FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2学期制から元に戻して3学期制へ ~石垣島ダイアリー~

2010年12月25日
何ヶ月か前のことですが、石垣市では教育関係者と義務教育を受けている全保護者を対象として、公立学校の2学期制と3学期制とのどちらが望ましいのかといったようなアンケート調査が行われました。

その結果、公立学校の教員の中では2学期制が望ましいとする割合が高かったようですが、全体の割合では3学期制が望ましいと答えた人が多かったとのこと。つまり保護者の中では3学期制が望ましいと答えた人の割合はかなり多く、教育関係者でも公立学校の当事者ではない方も同様でしたが、公立学校の教員は逆に2学期制を賛成している人が多いという結果になりました。

石垣市では市の方針を受けて石垣市の公立学校全校が、今年度は2学期制を実施していたようです。ちなみに、2学期制を導入しているために、石垣市内の公立学校では冬休み前の昨日には、2学期終業式ではなく‘2学期前期終了集会’という名目での集会が行われたようです。また、石垣市の公立学校では10月8日に1学期の終業式が行われて、翌日からの3連休を‘秋休み’と称して、3連休明けの10月12日に2学期の始業式が行われました。私からしたら、なんかちょっととってつけたような秋休みという名称も、終業式の数日後の始業式という名目の集会を開くことも、なんだかスムーズではない、滑稽にも感じるような思いでいました。


今朝の八重山毎日新聞に掲載されていましたが、このアンケート結果を受けて、市の教育関係者によって来年度の方針が決まったようです。その決定事項とは、来年度は市の方針としては、元に戻して3学期制を導入するとのことです。ただし、2学期制を引き続き行いたいと職員や保護者の中で意見が多くまとまった場合には、教育委員会の承認を得られれば学校裁量で2学期制を引き続き導入しても良いとのことにもなったようですが、教育長のコメントによると、保護者の賛成を得るのは難しいだろうというような見解を示していました。

私たちが子どもの頃(私は昭和39年2月生まれです)は、公立学校で3学期制が当たり前だったと記憶していますし、あらゆる面でスムーズであると今も私は思っています。でも、私が過去に約15年ほど公立学校の教員をしていた時代に、2学期制を取り入れた学校も3学期制の学校も経験してきましたが、勤務していた学校は成績表を書くのも2回でしたので、2学期制の学校の方が、成績表を書く回数が1回少ない分、時間的にも気力的にも成績表を仕上げるための労力はたくさん使うために、1回減るだけでも教師としての仕事量はかなり楽になったという印象が強く残っています。でも、教育に関しての流れにおいては3学期制の方がスムーズに感じましたし、実際の子どもに対する教育の質というような観点では、特に変わりなかったように感じていました。

評価に関しての観点でさらにいえることは、教師が子どもの意思も確認せずに当然のごとく子どもを勝手に評価して数字や言葉などによって表現することも、子ども自身の自由意思を問われることもなく、まるで当然のごとく評価を受ける立場になってしまっている子どもたちにとっても、教師が評価を成績表という形式にまとめることや、子どもたちが成績表を受け取ることは、スピリチュアルな視点での捉え方をすれば、実際には機会が少ない方が根本的にはポジティブであるといえるでしょう。

もちろん、2学期制に関しては評価に関すること以外にも、その良さは他にも色々とあるのでしょうから、一部の観点においてのみ述べるのも偏っているとは思いますが…。

まあここで、2学期制と3学期制を比較して、賛否に関することとか、私の意見とかをさらに詳しく書くつもりはありませんが、今朝の新聞記事を読んで、なんとなくこんな内容を書きたくなったので表現してみました。


☆今年も「年末の大祓い」を実施いたします。12月29日に年末の大祓いを行う予定ですが、よろしければお申込みいただきましたら、タエヌなりに精いっぱいの尽力をさせていただきます。(すでに12月末の大祓いをお申込みいただいている方は、同じ日に同じ内容で行いますので、あらためてお申し込みを頂かなくて結構です)合わせまして、来年の月末大祓いのお申し込みも承っております。
http://www.shuwrie1.com/sub1.html

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/








スポンサーサイト



日記

だれがわくわくしているの?クリスマスの小中学校駅伝大会 ~石垣島ダイアリー~

2010年12月25日
2010年12月25日(土)雨時々曇り
最高気温 18.7度
最低気温 16.5度

2010年12月24日(金)晴れ時々曇り
最高気温 24.5度
最低気温 17.7度


今日はクリスマスということで
我が家では娘たちがクリスマスケーキを作って
みんなで食べるというイベントが企画されています。

我が家では昨年もケーキを作って
その様子を当ブログにも掲載しましたが
昨年は寒い千葉の冬の中で大いに楽しみながら作りました。

でも今年は石垣島にいるので
ケーキ作りには常温では室温が高すぎるのではないかと
昨日までは思っていましたが

昨日に比べると今日はだいぶ気温も下がってきたので
ケーキ作りだけを考えればラッキーといえるでしょう。

我が家の今日のクリスマスっぽいイベントは
このケーキ作りとケーキを食べることくらいですが

アマンダ(次女仮名小4)とデンプ(3女仮名小1)は
朝からケーキ作りを楽しみにしていて
2人でわくわく自宅で遊びながら夕方のその時を待っています。

そしてグミ(長女仮名中2)も
朝からケーキ作りを楽しみにしつつも
実際に今は中学校に行っていて
ちょっとした試練に立ち向かっています。

理由はグミの通っている小中学校の
駅伝大会に参加するためでして…
その手伝いとして妻も駅伝コースに立って
子どもたちを誘導する係をたのまれたために
一緒に朝から出かけました。

グミの千葉県に住む友達は
23日から冬休みに入ったとのことで
先日の日記に書きましたように
沖縄旅行を楽しんでいるのですが

グミの学校は実質的にまだ冬休みには入っておらず
クリスマスの当日である今日も朝から学校に行き
ちょっと苦手としている中距離を走るわけですから
最終的には自分の意思で参加しているものの
望ましいことではない試練のように感じているようです。

今週の初め頃にグミは学級担任の先生に対して
「どうして誰も望んでいないと思われるような
クリスマスで土曜日の休みの日に
わざわざ駅伝大会なんてやるのですか?」
とクラスのみんなのいる前で聞いてみたそうです。

すると私と同年代の担任の男性教諭は怒り出してしまい
「みんなおまえたちのためにがんばって準備を進めているんだぞ!
それなのになんてことを言うんだ!先生たちに感謝しろ!」
と言われたそうです。

グミもクラスのみんなも頭の中では???と
はてなマークがいっぱいになったようですが
「先生だってやりたいとは思っていないけどがんばっているんだ」
というような事も言われてさらに?×10倍くらいに
はてなマークが増えたようです。

今は午前10時30分
朝から雨模様で風も強く吹いていますが
妻もグミも帰宅してこないので

小雨と強風の中でどうやら予定通りに
PTA(Parent-Teacher Association)つまり
保護者と教職員による教育関係団体主催の

いったいその中のだれがわくわく望んでいて
企画されたのかはよくわからない

グミの通う小中学校の全児童・生徒対象で
児童・生徒のため(?)の駅伝大会が
今、川平の地で行われているようです。

ちなみにアマンダとデンプの通う小学校は
今日から冬休みですので
自宅でわくわく2人で遊んで楽しんでいます。

DSC03031_convert_20101225100725.jpg
~AM9時半頃、自宅ベランダから川平湾周辺を撮影しました。川平湾をはさんだ対岸までは自宅から数kmほど離れていますが、5倍の望遠で撮影しました。写真中央の電信柱と電線の交差している所にある薄いエンジ色の屋根が、グミの通っている中学校です。中学校の学区はアマンダとデンプの通っている我が家の目の前にある小学校と、中学校と同じ敷地内にある小学校の2校分の地域で、半径約6~7kmはある広い範囲ですが、全校生徒は22人と少ないです。~

DSC03032_convert_20101225101800.jpg
~望遠を使わずに撮影しましたが、今日の石垣島の川平周辺は陸も海も荒れ模様の天気です~

《1日1回ワンクリックずつのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。》
  ↓    ↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

☆今年も「年末の大祓い」を実施いたします。12月29日に年末の大祓いを行う予定ですが、よろしければお申込みいただきましたら、タエヌなりに精いっぱいの尽力をさせていただきます。(すでに12月末の大祓いをお申込みいただいている方は、同じ日に同じ内容で行いますので、あらためてお申し込みを頂かなくて結構です)合わせまして、来年の月末大祓いのお申し込みも承っております。
http://www.shuwrie1.com/sub1.html

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/







日記

歴史は繰り返さない~プレアデス&タエヌからのメッセージ~

2010年12月25日
*以下の内容は、2008年12月8日にタエヌがプレアデスの存在とチャネリングしながらタエヌの意識も混ぜて書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

あなたがもし、深い闇の中の洞窟に迷い込んだとき、さらに奥深い闇の道が続いていたとしたら、あなたはさらに奥深くまで行くことを望みますか?それでも、出口を捜すために奥深く進むべきだと感じた場合には、出口を求めてさらに奥深く歩いて行くでしょう。そして、ある所にさしかかったとき、大きな道が開けていましたが、一方では細く不安定ながらも光が差し込む道が見えたとした場合、あなたは光を求めて光のさしこむ道を歩むことでしょう。道は険しく、時には通ることが困難なほど狭くても、あなたは壁を崩したり底を掘ったりしてでも、光を頼りに突き進む道を選択するでしょう。そして、まばゆい光の差し込む出口を見つけて洞窟から外に出られた時、それまでの暗闇にいた恐怖も不安もすべてが過去の出来事となって忘れ去り、今、こうして光の世界にいることができている喜びのみを大いに味わうことでしょう。そして、それまでの間を暗闇でネガティブな思いをしたため、余計に光の中にいられことの嬉しさや、恐怖や不安などといったネガティブな感情から解放されたポジティブさとが、これまで以上に強く実感できることができるでしょう。

あなた方地球人類として今存在している多くの方は、そんな経験をするために3次元の世の地球を選んで転生してきました。しかも、まもなく闇から脱して光のみの世界になるアセンションの時を迎えるという、この素晴らしい時代への転生を望み、神から選ばれて転生することができた栄誉ある魂なのです。ただし、地球上のすべてのものと共に光の世へと向かうためには、あなた個人が、闇から脱して光の存在として羽ばたく必要があるのです。これは、あなた方個々のレベルの問題でもあるのです。

でも、個々のレベルの問題とはいっても、光の道へ進むには個々のレベルのみではとても難しいこととなります。なにしろ、3次元の地球の世には、あなたという個の魂以外にも、果てしない数のたくさんの魂が存在するために、その魂たちとの調和を重んじることが光の道へと進むための基本的なこととなるからです。

ここでいう魂とは、地球上に存在する魂すべてを指します。もちろん人間やそれ以外の生物にも魂が宿っています。木の葉1枚1枚にも魂は宿っているのです。水にも菌類にも、すべての生きとし生ける物には魂が宿っているのです。地球自体も生命体なので魂が宿っているのです。

あなた方が、普段何気なくしてしまう環境破壊は、地球という魂との不調和を引き起こします。逆に、ちょっとした環境に対する気遣いは調和を深めます。すべての魂はあなたとの調和を望んでいますので、あなたもすべての魂と調和を図るように努めることが大切なこととなります。地球レベルにおいても宇宙レベルにおいても、基本的であり根本的なことは、お互いに調和を求めあっているということなのです。

カルマの法則は完璧に働いています。あなたがしたこと全てはあなたに返ってきます。そして、このカルマとは、全宇宙レベルにおいてつながっている魂や波動レベルにおいてのことなので、例えば環境破壊をしたから自分の住んでいる土地の環境が破壊されるというようなほぼ同じ出来事がカルマとして返ってくるというだけの意味ではなくて、同じような低い波動の出来事や情緒などといった、波動レベルや魂レベルにおけるカルマとして返ってくるのです。ですから、低い波動のカルマを多くの魂たちとの間で引き起こした場合、同じように多くの魂から、同じような低い波動のものを返されてしまい、自分自身が経験するようになるということなのです。つまり、3次元的な物質的出来事がそのまま返ってくるのだけではなく、同じ波動の質の出来事が返ってくるということなのです。

もちろん、ポジティブなカルマを多く生じれば、同じような質のポジティブなカルマとして返ってきます。愛多く、より深い調和を保ち、慈しみの心を持ってあらゆる魂やすべてのものに接するようにすれば、そのポジティブなカルマのすべてはあなたに返ってきて、あなたはさらなる幸福感を味わうことができるのです。ただし、それが物質的に恵まれるとか、形としてはっきりと分かるかどうかはケースバイケースということになります。すべては、魂や波動のレベルが基本となるので、たとえ3次元的には恵まれていなかったとしても、本当の意味の幸せというものを味わった時、この多次元的である喜びを至福の喜びとして感じることができるのです。


今、世の中は緩やかに動いているようで、波動やエネルギーレベルにおける実際は、とても大きくものすごい速さで変化し続けています。これまでにもこういったメッセージには何度も触れてきたかとは思いますが、またここ最近にきてさらに急激な変化をしてるというのが事実なのです。

そんな中、3次元的にわかりやすい現象としては、まだ追いついていない事象が多くあるので、あまり強く実感することができていない方が多いことでしょう。でも、世の中の全体的な動きを総合的に捉えてみると、多くの方も理解できるだろうと感じています。各国の民主主義的傾向、経済的な不安定さ、政治のあいまいさ、教育の在り方に対する多くの疑問点、政治家、警察官、教育者などの公的に信頼されるべき立場の人々が連日のように報じられている信用失墜行為の数々、様々な異常ともいえるネガティブな事件、地球レベルでの環境の変化などなど…ひとつひとつをとってみると過去にも経験したようなこともあるので、過去の出来事に当てはめることによって不安を解消したり総合的レベルで捉えようとしたりすることをしない場合が多いようですが、こういった変化が同時に起きているという過去の歴史はないのです。

歴史は繰り返されるという言葉がありますが、実は、この先の地球上における歴史は、過去の地球上の歴史とは当てはまらないこと、つまり繰り返さないことが多々出てきます。

たとえば、世界大恐慌という過去の経験のように、いつかは過去の出来事となり安定するだろうという金融市場の目測は、もはや通じなくなっていくのです。つまり、不平等である経済のシステムは崩壊し、ごく一部の金銭的に富める者が物質を独占して、多くの人が飢餓や貧困にあえぐ時代は、もうまもなく去っていくのです。みな、物質的に平等に分配される時代になっていくのです。

たとえば、日本における義務教育のように、競争や画一性や制限などといた、個よりも集団を重視するような教育の基本的なこととされていることは、もはや崩れていき、個を重視して自由な環境の中で、子どもたちの望み通りに伸び伸びとしたポジティブな状態で教育を受けることができるようになるのです。

他にも、地球温暖化は地球の気候の平均化のことですので、地球人類レベルのみが引き起こした出来事ではありません。地球自体が、地球全体の気候を生物が住みやすくするために平均化しているというとてもポジティブなことなのです。また、各国における政府という存在は、もはや人の物質的な富が平等になっていき、軍事力の必要がない平和な世になっていき、国とか人種とかといった差別や区別や仕切りがなくなっていくにつれて、必要がなくなっていくのです。人が人を裁く必要はありません。すべてはカルマによって成されます。波動が合ってその場にいることを選択すればどの場にでも存在することができるのです。つまり、地球とともにアセンションできるように波動を高めることができて、地球に存在することを望めば、地球という素晴らしい光の世界に存在し続けることができるのです。しかし、波動があまりにも合わなくなってしまった場合には、波動の法則が働いて、存在すべき領域へとその魂を移動させるようになるのです。

そんな時代が、もうすぐすこまで近づいてきているのです。だから、過去の歴史の中でも、ネガティブな状態へと戻る歴史は、もはや繰り返さないのです。それが、アセンションすることにつながっていくのです。

あなた方が長年、光と思いこんでいたことが、実は闇であったり薄暗い状態であったりしていたことに気づき、光を差し込むことができる時代がやっと訪れたのです。これまでは、それがごくわずかな出来事であったのが、地球全体のレベルにおいて、根本的なすべてのことにおける状況に対して、光を照らして闇をなくすことができる時がやってきているのです。そして、多くの人がそのことに気付くことで集合意識が高まれば高まるほど、その高い波動によって、さらなる光がさしこんできます。宇宙における波動の法則やカルマの法則とは、そういうものでもあるのです。

*上記のメッセージは、2009年2月23日に当ブログで掲載した内容を転載しました。

《1日1回ワンクリックずつのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。》
  ↓    ↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

☆今年も「年末の大祓い」を実施いたします。12月29日に年末の大祓いを行う予定ですが、よろしければお申込みいただきましたら、タエヌなりに精いっぱいの尽力をさせていただきます。(すでに12月末の大祓いをお申込みいただいている方は、同じ日に同じ内容で行いますので、あらためてお申し込みを頂かなくて結構です)合わせまして、来年の月末大祓いのお申し込みも承っております。
http://www.shuwrie1.com/sub1.html

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/








バックナンバー改訂版
 | HOME |