08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

マシュー君のメッセージ(63)

2012年09月30日
これまでに何度も紹介しています森田玄さんのブログ「玄のリモ農園ダイアリー」に載せていただいたマシュー君からの新しいメッセージの和訳文です。

このメッセージを送ってくれたマシュー・ワード(Matthew Ward)君は、1980年に17歳で亡くなっていて、それ以来、お母さん(スージーさん)のチャネリングを通してさまざまなメッセージを送ってきているのです。

マシュー君は太陽系のもっとも高い菩薩界磁場相に存在する意識体で、さらに上なる銀河系磁場からの情報を伝えてくれているようです。

以下、森田玄氏が2012年9月28日付で「玄のリモ農園ダイアリー」http://moritagen.blogspot.com/
に掲載してくださった内容を転載いたします。森田玄さんには、心より感謝いたしております。

☆本州方面に向かっています台風通過の際の小難無難の祈りもこめまして…
1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

***************************

マシュー君のメッセージ(63)

2012年9月24日

最初の黄金時代マスタープラン、いっせいに起こる最重要改革、それにつづく変化、ディスクロージャー、自由意志、ETの光の存在たちの限界、ガイアの地球ビジョン、北アフリカと中東の暴動、イエスの妻の記録、第四密度での健康、富の再分配、地球の第五密度へのアセンション

1. マシューです。この宇宙領域にいるすべての魂たちからこころからのご挨拶をします。僕たちいるところから見えるのは、言ってみれば、地球規模の大きなハリケーンのようなものです。そこには、北アフリカと中東に発生している暴動、あらゆるところの無差別な暴力、危うい国家財政や経済破綻、不安定な政府、いまだに権力を握る独裁政権、増大する避難民たち、といった巨大な嵐があり、その中に平穏な地域である何百万の目があります。

2. このような状況が今も僕たちの愛する地球ファミリーを苦しめていることがどんなに悲しいことであっても、そのどれひとつとして、地球の第三密度から抜け出るアセンションのこの最後の段階に予想されていなかったものはありません。過去70数年にわたる彼女(地球)のアセンション行程は、引きつづいてより高い波動レベルに入って来ており、彼女はすでに双対性のポジティブ(正)とネガティブ(負)の両極端のレベルに到達しています。最初の黄金時代のマスタープランでは、この時点ではネガティビティ(破壊的エネルギー)があったとしても、それはほんのわずかのはずでした。

3. そのプランは、地球を支配する状況に合わせて、何度となく変更せざるを得ませんでした。実際、前のメッセージでもハトンが言いましたが、あなたたちの世界から暴力、貪欲、腐敗、嘘、分断化、病気、恐れといった、すべて莫大な量のネガティビティ(破壊的エネルギー)を生み出すものを排除する抜本的な対策の開始が10年遅れていることについて、僕たちは以前のメッセージで話しています。

4. この10年の遅れは、それだけ前に、人々に第三密度のカルマを完了させる機会をもたらす闇の役割を演じることに同意した魂たちが、その彼らの魂の合意事項を満たしたからです。もうひとつには、それらの魂たちは光の勢力に加わって、地球と彼女の人類を黄金時代へ準備させる仕事をすることになっていました。もし、それらの魂たちが彼らの合意を尊重して闇の活動を止め、ライトワーカーたちに加わっていれば、今日の暴力、騒乱、貧困、そして激しい気候変動さえもまったくなかったでしょう。けれども彼らはそうしなかったのです。その代わりに、彼らはこの惑星に大被害をもたらしつづけ、さらにたくさんのネガティビティ(破壊的エネルギー)を創造したのです。

5. 古いシステムが新しいものに道を譲るプロセスは10年前だったら比較的容易に起きていたでしょう。そのときは、より低い波動が人々と環境に顕著な影響を与えることがそれほどなかったからです。ネガティビティに根ざしたあらゆるもののエネルギーがその絶頂に到達しているために、今日の非常に高い波動が、それらを大きく増幅させています。それは避けられないことです・・そのエネルギーは急速に使い切らなければなりません。なぜなら、それは流れの途中で急停止できませんし、この惑星と一緒に第四密度には入れないからです。

6. 遅れのもう一つの影響は、第三密度カルマのメリーゴーランドが回りつづけたことです。この過去10年間に地球に肉体化したたくさんの魂たちは、このかつてない一度だけの転生の機会に第三密度カルマ経験を完了させるチャンスのためにやって来ました。彼らは、地球と一緒に黄金時代に肉体を持ってアセンションするか、あるいは第四密度の進化過程基準を得てニルヴァーナに移行できるように、非常に過酷な人生を選んだのです。

7. もしその二つの進行中の状況が“悪いニュース”だとすれば、良いニュースは、そのどちらも地球の速度をほんのわずかでも落としていないし、彼女の確実なアセンション行程を逸らしてもいないことです。彼女は、今年の終わる直前か直後に、第三密度を抜け出る方向に間違いなく進んでいます。そしてネガティビティ(破壊的エネルギー)をあとに残して行くでしょう。

8. この驚異的な偉業のほとんどは、何百万もの“地球規模の嵐の中にある穏やかな目”のおかげです。それらこそ、自分たちの周りの混乱にもかかわらず、光に輝やいている魂たちなのです。ライトワーカーであることを知っているあなたたちと、その神性な生き方が地球のアセンションを助けていることに未だに気づいていない何百万の人々に対して、宇宙のあらゆる光の存在たちが尊敬の念を抱いています。あなたたち全員の、光の中にしっかりといること、忍耐力、貢献、勇気、そして不屈の精神に、この宇宙で匹敵するものはありません。

9. 黄金時代が始まる前の残りの短い期間に、あなたたちの世界の混乱をどうやって片付けられるのかと不思議に思うのも当然です。それは不可能です。その素晴らしい時代の栄光すべてが、その入口であなたたちを迎えているということは、初めから決してなかったのです。そして初期段階としてのあなたたちの暮らしの大きな変化も、マスタープラン設計者たちが本来描いたようには、そこに起こらないでしょう。

10. ですから、言わば “総仕上げ”の出だしが遅れるわけです。けれども、あなたたち自身がもっているテクノロジーがイルミナティの支配から解放され、ほかの宇宙文明社会人(ET)たちの助けと彼らのテクノロジーによって、たくさんの場所でさまざまな取り組みをいっせいに始めることができます。

11. もっとも優先されることは、戦争に疲弊した地域と難民キャンプの人たち、そして苦境に立たされている先住民たちと遊牧民族たちが生き残るために必要な物資の供給です。

12. 戦争は終わるでしょう。でもその後にやるべきたくさんのことが残るでしょう。国のインフラと商業地域と住宅の建設や再建は速やかに行なわれるでしょう。それは現在の住民たちのためだけではなく、避難民たちが村や都会に戻ったときに、住居や病院、学校、そしてきれいな水と食べ物がたくさんあるようにするためです。

13. 世界経済の腐敗の排除は、政府の場合と同様に、並行して起こるでしょう。それによって、あなたたちの暮らしに非常に大きな影響力をもつそれらの分野で、道徳的そしてスピリチュアル(霊的)に優れた指導者たちのもって生まれた誠実さと公正さによる活動が始まるでしょう。

14. あなたたちの水と土壌と大気は浄化され、放射性物質を含む有毒物質は非物質化されるでしょう。貧困層の不衛生な生活環境によって病気が蔓延していた地域は浄化されるでしょう。

15. 迅速に実行されるほかの改革には、不公平や有害、あるいは死をもたらすような文化的風習の廃止、そしてあらゆる不正な法律と規則の全廃があります。冤罪やささいな違反、あるいは単に戦争で“反対側”にいたというだけで今でも投獄されている何百万の人々は解放されるでしょう・・ええ、無実の人たちをすべて確認するのは簡単なことでしょう。

16. そのような影響を受けている人たちにとって、現在の状況は耐えがたいほどなので、それらがまず最初の変化になります。何百万の多くの動物たち・・絶滅危惧種とあなたたちの食用になっている動物たち・・の窮状は、真剣に取り組むもうひとつの課題になるでしょう。

17.  最初の建造物、とくに現在自分の国でホームレスになっていたり、暴力によって家を追われたすべての人々のための住居、そして医療介護と学校教育のための建物は仮の基礎的なものになるでしょう。可能な限り早く、そのような施設は立派な建造物にとって代わられるでしょう。

18. フリーで再生可能なエネルギー源が、段階的に現在の石油と天然ガス依存にとって代わるでしょう。また、もっとも深刻な環境破壊の地域を再生させる地球自身のはたらきを支援するために、別の手段もやがて実行されるので、穀物が豊富に育ち、森が再生され、自然のままに川が流れるようになるでしょう。

19. 本来の黄金時代のマスタープランによれば、あなたたちの世界では、そのような巨大な改革はすべてこれまでに起きていたことになっているのです。世界中に蔓延している腐敗によって、長い間、闇が人々を支配してきましたが、それも終わるでしょう。そして長い間、隠されたきた真理が、人々がその現実をより受け入れやすいように、時間を掛けて段階的に明らかにされるでしょう。

20. あなたたちはコンティニュウム(時空連続体)に近づきつつあります。そこでは、あなたたちのリニアル(線形)時間でまたさらに10年掛けて、すべてを“調整”する段階として実現するわけにはいかないのです・・あらゆる可能なスピードと効率性で救済策がとられなくてはなりません。ですから、もっとも重要な変化を急いで進める必要があるので、いくらかの混乱は避けられないでしょう。でもそれは比較的長続きしないでしょう。それらの変化を妨害するために混乱をもたらそうとする闇のこころをもつ人間たちが、もうこの惑星にはいないからです。そしてそこにいる人々は、愛情ある、役立とうとする、協力的なこころの持ち主たちでしょう。

21. 僕の母はたくさんの質問を受け取っています。それは一部には、僕たちの宇宙ファミリーを紹介する時期とアメリカ合衆国の大統領選挙の重要な意味についてのハトンのコメントに促され、また一部には、多くの人々の気持を揺さぶっている関連する問題に刺激されたからです。僕たちは喜んでそれらの課題の質問に答えましょう。

22. 僕たちの宇宙ファミリーのメンバーたちは、“ただ到着して、物事を正しくし始める”ことはできませんし、そうしたいとも思わないでしょう。地球への着陸時期と、すでにそこにいる兄弟姉妹たちが正体を明かす時期は、神の指導にしたがって行動している宇宙最高評議会の決定することです。その気づきの頂点からのみ、関わる人たちすべてに恩恵をもたらす最良な時期が決められるのです。

23. “ディスクロージャー(情報開示)”と一般に呼ばれていることの目的は、どの国の政治問題ともまったく関わりありません。その目的は、政府によって無視され否定されて来たことを証明することです・・それは、この宇宙にはたくさんの進化した文明社会人が暮らしていて、その一部があなたたちの中にいることです。

24. そうですね、宇宙船たちが着陸するときにはかなりの動揺があるでしょう。でもその前に、“集団パニック”にならないように、あなたたちの指導者たちとあなたたちの中に住んでいるETたちによって、可能な限りの対応が取られるでしょう。あなたたちも、この数年間たくさんの宇宙船が目撃されているのは、ほかの宇宙文明社会から来ているこれらの人々が友好的だからだと伝えることで、家族や友人たちにこころの準備をさせることができます・・もしそうでなかったら、とっくの昔に彼らは侵略していたはずだからです。

25. この宇宙を支配する創造主の法によって、光の存在たちは、どの人間であれ、その人の自由意志の決定に干渉することは許されません。これには、彼らの魂の合意では選んでいない過酷な経験を招くことになる決定をしがちな、地球に住んでいる僕たちの親しい家族たちさえも含まれます。

26. 自由意志尊重の法の唯一の例外は、創造主自身の決めたことで、核戦争を始めるためにそれを用いてはいけないというものです。“911事件”直後にされた地球の自由意志決定にしたがって、それ以上の大きなテロ計画は成功できなくなりました。そのどちらの場合も、そのような企てをすべて阻止するのは神の責任です。彼(神)は宇宙文明社会人(ET)たちが予防的テクノロジーによってそれらの命令にしたがうことを許しています。彼らはすでに12回以上それを見事に成功しています。

27. あらゆる光の存在たちに許されていることは・・そしてそれを喜んでするのですが・・地球の魂たちすべてに愛と光のエネルギー流を送って、彼らがその意識を高め、スピリチュアル(霊的)な明晰さを獲得する助けをすることです。スピリチュアル(霊的)そして意識レベルでより高い気づきを達成することが、この宇宙全体にいるあらゆる存在たちが魂レベルで望んでいることだからです。

28. 光を受け入れると、その人たちのこころが開き初めます。それがより賢明な選択とより優しい行動を導くのです。でも、それぞれ個人には、それをする、あるいはしない自由意志があります・・それに関しては、光の存在は決して影響を行使できません。できるのは創造主の純粋な愛と光のエッセンス(本質)を送ることだけです。

29. ほかの宇宙文明社会人(ET)たちが地球に送っている光の量を、あなたたちが計測することはできません。ですから、彼らがその量を増せば、闇はすべて消えるだろうと考えることには根拠がありません。その考えには、先に述べたふたつの状況以外の、あらゆる人々がもっている自由意志が入っていません。

30. 地球の魂であるガイアは、彼女の惑星体に住むあらゆる生命体が繁栄し、平和と愛と自然との調和の中に暮らすことを願っています。地球が黄金時代に入るために、ガイアのビジョンを具現化する準備をすることは、それがどの政治的、イデオロギー的、文化的、社会的、経済的、宗教的な分離主義に根ざしていようと、第三密度のあらゆる側面を超越することになります。

31. もしあなたたちが、あなたたちの子どもたちと孫たちに闇がまったくない世界を受け継いでほしいと思うのなら、それはガイアのビジョンと同じです。もしあなたたちがコミュニティレベルから国、そして国際レベルに到るあらゆるレベルの政治的指導者たちが、すべての人々のよりよい社会のために協力してほしいと思うのなら、それは彼女のビジョンと同じです。もしあなたたちが、あなたたちの故郷である惑星がかつてあったパラダイスを取り戻してほしいと思うのなら、それは彼女のビジョンと同じです。もしあなたたちが、愛と誠実さ、親切さ、寛大さ、公正さが地球の人類すべてにあまねく広がってほしいと思うのなら、それは彼女のビジョンと同じです。もしあなたたちが、すべての人たちが動物の魂を敬い、あらゆる自然と調和して暮らしてほしいと思うのなら、それは彼女のビジョンと同じです。

32. では、簡単にほかの質問に答えましょう。

33. イルミナティが北アフリカ諸国に起きている暴動に関わっていたのは本当です。彼らの世界的支配力の基盤は崩壊していますが、彼らの“秘密作戦”工作員たちは、いまだに問題を起こせるところならどこでもそれに火を付けているのです。挑発的で馬鹿げた映画の刺激的な宣伝によって、工作員たちは容易に多くのイスラム教徒たちに怒りの嵐を呼び起こすことができたのですが、一方で、同じ信仰をもつほかの多くの人々は、そのような暴力的な反応に対して遺憾の意を表しています。これは、行き渡っている高い波動があらゆる性格と行動を、“良いもの”をさらに良く、“悪いもの“をより悪く、増幅している例です。

34. イエス・キリストの妻のことを書いてある古代の記録の一部が最近発見されたのは“偶然”ではありません・・偶然に起こることなどないのですよ! それは、愛するメリー・マグダレナと彼らの子どもたちとのイエスの長い生涯についての真実を、キリスト教徒たちが受け入れられ易いようにと、最初の段階として“明るみに出された”のです。 

35. それぞれのケースは個人によって特有なものでしょうけれど、一般的に言って、慢性的な病気は病んでいる人たちが第四密度に入るとすぐ治るわけではなく、むしろそれらの症状が徐々に健康的な状態になっていくでしょう。脱老化プロセスも段階的に進み、臓器、手足、歯の再生は徐々に起きるでしょう。

36. 現在の医療処置や治療法が今年の終わりに急激に変化することはありませんが、いま禁止されている有益な治療法や薬物は一般に手に入るようになるでしょう。はい、それにはマリファナも含まれますから、人々はそれを賢く使うようになるでしょう。FDA(米食品医薬品局)、AMA(米国医師会)、CDC(疾病対策センター)の決定に強力な影響力をもつ各製薬会社にいるイルミナティは、彼らの利益になるものならどんな不正なことでもやってきましたが、そのような指示をする彼らはいなくなっているでしょう。

37. 持てる者たちと持たざる者たちの非人道的な格差はなくなるでしょう。でもそれは、まともな方法で得た人々からお金をとって、貧しい人たちに与えることではありません。その再分配プロセスについての詳しいことは僕たちも知りませんが、それが公平なものであり、正直に稼いだ冨については誰も否定されないであろうことは確証します。その目的は、容赦なく、不正に集められ、貯め込められた無限と言える冨を回収し、その資金を使って世界中の貧しい人々の暮らしをより良くすることです。その再分配は、新しい貴金属本位の貨幣制度とイルミナティが支配して来た世界の天然資源の再分配とは別です。

38. この惑星地球が第四密度を通って第五密度に入るまでどのくらい掛かるのか、僕たちには分かりません・・それは地球の住民たちの集合意識次第です。どうか覚えていてください、この惑星が第三密度から上昇して第四密度に80年以内で入ることは、この宇宙では希有なことなのですよ!ある宇宙文明社会はそれを達成するのに何千年も掛かっているのです。でも、どれも地球が受けているような広範囲の強力で絶えまない支援を与えられたものはありません。

39. 第四密度を通ってうまく第五まで旅することが、宇宙的に言って、それと同じように一瞬に起こるだろうと考えるのは現実的ではないでしょう。いったん惑星が第四密度の中にしっかりと収まり、世界中の重要な改革がすべて完了すれば、それらを達成する支援のためにやってきた高く進化した存在たちは彼らの故郷に戻りたいと思うでしょう。第五密度にある最終目的地への地球の残りの旅はすべて彼女だけになるでしょう。そのアセンションのスピードは、彼女の人々の集合意識にしたがうでしょう。それにはあの進化した存在たちはもう入っていないのです。

40. 僕たちの愛する地球ファミリー、無条件の愛に生きることに勝る喜びはありません。あなたたちも早くそれを経験することを、僕たちはあなたたち一人ひとりに願っています。
______________________

愛と平和を
スザンヌ・ワード著
原文:http://www.matthewbooks.com/mm/anmviewer.asp?a=153&z=2
訳文責: 森田 玄

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









スポンサーサイト
マシュー君のメッセージ

高まる宇宙エネルギーによって生じる葛藤 ~後編~

2012年09月29日
台風17号の影響(石垣島の最大瞬間風速は50.6m/sでした)を受けて、昨日の午後5時少し前から本日の午後3時頃まで、自宅のある石垣時川平吉原地区は、約22時間の停電となりました。いや~、本当にものすごい暴風雨でしたし、停電になるだろうと予想はしていたものの、ちょいと長すぎた感じはしました…が、今、こうして電気が使えることに、あらためて新鮮に感謝の気持ちが湧きあがりました。

メールを見たら、停電後からPM3時15分現在までの間に、18通いただいておりましたが、今から返信を書き始めたいと思っております。よろしくお願いいたします。

☆できましたら、台風通過の際の小難無難の祈りもこめまして…
1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

☆9月末の大祓いを、9月30日に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

今、こうして私のブログをお読みいただいている皆さんは、今の世の地球上でもたくさんの経験をされてきているわけですが、それらの経験はすぐに思考によって呼び起こすことができるような記憶もあれば、奥にしまいこんで忘れ去ってしまったようなものもあるでしょうが、すべては魂の学びとして、しっかりと記憶され蓄積されてきています。

その中で、似たような経験を繰り返しているような時や、参考になるような状況になったような場合などには、記憶にとどめていたことを思い出して、過去の学びを活用しようとすることは多々あることだと思います。これは、意識的に行うこともあれば、直感や潜在意識からくることもあるでしょう。

しかし、そういったケースではなく、特に関連することがないのに突如として過去における経験を思い出したり、寝ている時に夢に見て起きてからも覚えていたりするなど、顕在意識や思考からではなく、直感や潜在意識の領域から突然湧き上がってくるような過去の出来事を思い出すことがあるでしょう。

その中でも、ポジティブに感じることは、そのまま受け止めることでさらに波動は高まります。その記憶から感じられる心地よさやイメージなどは、ポジティブなエネルギーとしてさらなる活力となります。

しかし、ネガティブに感じるような過去の経験は、ポジティブに変換して受け止めたつもりでいたり、ネガティブに感じて忘れ去りたいと思って忘れたつもりでいたりしたのに、実際にはネガティブな感覚や情緒などを含んだままのネガティブなエネルギーとして、意識の中に記憶として受容してしまっているものなので、そのまま表出した記憶を受け止め続けるとネガティブなエネルギーが生じてしまい、そこから広がる思考やイメージなどによって、さらなる低い波動やネガティブなエネルギーが生じてしまいます。

今、こうして宇宙のエネルギーが高まっていて、私たち地球人類の肉体や意識にも大きな影響を及ぼしていますが、この増大しているエネルギーの影響から、特にアセンションに向けて順調に歩み続けて波動を高めている人は、以前にも増して肉体や意識の大きな変革がもたらされています。そのようなポジティブな変革のための現象の1つが、ポジティブな記憶はもとより、このような‘ネガティブな記憶を呼び起こして顕在意識に表出させる’状況が生じることなのです。

このように、ネガティブな波動のまま記憶にとどめている過去の経験は、これまでにも思い出すことはあったでしょうけれども、小さなものは湧きあがってきてもすぐに顕在意識の奥へとしまいこんだり、大きなものはトラウマのようになってつきまとうたびにしまいこもうとしたりしてきたはずです。しかし、このような対処をしても、実際には解決するには至っておらず、一時的にしまいこんでいるだけであって、意識の奥にはそのままの状態で存在しているために、ネガティブなエネルギーを発するまま貯めている状態になっているのです。

今世において魂に記憶されている過去の経験のすべての記憶を、顕在意識に表出させるのは難しいでしょう。しかし、大切な学びをした経験は、顕在意識に表出しやすい状態になっており、必要に応じて顕在意識に表出するのです。また、この大切な学びをした経験の記憶は、自分自身の思考の中ではたいしたことのないことと感じていても、実際には大きな学びである場合もありますし、些細なことと感じていることの中にも、ネガティブなまま受容して蓄積していくうちに、解決すべき大きくネガティブなエネルギーとなっている場合もあるのです。

まだ、これまでの状態ではそれほど問題はなく、そのまま意識の奥にとどめておいても大丈夫であったような過去のネガティブな経験の記憶が、今、こうしてエネルギーがたくさん与えられ、アセンションに向けて自分自身の波動がどんどん高まっていくうちに、いち早くポジティブに変換して受容するようにすることで、ネガティブなエネルギーを意識から払拭させる必要性が出てきているのです。それが、‘ネガティブな記憶を呼び起こして顕在意識に表出させる’状況が生じる大きな要因なのです。

そして、このような個人内レベルにおけるアセンションするための移行直前期における波動を高めるための現象は、記憶している過去の経験のみにとどまらず、自分自身の改善すべき欠点と自覚していることや、本来は目指すべき道から反れていると感じていることや、肉体的にネガティブな状態になていることとかといったことなど、アセンションした高次元の世には必要のない、3次元的なネガティブなことすべてをポジティブに変換するための作業が進められているのです。

今、アセンションに向けての移行期において、地球上で盛んに起きている世の中の隠されていたネガティブな事実が明るみに出ることによって光が与えられ、ポジティブな状況へと変革されたり、必要のないことは消滅したりするような状況と同じようなことが、波動の高まっている人個々の意識の中で起きているのです。その中の1つが、ネガティブに受容してしまっている過去の経験の記憶に関しての受容のしかたの変革です。

記憶がネガティブな状態でしまいこまれたままでいては対応することは難しいのですが、顕在意識ではっきりと認識できるような状態でネガティブな記憶が表出されれば、意識的に対応することができます。自らの全体的な波動が高まるにつれて、(思考や現状と関連していたとに関しても同じようにいえることではありますが)無意識のうちにこのような記憶が顕在意識に表出してはっきりと認識することができるようになる現象は、ネガティブなことを払拭して、さらに波動を高めるために与えられる素晴らしいチャンスでもあるのです。ですから、このチャンスに、ネガティブに感じていた記憶をポジティブに変換して受容し直すことで、さらに波動を高めることができるのです。

本来、ネガティブなまま受容してしまっている過去の経験の記憶が表出した時、意識的にポジティブに変換しようとさえ努めれば、必ずポジティブに変換して受容することをできると自分自身を信頼してみてください。アセンションに向けて順調に波動を高めている人にとっては、これまでに経験してきたことすべてが必然であると意識することができるでしょうし、その経験から学んできたすべてのことに無駄はなく、すべての学びはポジティブなものであると意識することができるはずだからです。

ネガティブに感じていた記憶をポジティブに変換して受容し直すこととは、怒りや悲しみや苦しみ等のネガティブな感情を抱いた記憶や、マイナスなものであると捉えていた経験を思い出すことによって、今でもなおネガティブな感情が生じたりネガティブに捉えたりしているようなことを、意識的に許しや慈しみや感謝などの愛の気持ちに変換したり、ポジティブな意味のある必要な経験であったと捉えるようにしたりすることです。そして、このようにポジティブに変換したものを、あらためて受容し直すということです。

しかし、もしその時点でポジティブに変換することが難しいようでしたら、その記憶を広げれば広げるほど、ネガティブな状況に陥りやすいので、一度保留にして忘れるようにすると良いでしょう。そして、ポジティブに変換することのできない自分自身の低さを認識して、さらなる修養に励み続けていれば、またその後に必ず再チャレンジする機会が訪れますので、次の機会を待てばよいのです。

これは、実際には意識的に行ってもそうでなくても、低い波動のまま受容した状態でとどめているようなポジティブに変換できなかった記憶は、自分自身の波動が高まれば、さらに波動を高めるためには必要であることから、必ず解決するまでは繰り返し顕在意識に表出してきます。何度も同じネガティブな記憶が表出するのは、そのためでもあるのです。解決したつもりでも解決していなければ、表出するたびにネガティブな思いがめぐるはずですので、識別することができるはずです。

また、もしネガティブに感じたまま受容してしまっている記憶が表出した時、そのネガティブに感じるままにしてめぐらせてしまえば、そこにはさらなる低い波動が生じてネガティブなエネルギーが発されます。そして、そのネガティブなエネルギーに対して高まる宇宙エネルギーの中のネガティブなものが引き寄せられるために、とりとめもないようなネガティブな状況(大きな取り越し苦労)に陥る場合もあります。それをポジティブに変換しようとして強く葛藤しても、さらに自分自身を追い詰めるようにしてネガティブな状況に陥ってしまうと、せっかくのポジティブに変換するためのチャンスが、逆にさらにネガティブにしてしまい波動を落としてしまう結果になってしまいます。

ですから、このようにネガティブに受容した過去の記憶が顕在意識に表出した時には、ポジティブに変換することができれば最良のことですが、無理やり変換しようとして大きな葛藤を生じるよりは、考えるのをいったんやめて保留にすることも必要な場合があります。

たとえ一度にポジティブな状況へと変換することができなくても、ポジティブに変換したいと意識の中で望み、自らの波動を高め続けていれば、意識が高まる中で思い出すにつれて、少しずつポジティブに変換することができて、最終的には解決することができるはずです。特に、トラウマになってしまうような大きくネガティブなものとして受容してしまっているような過去の経験は、それなりに時間を要する場合もあるのです。


宇宙から与えられているエネルギーには、ネガティブな質のものもポジティブな質のものもあり、そのエネルギーは完ぺきに調和されているわけですが、アセンションに向けて波動の高まっている地球全体に送られているエネルギーは、はるかにポジティブなエネルギーが勝っている状態で調和されているのです。調和とは5分5分の同じという意味ではありません。バランスがとれている最良の状況であるということなのです。

このように波動が高いエネルギーと調和させて意識を高め続けてさえいれば、そのめぐりによって、意識も肉体の物質的な密度も、スムーズにアセンションの世へと移行することができるのです。過去の経験をポジティブに変換して受容する作業は、そのための1つの大切なこととして、自己責任を強く持って解決する必要があるのです。

すべての経験は、自分自身の自由意思によって招いたことであるわけですし、ネガティブに受容したことすべては自分の領域内で自らが選択したことなのですから、自己の責任によって自分のみですべてを解決することができるものなのです。

ただし、そのためには多かれ少なかれ葛藤が生じる場合が多いでしょう。しかし、この葛藤は、このように今の時期にはとても大切なことであり、この葛藤の中から意識的にポジティブなものへと変換するに至ることは、アセンションに向けて個々の波動を高めるためには重要なことの中の1つなのです。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

高まる宇宙エネルギーによって生じる葛藤 ~前編~

2012年09月28日
DSC01724+(3)_convert_20120928075231.jpg
~普段の日中はベランダにて主に過ごしている、イヨ(白うさぎ)とぴよちゃん(黄色いインコ)とひふみ(桜文鳥)、そして、いつも家にいるハム(ハムスター)とが、住み家を部屋に並べで避難しています~

大型で非常に強い台風第17号は、28日AM9時には石垣島の南220kmにあって、北へ毎時15kmで進んでいるようです。中心気圧は920ha、中心付近の最大風速は50m/s、最大瞬間風速は70m/sもあるそうです。

この台風は、今日28日(金)のPM3時頃には石垣島の南約90kmまで近づくそうで、今日の午後から明日朝にかけてはさらに接近して上陸する可能性もあるために、かなりの警戒が必要なようです。

石垣島地方気象観測台発表の本日PM3時までの最大瞬間風速は41.6m/sを記録しています。現在、PM4時近くですが、千葉県に住んでいた頃には経験したことのない、とても激しい暴風雨となっていて、窓の外のヤシの木は折れ曲がりそうになるくらいにしなっていますし、島内の国道では街路樹が倒れて道をふさいでいるとのニュースが流れました。

我が家ではAM11時台には2度の短い停電がありましたが、まだ今はこうしてパソコンを打つことができます。でも、石垣島内の一部地域ではすでに停電してしまっているとのこと。なんだかとても緊迫感が高まってきました。娘たちの通う小学校も高校も臨時休校になっています。

台風の進路は沖縄周辺を通過した後には本州方面に向かうことが予想されていて、30日から1日にかけては本州に達する可能性もあるようなので、沖縄周辺のみならず、本州においても警戒する必要が出てくるかもしれませんが、とにかく、小難無難に済みますよう願っています。

☆できましたら、台風通過の際の小難無難の祈りもこめまして…
1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

☆9月末の大祓いを、9月30日に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

宇宙が与えてくれているエネルギーが激増していることは、繰り返しお伝えしている通りですが、それなりに実感されている方も多くいらっしゃることと思います。私自身も、肉体的にも精神的にも様々な影響を受けていることを感じています。

地球全体のアセンションに向けての急激な動きは、今から70年ほど前から起こりました。そして、1987年頃にはじまったフォトンベルトから与えられているエネルギーは徐々に増え続けていて、4~5年ほど前からはさらに増量の度合いを増しています。そして、アセンション直前であるここ約1年間は、多くの人の心身に対して何らかの影響を与えるほどの、とてつもない量のエネルギーが与えられているのです。

陰陽の調和の法則によるものでもあり、波動の法則によるものでもありますが、今、地球に対して宇宙から与えられているエネルギーには、高い波動のものもあれば低い波動のものもあります。この両極のエネルギーの影響を、私たちは受けているのです。

ポジティブな方向へと歩んでいる人は、波動が高まれば高まるほど、波動の引き寄せの法則によって、ポジティブなエネルギーをより多く与えられます。逆に、ネガティブな方向へと歩むものは、同様に波動の法則が働き、ネガティブなエネルギーを多く引き寄せてしまうのです。

ですから、今、とてつもなくたくさんのエネルギーが地球に与えられているために、地球表面に存在している私たち3次元の肉体を持つ地球人類やあらゆる生物や物質は、ポジティブな方向へ歩むものとネガティブな方向へ歩むものとの2極化は、急速に進んでいるのです。そして、この2極化に伴い、世の中全体のしくみも物事も、2極化が進んでいます。

そして、地球全体の波動はアセンションに向けて順調に高まっているために、地球と共に肉体を持ったままアセンションしたいと望んでいる人の中でも、ポジティブな方向へと歩むものは、さらなる光をめぐらせながら発展していき、やがてアセンションした地球にも存在して、肉体をもった地球人類として至福の時を迎えることができるのです。

逆にネガティブな方向へと歩むものは、地球自体の波動と合わなくなっていくために、必然的に地球上から去る選択をしたり、消滅していったりして、同じ波動域である地球以外の3次元の世へと移行することを選択するよになっていくのです。

地球上の人々の波動の2極化がさらに進み、地球全体の波動が高まるにつれて、経済・政治・教育など、私たちの実生活に影響するあらゆる分野におけるアセンションに向けての変革が進んでいく中で、小さな地域レベルから、国や世界といった大きなレベルにおける葛藤も多々見られています。

次の世に必要である物事は、光の世に向けてのさらなる発展を進めていきます。しかし、次の世には必要のないようなネガティブな物事は、ネガティブな部分がポジティブに変革されていくか、あるいはまったく必要のないものは消滅していきます。

そのためには、必要に応じて、隠されていた物事が世に表出されて明るみに出ることもあります。明るみに出ることで世の人々からさらに多くの光が与えられ、よりスムーズに変革することができるのです。

このようなアセンションに向けての変革作業は、スムーズに進む場合もありますが、多くの作業には、多かれ少なかれ葛藤が生じます。この葛藤は、地球上がアセンションして光の世に至るまでの間は続きますが、地球人類全体の意識が高まり波動が高まっていくにつれて、徐々に解決されていきます。そして、アセンションを迎えて次の世へと至った頃には、黄金時代にふさわしい世の中へと変革されるのです。

3次元の世で培ってきた4次元より高い世には必要のない、ネガティブな固定観念や執着を、強く信じて脱却するのを拒んでいるような人々や、エゴを強く持ち合わせている個人や組織や国家など、ネガティブな道を歩むことを選択しているものが、まだまだ現在の地球上には、数多く存在しています。

このようなネガティブな道を歩んでいる人が進めようとしている物事に対して、光を求め、光の道を歩もうとしている人々との間に生じる葛藤は、アセンションに順調に突き進んでいる今の世の中のあらゆる状況の中で続いていきます。

しかし、こうした葛藤の中において、さらに波動を落としてしまうことを選択し続ける人もたくさんいますが、物事が光の方向に進むにつれて、中にはネガティブな道を歩んでいた人が、その光の素晴らしさに気づいて、やがて歩む方向を光の道へと転換することを選択する人もたくさん出てきていますし、それがやがて組織や国家レベルの集合意識として発展していくのです。そして、現にそのようにして光の道へと方向転換している人々がどんどん増えてきているのが事実なのです。


おおまかではありますが、ここまでに述べたような観点のように、組織や地域や国や世界レベルにおける変革や、変革するために生じている葛藤は続いていますが、あらゆる情報機関を通して、世に示されています。中には、紛争や汚職事件などのネガティブに感じられるような物事もたくさんありますが、根本的な観点や総合的な観点、つまりスピリチュアルな観点で捉えてみると、すべてがアセンションに向けての、ポジティブな変革が進むのための葛藤であると、結びつけることができるはずです。

そして、このようなアセンションに向けての仕上げともいえるべき変革作業は、世の出来事と平行して、すべての人の個人的なレベルにおいても起きているのです。

現段階におけるエネルギーが増大し続けている中において、個人内におけるアセンションに向けての変革作業が、急ピッチで進められているのです。その中で、順調に光の道を歩んでいる人々においても、多かれ少なかれ、様々な個人内における葛藤が必要に応じて生じているのです。

~個人内の葛藤に関しまして等…明日掲載予定の後編に続きます~

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

アセンションに向けて ~光エネルギーのめぐり~

2012年09月27日
DSC01716+(3)_convert_20120927081144.jpg
今朝8時頃に自宅ベランダより、前嵩や川平湾方面を撮影しました。またまた石垣島には台風が接近中でして、大型で猛烈な台風第17号の影響で風が強くなってきていて、AM8時現在の天気は薄曇りです。石垣島地方気象観測台発表のPM6時までの最大瞬間風速は21.0mを記録しています。

台風に備えて、今日は、午前中に街(車で30分ほどかかります)へと3~4日分の食料品等の買い出しに行き、週末は自宅でゆっくりと過ごす予定でいます。

ちなみに、長男は土・日に宮古島で行われる予定だったツールド宮古島という自転車のロードレース大会に参加するために、やたらとはりきっていましたが、昨日に中止が決定しましたし、飛行機も欠航になると思われます。

本人はがっかりしているようですが、ここのところ仕事とロードの練習や公務員試験の受験などで、心身ともにオーバーワーク気味だと私も妻も感じていたので、親としてはベストなタイミングでの休息になると思いました。

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

☆9月末の大祓いを、9月30日に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

人に対して愛の気持ちを向けると、その愛はその人に光のエネルギーとして与えられ、時には癒しとなり、時には活力となり、時にはその人自身の波動を高めたり、さらなるポジティブな道へと歩むための糧にもなったりするでしょう。愛と光のエネルギーとは同じなのです。

そして、その光のエネルギーは必ず光を与えた自分のもとへとめぐってきます。これがカルマの法則です。また、与えた光によって、その人自身がさらにポジティブ道を歩むことで、めぐって来る光は与えた光よりもさらに大きな光のエネルギーとなって与えられます。これもカルマの法則であり波動の法則でもありますが、宇宙では普遍で絶対的な法則としてめぐっているのです。

たとえば目の前に、怒りに満ちた近寄りがたいほどの荒々しい波動を発したりしているような人がいたとします。もし目の前にいなかったとしても、テレビの画面で見たり話しで聞いたりしたとしても同じです。そのような人を見たり感じたりして、同じような怒りが湧きあがったり、ひどく蔑んでみたり、極端に非難したりするような低い波動を向けると、波動の法則によってその人の波動と合い、それなりに多くのネガティブなエネルギーがめぐってきます。たとえ瞬時に波動が低い領域で波動が合っただけでも、ネガティブなエネルギーはそれなりに必ずめぐってくるのです。

しかし、そのような自分自身のネガティブな意識を向けたことに気づき、怒りを「許し」の気持ちに変換し、‘かわいそうに…’‘がんばってね’というような「慈しみ」や「励まし」の気持ちを向け、蔑んだり非難したりせずに「もっと冷静になればいいのに。」とか「もっと大きな愛の気持ちを抱くような生き方を選択すればいいのに。」などといったような改善すべき点を見出して愛の思いを抱くように変換すれば、低い波動の領域でネガティブなエネルギーをめぐらせることはなくなり、逆にポジティブな光のエネルギーを相手に与えることになるのです。

もちろん、ここには波動の法則が大きく働くために、相手があまりにも低い波動の中に在ると、光のエネルギーはそのまま届くことはないでしょうし、たとえ与えることができても、すぐにネガティブなエネルギーに変換されてしまう場合も多いことでしょう。しかし、これは相手の領域の事ですので、それはそれでしかたのないことだとしても、自分自身の領域内でできることは、このように愛をめぐらせ光エネルギーを与えるところまでです。ですから、自分にとっても相手にとっても、このように愛をめぐらせることを意識して光エネルギーをめぐらせることは、とてもポジティブなことであり、過干渉にもならないことがほとんどなのです。

カルマの法則や波動の法則などと同様に、知識として持ち合わせて活用すべきスピリチュアルな法則の法則の1つである‘不干渉の法則(文末に注釈あり)’、何一つ干渉しないことがポジティブであるといものではありませんし、相手に干渉することがネガティブであるということでもありません。人はそれぞれほどよく依存し合って生きているからです。

ですから、干渉しすぎないように意識しつつ、個性を認め合い、純粋な愛の気持ちの中で、相手からサポートを求められた場合には、応じられる範囲内でサポートし、たとえ顕在意識で認識できる形でサポートを求められていなかったとしても、相手に干渉しすぎない範囲内で愛をめぐらせることは、相手の学びを損ねるわけでもなく、有難迷惑になるようなネガティブなことでもないような場合であれば、宇宙の真理に基づいても、必要な愛のめぐりであるとてもポジティブなことであると捉える事ができる場合が多いでしょう。

いずれにしても、‘不干渉の法則’に基づき、過干渉にはなっていないと識別できる範囲内で、純粋な気持ちの中で必要な愛をめぐらせることによって、相手が光エネルギーを受けることでネガティブな状況に至るような結果が生じることはないでしょう。たとえ一瞬でも光が差し込めば、それなりに活力となり癒しとなりますし、そんな一筋の光からポジティブな道を歩もうとするような意識が芽生えてくる可能性もでてくるのです。

ちなみにこのような愛のめぐりによるポジティブな状況は、人に対してのみではなく、すべての魂を持つものに対しても同じです。そして、すべての出来事に対しても同じなのです。

「今」の3次元世界では、政治や経済や教育や医療などといった、世の中でそれなりに重要かつ大きな影響を与えている分野では、その根本的な法律であるとかシステムであるとかといったことを、実際に権力を握って世界を動かしているのは、自らの利益や欲望ばかりめぐらせているような、ごく一握りの権力者やイルミナティーです。私のような一般的な小市民が、今から訴えたとしても、すぐにその声が反映されて活用され、世の中を大きく変革させることはとても難しいことでしょう。

しかし、多次元的でもあり根本的でもある光のエネルギーをめぐらせることは、私たち小市民でも、いつでもできることなのです。そして、多くの人がポジティブな意識を同じ物事に向けて発し、ポジティブな変革を願い、光エネルギーをめぐらせれば、その集合意識から発される多大なる光エネルギーがめぐり与えられることによって、その物事も関わっている人たちにも大きく影響し、さらにアセンションに向けての今の地球自体の高まるエネルギーも加わるために、次の光の世に必要な状況へと大きく変革するに至ることでしょう。

地球全体のアセンションに向けて、地球表面上の3次元世界ではポジティブな状況へ向かっての変化が様々な場面で起きています。個人内の変化はもちろんのこと、家族や地域などといった小さな集団から、国家や地球全体に至るまで、あらゆる3次元の領域内において、光の世へ向けてのあらゆる変化が続いているのは真実なのです。

しかし、その根本的な変化は同時もしくは先に、多次元的であり高次元の領域で起きていることでもありますので、それが同時もしくは後になってから、3次元世界に反映して物質的に認識しやすい状況になって表れているのです。

また、アセンションに向けて宇宙エネルギーも急激に増加し続けていることなどからポジティブな変化を続けている結果として、3次元世界特有の線形時間ではない、高次元の宇宙の時間(時間の存在しないコンティニューム‘時空連続体’)では、地球全体がアセンションすることは、すでに完了していることでもあるのです。

そして、多次元的には完了している今回の地球がアセンションすることに対し、私たち地球人類として転生することができた人類個々の魂をはじめとして、あらゆる形で3次元世界に物質をまとって転生して存在している魂たちが、地球とともに波動を高めて物質をまとったままアセンションするという、素晴らしい体験ができるかどうかは、それを望む魂の場合には、個々の魂の自由意思による今後の選択にかかっているのです。

宇宙全体の領域においては、今回のように宇宙の中でも特殊な形でアセンションを成し遂げる、今はまだ3次元世界である地球に転生して、とても貴重な経験にもなり、魂を大きく向上させるためにも大きく有効にもなる経験をしたいと願っている魂の数は、想像を絶するとてつもない数になっているのです。そんな中で、こうして神から選ばれ転生することができて、さらにこうして「今」も地球上で暮らすことを許されている私たちは、宇宙の中でも幸運でもあり、選ばれた魂でもある、栄誉ある存在でもあるのです。

ですから、こうして「今」、この地球上で暮らしている以上、多くの魂はこのまま肉体を持ったまま地球と共にアセンションすることを望んでいるはずです。もちろん、生前の魂の合意としてアセンション以前に地球から離れて肉体を持たずに地球のアセンションをサポートするお役目を選択している魂もあることでしょうけど、そのようなことは顕在意識においては自覚することは難しいでしょう。

でも、このまま地球と共にアセンションして、肉体をまとった地球人として次の光の世に住み続けたいたいというような願いを、「今」顕在意識の中で持っている方は、その「今」の気持ちが魂の意であるだろうと信頼し、ポジティブな願いが成就することを祈念しつつ、愛をより大きくめぐらせてよりポジティブに尽力し続けることは、自分のため人のため世のため地球のため宇宙のために、とても大切なことなのです。


≪注釈≫「不干渉の法則」 ~魂がより高い世界へ精神的進化を遂げるために必須なもの~

以下の内容は「私はアセンションした惑星から来た 金星人オムネク・オネクのメッセージ」 オムネク・オネク著 徳間書店 より、一部文章を改訂して引用しました。

バランスを整えること、そして、余計な干渉をしないということは、より魂を高めるために人生を送るための秘訣でもあります。これらは魂がより高い世界へ向かう旅の中で精神的に進化し、自己実現そして神の顕現を成就させるために必須なものです。

不干渉とは、各個人の自由のためにあるスピリチュアルな法則です。この世界に同じ人間はひとりもいません。考え方、感じ方、反応のしかた、そして心の傾向や視点は個人によって異なり、精神の開花の度合いもそれぞれ違っています。一人ひとりが持っている自分独自の私的な世界を尊重すべきであるというのがスピリチュアルな法則なのです。

このことが地球では、まだ少数の人にしかしっかりとした認識や理解はされておらず、今日の多くの問題の根底要因となっているのです。もし、人々が自分自身の人生を主導することに対して、より多くの関心を注げば、世界中の問題はもっと少なくなることでしょう。

人が他の人々の人生に干渉すればするほど、その人の人生も他の人たちに干渉されることになるのです。これがカルマの法則のはたらきです。相手に対して、このようにすべきだと思ったら、ある基準やものの見方を持つべきだと思い込んだりすることが干渉につながります。

理想的なのは、他の人たちの個性を受け入れ、それぞれの人がそのレベルに応じて自分に必要なレッスンを受けている魂の存在であると認識することです。自分の考えや見解を押し付けること、相手の許可を得ずに手助けをしたりアドバイスを与えたりすること、さらに相手のしていることが間違っていると思うことすらも干渉に含まれます。

単に自分ひとりで判断を下すのではなく、相手がなぜ、そのように行動し、考え、あるいは感じているのかを理解することのほうが、遥かに有益なことなのです。それはまた、各個人が自分自身をさらによく理解するための手助けともなります。

オムネクが存在していた5次元世界の人々は論争をしないそうです。求めるのは理解であり、相手が伝えようとしていることのほうが大切だと感じているからです。なぜなら人は自身の心の中にあることはすでに知っているからです。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

タエヌ家における1つのエピソード ~ほどよく「アセンション待ち地球人」しましょ!その2~

2012年09月26日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

☆9月末の大祓いを、9月30日に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

DSC01658+(3)_convert_20120926080130.jpg

基本的にタエヌ家の家計は、ホームページ「アセンションスペースシューリエ」でご依頼いただいたお仕事の報酬としていただくお金でまかなっています。また、ブログをお読みいただいている方々の中からご購読料などの名目でご厚意による御芳志として、時々、ご寄付していただくこともあり、とても助かっています。

そのようにしていただいたお金を使って生活している中で、実際には家族6人分の生活費や10万円を超える家賃とを支払うと、毎月ぎりぎりにやりくりしているような状況ではありますが、無理な節約はめったにすることなく、贅沢であると感じるようなこともめったにせず、必要に徹しつつ、わくわく感に基づいて実生活を送ることができているだろうと自負しています。

そして、過去には貯金を含めた現金が数千円を切るような、金銭的に乏しいと感じられるような状況を何度も繰り返し経験してきましたしが、結果的にはこうして「今」の時点でも、石垣島に住み続けることが許されていて、子どもたちも健康でポジティブに在り続けることができていることに、ご縁ある3次元世界に存在する皆様や、ご加護いただいている高次の皆様や宇宙や神々にも、深く厚く感謝している次第であります。

「足は大地に。理想は高く。心には愛を。」

これはアミ(高次の宇宙存在)のお母さんの話していた言葉でして、3次元世界をよりポジティブに生き抜くためには、とても大切にすべきことが凝縮された言葉であると私は認識していますので、常に強く意識していることの中の1つでもあります。

そして、先ほど掲載した内容のように、ほどよくポジティブに「アセンション待ち人」をするように努めていくためにも、大切な事であると思っています。

ここで、とても3次元的で小さな普通の話ではありますが、そんなタエヌ家の状況の中での最近の出来事としまして、きっとアセンションを意識しつつ、それなりに我が家の波動を高めるためにはポジティブな選択をしたのだろうなぁ…と感じるようなことがありましたので、1つの実践例としまして、我が家で最近飼い始めた熱帯魚たちに関するお話を以下に紹介させていただきます。お読みいただき何らかのご参考いただければと思います。

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

最近のできごとですが、約2年半前に私たち家族が千葉県より石垣島に移住してきた際に手放した、多年にわたって飼い続けていた熱帯魚たちを、3週間ほど前に当ブログで紹介しました以下のような成り行きの中で、久しぶりに飼うことになりました。

DSC01673+(3)_convert_20120926081105.jpg
~我が家の水槽で泳ぐグッピー・ミッキーマウスプラティー・ネオンテトラ・グローライトテトラ・アカヒレ・ドクターフィッシュ(ガラ・ルファ)などやアマゾンソード・ロタラ・スプライト・ナナなどの水草たち~

*星印以下の内容は、2012年9月8日に当ブログにて記載した内容を転載しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

デンプ(3女仮名小3)は一人で入浴することやトイレに入ることに対して怖いと感じることがあり、妻と一緒に入浴したり、トイレのドアを少し開けたまま用を済ませたり、トイレのドアの近くに家族のだれかを呼んでいさせてからトイレに入ったりすることがよくあります。

我が家のトイレは、タイル張りで殺風景なのに少し広めにできています。薄暗い日の当たらない環境の適しているクワガタムシは、トイレの片隅で飼育しています。

デンプがトイレにいる時には、このクワガタムシを心のよりどころにしているようですが、それだけでは物足りないようでした。そこで、さらに明るく楽しい仲間を増やそう・・・ということで、タエヌにひらめいたのが、熱帯魚の水槽を置くことでした。

私は、かれこれ約20年ほどの間、様々な熱帯魚や水草の飼育をしてきまして、約2年半前まで千葉県にて一戸建てに住んでいた時の石垣島に引っ越しをする直前にも、60cm2つと90cmの水槽の計3つの水槽を使って、たくさんの熱帯魚や水草や海水魚を飼育していました。

しかし、石垣島に引っ越すことが決まり、とても熱帯魚を飼育できるようなスペースも余裕もなさそうでしたので、水槽も用具類も熱帯魚たちも、すべて手放してしまいました。

石垣島に移住してから、何度も熱帯魚や水草を飼いたいという欲求にかられましたし、4人の子どもたちも、生まれた時から熱帯魚が家の中に泳いでいる環境で育ってきましたので、物足りないような寂しさも感じていたようです。

そして、ついに、デンプの自立のために・・・さらにきっと、私のわくわくを我慢している限界を超えたために・・・30cmの小さな水槽ですが、トイレの片隅で熱帯魚の飼育を始めました。

DSC01712+(3)_convert_20120926091811.jpg
~ネオンテトラ・ヒポプレコ・ゼブラダニオ・グッピー・イシマキガイ・ヤマトヌマエビと、水草のイエローアマニア・アマゾンソード・ウィローモスなどが育っている、トイレにあるミニアクアリウムです~

水槽や器具を買い揃えて気づいたのですが、わずか2年半のうちに、ずいぶんといろいろと物理的に進歩していますし、価格も安くなっていましたし、さらに私が熱帯魚の飼育を始めた20年ほど前と比べると、とても大きな差を感じました。

今の我が家の経済状況の中では、きっと無謀ともいえるべき贅沢な趣味を再び始めたといわれそうですが、このわくわく感は止められず、妻も半分あきらめ顔で同意してくれたことでもあります。

ちなみに、石垣島で購入しようとしても、千葉県で通いつめていた何軒かの熱帯魚店に比べると値段が高すぎますし、私の飼育したいと感じる熱帯魚や水草も少ないために、ほとんどの物や熱帯魚や水草類を、送料無料の通販で購入しました。

通販のお店は群馬県にあるために遠距離の輸送になりましたが、昨日の午前中に、魚たちも水草もみんな無事に元気で石垣島の我が家にお越しくださいましたので、小さな水槽の中にミニアクアリウムを作り上げました。

殺風景だったトイレの中も、雰囲気はがらりと変わりました。我が家のみんなも大喜びで歓迎してくれましたし、デンプも一人で普通にトイレに入っていました。でも、トイレに入っている時間が、みんないつも以上に長くなっていますので、朝のトイレタイムの重なる時間帯はたいへんそうです…♪

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

そして、上記の記事を掲載した後(先々週の火曜日)には、私が狭い部屋の中に本棚を1つ片づけてスペースをつくりだし、今度は60cmの水槽を1つ入れて熱帯魚や水草の飼育を始めました。

DSC01667+(3)_convert_20120926080316.jpg

今、住んでいる賃貸マンションの私が寝室に使っている部屋は、テレビやソファーや本棚などが置いてあり、日中はリビングとして使用している、6畳の空きスペースの狭く感じるような部屋で、コンクリートに囲まれた殺風景な感じでしたが、小さなアクアリウムが1つあるおかげで、部屋の雰囲気はとても明るく和やかになり、私たち家族には長年親しんできた、熱帯魚の泳ぐ水槽のある癒しの空間となりました。

この60cmの熱帯魚の水槽を購入する際には、わくわく感は強くあったものの、足元の家計の状況を考慮すると、けっこう厳しいとも思いましたが、ちょどその頃に実家からたくさんのお米が送られてきたり、就労している長男に臨時収入があったとのことで生活費として1万円ほど入れてくれたりしたので、そんなことなどからも「おっ…この流れはやっぱり熱帯魚たちを飼っていいということだな~」と判断し、妻に了承を得て購入しました。

2つの水槽の熱帯魚の餌やりはデンプが毎日欠かさずに自分から行てくれています。私は、水槽のメンテナンスをしたり熱帯魚や水草を育てる環境を整えたり、アクアリウムの見栄えをより美しくしたりしながら、癒され大いに楽しんでいます。

DSC01700+(3)_convert_20120926083411.jpg

こうして、1つの願いは叶いましたが、私には3次元的に強く願って抱き続けていることが、あと2つあります。1つは、もっと大きな部屋や庭のあるマイホームに住みたいということ。もう1つは、3次元世界のうちにもう一度だけでもいいから…出雲の国と伊勢神宮と富士山周辺に旅行したいということです。(ちなみに、元来、国内旅行好きの私ではありますが、石垣島に移住して以来の約2年半の間、長男と長女はそれぞれ修学旅行や部活動の大会などで沖縄本島や本州に行きましたけれど、私も妻も次女も3女も、八重山諸島(石垣島を含む最南端の島々)から一歩も外に出たことがありませんし、家族で宿泊しての旅行もしていません。車一台に乗って旅行するのとは違い、飛行機の運賃が我が家にとっては高すぎます。でも、範囲は狭いのですが、毎日旅行気分で過ごす石垣島での実生活や、時々船で渡る八重山の島々の旅行だけでも満足しています。)

しかし、こればかりは時間に余裕があっても、今の私たちにとっての大金がなければ、3次元世界においては実現不可能と思われるので、今はどうやっても金銭的な必要に満たされていないことからも、今はこのままこの家に住み、本州にはまだ行かないことが、今のこの状況が必要に満たされたベストなのであろうと認識して、願いを理想として強く抱きつつ、ロト6やBIGを毎週2口ずつちょびちょびと買い続けて夢を追い、決して‘ない物ねだり’をするようなことはなく、ポジティブに強く願い続けています。

でも、熱帯魚を飼育することは、経済状況の先々を考えると無謀ともいえると思いますが、今のわくわく感に従い、今の時点の状況だけををみると、金銭的には、今、手元にはあるので、自分自身の波動を高めるためにも、家族の波動を高めるためにも、とてもポジティブであり必要であると強く感じました。

そして、今、このアセンション直前の大切な時期に、よりわくわく感に従って、より波動を高めるために、無理をしすぎることはなく、足元を見据えつつ、先々をネガティブに考えて取り越し苦労は極力しないように努める中で、結果的には迷うことなく、今の足元の状況を認識しつつも、波動を高める事を意識して実行しました。

これらのことからも、私が、この今の時期に熱帯魚たちの飼育を決めた根本的に大きな理由は、アセンションを意識してのことであるとも捉えています。また、今、この瞬間をよりポジティブに生きるために、今、この時の選択をよりポジティブな意識の中で行ったのだろうと自負しています。

DSC01628+(3)_convert_20120926051816.jpg

まあ、長々と理屈っぽくも書いてしまいましたが、平たく簡単にまとめますと、「金銭的には乏しい中ではありましたが、自分や家族のわくわく感を優先して、無理しすぎるようなネガティブに感じることのない範囲内のお金を使って熱帯魚飼育を始めたら、結果的には、さらに家の中や家族全体の波動が高まったように感じますぅ~というような、どこにでもあるような普通のお話でした。

でも、このアセンション直前であることを十分に意識しつつ、たとえどんなに小さなできことであったとしても、「今」をより波動を高めるための選択をし続けることも、「今」をよりネガティブな事を選択しないように努めることも、私にとっても家族にとっても、とてもとても大切な事であると思って実行し続けています。

そして、アセンションした後は、世の中の状況もさらに大きくポジティブに変わり続け、お金という価値観も変わるために、お金があってもなくてもお金には関係なく自由に住む場所を選べて、日本中も世界中も宇宙の惑星にも自由に行けるようになるだろうとも認識しているので、今、もしもこのまま願いが成し遂げられなかったとしても、アセンション後には願いは叶いやすくなるだろうということを信頼して、「今」を不満に思わず、必要の中にあることに感謝しつつ、ほどよく「アセンション待ち人」しています。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









スピリチュアル

ほどよく「アセンション待ち地球人」しましょ! その1 ~意識の持ち方~

2012年09月26日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

☆9月末の大祓いを、9月30日に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

私が約8年前までの15年間ほど、公立の小学校や特別支援学校の教員をしていた頃に、時々同僚との会話で使っていた「春待ち教師」という言葉がありました。だいたい、秋の深まった頃から3学期の終了前までに使われる言葉ですが、この言葉はちょっと皮肉ったようなネガティブな感覚で使う言葉なのです。

どういう意味かといいますと、自分の担任している学級内で、児童とうまくいっていないとか、保護者とのトラブルを抱えているとかといったような、担任している学級内でのことを強くネガティブに感じている教師が、とにかく3月末までの担任という立場でいる期間だけはなんとか乗り切ろう(逃げ切ろう)。そして、4月からは、違う学級の担任を受け持つ、もしくは転勤先の学校にて、一から出直してあらたな気持ちで頑張ろうとしているような、いわば限定されている期間はそれなりにしのいで時が過ぎるのを待ち、次の機会である新年度を待って心機一転を図ることを考えているような教師のことを指しています。

しかし、周囲の教師にも「春待ち教師」であると思われるほどの状態になってしまったような教師は、さらに学級内での不調和は続いたり大きくなったりしがちですし、春(新学年の始まる)までの間がとてもとても長く感じることでしょう。そして、実際にもスムーズに春をむかえられず、新年度になって新しい環境になっても、同じようなネガティブな状況を繰り返し引き起こしたり、さらにネガティブな状況になってしまったりすることもよくあることです。

担任の先生として、それなりに信頼してくれているご縁をいただいた子どもたちのためにも、協力してくれている保護者のためにも、そしてさらに自分自身のためにも、「今」をおろそかにしてしまっては「未来」は明るく開かれてはいかないでしょう。そして、波動の法則やカルマの法則によって、たとえ新年度が始まっても、「今」の波動やめぐってくるカルマを昇華していない限り、状況は改善されにくいのです。

それでもそんな自分のネガティブさに気づき、現実(今)から逃げようとしている自分を反省し、少しでもいいから「今」できることから改善していこうと努めさえすれば、それなりにポジティブな状況へと変わっていくはずです。たとえ心の中では春を待っていても、「今」をより大切にし、必ず来ると思う春までの間を、自分なりに少しずつでもポジティブな状況へと改善するように努めてさえいれば、波動が徐々に高まって周囲との不調和が緩和され、春が来るまでの間がより短く感じるはずですし、実際に春が訪れた時には、よりポジティブにスムーズに迎えることができるはずです。

春は必ず来ることを信じ、新たなる前向きな気持ちで迎えられる素敵な春をわくわく心待ちにしつつも、「今」を大切にし、「今」やるべきことに尽力し、「今」をよりポジティブに生きることに努める。そんなふうにほどよく「ポジティブな意味合いでの春待ち教師」でありながら、目の前の「今」共に在る子どもたちのために教師としての努めを果たし、より多くの愛をめぐらせるすことに尽力することが、とてもポジティブであるといえるでしょう。


スピリチュアルに目覚めたり、目覚めが進んでいるような人々が、さまざまなスピリチュアルな情報を得ていく中で、地球がアセンションする可能性の高いということを信じる人は、どんどん増え続けています。

しかし、急激にエネルギーは高まり続けて、実際にアセンションが間近になっているとそれなりに感じられつつも、今はまだ3次元世界であってネガティブな面が多々ある地球上は、まだまだ物質的にも意識的にも社会的にも何もかもがアセンションに向けて変化している最中であり、徐々に高まってポジティブに変化してきてはいるものの、まだまだネガティブに感じられるようなことはたくさん見受けられ認識できます。

政治や経済や教育などといった大枠的なことも、身近なことも、集団意識も個人意識でも、まだまだネガティブな面も多々あるために、ポジティブなものへと変革している最中である「今」は、様々な葛藤が、個人内でも集団においても地球全体においても、たくさん起きているのです。

そんな中、心がけたいのは「春待ち教師」ならぬ「アセンション待ち地球人」の色合いを濃くしすぎないように留意する必要があるということです。目の前の「今」の現実的なことの中で、あまりにもネガティブに感じてしまうことがあると、アセンションを意識している人の中には、ついつい‘アセンションさえすれば…’‘きっとあともう少し時が経てば…’みたいに強く思いすぎてしまい、「今」の目の前の状況を、できるだけポジティブな状況へと改善したり解決したりすることに努める度合いを弱めてしまったり、解決することを先延ばしにしたり、逃避したり、責任転嫁したりするようなネガティブな対応をする傾向にある人も、実際には少しずつ増えてきているように感じられます。

もちろん、アセンションすることを意識することは、とてもポジティブなことであり、大切なことであるといえます。次の世である黄金時代は必ず来ます。4次元そして5次元の世へと、必ずアセンションすると私も信頼しています。しかし、待ちわびすぎてしまったり依存しすぎてしまったり、「今」の自分自身の成すべきことをおろそかにしてしまい、結果的にネガティブになってしまったりすることは、逆に、アセンションまでの期間を遠のけてしまい、長引かせてしまう結果に至るでしょうし、それどころか、地球と共にアセンションすること自体も難しくなってしまうかもしれません。

それでもそんな自分のネガティブさに気づいたら、現実(今)から逃げようとしている自分を反省し、少しでもいいから改善しようと努め続けていれば、それなりにポジティブな状況へと変わっていくはずです。たとえ心の中ではそれなりに強い思いで春(アセンションの完了する時・高次元の世界)を待っていても、「今」をより大切にし、必ず来ると思う春までの間を、自分なりに尽力しようと意識して努めてさえいれば、波動が徐々に高まって周囲との調和がより成されていき、春が来るまでの間がより短く感じるはずですし、よりスムーズに実際にも春を迎えることができ、黄金時代とも呼べるような、素晴らしい高次元の世界での実生活を送ることができるようになるでしょう。

そんなふうに「ほどよくアセンション待ち地球人」しつつ、自らもより多くの光をめぐらせて、地球がよりスムーズにアセンションするために貢献できるよう尽力し続けることが、今の世を、よりポジティブに生き抜くには、とても大切なことであるといえるでしょう。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

7種のパワーストーン

2012年09月25日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

☆9月末の大祓いを、9月30日に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

今から8年半ほど前、私が教育公務員を辞職して、スピリチュアルな道を生業とした当時、ヒーリングルームとともに小さなパワーストーンのショップも開いていました。

その頃は、主に5か所ほどの業者から仕入れていましたが、5年ほど前からホームページによる販売のみにした頃からは、最も素晴らしい質のパワーストーンを安定した価格で提供してくれる山梨県の甲府盆地にある輸入業者1軒にしぼり、今もお取引を続けています。

現在、アセンションスペースシューリエのホームページ⇒「パワーストーンの販売」で紹介させていただき、私が自信をもってお届けできると感じられたパワーストーンのみを販売していますが、種類を7種類に限定しています。この理由は、安定して良質のパワーストーンをお届けできることと、常にパワーが強く素晴らしいと感じているからです。

今回は、私がHPを通して販売している7種類のパワーストーンのパワーに関することを紹介させていただきます。

☆水晶 ~招福・浄化・直感力・オールマイティーのパワー~

古来より霊石として崇められており、生命や精霊が宿っているともいわれてきました。アメリカ先住民族のシャーマンは、儀式や病気回復のために用いていたようです。浄化力に優れています。持ち主のエネルギーと共鳴したり、一緒に持ち合わせている他のパワーストーンのエネルギーとも共鳴したりするために、直感力を高めたり、一緒に持ち合わせている他のパワーストーンのパワーをより高めたりする効果もあるといわれています。

☆アメジスト ~インスピレーションや霊力を高める・魔よけの護符・真実の愛・冷静な判断力・癒し~

古代から、高貴な石として扱われてきたようです。インスピレーションや直感力を高めるパワーや、ネガティブな感情や高ぶりすぎる感情を鎮めるパワーがあります。「恋愛成就」「愛の守護石」ともいわれています。

☆ローズクォーツ ~女性性を高める・美意識を高める・愛をはぐくむ

美と愛を象徴する石とされています。やさしい感情と円満な心を養うパワーがあるとされ、他人からの好意を受けやすくなるといわれています。また、ダイエットや美容にも有効とされています。

☆ブルーレース ~平和と安らぎ・知性・情緒の安定・忍耐力~

古代から危険を回避する御守りとして用いられていました。身につけている人を平和と安らぎで満たしてくれるといわれています。また、情緒を安定させる効果もあり、試験前や仕事上の課題に追われているような時に、安らぎや落ち着きを与えてくれます。

☆タイガーズアイ ~ 洞察力・邪気払い・幸運・仕事運・金運~

「虎目石」とも言われていますが、虎の目は「すべてを見通す目」ともいわれ、洞察力を高め、災厄を避け、成功をもたらす石とされています。他人からの邪気や邪念を跳ね飛ばし、直感力や行動力が高まり、仕事運や金運をアップさせるとも言われています。

☆赤メノウ ~魔力の石・悟りの石・気力の石・向上心の石

イライラしているような時には心を鎮めて、内面のやさしさを引き出すとされています。好奇心引き出し、気力や行動を起こしやすくなるとも言われています。勇気や勝利の祈願として、御守りにも用いられてきました。

☆オニキス ~甘い誘惑から逃れ邪念や災いを振り払う石~

邪念を払うとされて、昔から護符として用いられてきました。気持ちの高ぶりを抑制し、感情をコントロールするパワーがあるとされています。「自己防衛の石」ともいわれているようです。

上記の内容は以下の書籍も参考にして書きました。
・パワーストーン&宝石の事典 タナカヨシコ著 日本文芸社
・パワーストーン 森村あこ著 実業之日本社

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

シリウスからのメッセージ ~あなたの旅~

2012年09月25日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

☆9月末の大祓いを、9月30日に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

*以下の内容は、2008年8月23日にタエヌがシリウスの高次の存在とチャネリングして書き下ろしたメッセージを改定して掲載しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

やわらかい春のような陽気の中
あなたは私を目覚めさせてくれた

心地よい朝

もうこの先(アセンションした先)・・・
この幸せが崩れることは2度とない・・・


一度目覚めた魂は、2度と同じような眠りにはつかないようにしようと、みんなさらに幸せな目覚めを求めた旅をします。もちろん、旅の途中に立ち止まったり、後ろを振り返ったり、一時的にネガティブな感覚の中での旅をしてしまったりすることは仕方のないことです。3次元の世の旅は、すべてが快適な旅であるわけでもないし、油断をしすぎると足元をすくわれるかもしれないという危険も伴った旅なのです。

でも、あなた方地球人類の旅は、深い愛に包まれた中での旅であることに気づいてください。それは何も、あなた方の目の前にいる人や家族や友人だけではありません。遠い宇宙からも、神様からも守護霊様からも、たくさんの魂の愛を受けているのです。だから、そんな愛を感じ愛に守られていることを感謝し、たくさんの愛に守られていることを信頼して旅を続けていれば、その多くが快適で安全な旅になるのです。

移りゆく世をただ人として存在して生きているだけで、あなた方はたくさんの旅をしています。そして、旅の途中で、たくさんの魂と触れ合います。実は、その触れ合うすべの魂も、旅先での出来事も、あなた自身が選択した出会いであり触れ合いでもあり経験でもあるのです。だから、すべてがあなたの望んだことなのです。

この世の旅においては、何一つ無駄なものはないのですが、より明るく快適な楽しい旅を続けたいのであれば、毎瞬訪れるあなたの自己責任による選択を、できるだけ高い波動の中で行うことが最も望ましいことです。

特に、大切な選択をするときには、自分自身の波動ができるだけ高い状態の時に選択することが望ましいのです。波動が低ければ低いほど、思考も意識も感覚も、よりネガティブになりやすいのです。

ネガティブなことから発するものは、波動の法則によりネガティブなものを生み出し引き寄せます。だから、ポジティブな状態の中で、より高い波動の選択をすることが大切なことになります。

あなた方地球人類は、よく旅をしながら、他人から制限を受けることがあります。行動の制限。言論の制限。時間の制限。思考の制限・・・などなど。もちろん、それはそれとして参考にするのは良いのですが、これはやはり3次元の旅特有なもの。4次元以上の世界における旅には、他者から受ける制限はまったく存在しません。

これは、不干渉の法則という基本的なこととして、高次元の世界では当然のこととして守っていることなのです。でも、自らの選択によって行動を控えたり、言葉を慎んだり、時間を目安にしたり、思考をやめたりすることなど、自己責任のもとで選択したことでしたら、これは制限ではなくて自由意思により選択したことになるので、これはとてもポジティブなものであります。

3次元の世にいながらも、スピリチュアルなエネルギーやその世界をもっと感じたいとか、生かしたいとか、実感したいとかといたことを意識して行動に移し得ようとした場合、もしも師である人や団体などから制限を受けるようなことがあった場合には、一度あなた自身で、その師や団体があなたにとってふさわしいものであるかどうかを、よりポジティブな状態において見つめなおしてみてください。

また、制限のようなものを受けた場合には、きちんとあなた自身の魂に聞いてみる(直感に頼る)とか、自己責任上で納得して行うとかということでしたら、それは自分の選択したことになるわけですから、それはそれでポジティブなものとなる場合もあります。

あなた方の3次元の世の旅は、もうまもなく終わって、すべてが光輝きポジティブな経験のみである高次元の世の旅へと移る魂と、まだこの先も居心地の良いネガティブな経験も含んだ3次元以下の世の旅を選択して、さらに長い時間を3次元以下の世にて暮らすことを望む魂とに分かれます。

いずれにしても、今の時点ではあなたがた3次元の世に存在するすべての地球人類は、今はまだ同じ3次元の世にいるわけです。ですから、すべての人が、この先の自らの自己責任における選択次第で、どの世の旅をするかという大切なことを決めることができるのです。また、どの旅を選択するのかによって、あなたの周りの人々を導くこともできるのです。

私はできるだけ多くのみなさんに、自分自身が次の世へと昇る旅をすることを目指しつつ、まわりの人をも高次元の世の旅に出ることを選択するようにいざなうことを望みます。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

地球人類の肉体と意識の次元

2012年09月24日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

☆9月末の大祓いを、9月30日に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

スピリチュアルな情報の中で、すでに地球上は4次元もしくは5次元の中にあるとか、すでにアセンションしていて肉体も意識も、4次元もしくは5次元にあると認識されて表現されている方がいらっしゃいますし、同様に感じられたり、この情報を信頼されたりしている方もそれなりに多くいらっしゃるかとも思います。これは私の個人的な捉え方になるかと思いますが、実際に私はそのへんのことを言葉で言い切ることが難しいと捉えていますし、私もはっきりとはわからない部分もあります。

でも、次の2点に関しましては、私は真実であると確信しています。

1つは、今、私たちがまとっている肉体に、痛みを感じたり、疲れや苦痛を感じたりしている状態である現状。自分の肉体から魂を分離すること、つまり死の時期をコントロールすることができなかったり、肉体の状態を自由に自分の意識でコントロールできなかったりしている現状。これは、まだ3次元特有の肉体の状態であるということ。つまり肉体自体はまだ3次元にあるということであるという証拠であるともいえるということです。

ただし、波動が高まっている人は、徐々に、より高次元で存在できる肉体へと変化している最中であることも事実なので、みんな同じ状態であるというわけではなく、同じ3次元の肉体とは行っても個々によって、3.1次元の肉体である人もいれば3.8次元の人もいるでしょうから、3次元の肉体とはいってもとても幅がありますが、肉体からネガティブなものを生じない「完全な4次元世界に存在できる肉体にはなっていない」ことだけは確かであると私は認識しています。

もう1つは、愛の大きさ、慈しみ、スピリチュアルな意識の広がりなどといった、高次元的な意識が高まり、高次の意識状態に至っている人が急増していることはわかっています。しかし、まだ地球表面上にて3次元世界に適応するための肉体を持ち、3次元意識である怒り、悲しみ、不安、嫉妬、痛み、苦痛などといった低い波動のネガティブなものも持ち合わせてバランスを保っているのも事実ですので、完全に高次の意識には至っていないということ、つまり顕在意識はまだ3次元にある、3次元意識もそれなりに残っていると私は捉えています。

また、コミュニケーションの手段も、言葉や文字によるものが今はメインになっています。でも、4次元以上の意識と肉体へ完全に至ると、そのような物質的・五感的なことに頼らず、時間も距離も関係なく、テレパシーによってコミュニケーションをとることができるわけです。

ただし、3次元に顕在意識はあるとはいっても、これにも肉体以上に幅があって、実際には意識が3~5次元、もしくはそれ以上という大きな幅の中にあり、例えばある人が多くは4次元意識の中にあるけれど、時々3次元以下の意識の中のネガティブな部分が表出するとか5次元意識も表出する・・・といったような、あいまいというか幅の大きな表現に至るような状況の方が多いかと思います。ですから、完全に4次元や5次元の意識ではありませんが、完全に3次元意識というわけでもありません。まだ、完全に高次の意識には至っていないために、高次の意識を持ちつつも、3次元以下の意識も持ち合わせているといえるのです。

ちなみに、ここで述べている意識とは、主に顕在意識を指していますので、3次元の肉体を持ち合わせた状態で表出している意識ということになります。実際には潜在意識・無意識レベルである、現在地球に人類として存在している者の魂本体の次元は3~7次元の人が多く、中にはあまりにもネガティブなことをしたために2次元に落ちてしまっている魂も、今の世に地球人類として存在しているのが事実です。ですから、五感レベルでは3次元の世の人とひとくくりに認識できても、スピリチュアル(霊的・霊性・本質)なレベルでは、2~7次元という幅広い魂が3次元の肉体をまとい、魂を磨き合うために混在している状態が今の地球の世であるといえるのです。

これらのことから、もうすでに地球はアセンションしていて、意識は4次元以上にあるとか、肉体も本当は4次元以上に至っているとか、そのように言い切ることは難しいといえます。かといって否定するわけではなく、そのような部分もあるとか、完全に高次の状態に至る直前にまで進化してきている人が増えてきているとかとは認識しています。

ちなみに、私の今の時点での捉え方としましては、完全に4次元以上の状況に自分自身の肉体や意識が至ったと感じる基準は、肉体に痛みや疲れを感じなくなり、肉体を自由に自分の意識によってコントロールでき、肉体と魂の分離である死を自らが選択することができ、怒りや悲しみや不安や嫉妬やエゴといったネガティブな意識を自他ともに認識できず、すべてが愛と自由と平和と至福感のなかに包まれていると認識できた時であると思っています。

また、自らの魂が記憶しているすべての過去世を思い出すことができ、アカシックレコードなどの宇宙の叡智とつながり、本来持ち合わせている様々な叡智を自分の知識として活用することもできるのです。肉体的は完全にクリスタル基盤になり、肉体的に不足している部位は再生され、不調の部位も改善されたと自他ともに認識できた時であるとも思っています。

この移行期間の最終段階である今、より高次の意識の中でバランスを保てるように努め、肉体もより健康な状態になるように配慮し、波動を高めることでさらなる高次のエネルギーを与えていただき調和されることを願い、日々の日常生活をよりポジティブに生きること、よりポジティブなことを習慣にすることに努める必要があります。

このことをもう少し具体的に述べますと、肉体のバランスをよりポジティブに保つために、睡眠時間や休息を必要と感じるだけの時間を取るようにしたり、程よく肉体が活性化するような軽い運動や深呼吸等をしたり、より自然の中に身を置いたり芸術に触れたりするなど、身も心も癒されると感じることをしたり、栄養やエネルギーのバランスや時間などを配慮して、よりポジティブな食事をとったりするなど、あまり無理することなくポジティブに感じることを習慣にするまで意識的に努め、より健康でいられるように配慮することによって、肉体の総合的な波動が高まります。

そして、今の地球上にはまだまだネガティブなエネルギーとポジティブなエネルギーとが混在している中、波動の法則によってより多くの質の高いポジティブなエネルギーを肉体に与えられるようになるために、肉体の密度はより繊細になり、4次元の肉体に近づいていくのです。

また、意識の状況も同様に、より波動の高い意識でいられるように努め、よりネガティブな意識を少なくしていられれば、その分、ポジティブなエネルギーをたくさん得ることができるために、ますます意識の波動は高まって愛に満ちていきます。そして、この肉体の波動も意識の波動も、両方がバランスよく高まれば高まるほど、より高次元の状態に近づき、意識も肉体もあらゆる高次元のエネルギー体も調和されていき、その人の個の全体的な波動は高まっていくのです。

そして、全体的に、より高次の状態で調和が保たれていくにつれて、顕在意識における幸福感も充実感もさらに増していき、気がつくと、ネガティブなことが生じない状態にまで至っていて、完全に3次元世界を抜け出して高次の存在に至っていることを認識できるのです。

完全に高次元の状態に至れば、練習などしなくても、ナチュラルな意識の中で思念・テレパシーによってコミュニケーションを図れるのです。他者に伝えられなくても、自分自身が高次元の状態に至っていることを、自分の意識の中ではっきりと認識できるようになるのです。


PS.ちなみに、今回の記述では、意識と肉体とを同等の割合のような感じで表現していますが、個々の全体的な波動を高めるためには、実際には意識の波動の方が圧倒的に影響力は強いです。意識によって肉体をコントロールすることはできても、肉体によって意識をコントロールすることはできません。しかし、どんなに意識が高まっても、3次元世界に存在して3次元の肉体をまとっているかぎりは、肉体もとても大切ですし、意識をさらに高めるには肉体とのバランスをよりポジティブに保つ必要があるのです。ですから、物質である肉体自体に対しても、意識的にバランスを保てるよう配慮する必要があるということなのです。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

マイナスエネルギーの影響を抑えるための留意点と浄化方法

2012年09月23日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

☆9月末の大祓いを、9月30日に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

2年ほど前のことになりますが、ほぼ同じ時期に、HPからのお申し込みを通してご縁をいただいた3名の方々からメールで同じようなご質問を受けましたので、必要に感じたことからブログで掲載することにしました。

その、いただいたご質問の内容は、病院でお仕事をされている方や、この先に病院関係のお仕事をする予定である方から、邪気(ネガティブなエネルギー)を受けないようにするための対処の仕方や、受けた際の浄化方法、留意点等に関してでした。病院に勤務することに限らず、ネガティブなエネルギーの影響を受けてしまいそうな場所に行く際の留意点や、事後の浄化に関して等を、以下、簡単にまとめてみましたのでご参考下さい。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

病院は、どうしてもネガティブなエネルギーが溜まりやすい場所ですから、自分自身の波動が下がって入れば下がっているほど、それなりにマイナスのエネルギーの影響は受けやすいです。また、人のために役立ちたいというポジティブな思いを強く抱いて病院で仕事をしていたり、自分自身の病気を治療するためにとポジティブな願いを持って病院に行ったりしたとしても、やはりそれなりにネガティブなエネルギーの影響はどうしても多少なりとも受けてしまいます。

しかし、そのようなポジティブな思いが強ければ強いほど、その人自身がポジティブなエネルギーを発するために、低い波動の影響もマイナスエネルギーの影響も、それなりに受けにくくはなります。

また、病院に限らず、電車やバスなどの乗り物の中や役所や警察署や税務署や裁判所などの、人ごみ、気の滞っているような場所、訪れる人があまりポジティブな気持ちではない場合の多い場所も、マイナスエネルギーが多く溜まっていることがよくあります。

ですから、そのような場所へと必要に応じて行ったり、仕事をしたりしているような方は、できるだけ自分自身の波動を下げないように意識しつつ、よりポジティブにいられるように努め、ネガティブなエネルギーの影響を最小限に食い止めるように意識することは、波動をそれなりの状態に保つためにも、健康をよりポジティブな状態に維持するためにも、実際はとても大切なこととなります。

そして、そのようなネガティブなエネルギーの多い場所に行った際には、その影響を多少なりとも受けてしまうことは、しかたのないことであるとポジティブに捉えて、場所から離れた後には、それなりにしっかりと浄化に努めることもお勧めします。また、浄化の力の強いマントラを心の中で唱えたりオーラを強めてガードしたりするなど、身につけている方法があれば、その時に行いたいと感じるがままに実践することも効果的でしょう。

また、そのような場所で波動が下がってしまうような状況になると、さらに低い波動がめぐってしまい、ネガティブなエネルギーをより多く受けてしまう可能性が高くなりますので、不安や心配や怒りなどのネガティブな感情を極力抑えるように努めるなどして、より波動を下げないように意識することも大切になります。

そのようなネガティブなエネルギーの多い場所を離れてからの浄化の方法は、普段、マイナスなエネルギーの影響を受けた時に行っている浄化方法があれば、その時点でこうしたらすっきりとしそうだと感じられたことを行うことが最も適している方法となりますし、特に普段は浄化を意識的に行っていないようでしたら、何らかの方法を用いて、意識的に行うことをお勧めします。

私の場合は、邪気を多く受けていると自覚した場合には、その都度、自分で思い浮かんだ方法により浄化するように努めています。浄化の具体的な方法や浄化力の高いマントラなどに関しましては、過去のブログの記事「浄化&パワー入れ実践方法」「風邪いついて」「朝のお祈り」等に書いてありますので、よろしかったらご参考ください。

その中で、基本的にいつも私が邪気払いのために最も即効性があると感じているために行っているのは、入浴法(ぬるま湯でじっくりと温まり、身体全体をよく洗う)と、水分を多めに摂取をすることです。特別なことではありませんが、意識的にいつもより長くお風呂に入って、しっかりと体を洗うようにしただけでも効果的ですし、水分をたくさん摂取して、発汗や排泄などにより体内の邪気を排出するのも即効性があります。また、呼吸法を用いたりイメージしてエネルギーを取り入れて浄化したりする方法もお勧めします。

上記のようなマイナスエネルギーが強いと思われる場所に行った後、気持ちがネガティブになった、疲労感が強くある、体や心が重い、頭痛や吐き気やのどの痛みや食欲不振などの肉体的な不調和を感じたなど、心身にネガティブな状況が生じた場合には、明らかにマイナスなエネルギーを受けてしまっている証拠であると捉えるべきでしょう。

そして、そのように認識した際には、‘意識的に浄化する’のか否かによって、その都度の状況も違ってきますし、意識的に浄化することを日常生活において積み重ねることによって‘習慣’にしてしまえば、体内にマイナスエネルギーを極力貯めこまずに済むために、より健康でいることができ、全体的な波動も高まる結果に至るでしょう。

マイナスエネルギーの多くある場所に行ったり、波動の極度に低い人と会ったりした際に、完全にマイナスエネルギーを防御するのは難しい(不可能である)と思って下さい。しかし、自分自身の意識の持ち方や対処次第で、影響をより少なく抑えることはできますし、それなりに強く影響を受けてしまったとしても、できるだけ早く有効に自己浄化さえすることができれば、より短い時間で元の波動状況に戻すことが可能なのです。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

邪気咳・手のしびれについて

2012年09月22日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

☆9月末の大祓いを、9月30日に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

2年ほど前の話になりますが、私から遠隔レイキの伝授を受けられた方から、ヒーリングに関するご質問をいただきました。回答のメールを記述した後、ヒーリングを実践している方にも、特にヒーリングを行っていなくてもスピリチュアルなエネルギーに敏感であったり意識されたりしている皆様にも、それなりの参考になるかと感じましたので、以下に一部改訂して掲載させていただきます。


Qヒーリングをした際に、普段はほとんどないのですが、ヒーリングを行う相手によっては、自分の手がしびれることがあります。また、咳が異常に出るようなこともあります。この要因はどういったことなのでしょうか?


A.ヒーリングを行った相手(ヒーリー)に、マイナスエネルギー(邪気)がたくさんあって、それが一気に浄化したために肉体から排出されるほこりのような邪気(私にはくすんだねずみ色の煙のような感じで、細かいほこりのようにみえるので「ほこり邪気」と称しています)がたくさん認識されるような時、ヒーリングをしている最中や終了後にも咳が出ることがあります。

7~8年ほど前から私と妻の会話の中では、それを「邪気咳」と呼んでいます。ヒーリングをした際にはもろに受けてしまうことが多いのですが、それ以外でも人ごみの中にいる時や場所の波動が低い時など、急に邪気をたくさん受けた時やその直後、もしくは帰宅してほっとした後などに邪気咳が出ることがあります。

ヒーリングを行う際に、邪気咳が出るほど多くの邪気を感じる場合は、相手がたくさんの邪気を持っているために起きる場合もありますが、ヒーリーが一気に癒されたための浄化現象である場合が多いです。また、直接に手を当ててヒーリングを行わなくても、遠隔でヒーリングを行うことや、オーラが触れるだけでも癒しが行われて、いつも以上に相手から邪気を受けるような場合もあります。

ちなみに、邪気咳が出ることは、自分自身の肉体内に入り込んでしまった邪気が、体外に排出される‘浄化現象’ですので、実際にはとてもポジティブな現象であるといえるでしょう。ですから、薬を使用して咳を緩和させようとしたり、無理やり咳をがまんしたり止めようとしたりせずに、邪気咳は肉体を浄化するために、肉体の自然治癒力による即効性のある対処法であると認識されるとよいでしょう。

ネガティブなエネルギーを感じた際に、邪気咳が出る以外に起きる現象をいくつかあげますと、気分が悪くなったり、頭部が重くなったり締めつけられるようになったりするなどの違和感や、痛みを感じたりする場合もあります。また、第3チャクラ周辺は比較的に感じ取りやすく、みぞおちの辺りが苦しくなったり重くなったり、吐き気がしたりすることがあります。ハートチャクラで強く感じ取ると、心臓辺りがいたむような場合もあります。第5チャクラで強く感じ取ると、のどがガラガラしたりタンがからんだりすることもあります。古傷が痛んだり、その時点で不調な状況がより不調になってしまったりすることなどもあります。

手がしびれたり、感覚がマヒするような感じになったり、握力が弱まったように感じたりする際には、やはり同じようにエネルギーを送る際の媒介となっている手のひらで邪気を強く感じ取っている時におきる典型的な現象でして、それなりにヒーリングした経験を多く持つヒーラーによっては、同様に感じる人も少なくないようです。

その際の対処法として、もっとも簡単なのは、ヒーリングを終了した後に、手をよく洗うことです。これは石鹸を使って洗ってもよのですが、流水で手のひらや手首を洗い清める感じの意識で洗うと良いです。また、もしも流水が近くになかった場合には、手の平や手首に泥がこびりついているようなイメージをして、その泥をぬぐい落として捨てるようにすると、邪気を払うことができます。このぬぐい取った邪気は、必ずだれもいない所や大事な物が置いていないような所にぬぐい捨てた方が良いです。(私は室内で行った際には窓の外に捨てることが多いです)

もう1つの対処法として、パワーストーンのブレスレットを腕に付けることです。このことによって、手のひらから出るエネルギーが強くなったり質が高まったりするばかりでなく、手のひらから手首を通して自分に入ろうとするマイナスエネルギーを手首で食い止める役目も果たしています。よくシャーマンと言われるような人が、手首にブレスレット上の物を身につけているのは、そのためであると言われています。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

みんなでアセンションしましょ! その9

2012年09月22日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

☆9月末の大祓いを、9月30日に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

これまでに何度か述べてきましたが、波動・エネルギーなどのスピリチュアルな状況に変化が起きても、3次元的な物質世界における変化は、同時もしくは後になって起こることがほとんどです。

ですから、現段階の地球上の現状も、エネルギー的には地球全体が総合的に高まり、さらに加速度を増してエネルギーが与えられていることなどから、急激に変化をし続けているわけですが、3次元世界における出来事や、社会の体制や、個々の意識や人間関係など、現実世界においては徐々にポジティブな方向へと変化が起きているものの、実際のエネルギーの総合的な高まりに見合った変化が起きていると認識できるような状況にまでは至っていないと、多くの人が感じていることでしょう。

根本的・総合的には様々なポジティブな変化は起きているとはいっても、私たちにとっては目にする現実的な状況の中には、4次元世界への移行の間近とはいっても、まだ今の時点では4次元世界に近いポジティブな状況であると、心の底から実感できるような状況になっていると認識できることは、まだそれほど多くはないことでしょう。

そして、この先、地球上が第3密度から第4密度へと変わる時、つまりアセンションした時にも同様なことが言えますので、アセンションして波動・エネルギーの状況が4次元世界へと移行しても、現実世界の状況は変革の途中であったり、個人内でも葛藤している最中のままアセンションする場合もあったりします。

ですから、アセンションして波動・エネルギーの状況が大きく変化した次の瞬間に、すべてが4次元世界に見合った状況に至っているというような奇跡的でありマジックのような状況で瞬時に変わるのではなく、社会の体制や人間関係などの現実世界の状況は、今のようにこの先も徐々にポジティブな状況へと変化し続けていくことが多くあります。また、個人の領域内においても、自己の責任や自由意思による選択によって変化し続けていくのです。

そして、結果的には波動・エネルギー・密度の状況に見合った、4次元の世で必要なポジティブな状況に至るわけですが、それまでの間の葛藤の解決も変革も、その多くが今のように地球に関係する魂の自由意思による選択にかかっているのです。

冒頭でも述べましたように、波動・エネルギーなどのスピリチュアルな状況に変化が起きても、3次元的な物質世界における変化は、同時もしくは後になって起こることがほとんどなのです。そして、4次元世界に移行しても、同様にすべての世の中の状況や個人内の意識が瞬時に4次元世界に見合った状況に至るのではなく、変化は常に続き、同時もしくは少し後になって、結果的には完全にその次元の波動・エネルギーの状況に至るのです。

地球上は2012年12月の冬至の頃にはアセンションします。そして、波動・エネルギー・密度の状況は4次元へと変化します。しかし、上記に記述しましたように、世の中のあらゆる状況や個人内の意識や人間関係も、すべてがすぐに4次元の世に見合った完全にポジティブな状況へと変化するわけではありませんので、しばらくの間は政治や経済や教育や人間関係などのさまざまなことにおいて、まだ残っている3次元世界特有のネガティブなことが完全になくなるまで、それなりの葛藤は続き変革していくでしょう。そして、直線的な時間で数十年間はさらなるとてもわくわくするようなポジティブな変化が続いて、数十年先には、世の中の状況も個人の意識も、完全に4次元の世の波動・エネルギーの状況と一致するまでに至るでしょう。

ちなみに、次元が低いほど、波動やエネルギーといったスピリチュアルな状況と現実世界での状況とが瞬時に一致するよりも、徐々に変化したり後のちになって現実化したりする場合が多いのですが、次元が高くなるにつれて現実化するスピードは早まっていきます。ですから、今の地球上は3次元世界とはいってもエネルギー的には4次元世界にほど近い状況まで至っているので、波動・エネルギーの状況に見合ったことが現実化する時間はどんどん早まっているのです。

そしてこの先、アセンションして4次元そしてさらなる高次元の世に移り、人の意識も世の中の状況も完全に高次元の状況に至ってからは、スピリチュアルな状況も現実も、そのすべてが一致するのです。思ったことすべては瞬時に現実化するのです。愛と平和と統一の世となり、宇宙のすべてが1つであることをはっきりと認識することができ、宇宙のすべての存在を家族のように感じて、無償の大きな愛をめぐらせるようになるのです。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

信頼度と愛の大きさの比例関係

2012年09月21日
DSC01607+(3)_convert_20120921041723.jpg
昨日、沖縄県最長の於茂登トンネルの近くにある、農家の庭先で販売しているバナナを購入しました。自宅から車で10分ほどの所にあって、街へ買い出しに行く時によく通る道沿いにある露店なので、お店のおばあとも顔なじみになるほど、移住した当初からよく立ち寄っています。

今年の石垣島ではバナナが豊作のようですが、この露店でも石垣島産のバナナを置いてあることが多いので、よく購入しています。この写真の2種類のバナナは見た目も違いますが味も違っていて、小さい方は酸味がほどよくきいて、大きい方はこってりと甘い味がしますが、どちらもとてもおいしい地元産のパワーフードです。

ちなみにこのバナナは1房100円です。この日はバナナの他に1袋30本入りの島オクラも購入しましたが、やはり1袋100円。写真のバナナ2房とオクラ30本で合計300円也と、家計にやさしいお手頃価格で手に入れることができました。

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

☆9月末の大祓いを、9月30日に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

地球人類すべてが、
物質的には個々に分離していて

個性があり自由意思を持って
実生活を送っているために、

3次元的な思考や固定観念の中では、
自分と他人とはまったく別々であると
思いこんでいる人が多いのです。

しかし、実際には深い領域において
宇宙のすべてが1つにつながっていますから、

人同士もあらゆるものも、
お互いにほどよく依存し合って調和され、
宇宙のすべても調和されて成り立っているのです。

そして、愛が大きくなり魂が高い位置に近づくにつれて、
自分も他も本来は1つにつながっていること、

つまり、宇宙のすべてが1つにつながっていることを
建材意識の中で思い出すにつれて
より強く意識するようになっていくのです。


他への信頼が強く、
自分への信頼も深いものは、
実際には愛も大きくめぐらせています。

愛をより多くめぐらせているうちに、
自分への信頼度も他への信頼度も、

よりバランスよく
より強く高く深くなっていくものであり、
信頼関係は愛によって成り立つものなのです。

より自己愛が大きくなれば
自分自身への信頼度は増し、

より他への愛を大きくめぐらせれば
他への信頼度は増すのです。

そして、自分への信頼度と
他への信頼度がバランスよく増し続け、

自己愛と他への愛とが
よりバランスのとれた状態で、
より大きく広がり続けるほどに、

その愛は宇宙をめぐり、
あらゆる宇宙の存在からもより愛されて、
より強く深く信頼されていくものなのです。


たとえば自分自身の中で
ポジティブであると識別した情報を、
どれだけ信頼できるのかというその信頼度は、

識別した自分を
どれだけ信頼できるかどうかに関わってきます。

そして同時に、情報を提供してくれた
他への信頼度にも関わってきます。

そこには自己愛や他への愛、
そして必然の学びの場を与えてくれている、
宇宙に対する愛・信頼も関わってくるのです。


3次元世界で生きている私たちは、
神(宇宙の根源神・大霊)の一部ではありますけれど、
神そのものではありません。

神からは一時的に分離するような状況を選択し、
神よりもはるかに波動を下げて、

個性を持った人間として
「今」こうして3次元世界を生きている限り、

神の一部であり、
神の一部であるすべての魂とはつながっていて、
お互いがほどよく依存し合って生きつつ、

あらゆるものとの調和を保つよう努めて、
個々が自己責任を重んじ
自由意思であらゆることを選択し、
ほどよく依存し合って助け合い分かち合いながら

完全である神に近づくために、
不完全である自らの魂を高めることに努め続け、
「今」こうして3次元世界に私たちは在るのです。

ほどよく愛のバランスが保たれている中で、
より愛が大きくめぐるほど

真実の感謝や信頼や調和の度合いは、
比例するようにして増していくものなのです。

そこに物質的なことがどこまでからむのかは、
やはりその人自身の個性や在り方や
波動のレベルなどによって違うわけですが、

自分の所有する金品などの物質の有無や、
地位や名誉や職業や学歴などといった
3次元的で表面的な物事の状況によって、

差別したりレッテルを貼ったり
波動が大きく左右しすぎたりするような人は、

せっかく3次元世界で修養するために転生してきたのに、
3次元世界である物質世界の領域に埋もれてしまっていて、

神の波動領域から離れることを
いつのまにか選択してしまっている場合が多いのです。

でも、3次元世界は物質世界であるわけですから、
他次元的な意識と3次元の現実世界とを
よりバランスよく調和を保ちながら
よりポジティブに生きるように努めることや、

自分の言動により大きく責任を持ちつつ
宇宙の真理をより強く重んじながら、

周囲とのバランスや調和を
よりポジティブに保つように努めることは
とても大切なことなのです。

常に人は一人で生きているのではなくて、
お互いがほどよく依存し合いサポートし合いながら、
今の世を生きぬいているのですから、

自分を護ってくれたり、
サポートしてくれたりしている

神をはじめとする高次の皆さんや
地球人類などのすべての存在に対して、

深い領域においては
すべてが1つにつながっていることを意識し、

常に感謝や敬意や慈しみなどの
愛の気持ちをめぐらせることは、
とてもとても大切なことなのです。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

みんなでアセンションしましょ! その8

2012年09月20日
DSC01598+(3)_convert_20120920075949.jpg
2枚の写真は、今朝の登校時に撮影しました。

9月の上旬に娘たちはそれぞれ1日だけ、学校を自主的に休むことを選択しましたが、健康面では全く問題なく良好でして、今朝も元気に登校していきました。

夏休みが明けて学校に通うようになっても、2人がブログを掲載することに夢中になっていまして、アマンダ(下の写真の次女仮名小6)とデンプ(上の写真3女仮名小3)は、学校が終わって帰宅するとすぐに入浴し、宿題をさっさとやり終えてポジティブな気分のまま、ブログを書き始めています。

アマンダは、ブログに絵を載せる際に、1枚の絵を仕上げるまで約1~2時間かけていますが、わくわくの波動のまま集中して黙々と、バンブーコミックというパソコンで描く機材を使って描いています(実際にペンで紙に描く感じでパソコンに人物などを描いて、付属してある機能も使って色づけ等もしているようです)ブログに載せる文章はすらすらと浮かんで書けるとのことで、1時間以上かけることもありますが、平均40分ほどで書き上げています。

デンプは絵を比較的短時間で仕上げて、写真をたくさん撮影して選んで縮小して掲載したり、自分の考えて作った漫画を小説に変えて文章を作リ直して掲載したりしているのですが、ブログを書き始めてから公開するまでに、平均約2時間の長い時間を要していますし、その間の集中力もわくわく感も持続しているのには親としても驚くほどです。昨日掲載した内容は2日間かけて書き上げましたが、計約4時間かかっていました。

2人とも、一ヶ月ほど前の夏休みの終わり頃からブログに本腰を入れ始めましたが、学校が始まってからはペースが落ちるのかなぁ…と思っていた親の予測をくつがえし、昨日の時点までは、ますますわくわく感が高まっているような状況の中で書き続けています。

また、2人が参加いしている小学生のブログランキングで上位(1位~5位をうろうろしているヤチヨチヨチヨワンワンのブログ)に入っているのも励みになっているようですし、順位を競っているライバル(?)の姉妹がいることもわくわく感をかきたてているようです。

DSC01599+(3)_convert_20120920080106.jpg

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

☆9月末の大祓いを、9月30日に実施いたします。
お申し込みは当日朝まで受け付けております。
詳細は、以下のホームページをご覧くださいませ。
  ↓     ↓
http://www.shuwrie7.com/concept.html#月末の大祓い

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

目の前で起きた出来事や、新聞やテレビなどで報道されているニュースなどを見て、喜びや励ましや慈しみなどのポジティブな情緒や、怒りや悲しみや恐怖などのネガティブな情緒があなたの心の中で湧きあがったとき、あなたはその情緒に見合った波動になり、必ずそれなりのエネルギーを発するのです。

そして、このような意識を人や出来事などの対象に向けると、その意識から発したエネルギーは必ず対象に届きます。リアルタイムのニュースはもちろんのこと、過去の出来事であっても場所の遠近も関係なく、個人の発したエネルギーが対象に向けられると、必ず届くのです。

人のエネルギーの強さには個人差がありますが、多くの人が思っているよりも、人の発するエネルギーの力は強いのが事実です。ですから、たとえあなたひとりだけが強い意識を向けただけでも、そのエネルギーは必ず届いて、それなりに影響を及ぼすのです。

同じ場にいたり、マスコミやネットの情報などを通したりして、個々の意識が1つの同じ出来事や個人や集団などに向けられると、その集合意識はそのまま集合エネルギーとなって、その対象に届き、何らかの影響を与えます。

そして、個のエネルギーよりも集合エネルギーになると、その力は強くなりますので、その集合エネルギーが、ポジティブなものであればポジティブな影響を、ネガティブなものであればネガティブな影響を、個の向けるエネルギーよりも大きな影響を与えるのです。

そういったエネルギーの力は、多くの人が思っている以上にとても大きなもので、そのエネルギーを与えられた人も出来事も、スピリチュアルな観点での影響を受けるのはもちろんのこと、体調や気力、物質的な状況などの結果として生じる3次元的な現象としても、何らかの影響を受けて変化がもたらされるのです。

そして、このことはこの先の出来事、つまり未来の出来事に対しても同じです。自分の未来は、より明るくより幸せであるものだと願い、「今」そしてその先に対してポジティブな意識を向け続けていれば、そのエネルギーの影響によって、よりポジティブな現実を経験することができるのです。

逆に、不安や心配をめぐらせて、自分の望んでいないようなこの先に起こりそうなネガティブな出来事を想定したり予測したりしてしまうと、それに見合った波動になってネガティブなエネルギーを発し、それが今の時点のことでも、未来の出来事に対しても、エネルギーが向けられて影響してしまうのです。

そのために、顕在意識の中では望んでいないことであっても、実際にはまるで望んでいる願いであるかのように働いてしまい、自らの意識の発したエネルギーが強く影響して、実現に向けて歩み続ける結果を生じてしまう可能性が高くなるのです。

ですから、テレビや新聞やネット等の情報や、目の前の現実としての経験などによって認識した事の中で、ポジティブに感じる出来事に対しては焦点を合わせて、さらなるポジティブな思いや願いなどを膨らませることは、とても大切なことなのです。

逆に、ネガティブに感じる出来事に対してはあまり焦点を合わせないようにして、「かわいそうに」「お気のどくに」「頑張ってね」とかといったような慈しみや憐れみなどのポジティブな意識を向けるようにして、ポジティブに変換することも、とても大切なことなのです。

たとえば、多くの犠牲者を出してしまうような災難が起きたような時、悲しみや怒りなどのネガティブな意識を向けるよりも、より多くの人が励ましや慈しみなどのポジティブな意識を向けるように努めた方が、よりポジティブな結果をもたらすのです。

ネガティブに感じるような事件に対して、怒りや恐怖などのネガティブな意識を向けるよりも、憐れみや許しや改善に向けてのポジティブな愛の意識を向けることで、より浄化され波動は高まっていくのです。

天変地異が予測されて報じられた時、恐怖や不安におびえたり、過度にネガティブな状況を予測したりするよりも、大難が小難無難になるように願ったり、何も起こらずに平和であることをイメージしたりする方が、よりポジティブな結果をもたらす可能性が高くなるのです。

現在の地球上に暮らしている人々の中で、1人でも多くの人が、自らの意識から生じる波動やエネルギーの影響力がとても強いことを意識し、より意識的にポジティブな波動でいられるように努め、よりポジティブなエネルギーを発してめぐらせるようにすれば、その影響によって、自分自身の未来も、地球の未来も、よりポジティブに開かれていくのです。そして、宇宙全体に対してもポジティブな影響を及ぼして、さらなる大きな光がめぐり、その光が地球へと、そして自分自身へと返ってくるのです。

それではここで、上記の内容に関連した記述が「BASHAR 2006」(著者‘ダリル・アンカ’株式会社ヴォイス発行)に書かれていますので引用させていただき、今回の記述は終わりにします。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

《予測によって予測が外れる!?》

可能性のある未来はとてもたくさんあります。ですから、未来を予測することは常にトリックのような、微妙なことでもあるのです。

誰かが未来を予測する時、じっさいには未来を予測しているのではありません。予測をしている人は、いまここにある、もっとも強いエネルギーを感じとっているのです。

もしその強いエネルギーが変わらなければ、予測した出来事が起きるかもしれません。しかし、そのエネルギーが変われば、予測された出来事はまったく違った形で展開されるでしょう。そういうわけで、多くの予測が外れるのです。

ここに大きな矛盾があります。予測する行為そのものが、実はエネルギーを変えることに影響を与えるのです。

みなさんは、予測によって、そのときのエネルギーがどんなものであるのかを知ります。もしそのエネルギーが、みなさんにとって好ましくなくて、変えられた場合、予測された展開にはなりません。つまり、予測する行為そのものによって予測が外れることになります。

これは予測した人が間違っていたのではありません。単に、彼らがその時に感じとったエネルギーが変わり、実現には至らなかった、ということです。

一方、未来を反映するエネルギーがきわめて強い場合には変わりようのないこともあります。そのときには、予測は実現するのです。
 
《「暗闇」も倍増して見える意識変革の時代》

この惑星(地球)で起こっている、もっとも大きな変化のひとつはみなさんの意識、そして精神性、スピリチュアルの探究であり、拡大です。その変化が起こっていなければ、私たち(バシャールなどの高次の宇宙存在)はこのように交流していないでしょう。

ただ、この惑星で多くのみなさんが意識を光の方向に拡大していると同時に、一方で、多くの人々が暗闇に向けて意識を拡大しています。それはこういうことです。

みなさんは、今、古いサイクルの最後、そして、新しいサイクルの始まりのところにいます。古いサイクルを完了するときにはいつも、その移行を早めるために、スピードが加速されていきます。ですから、何であれみなさんが自分の中にもっとも強く持っている波動が倍増し、より速く、より強力に現実化してきているのです。

だからこそ、みなさんの多くが意識を拡大させ、成長していると同時に、地球上のあらゆるところで苦しみやネガティブなことが増えているように見えています。それは、古いサイクルの中に残っていた葛藤が非常に倍増した形で表面に現れてくるのです。

表面に現れることによって、自分の中にあった光の部分も闇の部分もはっきりと見ることができるのです。それによって、自分が未来に何を望むのか、はっきりと意識的に選択することができるのです。

多くの人たちが怖れの中で生き、その怖れによってほかの人たちに怖れを引き起こしています。そういったことが少しの間、どんどん強くなっているように見えるでしょう。しかし、暗闇というのは持続できる波動ではないので、否定的なエネルギーを長いあいだ維持することはできず、やがて自滅していきます。

《ポジティブなエネルギーを新しいシステムに使う》

そのような時代にありますから、2005年から2015年の間に古いシステムは崩れはじめ、昔のように機能しなくなっていきます。ですから、古いシステムを変化させようとすることには、実は何の利益もないのです。

それより、想像性やポジティブなエネルギーを新しいシステムづくりに使う方が有益です。そうすれば、古いシステムが自滅したとき、新しいシステムが自動的に置きかわるのです。ですから、精神性や意識、情熱や喜びを探究しているみなさんのような人々が、新しいプロジェクトや技術などをつくりだすために自分たちの情熱のアイディアを使うことが非常に大切なのです。

それによって、古いシステムが機能しなくなったとき、ほかの人々をサポートすることができます。そのとき、壊れていくものに意識を向けないでください。不安に思ったり、心配したりする必要はありません。よりポジティブな方法でつくりだされる新しい可能性のほうにフォーカスしてください。

みなさん(地球人類)が新しいシステムをつくりだすにつれて、地球上のさまざまな文化、さまざまな国のあいだで、いままでよりもっと開かれたコミュニケーションがされるようにもなります。そして、それによって、地球規模でのサポート・システムをつくり、新しいシステムを確かなものにしてくれる新しい種類のネットワークが形づくられていきます。

~「BASHAR 2006」(著者‘ダリル・アンカ’株式会社ヴォイス発行)より引用~

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

アセンションについて

2012年09月19日
すでに9月も中旬から下旬にさしかかり、地球上がアセンションする冬至の頃まで、あと3ヶ月ほどとなりました。、毎日、毎時、毎瞬…といった小さな単位でも、これまで以上にさまざまな変化を感じられることでしょう。そして、さらに加速していく時間に追いつくのはどんどん難しいこととなりそうですが、「今」をしっかりと見つめて「今」をよりポジティブな選択をし続けて「今」やるべきと感じたことをやりつつ「今」をよりわくわく生きるよに努めていけば、きっと成るようになり、結果的にはアセンションに向けて、よりポジティブな道を歩むことができるでしょう。

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

4年半ほど前の情報になりますが、2008年1月9日付のフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で「アセンション」のページを開いた際に掲載されていた内容を、抜粋して転載しました。

この内容に関しましては、賛否両論があったり疑問に感じられたりする方もいらっしゃることでしょうけれども、あくまでもウィキペディアに掲載されていた資料として参考程度にお読みいただき、ポジティブに受け止められる内容のみを受容していただければ幸いです。

ちなみに本日2012年7月1日現在の同じページには、アセンションに関してのスピリチュアルな観点での説明は、ほんのわずかな記事のみとなっていますが、参考までに、この記事も抜粋して紹介いたします。

★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。

☆以下の内容は2012年7月1日付フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用しました。

・アセンション(ascension)は上昇、即位、昇天を意味する英単語。
・惑星地球の次元上昇 - ニューエイジ用語
・アセンション島 - セントヘレナ諸島に属する島
・アケイディアナ - アメリカ合衆国ルイジアナ州南部にある郡
・「昇天」(The Ascension) - バリー・クーパーが作曲したオラトリオ
・アセンション (アルバム) - ジョン・コルトレーンのアルバム
・MISIAのアルバム『ASCENSION』

(以下略)

★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。

☆以下の内容は2008年1月9日付フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用しました。

アセンションとは、2012年の冬至(12月21日~12月23日)に地球が三次元世界から四次元世界へ上昇するピークを迎えるという説。

〔概要〕

・アセンションはすでに1987年から次第に始まっており、2012年の冬至にピークを迎え、2020年頃までに終息をすると言われている。

・そのピークに向けて、本物の霊能者や超能力者が指導的役割を果たすために活躍し始めているらしい。

・2000年~2005年までの5年間は"混乱の時"であり、2006年~2010年までが"浄化の時"であるとされる。(2006年まで、ライブドアの社会問題や誤発注による証券市場の混乱 ・ イラク戦争 ・ 狂牛病問題 ・ 記録的大積雪など、確かにそれらしい社会現象が重なって起っている)

・次元上昇する位相が、四次元世界である説と五次元世界であるという2つの説がある。

・古代マヤ文明のマヤ暦の日付が2012年12月22日でストップしているという事実も、偶然の一致ではないと思われる。

・地球という惑星自身の集合意識はすでにアセンションをすることを決定しているらしいが、それが成功するかどうかは人間の集合意識(人間ひとりひとりの意識や観念があつまったもの)のレベルが高い波動を持っているかどうかによって左右されるらしい。

・地球はすでに1987年から地球自身の波動を上昇させ、現在ではすでにかなり高いレベルまで達しているらしいのだが、人類だけが低いレベルを保ちつづけており、それが地球のアセンションの足を引っ張っているのだという。

・波動のレベルが高くなっていくにつれ、イモムシがさなぎになりやがて蝶になっていくのと同じように、休眠遺伝子のDNAを活性化し5次元の世界でも生存していけるよう少しずつ体が変化していくのだという。

・今までに地球はアトランティス文明やレムリア文明の時に何度かアセンションを試みたが、いずれの場合もそれら文明の人類が、現代の社会のように「他者と自分は別々である(ひとつではない)」「自分さえ良ければいい」という意識を捨て切れなかったため、アセンションに失敗したらしい。アセンションに失敗してしまったため、それらの文明は自分達の文明の発達によって自ら自滅するに至ったと言われている。

・太陽系の他の惑星は、すでにアセンションに成功しており、今回地球がアセンションすることで太陽系のアセンションが完成すると言われている。五次元世界の火星や金星には生命体が存在しているらしいのだが、私達は三次元の世界にいるために宇宙人を見ることは出来ないだけのようだ。

・今回のアセンションでは、日本がその中心と定められているらしい。人種差別がなく、異なった宗教が争うことなく共栄しており、争いを好まず和を重んじる日本人の精神性が成功につながりやすいからだそうです。日本人は来るべき大変化においてきわめて重要な役割を担っており、日本人はそれに目覚めさせられるのを待っている状態にあるようです。

〔アセンションが起きるとどうなるか〕

・人間は、地球と一緒に次元上昇することに成功した人間と出来なかった人間とに分かれ、次元上昇できた人間は地球とともに上昇した次元の世界で暮らすことが出来るが、それにともなう変化を受け入れられなかった人間はもう地球上に住むことが出来なくなり、以前と変わらぬ三次元の身体を持ったままほかの惑星に住むようになると言われている。

・この宇宙はパラレルワールド(未来は複数あって探偵ゲームのようにプレイヤーが自由に選択肢を選ぶことができ、何を選んでいくかによってそのプレイヤーのエンディングが違ってくる世界)になっているため、それぞれの人間ごとに神が決めた絶対的な運命というのは存在せず、従って地球のアセンションが成功するかどうかも神が決めた絶対的な運命は存在しない。むしろ神への隷属ではない個々人の自由意志を尊重するのが神本来の役割であるので、ひとりひとりが次元上昇できるかどうか、ストレスをなくしていくかどうかはその人自身が選択して行動しなくてはならない。そしてアセンションの変化にも耐えられるレベルの高い意識を持った人間の数が、人類のなかでどれくらいの高い比率になっているかが、地球のアセンションが成功するかどうかのキーポイントになっているようだ。

・この「神は個々人の自由意志を尊重する」という絶対的なルールによって、「アセンションが必ず起こる」ことが100%確証出来てしまう出来事が人類全員の目の前に現れてくる事はまずありえない。なぜなら100%確証できる出来事が起こってしてしまうと、「自由な意思・選択」は損なわれ、「強制」になってしまうからである。神が自分自身のルールを破ることはない。したがって絶対に起こると確認出来ないからといって「何もしない」という選択をしてしまうと、本当にアセンションが起こり始めた時にはすでに手遅れという状況になってしまっていることが予想される。

・地球のアセンションが失敗した場合には、現在のように人類全体を誰もコントロール出来ない文明社会が続き、やがては自滅の道へ進んでいくシナリオがほぼ決まっていて、あと一歩進んでしまうとそれを避けられない段階にまで既に人類は来てしまっているらしい。

・地球がアセンションをストップした(失敗した)場合には、1999年にノストラダムスの予言がはずれた時と同じく「何事もなかったかのように」そのまま時間が過ぎていくと考えられる。

・アセンションを成功した人間は、意識的には「私は神と伴にある」ということを確信して、行動できるようになる。想念の妨害やイデオロギーの束縛から解き放たれ、人間同士の摩擦がなくなる社会に住めるらしい。

五次元上昇説では、以下のようになるとも言われている。

・離れた場所に行くときには、目を閉じて生きたいと思う場所のことを考えるだけでその場所に行ける。

・何かを思考すると、一瞬でそのことが現実となる。

・食欲は消えうせ、肉体的な疲れを感じることもない。

・テレパシーで、自分の考えを送ったり、相手の考えを受け取ったりすることが出来る。

[ストレスを浄化して意識を高めるには〕

アセンションを迎えるにあたっての個々人として出来る準備は、おおよそ以下のようになるらしい。 

・ストレスや溜まった感情を浄化し、再度ストレスを感じないために今までの想念を解放していく 

・「人類はひとつである」ということを理解し、結果ではなく原因として人生を生きる 

・自分の生命エネルギー(チャクラ)を高め、高いレベルを保ったまま毎日を過ごす 

・瞑想をして、自分自身と神とのつながりを強化しておく 

・天に徳を積み、日々を感謝して生きる

・まず手放さなくてはいけないのは、"アセンションに失敗したらどうしようという不安"、"とにかく助かりたい"という感情である。不安や恐れは恐れている対象を引き寄せる結果になり、「助かりたい」というエネルギーを出していると「助かりたい」という経験をすることになる。例えば、ノアの方舟があり乗った側と乗れなかった側があるとして、どちらが「あー、助かった。」と体験し、どちらが「ちょっと待って。助かりたい」と体験するか?思いや感情は、願った言葉通りに実現し体験することになるようです。

・一説によると人間の身体はもともと永遠に生きることができるように設計されているのだが、この地球では生きていくうちに余分な想念をどんどん取り込んでいき、無意識にその想念にエネルギーを使ってしまうために肉体は衰え100年ぐらいで死んでしまうのだと言う。

・想念をどんどん解放していくと、どんな物事が起こってもその物事からプラスの感情に振れることもマイナスの感情に振れることもなくなってくる。結果として必然的に、釈迦の説いた「煩悩を無くし中道を行く」という道に通じていくことになる。

[生命エネルギー(チャクラ)を高める〕

・一番簡単なチャクラを高めるための方法は、"長く深く呼吸すること"であるようだ。

・長く、深く、静かに、ゆっくりと、おだやかに呼吸を繰り返すことによってチャクラが少しずつ上がっていき、最高のレベルでは眉間にある「第三の目」まで達する。

・チャクラが上がっていくと身体の感覚が敏感になり、散歩をすると今まで感じなかった風の心地よさを感じ、歩く土の感触の柔らかさを感じ、皿を洗えば今まで気づかなかったお湯の暖かさなどを感じるようになる。

・最高のレベルまで達すると、嬉しくて泣きたくなるぐらいの最高で素晴らしい内面の体験が出来るらしい。

・想念を解放してチャクラを上昇させることに成功すると、それまで生きてきて「モノを獲得すること」や「何かを達成すること」で得てきた喜びなどとは比較出来ないくらいの「本当にただ存在しているだけで幸せ」という至福の体験が出来る。これにはお金やモノなどの外的な要素は一切必要なく、そういう意味では幸せになるために人間は本当に平等である。ただしこれはあくまでその人の内面での体験であるので、いくら他人に外から説明したところで理解されることはまずない。

[瞑想をする〕

・瞑想は必ずしも足を組んで座って行う必要はなく、それぞれの人が一番リラックス出来てやりやすい姿勢で行えば良い。

・瞑想を行うことによって、あらゆるものに内在している「すべて」である知性(宇宙的な魂)と連絡をとることが出来る。それには雑念という霧の向こうに、普段は見えない道を見つけ出さなければならない。その深い霧はじっとじっと待っていることによって、霧が薄くなり、やがて晴れ間が覗き、前方にあるものがちらりと見えてくる。

・具体的には、浮かんでくる思考はすべてやり過ごし、意識を「自分の身体や思考すべてを何もかも自然にゆだねる」ということだけに集中させる。この"自分のすべてをゆだねる"ことが成功すると、比較的簡単に瞑想状態に入ることが出来る。 そして人工的な音(車の音・電車の音・人間の歩く音など)は無視し、自然の音(風の音・雨の音・虫の鳴く音・鳥の鳴き声など)にただ単に耳を傾けていると、自然(地球)の意識と自分の意識がつながってくる。

・地球はすでに人間よりはるかに高い波動のレベルに達していて、この地球の意識とのシンクロを重ねていくことによって、私たちの波動のレベルを地球の意識が勝手に少しずつ引き上げてくれる。

[天に徳を積み、日々を感謝して生きる〕

・単純に「下心なく分かち合う」という意味。

・お金がある人は寄付をする、お金がなくとも物がある人は物を渡す、物がない人は知識を渡す、知識がない人は労力で渡す。ということのようです。

・どうしても下心が発生してしまう人は、下心自体の感情や想念を完全に解放すれば良い。

・「いただきます」「ごちそうさま」の本来の意味を理解し、感謝の心を持って食事をする。

・心がなければ、言ったところで全く意味はなく、また行動が伴わなければそれもまた同じである。

・新たなカルマを作らないために肉を控え、戦前の日本の食生活のような野菜中心の食生活にする。

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

☆上記の内容は2008年1月9日付フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用しました。

*今回記載しました内容は、タエヌのオリジナル記事ではなくて、約4年半前にウィキペディアに記載されていた内容を転載した記事を紹介いたしましたが、どうぞご参考下さいませ。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

波動・エネルギーと物質との関係

2012年09月18日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

‘物質には波動によって生じるエネルギーを付着させて蓄積させる力’があります。ですから、波動の高い場所にある物質には波動の高いエネルギーが蓄積されますし、波動の低い場所にある物質は低い波動のエネルギーが蓄積されていきます。建物や壁などの、物質に囲まれて気の流れが滞っている場所も同様に、エネルギーが蓄積されます。

‘物質には波動によって生じるエネルギーを媒介する力’もあります。物質を媒介とすることによって、エネルギーをその物質を通して、より強くよりピンポイントに集約させて放つことができます。

上記で述べたエネルギーに対する物質の2つの力を、現実的なことでいくつか例えてみます。

神主さんや巫女さんなどの神社を管理している人が神様とより深く通じあうことができていたり、参拝する人の信仰心が篤かったりする神社には、「神柱(かんばしら)」といわれるパイプが立ち、神社と神様がしっかりとつながっている状態が保たれています。そして、この神柱を通して、常にご神気を与えられているために、壁や木などによって囲まれている神社の境内や、ご拝殿やご本殿などには、たくさんのご神気が蓄積されて高い波動を保っています。

また、神社は神様と通じる窓口にもなっています。本来はどこにいても、神を信頼してお祈りをすれば神様とはより通じることができるのですが、3次元の世の人は物質的シンボルがあった方が、より実感したり信頼したりする人が多いので、神社はそういった役割もはたしています。

多くの方が身近に置き使用している携帯電話や固定電話やパソコンは、もっともエネルギーを媒介する物質としては一般的ですし、とても影響力の大きい物でもあります。たとえば、メールを打ちながら相手のことを思います。それだけで、相手との思念や波動がつながります。そして、メールを相手に送った時点で、神社に例えるとまるで神柱のようにパイプができるのです。そして、送ったメールも物質ですから、送った人の思念や波動がそのままメールに付着します。さらに、その文字霊の力も加わります。そして、そのメールと送った人とのパイプがつながっているために、送られたメールを消さない限り、ずっとその送った人のエネルギーもつながって送られている状態になります。

たとえば電話で話をする場合は、直接会って話した時と同じくらい、相手や相手のいる場所の波動を受けます。そして、電話を切った後も、電話には自分や相手の波動が残ります。

水晶は、宇宙エネルギーや地のエネルギーなどの中でも高い波動のエネルギーを吸収して放つ力を持っています。ですから、永久的に高い波動のエネルギーを保ち続けることができるのです。また、低い波動の場所や人などのエネルギーを吸収し浄化する力もあります。水晶はこのようにエネルギーを放つ力と吸収して浄化する力を持っていますが、生命体のように波動に合わせての個体として変化する力は乏しいために、時にはそのエネルギーの大きな高低のギャップから、ひびが入ったり破損したりすることもあります。また、ブレスレットやネックレスの場合は、水晶をつなげるワイヤーやゴムや糸などが切れる場合もあります。

その他には、家やビルなどの建物、テレビや人から送られたプレゼントなどといった身近な物質も、エネルギーを媒介したり蓄積したりしています。

このように、様々な物質が存在している3次元の地球上において、これらのあらゆる物質の中で、最も万能であると思われる物質は人間の持つ‘肉体’なのです。エネルギーを蓄積しやすい反面浄化もしやすく、自ら発する波動が、周囲の波動を引き寄せることによってエネルギーの影響を受けやすく、あらゆる波動の媒介になることができて、高い波動のエネルギーでも低い波動のエネルギーでも両方のエネルギーを、意図的でなくても意図的にでも発することができるという、とても優れた物質が人間の持っている肉体なのです。

人の肉体は、その人の顕在意識、行動、言葉、情緒など、あらゆるエネルギーの媒介となってエネルギーを発しますし、そういったことから発されたエネルギーを蓄積しています。さらに、身を置いている場所や接している人などから受けているエネルギーも蓄積しています。

このように、人の肉体には、様々なエネルギーが蓄積され与えられ続けていますが、同時に浄化もなされているために、常に変化し続けています。これは、肉体とか精神とかのオーラにも反映されますし、魂の状態にも影響を与え続けていますので、人の波動・エネルギーの状況は常に変化し続けているということになっています。

たとえ意図的であってもそうでなくても、日常生活の中で、より高い波動のエネルギーの媒介となり、より高い波動のエネルギーを蓄積していると、肉体という物質自体の波動も高くなります。肉体は常にその波動によって変化し調和させるように、人の意識には関係ない無意識の状態でも努めています。

そして、より高い波動のエネルギーを蓄積すればするほど、より物質的状態が調和され、より精妙な状態になるために感度もよくなり、低い波動のエネルギーに対してはより浄化力が高まります。これは、魂の入っている物質である生命体のすべてにも当てはまりますが、生命体ではない物質との大きな違いは、エネルギーに対してとても敏感に物質が変化しやすいということです。そして、それは魂の高さや大きさとも関係しているために、地球上でもっとも大きい魂が宿っている人間の肉体は、地球上の物質の中では最もエネルギーに対して、より敏感に精妙に変化して調和を保とうとする優れものであるということになります。

肉体の不調和が生じてしまったことによる代表的な状態を、一般的に病気と称されています。このような肉体的な不調和を生じるための要因としてもっとも多いのは、その人に蓄積されている波動・エネルギーの状態が、よりネガティブなものであるためだけの場合もありますが、実際に大きく左右するのは、その人の持っている魂の大きさや質や転生した目的といった魂の状態と、その時点において蓄積しているエネルギー(波動)の状態のギャップの大きさによるものです。

つまり、そのギャップが大きければ大きいほど、肉体の不調和を起こしやすいということになります。ただし、カルマなどの宇宙の法則によるものや、必要な学びを得るための意図的なものである場合もありますので、すべてが、この要因であるとはいえませんが、病気といわれる状態になるための要因として、もっとも多い要因であるということになるでしょう。

たとえば、今世の転生した目的が、アセンションに向けてライトワーカーの指導的な立場として、多くの人の波動を高めて、スピリチュアルな目覚めのサポートをするというような、魂のとても高い状態で光を多く放っていて、地球や宇宙に対する貢献も大きいはずの人が、まだ自分のわくわくする道を歩む状態に至っておらずに、たとえ3次元的な人としては一般的に普通な道を歩んでいたとしても、アセンションを目前とした今の時点では、より早い気づきや目覚めを得るために、魂と現段階との大きな波動のギャップから、健康を損なうことによって学び気づきを得るためのチャンスを与えられている人もいます。

たとえば、魂の状態がそれほど高くなくて、人を意図的に傷つけるようなことしないことが、今世に転生してカルマを果たすということが魂の目的だった場合、たとえその人が今世において盗みや詐欺の犯罪を繰り返したとしても、人を意図的に傷つける様な暴力的なことさえしなければ、その人が、今、蓄積されている波動と魂との波動のギャップがそれほど大きくなかったり、今世における転生した目的からあまりずれていなかったりするために、肉体的には比較的に健康といえる状態である人もいます。

今回のこの物質とエネルギーの関係のお話の最後に「物質に蓄積された低い波動・エネルギーの浄化方法」に関して、いくつかの例を挙げて述べることにより、しめくくりといたします。

物質から離れた状態にある、大気中のエネルギーは、常に調和されています。宇宙から降り注ぐエネルギーは、日増しに強く高い波動のエネルギーへと変化し続けているので、特に自然の中にある大気中のエネルギーは、総合的には高い波動を保っています。太陽や月から与えられているエネルギーも同様です。また、常に大気に触れているような、地球や宇宙の高い波動のエネルギーの媒介になっている、植物や土や石や海や川といった水なども、同様に高い波動を発しつつ保っています。

人の肉体は波動の媒介となったり蓄積したりするので、波動・エネルギーの浄化方法としてもっとも簡単なのは、このような高い波動の場所に、より長い時間身を置いて過ごすことです。もちろん、ただ身を置くだけでもより波動が高まって浄化されますが、さらに効果を高めるには、波動の高い場所において、充実することや楽しめる事やわくわくすることなどといった、ポジティブな意識をもつことができるような状態でいられると、波動の法則によってさらなる高い波動のエネルギーを与えられるようになります。

物質をできるだけ外気に触れるようにするだけでも違ってきます。太陽や月の光を浴びるだけでも違います。また、部屋を換気するとか光を与えるとかといったことは、大気のエネルギーを室内に与えるといった波動を高めるためにはとても大切なことになります。

人の肉体に蓄積された低い波動のエネルギーを、肉体という物質から分離して大気のエネルギーによって浄化する方法もあります。例えば、深呼吸をすること、軽い運動をすることなどです。また、浄化力の高い物質によって体外に出すこともできます。例えば水分をたくさん摂るようにして排泄物や発汗によって体外に出すとか、入浴して汗をかいたり体をよく洗い流したりすことによって、水のすぐれた浄化力を利用するのも効果的です。また、高い波動・エネルギーを発するような、お祈りや言霊や真言やお題目を唱えることなどによって、高い波動のエネルギーを意図的に肉体へと取り込むことにより、低い波動のエネルギーを肉体から分離して浄化させる方法もあります。

もっとも大切なことは、日常的に、肉体に高い波動のエネルギーを蓄積するように努めること。同時に、肉体に低い波動のエネルギーを蓄積しないように努めること。できるだけ高い波動のエネルギーの媒体となれるように努めること。同時にできるだけ低い波動のエネルギーの媒体とならないように努めることであるといえるでしょう。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

「思考」と「直感・インスピレーション」

2012年09月17日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

「思考」なのか、それとも「直感」や「インスピレーション」なのか。この違いは簡単に識別できるような場合もあれば、非常に難しく感じる場合もあります。また、「取り越し苦労」なのか、それとも「必要である最低限の予測」なのかも、識別するとか、そのラインがどこまでなのかという見極めが難しい場合があります。

毎瞬訪れるあらゆる選択事項に対し、呼吸・まばたきなどといった多くのことは、無意識の中で選択しているわけですが、日常的に無意識で行っていること以外の選択をする場合には、思考や直感やインスピレーションにより、顕在意識において識別したりジャッジしたりして選択する場面も、日々の実生活の中には、必ずそれなりの数をこなしている方が多いはずです。これには、行動のみならず、意識や情緒や思考といったものもその中に含まれます。

3次元の世の地球上にて実生活を送っている地球人類にとって、思考により選択を行うことは、日常的なことであり、もっともわかりやすいものでもあります。ですから、思考を働かすことは、とても重要なことでもあるのです。そして、この思考の中でも、最も重要な思考は「ポジティブな思考」です。このポジティブな思考とはどのようなことかといいますと、物事を総合的かつ根本的かつ肯定的に捉えること、そして、より前向きにより楽天的に捉えることです。

このようなポジティブな思考は、実際には顕在意識における3次元的な知識や経験からでてくる思考の場合もありますが、実際には思考ではなくて直感やインスピレーションといったような、魂や高次の存在から与えていただいたものである場合も多く含まれているはずなのです。そして、実際にはこのようなポジティブな観点から、顕在意識における選択をしたり物事をジャッジしたりする際には、思考であるのか直感やインスピレーションであるのかといった識別をする必要はそれほどなくて、そのような波動の高い状態での選択をすることによって、より自らの霊性向上のためにも、人のため世のためにも最良な選択をすることができるはずなのです。

逆に「ネガティブな思考」が顕在意識に湧き上がってきた場合は、識別をしたりポジティブに変換したりするよう意識することが、より霊性を高めるための実際活を送るためには必要である場合が多いはずです。この「ネガティブな思考」とはどのようなことかといいますと、物事を部分的かつ表面的かつ否定的に捉えること、固定観念や制限などといった3次元的な捉え方をした結果によって不安・心配・怒り・恐怖・エゴ・嫉妬・悲しみなどといった低い波動の情緒が生じることです。

たとえネガティブな情緒が湧きあがったり、ネガティブな思考であると感じたりしても、今の状況のすぐ次の状況である「足元を予測する」ことは、必要であり大切ななことになります。これが、たとえ危険なことであったり心配に感じたり悲しみを感じるようなことであっても、ポジティブな思考や直感やインスピレーションによって得た予測や予知といったようなことであれば、内容がネガティブな要素を含んでいても、実際にはポジティブな予知・予測ということになります。そして、予知・予測した状況をよりポジティブなものとするために、今できることの中で尽力すればよいのです。

1つ先の予知や予測を、さらに次も、そして次もという感じで、まだ起きていないことを先々まで考えすぎてしまい、そのことによってネガティブな情緒が増大していくことを「取り越し苦労」といいますが、この「取り越し苦労」は、3次元の世の人にとっては、まるでごく普通の当たり前のこととして日常的に行っている人が多くあります。

また、危機管理をしっかりとしているとか、思慮深い人であるとかと賞賛されたり自らがポジティブなことと思い込んでいて、ネガティブなことをあえて選択したりする人も実際には多いのが現状です。でも、この取り越し苦労は、本来は必要のない危機管理である場合が多いですし、そのことで情緒がネガティブになってしまい波動を落としてしまうと、宇宙の普遍の法則である波動の法則によって、低い波動の物事を引き寄せてしまうことになり兼ねません。また、取り越し苦労をすることでイメージしたことが、いわゆる願望をイメージしたことと同じ働きをして、3次元世界の出来事として実現しやすくなってしまうのです。

もし、危険なことや避けた方がよい状況を、直感やインスピレーションによって感じた場合には、魂やガイドスピリットからの予知として知らされたことなのですから、低い波動の情緒はできるだけ抑えて、実際に実生活の中に取り入れて回避することやポジティブに変えることや大難を小難無難に変えられるように、自らのできる範囲内で意識したり実行したりすれば良いだけの話です。このような場合には、例えば、行こうとした場所に行くことを止めるとか、ルートを変更するとかといったように、とてもシンプルな選択さえすれば解決するこ場合が多いのです。

また、こういった直感やインスピレーションには、思考によって理由を得ようとしたり、経験や固定観念や3次元的な知識の中で理由づけをしようとしたりしても、実際には理由づけをすることが難しい場合がほとんどなのです。ですから、せっかく感知した直感やインスピレーションを、ネガティブな思考によって否定してしまい、結果的には活用しないことを選択してしまうと、波動を下げることを選択する状況に至ることも多くなるでしょう。

でも、これは自らの責任であり、現状の波動や意識の低さからくる状況でもあるわけですから、このような状況に至った場合には、自己反省を行い、ポジティブに受容して次の機会にはよりポジティブに生かすように意識することが大切なこととなります。

ポジティブであると感じたことは、何一つ迷うことなく意識を膨らませたり実行したりすることを選択し、さらなるポジティブなめぐりを作ることによって、より光輝く人生を歩むことができるはずなのです。逆に、ネガティブに感じたことは、よりポジティブに感じるように変換をしたり解決したりするようにして、ネガティブな思考を続けないように努めることが大切になります。

ちなみに、ネガティブな思考も情緒も意識も、3次元の世の特徴的なことであって、4次元以上の高い次元では湧き上がらないものなのです。ですから、ネガティブな思考も意識も情緒も、ハイヤーセルフやガイドスピリットや仏や神などといった高次の存在や魂から与えられた直感でもなくインスピレーションでもない、単なる3次元の世に存在している自らの思考や情緒のみであるということなのです。

理想をより高く持ち続けながら、足元である実生活や現状をしっかりとよりポジティブに認識するようにしつつ、あらゆるものとの調和を重んじるように努めながら、より愛を多くめぐらせるよう意識して、「今」この瞬間に、よりポジティブな選択をし続けることが、結果として魂向上のための道を歩み続けることになりますし、すべての3次元の世に転生している地球人類にとっては、とても大切なことになるわけです。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

‘ヒーリングの実践’&‘ヒーラーを選ぶ際’の留意点

2012年09月17日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

何かの物事を行う際には、すべて「動機」がもっとも大切になります。動機がいかに‘愛‘に基づいているのか、‘純粋’で‘ナチュラルな感覚’の中で湧きあがったことなのかというような、いかにポジティブであるのかが大切になるということです。そして、もう1つ大切なことが行動です。行動が道理に叶ってポジティブなことを選択することが大切になります。

この、動機と行動のチェックは、特に、物質的な要素よりも、スピリチュアルな要素が多いことを行う際には、とても大切なことになると私は感じて常に行っています。

レイキ等のスピリチュアルなエネルギーを使ったヒーリングの実践においても、この動機と行動がどうであるのかが大切なこととなります。動機と行動がよりポジティブであればあるほど、ヒーリングにおけるエネルギーの質も、結果自体も、よりポジティブなものになるといえるでしょう。

ヒーリングを施したことによる結果はそれほど気にする必要はありませんが、自己の意識の中で、動機と行動はそれなりにチェックする必要はあります。でも、チェックとはいってもごく簡単で良いのですが、動機と行動をチェックして自分なりにポジティブであると感じたのなら、より安心してヒーリングを行うことができますし、たとえ結果が望むようなものではなかった場合でも、それなりにポジティブな波動の中で対応することができるはずです。

また、レイキヒーリングに関しましては、こうした方がより良いだろうとか、ヒーリングをより効果的に行えるだろうという実例や方法などがいろいろとありますが、実際には、ヒーラーの直感が最も重要になります。その場その場での対応は、最終的にはヒーラーの責任のもと、持ち合わせている知識を思考の中で選択することも大切ではありますが、そのような思考によるものよりも、もしインスピレーションや直感が湧きあがってわくわくした場合には、そちらの方を優先にして選択する方がよりポジティブであると私は感じて実践しています。

そして、動機も行動もネガティブなものではないと確信していれば、してはいけないこととか間違いとかといったようなネガティブなことはありえないことであることも私は信頼しています。あとは、ヒーリングを行う相手との調和をはかるように努めていれば、より最良の状況の中でヒーリングを行うことができますし、お互いにとってより必要に応じた光のエネルギーをめぐらせることができるでしょう。

レイキ等のスピリチュアルヒーリングを行う際の意識として、大切なことを3つあげますと、「スピリチュアルなエネルギーをどれだけ信頼しているか」「自分自身がヒーリングできるということをどれだけ信頼しているか」そして「ヒーリングを行う相手に対してどれだけ純粋な愛の気持ちを向けているか」という3つの要素です。

レイキは、全世界で何百万人もの人々に認識されていて、健康保険が適応している国もあるほど、たくさんの実践の効果例もあります。また、伝授を受ければ、誰でも修得できるテクニックであるとされています。比較的に短時間で気軽にテクニックを習得できることから、レイキの伝授によってアチューンメントを受けて具体的なヒーリング方法を学ぶことにより、先ほど挙げた3つの要素の中の最初の2つの信頼度が強くなる人が多いはずです。

ちなみに、レイキヒーリングに関しましては、ヒーリングを行った経験の長さとか人数の多さとかといった経験の度合いと、ヒーリングの効果とかエネルギーの量や質とかは、まったく関係がないとはいいきれませんが、直接的にはそれほど大きく関係はしてこないと私は感じています。ただし、相手の心身の状態や波動やエネルギー的な状況を、ヒーリングを通してヒーラーが感じとるという観点では、それなりに経験を積んでいた方が認識しやすいとは思います。

ですから、たとえレイキの伝授を受けたり、その他のヒーリングテクニックを習得したりしても、現時点では日常的に実践する機会が少ないからといって、ヒーリングを実践した際にエネルギーの量が減ってしまうとか質が下がってしまうとかといったことは、直接的には関係しないので、そのような不安を抱く必要はありません。

ただし、先ほど述べました3つの大切なことの中の‘自分自身やスピリチュアルなエネルギーへの信頼’を得るためには、実践を積み重ねた方が度合いを増す方は多いはずですので、直接的ではありませんが、信頼の度合いという間接的な観点では関係する人もいるでしょう。

また、レイキのエネルギーをどれだけ認識できたのかとか、過去世や宇宙などの何かのビジョンを見たとかといったような、顕在意識においてどれだけ認識したのかということは、実際には個性としてエネルギーを五感でどれだけ認識して感じとってのか否かというレベルの問題であって、レイキの伝授の成功の度合いとか、ヒーリング能力とか、伝授やヒーリングの結果がどうであるのかとかといったような観点からいえば、無関係であるとはいいませんが、それほど気にする必要はない参考程度のことであると捉えておくとよいでしょう。

しかし、3つの要素の中でもたいへん重要である「ヒーリングを行う相手に対してどれだけ純粋な愛の気持ちを向けているか」という要素に関しましては、経験もテクニックもほとんど関係ありませんので、ヒーラー個人の波動(個性)次第ということになります。そして、この要素によって、スピリチュアルなエネルギーをどれだけ注ぐことができるのかといったエネルギーの量や質とは、直接的に関係してきます。ヒーラーの持つ愛の大きさ、つまりヒーリングを行っている際のヒーラーの波動の状態をより高く保てるかどうかは、スピリチュアルなヒーリングをより効果的に行うために、とても大切な要素となるのです。

そして、ヒーラーを選ぶ際に大切な留意点は、ヒーリングをお願いしようとしているヒーラーに、上記のような、「スピリチュアルなエネルギーをどれだけ信頼しているか」「自分自身がヒーリングできるということをどれだけ信頼しているか」そして「ヒーリングを行う相手に対してどれだけ純粋な愛の気持ちを向けているか」という3つの要素がどれだけ備わっているのかを識別することです。

この識別は、直感によるものがもっとも信頼できるはずですが、「素敵な感じのヒーラーだな~」「このヒーラーなら信頼できそうだな~」とかといったようなポジティブに感じるような場合には、それなりに波動の高い人である場合が多いですし、自分にとって必要な癒しの力を持っているからこそ、そのように感じることでもあります。ですから、とてもシンプルであり曖昧でもあるように感じるかもしれませんが、このような直感を信頼するのが最良の識別の仕方といえるでしょう。

ヒーラーの中には、私はこんな実績があるとか、これだけのテクニックを保持しているというようなことをやたらとたくさん書いたり話したりしている方もいらっしゃいますが、過去の実績や自分のテクニックを参考程度に知らせることはポジティブなのでしょうけど、まるで宣伝するかのようにたくさん話したり書き綴ったりしている情報に触れると、ヒーラーを識別して選択する際に肝心な直感力が鈍ってしまい、伝えられた内容から思考で判断する傾向が強くなってしまいます。ですから、あくまでもちょっとした参考程度にして、直接会ったとしても、ホームページでご縁があっただけだったとしても、実際にはそれなりに波動は伝わってきているので、自分自身の直感を信頼することが大切になります。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」







バックナンバー改訂版

シリウスより愛をこめて ~その15~

2012年09月16日
DSC01587+(3)_convert_20120915125946.jpg
2枚の写真は、昨日15日(土)AM11時頃に於茂登岳(おもとだけ:標高526m沖縄県で一番高い山)の近くで撮影しました。

この時の前後1時間くらいは、薄らと晴れ間も見えていましたが、午後に入ってから再び雨雲が覆い、風もさらに強まって雨模様の天気となりました。

DSC01588+(3)_convert_20120915130129.jpg
本日16日(日)AM4時半現在、大型で非常に強い台風第16号は、石垣島からは300~400kmほど離れていると思いますが、石垣島地方気象台発表のAM4時までの最大瞬間風速は20.1mを記録していて、まだ暗い窓の外からは、風のうなる音が聞こえてきます。

石垣島からは約400km(東京―大阪間くらい)離れている沖縄県の中心都市の那覇市には、台風が接近する予報が出されています。AM3時現在に台風第16号は南東約80kmの位置にあり、那覇市のAM4時現在の最大瞬間風速は35,2mとなっていて、大荒れの状況となっているようです。小難無難になりますようお祈りしています。

DSC01591+(3)_convert_20120916074520.jpg
上の写真は、今朝7時40分頃に自宅ベランダより撮影しました。雨雲が薄れてきて、晴れ間が見え始めましたが、海はかなり荒れています。

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

*以下の内容は、2009年12月16日にタエヌがシリウスの同志とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

あらゆる次元に存在するスピリットは、そのエネルギーフィールドの中から、あなた方に対して、できる限りの必要に応じた言葉や映像などのインスピレーションや、与えたいエネルギーを送ることができます。与えるべきものを、必要と感じたまま与えることが許されるのです。

ただし、ここには宇宙の法則が関わってくるために、与えることが許される領域や具体性は個々によって違ってきます。高次元に存在するスピリットは、宇宙の法則に従って、あなた方の個の領域をしっかりと感じ取って、過干渉せずに許される範囲内で、与える必要のあるものを与え続けているのです。

そして、それを受け取るあなた方には、宇宙の神から分け与えられた純愛なる魂のもと、それをどこまで受けとることを選択するのかを、自由意思によって決めることができるのです。魂の意思は絶対です。魂は永劫の時の中で自由意思を行使してきているのです。

あなた方の認識できる意識の中では、今のあなた方が3次元の肉体をこうして持っている以上は、その肉体によって認識できる、ごく限られた意思の中で、あなたは自由意思を表現することができるのです。しかし、3次元の世では、その限られた自由意思による選択はとても大きな影響があるために、たとえ魂の意志とは全く違っていたとしても、3次元の世における選択結果は、その肉体を持った限られた意思が優先されることがほとんどなのです。

そんな中、魂の意思も肉体を持った意識の中での意思も、高次の存在からのインスピレーションを受け取ることを同時に選択した場合、その必要に応じてインスピレーションはもたらされます。しかし、高次の者から受けとることができるインスピレーションは、その人の持つ波動や個性といえるあらゆる状況によって違うのです。高次の存在によるインスピレーションをそのまま受け取って認識できる人もあれば、曲った形で認識する人もいます。

これは、あなた方の次元では、このような例えがわかりやすいでしょう。ある芸術家の描いた絵を見ても、素晴らしいと感じる人もいれば、変な絵だと感じる人もいるでしょう。また、ある人の話を聞いてもまったく心にとどまらない人もいれば、同じ話を聞いて感動してその後の人生に活用する人もいるでしょう。同じ絵や言葉であるインスピレーションを受けても、このように捉え方が違ってくることは普通にあることなのです。

そんな中で、できる限りそのままインスピレーションを受け取って、それを世に示すには、トランス状態になって自分の肉体や意思をスピリットに預け、チャネリングした状態で表現することが簡単にできる方法でしょう。過去には、このようなトランスチャネリングを行って、実際に高次の存在の表現を、そのまま地上に持ち込んでポジティブに活用した例はたくさありました。

しかし、このようなトランスチャネリングには、現在の地球人類の意識の高まりの中では、様々な問題があります。一言で表せば、現状には合っていないということです。モーゼの時代には海を分断して道を示すことによって神の力を顕現する必要があり、文明的に医学が発展していないような時には、心霊治療で肉体を切り開いて改善したりする必要もありました。しかし、今の世の中であからさまに物質的に示して情報として出回っても、ただただ恐れや依存などを生じてしまうだけで、ポジティブな道を切り開くために必要なこととはいえない場合が多くなるでしょう。

その時代に応じて、国や地域や人々の意識の状況に応じて、できるかぎりポジティブな状況の中で、意識を高めるために必要なインスピレーションや、時には3次元的な事実を世に表す必要を、高次の存在である私たちはいつも配慮しているのです。

今は、まもなく訪れるアセンションに向けての仕上げの段階である、スピリチュアルな意識の向上を必要としている状況にあります。平和と統一に向けて、自由意思や自己責任を尊重する時代でもあります。ですから、物質的な現象によって、高次の魂が表現することは少なくなっているのです。

また、あなた方の肉体的な意識における自由意思を尊重しているために、トランス状態になって自分の意思も責任もない状態でインスピレーションを表現するよりも、自己の意識を残したまま、自分の意識も交えた状態でチャネリングして表現する人が多くあるのです。これは、魂のレベルにおける合意のもとでもありますが、宇宙の神の意思でもあります。

まもなく訪れる、地球上における次の光の世に存在できれば、あなた方は肉体を持ったまま、魂の意思と肉体の意思とを一致させて、宇宙の神との一体感をしっかりと認識することができるようになるのです。意識的にチャネリングをしなくても、あなたが神と宇宙と私たちと直結していること、つまり、すべてが1つにつながっていることを、はっきりと認識できるのです。本当の意味のワンネスとハピネスを感じて、真実の自由や至福の時を実感することができるようになるのです。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

災難の予測が発されたとき

2012年09月15日
DSC01580+(3)_convert_20120915075550.jpg
今朝、8時少し前に撮影した東シナ海周辺の景色です。カラーで撮影したのですが、海も空も、モノクロ写真のように見えます。石垣島地方気象観測台から発表された、今朝7時までの最大瞬間風速は16.3mで、雨が降ったりやんだりしていて、厚い雲に覆われています。

今回の大型で猛烈な台風16号は、石垣島近辺を通過することはなさそうなので、それほど警戒をしなくても大丈夫そうですが、台風の影響を強く受けそうな地域の、小難無難を心よりお祈りしています。

DSC01582+(3)_convert_20120915075804.jpg

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆


台風が接近しているという情報が発されると

その対象になっている地域の波動は荒れ始めます。


不安、心配、恐怖などといった

個々における多数のネガティブな意識が湧き上がり

集合意識となって広まり強まるためです。


台風に限らず

災難が予測されるような情報が流れると

3次元世界では日常的な事ですが


その中に自分が在る時

いかにそのネガティブな波動にまきこまれず

影響を最小限にとどめることができるのかということは


よりポジティブに過ごすためには

大切な事の中の1つであります。


つまり、必要な危機管理はしつつも

大きな取り越し苦労になるような

過剰な危機管理にはならないよう留意し


まだ起きていない先々のことを

ネガティブなイメージをしすぎないように努め


より冷静になって必要な情報を見極めて受容し

今やるべきと判断したことはすぐに実行する。


大難にならず小難無難に済むように願い

必然をポジティブに受け止められるように努め


自分自身の波動をより高い状態に保ち

より低くならないように努める。


あとは、宇宙の普遍な法則である

波動の法則やカルマの法則や必然の法則に任せて


目の前の状況の中で

成すべきと感じることに努めれば良いのです。


《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









スピリチュアル

スピリチュアルな叡智を意識的に活用することの大切さ ~その2~

2012年09月15日
DSC01561+(3)_convert_20120915044920.jpg
桜文鳥で手乗りの「ひふみ」です。昨年の12月3日にペットショップから我が家に来たために、アマンダ(次女仮名小6)が「ひふみ」と名付けました。

ひふみのお世話はアマンダが担当していて、毎朝の水替えや餌やりをしたり、最低でも1日1回は小屋の外に出して遊んだリしています。すっかりと我が家の一員として溶け込んでいますが、アマンダに一番なついています。

DSC01579+(2)_convert_20120915045508.jpg

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

ポジティブな自分に気づこともあれば、ネガティブな自分に気づくこともある。3次元世界で生きている以上、この両面を持ち合わせているのは当然のことであります。だから、今、まだ私たちは、肉体を持って3次元世界に在るのです。

その中で、ポジティブな自分に気付くことができたのなら、大いにわくわく喜び、意識も行動も何もかもの選択をそのポジティブな波動の中で行うことは、より波動を高めるためには最高のことです。たとえ何かで表現をしなくても、ただポジティブに高い波動の中で生きているだけで、あなたの高い波動は周囲に広がり、光のエネルギーとなってめぐっていきます。たとえば、話をしたりメールで伝えたり、不特定多数の人に対してツイッタ―やブログなどで表現したりして、さらに多くの人に対してポジティブな波動の中で光(愛)のエネルギーをめぐらせることができれば、それはすべてがあなたへと返ってきますし、宇宙全体へとめぐるものでもあります。

逆に、ネガティブな自分に気づいた時、それを認めてしっかりと受け止めることは大切なことですが、そのネガティブさに焦点を合わせ過ぎてしまったり、ネガティブな渦中に入っている自分をそのままネガティブなままにしていたり、ましてやそれを人に対してむやみに話をしたり、さらに不特定多数の人に対してツイッタ―やブログなどで表現したりして、低い波動を広めてしまうこと…。それはそれでその人にとってはネガティブさを伝えることで、少しはすっきりとするのかもしれませんが、愚痴や悪口の横流しは邪気の横流しともなりますし、低い波動をめぐらせるだけのものになる場合もあります。そして、もちろんそれは、自分にめぐり宇宙にもめぐっていき、ネガティブなカルマとなって、すべては自分自身のもとにかえってきます。

これまでに、当ブログの記事で何度も表現してきましたが…今、この時期だからこそ、ポジティブに感じるものに焦点を合わせることは、今まで以上にとても大切なことであるといえます。かといって、ネガティブに感じるなものを邪険にしたり無視しようとしたりしたほうが良いということではありません。必要に応じてネガティブに感じるようなことも、それなりに意識することも大切なことです。

ただし、できるだけ‘焦点を合わせ過ぎない’ように努めることや、自分自身がネガティブになってしまった際には、自分の状況がネガティブになってしまっていることに気づいた時点で、できるだけ早い段階に反省して改善するように努めることは、とても大切なことになります。

しかし、せっかくネガティブな自分自身に気づいたのに、まるで、ひらきなおるようにして、自分にネガティブな側面のあることを受け入れてそのままにしてしまい、改善しようと努めようとせず、ネガティブなままにしておくのはとてももったいない残念なことです。気づくことができるだけでもポジティブなことですが、改善するように努めることが重要なのです。また、そのようなネガティブな低い波動やエネルギーを、意識的に人や世や地球や宇宙に広めることを選択してしまうということは、とてもとても哀れでもあり残念なことでもあります。

ネガティブな自分に気づいたら、できるだけポジティブな自分になれるようにと努めることが大切です。スピリチュアルに目覚めていると自覚しているのでしたらなおのこと大切です。ライトワーカーとして、人に対してより多くの光をめぐらせたいと願う人にも同様なことがいえます。

スピリチュアルに目覚め、スピリチュアルな叡智を得たことを認識しているような人には、同時に、それなりにスピリチュアルな叡智を活用していくことや、自分自身の生き方を通して世に広めていくことなどの、宇宙の求める仕事を遂行する‘大きな責任’も生じてくるのです。そして、実際にこの仕事を遂行し続けることをより多く選択し、責任をより多く果たすことができているようでしたら、着実に波動は高まり魂が向上し、より幸福感に満ちていると実感できていくでしょう。

でも、もしもその逆に、スピリチュアルな叡智をそれなりに知識として得ているのに、実際上の在り方として、その責任をあまり果たすことができないようなことを選択し続けてしまっていたり、スピリチュアルな叡智を3次元世界の在り方とは特別である別ものとして扱うなどして、スピリチュアルな叡智をあえてポジティブに活用しないことを選択したりしていると、本人の自覚があってもなくても、徐々に波動が下がっていく状況へと陥ってしまうでしょう。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

ヒーリングについてあれこれ

2012年09月15日
☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

レイキの伝授を行う際には
必ずレイキ特有のシンボルとマントラを
レイキティチャーである私も妻も活用しています。

また、自己ヒーリングや他者へのヒーリングの際にも
以前の私は必ず1回1回シンボルを描いて
マントラを唱えてから行っていましたが

最近は常にシンボルとマントラとは
すでに繋がっている状態であることを信頼していて
あらゆるヒーリングテクニックも混ぜて行っていますし
さらにエネルギーの高まりも感じていますので

特にレイキのシンボルやマントラを
毎回マメに使用するということにはこだわらず

その都度の必要なエネルギーを受けてめぐらすように
その時のインスピレーションや直感に従って
ヒーリングを行っています。

でも妻atumiの場合は
レイキヒーリングが基本であり
ベースでもあるので

常にレイキのシンボルとマントラを用いて
ヒーリングを行っているようですし
必要に応じて他の方法も混合して
ヒーリングを行っています。

私はレイキのシンボルもマントラも
とてもパワフルで有効であると感じていますし

レイキの伝授を受けてから何年間も
ほぼ毎日シンボルとマントラを用いて
ヒーリングをしてきていたので

レイキエネルギーとは
しっかりとつながっていると信頼し

私自身は、最近ヒーリングではマメに使用してはいませんが
妻は毎回使用する必要を感じて行っているわけで

人それぞれの必要性や信頼度や動機・目的によっても
その時点でのヒーラーとしての状況によっても
その時のエネルギーの状況によっても

シンボルとマントラの必要性や
レイキ自体の捉え方や活用のし方も
人それぞれ違ってくるのだと私は認識しています。

またヒーリングを受ける動機も
ヒーリングによってもたらされる効果も
人によって様々です。

それでも、全体的な傾向として
スピリチュアルな目覚めを
さらに促進させるような結果に至る場合が
とても増えてきていることは確かですので

総合的に捉えてみると
スピリチュアルなエネルギーを
それなりに意識している人たちは

アセンションに向けて
ポジティブな方向へと
さらに早足で歩んでいることが認識できます。

そして、ここ最近の
さらなる急激なエネルギーの高まりによって
このような傾向はより強まっていることも感じます。

時々、レイキの伝授を受けた方が良いのかどうかとか
レイキヒーラーになれるかどうかといったようなご質問を
受けることもありますが

伝授を受けたいという
ポジティブな思いが湧き上がっている人は

レイキの伝授を受けることで
ポジティブな学びとなり必要であると、
潜在意識や魂意識が感じているために
そのような思いを顕在意識で認識しているのだろうと、
根本的な事として私は答えています。

また、そういったご質問をいただいた方から
感じられる状況によって

まれに、人によって、
必要に応じてではありますが、

レイキの伝授をお受けすることを
お勧めすることもあります。

また、人によってはその時点ですでに身につけている
ヒーリングテクニックを続けることを
お勧めするようなこともあります。

でも、本来は自分自身の直感である
わくわく感に従うことが最良のことなので

どのような情報に触れても
アドバイスを受けたとしても

最終的にはあらゆることを参考にしつつも
自己の内で感じるわくわくに従うことをお勧めしています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

本来すべての人は
宇宙エネルギーや地球のエネルギーと
深くしっかりとつながっていますし

魂や内在する神仏や
守護のあらゆる存在からのエネルギーも受けて
今こうして地球上に人として存在しています。

ですからそのようなことを信頼し
それら無限のエネルギーを信頼して
自分なりに適した方法で意識的に取り入れるようにすれば

さらなる健康や活力を手にすることができますし
自己へも他者へも意識的に
ヒーリングを行うことができるのです。

ただし、アセンションを果たして
黄金時代を迎える直前である

ネガティブなエネルギーと
ポジティブなエネルギーの
2極化した中でのギャップの大きい中にある
現段階のような地球上では

人々は肉体的にも違和感や苦痛などを感じたり
感情や気持ちや思考などの顕在意識でも
ネガティブになってしまったりすることがあって

ポジティブになりきれない状況にも
陥るような場合が常にあるわけでして

ポジティブな状況へと改善するためには
直感的に必要に感じわくわく感じるような
ヒーリングテクニックを得ることも大切だとも感じますし

スピリチュアルなエネルギーを使い
少しでもポジティブにしてくれそうだと感じるような
ヒーラーがいたとしらなら

強く依存しすぎないようにすることを意識し
過信しないように意識しつつも
信頼と愛を持って依頼をすることは
時には必要であると思います。

また、依頼を受けたヒーラーは
自己責任を強く持ち
愛の気持ちを大きくむけてヒーリングを行い

ヒーリングもしくは伝授することを
受け入れると決めた際には

愛からくる動機の中にあれば
少しでもお役に立ちたいという気持ちを抱いて
全力を挙げて尽力すべきですし

それがヒーラーにとっての
お役目を果たす絶好の時であり
幸福感や充実感を得ることができるはずなのです。

強く依存をしすぎたり
過干渉をしすぎたりするのは
ネガティブなことではありますが

実際には人々も
全宇宙のあらゆるものも
すべてがほどよく依存し合って
調和されて存在しているのです。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

スピリチュアルな叡智を意識的に活用することの大切さ

2012年09月14日
DSC01551+(3)_convert_20120914124631.jpg
本日の正午少し過ぎに、自宅ベランダより東シナ海周辺を撮影しました。干潮時に撮影したので、リーフサイドをはさんで、サンゴ礁と外海との分かれ目がよくわかります。海はいつも以上に荒れてきているので、リーフサイドに白波が目立ち始めました。

気象庁の表現を借りますと、‘大型で猛烈な’台風16号は、現在、フィリピンの東にあるのでまだ遠方ですが、石垣島の正午近くの最大瞬間風速は12mあって、波も少しずつ荒れ始めたために、台風が徐々に接近してきていることを実感できます。

本日の午前10時30分現在の台風16号は、900hPaで最大瞬間風速は80m/s・・・こんな数値は、ここ数年で私は聞いたことも見たこともありませんが、とにかく小難無難で済みますよう、心から祈るばかりです。

DSC01555+(3)_convert_20120914124817.jpg

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

3次元世界で実生活を送っている私たち地球人類の多くの人にとっては、同じ3次元世界の波動域ではっきりと物質(人のような存在)として認識することが難しいような存在である、神様や仏様や守護霊様や高次元の宇宙存在などのスピリットを、たとえはっきりとした形として顕在意識の中では認識できなくても、今、私たちと共に存在していることやサポートをしてくれていることを意識したり、それなりに強く信頼したりすることは、スピリチュアルな知識を得ていくためにも、スピリチュアルな力を頂いたりポジティブに活用したりするためにも、基本的なこととして大切で必要なことであるといえるでしょう。

カルマの法則や波動の法則や不干渉の法則などの、全宇宙における普遍であり完璧に働いている法則は、スピリチュアルな叡智を得ていく中で、それらの法則を述べている情報に触れる機会は多くあるでしょうし、実感したり信頼したりしている方も多いことでしょう。

このような、3次元的に立証して確認することや、現実的な事としてはっきりと認識することが難しいとも思えるような、宇宙における普遍の法則が、私たちに対しても完璧な形で働いていることをそれなりに意識して、宇宙の法則に関しての真実の知識を得ていくことや信頼度を高めていくことは、上記のような高次のスピリットを意識することと同様に、スピリチュアルな目覚めを進めていくためにも、よりポジティブなスピリチュアルライフを送るためにも、基本的なこととして大切で必要なことであるといえるでしょう。

上記のような、3次元的にはっきりと認識することが難しいようなスピリチュアルなことは、よりはっきりと三次元的な肉体において五感(視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚)で実感できる方が信頼しやすいことではありますし、三次元的にわかりやすいような物質的な証拠があって立証されたほうが、その信頼度は、多くの人たちにも深まっていくことでしょう。

しかし、高次元の宇宙においては、とても現実的でありはっきりと実感できる、あらゆる宇宙における普遍な法則を、今の時点での三次元世界の地球上においては、認識しずらい重い密度の中にあることをわかっている中で、魂を向上させるために三次元世界で実生活を送る経験を必要として転生してきたということも、私たちが三次元世界を自らの魂による自由意思によって選んで転生してきた大きな理由の1つにあげられるのです。

ですから、宇宙の法則を身近なことであり、完璧に働く現実的なことであると意識し、このように三次元世界で実生活を送っているうちは、このような法則の真実をより理解できるように努めつつ、真実の叡智として活用することが、波動を高めてよりポジティブな実生活を送るために、そして、魂向上のためには、根本的なこととしてとても大切であるということを、多くの人にとって、理解して強く信頼するに至るのは、ここ何百年ほどの地球上の人類の歴史の中では、とても難しいことでした。

今でこそ、以前に比べれば、これらの宇宙の法則等の真実の叡智を知る人や、少しでも信頼するような人は増えてきていますが、百年前や70年ほど前の戦時中などといった時代には、今に比べるとかなり少なかっただろうということは明らかです。

しかし、70年ほど前から地球自体の魂の意思によって、宇宙全体へアセンションに向けてのサポートを求める要請があり、宇宙の神も認め、高次の宇宙存在がサポートをするために大きく動き出し、25年ほど前から地球上にそそがれる宇宙エネルギーが急速に高まり初めて、アセンションに向けて一気に地球上の全体的かつ総合的な波動が高まり続ける中で、その地球全体の波動の高まりに乗じて、急激に波動を高めている人たちもたくさんいることは事実です。

そして、波動を順調に高めるにつれて、よりポジティブな生き方を求め、より真実の叡智を思いだしたり情報として得たりしていく中で、自分はいったい本当は何者であるのかとか、魂とはどんなものでどこから来てどこへ行くのだろうとか、今の世とはいったい何なのか、宇宙とはどのようなしくみになっているのか…などといった、いわゆるスピリチュアルな真実の叡智を得たいと思ったり、実際に必要な叡智を少しずつ身につけたりすることは、次なる4次元の世においては必要不可欠なことのために、高次の意識に近づくにつれて、そのような叡智を求めようとする意識は、より強く高まっていくのは必然的なことなのです。

ですから、自分自身の意識や身近な人々の意識や社会全体的な意識の傾向としても、これらの真実の叡智を、より身近なこととして実感できて、よりポジティブに活用すべきこととして意識して、より真実の知識を得て、より実生活に活用して、よりポジティブなスピリチュアルライフを送るように意識的に努めるようになってきたようなことを実感しているような人は、三次元世界の卒業を間近にしていて、次なる高次の四次元世界に入る直前の状況にまで魂を向上させることができたという、証拠でもあるといえるのです。

今の私たちは、まだ3次元世界である物質世界に人として存在しているわけですから、たとえそれなりに自分自身の意識が、高次元の領域にまで高まってきていたとしても、今の地球上の3次元世界には、3次元意識に加えて3次元未満の意識を持つ人から6次元くらいまでの高い意識を、多少なりとも混在して持ち合わせている人がいるといわれていますが、そのような多次元的な意識、特に3次元以下のネガティブな意識を多く持つ人たちの中に在って、高次元的な意識のみを発しようと努めても、これはなかなか難しいものであります。

また、3次元の密度の肉体を持っているわけですから、痛みや苦しみや疲労などのネガティブな感覚をいつでも味わう可能性があるために、たとえ1年間のみでも、肉体的にネガティブな感覚をまったく感じないで実生活を送ることは、無理であるともいえることですが、4次元より高い密度の中での肉体(クリスタル基盤・アストラル体など)には、実際にこのようなネガティブな感覚を味わうような物質的感覚はまったくなくなるのです。

このように、まだまだネガティブなものがたくさん共存していて、自分自身にとって身近である肉体自体も、ネガティブな面も多々持っていたり感じたりする可能性があるような状況に今もあるわけですから、たとえどんなに意識が高まっても、完璧に高次の意識のままで過ごすのは無理なことといえるでしょう。

また、たとえば宇宙の普遍な法則である不干渉の法則を、できる限り取り入れてポジティブな実生活を送りたいと強く意識していても、気がつくと過干渉してしまっていたりされていたりしてネガティブな感覚になってしまうようなことも、今の世では当然のこととして生じるケースが多くあるでしょう。不干渉の法則を意識しすぎて、かえって無関心とか心遣いが浅くなってしまい、波動を下げるようなこともあるでしょう。

しかし、波動を高めるために、そして波動をできるだけ下げないようにするために、アセンションに向けて総合的な波動を高めること、つまり、魂向上のためにとても大切であることは、普遍である宇宙の法則などのスピリチュアルなことをより強く信頼し、真実であると感じるスピリチュアルな叡智をより意識的に実生活で活用し、反省を繰り返しながら自分自身の中でよりポジティブに感じられるように改善していくように努めることは、とても大切なことになります。

宇宙の法則などの真実のスピリチュアルな叡智を知って、それを実生活の中で意識的に活用するように努めたり、実際に活用したりすると、その叡智を知らないよりも、ある程度は知っているのに別物扱いをして活用しないでいるよりも、はるかにスピリチュアルな目覚めは進んでいき、スピリチュアルなことをより身近でポジティブなものであることを実感することができるようになっていくのです。

まだまだネガティブな面の多い、今の世である3次元世界においては、スピリチュアルな叡智と識別しているようなことのすべてを、身近なこととして完全に100%信頼したり、完璧にポジティブに活用できたと実感できるようなことは、それほど多くはないかもしれません。でも、より波動が高まっていくにつれて、高次の意識に近づくにつれて、より意識的にスピリチュアルな叡智を活用して、実践を積み重ねて反省して改善していくにつれて、必然的に、より身近に感じていき、より深く信頼できるようになっていき、より多くのことをポジティブに活用できるようになっていくはずなのです。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

ヒーラー&ヒーリングを受ける人の心得

2012年09月13日
DSC01548+(3)_convert_20120913081400.jpg
今朝8時10分頃、自宅ベランダより撮影した東シナ海周辺の景色です。石垣島における今朝の最低気温が27.4度、最高気温の予報は32度となっていますので、今日もほぼ平年並みの気温となりそうです。

現在、台風16号が発生していて、またまた沖縄に接近する予報が出されていますが、これまでに台風の影響を特には感じられず、今朝の海はべたなぎの晴天になっています。

DSC01550+(3)_convert_20120913081551.jpg

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

アセンションスペースシューリエのHPから、
これまでに何度かご依頼をいただき、
レイキ1~3の伝授も受けていただいたMさんから、

1週間の遠隔スピリチュアルヒーリングの
お申し込みを頂きました。

そして、1週間のヒーリングを行い
終了した旨をお知らせするメールを送った後に、
ご丁寧にご返信いただきましたが、

ご返信いただいたメールを読ませていただき、
私も妻もとても感激しましたし、
素晴らしい学びにもなりましたので、

当ブログでぜひ紹介させていただき、
多くのみなさんとシェアしたいと
心からわくわくしました。

そこでメールをいただいたMさんにお願いしたところ、
すぐに返答を頂きご快諾いただけましたので、
以下に紹介させていただきます。

Mさんからいただいたメールの中には、

ヒーリングを依頼する人と、

ヒーリングを受ける人と、

ヒーリングを行う人との、

それぞれの立場のすべての人の、
根本的な心構えとか留意点とかといったような
とても大切にすべき心得であると感じられる内容が

わかりやすく端的なお言葉で凝縮して表現されていて、
素敵な気づきや学びを与えていただいたと感じました。

遠隔ヒーリングのご依頼を受けた時点では、
1歳の息子さんが肺炎のために
入院されている最中とのこと。

母として幼い息子さんのために無償の愛の中で
ご本人の代理でご依頼をされましたので、

私も妻も快くお受けしまして、
尽力させていただきました。

また、ヒーリングをご依頼を頂いた際のメールの中に、

「息子は今肺炎で入院しているのですが、
ヒーリングによって自己治癒力が高まり、
健康を取り戻す助けになっていただけたらいいなと思っています。」

と書かれていましたが、
この時も「素敵な動機だな~」と感じていました。

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

タエヌ様

1週間息子のためにヒーリングしてくださりありがとうございました。

2回ヒーリングしていただいたところで
グンと体調がよくなり、

その後はみるみる元気になって
おかげさまで先週土曜に退院することができました!

とりあえず今週1週間は自宅療養ですが、
もう元気に飛び跳ねています。

当初5日~1週間で退院できると言われておりましたが、
1週間たっても退院どころか体調はほとんど好転していませんでした。

また私自身も何度も何度も息子にレイキをかけていましたが、
効果があらわれず、とても焦っていました。

実は入院する前から、
すでに具合の悪かった時点でタエヌ様に
ヒーリングお願いしようかと迷っていたのですが、

もしヒーリングしてもらっても治らなかったら…、
と思うと怖くて(最終手段をなくしてしまうようで怖かった)
なかなかご連絡できずに一人で悶々としておりました。

でもあるときふっと

「病気を治すのは医者でも、タエヌ様でも、
もちろん私でもなく、息子自身なんだ。

医者もタエヌ様も私も、
それぞれ手助けすることはできるけれども、
最終的に病気を治すのは息子自身。

息子は息子のペースで治しているのだから、
息子のその治癒力を信じていればいいんだ」

と気がつきました。

そこでようやく肩の力が抜け、
同時にタエヌ様に「治してもらう」のではなく、
「力になってもらおう」と考えることができ、
今回ヒーリングをお願いした次第です。

実際はヒーリングをやってもらったら治っちゃいました、笑。
タエヌ様とatumi様のおかげです。
お二人のお力は本当にスゴイです!

本当にありがとうございました。
atumi様にもお礼をお伝えください。
また機会がありましたらぜひよろしくお願いいたします。

Mより

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜

Mさんのように
息子さんの自然治癒力を信頼し、
親としてもよりポジティブな意識を向け

ヒーラーに「治してもらう」というような
強い依存心を抱くのではなくて、

ヒーラーにヒーリングを依頼する際に
「力になってもらおう」という感じの気持ちで

ヒーラーを信頼して
ほどよく依存するような意識でいることは
とても大切なことであると思います。

また、ヒーラーも同様に、
‘自分が治してあげる’というような意識を
強く抱いてヒーリングを行うよりも、

ヒーリングを受ける人が
よりポジティブな状況に至るために
‘サポートをする’というような意識も抱き

より純粋な愛の気持ちを向けてヒーリングを行い
エネルギーを与えたり浄化したりすることによって
少しでもいいからお役にたてるよう願い

必要以上に経過や結果にこだわり過ぎずに
自分なりに精いっぱいの尽力をすることが
とても大切なことであると思います。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」









バックナンバー改訂版

みんなでアセンションしましょ! その2

2012年09月12日
DSC01543+(3)_convert_20120912090141.jpg
今朝の我が家のひとコマ

《1日1回の応援ワンクリックにご協力を、どうぞよろしくお願いいたします》
   ↓   ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

☆印の以下の内容は、「アミ3度目の約束」エンリケ・バリオス著 徳間書店 の内容を引用しました。

*主人公の「ペドゥリート」は地球人の男の子。「アミ」は高次元の宇宙人の男の子。「シルク」は地球内部の高次元の都市シャンバラに存在する人。シルクが表現する‘きみたち’と、ペドゥリートが表現する‘ぼくたち’とは、地球人類全体のことを指しています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  

ペドゥリート : そしてシルクは、ぼくたち一人ひとりには、ぼくたちの種の進化のために割り当てられた責任があり、そのために、一人ひとりが自分のおとった部分を乗り越えることが、どうしても必要になってくると言っていた。それはあくまで個人的な仕事で、個人が内的成長をとげるために努力することによってのみ、人類全体が進化していけるのだということを、とくに強調していた。

そして、できればその大きな災難は起こらないほうがいいし、そのためには意識に目覚めた人たちみんなが、自分自身で努力するのはもちろんだけれど、周囲の人たちにも光を広げるようにしなければならないとも言っていた。

それから彼は、ぼくたちに、自分が人類の進歩に奉仕していると信じこんでいる、少なからぬ人たちのように、‘黙示録の予言者’や‘死の使者’にならないようにと、とくに注意強調していた。実際、彼らがやっていることは、不安や恐怖や絶望の種をまくことであり、人々の恐怖心を無意味にあおる‘メッセージ’を広めることであり、それは人類の頭脳の質をさらに低下させるだけのものだから、救世の望みは、ますます小さくなっていくことになる。

突然シルクが「もう時間がない」と言った。ぼくはとても怖くなった。そしてシルク自身、言っていることのつじつまが合っていないような気がした。だって、その言葉自体、彼が‘死の使者’であることを示しているように思われたからだ。

でも、シルクが言いたかったのは、ぼくたちにはもう、ムダにしている時間はないのであって、これまでは、内面的にも外面的にも事態を真剣に変える努力をしないまま、なんとかやってこられたけど、これから先は一人ひとりが‘愛の使者’へと変身するべきであり、それを自分の人生に反映していかなくてはならないということだった。

シルクの言葉は、ぼくを元気づけた。

シルク : 「きみたちは、現在のあやまちも過去のあやまちも、毎日少しずつ乗り越えていかなくてはならない。それは原点に立ち返ってはじめることによってのみ、できることなんだ。つまりきみたちの人生の一番大切な目的をはっきりとさせることであり、その目的とは、愛の成長に奉仕することにほかならない。

愛の成長に奉仕しているということは、いつも頭の中にはっきりとやきつけ、心の中に生き続ける感動として、決して忘れることがあってはならない。そうして、はじめてきみたち自身の内面から、そのあとできみたちの行いを適応させていき、やがてはきみたちが時間のすべてを使って、愛の成長に奉仕できるようになるまで…より良い人間に変わっていけるまで、きみたちはこの一番大切な目的にそって努力していかなければならない。

でも、繰り返すようだけれど、その仕事は少しずつ行われるべきものであって、まずは欠点のひとつからはじめて、だんだんと別の欠点へと移っていくようなやりかたをしなくてはならないんだ。」』

ペドゥリート : それからシルクは、人々が苦難することも、大量の死者を出すこともなく、ぼくたちの惑星が良い方向に変化していく可能性は残っていると言った。でも、これはいつもしっかりと自覚しておかなければいけないけれど、‘もう時間がない’。つまり、もうぼくたちは時間をムダにできないとうことだ。

それから、喜び、健康なユーモア、楽天主義、希望、責任、悪意のない魂、信念、許し、隣人へのたすけ、ほんものの愛などが、ますます必要不可欠なものとなっていき、それが人類にとって、そして一人ひとりにとって、高い水準の存在へ移るのに必要なエネルギーになると言った。

反対に、どんなものであれ、恐怖、絶望、堕落などの種をまくものからは、距離をおくことが必要だとつけ加えた。そして自分たちの性格上のおとった部分に対して、もう少し自分自身が厳格になるべきであり、友だちや指導者を選ぶときにも、もっときびしく判断すべきだということだ。

さいごにシルクは、次にあげる欠点は、どんな犠牲をはらってでも自分たちの中から追放するべきで、もしそれらの欠点が大きければ、新しい世界の一員になることができないと言っていた。それは、羨望(ねたみ)、利己主義(エゴイズム)、暴力、物質主義、人の不幸を望むこと、(知的、感情的、物質的、性的な事に対する)無責任、恩知らず、不機嫌、それからぼくたちのすべての宗教が、そのおきての中で戒めていること。

ぼくはねたみと利己主義が最初にあげられていたことに、とても興味をひかれた。だってぼくたちにとって、それはとても日常茶飯なことだったからだ。

アミ(高次元の宇宙人) : 「新しい世界をかためるときには、いまシルクが言ったような悪い種をまくことは許されない。だって、そんなものは、人類家族の分裂を引き起こすばかりだからね。必要なのは、それと正反対のものなんだから」とアミが説明してくれた。

シルク : 「(前略)……でもきみたちは、宇宙親交に仲間入りする用意がほとんどできているんだよ」

ペドゥリート : 「ぼくたちが!?…」

シルク : 「その可能性はおおいにあるってことだよ。いますぐ仲間入りをできないとしてもね。きみたちは、宇宙親交がぜったい必要とする価値に、ちゃんと目を向けていないんだ。ただそれだけなんだよ。だってきみたちは、自分たちに不足しているものを素早く学び取って、それをすぐさま実践に移すことができるし、きみたちの種には、だれにとっても等しく豊かな世界に向けて、力を集結し実現できるだけの力もある。今は何もしていなくても、本当は善意をもった人たちが大勢いるし、名もない多くの善人が、利害を超えて他人にその手を差しのべている。そして手助けしたいと思いながら、どうしてよいのかわからないでいる人たちもたくさんいる。」

ペドゥリート : 「じゃ、いったい何がぼくたちには不足しているんですか?」

シルク : 「きみたちが、高い水準に移っていけない理由はただひとつ。さまざまな分野において、きみたちのものの見方がまだ変化できていないからだよ。きみたちの文明を導いている物質主義的な観点や外面重視の視点から、もっと人間の内面を完成するというテーマに向けてピントを合わせていく必要があるんだ。」

あのシルクの言葉を聞いたとき、ぼくは心から納得できた。

ペドゥリート : 「その通りです、シルクさん……でもどうして、まだその変化が起こらないのですか?」

シルク : 「それは、考えるのは自分たちのことばかり、みんなの豊かさについてはまるで省みようとはしないわずかな人たちが、世界を動かす舵(かじ)をにぎっているからなんだよ。それに、その人たちが握っている権力はとても大きいから、自分たちにとって都合がいいと、‘考えている’状況に向けて、勝手な思惑だけで人類全体を引きずりまわしているせいなんだよ。」

ビンカ(地球外の3次元の惑星の女の子) : 「そのうちブーメラン(カルマ)にやられるわ」
とビンカはとても怒って言った。

アミ : 「でも、惑星(ほし)自身の必要性と、人々の意識の高まりによって、すぐに今の状況は変わりはじめるよ。そのときこそ、きみたちの協力がなくてはならないものになるんだ。ひとつの状況から別の状況へと移り変わっていくときには、変化をはばもうとする力がはたらいて、大きな災いが引き起こされたりする。そうした災いとは無縁に、できるかぎりスムーズに前進を果たすのが望ましいけれど、それができるのは、全体の意識の高まりだけなんだ。そしてその意識の高まりを生んだものこそ、愛であり、愛に導かれた知性なんだよ。だからこそ、地球の愛の成長を助けることが、何をおいても大切なんだ」

上記の内容は「アミ3度目の約束」エンリケ・バリオス著 徳間書店 より引用しました。

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

一人ひとりが自分の劣った部分を乗り越えるために、個人的な仕事として、個人が内的成長をとげるために努力することは、個々の波動を高めるためにも、集合的な意識を高めるためにも、地球全体の波動を高めて、よりスムーズにアセンションするためにも、根本的なこととして最も重要なものであります。

‘ムダな時間’はもう残されていません。個々が自分自身を大切にすることを基本としつつも、周囲の人たちにも光を広げるようにしていく必要もあります。かといって、急いで変えようとか、ネガティブにも感じるほど無理な努力をしてまでも変えようとか、そんな変化を求める必要はほとんどありません。無理なく、できる範囲内で、意識を変えて行動を変えて習慣にすることを、自分なりにポジティブさや調和を保ちながら努めるべきであるということです。

‘変化’することは、宇宙の中における普遍的なことの中の1つです。宇宙のすべては常に変化し続けています。その変化は、急激に変化するよりも、徐々に変化する方がスムーズでありポジティブなものが多いのです。もちろん、必要に応じて急激に変化することがもっともポジティブである場合もありますが、多くは無理なく流れに乗って徐々に変化することが最良である場合が多いのです。

シルクの言葉に「もう少し自分自身が厳格になるべきであり、友だちや指導者を選ぶときにも、もっときびしく判断すべきだということだ」とありますが、例えば、今の日本の義務教育のシステムだけをとってみても、義務教育を受ける子どもたちが、一日の多くの時間を過ごす学校内においては、実践することが難しい状況が多々あります。

義務教育の中では一般的に多くの学校では、同じ年齢であるというだけで国の決められた基準通りに生年月日の数値から枠組みをされます。人数が多い場合には、2組とか3組とかと複数に枠組みがされますが、その際の組み分けの判断基準は通常、学校(教師)にゆだねられて実行されます。そこには、枠組みをされる本人である、義務教育を受ける子どもの意思が反映されることはほとんどありません。そして、日中の活動を多く共にし、指導者として学ぶ「教師」自体を、子どもたち本人が選択することは許されていません。この、根本的な教育と言う名のもとのネガティブな状況を改善しない限り、様々に湧きでる教育の諸問題が解決されることはないでしょう。

もちろん教育の問題点は枠組みに関してや、指導者の選択が自由にできないという問題だけではありません。義務教育を行う多くの学校では、子どもたちは長い時間拘束されて、かつ時間の選択の自由もほとんどなく、本人のやる気や学びたいこととは関係なく決められた学習内容を一斉に授業として行い、教師(おとな)の指示に従うことが良いとされる傾向は続いており、競争することを求められる場面が普通にあり、たとえ子どもが望んでいなかったとしても教師が勝手に数字や○印などによって子どもを評価するなどなど…すべての学校やすべての教師がこのような状況であるというわけではなくても、このような状況も多くあるのは事実なわけですから、根本的にこのようなネガティブなことがたくさん存在している日本の義務教育においては、いくら表面的に変えても、その根本を変えない限り、ポジティブな方向に進むことは難しいでしょう。

私にとっては、小学生が家族にいることや、実際に15年ほど義務教育の現場で教師として就労してきた経験のあったこと(レイキの普及等のスピリチュアルな仕事に専念するため2004年に教員を辞職しました。妻も2008年に教員を辞職して今のような道を歩んでいます)などから、義務教育に関しては身近であり論じやすい内容ですので、ひとつの実例として挙げて少し長く書きました。

もし、義務教育に関しては、ネガティブであり改善すべき表面的な状況を詳しく書き表すと、膨大な文章量になります。そして、教育以外で身近な事であり実生活に大きくかかわってくる、政治・経済・医療などの分野の根本的な改善すべきネガティブな表面的状況を挙げますと、きりがない…と嘆きたくなるほど、たくさん挙げることができるでしょう。

しかし、これは表面的な事実を書き表そうとした場合に起きることでして、根本的なことである改善点はとてもシンプルに表現できます。そして、そのシンプルな根本的観点で改善することができれば、すべてのネガティブな問題点は解決されて、宇宙における真理に基づく状況へと変革されるでしょう。

その根本的な改善点を解決する真理とは「すべてが愛に基づいていること」に変革することです。そして、愛のもと「自由と平和と統一と平等」に向けての変革を基本とすることです。そこには、シルクの言われるように、恐怖、絶望、堕落などの種をまくものからは、距離をおくことが必要であり、羨望(ねたみ)、利己主義(エゴイズム)、暴力、物質主義、人の不幸を望むこと、(知的、感情的、物質的、性的な事に対する)無責任、恩知らず、不機嫌、それから地球上のすべての宗教が、そのおきての中で戒めていることは必要ありません。

私のような3次元の世の地球において権力もなく財力もない単なる一小市民にとっては、今の時点で、政治・経済・教育・医療などといった分野に対しての変革を行うために、3次元的にわかるような表面的に変化させるほどの影響力を与えることは難しい場合が多いでしょう。そして、多くのみなさんが私のような立場であることでしょう。

そんな3次元の世における小市民的な立場の者ができる最大限のことは、より意識を高めて波動を高め、より多くの愛の光を放つように努めることです。そのためには、自らの修養に励む必要があります。平行して、できるだけ多くの魂や物事に対して光りを与える必要もあります。

そのためには、自らの現状や社会のネガティブな部分に焦点を当てて嘆くのではなくて、自分自身の領域内において、現状の中でできることを、よりポジティブに歩むことを自己責任のもとで選択し続けるように努める必要があります。

それには、例えばマスコミ等から与えられる情報は、直感的に識別して、必要な事はポジティブに活用し、必要のないものは削除し、ネガティブに感じたことはポジティブに変換して受容するように心がけるようにする必要もあるのです。できるだけ怒りや不安といったネガティブな感情を持続しないように心がけ、そのようなネガティブな意識に気付いた時には許しや安心などのポジティブな感情に変えるように努め、より淡々とした意識の中で、流れに乗じて自分らしくポジティブに歩むよう努める必要があるのです。

たとえ自らの実生活にネガティブに感じるような影響が及んできたと感じても、目の前のことひとつひとつをできる限りポジティブに変換および解決するように努め、夢や希望やポジティブな願望を抱き続け、理想に向けて意識や行動を選択し続ける必要もあるのです。

そして、一人ひとりの意識が高まり、波動が高まり、愛の光が多く放つことができるようになれば、それが集合的な愛のエネルギーとなって、地球全体がより多くの愛の光に満ち満ちて、宇宙全体に広がっていくのです。そして、その愛のめぐりによって、地球全体も我々地球人類個々も、よりスムーズにアセンションすることができるのです。

また、その経過の中で、人々の意識の高まりに乗じて、個々の魂が地球上に転生してきた本来の目的を思い出だすにつれて、その魂の役割を個々が果たすようになっていくのです。そして、それぞれの魂が自己責任をより強く持ちながら本来のお役目を果たすことにより、地球全体の大調和が図られていくにつれて、世の中のあらゆるシステムが宇宙の真理に基づいた状態へと変革していき、自由と平和と統一と平等に向けて、愛に満ちた世となっていくのです。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」







バックナンバー改訂版

シリウスからのメッセージ~地球は光で満ち満ちています~

2012年09月11日
DSC01530+(3)_convert_20120910200654.jpg
タエヌ家の自宅には、北向きに大窓とベランダがあり、南向きに玄関があります。自宅の北方向には東シナ海が広がって見えます。以下の3景は、昨日午後5時半頃にベランダより撮影しました。この日の日の入り時刻は午後6時52分です。

上の写真はベランダ正面の北方向、下の写真は左前方の北西方向に見える川平湾と川平半島周辺、2つ下の写真は右前の北東方向に見える石垣島北部地域と東シナ海です。

DSC01533+(3)_convert_20120910200834.jpg
自宅の大窓やベランダから、角度を少し変えるだけで様々な景色が見えますが、日によって時間によってもいろいろと変化して素敵な表情を見せてくれるので、思わず写真に収めたくなることがよくあります。

DSC01538+(3)_convert_20120910201021.jpg

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

*以下の内容は、タエヌがシリウスの同志とチャネリングして、2009年4月8日に書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


地球は光で満ち満ちています。


太陽や月や星などから与えられる宇宙の光。

神から与えられる気高い光。

そして、自らの魂が放つ光。


光には3次元の世の地球の人々にとって

目に見えてはっきりと認識できるものもあれば


視覚としては認識しずらくとも

心で感じとることができる光もあります。


物質的なものから放たれた光の中には

まぶしすぎて視覚的に不快に感じるもの

肉体や精神に対して不調和を与えるものもあります。


しかし、魂や神から放たれた光は

不快に感じるものはありません。

不調和を与えるものもありません。


愛だから

すべてが愛の光だから

だから美しく気高く心地よく感じるのです。


目に見える光の中にも

たくさんの素晴らしい光の種類があります。

そんな光はさまざまな恵みをもたらせてくれます。


目には見えなくても

愛の光は宇宙の存在すべてのものにとって

最も必要とされているもの。


輝けば輝くほど神に近づくことができるのです。


あなた1人が

これまで以上に愛の光を大きく発することができれば


あなたの影響を受けて

縁あるだれかも光を大きく発するようになります。


そして、その光が広がることによって

より多くの愛の光の循環ができるのです。


たとえ陰の世界である

闇の中に堕ちていこうとしているものがあっても


愛の光の循環の中に入れてあげるだけで

陰からぬけだして

陽である光を選択するようになる可能性もあるのです。


たくさんの闇の中にいる人たちを

救うこともできるのです。


わずか1人の光がより大きく輝くだけで

その影響を受けて

光を与えられたものたちとの間に光の循環ができると


その集合体となった愛の光や

高い波動である愛のエネルギーは


あなたがた地球人類が思っている以上に

とてつもなく大きなエネルギーとなるのです。


その光は地球をよりスムーズに

アセンションへと導くための糧にもなります。


その光が宇宙の無限なる愛の光の循環と合わさり

さらに広がっていくことによって

そのすべてが光を放つ自らのもとへと返ってくるのです。


愛の光を循環させるには

個々の特性に応じてのさまざまな方法があります。


会話・書物・音楽・美術・演劇などによっても

より意識的に愛の光を循環させることができます。


だからといって必ずしも意識的に

何かをした方が良いというわけではありません。


自らが愛の多い中で実生活を送っているだけでも

愛の光は大きく循環します。


つまり、自らが意識的に

より愛の光を多く放つような実生活を送るよう努め


家族や周囲の人などの

縁あるものたちに対して愛を与えるだけでも

愛の循環はより多くできて広がっていくのです。


そして、この愛の光の循環は人に対してのみならず

地球の万物すべてに対しても

先祖や仏に対しても神に対しても


全宇宙のあらゆるものに対しても

愛の光をより多く向けるようにすることで

さらに愛の光の循環は大きくなるのです。



「今」地球は愛の光で満ち満ちています。


そして、この先

さらに多くの愛の光を満たすようにするためには


「今」この瞬間に1人でも多くの人が

より多くの愛の光を放つ必要があります。


過去のことをいつまでもネガティブに思い

葛藤し続けることを選択するよりも


過去に経験できた必然に対して感謝し

「今」この時にポジティブに生かすよう努めてください。


今世での過去や

思い出せないような過去世に


「今」ネガティブに感じていることに対する

要因や解決策を求めすぎず


「今」自らが認識できていることの中から

解決するように努めてください。


思いだすことができないような

今世での経験や過去世の出来事は


思いだすことができないことを

自らの魂が選択したポジティブなことなのです。


答えは自己の中にあります。


「今」必要なものはすべて与えられていますから

本来はすべてを

自己解決することができるはずなのです。


それでも、自己解決するに至らず

他者にサポートやアドバイスを依頼することや

答えを求めるようなこともあることでしょう。


しかし、それは自己解決するための学びであり

ほどよく他者に依存したり外に手段を求めたりする方法や、

信頼を得たりするための学びにすべきではないのです。


愛の光は自らの魂が放つものです。

そして、愛の光はめぐりめぐって

自らの魂に循環して返ってくるのです。



地球は光で満ち満ちています

宇宙は光で満ち満ちています


あなたが輝けば輝くほど

その光の循環がより多くできて


あなたはさらにたくさんの

愛の光を与えられるのです。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」







バックナンバー改訂版

3次元的な健康状態と魂との関係

2012年09月10日
DSC01521+(3)_convert_20120910065002.jpg
今朝、日の出少し後の6時40分頃に自宅ベランダより撮影した東シナ海周辺の景色です。9月に入ってから連日、好天が続いています。

DSC01506+(3)_convert_20120910065150.jpg
昨日も好天の中、アマンダ(次女仮名小6)とデンプ(3女仮名小3)の通う小学校の運動会が行われました。2人とも、それなりに楽しんだようです。

DSC01520+(3)_convert_20120910065329.jpg
この写真は、エイサーを踊るデンプです。毎年、運動会では全校児童でエイサーを踊っています。

DSC01501+(3)_convert_20120910072044.jpg


☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

約2年前のことですが、月末大祓いのご依頼をいただいた方から、以下のようなご質問を頂きました。

実際には、いただいたご質問の答えになっているのかどうかはわかりませんが、ご質問をお受けしたことによって書きたくなった内容を、わくわく感に従って表現しましたのでご参考ください。ご質問を頂きましたK様。以下の内容を掲載する機会を与えて頂きましてありがとうございました。

Q. ひとつ疑問に思っている事があるのですが・・
痴呆の人とか、知的障害の人たちの魂は、どうなのでしょうか?
これも、今世の業なのでしょうか、でも大変な思いをするのは、世話をしている人だと思いますが。
そのうち、機会があれば、ブログ上ででもお答えください。


A.今世における3次元の肉体を持っている地球人類としての現状の心身の健康状態と魂との関係は、ケースバイケースとなり、ひとくくりには表現するのは難しいことでもありますが、大きく2つに分けて私なりの見解を表現してみます。

1つは、先天的に障害を持っているとされる状態で生まれてきたような場合には、今世において人としての生を受ける際に、魂自体が自由意思によってそのような状態を選んで生まれてきている結果である場合がほとんどであると私は認識しています。つまり、いわゆる障害とされる心身の状態を持った中で今世を生きぬくことによって、過去世のカルマの解消(清算・昇華)であるとか、今世で魂を向上するためには、最も適した状況である心身の状態を自らの魂が選択して生まれてきたということです。

ですから、3次元的な比較や観念や医学的な見地といったことで捉えた際の心身の状況と、魂自体の質や高さといったこととの関係は、一概にネガティブなこととかポジティブなものとかといったような識別はできず、いわゆる障害を持って生きている人自身が、どのような学びを得て、どのような波動の状況になっているのかといったことが、その人自身の魂に反映されることであり、魂の状態に関係することでもあります。

また、その人と関わる人にとっては、そのような障害を持っているとされる人と、どのように関わり、どのようなカルマを築き、どのような学びをし、どれだけ愛をめぐらせることができたかといったようなことが、魂へと反映されていきます。

もう1つは、今世において事故や病気などといった外的な要因や今世の中での出来事が要因して、いわゆる心身的な障害を持っている状態に至っている場合です。これはすべてでありませんが、多くの場合が今世における人としての在り方が大きく関係していて、そのカルマや波動の状況などによって表れた結果であるといえるでしょう。

ですから、病気や怪我や情緒的な障害などといったことも、今回の人生の中で自らの自己責任によって選択してきた結果として生じたことであるだろうと、できるだけ早い段階で気づき、反省して改善したり、ネガティブであると感じられることをよりポジティブに改善することに努めたりするなど、自分の人生に対して責任を強く持ち、他者や薬などの物質に強く依存するよりも、できるだけ自らの力で解決するように努めること、またそのように気づいたり意識したりすることが、その人自身の健康状態をより改善するためには大切なこととなります。

また、その中で看病や看護をしたりしてサポートをするとか、励ましたりアドバイスをしたりするなどをして関わっている人にとっては、先ほどと同じように、どのように関わり、どのようなカルマを築き、どのような学びをし、どれだけ愛をめぐらせることができたかといったようなことが、魂へと反映されていきます。そして、魂へと反映されるものが高い波動なのかどうかとか、実際に魂は向上したのかどうかなどといったことは、3次元的な見解のみでは計ることができず、3次元の存在である自身でも他者も、すべての識別をすることは難しいことなのです。

ですから、そのような魂に関しての評価や判断や識別といったようなことを気にする必要は本来あまりなく、今、自分自身がどのような波動の状況であるかを自身の中で識別し、より波動を高めたり低くならないようにしたりするように努めることが大切になります。そして、実際により多く愛の光をめぐらせ、より波動の高い状態であれば、魂は向上する結果に至っているのです。

ちなみに、カルマということに関しては、今世においても過去世においても、個人内のこともあるでしょうし、他者との関係に関するカルマもあります。そして、個人内のカルマも、他者(他の魂)とのカルマも両方が関係している場合も多くありますので、サポートを受けている本人もサポートしている人も、お互いのカルマが解消(清算・昇華)されることが、本来の魂の意思であり願いでもあって、そのためにはお互いがよりポジティブな波動の中でいられるように努める必要があります。そして、このカルマがいつの世のカルマであるのか、どういったカルマであるのかといったような要因を探ることよりも、今その時点で最もポジティブな選択をするように努め、より多く愛をめぐらせることが大になります。

まもなく迎えるアセンションの時が来た後にも、地球上に人類として存在していた際には、その高い波動(高いエネルギー・軽く繊細な密度・高い次元)に合った肉体に変わり精神的にも変わっていきます。つまり、今のような炭素基盤からクリスタル基盤へと細胞は変化しますので、今のような重い密度に適した肉体とは違って、意識や波動が即座に肉体に反映し、魂と顕在意識も一致し、過去世も今の記憶もはっきりと思いだした状態、つまり顕在意識も潜在意識も無意識も合わせて認識できる「1つ意識」である状況に至るのです。これは、自分自身の中でもそうですし、宇宙全体とも「1つ」になっていることを実感できるのです。

ですから、アセンションを迎えて地球人類として生きることを選択して地球に存在することができた魂は、たとえそれまでの肉体や精神などに、いわゆる「障害を持っている」状態であったとしても、肉体的に欠陥のある部分はポジティブに生きるために最適な状況に再生され、精神的知的にも魂の状態が反映され、心身の状態は「自分にとってもっとも健全であると認識できる状態」に至るのです。

*以下はマシュー君のメッセージ(37)2010.10.14の一部の内容を転載します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

26. ある読者たちが書いて来た、肉体のアセンションの準備としての”カルマ浄化”法とか”活性化要求”については僕たちはよく知りません。けれども、カルマは外的な手段で浄化されるのではなく、経験されることなのです。カルマは一人ひとり違います。そしてカルマは審判でも罰でもないことを理解することが重要です・・それはバランスを達成するチャンスなのです。バランスは魂の意識へのメッセージ にしたがうことでもたらされます。その目的のために特に選ばれた魂の合意事項にその人がつねに沿うようにというメッセージです。そしてこれらのメッセージにあるスピリチュアルな導きとあなたたちが信頼するチャネリングされたほかの情報がアセンションへの準備の助けになるでしょう・・そのような役に立つ導きを提供することこそこの通信の主な使命なのですから。

27. もしクリアリング(浄化)や活性化の要求が満たされなければ、肉体が2012年の終わりに滅びるだろうという、それらの質問のEメールにある主張について、たぶん予定されている死刑執行の場合以外は、外部から肉体死の時を確実に言うことはあり得ません。それは唯一魂自身の範疇のことであり、生前に選んだ寿命や肉体生のあいだの合意修正の要請にしたがっているのです。光を吸収していない肉体は高い波動領域では生き残れないことは本当ですが、光の度合で異なり、もっとも少ない量の肉体は、いくらかでも多いものたちほど長くつづかないでしょう。そのうえ、2012年の終わり以前に、何百万の肉体が、その多くは光に溢れたものたちですが、魂の合意した選択にしたがって死ぬでしょう。

28. どうしたら私たちの子どもたちのカルマを浄化する助けができるでしょう? ”権威ある大人”によってプルグラム化されていない子どもたちは本能と直感で行動します。それは魂の合意と調和しているのです。すると”カルマの浄化”は自然についてきます。子どもたちが生まれつき単純だと知っていることを過剰な分析や計算で自分自身たちを不必要に複雑にしているのは大人たちです。

29. いいえ、地球と一緒に肉体を持ってアセンションするためにベジタリアンやベガン(完全菜食者)になる必要はありません。人のからだはそれぞれの魂のように異なります。ある人のからだは食事に肉がなくても大丈夫であっても、ほかの人たちはそうではありません。からだのバランスを崩すようなものもまたこころと精神の健康にとって害があります。バランスを達成することがあらゆる魂たちのゴールです。

30. あなたたちがより高い波動領域へと地球と一緒の旅をつづけていくと、あなたたちのからだが次第に軽くなり、フルーツや野菜、穀物で満足するようになるでしょう。というのは、それらの食物には光がたくさん入っているからです。そして肉と魚をますます欲しくなくなるでしょう。食用動物たちに対する恐ろしい虐待によって、彼らのからだには苦しみと怖れのエネルギーが入っています。そしてそのエネルギーが肉を食べる人たちに受け継がれるのです。魚介類の多くがさまざまな有毒物質で汚染され、その遺伝子組み換えによって栄養価が減少しています。あなたたちのからだに気をつけてください・・もっとも健康になるにはなにが必要か、からだが言ってくれているのですよ。

33. ”有機食品”は健康促進には役立ちますが、肉体でのアセンションに必要というわけではありません。もし有機食品が高くて買えなくても、心配することはありません・・ネガティブな感情は有機でなく栽培された食物を食べるよりもずっとからだに害があります。単純に、賢く食べ、食べているものが最大限に自分のためになると思考のパワーを使い、そして食物に感謝してください。あらゆる食物が純粋で、有害な化学物質と遺伝子変異がなくなるまでにそう長くはありません。

*以下はマシュー君のメッセージ(36)2010.9.19の一部の内容を転載します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

4. 肉体界であろうと霊界(スピリット・ワールド)であろうと、あらゆる魂たちを構成し、その生命力になっているのが光です。ですから、その魂たちが闇にどうしてなるのかと不思議に思うのも当然です。それで説明をここに加えましょう。

創造主の本質の分身として、この宇宙の神を通し、あらゆる魂は光に満ちあふれ、そして生前に選んだ特定の使命をもって転生してきます。幼児は自分自身が神であること、魂の合意にある転生での使命を知っています。でも、その記憶はその赤ちゃんが密度の重い肉体に順応し、親の期待に応えるうちにすべて忘れられてしまいます。

子どもが成長するにつれ、ほかの権威的な人物たちからも影響を受け、そして仲間たちからの影響を受けるようになります。その忘却は意識レベルだけのことで、グランド・デザイン(遠大な構想)の一部であり、それによってその人が学びの経験を得るのです。

その途上においてはつねに、魂は良心、直感、衝動、そして合意した選択に沿ったほかの種類の導きという形で意識にメッセージを送ります。それらのメッセージに耳を傾ける人たちは自分の人生の目的を正直に生き、光を持ちつづけます。

自己の魂のメッセージを無視すると、その人たちの内にある光は薄暗くなり始めます。その導きに耳をふさいでいると、自己の選んだ使命からますます離れて行き、その光は暗くなって行き、ついには彼らの生命力である閃光だけになります。それが誰かに起こっていることなのか、それとも、その人が魂の合意を忠実に守ってほかの人たちに第三密度カルマを成就して魂の進化をつづけられるような機会を与えているのか、あなたたちには知る由はありません。

5. 光は何かということに戻ると、それは創造主と神、そして大宇宙全体のあらゆる創造物との分離できない繋がりのことです。光は、闇が蔓延する第三密度から地球がアセンションすることを可能にしている力です。それが彼女(地球)を黄金時代の始まりである第四密度に向かって押し進めています。そして彼女の最終目的地である第五密度に到達するまでそうしつづけるでしょう。そこが彼女の魂の故郷で、その惑星体が数千年の間に急激に下落し、闇が彼女の住民である人類に非常に深刻な影響を与えている間もそこに留まっていました。光が、第三密度の限られた知覚能力からあなたたちを自由にするためにあなたたちの意識レベルを向上させています。こころと精神をオープンさせることで、光はあなたたちのスピリチュアル(霊的)な進化の道を開いているのです。

6. 光を受けることは、”善い人生”を送るといった程度の単純なことです。親切で、愛情にあふれ、自尊心を持ち、人から信頼され、誠実で、役立つ人であり、明るく、寛容で、希望に満ち、思いやりがあり、快活で、楽天的で、明るく、そして広いこころをもつこと・・そのような人生を意味深く、充実させる前向きな感情と性格・・は高い光の波動エネルギーを伝えます。あなたたちは魂のレベルでこのことを知っています・・"こころが浮くようだ”とか”私の人生の光”そして”光を見る”といった高揚感や「あ、そうか」という瞬間を思わせる表現を思えばいいでしょう。

7. その反対に、どん欲、 無慈悲、抑圧、腐敗、残虐性、嘘、信頼の裏切り、不公正、容赦ない態度、権勢欲は非常に低い波動エネルギーを発します。低い波動エネルギーを発するネガティブ(破壊的)な感情には、恐れ、罪悪感、自責の念、自己不信、嫉妬、妬み、恨み、敵意があり、それらはすべて不快感や不和そして不満を創造します。

もっとも強力なネガティブな感情は間違いなく増幅されたエネルギー付着である恐れです。だから僕たちは何度もなにも恐れないようにと言っているのです。恐れている人は、恐れている状況そのものをさらに引きつけるだけでなく、恐れのエネルギーが闇の者たちの最大の道具になるのです・・それは彼らの野望を養い、あなたたちの支配を強めます。しっかりと光の中に生きていれば恐れるものなどありません。闇の本質をもつもので光の中で生き残れるものはありません。

*上記内容は、原文:Matthew's Message を訳された森田 玄氏のブログ「玄のリモ農園ダイアリー」マシュー君のメッセージ((36)と(37)より引用しました。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」







スピリチュアル

アセンションサークル ~シリウスからのメッセージ~

2012年09月09日
~以下3枚の写真は、今朝7時半頃に撮影しました~

DSC01495+(3)_convert_20120909080151.jpg
今日は子どもたちの通う小学校の大運動会です。全校児童10人が主役の大運動会に、保護者やその親類・知人や地域の人たちも参加して、例年通りで大いに盛り上がることでしょう。

DSC01492+(3)_convert_20120909075946.jpg
児童の参加する種目以外では、これも例年通りにティッシュ等の日用雑貨品やインスタントラーメン等の食料品が、順位に応じて景品としてもらえるので、そういったことでも盛り上がりそうです。

DSC01488+(3)_convert_20120909080337.jpg
夏休みが明けて、土・日も休みなく連続7日間の登校となりましたが、今日までのところは遅刻も早退もなく、学校で過ごすことを選択し続け、今朝も運動会をほどほどに楽しみにしつつ、元気に登校していきました。

☆1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

*以下の内容は、2009年5月21日にタエヌがシリウスの同志とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

地球人類の間で、今、とても盛んに、たくさんのアセンションサークルが形成されています。グループソウやルツインソウルなどといった魂の繋がりによって、転生する前から約束されたもの同士が引き寄せ合い、3次元の世の地球人類として出会うこともありますが、そういったことも含めて、全ての領域において今世におけるこれまでの様々な経験や、もともとの魂が持ち合わせている波動も含めて、現時点での魂の状況が似ているもの同士が、その波動の法則や必要の法則により、引き寄せ合い、そして、サークルを形成することによって、更なる波動が高まるためのエネルギーが増大されていくという、そんな状況になったもの同士が、どんどん今、結ばれて「アセンションサークル」(アセンションに向けて学び合い波動を高め合うサークル)を形成し続けているのです。

このような事が、実際には、今になって始まったわけではありませんが、今、急速に増加しているのは事実です。もちろんこのようにエネルギーが高まっていて、波動の二極化が進み、アセンションに向けて、まるで仕上げの段階ともいえるような状況になったからこそ、急激に展開されているわけですが、これまでのように、言葉によって勧誘したり、もともとからの親類縁者や生まれた環境によってもたらされていたり、自らの感覚の中でナチュラルに感じた通りに実生活を送り、選択し続けた結果がもたらしたわけではない集団は多々あったわけですし、これまでの既存の宗教団体も、エゴや強い依存心などといったネガティブなことによってグループを形成していたものもありました。

でも、ここでいう「アセンションサークル」とは、そういったものではなくて、全てが自らのその感覚の中で、縁を結び学び合うことが、楽しいと感じたり充実していると感じたり自分にとって必要であると感じたりといった、とてもポジティブであると感覚的に感じたもの同士が結ばれ、一つのサークルを形成するに至る、そういった事をここでは「アセンションサークル」と称しています。そしてこれは、サークルに属するとか形成するとかという事実は、あくまでも結果論でして、サークルは自然とできあがっていくものなのです。

この「アセンションサークル」として結び合う人数は、多いから良いとか少ないから影響力が少ないとか、そういったことではなくて、必要に応じて集まり、必要なだけ威力を発揮し、世のためアセンションのために、そしてもちろん自らのために愛の光を増大させ反映していくのです。

必ずこの「アセンションサークル」には中心的な存在がおります。これは1人の場合もあれば複数の場合もありますが、これまでにあった宗教団体やグループとは中心的な存在の質が違い、中心的な存在となっている人は、それなりに同じ質の魂であったり波動であったりしているとはいっても、他の者たちよりも少し先を進んでいる者がなっているために、あらゆる点で指針を示したり相談や質問に答えたりアドバイスを与えたりするなどして、敬意を表される場合がありますが、それを組織としてまとめようとしたり、自らに人を惹きつけさせるために何かエゴのようなものをもった行動をとったり、パフォーマンスをしたりランク付けをしたり評価をしたりするといったような事はないのです。

ただただ、自分自身の波動をより高めるための修養を続けつつ、より輝かさせて光を放つだけで、自然とその光を必要とするものやお互いが集結することによって、より光が増大すると感じた者同士が、ごくごく感覚的にナチュラルに集合しサークルを形成しているということになっているのです。

このサークルは、人として物質的に集合するという場合もありますが、意識の集合体としてのみ結びついている場合もあります。ですから、3次元的存在として直接会うこともありますが、そうではない、電話やメールや手紙や本やインターネットなどによる、言葉や意識の結びつきのみでも、直接会ってもいないのに直接会った以上に、愛情を感じたり親しみを感じたり愛をめぐり合わせたりするような、そんな関係が「アセンションサークル」の特徴です。また、1人が1つのみのサークルに入っているのではなくて、いくつものサークルに入っていて、その時のわくわく感に従って渡り歩いたり、同時に複数のサークルに意識を向けたりしている人が多いのも特徴です。

人それぞれ個性がありますから、地球上にできたこれらすべてが一つのサークルとなり、大きな集合意識になるという事は、3次元の世で実感することは難しいことではありますが、同じような意識の中で地球のアセンションに向かい、そして愛の輪を広げより多くの光をもたらすために、純粋な目的を持ってサークルを形成していくサークルなわけですから、たとえ実感できるような形で一つに集合しなくても、その動機・目的が同じであるということから、宇宙からの真理に基づいた捉え方をすれば、これは一つにまとまっていることといえます。

このような事実を得たからといって、何かアセンションサークルと感じられる様なものを探して、あえて属そうとする必要はありません。また、自らの思考によってサークルを形成しようとする必要もありません。でも、気がついてみるとナチュラルな歩みの中で、アセンションに向けて順調に歩んでいる魂たちは、結果的にはここで表現しているような「アセンションサークル」を形成していっているのです。

そのサークルは、決して誓約書で結ばれたものでも、勧誘を受けて意思にそぐわないで入ったものでも、規約があるものでもありません。自由意思により、楽天的感覚や直感に従い、全てがポジティブな中で意識や行動を選択した結果、自らの状況をこのような意味合いで捉えたときに、すでに幾つかのアセンションのサークルの中に自らが存在しているとう事実に気付くものなのです。


*私は現状の自分自身をこのような観点で捉えてみると、私の家族6人は1つのアセンションサークルを形成していると感じています。他には、マシュー君からのメッセージを通して結び合っている意識のサークル、オムネクやアミの本などの著書を通して共感している人たちとの意識のサークルなどです。そして、私にとっては、家族6人のサークルと共に、最も大切であり大きな意味を持つサークルであると感じているのは、こうして私のブログをお読みいただいたりアセンションスペースシューリエのお仕事を通してご縁をいただいたりすることで光を与えあったり、学びあったり波動を高めあったりすることによって、皆様との間で形成されている、この「アセンションサークル」であると感じています。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/

❀デンプ:「ワンワンのブログ」

❀アマンダ:「ヤチヨチヨチヨ」







バックナンバー改訂版

急激に増加するエネルギーが心身に及ぼす影響

2012年09月08日
DSC01468+(3)_convert_20120907122700.jpg

デンプ(3女仮名小3)は一人で入浴することやトイレに入ることに対して怖いと感じることがあり、妻と一緒に入浴したり、トイレのドアを少し開けたまま用を済ませたり、トイレのドアの近くに家族のだれかを呼んでいさせてからトイレに入ったりすることがよくあります。

我が家のトイレは、タイル張りで殺風景なのに少し広めにできています。薄暗い日の当たらない環境の適しているクワガタムシは、トイレの片隅で飼育しています。

デンプがトイレにいる時には、このクワガタムシを心のよりどころにしているようですが、それだけでは物足りないようでした。そこで、さらに明るく楽しい仲間を増やそう・・・ということで、タエヌにひらめいたのが、熱帯魚の水槽を置くことでした。

私は、かれこれ約20年ほどの間、様々な熱帯魚の飼育をしてきまして、約2年半前まで千葉県にて一戸建てに住んでいた時の石垣島に引っ越しをする直前にも、60cm2つと90cmの水槽の計3つの水槽を使って、たくさんの熱帯魚や海水魚を飼育していました。

しかし、石垣島に引っ越すことが決まり、とても熱帯魚を飼育できるようなスペースも余裕もなさそうでしたので、水槽も用具類も熱帯魚たちも、すべて手放してしまいました。

石垣島に移住してから、何度も熱帯魚を飼いたいという欲求にかられましたし、4人の子どもたちも、生まれた時から熱帯魚が家の中に泳いでいる環境で育ってきましたので、物足りないような寂しさも感じていたようです。

そして、ついに、デンプの自立のために・・・さらにきっと、私のわくわくを我慢している限界を超えたために・・・30cmの小さな水槽ですが、トイレの片隅で熱帯魚の飼育を始めました。

水槽や器具を買い揃えて気づいたのですが、わずか2年半のうちに、ずいぶんといろいろと物理的に進歩していますし、価格も安くなっていましたし、さらに私が熱帯魚の飼育を始めた20年ほど前と比べると、とても大きな差を感じます。

今の我が家の経済状況の中では、きっと無謀ともいえるべき贅沢な趣味を再び始めたといわれそうですが、このわくわく感は止められず、妻も半分あきらめ顔で同意してくれたことでもあります。

ちなみに、石垣島で購入しようとしても、千葉県で通いつめていた何軒かの熱帯魚店に比べると値段が高すぎるし、私の飼育したいと感じる熱帯魚や水草も少ないために、ほとんどの物や熱帯魚や水草類を、送料無料の通販で購入しました。

通販のお店は群馬県にあるために遠距離の輸送になりましたが、昨日の午前中に、魚たちも水草もみんな無事に元気で石垣島の我が家にお越しくださいましたので、小さな水槽の中にミニアクアリウムを作り上げました。

殺風景だったトイレの中も、雰囲気はがらりと変わりました。我が家のみんなも大喜びで歓迎してくれましたし、デンプも一人で普通にトイレに入っていました。でも、トイレに入っている時間が、みんないつも以上に長くなっていますので、朝のトイレタイムの重なる時間帯はたいへんそうです…♪

DSC01450+(3)_convert_20120907121032.jpg

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

❀我が家のペットたちや絵や日記を紹介している「ワンワンのブログ」

❀日記やちょっとスピリチュアルな記事と絵や写真を紹介している「ヤチヨチヨチヨ」

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

すでに約3年前のことですが、ホームページのお仕事のご依頼をいただいた方から、下記のようなご質問をいただきましたので、私なりに伝えたいと湧きあがったことを返信しました。その内容は、他にも必要とされている方がいらっしゃると感じましたので、ご本人に確認しましたところ、ブログに載せることをご快諾いただきましたことから、以下の内容を転載させていただきました。


Q.今日は遠隔ヒーリングの申し込みなのですが、私も自分自身にレイキでセルフヒーリングを施したりもしてるのですが…6月に入ってから段々体調がおかしくなって、ここ10日間は両耳は気圧でも上がったような感覚があって、モアーンとこもった感覚があり煩わしく、最近はフラフラとふらつく事もあり、疲れかとゆっくり休んでみたり、睡眠を沢山とったりしてるのですが、少しも良くならないのです。単なる運動不足かな?とか色々考えました。

もしかしてチャクラのバランスが悪いのかも知れないと思い、タエヌさんに遠隔ヒーリングをお願いしたいなぁと思いたったわけです。本当は自分の力で治したいと思ってきましたが、どうも上手く出来てないようです。

でもこのままもう少し様子を見てからにした方が宜しいでしょうか?
点滴打てば治るのかなあ~とかも考えるのですが、食欲はあるし、体もさほど疲れも溜め込んでないと思うんです。良いアドバイスをお願いします。


A.これは私も妻も感じていることで、今朝も妻と話をしたばかりですし、今月に入ってから何度も話をしていたことでもあるのですが、ここ2、3週間の地球上に降り注ぐ宇宙エネルギーの状況はさらにものすごい勢いで強さが加速しているように感じます。

私も妻も、結構肉体的にも精神的にもその影響を受けていることを感じていて、お知らせいただいたことと同じような「耳のふさがったような状態」は数日前に起こりましたし、食欲がないようで食べるとたくさん食べたりとか、腹が急にくだったりとか、いつも以上に頭がごんごんと痛むような感じがしたり押されているような感じがするとか、熱っぽいのに計測すると平熱であるとか(妻はエネルギー過多の時はよく立ちくらみがすると言っています)・・・ずっとではなくて、突然そんな症状が表れて、すぐに消えることもあれば、しばらく続くこともあり、かといって少しは不快ですが耐えられないとかおもいきり嫌になるとかというわけではないなどなど・・・というのは、プラスのエネルギーが強くなった時の特徴的な状態でもあります。

プラスのエネルギーを強く受けたための不調和は、体や心がうまく調和してなじめば、消えるかもしくは違和感が小さくなっていきます。これまでに、ここ数年の間に、何度もこのようなエネルギー過多による心身の不調和を経験してきましたが、今回の場合はその中でも特別と言えるほど、エネルギーの増加のすごさを感じています。

実は、お知らせいただきました内容と同じようなことを、つい先日、私がレイキを伝授した方からメールでお知らせいただいたばかりですので、今回のメールと同じようなことをお知らせしました。

遠隔ヒーリングのご依頼をいただければ、私どもなりに尽力いたしますが、実際にはご自身が、今回メールでお知らせしました内容をポジティブに受容されて、「ご自身の今の状況が、急に増加している高い波動のエネルギーの影響を受けて、心身の調整していく過程における一時的な不調和であるだろう」とご理解されたのでしたら、特に問題はないでしょう。

また、以下に転載しましたマシュー君のメッセージには、関連したことが示されているので、このようなことに留意されるとポジティブな対応ができると思います。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

アセンションのプロセスでは高い波動が様々な影響を与えるので、読者の皆さんが気になるようなものを言いましょう。疲労感、衰弱感、言いようのない不安感、集中力不足、物忘れ、躁鬱的症状、普段にない短気や怒りの爆発、目のかすみ、消化不良、”頭に虫がいる”ような感覚(ピーとかシャーとかというような耳鳴りのような音がする)です。

もし、これらが、そしてもっと多くの種類の肉体的、感情的そして精神的な反応があることは疑いないことですが、束の間に一時的にもつづいたり、繰り返されることがあったら、それらは広まっているエネルギーにからだが自然に順応しようとしているのであって、治療の必要性はありません。

それらの症状に対するベストの対応ということでは・・そして、どんな病気に対する最良の防衛力である健全な免疫システムの維持には・・健全なライフスタイルを生きることに尽きます。睡眠をよくとり、よい水をたくさん飲み、栄養のある食べ物を食べ、毎日運動し、できるかぎりストレスあることを避け、そして静かに回復する時間を過ごすことです。

けれども、もしからだの状態がますます悪化し、それが長引くようであったら、波動変化によるものだろうと思わずに、信頼できる医療関係者に相談してください。それで内臓に異常がないことが分かれば安心するでしょう。そしてもし治療を必要とするような状態であれば、適切な処置を受ければいいのです。

以上です。
ご参考下さい。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/








バックナンバー改訂版

タエヌ家の生活パターン 

2012年09月07日
DSC01421+(3)_convert_20120907045731.jpg
昨日のほぼ日の入り時刻午後7時近くに撮影した川平湾周辺の景色です。神秘的な空に感動しました。

DSC01422+(3)_convert_20120907045946.jpg

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

私や家族の今の生活パターンを
簡単に紹介させていただきます。

私は朝、3時台後半から5時台前半の間に起床していますが
目覚まし時計を少なくとも10年以上は使っていませんので
体内時計に任せて目覚めています。

目覚めたらすぐに
パソコンのメールやブログをチェックします。

ブログはすぐに書き始め、
メールは朝食後に打って
8時以降を目安に送信するようにしています。

最近は、その日に公開するブログを
朝5時台までは仕上げて
公開することが多くありますが、

状況によっては、時々、
朝8時を過ぎるようなこともあります。

ブログを掲載するまでに要する時間は
平均1時間~1時間半ほどですが

3時間を超えるような
長い時間を要する場合もありますので
前日から2日がかりで仕上げることもあります。

妻とアマンダ(次女仮名小6)は
5時半~5時45分の間に起床することが多く、

デンプ(3女仮名小3)や長男長女は
6時頃に起床しています。

結婚して以来20年ほど続いていますが
私は我が家の食事のメニューを決めることや
食材選びや食事作りを主にしていますので

5時30分頃から朝食を作り始め
6時20分を目安に
家族6人が揃って朝食を食べはじめます。

7時15分頃になると長男が通勤するために、
長女は街の高校に登校するために家を出ます。

7時45分頃に次女と3女は
目の前にある小学校へ登校しますが
必ず玄関先まで出て妻と共に見送っています。

メールを書くのはそれ以降に行うことが多く、
だいたい朝8時頃~午後3時頃までの間の
書きたいとわくわく感が高まった時点で打つようにしています。

ホームページからご依頼いただいた仕事をするのは
多くの場合はメールを書くのと同じ時間帯の日中のみでして

子どもたちの帰宅し始める
午後3時頃から5時頃(4時を目安にする事が多いです)には
家事&リラックスモードに切り替えて

デザート作りや夕食作りをしたり入浴したり
子どもたちとの会話を楽しんだりしています。

ちなみに、食事作り関係以外の家事や
学校や地域関係の実際上のお付き合いは
ほぼ妻に任せきっていまして

私は知恵をかしたりアドバイスをしたりするなど
バックアップ的なサポートをしています。

夕方以降は急用がない限り
メールを打ったりブログを書いたりすることは
ほとんどありませんので

午後3時頃から深夜にかけて
私宛に送っていただいたメールは
翌日以降に返信をする場合が多いです。

午後6時を目安に夕食を食べ始め
(長男と長女は7時頃になる場合が多いです)
その後は家族団らんのリラックスタイムで
憩いのひと時を過ごしています。

我が家では子どもたちが
保育園に通っていた幼い頃からの
習慣にもなっているようなことですが

帰宅してから何かをする前の
できるだけ早い時間のうちに
必ず入浴するようにしていますので、

子どもたちは学校や職場から帰宅すると
まずは入浴をして邪気を流してすっきりしてから

宿題ややりたいことなどをしたり
夕食を食べたりしています。

就寝(消灯)時間は夜9時が目安で
子どもたちと一緒に親2人も寝ますが

私は寝つきが良い方なので
夜10時を越えるまで眠らないでいることは
ほとんどありません。

(ちなみに、千葉にいた頃は
建坪が40坪くらいの4LDKの一戸建てで
収納スペースもたくさんある家に住んでいましたが

今は6畳3Kの賃貸マンションに住んでいますので
収納スペースも少なく部屋に荷物が入りきれず、

寝るスペースは4人までしかとれないので
別の階のワンルームの部屋も借りていまして
長男と長女はその部屋で寝ています。)

タエヌ家の平日はこんな感じの生活パターンでして
石垣島に住んで約2年半の間も千葉に住んでいた頃も
ほとんど変わらず続いていますが

今の時点でもっとも心地よく感じるペースですし、
ゆとりもあってスムーズに流れているとも感じています。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/







日記
 | HOME | Next »