大を許してきました。地球は結晶構造の領域に向けて拡大され、5次元から12次元にまで拡大されます。

《2013年の強力な日付と活性化の局面》Power Dates & Activation Phases of 2012

2013年のエネルギーは、2011年と2012年に人間が経験した増大する数々の周波数による障害の多い進路よりも、激しさが減少するでしょう。

そして2013年の間は、扱いやすいものになるでしょう。2013年の特定の日付に、幾つかの鍵となる周波数が発生します。昼夜平分時、至点、そして蝕が極端に強力であり、それぞれが新しい地球に属する固有のポータルの開放を提示します。昼夜平分時、至点、そして特に2013年の5回の蝕の間、数々のエネルギーの復活が惑星に氾濫します。この現象がこうした天文学的な位置で起るようになるのは、絶対的にひとつの自然の相乗効果です。何故なら、こうした3つの出来事(至点、昼夜平分時、蝕)は、事実通りいつもその種の移行のための固有の出来事になってきた出入り口や開口部を広げます。

2013年には、その現象は2009年以降起ってきた強力な現象よりもよりさらに多面的なものになります。2013年の下の日付は、以下のことを提示します:

1)新しい地球の中で自己発見に向けた深い内省のための時間

2)数々の力の結節点の内部の強化されたエネルギー、強化された構想力と明解な夢

3)エネルギーの再充填と安定化のための好機

4)3月の昼夜平分時:惑星の特定の要所の内部での天空の固定

こうした2013年の鍵となる日付は以下の通り:

**2013年3月20日−昼夜平分時

**2013年6月21日−至点

**2013年9月22日−昼夜平分時

**2013年12月21日−至点

さて、蝕は、個人的なものと惑星のための両方の変化の触媒となるエネルギーのきっかけを提示するという点で、より一層独自の属性を帯びます。2013年には、蝕は特に強力なものになるでしょう。自己主導性と基準調整に向けて昼夜平分時と至点の時に瞑想をした後は、蝕は皆さんの人生の進路を変えるための完全な時になるでしょう。2013年は新しい惑星、新しい時間であり、そして数多くの皆さんがひとつの新たな目的を発見し、多少異なる道筋を選択するか、あるいは新しい展望または新しい集団的なつながりを持って同じ道筋に留まることになるでしょう。数多くの皆さんが、2013に新しいひとつの目的を発見するか、あるいは以前は休眠していた潤沢な才能を表面化させることになるでしょう。

**2013年4月25日、月蝕

**2013年5月10日、日蝕

**2013年5月25日、月蝕

**2013年10月18日、月蝕

**2013年11月3日、日蝕

2013年には、非常に重要な2つの特殊な局面が訪れることになります。

最初は5月10日から6月22日であり、巨大な三連構造の開放が起り、あたらしい方向性の再安定化と観想を許します。この期間には日蝕と月蝕が含まれ、6月の至点につながって行きます。またこの時期は、符号の担い手達が力の結節点への旅ができるように強化された時期になります。

2番目の三連構造の局面は、9月20日から11月4日の間に起ります。最初の三連構造の期間に起った物事の活動終了の時です。それぞれの個人が新しい自己、新しい目的、新しい協力関係、交友関係または方向性を明らかにする時を表します。生命力を強力に回復させ、再活性化する時です。

《結びとして》Closing

わたし達は、2013年は淀みなく進む時であり、開花する時であることを、皆さんに伝えます。

数多くの皆さんにとって、変化の年になるでしょう。惑星上にはひとつの新しいエネルギーが現れます。皆さんがそれを創り出してきました。まだ行うべき多くの物事があります。皆さんの役割に見付け出すために、この時期を利用してください。

さらに献身的な指導的役割を選択することを考え、本を書き、皆さんの内面の芸術性を表現しながら傍観者として過してきた皆さんにとって、2012年は皆さんの年になります。そのエネルギーが皆さんの至高の善を支援することになるでしょう。

2013年に、皆さんは元気の回復を選択します。

皆さんは新しい任務を引き受けます。符号の担い手達にとって、それは新しい天空を符号化し、定着させるという新しい役割です。そしてそれは、2013年に始まります。

わたしはメタトロン、そしてわたしは皆さんとこの真実を共有します。

皆さんは最愛なる人々です。

..そしてその通りに…そしてそのように。


Channeler: James Tyberonn
翻訳★森のくま

http://twinkle-star999.blog.so-net.ne.jp/2012-11-16

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」












メタトロンからのメッセージ

サルーサからのメッセージ  November 21, 2012

2012年11月22日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

11月末の大祓いを、11月30日(金)に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

月末の大祓いをお受けいただいた皆様からのご感想

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

今朝の記事で紹介いたしましたサルーサからの最新のメッセージです。

シリウスにおける高次元の存在「サルーサからのメッセージ」は、イングランドにお住いのチャネラーマイククインシーさんが書き下ろしてださったメッセージの日本語訳です。

以下はhttp://japonese.despertando.me/およびGalacticChannelings.com に掲載されている内容を転載させていただきました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

SaLuSa, November 21, 2012

あなた方には ” 時は人を待たない ” という諺があり、そしてそれはその通りです。まだ眠っている人達は、理解するべき多くを彼ら自身に残しています。それは神が存在するとは信じていないのに、世界で起こることを神のせいにする人達で始まります。私たちは、人はすべて自由意志を与えられていることを彼らが見ることが出来たらと思います。そして、だからこそ正確にあなた方が体験しているものは、あなた方が造り出したのです。介在することは私たちにとって簡単でしょう、しかしそうすることで、あなた方から自らの行為が何をもたらしたかを知る機会を奪うことになってしまいます。

多くがまだ、別の集団を攻撃したり破壊したりすることを正義であるかのように提案します。彼らは、それが怒りや憎悪に因ることに、気付いていないか故意に見落としています。平和あるいは永久合意の達成にそれがいかに非生産的であるかを人間が認識するのに、どれほど多くの戦争がいるのでしょうか。レッスンは、あなた方すべては一つであることを受け入れ、生活全てに調和と愛の中で生きることで平和はやって来るということを学習されるようには、決して見えません。

困惑と混乱の中にあなた方の地球を観察するのは悲しみを伴います。しかし私たちはまた、非常に多くの位置から放たれている光のビームが地球一面に光のグリッドを形成しているのが見えます。それは、あなた方はより低いエネルギーから出て上昇すること、そして古いパラダイムは崩壊し続けることの、あなた方の保証です。それはもはやあなた方の人生の中に場所を持っておらず、終わりの時は急速に接近するとともに新しいパラダイムに道を開けなければなりません。それは、あなた方がかつて望むことが出来たもの全てと、それ以上を約束します。光の銀河連合は、あなた方がもはやあなた方のアセンション計画に干渉を受けることなく、安全にニューエージに入ることを保証するためにここにいます。プロセスにおいては、全体の計画は複雑を極めるので、あなた方が期待している変化は実現するでしょうが遅れの余地はあるでしょう。それは何千もの何千もの人々を含んでおり、” 適切な時 ” に実行されなければなりません。あなた方は、軌道に乗せる引き金としてオバマに目を向けることが可能で、またそれは非常に速くスピードを上げます。

起こるところのことについてのあなた方の知識と理解に関して、今発言せよという私たちの挑戦をライトワーカー達が取り上げているのを見て、私たちは嬉しく思います。確かに多くの人々が、何か奇妙なことが起こっているという彼らの感じについて、知りたがるようになっています。それは、彼らが真実に目覚めるのを助ける情報のさらなる種子を植える機会です。うまくいけば多数が、起こっていることの目的を彼らに伝えるように形成された絵を見始めることでしょう。私たちの最大の願望は、できるだけ多くの人々がアセンションが彼らにプレゼントする機会を知っているようになることです。それは宗教的イヴェントではなく、今あなた方が経験しているようなサイクルの終わりにやって来るものです。変化は範囲において宇宙規模であり地球に止まるものではありません。人類にとっては、それは低い振動数を去り、より高い振動数に入り二元性を後ろにする絶好の機会です。私たちは訊ねなければなりません、あなたはもう一度本当に、それがもたらすレッスンを学習するのに多くの人生を過ごしたいのでしょうか、あるいはむしろ、喜びと調和の中に生きて平和に満ちた暮らしを持っていただけませんか?

愛しい者達、新しい地球はすぐに上昇を決定した者達をすべて前に運ぶでしょう。それであなた方の新しく見いだされた創造のパワーを行使することを可能にする高い振動数を来らすでしょう。辺り一帯の愛と平和にあなたは言葉を超え、それは本当に地上の天国となるでしょう。その美はあなたがここまで経験した何物もとの比較を超えるとともに、一つの時代から別の時代への跳躍はあなたを愉快に驚かせるでしょう。現在の地球であなた方が持つ多くの制限なしに、生活は非常に容易で拡張的になるでしょう。一人のアセンドした生物として最も大きな変化はあなたが持つことになる自由でしょう。それは他のすべての生物形態へのあなたの責任を取ることを学ぶことと付属します。それらをあなたは尊重し育成するでしょう。信頼はさらにあなた方が慣れていないものです。そして、あなたに害をもたらしたり不実な行いをする生物はいないより高い振動数においては、それを知ることは非常に心暖まることだと分るでしょう。それは真実だけが存在するあるレヴェルであり、またそれ以下の何物のための場所でもありません。

あなた方はこのポイントに到着するのに、時間において長い旅になりました。そしてゴールは常に、あなたが自身の個人の振動数を上げることが出来るか、またアセンドする準備が出来ているかでした。既に、あなた方のうちの多くは新しいレヴェルの意識を経験しています。そしてそれは、さらにもっと、より速く成長するでしょう。さらに、あなたの光はさらなる外へ達してより多くの人々に触れるまでに拡張しており、動き始めている者達を起こすのを助けています。彼らのライフプランにより、あるいはさもなければすべてのソウルはある支援を受けて、上昇するために偉大な機会が起きていることを彼らが理解するのを助けます。あなたの教師達は永劫の時にわたってこれを話して来ました。そして今それはあなたです。一つのグループ・ソウルとして、一人のソウルも残らず上昇するまであなたは完全ではありません。

それぞれのソウルが、この二元性のサイクルにおける彼らの経験を終わらせる独自の方法を選んだことを、どうか心に留め置いていてください。例えもしそれがあなたには不快なことであっても、何が彼らをある種の経験を追求するよう促したのかはあなたには知ることは不可能です。これらはあなたが果たすべき如何なるカルマも整理しなければならない時です。そして、多くのソウル達にとって、それは非常に骨の折れる、試される時を意味しています。通常は、あなたは自分の速度で進むことができますが、合図しているアセンションとともに、残された時間はあまりありません。あなたは自分のライフプランを勿論変えることは出来ます、しかしそれは、もしそれがあなたにアセンドするチャンスを拒絶するならば、という間違った想像に見えるかも知れません。しかしながら、自由意志は全てを凌駕し、最終選択はあなたのものです。あなたは実際阻止されて来て、あなたにそのような選択権はなく、決定はあなたのために下されると信じ込まされて来ました。今、それが虚偽であることを、そしてあなたは自分の未来を創造するパワーを持っていることを認識しています。実際、あなたは他の誰かに頼っておらず、またそれらの助言あるいは指示に従う必要を持っていません。それらは役立つようでいてあなた以外の誰もあなたの本当のニーズを知る者はいません。自己に忠実にして、あなたを踏み誤らせることのない自身の直感に従ってください。

非常に多くの素晴らしい機会があなたを待っています。それは黄金時代へあなたを推進するでしょう。すべての完成はあなたを驚かせるでしょう。またエネルギーはあなたを包含し、あなたはすべての生命の一体性を感じるでしょう。神と話すことができることを想像できるでしょうか。はい、神はあなたの手の届かないところではありません。それは単にあなたがそうするためには別のものを通り抜けなければならないと教えられて来ただけです。神はすべてのソウルへ繋がる一本の線を持っています。そしてあなた方は全て紛れもない神のスパークであるのだから、他にどうあり得るでしょう。

私はシリウスからのサルーサであり、あなた方の進化を加速させる自由な思考をするようあなた方を激励します。あなた方の将来への私たちの祝福を残して行きます。

ありがとうサルーサ、
マイク・クエンシー。

http://www.treeofthegoldenlight.com/First_Contact/mike_quinsey/channeled%20messages/November2012/salusa__21november2012.htm

翻訳 ソウルカメラ

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」












サルーサからのメッセージ

サルーサからのメッセージ  November 16, 2012

2012年11月22日
DSC02536+(3)_convert_20121122072806.jpg
~昨日21日(水)AM7:15頃に底原ダムから撮影した朝日です~

DSC02548+(3)_convert_20121122073058.jpg
~AM8:30頃に撮影した名蔵アンパルです~

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

11月末の大祓いを、11月30日(金)に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

月末の大祓いをお受けいただいた皆様からのご感想

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

11月12日(月)のこと。妻と街へ買い出しに行った帰り道に、於茂登岳周辺を通りかかった頃から、車を運転しながらとても強いエネルギーを感じ、私の意識の半分はチャネリングしている状態になって、コンシャスチャネリング状態で妻にいろいろな話をし始めました。

こういったことはそれほど珍しい話ではないのですが、今回はやたらとアセンションを強く意識した内容の話が多く、私の顕在意識はアセンションに関することを表現したくて言葉があふれだし、結局、その一部の内容を書き表してブログにも掲載しました。

普段はそのような状態は数十分や数時間といったような短時間で終わることが多いのですが、今回は、そのような意識と強いエネルギーを感じたまま、今日まで10日ほど続いています。

その間、私自身の意識の変容をいつも以上に感じ、その内容を書き表すといろいろとあるのですが、一言で表現しますと「今まで以上に‘今’ここに在ることの幸せを強く実感している」次第であるということす。また、焦りのようなものはないのですが、何か少しでもネガティブに感じられるようなことがあると「今の時期にもったいない…」とか「大切な時期なのに…」とかと強く思うことがいつも以上に多くあり、直感的に間近にアセンションの機会が迫っていることを、より強く意識していることを自覚するに至っています。

そんな中、一昨日のこと、NESARAに関して久しぶりに気になりましたことから、最近の情報をネットで検索していました。

そして、NESARAの情報が掲載されていたブログの別の記事の中に、シリウスの高次元の存在サルーサからのメッセージが掲載されていましたが、引き込まれるようにして読み始めました。

私はこの時にようやく、私の今回の3次元世界の地球上における転生においては初めてとなるサルーサとの出会いの機会が与えられ、心から大いなる喜びが湧き上がり幸せな気分に浸りました。

そのメッセージを読んでいると、とても心地よく心に染み渡る波動を感じ、自分自身が別次元の別空間に入り込んだような独特な意識になるとともに、サルーサとの一体感のようなものも感じました。

そして、メッセージを読み終えた直後に「サルーサのメッセージを当ブログでも紹介したい!」と、とても強いわくわく感が湧き上がりました。

そこで、このメッセージの掲載元であるDespertando http://japonese.despertando.me/の管理者様にメールで転載およびリンクをさせていただきたいと希望する旨を伝えましたところ、早速のご返信をいただき、管理者のA様から、転載およびリンクさせていただくことをご承諾いただきました。

また、他にもたくさんの素晴らしいメッセージが紹介されていまして、とても参考になり活用したいと感じましたので、その中からいくつかのメッセージもわくわく感に従って、後日より紹介させていただきます。

このような強いわくわく感に任せて、メッセージの掲載をされている方に即座に連絡をとって承諾を得るというこの行動は、私にとっては5年ほど前にマシュー君のメッセージに出会い、転載させていただきたいと願い出たとき以来、2度目のことです。

サルーサからのメッセージは、イングランドにお住いのチャネラーマイククインシーさんが書き下ろしてくれたメッセージの日本語訳です。

以下はhttp://japonese.despertando.me/およびGalacticChannelings.com に掲載されている内容を転載させていただきました。

これまでに、サルーサからのたくさんのメッセージを公開されていますが、何日間かに分けて比較的に新しいメッセージのいくつかを紹介させていただき、その後は新しいメッセージが公開されるたびに、順次紹介させていただく予定です。

Galacticchannelings と Despertando internationalの皆様やチャネラーの皆様のライトワーカーとしての素晴らしい御活動に、心から敬意を表するとともに、深く厚く感謝申し上げます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

~サルーサからのメッセージ~  November 16, 2012

私たちは、地球上の光の量の大きな増加に気付きます。また、それほどまでに多くそれにもたらしたのは、あなた方の信用と献身です。いくらかの者には、エネルギーは強過ぎて方向感覚の喪失に作用しています。しかしながら、何が実際に起こっているのか知るとともに、彼らはそのエネルギーに満ちあふれてより高度の意識を経験することが出来るかも知れません。彼らは、そうでなければ何が起こっているのかを決めかね、差し迫った変化の感情を経験するかも知れません。彼らに何が起きても、他の人すべてのように彼らはやがて肯定的にものごとを捉えるであろうと保証されます。私たちがしばしば述べて来たように、全ての経験は、あなた方の進化が関係しているところに価値があります。

不愉快な経験の記憶は、最終的に完全にあなたの意識の背景に消え行き、やがて忘れられるでしょう。多くの場合あなた方の心の中にある記憶は苦痛と苦難の経験だけですが、より高いヴァイブレーションの中で一度に、あなた方はそれらの追憶を止めるでしょう。愛のエネルギーは存在のうちで最もパワフルであり、あなた方の多くが大きな興味を持っているヒーリングにおいて、特に " 奇跡 " を作り出すことが出来るのを見つけるでしょう。アセンション後、創造と治癒のあなた方の能力は増強されるでしょう。また同時に、光の都市、セドナからの硬化により支援されるでしょう。セドナは、心、精神および魂の治療のために何千もが来るメッカになるでしょう。現実には、何らかの形式で他の方法での治癒と助けを必要とする何百万もの人々がいます。そして、それが他の12の都市が間もなく次ぎに続く理由です。あなたのニーズが見落とされるだろうと心配しないで下さい。私たちはあなた方全員をとてもよく知っており、誰一人見過ごされることはありません。

私たちは意識の上昇水準をモニターしており、それらは信じられない割合で絶対的な加速状態にあります。それは起こっているものに対してより多くのハートとマインドが開いているということで、それは私たちが見るのが好きなものです。結局、あなた方全ては個々の魂かも知れませんが、あなたはさらに集団意識の一部でもあるのです。私たちは、あなた方が臨界量に到達しているとはまだ見ませんが、それはあなた方がそこに如何に近いかの表示であることが分ります。私たちは含まれたソウルの数についてではなく、アセンションに近づいている者たちのエネルギーの質とレヴェルについて話します。彼らが準備が出来ている場合、個人のソウル達が12月21日を待たずしてアセンションするのを止めるものは何もありません。あなた方の大部分多数がマザーアースとともに上昇する、またそうあるべきと証明する経験のための準備にあり、多くのソウル達がそれをそのように体験したがっています。ですから愛しき者達よ、あなた自身をそれに参加するために選ばれた者たちの中にある特権を与えられた者と思って下さい。

あなた方のある者は、あたかも自分が夢の状態の中にいるように感じており、また自分の足が地面に堅くついていないように感じています。より高いヴァイブレーションに慣れるとともに、その感覚は過ぎるでしょう。その結果、よりパワフルな光の存在になってきており、他のソウル達を上げるのを助けています。多くのそのようなエネルギーの交換は見るに美しく、また私たちは、あなたが会うあるいはすれ違う誰にであれ自由にそれらを与えるのを支援します。微笑みあるいは暖かい挨拶は、別のソウル達の心を開くに十分であり、また握手あるいはハグはパワフルなエネルギーの交換です。皆の中の光を認識し、外側の覆いを超えて見る時です。光を拡げるのに私に何が出来るか、と訊ねれば、私たちは、あなたが出来る単純な日常の物事だと答えます。

さらに光を拡げる有用な練習は、さもなければ人々がスイッチを切ってしまうように圧倒することなしに、あなたの信条を隠し立てしないでいることです。変化は彼らが心に多くの未回答の質問を持つであろう場所を取るので、彼らの意識における成長を導く種子を植えてください。真実であるかのように広められている間違った情報を回避したいので、今とアセンションの間に、私たちはあなた方のために情報の新しいチャネル達を開くように務めるでしょう。あなた方は、そのためにまだ聡明である必要があります。しかし、進歩の適したレベルにある誰であっても、何を受理するべきかを知るのには今は充分に直感的であるべきです。あなた方は多くの決定を直感に基づいて行います。また、そのような重要な時に、前進するにはそれが最善の方法です。

私たちは、あなた方に3次元の変化に起因する困惑ではなく、将来とそれがあなた方のために保持するものに、よりフォーカスすることを始めて欲しいと思います。当然、多くにとってそれは不快な時になっており、何故それが起こっているのかをいまだ理解しない者達にとってはなおさらそうです。どのような方法でそれを見るにしても、不快な何物もそう長くは持ちこたえる時間はほとんど残されていません。ですから、可能な限りあなたの注意をほとんどそれに与えないことでそれをやり過ごしてください。ニューエージとそれがあなた方に与える利点を思って下さい。また、あなた方の二元性の試煉と苦難からの解放を思ってください。あなた方は3次元における最後の生活を終えているところなのだと自分自身に思い出させてください。そして将来においては死を予想することも経験することもないことを。移動したい時を決めるのはあなたです。そして単にあなたの身体を横たえあなたの次の人生に渡ってください。そしてそれはあなた方の選択になるでしょう。

全てが豊穣にあり、金銭のやり取りなく全てが自由に利用可能な生活を結局生きているのをあなたは知るでしょう。現在の次元におけるあなたの経験のため理解するのが難しくなるものの一つは、ほとんどあなたの全ての時間があなたのものになるということです。しかしながら、することが充分に見つからないのではと案じないでください。地球上よりはるかに多くの機会が高次元にはあります。あなたの心の後ろには、他の者達に役立ちたいという強い思いがあるかも知れず、多くのグループや組織はその目的のために存在します。宇宙は、進化するための支援を必要としている、あなた方のものに似ている文明を含んでいる何百万もの銀河で広大です。あなた方の銀河の中で故郷に近いほど、あなた方のものに似ている多くがさらに存在します。

私たちが思考の力により自分自身に " 着せる " 、私たちの肌に密着した宇宙服にあなた方は好奇心をそそられると私は確信します。あなた方が「服」と呼んでも良いそれが汚れるか破損した場合、彼らはその意識のレヴェルによってそれを修繕することが出来ます。多くがそのように設計されています。したがって私たちからの対処の必要はありません。確かに、私たちの有機コンピューターはよくプログラムされているので、彼らは完全なセルフ機能です。かつ私たちより大きなレベルの意識を持ちます。これは高次元に住んで千年後にあなた方が到着する場所です。ですから、あなた方のアセンションに関係付けられることは何であれ扱うことが出来るという場合、私たちを信じて下さい。全ては計画された通りに進むでしょう。そしてあなた方が新しいエネルギーから恩恵を受けるとともに、アセンションの後によく継続するでしょう。私たちは優先事項を分類します。そして直ちにそれらに専念するでしょう。

私はシリウスからのサルーサであり、あなた方全員へ愛のビームの照射を残して行きます。

ありがとうサルーサ、
マイク・クインシー。
Website: Tree of the Golden Light
Translation: ソウルカメラ

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」












サルーサからのメッセージ

よりポジティブな人間関係を築くために

2012年11月21日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

11月末の大祓いを、11月30日(金)に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

月末の大祓いをお受けいただいた皆様からのご感想

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

やさしさ、謙虚さ、思いやり、慈しみ、純粋さなど、人はこのような波動の高い意識を持ち合わせています。逆に、怒り、不安心、傲慢さ、意地の悪さ、ねたみなど、波動の低い意識も持ち合わせています。3次元の世に存在する私たち地球人類は、だれもがこのような波動の高い意識と低い意識との両面を、多かれ少なかれ必ず持ち合わせているといってよいでしょう。

人間関係において、お互いにネガティブなことをそれほど感じずに、それなりに調和のとれた関係を保てていれば、特に問題は感じずにいられるでしょう。しかし、相手から低い波動を強く感じたり、自分との波動が(気が)合わないと感じたりしているのに、家族や親類や職場の同僚や学校や習い事などといった関係から、日常的に多く顔を合わせるため、人間関係がネガティブになりすぎないように配慮したり、より調和のとれたポジティブな状態で保つように意識的に努めるべき場面があったりすることは、多かれ少なかれ多くのみなさんが現実的な状況として当てはまることがあるでしょう。

例えば、職場で同じ室内に勤務しているある人が、自分に対しては意地悪で冷たく接してくるのに、他の人に対しては笑顔でやさしく接しているという状況であったとします。そんな時、あなたはとても嫌な気持ちになるでしょうし、イライラ(怒り)や不満な感情を心の中に抱くでしょう。そして、その人が近づいてきただけでもそんな気持ちが湧きあがったり、話しかけられた瞬間に恐怖のようなものや嫌気を抱いたりもすることもあるでしょう。

しかし、このような低い波動の情緒からの邪気(マイナスエネルギー)を出すと、波動の法則によって、その人の低い波動の意識とつながって、低い波動の状況をより作り出しやすくしてしまうのです。ですから、お互いの低い波動が重なり合って、現実としてはネガティブなエネルギーが倍増するために、さらにネガティブな状況が生じやすくなるのです。

これは、言葉に出しても出さなくても発することでして、感情や思念によるエネルギーが大きく関係するために、口に出さずに黙っていれば解決することではありません。もちろん、口に出すと言霊のパワーも加わり、さらにネガティブになってしまいます。

陰で人の悪口を言っても同じことです。帰宅して一人でネガティブな情緒を出して相手を憎んでも同じことです。すべては相手に伝わります。思念や想念のエネルギーは、とても現実的なものでありストレートに伝わるのです。

なぜならば、3次元の世では個性ある別の存在として生きていますが、すべての人は皆、魂の奥では1つにつながっているから、相手を特定した瞬間に相手の魂と深い領域ではしっかりとつながることができるのです。特に、このような強い念を持って相手を特定すれば、よりダイレクトに相手に伝わるのです。

では、このような関係を改善するにはどうしたら良いのでしょう。この答えはとてもシンプルでして「自分自身の波動をどれだけ高い状態に保てるのか。」「どれだけ波動を低くしないでいられるのか。」この2点だけ気を付けていれば良いのです。

自分自身の波動が高い状態で相手に接すれば、波動の法則がはたらいて、相手の高い波動の要素が引き出されやすくなります。もちろん、これは言葉尻や表情だけではなく、心の中の状況も大きく影響します。自分の波動を高くしたつもりでも、心の中でこれまでのように恐れや怒りなどの低い波動の感情が多少なりとも残っていれば、その分だけ低い波動も引き出してしまいます。

ですから、長い間ネガティブな関係であったとすれば、今日や明日で改善させるのは難しいかもしれませんが、少しずつ改善しようということは、自らの意識次第で何とかなっていくはずです。これにはカルマの法則も大きくからんできます。過去のネガティブなカルマは、その度合いに応じて解消するにはそれ相応の努力や時間などが必要になるのです。

たとえば、何年も会っていない学生時代の同級生と、久しぶりに地元に里帰りをする際に会ってしまうかもしれないという状況が予測されたとします。その知人は、とても意地悪だし、会うだけでも嫌な気分になるし、できれば会いたくないと感じていたとします。あなた自身は今とても幸せで、アセンションに向けて光の道を順調に歩んでいるのに対して、知人は実際にもネガティブな道を選択し続けて、過去の印象以上に低い波動を多く発するような人だったとします。

もし、あなたがその知人のことを思い出せば、知人もあなたのことを思い出すでしょう。あなたの思念力が強ければなおさらです。そして、あなたが低い意識を知人に向ければ、知人にとっては普通であるネガティブなそのエネルギーに対して、こころよく反応してあなたとの波動をより強く合わせるために、あなたと知人は里帰りをした際に、波動の法則によって引き寄せ合い、直接会う確率はとても高くなるでしょう。そして、直接会うことでお互いのネガティブな情緒はさらに重なり合い、あなたのイメージした以上にネガティブな状況が実現しやすくなってしまうのです。

でも、もしあなたがいつものように波動の高い状態を保ち、明るいオーラを放ってルンルン気分で里帰りをしたとします。その知人を思い出しても、素敵な人生を歩んでいることを願い、たとえ良くない噂を聞いたとしても、慈しみや憐みの心を持って愛の光で包んであげるなど、その知人に対して高い波動である愛の気持ちを向けてあげたとします。

そのような波動状況の中に在れば、里帰りした際に出会ったとしても、相手の高い波動の要素を引き出して接することができるでしょう。また、もし相手がそのような状況ではなく低い波動を強く出していれば、波動が大きく違って合わないために、出会う可能性はとても低くなります。

相手が自分をどのように思っているのかということを、考えすぎたりたり探ったりしすぎたりすれば、相手の領域に踏み込みすぎることになるので、過干渉しすぎてしまい、ネガティブな波動を生じる場合があるでしょう。そして、ネガティブなカルマとして自分に必ず返ってきます。また、相手の気持ちを変えようと思うと、さらに相手の領域に入りすぎてしまいます。

つまり、相手の思考や感情を変えようとまで思ってしまうことは、不干渉の法則に反してしまって不調和が生じやすくなるので、ネガティブなカルマを作ってしまう結果に至ることがあるのです。でも、自分自身の感情や思考を変えることでしたら、いつでも自分の顕在意識次第で、すぐにでも実行できることですし、その自らの意識をポジティブに変換することが重要であり、それだけで自己解決することができるのです。

実際には、相手との関係をより調和のとれた状態にしたいという、純粋な気持ちからの愛ある動機は、とても素晴らしいことなのですから、お陰様(守護霊様・守護神さまなどの陰ながら自分をサポートしてくださっているスピリット)も宇宙の神も、心からご加護くださり応援してくださいます。

そして、相手に対して愛の気もちからの心遣いをしつつ、相手の感情や思考や外見や言葉遣いなどの、相手の領域内のことにはできるだけ干渉しすぎず(意識を向けすぎず)、自らがどのような意識を持っているのかということに気を配っていれば、相手との関係はより調和のとれた状態になっていくはずなのです。

中でも、家族であるとか学校や職場であるとかといった、比較的多くの時間を同じ場所で過ごしたり、何らかの連携を保つために接したりする間柄の場合は、波動の法則と同様に、お互いのこれまでの関係におけるカルマの法則も多くからんでくるので、それなりにネガティブな関係が続いてしまうと、急に改善しようとか一気に問題解決をしようとかといっても、難しい場合が多いでしょう。ですから、この先にポジティブなカルマを、こつこつと少しずつ継続して積み重ねる努力が必要になります。

でも、時々しか会わないような人との関係や、コンビニの店員さんとか、タクシーの運転手さんとか、道端ですれ違う人とかといった、浅い関係の中で接するような場合には、このような自分の波動の状態がどのような状態であるのかによって、相手の状態にとてもよく表れるのです。

ですから、もしコンビニの店員さんが、いつも以上にとてもやさしい対応をしてくれたと感じたのなら、あなたの波動が引き出したことでもあるのです。でも、もし、いつも優しい店員さんの態度が、なんだか今日は冷たいなぁ…と感じたようなときは、あなたの波動を見つめなおしてみると、ネガティブな部分が多くあることに気づくことでしょう。

もちろん、3次元世界の目の前の現象のすべてが自分の映し出しというわけではないので、困っている人を見かけたからあなたも困っているとか、醜い姿に感じる人を見たかあなたもそんな姿をしているとか、そういった「極端に同じ」とか「鏡」であるとかという場合ばかりではありません。ここには必要(必然)の法則もはたらきます。全ての出会いは必然であり、カルマの法則や波動の法則もからんでいますが、すべてはお互いの魂の向上のための学びに必要なものなのです。

困った人や醜く見えるような人を見かけたら、自分なりにできる範囲内で愛を与えるのか、それともネガティブな思いを抱いただけになるのか。どのような意識や行動をとるのかによって、その学びはポジティブなものにもネガティブなものにもなるのです。魂の向上のための無駄な経験とか学びにならない経験などというものは、実際には何一つないのです。

すべての出来事に対して、あなたがどれだけ「自分自身の波動をどれだけ高い状態に保てるのか。」「どれだけ波動を低くしないでいられるのか。」が、魂を向上させるためにはキーポイントとなりますし、どれだけポジティブな学びを得るのかも、すべてはあなた次第なのです。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」












バックナンバー改訂版

予測によって予測が外れる!?

2012年11月20日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

11月末の大祓いを、11月30日(金)に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

月末の大祓いをお受けいただいた皆様からのご感想

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

目の前で起きた出来事や、新聞やテレビなどで報道されているニュースなどを見て、喜びや励ましや慈しみなどのポジティブな情緒や、怒りや悲しみや恐怖などのネガティブな情緒があなたの心の中で湧きあがったとき、あなたはその情緒に見合った波動になり、必ずそれなりのエネルギーを発するのです。

そして、このような意識を人や出来事などの対象に向けると、その意識から発したエネルギーは必ず対象に届きます。リアルタイムのニュースはもちろんのこと、過去の出来事であっても場所の遠近も関係なく、個人の発したエネルギーが対象に向けられると、必ず届くのです。

人のエネルギーの強さには個人差がありますが、多くの人が思っているよりも、人の発するエネルギーの力は強いのが事実です。ですから、たとえあなたひとりだけが強い意識を向けただけでも、そのエネルギーは必ず届いて、それなりに影響を及ぼすのです。

同じ場にいたり、マスコミやネットの情報などを通したりして、個々の意識が1つの同じ出来事や個人や集団などに向けられると、その集合意識はそのまま集合エネルギーとなって、その対象に届き、何らかの影響を与えます。

そして、個のエネルギーよりも集合エネルギーになると、その力は強くなりますので、その集合エネルギーが、ポジティブなものであればポジティブな影響を、ネガティブなものであればネガティブな影響を、個の向けるエネルギーよりも大きな影響を与えるのです。

そういったエネルギーの力は、多くの人が思っている以上にとても大きなもので、そのエネルギーを与えられた人も出来事も、スピリチュアルな観点での影響を受けるのはもちろんのこと、体調や気力、物質的な状況などの結果として生じる3次元的な現象としても、何らかの影響を受けて変化がもたらされるのです。

そして、このことはこの先の出来事、つまり未来の出来事に対しても同じです。自分の未来は、より明るくより幸せであるものだと願い、「今」そしてその先に対してポジティブな意識を向け続けていれば、そのエネルギーの影響によって、よりポジティブな現実を経験することができるのです。

逆に、不安や心配をめぐらせて、自分の望んでいないようなこの先に起こりそうなネガティブな出来事を想定したり予測したりしてしまうと、それに見合った波動になってネガティブなエネルギーを発し、それが今の時点のことでも、未来の出来事に対しても、エネルギーが向けられて影響してしまうのです。

そのために、顕在意識の中では望んでいないことであっても、実際にはまるで望んでいる願いであるかのように働いてしまい、自らの意識の発したエネルギーが強く影響して、実現に向けて歩み続ける結果を生じてしまう可能性が高くなるのです。

ですから、テレビや新聞やネット等の情報や、目の前の現実としての経験などによって認識した事の中で、ポジティブに感じる出来事に対しては焦点を合わせて、さらなるポジティブな思いや願いなどを膨らませることは、とても大切なことなのです。

逆に、ネガティブに感じる出来事に対してはあまり焦点を合わせないようにして、「かわいそうに」「お気のどくに」「頑張ってね」とかといったような慈しみや憐れみなどのポジティブな意識を向けるようにして、ポジティブに変換することも、とても大切なことなのです。

たとえば、多くの犠牲者を出してしまうような災難が起きたような時、悲しみや怒りなどのネガティブな意識を向けるよりも、より多くの人が励ましや慈しみなどのポジティブな意識を向けるように努めた方が、よりポジティブな結果をもたらすのです。

ネガティブに感じるような事件に対して、怒りや恐怖などのネガティブな意識を向けるよりも、憐れみや許しや改善に向けてのポジティブな愛の意識を向けることで、より浄化され波動は高まっていくのです。

天変地異が予測されて報じられた時、恐怖や不安におびえたり、過度にネガティブな状況を予測したりするよりも、大難が小難無難になるように願ったり、何も起こらずに平和であることをイメージしたりする方が、よりポジティブな結果をもたらす可能性が高くなるのです。

現在の地球上に暮らしている人々の中で、1人でも多くの人が、自らの意識から生じる波動やエネルギーの影響力がとても強いことを意識し、より意識的にポジティブな波動でいられるように努め、よりポジティブなエネルギーを発してめぐらせるようにすれば、その影響によって、自分自身の未来も、地球の未来も、よりポジティブに開かれていくのです。そして、宇宙全体に対してもポジティブな影響を及ぼして、さらなる大きな光がめぐり、その光が地球へと、そして自分自身へと返ってくるのです。

それではここで、上記の内容に関連した記述が「BASHAR 2006」(著者‘ダリル・アンカ’(
株)ヴォイス発行)に書かれていますので引用させていただき、今回の記述は終わりにします。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

《予測によって予測が外れる!?》

可能性のある未来はとてもたくさんあります。ですから、未来を予測することは常にトリックのような、微妙なことでもあるのです。

誰かが未来を予測する時、じっさいには未来を予測しているのではありません。予測をしている人は、いまここにある、もっとも強いエネルギーを感じとっているのです。

もしその強いエネルギーが変わらなければ、予測した出来事が起きるかもしれません。しかし、そのエネルギーが変われば、予測された出来事はまったく違った形で展開されるでしょう。そういうわけで、多くの予測が外れるのです。

ここに大きな矛盾があります。予測する行為そのものが、実はエネルギーを変えることに影響を与えるのです。

みなさんは、予測によって、そのときのエネルギーがどんなものであるのかを知ります。もしそのエネルギーが、みなさんにとって好ましくなくて、変えられた場合、予測された展開にはなりません。つまり、予測する行為そのものによって予測が外れることになります。

これは予測した人が間違っていたのではありません。単に、彼らがその時に感じとったエネルギーが変わり、実現には至らなかった、ということです。

一方、未来を反映するエネルギーがきわめて強い場合には変わりようのないこともあります。そのときには、予測は実現するのです。
 
《「暗闇」も倍増して見える意識変革の時代》

この惑星(地球)で起こっている、もっとも大きな変化のひとつはみなさんの意識、そして精神性、スピリチュアルの探究であり、拡大です。その変化が起こっていなければ、私たち(バシャールなどの高次の宇宙存在)はこのように交流していないでしょう。

ただ、この惑星で多くのみなさんが意識を光の方向に拡大していると同時に、一方で、多くの人々が暗闇に向けて意識を拡大しています。それはこういうことです。

みなさんは、今、古いサイクルの最後、そして、新しいサイクルの始まりのところにいます。古いサイクルを完了するときにはいつも、その移行を早めるために、スピードが加速されていきます。ですから、何であれみなさんが自分の中にもっとも強く持っている波動が倍増し、より速く、より強力に現実化してきているのです。

だからこそ、みなさんの多くが意識を拡大させ、成長していると同時に、地球上のあらゆるところで苦しみやネガティブなことが増えているように見えています。それは、古いサイクルの中に残っていた葛藤が非常に倍増した形で表面に現れてくるのです。

表面に現れることによって、自分の中にあった光の部分も闇の部分もはっきりと見ることができるのです。それによって、自分が未来に何を望むのか、はっきりと意識的に選択することができるのです。

多くの人たちが怖れの中で生き、その怖れによってほかの人たちに怖れを引き起こしています。そういったことが少しの間、どんどん強くなっているように見えるでしょう。しかし、暗闇というのは持続できる波動ではないので、否定的なエネルギーを長いあいだ維持することはできず、やがて自滅していきます。

《ポジティブなエネルギーを新しいシステムに使う》

そのような時代にありますから、2005年から2015年の間に古いシステムは崩れはじめ、昔のように機能しなくなっていきます。ですから、古いシステムを変化させようとすることには、実は何の利益もないのです。

それより、想像性やポジティブなエネルギーを新しいシステムづくりに使う方が有益です。そうすれば、古いシステムが自滅したとき、新しいシステムが自動的に置きかわるのです。ですから、精神性や意識、情熱や喜びを探究しているみなさんのような人々が、新しいプロジェクトや技術などをつくりだすために自分たちの情熱のアイディアを使うことが非常に大切なのです。

それによって、古いシステムが機能しなくなったとき、ほかの人々をサポートすることができます。そのとき、壊れていくものに意識を向けないでください。不安に思ったり、心配したりする必要はありません。よりポジティブな方法でつくりだされる新しい可能性のほうにフォーカスしてください。

みなさん(地球人類)が新しいシステムをつくりだすにつれて、地球上のさまざまな文化、さまざまな国のあいだで、いままでよりもっと開かれたコミュニケーションがされるようにもなります。そして、それによって、地球規模でのサポート・システムをつくり、新しいシステムを確かなものにしてくれる新しい種類のネットワークが形づくられていきます。

~「BASHAR 2006」(著者‘ダリル・アンカ’株式会社ヴォイス発行)より引用~

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」












バックナンバー改訂版

アセンションに向けて~光エネルギーのめぐり~

2012年11月19日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

人に対して愛の気持ちを向けると、その愛はその人に光のエネルギーとして与えられ、時には癒しとなり、時には活力となり、時にはその人自身の波動を高めたり、さらなるポジティブな道へと歩むための糧にもなったりするでしょう。愛と光のエネルギーとは同じなのです。

そして、その光のエネルギーは必ず光を与えた自分のもとへとめぐってきます。これがカルマの法則です。また、与えた光によって、その人自身がさらにポジティブ道を歩むことで、めぐって来る光は与えた光よりもさらに大きな光のエネルギーとなって与えられます。これもカルマの法則であり波動の法則でもありますが、宇宙では普遍で絶対的な法則としてめぐっているのです。

たとえば目の前に、怒りに満ちた近寄りがたいほどの荒々しい波動を発したりしているような人がいたとします。もし目の前にいなかったとしても、テレビの画面で見たり話しで聞いたりしたとしても同じです。そのような人を見たり感じたりして、同じような怒りが湧きあがったり、ひどく蔑んでみたり、極端に非難したりするような低い波動を向けると、波動の法則によってその人の波動と合い、それなりに多くのネガティブなエネルギーがめぐってきます。たとえ瞬時に波動が低い領域で波動が合っただけでも、ネガティブなエネルギーはそれなりに必ずめぐってくるのです。

しかし、そのような自分自身のネガティブな意識を向けたことに気づき、怒りを「許し」の気持ちに変換し、‘かわいそうに…’‘がんばってね’というような「慈しみ」や「励まし」の気持ちを向け、蔑んだり非難したりせずに「もっと冷静になればいいのに。」とか「もっと大きな愛の気持ちを抱くような生き方を選択すればいいのに。」などといったような改善すべき点を見出して愛の思いを抱くように変換すれば、低い波動の領域でネガティブなエネルギーをめぐらせることはなくなり、逆にポジティブな光のエネルギーを相手に与えることになるのです。

もちろん、ここには波動の法則が大きく働くために、相手があまりにも低い波動の中に在ると、光のエネルギーはそのまま届くことはないでしょうし、たとえ与えることができても、すぐにネガティブなエネルギーに変換されてしまう場合も多いことでしょう。しかし、これは相手の領域の事ですので、それはそれでしかたのないことだとしても、自分自身の領域内でできることは、このように愛をめぐらせ光エネルギーを与えるところまでです。ですから、自分にとっても相手にとっても、このように愛をめぐらせることを意識して光エネルギーをめぐらせることは、とてもポジティブなことであり、過干渉にもならないことがほとんどなのです。

カルマの法則や波動の法則などと同様に、知識として持ち合わせて活用すべきスピリチュアルな法則の法則の1つである‘不干渉の法則(文末に注釈あり)’、何一つ干渉しないことがポジティブであるといものではありませんし、相手に干渉することがネガティブであるということでもありません。人はそれぞれほどよく依存し合って生きているからです。

ですから、干渉しすぎないように意識しつつ、個性を認め合い、純粋な愛の気持ちの中で、相手からサポートを求められた場合には、応じられる範囲内でサポートし、たとえ顕在意識で認識できる形でサポートを求められていなかったとしても、相手に干渉しすぎない範囲内で愛をめぐらせることは、相手の学びを損ねるわけでもなく、有難迷惑になるようなネガティブなことでもないような場合であれば、宇宙の真理に基づいても、必要な愛のめぐりであるとてもポジティブなことであると捉える事ができる場合が多いでしょう。

いずれにしても、‘不干渉の法則’に基づき、過干渉にはなっていないと識別できる範囲内で、純粋な気持ちの中で必要な愛をめぐらせることによって、相手が光エネルギーを受けることでネガティブな状況に至るような結果が生じることはないでしょう。たとえ一瞬でも光が差し込めば、それなりに活力となり癒しとなりますし、そんな一筋の光からポジティブな道を歩もうとするような意識が芽生えてくる可能性もでてくるのです。

ちなみにこのような愛のめぐりによるポジティブな状況は、人に対してのみではなく、すべての魂を持つものに対しても同じです。そして、すべての出来事に対しても同じなのです。

「今」の3次元世界では、政治や経済や教育や医療などといった、世の中でそれなりに重要かつ大きな影響を与えている分野では、その根本的な法律であるとかシステムであるとかといったことを、実際に権力を握って世界を動かしているのは、自らの利益や欲望ばかりめぐらせているような、ごく一握りの権力者やイルミナティーです。私のような一般的な小市民が、今から訴えたとしても、すぐにその声が反映されて活用され、世の中を大きく変革させることはとても難しいことでしょう。

しかし、多次元的でもあり根本的でもある光のエネルギーをめぐらせることは、私たち小市民でも、いつでもできることなのです。そして、多くの人がポジティブな意識を同じ物事に向けて発し、ポジティブな変革を願い、光エネルギーをめぐらせれば、その集合意識から発される多大なる光エネルギーがめぐり与えられることによって、その物事に強く関わっている人たちにもその物事自体にもそれなりに影響を与え、さらにアセンションに向けての今の地球自体の高まるエネルギーも加わるために、次の光の世に必要な状況へと大きく変革するに至ることでしょう。

地球全体のアセンションに向けて、地球表面上の3次元世界ではポジティブな状況へ向かっての変化が様々な場面で起きています。個人内の変化はもちろんのこと、家族や地域などといった小さな集団から、国家や地球全体に至るまで、あらゆる3次元の領域内において、光の世へ向けてのあらゆる変化が続いているのは真実なのです。

しかし、その根本的な変化は同時もしくは先に、多次元的であり高次元の領域で起きていることでもありますので、それが同時もしくは後になってから、3次元世界に反映して物質的に認識しやすい状況になって表れているのです。

また、アセンションに向けて宇宙エネルギーも急激に増加し続けていることなどからポジティブな変化を続けている結果として、3次元世界特有の線形時間ではない、高次元の宇宙の時間(時間の存在しないコンティニューム‘時空連続体’)では、地球全体がアセンションすることは、すでに完了していることでもあるのです。

そして、多次元的には完了している今回の地球がアセンションすることに対し、私たち地球人類として転生することができた人類個々の魂をはじめとして、あらゆる形で3次元世界に物質をまとって転生して存在している魂たちが、地球とともに波動を高めて物質をまとったままアセンションするという、素晴らしい体験ができるかどうかは、それを望む魂の場合には、個々の魂の自由意思による今後の選択にかかっているのです。

宇宙全体の領域においては、今回のように宇宙の中でも特殊な形でアセンションを成し遂げる、今はまだ3次元世界である地球に転生して、とても貴重な経験にもなり、魂を大きく向上させるためにも大きく有効にもなる経験をしたいと願っている魂の数は、想像を絶するとてつもない数になっているのです。そんな中で、こうして神から選ばれ転生することができて、さらにこうして「今」も地球上で暮らすことを許されている私たちは、宇宙の中でも幸運でもあり、選ばれた魂でもある、栄誉ある存在でもあるのです。

ですから、こうして「今」、この地球上で暮らしている以上、多くの魂はこのまま肉体を持ったまま地球と共にアセンションすることを望んでいるはずです。もちろん、生前の魂の合意としてアセンション以前に地球から離れて肉体を持たずに地球のアセンションをサポートするお役目を選択している魂もあることでしょうけど、そのようなことは顕在意識においては自覚することは難しいでしょう。

でも、このまま地球と共にアセンションして、肉体をまとった地球人として次の光の世に住み続けたいたいというような願いを、「今」顕在意識の中で持っている方は、その「今」の気持ちが魂の意であるだろうと信頼し、ポジティブな願いが成就することを祈念しつつ、愛をより大きくめぐらせてよりポジティブに尽力し続けることは、自分のため人のため世のため地球のため宇宙のために、とても大切なことなのです。


≪注釈≫「不干渉の法則」 ~魂がより高い世界へ精神的進化を遂げるために必須なもの~

以下の内容は「私はアセンションした惑星から来た 金星人オムネク・オネクのメッセージ」 オムネク・オネク著 徳間書店 より、一部文章を改訂して引用しました。

バランスを整えること、そして、余計な干渉をしないということは、より魂を高めるために人生を送るための秘訣でもあります。これらは魂がより高い世界へ向かう旅の中で精神的に進化し、自己実現そして神の顕現を成就させるために必須なものです。

不干渉とは、各個人の自由のためにあるスピリチュアルな法則です。この世界に同じ人間はひとりもいません。考え方、感じ方、反応のしかた、そして心の傾向や視点は個人によって異なり、精神の開花の度合いもそれぞれ違っています。一人ひとりが持っている自分独自の私的な世界を尊重すべきであるというのがスピリチュアルな法則なのです。

このことが地球では、まだ少数の人にしかしっかりとした認識や理解はされておらず、今日の多くの問題の根底要因となっているのです。もし、人々が自分自身の人生を主導することに対して、より多くの関心を注げば、世界中の問題はもっと少なくなることでしょう。

人が他の人々の人生に干渉すればするほど、その人の人生も他の人たちに干渉されることになるのです。これがカルマの法則のはたらきです。相手に対して、このようにすべきだと思ったら、ある基準やものの見方を持つべきだと思い込んだりすることが干渉につながります。

理想的なのは、他の人たちの個性を受け入れ、それぞれの人がそのレベルに応じて自分に必要なレッスンを受けている魂の存在であると認識することです。自分の考えや見解を押し付けること、相手の許可を得ずに手助けをしたりアドバイスを与えたりすること、さらに相手のしていることが間違っていると思うことすらも干渉に含まれます。

単に自分ひとりで判断を下すのではなく、相手がなぜ、そのように行動し、考え、あるいは感じているのかを理解することのほうが、遥かに有益なことなのです。それはまた、各個人が自分自身をさらによく理解するための手助けともなります。

オムネクが存在していた5次元世界の人々は論争をしないそうです。求めるのは理解であり、相手が伝えようとしていることのほうが大切だと感じているからです。なぜなら人は自身の心の中にあることはすでに知っているからです。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」












バックナンバー改訂版

2012年についてのエッセイ ~後編~

2012年11月18日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

前編はこちらをクリック⇒2012年についてのエッセイ~前編~

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

《2012年についてのエッセイ》~後編~

さて、この麗しい世界にはどんなもっと”実際的”なものが期待できるか話してみよう。都会生活は、基準以下の建造物の解体やかつて素晴らしかったが朽ち果ててしまった建築物の復元で、精神にとって今日よりもはるかに充実したものになろう。それにはこのようなものが含まれる。多くの小さな公園や色とりどりの遊園地、野菜農園や花園、近くの図書館、コンサートホール、博物館、地域のアートを集めたギャラリーの増設。あらゆる年齢層と興味に応じられるエンターテーメントとリクリエーションのセンター。そして動物たち。野獣だと思われていたものも自由に歩き回っているだろう。

また、新しい交通手段と富のより公平な分配によって、都会人が田舎に自由に出かけたり、また遠くまで旅行できるようになる。日常生活に飽き、つかの間のオアシスを求める人たちが増えてくるので、田舎では“B&B宿”(朝食付き民宿)が大繁盛するだろう。でも、都会にいま住んでいる多くの人は、森があり閑静な生気を呼び戻すようなエネルギーのなじんだ郊外に移り住むことを好むかもしれない。また、開拓者たちの新しいうねりのように、ある人たちはいまは居住不能な地が甦るにつれそのような所に移り住もうと思うかもしれない。静かに休める海でハウスボートに住みたいと思う人たちもいるだろう。

建築物はイマジネーションと選択によるものだけに限られるが、かといって見にくい建物はなく目的に適わないものもないだろう。ジオデシックドーム(ドームハウス)といった、長い間地球人たちが否定されてきた快活さを反映するような想像力に富む建築デザインが人気を得るようになるだろう。これまでのテクノロジーと新しいテクノロジーによって、今あるコンクリートやスティール、硬性および弾性プラスチックと同様な強度と外観の建築材が生産され、自然素材と上質材と変わらない品質の加工製品と一緒に広く使用されることになるだろう。ガラスも今の組成とは変わるが同様に生産される。室内にいるときは自然にできるだけ近くにいたいとあなたたちが思うだろうからだ。

全員の一致した意思から、どこにもごみや目障りなものはいっさい存在しないだろう。どこに住んでいてもまた旅行しても、その土地の電柱は仕方のない存在だが、せっかくの景色を台無しにしてほしくはないだろう。それで、電柱は取り除かれ、配線が必要な場所は地下に埋められる。また電線を必要としないほかのエネルギー源が直接入ってくるようになるだろう。テレパシーが一般的な通信手段になるが、遠方との声による通話も今のように大事になるだろう。しかし、いま用いられている有害な無線方式はなくなるだろう。新しい交通手段によっていまの燃料と高速道路の必要性が変わるので、広大なコンクリート舗装道路網は徐々に廃止される。

不正な法律と政策は改められ、世界中の教育は宇宙の真理を正確に反映するようになるだろう。教科書の執筆、印刷、配給が、コンピュータ化された授業とあいまって迅速におこなわれる。 生まれながら教える準備がある魂は自分が選んだその使命に本格的にとりかかるだろう。

あなたたちを待っているこれらのことや他の素晴らしい暮らしの変化は本当に今の生活から見れば途方もないものだが、あなたたちが経験する最大の変化は人類の内部に起きることだ。それは愛と高次の意識が”奇跡”を再創造することだ。

それは、地球の魂とニルバーナの魂がまた再び肉体界と霊界との間を行き来するようになることだ。第三密度による制限によって心が閉ざされるまでは、そのような旅は普段に当たり前だった。また、ひとりぼっちの存在だと思っていたことから、この宇宙のあらゆる存在につながっていることに気づくようになることだ。地球外文明の人たちを兄弟姉妹のように、じつは実際そうなのだが、受け入れることだ。すべての国と文化の人々が平和で協力的、親切、霊的に高く、快活で優しくなり、人生から不安や争いがなくなることだ。

さて、このことも言っておかなければいけないが、いまからその世界までの移行は試練の連続でもあるだろう。それを言わなければ、あなたたちの期待に反することになり、真実でも賢明なことでもない。そうしないと、試練をうまく乗り越える変わりに、地球がアセンションの旅をどんどん進めるにつれて弱気になってしまうだろう。だが、あなたたちにはそれに対する智慧と力強いスピリットと個性があるので充分用意ができている。さもなくばわざわざ選んで参加することもなかったし選ばれることもなかっただろう。

戦争とそのほかの暴力、不正、虚偽、腐敗は、その原動力になっているエネルギーがなくなるまで続くだろう。闇の勢力は、それはネガティブな思考の巨大エネルギーの場だが、すでに銀河系のこの領域から去っている。しかし、そのエネルギーの影響を受けた触手が残っていて、もっとも影響されやすい魂を支配したり、もっとも明るく輝いている魂を攻撃しようと最後のあがきをしたりしている。

さらに、いまこの惑星上により強さを増している波動によって、人間のすべての特徴が顕著に現れてきている。その増大が、闇の影響を受けている者たちがますます敵対心や慾、暴力にはしったり、苦しんで救いを必死に求めている人たちへの無関心となって現れている。

だから、まだ闇の小競り合いがすべて終わっているわけではないが、立ち上がる人のすべてから勇気をもらってほしい・・それは闇が終わるのは、もうそれだけ真近いということだからだ。その勢いが燃え尽きるところまで来ていると知って喜んでいいのだ。なぜなら光のままに生きているあなたたち全員がそれを早く終わらせる助けをしているからだ。

お金の流れをコントロールすることが、闇の輩たちが最後に考えるよくある手段だ。それをできるかぎり自分たちの手のうちにおこうとするだろう。植物で言えば、”主根が腐って”がたがたになって、支えてきた巻きひげも壊れているのだ。しかし、すべてなくなるまでは、経済的な混乱によって多くの暮らしが影響されるだろう。覚えておきなさい、引き寄せの法則によってあなたたちは自分で豊かさを創造するパワーをもっていることを。そして持っているものを分け与えることが人生にそれ以上の豊かさを引き寄せるベストな方法だということを。

平和と調和が地球に行き渡るまでに、実に多くの魂がいまと同じような病気や飢餓、戦争などの暴力行為による怪我そして自然災害などの原因で去ることになるだろう。そうやって人口は減少しつづける。それらの死は非常に痛ましいことのように見えるかもしれないが、それらの魂は前世での約束を超えるような苦難を経験することによって、飛躍的な魂の成長を遂げるのだ。もし別の地球での転生を選べば、そこに住む人たちがお互いに愛し合う素晴らしい輝ける世界が再生されていると知っていながら、かれらはニルバーナに喜んで戻っていくだろう。

地球の自然なまた必要な浄化プロセスとして地球物理的な出来事(自然災害)が続くだろう。過去数千年にわたる人間と動物たちの命いのちへの甚だしい軽視・・今でも続いているのはまったく嘆かわしいことだ・・によって莫大な量のネガティブなエネルギーが蓄積されている。地球物理的な現象によってこれが大幅に減少されてはいるが、その残余エネルギーは、いま現在も新しく創造されている分も含めて、放出されなければならない。 これが自然によるものか、人為的な現象なのかは問題ではない。このネガティブなエネルギーを除くことが重要なのだ。

記録的な高低気温や干ばつ、洪水は地球全体が本来の穏やかな気候に移行する一環で、しばらくは困難なときが続くだろう。徐々に海岸線が水没する所もあるだろう。しかし不安を抱く必要はない。そのような地域のすべての住民たちには防災と保障対策が施されるだろう。

では、あなたたち、愛する地球の家族に、手短に言おう。あなたたちが共同で創造している愛と平和と調和の世界が、もうすぐ目の前にきていることを全身全霊で知りなさい。宇宙のこの未曾有の時期に参加しようと選んできて、今まさにここにいることを思い出せば、こころが光で満たされ、あなたたちの旅が輝かしい冒険になるだろう。どのような場合でも幾百万の光の存在があなたたちと供にあり、待ちに待った地球の”2012年”黄金時代を迎え入れるときには、聖なる光の愛と加護があなたたちを包むであろう。
 
《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」










バックナンバー改訂版

2012年についてのエッセイ  ~前編~

2012年11月18日
今から約4年前の2008年7月2日付で森田玄氏のブログ「玄のリモ農園ダイアリー」http://moritagen.blogspot.com/に掲載されていた、マシュー君のメッセージ(6)の中の‘2012年についてのエッセイ’を、黄金時代の入り口に突入する2012年の冬至の頃を目前とした今、あらためて紹介したいと感じました。

このメッセージを送ってくれたマシュー・ワード(Matthew Ward)君は、1980年に17歳で亡くなっていて、それ以来、お母さん(スージーさん)のチャネリングを通してさまざまなメッセージを送ってきているのです。

マシュー君は太陽系のもっとも高い菩薩界磁場層に存在する意識体で、さらに上なる銀河系磁場からの情報を伝えてくれているようです。

とても長い内容ですので、その中から紹介したいと感じた文章を一部改訂して精選し、前編と後編に分けて転載しました。どうぞご参考ください。

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

《2012年についてのエッセイ》~前編~

2012年を闇の終わりの始まり・・世界の終末など心配しなくてもよい・・と考えているひとたちは、その重要性を取り違えている。もっと簡単に言えば、2012年は地球がその黄金時代に入ることを告げる前触れなのだ。そして今からその時までの間は、これまでの生き方がすべての自然と完全に調和して生きるように変わる移行時期だ。

では、どうしてその年が全世界の歴史のうえで重要性を持つのだろう?それには天体軌道周期とそれがあなたたちの惑星に与える影響、そしてまた完全なる明瞭さで創られた生命デザインが関係している。それは今の地球人類をはるかに凌ぐスピリチュアリティ(霊性)と知性をもったより高度のユニバーサル・マンを計画した高い進化の存在によって創られている。

より高い密度への帰還へのチャンスが以前の軌道周期の際にも何回かあったのだが逃してしまった。今回ふたたびエネルギー場が最適な配列になっているときに、進化した宇宙人たちの援助を得て、地球が以前の波動レベルに昇りたいという希望がかなえられるのだ。地球で起きることは全宇宙にも影響する。だからあなたたちの住む惑星の闇の時代が光のなかに融和し、あなたたちが宇宙の家族の一員として本来あるべき場所にもどることが、それらの進化した文明社会人(宇宙人)にとっても非常に大事なことなのだ。

黄金時代には、怖れ、慾、侮辱、暴力のもとであるネガティブ(否定的)なことが なくなり、地球全体の波動がすべて愛に変わる。”愛”とは”光”と同じエネルギーであり、単に違う表現にすぎない。それは創造主の純粋なるエッセンスであり宇宙の究極的パワーである。このエネルギーが魂を構成するものであり、こころを開き、心を照らす鍵になるものだ。それがかつてないほどの莫大な量で地球に降り注いでいる。闇が消えて行くにつれ、愛が争いと専横に代わって平和と協調をもたらすだろう。愛が、自分のグループがほかのグループよりも優れているといった浅はかな優越感を消してくれるだろう。愛が、他人を支配し自由にできると考える人々の心を目覚めさせ、また、そのような犠牲になっている人々の心を癒すだろう。つまり、‘愛’があなたたちの世界を変えているパワーなのだ。

闇の拠点が急になくなるわけではないが、暴力、不平等、乱用、偽りが蔓延っていた長い時代にくらべれば、この変化は稲妻のようなものだ。ほんの僅かな光がたまにちらっと差し込むだけの闇が支配してきた長い何世紀もの時のながれと、強力に光が増しているこの数十年のスピードを比べれば、その変化の速さに驚くだろう。

最初の改革は政府からだ。いま進行中の変化に気づいていない多くの人たちは、政府の政策によって地球が破滅の瀬戸際にまで追いやられていると思っている。光の使者たち(ライトワーカー)の中でさえも、この危機的な世界状況で何が起こるのか心配している人がいる。いままで馴染んできたものからまったく異なるシステムを想像することさえ難しいのだから、必要な改革がどんなものになるのか、その混乱ぶりを心配するのは当然だろう。どうか知ってもらいたい。霊的に優れ、各分野の統治に精通した信頼おける魂たちが、腐敗した専横的な政府指導者たちが追いやられるとすぐに、舵をとり秩序を回復するよう用意ができている。

過去生でかつて地球に暮らした多くの優秀な指導者たちが迫っている未曾有のこの時期に、やり残した仕事を完成させるために選んでこの惑星に戻って来ている。ほかはあなたたちの”宇宙家族”たちだ。その多くはあなたたちの祖先たちだが、かれらはこの移行時期に援助しようと進んで選んで来ている。かれらは”乗っ取る”ために来ているのではない。それどころか、あなたたちの世界の平和、公正、安寧への思い,感情、行動に応えてやってきているのだ。

間近に迫っている変化はあなたたちが望んだことであり魂レベルのビジョンなのだ。そうでなければ、それは起こりえない。もう少し未来を見れば、過去10~20年の間に霊的に進化した明晰さと古代の叡智を供えた魂たちが現れてきており、かれらは当然指導的立場につくことになるだろう。 

お金は商業にとって基本的なものであるだけでなく、権力の集中のためにはそれ以上に重要なものだから、世界的な経済改革が国の指導者たちが代わることと同じようにきわめて重要だ。報じられている経済というのは現実とはほど遠い神話にすぎない。世界経済がいかにうわべだけで腐敗しているか、幾世代に渡って世界経済を牛耳ってきた闇のグループ、イルミナティによって証券取引が操作されていることを知る者はわずか一握りしかいない。かれらはそのような支配と高利の銀行ローンや不正な麻薬取引きから巨大な富を築き、その金を使って政府を買収し、国を破産させてその天然資源を略奪し、何十億の人々の暮らしを最低限の状態に抑えつけている。また、戦争当事者の両方に金を貸し、その戦争をけしかけまた継続させることで莫大な利益をあげている。

こんなことは続けられないし、また続かないだろう。良心のかけらもない不公平なお金の分配は世界から消えるだろう。この切り替えプロセスがどのようなものになるか詳しいことは言えないが、大まかなことは言える。正直で知識豊かな人たちがそのプロセスを管理するので、混乱は最小限に抑えられ、世界中の富が公平に分配されることは確かだ。

イルミナティが不正に悪どく蓄積した資産は分配され、世界中の天然資源の搾取も終わるだろう。その権力の根源こそ、かれらをして政府の政策や金融政策、そして、自分たちの多国籍企業を支配することを可能にさせたものだから、そのような腐敗した支配も終結するだろう。

国境の多くは天然資源を欲しがる戦勝国が勝手に決めたのものだ。それが”持たざるもの”をつくったが、かれらはもともと”持てるもの”だった。魂の中の愛があらゆる争いを終えるときには、すべての人が”持てるもの”になる。そこでは国境が紛争のもとになることはもはやなくなるだろう。

世界でもっとも財政的に健全な国だと誤って思われているアメリカ合州国の金庫は、ここしばらく空になっている。イルミナティが支配する連邦準備金制度(FRS)とその収税代行業者である税務庁(IRS)による不正行為がその主な要因である国家債務は、いまのシステムが崩壊するときには管理できるような状況になるだろう。

いろいろな通貨、とくに米ドルは、それを支えるものがない・・毎日何十億ものドルやほかの通貨が取引きされているが、それは単に情報がコンピュータからコンピュータに通過しているのにすぎない。それらは実際の価値をはるかに越える金額なのだ。”新らしい”通貨本位制は、貴金属が交換の本位基準であった昔のかたちに戻ることになろう。”昔風の”バーター制度が国やコミュニティレベルでの商業取引の素晴らしい方法として復活するだろう。

現在の経済の多くを支えている基盤が大規模に変化することで、雇用も変わるだろう。しかし、波動が高まるにつれ、あなたたちのスピリチュアルな明晰性が高まり、脳の活動能力が増すので、国々の協調と自然とのハーモニーを支えるエネルギー場への移行は喜びにあふれるものになるだろう。石油や天然ガスの採取や採鉱、伐採による夥しい環境破壊とそれによる汚染は終わり、大気や土壌、水系中のあらゆる種類の毒性物質は排除されるだろう。森林は自然のバランスの回復に必要なレベルまでに再生される。同様に非常に重要なことは、動物が数えられるほどに減少している地域の生態系の保存と拡張であり、そして絶滅しかかっている海洋生物を再び繁殖できるように海洋の健康を取り戻さなければいけない。

これらの目標を達成すると同時に、貴重な陸地からコンクリートの侵入を防ぎ、自然エネルギーを利用する計画もできている。すでに開発されているが抑えられているテクノロジーやあなたたちの宇宙家族によって提供されるであろうはるかに進んだテクノロジーによって、汚染は除かれ、再生可能エネルギーや新しい交通手段、新しい建築材、そして非常にすぐれた食料生産手段がもたらされる。それらの変化が驚くべきスピードで起こるので、あなたたちの心が踊ることだろう。

植物とともに広範囲に使用されることになる自然建築材には粘土や葦、ワラ、熱帯トウ(籐)、表層石が含まれるが、これらはすべて人類との合意確認のうえで使用される。

あなたたちは宇宙人が全能かのように思っているかもしれないが、その知性レベルには低いものから高いものまで数えきれないほどある。しかし、集合意識から除かれるものはひとつとしてない。より個人的なレベルで言えば・・もっと正確に言えばだが・・”もの”にも”魂”を考えれば、この宇宙の全体性のなかでの相互関係が見えてくるだろう。

どのような環境でもその波動が高くなれば、それだけその中のすべての生命の理解度は高くなる。そのように、意識が広がれば、同時にあなたの世界のすべての自然の存在がそれぞれの目覚めのレベルに成長していくのだ。成長のはやい食用作物、花、綿やほかの繊維植物、薬用植物、トウ(籐)、草、あらゆる種類の樹木が必要に応じて成長し、そのエネルギーをあなたたちが使えるように提供することに同意するだろう。今のように材木をたくさん使うことはないが、木と人間との聖なる関係から、樹木は、短い期間たぶんこれから50年間は、建物のインテリア部材や家具として使われることを喜んで選ぶだろう。

豊かな国々にある食料とほかの生活必需品は、世界的な生産体制が確立するまで貧しい国々に分配される。人々の食生活も、すべての動物の命を敬うことを学ぶことから、肉や海産物から植物食に変わって行くだろう。 食料用の家畜は飼育の停止と自然な変化移行によって減少するだろう。植物が主食品となるので、遺伝子組み換えされた有害成分はすべて排除されるだろう。

野生動物たちは本能的にその数を過剰に増やさないことを知るだろう。また肉食のものたちは植物王国に食物を求めるだろう。いくつかの動物種で生まれているアルビノ(白子)にはスピリチュアルな意味と過渡期という意味がある。あなたたちは白を平和のイメージに結びつけているが、そのような珍しい現象が起きていることは動物界でこれから予想される変化を象徴するものだ。それは、弱肉強食の食物連鎖が終わり、かつてあった人類を含むすべての生物種が平和に共存する関係を取り戻すことなのだ。考えられないような異なる種の生物同士が仲良くなる事例や、母親が異種のこどもを育てるようなことさえ起きてくるが、これも地球が本来のパラダイスであったところに戻る徴候でもある。しかし、この中で非常に重要なことは、動物たちを大切にして、人間たちのせいでなっているかれらの悲惨な状況を軽減させようという気持ちが多くの人々の心に生まれることだ。

クジラたちは、巨大なからだで海に住み、そこで、はるかかなたの宇宙文明人たちから地球に向けて発せられる光エネルギーを吸収し、しっかりと固定するというスピリチュアルなミッション(使命)をもっているが、それはまもなく成就されるだろう。クジラとイルカは、生物種としては、あなたたちの惑星上で霊的また知的にもっとも高度に進化した種であるが、その魂が肉体を離れる時は本来の光エネルギーの場に昇って行くだろう。でもかれらは愛のエネルギーで、あなたたちの惑星に恩恵を与え続けるだろう。

”地球温暖化”や”エルニーニョ”として一般に知られている現象は、地球全体が本来の温暖な気候に回帰する自然のプロセスの一環である。地球がこれをやり遂げるにつれて、氷河は解け、広大な砂漠が農地に変わり、熱帯雨林が広がり、気温差が著しく減少する・・そして最後には、世界中どこでも快適に居住できるようになるだろう。いま寒帯地域や熱帯地域に住んでいる人たちはじきになじむだろう。しかし、極地帯のいくつかの動物種が姿を消すのは仕方ないだろう。その周辺にいるものは移り住むことで生き残れる。影響を受ける生物種は、生殖を止めることやいつ移動すべきかを本能的に知るだろう。

現在の世界人口そして予想される世界人口に反して、あなたたちの人口は減少しているし、急激ではないが出生率も現象し続けるだろう。自然界のバランスにはもう疫病が必要なくなるので、病気の原因とか伝染性といった要因が存在しなくなる。また有毒化学物質や処方薬の一般使用もなくなる。医学治療は、もう治療が必要なくなるので、劇的に変化するだろう。なぜなら、肉体が非常に長い寿命を持つことになり、あらゆる病の不安から解放されるからだ。新しい教育システムと教科書によって実際の世界史と宇宙惑星の歴史が学ばれ、明らかにされる真理にしたがって宗教が真のスピリチュアリティ(霊性)にとって替わられるだろう。

これらは、いま起きている、そしてこれから起こるもっとも重要ないくつかの変化だ。それはすべて上から下へ流れるように、地球生命体のあらゆる側面に浸透してゆき、それらを高める効果を示すだろう。黄金時代・・”第2版”エデンの園・・は、精神の愛とハーモニー、静穏さ、美に輝くだろう。それらが、あなたたち自身が神であることを思い出し気づくなかで、あなたたちの真の姿なのだ。

2012年についてのエッセイ‘後編’に続く~

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」












バックナンバー改訂版

みんなでアセンションしましょ! その2

2012年11月17日
DSC02523+(3)_convert_20121116133534.jpg
昨日のAM11時頃、妻とともに川平の集落で用足しをしたついでに、石垣島の北部地域最大の観光名所である川平公園を散歩してきました。上の写真は、川平公園から東シナ海に向かって撮影しました。

川平公園には、川平湾を見渡せる遊歩道や見晴らし台があり、周辺にはいくつもの売店もあります。ビーチにはたくさんのグラスボートが浮かんでいて、乗船するとガラス張りになっている船底からサンゴや魚介類などを見ることができます。

昨日は晴天のため、コバルトブルーやエメラルドグリーンの海の色、サンゴや貝殻などでできた白砂と木々の緑とさわやかな青空とがマッチした、とても美しい景色を見ることができました。この景色は見晴らし台から撮影しました。

DSC02519+(3)_convert_20121116134152.jpg
東シナ海を背にして撮影した上の写真の、川平湾の対岸にある山のふもとの中央あたりから右方向にかけて、私たちの住まいのある吉原の集落があります。この写真では見ずらいのですが、肉眼では薄らと自宅マンションや小学校が見えます。

DSC02525+(3)_convert_20121116133930.jpg
昨日16日(金)の石垣島の最高気温は26、2度、最低気温は21.6度で、ほぼ平年並みの気温でした。とてもすがすがしい秋晴れの続いた一日でした。

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

《みんなでアセンションしましょ! その2》

☆印の以下の内容は、「アミ3度目の約束」エンリケ・バリオス著 徳間書店 の内容を一部改訂して引用しました。

*主人公の「ペドゥリート」は地球人の男の子。「アミ」は高次元の宇宙人の男の子。「シルク」は地球内部の高次元の都市シャンバラに存在する人。シルクが表現する‘きみたち’と、ペドゥリートが表現する‘ぼくたち’とは、地球人類全体のことを指しています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  

ペドゥリート : そしてシルクは、ぼくたち一人ひとりには、ぼくたちの種の進化のために割り当てられた責任があり、そのために、一人ひとりが自分の劣った部分を乗り越えることが、どうしても必要になってくると言っていた。それはあくまで個人的な仕事で、個人が内的成長をとげるために努力することによってのみ、人類全体が進化していけるのだということを、特に強調していた。

そして、できればその大きな災難は起こらないほうがいいし、そのためには意識に目覚めた人たちみんなが、自分自身で努力するのはもちろんだけれど、周囲の人たちにも光を広げるようにしなければならないとも言っていた。

それから彼は、ぼくたちに、自分が人類の進歩に奉仕していると信じこんでいる、少なからぬ人たちのように、‘黙示録の予言者’や‘死の使者’にならないようにと、特に注意強調していた。実際、彼らがやっていることは、不安や恐怖や絶望の種をまくことであり、人々の恐怖心を無意味にあおる‘メッセージ’を広めることであり、それは人類の頭脳の質をさらに低下させるだけのものだから、救世の望みは、ますます小さくなっていくことになる。

突然シルクが「もう時間がない」と言った。ぼくはとても怖くなった。そしてシルク自身、言っていることのつじつまが合っていないような気がした。だって、その言葉自体、彼が‘死の使者’であることを示しているように思われたからだ。

でも、シルクが言いたかったのは、ぼくたちにはもう‘ムダにしている時間はない’のであって、これまでは、内面的にも外面的にも事態を真剣に変える努力をしないまま、なんとかやってこられたけど、これから先は一人ひとりが‘愛の使者’へと変身するべきであり、それを自分の人生に反映していかなくてはならないということだった。

シルクの言葉は、ぼくを元気づけた。

シルク : 「きみたちは、現在のあやまちも過去のあやまちも、毎日少しずつ乗り越えていかなくてはならない。それは原点に立ち返ってはじめることによってのみ、できることなんだ。つまりきみたちの人生の一番大切な目的をはっきりとさせることであり、その目的とは、愛の成長に奉仕することにほかならない。

愛の成長に奉仕しているということは、いつも頭の中にはっきりとやきつけ、心の中に生き続ける感動として、決して忘れることがあってはならない。そうして、はじめてきみたち自身の内面から、そのあとできみたちの行いを適応させていき、やがてはきみたちが時間のすべてを使って、愛の成長に奉仕できるようになるまで…より良い人間に変わっていけるまで、きみたちはこの一番大切な目的にそって努力していかなければならない。

でも、繰り返すようだけれど、その仕事は少しずつ行われるべきものであって、まずは欠点のひとつからはじめて、だんだんと別の欠点へと移っていくようなやりかたをしなくてはならないんだ。」』

ペドゥリート : それからシルクは、人々が苦難することも、大量の死者を出すこともなく、ぼくたちの惑星が良い方向に変化していく可能性は残っていると言った。でも、これはいつもしっかりと自覚しておかなければいけないけれど、‘もう時間がない’。つまり、もうぼくたちは時間をムダにできないとうことだ。

それから、喜び、健康なユーモア、楽天主義、希望、責任、悪意のない魂、信念、許し、隣人へのたすけ、ほんものの愛などが、ますます必要不可欠なものとなっていき、それが人類にとって、そして一人ひとりにとって、高い水準の存在へ移るのに必要なエネルギーになると言った。

反対に、どんなものであれ、恐怖、絶望、堕落などの種をまくものからは、距離をおくことが必要だとつけ加えた。そして自分たちの性格上の劣った部分に対して、もう少し自分自身が厳格になるべきであり、友だちや指導者を選ぶときにも、もっときびしく判断すべきだということだ。

さいごにシルクは、次にあげる欠点は、どんな犠牲をはらってでも自分たちの中から追放するべきで、もしそれらの欠点が大きければ、新しい世界(アセンションした高次元の地球)の一員になることができないと言っていた。それは、羨望(ねたみ)、利己主義(エゴイズム)、暴力、物質主義、人の不幸を望むこと、(知的、感情的、物質的、性的な事に対する)無責任、恩知らず、不機嫌、それからぼくたちのすべての宗教が、そのおきての中で戒めていること。

ぼくはねたみと利己主義が最初にあげられていたことに、とても興味をひかれた。だってぼくたちにとって、それはとても日常茶飯なことだったからだ。

アミ(高次元の宇宙人) : 「新しい世界をかためるときには、いまシルクが言ったような悪い種をまくことは許されない。だって、そんなものは、人類家族の分裂を引き起こすばかりだからね。必要なのは、それと正反対のものなんだから」とアミが説明してくれた。

シルク : 「(前略)……でもきみたちは、宇宙親交に仲間入りする用意がほとんどできているんだよ」

ペドゥリート : 「ぼくたちが!?…」

シルク : 「その可能性は大いにあるってことだよ。いますぐ仲間入りをできないとしてもね。きみたちは、宇宙親交が絶対必要とする価値に、ちゃんと目を向けていないんだ。ただそれだけなんだよ。だってきみたちは、自分たちに不足しているものを素早く学び取って、それをすぐさま実践に移すことができるし、きみたちの種には、だれにとっても等しく豊かな世界に向けて、力を集結し実現できるだけの力もある。今は何もしていなくても、本当は善意をもった人たちが大勢いるし、名もない多くの善人が、利害を超えて他人にその手を差しのべている。そして手助けしたいと思いながら、どうしてよいのかわからないでいる人たちもたくさんいる。」

ペドゥリート : 「じゃ、いったい何がぼくたちには不足しているんですか?」

シルク : 「きみたちが、高い水準に移っていけない理由はただひとつ。さまざまな分野において、きみたちのものの見方がまだ変化できていないからだよ。きみたちの文明を導いている物質主義的な観点や外面重視の視点から、もっと人間の内面を完成するというテーマに向けてピントを合わせていく必要があるんだ。」

あのシルクの言葉を聞いたとき、ぼくは心から納得できた。

ペドゥリート : 「その通りです、シルクさん……でもどうして、まだその変化が起こらないのですか?」

シルク : 「それは、考えるのは自分たちのことばかりで、みんなの豊かさについてはまるで省みようとはしないわずかな人たちが、世界を動かす舵(かじ)をにぎっているからなんだよ。それに、その人たちが握っている権力はとても大きいから、自分たちにとって都合がいいと、‘考えている’状況に向けて、勝手な思惑だけで人類全体を引きずりまわしているせいなんだよ。」

ビンカ(地球外の3次元の惑星の女の子) : 「そのうちブーメラン(カルマ)にやられるわ」
とビンカはとても怒って言った。

アミ : 「でも、惑星(ほし)自身の必要性と、人々の意識の高まりによって、すぐに今の状況は変わりはじめるよ。そのときこそ、きみたちの協力がなくてはならないものになるんだ。ひとつの状況から別の状況へと移り変わっていくときには、変化をはばもうとする力がはたらいて、大きな災いが引き起こされたりする。そうした災いとは無縁に、できるかぎりスムーズに前進を果たすのが望ましいけれど、それができるのは、全体の意識の高まりだけなんだ。そしてその意識の高まりを生んだものこそ、愛であり、愛に導かれた知性なんだよ。だからこそ、地球の愛の成長を助けることが、何をおいても大切なんだ」

上記の内容は「アミ3度目の約束」エンリケ・バリオス著 徳間書店 より一部改訂して転載しました。

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

一人ひとりが自分の劣った部分を乗り越えるために、個人的な仕事として、個人が内的成長をとげるために努力することは、個々の波動を高めるためにも、集合的な意識を高めるためにも、地球全体の波動を高めて、よりスムーズにアセンションするためにも、根本的なこととしてとても重要なものであります。

‘ムダな時間’はもう残されていません。個々が自分自身を大切にすることを基本としつつも、周囲の人たちにも光を広げるようにしていく必要もあります。かといって、急いで変えようとか、極度に無理な努力をしてまでも変えようとか、そんな級で大きな変化を求める必要はほとんどありません。無理なく、できる範囲内で、ポジティブな意識は持続させるようにして、ネガティブな意識に気づいたらポジティブな意識に変えるように努め、ポジティブな意識を行動を変えて習慣にすることを、自分なりにバランスを保ちながら努めるべきであるということです。

‘変化’することは、宇宙の中における普遍的なことの中の1つです。宇宙のすべては常に変化し続けています。その変化は、急激に変化するよりも、徐々に変化する方がスムーズでありポジティブなものが多いのです。もちろん、必要に応じて急激に変化することがもっともポジティブである場合もありますが、多くは無理なく流れに乗って徐々に変化することが最良である場合が多いのです。

シルクの言葉に「もう少し自分自身が厳格になるべきであり、友だちや指導者を選ぶときにも、もっときびしく判断すべきだということだ」とありますが、例えば、今の日本の義務教育のシステムだけをとってみても、義務教育を受ける子どもたちが、一日の多くの時間を過ごす学校内においては、このことを実践することが難しい状況が多々あります。公立の小中学校では指導者を選ぶことはできず、決められた枠組み(学級)の中で決められた教師を割り当てられてられるので、子どもの自由意思により指導者を選ぶことも、学ぶ内容を選ぶこともできないのです。

この義務教育に関しては、ネガティブであり改善すべき表面的な状況を詳しく書き表すと、膨大な文章量になります。そして、教育以外で身近な事であり実生活に大きくかかわってくる、政治・経済・医療などの分野の根本的な改善すべきネガティブな表面的状況を挙げますと、きりがない…と嘆きたくなるほど、たくさん挙げることができるでしょう。

しかし、これは表面的な事実を書き表そうとした場合に起きることでして、愛や自由や平等といった根本的な観点から捉えた改善点のみを挙げれば、‘子どもの自由意思を尊重して、指導者や枠組みや学びたい内容や時間などを個々の意思に基づいて選択できるようにする’など、いくつかの項目のみの、とてもシンプルな言葉でまとめて表現することができます。そして、そのシンプルな根本的観点で改善することができれば、すべてのネガティブな問題点は解決されて、宇宙における真理に基づく状況へと変革されるでしょう。

その根本的な改善点を解決する真理とは「すべてが愛に基づいていること」に変革することです。そして、愛のもと「自由と平和と統一と平等」に向けての変革を基本とすることです。そこには、シルクの言われるように、恐怖、絶望、堕落などの種をまくものからは、距離をおくことが必要であり、羨望(ねたみ)、利己主義(エゴイズム)、暴力、物質主義、人の不幸を望むこと、(知的、感情的、物質的、性的な事に対する)無責任、恩知らず、不機嫌、それから地球上のすべての宗教が、そのおきての中で戒めていることは必要ありません。

私のような3次元の世の地球において権力もなく財力もない単なる一小市民にとっては、今の時点で、政治・経済・教育・医療などといった分野に対しての変革を行うために、3次元的にわかるような表面的に変化させるほどの影響力を与えることは難しい場合が多いでしょう。そして、多くのみなさんが私のような立場であることでしょう。

そんな3次元の世における小市民的な立場の者ができる最大限のことは、より意識を高めて波動を高め、より多くの愛の光を放つように努めることです。そのためには、自らの修養に励む必要があります。平行して、できるだけ多くの魂や物事に対して光りを与える必要もあります。

そのためには、自らの現状や社会のネガティブな部分に焦点を当てて嘆くのではなくて、自分自身の領域内において、現状の中でできることを、よりポジティブに歩むことを自己責任のもとで選択し続けるように努める必要があります。

それには、例えばマスコミ等から与えられる情報は、直感的に識別して、必要な事はポジティブに活用し、必要のないものは削除し、ネガティブに感じたことはポジティブに変換して受容するように心がけるようにする必要もあるのです。できるだけ怒りや不安といったネガティブな感情を持続しないように心がけ、そのようなネガティブな意識に気付いた時には許しや安心などのポジティブな感情に変えるように努め、よりおおらかな意識の中で、流れに乗じて自分らしくポジティブに歩むよう努める必要があるのです。

たとえ自らの実生活にネガティブに感じるような影響が及んできたと感じても、目の前のことひとつひとつをできる限りポジティブに変換および解決するように努め、足元はしっかりと捉えつつ、夢や希望やポジティブな願望を抱き続け、理想に向けて意識や行動を選択し続ける必要もあるのです。

そして、一人ひとりの意識が高まり、波動が高まり、愛の光がより多く放つことができるようになれば、それが集合的な愛のエネルギーとなって、地球全体がより多くの愛の光に満ち満ちて、宇宙全体に広がっていくのです。そして、その愛のめぐりによって、地球全体も我々地球人類個々も、よりスムーズにアセンションすることができるのです。

また、その経過の中で、人々の意識の高まりに乗じて、個々の魂が地球上に転生してきた本来の目的を思い出だすにつれて、その魂の役割を個々が果たすようになっていくのです。そして、それぞれの魂が自己責任をより強く持ちながら本来のお役目を果たすことにより、地球全体の調和がよりポジティブに成されていくにつれて、世の中のあらゆるシステムが宇宙の真理に基づいた状態へと変革していき、自由と平和と統一と平等に向けて、愛に満ちた世となっていくのです。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」










バックナンバー改訂版

信頼度と愛の大きさの比例関係

2012年11月16日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

地球人類すべてが、
物質的には個々に分離していて

個性があり自由意思を持って
実生活を送っているために、

3次元的な思考や固定観念の中では、
自分と他人とはまったく別々であると
思いこんでいる人が多いのです。

しかし、実際には深い領域において
宇宙のすべてが1つにつながっていますから、

人同士もあらゆるものも、
お互いにほどよく依存し合って調和され、
宇宙のすべても調和されて成り立っているのです。

そして、愛が大きくなり魂が高い位置に近づくにつれて、
自分も他も本来は1つにつながっていること、

つまり、宇宙のすべてが1つにつながっていることを
顕在意識の中で思い出すにつれて
より強く意識するようになっていくのです。


他への信頼が強く、
自分への信頼も深いものは、
実際には愛も大きくめぐらせています。

愛をより多くめぐらせているうちに、
自分への信頼度も他への信頼度も、

よりバランスよく
より強く高く深くなっていくものであり、
信頼関係は愛によって成り立つものなのです。

より自己愛が大きくなれば
自分自身への信頼度は増し、

より他への愛を大きくめぐらせれば
他への信頼度は増すのです。

そして、自分への信頼度と
他への信頼度がバランスよく増し続け、

自己愛と他への愛とが
よりバランスのとれた状態で、
より大きく広がり続けるほどに、

その愛は宇宙をめぐり、
あらゆる宇宙の存在からもより愛されて、
より強く深く信頼されていくものなのです。


たとえば自分自身の中で
ポジティブであると識別した情報を、
どれだけ信頼できるのかというその信頼度は、

識別した自分を
どれだけ信頼できるかどうかに関わってきます。

そして同時に、情報を提供してくれた
他への信頼度にも関わってきます。

そこには自己愛や他への愛、
そして必然の学びの場を与えてくれている、
宇宙に対する愛・信頼も関わってくるのです。


3次元世界で生きている私たちは、
神(宇宙の根源神・大霊)の一部ではありますけれど、
神そのものではありません。

神からは一時的に分離するような状況を選択し、
神よりもはるかに波動を下げて、

個性を持った人間として
「今」こうして3次元世界を生きている限り、

神の一部であり、
神の一部であるすべての魂とはつながっていて、
お互いがほどよく依存し合って生きつつ、

あらゆるものとの調和を保つよう努めて、
個々が自己責任を重んじ
自由意思であらゆることを選択し、
ほどよく依存し合って助け合い分かち合いながら

完全である神に近づくために、
不完全である自らの魂を高めることに努め続け、
「今」こうして3次元世界に私たちは在るのです。

ほどよく愛のバランスが保たれている中で、
より愛が大きくめぐるほど

真実の感謝や信頼や調和の度合いは、
比例するようにして増していくものなのです。

そこに物質的なことがどこまでからむのかは、
やはりその人自身の個性や在り方や
波動のレベルなどによって違うわけですが、

自分の所有する金品などの物質の有無や、
地位や名誉や職業や学歴などといった
3次元的で表面的な物事の状況によって、

差別したりレッテルを貼ったり
波動が大きく左右しすぎたりするような人は、

せっかく3次元世界で修養するために転生してきたのに、
3次元世界である物質世界の領域に埋もれてしまっていて、

神の波動領域から離れることを
いつのまにか選択してしまっている場合が多いのです。

でも、3次元世界は物質世界であるわけですから、
他次元的な意識と3次元の現実世界とを
よりバランスよく調和を保ちながら
よりポジティブに生きるように努めることや、

自分の言動により大きく責任を持ちつつ
宇宙の真理をより強く重んじながら、

周囲とのバランスや調和を
よりポジティブに保つように努めることは
とても大切なことなのです。

常に人は一人で生きているのではなくて、
お互いがほどよく依存し合いサポートし合いながら、
今の世を生きぬいているのですから、

自分を護ってくれたり、
サポートしてくれたりしている

神をはじめとする高次の皆さんや
地球人類などのすべての存在に対して、

深い領域においては
すべてが1つにつながっていることを意識し、

常に感謝や敬意や慈しみなどの愛の気持ちを
より大きくめぐらせてより強く信頼し合えることは、
とてもポジティブであり大切なことなのです。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」










バックナンバー改訂版

愛のバランス

2012年11月16日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

愛には‘自己に向ける愛’と
‘他に向ける愛’とがあって

その2つの愛のバランスが
よりポジティブに保たれているほど
人はより大きな愛のめぐりの中に在ることを感じ

さらによりたくさんの愛を
自分へも他にもめぐらせることができ
より大きな幸福感がもたらされるのです。

自己に向ける愛が強すぎると、
自己中心的になったり傲慢になったり
自分に合わないものを排そうとしたりするなど、

ネガティブな波動を発しやすくなりますし、
謙虚さに欠けてしまいがちになりますので、
自分では気づかぬうちに不調和を生じることも多くあり、

不調和の要因を他者のせいにしたり
他を攻撃したり排そうとしたりするなどして、
さらなる不調和をめぐらせることも増えてしまうでしょう。

また、実際には自己愛が強すぎていて
自分に愛を大きく向けていることに気づかず
他に愛を強く向けていると自身は思いこんでいるのに

本当は自分を好きで自分に愛を強く向けていて、
自分の欠点に焦点を合わせるたびに
自己愛が弱く自分を嫌いだと思い込んでいる。

そのような思い違いのようなケースは
それほどめずらしいことではなく

自分自身をおごり高ぶって捉えていたり
魂が高い位置にあるとは思い込んだりせず

逆に自分を低く見すぎていたり
実際に放っている波動よりも低く見過ぎたりしていると

こんな感じの思い違いをすることはよくあることで
自分ではなかなか気づくことができないことでもあります。

このように実際には自己への愛が強すぎていて
他に向ける愛が弱い中でバランスを保とうとすると

知らず知らずにネガティブな波動が生じてしまい
他者からの愛を自分により強く向けさせようとしたり
嫉妬心や羨望やエゴが強くなったりしがちなのです。

でも、自己愛を強く持てる人は
その時点では自己への愛が強すぎても
実際には愛全体の光は強い人でもあるので

その愛の向け方の偏っている状況に気づき
自己愛と他への愛のバランスを
より良く保つように努めるだけで

より高い波動を発するようになって
より調和のとれた大きな愛のめぐりが生じ
よりポジティブな状況に至ることができるのです。


これまで述べてきた状況とは逆に
自己への愛が弱く
他への愛が強すぎていて

自分を犠牲にしすぎたり
余計なおせっかいをやくなどの過干渉をしすぎたり、
難題や苦労などを自分で抱え込みすぎたりするなど、

やはり上記に述べたことと同様に
愛のバランスはネガティブになって低い波動を発しやすくなり
知らず知らずのうちにネガティブな状況に陥りやすいのです。

でも、他に愛を強く向けられる人は
愛を大きく持っている人であるわけですから
そのアンバランスさに気づいた時点から

自己への愛と他への愛とのバランスを
より良く保つように努めるだけで
高い波動に変換することができるのです。

愛のバランスを呼吸に例えますと

自己への愛が強すぎれば、
自分内の狭い範囲で愛がめぐるために息苦しくなりますし
他への愛が強すぎると酸欠状態になりますので

ほどよく愛の光をとりこみ
ほどよく愛の息吹を他に向けてめぐらせたほうが
スムーズに呼吸する(愛をめぐらせる)ことができるのです。

結果的に自己中心的になってしまっていたり
逆に自己を犠牲にしてまでも他者を助けたりするよりは

自己も他も大切にして
よりポジティブなバランスを保った中で
愛をめぐらせることが大切なのです。

そうするためには…

まずは自分自身の愛のバランスが、
どのような状況になりがちなのかを知ること。

その中で、もし、
ネガティブに感じられることがあった場合には、
反省し改善するように努めること。

そして、よりネガティブな状況にならないように努め
よりポジティブにバランスを保った状態を
より長く続けるように努めること。

さらにそれが習慣になるまで、
こつこつと積み重ね続けること。

より謙虚に 

より楽天的に

よりナチュラルに

よりシンプルに

より直感的に

より調和に基づいて

より自己責任を強く持った中での自由意思に基づいて

自分自身の愛のめぐらせ方の状況を認識し
バランスをよりポジティブに保つよう努めるだけで

よりポジティブに
より大きく愛をめぐらせることができて
自分内も周囲とも調和がより保てるようになり

より大きな幸福感を
より強く味わうことができるでしょう。

とにかく、この愛のバランスを意識すること。
そして、よりポジティブに保とうと
意識的に努めるだけでも、

自分自身の在り方が、
より一層ポジティブになっていくでしょう。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」










バックナンバー改訂版

アセンションに向けて‘今’の在り方 その3

2012年11月16日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

一昨日に当ブログで掲載した
《アセンションに向けて‘今’の在り方その2》において
次のように述べた一節があります。
(翌朝に一部文章を修正・追加しました)

「人の意識がポジティブであるのか、
それともネガティブであるのかといったことを
それなりに識別するための基準となる主なものは
‘愛の大きさ’であります。

自己への愛、他者への愛、周囲への愛、
あらゆる生物への愛、環境への愛、地球への愛
守護の存在への愛、神への愛、宇宙への愛など

あらゆるものに対するより大きくより純粋な愛が
意識の中にはどれだけあるのかどうかで
ポジティブであるのかネガティブであるのか、

もしくはポジティブな要素が多いのか少ないのか
といった識別ができるのです。

また、喜びや前向きさや
根本的・総合的に物事を捉えることは
ポジティブなことでありますし、

悲しみや痛みや苦しみといったような感情や
部分的なことにこだわりすぎてしまい
全体が見えなくなり不調和を起こするようなことは
ネガティブなことであるといえますが、

このようなことは上記のような
愛の大きさから識別することが難しいような場合は

波動が高まるのか低くなるのかといったように
波動的にどのような状態なのかと捉えると
それなりに識別できると思います。

(*ちなみに愛の大きなことからは高い波動が発されますので、実際には‘波動の高低で識別できる’と言い切れるかもしれませんが、波動も愛も3次元的に見たり立証したりして、はっきりと認識することが難しいものなので、ここではあえて2つに分けて述べました。)

今回は上記の内容の中の‘愛の大きさによる識別’に関しまして
注釈や補足となることを少し述べさせていただきます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

愛は光であり神そのものでもあります。
愛はポジティブな要素のみであり
愛自体にはネガティブな要素は含まれていません。

ただし、愛から始まった意識が、
めぐりめぐる中でいつのまにか
愛とは反対のネガティブな意識になり

ネガティブな行動や言葉や感情などになることは
3次元世界ではよくあることなのです。

たとえば、もともとは自己への愛が強く
純粋に自分自身のわくわくする道を歩んでいたのに
徐々に欲望や競争心が強くなり

やがてそれが利己主義(エゴ)となり
傲慢さや怒りや他者を排するなどの
様々なネガティブなことが生じてしまったとか…

たとえばもともとは他者に対する愛が強く
人を愛し信頼して深い絆で結ばれたのに、
徐々に独占欲や嫉妬心が芽生えてしまい

やがてそれが強い嫉妬心となって
束縛したりいやがらせや暴力をふるったりして
様々な不調和や不道理なことが生じてしまうなど、

もともとは愛であっても
意識がめぐる中で徐々に愛が少なくなり

愛とは反対のエゴや暴力へと変化し
ネガティブな波動を強く発してしまうことは
今の3次元世界の中ではよくあることなのです。

ですから、今その時点での意識や行動が、
実際にはポジティブなのかネガティブなのか
どちらであるのかと識別する際には

もともとの意識や動機などを捉えるのではなくて、
‘今’その時点での意識や動機や行動などを捉えると
とてもシンプルで識別しやすいでしょう。

つまり、今のその時点では、暴力をふるうことも、
エゴを強く出すことも愛の少ないこと
つまりネガティブなことなのです。

たとえ直前に不調和を引き起こしたとしても
‘今’その時点で相手を許し慈しみの心を向けることができれば
それは‘今’その時点では愛の大きいこと
つまりポジティブなことなのです。

自分自身の直感的わくわく感に従うことや
理想を抱くことや前向きさを持つことなどは
自己愛からくるものであり
ハイヤーセルフや魂や宇宙への信頼からくるものでもありますから
やはりポジティブなことなのです。

信頼度の大きさは愛の大きさと比例関係にあるのです。


ちなみにここまでは、
極論的にネガティブなのかポジティブなのかと、
白か黒かと両極端のいずれかの識別をしていましたが、

実際には「ポジティブな要素が強い」とか
「ネガティブな要素も少し含まれる」とかといったような、

白と黒の要素を持ち合わせている
‘灰色’であると識別できることも多くあるでしょう。

ですから、ものごとすべてを
白黒のどちらかではっきりとさせる必要はありませんが、

宇宙における識別するための基準である‘愛’に基づいて
ネガティブかポジティブかの識別がより確かにできることは
よりポジティブな生き方をするためには大切なことなのです。


ここまで述べましたように、
愛から始まった意識が変化してしまい
結果的にネガティブな要素が強くなることもありますが

愛が持続してめぐりめぐる中で
愛がより大きく広く深くなるケースも多々あります。

そのためには‘愛と信頼度の関係’や‘愛のバランス’なども
それなりに意識する必要があるでしょう。
(この2つの内容に関しましては、後ほど掲載します)

そして、結果的にはポジティブである
もしくはポジティブな要素が多分にあると識別したことを
より多く習慣にするよう努めていけば

波動は高まり魂は向上して
愛そのものである宇宙の神に
一歩ずつ近づくことも

地球とともにアセンションして
ネガティブなカルマすべてが清算されて
4次元世界の密度に完全に同化した
意識や肉体に変革することもできるのです。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」

✿atumi:「あつみのブログ」










スピリチュアル

アセンションについて

2012年11月15日
すでに11月も中旬になり、地球上がアセンションすると予測されている冬至の頃まで、あと1ヶ月ちょっとまで迫ってきました。毎日、毎時、毎瞬…といった小さな単位でも、これまで以上にさまざまな変化を感じられることでしょう。

そして、さらに加速していく時間に追いつくのはどんどん難しいこととなりそうですが、「今」をしっかりと見つめて「今」をよりポジティブな選択をし続けて「今」やるべきと感じたことをやりつつ「今」をよりわくわく生きるよに努めていけば、きっと成るようになり、結果的にはアセンションに向けて、よりポジティブな道を歩むことができるでしょう。

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

5年近く前の情報になりますけれど、アセンションに関しましての基本的な内容が、2008年1月9日付のフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で「アセンション」のページを開いた際に掲載されていましたので、以下に抜粋して転載しました。

この内容に関しましては、賛否両論があったり疑問に感じられたりする方もいらっしゃることでしょうけれども、あくまでもウィキペディアに掲載されていた資料として参考程度にお読みいただき、ポジティブに受け止められる内容のみを受容していただければ幸いです。また、すでにご存じの内容も多くあるかもしれませんが、予測されている内容をご自身内で整理するため等にご活用頂ければと思います。

ちなみに本日2012年11月14日現在の同じページには、アセンションに関してのスピリチュアルな観点での説明は、ほんのわずかな記事のみとなっていますが、参考までに、この記事も抜粋して紹介いたします。

★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。

☆以下の内容は2012年11月14日付フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用しました。

・アセンション(ascension)は上昇、即位、昇天を意味する英単語。
・惑星地球の次元上昇 - ニューエイジ用語
・アセンション島 - セントヘレナ諸島に属する島
・アケイディアナ - アメリカ合衆国ルイジアナ州南部にある郡
・「昇天」(The Ascension) - バリー・クーパーが作曲したオラトリオ
・アセンション (アルバム) - ジョン・コルトレーンのアルバム
・MISIAのアルバム『ASCENSION』

(以下略)

★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。

☆以下の内容は2008年1月9日付フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より内容を抜粋して転載しました。


アセンションとは、2012年の冬至(12月21日~12月23日)に地球が三次元世界から四次元世界へ上昇するピークを迎えるという説。

〔概要〕

・アセンションはすでに1987年から次第に始まっており、2012年の冬至にピークを迎え、2020年頃までに終息をすると言われている。

・そのピークに向けて、本物の霊能者や超能力者が指導的役割を果たすために活躍し始めているらしい。

・2000年~2005年までの5年間は"混乱の時"であり、2006年~2010年までが"浄化の時"であるとされる。(2006年まで、ライブドアの社会問題や誤発注による証券市場の混乱 ・ イラク戦争 ・ 狂牛病問題 ・ 記録的大積雪など、確かにそれらしい社会現象が重なって起っている)

・次元上昇する位相が、四次元世界である説と五次元世界であるという2つの説がある。

・古代マヤ文明のマヤ暦の日付が2012年12月22日でストップしているという事実も、偶然の一致ではないと思われる。

・地球という惑星自身の集合意識はすでにアセンションをすることを決定しているらしいが、それが成功するかどうかは人間の集合意識(人間ひとりひとりの意識や観念があつまったもの)のレベルが高い波動を持っているかどうかによって左右されるらしい。

・地球はすでに1987年から地球自身の波動を上昇させ、現在ではすでにかなり高いレベルまで達しているらしいのだが、人類だけが低いレベルを保ちつづけており、それが地球のアセンションの足を引っ張っているのだという。

・波動のレベルが高くなっていくにつれ、イモムシがさなぎになりやがて蝶になっていくのと同じように、休眠遺伝子のDNAを活性化し5次元の世界でも生存していけるよう少しずつ体が変化していくのだという。

・今までに地球はアトランティス文明やレムリア文明の時に何度かアセンションを試みたが、いずれの場合もそれら文明の人類が、現代の社会のように「他者と自分は別々である(ひとつではない)」「自分さえ良ければいい」という意識を捨て切れなかったため、アセンションに失敗したらしい。アセンションに失敗してしまったため、それらの文明は自分達の文明の発達によって自ら自滅するに至ったと言われている。

・太陽系の他の惑星は、すでにアセンションに成功しており、今回地球がアセンションすることで太陽系のアセンションが完成すると言われている。五次元世界の火星や金星には生命体が存在しているらしいのだが、私達は三次元の世界にいるために宇宙人を見ることは出来ないだけのようだ。

・今回のアセンションでは、日本がその中心と定められているらしい。人種差別がなく、異なった宗教が争うことなく共栄しており、争いを好まず和を重んじる日本人の精神性が成功につながりやすいからだそうです。日本人は来るべき大変化においてきわめて重要な役割を担っており、日本人はそれに目覚めさせられるのを待っている状態にあるようです。

〔アセンションが起きるとどうなるか〕

・人間は、地球と一緒に次元上昇することに成功した人間と出来なかった人間とに分かれ、次元上昇できた人間は地球とともに上昇した次元の世界で暮らすことが出来るが、それにともなう変化を受け入れられなかった人間はもう地球上に住むことが出来なくなり、以前と変わらぬ三次元の身体を持ったままほかの惑星に住むようになると言われている。

・この宇宙はパラレルワールド(未来は複数あって探偵ゲームのようにプレイヤーが自由に選択肢を選ぶことができ、何を選んでいくかによってそのプレイヤーのエンディングが違ってくる世界)になっているため、それぞれの人間ごとに神が決めた絶対的な運命というのは存在せず、従って地球のアセンションが成功するかどうかも神が決めた絶対的な運命は存在しない。むしろ神への隷属ではない個々人の自由意志を尊重するのが神本来の役割であるので、ひとりひとりが次元上昇できるかどうか、ストレスをなくしていくかどうかはその人自身が選択して行動しなくてはならない。そしてアセンションの変化にも耐えられるレベルの高い意識を持った人間の数が、人類のなかでどれくらいの高い比率になっているかが、地球のアセンションが成功するかどうかのキーポイントになっているようだ。

・この「神は個々人の自由意志を尊重する」という絶対的なルールによって、「アセンションが必ず起こる」ことが100%確証出来てしまう出来事が人類全員の目の前に現れてくる事はまずありえない。なぜなら100%確証できる出来事が起こってしてしまうと、「自由な意思・選択」は損なわれ、「強制」になってしまうからである。神が自分自身のルールを破ることはない。したがって絶対に起こると確認出来ないからといって「何もしない」という選択をしてしまうと、本当にアセンションが起こり始めた時にはすでに手遅れという状況になってしまっていることが予想される。

・地球のアセンションが失敗した場合には、現在のように人類全体を誰もコントロール出来ない文明社会が続き、やがては自滅の道へ進んでいくシナリオがほぼ決まっていて、あと一歩進んでしまうとそれを避けられない段階にまで既に人類は来てしまっているらしい。

・地球がアセンションをストップした(失敗した)場合には、1999年にノストラダムスの予言がはずれた時と同じく「何事もなかったかのように」そのまま時間が過ぎていくと考えられる。

・アセンションを成功した人間は、意識的には「私は神と伴にある」ということを確信して、行動できるようになる。想念の妨害やイデオロギーの束縛から解き放たれ、人間同士の摩擦がなくなる社会に住めるらしい。

五次元上昇説では、以下のようになるとも言われている。

・離れた場所に行くときには、目を閉じて生きたいと思う場所のことを考えるだけでその場所に行ける。

・何かを思考すると、一瞬でそのことが現実となる。

・食欲は消えうせ、肉体的な疲れを感じることもない。

・テレパシーで、自分の考えを送ったり、相手の考えを受け取ったりすることが出来る。

[ストレスを浄化して意識を高めるには〕

アセンションを迎えるにあたっての個々人として出来る準備は、おおよそ以下のようになるらしい。 

・ストレスや溜まった感情を浄化し、再度ストレスを感じないために今までの想念を解放していく 

・「人類はひとつである」ということを理解し、結果ではなく原因として人生を生きる 

・自分の生命エネルギー(チャクラ)を高め、高いレベルを保ったまま毎日を過ごす 

・瞑想をして、自分自身と神とのつながりを強化しておく 

・天に徳を積み、日々を感謝して生きる

・まず手放さなくてはいけないのは、"アセンションに失敗したらどうしようという不安"、"とにかく助かりたい"という感情である。不安や恐れは恐れている対象を引き寄せる結果になり、「助かりたい」というエネルギーを出していると「助かりたい」という経験をすることになる。例えば、ノアの方舟があり乗った側と乗れなかった側があるとして、どちらが「あー、助かった。」と体験し、どちらが「ちょっと待って。助かりたい」と体験するか?思いや感情は、願った言葉通りに実現し体験することになるようです。

・一説によると人間の身体はもともと永遠に生きることができるように設計されているのだが、この地球では生きていくうちに余分な想念をどんどん取り込んでいき、無意識にその想念にエネルギーを使ってしまうために肉体は衰え100年ぐらいで死んでしまうのだと言う。

・想念をどんどん解放していくと、どんな物事が起こってもその物事からプラスの感情に振れることもマイナスの感情に振れることもなくなってくる。結果として必然的に、釈迦の説いた「煩悩を無くし中道を行く」という道に通じていくことになる。

[生命エネルギー(チャクラ)を高める〕

・一番簡単なチャクラを高めるための方法は、"長く深く呼吸すること"であるようだ。

・長く、深く、静かに、ゆっくりと、おだやかに呼吸を繰り返すことによってチャクラが少しずつ上がっていき、最高のレベルでは眉間にある「第三の目」まで達する。

・チャクラが上がっていくと身体の感覚が敏感になり、散歩をすると今まで感じなかった風の心地よさを感じ、歩く土の感触の柔らかさを感じ、皿を洗えば今まで気づかなかったお湯の暖かさなどを感じるようになる。

・最高のレベルまで達すると、嬉しくて泣きたくなるぐらいの最高で素晴らしい内面の体験が出来るらしい。

・想念を解放してチャクラを上昇させることに成功すると、それまで生きてきて「モノを獲得すること」や「何かを達成すること」で得てきた喜びなどとは比較出来ないくらいの「本当にただ存在しているだけで幸せ」という至福の体験が出来る。これにはお金やモノなどの外的な要素は一切必要なく、そういう意味では幸せになるために人間は本当に平等である。ただしこれはあくまでその人の内面での体験であるので、いくら他人に外から説明したところで理解されることはまずない。

[瞑想をする〕

・瞑想は必ずしも足を組んで座って行う必要はなく、それぞれの人が一番リラックス出来てやりやすい姿勢で行えば良い。

・瞑想を行うことによって、あらゆるものに内在している「すべて」である知性(宇宙的な魂)と連絡をとることが出来る。それには雑念という霧の向こうに、普段は見えない道を見つけ出さなければならない。その深い霧はじっとじっと待っていることによって、霧が薄くなり、やがて晴れ間が覗き、前方にあるものがちらりと見えてくる。

・具体的には、浮かんでくる思考はすべてやり過ごし、意識を「自分の身体や思考すべてを何もかも自然にゆだねる」ということだけに集中させる。この"自分のすべてをゆだねる"ことが成功すると、比較的簡単に瞑想状態に入ることが出来る。 そして人工的な音(車の音・電車の音・人間の歩く音など)は無視し、自然の音(風の音・雨の音・虫の鳴く音・鳥の鳴き声など)にただ単に耳を傾けていると、自然(地球)の意識と自分の意識がつながってくる。

・地球はすでに人間よりはるかに高い波動のレベルに達していて、この地球の意識とのシンクロを重ねていくことによって、私たちの波動のレベルを地球の意識が勝手に少しずつ引き上げてくれる。

[天に徳を積み、日々を感謝して生きる〕

・単純に「下心なく分かち合う」という意味。

・お金がある人は寄付をする、お金がなくとも物がある人は物を渡す、物がない人は知識を渡す、知識がない人は労力で渡す。ということのようです。

・どうしても下心が発生してしまう人は、下心自体の感情や想念を完全に解放すれば良い。

・「いただきます」「ごちそうさま」の本来の意味を理解し、感謝の心を持って食事をする。

・心がなければ、言ったところで全く意味はなく、また行動が伴わなければそれもまた同じである。

・新たなカルマを作らないために肉を控え、戦前の日本の食生活のような野菜中心の食生活にする。

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

アセンションに向けて‘今’の在り方 その2

2012年11月14日
DSC02497+(3)_convert_20121114095552.jpg
千葉県に住んでいた時から共に過ごしている、我が家のアイドル白ウサギのイヨです♪ライオンラビット系の雑種で、現在約6歳半になりますが、人間の年齢に換算すると約55歳の女性です。グミ(長女仮名高1)が小4の時の誕生日のプレゼントとして我が家に来て以来、ずっとグミが主に育てています。

我が家では、他にも小6の次女が主に育てている1歳のひふみ(桜文鳥)と8歳半のぴよちゃん(インコ)、小3の3女の育てているハム(ハムスター)、タエヌが主に育てている熱帯魚、あとはクワガタ・カブトムシも共に暮らしています。

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

‘継続は力なり’という言葉の意味の通り
ポジティブなことを習慣にして
その経験を積み重ねていけば

波動は高まり続けて
魂は向上していきます。

‘心が変われば行動が変わる’
‘行動が変われば習慣が変わる’
‘習慣が変われば人格が変わる’
‘人格が変われば運命が変わる’

このような言葉もありますが、
この言葉も同じような意味を表わしていて

顕在意識が変わることで
行動の選択も変わっていき

習慣になるまで続けていれば
必然的に波動・エネルギーが変わり続けて
その人自身の在り方も変わっていくために

結果的には運命も変わっていきます。

この意識の変化がポジティブなものであれば
それを積み重ねることによって
その人自身の波動は高まり続けて

ポジティブな物事を引き寄せ
愛が大きくめぐるにつれて
人のご縁もよりポジティブになり

気がつくと自分自身の幸福感は増し続け
それ以前よりもポジティブな人生を送っていることに
気づき実感することができるでしょう。

そしてさらに高い意識を持ち続けることを目指して
その意識の在り方を習慣にするまでに至れば

自由意思による様々な選択も
あらゆるめぐりもよりポジティブになっていき
魂は向上し続けるのです。

逆にネガティブな意識を容認し
持続すればするほど波動は低くなっていき
あらゆるネガティブな状況が生じてしまい

結果的には3次元以下の世界での
ネガティブなカルマから抜け出すことは難しくなり
下層世界での輪廻転生を繰り返すことになるでしょう。


人がポジティブな事を習慣にするには
まずはそのような意識になることから始まり
そのような意識を持続するように努めることが大切です。

そうすれば行動の選択も波動も
必然的にポジティブなものになるのです。

また、そこには何がポジティブな意識であり
何がネガティブな意識であるのかということの
識別力も必要になります。

その人自身はポジティブなことと思っていても
実際にはネガティブな意識であるということもあり

本人はポジティブな選択をしているつもりでいても
実際にはネガティブな選択をし続けているという場合もあるのです。


人の意識がポジティブであるのか、
それともネガティブであるのかといったことを
それなりに識別するための基準となる主なものは
‘愛の大きさ’であります。

自己への愛、他者への愛、周囲への愛、
あらゆる生物への愛、環境への愛、地球への愛
守護の存在への愛、神への愛、宇宙への愛など

あらゆるものに対するより大きくより純粋な愛が
意識の中にはどれだけあるのかどうかで
ポジティブであるのかネガティブであるのか、

もしくはポジティブな要素が多いのか少ないのか
といった識別ができるのです。

また、喜びや前向きさや
根本的・総合的に物事を捉えることは
ポジティブなことでありますし、

悲しみや痛みや苦しみといったような感情や
部分的なことにこだわりすぎてしまい
全体が見えなくなり不調和を起こするようなことは
ネガティブなことであるといえますが、

このようなことは上記のような
愛の大きさから識別することが難しいような場合は

波動が高まるのか低くなるのかといったように
波動的にどのような状態なのかと捉えると
それなりに識別できると思います。

(*ちなみに愛の大きなことからは高い波動が発されますので、実際には‘波動の高低で識別できる’と言い切れるかもしれませんが、波動も愛も3次元的に見たり立証したりして、はっきりと認識することが難しいものなので、ここではあえて2つに分けて述べました。)

もし、自分自身の意識の在り方の中に、
ネガティブなことのあることに気づいたら

できるだけ早い段階で気づいたことを
ポジティブに改善するように努めることが大切です。

すぐに改善することが難しくても
改善したいという気持ちがあるのならば
改善するために努めることが大切であり
そのような意識を持ち続ける事が大切なのです。

そうすれば、やがてそれが習慣になって
意識が少しずつ改善され変化し続けていき
やがてはポジティブな習慣となるのです。

そして、このような意識の在り方において
もっとも大切であることは、
‘今’できることからすぐに始めることです。

ポジティブである意識であると気づいた時点で
すぐにその意識の中から湧き上がることを選択し
それを習慣にしたり持続させたり
成し遂げたりすることが大切です。

また、ネガティブで改善すべき意識であると気づいた時点で
できるだけ即座に改善するように努めることも大切なのです。

先延ばしにしてしまったり
保留にしてしまったりするよりも
‘今’できることから始めることが大切であり

このはじめの一歩を踏み出すことで
そこからポジティブである経験を積み重ねることができ

結果的には波動を高め、運命を高め、
魂向上のための道を歩むことができるのです。


この先、地球とともにアセンションできたとしても
突然、ネガティブな人がポジティブに変わるわけではありません。

怠け癖がある人が突然勤勉になるわけでもありません。

いい加減な事をしていた人が、
突然完璧に物事をこなすようになるわけでもありません。

自己中心的でネガティブな感情をあらわにして
周囲の人とのトラブルをよく起こすような人が
突然ポジティブな感情ばかりになり
温和で優しい人に変わるわけではないのです。

ポジティブな習慣は修養を積み重ねて
自分自身が作り上げていくものであって

たとえそのきっかけが他から与えられたり
波動・エネルギーの高まに乗じた
その時点で湧き上がった意識からきたものであったりしても

その意識を継続して持ち続けて
それを習慣にするまでに至ることができるか否かは
すべてが各個人の自由意思に任されているのです。

ですから、アセンションして
地球上の波動域が4次元世界になって
そこに肉体を持って存在することができたとしても

魂向上の道は自分自身が切り開くものであり
自分自身の自由意思による選択に任せられているのです。

他から高い波動のエネルギーを与えられたり
ポジティブな気づきや教えを授かったり、
ポジティブに改善するきっかけが与えられたりしても、

すべては‘今’そしてその先に
自分自身が努力し続けて成し得るものなのです。

‘ローマは一日にしてならず’
という言葉もあるように

自分自身の今の在り方をより高め
魂をより向上させていくためには

‘今’この瞬間をよりポジティブに生きるように努め
コツコツとその経験を積み重ねる必要があるのです。

そして、この先に地球とともにアセンションすることができて
地球上の4次元の密度の領域に在りながら
継続して波動を高め続けて魂を向上させることができれば

結果として意識も行動も肉体もすべてが
4次元世界に完全に見合ったポジティブな状況へと
必然的に変革するに至るのです。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









スピリチュアル

アセンションに向けて‘今’の在り方 その1

2012年11月13日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

現在、地球表面で転生することを許されて
肉体を持って存在している私たち地球人類は、

地球のアセンションを経験したいと希望する
たくさんの魂の中から

宇宙の神によって選ばれた
数少ない栄誉ある魂なのです。

転生することを希望したのに、
転生できなかった魂もたくさんいるのです。

まもなくアセンションする地球は、
宇宙でもまれにみるスピードで波動が高まり続け、
波動の大変革を経てアセンションするのですが、

その波動の大変革期や
それに伴った3次元的な社会の変革や、
個々の意識の変革などを経験することで、

その中から得られる学びや気づきや、
よりポジティブに過ごすことによって
総合的な波動が高まることなど、

3次元世界でのネガティブなカルマを
より早く解消して昇華させるためにも、
魂をスピーディーに向上させるためにも、

絶好のチャンスとなるのです。

しかし、逆にネガティブな中に陥り、
ネガティブなカルマを多く作ったり残したり、
総合的な波動を下げたりしまった場合には、

肉体を持ったまま
地球とともにアセンションすることは難しくなり、

地球以外の3次元世界において転生する道を
この先も歩むことになるのです。

まもなくアセンションして訪れる
次の4次元の世では、

「今」のネガティブな側面の多い
政治や経済や教育などの
世の中の在り方は大きく変わり、

すべてが愛に基づいた
自由と平和と統一が成された世へと

宇宙の真理に基づいた世へと
結果的には変革することは
すでにわかっているのです。

でも、そのような結末がわかってはいても、
具体的に3次元世界が
どのように変革していくのかという過程も、

具体的にどのような世の中になるのかという詳細も、
自分自身がどのような経験をして何を学ぶのかなど

経過や具体的な結果の詳細が
今はまだはっきりとは
分からないことが多いですし、

私たちは‘今’もこの先も、何をすればよいのか、
‘今’やこの先に経験することを
どのように受け止めるのかといったような選択は、

個々の自由意思に任せられているわけです。

ですから、地球上がアセンションするという
結末に関してはある程度は分かっている中で、

‘今’そしてこの先に、私たちが何を経験するのか、
何を学ぶことができるのかが明確にわからないことが、

私たちが‘今’ここにこうして3次元の世の存在として
地球上に肉体を持った形で転生している
ポジティブな意味合いやおもしろさがあるのです。

もちろんこれは、
このような地球全体のレベルや
国や地域全体のレベルのこともありますが、

地球人類個々のレベルのことでも
この先もたくさん生じるのです。

この先のポジティブさとネガティブさの
2極化が激しくなるにつれて、

必要なことと必要でないことが
さらにはっきりと分かれていくために、

必要のないことは
消滅したり大きく変化したりして、

今のままあり続けることは
さらによりポジティブに少しずつ変化しながら
前へ前へと歩み続け、

変革するべきことは
どんどん大きく変わり続けていくのです。


先のことをむやみに予測する必要がなくても、
直感やインスピレーションとして
個々が高次元から与えられた予知的なことと
ある程度自分内で識別できるようなことは

そのまま受け止めるようにして、
与えられたからには必要に感じ、
与えられたことに感謝することが望ましくて、

それをどのように受容するのか、
どのように活用するのか、
何を選択するのかは

すべてが自由意思に任せられているのです。

直感もインスピレーションも、
そして他者からの話でもマスコミからでも、

入ってくる情報は
すべてが必要なものであるわけですが、

入ってくる情報に
焦点をどこまで合わせるのか、

しっかりと心で受け止めるのか
それとも削除するのかなどといったような、

‘それぞれの情報をどのように扱うのか’は、
個々の自由意思に任せられているのです。

ですから、情報を伝えてくれた人やマスコミなどに対して、
怒りや不満などのネガティブな意識をぶつけるようなことも
本来は必要ないのです。

そのようなネガティブな波動を発すること自体が、
今の世ではとてももったいないことでありますし、

すべてが自己の選択や
波動や受け止め方の問題なので、

情報に触れた自分自身の
意識の問題でどうにでもなるのです。

まずは、情報に触れた必然を
ポジティブに感じて受け止めること。

同時に、情報を与えてくれたことに感謝すること。

そして、受け止めて識別した際に
自分にとって今は特に興味関心もなく、
それほど必要ではない情報であると捉えた場合は、

焦点をできるだけ合わせないようにして、
心の中から削除すれば良いのです。

よくわからないのなら
深く考えずに保留にしておけばよいのです。

ポジティブに感じたら
焦点を合わせてしっかりと受け止めるようにして、
必要に応じて活用すればよいのです。


再三申し上げますように、
今の地球上のエネルギーは、
かつてないほどにとてつもなく高まっています。

そして、そのエネルギーが今の時点では、
地球表面上の3次元世界において
バランスを保つために、

ポジティブなエネルギーと
ネガティブなエネルギーとの
両極のエネルギーによって成されているのです。

だから、波動が高まっている人や出来事などには
宇宙の普遍な法則である波動の法則が働いて
さらにポジティブなエネルギーがたくさん与えられ、

逆に波動が下がると
ネガティブなエネルギーを引き寄せやすいのです。

ですから、今の世において、
そのような情報の受け止め方や活用のしかたにおいても

ネガティブな意識を抱くのは
とてももったいないことだと述べているのです。

自分自身が以前よりもエネルギーに対して、
より敏感になってきていると感じて認識している方や、

全体的にはそれなりに
波動は高まっているだろうと感じている方、

自分はライトワーカーとして
人のため世のためにアセンションに向けて
少しでも役立とうと思っている方は、

特にこまめにより繊細に、
自分自身の波動をチェックして、

少しでもネガティブに感じるようなことがあったら、
できるだけ早い段階でポジティブに変換するように、
意識的に努める必要があるのです。

そして、個々の波動がさらに高まり、
個々の波動の低い部分が
より低くならないように努め続けていれば、

次の世の黄金時代への移行期である今の世を、
よりスムーズに、より快適に、
よりポジティブな状況の中で過ごし、

4次元の世、そして5次元の世へと
アセンションしていくことができるのです。

個々の意識や集合意識から発される
波動・エネルギーは、
とても大きな影響力を持っているのです。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

過去世の記憶とカルマの法則

2012年11月12日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

「自分がなぜ存在し、なぜここにいて、どこへ行こうとしているのか、そして物質的世界を超えて存在する偉大な力とは何かと問いかけるようになり、それらの答えを熱心に探し求めるようになっている」と感じていたり、すでにその答えをそれなりに認識している方が、私のブログをお読みいただいている方の中には多いのだろうと感じています。

そのような方は、あなた自身がこの世界での転生サイクルが終わりかけている頃、つまりあなたの存在する必要性が、3次元の世から4次元の世へと移行する直前であることを示す、ひとつの特徴でもあります。

私が過去世を知ることが許された様々なみなさんの過去世を思い浮かべると、多くの方は貧しさと豊かさ、権力と非力、有名と無名、健康と不養生、転機と愚鈍などの双方を経験していることを実感しました。この双方の経験は、1度の人生の中で経験することもあれば、いくつかの輪廻転生の中で総合的に経験する場合もあります。

魂は自らが必要な体験をするために、転生する時代や地域や両親などを自らの意思によって選択し、自身自身のその転生における人としての性格を作り上げたり、肉体に代々伝えられている遺伝子の影響も用いたりして、カルマの清算や霊性向上のために、必要に応じて自分自身の3次元的状況を作り上げるのです。

そして、たくさんの3次元の世における輪廻転生の経験を経て、物質的世界である3次元の世における負のカルマが清算された時、次の世である4次元の世で存在することができるようになるわけです。地球表面上の物質的存在である我々も、アセンションする高次の地球自体と同じ密度になり、肉体を持ったまま3次元の世の経験を経て、4次元の世、そして5次元の世へとアセンションできるというたいへん貴重な体験ができる、そんなビッグチャンスが間近に迫っている「今」、こうして地球人類として存在しているわけですから、「今」私たち個々のできることをせいいっぱいポジティブに成すよう、より意識的に日々の修養に励むことが大切であります。

以下の内容は、「私はアセンションした惑星から来た」 オムネク・オネク著 徳間書店 より引用しました。著者のオムネクは、5次元世界である金星のアストラル界に存在していた時の記憶を残したまま、3次元世界の地球人類として実生活を送っています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

『過去世の記憶とカルマの法則』

自分たちの過去世の記憶が閉ざされているのは私たちには好都合なことなのです。もし人があまりにも多くの記憶の洪水に飲み込まれたら、最終的には隔離施設に送られてしまいかねません。これらの記憶は魂の知識の一部であり、私たちがそれを取り扱えるほどに成熟するまでは、あまり気づくことはないのです。

時空を超えた世界での経験を幸いにも覚えている人は誰でも、下層世界(三次元以下の世界)にはいろいろと不完全なところが多いことを知っています。それではなぜ私たちはこんなにも長いあいだ下層世界に縛られて留まっているのでしょう?

それは私たちを浄化して完成させるために作り出されたネガティブなパワーが、できるだけ長く私たちをここに押しとどめておこうとしているからです。その道具であるカルマの法則は、引力の法則と同じように、私たちがその存在にすら気づいていない遥か昔から私たちをここにとどまらせていたのです。カルマの法則が目に見えないものであることを疑う人はいませんが、それがどれだけ現実的なものかに気づかないでいる期間が長ければ長いほど、人は物理的な世界により長く縛られることになるのです。

キリストはカルマの法則について次のように言及しています。「あなたが蒔いたように、あなたは収穫するでしょう」。地球上のほとんどすべての宗教や精神的な道の指導者たちは、かつてこの普遍の法則を説きました。今日ですら地球の大部分の人たち、とくに東洋の人々は、カルマの法則を知っています。しばしば言われてきたことですが、心は便利な召使になり得ると同時にひどい主人にもなり得ます。

魂は濃密な体を常にコントロールしていなければいけませんが、それができていないことがあまりにもしばしばあります。聖霊なる魂が心をコントロールしなければ、ネガティブな‘カル・パワー’が支配権を奪い、人を虚栄心、怒り、渇望、貪欲さ、そして物質的な物への執着という5つの激情に溺れさせていく恐れがあります。このような状態になっている限り、カルマの負債を生み出しながら魂は下層世界(三次元以下の世界)に縛り付けられていくでしょう。清算すべきカルマがある限り、再び生まれてこなければならないからです。

人間としての多くの輪廻転生を通して、魂はカルマのしがらみに巻き込まれます。誰もがかつては貧しさと豊かさ、権力と非力、有名と無名、健康と不養生、転機と愚鈍などの双方を体験してきましたが、やがて魂が物質的世界においてのバランス状態に近付くときが訪れます。

個人がこの世界での転生サイクルが終わりかけている頃、彼は自分がなぜ存在し、なぜここにいて、どこへ行こうとしているのか、そして物質的世界を超えて存在する偉大な力とは何かと問いかけるようになり、それらの答えを熱心に探し求めるようになります。そして伝統的な教えはもはや自分を満足させないことに気づきます。この時点において、人は自身の内在する人物……自らのフィーリング、思念、そして直感に、さらに気づき始めるようになります。

やがて人は真理を求めて物理的世界を超えた領域を意識的に探査し始めるようになるでしょう。もはや現代の宗教に魂は納得しなくなります。なぜならそこには十分な真理も答えも見いだせないからです。魂は物理的な世界を超えた何かを求める準備ができているのです。

この時に人はスピリチュアルな教えを見出し、魂について、そしてかつて物理的世界に入ってくる前の自身の存在について知ることになるのです。そしてこの教えを意識的に学ぶことによって、「魂の旅」ができるようになることに気づくでしょう。この技能と科学を通して、魂の体として肉体を一時的に離れ、物理的な宇宙を越えた世界のどこへでも、あるいはすべてを訪問して探査するようになるのです。これはまるで宗教が天国と呼んでいる場所を、死の前に教わるようなものです。この体験を通してのみ、死後の生が各個人に証明されるのです。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

タエヌの自己紹介 その3

2012年11月11日
DSC02410+(3)_convert_20121110192553.jpg
昨日撮影した、自宅周辺にある田んぼです。石垣島では、今、新米の季節を迎えています。石垣島での米作は2期作が多く行われているようで、1期めは2月頃に田植えをして6月頃に収穫をし、2期めは8月頃に田植えをして11月頃に収穫をする農家が多いそうです。ちなみに、3期作をする所もあるそうです。

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

《40歳代前半》

2004年の6月に約15年間勤めていた千葉県公立学校の教員を辞職し、田舎町の駅前にある小さいビルの2階の一室を借りて、パワーストーンのショップの経営と、ヒーリングやスピリチュアルカウンセリングやレイキの伝授のできる部屋との2つのスペースにて、ヒーリングルームを開設しました。

レイキにしてもその他のスピ系の関係にしても、子弟関係のつながりとか同業者同士のつながりのようなものもなく、単独で自分自身の直感と自己判断と意思が頼りではじめたので、開設した頃は、お客様は私の知人ばかりで、教員やその知人がほとんどでした。あまりお金のかからない地域新聞や駅のポスターなどの広告も少しやりましたし、何度か自分で近所にチラシを配布したりもしましたが、結果的には、このような広告を見てお越しいただいた方は、全体の数パーセント程度でした。

その後も、お越しいただいた多くのお客様は、私の知人や、知人の知人、そしてその知人の知人の知人…といった感じで、口コミで広がってお越しいただいた方々でして、それでもヒーリングルームを初めて3年目の頃にホームページを開設して公開すると、ホームページをご覧いただいてお越しいただく方もいらっしゃいました。

そんな感じで、お客様も少しずつ増えてきて、そのように口コミで広がっていくことを光栄に感じていましたが、駅前のビルの一室や駐車場の月々の賃貸料や水道光熱費を払うだけでも結構な額だったので、その金額を支払ってさらに家族6人の生活費も稼ぐ…なんていう状況にはほど遠いい状況でした。結局は支払いが滞り始め、銀行等の業者からの借金もかさんでいき、駅前に開設していたショップもヒーリングルームも、3年間で閉店することになりました。

経済的な状況はこんな感じで厳しかったので、周囲の人からはとてもネガティブに映っていたのだと思います。いわゆる、経営に失敗した…という言葉があてはまるわけですから。

でも、私自身のスピリチュアルな面では、この3年間の中で、たくさんの学びや気づきがあり、レイキやスピリチュアルカウンセリングで多くの皆さんに実践することによって、自分なりに磨きがかかって上向いていると感じていました。それに伴って、当初はレイキの伝授やヒーリングがメインでしたが、徐々にスピリチュアルアドバイスを受けに来てくれる方が増え始め、結果的には8割ほどがスピリチュアルカウンセリングを受けに来てくださるお客様になりました。

レイキの伝授やヒーリングの実践を重ねていくうちに、自分なりにレイキが向上してきていることは感じつつも、この頃によく「江原さんのような感じ」と称していただくことがありましたが、オーラを見たり守護霊様からのメッセージが伝わってきたり過去世がわかったりするなど、見えない世界のことを認識したり伝えたりすることにお役目や使命のようなものを感じて尽力していましたし、そのようなことが相談者様の問題解決やネガティブな意識を変換することや、よりポジティブに道を歩むために必要な内容である場合が多かったために、「人のためにお役にたつことができる霊能力」が開花して向上していると自負して喜びに感じていました。

《40歳代中頃~48歳現在》

賃貸のビルの一室にて行っていたヒーリングルームの閉店後、一戸建ての自宅にてヒーリングルームを開設しました。また、徐々に、メールでのやり取りも増えてきていたので、HPの運営にも力を入れ始めました。

そして、自宅にて開業を始める約1か月前から、現在も掲載している当ブログ「タエヌのスピリチュアル日記」を書き始めました。2007年2月のことです。(当初は‘TAKEの日記’と称してミクシィ―に掲載していました。)

その後の現在に至るまでの約5年半のことは、当ブログにて過去に掲載してきましたので、今回の記述はここまでとさせていただきます。

お読みいただきましてありがとうございました。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

タエヌの自己紹介 その2

2012年11月11日
DSC02409+(3)_convert_20121110192402.jpg
昨日、自宅近くにある川平湾が一望できる展望台より撮影しました。手前の畑はサトウキビ畑です。まだ小さな苗がポチポチと生えていますが、1年ほど経つと数メートルの高さまで成長します。

以前紹介させていただきました、写真左のアマンダ(次女仮名小6)の管理しているブログのプロフィールに載せている写真が、いきなり変な男の人のアメーバーピグに入れ替わっていました。もしかしたらパスワードがわかってしまい「乗っ取られた!?」…と思って、あわててパスワードを変えましたが、結局、そのURL上のブログはやめることにしました。

そして、あらためて:「ヤチヨチヨチヨチヨ」を開設して、早速公開しました。ちょっとショックを受けていましたが、気持ちを立ちなおして新たにブログを立ち上げました。

毎日、100ほどのアクセスがあり、小学生人気ブログランキングも上位にありましたので、それも励みとしてここ2か月半ほどは毎日のように掲載し続けていましたが、一から出直しで、また新たな気持ちで書き続けたいとのことでした。以上、八千代(ペンネーム)に代わって報告と紹介をさせていただきました。

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

今振り返ると、レイキの伝授を受けるに至る数年前からスピリチュアルな本を読んだり、スピリチュアルなことに意識を向け始めたりしているうちに、少しずつスピリチュアルな目覚めが始まり、レイキの伝授をきっかけに、スピリチュアルな目覚めが一気に進んだのだと自負しています。

それまで過ごしてきた38年間と、レイキの伝授を受けて以来の現在に至るまでの10年間とでは、私自身、振り返ってみると、意識の持ち方や人や周囲との関係などにおいて、とてもポジティブになってきていると思いますし、大きな違いを感じています。

レイキとは…宇宙エネルギーを使ったヒーリングテクニックです。アチューンメント(伝授)を受ければ、レイキといわれる宇宙にあまねく癒しのエネルギーにつながり、誰でも使えるようになるといわれているヒーリングテクニックです。

伝授を受ける数年前に書籍によってレイキを知りましたが、料金が少々高いと感じていたり、だれでも簡単に身につくという点を疑念に思ったりしていたので、躊躇していました。でも、伝授を受けてみてびっくり。まさかこんなに自分が変われるなんて…。

レイキの伝授を受けた時を転機にスピリチュアルに大きく目覚めたこれまでの約10年という歳月の中、徐々に変わったこともあれば、奇跡のように一気に変わったこともあります。そんな大きく変わった自分の現状について、レイキの伝授を受けて4~5年経った頃に書いた内容を☆以下に掲載します――。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

《レイキ伝授を受けた後》

~健康面~

頻繁にあった頭痛・発熱・吐き気・腰痛・アレルギー症状(花粉症・じんましん・肌荒れなど)の症状がほとんどなくなった。またそういった関連の薬は一切必要なくなった。熱さにも寒さにも強くなった。病気という症状とはほとんど無縁となった…など。(今年の4月には、急性の心不全・腎不全で入院する事態に至りましたが、それまでの10年間は病気とはまったく無縁であると思っていました)

~精神面~

大嫌いだった自分を逆に大好きになった。心が寛大になった。多くのことを許せるようになった。感謝、感謝の毎日になった。何事もシンプルにとらえられるようになった。前向きになった。取り越し苦労(心配・不安)やイライラが少なくなった。人のお役に立ちたいということがすべての気持ちの基本になった。家族に隠し事を一切しなくなったなどなど。

~スピリチュアルなこと~

高次元のスピリットとつながり、さまざまなメッセージを受け取れるようになった。低級霊(未成仏霊や魔)からの影響を受けにくくなった。金縛りや嫌な心霊現象は一切なくなった。除霊や浄霊ができるようになった…など。

もともと宗教とは全く無縁な家族環境に育ち、合掌するのはお墓参りと神社やお寺さまでお願い事をするときくらいでしたが、今は普通に合掌する毎日。感謝とか慈しみとか愛とか、そういったたぐいの言葉は10年ほど前までは恥ずかしくてほとんど言えなかったし、人が言うのを聞いてよく恥ずかしくないなあとも思うことがありました。

しかし今では、地球上のすべてのものや高次元の存在や宇宙に対して等、すべてに対して感謝をする毎日で、言葉でも日常的に表現するようになりました。

そして、普通に生活をしている4児の父親。妻も子どもたちも理解してくれていて、いっしょにスピリチュアルライフを楽しむ毎日。

スピリチュアルライフとはいっても、それほど特別なもではなく、きっと多くのご家庭よりはスピリチュアルな観点で物事を捉えたり会話をしたりすることが多く、実生活の中でスピリチュアルな意識を持って行動したり選択したりするなど、スピリチュアルなことを実生活において活用する機会が多いという感じなのだと思っています。

~その3に続く~

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

☆タエヌのホームページ☆(月末大祓い・ヒーリング・レイキ伝授・パワーストーン販売・スピリチュアル百科)
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版
 | HOME | Next »