FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

「動機が大切」ということの意味

2012年08月20日
☆タエヌのホームページをリニュアルしました。つきましては、URLが変わりました。ご依頼をお受けする内容は特に変わってはいませんが、タエヌのスピリチュアル百科は整理して大きく変えました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

人が何かの物事を行う際に、基本的に最も大切にすべきなのは「動機」です。動機が純粋である、愛が大きいものである、宇宙の真理に基づいているといったようなポジティブなものであれば、その行おうとしている物事がポジティブである場合が多いでしょう。

そして、次に大切になるのは、その「行動が道理にかなっているのかどうか」「周囲との調和がポジティブに成されているのかどうか」といったことを、行動しながら自らの中でチェックし、ポジティブなものであればそのまま進み、何かネガティブなことがあれば反省して改善させながら進めれば良いということになるでしょう。

例えば、動機が家族や恋人や親友などで、信頼している関係である人に対する純粋な愛から生じた動機であるとしたら、それはとてもポジティブな動機といえるでしょう。しかし、その行動が暴力的な行為に至った場合には、行動が道理に叶っていない、不調和を起こしているネガティブなことであるために、結果的には低い波動(エネルギー)を生じてしまい、ネガティブな結果をもたらしてしまいます。

動機は根本的に最も大切なことでありますが、当所の動機がポジティブであれば、その後の動機も行動もポジティブなことが続くのかどうかといったことは、その人の選択次第になります。最初の動機や行動がポジティブであっても、次に行う選択で動機や行動がネガティブになってしまうと、結果的にはネガティブな状況に至ってしまいます。

先ほど例えたことに当てはめますと、最初の動機は相手に対する強い愛情から、言葉でわかってもらおうと思って話をすることから始めているとしたら、それは動機も行動もポジティブなものです。しかし、なかなか理解してくれない相手に対して、怒りや辛さ表出して感情的にネガティブになったり、相手の領域に過干渉しすぎてしまったりして、いつのまにか動機が自分の思いを押し付けることに至り、行動が暴力になってしまったとしたなら、動機も行動も共にネガティブなものとなってしまいます。

つまり、最初の動機も行動も何度か変化を繰り返していくうちに、いつのまにかポジティブなものがネガティブなものへと変化しているということです。物事は常に変化し続けていますが、その変化をたどらず、当所の動機や行動をもとにして自らの意識や行動を省みると、そのネガティブさに気づかないことがあったとしても、その1つ1つの変化していく様子を省みて、動機と行動、要因と結果を捉えてみると、自己分析がしやすくなり、自己の中で反省して改善しやすくなる場合があるのです。

もう1つ例えますと、思春期を迎えている我が子がいて、なかなか言うことを聞こうとしないことがよくあったり、感謝の態度を余り示さない中で親をアッシーのようにして車の運転をさせたりする中で、ついイライラしてしまい、言葉を控えたり感情を抑えたりするにも限界があって、結果的には怒鳴ってしまう場合があるような事態が繰り返されているとします。

イライラしたり怒ったりしない方が良い、もっと子どもに対して愛を持って寛大に接したいと思っていても、自分を意識的に改善させることが難しいけどどうしたら良いのか…そんなふうに悩んでしまったとします。

その場合の解決方法も、先ほど述べましたように、動機と行動、要因と結果を、1つ1つ分けて捉えると、わかりやすいと思います。具体的にどのように分けるのかといきますと、子どもに対して何かを伝えたいという親の愛情と、感情的にネガティブになってしまうということを、2つにわけるということです。

親として我が子に対する純粋な愛の思いの中で、少しでも理解してポジティブに活用してほしいから話をするという動機と行動はポジティブなことといえるので、伝えるべきことはしっかりと、その都度タイムリーな時に伝えるとスムーズなはずです。逆に伝えるべきことを言わずに心の中で貯めてしまうと、それだけでもネガティブに感じます。

また、伝える際には、本来「伝えるまでが自分自身の領域内のこと。」という不干渉の法則も意識した方が、ポジティブな結果に至る場合が多いでしょう。そして、親の言葉をどのように受け止め、どのように活用するのかは、子どもの自由意思による選択に任せようと意識することがポジティブであるといえます。

しかし、無理にでも言い聞かせようとか、従わせようとかっというような意識が強くあると、子どもが反抗的な態度をとったりわかったような表現をしなかったりした場合には、その次なる親としての動機も行動も、わからせようとしての押し付けになってしまったり、子どもの自由意思や領域を侵害して過干渉しすぎてしまったりするような、ネガティブなものになてしまう場合があります。

感情的にネガティブなまま伝えると、ネガティブな波動が伝わったり、言葉の表現や態度などもネガティブになりがちになります。もしネガティブな感情が強いと自分で認識していれば、その際に子どもと接したり言葉を交わしたりすることをできるだけ避けて、気持ちを落ちつけてから接するように配慮すれば、波動はより下がらず、よりポジティブな状況の中で接することができるはずです。

つまりこのように、伝えたい話をすることと、このような感情レベルとを分けて捉えるようにすれば、このような親子の関係になっている場合には、よりスムーズに調和に向かってお互いの関係が保たれていくはずです。

そもそも、もともとの動機は親の愛あってのことですし、子どもからしたら、親への深い信頼があってのナチュラルな言動なわけですから、動機や行動がネガティブになってしまったと認識するたびに、このもともとである動機がポジティブなものであれば、すぐにでも反省して改善しようとすれば、いつでもポジティブな状況に至ることができる可能性を大きいということなのです。


最初の動機さえポジティブであれば、そのことから生じた次なる動機や行動がたとえネガティブなものになってしまったとしても、改善する余地は多分にあるということ。逆に、当所の動機が愛の薄い純粋さのないようなネガティブなものであれば、その後に生じる行動もその動機も、さらにネガティブなことが広がっていってしまい、改善される余地が少ないということ。

シルバーバーチの霊訓に示されている「動機が最も大切」ということは、そういった意味であると私は理解しています。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/








スポンサーサイト



バックナンバー改訂版

浄化&パワー入れの実践方法

2012年08月20日
☆タエヌのホームページをリニュアルしました。つきましては、URLが変わりました。ご依頼をお受けする内容は特に変わってはいませんが、タエヌのスピリチュアル百科は整理して大きく変えました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

☆1日1回応援ワンクリックのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓

人気ブログランキングへ

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

愛を大きくめぐらせていて、愛の深い人の中によくあることですが、ポジティブな情緒を日常的に多く発しつつも、たとえば我が子が事故に巻き込まれないように心配するとか、マスコミを通して目にした出来事に悲しい情緒を向けるとか、社会的に許せない出来事に憤りを感じるとかといった、人や物事に対する心配や悲しみや怒りなどのネガティブな感情が湧き上がりやすいですし、他者のそういった情緒に対しても共感しやすいなど、愛が大きいゆえにネガティブな情緒を発してしまうケースもあるでしょう。

そして、もともとから持ち合わせている総合的な高い波動と、愛から生じても結果的にはとても低い波動とのギャップの大きさから、心身に不調和を起こしやすいということが、3次元の世の人によく見られる現状です。たとえば、日本人に多い肩こりは、不安や心配の情緒を多く発する人が起こりやすい症状です。腰痛は怒りやイライラが積もったことが要因である場合が多くあります。

そして、このような波動によるギャップの大きさからもたらされてしまった心身の不調和は、たとえ表面的である肉体を改善んすることができたとしても、情緒や行動といったその人自身の波動を改善しないと、同じような要因によって生じる肉体的な不調和を繰り返すことになるでしょう。逆にいえば、波動さえ改善させることができれば、同じような苦しみを味わう必要がなくなるわけです。

もともと霊性が低い人や総合的な波動の低い人が、常時イライラしたり時には暴力をふるって怒りをぶちまけたりするような罪を犯してしまうとかという状態になっても、その人の持つ波動の高低のギャップがそれほど大きくない場合には、肉体的には急激にネガティブになるようなことはそれほど多くないはずです。また、肉体的にはそれなりに成長を果たしている人、体力のある人も同様です。たとえ肉体的な不調和が起きても、5感で認識しずらい場合が多くあって、積もり積もって大きな不調和が生じた時点で自覚症状が出るケースが多くあるでしょう。

もちろん、ネガティブなカルマを重ねた分のカルマを清算すべきことがたくさん起きるわけですので、ギャップが大きくないことが良いことではないのですが、世の中でも悪人といわれるような人がそれなりに健康でいるのは、霊性や総合的な今世における波動と、その時点の波動とのギャップがそれほど大きくないために、肉体には不調和として表れにくいというのが、その要因であると私は理解しています。


ここで、波動の高低の差が大きいことや、邪気や邪念などのネガティブなエネルギーをたくさん受けてしまった場合や、大小のネガティブな出来事をネガティブに受容したままでいるために起きてしまった、心身の不調和を改善するための具体的な実践方法を、以下にいくつかご紹介しますので、もし、ポジティブに受け止めていただきましたらご活用されることをお勧めします。

また、特に心身の不調和を感じられていなくても、日常的に実践することによって、波動の安定や心身をポジティブに保つためには役立つはずですし、私が日常生活の中で習慣として実践していることでもあります。


《日常生活の中で意識的に対処できる物理的な浄化方法》

・水分をたくさん摂取する。

・入浴時間を多めにとる。(水の浄化力を活用する。発汗することで肉体に入り込んだ邪気を排除する)

・入浴後に体をよく洗う。(表面にこびりついている邪気を洗い流す)

・良質のくだものや野菜・穀物類を多く摂取するように努めて、肉類や強い刺激物などのネガティブ(カル)フードは控える。

・午前中(10時頃まで)の太陽に当たるようにする。

・軽い運動をする。

・自然の多くある中で過ごすようにする。

・休めるときには、身も心もよりリラックスさせて休むようにする。(充分な睡眠をとる)


《顕在意識においてネガティブに受容している経験をポジティブに変換する方法》

・もし、「怒り」「恨み」「恐怖」「イライラ」「不安」「心配」「悲しみ」「苦しみ」「嫉妬」「エゴ」などのネガティブな情緒を抱いたまま受容してしまっている過去の経験を思い出したら、思い出せる範囲内のおおまかな状況全てを顕在意識に表出することを許してください。そして、その経験を確認したら、そのネガティブな情緒は何であるかを識別してください。

・次に、そのネガティブな情緒をポジティブな情緒に変換します。ポジティブな情緒とは「感謝」「許し」「慈しみ」「喜び」「楽しみ」「感動」「わくわく」「安心」「信頼」などです。この変換作業に関していくつかの例をあげあす。

例1)人に何かを言われたことに対して怒りや悲しみや侮辱や不安やつらさなどといった情緒を感じている場合、言葉に出して伝えてくれたことに対して「感謝」するように努めてください。また、あまりにもひどい表現をしているようでしたら、相手はとても波動が低いわけですから波動が高まるように「かわいそうにという慈悲」や「がんばってねという応援」する情緒に変換してみてください。

例2)だれかにうらぎられたとか相手を信頼できないような状況を思い出してネガティブな情緒が湧き上がった場合、その経験を生かして次からは同じことを繰り返さないように反省し、相手に対してはそのような経験を与えてくれたことに対して「感謝」して「許し」てあげるように努めてみてください。

例3)相手に対してひどいことを言ってしまったとかとんでもない失敗をしてしまったとかといった、自分自身がネガティブな失態と感じるようなことを思い出した場合、次の3つの解決方法の中の1つを選んで実践してみてください。

1つは、もう済んでしまったことでどうにもならない場合は、反省して2度と同じ経験を繰り返さないことを誓い、相手に対して、過去の自分に対して、謝罪したり感謝したりするなどの愛を持った思念を送ってください。そして、ポジティブに変換した後は過度に気にしたり振り返って焦点を合わせたりしないように留意してください。

1つは、もしすぐにでも話しやメールなどで相手に伝えることなどによって解決できるようでしたら、今、できる限りの方法で、すぐにでも愛を持って解決するように努めて行動してください。

1つは、今は何もできないと思うけれど、いつかは解決すべき事と感じているような場合には、今度会ったら謝ろうとか改善しようとかといった、解決に向けての予定や計画を立てるところまでしたら「安心」してください。そして、その機会が訪れたら行動してください。

・このような作業は、自分の顕在意識の中からあえて意識的にネガティブに感じる過去のことを引き出す必要はありませんので、あくまでも顕在意識に自然とわき上がってきてネガティブな情緒が生じてしまったと気づいた場合には、このように対処した方が良いということです。


《エネルギーを身体に取り入れ、邪気を浄化する呼吸法》

・軽く目を閉じて、腰かけたり寝たりしてできるだけリラックスした状態を保つようにしてください。

・宇宙と頭頂(第7チャクラ)とを太い光のパイプでつなげて、光が胸部の奥(ハートチャクラ)に流れてくるイメージをしてください。

・次に、両足の裏(もしくは陰部と肛門の間)と地球の中心部分とを太い光のパイプでつなげて、光が胸部の奥(ハートチャクラ)に流れてくるイメージをしてください。

・次に、ゆっくりと鼻から息を深く吸い込みながら、宇宙の光は頭頂から、地の光が足裏から入り、胸部の周辺に合わさって充満するようにイメージしてください。

・数秒間息をとめた後、ゆっくりと息を吐きながら、胸部に充満している光を全身に広げ、毛穴全体からどろどろとしたネガティブなエネルギーが流れ出るイメージをしてください。 (胸部に充満した光を全身に広げた時点で全身にエネルギーを与えることができていますので、邪気祓いを目的としない場合は、ネガティブなエネルギーが流れ出るイメージはしなくても良いです)

・息を吐ききったら一度普通の呼吸をします。

・これを何度も繰り返して行うだけで、実際に宇宙や地球のエネルギーを身体に取り入れて、そのエネルギーによって邪気を浄化させることができます。


《「ありがとう」もしくは「トホカミエミタメ」の言霊を使った浄化法》

・軽く目を閉じてリラックスしてください。

・自分の願望をポジティブな表現(アフォーァメーション)の言葉で唱えたり(心の中で唱えても口に出しても良いです)イメージにしてみたりしてください。これらを実践することによって、ポジティブな祈りの働きが生じます。例…「心身の状態が最良の状態になりますように。」「トラブルが解決されますように。」など。

・「ありがとう」もしくは「トホカミエミタメ」と、何度も繰り返し唱えてください。(声に出しても心の中で唱えても、どちらでも大丈夫です)「ありがとう」は高い波動を発する最高峰の言霊ですし「トホカミエミタメ」は祓い清める波動を発する最高峰の言霊ですので、これらの強く高い波動を発する言霊のパワーを活用することは、浄化したり波動・エネルギーをポジティブに変換したりするために有効です。

以上です。ご参考くださいませ。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
アセンションスペースシューリエ
http://www.shuwrie7.com

アセンション物語「かのこの現実」改訂版を連載しています。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/









バックナンバー改訂版
 | HOME |