FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

癒しの手のひら

2011年09月05日
DSC04796_convert_20110905080239.jpg
~今朝撮影しました、ぬかが少しついたままの状態の‘ゴーヤーのぬか漬け’です。ゴーヤーの実を半分に切って中の種をきれいに取り除き、塩を軽くすりこんでから、ぬか床に約24時間~48時間漬けこむとできあがりです。この写真のゴーヤーのぬか漬けは、天然塩(石垣の塩)をすりこんで、私がほぼ毎日手でこねこねして大切に育てているぬか床に、約48時間漬けこみました。~

DSC04797_convert_20110905080856.jpg
~ゴーヤーのぬか漬けを細く切ってそのまま食べても美味しいのですが、そこにカツオブシと醤油をかけて混ぜ合わせたもの(上の写真)を温かいご飯に乗せて食べると、食がガンガンとすすみますので、今年の夏の我が家の朝食には欠かせない一品となっています。食感は、シャキシャキした歯ごたえがあって、ゴーヤー独特な苦みとぬか床から吸収した様々な味とがバランスよくマッチしています。ゴーヤーはちょっと苦手かな~…という地元の人でも、ぬか漬けならおいしく食べられる!という人もいました(実は私も妻もその中に含まれます)。ちなみに、石垣島で生まれ育っている何人かの地元の人に聞いた話によると、「ゴーヤーのぬか漬け」は今までに見たことも食べたこともないとのことでしたし、ぬか漬け自体が石垣島では一般的ではないとのことでした。~

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今日は午前中からご予約いただいている遠隔レイキアチューンメントを行う予定があるために、先ほどまで準備を進めていました。一通りの準備が終わったところで、ふと書き表したくなったことがありますので掲載します。

癒しのエネルギーが多く出る手には、五感で認識できるような特徴的な現象を見られることがあります。以下に示す現象は、手のひらから癒しのエネルギーがたくさん出ている人には必ず見られる現象というわけではないので、下記のような状況にならないからエネルギーがあまり出ていないというわけではありませんが、もし下記のような現象が表れるようでしたら、あなたの手のひらからは、癒しのエネルギーがたくさん放出されているであろうということを認識され、より意識的に、より有効に手のひらをご活用されることをお勧めします。

(1)まず左右どちらか片方の手のひらを開いて表面を見てください。

(2)手のひらを開く際には力を入れて広げて開くのではなく、力を抜いて開くようにしてください。その際、5本の指が軽く内側に曲がっている感じになります。

(3)1,2分間、じっと手のひらを見つめ続けていてください。その際に力を入れて凝視する必要はないので、手のひらの表面を軽い気持ちで観察する感じが良いです。

(4)1,2分の間に以下のような現象のすべてではなくても「いくつかの現象」が見られたり感じられたりしましたら、あなたの手のひらからはたくさんの癒しのエネルギーが出ていると確信してよいでしょう。(★は特によく見られる現象です)

★手のひら全体の色(赤み・黄色み・黒み)が濃くなる。(赤くなる人が多いです)
☆手のひら全体がむくれたような感じになる。
★手のひらに白い斑点のような模様が出てくる。
★手のひら全体が温かく感じる。
☆手のひらがびりびりしたりちくちくしたりする感じがする。
☆もう片方の手のひらも同じような感じになったり、身体全体が温かくなったように感じたりする。

わくわく感じましたら、ひとつの目安としてお試しください。

そして、もしご自身の手のひらから癒しのエネルギーが、
それなりにたくさん出ているようだな~と感じられましたら…

手のひらを使った自他へのヒーリングを実践されてみたり、

レイキ等のヒーリングテクニックを身につけて、
より多くの癒しのエネルギーを得て、
より有効にご活用されたりすることもお勧めします。

*上記の内容は、2009年5月31日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/






スポンサーサイト



バックナンバー改訂版
 | HOME |