FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

愛のバランス

2011年08月31日
*以下の写真は今日31日(水)の午前10時頃から11時半頃の間に撮影しました。

DSC04723_convert_20110831142104.jpg
~アマンダ(次女仮名小5)と二人で、徒歩10分(帰りは登り坂メインなので15分)ほどで行ける自宅から最も近いビーチのピゲカゲ浜までウォーキングしました。県道を200mほど下った後に左折して、車約1台分の幅の細道をさらに数百メートルほど下り(上の写真)さらに木や雑草の茂る道(下の写真)を歩くとピゲカゲ浜に到着します。~

DSC04725_convert_20110831142318.jpg

DSC04728_convert_20110831142929.jpg
~ピゲカゲ浜ではサンゴや貝に加えて、星の砂や水晶も見つけることができます。この写真はアマンダが星の砂を探している様子ですが、この写真を撮影した直後に3mmほどの小さな水晶を見つけて喜んでいました~

DSC04730_convert_20110831143716.jpg
~今日も風は強めで、厚い雲のかたまりが風に乗っていくつも流れていましたが、晴れるととたんに猛暑に感じて海もブルーになり浜もキラキラ輝き、曇ると周辺が薄暗くなってクーラーがかかったように涼しくなりました。石垣島の夏の日差しはメチャメチャ強いのですが、日陰に入ると熱さがグッと和らぎ心地良く感じることがよくあります~

DSC04734_convert_20110831144355.jpg

DSC04735_convert_20110831145120.jpg
~帰り道は途中から自宅まで約500mの登り坂が続きます。それほど急な坂ではありませんが、この坂道を登るたびに体力の衰えを感じ、時間がちょっと長く感じるひとときとなっています~

DSC04737_convert_20110831145339.jpg
~自宅まであと100m…地点で元気よく咲いているブーゲンビリアの花~

*写真は本日31日の午前10時~11時半の間に撮影しました~


愛には‘自己に向ける愛’と
‘他に向ける愛’とがあって

その2つの愛のバランスが
よりポジティブに保たれているほど
人はより大きな愛のめぐりの中に在ることを感じ

さらによりたくさんの愛を
自分へも他にもめぐらせることができ
より大きな幸福感がもたらされるのです。

自己に向ける愛が強すぎると、
自己中心的になったり傲慢になったり
自分に合わないものを排そうとしたりするなど、
ネガティブな波動を発しやすくなりますし、

自己への愛が強すぎることに気づきにくく、
自分では気づかぬうちに不調和を招くことも多くあり、
不調和の要因を他者のせいにしたり攻撃したりするなどして、
さらなる不調和をめぐらせることも増えてしまうでしょう。

また、実際には自己愛が強すぎていて
自分に愛を大きく向けていることに気づかず
他に愛を強く向けていると自身は思いこんでいるのに

本当は自分を好きで自分に愛を強く向けていて、
自分の欠点に焦点を合わせるたびに
自己愛が弱く自分を嫌いだと思い込んでいる。

そのような思い違いのようなケースは
それほどめずらしいことではなく

自分自身をおごり高ぶって捉えていたり
魂が高い位置にあるとは思い込んだりせず

逆に自分を低く見すぎていたり
実際に放っている波動よりも低く見過ぎたりしていると

こんな感じの思い違いをすることはよくあることで
自分ではなかなか気づくことができないことでもあります。

このように実際には自己への愛が強すぎていて
他に向ける愛が弱い中でバランスを保とうとすると

知らず知らずにネガティブな波動が生じてしまい
他者からの愛を自分により強く向けさせようとしたり
嫉妬心や羨望やエゴが強くなったりしがちなのです。

でも自己愛を強く持てる人は
その時点では自己への愛が強すぎても
実際には愛全体の光は強い人でもあるので

その愛の向け方の偏っている状況に気づき
自己愛と他への愛のバランスを
よりポジティブに保つように努めるだけで

すぐにでも高い波動になって
より調和のとれた大きな愛のめぐりが生じ
とてもポジティブな状況に至ることができるのです。


これまで述べてきた状況とは逆に
自己への愛が弱く
他への愛が強すぎていて

自分を犠牲にしすぎたり
自己への愛が足りなかったりすると

やはり上記に述べたことと同様に
愛のバランスはネガティブになって低い波動を発しやすくなり
知らず知らずのうちにネガティブな状況に陥りやすいのです。

でもやはり他に愛を強く向けられる人は
愛を大きく持っている人であるわけですから
そのバランスのネガティブさに気づいた時点から

自己愛と他への愛とのバランスを
よりポジティブに保つように努めるだけで
すぐにでもポジティブな波動に変えることができるのです。


自己への愛が強すぎると、
自分内の狭い範囲で愛がめぐるために息苦しくなりますし
他への愛が強すぎると酸欠状態になりますので

ほどよく愛の光をとりこみ
ほどよく愛の息吹を他に向けてめぐらせたほうが
スムーズに呼吸する(愛をめぐらせる)ことができるのです。

結果的に自己中心的になってしまっていたり
逆に自己を犠牲にしてまでも他者を助けたりするよりは

自己も他も大切にして
よりポジティブなバランスを保った中で
愛をめぐらせることが大切なのです。

そうするためには…

まずは自分自身の愛のめぐらせ方を知ること。

その中でネガティブな状況にもし気づいたら
反省し改善するように努めること。

そしてよりネガティブな状況にならないように努め
よりポジティブにバランスを保った状態をより長く続けること。

さらにそれを習慣にして積み重ねること。

より謙虚に 

より楽天的に

よりナチュラルに

よりシンプルに

より直感的に

調和に基づいて

より自己責任を強く持った中での自由意思に基づいて

自分自身の愛のめぐらせ方の状況を認識し
バランスをよりポジティブに保つよう努めるだけで

すぐにでもよりポジティブに
より大きく愛を大きくめぐらせることができ

より大きな幸福感を
より強く味わうことができるのです。

*上記の内容は2011年4月25日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。

《よろしければ1日1回ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします》
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわく☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、‘なう’で書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/





スポンサーサイト



バックナンバー改訂版
 | HOME |