FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

みんなでアセンションしましょ!その9

2011年01月24日
私が石垣島に移住してからの平日はほぼ毎朝「めざましテレビ」を6時頃から7時までの1時間ほど見ています。(千葉に住んでいた頃は「ズームインスーパー」を見ていましたが、沖縄では放映していません)夕方も同じ局の「スーパーニュース」を見ています。新聞も興味ある記事には目を通し、ヤフーのトピックスや経済、また他のネットの情報もいろいろと見ているので、世の中の動きやニュースは、それなりに毎日欠かさずに情報を入れていると自負しています。

そのような情報に関しまして、わくわくするような情報があるとじっくりと詳細を見て知識として得たり、妻や子どもたちとの話題にしたりもしますが、かといって、やみくもにすべての情報を詳しく知ろうとしているわけではありません。昨日の記事‘みんなでアセンションしましょ!その8にも書きましたが、ポジティブな情報に対しては焦点を合わせるようにして、ネガティブに感じるような情報や、知識として得る必要性を感じないような情報であると識別したことには焦点を合わせないようにしたり、ポジティブに変換して受容するようにしたりするよう留意しています。

今回紹介いたします以下の内容は、昨日と同様にBASHAR2006」(著者‘ダリル・アンカ’株式会社ヴォイス発行)に書かれている内容を引用したものです。情報の受け止め方、アセンションに向けての意識の持ち方、この先の時代の流れ等に関して簡潔に書かれていますので、転載させていただくことにしました。どうぞご参考ください。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

《「暗闇」も倍増して見える意識変革の時代》

この惑星で起こっている、もっとも大きな変化のひとつはみなさんの意識、そして精神性、スピリチュアルの探究であり、拡大です。その変化が起こっていなければ、私たち(バシャールなどの高次の宇宙存在)はこのように交流していないでしょう。

ただ、この惑星で多くのみなさんが意識を光の方向に拡大していると同時に、一方で、多くの人々が暗闇に向けて意識を拡大しています。それはこういうことです。

みなさんはいま古いサイクルの最後、そして、新しいサイクルの始まりのところにいます。古いサイクルを完了するときにはいつも、その移行を早めるために、スピードが加速されていきます。ですから、何であれみなさんが自分の中にもっとも強く持っている波動が倍増し、より速く、より強力に現実化してきているのです。

だからこそ、みなさんの多くが意識を拡大させ、成長していると同時に、地球上のあらゆるところで苦しみやネガティブなことが増えているように見えています。それは、古いサイクルの中に残っていた葛藤が非常に倍増した形で表面に現れてくるのです。

表面に現れることによって、自分の中にあった光の部分も闇の部分もはっきりと見ることができるのです。それによって、自分が未来に何を望むのか、はっきりと意識的に選択することができるのです。

多くの人たちが怖れの中で生き、その怖れによってほかの人たちに怖れを引き起こしています。そういったことが少しの間、どんどん強くなっているように見えるでしょう。しかし、暗闇というのは持続できる波動ではないので、否定的なエネルギーを長いあいだ維持することはできず、やがて自滅していきます。

《ポジティブなエネルギーを新しいシステムに使う》

そのような時代にありますから、2005年から2015年の間に古いシステムは崩れはじめ、昔のように機能しなくなっていきます。ですから、古いシステムを変化させようとすることには、実は何の利益もないのです。

それより、想像性やポジティブなエネルギーを新しいシステムづくりに使う方が有益です。そうすれば、古いシステムが自滅したとき、新しいシステムが自動的に置きかわるのです。ですから、精神性や意識、情熱や喜びを探究しているみなさんのような人々が、新しいプロジェクトや技術などをつくりだすために自分たちの情熱のアイディアを使うことが非常に大切なのです。

それによって、古いシステムが機能しなくなったとき、ほかの人々をサポートすることができます。そのとき、壊れていくものに意識を向けないでください。不安に思ったり、心配したりする必要はありません。よりポジティブな方法でつくりだされる新しい可能性のほうにフォーカスしてください。

みなさんが新しいシステムをつくりだすにつれて、地球上のさまざまな文化、さまざまな国のあいだでいままでよりもっと開かれたコミュニケーションがされるようにもなります。そして、それによって、地球規模でのサポート・システムをつくり、新しいシステムを確かなものにしてくれる新しい種類のネットワークが形づくられていきます。

上記の内容は、「BASHAR2006」(著者‘ダリル・アンカ’株式会社ヴォイス発行) より引用しました。

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/







スポンサーサイト



スピリチュアル

‘祈り’

2011年01月24日
*下記の内容は、2009年10月14日にタエヌが書き下ろした内容の改訂版です。


純粋な愛の気持ちから生じる祈りは

高い波動の光のエネルギーとなって

確実に届きます


祈りとは‘願い’や‘希望’や‘理想’などのポジティブな意識を

強く思い何かに向けて発することです

祈りには形式もしきたりも制限も強制も必要ありません


ただただ純粋な愛の気持ちの中で祈れば

祈りの波動は広がり

光のエネルギーとなって届きます


ある特定した地域に対して祈りをささげれば

その祈りによって

特定した地域に光のエネルギーが届きます


より多くの人が祈りをささげれば

集合エネルギーとなり

より大きく働きます


たとえばある地域で

大きな災害がもたらされることを予測されたような時

祈りの力によって

大難が小難におさえられる場合もあるのです


より多くの人が

地球自体に祈りをささげることで

地球全体の波動はさらに高まっていくのです


自分に対しての祈りも

他人に対しての祈りも

すべてが光エネルギーとなって届くのです


純粋な愛の気持ちで祈りをささげれば

カルマとなって

自分自身にも光エネルギーがめぐってきます


純粋な愛の気持ちさえ抱くことができれば

だれでもどこにいても真の祈りをささげることは可能です

特別な形式もしきたりも制限も必要ないのです


純粋な愛から生じる祈りは自由です

純粋な愛から生じる祈りは奉仕です

純粋な愛から生じる祈りは光のエネルギーなのです


*上記の内容は、2009年10月14日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。

《1日ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。》
  ↓    ↓
人気ブログランキングへ

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/









バックナンバー改訂版

癒しのひととき ~石垣島ダイアリー~

2011年01月24日
2011年1月23日(日)晴れ時々くもり
最高:23.0度・最低:17.0度

DSC03248_convert_20110124040837.jpg


今日の石垣島の気温は
平年よりほんの1度ほど高めでしたが

1月初旬から中旬にかけては
気温の低い日が多く
晴れ間も少なかったために

今日は朝から天気は良好で
やけに青空がまぶしく感じて
とても暖かで心地良く感じる一日でした。

DSC03263_convert_20110124041224.jpg


そんなぽかぽか陽気の中
午前中はレイキのアチューンメントをして
さらに心地良い気分になりましたが

昼食後は子どもたちのリクエストにこたえて
5kmほど離れた川平半島の先端近くにある
夏によく海水浴をした底地ビーチへと
水筒やお菓子を持って遊びに出かけました。

DSC03249_convert_20110124041046.jpg


このビーチは白砂で小石は少なく
遠浅で小さな子どもの海水浴には絶好の場所ですが

この時は干潮に近かったために
浜から数百メートル先までは膝下の水位しかなく
水温もほど良かったので

海の生き物たちを見ながら
ひたすら海の中を歩きまわりました。

DSC03272_convert_20110124041359.jpg


特に何をしたというわけでもなく
のんびりと過ごしたひとときでしたが
心わくわく癒された
あっという間の数時間でした。

DSC03276_convert_20110124041542.jpg

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/







日記
 | HOME |