FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

石垣島の植物NOW ~石垣島ダイアリー~

2010年12月17日
2010年12月17日(金)曇り時々晴れ
最高気温 18.2度
最低気温 14.1度

2010年12月16日(木)雨時々曇り
最高気温 19.0度
最低気温 14.1度

2010年12月15日(水)雨
最高気温 21.4度
最低気温 19.0度


DSC03702_convert_20101217081413.jpg
~当日記ではおなじみの風景となりましたが…今朝17日(金)AM8時頃に自宅ベランダより撮影した川平湾周辺です。雲のもこもこした様子がおもしろく感じました。~

気象庁石垣島気象台の発表によると
13日(月)には最高気温27.2度
平均気温が25.0度もあったのに

その後の3日の間でじわじわと気温が下がっていき
昨日16日(木)の平均気温は15.4度となり
平均気温が約10度も下がりましたし

昨日の最大瞬間風速は北北東の風21.0m/sを記録し
ここ2日間は日照時間なしの雨模様の天気でしたので
体感温度はかなり低く感じた人が多かったようです。

今朝は雨が降ってはいないものの
相変わらず曇天が続いていますが
今日は晴れ間も見えてきそうです。

晴れた日の石垣島も魅力的ですが
薄暗い曇天や嵐のような天気の石垣島も
それはそれで独特な雰囲気が魅力的です。

DSC03700_convert_20101217081129.jpg
~上の写真と同じく今朝8時頃の自宅ベランダ真正面(北方向)の東シナ海です。昨日よりはおさまってきましたが、うねりや波は高めです~

以下内容ががらりと変わりますが…

今日は上記の記事を書いたり
やるべきことをしたりした後
気分転換のドライブがてらで

‘石垣島の植物NOW’をテーマにして
バンナ岳やその周辺を中心に
写真を撮影してきましたので紹介します。

以下の写真すべては17日(金)の
11時頃から12時頃の間に撮影しました。
撮影した時間順に掲載します。

DSC03712_convert_20101217125639.jpg
~バンナ岳に咲いている(たぶん)ベニテマリです。~

DSC03715_convert_20101217125924.jpg
~石垣島では周年通して咲いているハイビスカスとピデンスピローサ~

DSC03718_convert_20101217132129.jpg
~今の時期には島内のあちこちで見られるススキと、バンナ岳から街中を見下ろした風景~

DSC03721_convert_20101217131645.jpg
~バンナ岳の展望台へ登る途中に咲くピデンスピローサ~

DSC03722_convert_20101217131915.jpg
~(たぶん)キバナランタナ~
DSC03728_convert_20101217132307.jpg
~平得周辺の道端に咲いていた(たぶん)ベニコウガン。右上にある長い葉っぱは(たぶん)ゲットウの葉。~

DSC03731_convert_20101217132456.jpg
~平得周辺のまだ実がなっていないパイナップルの畑~

DSC03733_convert_20101217132826.jpg
~平得周辺に咲いていた(たぶん)ノアサガオ~

DSC03738_convert_20101217132949.jpg
~平得周辺のサトウキビ畑で育っている穂の実ったサトウキビです。サトウキビはイネ科でして、このような白い大きな穂をつけます。ちなみに、左手前にある黄ばみがかった小さな穂はススキの穂です。~

DSC03742_convert_20101217133105.jpg
~於茂登トンネル近くの道路脇等でよく見かける木~

DSC03745_convert_20101217133209.jpg
~米原に咲いていたサキシマフヨウ~


☆今年も「年末の大祓い」を実施いたします。12月29日に年末の大祓いを行う予定ですが、よろしければお申込みいただきましたら、タエヌなりに精いっぱいの尽力をさせていただきます。(すでに12月末の大祓いをお申込みいただいている方は、同じ日に同じ内容で行いますので、あらためてお申し込みを頂かなくて結構です)合わせまして、来年の月末大祓いのお申し込みも承っております。
http://www.shuwrie1.com/sub1.html

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/






スポンサーサイト



日記

一人が目覚めれば

2010年12月17日
*下記の内容は、2009年8月6日にタエヌが書き下ろした内容の改訂版です。

先日(2009年8月6日の何日か前)いただいたメールに以下の内容を書いて下さった方がいらっしゃいました。私のブログに転載したい旨を伝えたところ、ご快諾いただきました。

この方は、スピリチュアルな目覚めがどんどん進んでいく中で、これからの地球についてやアセンションについてなどの情報を得つつ、実生活にも意識的にポジティブにご活用されている方です。

♡ ✩ ♡ ✩ ♡ ✩ ♡ ✩ ♡ ✩ ♡ ✩ ♡ ✩ ♡

このままの自分じゃあかん、、と気付いた時から 不思議と無理なく生活習慣を変える事ができました。。
自分では信念にそった変化だったつもりなのですが 主人からみると「いったい、どうなったんや?!」と驚いているようです。。

主人はとても寛容な人なので 私の話も否定する事なく聞いてくれてはいるのですが、にわかに信じがたいと思っているようです。
また、私が熱くなればなるほど ドン引きされるのは目に見えているので あまり多くを語らない方が 今は得策かな?と思っております。
でも、少しでも早くこの思いを共有できたらいいなぁ・・と願っています。
ありがとうございました。

♡ ✩ ♡ ✩ ♡ ✩ ♡ ✩ ♡ ✩ ♡ ✩ ♡ ✩ ♡

これまでにも私にメールを下さった主婦の方の中で、ご主人とのご関係が同じような状況の方が何人もいらっしゃいました(たぶん20人くらいはいました)。また、2年ほど前までは直接お会いしてのスピリチュアルカウンセリングをしていましたが、やはり何人もの主婦の皆さま方から同様の話を聞いていました。

奥様のスピリチュアルな目覚めが進む一方、ご主人も少しは気付いてほしいとかわかってほしいとかと願いつつも、スピリチュアルな話にはなかなか耳を傾けてくれないとか、話は聞いてくれてものってこないとかといった状況の中で、あきらめかげんな方、ほどよく伝えている方、強く訴える方、理解を求める方、伝える機会を待っている方など、みなさん様々な御様子をお知らせくださいました。

私は、上記の内容のメールをいただいた方のように、「自らがわくわく感に従ってポジティブなスピリチュアルライフを実践しつつ、不調和を生じない程度に無理なく適度な感じで言葉としても伝え続けていく」という感じのことが、もっともお勧めする実践方法であると感じていますので、今回の日記にご紹介させていただきました。

また、奥さまがスピリチュアルな目覚めが進んだ結果として、ご主人やご家族もスピリチュアルな目覚めが始まり、ご夫婦でスピリチュアルな会話をするようになったとか、実生活で意識的に実践するようになったとか、これまではご主人がレイキを認めようとしなかったのにレイキを受け入れてくれるようになってヒーリングを施すことができるようになったなどなど、奥さまが目覚めたことをきっかけに、ご夫婦とかお子さんやご両親とかといったご家族も、よりポジティブな実生活を送るためのスピリチュアルな目覚めが始まるに至ったというお話を、以前よりも多くお知らせいただくようになってきています。

一人が目覚めると、深く愛する人を中心として周囲の人々を巻き込むようにしながら目覚めを進めていきます。ポジティブにスピリチュアルな目覚めを続けていけば、周囲の人々は、あなたの日常生活でのポジティブに変化する様子を魅力的なこととして感じて見習ったり学ぼうとしたりするケースが増えるでしょう。あなたの放つ光が増し続けていけば、周囲の人々により多くの光りを与え、癒しとなり活力となっていくでしょう。あなたが目覚め続けることで、より幸福感がふくらんでいくと、周囲の人々にも今以上に幸せになってもらいたいという気持ちもふくらむために、必要とされたときには全力で手を差し伸べてサポートしたり語りかけたり、自らのスピリチュアルな目覚めによって得た叡智を伝えたくなったりする機会が増えるでしょう。

一人が目覚め続けると、目覚めるべき準備のできた周囲の人々も目覚めだし、そのアセンションサークルは徐々に広がっていきます。最初は小さなサークルだったとしても、個々の目覚めが進むにつれて、やがて他のサークルとも交わり、たくさんのアセンションサークルへと広がり、また大きくなるサークルもでてきます。

自らのスピリチュアルな目覚めを自覚し、広めたいと感じたからといって、何かをしなければと焦る必要はありません。実生活を楽しみながら充実させて、無理なく調和を保ちながらスムーズにできる範囲内で、自らのわくわく感に従って意識や行動を広げつつ波動を高めるように努めてさえいれば、結果的にライトワーカーとしての中心的・指導者的な仕事を遂行するに至るのです。

もし、目覚めてほしいと思っている人が目覚めようという気にならなかったそしても、それはそれでその人が自由意思で選択したことなのですから、個を尊重して、目覚めようとする機会を待ち続ければ良いのです。おして、その機会が来て、自分を必要としてくれた際には、目覚めるための気づきを与えたり、英知をそそいだりして、自分の意の赴くままにサポートすれば良いのです。


*上記の内容は、2009年8月6日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。



☆今年も「年末の大祓い」を実施いたします。12月29日に年末の大祓いを行う予定ですが、よろしければお申込みいただきましたら、タエヌなりに精いっぱいの尽力をさせていただきます。(すでに12月末の大祓いをお申込みいただいている方は、同じ日に同じ内容で行いますので、あらためてお申し込みを頂かなくて結構です)合わせまして、来年の月末大祓いのお申し込みも承っております。
http://www.shuwrie1.com/sub1.html

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/






バックナンバー改訂版
 | HOME |