FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

若返り

2010年10月07日
*下記の内容は、2009年9月9日にタエヌが書き下ろした内容の改訂版です。

鏡を見ていて、何となく自分の顔すら変わった気がしたんです。悩んでいた頃は、鏡をみるたび「老けたなぁ…」と思っていたんですが、見方・考え方を変えて現状に幸せを感じた途端、表情が生き生き、若返ったような気がしたんです!

自分だからそう思うのかな~と思っていたら、娘と散歩中、見知らぬおじいさんに、顔をまじまじと見られ、なぜか顔を誉められたんです。文章にすると、恥ずかしいので書きませんが(笑)。

不思議で、嬉しいことでした。

心って、ちゃぁんと顔に出てくるんだなぁと思いました。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

上記の内容は、読者様からいただいたメールに書いて下さっていた内容です。

私も、自分でとてもネガティブであったと自覚していた頃、特に10~15年ほど前の頃に鏡を見て感じていたことですが、顔色が変な色に感じたり、おもいきり老けていく様子を感じたり、肌つやがなくなってきてしわが増えているように感じたりすることがよくありました。特に目の雰囲気と目の周辺がヤバかったように覚えています。またあの頃は、私には特にネガティブな自覚はなくても、妻から時々ふとした時に「顔色が変だ」とか「顔が怖い」とかと言われることもありました。

それが、7年ほど前からスピリチュアルな目覚めが進んでいると自覚したり意識も高まってきていると自負したりするとともに、自分が幸せであると感じる度合いが増えていくにつれて、鏡に映る自分の顔(特に目と目の周辺)を見てもどんどん穏やかになっていく様子がよくわかりました。「今日は疲れ気味かな…」と思って鏡を見ても、鏡に映る顔が普通でへらへらした目をしている様子を知ると、それだけでも大丈夫だと安心して元気になることもしばしばあります。目は肉体の中で特にわかりやすくオーラを表出させている部位でもあります。

顔の様子を鏡で見て自分の健康状態を認識するようなことは、多くの方も実感した経験を持たれているかと思いますが、ネガティブな状態もそうですが、ポジティブな状態も、とてもわかりやすく表出するということを、ここ4,5年で私は強く感じるようになりました。ですから、上記のメールに書かれていることが、私にとってもたいへん共感できる内容でした。

これまでに書きました「顔」のお話は、個人的な比較でもありどちらかというと抽象的な感覚のことになると思いますが、同じような観点のお話を他にいくつか挙げてみますと、「爪がよく伸びるようになった」「髪の毛がよく伸びるようになった」「肌につやがでてきた」と感じてきているという話はよく聞くことですし、私と妻とでの会話でも、何年も前から時々話題になっています。

今挙げた3つの変化を感じるに至った要因としては、より波動が高まってよりポジティブな日常生活を送り続けていくうちに、肉体的には自然治癒力が高まりより健康的になっていきますし、肉体根本の活力が高まり活性化されたために、髪や爪や肌の変化を感じるに至ったと私は理解しています。


PS.私は昭和39年2月11日生まれですので現在45歳です。身長は175cmだと思いますが、30歳台に測定して以来ですので、もしかしたら少し縮んでいるかもしれません。それでも、体重は徐々に増え続けていて、結婚した当初の20台中頃は70kg台でしたが、最近は91~92kg台をキープしていますので、成長し続けているということでしょうか…。いつのまにかウエストは90cmを超えているほど腹は出てしまっていますが、たるんではいませんので、腹筋に力を入れると硬いです(自慢になりませんが…)。これまでにたくさんの運動をしてきたのに、40歳になった頃から徐々に減らし始めて、今では日常的に行っている運動は、お散歩とラジオ体操をする程度です。それでも、食欲は常に旺盛ですし、毎日のようにたくさんアルコール(安ワインとチューハイ)を飲んでいますが、胃腸の調子も良好です。

髪の毛と爪は若い頃よりもよく伸びていると感じるほどの状況ですし、肌つやも良くなったと自負しています。私は特に20代の途中頃から乾燥肌がきつかったので、以前はスキンクリームやリップクリームを手放せないような状態で、乾燥する季節になると、ガサガサに肌荒れするためにあちこちの肌がひび割れていました。しかし、徐々におさまってきて、ここ1,2年は、たぶん一度もクリームを塗っていないと思いますし、テカテカとは言いませんが、常に肌は潤っている感じの状態が続いています。体力の中でも特に持久力はずいぶんと落ちていることを感じていますが、釣りやゴルフや長距離の運転は問題なくできますので、それほど支障をきたすようなことはありません。気力は常にそこそこにあふれているつもりですし、健康を害していると感じるような肉体的な違和感はまったくというほどありませんので、病気になると不安になるようなことはありません。

流行りの歌は常にそれなりに追っていますのでそこそこにわかりますし、子ども番組やバラエティー番組も子どもたちと一緒に楽しんでみています(今、一番好きな番組は「水戸黄門」ですが…)。ネガティブに感じるような出来事は時々ありますが(特に車の運転中)、すぐにポジティブに変換し、受容する際にはすべてポジティブに受容できるようになったと自負しているほど、とてもいい気分で日々を過ごしています。

なんだかずらずらと自分自身のたわいもないことを書き綴りましたが、今回の題名を「若返り」にしたいと思ったので、そんな自分の様子を表現しようとしたのですが、なかなかうまく表現できないで焦点がうまく定まらずにドツボにはまっているようですので…ここらへんで終わりとさせていただきます。

PSのPS.
さらに1年後の2010年10月7日現在、46歳になりました。体重は83~84kg台をキープするに至りましたので、特にダイエットは意識していませんし体重を減らすための努力は何もしていませんが、結果的に10kg弱は体重が減って、理想的な体重に近づいてきました。体脂肪率も減り続けていて、日中は20~23%くらいですので、1年前よりは平均で数%は減ったと思います。健康は常に良好でして、まったく問題ない状態が続いていると自負しています。食欲は相変わらず旺盛ですが、アルコールの量も変わらずにいますので、時々飲む量を少し控えるように意識していますが、結果的には毎日必ず赤ワインは飲み続けています。千葉に住んでいた頃は輸入ものでビン入りの安値の赤ワインを飲んでいましたが、今はサントリーの‘酸化防止剤無添加の赤ワイン’1.8リットル入りの紙パック880円、さらに安くて飲みやすいワインを毎日愛飲しています。

石垣島では千葉よりもテレビの放送曲が少ないために、当時好んでみていた番組のいくつかが見られなくなりました。(毎回のように見ていた‘ゴチになります’は1度だけ再放送している番組を見つけてみることができただけですし、毎朝見ていた‘ズームインスーパー’はやっていません・・・。)でも、水戸黄門は放送しますので、間もなく始まる第42部が楽しみです。ミュージックステーションやうたばん(もう終わりましたが)を時々見るので、引き続き最近の歌も聴いています。ちなみに、夜になると時々ギターで弾き語りをしたくなるので、窓を閉め切った中でフォークソングやニューミュージックやオリジナル曲を歌って1人で楽しんでいますが、時々娘たちも一緒に歌っています♪

*上記の内容は、2009年9月9日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。


タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/




スポンサーサイト



バックナンバー改訂版

海釣り ~石垣島ダイアリー~

2010年10月07日
2010年10月7日(木)

曇り

最高気温 29.6度
最低気温 25.9度

2010年10月6日(水)

曇り

最高気温 28.7度
最低気温 24.8度

2010年10月5日(火)

曇り

最高気温 28.5度
最低気温 25.3度


石垣島に住んでからしばらくの間は
海に出ても海水浴やアーサー(青のり)採りや
散歩をして楽しむことをメインとしていましたが

8月に入った頃から
もっとも長く続いている趣味といえる海釣りを
週に1~2回くらいの割合で行うようになりました。

タマン(ハマフエフキダイ)、クチナジ(イソフエフキダイ)、
オジサン(ヒメジ類)、ヤガラ、ダツ、サヨリなど
1mくらいあるような大物から
20~30cmくらいのサイズまで
いろいろと釣ることができました。

ある時期は魚をさばくことすら
かわいそうでできなくなっていた時もありましたし
今ももちろん同じような気持ちを抱いていますが…

魚を釣る楽しさを味わうため…(エゴ…?純粋な楽しみ…?)
家族の食糧確保のため…(まだ先月の家賃も払えていないほどで相変わらずの超ぎりぎり必要最低限の物質に満たされた生活を続けているために趣味を実生活のためにいかしている…)
今は釣りをすることもわくわくしながら選択しています。

以前に教員をしていた頃は
毎週のように海釣りに出かけていたこともあるほど
大の海釣り好きでしたし

その頃に買いそろえた道具もたくさん残っているので
それらの道具もうまく使いつつ
お金をできるだけかけないように工夫しながら
生活のためにも魚を得ようと尽力しています。


10月5日(火)は市街地へ買い出しに行きましたが
おかずにするための魚を釣ろうということになりまして~

妻と2人で買い出しの前に
スーパーから車で5分ほどの近場にある
石垣漁港内で釣りをしました。

時間は少ししかありませんでしたが
結果としては30~35cmほどの
サヨリを10本釣ったので

その日の晩のおかずにして
お刺身と塩焼きと骨せんべいに調理して
ありがたくいただきました。


アセンションスペースシューリエのお仕事は
今まで通りにメインとしていますが

あまりにも身近な場所に海があるために
仕事が早めに終わった時や
気力・霊力的に疲れているような時や
今回のような買い物に行く途中に

時間を少しとれば釣りをすることができるので
手軽に行うこともできます。

こんな感じの生活を
いつまで続けるのかはわかりませんが

必要に応じて…わくわく感に任せて…
今はこうして釣りをすることと
魚を食することも時々選択しています。

ちなみにアマンダ(小4次女仮名)は
今月の16日が10歳の誕生日ですが
誕生日のプレゼントとしてお願いされたのは
‘海で船に乗って釣りをすること’です。

千葉にいた時にも
いつか海での船釣りに連れていくと約束をしていたのに
結局連れていくことができなかったのですが

ついに今回は誕生日のプレゼントとして
お願いをされてしまいましたので
叶えてあげられたらいいな~と思っています。


もっとも海好き・釣り好きの私とアマンダは
夏休み中は合間を見てよく釣りに出かけましたし
9月に入ってからは週末になるたびに釣りしていますので
肌は焼けまくっていまして~

私とアマンダは家族の中でも周囲の人と比べても
もともと肌の色は白いほうでしたので
石垣島に住み始めた頃は白くて目立っていましたが…

先日漁港で釣りをしていた時に
地元で生まれ育ったというおじいさんと仲良くなって
いろいろと話をしていた時にも言われましたが
「島の人よりも黒いよ…」とのことでした。

‘夏のお嬢さん’を歌っていた頃の郁恵ちゃんのように
‘愛のメモリー’を歌っていた頃の松崎しげるのように
2人は小麦色・こげ茶色の海人(ウミンチュ)と化しています。

~今日は写真はありませんが、いつか海人2人の写真を掲載する予定です~

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/







日記
 | HOME |