FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

宇宙の求める「仕事」

2011年09月12日
DSC04864_convert_20110912075236.jpg
~デンプ(3女仮名小2)とアマンダ(次女仮名小5)の通っている小学校では、昨日11日(日)に大運動会がありました。全校児童数は2年生2人、4年生3人、5年生1人の合計は6人で、石垣島内の全小学校20校の中でも、最も人数の少ない小学校です。このように人数的には我が子たちが全児童の3分の1を占めてることになっていまして、デンプは最下級生、アマンダは最上級生となっています。~

DSC04865_convert_20110912075326.jpg
~最上級生…ということで、アマンダは入場行進の時に全児童の先頭を歩いて旗手をつとめました。実は、アマンダは運動会へ参加することに対しては前日までまったく乗り気ではなくて、約1週間の練習期間中も多くの時間を見学したり、団体行動をせずに一人でいたりして、相変わらず自由人を貫き通し、草木や虫や鳥などと触れ合ったり見たりしていることがよくあったようで、帰宅するとそんな学校での自分自身の行動をペラペラと自分でも語っていましたし、あきれ顔でデンプも時々そんな様子を語っていました。アマンダは今年度に入って(昨年度の途中)から、特に何かの3次元的に説明できるような要因があったわけではないのですが、学校では先生や子どもたちにも一言も言葉を発することがないとのことですし、校内ではデンプに対してもまったく言葉を発していないそうです。でも、我が家の中では、もっともおしゃべりであると感じるほど、ペラペラと日本語をしゃべりまくっていますし、近所や街中のお店のおばちゃんやお兄さんとも、気が向けば普通に会話しています。~

DSC04880_convert_20110912075900.jpg
~この写真では逆光のために分かりずらいのですが、上の写真のように校庭は全面が芝生になっています。トラックは1週150mある広くて立派な校庭です。アマンダとは対照的に、デンプは練習中から優等生的な感じで、やる気を前面に出しながら、はりきって頑張っていました。~

DSC04895_convert_20110912080059.jpg
~エイサー(沖縄の盆踊りのような感じのもので、三線や太鼓などに合わせて踊ったり歌ったりすること)を全児童6人が校庭全面に広がって踊りました。このエイサーも、他の踊りも集団行動も、あまり練習には参加をしていなかったアマンダではありましたが、それなりに正確に踊ったり、スムーズに集団行動がとれたりしていたために、先生方や普段のアマンダの様子を知っている人たちは、ちょっと驚いていたようですし、きっと先生方はホッとして安心したことでしょう。本人いわく「まわりの人の動きを見ながらうまく合わせた」そうですし、「10か所くらい踊りを間違えた」そうですが、この天然宇宙人の能力(天才?)には、デンプも妻も感激していました。

ちなみに、今回の内容は特にアマンダに関しまして、「はっきりと書きすぎちゃったかな~…」と思ったので、今、近くにいるアマンダに、ここまで書いた内容を読んで聞かせました。なんだかニヤニヤしながら聞いていて「ブログにそのまま載せてもいいよ~」とのことでしたので、公開することにしました。ちなみに、今回の写真も今まで掲載した写真も、本人たちはブログに乗せて公開することを快諾してくれています。~

DSC04899_convert_20110912074924.jpg
~今朝12日(月)AM8時頃に自宅ベランダより撮影しました。ずっと好天の続いていた石垣島でしたが、今日は久しぶりに朝から雨降り模様で、北風も吹いて28度ほどあった気温が一気に25度台前半にまで下がり、涼しく感じる天候となっています。自宅周辺ではAM8時前後の数十分間は、どしゃ降りの大雨(スコール・ゲリラ豪雨)となり、いつもは近くに見える海も川平半島周辺も、まったく見えないほどの状況が続きました。自宅前の坂道では、雨水が川の上流のようになって流れていました。~

*下記の内容は、2009年12月7日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「今の私にできることで

世のため人のため地球のため宇宙のために

もっとたくさんお役にたつことがしたい!」


このような内容のわくわく感が

直感的な中で湧きあがった時

具体的に自分がやりたいと感じたことが

すぐに思い浮かぶ人もいれば


具体的に何をしたらよいのかが思い浮かばずに

時間をかけて探そうとする人もいるでしょうし

願いを弱めたりあきらめたりする人もいるでしょう。


またその時点で自分の行っていることが

たとえ強く自覚することができていなかったとしても

実際には世や人や地球や宇宙に対して

結果的にそれなりの貢献していることであるだろうと

あらためて認識する場合もあるでしょう。



純粋で愛をそれなりに大きく抱いた中でのわくわく感を

顕在意識でしっかりと認識し

自らの顕在意識の中で願うと


その願いは宇宙とつながり

今の世で現実的にできるような具体的なことを

インスピレーションや直感などによって与えてくれます。


そしてこのような願いが

世のため人のため地球のため宇宙のためにポジティブであり

魂向上のために必要なポジティブな願いである場合は


守護霊様や守護神様や守護仏様などの

身近で守護してくれている

高次のスピリットからも必要なものが与えられるのです。


そして与えられたインスピレーションや直感やお導きなどは

顕在意識にわき上がったり五感で確認できたりして

意識の中で即座に認識することができる場合もありまが


すぐには認識できず

時間が経ってから認識できる場合もあるのです。


この即座に認識できるのか

もしくは時間が経ってから認識できるのかの時間的な差は

すべてが必要に応じてのこととなります。


この必要かどうかの状況判断は

魂や宇宙によって成されるので

顕在意識では操作することが難しい場合もありますが

もっともポジティブなことであるのは確かであります。


ですから、もしその時点の顕在意識において

具体的な実践する内容が認識できなかったとしても


このような根本的にポジティブなことを願い続けてさえいれば

必要に応じて顕在意識でしっかりと認識できる時が

必ずくると信頼することが大切であります。



そしてもしその必要な時がきて

顕在意識の中において

具体的に実践したいと感じたことや

すでに実践していることがそうであると認識できたら


それが単なる思考による思いこみなのか

魂向上のための道として与えられたものなのか

直感的に判断できればそれに従えばよいのですが


実際にはインスピレーションや直感の場合は

自らの思考と混じり合うために

その分離をして判断することが難しい場合が多いでしょう。


ですから具体的にあらためて何かをやりたいとか

今行っていることがそうであると感じたりした場合には

思考の中で内容をより具体的に膨らませていったり

できることから実際に実践してみたりすることが大切になるでしょう。



そしてもしあらためて意識的に実践しはじめたり

何か実践していると感じているようなことを

より意識的に歩み続けたりしていく場合には


実践していることが魂向上のため

地球や宇宙の発展のために必要なことであり

自分自身の本来のお役目として歩んでいるポジティブな道であれば


守護の存在のより強いご加護や

さらなる宇宙の神の導きもあり


その人のその時点の必要に応じた道を

無理なくスムーズに歩み続けることができ

満足感や幸福感などのポジティブな感覚に包まれ続けることでしょう。


本来歩むべき自分自身の道を歩んでいて

さらにポジティブな道を歩もうと思い

その歩んでいる道が魂の意志と一致していれば


その人にとっての魂向上のために必要な学びの場は

無理して切り開いたり

ネガティブに感じるようなことを

あえて乗り越えるようなことをしたりしなくても


高次の守護の存在の協力があり

宇宙の神が導いてくれるので

とてもスムーズに道を歩むことができるのです。



しかし、もし具体的に実践しているうちに

ネガティブな感覚が大きくなったり

わくわく感が薄れてきたりした場合には


あらためて自らの意識の中で反省してチェックし

歩んでいる道に軌道修正が必要であると感じれば


当所に抱いた具体的内容に固執することなく

わくわく感に従って修正をし続け

よりポジティブな道へと変化させる必要もあるのです。



「今の私にできることで

世のため人のため地球のため宇宙のために

何かもっとお役にたつことがしたい!」


このような願いは

すべての人に共通している

今の世に転生した目的である

魂を向上させるためには必要なことであります。


宇宙の真理において

このような意識を持つことは

根本的に重要なことでもありますし


このような意識を抱くことができたということは

自分自身の波動が順調に高まっている証拠であり

スピリチュアルな目覚めが進んでいる証拠でもあるのです。


ですからこのような意識に基づいた願いが

より純粋であり

より愛に満ちたことであって

より本人の自然な姿で歩めるものであれば


願いは叶わないのではないのかというような

不信の念や取り越し苦労を抱いて

波動を落とさないように心がけ


願いを叶えるために自分ができる目の前のことを

よりポジティブな気持ちで歩み続けてさえいれば

道はスムーズに開かれていきます。


このようにしてよりポジティブな実生活を送る中

本来の自然な自分のわくわく感に従って

自分の道を歩み続けていれば


必然的に

あるべき所に

あるべき時に

あるべきことが起こるのです。



「今の私にできることで

世のため人のため地球のため宇宙のために

もっとたくさんお役にたつことがしたい!」



このような純粋で愛に満ちた動機を持ち続け

意識的に実践しようとしたり

実際に実践したりすることは


宇宙の真理に基づいた

本来の光の道を歩むためには

とても大切なことであります。


そして実際に

世のため人のため地球のため宇宙のために

お役にたつことができている実践のすべてを


宇宙の発展にとって必要な

人の成すべき本来の「仕事」をしていると表現できるのです。


そしてこの「仕事」をし続けることにより

たとえ3次元的に認識できるような

お金や物品や名誉などの見返りがあってもなくても


そのポジティブなカルマによる恩恵は確実に与えられ

魂にとっては永久的な財産となって蓄積されていくのです。


《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/








スポンサーサイト



バックナンバー改訂版
 | HOME |