09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

地球とともにアセンションするために意識すべきこと

2011年10月31日
*下記の内容は、2010年7月14日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

現在私たちが「地球がアセンションする」と称していることとは、地球表面上の世界である、私たちが現実と感じてはっきりと5感的で物質的に認識している今の3次元世界が、4次元世界(実際は5次元まで)へと上昇することを示していると認識している方が多いと思います。

つまり、私たちが住んでいる地球表面上の物質世界は、今の時点では3次元世界であります。そして、今のままでいけば2012年12月22日頃には、4次元へと上昇するであろうという予測が成されているわけですが、実際には、今の地球はその次元の変わる直前時期であり、すでにあらゆることが4次元世界に移行するために大きく変化している時期でもあります。

ただし、大きく変化しているとはいっても、物質的レベルでは、徐々に変化しているように感じることがほとんどです。必要に応じて急激に変わることもありますが、よりスムーズに変化するには、できるだけ徐々に変化する方がスムーズな場合が多くあるからです。

今、こうして急激に与えられ続けている宇宙エネルギーは、すべてが光である高い波動のものばかりではなくて、同時に低い波動のエネルギーも与えられているのが事実です。

これは、波動の法則でもあり必要の法則でもありますが、3次元世界にはまだまだネガティブなエネルギーもたくさん混在しているために、陽(ポジティブ)のエネルギーのみではなく、陰陽の調和のためにも、陰(ネガティブ)のエネルギーも与えられているのです。

つまり、両極のエネルギーが与えられていることから、ポジティブな生き方をしている人は、その必要に応じて、波動の高さに応じて、この両極のエネルギーの中でも高い波動のエネルギーを多く受け取ることができます。これは個々の選択によるものもあれば、集団意識とか政治や経済や教育やスポーツなどのあらゆる物事にも当てはまりますが、ポジティブなことを選択すればするほど、その波動の高まっている状況に見合ったエネルギーを、さらに多く受けることができるのです。波動の法則によって引き寄せ、必要に応じて与えられ、様々な高次元の存在からも、さらに護られ応援されサポートされ導かれるために、どんどん波動は高まっていくのです。

逆に、波動の低いことを選択し続けてしまうと、その逆のことが起きます。高次元の存在も、あまりに波動が低くなるとその波動が合わなくなってしまい、サポートをしようとしてもエネルギーやインスピレーションなどを与えることができなくなってしまったり、さらに低くなると探し出すことすらできなくなったりしてしまうのです。

それが、今の時点での地球表面上に与えられているエネルギーの状況であり、スピリチュアルな観点から見た、地球表面上の2極化が進んでいる状況です。そして、今、アセンション直前の転換期でもあるために、次の世で生きていけるまでに波動を徐々に高めていく生物とそうでない生物とに分かれていっていますし、必要な物事は発展し、4次元の世に必要でない物事は変わるか消滅するかの一途をたどっている最中なのです。


3次元世界は陰と陽とが調和している世界です。ネガティブなものもポジティブなものも混在して調和が成されているのです。それが3次元世界の特徴なのです。しかし、4次元よりも高い世界に存在できるまで波動を高めると、3次元世界にあるようなネガティブな意識も言動もなくなります。なくなるというより、そのようなことが生じる状況ではなくなり、その波動状況に合った、愛に満ちた、自由と平和の大調和の世界が現実世界となるのです。

肉体も今のような重い密度の物ではなくなります。炭素基盤からクリスタル基盤へと変わるのです。そして肉体ばかりでなく、すべての物質自体の密度が軽くなるのです。でも、「今」の時点では、地球上は3次元の波動域の世界でありますから、ネガティブなものがあって当然なのです。不安や心配や恐怖、悲しみ、苦しみ、痛み、嫉妬心、エゴなどなど…の意識、肉体的な痛みや病気…そのような低い波動を生じる可能性が常にあり、実際に部分的でも一時的でも常時であっても、このような低い波動を持ち合わせていて当然なのです。

例えば、今、私たちがまとっているような叩かれて痛いと感じる肉体を持っていると自覚していたり、死に対して少しでも不安や恐怖のような感じを持ったりしていると自覚しているような私たちは、間違いなく3次元の世界に住んでいる人間なのです。何もしていないのにおもいきり頭をたたかれて、痛みも、不安も、嫌な感じの驚きなどといったネガティブなことは何も感じず、瞬時に高い波動の「許し」や「感謝」の気持ちでいっぱいになる人などはいないでしょうし、たとえ感情的には波動が下がらなくても、痛みや違和感を肉体で感じた瞬間に、多かれ少なかれ、必ず何らかの低い波動を発するはずなのです。

それが、3次元世界に生きている人の特徴であり、もしも仮に完全にネガティブなものがまったくないとしたら、3次元世界の波動とは合わないために、人として存在するのは難しくなるはずです。というより、あえて3次元世界に転生している意味がなくなるのです。

ちなみに、このように肉体を含めた物質的な状況や現実世界は3次元の世界ではありますが、意識の中は多次元世界になっています。地球人類の多くの人は、4次元や5次元、もしくはそれよりも高い波動の意識を持ち合わせている人もいます。すべての人類がそのような高い意識である純粋な愛の光を持ち合わせているといってもよいでしょう。

しかしその反面、まだまだ3次元的なネガティブな意識も持ち合わせていますし、それ以下の次元的な意識を持ち合わせている人もいます。自覚している人も自覚していない人(ネガティブな波動はまったく持ち合わせていないと思いこんでいるとか、自分はすでに個人的にアセンションしたと思っている人)も、先ほど述べましたように、結果的には今の世で肉体を持って存在している以上、すべての人が3次元以下の世特有のネガティブである意識も持ち合わせている、あるいは生じる可能性を持ち合わせているのです。

でも、もし今後、ネガティブな意識が生じなくなり、今持ち合わせているポジティブな意識が残っただけで、それだけで高次元の存在に至るのです。つまり、すでにほとんどすべての人には、すでにアセンションできる可能性が備わっているのです。そして、今後、加速し続けるエネルギーの中で、今、そしてこの先に、自己の責任によってどのような選択をするのかにより、自分の意識一つでどの方向にも向かうことができるのです。


2012年の12月22日頃(冬至)に向けて、さらに地球上のエネルギーは急加速して高まっていきます。そして、そのエネルギーが高まるにつれて、人々やすべての生物も、あらゆる物事も、さらに2極化が進んでいきます。この2極化とは、次の世である4次元に存在できるように波動を高めていくものと、そうでない道を歩むものとに分かれていくということです。

今はまだアセンションに向かっている途中であるわけですから、ポジティブなものとネガティブなものとの両方を持ち合わせていて当然なのです。その中で、いかにバランスをポジティブに保ちつつ、全体的な波動をいかに高めていくのかが、今の私たち3次元世界に転生している人の共通の学びであり、その学んでいる最中なのです。そして、そのような両面のバランスを保つ中で、いかにポジティブな波動を多く発しつつ、ネガティブな波動をより少なく発しながらバランスが保てるのかどうかで、総合的な波動が違っていくのです。

先ほど述べました地球上で高まり続けるエネルギーも、陰陽の調和のために両極のエネルギーがありますが、割合的にはポジティブなエネルギーの方が高いのです。バランスを保つ際に、ポジティブなエネルギーの方が高い状態でバランスを保ち続けているのです。

ですから、地球全体のエネルギーは、結果的には両極が高まりつつも、総合的にはどんどんポジティブなエネルギーの方が量も質も多くなりつつバランスを保っていて、さらにこの先も、割合としてはポジティブなエネルギーの方がどんどん増え続けるのです。そして、そのエネルギーが増大するにつれて、地球表面上に存在するすべてに関しても、徐々にポジティブなエネルギーとネガティブなエネルギーとの割合が変わっていき、そのエネルギーの状況に即した心身の状態に至っていくのです。

そして、そのエネルギーの状況が、ネガティブなものがほぼなくなるまでに至るのが2012年12月22日頃(冬至)のアセンションの時なのです。ですから、実際には、まだその日の時点では、エネルギー自体が完全にポジティブであったとしても、表面的(現実的)には完全にポジティブな状況に至っていない物事や人の意識も、少ないはずではありますが、まだ残っているはずなのです。

急に完全に変われるものとそうでないものとがありますが、人の意識すべてが完全にポジティブなものに変わったり、世の中の体制(政治・経済・教育等)すべてが完全に宇宙の真理に合ったポジティブなものへと変革するにまで至ったりすることができているのかと言ったら、まだそうでない変革途中のものもあるのです。

そして、アセンションして地球全体が4次元以上のエネルギーに至った時点で、現実的にもほぼ状況はそのエネルギーに見合った状態にまで至りますが、完全に4次元のエネルギーに見合った現実的な状況に至るまでには、アセンションしてからもしばらくの間は変革が続きます。


人としての大きな変化としては、肉体がクリスタル化するとか、DNAが増えるとか、コミュニケーションの主な手段がテレパシーによるものになるとかといったような、今の状況とは大きく変わることに関しては、今の時点でも波動に合わせて徐々に変化している最中ではありますが、アセンションした瞬間からそれ以降には、それなりにはっきりと自覚することができるでしょう。

かといって、無理に今からコミュニケーション手段を言葉ではなくテレパシーで行う練習をするとか、今はどの段階であるかとかと確かめるとかといった必要はありません。自分自身の波動をより高められるように努めていれば、そのようなことは必然の結果として生じるのです。

ちなみに、地球がアセンションするには、地球表面上に存在する我々地球人類の集合意識や波動レベルが高まることが要因にもなりますが、今回の地球のアセンションはその要因のみではなく、宇宙の動きの中で、宇宙から地球に与えられるエネルギーが加速し続けて、2012年12月22日頃(冬至)に、銀河の中心を含んだ星の整列がなされ、そのために地球に向かて発されるエネルギーによる影響も加わることも大きな要因となって、地球のアセンションは起きるのです。

また、銀河の中心を含んだこの星の整列は、今の時点でも徐々に進んでいますが、それに伴ってエネルギーが徐々に、かつ急速に加速されているのです。フォトンベルトから与えられる多大なるエネルギーの影響を受けているのです。ですから、アセンションできるか否かは地球人類個々の波動次第であり、今、そしてこれからの自己の選択次第である、というような言われ方がよくされるのは、そういったことから生じるのです。この2極性のエネルギーが加速し続ける中で、どちらの方向を選択し続けるのかによって、アセンションできるか否かという道を選択するのかに繋がることとは、そういった意味なのです。


アセンションの情報の中で「ポジティブな考えを持っていればアセンションできて、ネガティブな考えを持っていればできない」というようなことが述べられているケースもあるようですが、3次元世界にある以上は、これまで述べてきましたように、まずそのようなどちらであるのかといった結果を求めても、両面を持ち合わせているわけですから二者択一で答えるのは難しいこととなるでしょうし、そのようなものであれば、今の時点でアセンションできると確信できるような人はいないといっていいでしょう。

しかし、「ポジティブなことを選択し続けるように努め、ネガティブなことを選択しないように意識しつつ、ネガティブな状況に至った場合には改善してポジティブに変換するように努める」ことは、向上心さえ持ち続けていれば、それなりにできることでしょう。実際は、このような意識を持てるかどうか、そして継続して持ち続けて実行できるかどうかが大切なのです。

実際に現時点の3次元世界移行期から4次元世界の当初までは、ネガティブな意識は残ったままでいる人が多くいるはずです。ただし、3次元世界の終盤である現在に、より波動を高めてある程度まで総合的に高い波動にまで至れば、エネルギーの変化に伴って、よりネガティブな意識は減り続きつつ逆にポジティブな意識が高まり続け、現実的にもそのような行動をより多く選択するようになっていきます。

そして、アセンションして4次元の世に入って、そのエネルギーに乗じて個々の意識でポジティブな選択をし続けているうちに、ふと気がつくとネガティブな意識はなくなっており、愛と平和と自由と宇宙の統合の中で至福の時を過ごしている自分に気づくことでしょう。それが、アセンションを完了した時点での姿であり、さらに地球は5次元にまでアセンションするので、3次元的には言葉で言い表せないほどの愛に満ちた至福の世に至るのです。

ですから、今の時点では、まだ移行期間であるために、ネガティブな意識があっても当然なことなのです。そして今、またこの先に、私たちがどのような意識の中で何を選択し続けるのかがアセンションできるか否かにつながります。その人数がわずかなものになっていくのか、それともかなり高い割合の人がアセンションできるのかは、アセンションということを意識していても意識していなくても、すべてがこの先の意識の持ち方や選択によって変わっていきます。

先をネガティブに見過ぎて悲観したり取り越し苦労をしたりするよりは、今、できることの中でポジティブなことを選択し続ける方が波動は高まります。ネガティブな意識が生じても、それを認め、許し、そして改善してポジティブなものへと変換するように努めれば、いつのまにか習慣のようになっていき、加速するポジティブなエネルギーもさらに与えられることで、波動はさらに高まり続けます。

このようなポジティブなめぐりにより、幸福感を味わうことは、多くの人が望んでいるはずです。そして、多くの人は今すぐにでもそのような方向へとまっすぐに歩むことを自分の選択次第でできることなのです。ただし、急激な現実としての変化を望んでは、焦りやエゴが生じるなど、さらに落胆や悲観などのネガティブな状況に至ってしまう場合があります。3次元世界の現象は気にしつつも、自己の意識の中で、今、できる中で何を選択するのかに全力を注ぐことが大切になります。

そして、3次元的な現実として表面化することも、意識の中で感じる幸福感も、すべての現実的感覚は結果として生じるものなのです。結果をむやみに求めようとしなくても、波動さえ高まり続けていれば、その結果としてそれに見合った現実世界や顕在意識を味わうことができるのです。


今、私たちがアセンションに向けて意識すべきことは、意識をより波動の高い状態に保つように努めること。そして、波動が低くならないようにも努めること。あらゆる行動や意識の持ち方などの自己の責任で選択すべきことは、より強く自己責任を持つよう努め、よりポジティブな選択をし続けるように努めること。ネガティブに感じるようなことがあれば、できるだけ早い段階で、できるだけポジティブに変換して受容したり、選択をし直したりして、「今」の時点での結果を、より波動の高い状態にできるよう努めること。政治・経済・教育などの世の中の体制やエコなどといった地域や日本や地球全体に関わるようなことに対して、自分なりにできることは行い、行動に移すのが難しいようなことはポジティブになるよう願い、無理をしない程度にわくわく感じることを選択し続け、人のため自分のため世のため地球のため宇宙のために、今、できることは行いつつも、今、特に他には何も浮かばなかったら、いつでもさらにお役に立てるようにスタンバイしてその機会を待ち、より楽天的で余裕のある状況で在るようにすること。ネガティブな情報や出来事には焦点を合わせず、「かわいそうに」「お気の毒に」と慈しみの心を向けるようにし、ポジティブな出来事に焦点を合わせるようにすること。どのような人に対しても、結果的には「許し」の気持ちを持つように努めること。

そのようなことを個々が選択し続けて波動を高めるようにしてさえいれば、地球自体から発されるエネルギーも、宇宙から与えられるエネルギーも着実に増加して与えられ続けていくので、世の中も4次元の世に向かってポジティブに変化し続け、振り返ってみると、以前の自分に比べて波動の高まった、よりポジティブになっている自分自身をはっきりと認識できるようになるでしょう。

それでも、さらにもっと波動を高め魂向上のための道を歩み続けることを選択し続けていれば、気がつくとアセンションの時を迎えてエネルギーが大きく変わり、それに伴って現実世界の物質は大きく変わり、今のように社会の全体的な体制もさらにポジティブな状況へと変化し続け、自分自身の意識もそれに伴って、いつのまにかネガティブな意識がなくなっていく。それが、我々個々の一般的な地球人類のポジティブなアセンションするまでの道のりであると私は認識しています。


アセンションに関しまして、いろいろな情報が出回っていますが、その情報の受け止め方に関してはその情報を受け取った個々の判断にゆだねられます。今回掲載しました内容は、あくまでもタエヌが今の時点で個人的に認識している内容を掲載しましたので、ポジティブに感じられることがありましたら、そのまま受容していただき、よくわからないことは保留にして受け流し、ネガティブに感じることがありましたら削除していただくといったように、お読みいただいた内容を、ナチュラルな感覚で受け止めていただければ幸いです。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/




スポンサーサイト
バックナンバー改訂版

よりポジティブなスピリチュアルライフを送るために

2011年10月30日
DSC05764_convert_20111030073625.jpg
~今朝30日(日)AM7時半頃に自宅ベランダから撮影した川平湾周辺の景色です。今日はこれから石垣島の清々しいエネルギーに包まれた中で、この景色を見渡せる海に面した部屋にてレイキの遠隔伝授(アチューンメント)をさせていただきます。今もこの石垣島の地に住むことを許されていること、こうしてレイキを伝授をする機会を与えていただいたことにを心から光栄に思い、喜びと幸せを感じながら、感謝の気持ちいっぱいの中で今日も尽力させていただきます!~

*以下の内容は2009年6月4日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

これまでの今世の人生や過去世の経験の中で、無駄な事は何一つなく、これまでの経験も、そして得てきた知識や技術的なことやスピリチュアルなことなども、霊性向上のためには全てが必要なことなのです。

そんな中で、スピリチュアルなことの中でも、3次元的な感覚である5感ではよくわからないようなスペシャルなことである、目に見えなかったりはっきりと認識しづらいことにも意識を向けたり知識を得たりすることは、この先もさらに必要になっていきます。宇宙の根本である法則や道理などを叡智として持ち合わせていたり、5感では認識しづらいような気や宇宙エネルギーや高次の存在や魂などに意識を向けたりすることは、この先の実生活を、より継続的により安定させてよりポジティブに送るためには、必要不可欠ともいえる重要なことであります。

ただし、現時点で肉体や心のバランスが崩れていて、いわゆる病気と称されるものとか、病気と称するには至らなくても実生活を送る上で支障をきたしネガティブな度合いを強めてしまうような状況になっているとかといった場合、その状況を改善させようとするためには、やはり現状である3次元の世の密度の濃い波動の中において、基本的な生活習慣や心の在り方や行動などといった5感ではっきりと認識できる観点における改善が必要であり、スピリチュアルのスペシャルな観点のことよりも、3次元的に認識しやすいことの方が重要である場合が多くあります。

スピリチュアルな観点に基づく霊性向上のために大切な意識や行動は、これまでの世の中の3次元的な日常の意識や行動の中ではスペシャルと感じられるようなことよりも、日常的に普通に行っている意識や行動の中に多く含まれているのです。

スピリチュアルな目覚めの進んでいる人が増え続けている今、目覚めが進んでいる人の中には、日常的に自分の理想や願望などが思うようにいかないと、自身の気づかぬうちに多かれ少なかれ依存や逃避のような形で、スピリチュアルなことの中でもやたらと過剰にスペシャル(3次元的に認識しにくいことや、3次元の実生活からかけ離れているようなこと等)なことを望んで実行したり意識しすぎたりする人もいます。しかし、本来は基本的な生活習慣をみつめなおしたり、その日の自分自身の行動や意識の在り方をみつめなおしたりする中で、日常的に意識したり行動したりした中での反省をもとに、霊性向上のために改善すべきことは何かしら見つかるはずです。そして、あくまでも日常生活をよりポジティブにすることを大切にする中で、それと平行して、3次元的にはスピリチュアルでスペシャルなことも意識し行動して、よりバランスを保つ中で自己成長を図るようにし、反省と実践とを繰り返しつつ、3次元の実生活においてもバランスよく自分を保ちながら世のため人のために尽力することが大切になります。

地球上で日増しに強まるエネルギーの強さは、感じやすい人でもそうで無い人でも、分け隔たりなく地球内部からも宇宙からもたくさん注がれています。そんな中、肉体が調和を保つためには、自らの顕在意識では感じられないほど、とてもたいへんな作業をしていて、そういった中での調和を保つ肉体の疲労はこれまで以上に大きなものとなっています。また心の面でも同様でして、世の中全体の人の波動や物事の波動がどんどん2極化していますので、ポジティブなものとネガティブなものがはっきりと分かれていっています。そういった中で、波動をよりポジティブにして過ごすには、これまで以上に肉体的にも精神的にもたくさんの労力を使っています。そのために、より調和を保とうとすればするほど、精神的な疲労や霊的な気力的な疲労も伴って、疲労が重なっている人が多いのです。

特にこれはここ約7,8年の間にどんどんエネルギーの増大する幅が大きくなっていますし、更に2007年頃から急加速し、そして現在もそのエネルギーの加速度は高まるばかりです。2011年の夏至を超えてからはさらに急速にエネルギーが強まり、2011年の冬至の頃には3次元的な状況も大きく変化してきていることを、さらに強く実感できるに至るでしょう。そういった中で、このような疲労を蓄積させてしまう事は、肉体的にも精神的にも霊的にも知らず知らずのうちに不調和を生じていき、それが個々の状況に応じてネガティブな状況として現れてきている場合があるのです。

肉体や心のバランスを崩していると自覚するに至るような状況を招いたあらゆる要因の中でも、特に基本的な生活習慣としての睡眠や食事や、日常的な実生活のいくつもの習慣になっていることや、ほどよい運動を行うことや、身を置く環境をできるだけ自然の中にいられる時間を増やすなど、よりポジティブな状況に改善することにより、この疲労を少しでも和らげ、自らにたまってきているマイナスのエネルギーを浄化するそのキーポイントがたくさんあるはずです。

例えば睡眠は今の状況の中で人々にとってたいへん必要とされているものでして、このとてつもなく高まっているエネルギーの中で調和を保つためには、最低でも6時間ぐらいは睡眠時間を確保する必要のある人が多いでしょう。世のエネルギーの状況がどんどん増加して変化している中、今この6時間といったラインの平均的な睡眠時間は、自分をよりポジティブな状態に保つため、浄化をしていくために、ポジティブなエネルギーをたくさん受けるためには必要不可欠といっても良いほど、(個人差はありますが)多くの人にとってはたいへん重要なこととなっています。

例えば仕事のことであるとか家のことであるとかそういったことから「そういった睡眠時間をとるのが難しい。」という選択をされたとしても、本来は睡眠時間の確保は自分次第でどうにかなっていくはずです。「無理だ。」という選択をされるのであれば、これまで通りで変わらない選択をしたわけですから、改善されなくても仕方ないにしても、少しでも多く取るよう意識して実行することが、まず最も望ましくて大切なこととなります。

そして食事はできるだけ動物の肉食(特に牛や豚などの四つ足の動物)は避け、野菜や穀物そして果物を中心とした食事にすることによって波動は和らぎますし、今こうして高いエネルギーを保ちまもなくアセンションするという状況になっている中、より高いエネルギーを受けて調和を保つためには必要なこととなっています。これは私も私の家族もそうですが、肉食を全く今の時点でやめてしまうということをしようとすると、それだけで無理を生じ不調和を生じてしまう場合もありますので、あまりたくさんの無理が生じては最良なことではないことから、わくわく感に従って、給食や市販のお弁当に入っているような多少の動物の肉食も続けていますし、魚を食することも大分減りましたが、実際には時々食しています。

ただし、自分や家族の健康や波動を高く保てるように意識し、生き物をできるだけいたわり慈しみの気持ちを持つことを意識して食事を取るようにするだけで、おのずと肉食が減り、野菜や穀物や果物類が増えていき、そしてそれが心地良く感じ、肉体的にも精神的にもよりな調和が保たれていることを実感しています。また、水分を意識的に多く摂ることも大切です。特に水やお茶類やくだ物の果汁入りジュースです。水分を多く摂れば、発汗や排尿等により、体内の邪気を浄化してくれます。

現状の不調和と感じるようなネガティブな状況を改善させるための解決方法を、スピリチュアルな観点に基づいた意識や行動に求めることは、とても重要なことです。ただし、エネルギーワークを行うとか、前世の状況を知って改善を求めるとか、マントラや経典とかを唱えるとか、断食や滝行などの荒行をするなどといった、これまでの3次元的な日常生活の中ではスペシャルなことを行うことも、愛の意識さえそれなりに大きく抱いて行っていれば、とても素晴らしい改善方法ではありますが、このようなスペシャルなことに重きを置きすぎたり、スペシャルなことをしているから十分であると思いこんだり、スペシャルなことを続けても改善しないことに嘆いたりすることは、逆にネガティブな結果を生じてしまう場合があります。すべてはバランスの問題です。3次元的にも多次元的にも、より調和のとれた実生活を送ることが今の世をポジティブに生き抜くにはたいへん重要なことになりますし、そのように意識することが必要不可欠でもあるのです。そして、このバランスを保つためには、足元である3次元の世の実生活に対して、もっとも重きを置くことが重要になっていきます。

少なくともここ100年ほどの間の日本では、多くの人が3次元的な物質界におけることに重きを置きすぎていたために、ネガティブな波動はなかなか改善されずにいた場合が多かったわけですが、ここ近年になって急速にスピリチュアルな目覚めを迎える人々が増え、波動が急激に高まり、エネルギーも高まるという素晴らし状況になっているのですが、反面、逆にスピリチュアルな中でもスペシャルなことに重きを置きすぎてしまい、もっとも身近で分かりやすい日常生活における意識や行動の在り方に対する反省や改善を怠ってしまったことから、結果的にはネガティブな状況を招いてしまっているという方が増えているのが現状です。

特に、スピリチュアルな目覚めが進んでいる方の波動は、それ以前に比べたら総合的には、はるかに高まっていることは事実なのです。それなのに、高い部分は高くなり続けているにもかかわらず、極端な話になってしまいますが、たとえば低い波動のネガティブな感情を頻繁に出したり、暴力をふるったり、ウソをついたりごまかしをしていたり、基本的生活習慣が乱れたりしても、反省もせず改善もせずに認めてしまっていたら、その波動の高低のギャップの大きさから、肉体や心の状況にアンバランスを生じてしまうことは当然のように起きてしまいます。

現在、日増しに地球に与えられている宇宙エネルギーが高まっていますが、このエネルギーはポジティブなエネルギーもネガティブなエネルギーも、両方の質のエネルギーが共に高まっているのです。ですから、よりポジティブな生き方をして高い波動を放っている人にはポジティブなエネルギーがその引き寄せの法則に基づいてたくさん与えられますが、ネガティブな意識や行動をして波動が下がれば、ネガティブなエネルギーもその波動の状況に応じて、これまで以上にたくさん与えられているのが現状です。そして、そのギャップが大きいと、アストラル体やエーテル体などの他次元的な体はバランスを崩しやすくなり、3次元の世の物質である肉体はエネルギーのギャップも多次元的な体の不調和も敏感に感じ取り、自然治癒力が弱まってウィルスに感染しやすくなったり、病気と称される不調和が肉体や心に現れたりしやすくなってしまうのです。

まもなくアセンションする地球上において、今地球上に存在している多くの魂が望んでいるアセンションを経験するためには、肉体や心の不調和から、魂レベルや潜在意識レベルでは気づいていても、顕在意識レベルでは気づいていないようなネガティブな側面に早く気付くために、このような不調和を肉体や心が起こすことによって「シグナル」を送っているのです。そして、このシグナルは、実際には全体的に波動の高い人に低い波動を生じてしまっている部分があって不調になっている場合には、わかりやすい状態で不調として表れ、すぐに命にかかわるような危機的な症状ではなくて、意識や行動の改善を図ることで、比較的肉体的にも精神的にも早期に改善されるようなケースが多いのです。

もちろん、ネガティブな生き方を多く選択していてネガティブなエネルギーを多く与えられている人の方が本来は不調和を起こしやすいですし、実際にも不調和はおきているのですが、肉体や心が、全体的に波動が粗く(低く)なっているために、肉体や心が不調和を起こしている状況に気づいていない、もしくはわかりやすい状態に表出されていないだけの話なのです。ですから、そのような場合には、不調和の状態がより深刻な状況になってから気づく場合が多いのです。


長い内容となりましたが、私が今回の内容の中で特に伝えたいことは、肉体的もしくは心がネガティブな状況になっていると認識した時、まずは最も身近で認識しやすい、実生活における基本的な生活習慣を省みて改善すべき点は改善するよう努めることを全般的に見つめ直し、世の中をよりポジティブに捉えるようにしつつ、自分自身にとっての理想的なポジティブライフの在り方により近づけるよう、今の時点で無理なくできるところから実践するようにすることに重点を置いて実践することから始めることが大切であるということです。

そして、必要と感じたスピリチュアルな叡智をわくわく感に従って得るようにし、瞑想やヒーリングなどのあらゆるスピリチュアルなワークもわくわく感に従って実践して習慣化することも並行して行いつつ、スピリチュアルな観点の叡智やワークなどで得たことを、スペシャルなこととか別物であるとかといったように分けるのではなく、実生活をよりポジティブに改善するため、3次元世界の実生活の中でも、より日常的によりポジティブに活用して波動を高めたり愛をよりたくさんめぐらせることができるように努めることができるかどうかが、より調和のとれたよりポジティブな実生活を送るためには大切なこととなります。

そして、その結果としてよりバランスのとれたスピリチュアルライフをよりポジティブに送ることができていれば、必然的に結果として生じる3次元的に認識できる心身の健康状態も、よりポジティブに感じる度合いが増していきますし、アセンションに向けてますます増加するエネルギーに対しても、波動や心身の健康状態をよりポジティブにバランスを保つことができるのです。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/





バックナンバー改訂版

プレアデスからのメッセージ ~日本は世界のひな型~

2011年10月29日
DSC05755_convert_20111029123609.jpg
~市街地へ買い出しに行った帰り途中に、心地良い風が吹く中でちょっと県道脇に車を止めて、清々しい雰囲気の於茂登岳(沖縄県で一番高い山)をバックにイエ―ィ!♪ 写真撮影時の本日29日(土)11時半頃の気温は約27度です。~

DSC05757_convert_20111029123750.jpg
~この写真は、その上の写真とほぼ同じ場所で角度を変えて撮影しましたが、この県道87号線の左側に於茂登岳(標高526m)があります。県道をこの写真の前方方向に進んでいくと約3km先に沖縄県最長の於茂登トンネルがあります。そして、トンネル入口から自宅に到着するまでの道のりは約8kmありますが、その間に信号は1つもないので、のんびりとドライブしてもここから約15分ほどで帰宅できます。~

DSC05760_convert_20111029123917.jpg
~於茂登トンネル入口の1~2kmほど手前にある底原ダムです。石垣島には合計で5つのダムがありますが、底原ダムは堤長1,331m、流域面積約5平方キロメートルもある石垣島最大級のダムです。この写真も県道87号線から撮影しました。~


*以下の内容は、2008年8月11日にタエヌがプレアデスの高次の存在とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

まだ忘れてはならぬ、いくつかの出来事があります。その中の1つは、あなた方地球人類にとってはとても大きな衝撃となっていたことである第二次世界大戦のことです。それでも、我々宇宙の存在としてみれば、あなた方がこれらのカルマをどのように果たすかということに関しては、すべてがあなた方次第になるわけですから、心から応援している愛のメッセージやエネルギーを送り続けることが、我々にできることであると認識してできうることを行っています。

あなた方の世が、一時期、暗い大きな闇の中に入り込み、自滅するのではないかと思われるくらいにネガティブなエネルギーが充ち溢れ、物質的にもこの物質地球を破壊することができるレベルまで、進化してきた地球の科学を宇宙の法の逆である平和と愛を壊すために使おうとしていたあの時がありました。(原爆を投下されたこと)まるで、日本だけがその大きな損害を受けるに至ったことで害を受けたと思ったことでしょうが、害を与えた者たちのカルマの大きさは、被害を受けた者のネガティブな波動も全て受けているので、はるかに大きなものとなっていたのです。

日本は、あの被ばくという2つのネガティブな出来事により、ようやく神性を導く方向へと全体的な体制を変換するようになっていきました。そんな、ひとつの大きなきっかけになったのです。しかし、日本人のたくさんの命を奪い、今もなおその後遺症で苦しむ人々や地や自然といったたくさんのネガティブな波動を受けている、国家としても個人としてもその責任を果たさなければならない要因国家は、その後も引き続き行っていた殺戮やそれに準ずる邪悪な行為のカルマにより、どんどん波動が下がっていて歯止めがかからないような状況が続いています。

3次元の世における指導者であるとか指導的な立場にあるグループや国家などは、残念ながら4次元以降の高次元の世においては、そのままのやり方を貫き通そうとした場合には、逆に必要のないものとして他の星の3次元の世にて魂の成長を図るために転生していく道を選択するしかなくなるでしょう。

4次元の世における指導者とは、人を抑えるわけではなく従わせるわけではなく束ねるわけでもありません。支配などという言葉は存在しなくなるのです。愛という宇宙の基本法をすべてのものが理解して普通にあたりまえのこととして実践しているために、統制とか人の罪を人が裁くとか制限とかといったネガティブなことはまったくなくなるのです。ただし、統括すべきこと、一丸となって行うこと、代表者としてまとめることなどといった人々や地球自体や宇宙の者たちとの調和を図る必要がある場合には、指導者的な存在が必要となります。また、霊的に特に大きく進化したマスターは、皆の波動をさらに高めるために、また宇宙の文明においてさらなる貢献をしていくためにも、波動を高めたり知識を授けたり霊的進化を促進したりするためには、指導者的立場としてとても大きな存在となります。

今の地球の世における、子どもたちの集う学校という場におけるにおける教師といわれる存在は、本来の理想としてはこのようなマスター的な存在として子どもたちの霊的進化をするために導く存在であることですが、残念ながら、一部の波動の高い教師を除いた多くの教師は、単なる範囲を決められた地球における常識とか固定観念とか画一化した心の持ち方とかといった、とても浅はかな部分を伝えることに終始して全力を注いでいるというのが現状です。さらにネガティブなこととして、宇宙からみたら明らかに間違った知識というものをまるで洗脳するかのごとくたたきこんでいたり、教師自体が素晴らしいことを伝えていると思いこんでその自らの行為に自己満足をしていたりする姿を多く見受けたりするので、それだったらもっと自由に個を大切にしながら、本来の子どもたちの魂に即した生き方の中で、自らが学ぶ道を選択できるように、地球の世の先輩という名の先に生まれてきた大人であるみなさんが場を整えてあげるべきだということです。

今、続々と次の世におけるマスターになるべく魂が大きく目覚め、この3次元の世の中においてもネガティブな殻を徐々に脱ぎ捨てることを人々に示して周囲の波動をも高めながら、自らの神性を表現していけるように進歩し続けています。でも、今の時点ではそのマスターとなるべく多くの人は、3次元の世においては謙虚さを増してエゴが減少する一方であるために、世の人の中においては目立つ存在として表出していないのが現状です。それでも、いつのまにか、それぞれの波動の高まりに引き寄せられる魂により、徐々に徐々にそのソウルつながりの同志を中心として、周囲の魂を引き寄せ合うことにより波動が高まるためにたくさんの集団が出来上がってきています。もちろん、この集団とは物質レベルにおける集団というよりは、波動レベルとか意識レベルとかにおける集団ですので、五感的に認知できる場合とはっきりとは認知できない場合とがあります。でも、今、指導者的なレベルまで進化している魂が、さらに他の魂を目覚めさせて指導者レベルの魂が増えていくことによって、どんどんその数も集団も増え続けています。

あなた方はどこまで意識しているかはわかりませんが、今在る世界の国々の中でも、日本という国には、この指導者的なレベルにまで達している魂を持ちあわしている人間としての存在は、地球全体の人類の中でも圧倒的に多数を占めているのです。ですから、こうして日本語でコミュニケーションを取り合えるというだけでも、すぐにでもたくさんの日本人同士が意思を疎通しあえるというのも必然ですし、言語としては世界における少数の人しか使用していなくても、次の世に暮らす人のレベルでとらえれば、もうすでに今の段階で日本語によるコミュニケーションや言霊や思念や想念により波動を高めあうことが、同じ日本に住んでいるというだけで刺激し合って波動が高まっているということになりますので、これも実は宇宙における意図された必然でもあるのです。

今一度、日本に関わる皆さんは、この日本の風土、日本人の気質、日本に古くからある素敵な慣習、神国日本の神々に対する崇拝、純粋さ、素朴さ、日本語のエネルギーや素晴らしさなど、日本人を中心としてこれまで育まれてきた日本独特な文化を、今一度見つめなおしてポジティブな要素はどんどん実生活に取り入れるように努めると良いでしょう。

日本は世界のひな型であります。もちろん、波動を高めるためのひな型です。これは、神や宇宙存在により地球がアセンションするために計画されて多年にわたって実行されてきた結果である、その必然的な成果でもあります。日本に生まれてきた方、日本に関わってきた方は、心から喜んでください。日本は本当に素晴らしい波動の指導的な国として、宇宙から見るととても順調に育っています。そして、次の世における地球をリードすべく状態が近づいてきている今、あなた方がさらに宇宙へ向けて貢献するために、本来の転生してきた目的を果たすべく、とても重要な役割に気づいてさらに全力を挙げて従事するようになるでしょう。

*上記のメッセージは、2008年8月11日に当ブログで掲載した内容を転載しました。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/





バックナンバー改訂版

愛が大きいゆえの心配・取り越し苦労

2011年10月28日
DSC05747_convert_20111028153621.jpg
~伊野田集落の高台を通る林道よりPM1時頃に撮影した、やたらと元気で林路の片車線の3分の1くらいまではみ出して埋め尽くしていたイモ系の畑と太平洋です。

DSC05692_convert_20111028135347.jpg
~今日の午前中はブログを掲載したりメールを書いたりすることを、いつもにも増して集中して気合を入れて長い時間行っていたら、気がつくとAM11時半近くになっていました。手を止めて気を休めてホッとしたとたん、急にお腹がすいてきた~と思いましたが、いつものように朝ごはんの残りの冷や飯を食べたい気分ではなかったですし、朝から秋晴れで、海も空もあまりにも美しいブルーに輝いていたので、昼食は外で食べることに決めました。そして、結果的には昼食と昼休みと気分転換と癒しとエネルギー充電を兼ねて、約2時間かけて石垣島3分の1周を妻とともにのんびりとドライブを楽しみながら写真撮影をしてきました。この写真は、我が家でよく最近立ち寄らせていただいている川平の集落内にあるおいしいパンやさんです。今日はこのお店で昼食を買い、ドライブをしながら車中で食べました。

DSC05696_convert_20111028135547.jpg
~パンを買った後、海沿いの県道をいったん自宅近くまで戻って行き、そのまま東シナ海沿いを走らせて約30分で吹通川の河口に到着しました。橋の上から海側を撮影しましたが、干潮に近かったので小さな子どもが川に入って水遊びをしていました。~

DSC05701_convert_20111028135828.jpg
~こちらは橋の反対側の吹通川とマングローブ林です。ガラリと景色は変わります。~

DSC05711_convert_20111028142238.jpg
~伊原間の漁港近くの牧草地です。あ~あ~あああああ~あ~北海道を思い出します。~

DSC05727_convert_20111028143552.jpg
~伊原間から数キロmほど南に向かった県道沿いの太平洋のビーチです。~

DSC05739_convert_20111028144710.jpg
~伊原間から5kmほど南下した伊野田の集落近くの高台より太平洋を撮影しました。手前はまだあどけないサトウキビの子どもたちです。~


*以下の内容は、2011年5月27日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「今日だけは  

怒るな

心配すな  

感謝して

業を励め

人に親切に」

この言葉はレイキの創始者臼井甕男氏が、

《招福の秘法・萬病の靈薬》として、
朝夕合掌して心に念じ
口に唱えよ

としたレイキ五戒ともいわれているものです。

最初に「今日だけは」と唱えるのは、
先々のことを考えすぎず「今」を大切にし続けることが、
ポジティブな習慣を身につけるために、
とても大切なことであるという意味もあるでしょう。

また、この五戒の最初の2つの内容である、
「怒り」の波動や「心配」の波動は、
とても低くネガティブなエネルギーを生じるために、

以下の3つの「感謝」「業を励む」「親切」という、
ポジティブな言葉よりも先に唱えることで、
そのような波動を発しないように努めることの大切さを、
表現されたのだと感じます。

この「怒る」の中には、
「イライラ」「恨み」「ねたみ」なども含まれるでしょうし、

また「心配」の中には、
「不安」「取り越し苦労」「恐れ」なども含まれるでしょう。

これらの低い波動は、
よりたくさんの福を招くためにも
より健康でいるためにも
決して味方になってはくれません。

ですからそのような意識が生じたことを、
自分なりに認識できた場合には、
できる限り早い段階でより低い波動にならないように努め、
よりポジティブな波動に変換する必要があるのです。

‘怒りの波動’は「許し」「慈しみ」「感謝」などの波動に、
‘心配の波動’は「安心」「楽天さ」「励まし」などの波動に、

意識的に変換できるよう努めることで、
よりポジティブな状況に至ることができるのです。

たとえば3.11の東日本大震災のような、
大きな災害にみまわれた方々へと意識を向ける際に、
留意したほうが良いと感じることですが、

これは愛の大きい人によくありがちなことですが、
愛が大きいゆえの気遣い・心遣いが、
上記のような「心配」の波動になってしまい、

知らず知らずのうちにネガティブなエネルギーが
生じてしまうことがあるでしょう。

さまざまな報道に触れていくうちに、
映像やアナウンサーとか専門家とかの言葉を聞く中で、
「不安・心配」とか「怒り」とかといったような
低い波動が生じてしまうこともあるでしょう。

そんな自分自身に湧きあがる
ネガティブな感情に気づいた時には、
ナチュラルな感情をそのまま受け止めて許し、

気づいて許した後には意識的に
より早い段階でより波動を下げないように努め、
よりポジティブな捉え方をするようにも努め、

結果的にはより高い波動の中で、
被災地や被災された方々や関係者のみなさんに対して、
よりポジティブな意識を向けることで、

その波動はより高い波動となり、
より愛多き光エネルギーが向けられ
癒しとなり活力となって、
よりポジティブな状況に至るための糧になるのです。

ちなみに「お気の毒に」「かわいそうに」と感じて意識を向けることを、
ネガティブな波動と思われている方もいるかもしれませんが、

実際には慈悲・慈愛の
ポジティブなエネルギーが生じていますので、
そのような意識に変換することで
ポジティブな波動に至ることもできます。

愛が大きいゆえに
気遣い・心遣いが心配・取り越し苦労というような
ネガティブな波動になりがちな1つの実例としまして、

家族や恋人などの身近な愛する人に対する、
気遣い・心遣いの仕方について述べてみます。

我が子を学校へ送り出す時、
家族を職場へ送り出す時、
愛する人の旅行の見送りをする時など、

事故にあったらどうしよう…とか、
○○は大丈夫か…などといったような、

愛が大きいゆえの気遣い・心遣いの意識が
いつのまにか心配・不安・取り越し苦労のような
低い波動の意識になってしまうことがあるでしょう。

しかし、もともとは愛の大きな意識の中で生じたものの、
結果的に低い波動を相手に向けてしまうと、
それがネガティブなエネルギーになって届いてしまうのです。

ですから結果的に今、
ネガティブな意識になっていると気づいたら
出来るだけ早くポジティブに変換した方がよいので、

「事故にあいませんように」「無事帰宅できますように」
「素敵な1日になりますように」などというような
ポジティブなアフォーメーションにして唱えたり
笑顔で元気に帰宅する姿をイメージしたりすることで

心配・不安・取り越し苦労の低い波動を向けるよりは、
ポジティブな願い・イメージの高い波動にして意識を向けた方が、

同じ愛を大きく抱いた中での気遣い・心遣いが、
より高い波動の中で意識をめぐらせることができるので、
よりポジティブなエネルギーを相手に送ることができるのです。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/





バックナンバー改訂版

ヒーラー&ヒーリングを受ける人の心得

2011年10月27日
DSC05690_convert_20111027075542.jpg
~27日(木)朝はスコールがありましたが、7時半頃には雨が止んで薄日が差しはじめました。ちょうどその時間は車で長男と長女を送り出した帰り道の途中でしたので、自宅手前約1.5km地点の県道脇に車を止めて、車中より薄日の差しはじめた川平湾を撮影しました。

今日の深夜から今朝にかけての最低気温は22.5度。涼風がそよそよ吹いていて、とっても過ごしやすく感じる石垣島の秋の朝を迎えています。日中は27度まで上がる予報ですが、石垣島における10月末のこの最低・最高気温はほぼ平年並みです。また、石垣島では日中の最低気温と最高気温の気温差は少なくて、盛夏の一日の中の気温差は平均3度ほど、他の季節は年間を通して平均で5度前後です。~

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

アセンションスペースシューリエのHPから、
これまでに何度かご依頼をいただき、
レイキ1~3の伝授も受けていただいたMさんから、

1週間の遠隔スピリチュアルヒーリングのお申し込みを
10日ほど前に頂きました。

そして1週間のヒーリングを終了した旨をお知らせする
メールを送らせていただいたところ、
ご丁寧にご返信いただきましたが、

ご返信いただいたメールを読ませていただき、
私も妻もとても感激しましたし、
素晴らしい学びにもなりましたので、

当ブログでぜひ紹介させていただき、
多くのみなさんとシェアしたいと
心からわくわくしました。

そこでメールをいただいたMさんにお願いしたところ、
すぐに返答を頂きご快諾いただけましたので、
以下に紹介させていただきます。

Mさんからいただいたメールの中には、

ヒーリングを依頼する人と、

ヒーリングを受ける人と、

ヒーリングを行う人との、

それぞれの立場のすべての人の、
根本的な心構えとか留意点とかといったような
とても大切にすべき心得であると感じられる内容が

わかりやすく端的なお言葉で凝縮して表現されていて、
素敵な気づきや学びを与えていただいたと感じ
私も妻も感銘いたしました。


遠隔ヒーリングのご依頼を受けた時点で、
1歳の息子さんが肺炎のために入院されているとのこと。

母として幼い息子さんのために無償の愛の中で
ご本人の代理でご依頼をされましたので、
私も妻も快くお受けしまして、尽力させていただきました。

ご依頼を頂いたメールの中に、

「息子は今肺炎で入院しているのですが、
ヒーリングによって自己治癒力が高まり、
健康を取り戻す助けになっていただけたらいいなと思っています。」

と書かれていましたが、
この時も「素敵な動機だな~」と感じていました。

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

タエヌ様

1週間息子のためにヒーリングしてくださりありがとうございました。

2回ヒーリングしていただいたところで
グンと体調がよくなり、

その後はみるみる元気になって
おかげさまで先週土曜に退院することができました!

とりあえず今週1週間は自宅療養ですが、
もう元気に飛び跳ねています。

当初5日~1週間で退院できると言われておりましたが、
1週間たっても退院どころか体調はほとんど好転していませんでした。

また私自身も何度も何度も息子にレイキをかけていましたが、
効果があらわれず、とても焦っていました。

実は入院する前から、
すでに具合の悪かった時点でタエヌ様に
ヒーリングお願いしようかと迷っていたのですが、

もしヒーリングしてもらっても治らなかったら…、
と思うと怖くて(最終手段をなくしてしまうようで怖かった)
なかなかご連絡できずに一人で悶々としておりました。

でもあるときふっと

「病気を治すのは医者でも、タエヌ様でも、
もちろん私でもなく、息子自身なんだ。

医者もタエヌ様も私も、
それぞれ手助けすることはできるけれども、
最終的に病気を治すのは息子自身。

息子は息子のペースで治しているのだから、
息子のその治癒力を信じていればいいんだ」

と気がつきました。

そこでようやく肩の力が抜け、
同時にタエヌ様に「治してもらう」のではなく、
「力になってもらおう」と考えることができ、
今回ヒーリングをお願いした次第です。

実際はヒーリングをやってもらったら治っちゃいました、笑。
タエヌ様とatumi様のおかげです。
お二人のお力は本当にスゴイです!

本当にありがとうございました。
atumi様にもお礼をお伝えください。
また機会がありましたらぜひよろしくお願いいたします。

Mより

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆


《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/







スピリチュアル

東日本大震災後に見られる仕事観・人生観の変化

2011年10月27日
以下に紹介いたします内容は、すでにひと月ほど前のyahooのトピックスに掲載されていた、雑誌「プレジデント」に掲載されていると思われる内容です。

今になって、ふと、ここで紹介したいとわくわく感じましたので、抜粋して引用した内容を紹介させていただきます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

~仕事観、人生観……震災は人をどう変えたか~

*プレジデント(雑誌)が9月28日(水)10時30分配信した内容より、抜粋して引用させていただきました。

《大震災後に見られた仕事観の変化》

東日本大震災を契機に、多くの日本人が自らの働き方を見つめ直し始めた。アンケートの結果を基に、どのような価値観が重視され始めたのか、震災後の労働観の変化を考察する。

■7割が家族との時間を重視し始める

東日本大震災後実施されたアンケート調査で、多くの人の仕事観や働くうえで求めるものに変化が起こっていることを示唆する結果が出ている。アクサ生命保険が、震災3カ月後に行った20~50代までの生活者約1万人を対象に行った調査があり、ここでは大きく3つのパターンが観察されている。

第一が、安心・安全などの重要性が認識されたことである。例えば、自分や家族の将来に不安を感じると答えた人が70%を超えており、さらに日本という国についての不安を感じる人はさらに多く、約80%である。また、その逆の動きとして、自分のことは自分で守るしかないという自分頼みの傾向が観察されている。

これに対して、アクサ調査で見ることができ、その後の調査でも観察される第二の変化に、社内での評価や処遇への関心の低下と、「家族・家庭」への強い志向がある。例えば、アクサ調査で震災前と後の変化を尋ねたところ、働くうえで高収入が重要だと答えた人が10%以上減少し、社内での出世や昇進などを重要視する割合も5%程度減少している。逆に増加しているので目立つのが、家族の近くで働ける仕事の重要性である。数字としては5%程度の増加ではあるが目立っている。

他の調査でも同様である。転職支援会社ビズリーチが、同社に登録している会員約1300人を対象に行った調査では、震災後に「ワークライフバランスを考え、家族とのプライベートな時間も大切にするようになった」と答えた回答者が65%もいるのである。明らかに仕事で重視する要素として、「家族のためになる」、または「家族と一緒にいることができる」という点が強調されているのである。

本誌(雑誌プレジデント)が行った調査でも、震災後、家族と過ごす時間が増えたと答えた回答者(既婚者のみ)は69%である。企業の節電対応のなかで必然的に家族と過ごす時間が増えた人もいるだろうが、多くの人が、震災後、家族との時間を重視するようになった可能性がある。

■社会貢献への意識が2倍以上増加

そして第三の傾向が、仕事の内容に関して、他人や社会への貢献や自己実現といったやや青臭い要素が重視されるようになったことである。この点は、先にも述べた高収入や昇進・出世などへの関心の低下と際立ったコントラストを見せている。どの調査を見てもほぼ同様に、仕事の社会的意義や社会的貢献、または自己実現が強調されているのである。

例えば、JTBモチベーションズが大震災から2カ月後の5月中旬に約1000人を対象に行った調査では、「社会に貢献する仕事をしていきたい」という回答が2010年12月の調査に比較して2倍以上に増えており(11.8%→27.4%)、また役職が高いほどこうした意識は強い(部長クラスで37.8%)。

同様の結果は、本誌調査でも強く見られ、1年ほど前の調査に比較して、モチベーションの源泉として「社会や他人への貢献」を挙げる割合がほぼ2.6倍増、「仕事自体のおもしろさ」を挙げる人がほぼ1.5倍増である。本誌調査は、他の調査に比べて時期が新しいので、こうした傾向が比較的持続していることがわかる。

いうなれば、仕事観や働き方についての考え方は、震災直後大きく安全・安心にふれたがその後その傾向は弱まり、そのなかで家族や家庭志向、そして社会貢献志向、社会に役に立つことによる自己実現が強いまま維持されたということかもしれない。仕事観のなかで新しく重要になってきたキーワードは、家庭・家族、他人や社会への貢献、自己実現などだろう。

ここに示したような傾向がどこまで維持されるかは、時間がたたないとわからない。だがひとつ言えることは、今回の大震災直後、多くの日本人が、自分たちの働き方について少なからず疑問をもち、「何のために働いているのか」を問いかける瞬間を経験したのは恐らく間違いない。自らの働く意味についての小さな問いが生まれた、という言い方でもいいのかもしれない。

いうなれば、これまで多くの人が何を求めて働くのかをきちんと考えることなく、なんとなく会社と仕事を選び、会社に入ってからは企業が提供する昇進や処遇を、自らの目標だと定めて職業生活を過ごしてきたのが、今回の震災はそうした選択で前提としていた大切なものを疑わせる結果となったのだろう。

またはこれまで薄々感じていた自分のなかの仕事観の変化が一挙に顕在化したのかもしれない。ここしばらくワークライフバランス議論などを通じて、仕事生活における家庭や家族の重要性が指摘され、また社会的貢献の意義などについても強調される環境で、一人ひとりに少しずつ染み込んでいたものが、大震災で一挙に現実感を帯びたのである。

やはり、仕事はカネのためにやるのでは意味がなく、家族のためや、社会に貢献するためにやるのであった……。少しずつ蓄積されていた変化が一挙に凝固したのかもしれない。

ちなみに、内閣府の世論調査によると、「何か社会のために役立ちたいと思っている」と答えた人の割合は、1990年代以降に急上昇している。80年代は軒並み4割程度だった社会貢献意識が、91年のバブル崩壊後に63.9%まで上がった。

その後は、08年まで60%台後半を維持し、10年には65.2%と若干低下したものの、全体的には高い傾向が続いている。社会貢献欲求の高まりにも予兆があったのだ。

*上記の内容は、プレジデントが9月28日(水)10時30分配信した内容より、抜粋して引用させていただきました。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/







日記

波動が高まってくると認識できる変化あれこれ

2011年10月26日
*下記の内容は、2010年12月10日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

波動が高まってくると、様々な変化を感じられるようになります。今回、自分自身の波動が以前と比べて実際に高まっている際に起きる変化を、他次元的に捉えて根本的に変化している状況と、3次元的に認識しやすい顕在意識の上で確認できるような状況とに分けて、思い付くまま以下に羅列してみました。当てはまるな~と感じる内容のある方は実際に自分の中での比較として、波動はそれなりに順調に高まっていると捉えて良いと思います。

ちなみに、あくまでも自分内での比較によって感じることですので、他者と比較するのではなく、1週間前の自分、ひと月前の自分、1年前の自分などといったように「過去の自分と今の自分」との間で比較してみてください。

もし当てはまるようなことが多くあれば、その設定した過去の自分と比べて、今の時点での自分自身が波動がどれだけ高まったか改めて気づき認識することができるでしょう。もし、あまり変化を感じられなかったら、あらゆる角度から反省して波動を高められるように努めるための参考にしていただければ幸いです。

以下の☆のあとに書かれている内容は‘根本的に変化している状況’です。
・のあとに書かれている状況は☆に書かれている内容が要因として起きている‘3次元的に認識しやすい顕在意識の上で確認できるような状況’を表現しました。

☆高い次元の意識に近づき、意識がよりポジティブになる。

・あらゆることを、よりポジティブに受け止められるようになってきている。
・ここに今在るだけで幸せに思えるようなことが増えている。(幸せに感じる負度合いが増してきている)
・花の色や香り、空や雲、鳥のさえずりなどの自然の豊かさに気づきポジティブに感じる機会が増えている。
・感謝・慈しみ・許しなどの愛の大きな気持ちになることが増えている。
・波動が下がっていると気づいた時に上げようと意識することが増えている。
・世の中の全体的かつ根本的であり重要な動きの情報をより広く知りたくなっている。
・それほど重要でないと感じられるような小さなことを、いちいち気にしなくなっている。
・わけもなくハッピーに感じることが増えている。
・ラッキー!と感じることが増えてきている。
・世のため人のために自分を生かしたくなるような意識が高まっている。
・みんな1つであると、より強く感じてきている。
・宇宙を身近に感じることが増えている。
・自然をより美しいとか心地良いとかと感じることが増えている。
・周囲がより明るく、すっきりとした感じに見えることが増えている。
・視野が広がっていると感じたりすることが増えている。
・思考がポジティブになってきている。
・心が軽やかになることが増えている。
・冷静になりリックスしている感覚になることが増えている。
・他に求めるよりも自分の中で答えを求めるよう意識することが増えている。
・自己の責任をより強く感じるようになっている。(責任感が強くなっている)
・人に対する過干渉が減ってきている(干渉しすぎないように努めている)
・人から余計な干渉をされることが減ってきている。
・人からの評価を以前よりも気にならなくなってきている。
・人に対して批判したり排除しようとしたりすることが減っている。
・人を評価したり陰口・悪口を言ったりすることが減ってきている。
・あれこれ複雑に考えすぎることが少なくなってきている。
・ものごとをよりシンプルに根本的かつ総合的に捉えるようになってきている。
・不安・心配・取り越し苦労・悩み事が減っている。(肩こりが改善されてきている)
・心にゆとりややさしさが増えていると感じる。
・外見を気にしすぎないように(ほど良く気にするように)なってきている。
・集中力が高まってきている。
・ストレスに感じることが減ってきている。(胃腸の調子がよくなってきている)
・より時間の経つのが早く感じている。
・愛という言葉を使う機会が増えている。
・直感をより重視するようになっている。
・スピリチュアルなことへの探求心が高まってきている。
・スピリチュアルな観点をより実生活で活用するようになっている。
・波動の法則・不干渉の法則・カルマの法則などの宇宙の普遍の法則をより強く意識するようになってきている。
・ワクワクする機会や楽しみが増えている。
・1人でいることもより楽しめる事が増えている。(孤独を感じることが減ってきている)
・守護霊様や神仏等の守護してくれる存在への感謝や信頼の気持ちが強くなっている。
・イメージの世界を楽しめる事が増えている。
・以前よりも物質にこだわらなくなってきている。
・他者を認めるようになってきている。
・批判・ジャッジ・余計なサポートをしてしまうことが減ってきている。
・執着や固定観念が減ってきて心が柔軟になってきている。
・より物事を根本的かつ総合的に捉えられるようになってきていると感じる。
・人の反応がそれほど気にならなくなってきている。
・生き物に対する暴力が減っている(しなくなった)。
・暴力的な芸能(スポーツ)から遠ざかるようになってきている。
・余計な気遣いをしなくなってきている。
・周囲により気を配るようになっている。
・物事への小さなこだわりが減って、心が寛大になっていると感じる。
・他者や物への依存心が弱くなっている。
・自己の判断によって選択決定したり問題解決をしたりすることが増えている。
・自分らしくいきていることを感じる機会が増えてきている。
・心に思ったことと言葉や行動が以前よりも一致していると感じられる。(表と裏が減ってきている)
・自分をよりストレートに表現できるようになったと自覚する機会が増えている。
・周囲の人からポジティブになった(明るくなった・元気になった等)ようなことを言われる機会が増えている。
・創造力が豊かになっている。
・より健康的な食生活・ほど良い運動・睡眠時間・休息を求めるようになっている。
・暇に感じる時間が減っている。
・イライラや怒りや怨むようなことが少なくなくなってきている。(腰痛が改善されてきている)
・ウソ・偽りを言うことが減っている。
・より自然体でいられるようになっていると感じられる。
・無理をしすぎることが減ってきている。
・周囲の人の感情や反応に左右されなくなってきている。
・笑うことが増えている。
・小さな出来事に感動したり感激したりすることが増えている。
・運がよくなってきたと感じる機会が増えている。
・小さな出来事にもラッキーやハッピーと感じることが増えている。

☆エネルギーが高まりオーラフィールドも広まり強まる。波動もより穏やかで微細になる。

・小さなことにも感動しやすくなる、涙もろくなってきている。
・気・波動・エネルギーに対して、より敏感になる(直感的にも肉体的にも)
・人に対して癒しとなるようなことや自分の癒しを求めることが増えている。
・浄化を心がけることが増えている。
・入浴する時間が増え、心地良く感じる事が増えている。
・肉食が減ってきている。
・自然に親しむ時間の長さが増えている。
・換気を意識したり外気を取り入れたりすることを意識的に行うことが増えている。
・刺激物を食することが減ってきている(刺激物の度合いの軽い物を食するようになってきている)。
・寒さや暑さを不快に感じることが減り、気候(温度)を心地良く感じることが増えている。
・低い波動(荒い波動・ネガティブな感覚)を感じる場を避けるようになったり、必要最低限の時間のみ留まるようになってきている。
・心地良い場所(パワースポットなど)へと意識的に行くようにして身を置くことが増えている。

☆肉体が活性化され自己治癒力も高まる。

・肉体がより軽くなっていると感じる。
・肉体がより健康になっていると感じる。
・目覚めがすっきりしていると感じることが増える。
・疲れにくくなってきたとか疲労回復が早くなっていると感じる。
・心身共に深くリラックスできることが増えている。
・寝起き寝つきがよくなってきている。
・内臓の働きがよくなっているときが多いと感じる。
・病気やけがの回復が早くなったと感じる。
・髪の毛や爪がよく伸びるようになったと感じる。
・暑さ寒さに強くなっていると感じる。
・冷え症が改善されてきている。
・アレルギーが改善されてきている。
・肩こりや腰痛などの体の痛みが緩和されてきている。

☆宇宙の法則(波動の法則・カルマの法則等)によってポジティブな現象が起こりやすくなる。

・願いがより多く叶うようになっていると感じている。
・ラッキーと思えることが増えている。
・人間関係(特に身近な人・家族)が改善してきて(より良くなってきて)いると感じる。
・触れ合う人や物事をポジティブに感じる機会が増えている。
・天気が思い通りになることが増えている。
・スピ友や共感し合える人など、気(波動)の合う知人が増えていると感じる。

*☆の内容と・の内容とが、ぴったりと当てはまっていないこともありますが、こんな感じの事が浮かんできました。より波動の高まってきている自分自身を感じるためにご活用いただけましたら幸いです。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/






バックナンバー改訂版

シリウスからのメッセージ

2011年10月25日
DSC05672_convert_20111025074856.jpg
~昨日24日(月)AM11時頃に玉取崎より、伊原間周辺と太平洋を撮影しました。~

DSC05674_convert_20111025075159.jpg
~本日AM7時頃自宅より川平湾周辺を撮影しました。朝日が空一面に広がっている薄雲に反射して、薄ピンク色の幻想的な雰囲気を醸し出していました。~

DSC05684_convert_20111025132936.jpg
~本日PM1時頃、ベランダで育てている10鉢ほどの観葉植物がありますが、植木鉢の1つを動かしたところ、鉢の陰から何やら小さな生き物がサササっと小走りに地面を這って私の足元に現れました。ヤモリ(たくさんいるので毎日のように見かけます)にしては動きが変だったのでよく見てみると、なんと4~5cmほどのサソリでした~!ビックリ!\(◎o◎)/!~

DSC05686_convert_20111025133027.jpg
~部屋にいた妻を呼ぶと「石垣島にサソリがいるって聞いてたけど、本当にいたんだ~!」と感激し、カメラを持ってきました。感激しているわりには妻は警戒して近寄れず、私もビビり気味で50cmほど離れたところから何枚かの写真を撮りました。写真を撮っているうちになんだか可愛く感じてきたので、少しずつ近づいていきましたが、ちょっと突っついて刺激したらしっぽを持ちあげてサソリ独特の威嚇のポーズ…。またまた一瞬ビビったけど、なんだかこのポーズがカッコよかったのでさらに近づいて写真を撮りました!

調べてみると・・・野生のサソリは日本の本土にはいないようですが、八重山諸島や宮古島諸島などの南西諸島では2種類のサソリが生息しているようです。この写真はそのうちの1種類で「マダラサソリ」です。成長しても6cmほどの大きさで、毒は弱いそうでミツバチ程度とのこと。刺されると痛いけど、10分くらいすれば痛みはなくなるとのことでした。ちなみに、もう1種類は「ヤエヤマサソリ」という名の成長しても3cmほどの小さなサソリで、石垣島にも生息しているそうです。~


*以下の内容は、2011年3月4日にタエヌがシリウスの同志アナザース・アフィエルとチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

まさしくその通りの状態に至っておりますから、
あなたの認識して信頼している今の世の捉え方を、
そのまま世の人に示してよいことであると、
今ここでさらに信頼なさることをお勧めします。

あの町この町で起こっている現象を、
1つ1つ、つぶさに捉えて解析するようなことは、
ほとんどがあまり意味ある必要なこととはいえませんが、

目の前に起きている様々な出来事や、
日常的に身の回りで起きていることの中には、
自らの学びとして大切なことは多分に含まれていますので、
それなりに識別してしっかりと学ぶべきでしょう。

そして世の出来事の中には
身近に感じても遠く感じても、

やはりそれなりに詳しく知っておくべきことと軽く受け止めること、
触れた次の瞬間に識別して気をそむけることなどといったように、
当然のごとくさまざまな識別を要するわけですが、

その識別をする際には、
マスコミや世の人々の注目度や重要度はあくまでも参考にして、

自分自身の識別力によって、
必要の度合いや焦点の合わせ方といった、
情報の受け止め方を自己責任を強く持ち、
波動を感じ、より直感的に選択すべきなのです。

必要な情報は、
個々の学びの度合いや波動の状況やなどといった、
個々の状況によって人それぞれ違う場合もあれば
ある程度同じである場合もあるわけですが、

いずれにしてもそれを識別して、
よりポジティブな受容の仕方を選択できるのは、
すべてがあなた自身の領域における責任を持った中での
自由意思にゆだねられているのです。

このようなメッセージは過去にも何度も繰り返し伝えてきましたし、
あらゆる情報の中から受容していることでもあるでしょうけど、

今さらまたここであらためて
こうして伝える必要を感じましたのは、

やはり今、そしてこの少し先である数ヶ月間の間は特に、

天のもの魔のもの、
陽なもの陰のもの、
真実なもの惑わす偽りなもの、

実際にはとても両極端ともいえるような、
かつてないほどの様々な情報が、
あらゆる場面から世に出回っていくはずだからです。

でもスピリチュアルに目覚めた
このブログを通して共感し合えるみなさんにとっては、
その識別をすることはとても簡単なことなのです。

自分自身の直感をより強く信頼し、
さらに真実の叡智であると信頼して、
ここまで積み重ねて得てきた
さまざまな叡智と照らし合わせることで、

ポジティブなものかネガティブなものかも、
焦点を合わせるべきなのか受け流すべきものなのかも、
必要性の度合いもスピリチュアルな意味合いも、

最終的にはあなた自身の中で識別し、
あなた自身の責任の中で受容したことが、
今その時点でのあなたにとっては
もっともポジティブなことなのです。

そしてその中から自分自身内で学びや気づき、
時には反省して改善すべき点を見出したら
ポジティブに解決するように努め、

最終結果としてすべてをポジティブにして
自分自身の中で受容するようにすればよいのです。

繰り返しますが、
まるで一見複雑のように感じるような情報も、

現実的にもスピリチュアル的にも、
根本的かつ総合的に捉えれば、
とてもシンプルで識別しやすいことが圧倒的に多いのです。

そしてもし識別がはっきりとできない場合は、
あまり強く焦点を合わせずに保留にしておけば、
必要に応じていずれ分かる時が来ますし、
それがネガティブなものであれば忘れていくでしょう。

波動の高いポジティブな情報ほど、
とてもシンプルでわかりやすく、
さらに心の中に安らぎや心地良さも伴って
愛の光とともにスムーズに魂にまで届くのです。

今このメッセージをここまでお読みいただき、
それなりの心地良さを感じていただき共感していただいた方は、
間違いなく自分自身のスピリチュアルな目覚めが、
かなり先まで進んでいるだろうということを信頼し、

ご自身の識別力が
かなり高い位置にまで高まっていると信頼され、
あらゆる物事をご自身なりにポジティブに受容されることをお勧めしますし、

さらなる向上心を持って修養に励み、
魂向上のためにこの先もますますの尽力をされますよう、
心より願っています。

シリウスの同志 アナザース・アフィエル ~魂への訪問者~より

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/



バックナンバー改訂版

ザビエルからのメッセージ

2011年10月24日
DSC05665_convert_20111023210905.jpg
~昨日23日(日)に市街地に買い出しに行く途中、ミルミル。に行ってジェラートを食べてきました。単品での注文もできますが、ダブルで注文するとこの写真のように2種類のジェラートをカップに山盛りで入れてくれます。アマンダ(次女仮名小5)の手にしているのは‘パッションフルーツ(黄色)’と‘島バナナ(白っぽい色)’味です。酸味のほどよくきいたビタミンたっぷり感のパッションフルーツも、島バナナのほのかな甘い香りとミルキーで柔らかい味わいも最高です!(私も同じ組み合わせにして食べました)

DSC05666_convert_20111023211033.jpg
~前日の土曜日に、石垣市内の小学生代表が集まっての市内陸上競技大会が行われました。娘2人の通う小学校は、全校児童が6人しかいないので、全員が代表選手として参加しました。帰宅後はちょいっとお疲れ気味ではありましたが、夕食時に「明日はジェラート食べに行くぞ~♪」という予定を発表したら、みんなで一気にテンションが上がって疲れがぶっ飛んだようでしたし、この日の朝はいつも通りにすっきりしゃっきりと目覚めたようでした。そんな感じですので、ミルミル。のジェラートは我が家にとって値段的には贅沢(ダブルで300円~400円)ですが、子どもたちの波動を高めるためにも癒すためにも重宝しています!~

DSC05669_convert_20111023211204.jpg
~ジェラートを食べて大満足をした後、市街地にあるゆらてぃく市場に行ったら、こんな形のままの島バナナが置いてありました。モンキーバナナサイズで7~10cmほどの小さな島バナナでしたが、全部で72本もあるのに値段は700円。とても安くて美味しそうだったので、デンプ(3女仮名小2)と写真を撮影して購入しました。~

DSC05671_convert_20111023211315.jpg
~デンプが持つとバナナが大きく見えますし重そうに持っていましたが、グミ(長女仮名中3)は軽々と持っていてバナナも小さく見えます。食べ頃はバナナが黄色くなって茶色い点々(シュガースポット)が斑点状に付きだした頃ですので、熟すまで1週間くらいは待つことになりそうです。んー楽しみ♪~

*以下の内容は、タエヌが2011年3月18日に、高次元の存在ザビエルとチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

明日の行方知らずとも
明日になれば分かる。

明日のことを
くよくよと思いめぐらせることしなくてもよく、

朝日の昇るごとく、
日の出ずるような思いを向けて

さらに上へと登るべく志を胸に抱き、
今に思いを強く向けつつ明日を待ち、
明日は明日の今に心強く向ければよい。

まだ見えぬ明日を憂いては、
明日を見る時に憂いの今を見ることもある。

明日を志し高く待てば、
その思いを強く向ける今を迎えることができる。

明日に何があっても、
志し高く意を強く希望を持ってのぞめば、

その思い通じる明日を
今として迎えることができるものである。

なかなか難しきことあれども、
なかなか見えぬこの先もあれども、

なかなかの中で今を見つめれば、
なかなか解決できぬことも、

今ここにあることを幸せに思い、
今ここで感謝し励ましあい助けあい
いたわりあい思いあい愛をめぐらしあえば

なかなか良き今と思えるような、
愛のめぐりあいの中で、

この世もなかなかなものと思う今を
迎えることができるものである。

成すすべもないように感じるような
混乱や葛藤の中にあるような時でも、

その時に成すすべはなくとも、
明日は成すことがありなるようになると
希望を抱き宇宙を信頼し

ただただ今めぐってきているカルマを
自らの責任で果たすものであると思い
そのめぐりを良きものにするためにも、

今に全力を向け良きものにするために尽くし、
今に明日に希望を持ち理想を抱き、

先を思い憂う人を励まし、
自らの光り輝くことで周囲を癒し、

成るようになる明日を、
希望の光で照らしながら歩み続け、
より光多き明日を今として迎えるのがよい。


《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/




バックナンバー改訂版

「わくわく」の言葉の意味

2011年10月23日
*以下の内容を最初に掲載してから、すでに早4年近くたちましたが、ここで引用しているバシャールのお話しは、私自身、数ヶ月に一度くらいの割合で読み返したくなる大好きな内容でもあります。私のブログを何年も前からお読みいただいている方の中には、すでに幾度となく繰り返し読まれた方もいらっしゃることと思いますが、とてもポジティブでパワフルな内容なので、確認のためにも、より元気になるためにも、よろしかったらお読みくださいませ。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「わくわく」という言葉は、広辞苑によると「期待・喜びなどで心がはずみ、興奮ぎみで落ち着かないさま。」という意味であると書かれています。つまり、感動とか感激とかという表現に近いものということになります。

広辞苑に書かれている意味のこの「わくわく」と表現できるようなことは、日常生活における経験の中において、時には当てはまることもあるでしょけど、割合的にはそんなに多くはないでしょう。

わくわく感じることを選択しましょう…
わくわく感に従って生きましょう…

私がブログでこのように表現している際の「わくわく」という言葉の意味合いは、上記のような広辞苑に書かれているような意味も含まれてはいますが、根本的には高次元の存在であるメッセンジャー‘バシャール’のワクワクという言葉の表現に基づいて使っています。

以下の内容は、バシャールが「ワクワク」という言葉で表現していることの意味、ワクワクの波動に関して、ワクワク感に従って生きることの大切さなどが表現されていますので転載させていただきました。 

バシャールはエササニ星の高次元の宇宙存在です。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

《以下の内容は、BASHAR②1989年 チャネラー ダリル・アンカ  ㈱VOICE より引用しました。》

私たちが皆さんにワクワクすることをやってくださいというのは、
次のような理由からです。

皆さんの「自分は誰か」という存在の表現、波動が「ワクワク」です。

自分の存在の周波数を肉体的なレベルに翻訳した言葉が、
ワクワクという気持ちになっていきます。

それが、みなさんを導いていく信号になります。

ですから、自分の歩むべき道を歩むことは、
本当は簡単なのです。

ひとりでにワクワクした気持ちが出てくるものなのです。

皆さんの文明では、何千年もの間、
本来の自然な自分に抵抗したり、
否定したりしてきました。

ワクワクするものは抑圧しなければいけない、
と学んできたのです。

なぜなら皆さんは「人生というものは辛いものなのだ」と
年上の人から教えられてきたからです。

でも、だからといって、
私たちはただワクワクしていればいいと言っているのではありません。

ワクワクしてくださいといっても、
毎瞬毎瞬、飛び上がっていなければならないということではないのです。

「ワクワク」というのは、
自分が本当にやりたいことをやっている、
やりたいことを知っている、

もしくは、非常に内なる心の穏やかさ、
心の平和がある、ということなのです。

「ワクワク」の波動は、
存在の非常に基本的な波動です。
創造的な力です。

ですから、それを感じるときには、
自分がとても強力になっていることを感じられると思います。

また、ワクワクしているとき、
自分が他の人を輝き照らしていることが分かります。

生きている光だということを、
他の人に示すことができるのです。

自分がワクワクすることを始めるとき、
二つのことが起こります。

第一に、非常に素晴らしい偶然が次々と起こります。
常に魔法のように、あるべき所に、
あるべき時に、あるべきことが起こります。

そして第二に、自分のやることが、
無理して努力するようなことはなく進むようになります。

「自分自身が誰か」を示すことを
自然にやっているからです。

皆さんが、自然な、本来の自分であるとき、
宇宙は非常に楽に皆さんをサポートすることができます。

自分の欲しいもの、必要なものが入ってこないときは、
本当の自然な自分を出していないときです。

ですから宇宙の方では、
どれを誰にあげたらいいのかまったく分からなくて、
ウロウロしてしまいます。

皆さんが本来の自分自身でないとき、
宇宙は皆さんを見つけることができないのです。

もうひとつ、こんなことがあります。

まず第一に、自分はなんのために創造されたのかを、
自分で感じとることができます。

第二に、自分はすべての創造物とつながっている、
と感じることができます。

第三に、本来の自分自身であることのお返しとして、
豊かさがすべて自分に戻ってきます。

この世の中では、非常にたくさんの人が、
自分の人生の目的や使命を一生懸命に探しています。

探すことを喜んでいる人はそれで構いません。

でも、本当に見つけたくなったら、
それは非常に簡単なことなのです。

ワクワクする気持ち、興奮する気持ちが、
どれが一番近道なのかを教えてくれます。

だからといって、今日ワクワクするものと、
明日ワクワクするものとが
同じでなければいけないということではありません。

宇宙の中でただ一つ一定なのは「変化」だけです。

ワクワクすることをやっていると、
いろいろなものはひとりでに、
どんどん変化していきます。

今の仕事や自分の持っているものとは
別なものに魅かれてワクワクすることもあります。

それでも結構です。

心に描いている大きなビジョンや夢、
そういったものに対するアプローチの仕方、
ライフスタイルも変わっていきます。

自分の使命はなにか、
人生の目的はなにかと、宇宙に祈るとき、
自分が一番ワクワクすることが答えになります。

この世界では、小さい頃から何々しなければならない、
「ねばならない」ということをたくさん与えられてきました。

自然に自分に流れ込んできたアイディアに耳を傾けないで、
社会の要請にちょうど合うようなものを探します。

社会の期待に沿うようなものを見つけても、
それは必ずしも自然なあなたと一致するとは限りません。

なぜなら根本的に、
あなた以外の人から与えられた答えだからです。

合うはずがありません。

しかし、だからといって
人からのアドバイスを無視していいということではありません。

他の人からもらったアドバイスを、
自分で、自分のために選ぶことができるということです。

すべての痛み、苦しみ、病気は、
自然な本来の自分になることに抵抗することから生まれてきます。

自分自身が非常に疲れるのは、
本当の自然な自分に一生懸命抵抗しているからなのです。

一番簡単なのは、
本当の自分になってしまうことなのです。

逆に、一番むずかしいのは、
自分以外の自分になろうとすることです。

ときには、こういうことをすぐ分かる人もいますが、
そうでない人は、一生懸命、一生懸命、自分以外の人間になろうと、
くたびれ果てるまで続けます。

本来の自分になるまでに、
どの位の時間を費やすかは
自分で決めればいいことです。

ここでひとつ皆さんに申し上げておきたいのは、
いままで皆さんがやってきたことの中で、
無駄なことはひとつもないということです。

すべてのことから学ぶことができるということを
知っておいてください。

ですから、今までの経験を捨てたり、
逃げようとしたりしないで、
その中から得た知識と共に前進してください。

そして、自分にとって、
他の人とは違う非常にユニークなやり方で
それを応用していってください。

それが、ワクワク興奮する、ということです。

それによって、あなたは満足することができます。


~BASHAR② ㈱VOICE 宇宙存在バシャール チャネラー ダリル・アンカ より引用~

*上記の内容は2007年12月12日に当ブログにて掲載した内容を改訂して転載しました。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ブログ開設一周年おめでとう!!
いつもわくわくポジティブな気分を味わえるタエヌ愛読&お勧めブログ
くるみ♪さんのブログ⇒‘水色のくに☆虹の橋’

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/






バックナンバー改訂版

スピリチュアルな目覚めが進むにつれて

2011年10月22日
DSC05633_convert_20111022105453.jpg
~本日22日(土)AM10時半頃に、雨上がりの曇り空で風がほどよく吹き続けて涼しく感じる天候の中、自宅周辺で約15分間のプチウォーキングを楽しみながら写真撮影をしてきました。この花は自宅目の前にある小学校の正門近くに咲いていました。~

DSC05635_convert_20111022105710.jpg
~小学校脇の坂を100mほど登った所にあるバナナの木に実がなっていました。~

DSC05636_convert_20111022105911.jpg
~坂道を登った高台から撮影した4階建ての自宅賃貸マンションと東シナ海周辺です。なんだかスピリチュアルっぽい感じのマンション前にある白いドーム型の建物は、単なる住人共有の物置小屋です~

DSC05646_convert_20111022111209.jpg
~自宅から500mほど離れた高台の小道沿いに育っているゴムの木です。6~7mほどの高さがあります。私は千葉に在住していた頃に、観葉植物として育てていましたが、天然物は生きの良さと迫力が違います。~

DSC05643_convert_20111022110531.jpg
~ゴムの木の向こうはこんな景色です~

DSC05654_convert_20111022111724.jpg
~そして、反対側の裏山はこんな感じのジャングルになっています~

DSC05656_convert_20111022111925.jpg
~坂道を下って1本下の道を歩いて自宅に向う途中に咲いていました。白いハイビスカスの花はなんとなくセクシーな感じがします~

DSC05660_convert_20111022112137.jpg
~木に覆われた薄暗い感じの軒先に、白く輝いて咲いていました~

DSC05662_convert_20111022112319.jpg
~本日ラストの写真は自宅すぐ近くの民家の軒先に咲いてい、た真っ赤で大きくゴージャスな感じのハイビスカスです!~

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

*下記の内容は、2011年3月5日にタエヌの書き下ろした内容の改訂版です。

やっと片言で話ができたり、
日常的な会話を少しだけ理解できるようになったような、
まだ幼い子どもに対して、

いきなり連立方程式の説明をしようとしても、
それは無理だとすぐにあきらめてしまうでしょうし、
たとえ説明を始めても子どもはすぐに飽きてしまい
興味もすぐに示さなくなるでしょう。

でも成長するに従って言葉を覚え数字を覚え、
さらに加減乗除の計算を理解してから連立方程式を説明をすれば、
興味を示したりスムーズに理解したりする可能性は高いでしょう。

また同様に幼子に対して、
「人間の赤ちゃんはどこから来てどうやって生まれるの?」
という問いかけに答える時、

おとなとして得ている知識をそのまま話をするよりは、
まだ今の知識や心の成長の段階として適しているのは…
と、その状況に合わせて説明する方がポジティブであると感じ、
「コウノトリさんが運んでくるんだよ」と伝えたとしても、

これはウソをついたというよりは
相手の発達段階に合わせた答えを伝えた
ポジティブなことと言えるでしょう。


‘○○の母’と称されている占い師が、
煙草を吸いながら相談者と話をして、
いきなり罵声を浴びせたり手の平や棒で身体を叩いたりしても、
相談者なりにポジティブに感じていて

「本気で叱ってもらえて嬉しかった。」

「見えない世界も信じたいと思った…。」

などといった魂向上のために、
ポジティブな学びや愛情を得たと感じているような場面を、
何度かテレビで放映されている画面で見たことがあります。

私は暴力や喫煙や怒りの感情は控えた方が良いのでは…
と少しネガティブに感じるような場面もいろいろありましたが、

その相談者にとっては自分よりも少し高い位置にある師と出会い、
自分自身の魂の位置や波動などの個性の中では、
今の段階にぴたりと合ったアドバイスを受けたのだと
ポジティブな状況と捉える事ができているように感じられました。

でもきっとこの相談者に対して、
とても愛の大きいスピリチュアルマスターともいえるべき
はるかに高い位置に魂のあるような人が、

アセンションの話をしたり
目に見えないような宇宙の法則を話したりしても

見えない世界も実際に在ること、
見えない生命も実際にはたくさん存在していること、
地球以外にもたくさんの生命体が存在していること…etc

といったような基本的なことを
最低限の基本的な知識を得ていなかったり
信頼度が薄かったりしていれば、
そして波動の高さが大きく違っていて、
うまく波動が合わないような場合には、

その話の内容にたとえ興味を示したとしても、
理解したり気づきや学びを得たりすることは、
とても難しいこととなるでしょう。


地球上に存在している人すべては、
自らの魂を向上させることを目的として、
今こうして地球上に転生して実生活を送っています。

ですから顕在意識で自覚していてもそうでなくても、
元来すべての人は魂を向上させたいという強い意識を
無意識や潜在意識も含めた意識のどこかでは、
必ず強く持ち続けているのです。

そして宇宙が1つにつながっていることも、
すべての存在が深く大きい愛のめぐりに中に在り、
宇宙の法則に則って生きていることも、
その中で助け合いほどよく依存し合って生きていることも、
基本的な叡智としてすべての人の意識の中に持ち合わせているのです。

だから本来すべての人が波動を高めていけば、
自らの魂の波動に近づいていくために、
潜在意識や無意識ベルでは熟知しているスピリチュアルな真実を
少しずつ思い出していくのです。

「スピリチュアルに目覚める」とは、
自分自身の意識の中の奥ではすでに知っている
さまざまな宇宙における真実の叡智を、
顕在意識でも思い出したり
気づいたり理解して信頼したりすることなのです。

ただしこの目覚めは個々の状況に合わせて
無理のないペースで起きるものなのです。

いきなり多くのことを思い出しすぎてもその情報に埋もれてしまい、
ポジティブに処理することは難しくなるでしょう。

でも今の世に生まれて経験を積み成長するにつれて、
一つずつ言葉を覚え知識が増えていくように、

スピリチュアルな目覚めも、
その人の波動に合わせて、
個々の魂の状況に合わせて、

時には一気に大きく目覚める時があっても、
多くは少しずつ無理なくよりスムーズに
よりポジティブな状況で進んでいくものなのです。

そして周囲の人よりも早くスピリチュアルな目覚めが進み、
よりポジティブな人生を歩んでいると自覚し、
愛をより多くめぐらせ調和も進んでいく中で、

人は愛する人や親しい人やご縁のある人に対して、
自分自身の叡智や愛の光を分け与えたいと感じるために、

その人なりにサポートをしたいとわくわくしたり、
世のため人のために自分をより役立てたいと感じたりするのです。

そしてスピリチュアルな目覚めが進むにつれて、
波動が高まり愛が大きくなるにつれて、
そのようなわくわく感はどんどん膨らんでいくのです。

そしてそのようなわくわく感が湧きあがっているような人は、
3次元的にはっきりとわかるような何か行動を起こしていても、
たとえそのような自覚が薄かったとしても、

謙虚に地道に、でも着実に確実に、
言葉や行動だけではなくて波動・エネルギー的にも

身近である家族や親しい知人に対してや、
オーラ圏内に在るものすべてに対して、
思いや願いをめぐらせたり祈ったりしたことで、

思念やヒーリングなどの意識的に行うことでも、
ただそこに在るだけでも光を放ち、
実際には多くの愛の光をめぐらせているのです。

またその中で、もし話をすることによって、
スピリチュアルな目覚めを促進させたいと感じたり、
相手からそのような話をする機会を求めてきたりしたような場合には、

相手のスピリチュアルな目覚めが進んでいることを共に喜び、
自分の大切なお役目であると意識しせいいっぱいの尽力をし、
不干渉の法則や波動の法則なども意識した中で、

わくわく感に従ってさらなる目覚めをサポートするために、
相手の個性や状況に合わせて叡智を伝え、
そのお役目を果たすために尽力すればよいのです。

でも、もし話をするような機会が訪れなくても、
自分自身の魂向上のための修養をさらに積み重ねつつ、
縁あるすべての人のご開運とご多幸を祈念し続けながら、
その機会が来るのを待ち続けていれば良いのです。


ライトワーカーの1つの仕事として、
何か特別なスピリチュアルな関係のことを実践したり、
人に対して指導したり示したりすることは、

今の世の今の時点では、
そのような特別なお役目を持っている人にとっては、
そのお役目を果たそうとすることは大切なことですが、

ライトワーカーのすべての人に共通している仕事は、
知識として得たスピリチュアルな真理をよりポジティブに活用し、
自分自身の在り方を通してより多くの光(愛)をめぐらせて、

必要を感じたらわくわく感(直感・魂意識)に従って
世のため人のため地球のため宇宙のために尽力をしつつ、
自身の魂向上のための道を歩み続けることなのです。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/



バックナンバー改訂版

ナチュラルな感情について

2011年10月21日
DSC05628_convert_20111021124637.jpg
~本日21日(金)の正午頃、街に出た帰り途中に県道沿いの見晴らし台より撮影した崎枝湾です。自宅から3~4km離れていて川平湾の隣にあります。~

DSC05626_convert_20111021124519.jpg
~♪この~木なんの木 気になる木~♬っていう感じの、南の島っぽいおもしろい形の木を石垣島内ではよく見かけます。~

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

人の肉体は3次元世界においては、
とても現実的なものであり、
とても認識しやすいものではありますが、

実際にはこの肉体の周囲には
他にいくつかの‘体’(エネルギー体)が存在していて、
肉体的にも感情や直感などの意識・精神面に対しても、
さまざまな影響を与えています。

その‘体’とは肉体に近い順から、
エーテル体、アストラル体、
さらに、メンタル体、コーザル体と称されているものがあって、

3次元的な視覚としては見えにくいものですし、
5感的に認識しずらいものでもありますが、

実際には私たち個々の波動や在り方などの個性に対して、
とても大きな影響力があるものでもありますし、
その人自身の魂の状況も記憶もすべての個性が、
その体の中には含まれているものでもあるのです。

この体の中でもエーテル体とアストラル体は、
3次元世界のみならず4次元や5次元世界ともつながているものであり、
感情や記憶や直感などを顕在意識にもたらしているものでもあります。

つまり、私たち3次元世界で生きている人にとっては、
さまざまな感情が湧きあがる根源は、
このエーテル体やアストラル体で感知し、
生み出されたものでもあるのです。

これらの‘体’を霊的能力が高いような人には、
いわゆるオーラと称されるようなエネルギーの色として見えたり、
今世の過去や過去世などの記憶や感情などが表出して、
それなりに認識できる場合もありますので、

他者のことをリーディングする際には、
このオーラを読みとるケースが多いわけですが、

自分自身の感情や今世の記憶や過去世の記憶を、
自分なりに認識できているその根本は、
エーテル体やアストラル体から送られてくる必要な情報を、
自分自身で読み取って活用している状態なのです。

ちなみに、アストラル界はたくさんの階層がありますが、
上層は5次元世界に位置していて、
下層アストラル界は3次元世界にも位置していますので、

アストラル体で生じる感情には高い波動のものもありますが、
3次元的なネガティブなものも生じることがあるのです。

そして今こうして3次元世界に身を置いている私たちに、
ネガティブな感情が生じて顕在意識にわき上がるのは当然のことでして、

この状況はアセンションして高次元のエネルギー状態になり、
個人内の状況も完全に4次元以上に至るまでは、
多少なりともネガティブな感情が湧き上がることが、
当然のこととして続いていくものなのです。

ですから、悲しみや怒りや不安などといったような
3次元世界特有のネガティブな感情を必要のないものであり、
邪魔で邪悪なものであると思ってすべてを排除しようとしたり、
自分にはそのような感情が湧きあがらないと思いこもうとしたりすると、
逆に無理することでネガティブな波動を生じてしまいがちですし

感情が希薄になっていく自分を
波動が高くなったと勘違いをしてさらなるエゴを増やすよりも、

愛が大きいからこそ生じるネガティブな感情もありますし、
自然体でいるからこそ様々な感情が湧きあがるともいえるわけですから、
そんなリラックスしている自分を認めて許し、

まずはわき上がる感情を
そのままナチュラルに受け止めてから識別して、
ネガティブに感じたことをポジティブに変換してから
受容したりめぐらせたりする方が、

今のこの3次元の世をポジティブに生き抜くには、
有効である場合が多いはずなのです。

以下は私個人の話になりますが・・・

3.11の東日本大震災に関する報道は、
約7ヶ月の時間が経過しているために
少しずつ減ってきてはいますが、

テレビのニュース番組や新聞やネットなどでは、
当時やその後の情報が流れています。

私はこのような情報に触れるたび、
震災当初も今も様々な感情が湧きあがりますし、
自分自身のナチュラルな感情をストレートに受け止めています。

肉親を亡くして悲しんでいる人の映像を見れば、
悲しみやつらさや憐みなどの感情が湧きあがりますし、
時には思わず涙が流れることもありました。

人が助かったり助け合ったりしている映像を見れば、
喜びや慈しみや感動等の気持ちが湧きあがりますし、
時にはしばらく涙そうそうになることもありました。

そしてこのようなさまざまな感情をストレートに受け止め、
ポジティブな感情はそのまま受容しつつも、
ネガティブな感情が湧きあがる自分を慈しみ許し、

結果的には悲しみやつらさなどのネガティブな感情を
できる限り励ましや慈しみなどの
ポジティブな感情に変換するように努めてから
受容したり意識をめぐらせたりするようにしています。

私はこのように様々な感情が湧きあがる自分を、
それなりに大きな愛ある中で湧き上がる感情であると自負し、
そんな自分を今は大好きでいますし、

まだまだネガティブなことも多くある今の世において、
まだまだネガティブな面の多い自分を認めて許し、

ネガティブなものが自分にあると気づいた時は
できるだけ早くよりポジティブなものに変換するように努め、

ネガティブさとポジティブさの両面のバランスを
よりポジティブに保てるように努めつつ、

人のため世のため地球のため宇宙のために尽力し、
魂を向上させるために励み続けたいと思っています。

*上記の内容は2011年5月19日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/






バックナンバー改訂版

信頼度と愛の大きさとの比例関係

2011年10月20日
人は個性があり自由意思を持って生きている中で
物質的には個々に分離して実生活を送っているために、

3次元的な思考の中では、
自分と他人とはまったく別であると思っている人が多いのです。

しかし実際には深い領域においては
宇宙のすべてが1つにつながっていますから、

人同士もお互いがほどよく依存し合って調和され、
宇宙のすべてが成り立っているのです。

そして愛が大きくなり魂が高い位置に近づくにつれて、
自分も他も本来は1つにつながっていること、

つまり宇宙すべてが1つであることをより強く思い出し、
それにともなってお互いの信頼度も増していくものなのです。

他への信頼が強く、自分への信頼も深いものは、
実際には愛も大きくめぐらせているもの。

愛をより多くめぐらせているうちに、
自分への信頼度も他への信頼度も、
よりバランスよくより強く高く深くなっていくものであり、

信頼関係は愛によって成り立つものなのです。

より自己愛が大きくなれば
自分自身への信頼度は増し、

より他への愛を大きくめぐらせれば
他への信頼度は増し、

それに伴って他から自己に対する信頼度も増すものなのです。

そして自分への信頼度と
他への信頼度がバランスよく増し続け、

自己愛と他への愛とが
よりバランスのとれた状態で、
より大きく広がり続けるほどに、

その愛は宇宙をめぐり、
あらゆる宇宙の存在からもより愛されて、
より強く深く信頼されていくものなのです。


*たとえば自分がポジティブであると識別した情報を、
どれだけ信頼できるのかというその信頼度は、
識別した自分をどれだけ信頼できるかどうかに関わってきます。

そして同時に、情報を提供してくれた
他への信頼度にも関わってきます。

そこには自己愛や他への愛、
そして必然の学びの場を与えてくれている、
宇宙に対する愛・信頼も関わってくるのです。


*人は神の一部ではありますけれど、
神そのものではありません。

神からは一時的に分離するような状況を選択し、
神よりもはるかに波動を下げて、
個性を持った人間として
今こうして3次元世界を生きている限り、

神の一部であり、
神の一部であるすべての魂とはつながっていて、
お互いがほどよく依存し合って生きつつ、

あらゆるものとの調和を保つよう努めつつ、
個々が自己責任を重んじ自由意思であらゆることを選択し、
ほどよく依存し合って助け合い分かち合いながら

完全である神に近づくために、
不完全である自らの魂を高めるために、
今こうして3次元世界に私たちは在るのです。

ほどよく愛のバランスが保たれている中で、
より愛が大きくめぐるほど真実の感謝や信頼や調和の度合いは、
比例するようにして増していくものなのです。

そこに物質的なことがどこまでからむのかは、
やはりその人自身の個性や在り方や波動のレベルで違うわけですが、

往々にして自分の所有する物質の有無や、
3次元的で表面的な物事の状況に
波動の高低が大きく左右しすぎるような人は、

せっかく3次元世界で修養するために転生してきたのに、
3次元世界である物質世界の領域に埋もれてしまっていて、
神の波動領域から離れることを選択してしまっている場合が多いのです。

でも3次元世界は物質世界であるわけですから、
他次元的な意識と3次元の現実世界とを
よりバランスよく調和を保ちながら
よりポジティブに生きるように努めることや、

自分の言動により大きく責任を持ちつつ
宇宙の真理をより強く重んじながら、
周囲とのバランスや調和を
よりポジティブに保つように努めることは大切なことなのです。

常に人は一人で生きているのではなくて、
あらゆる存在とほどよく依存し合いサポートし合いながら、
今の世をこうして生きていることができているのですから、

神をはじめとする自分を護ってくれたり、
サポートしてくれたりしているすべての存在に対して、
たとえ五感的に認識できてもできていなくても、
深い領域においてはすべてが1つにつながっていることを意識し、

常に感謝や敬意や慈しみなどの愛の気持ちをめぐらせることは、
とてもとても大切なことなのです。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/






バックナンバー改訂版

シリウスより愛をこめて その6

2011年10月19日
DSC05608_convert_20111019083727.jpg
~昨日の我が家の夕食に出した石垣島産のフルーツ2種類を紹介します。スターフルーツ(ゴレンシ)は切り口が星形になっているのが名の由来です。この写真のスターフルーツの大きさは10~12cmです。歯ごたえはシャキシャキしていて、ジュースやサラダや生食やジャムなどにして食べられています。昨日は、薄く星形に切ってサラダ(レタスとキャベツとコーンとワカメ)に乗せて食べましたが、和風ドレッシングにも合っていてとても美味しかったです!(ゆらてぃく市場で3個入り1袋300円で購入しました)~

DSC05616_convert_20111019084823.jpg
~約3~4cmの大きさのシークワーサーです。我が家では絞り汁にオリゴ糖を混ぜてジュースにしたり、ドレッシングに混ぜて食したりしています。ビタミン、クエン酸、ノビレチンなどの有効成分が入っていて栄養価が高いフルーツです。(ゆらてぃく市場で約20個入り1袋150円で購入しました)~

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

*以下の内容は、2008年11月28日にタエヌがシリウスの同志とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。


カルマは完璧に働きます。カルマとはすべての物事を指します。良いと感じること、良くないと感じること、さりげなくやり過ごしたことなど、あらゆる事象のすべての波動はカルマとなって返ってきます。

人のカルマとは、その人自身の行動や意識などにおいて、自己の責任の下での自分の行いすべてが自分自身に返ってくることです。愛を与えれば愛を与えられます。罪を犯せば同じような波動の低い出来事が返ってきます。高い波動の情緒を発すれば高い波動の情緒が返ってきます。人に嫌な思いをさせれば自分も嫌な思いをします。カルマは完璧に働くのです。

地球における3次元の世の人間は、これまでの地球上の歴史において、死を選ぶことにより肉体から魂を分離させ、地球上に転生したそれ以前の記憶のほとんどすべてを顕在意識から消した状態で、またあらためて肉体をまとって地球上に転生することを選んでいます。これが、輪廻転生といわれることでして、今、地球上で存在している人の多くは、このようにして生まれ変わって地球の世を旅しているのです。

3次元の世の人は、一つの人生において地球に存在しているうちに、あらゆる物に対して愛着がわき、執着となる場合が多いのです。また、家族や隣人などの人に対しても、物事に対しても同様です。本来は、もう必要がなくなっていたとしても、次のステップを歩んで魂を向上させる道よりも、愛着や執着のある物事やその時の固定観念や価値観を大切にしすぎてしまい、さらに上にあるものに気づかなかったり、波動が合わなくなっているにもかかわらず家族とか友人とかというしがらみから抜け出せずに、波動の法則に反してでも関係を続けようとしたりするのです。

3次元の世の地球の人が死を選択するのは、このような執着や固定観念や価値観などをいったん忘れて魂の状態に戻り、再び転生することによって、あらたなるステップを歩むための転換をするためなのです。そのためには、前の人生を覚えているよりも、覚えていない状態の方が都合良いのです。だから、潜在意識や無意識の領域では覚えていても、ほとんどの魂における過去世の記憶を顕在意識に表出させること、つまり思い出すことができないのです。

それでも、実際に過去世を思い出さない方が、今世をより最良で快適な魂向上を目的とした旅になるというような記憶は、それほど多くはありません。また、知る必要のないことは知ることはできませんが、今世において過去世を知っても旅がネガティブにならないことであれば、その人の波動の状態に合わせて必然的に過去世を知る機会が与えられるのです。ですから、過去世を知ることはネガティブなことではないのです。自らの記憶が呼び起こされたり、人との出会いによって相手から過去世を知らされる機会があったりして、自らも納得できたり実感できたり少しでも思い出したりした過去世は、知る必要がある機会が訪れたために知ることができたという、必然なのです。

今世におけるカルマは、今世におけるすべての自らの行いを思い起こせば知ることができるでしょう。しかし、過去世におけるカルマは、多くの場合は知ることができないのです。そもそも、知ることができないというよりは、転生する時に、顕在意識の中の記憶を奥にしまいこんで思い出せないようにすることを、自らの魂の意思によって選択したのです。

今世の人生を振り返ってみても、それほどネガティブなカルマは思い浮かばないのに、身の周りのできごとがネガティブなことがめぐり続けると、ふと過去世におけるカルマなのではないかと疑いたくなります。そして、過去世におけるカルマを知りたくなります。このような状態になった時、やはり知る必要があれば、自らの魂の記憶を思い出したり信頼する人から聞いたりするなどの結果、知ることができる場合もあります。しかし、実際は知ることができない場合がほとんどなのです。また、思い出したつもりであったり知ったつもりになっていたりしていても、偽りである場合もあるのです。

では、なぜ過去世におけるカルマが今世に持ち越していてしまい、そのことを知らない場合が多いのかといいますと、知らないでいてもカルマを果たすことができるからなのです。ポジティブなカルマでしたら、さらにポジティブなカルマをめぐらせれば良いのです。ネガティブなカルマなら、少しでもポジティブに変換して、ポジティブなカルマに昇華するように努めれば良いのです。これを、目の前に起こるすべての出来事に対して、今世も過去世も関係なく、ひとつひとつをよりポジティブな波動になるように対処していけば、どのようなカルマであっても、結果的によりポジティブなカルマに変換してめぐらせることのみ意識していれば、全てのカルマがポジティブなものに昇華されるのです。

人によっては、現在のネガティブなカルマは過去世からきていることに気づき、その過去世を探ることに対して躍起になりすぎてしまい、かえってネガティブなカルマを作ってしまう人もいます。また、過去世というものはスピリチュアルなことであり特別なことであるという固定観念から、過去世のカルマをポジティブに変換するためには、修業とかスピリチュアルといわれる部類のメッソッドや技術など、何か俗世間から離れた特別なことを行わないといけないのではないかという方向に走ってしまう人も少なくはありません。実際に、その方が気づきや目覚めが進んで波動が高まったり、より真実である過去世を知ることができるたりすれば、その方が早く解決する場合もありますが、実際にはそんな特別なことをして、かえって3次元の世における人間関係や物事の中で不調和を起こしてしまったり、他にも楽しみがあるのに犠牲にしてしまったりするなどのネガティブなカルマを作ってしまうよりは、普通に実生活を送る中で、目の前のことをひとつひとつよりポジティブに対処しようと意識して習慣にするほうが、とても大切なことであり重要なことでもあるのです。そして、実生活の中で習慣にしてしまえば、その後に同じようなネガティブなカルマを作ることを選択することはありませんし、とても楽天的に日常生活を過ごして、自然にさらなる波動を高めるためのわくわくする選択をし続けようとします。

少し極端な話になってしまいましたが、何も修行とか瞑想とかスピリチュアルヒーリングとか過去世のリーディングとかといったあらゆるスピリチュアルな観点や行動をしない方が良いといっているわけではありません。このようなことは、波動を高めるためにはとても素晴らしいことであるわけですから、無理なくわくわく感に従って調和のとれた中でおこなうのでしたら、必要なことであり大切なことでもあります。ここで伝えたいのは「過去世にこだわりすぎなくても良い」ということと、たとえネガティブなカルマが過去世に起因していると感じたとしても「カルマを昇華させるために特別なツールやメソッドにこだわりすぎる必要はない」ということなのです。

つまり「今」をより大切にしてポジティブに生きていれば、過去も未来もすべてがポジティブなものになります。あまり過去のことにこだわりすぎず、あまり先の分からない未来を求めすぎず、理想は常に追い求めつつも、心にはより多くの愛を持ち続け、目の前である「今」ある道を、1歩1歩よりポジティブに歩き続けることが大切であるということです。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/






バックナンバー改訂版

地球人類の肉体と意識の次元

2011年10月18日
DSC05589_convert_20111018125137.jpg
~今日18日(火)のAM11時頃から正午頃までの間、自宅から最も近いビーチのピゲカゲ浜(吉原海岸)まで散歩しました。今日は10m以上の北東の風が吹いていて海も荒れていました。野底マーペーや周辺の山々もいつもよりかすんで見えました。

DSC05590_convert_20111018125353.jpg
~ピゲカゲ浜に向かう途中の小道で出会った、石垣島と西表島に生息していて主に7~11月に発生する体長約5cmのイワサキゼミです。自宅周辺でもあちこちでにぎやかに鳴いています~

DSC05596_convert_20111018125537.jpg
~石垣島や竹富島ではよく見られるスジグロカバマダラです。他にも、今日だけでアゲハチョウ科やシジミチョウ科やタテハチョウ科などの10種類以上の蝶々に出会うことができました。

DSC05591_convert_20111018125455.jpg
~海が荒れて4mほどの波・うねりがあるために、リーフサイド(サンゴ礁と深場の境目でサンゴ礁が隆起して浅くなっている場所)は、白波や大波が立っていました。でもリーフ内の海水の流れは早いですが、波はぽちゃぽちゃ程度です。~

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

*下記の内容は、2010年6月10日にタエヌが書き下ろした内容の改訂版です。

スピリチュアルな情報の中で、すでに地球は4次元もしくは5次元の中にあるとか、すでにアセンションしていて肉体も意識も4次元もしくは5次元にあると認識されて表現されている方がいらっしゃいますし、同様に感じられたり、この情報を信頼されたりしている方もそれなりに多くいらっしゃるかとも思います。これは私の個人的な捉え方になるかと思いますが、実際に私はそのへんのことを言葉で言い切ることが難しいと捉えていますし、私もはっきりとはわからない部分もあります。

でも、次の2点に関しましては、私は真実であると確信しています。

1つは、今、私たちがまとっている肉体に、痛みを感じたり、疲れや苦痛を感じたりしている状態である現状。自分の肉体から魂を分離すること、つまり死の時期をコントロールすることができなかったり、肉体の状態を自由に自分の意識でコントロールできなかったりしている現状。これは、まだ3次元特有の肉体の状態であるということ。つまり肉体自体はまだ3次元にあるということであるという証拠であるともいえるということです。

ただし、波動が高まっている人は、徐々により高次元に存在できる肉体に変化している最中であることも事実なので、みんな同じ状態であるというわけではなく、同じ3次元の肉体とは行っても個々によって、3.1次元の肉体である人もいれば3.8次元の人もいるでしょうから、3次元の肉体とはいってもとても幅がありますが、肉体からネガティブなものを生じない「完全な4次元の肉体でない」ことだけは確かであると私は認識しています。

もう1つは、愛の大きさ、慈しみ、スピリチュアルな意識の広がりなどといった、高次元的な意識が高まり、高次の意識状態に至っている人が急増していることはわかっています。しかし、まだ地球表面上にて3次元世界に適応するための肉体を持ち、3次元意識である怒り、悲しみ、不安、嫉妬、痛み、苦痛などといった低い波動のネガティブなものも持ち合わせてバランスを保っているのも事実ですので、完全に高次の意識には至っていないということ、つまり意識はまだ3次元にある、3次元意識もそれなりに残っていると私は捉えています。

また、コミュニケーションの手段も、言葉や文字によるものが今はメインになっています。でも、4次元以上の意識と肉体へ完全に至ると、そのような物質的・五感的なことに頼らず、時間も距離も関係なく、テレパシーによってコミュニケーションをとることができるわけです。

ただし、3次元に意識はあるとはいっても、これにも肉体以上に幅があって、実際には意識が3~5次元、もしくはそれ以上という大きな幅の中にあり、例えばある人が多くは4次元意識の中にあるけど、時々3次元以下の意識の中のネガティブな部分が表出するとか5次元意識も表出する・・・といったような、あいまいというか幅の大きな表現に至るような状況の方が多いかと思います。ですから、完全に4次元や5次元の意識ではありませんが、完全に3次元意識というわけでもありません。まだ、完全に高次の意識には至っていないために、高次の意識を持ちつつも、3次元以下の意識も持ち合わせているといえるのです。

ちなみに、ここで述べている意識とは、主に顕在意識を指していますので、3次元の肉体を持ち合わせた状態で表出している意識ということになります。実際には潜在意識・無意識レベルである、現在地球に人類として存在している者の魂本体の次元は3~7次元の人が多く、中にはあまりにもネガティブなことをしたために1~2次元に落ちてしまっている魂も、今の世に地球人類として存在しているのが事実です。ですから、五感レベルでは3次元の世の人とひとくくりに認識できても、スピリチュアル(霊的・霊性・本質)なレベルでは、1~7次元という幅広い魂が3次元の肉体をまとい、魂を磨き合うために混在している状態が今の地球の世であるといえるのです。

これらのことから、もうすでに地球はアセンションしていて、意識は4次元以上にあるとか、肉体も本当は4次元以上に至っているとか、そのように言い切ることは難しいと捉えています。かといって否定するわけではなく、そのような部分もあるとか、完全に高次の状態に至る直前にまで進化してきている人が増えてきているとかとは認識しています。

ちなみに、私の今の時点での捉え方としましては、完全に4次元以上の状況に自分自身の肉体や意識が至ったと感じる基準は、肉体に痛みや疲れを感じなくなり、肉体を自由に自分の意識によってコントロールでき、肉体と魂の分離である死を自らが選択することができ、怒りや悲しみや不安や嫉妬やエゴといったネガティブな意識を自他ともに認識できず、すべてが愛と自由と平和と至福感のなかに包まれていると認識できた時であると思っています。また、自らの魂が記憶しているすべての過去世を思い出すことができ、アカシックレコードなどの宇宙の叡智とつながり、本来持ち合わせている様々な叡智を自分の知識として活用することもできるのです。また、クリスタル基盤になり、肉体的に不足している部位は再生され、不調の部位も改善されたと自他ともに認識できた時であるとも思っています。

この移行期間の最終段階である今、より高次の意識の中でバランスを保てるように努め、肉体もより健康な状態になるように配慮し、波動を高めることでさらなる高次のエネルギーを与えていただき調和されることを願い、日々の日常生活をよりポジティブに生きること、よりポジティブなことを習慣にすることに努める必要があります。

このことをもう少し具体的に述べますと、肉体のバランスをよりポジティブに保つために、睡眠時間や休息を必要と感じるだけの時間を取るようにしたり、程よく肉体が活性化するような運動や深呼吸等をしたり、より自然の中に身を置いたり芸術に触れたりするなど身も心も癒されると感じることをしたり、栄養やエネルギーのバランスや時間の感覚などを配慮してよりポジティブな食事をとったりするなど、あまり無理することなくポジティブに感じることを習慣にするまで意識的に努め、より健康でいられるように配慮することによって、肉体の総合的な波動が高まります。そして、今の地球上にはまだまだネガティブなエネルギーとポジティブなエネルギーとが混在している中、波動の法則によってより多くの質の高いポジティブなエネルギーを肉体に与えられるようになるために、肉体の密度はより繊細になり、4次元の肉体に近づいていくのです。

また、意識の状況も同様に、より波動の高い意識でいられるように努め、よりネガティブな意識を少なくしていられれば、その分、ポジティブなエネルギーをたくさん得ることができるために、ますます意識の波動は高まって愛に満ちていきます。そして、この肉体の波動も意識の波動も、両方がバランスよく高まれば高まるほど、より高次元の状態に近づき、意識も肉体もあらゆる高次元のエネルギー体も調和されていき、その人の個の全体的な波動は高まっていくのです。

そして、全体的に、より高次の状態で調和が保たれていくにつれて、顕在意識における幸福感も充実感もさらに増していき、気がつくと、ネガティブなことが生じない状態にまで至っていて、完全に3次元世界を抜け出して高次の存在に至っていることを認識できるのです。

完全に高次元の状態に至れば、練習などしなくても、ナチュラルな意識の中で思念・テレパシーによってコミュニケーションを図れるのです。他者に伝えられなくても、自分自身が高次元の状態に至っていることを、自分の意識の中ではっきりと認識できるようになるのです。


PS.ちなみに、今回の記述では、意識と肉体とを同等の割合のような感じで表現していますが、個々の全体的な波動を高めるためには、実際には意識の波動の方が圧倒的に影響力は強いです。意識によって肉体をコントロールすることはできても、肉体によって意識をコントロールすることはできません。しかし、どんなに意識が高まっても、3次元世界に存在して3次元の肉体をまとっているかぎりは、肉体もとても大切ですし、意識をさらに高めるには肉体とのバランスをよりポジティブに保つ必要があるのです。ですから、物質である肉体自体に対しても、意識的にバランスを保てるよう配慮する必要があるということなのです。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/







バックナンバー改訂版

顕在意識で認識したことをどのように扱うのか

2011年10月17日
DSC05574_convert_20111017081750.jpg
~竹富島のコンドイビーチにて~
昨日16日はアマンダ(次女仮名小5)の誕生日でした。そこで、アマンダが誕生日の過ごしたい場所のリクエストとして竹富島を熱望したので、昨日の午後に私と2人でフェリーに乗って竹富島に行ってきました。北風が強くて海も荒れ気味の今にも雨の降りそうな天気でしたが、結果的には竹富島にいる間は雨に降られることはなく、サイクリングを楽しんできました。

DSC05579_convert_20111017082034.jpg
~コンドイビーチで出会った子猫ちゃんといっしょ~
なぜ2人だけで竹富島に行ったのかといいますと…3女デンプ(仮名小2)は、市内の各小学校の代表1名ずつの児童計20人が集っての童話お話し意見発表大会という催しがあって、その大会で舞台発表をすることになったので参加してきました。そこで、妻と長女は応援に行き、別行動となりました。また、シュー(長男仮名高3)は八重山総合駅伝大会があって、高校の駅伝部も参加しましたが、シューは地元の川平チームの一員として出場しました。

DSC05580_convert_20111017084933.jpg
~星の砂を見つけましたが、小さな水晶のかけらも発見しました~
舞台発表会も駅伝大会も市街地で行われたために、市街地のほぼ中心あたりに位置する離島ターミナル近くの駐車場で待ち合わせをして、家族6人が車に集合したのは午後5時近くになりました。その後、本州から知人が旅行で石垣島に来て下さったのでみんなで会いに行き、ご挨拶したりこれまでにいろいろとお世話にもなった御礼もしたりお話をしたりお土産を頂いたりして、短い時間ではありましたが素敵なひと時を過ごしました。そんな感じで昨日は家族6人それぞれが個々なりに充実した1日となりました。


*以下の内容は2011年5月30日に当ブログに掲載した内容を改訂して転載しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「顕在意識で認識したことをどう扱うのか」
その識別の仕方や活用の仕方によって
その人自身の波動は大きく違ってくるでしょう。

たとえば、直感的に認識したことを信頼して活用するのか、
それとも思考の中で3次元的な根拠を
それなりに立証できないからといって活用しないのか…

たとえば、病気になってしまった時に
その意味を自分なりにスピリチュアルな観点でも探るのか
それとも医者に強く依存したり薬で治すものと思ったりするだけなのか…

超感覚的なこととかスピリチュアルなこととかというと、
とても特殊な能力を持ち合わせている人や開花した人だけが
身に付けていて顕在意識で認識できて活用できるものと
思いこんでいる人や思いこませている人もいますが

実際にはすべての人がスピリチュアルな感覚も持ち合わせていて
3次元的なである5感(視覚・聴覚・触覚・臭覚・味覚)で
それなりにはっきりと認識したことをどう扱うかによって

実際にはスピリチュアルなことである
感覚や気づきや直感やインスピレーションを
どう扱うのかといったことと深くつながってもいるのです。

場面によってはチャネリングしたり瞑想をしたりして
意識的にインスピレーションを得るとか
霊的感覚を研ぎ澄まして霊的状況を認識するとかといったような

霊的能力を特別に使い5感と霊感とを合わせて
3次元的に認識しずらいような状況を認識する際には
それなりに特別な識別力や霊能力を身に付けている人が
情報を得たり活用したりすることができると言えるでしょうけど、

まだ今の時点ではそのようなことは多くの人が
日常的であるとは思っていないことであるために
今の世においてはとてもスペシャルなこととして
ある意味で別物のようにも扱われていることが多いと言えるでしょう。

もちろんそれはそれとして大切にして
自分で認識できたことも他者から伝えられたことも
自分なりに識別してポジティブに感じたことは
受容して活用すれば良いわけですが

そうでない日常的に自分自身で感じている
5感的に見たり聞いたり安らぎや痛みとして
はっきりと感じたりして認識していることや

自分の思考とか気づきとかと思っていることなど
3次元的にもはっきりと顕在意識で認識できることの中に

何らかのインスピレーションや直感等の
スピリチュアルな感覚によって認識できたことや
スピリチュアルな意味合いや気づきが
多分に含まれていることも多々あるということなのです。

それをスピリチュアルであることと3次元的なこととを
はっきりと分けて認識できるのかどうかは
スペシャルともいえるような高いな能力や識別力が
それなりに必要になる場合があるでしょうけど

多くの場合はあえてそのように分けて認識する必要はなく
実際には両面を併せ持っているものであるとより強く信頼し

5感や思考などで認識したことすべてを
どのように識別して活用するのかといった
「顕在意識で認識したことをどう扱うのか」が大切なのです。

顕在意識で認識したことを
よりポジティブに扱うために大切なことを
ここで3つ挙げてみます。

1つめは「自分自身が3次元的にも認識できるすべてのことには
スピリチュアルな観点での意味もある」
という原則をより強く信頼することです。

言い換えれば「波動の法則,カルマの法則,
その場の波動・エネルギーなどのスピリチュアルな状況の中で、
そのスピリチュアルな状況に見合った結果として、
5感で認識できるような3次元的現象は生じる」と捉えることです。

2つめは、「必要なものは必ず手に入る」ことを信頼することです。

言い換えれば「今の時点で必要なものは今の時点ですでに手にしている」
と信頼することです。

あえて見えないようなものを見ようとしすぎたり
あまり感じられないものを感じとろうとしすぎたりすると、
それなりに無理を生じたりバランスが崩れたりするなど、
ネガティブな波動が生じてしまう可能性が高くなってしまうのです。

それよりも、今、自分自身が認識できていることが
今の自分にとっては必要なことであり、

その認識している範囲内のことを
あらゆる側面から最大限にポジティブに認識するように努め、

その認識できたことを知識や学びとして得たり
ポジティブに感じることを活用したりするようにした方が、
明らかに波動は高まる可能性が高いのです。

もちろん、もっと知識を得たい、情報が欲しい、
スピリチュアルな認識力も高めたい等、
願ったり、探し求めたり、行動に移したりして尽力したりするような、
向上心を抱いて前向きに努めることも大切なことではありますが、

そのような先のことや
今はまだ認識しづらいことに強く焦点を当てるよりも、

今認識できていることの中で、
より直感的に、よりナチュラルな感覚の中で、
より根本的かつ総合的に捉えようとすることの方に焦点を強く当てた方が、
今の時点ではよりポジティブであるということなのです。

そして3つめは「物事をスピリチュアルな観点でも捉えようとする
‘意識を持つ’こと。‘意識を向ける’こと。」が大切になります。

人が経験していることすべては
何一つ無駄になるようなことはありません。

すべてが魂向上のために必要な経験であり
そこから得た気づきや知識などの学びは

自分自身の意識の持ち方や
受容の仕方や活用の仕方の選択次第で

ポジティブなものにもネガティブなものにも
どちらにもなる可能性があるのです。

かといってすべてが重要であり
すべての経験から様々な学びを得るべきだというわけではなく
大切なこともあればあっさりと感じる程度で良いこともあり

しっかりと記憶にとどめた方が良いものもあれば
できるだけ意識から削除したり
深く知る必要のないようなこともあります。

そういった識別力を養うことも含めて
1つの経験からよりポジティブなものを得るためには
より根本的に、より総合的に、3次元的にも他次元的にも、
大きな観点で捉えようとする‘意識を持つこと’が必要になります。

そしてそのような意識を持っている中で、
そのような‘意識を強く向けること’が必要になります。

たとえば急に寒さを感じた時に
そのような大きな観点で捉えようとする意識を持って向けた際に
ただ単に気温が下がった事だけが要因であると認識した場合には
それがすべてであると捉えればよいわけですし

でももしそう認識して上着を着たのに
まだ寒気のようなものがとれず
さらに意識を持ち意識を寒気に向けてみたら

近くにいる人の波動が思いきり低くて
そこから感じる邪気のエネルギーが寒気のように認識されたと捉えれば
その人から離れることを選択すれば解決するでしょうし
それで寒気がおさまればその認識したことは真実であったと確認できるでしょう。

このようなスピリチュアルなことの1つである
波動やエネルギーを認識したり活用したりすることは
こういった1つ1つの大小様々な経験を積み重ねながら
自分自身の意識の中でより確信しながらより識別力を高めて
より有効に活用することができるようになっていくものなのです。

このように何が何でもすべての経験の中には必ず深い意味があるとか
スピリチュアルな意味を認識できないとポジティブでないとかといったような
そんな極論的なことをいっているのではありませんが

すべてに関してそのような意識を持って意識を向けるように努め
それが習慣となって日常的になっていくにつれて識別力はより高まり
よりポジティブな学びを重ねたり活用したりすることができるのです。

最後にもう1つ、これはすべてに関して意識すべきことでもありますが
何かを認識するために深く追求しすぎたり
相手の領域の中にまでも入り込み過ぎたりするような
「過干渉をしすぎないように努めること」は
スピリチュアルな観点ではとても大切なこととなります。

これは「不干渉の法則」として
高次元の世界では調和を保つための
大原則ともなっていることの1つですが

たとえば先ほどの例に挙げたことのように
他者から強い邪気を感じるまでは
自分の領域内ぎりぎりの中での識別になりますが

相手に意識を強く向けてしまい焦点を合わせることで
その邪気の意味合いや質などといった
相手の領域のことを探ってしまった瞬間から
実際には過干渉となってしまうのです。

どこまでがポジティブな意味合いでの不干渉なのか
どこからが過干渉になってしまうのかといったようなラインは
その人の判断によっても相手との関係によっても
ケースバイケースでもあるわけですが

このような「不干渉の法則」を意識しているのかどうか
またその意識をどれだけ強く持っているのかといったことで
結果的にその場の波動やその人自身の在り方は
徐々にそして大きく違ってくるものでもあるのです。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/




バックナンバー改訂版

宇宙への貢献 ~高次からのメッセージ~

2011年10月16日
DSC05571_convert_20111016080345.jpg
~今朝7時半頃に自宅から1kmほど先にある県道沿いの展望台より川平湾周辺を撮影しました。手前はサトウキビ畑です。今日も曇りがちで時折小雨も振っています。今朝の気温は23~24度。北風が強く吹いているので、涼しくて過ごしやすい朝となっています。

*以下の内容は2008年7月22日に、タエヌが高次の宇宙存在とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

宇宙に漂う愛のエネルギーは、途方もないようなたくさんの魂やエネルギー体により育まれてきたものです。あなたがたの知っている歴史やあなたがたの知識の中で、その愛の深さや親密さを語ろうと思っても、言葉としてではどのように表現して良いのかがわからなくなるほど、その美しさや素晴らしさを伝えることはなかなかできないものでもあります。それくらい、素晴らしいものなのです。

今のこの日本の時間帯では、宇宙と地球とのエネルギーバランスにおいて、最も近づける時間帯になります。午前3時半という日本の時間帯では、多くの方が眠りについています。あなた方にとっての睡眠は、とてもポジティブなものであります。それは、ただ単に休息するということだけではなく、ほとんどのみなさんが魂のふるさとである多次元的な世界に帰ったり旅したりしながら、この3次元の世において使ったエネルギーを補充しているのです。そんなあなた方のエネルギーがとてもポジティブになっている時間帯であるこの頃は、日本近辺のエネルギーが、1日の中では最も波動の高いものとなっています。だから、高次元の存在はこの時間帯が最もあなたがたとつながりやすいのです。

まだまだあなた方を私たちが保護したり援助したりすることが多くありますが、これももうじき最低限のことしか必要でなくなることでしょう。言い換えれば、あなたがたの知らない所で、私たち文明世界のものたちが援助をする必要がなくなるということです。つまり、あなた方と私たちとは、お互いを知った上でのお付き合いができるわけですし、あなた方の文明の発達によりあなた方の手によって、地球のバランスもあなた方の生命のバランスも保つことができるようになるからです。

アセンションに向かっている今のこの地球の世においては、もうすぐそこまできている関係上、あらゆる変革が成されていきます。その中でも、物理的な事柄の変革と同時に、あなた方の意識の変革も並行して行われています。時には一気に大きく目覚める人もあれば、徐々に気付かない内に目覚めていく人もあります。最も多いのは、徐々に目覚めつつ、目覚めを自覚している方はふと振り返ってみると、少し前の自分と今の自分とではこんなにも意識が変容し、高い次元に近づいていくことに気づいて、その素晴らしさを感じるということです。

目覚めた人は、自分の目覚めが進むにつれて周囲のまだ眠っている魂を目覚めさせたくなります。また平行して、目覚めた者同士が引き寄せ合って、縁が広がり目覚めた者同士の絆が深まっていきます。目覚めさせようとしても眠ったままでいることを選択している魂には、それはその魂の選択であるということを認識し、目覚めさせたいという愛の気持ちと目覚めてほしいという希望の光を与えるまでを目覚めたあなたの仕事だと割り切って、あとは相手の選択を自分の位置から見護ってあげるということが理想的なお付き合いということになります。そして、同じように目覚めていく者同志がつながった場合は、お互いにどんどん目覚めていく楽しさや素晴らしさといったポジティブなエネルギーを交わらせることにより、さらに深めあってめぐらせることにより、その高い波動のエネルギーを地球に還元していくのです。

今の時点では、このように目覚めた者同士の結合による集合的エネルギーによって、地球のエネルギーはどんどん高まっていっています。それは、宇宙の予測をはるかに超える勢いです。もう、それを止めようとしてもだれにも止めることはできません。ひとつの目覚めたことによる高い波動のエネルギーがもうひとつの高い波動のエネルギーと交わって結合し、さらなる高い波動のエネルギーが湧き上がった時、単純に1プラス1が2であるのではなくて、2の2乗倍という数値になるほどのエネルギーの高まりがあります。ですから、このように目覚めた者同士が自覚し合いながら手を結ぶことは、地球がよりスムーズにアセンションするためには、とても重要なこととなるわけです。

この手を結ぶということにおいては、いくつかのパターンがあります。最もわかりやすいことは、目覚めた者同士が直接会って話をしたりエネルギーの交換をしたりすることです。また、電話やメールでやり取りをするとかといったことでも、手を結んだことになります。さらに、手を結んだという自覚は薄い場合が多いかもしれませんが、本を読むとかブログを読むとかといったことによっても手を結ぶことができます。それには必要不可欠であることとして、共感するということが伴った場合に起こります。

目覚めを多かれ少なかれ自覚した者は、すでに今まで以上に大きな責任が果たせられます。つまり、地球や宇宙とより一体となっていることを自覚してきているわけですから、その自覚の度合いと並行して、宇宙のため地球のために、地球のアセンションを意識しつつ波動を高めていきアセンションをよりスムーズに行うための一員として、さらなる飛躍をしていく責任が生じていくことになります。

その責任上、根本的なこととして、次の2つのことを意識して実生活を送る必要があります。1つは、自分の波動全体をより高めていくことです。目覚めたあなたの波動を高めることは、周囲の波動を高めることにつながります。あなたがたとえ強く意識しなくても、あなたの波動によって周囲を癒し刺激し包み込み、周囲の人も場も物事もあなたの波動によって高めたり浄化したりすることができるのです。もう1つは、あなたが今世において出会うべき同志との出会いを果たすために旅をするということです。先ほど述べましたように、波動が結合することによる波動の広がりはとても大きなものとなります。これは、低いもの同士が結合しても同様ですが、もはやそのような結合はどんどん崩れて離れていっています。あなた方が行うべきことは、高い波動同志の結合です。その結合が2人よりも3人と増えていけば、その2乗倍の量と質のエネルギーが湧き上がり放出されます。それが10人、100人と増えていけば、とてつもない量と質のエネルギーになっていきます。

先ほど述べた旅ということに関しましては、あなたがたの認識するような物質を移動させる旅ばかりではありません。そのようなことに加えて、文字霊の旅、言霊の旅、を本やインターネットなどを通して行うこともそうです。エネルギー体の旅、意識の旅、イメージの旅といった多次元的な旅も入ります。そんな努力をすることが、どれだけ地球のため宇宙のために役立っているか、あなたがたの想像をはるかに上回っていることを私たちは知っています。ですから、それほどその偉業を行っていることに気づいていない多くの皆さんに対して、知っている私たちには伝える義務や責任があります。

まもなく、日本のみなさんの多くの方が目を覚ます時間帯である朝が進んでいきます。あなた方が毎日無意識の中で行っている睡眠から目覚めるように、あなた方の魂に記憶されている宇宙意識がどんどん目覚めていくことを期待しています。そして、目覚めたことを自覚したら、さらなる目覚めをすることにより、さらに宇宙へと貢献してくれることを期待しています。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/




バックナンバー改訂版

マシュー君のメッセージ(50)

2011年10月15日
これまでに何度も紹介しています森田玄さんのブログ「玄のリモ農園ダイアリー」に載せていただいたマシュー君からの新しいメッセージの和訳文です。

このメッセージを送ってくれたマシュー・ワード(Matthew Ward)君は、1980年に17歳で亡くなっていて、それ以来、お母さん(スージーさん)のチャネリングを通してさまざまなメッセージを送ってきているのです。

マシュー君は太陽系のもっとも高い菩薩界磁場相に存在する意識体で、さらに上なる銀河系磁場からの情報を伝えてくれているようです。

以下、森田玄氏が10月14日付で「玄のリモ農園ダイアリー」http://moritagen.blogspot.com/
に掲載してくださった内容を転載いたします。森田玄さんには、心より感謝いたしております。

***************************

マシュー君のメッセージ(50)

2011年10月10日

ガイアのメッセージ、”アラブの春”、止めようのない変化の勢い、反対ではなく賛成の気持に集中する、集合意識、道先案内人として知識を分け与える、黄金時代の暮らし、自己発見、惑星配置、第四密度以降の肉体、テレパシー初心者への導き

1. マシューです。この宇宙領域にいるすべての魂たちからこころからのご挨拶をします。僕の母が秋分の日のメディテーションに参加し、聖なる金白色に輝く地球のビジョンをこころに描いていると、「どうか私の言葉を記録してください」という声が聞こえました。以下のメッセージをあなたたちと分かち合うのは僕たちの大きな歓びです。
           ____________________

私はガイアです。あなたたちが地球と呼ぶ惑星の魂です。あなたたちと同じように、私も気が重くなったり、晴れ晴れと感じたりできるのです。長い間私は泣いていました。私のこころが粉々に壊れていたからです。私の人々がお互いに憎しみ合っていました。私のからだは血でまみれていたのです。私はもう泣いていません。なぜならうれしいことがたくさん、感謝することがたくさんあるからです。

私の光はまだ完全にパワーを取り戻していません。私のからだはまだバランスを回復していません。それは私の子どもたちにまだお互いを憎んでいる者たちがいるからです。その者たちには愛がありません、憐れみがありません、そして調和と敬う気持がこころに流れていれば、違いがあるからこそ素晴らしいという理解がないのです。

でも、私はとてもうれしいのです。なぜならかつてこの宇宙で誰もしたことのない旅をしているからです。私は家に帰るところです。そして私がしっかりと迅速に前進する手助けをしてくれている光を掲げているあなたたちは私と一緒に旅をしています。私たちが供にしているこの旅を超えるものを想像できますか?私たちのアセンション以上にワクワクするものを想像できますか?私にはできません。

私は今日、あなたたちすべてに私からのお礼を伝えたいとあなたに話すことを求めました。たくさんの魂たち、転生して参加できる数の3倍もの中から、あなたたちは選ばれたのです。このようなレベルの光の奉仕作業はこれまで行われたことはありません。この宇宙でこれまでで最高の壮大なショーに私たちは参加しているのです。私は謙虚な気持とともに、素晴らしい仕事ぶりに計り知れない満足感も味わっています・・コンティニュアム(時空連続体)では、私たちの仕事は完了しています。

私たちの旅がつづくにつれ、たくさんの驚くような素晴らしいことがあなたたちと私たちのこの世界を待ち受けています。あなたたちはもうすでにその多くを知らされていますから、それを想像して楽しみにしていてください。でももうすぐやってくる素晴らしい時代に実際に暮らすことがどんなものかは、あなたたちには想像もできないでしょう。

この宇宙にいるすべての存在たちがこの成り行きをいま見守っているのです。あなたたちは知っていましたか?そのような巨大な観衆は想像すらできません。あらゆる光の魂たちが私たちに声援を送っています。ですから、神からの喝采に値する経験のような素晴らしいショーをこれからも見せてあげましょう。私のこころはあなたたちと供にあります。あなたたちへの私の愛は満ちあふれるばかりです。
     ___________________________________

2. ガイアのあなたたちへのメッセージは僕たちにとっても格別貴重なものです。僕たちはこの愛する魂に最高の敬意を払います。それはこの宇宙全域にいるほかのすべての光の存在たちも同様です。僕たちは、彼女の代々の住民たちが耐えられないほどの精神的と肉体的な苦しみを彼女にもたらした長い暗黒の時代のあいだの彼女の揺るがない勇気と彼らへの無条件の愛を知っています。彼女が言ったように、彼女のからだがまだバランスを回復していないことを僕たちは知っていますが、彼女の精神がいま高揚しているのも知っています。その光景を見るのは本当にうれしいです。

3. 僕たちはまた別の素晴らしい美しい光景が見えます・・あなたたちの精神です。あなたたちはたくさんの重大な変化がいま起きていることの証拠を長い間待っていましたね。もしあなたたちが地球のアセンションという視点からいま起きていることを見れば、これまでの我慢が報われていることが分かるでしょう。けれども、ほとんどの人たちが第三密度の眼で、彼らの経験とこれまで見てきた、あるいは教えられてきた世界歴史に照らし合わせて出来事を捉えているのは当然のことです。

4. 例えば、多くの人々が諸外国による”アラブの春”への介入を自分たちの利益のため・・石油資源の支配そして軍と多国籍企業の権益拡大・・だと見ています。たしかに貪欲で利権に飢えた人間たちはそのような思惑があるでしょうが、それは高次のレベルの目的ではなく、そのような結果にはならないでしょう。抑圧的な法律のくびきを投げ捨てようと闘っている人々に支援が与えられましたが、それはただ、助けがないと勇気ある闘士たちの使命が宇宙で命じられた通りにうまく果たされないからです。彼らの既得権益に対する蜂起を促している啓示と彼らを援助する決定は、地球が通り過ぎているエネルギー領域の波動に対するポジティブな反応です。

5. そのエネルギーの指向流(ストリーマー)は、世界変革に向う止めようのない勢いをもったたくさんな流れの一つにすぎません。ほかには世界経済がありますが、それはいま瀬戸際にあって、すでにイルミナティの思うようにはならなくなっています。国民の要求によって、大変革が必要な政府はそうなっています。そして新しい統治機関が必要とされる安定化のためにはたらいています。アメリカ合衆国では、ウォールストリート占拠運動が拡大しています。国内と国際的な紛争に対して平和的な話し合いを強調する声が増しています。クリーンなエネルギーと環境保護政策、そしてこれまで国民が変化は無理だと諦めていた不正を終わらすことを求める署名用紙が世界を駆け巡っています。地域社会のリーダーたち、各グループ、家族たちが困っている人たちの支援をしています。物品と仕事を交換することが、多くの困難な状況を乗り越え対処する助けになっています。

6. このような活動すべての根底には、自分たちは”普通の人”と思っている人たちが目を見張るような仕事をしていることがあるのです。たぶんその人たちの中で世界中と宇宙で起きつつあることを理解している人はわずかでしょう。でも大多数の人々はただこころからわき上がる声にしたがって、すべての領域の腐敗と不平等に反対して行動しているのです。そして気づいた人たちが大勢の人々のために歩く道を開いています。

7. あらゆる改革運動の参加者たちによって生まれたエネルギーが、それらの活動を気持や精神から応援している人々全員のエネルギーと一緒になって、これまでになく明るく輝く光となって観察できます。これは本当にうれしいことですが、重大な変化が疑いもなく進行中であるからといって、あなたたちがしっかりと光を保ちつづけることが必要ではなくなったわけではありません。あなたたちの光は絶対に必要で貴重であり・・不可欠で・・それはこれまでと変わりありません。

8. ネガティビティ(破壊的エネルギー)に根ざした状況に果敢に反抗しているすべての人たちの願いのエネルギーは光に溢れているので、それは地球の可能性のエネルギーの場にそのように記録されます。多くの参加者たちは怒り、欲求不満、恨みが動機となっています。それはたしかに理解できるのですが、そういった状況への彼らの思いと感情のエネルギーは可能性のエネルギー場にはネガティビティとして記録されます。その結果として、人々のその活動から生まれるエネルギーが”同じ”エネルギーを引き寄せ、彼らが反対しているものをかえって長引かせることになっています。

9. あなたたちの世界にいま変化を求めて野火のように浄化しながら急速に広がっているたくさんの運動にあなたたちと僕たちがワクワクしていますが、誰もがそう感じているわけではありません。やっかいなイルミナティは、彼らが不正に蓄えた想像を絶するほどの巨大な富を何としても守ろうとしているだけでなく、同じ頑強さで、バラバラになった権力にしがみついてなんとしても手放そうとはしないでしょう。絶えまなく送られている光を彼らが執拗に拒否するために、彼らは自分たちが創造した闇の中に生きています。でもそのために彼らがまもなく認めざるを得ないことが見えなくなっているのです。それは彼らの努力が無駄だということです。彼らの時代は終わったのです。

10. ほかにも光を受け入れることに強情に抵抗している者たちがいます。彼らは古いビジネスの流儀で成功したために、いまでは彼らが社会的、職業的、金銭的な成功だと考えている外見だけの価値と浅薄さにはまっています。ずっと昔に自分のスピリチュアルな面とのつながりを失ってしまったために、彼らはその居心地よいライフスタイルを妨げるような変化には抵抗するでしょう。

11. このように、しばらくの間は数多くのソース(発信源)からのネガティビティ(破壊的エネルギー)が、あなたたちの世界に起こるあらゆることを創造する地球住民たちの思考、感情、行為の強力なエネルギー場である集合意識に入って行くでしょう。

12. 過去数千年にわたって、その集合意識は闇が簡単に地球上の生命を支配するがままにしてきました。7、80年前、その集合意識が揺れ始めたのです。はるか彼方の宇宙文明人たちから送られたきた莫大な量の光によって人々に新しい考えと感情が沸きあがって来たからです。次第に彼らは受容と従順から”当局”の知識と真意を疑うようになりました。それが自分たちの人生の運命を向上させよう、同じ想いの人たちを支えようという決断に成長して行きました。それらの自然な段階的成り行きすべてが、人々をこの意識的な気づきと行動の時点にまでもたらすのには必要だったのです。

13. 長い間の停滞した状態に劇的な変化をもたらしている高い波動エネルギーが、かつてないほどに人々の気持を開いています。けれども、多くの人たちは思考と感情のパワーの知識といったようなスピリチュアル(霊的)な明晰性にはまだ到達していません。彼らは、嫌なことばかりに気を取られているかぎり、本当に望むものは叶えられないことに気づいていません。

14. 多くの読者の方々から僕の母に質問が来ています。
自分の使命を知らずにどうやって地球を助けることができますか?
あなたたちの中でリーダーになるために来た人はほとんどいません。何百万のあなたたちは教師として、道を導く人として来たのです。あなたたちが光を生きることで、あなたたちが発するエネルギーが周りの魂たちに触れ、その意識を突ついて疑問を持たさせるのです。答えを求めて来る人たちと知識を分かち合ってください。これは説教とか布教といったものではありません。それでは反発するだけでしょう。人が興味を示す程度に合わせて情報を提供するのです。ネガティブではなくポジティブに考え、感じることがどれだけ重要であるか言い過ぎることはありません。

15. こころにビジョンを描く方法は引き寄せの法則よりもよく知られているかもしれません。もしもう戦争を欲しないのなら、平和をこころに集中しなさい、といった例を挙げるのも役に立つでしょう。政府の腐敗をこれ以上なくしたいのなら、叡智と道義的誠実さをもった指導者をこころに集中するのです。貧困をなくしたかったら、溢れ出る豊かさをこころに集中するのです。

16. もちろん、想像する、絵に浮かべる、ビジョンをもつ、思う、という言葉もこころの集中と同じ効果があります。そして人が欲することに沿ってなにをこころに描いたらよいか示してあげるのも役に立つでしょう。例えば、誰にでもよい暮らしとして、たくさんのあらゆる年齢と人種の健康そうな人々が笑顔で美しい公園を散歩し、色あざやかな遊び場では子どもたちが笑っている様子を想像してみてください。生き生きとした野菜畑と食べ物が置かれたテーブル、木々と花をつけた灌木、元気な生徒たちで溢れる学校と大学のある豊かな隣近所を想像してください。

17. 自然環境の保護と傷ついた大地と海の再生には、クリスタルのように透き通った空と海と、砂漠が以前そうだった森林に覆われた緑の大地の地球を想像してください。

18. あなたたちはすべての動物たちに人間的な扱いをして欲しいと思っています。では、あらゆる種の動物たちが草原で草を食べ、お互いと人間たちと平和に交わっている様を想像してください。

19. 個人が興味を示す程度に合わせて、それらや数知れないほかの素晴らしいことはすべて地球の黄金時代の一部であること、そしてその時代を創造しているのは地球人類の集合的概念、願い、行為だということを伝えてください。

20. クリーンで安全なエネルギー源、公平公正な法律、安定した世界経済と世界の豊かな資源の公正な分配、新しい交通、通信そして建設手段があるでしょう。

21. あらゆる国のインフラが健全に再整備されるでしょう。国から国への旅行には何の制限もなくなるでしょう。働きたい人にはだれでも仕事が与えられ、より多くの休暇が全員に与えられるでしょう。課税は公平に行われ、給料と賃金も同じように公平に支払われるでしょう。あなたたちの世界の正しい歴史と宇宙の法則が教えられるでしょう。あらゆるレベルの教育が誰にでも手の届くようになり、博物館、ギャラリー、劇場、コンサート、スポーツ大会の入場料も手頃な価格になるでしょう。テクノロジーは急速に進歩するでしょう。

22. それらのすべての向上化とあなたたちの世界の暮らしを計り知れないほどに高める多くのことが、集合意識の中で具体化しつつあります。現実的な話をすれば、それらはいま計画中あるいは実行される段階にあります。
(黄金時代の暮らしについては、2008年7月のメッセージにある”2012についてのエッセイ"に詳しく書かれています。)

23. さらにもっと深遠な経験があなたたち一人ひとりを待っています。神、あなたたちがこの宇宙の崇高な存在をほかのどのような名前で呼んでいるとしても、との永遠のつながりを感じるようになるでしょう。そしてあなたたちは兄弟姉妹なのですから、僕たち宇宙ファミリーのふさわしい位置につくでしょう。

24. あなたたちはコンティニュウム(時空連続体)の中に生きる経験をすることになります。そこではあらゆる転生が同時に起きているのです。そして地球とエネルギーレベルが適合する世界との間を行き来するでしょう。霊体の魂たちや肉体をもつ宇宙文明人たちと自由にテレパシー通信するようになります。そしてあなたたちは自分の思うことを形に表わせるようになります。

25. あなたたちがすごいパワーをもった多次元的存在であること、そしてそのすべての知識と才能はあなたの魂の持ち物であることを知るでしょう。難しい秘伝的な修行や外部教育などは必要ありません・・それらの自己発見は、あなたたちが光をしっかりと生きてスピリチュアルに進化するにつれて自動的にもたらされます。

26. ではなにが黄金時代にはなくなるのかを言いましょう。恐れ、あらゆる種類の汚染、宗教的教義、暴力、死刑と刑務所、男性優位、社会的身分制度、あらゆる生命体への残虐行為、マインドコントロールと偏狭な精神、欲望、嫉妬心、妬み、欺き、偏見、腐敗、有毒な化学物質と薬品、政治演説と役所仕事、むやみな破壊、病気、怒り、冷酷さ、差別、手前勝手と利己主義、不正直さ、軍事思考、兵器、依存症、ポルノ、ホームレス、奴隷貿易、メディアコントロール、独占企業などです。

27. 第三密度世界に蔓延(はびこ)ってただあなたたちの気持を喜ばせているだけのそれらの行動、性格と状況はもうすぐ消滅すると僕たちは言っているのです・・それらの低い波動エネルギーは間近にせまっている第四密度世界では存在できないからです。そこで、もしあなたたちがたくさんの人々に苦しみをもたらしているそのような態度や状況にこころを悩ませていたら、あなたたちが願うことだけを考え、そして行動するようにしてください・・愛、調和、親切さ、思いやり、健康、豊かさ、お互いの尊敬、寛大さ、助け合い、歓び、協力、正直さ、許し、感謝、恐れないこと、などです。

28. 愛・・あるいは同じエネルギーの光・・のパワーであなたたちの集合意識がつくられるようになったら、あなたたちの暮らしと世界はどんなに素晴らしいでしょう!

29. では、あなたたちが気になっているほかの問題について話しましょう。まず、日本の破損した原子炉からの放射能の長期的影響、遺伝子組み換え食品、ワクチン接種、さまざまな汚染の有毒物質についてはどうか心配しないでください。光を吸収しているすべての人たちの細胞は、クリスタル(結晶)構造に変化しつつあります。それによって、からだとこころと精神の健康的な機能を損なう低い波動エネルギーのものはすべて”破棄”されるのです。

30. 前のメッセージで、僕たちはこれから起こるたくさんの予測や前兆について話しました。では、いま起き、あるいは再び浮上しているほかの状況で新たに不安を招いていることについて話しましょう・・これらはどれも現実に起きません。追い出した腐敗政権と変わらない抑圧的な軍事クーデター、何千人の強制収容所への貨車護送、生物兵器戦争、戒厳令発布のためのエイリアン侵略のホログラフィック・ディスプレイ、人工的な地球物理学的災害による何千マイルの沿岸破壊、食料危機による富める者たちの食品買いだめと残った世界中の人々の飢餓、飲料水の支配などです。

31. 覚えておいてください、計画とその目的とする結果を実際に実を結ばせることとはまったく別です。人類の双対性がその最終場面を演じ終える間は、小競り合い、無差別暴力、政治的論争、貧困はつづくでしょう。でも地球が来年の末に第三密度から抜け出ることを妨げるものは何もありません。その間、たくさんの人々が地球を去ることになるでしょう・・魂の合意で選んだ条項を満たすすべての人たち、光を拒否するすべての人たち、そして来るべき計り知れない変化に順応したり、現れてくる真理を信じるよりも、むしろ地球を離れることを選ぶたくさんの人たちです。それらの人々すべてには、スピリチュアル(霊的)と知的な成長を得るために必要なだけの機会が与えられるでしょう。

32. イルミナティが支配する研究所、車両、兵器、倉庫、住居のある2カ所の巨大な地下基地が破壊されたことはあなたたちも聞いているかもしれません。でもこれは安全なテクノロジーによるもので、核兵器によるものではありません。またイルミナティ陣営内の何人かが権力から外されましたが、殺すわけではありません。防衛と攻撃との両方の手段として、光の勢力は危険な後遺症をまったく与えない光のパワーとテクノロジーを使っています。彼らはイルミナティの計画をよく知っていて、もし遠隔装置で大きな橋を爆破するといった計画があれば、それを未然に阻止する権限が与えられています。それは創造主の自由意志の法の違反ではないかと思われるかもしれませんが、そうではありません・・それは地球の自由意志を尊重しているのです。9・11以降、彼女はそのようなスケールのテロはもうさせないことを選びました。そして神の許可を得て、僕たちの宇宙ファミリーがたくさんの企てを未遂に終わらせることに成功しています。

33. 動物たちは間違いなく”天国に”行きます。でもそれは彼らが魂をもっているからではなく、彼らが魂たちだからです。ある程度の意識をもつものはすべて魂です。それは大宇宙のあらゆるものの生命力である創造主の愛と光のエッセンスから創造されているからです。またほかの魂のように、動物たちも進化します。

34. 惑星地球と一緒に第四密度に旅する人たちはすべて”今の”ままの肉体でそうするでしょう。”新たな”肉体を与えられるわけではありません。でも老いた肉体は段階的に再生し、若返り・・元気を回復するでしょう。どのような病気のからだも次第に癒されるでしょう・・これには盲目、難聴、思考力低下、慢性的痛み、変成疾患が含まれます・・そして失った手足や歯の段階的な再生も起こります。現在行っている投薬は当面必要とされる短い期間は同じ方法で決められるでしょう。あなたたちの旅の間に、あらゆる人々は肉体的、精神的、感情的に最高の健康を回復するでしょう。

35. 地球のアセンションを信じるか否かは、からだがアセンションの行程にしたがって継続的により軽いエネルギー領域に入って行くことと、地球上のテクノロジーの誤用によって発生する低いエネルギーとの両方によって影響を受けるかどうかとは関係ありません。あらゆる肉体が影響を受けます。でもその影響は現在の健康状態、アセンションプロセスの気づき、そして世界中の混乱状況に対する反応によって異なります。光を吸収することは、からだのバランスを比較的整え、調子が悪くならないようにする助けになります。宇宙のこの希有な時期、とくに地球が第四密度に接近する最後の段階では、感情的と心理的なはたらきにも同じことが言えます。

36. あらゆる種類の汚染は、あなたたちの宇宙ファミリーがあなたたちの科学者とエンジニアたちに教える高度なテクノロジーと共に、長い間抑圧されたり誤用されてきたあなたたちの世界で開発されたテクノロジーを使って迅速に除去することができます。

37. 地球外生命体のすべてがみな友好的というわけではありません。けれども、あなたたちの空にいま飛び回っている宇宙船乗組員の宇宙文明人たちはすべてそうです。惑星地球で暮らしている光を受け入れないほかの文明社会からの存在たちは、かれらの肉体が地球が向っている波動エネルギーレベルでは生き残れないので、やがて離れるでしょう。そうです、前のアトランティスの住人たちがその文明を襲った破局的破壊の再来を防ぐ手伝いをするために戻って来ています。これらの魂たちも霊界と肉体をもった文明社会での数多くの転生から積み上げた叡智と指導力に長けています。

38. あなたたちの太陽系内での惑星配置は行動と態度に計り知れない影響を与えますが、それは特に惑星と太陽が並列に並んだときがエネルギーの急上昇時期になります。そのエネルギー上昇は、太陽系内の地球の加速運動のために、より大きな振動数で起きています。彼女が第四密度にすっかり入ってしまえば、もう邪魔するネガティビティ(破壊的エネルギー)がないので、はっきりと安定感が感じられるようになるでしょう。地球と衝突したり、何か目だった影響を与えるほど接近する天体などありません。

39. この大変な時期の道案内として占星図を使うのはどうですかと訊ねた人たちには、スピリチュアル(霊的)に進化し、知識豊かな占星術師がつくった占星図であれば役に立つでしょう、と答えます。大事な決定の案内に外部からの情報だけに頼ったり、あなたたちの魂からのメッセージを無視することは賢いことではありません。第三から第四密度への魂の進化の重要な側面は、魂と意識との結合であり、あなたたちが魂の合意で選択したことをいつでも思い起こさせるためにあるのです。

40. テレパシー通信は、それぞれの個人に相応しい時期に開かれるものなので、その通信回路を開く”手引き”を教えることはできません。そのタイミングはあなたたちが異なるようにみな異なります。僕たちは初心者の通信者が注意することをすでに言ってありますが、より高い波動エネルギーが広まっているためにテレパシー回線が周波数を増して開きつつあるので、その案内をもう一度喜んで言いましょう。

41. いつでも通信を記録したり会話する前に、キリストの光(訳注:創造主の愛の顕現)の加護を求め、光の存在だけがあなたたちとコンタクトしてよいと要求してください。病気や感情的、精神的にストレスがあったり、恐れや怒りがある場合は通信しようとしてはいけません・・それらの状態はどれもあなたたちのエネルギーレベルを低下させ、低いレベルの存在たちがあなたたちにコンタクトすることを容易にさせます。初めは自己不信になるのは当然です。それもまた低いレベルの存在たちを招くことになります。相手の情報について不安を感じたり、不快な感じがしたら、接続をやめて、リラックスしたら改めて試みてください。練習すれば自信がついてきます。でも謙虚な気持をもってやってください・・自己中心の低い波動エネルギーは間違いなく闇とつながるからです。

42. あなたのカレンダーの2012年の暮れ頃に地球が第四密度に入るときにはあらゆる闇はいなくなっているでしょう。でも地球の黄金時代のすべての素晴らしいことがその入口にあるわけではありません。あなたたちの世界全体に驚くような出来事がつぎつぎと展開して行くでしょう。それにはあなたたちがこの転生で知っていた愛する魂たちとほかの転生で覚えている愛する魂たちとの歓ばしい再会があります。ガイアが言っているように、「たくさんの驚くべき素晴らしいことがあなたたちとこの私たちの世界を待ち受けているのです」。
___________________________________

愛と平和を
スザンヌ・ワード著
原文:Matthew's Messages
訳文責: 森田 玄

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/






マシュー君のメッセージ

シリウスより愛をこめて その15

2011年10月14日
DSC05563_convert_20111014073559.jpg
~AM6時40分頃、北東方向の空が久しぶりに薄紫っぽかったので撮影しました。今日はマーペーにUFO雲がありませんでした。

我が家の長男のシュー(仮名)は高校3年生、長女のグミ(仮名)は中学3年生ですので、今年はそれぞれが学校を卒業する予定です。

グミの友だちの約半数は東京や沖縄本島の高校への進学を希望しているようですが、グミは石垣島内の高校に進学することを希望していますし、今のところ島から出ることは考えていないようです。

シューの高校では、卒業生の9割以上が進学を希望しているようなので、進学先(大学・専門学校等)のない石垣島(八重山諸島)から出て、高校卒業後は沖縄本島や本州に行って進学することを望んでいるようです。でも、シューは進学する気はなく、石垣島内に残ることを今は決めていて、第一希望は石垣市の公務員になることです。そして、今日はその公務員1次試験の合格者発表の日ですが、このご時世で、とても狭き門であるために、なかなか合格するのは難しいだろうな~と思いつつ、でもそれなりに期待もしながら、成るようになるさと思ってあまり気にしないようにしようとしてはいましたが、結局は3次元的な父親になっていて、やっぱりそれなりに朝からドキドキそわそわして結果発表を待っていたのは事実です。

2次試験では1次試験合格者の半数は落ちるようですが~…

上記の内容を書き終わった頃、1次試験を合格したことがわかりました!

ということで、とりあえずはシューの願望に一歩近づいたので、
親としては、ホッとひと安心っていう感じです。

そして何よりも、
シューやグミがこのまま石垣島にい続けたいと思い、
自由意思によってこのような石垣島内の進路先を
選択して希望していること自体が嬉しいです。。


*以下の内容は、2009年12月16日にタエヌがシリウスの同志とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

あらゆる次元に存在するスピリットは、そのエネルギーフィールドの中から、あなた方に対してできる限りの必要に応じた言葉や映像などのインスピレーションや、与えたいエネルギーを送ることができます。与えるものは、必要と感じたまま与えることが許されるのです。

ただしここには宇宙の法則が関わってくるために、与えることが許される領域や具体性は個々によって違ってきます。高次元に存在するスピリットは、宇宙の法則に従って、あなた方の個の領域をしっかりと感じ取って、過干渉せずに許される範囲内で、与える必要のあるものを与え続けているのです。

そしてそれを受け取るあなた方には、宇宙の神から分け与えられた純愛なる魂のもと、それをどこまで受けとることを選択するのかを、自由意思によって決めることができるのです。魂の意思は絶対です。魂は永劫の時の中で自由意思を行使してきているのです。

あなた方の認識できる意識の中では、今のあなた方が3次元の肉体をこうして持っている以上は、その肉体によって認識してできる、ごく限られた意思の中で、あなたは自由意思を表現することができるのです。しかし、3次元の世ではその限られた自由意思による選択はとても大きな影響があるために、たとえ魂の意志とは全く違っていたとしても、3次元の世における選択結果は、その肉体を持った限られた意思が優先されることがほとんどなのです。

そんな中、魂の意思も肉体を持った意識の中での意思も、高次の存在からのインスピレーションを受け取ることを同時に選択した場合、その必要に応じてインスピレーションはもたらされます。しかし、高次の者から受けとることができるインスピレーションは、その人の持つ波動や個性といえるあらゆる状況によって違うのです。高次の存在によるインスピレーションをそのまま受け取って認識できる人もあれば、曲った形で認識する人もいます。

これはあなた方の次元では、このような例えがわかりやすいでしょう。ある芸術家の描いた絵を見ても、素晴らしいと感じる人もいれば、変な絵だと感じる人もいるでしょう。また、ある人の話を聞いてもまったく心にとどまらない人もいれば、同じ話を聞いて感動してその後の人生に活用する人もいるでしょう。同じ絵や言葉であるインスピレーションを受けても、このように捉え方が違ってくることは普通にあることなのです。

そんな中で、できる限りそのままインスピレーションを受け取ってそれを世に示すには、トランス状態になって自分の肉体や意思をスピリットに預け、チャネリングした状態で表現することが簡単にできる方法でしょう。過去には、このようなトランスチャネリングを行って実際に高次の存在の表現を、そのまま地上に持ち込んでポジティブに活用した例はたくさありました。

しかし、このようなトランスチャネリングには、現在の地球人類の意識の高まりの中では、様々な問題があり、一言で表せば、現状には合っていないということです。モーゼの時代には海を分断して道を示すことによって神の力を顕現する必要があり、文明的に医学が発展していないような時には心霊治療で肉体を切り開いて改善したりする必要もありました。しかし、今の世の中であからさまに物質的に示して情報として出回っても、ただただ恐れや依存などを生じてしまうだけで、ポジティブな道を切り開くために必要なこととはいえない場合が多くなるでしょう。

その時代に応じて、国や地域や人々の意識の状況に応じて、できるかぎりポジティブな状況の中で、意識を高めるために必要なインスピレーションや、時には3次元的な事実を世に表す必要を、高次の存在である私たちはいつも配慮しているのです。

今は、まもなく訪れるアセンションに向けての仕上げの段階である、スピリチュアルな意識の向上を必要としている状況にあります。平和と統一に向けて、自由意思や自己責任を尊重する時代でもあります。ですから、物質的な現象によって、高次の魂が表現することは少なくなっているのです。また、あなた方の肉体的な意識における自由意思を尊重しているために、トランス状態になって自分の意思も責任もない状態でインスピレーションを表現するよりも、自己の意識を残したまま、自分の意識も交えた状態でチャネリングして表現する人が多くあるのです。これは、魂のレベルにおける合意のもとでもありますが、宇宙の神の意思でもあります。

まもなく訪れる、地球上における次の光の世に存在できれば、あなた方は肉体を持ったまま、魂の意思と肉体の意思とを一致させて、宇宙の神との一体感をしっかりと認識することができるようになるのです。意識的にチャネリングをしなくても、あなたが神と宇宙と私たちと直結していることがはっきりと認識できるのです。本当の意味のワンネスとハピネスを感じて、至福の意味を知ることができるようになるのです。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/






スピリチュアル

ラブメッセージfrom宇宙連合

2011年10月13日
DSC05559_convert_20111013140846.jpg
~本日PM2時頃、自宅ベランダ正面にあたる北方向の東シナ海を撮影しました。天と海と地の色合いのバランスや雰囲気がおもしろく感じました。


今日…というより昨晩から続いていますが、天上界や高次の宇宙の存在などの高次元の位置が、今まで以上にとてもとても近くに在ることを感じています。そして、波動・光エネルギーもメッセージも、いつも以上にとてもたくさん高次から与えられていることを実感しています。

そんな中、ふとチャネリングして言葉としてのメッセージを書き下ろしたくなったので、意識を向けて心を無にしてリラックスしてみると、私個人宛のメッセージというわけではなく、地球全体に送られているメッセージであると識別しましたが、以下のような内容を読みとりました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

待っています。

私たちはあなた方の近くで
ずっとお待ちしております。

宇宙のはるかかなたから来て

永劫の時の流れの中で、
あなた方が特別な今を迎え、

そして私たちと同じ宇宙の家族として、
心から喜びあい抱き合い愛しく思いあい、

今この地球でお会いできることを、
私たちは心からお待ち申し上げております。

温かなまなざしを向けあい、
温かな心と心が結びあい、

愛だけが、
純粋な愛だけがめぐる中で、

心からの祝福をし、
あなたがたとお会いすることを
心からお待ちしているのです。

私たちはもうずっとその時が来るのを、
今か今かとお待ちしておりまして、
準備は完全に整っております。

あとはあなた次第。
地球に住まうあなた方次第なのであります。

あなた方の心が完全に愛に満たされ、
異星の地に住み異次元にある私たちを、
不安や恐怖のような意識を向けず

私たちのように
ただ愛のみで迎えて下さるだけで、
いつでもその扉は開かれるのです。

余すところなく愛で満たされている高次の宇宙では、
ただただ光のみが溢れておりまして、

純粋な魂の意のままでいられることができるのです。

言葉と心は一致し、
願いと現実も一致し、
過去も今も未来も今に一致し、

なん人も宇宙も何もかもが
1つにつながっていることを知っていて、

すべてが1つになって愛の中に在ることが
ごくあたりまえのこととして認識できるのです。

とにかくここ(高次元)に来てごらんなさい。

心軽やかに体軽やかに、
風のごとくふわふわと浮かび流れながらも、

自由で気ままで自分らしくいることができて、

ただただ愛の中にあることを続けていき、
めくりめく宇宙の中で自由に魂の意思を貫き通し、

あなたはあなたらしく
宇宙の必然の流れに乗りつつ、

より愛多き中に在るように努めるだけで良いのです。

あれも愛これも愛
すべてが愛と感じる中に在るようにすれば、

あなたと私は、
あなた方と私たち宇宙連合の仲間たちは、

同じ1つの宇宙家族として
ともに幸せに暮らすことができるのです。

2011.10.13 AM10:45

*東シナ海上空あたりから心の中に届けてくれた、
宇宙連合の親愛なる友からのメッセージです。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/





スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

シリウスより愛をこめて その13

2011年10月13日
DSC05539-1_convert_20111013080535.jpg
~本日13日のAM8時頃に、何げなく自宅ベランダ北東方向の景色を撮影したら、私の大好きな伝説の山‘野底マーペー’のとんがった頭の上にUFO雲が白く光って写っていました。ちょっと感激です!~

DSC05541_convert_20111013081527.jpg
~石垣島気象台発表の記録によりますと、ここ5日間は日照時間がゼロとのこと。石垣島では曇りと雨が続き、陽の光をみていません。今朝も相変わらず雲は多いのですが、川平半島上空の雲の間にうっすらと青空が広がっているのが見えました。曇り空もそれはそれでおもしろいのですが、やっぱり空の青はいいな~と思い、さわやかな気分になりました。この写真は本日AM8:10頃に自宅ベランダより北西方向を撮影した川平湾周辺の景色です。~

DSC05545_convert_20111013084038.jpg
~ちなみに、上の写真を編集してブログに掲載した直後、突然の雨が降ってきまして、川平湾周辺はモヤに包まれてしまいました。島の天気は変わりやすいです。(本日8:30頃に撮影)~


*以下の内容は、2009年9月1日にタエヌがシリウスの高次の存在とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

もっともっと光りを求め自らの愛を広げて自らの光を輝かせれば

宇宙のもたらすあらゆる光が反応してあなたに対し光りを与えてくれます

地球の中でもたくさんの愛の光が反映していますから

あなたさえ光輝けるように意識し続けていれば

あなたの波動に反応したあらゆる光りがあなたに向かってまばゆいくらいに差し込んできます

あなたのまわりは、こうした、たくさんの光に満ち溢れていることを思い出して下さい。


あなた自身に光が足りないと感じた時、それはあなた自身が輝いていないだけであって、あなたの周りには、あなたを本来は照らすべき愛の光が無数に存在していて、あなたを照らすための準備をしています。そして、あなたが輝きを取り戻した時、惜しげもなくあなたに対して光が向かい与えられるのです。すべてはあなた次第。あなたが輝こうとさえ意識すれば、たくさんの光が応援してくれるのです。

あなたが、自らの輝きが薄らいできたとか失ってしまったとかと感じてしまった時、あなたは自らの意識の中で、自らの意識や行いや在り方を省みてください。

決して他者のせいにすることなく、世の中のせいにすることなく、すべてが自分の選択が招いた結果であると認識するようにしてください。

そして、すべてが自分の招いたこと、つまり自らの責任によるカルマであると認識できた時、そこから反省して改善するように意識して行動するようになって習慣にしていけば、あなたはあなたの責任の中で、あなた自身の力で光りを取り戻すことができるのです。必要以上に人や世の中には頼らず、自己解決できるのです。

さらに、一度自己解決することができれば、この先も仮に同じような境遇に至りそうになった時、これまでの経験を生かして自らの力で乗り越えることができますし、ネガティブに感じる前に、事前に解決することもできるようになっていくのです。

それを繰り返していくうちに、あなたはあなたの力ですべてを解決できることを思い出すのです。そこには、あなたのまわりにある光りをもたらす存在もサポートしてくれます。サポートしてくれるとはいっても、無理にお願いしたり頼みこんだりする必要はありませんし、あからさまに余計な手助けをされるようなこともありません。

あなたはあなたの領域内で、できる限りに光り輝けるように努めてさえいれば、あなたにとっての必要な光りのエネルギーガ与えられて活力が湧き波動も上がり、その波動に見合った必要なサポートも、波動の法則やカルマの法則にのっとって、必要な時に必要なだけ与えられるのです。

こうして、今、あなたにこの言葉が与えられるのも、この必然による宇宙の普遍な法則によって成り立ったことでして、だれにでもチャンスはあるけれど、この言葉を光りのエネルギーとして受け取るのか、単なるありきたりのものとして受け止めるのか、ネガティブに受け止めるのか、そして、出会う機会が得られないのかなどといったことは、すべてがあなた自身の必要性の度合いによる問題なのです。

あなたはあなた自身の中で自分自身が輝けるように努めることが最も大切なことでして、そこに周囲のものたちの光りが加わることもあれば、あなた自身の光を周囲のものたちに与え還元することもできるのです。

今ここに表現した愛の光の法則は、宇宙全体をくまなく巡っていて、自由と平和をもたらし、宇宙全体の大調和を保っているのです。

☆よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/


バックナンバー改訂版

アセンションに向けて ~光エネルギーのめぐり~

2011年10月12日
人に対して愛の気持ちを向けると、その愛はその人に光のエネルギーとして与えられ、時には癒しとなり、時には活力となり、時にはその人自身の波動を高めたり、さらなるポジティブな道へと歩むための糧にもなったりするでしょう。愛と光のエネルギーとは同じなのです。

そしてその光のエネルギーは必ず光を与えた自分のもとへとめぐってきます。これがカルマの法則です。また、与えた光によって、その人自身がさらにポジティブ道を歩むことで、めぐって来る光は与えた光よりもさらに大きな光のエネルギーとなって与えられます。これもカルマの法則であり波動の法則でもありますが、宇宙では絶対的な法則としてめぐっているのです。

たとえば目の前に、怒りに満ちた近寄りがたいほどの荒々しい波動を発したりしているような人がいたとします。もし目の前にいなかったとしても、テレビの画面で見たり話しで聞いたりしたとしても同じです。そのような人を見たり感じたりして、同じような怒りが湧きあがったり、ひどく蔑んでみたり、極端に非難したりするような低い波動を向けると、波動の法則によってその人の波動と合い、それなりに多くのネガティブなエネルギーがめぐってきます。たとえ瞬時に波動が低い領域で波動が合っただけでも、ネガティブなエネルギーはそれなりに必ずめぐってくるのです。

しかし、そのような自分自身のネガティブな意識を向けたことに気づき、怒りを「許し」の気持ちに変換し、‘かわいそうに…’というような「慈悲」の気持ちを向け、蔑んだり非難したりせずに「もっと冷静になればいいのに。」とか「もっと大きな愛の気持ちを抱くような生き方を選択すればいいのに。」などといったような改善すべき点を見出して愛の思いを抱くように変換すれば、低い波動の領域でネガティブなエネルギーをめぐらせることはなくなり、逆に光のエネルギーを相手に与えることになるのです。

もちろんここには波動の法則が大きく働くために、相手があまりにも低い波動の中に在ると、光のエネルギーはそのまま届くことはないでしょうし、たとえ与えることができてもすぐにネガティブなエネルギーに変換されてしまう場合も多いことでしょう。でも、これは相手の領域の事ですので、それはそれでしかたのないことだとしても、自分自身の領域内でできることは、このように愛をめぐらせ光エネルギーを与えるところまでです。ですから、自分にとっても相手にとっても、このように愛をめぐらせることを意識して光エネルギーをめぐらせることは、とてもポジティブなことであり、過干渉にもならないことがほとんどなのです。

不干渉の法則とは、何一つ干渉しないことがポジティブであるということではありませんし、相手に干渉することがネガティブであるということでもありません。人はそれぞれほどよく依存し合って生きているからです。ですから、干渉しすぎないように意識しつつ、純粋な愛の気持ちの中で、相手からサポートを求められた場合には、応じられる範囲内でサポートし、たとえ顕在意識で認識できる形でサポートを求められていなかったとしても、相手に干渉しすぎない範囲内で愛をめぐらせることは、相手の学びを損ねるわけでもなく、有難迷惑になるようなネガティブなことでもないような場合であれば、宇宙の真理に基づいても、必要な愛のめぐりであるとてもポジティブなことであると捉える事ができる場合が多いでしょう。

いずれにしても、不干渉の法則に基づき(過干渉にはなっていないと識別できる範囲内で)、純粋な気持ちの中で必要な愛をめぐらせることによって、相手が光エネルギーを受けることでネガティブな状況に至るような結果が生じることはないでしょう。たとえ一瞬でも光が差し込めば、それなりに活力となり癒しとなりますし、そんな一筋の光からポジティブな道を歩もうとするような意識が芽生えてくる可能性もでてくるのです。


ちなみにこのような愛のめぐりによるポジティブな状況は、人に対してのみではなく、すべての魂を持つものに対しても同じです。そして、すべての出来事に対しても同じなのです。

今の3次元世界では、政治や経済や教育や医療などといった世の中でそれなりに重要かつ大きな影響を与えている分野では、その根本的な法律であるとかシステムであるとかといったことを実際に大きく変えることができる人は、ごく一握りの権力者です。私のような一般的な小市民が今から訴えたとしても、すぐにその声が反映されて活用され、世の中を大きく変革させることはとても難しいことでしょう。

しかし、多次元的でもあり根本的でもある光のエネルギーをめぐらせることは、私たち小市民でも、いつでもできることなのです。そして、多くの人がポジティブな意識を同じ物事に向けて発し、ポジティブな変革を願い、光エネルギーをめぐらせれば、その集合意識から発される多大なる光エネルギーがめぐり与えられることによって、その物事も関わっている人たちにも大きく影響し、さらにアセンションに向けての今の地球自体の高まるエネルギーも加わるために、次の光の世に必要な状況へと大きく変革するに至ることでしょう。


地球全体のアセンションに向けて、地球表面上の3次元世界ではポジティブな状況へ向かっての変化が様々な場面で起きています。個人内の変化はもちろんのこと、家族や地域などといった小さな集団から、国家や地球全体に至るまで、あらゆる3次元の領域内において、光の世へ向けてのあらゆる変化が続いているのは真実なのです。

でもその根本的な変化は同時もしくは先に、多次元的であり高次元の領域で起きていることでもありますので、それが同時もしくは後になって3次元世界に反映して物質的に認識しやすい状況になって表れているのです。また、アセンションに向けて宇宙エネルギーも急激に増加し続けていることなどからポジティブな変化を続けている結果として、3次元世界特有の線形時間ではない、高次元の宇宙の時間(時間の存在しないコンティニューム‘時空連続体’)では、地球全体がアセンションすることは、すでに完了していることでもあるのです。

そして、多次元的には完了している今回の地球がアセンションすることに対し、私たち地球人類として転生することができた人類個々の魂をはじめとして、あらゆる形で3次元世界に物質をまとって転生して存在している魂たちが、地球とともに波動を高めて物質をまとったままアセンションするという、素晴らしい体験ができるかどうかは、それを望む魂の場合には、個々の魂の自由意思による今後の選択にかかっているのです。


宇宙全体の領域においては、今回のように宇宙の中でも特殊な形でアセンションを成し遂げる3次元世界である地球に転生して、とても貴重な経験にもなり、魂を大きく向上させるためにも大きく有効にもなる経験をしたいと願っている魂の数は、想像を絶するとてつもない数になっているのです。そんな中で、こうして神から選ばれ転生することができて、さらにこうして‘今’も地球上で暮らすことを許されている私たちは、宇宙の中でも幸運でもあり、選ばれた魂でもある、栄誉ある存在でもあるのです。

ですからこうして今、この地球上で暮らしている以上、多くの魂はこのまま肉体を持ったまま地球と共にアセンションすることを望んでいるはずです。もちろん、生前の魂の合意としてアセンション以前に地球から離れて肉体を持たずに地球のアセンションをサポートするお役目を選択している魂もあることでしょうけど、そのようなことは顕在意識においては自覚することは難しいでしょう。

でも、このまま地球と共にアセンションして、肉体をまとった地球人として次の光の世に住み続けたいたいというような願いを、今、顕在意識の中で持っている方は、その今の気持ちが魂の意であるだろうと信頼し、ポジティブな願いが成就することを祈念しつつ、愛をより大きくめぐらせることに尽力することは、自分のため人のため世のため地球のため宇宙のために、とても大切なことなのです。

*上記の内容は、2010年9月28日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/





バックナンバー改訂版

プレアデスからのメッセージ  ~あなたが信頼すること~

2011年10月11日
*以下の内容は、2008年12月16日にタエヌがプレアデスの高次の存在とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

そのまま信頼できることは、素直にストレートに信頼すれば良いことでして、何を信頼するのかも、その人自身の波動や魂の位置やカルマや必要な経験であるとかといった個性によって違うわけですから、他の者が、何を信頼すれば良いかということでとやかく言う必要はないということになります。

ただし、何を信頼して良いのか迷っている場合などに、アドバイスを求められた時には、あなた自身の価値観を伝えて参考にしてもらえばよいわけでして、それは過干渉に入りませんし、伝えるまでがあなたのお役目で、その先は相手の自己責任の領域になるわけです。

私たち、あなたがた地球人類よりも高次元の存在たちが、このようにメッセージとして伝えていることは、メッセージを受けとることを望んでいる地球人類の中でも個人のメッセンジャーとの信頼関係によってつながり、そのメッセージの内容を読みたいという自由意思のもと、読むことを選択してくれた人が読むわけでして、読んでも読まなくても、それはもうメッセンジャーの領域ではなくて、すべては読んだ人の自由意思による選択した結果であり、どのように受け止めるかについては、読むことを選択した人の自己責任の領域になるわけです。

私たちは、あなた方地球人類を深く愛していますし、常に敬意を持って見守っています。このことは、私たちの自由意思による領域のことですので、地球人類が私たちに対しても同じ愛や信頼の気持ちを持っているかどうかということは、それほど気にしていません。しかし、理想としては、より深い愛と信頼のもとでつながり、いっときでも早く宇宙親交の仲間として、ともに宇宙のために光を広げていきたいという願望は持ち続けています。

あなたが信頼することは、あなたの現実として目の前に現れます。ここでいう「信頼」の意味は、宇宙における本来の信頼していることを意味するので、信じこもうとするとか、エゴによって信じようとするとか、信じなければいけないと制限や強制をするとかといたものではなくて、自らの顕在意識のみならず、さらに深い領域の意識においても信頼していることを意味します。

あなたが自分の病気は自分では治せず、薬を投じることによって治ることを強く信頼すれば、あなたの体の病を薬で治すことができるでしょう。でも、本来すべての地球人類は、自らの肉体を自らの力によって調和させて治す力を持ち合わせています。この、自らの力とは、自分自身の意思や魂のみならず、宇宙や地球のエネルギーも守護してくれている存在のサポートも含みますが、いずれにしても、他の物質に頼らずとも、あなた自身の意識一つで治すことができるということなのです。

今の3次元の世が素晴らしい世でると実感して信頼している人にとっては、この先もさらなる素晴らしいと感じる現実を経験するでしょう。逆に、今の世に対して悲観していたりネガティブな世であると嘆き続けたりしているような、強くネガティブに世を感じている人は、この先もそのような意識をポジティブに改善しない限り、信頼している通りのネガティブな現実が待ち受けています。

ポジティブな波動・愛をめぐらせていれば、そのカルマからより高い波動の愛の多い経験を重ねていきます。このような人は、この先もさらなる素晴らしい経験ができることを信頼するでしょう。そして、その信頼によっても、さらなるポジティブな現実を引き寄せるのです。波動の法則やカルマの法則とはそういうことなのです。

目の前の危機的な状況を、乗り越えるべき必然であると信頼するのか、運の悪いネガティブな偶然であると信頼するのかによって、その先の現実も意識も行動も、大きく変わってきます。宇宙における道理においては、すべてが必然なのです。すべてが必要なことなのです。私たち高次の存在は、そのようなことをあたりまえである常識として信頼しているのです。だから、すべての経験はポジティブな経験ばかりなのです。

あなた方が、今、目の前に引き寄せている現実は、すべてがあなたの自由意思によって選択したものであり、あなたのこれまでに行ったことのカルマであります。だから、あなたの自己責任の領域による問題なのです。それが、とても素晴らしいことでしたら、大いに喜び、さらなるポジティブなことをめぐらせるように努めれば良いのです。

逆に、ネガティブに感じるようなことがめぐってきたら、まずは、あなた自身が招いた、あなた自身の自己責任により選択したものであると、根本的な観点を持つことです。そして、自己責任を、より強く持ち続けて解決することに努めれば、必ずポジティブに感じるような状況へと変換することができるのです。

しかし、まだ、多くの地球人類は、ネガティブに感じる状況を招いてしまうと、多かれ少なかれ他者のせいにしたり、運が悪いとか過去世のカルマであるのかといったスピリチュアルな視点のわからない範囲のことに求めたりして、本来はすべてを自己解決できる必然であるにも関わらず、他に求めてしまう傾向にあるのが事実です。

たとえ、ネガティブに感じる現実が、過去世や幼いころのトラウマなどの顕在意識では認識していないカルマだったとしても、その要因を知ることによって早期に解決することもできますが、その過去のカルマを作った要因をまったく何も知らなかったとしても、目の前の現実を自己責任によって招いたことであると強く自覚して、ただただその必然に対して、よりポジティブな状況に改善するように努め続けてポジティブなカルマへと昇華させていくと、知らず知らずのうちに、カルマを清算してポジティブなカルマに変換することができるのです。

あなた方の目の前の現実は、あなた方が思っている以上に自分自身で作り上げているのです。何を信頼しているか、何を引き寄せているか、どのようなカルマをめぐらせているか、どのような波動を発しているのか、どのような意識を持ってどのような選択をしているのか…すべては、あなた方の魂の自己による責任のもとで、自らの力によって、自らの現実世界を作り出しているのです。だから、あなた方の自由意思による選択次第で、変えたいと感じているすべての現実世界を変えることができるのです。

☆よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/


バックナンバー改訂版

3次元の世におけるバランスを意識して

2011年10月10日
DSC05506_convert_20111010133943.jpg
~今日の午前中は、石垣島内一周のドライブや、当ブログで何度か紹介させていただきました‘ミルミル。’というおいしいジェラートのお店に行ってきました。

DSC05510_convert_20111010134706.jpg
~まずは自宅から35kmほど離れている石垣島最北端の平久保崎に行きました。舗装してある県道を通りますが、自宅から目的地までの間に信号はひとつもないために、ゆっくりと車を走らせても50分ほどで到着します。~

DSC05503_convert_20111010132529.jpg
~平久保崎の灯台周辺の崖には、たくさんのヒガンバナ科のショウキズイセン(鍾馗水仙)が咲いていました。今日この花を初めて見ましたが、私は彼岸花は大好きですし、この花のオレンジ色もとても素敵でかわいらしくて、心からわくわく感激して一目惚れしました!~

DSC05502_convert_20111010132407.jpg
~ショウキズイセンは、日本では石垣島や与那国島に自生しているそうで、自生地ではないようですが久米島や沖縄本島などでも見られるそうです。~

DSC05505_convert_20111010133820.jpg
~天気は曇り時々雨。ここ数日間は日差しを見ていないと思います。そんなどんよりした天気は関係なく、子どもたちはとっても元気でして、観光客気分で石垣島のドライブを楽しんでいました。~

DSC05499_convert_20111010132125.jpg
~石垣牛とシラサギが仲良く食事をとっているところです。石垣島の牧場ではよく見かける光景ですが、牛の顔の近くに数羽のシラサギがいて、牛が草を食べてできた隙間にいる小さな生物を狙って食べているようです。

DSC05515_convert_20111010142359.jpg
~石垣島をほぼ4分の3周しての約85kmのドライブの末、子どもたちの第一目的だったミルミル。のお店に到着しました。期待通りにやっぱりジェラートはおいしかったので、みんな大満足でした!(私はドラゴンフルーツとパッションフルーツのダブルを食べました。美味♪)~

DSC05516_convert_20111010142731.jpg
~上の写真を撮影した私の背中側でお店の向かいにあたる草原と海の景色です。小雨が降っていたために、海の向こうの西表島(ほぼ中央にある大きな島)はぼんやりとしか見えませんでした。西表島より手前に位置しているために少しはっきりと見える左下にある小さな島は、人口約600人の小浜島です。


*下記の内容は、2009年10月12日・13日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

「ブログランキング上位ランクインおめでとうございます。今後のタエヌ様のご活躍をお祈り致しております。」というあたたかいお言葉をメールでいただきましたので、ストレートな気持ちを書いて返信しました。「ブログのランキングとかアクセス数とかは、やっぱりそれなりには気になります。とにかく少しでも多くの方にブログをお読みいただくことで、何らかのお役に立てたら幸いであるという純粋な気持ちからの願いと、ランキングの上位に位置しているという優越感のようなエゴとが湧きあがる中で、こうしてはっきりと数値として表れている様子を見るのが、今の時点では楽しみの一つになっていますし、こうしてご投票いただけることが励みにもなっています。」

人気ブログランキングへ
★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

アルコール類は肉体の波動を下げてしまうとわかってはいますが、毎晩平均1本分の赤ワイン(テーブルワインの安ワインで、アルコール度数もワインにしては少なめの物です)を飲んでいます。百薬の長とはいいますが、少し飲みすぎかも…と感じつつ、1日の終わりの楽しみとしては欠かせないものになっています。健康が維持されていて、心がポジティブになり健康を維持できているのならば、ほどよく飲む分には、今はまだ飲んでもいいのかな~と思っています。

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

肉食、特に哺乳類の動物の肉を食すことは、波動を落としてしまうカルフード(ネガティブな食べ物)であることは十分に理解しているともりです。そのことを意識し始めた4年ほど前から、肉食は徐々に減り続けてはいますが、でも時々はハムやベーコンなどの肉の加工品を購入して食したり、弁当を購入する際には肉の入ったメニューを選んだりして肉を食べることもあります。しかし、肉食をとる際の食べ始めは美味しいと感じるのですが、途中から徐々にきつく感じるようになり、食べ終わると少し胃がもたれたりちょっと気分が悪くなったりすることもありますし、毎回反省はしてしまいます。でも、食べたいと感じて食べられる環境にある場合には、我慢しすぎないようにして食しています。そして、食する際には感謝と慈しみの気持ちを向けるようにしています。ちなみに、牛・豚・馬などの4つ足の動物の生肉を使って調理することは選択することができなくなった状態が続いています。

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

不干渉の法則を意識しているために、他者をできるだけ干渉しないように心がけていても、気がつくとやっぱり過干渉しているな~という場面が時々あります。特に、買い物に出かけたり車を運転していたりする時には、ついつい目についてしまうようなネガティブに感じる人を気にしてしまい、心の中で非難したりさげすんだりしている自分に気づくことがあります。そんな意識の中において過干渉をしてエゴを出している自分に気付いた時点で、即座に改善して慈しみの気持ちを向けるようにして干渉しないように努めていますが、このような状況になるたびに自分の低さを認識し、学びを与えってくれたことに感謝もしています。

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

私が、今、家族の中で波動を高めるための大きな学びの1つが、感情をポジティブに保つためのレッスンであるだろうと感じています。妻に対しても、子どもたちに対しても、私はストレートな気持ちを向けたり、感じているそのままのことを言葉によって表現したりしていると自負していますが、ついつい感情が高ぶりすぎて、怒りや心配などのネガティブな感情が出てしまうことがあります。意識では気がついても、気持ちの高ぶりがしばらく治まらなくなってしまう時もありますが、そのたびに自分の波動の低さを感じて反省しています。家族に対する愛が大きいからこそ生じてしまうエゴや過干渉やネガティブな感情であると思ってはいますが、このようなネガティブさが表出していることに気づくたびに、反省し改善するように努めています。以前の自分を振り返って比較してみると、きっと以前に比べたら、少しずつは成長しているのだろうな~と自負している次第です。

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

アセンションするまでの残りわずかな地球上における実生活の中で、3次元の世でしか学ぶことができないような、上記に掲載した実例のようなネガティブな中での学びを、この先も私なりに精いっぱい尽力して努めるつもりでいます。でも、肉体や心に大きな不調和を生じてしまうような事態に至るような‘無理’はしないつもりでいます。そして‘徐々に、よりスムーズに、よりバランスを保つように’意識しつつ、わくわく感に従って、魂向上のための修養の道を歩むよう努めていくつもりでいます。

★。、:*:・'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆。:・'゜★。、:*:。'゜☆

《心に潜む‘精神的エゴ’を発見して克服すること》

アミは高次元の宇宙人です。私はこれまでにたくさんの叡智をアミから与えていただきましたし、この先もサポートし続けてくれることを信じています。以下に、そんなアミからの教えの1つを紹介いたします。

「ついつい目についてしまうようなネガティブに感じられる人を気にしてしまい、心の中で非難したりさげすんだりしている自分に気づくことがある。」

このようなことは、知人や地域社会やテレビや雑誌等のマスコミに登場する人々の様子を見たり話を聞いたりして感じたり、書籍やブログ等の文章を読んで感じたりすることもあります。

でも、できるだけ早い段階で、私はポジティブに変換するように意識して、次のようなことを心がけています。

「そんな意識による過干渉をしてエゴを出している自分に気付いた時点で、即座に改善して慈しみの気持ちを向けるようにして、できるだけ過干渉しないように努めているそして。、このような状況になるたびに自分の低さを認識し、学びを与えってくれたことに感謝もしている。」

人を非難したり、人を精神的に進歩していないと蔑んで見下したりするような意識は、愛とは反対のネガティブな意識であり、低い波動を生じます。アミは、このような気持ちを抱くたびに、魂向上のためには改善すべき必要のある、自分自身の中に潜んでいる‘精神的傲慢さ’、つまり‘精神的エゴ’を発見できると教えてくれました。

この精神的エゴは、進化の道を歩み続けていて、波動が高まってきていると感じている人を襲う、とてもやっかいなものなのです。そして精神的エゴは、ともすると自分が本来の状況よりもとても高く進歩しているかのように錯覚させ、他人を微妙に軽蔑するようにさせるのです。真実の愛はだれも軽蔑しません。ただ奉仕することを望むのです。そこにとても大きな違いがあるのです・・・ということも、アミが教えてくれました。

でも、その人の欠点と感じることを、非難したり蔑んだりして見るのではなくて、もしそのように捉えてしまったとしても、気づいた時点で「その人にとっては改善すべき欠点であり、克服できる欠点である」と捉えるようにすることができれば、ポジティブに変換できたことになるのです。そして、意識や行動による過干渉をするようなことは控えるように努め、慈しみや励まし等の愛の気持ちを向けるようにすることができれば、心の中に潜んでいる精神的エゴというネガティブな自分を発見できた後に、克服することができたといえるでしょう。

そして、ネガティブに感じる人がいても、最初からその人を蔑んだり非難したりする意識を抱いたり向けたりすることはなく、「その人にとっては改善すべき欠点であり、克服できる欠点である」と捉えているのでしたら、それは精神的エゴではなく、慈しみの気持ちを抱いて向けた、愛の意識なのです。そして、その人との関係の中で、伝えるべきことは伝え、言葉にして伝えない方が調和を図れるようでしたら、心の中で愛の気持ちを抱いて思いめぐらせればよいのです。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/








バックナンバー改訂版

Dear manaさん ~人それぞれのお役目の中で~

2011年10月09日
DSC05491_convert_20111009131220.jpg
~9日(日)AM11時頃に、市街地への買い出しの帰りに、於茂登岳近くの道路沿いから、平面的に見える白の濃い色の雲とサトウキビ畑周辺を撮影しました。今日の石垣島は雨が降ったりやんだりしていて、湿度はかなり高く感じます。~

DSC05493_convert_20111009132140.jpg
~島の中央部周辺の山あいから撮影しましたが、雲のある位置は海岸近くか海上にあたると思います。写真の手前には、むくげ(?)のような花が咲いていました~

DSC05494_convert_20111009131555.jpg
~九州での3泊4日の修学旅行から帰ってきたグミ(長女仮名中3)は、翌日の朝食時に「朝から蒸し暑くて、セミが鳴いているのが、なんだか変な感じ~…♪」と言っていました。でも、グミのみならず、私もついつい千葉に住んでいたころと色々な状況において比べてしまい、確かに涼しくなってきてはいますが、まだまだ夏を感じ続けています。今日の石垣島(13時現在まで)は陽がささずに雨模様の一日となっていますが、最高気温28.4度、最低気温は25.8度あります。

★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。,:*:。.:*:・'゜☆。

私は約7年半前に教員を辞職して以来、
本格的にスピリチュアルなお仕事をさせていただき、
スピリチュアルアドバイスやレイキの伝授などのセッションや、
4年半ほど前から書き始めたブログや拙著の本等を通して、

スピリチュアルに目覚めた方々との、
とてもたくさんのご縁を頂く機会を与えて下さっていることに、
心から感謝しつつ喜びの気持ちでいっぱいでいます。


私は現在、沖縄県の石垣島で暮らしていますが、
地域の人やPTA等の地元の縁のある身近な人達の中で、
私の家族である妻や4人の子どもたちと1人のスピ友以外は、
だれ一人としてスピリチュアルなお話ができる人はおらず、

スピリチュアルに目覚め始めているとか
目覚めているとかと感じられるような人も、
スピリチュアルな話をしようと思える人も
現時点では一人もおりません。

でも、カルマや波動の法則などによって
必要なご縁はすでに今までに結ばれていますし、
この先にも必然のご縁も結ばれるわけですから

このような状況を寂しいとか残念だとかというような、
ネガティブに思うことはまったくありません。

もしこの先に私や家族のスピリチュアルな知識や経験などを、
必要として頂く機会をいただき私自身もわくわく感じれば、
いつでも全力で尽力させていただく準備はいつでも整っています。

少なくとも家族の中で普通にスピリチュアルな会話をし、
私たちなりにさまざまなスピリチュアルな叡智を大いに活用し、
3次元世界とのバランスを保つことを意識して実生活を送っていることで、

今の時点では私たちなりにポジティブな実生活を
それなりに満足して送る事ができていると自負していますので、

十分な幸福感に満たされていると感じていますし、
常に高い理想を掲げて目指してもいるので、
とても充実した日々を送っているとも自負している次第です。

このように、3次元的な場所的な身近さにおいては、
家族と1人のスピ友以外には、
スピ同志もスピ友も現時点でもおりませんが、

私がスピリチュアルに目覚め始めたと自覚した9年ほど前から、
スピリチュアルカウンセリングやレイキの伝授や各種リサーチなどの
スピリチュアルな関係でご依頼いただき直接お会いしてのご縁を頂いたり、

直接お会いしたり電話でお話しなくても、
ブログやHPや拙著の本やメールなどを通してご縁を頂いたりした、
たぶん数千人以上いらっしゃると思われるたくさんの方々の中には、

様々な状況の中でスピリチュアルに目覚め始めた方であったり、
一進一退を繰り返してさまざまな葛藤をしながらも
前向きに歩んでいる方や結果的に順調に高まっている方が、
とても多くいらっしゃることや、

中にはスピリチュアルな目覚めが急激に進み、
一気に高まっている方もいらっしゃると私は認識しています。

このようなスピリチュアルに目覚めたたくさんの皆様と、
毎日のようにメールを通してご縁を頂いたり深めたり、
ブログを通してシェアし合ったり波動を高めあったりするなど、

実際にはお会いしたり直接お話をしたりしなくても、
本当にさまざまな状況のたくさんのみなさまとメールでお話をしたり、
さまざまな思念・波動・エネルギーをめぐらせていただいたりしているので、

私はこのような現状に大いに喜びや幸福を感じておりますし、
感謝や慈しみなどの愛の気持ちやポジティブさで満たされている次第です。


そのような状況の中で、
2ヶ月ほど前にレイキの遠隔伝授をお申し込み頂き、
実際にレイキ1~3の伝授をお受けいただいたことから、
ご縁を頂きメールのやり取りを続けさせて頂いている、
ニックネームmanaさんをここで紹介させていただきます。

manaさんは日本に在住されている
主婦であり小さなお子さんの母でもある女性ですが、
とても穏やかな波動でエネルギーに敏感であり、
癒しのエネルギーの強い方であると私は感じております。

そしてアセンションの流れに乗って、
スピリチュアルに目覚めて一気に高まり続けていて、
子どもの頃から気づかれていた高次元の宇宙意識を容認し、
さらなるポジティブな道を歩まれている方であるとも感じています。

manaさんとの伝授やメールでのやり取りを通して、
私は娘のアマンダ(次女仮名小5)と同じような匂い(質)を感じ、

さらに私が何度か当ブログで紹介させていただいています
さやこさん(「さやこのお部屋」というブログも書かれています)とも、
ダブって思えるほど同じ匂いを感じていました。

そんな中で3日前に
manaさんからいただいたメールを読んでいたら、
私はどうにもわくわくがとまらなくなり、
ブログで紹介させていただきたいと強く思いました。

そこでmanaさんにメールでお願いしたところ、
すぐにご快諾いただいたので、
こうして掲載させていただくに至りました。

manaさんは先ほど紹介しましたように、
主婦であり小さなお子さんの母でもありますが、

クラッシックの歌手としてコンサートに出演されたり、
ラジオ番組にも出演されたりしてご活躍されている方です。

レイキヒーラーとしては歩みはじめたばかりでありますが、
これまでにも歌を通してたくさんの人々や世に対して、
高い波動をめぐらせ癒しを実践されている

ライトワーカーとしてのお仕事を、
すでに積み重ねていらっしゃいますし、
今後も実践され続けることでしょう。

*以下の内容は3日前(2011年10月6日)に
manaさんからいただいたメールを、
前後の文章と一部文章を省略して、
ほぼそのまま引用させていただきました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

実は今年の5月の連休に入る頃、
アセンションのことを知りました。

はじめに岡本せつ子さんのHPに出会い、
そしてタエヌさんのブログに出会いました。

私は、お二人のメッセージを読んで、
嬉しくて、心が解放されて行くのを感じました。

私の中にある、なんともいえない表現できない愛の心
(今なら高次の意識だとわかります)が、

メッセージを読み、
とても癒され存在を許された気がしたからです。

この「愛」の気持ちは私の個性であり、
他の人には共有していないものだと思っておりました。

でも、たくさんの存在がこの心を持っており、
私はこのままで良いのだ、
このままこの気持ち大切に尊く思い、
一番に大切にして良いものだと知ったのです。

知らず知らずのうちに自分の
この愛の心を抑えて生活していた事にも気づきました。

思い返せば、私は思春期の頃、
地球の大気になりたいと思っておりました。

そうすれば、万人を愛せるし
風となり全てのものに愛おしいという思いを伝えられると、
心の底でずっと思っておりました。

肉体を持っている事はどこかしら不自然で、
その頃の私は自分が30歳になるということを
現実にも信じられない感覚を持っておりました。

そしてなぜかいつも泣きたくなると、
バッハなどの音楽を聴いてわけもわからず号泣していたのです。

ラジオがあれば、いつでも音楽が聴けるので、
生きて行けるとすら思った事を覚えています。

多分、20歳になるころに、私は肉体を自覚し、
その頃からそうした愛の心にも折り合いをつけていくようになった気がします。

そして細々とでもその気持ちと自分をつなぎとめてきたものは、
23歳から始めた「歌う」ということでした。

歌うことを選んだのは、
一瞬のインスピレーションが降りたからです。

泣いてしまうほどの幸福感と光と安らぎ・・・
を、感じたのです。

ですから歌うことは私にとって特別なことでしたが、
その後、歌をやめざるを得なくもなり7年ほど遠ざかりました。

もう、私の人生に歌はなくても良いかもしれないと、
歌への執着がなくなった時、コンサートの話が来ました。

いくつかの気づきや見えない波のような後押しもあり、
そして今年また歌が私の人生に戻ってきました。
いままでと全く違った色をまとって…。

その頃から、また少しずつスピリチュアルな感覚が
自然と感じられるようになりました。

私がどんな歌を歌いたいのか、
どんな舞台に立ちたいのか、
自分ではわからなかったのですが、

聴いた人が愛で包まれる、
神様っているんだなって思える歌が歌いたいと
ずっと思っておりました。

活動再開後は、なぜか声楽家としてラジオ出演したり、
また声楽家として被災地へ行ったりするなど、
不思議といろいろな導きがあり、

鈍感な私もさすがに、
これが私の今世でのお役目なのだろうと感じた次第です(笑)

歌っていると、その会場の全ての人を愛おしく思え、
愛と感謝の思いで私も幸せいっぱいになるのです。

こんなことは、○○(ある有名歌劇団)に所属していて、
本舞台をめざしてガツガツやっていた活動では味わえませんでした。

来週の日曜には、○○コンサート、
来月には○○コンサートと、
医療センターでのボランティアが続きます。

今世で重篤な障害を持って生まれることを選んだ
尊い魂たちに届くように歌ってこようと思っています。

お役目をこなせるよう技術も魂も磨いていこうと、
きらきらわくわくする毎日です。

~以下の内容はminaさんから昨日(2011.10.8)にいただいた
メールの内容の一部を引用させていただきました~

今世でのお役目だろうとわかっても、
歌い手として研鑽を積みつつ、
謙虚に無欲に宇宙を信じて
自分を必要としてくれる舞台を待つ、
というのは私にとってなかなか難しいときもあります。

歌が上手になってくれば、
傲慢さが出ます。欲も出ます。

動機が愛かどうかを、
どんな時も確認することが必要になります。

今日も、そんな自分に気づき反省し、
気持ちを新たにしたばかりです。

お役目も、魂を磨くためのものなんですね。

動機がぶれることなく、
できるだけ多くの人に聴いていただけるように、
上手くなりたい。

気づきにあふれる
こうした毎日がおくれる事に感謝しています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

manaさん、ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願い致します!


この先もより多くの皆様がスピリチュアルに目覚める事を願い、

より多くの皆様がよりポジティブにスピリチュアルな目覚めを続け
さらなる波動が高まり魂向上の道を歩み続ける事を願い、

私たち家族の在り方を通して、
ブログやホームページなどを通して、

そんなスピリチュアルに目覚めたみなさまと、
この先もさらなる多くのご縁があります事や、

スピリチュアルに目覚めた人同士のご縁をつなぐ、
よりたくさんの懸け橋のようになれることも願っております。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/







スピリチュアル

波動・エネルギーと物質世界との関係

2011年10月08日
DSC05487_convert_20111008074925.jpg
~真夏日&熱帯夜の続いていた石垣島も、ここ3日間の気温は最高気温が29度前後、最低気温は25℃前後で曇り空が多く、涼しく感じるようになってきています。今朝もどんより曇り空で気温は26度。石垣島周辺では、もうしばらくこんな感じの天気が続くようです。~

DSC05489_convert_20111008075144.jpg
~長女のグミ(仮名中3)が昨晩までの3泊4日間、九州(福岡・佐賀・長崎・熊本)へ修学旅行で出かけていました。その際に、私の愛用しているデジカメを持って行ったので、ここ4日ほどは当ブログに写真を掲載することをお休みしていました。ちなみに、3泊4日の修学旅行費は約12万円+昼食・おこずかい2万円の計14万円もかけ、生徒8人と引率職員3人に対して添乗員&ガイドさん&運転手つき貸切バスという…贅沢な修学旅行に感じました。でも、グミは大いに楽しんできたようですし、クラスメイト8人は大満足だったようなので、結果的にはめでたしめでたしといった感じのようです。~


*下記の内容は、2010年12月15日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。

5次元の世界である金星において存在していて、その記憶をすべて残したまま今の3次元の世の地球にて暮らしているオムネクも教えてくれていますが、3次元世界において物質化されていたり、真実の知識として広まったりしているような3次元的にもはっきりと認識できる事実は、実際にはすべてが5次元世界においてはすでに認識されたり存在されたりしているものの中のごく一部であるということです。逆の言い方をすれば、今私たちが認識しているような3次元世界でのあらゆる物質も知識も、すでに5次元世界には存在していて、その中のほんのごく一部のものが3次元世界の現実としてもたらされているということなのです。

ですから、我々が新しく認識したり、新しいものとして想像したりしていることのすべては、3次元世界の直線的な時間の概念に当てはめれば、‘その前’にすでに5次元世界では認識しているものばかりなのです。地球は‘この先’にアセンションして4次元そして5次元の世へと上昇していきますし、直線的な時間では‘この先の事’になりますが、実際にはすべてが今、同時進行していますし、それをあえて3次元的に時間を現在過去未来に分けて述べるとしたら、‘先に’高次元の世界において存在することや知識としてわかったことが、‘後になって’3次元世界でも現実化したり認識したりすることができているという理屈になるということです。でも、実際に宇宙的な捉え方をすれば、今、起きていることなので、‘同時もしくは後になって’と表現した方が適切かもしれません。

そしてこれは、波動・エネルギーの状態と3次元的に認識できる物質世界の状況との関係にも当てはまることなのです。つまり、どのような3次元的に認識できるようなものごとも、波動・エネルギーの状況に伴って、同時もしくは後になってから3次元的に認識できるような「現実的なこと」が生じるということです。

たとえば高次元に存在しているみなさんにとっては、波動の法則やカルマの法則はとても現実的であり、普遍的で完璧なものではありますが、3次元的な現実としては、はっきりと認識できることもあれば、すぐには認識できなかったり、とてもあやふやに感じたりよくわからなかったりすることもあります。しかし、波動・エネルギーの状況においてはすぐにこの法則は働いていて、直接的にはっきりとしているので、多次元的にはとても現実的といえるのです。

しかし、今の世の地球上の3次元世界の人々の中で、まだ多くの人がなかなか現実的なこととして意識することが難しいのは、3次元的に認識できる物質的な出来事や事実としては、ほとんどのことが‘後になって’現実化して認識できるために、それが波動・エネルギーによって当然の結果として引き起こされているとか、宇宙の普遍の法則が働いているとかといったような、3次元的には目に見えない状況が‘先に生じて’いて、そのために結果として起こったことということが、認識しづらいということなのです。

またこれは、波動・エネルギーの状態と肉体的な健康状態との関係においても同じことがいえます。気分がすぐれないとか体が重いとかと感じる際に、病気になったからそう感じるという理由付けが3次元的にはよくなされますが、実際には邪気や邪念等のネガティブなエネルギーを受けていたり、肉体的な疲労や不摂生がたたったことなどによって波動が下がったりしているためにそのように感じることであり、エネルギーがネガティブになるにつれて、波動が下がるにつれて、さらに不調和が引き起こったり、ネガティブなものを引き寄せたりするために、結果的にはっきりと認識できるような病気とか怪我とかといったような状況に陥ってしまうのです。

ですから本来は、気分がすぐれないと感じた時に邪気払いや浄化をしたりポジティブなエネルギーをより多く受けたり、体が重いと感じた時に睡眠をよくとったりポジティブな食事を摂ったりして改善すべきことを行えば、いわゆる病気や怪我などにならずに済んでいるでしょうし、実際に病気や怪我で苦しい思いをしても、薬に強く依存して物質である肉体を調整するよりも、根本的要因であるエネルギーや波動を高めるように努めることが本来はもっともポジティブな改善策であり、長持ちすることでもあり、同じような状況に陥ったりしないためにも必要な気づきや学びともなるのです。風邪をひいたからだるいとか発熱したとかというのではなく、本来はマイナスのエネルギーがたまったり、波動が下がったりしたために不調和が起きて、風邪と総称される状況に至ってしまったとか、肉体的なエネルギーが弱まり波動が下がってしまったためにウィルスに感染してしまった…と捉える方がポジティブである気づきや学びとなるはずなのです。

またこれは、レイキ等のスピリチュアルなエネルギーによるヒーリングを行った場にもいえることです。病気に至った際に、自己もしくは他者によってスピリチュアルなエネルギーによるヒーリングを行ってネガティブなエネルギーが浄化されたり、エネルギーや波動が高まったりしたとしても、それがすぐに肉体的な改善に至るかどうかはケースバイケースであります。エネルギー的にはある程度改善されて調和されても、物質的にも同じように調和されるに至るまでは、同時や直後の場合もありますが、不調和の度合いやその人自身の気づきや学びなどの個別の状況に応じて、肉体もエネルギーや波動の状況に見合った状況にまで調和されて改善するまでには時間がかかってしまい‘後になる’ことが多いのです。そして、薬によって肉体的に調整するよりは、根本的な要因であるエネルギー・波動が高まって改善した方が、はるかに有効でありポジティブなものであるのです。


これまで述べてきましたように、多次元的なことは実際にすぐにでも変化しますが、3次元的な意識レベルで認識できるのは同時もしくは圧倒的に後になってからの方が多いのです。また、急激に変化するよりも、徐々に変化した方がよりスムーズに受け入れられる場合が多いので、ポジティブな変化はゆっくりと起きる場合が多いのです。ですから、たとえばレイキの伝授を受けた際に、個性や必要に応じてスピリチュアルな劇的に感じるような体験をしたり、急激にエネルギーを強く感じるようになったりする方も中にはいらっしゃいますが、とてもさりげない感覚になる人の方がとても多いのです。

このさり気ない感覚を具体的にいいますと、温かい感じがした、心が穏やかになったような気がする、眠くなったとか眠ったもしくは伝授終了後にたくさん眠った(眠るとは究極のリラックス状態です)、体が軽くなったような気がする等々、じっくりと考えると「気のせいかな?」と思えるような事ですが、実際には気(エネルギー)のせいでして、まずは波動・エネルギーの変化をこのようなことから感じ始めて、その後に信頼してレイキを活用していくうちに実際に波動・エネルギーが高まってくれば、さらに具体的にもあらゆるポジティブな変化に気づいていく場合が多いのです。また、そのようなポジティブなさり気ない変化が積み重なっていくうちに、より具体的に、より大きな変化として3次元的に認識できる状態に至ったり、結果的に今と過去を比較して大きく変化していることに気づいたりすることも、よくあることなのです。

3次元的な現実的なことを、それなりに基準にすることは当然のことでありますし、3次元世界に生きている私たちにとってはもっともリアルではっきりと認識できることなわけですから、とても大切なことでもあります。ただし、3次元的な変化や現状としての現時点での結果に捉われすぎず、上記のような他次元的なことも意識して、より波動を高めるように努め、よりポジティブなエネルギーを得られるような選択を心がけて実生活を送るようにすることをお勧めしますし、そのように意識してポジティブな選択を続けていれば、3次元的な現実も、自分自身の波動・エネルギーに見合った状況に結果として至るのです。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/





バックナンバー改訂版

肉体遊び~高次の存在からのメッセージ~

2011年10月07日
*以下の内容は、2008年7月3日にタエヌが高次元の同志とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

魂としての意識体であった頃は、自由にどこへでも行けたし何でも思えば形にできたし、経験したいことを存分に経験できたし、すべてが自由自在に思うとおりに宇宙の中で在り続けることができたわけです。確かに肉体を持ってみて、慣れてきてしまうとそれほど不自由には感じなくなってきますが、もともとがあまりにも自由でポジティブで宇宙のおきての中にあって、制限と感じることなどはまったく存在していない、我が道理に基ずいて生きることを通してさえいれば、なにひとつ外部からの阻害も抑圧も受けることなく自らの選択に任されて、自由でいられたのです。

肉体遊びの主なものの中にはスポーツというものがあります。軽やかである魂に肉体という重い荷をまといながら、いかに肉体を操ったり調整したりして競い合ったり精神性を養ったりするというゲームを楽しむことは、これはこれでおもしろいことだと思いました。ただし、あえて肉体に負荷をかけすぎて酷使しすぎたり、精神や気持ちがネガティブになってしまったりすることをスポーツで体験することは、これは本来、好ましくないことになります。なにせ、3次元の世では、その世の中で肉体なくしては楽しむことができないわけですから。

魂と肉体の関係は、あなた方が車を運転するときの状態に似ています。いかに自分の完全に自由にはならない物質を、できるだけ意に沿うように動かして本体である自分自身を楽しませたり楽にさせたり、時には思いもよらぬ意志とは関係のない厳しい経験をさせられたりします。無理しすぎたり負荷をかけすぎたりすると故障しやすくなるし、整備をきちんとしつつより安全に運転していれば故障しにくくなります。そして車が故障したら修理をします。また、修理しても治らなくなったり、使い古して動かなくなったりしたら廃棄処分します。肉体は144の年にはどんなにきちんと使いこなせたとしても、3次元の世では滅びてしまうものでもあります。

肉体に頼らなければ世の経験が十分に味わえない3次元の世とは違って、さらなる高次元の世では、もっと違ったシステムが存在します。ですから、肉体は3次元の世のものとは違ってもっと自由に使いこなすことができるのです。そして、必要である時は身に付けていても必要でなければ脱ぎ捨てることもできます。ただし、使い捨てのようなものとは違うので、一度創造した物にはそれなりに創造した者の責任が生じますので、むやみやたらに作ったり脱ぎ捨てたりできるわけではありません。これも宇宙の道理の範囲内のことになります。

地球の世の現実という物質世界のことを、宇宙の高次元の中でより具体的に伝えて実感してもらおうとしても、難しい場合が多々あります。特にネガティブなものすべてや、物質界ならではの動きや五感的に感じることです。これは、逆もいえまして、高次元の世界を地球人のみなさんに伝えようとしても、正しく伝えられるような例えとか表現とかが乏しい場合は多々あることです。

五次元の世を実感できるような実体験をすることは難しいと思われているかもしれませんが、あなた方が見る夢に似ていると思われると良いでしょう。夢で起きている現実は、たとえ物質的世界の体験からすると痛みという肉体的な苦痛が伴うような体験をしても、実際は物質ではないので痛みは感じません。でも、目に映る映像は3次元の世と同じような物質でできていると思える世界です。そして、あなた方が想像した物や体験したいことが、実際に夢の中では現実化されることがあります。中には望まないことや知らない世界が映るといった、意思とはまったく違うと思われることまでも実現してしまいます。でも、5次元の世では、意思と違うことは実現しません。あくまでも、本人の意思による意のままの世界が実現するのです。これは、肉体や衣服などの身につけるものも家もそうですし、すべての経験も自分の意思によりすべてが実現します。ですから、自己責任はとても大きいものになります。でも、責任が大きいからといって重荷に感じるとか委縮するとかといったネガティブなものはまったく感じません。そして、カルマをすべて理解しているので、例え自分の経験がネガティブなものになったとしても、すべてはカルマによって自らの責任により解決していくのです。このカルマについていえば、3次元も5次元もまったく同じでありますが、そのことを理解して生かしているか否かという意識の全体的なレベルでは大きく違ってくるというだけのことなのです。

あなた方が肉体遊びをしていく時間も、もう残すところわずかとなりました。魂と肉体との関係の真実を理解し、4次元の世の高い波動の中に存在すれば、肉体は意のままに操ることができます。もちろん、病気というものにはそのようになりたいと望まない限りはなりません。自己成長のために脱ぎ捨てることも自分の意思でできます。肉体を操って競うことはもうやめてしまうでしょう。なぜなら、それよりも魂を高めることに全力をそそぐために、肉体レベルではなくて魂レベルが高まることに時間を費やすようになるからです。そして、5次元の世に至れば、さらなる理想の世が訪れます。あなた方が最高に理想の世界として描いた天国の世とか神の世とかといった世界など、きっと比べ物にならないほどさらにはるか高い波動の中で、3次元の世では想像することすらできないほどの愛に満ちた至福の状態において存在することができるのです。


*上記のメッセージの前半はアミ(高次の宇宙存在)からです。そして途中からユニーダル(タエヌの指導霊的な立場でインスピレーションを送り続けてくれている高次の宇宙存在)になりました。

*以下の文章は一呼吸置いたあと、引き続き受け取ったメッセージですが、内容が変わったしメッセンジャーも変わりました。たぶん私に近い地球のスピリットからだと思います。


今、地球上の物質が必要の分配に向けて大きく動いています。何百年にもわたり魔の犯してきたこととして、富を限られた人に集中させて他の多くの人々から物質を奪っていくという、この世におけるネガティブである経済的なシステムが、ついに終結を迎えるための準備は整いました。そして、宇宙本来の道理に基ずいた、必要を平等に分配するシステムへと移行するための動きが、世界各地で起こっています。そして、まもなくさらなる全体的に変革するための大きな動きが起こります。

これまでの金銭的な価値感覚でいる人々の中には、この先もどんどん進んでいくこの大変革の中、変革をポジティブに受容して生かしていくことを選択しない限り、不安や恐怖を強く抱いてしまう場合があります。そしてこのネガティブに受容してしまった結果から、自分だけが豊富でいられるような行動をとるとか、政治家や企業などの他の者のせいにしたりなんとかするように強く訴えるような行動にでたりするなどの、責任を他のものにおしつけて他のものに委ねるといった動機からの行動をとるというように、とても波動の低い状態になってしまいます。

こういった変革の時だからこそ、さまざまな情報の中において、真実をポジティブに受容して、実生活の中で自己責任をしっかりと持ち続けていく中で、自分ができること、わくわくすることを選択し続けるのです。そして、真の愛をめぐらせることに全力をあげるのです。そうすれば、人や組織のせいにするとかゆだねるとかという思考も行動も起こりませんし、先を見過ぎて(多少は仕方ないにしても)強く不安や恐怖を抱いて受容して取り越し苦労することもないでしょうし、自分だけ物質的に豊かで安全でいられるような行動をとろうとすることもないでしょう。

もうすでに地球上の物質的事実として明らかにわかるような、アセンションにむけての浄化や変革のたに向けた様々な現象が日々世界各地で起きています。物ごとのとらえ方、行動、愛のめぐらせ方、身を置く場所、ともに歩む人などなど、身近な実生活をあらためてもう一度しっかりと見つめ直して、より最良のわくわくする状態に近づけるようにして、より波動を高くして実生活を送っていけるように意識することが、今の世ではもっとも必要なことになります。そして、波動が高まれば高まるほど、今の世に転生してきた目的の真実をより多く思いだします。その目的を果たすために、気づいたり目覚めたりしたらすぐに思考や行動にも結び付けて実生活を送るようにすることが望ましいということになります。

*上記のメッセージは、2008年7月3日に当ブログで掲載した内容を転載しました。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/





バックナンバー改訂版

予防接種について

2011年10月06日
*下記の内容は、2009年7月23日にタエヌが書き下ろした内容の改訂版です。

私のブログの読者様であり、これまでにもHPアセンションスペースシューリエからのご依頼を頂いたり、メールでのお付き合いをしていただいているショコラさん(女性・仮名)から、以下の内容のご質問をいただきました(2009年7月頃)。同じような情報を必要とされている方がいらっしゃいましたらご参考いただきたいと感じましたので転載いたします。ご本人からもブログに載せることをご快諾いただきました。ショコラさん、ありがとうございます!

Q.ブログを読んで、以前から気になっていた事をタエヌさんに聞きたくなりメールしました。

私には1歳の女の子がいるのですが、予防接種を受けることについて迷っています。

うすうす「本当は予防接種は必要ない気がする」と以前から感じていたのですが、色々な本に(プレアデス系の本やマシュー君からのメッセージ、地底人からのメッセージです)予防接種はもともと持っている完璧な状態を引き下げるものと書いてあり、「やっぱり・・・」という気がしながらも、一般的に見てうけるのがいい母親的なところもあり、どこまで実行しようか、うけるのを迷っています。

友人で全くスピリチュアル的なこととは関係なく小児科医の本を読んで感銘を受け、予防接種を受けないことを選択した人がいました。結局その友人は長く期間をあけて受けることにしたそうなのですが(その小児科医の本によると0歳児に予防接種をすることをやめたほうがいいと強く主張されていて感銘を受けたそうです)、やはり病院側に白い目で見られ今後きちんと予防接種をうけるよう同意書を書かされたそうです。

良かれと思って病院側もそういった対応に出ているのもとてもよくわかりますが、そういったことを考えると、まだ実証のない予防接種を受けないという行為が本当にいいのか悪いのか考えてしまい、自信を持ってやる、やらないが決断できない状態です。

3歳のお兄ちゃんには何の疑問も持たず注射しましたが、やはり注射した2.3日は波動から見てもいつもと違う状態になり、訳もなくぐずぐずしていたのであきらかにいいものではないと以前から感じていましたがやる事が愛だと確信していたのでそのときは出来たわけです。

タエヌさんのお子さんには予防接種を全部うけさせましたか?

タエヌさん自身のお考えを参考までに聞けるとうれしく思います。

A.私も妻も、(2009年7月時点)数年ほど前までは、子どもに予防接種を受させることは、親として当然の義務であり、子どもにとってはポジティブなことであると思い込んでいました。ですから、それまでの間は医療機関から受けるべきであると伝えられて準備された予防接種のすべてを受けさせてきました。しかし、予防接種を受けることで子どもの免疫力や自然治癒力を低下させるとか、肉体にあえて注射器で傷をつけて体内に不必要な物を注入することによって波動を下げてしまうとか、イルミナティーの地球人類に対するネガティブな策略の1つであるとか…etcといった、ショコラさんと同様で高次の皆さんのメッセージに触れて、その情報を信頼するようになってからは、私の固定観念や価値観はすぐに大きく変わり、ここ数年は受けることを拒否するようになりました。

今、今年(2009年)の6月で6歳になった3女デンプ(仮名)は、3歳児検診のあたりまでは受けさせていましたが、その後はまったく受けさせていません。(それこそデンプの場合は、2歳の終わりころに保育園で流行した飛び火にかかってしまったために治癒証明書をもらいにいったのが医者にかかった最後のことでして、その後は一度も医者にはかかっていませんが…。)しかし我が家の場合は、時すでに遅しという感じで、デンプ以外の子どもたち3人は、幼少のころに受けるべきであると定められた予防接種すべてを受けてきましたし、デンプも多くを受けてしまいました。それでも我が子たちは、薬を飲んだり医者にかかったりした経験はほとんどなく、少なくともここ3,4年は、デンプの飛び火の際と、次女と長女が歯科医で乳歯の虫歯治療を数回行った以外はまったく縁がないことから、結果的には健康を害するような状況には至っていないというのが事実ですので、我が子4人のこのような物理的な結果からだけでは、予防接種の必要性に関しての有無はなんともいえませんが…。

もしも我が家に次の子が生まれてきてくれたら、今の時点では、まちがいなく予防接種は受けさせないようにすることを選択するでしょう。たとえ医療機関やらお役所やら学校やらといった他者がなんと言ってこようとも、我が子に対しては必要のないネガティブなことであると実感している予防接種を、私と妻の責任上、受けさせないことを選択し続けます。

以前ブログにも書いたことがありましたが、今の時点でも私たち家族は、任意で加入する保険には一切加入していません。一般的には最低限必要であるとされている国民健康保険も車の保険や生命保険にも入っていません。私も妻も、最低限の危機管理はしているつもりですが、まだ起きてもいないこれらの危機管理のためにお金を費やす必要性も加入する必要性も感じていないので、ポジティブな気持ち(わくわくする感覚)でこのような選択をしています。そしてこのような選択は、予防接種を受けるか否かの選択とも同じようなことであると思っています。シンプルにいえば「必要」を選択することに徹している中の1つのことなのです。

もし私が「お子さんに予防接種を受けさせようかどうかと悩んでいるのでどうしたらよいでしょうか?」というようなご相談を受けたとしたら、「お子さんにとって必要であると感じるのなら受けさせればよいかと思いますし、受けないことが最良であると信頼しているのなら受けさせない方がよいかと思います。いずれにしても、自らの意思では選択をすることが難しいお子さんに対して、多少の思考はめぐらしつつも、より直感的な感覚において、最大限の親の愛と責任も持つ中で選択したことであれば、どちらを選択しても間違いはない…と信頼すると良いでしょう。」と答えます。

以上です。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

以下は「空洞地球」徳間書店ダイアン・ロビンス[著]に掲載されている、地球内部の高次元世界に暮らす高次元の存在ミコスからのメッセージの中から、予防接種に関する内容を転載しました。

~予防接種からあなたの新生児を守ってください~

まったく新しい地球が誕生しつつあり、今、すべての魂はテレパシー、透視能力、そして大いなる英知をもって生まれてきています。そのために、あなた方の政府は病院でお決まりの予防接種を行わせているのです。この予防接種は、新生児が持つ高い周波数を抑圧し、生まれもって授けられた聖なるギフトへのアクセスを妨げます。「強制的」な予防接種の目的はまさにここにあり、新生児の光りを地球から遠ざけようとしています。

ですから、親愛なるみなさま、覚えておいてください。新生児のギフトは神性に授けられ、この惑星の病気から守られていますので、あなた方の病院やメディアを恐れることなく、新生児に害を与えることのないよう、自身の英知の光りに向かって下さい。新生児はあらゆる不利なコンディションに耐え得るよう十分備えてやってきており、病院や医者から与えられるものは何もありません。それは新生児の健康をゆがめるだけでしょう。ですから、新生児は自己のDNAによってすでに守られており、いずれにしても外部の解毒剤や予防接種が利益をもたらすことはないと知ることで、新生児を守ってください。

新生児はまた地上で生を受けた天使でもあり、この時期、さらなる光りを地球にもたらすためにあなた方のもとに生まれてきています。地球の光りの周波数は上昇しており、私たちの出現が本当に間近であることを悟りながら、私たちは下から応援しています。では、私たちの創造主の光と愛の下、ここでおいとま致します。

「空洞地球」徳間書店ダイアン・ロビンス[著] より引用

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/




バックナンバー改訂版

タエヌが霊的感覚の中で認識していること~HPでご依頼をお受けしている内容に関連して~

2011年10月05日
*しばらくの間、タエヌのホームページ「アセンションスペースシューリエ」にて受け付けをお休みしていた「守護霊様・前世リサーリ」ですが、本日よりご依頼の受け付けを再開させていただきます。また、やはりご依頼の受け付けをお休みしておりました「遠隔スピリチュアルヒーリング」のご依頼の受け付けも再開しました。実際にヒーリングを行うのは、ヒーラーとしての経験も多くありレイキティーチャーでもあるタエヌの妻atumiです。(タエヌは妻のヒーリング中にバックアップします)

詳細はタエヌのHP「アセンションスペースシューリエ」に記載してありますので、よろしかったらご覧くださいませ。


*以下の内容は2010年8月29日に当ブログで掲載した内容を改訂・追加して転載しました。

私は毎朝、早い時には3~4時頃、だいたいは5時前後に起床しています。起床してすぐに、パソコンを開いてメールをチェックすることから始まり、毎朝行っているいろいろなルーチンワークをしています。

タエヌのホームページ‘アセンションスペースシューリエ’から有料でご依頼をお受けしたお仕事の中でも、リーディング・チャネリングを要するような関係のお仕事は午前中に行うことが多いです。その結果を文章にしてまとめたり、遠隔ヒーリングや月末の大祓いを行ったりするお仕事は、午後に行うことが多いです。メールの返信やパワーストーンの発送は、必要に応じて行っていますが、基本的には午前8時頃~午後3時頃までの間に行うようにしています。

いずれにしても、レイキ伝授の終了時間が夕方になったような場合は別ですが、それ以外の日の多くは、午後3~4時頃までにはメールの返信もブログのアップもお受けしたお仕事も完全に終了して、マイホームパパモードに移行し、妻と分担し合って、子どもたち(次女・3女)の宿題をみたり夕食を作ったり、一杯飲みながら家族で団欒したりしています。基本的にはほぼ毎日、夕食は午後6時に食べ始め(長男・長女は部活をしているのでいないことが多いです)、就寝時間が夜9時前後で、子どもたちが寝る時間に合わせて消灯して寝ています。

私がHPを通してご依頼をお受けしている守護霊様や前世のリサーチでは、とてもたくさんの霊力を使いますし、私の波動や体調が、かなり高まった状態をキープできる時のみ可能です。なぜ、そんなに霊力を使うのかといいますと、相手の守護霊様と意図的につながってリーディングをしたり、相手の一霊四魂といわれる魂本体とつながったりする必要があるためです。そのためには、私よりもはるかに高い波動を持つ、ご依頼を受けた相手を特定してその特定した相手の方の一霊四魂に呼びかけて波動をできるだけ合わせるようにして合わせていただくからです。そして、伝えていただいたことをより正確に読み取るには、右脳や第3の目やすべてのチャクラなどを集中させて、3次元の領域とは違う霊的な領域に入り込み、3次元の世と意識を分離しつつも、顕在意識で認識して言葉にする状態を、ある程度長い時間キープする必要があるからです。

私のリサーチした結果の内容をお知らせする際には「見せてくれた映像は~」「~をしている場面です」などというような表現をしてお知らせする場合がよくありますが、実際は目で見ているのではなくて右脳の奥や上の方などに出てくる、5感に当てはめれば映像としてはっきりと見せてくれたことを描写しているのと同じことなのでそのように表現しています。そして、それは微細な感覚における領域なので、思考や自らが描いたイメージなのか、それともインスピレーションなのかというジャッジは一件難しい様にも思われがちですが、私がこれまでの経験によって培った感覚や現段階での自分自身の霊的能力への信頼から、思考やイメージとインスピレーションとを分離して認識していると自負しています。

ちなみに、上記のような状態の時に、3次元的に言い換えてわかりやすく表現すれば、私は映像を見ています。この映像は、写真のような場合もあれば、短編ドラマのように動いていることや音声が聞こえる場合もあるなど、私が状況をわかりやすいような状態にした映像を見せてくれます。ですから、色が何色であるとかどのような姿でどのような表情をしているかなど、細部にわたって伝えることもよくあるのです。これは、ご依頼いただいた人の状況によって違うので、そんなに詳しく分からない場合もありますし、はっきりと感じさせられる場合もありますが、すべては必要に応じてのことと私は感じて信頼しているために、リーディングさせていただいたまま表現しています。

普段、人と会ったり人を見たり感じたりしての霊視は、私が意図したり3次元的な5感と分離させて感じるように意識したりしなくても、必要な情報は相手から私に伝えられてくるので、私はただ単に「聞き役」であるだけでよいということになり、特別な霊力を使おうとしたり状況をめいいっぱい高めたりしなくても、より純粋な気持ちで愛を持って接するようにすれば、私はナチュラルな感覚の中で教えていただけるのです。

この場合もやはり必要に応じて…ということが基本となるのでしょうが、人によっては見た瞬間にオーラの色も今世の在り方も現段階の波動も状況も守護霊様も前世も瞬時に分かる場合もありますし、何一つ見た目以外には感じられない場合もあります。以前、私の霊的能力がどうやら人よりも高いのだろうと感じた頃は、やたらと人を意識的に霊視したこともありました。でも、今は必要以上には極力しないようにしています。理由は、これも不干渉の法則にのっとっているからです。必要以上に相手を知ろうとすると、自分も同じことをされてしまいます。

直接お会いしてスピリチュアルカウンセリングを行っていた頃の中でも、4,5年ほど前までに何度か経験したことなのですが「私の身体の健康状態を見てください」と、お会いしてすぐに、いきなり試されるような質問をされたことがあります。たぶん、今ならそのような質問に対しては冷静に対処して、いきなり答えるというよりはそのような人を試したり疑ったりすること自体に対しての根本的な話から入ると思いますが、当時は自分を信頼してもらおうと必死な部分もありましたので、ちょっと力むようなこともありましたが、相手の肉体のオーラを見てその状況を知らせていました。実は、私にとっては他のオーラよりも肉体のオーラはとても感じやすい(見やすい)ので、それなりに正確に読み取って伝えると、みなさん決まって驚くと同時に、その直後から私を信頼してくれて、その後にご相談の本題に入るというパターンでした。同様に「私を見て感じることを言ってください」と、いわゆるシッティングを求められることもありましたが、私にそのように見てほしいという気持ちを持たれた方は、自らの根本的な状況をより鮮明にオーラに映し出してくれるので、やはりとてもわかりやすいという結果になります。

でも、その後は試されるようなことはなくなりましたし、いきなり本題に入る方が多くなりましたので、私としてはお互いにそれなりに信頼関係が保ちやすく、必要以上に知る必要がないために、よりリラックスして感じるままにチャネリングした状態のまま相手に伝えるようにしています。でも、これも人によって違うので、ある人は過去世や今世の状況が伝わってきてズバズバと私が話す場合もありますが、ほとんどスピリチュアルな感覚から伝わってこない場合もあります。そもそも、もうここ2年ほどは対面によるスピリチュアルアドバイスを原則的にはお受けしてはいないので、過去の話になってしまうかもしれませんが…。

またこれはメールでのやり取りでも同じことでして、相手と対面をしていなくても、必要に応じて認識することができますし、気がつくと相手の一霊四魂とチャネリングしてリーディングした状態で書いていることも少なくはありません。ですから、私はメールを書く時も、それなりに波動を高めてある程度その波動をキープして落ち着いてメールを書ける状態になった時のみメールを書くようにしています。ただし、最初に書きました守護霊・前世リサーチをする時のように、相手を特定して意図的にチャネリングしてリーディングするわけではないので、あのような状態にまで自分をもっていかなくても大丈夫ですので、今日のような感じの時には、それなりに状態を保てるように自分をもっていって仕事に励むようにしています。ちなみに、今、こうしてブログを書いているこの状態も、そんな状況を作ることができたために書き綴ることができています。

霊能者といわれる人の中には「霊能力のスイッチをオンやオフの状態に場面に応じて切り替える」というような表現をする方がいらっしゃるようですが、私は同様の状態を感じつつも、普段の実生活の中においての霊能力のスイッチのオン・オフは、私の一霊四魂が自動調節してくれているものと信頼しています。ですから、認識する必要が生じた時にはその必要性に応じて感じる(霊的感覚の中で見える・聞こえる・味わう・触れる・匂う・香る)ことが許されます。中でも、神様の独特な香りやお姿、いろいろな色や肉体を見せてくれた宇宙存在のみなさん、どれだけ多くの方々とお会いしたかという数はわかりませんが、すべての守護霊様のお姿は、認識する(お会いする)たびに至福感を得ることができます。ちなみに妻の感じ方は、見たり聞こえたりしたことはないようですが、匂いや香や味として認識できることが多いです。

ちなみに、高低の波動から発されるエネルギーは、霊的感覚の中でも認識できますが、肉体の感覚で察知するのがもっともわかりやすいと私も妻も感じていますし、特に低い波動から発されるエネルギー(邪気・邪念など)は、はっきりと感じ取ることができると自負しています。(特にこめかみや後頭部、第3・4を中心とした各チャクラ周辺の肉体的な感覚からは、敏感に読み取って顕在意識で認識することができます)

神道フーチによる神社リサーチに関しましては、紙に書き記した相手の情報をもとに神道的な儀式の中で相手の一霊四魂とつながり、割り出した神社へとフーチを通して1軒1軒訪ねて、神社とかかわりのある大神さまとつながることによって、ご依頼者様との関わりをお伺いするというやり方で行っています。そのためには、お知らせいただいた住所近辺の地図を探して特定したり周囲にある神社を調べたりするなどの準備に時間がかかりますが、やはりメールやブログを書くときと同様に、それなりに自分の波動を上げた状態で落ち着いて取り組める時間さえ確保できれば、リサーチを行うことができます。

私は特にここ数年ほど、こうしてブログを書く際に、時には高次の方の名前まで知ることを許されるのでその際には書き表しますし、どのような存在であるかという大まかなことを伝えられた場合にも書き表しますが、実際はなるべく分離しないで、今回もそうですが自分に降りてきた高次からのメッセージや感覚などのインスピレーションの大小に限らず、できるだけ私の顕在意識の中で整理するようにして、私の名で書くことを望むようになりました。もちろん必要に応じてより最良の状態を望んでいるということは常に意識しているわけですからケースバイケースということになりますが、私が書き表すブログの内容に対する責任感は、やはり私が書いたという文章表現の方がより強く自己責任を持てるということも理由の1つであろうと感じます。でも、どなたからのメッセージであろうと、何を転載したかとか参考にしたかとかといった内容であっても、同じように私のブログに載せた以上、すべては私の自己責任によるものであるわけですから、そのように自覚して公開している次第でもあります。

それでは、今回の最後の内容となりますが、私の今世に目覚めた霊的能力を使って尽力させていただいている、私の現在行っているアセンションスペースシューリエの仕事を、ここで一通りの内容に関しまして簡単に紹介させていただきます。

「月末の大祓い」は、人や家や場所を特定する情報をお知らせいただき、毎月末に30~40分かけて遠隔でエネルギーを送りつつ、邪気払いや浄化&エネルギー充電を行っています。現在、アセンション直前の2012年12月までのご予約を受け付けております。

「産土神社・鎮守神社リサーチ」では、生まれた時からずっと守護してくださっている産土の大神様(守護神様)に通じる神社のリサーチや、今お住まいのご自宅や職場や学校などを守護してくださっている鎮守の大神様に通じる神社のリサーチを行っています。

「守護霊様リサーチ」では、メインで守護してくださっている守護霊様の地球上に転生していた時の状況や守護パワーや守護の度合いと、守護霊様からのメッセージ、そして現段階で守護霊として護ってくださっている高級守ご先祖霊団の数をチャネリングしてリサーチしています。

「前世リサーチ」では、数多くある前世の中でも、私の知ることが許された(私に伝えられた)いくつかの前世をお伝えしています。

「レイキの遠隔伝授」では、お申し込みたいただいた後にテキストや私と妻と娘との共演による手作り解説DVDや書籍をお送りしてご理解いただいたうえで、時間を設定して時間を合わせて伝授を行っています。当所の遠隔伝授によって、これまでに約百数十人のレイキヒーラーさんが誕生し、自他へのヒーリングにご活用いただいています。

「遠隔スピリチュアルヒーリング」では、ご依頼いただいた人や家や場所に対して、ヒーラーでありレイキティーチャーでもあるタエヌの妻atumiが、約30分の遠隔でヒーリングを行っています。

「パワーストーンの販売」では、特にエネルギーが強くて良質なパワーストーンを厳選し比較的お手頃な価格で提供させていただいています。ブレスレットは妻atumiの手作りで、サイズに合わせて心をこめて作成しています。そしてタエヌが浄化&パワー入れをして、石垣島の癒しのエネルギーもたっぷりと入ったパワーストーンをお届しています。

当ブログを書くことに合わせまして、わくわくの波動の中で今世の私の使命と感じているお仕事を、このようにアセンションスペースシューリエのHPを公開して受け付けております。

もしわくわく感じられて必要に感じられましたら、メールにてお申込みいただければ当方なり精いっぱいの尽力をさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/






バックナンバー改訂版

高次の存在からのメッセージ

2011年10月04日
そなたが感じておられるよう、私は確かにそれらの神々やひふみ神示にまつわる魂でありますが、神示を書いたものでも書かせたものでもなく、同じ位置にはあれども、まったく同じであるわけではないということを最初に示しておきます。(メインでメッセージを頂いている高次の存在以外にも、複数の方々ともつながってメッセージを頂きましたので、メッセージの途中や区切り目で雰囲気とか表現とかが、少し変わっている場面もあります。)



おもしろいように今の地球の世は、必要の世となっています。必要なものはどんどん栄え、必要でなくなるものはどんどん消えているのです。贅沢は敵とも申しますが、敵ではなくて人の欲が生み出すもの。人そのものであります。贅沢する物品が栄えてあふれているうちは、まだまだ人の世は3次元のままであるという証拠なわけですから、敵ではなくてわかりやすく世を映し出す鏡であるということになるのです。生き映しなのです。

かといって何を贅沢とし、何を必要とするのかは人それぞれの価値観によって違うものであるわけですから、その線引きはあなた方では難しいことになるわけですが、我々のような宇宙の真理において全体を見渡している者にとっては、その識別を容易に行うことはできるわけです。あなた方は、他人に対して贅沢をするなと指摘することは差し控えるようにし、自らの基準において必要を超えた贅沢であると感じたことは差し控え、経済的には厳しいと感じていても、必要であると感じたことは得るようにするということに徹していれば、宇宙の道理における必要な物は必ず神が用意してくれているわけですから、実際には無理なく手に入れることができるという結果が生じるわけです。逆に申せば、無理しなければ手に入らないような物や、贅沢であると強く感じるようなものは、本来はあなたにとっては必要ではない物である場合が多いので、さし控えた方が本当に必要な物がより必要であると感じられ、物質的に満たされている幸福感も得るようになるはずです。

今、与えられているすべての状況に対して、その与えてくれたあなたにまつわる神々に対して深く感謝すべきです。もとは1つの神なれど、もたらすのはあなたの守護神やまつわる神々。そして仏や守護霊一同であります。あなたのすべてはあなたが得たものでありますが、そのために大きな力を与えてくれているのが、あなた方には目に見えない存在であるけど目に見えるような働きを促している神々やハイヤースピリットであることを、常に意識して感謝すべきであります。感謝はいくらしても贅沢ではありません。すればするほどさらにおかげを与えられるのです。



そなたは、お金のめぐりを悪と思っていた時期もありましたが、今は必要なお金のめぐりを自らが呼び込んだ方がよろしとわかってきたこと。これとても真理に基づく今の世を幸せに嬉しうれしと生き抜くためには大切なこと。だから、そなたがそなたの意を持ってお金を呼び込むことを祈ったり人に向けたりしても良いのだということを、ここであらためて申すことにした次第であります。ハイヤースピリットは力を貸しますが、お金を現物として与える力はありません。神々もその通りだから、そなたの前にお金を用意して、ほら使いなされよと差し出すことはできないのです。差し出すことができるのは人間の世では人間のみ。物質世界では物質である人間の意思や意識が絶対的に大きな役割を果たしているのです。神は神の世界に在り、おかげを与えてくれるハイヤースピリットはその世界においておかげを与えているのです。同じであるけど同じでない世界に身を置いていて、近くにあれどもそなたからは遠く感じるような域に在る我々は、やはり気を与えることがもっとも直接的に手を下すことができる範囲であるわけです。人の世は、人によって動くことが基本なのです。



瞑想して高次の世に意識的に入り込むこと、これはこれで大切ではありますが、だからといって今の世をおろそかにしては何一つ良いことはないし、もともと今の世を乗り越えようという意欲の薄い者には真実の高次の世には到達できるはずがないのであるということを、今一度肝に銘じる必要があります。これは神の世界じゃ仏の世界じゃ天使の世界じゃと申して惑わせ、良き気を吸い取る幽界の霊たちは、次の世に向かい存在できなくなることを防ごうと、必死になってうごめいているのです。だから、そんなものたちには惑わされないようなサニワの力が必要になるわけですが、今の世から逃げたり今の世を幸せに生き抜こうと努めることを薄くしていたりするようでは、高次の世は逃げ場所ではなく高めて入れていただく世であるわけだから、そんな状態ではサニワも何も正しくできず、真実の高次の世に入ることは宇宙の法則によりなかなか難しいことになるのざぞと申しておろう。



今を愛し今を大切にし今をもう一度しっかりと見つめ直してくだされよ。今が一番。今が最も変えやすいのであることを、もう一度肝に感じて今を正しく豊かに愛あふれる生き方にすることに全力を挙げることが大切であるということになるのです。あの時はこうだったと過去を振り返るのは構わぬが、今もあの時のようになるかといったらそれはわからぬということ。今のそなたらの気の持ち方一つで、どのようにでもなるようにできるのであるということ。そなたらの意思の力、想念の力、言霊の力は本当にものすごい威力があるのだということを、このような所から見ているからこそわかっているこの真実を、今一度こうして伝えているのざから、もっと信じてくださることを本当にお願いしたいくらいじゃ。

そして、そなたの願いの状況を呼び込むこと。待つこと。そして動くことが大切。動くとは肉体ばかりではなく、意識を動かすことも大切。気を動かすために想念言霊も大切。あたりまえだが愛が大切。純粋な心あたりまえな条件じゃと申しておろう。本当に心から願えば、それが必要であり道理に適っており欲からではない純粋な心からの願いであれば、おちゃのこさいさいと叶うように神が動き世が動きそなたの周りのもの全てが動き、あれよあれよと思っているうちに、ほらこのとおりと手に入れることができる、そんな嬉しうれしの世の中であることを、そなたが率先してもっともっと指し示す必要があることを、もっともっと肝に銘じておくれよ。



確かにお金をためることも大切。計算して考えることも大切。でも、必要を差し控えたり、貯めることで使わないで寝かしておくよりも、お金を必要としているお金が不足している人やお金があればさらに光輝く人や人のため世のためになるようなことであれば、それが目の前にやってきた場合には、そなたの持つ眠りしお金の目を覚まさせ、その必要のためにお金を眠らせていたことだったかとその必然を喜び、嬉しめぐりをそなたが促進させること。これとても神喜び魂喜ぶことであるのざぞ。まもなく、そんな分け与えあう世になっていくのざぞ。我のもの誰のものではなく、どれもかれもみんなの物なのだということを、今もう一度肝に入れ、めぐりを進めること。これぞまさに必要であること間違いなしということじゃ。



人も物事も、善悪というジャッジをしてはいかん。いかんというより、することによりそなたもされることになる。これがめぐりじゃ。悪と感じることも、行っている者は悪とは感じず、そのわくわくする心から意識が進み行動した結果が、世の道理や宇宙の道理には適っていないようなことであったり、人や世に対して迷惑かけることであったりするから悪というレッテルを張って嫌がるが、もともとみんな愛の存在。悪とは思わず結果が悪であるというだけで、その個々の波動や価値観においてはわくわくすることを選択した結果が悪であるという、領域を越えた多くの他人からのジャッジを受けただけのことなのだということを、ここであらためて心に思い意識されると良かろう。だから、決して他人をジャッジしてはならない。ジャッジする必要もない。すべてがめぐりによって本人に返ってくる。そのめぐりも早まり、このままでいくと道理に適っていないことをわくわくして行い続けると、すぐにこの美しい地球にはいられなくなることを、早く気付くよう願ってあげればいいこと。ただそれだけでいいのざぞ。神はすべてのものに対して公平にめぐりを与えてくれる。必要を与えてくれるということを、今ここでしっかりと心するようにしておくことが大切。


もうまもなく夜明けの時が来る。夜明けの時とは天の時になるということ。光の世になるということ。我々の位置する所では当然のことであるが、そなたの位置する所からは想像を超える光が待ち受けていることを、そなたが感じていること、真実の知識として得ていることを、どんどんもっともっと世に示すべきである。光の世に移るにはこの先何があるのか。どのよにして光の世に移り、今在る肉体や生活や世の中がどのようになっていくのかという真実を、もっともっと多くの人に示していくべきである。それがそなたの役目の一つぞ。わかっておろう。これも必要なことであると申してあろう。大切なことであると申してあろう。


*上記の内容は、2009年3月17日にタエヌがチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/






バックナンバー改訂版
 | HOME | Next »