FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

光の道

2010年12月07日
*下記の内容は、2009年2月27日にタエヌが書き下ろした内容の改訂版です。


やさしい雨音を感じながら窓の外をぼんやりと眺めていると

「ついにここまで来たな!」

「よくやった!よくやった!」

そんな声が意識の中に響いてくる


具体的な内容はよくわからなくても

なんだか心にやさしく嬉しく響いてくるから

そのまま感謝の気持ちをこめて受け止めた


自然と涙がこみあげてくるから

きっと自分は感激しているのであろう


やさしい小鳥のさえずりもきこえてきた

「あたりまえだよ。ここまで来たのだから。」

「あなたの勇気には心から敬意を表するよ!」


どんなに高い次元に存在する魂も

みんな自らの波動を高めるために

魂の向上を目指して歩み続けている


つまりどんなに魂が向上したとしても

これで良しとする終点はなく

さらに上へ上へと向かって歩き続けている



3次元世界に存在している人は魂を高める道を

乗り越えるべき壁やいばらの道もあるなどといった

少しネガティブな感じの表現をする人もいるけれど


4次元以上の世界に存在する人は

ただただ光の道を歩み続けて

自らがさらに光かがやくようにしながら

愛をめぐらせ続けるだけでよいと表現するだろう



昔よく聴いていた曲が心の中で流れてきた…

「世の中はとても臆病な猫だから他愛のないウソをいつもついている」

「包帯のようなウソを見破ることで学者は世間を見たような気になる…」

~ 中島みゆきさんの歌 「世情」 ~


ウソという表現はどうかと思うが

真実なのかそうでないのか…

必要なのかそうでないのか…


そういったことを見破るも何も

はっきりとした形で表れてきていることが

今の世においては増え続けているのだから


他人からの情報は参考にしつつも

個々の直感やあらゆる真実の知識の中で識別すればよい


その個々の感じ方も2極化が進んでいるから

学者様や教師や政治家の先生方や評論家の皆様や

マスコミなどから発される真実であると言い放つ情報も


真実か否かといった識別などの

情報の受け止め方についてのすべては

最終的には自己の責任において識別して選択すればよい


「あんまりゆっくりもしてはいられないんだ」

~ 中島みゆきさんの歌 「おまえの家」 ~

「あせることはないけど後戻りしている暇はもうないんだよ」


やさしく、愛を持って、清らかに、誠実に、自分らしくナチュラルに…

無理なく個々のペースで歩み続ければよいのだが

でも確実に着実に前へ前へと進むべき時代に入っている



波動の法則やカルマの法則や必然の法則などの

宇宙の普遍的な法則が完璧に働いている中で


今ここに在る人すべては

今ここに在ることを許されているのだから

排するようなことはしないでね


必要に応じて人から離れたり

人を突き放したりするようなことはしたとしても

人を蹴落とすようなことはしないでね


みんなもともとは同じだし

みんな1つにつながっているんだけど


今は個性を持っている存在に分かれているんだから…

みんな責任を持って自由意思で選択し続けているんだから…


言葉や歌や芸術品などで自らを表現しても

自らの価値観や考えを押し付けるようなことはしないでね


求められてもいないのに

ジャッジしたりアドバイスしたりするのも控えた方がいいよ


「みんなひとつなんだから」

「みんな愛で結ばれているのだから」


心安らぐような温かく穏やかなエネルギーの中で

やさしい愛の光に包まれながら

みんなで手を取り合ってアセンションしようよ~!


*上記の内容は、2009年2月27日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。


☆今年も「年末の大祓い」を実施いたします。12月29日に年末の大祓いを行う予定ですが、よろしければお申込みいただきましたら、タエヌなりに精いっぱいの尽力をさせていただきます。(すでに12月末の大祓いをお申込みいただいている方は、同じ日に同じ内容で行いますので、あらためてお申し込みを頂かなくて結構です)合わせまして、来年の月末大祓いのお申し込みも承っております。
http://www.shuwrie1.com/sub1.html

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/





スポンサーサイト



バックナンバー改訂版
 | HOME |