FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

昨晩のわくわく ~石垣島ダイアリー~

2011年02月12日
2011年2月12日(土)曇り
最高:15.9度・最低:13.8度

2011年2月11日(日)曇り時々雨
最高:19.9度・最低:14.0度


安住アナや香川照之さんが石垣島に来てくれて
石垣島出身のボクシング元世界チャンピオン具志堅さんと
3人がメインで出演したテレビ番組「ぴったんこカンカン」が
昨晩2月11日に放映されました。

DSC03457_convert_20110212133836.jpg
~12日(土)AM10時頃、街へ買い出しに行く途中に車中より撮影しました~

私が時々釣りをしに行く新川漁港の近くにある
具志堅用高記念館の放映から始まり
ラー油で有名な辺銀食堂などの市街地のお店が紹介されたり

市街地に向かう途中によく前を通るフルーツ園や
グミ(長女仮名中2)の通う学校近くの川平湾の景色といった
私たち家族にとっても馴染みの場所も放映されました。

沖縄版の放送では
石垣島に関する映像が放映されることがよくありますし

尖閣諸島問題関係のニュース報道などで
全国版の放送でも時々石垣島の映像が流れますが
その都度見入ってしまいますけど

やっぱり昨日のような感じで
ポジティブな紹介のされ方がされて
さらに高感度の高い有名人が来てくれると
心からわくわくして嬉しい気持ちで見てしまいました。

DSC03455_convert_20110212133612.jpg
~やはり昨日の番組の中で紹介されていた、具志堅用高さんが中学時代にバイトをしていたというフルーツ園~


タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわくひとりごと☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。ここには、たわいもないようなことや、ちょっとした気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、気の向くままにさらりと書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/







スポンサーサイト



日記

修養を重ねるということ ~その2~

2011年02月12日
*下記の内容は、2008年2月17日にタエヌが書き下ろした内容の改訂版です。

私がこれまでに使ってきた修養という言葉の中でも、主に心(精神)の修養とは何かということを、私なりに簡単な表現にしますと「より宇宙の道理に基づいた道を歩み続けること」ということなるかと思います。そのためには、「波動の高いことを選択し、波動の低いことを選択しないようにすること」が基本になります。つまり、比較的多くの皆さんが日常的に心がけていることでもあるということになりますが、山にこもって断食をするとか滝業をするとかといった荒業のようなことなど、日常生活から離れた所にて修養するということよりも、実はこの日常の実生活の中で行うことの方が、はるかに修養を重ねることができるし、様々な困難がある場合も多いということになります。

穏やかな幸福感に包まれて大きな愛の中で実生活を送っている人がいれば、罪を犯したり怒りや恐怖といったおもいきり低い波動を放っていたりする人もいる。神や仏もいれば魔もいる。3次元の世には、様々な波動が入り混じって共存しています。特に、このアセンション完了直前という状況下では、エネルギーの高まりから波動の高低が2極化しているために、その波動の差は日増しに大きくなっているということが現状です。

そんな中で心(精神)の修養を重ねいくということ。つまり、「宇宙の道理に基づいた正しい道を歩み続けることにより、波動を下げないように努めつつ波動を高めるということ」は、並大抵のことではないことである、ということになります。

例えば、「常にご縁のある人に対して笑顔で挨拶をする」ということで、人との調和を高めたり暖かい波動を送ったりするという目的の修養を選択したとします。結果として、笑顔で挨拶をしてくれ人もいればさりげない人もいるし、中には無視をする人がいたり嫌な顔をする人もいたりするでしょう。そんな中、相手によって態度を変えたり波動を下げたりせず、常に高い波動を保ちつつ笑顔で挨拶するということを習慣にしていくというのは、結構たいへんなことであるといえます。

例えば、我が子に対して低い波動である怒りとかエゴとかといった感情を向けないようにするという修養を選択したとします。我が子が自分の目の前で自分の意に反することをしたり許せないことをしたりしたときに、心穏やかに怒りの感情を持たずにすべてを許して受容し、表情も言葉も波動も高いままでい続けるということは、中学生以下4人の子どもを育てている父親という立場である私としては、ついつい怒りやエゴなどの低い波動の感情が入ってしまうことがあり、常に高い波動でいるということは不可能に近いといってよいほどたいへんなことであると思っています。

修養は日常生活の中において、いくらでも積み重ねることができます。現に、多くの皆さんは、修養という言葉や意味を意識していなくても、正しい道を歩むことやわくわくすることを選択するということは、人間としてこの世に生まれたときから行っていこうとしていることでもあります。

そんな中で、愛から発している宇宙の道理に基づいていると確信できることに関しては、顕在意識の中で修養していることの動機や目的や意味といったことを強く意識して行うことと、そのように意識することや行動することを重ねて習慣にしていくということが、とても大切なことであるということになります。そして、自身の身についた習慣としての確固たるものになると、より人格が高まり高い波動がめぐりオーラが輝いていき、人や地球や宇宙などのすべてに対して、より高い波動をめぐらせるという素晴らしい貢献ができるということになります 。

*上記の内容は、2008年10月28日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。


タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

タエヌのわくわくひとりごと☆なう
~タエヌのもう1つのブログです。ここには、たわいもないようなことや、ちょっとした気づきや感じたことや与えられたインスピレーションなどを、気の向くままにさらりと書いています~
   ↓   ↓
http://ameblo.jp/taenu/

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/






バックナンバー改訂版
 | HOME |