FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

ほどよく「アセンション待ち地球人」しましょ!

2012年06月30日
DSC00588+(3)_convert_20120630051232.jpg
一昨日28日(木)のことですが、気分転換&パワー充電のために石垣島北端の平久保崎灯台までドライブしてきました。風が強かったのですが、30度を超える気候で晴れていましたので、海風が心地よく癒してくれました。

DSC00593+(3)_convert_20120630051658.jpg
海や空の青もきれいでしたが、この日は鮮やかで深い緑も映えていました。

DSC00587+(3)_convert_20120630050656.jpg


☆1日1回の応援ワンクリックにご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

*下記の内容は、2010年12月24日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

私が約8年前までの15年間ほど、公立の小学校や特別支援学校の教員をしていた頃に、時々同僚との会話で使っていた「春待ち教師」という言葉がありました。だいたい、秋の深まった頃から3学期の終了前までに使われる言葉ですが、この言葉はちょっと皮肉ったようなネガティブな感覚で使う言葉なのです。

どういう意味かといいますと、自分の担任している学級内で、児童とうまくいっていないとか、保護者とのトラブルを抱えているとかといったような、担任している学級内でのことを強くネガティブに感じている教師が、とにかく3月末までの担任という立場でいる期間だけはなんとか乗り切ろう(逃げ切ろう)。そして、4月からは、違う学級の担任を受け持つ、もしくは転勤先の学校にて、一から出直してあらたな気持ちで頑張ろうとしているような、いわば限定されている期間はそれなりにしのいで時が過ぎるのを待ち、次の機会である新年度を待って心機一転を図ることを考えているような教師のことを指しています。

しかし、周囲の教師にも「春待ち教師」であると思われるほどの状態になってしまったような教師は、さらに学級内での不調和は続いたり大きくなったりしがちですし、春(新学年の始まる)までの間がとてもとても長く感じることでしょう。そして、実際にもスムーズに春をむかえられず、新年度になって新しい環境になっても、同じようなネガティブな状況を繰り返し引き起こしたり、さらにネガティブな状況になってしまったりすることもよくあることです。

担任の先生として、それなりに信頼してくれているご縁をいただいた子どもたちのためにも、協力してくれている保護者のためにも、そしてさらに自分自身のためにも、「今」をおろそかにしてしまっては「未来」は明るく開かれてはいかないでしょう。そして、波動の法則やカルマの法則によって、たとえ新年度が始まっても、「今」の波動やめぐってくるカルマを昇華していない限り、状況は改善されにくいのです。

それでもそんな自分のネガティブさに気づき、現実(今)から逃げようとしている自分を反省し、少しでもいいから「今」できることから改善していこうと努めさえすれば、それなりにポジティブな状況へと変わっていくはずです。たとえ心の中では春を待っていても、「今」をより大切にし、必ず来ると思う春までの間を、自分なりに少しずつでもポジティブな状況へと改善するように努めてさえいれば、波動が徐々に高まって周囲との不調和が緩和され、春が来るまでの間がより短く感じるはずですし、実際に春が訪れた時には、よりポジティブにスムーズに迎えることができるはずです。

春は必ず来ることを信じ、新たなる前向きな気持ちで迎えられる素敵な春をわくわく心待ちにしつつも、「今」を大切にし、「今」やるべきことに尽力し、「今」をよりポジティブに生きることに努める。そんなふうにほどよく「ポジティブな意味合いでの春待ち教師」でありながら、目の前の「今」共に在る子どもたちのために教師としての努めを果たし、より多くの愛をめぐらせるすことに尽力することが、とてもポジティブであるといえるでしょう。


スピリチュアルに目覚めたり、目覚めが進んでいるような人々が、さまざまなスピリチュアルな情報を得ていく中で、地球がアセンションする可能性の高いということを信じる人は、どんどん増え続けています。

しかし、急激にエネルギーは高まり続けて、実際にアセンションが間近になっているとそれなりに感じられつつも、今はまだ3次元世界であってネガティブな面が多々ある地球上は、まだまだ物質的にも意識的にも社会的にも何もかもがアセンションに向けて変化している最中であり、徐々に高まってポジティブに変化してきてはいるものの、まだまだネガティブに感じられるようなことはたくさん見受けられ認識できます。

政治や経済や教育などといった大枠的なことも、身近なことも、集団意識も個人意識でも、まだまだネガティブな面も多々あるために、ポジティブなものへと変革している最中である「今」は、様々な葛藤が、個人内でも集団においても地球全体においても、たくさん起きているのです。

そんな中、心がけたいのは「春待ち教師」ならぬ「アセンション待ち地球人」の色合いを濃くしすぎないように留意する必要があるということです。目の前の「今」の現実的なことの中で、あまりにもネガティブに感じてしまうことがあると、アセンションを意識している人の中には、ついつい‘アセンションさえすれば…’‘きっとあともう少し時が経てば…’みたいに強く思いすぎてしまい、「今」の目の前の状況を、できるだけポジティブな状況へと改善したり解決したりすることに努める度合いを弱めてしまったり、解決することを先延ばしにしたり、逃避したり、責任転嫁したりするようなネガティブな対応をする傾向にある人も、実際には少しずつ増えてきているように感じられます。

もちろん、アセンションすることを意識することは、とてもポジティブなことであり、大切なことであるといえます。次の世である黄金時代は必ず来ます。4次元そして5次元の世へと、必ずアセンションすると私も信頼しています。しかし、待ちわびすぎてしまったり依存しすぎてしまったり、「今」の自分自身の成すべきことをおろそかにしてしまい、結果的にネガティブになってしまったりすることは、逆に、アセンションまでの期間を遠のけてしまい、長引かせてしまう結果に至るでしょうし、それどころか、地球と共にアセンションすること自体も難しくなってしまうかもしれません。

それでもそんな自分のネガティブさに気づいたら、現実(今)から逃げようとしている自分を反省し、少しでもいいから改善しようと努め続けていれば、それなりにポジティブな状況へと変わっていくはずです。たとえ心の中ではそれなりに強い思いで春(アセンションの完了する時・高次元の世界)を待っていても、「今」をより大切にし、必ず来ると思う春までの間を、自分なりに尽力しようと意識して努めてさえいれば、波動が徐々に高まって周囲との調和がより成されていき、春が来るまでの間がより短く感じるはずですし、よりスムーズに実際にも春を迎えることができ、黄金時代とも呼べるような、素晴らしい高次元の世界での実生活を送ることができるようになるでしょう。

そんなふうに「ほどよくアセンション待ち地球人」しつつ、自らもより多くの光をめぐらせて、地球がよりスムーズにアセンションするために貢献できるよう尽力し続けることが、今の世を、よりポジティブに生き抜くには、とても大切なことであるといえるでしょう。

☆1日1回の応援ワンクリックにご協力を、どうぞよろしくお願いいたします☆
   ↓   ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

☆アセンションスペースシューリエ☆(タエヌのホームページです)
http://www.shuwrie1.com/index2.html




スポンサーサイト



バックナンバー改訂版
 | HOME |