FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

みんなでアセンションしましょ! その6

2012年07月25日
《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。

アセンションに向けての時間は、もうあとわずかしか残されていないのです。ですから、残された時間を、より有効に使ってアセンションに向けて波動を高める必要があるのです。そのためには、自らがネガティブな状況に陥ってしまうような、今の自分の仕事や生活環境や人間関係などの実生活の中でも、本来は改善することが可能であるのに我慢しすぎてしまったり、改善すべき内容がわかっていてもネガティブな思考によってあきらめたり先延ばししようとしたりして、肉体や精神的に不調和を起こし続けてまでも無理を続けるようなことを選択するようなことをするよりも、一刻でも早く自らのわくわく感に従って、もっともポジティブであると感じる道を選択すべきなのです。

また、もし次なる道を自らのわくわく感の中である程度具体的に抱いている場合にはなおのこと、自らのわくわく感覚に従って、できるだけ早い段階で目の前の道をポジティブな状況へといざなうような選択を、意識的にでも行うことが大切なことなのです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

それなりに波動が高まり、スピリチュアルな目覚めが進んでいくと、波動の高まりに乗じて、もともと転生する際にお役目として果たすべきことに向けて、それ相応の現時点でのお役目が神から与えられますし、意識の奥にある魂が認識して選択し、そのお役目を果たそうとして顕在意識を動かすようにもなっていきます。それと同時に、守ってくれている守護の神仏も守護霊様や指導霊様や高級守護先祖霊団などといった身近である守護のスピリットたちも、お役目を果たすための道を作るために、あらゆる手段を使って状況の流れを作り出したり気づきや学びを与えたりしてくれます。

ですから、もし、自らが3次元的な思考や状況などで道を踏み外しそうになったり、足踏みしたりしそうになったりすると、そういったあらゆる力が働いて、本来進むべき状況へと導いてくれるのです。

導いてくれるとはいっても、3次元的にも多次元的にもポジティブにスムーズに流れるような場合もありますが、本来進むべき道を直感的にポジティブな選択をして意識や行動が伴って歩み続けていれば、現実的にとてもスムーズに歩み続けることができるものです。

しかし、そうでないことを選択したような場合や必要に応じて、本来進むべき道を歩むために、目の前の現実的な物事や人間関係や経済的な事や顕在意識にわきあがる感情等の3次元的なレベルにおいては、ネガティブに感じるようなことを乗り越えたり解決したりすることによって、結果的に歩むべき進路へと導かれる場合もあります。

いずれにしても、自分自身の総合的な波動さえ高まり続けていれば、経過はどうであれ、結果的にはアセンションに向けての道を歩み続けることができるのです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

自らの感情は、自らの意識の中で変換することは可能なのです。もちろん、ネガティブな感情が湧きあがった際には、気づいた時点で、できるだけ早い段階でポジティブに変換できることが望ましいのですが、無理する必要はありませんし、今の時点の自分自身の感情をそのまま受け止める期間が大切な場合もあります。

しかし、ナチュラルな変化の中でポジティブになれずにネガティブなままで居続けるような場合には、最終的にはポジティブに変換できるように、意識的に務めることが大切であり必要でありますし、ポジティブに変換しようと意識さえし続けていれば、たとえ時間がかかったとしても、いずれは結果的にポジティブな情緒へと変換することは可能なはずなのです。

また、経過に関しては、いろいろとネガティブに感じることがあったとしても、すべては結果である「今」がすべてであり、もっとも大切なものなのですから、経過を振り返りながらネガティブにならないように意識し、「今」の状況の真実を捉えて反省し解決するようにしたり、次なる理想を求めようとしたりするなどして、ポジティブな状態に至るように努めれば良いのです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「今」、自分自身が置おかれている状況のすべては、自分で選択してきたすべてのことの総合的な結果であり、カルマの法則や引き寄せの法則などの宇宙における普遍であり完璧に働く法則によって、現実という形で目の前の状況となって現れていますし、顕在意識としても感情や思考レベルなどとして表出しているのです。

つまり、現状のすべては自己の自由意思によって選択してきた結果であり、自らが作り出したものなのであるわけですから、その結果を謙虚に受け止めて、たとえネガティブに感じるようなことがあったとしても、すべては自分自身が招いたことであることを強く意識し、世の中のせいにしたり他人のせいにしたりせずに、自己責任を強く持って、自らのできる範囲の領域内においてポジティブに変換できるように自己解決すべきことなのです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

とにかく後先のことでネガティブに感じるような事(取り越し苦労)はできるだけ考えないようにして、「今」の中で最善と感じたことを選択し続けるように終始することが大切です。そして、常に理想を描き続け前を向き歩み続けつつも、しっかりと足元を見つつ、自分自身の「今」の意識や行動の中に「愛」が中心になっているか否かをチェックして、より大きな愛を持って「今」を歩むようにしていれば、必ず最良の状況へと今後も導かれるはずです。

《よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

アセンション物語「かのこの現実」改訂版の連載を始めました。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/







スポンサーサイト



バックナンバー改訂版

よりポジティブなスピリチュアルライフを送るために

2012年07月25日
DSC01008+(3)_convert_20120724140055.jpg
昨日24日(火)に撮影した、すっきりさわやかな表情をしているように感じる於茂登岳とアマンダ(次女仮名小6)とデンプ(3女仮名小3)です。

DSC01012+(3)_convert_20120724140234.jpg
自宅近くにある川平湾展望台で撮影しました。アマンダもデンプも、ブログモデルになることを喜んでくれているので、「ブログに載せる写真を撮るぞ~!」と声をかけると、わくわく顔で撮影に応じてくれています。

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。

これまでの今世の人生や過去世の経験の中で、無駄な事は何一つなく、これまでの経験も、そして得てきた知識や技術的なことやスピリチュアルなことなども、霊性向上のためには全てが必要なことなのです。

そんな中で、スピリチュアルなことの中でも、3次元的な感覚である5感ではよくわからないようなスペシャルなことである、目に見えなかったりはっきりと認識しづらいことにも意識を向けたり知識を得たりすることは、この先もさらに必要になっていきます。

宇宙の根本である法則や道理などを叡智として持ち合わせていたり、5感では認識しづらいような気や宇宙エネルギーや高次の存在や魂などに意識を向けたりすることは、この先の実生活を、より継続的により安定させてよりポジティブに送るためには、必要不可欠ともいえる重要なことであります。

ただし、現時点で肉体や心のバランスが崩れていて、いわゆる病気と称されるものとか、病気と称するには至らなくても、実生活を送る上で支障をきたしネガティブな度合いを強めてしまうような状況になっているといったような場合には、その状況を改善させようとするためには、やはり現状である3次元の世の密度の濃い波動の中において、基本的な生活習慣や心の在り方や行動などといった、5感ではっきりと認識できる観点における改善が必要であり、スピリチュアルのスペシャルな観点のことよりも、そちらの方が重要である場合が多くあります。

スピリチュアルな観点に基づく霊性向上のためには大切な意識や行動は、これまでの世の中の3次元的な日常の意識や行動の中ではスペシャルと感じられるようなことよりも、日常的に普通に行っている意識や行動の中に多く含まれているのです。

スピリチュアルな目覚めの進んでいる人が増え続けている「今」、目覚めが進んでいる人の中には、日常的に自分の理想や願望などが思うようにいかないと、自身の気づかぬうちに多かれ少なかれ依存や逃避のような形で、スピリチュアルなことの中でも、やたらとスペシャルなことを望んで実行したり意識しすぎたりする人もいます。

しかし、本来は基本的な生活習慣をみつめなおしたり、その日の自分自身の行動や意識の在り方をみつめなおしたりする中で、日常的に意識したり行動したりした中での反省をもとに、霊性向上のために改善すべきことは何かしら見つかるはずです。そして、あくまでも日常生活をよりポジティブにすることを大切にする中で、それと平行して、3次元的にはスピリチュアルでスペシャルなことも意識し行動して、よりバランスを保つ中で自己成長を図るようにし、反省と実践とを繰り返しつつ、バランスよく自分を保ちながら世のため人のために尽力することが大切になります。

地球上で日増しに高まっているエネルギーの強さは、感じやすい人でもそれほど感じない人でも、実際には平等に分け隔たりなく地球内部からも宇宙からもたくさん注がれています。そんな中、肉体が調和を保つためには、自らの顕在意識では感じられないほど、とてもたいへんな作業をしていて、そういった中での調和を保つ肉体の疲労はこれまで以上に大きなものとなっています。また心の面でも同様でして、世の中全体の人の波動や物事の波動がどんどん2極化していますので、ポジティブなものとネガティブなものがはっきりと分かれていっています。

そういった中で、波動をポジティブに保って過ごすためには、これまで以上に肉体的にも精神的にもたくさんの労力を使うはずです。そのために、より調和を保とうとすればするほど、精神的な疲労や霊的な気力的な疲労も伴って、疲労が重なっている人が多いのです。

特に、ここ約10年の間にどんどんエネルギーの増大する幅が大きくなっていますし、更に2007年頃から急加速し、そして現在もそのエネルギーの加速度は高まるばかりです。そういった中で、このような疲労を蓄積させてしまう事は、肉体的にも精神的にも霊的にも知らず知らずのうちに不調和を生じていき、それが個々の状況に応じてネガティブな状況として現れてきている場合があるのです。

肉体や心のバランスを崩していると自覚するに至るような状況を招いたあらゆる要因の中でも、特に基本的な生活習慣としての睡眠や食事や日常的な実生活の習慣や、ほどよい運動を行うことや、身を置く環境をできるだけ自然の中にいられる時間を増やすなど、よりポジティブな状況に改善することにより、この疲労を少しでも和らげ、自らにたまってきているマイナスのエネルギーを浄化するそのキーポイントがたくさんあるはずです。

例えば睡眠は今の状況の中で人々にとってたいへん必要とされているものでして、このとてつもなく高まっているエネルギーの中で調和を保つためには、(個人差があるので一概にこの数値があてはまるとはいえないかもしれませんがませんが)最低でも平均6時間ぐらいは睡眠時間を確保する必要があるでしょう。世のエネルギーの状況がどんどん増加して変化している中、今この6時間といったラインの平均的な睡眠時間は、自分をよりポジティブな状態に保つため、浄化をしていくために、十分な休息をとるため、魂の故郷である高次の世界に帰るため、ポジティブなエネルギーをたくさん受けるためには必要不可欠といっても良いほど、たいへん重要なこととなっています。

例えば仕事の関係や家事や趣味を行うことなどから「そういった睡眠時間をとるのが難しい。」という選択をされたとしても、本来は睡眠時間の確保は必ず自分次第でどうにかなっていくはずです。「無理だ。」という選択をされるのであればこれまでどおりで変わらない選択をしたわけですから、改善されなくても仕方ないにしても、少しでも多く取るよう意識して実行しようと努めることが、最も大切なこととなります。

また、食事はできるだけ動物の肉食は避け、野菜や穀物そして果物を中心とした食事にすることによって、波動は和らぎますし、「今」こうして高いエネルギーを保ちまもなくアセンションするという状況になっている中、より高いエネルギーを受けて、より調和を保つためには必要なこととなっています。

これは私も私の家族もそうですが、肉食を全く今の時点でやめてしまうということをしようとすると、それだけで無理を生じたりバランスを崩したりして。多かれ少なかれ不調和を生じてしまう可能性があるでしょう。ですから、ナチュラルな感覚に従って多少の動物の肉食も続けていますし、魚も大分減りましたが食しています。

不調和と感じるようなネガティブな状況を改善させるための解決方法を、スピリチュアルな観点に基づいた意識や行動に求めることは、とても重要なことです。ただし、エネルギーワークを行うとか、前世の状況を知って改善を求めるとか、マントラや経典とかを唱えるとか、断食や滝行などの荒行をするなどといった、これまでの3次元的な日常生活の中ではスペシャルなことを行うことも素晴らしい改善方法ではありますが、このようなスペシャルなことに重きを置きすぎたり、スペシャルなことをしているから十分であると思いこんだり、スペシャルなことを続けても改善しないことに嘆いたりすることは、逆にネガティブな結果を生じてしまう場合があります。

すべては「愛」の大きさが関わってきます。そして、「バランスをよりポジティブに保つ」ことが大切です。3次元的にも多次元的にも、より調和のとれた実生活を送ることが今の世をポジティブに生き抜くにはたいへん重要なことになりますし、そのように意識することが必要不可欠でもあるのです。そして、このバランスを保つためには、スピリチュアルな観点で物事を捉えたり、スピリチュアルな叡智を活用したりすることはとても大切なことでありますが、足元である「3次元の世の実生活をよりポジティブに送ること」に対して、もっとも重きを置くことが重要になっていきます。

少なくともここ100年ほどの間の日本では、多くの人が3次元的な物質界におけることに重きを置きすぎていたために、ネガティブな波動はなかなか改善されずにいた場合が多かったわけですが、ここ近年になって、急速にスピリチュアルな目覚めを迎える人々が増え、波動が急激に高まり、エネルギーも高まるという素晴らし状況になっているのですが、反面、逆にスピリチュアルな中でもスペシャルなことに重きを置きすぎてしまい、もっとも身近で分かりやすい、日常生活における意識や行動の在り方に対する反省や改善を怠ってしまったことから、結果的にはネガティブな状況を招いてしまっているという方が増えているのが現状です。

特に、スピリチュアルな目覚めが進んでいる方の波動は、それ以前に比べたら総合的には、はるかに高まっていることは事実なのです。それなのに、高い部分は高くなり続けているにもかかわらず、低い波動のネガティブな感情を出したり暴力をふるったりウソをついたり基本的生活習慣が乱れたりしても、反省もせず改善もせずに認めてしまっていたら、その波動の高低のギャップの大きさから、肉体や心の状況にアンバランスを生じてしまうことは当然のように起きてしまいます。

現在、日増しに地球に与えられている宇宙エネルギーが高まっていますが、このエネルギーはポジティブなエネルギーもネガティブなエネルギーも、両方の質のエネルギーが共に高まっているのです。ですから、よりポジティブな生き方をして高い波動を放っている人には、ポジティブなエネルギーがその引き寄せの法則に基づいてたくさん与えられますが、ネガティブな意識や行動をして波動が下がれば、ネガティブなエネルギーもその波動の状況に応じて、これまで以上にたくさん与えられているのが現状です。

そして、そのギャップが大きいと、アストラル体やエーテル体やメンタル体などの他次元的な体はバランスを崩しやすくなり、3次元の世の物質である肉体はエネルギーのギャップも多次元的な体の不調和も敏感に感じ取り、病気と称される不調和が肉体や心に表れたり、自然治癒力が弱まってウィルスに感染しやすくなったりしてしまうのです。

まもなくアセンションする地球上において、「今」地球上に存在している多くの魂が望んでいるアセンションを経験するためには、肉体や心の不調和から、魂レベルや潜在意識レベルでは気づいていても、顕在意識レベルでは気づいていないようなネガティブな側面に早く気づくために、このような不調和を肉体や心が起こすことによって「シグナル」を送っているのです。

そして、この「シグナル」は、実際には全体的に波動の高い人に低い波動を生じてしまっている部分があって不調を生じている場合には、わかりやすい状態で不調として表れ、すぐに命にかかわるような危機的な症状ではなくて、意識や行動の改善を図ることで、比較的肉体的にも精神的にも早期に改善されるようなケースが多いのです。

もちろん、ネガティブな生き方を多く選択していてネガティブなエネルギーを多く与えられている人の方が、本来は不調和を起こしやすいですし、実際にも不調和はおきているのですが、肉体や心が、全体的に波動が粗く(低く)なっているために、肉体や心が不調和を起こしている状況に気づいていない、もしくはわかりやすい状態に表出されていないだけの話なのです。ですから、そのような場合には、不調和の状態がより深刻な状況になってから気づく場合が多いのです。


長い内容となりましたが、私が今回の内容の中で特に伝えたいことは、肉体的もしくは心がネガティブな状況になっていると認識した時、まずは最も身近で認識しやすい、実生活における基本的な生活習慣を省みて改善すべき点は改善するよう努めることを全般的に見つめ直し、世の中をよりポジティブに捉えるようにしつつ、自分自身にとっての理想的なポジティブライフの在り方により近づけるよう、今の時点で無理なくできるところから実践するようにすることに重点を置いて、実践することから始めることが大切であるということです。

そして、必要と感じたスピリチュアルな叡智をわくわく感に従って得るようにし、瞑想やヒーリングなどのあらゆるスピリチュアルなワークもわくわく感に従って実践して習慣化することも並行して行いつつ、スピリチュアルな観点の叡智やワークなどで得たことを、スペシャルなこととか別物であるとかといったように分けるのではなく、実生活をよりポジティブに改善するため、いかにポジティブに活用して波動を高めたり愛をよりたくさんめぐらせることができるような修養に努めたりすることができるかどうかが、より調和のとれたよりポジティブな実生活を送るためには大切なこととなりますし、結果的には心身ともに健康状態を保つことができるようになるのです。

肉体的・精神的に不調を感じた時、その要因が、ここまで述べてきたような自分自身の波動の大きなギャップによるものなのか、ネガティブなカルマによるものなのか、自らのネガティブな感情や心の在り方によるものなのか、他から受けたマイナスエネルギーによるものなのか、ポジティブなエネルギーを強く感じすぎてのことなのか、天命を全うするためのものなのか等の、不調の意味合いを的確に識別するのは難しい場合が多いものです。

でも、常に不調を感じた時に、そのような観点で要因を探ったり、改善するために自己解決するための試みをしたり内観したりするなど、不調は学びのためであり、不調はすべてが自らが要因しているということを意識して改善するための尽力をし続けていれば、このような識別や改善方法が、だんだんと直感的にわかるようになってくるものです。他者に頼らなくても、不調を起こしている心身の状況を改善する方法すべてを、自らの内なる心で見出すことができるようになるのです。

《よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

アセンション物語「かのこの現実」改訂版の連載を始めました。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/









バックナンバー改訂版

自由な時間が増えることのポジティブさ

2012年07月25日
今から約1年半前の2010年11月28日(日)の新聞記事に、20歳~50歳の400人を対象としてアンケート調査をした結果が掲載されていました。その記事によりますと「平均勤務時間が10年前よりも約1時間減った(8時間39分)」「外食や喫茶の時間が大幅(3分の1ほど)に減った」「自宅で夕食を取る人が増えた」などの結果が掲載されていました。その要因としましては‘不況で残業が減り帰宅時間が早まって、自分の時間の使い方に対する意識が強まった。反面、飲みに行くなどの人とのかかわりが減り内向きになったのではないか’との見解が書かれていました。

確かにこの見解の表現の仕方ですと、不況だから勤務時間が減り、収入が少なくなったから外食を控え、そのために人づきあいも減り、自宅で過ごすことを‘内向き’であるとすれば、なんだかとてもネガティブに感じてしまいます。

でも、実際に私がこのアンケート結果を知った時点ですぐに感じたことは、結果的には勤務時間が減少することで無理をする機会や過度の労働による疲労が減り、自分自身の自由な時間や余裕が増え、自宅に家族がいる場合には家族と一緒にいる機会が増え、自分の楽しみに使える時間も増えた…そのように捉えることができると思ったことです。

もちろん、勤務すること(就労すること、金銭を得るために仕事をすること)が大好きで、充実感がたっぷりで、自分らしくポジティブに過ごせる時間でもあり、ナチュラルでいられて、過度な無理もほとんどしておらず、わくわく楽しんで行っているような人もいるでしょうし、今の次元の世にしっかりと足をつけてポジティブに生活するために必要であるから最低限に必要な収入を得るために努められている人も多いでしょうし、人それぞれ違っているわけですから、一概に、ひとくくりでまとめることはできないわけですが、今の日本の世の中の一般論として述べるとこんな感じであるということです。

また、これはこのアンケート結果とは違いますが、入浴時間が長くなっている人が増えていることも、時々マスコミに取り上げられています。長風呂をしてその時間を有意義に過ごすためのグッズもいろいろと販売されています。このことも、時間的に余裕が増えたことから生じた結果だと思いますが、さらにその結果として風呂に長くつかることで自己浄化をしっかりと行い、よりリラックスして波動が高まり、人によっては瞑想をするような状態になって自分の内部(魂・ハイヤーセルフ・内在神・直感等)と向き合う時間も増える結果に至っています。また、ウォーキング等によるほど良い運動をする機会も増えて、外気や自然に触れる機会が増えた人もいるでしょう。

以下の内容は、地球内部にある5次元世界の高次の存在からいただいた、我々3次元世界の地球上に住む人類に宛てたメッセージ集「空洞地球」ダイアン・ロビンス著(徳間書店)という本に書かれているメッセージのひとつです。この上記の記事に関連している内容であると私は感じていますが、このアンケート結果や余暇を有意義に過ごすことも、いわゆるアセンション現象の1つであり、順調に日本の状況がポジティブな方向に進んでいる証しであると読み取れることができると思います。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

現在、あなた方が過ごしている人生は、自己の曇らされた視界では自由があるように見えますが、あなたがたの高次の意識が「人生のレンズ」にフォーカスすれば、この自由は、見せかけだけで、実際には奴隷状態であることがわかってくるでしょう。

本当は無料である基本的な必需品のために、あなた方が長時間労働をしなければならないとすれば、あなた方は奴隷状態にあるのです。地球を取り囲む電磁グリッドは、あなた方が必要とするすべてのエネルギーを無料で供給できます。あなた方の政府はこれを承知していますが、自分たちのためだけにそれを利用しています。あなた方を借金状態に留めるのが彼らのやり方です。負債は自由でなく奴隷なのです。

日々仕事で長時間過ごすほど、あなた方の生活はアンバランスになっていきます。あなた方に必要なものは、お金ではなく自然に触れて野外で過ごし、自分たちの生活に反映させる時間です。あなたがたの人生を充実させて、自分たちの夢を現実化して、自分たちの生活をバランスのとれた状態に戻し、家族が調和の下に強い絆で結ばれるようにする時間を持つこと。これが自由の意味するところです。

空洞地球 ダイアン・ロビンス著(徳間書店)より引用

☆上記の内容に関連した記事です⇒東日本大震災後に見られる仕事観・人生観の変化

《よろしければ1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

アセンション物語「かのこの現実」改訂版の連載を始めました。クリスタルチルドレンの我が子(次女)をモデルにした、アセンションがテーマの自作小説です。(タエヌのもう1つのニックネーム‘くるみ あんず’著)
  ↓       ↓
http://taenu1.blog.fc2.com/







バックナンバー改訂版
 | HOME |