FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

朝焼けと夕焼けと虹 ~石垣島ダイアリー~

2010年09月14日
2010年9月14日(火)

晴れ

最高気温 31.5度
最低気温 27.4度

2010年9月13日(月)

晴れ時々曇り

最高気温 32.0度
最低気温 26.5度


運動会が終わって2日後…
すっかりとオジサンになってしまっていたタエヌは
信じられないほどの筋肉痛にみまわれ

心と霊力は元気なのに
肉体はずしりと重く
特に足腰はガタガタで~す。

それにしても昨夕の夕焼けと
今朝の朝焼けと虹は
とても美しくて癒されました♪

DSC03108_convert_20100914112759.jpg
~13日(月)PM6:54撮影 薄曇りの空に夕日のオレンジ色が反射して、空全体がオレンジ色に輝いていました~ 

肉体は思うように動かないのですが
心と霊力は元気なので

遅くなってしまっている
ご依頼いただいたリサーチとかメールの返信とかの
アセンションスペースシューリエのお仕事が

今日は朝からいつも以上にはかどっていますので
午後もこのままはりきって尽力する予定でいます!

DSC03110_convert_20100914113056.jpg
~同じく東の米原方向の夕焼け空~

DSC03119_convert_20100914113356.jpg
~今朝6:24撮影 自宅ベランダより北東方向の空~

DSC03122_convert_20100914113721.jpg
~AM9:26撮影 ベランダより西方向の川平半島周辺のかなり低い位置に大きな虹が出現!~

DSC03123_convert_20100914114216.jpg
~なんだか電線が邪魔だったので、元気に動ける妻に頼んで屋上に上ってもらって撮影しました。すぐ隣にある小学校からもデンプ(3女仮名小1)の担任の先生が虹を撮影していて、一緒にいたデンプが「ママ~!」と叫び、先生(明るくてかわいらしいデンプも大好きな女の先生です♪)も笑顔で大きく手を振ってくれたそうです。~


タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/






スポンサーサイト



日記

私たち家族の生き方

2010年09月14日
*下記の内容は、2010年5月27日にタエヌが書き下ろした内容の改訂版です。

私たち家族は
毎日3回の食事を
ほぼ同じ時間に摂るようにしています。

食事の時間はとても楽しい時間ですし
私自身が食事を作ることも楽しみとしていますので

私なりに時間もお金も費やして
できるだけ地の食材を使い
それなりに満足できるように配慮しているつもりです。


我が家では節約という言葉を使うことは
多分まったくないかと思いますが
その分‘必要’という言葉は多く使っているはずです。

無駄や贅沢はできるだけ避けたいことですが
みじめに感じたり苦しく感じたりして
無理をしながら我慢をするようなことはしていませんし

私たちなりの価値観における必要最低限は
常に満たされているつもりでいます。

でもお金を中心とした物質に豊富な生活をしている人から
私たち家族の生活する様子を見たら
苦しんでいるとかきついのだろうとかと感じるかもしれませんが

私たち家族のみんなの気持ちは
「必要に満たされている」と感じて
不自由とかネガティブとは感じていません。

それでももちろん欲望はありますので
たまには贅沢して何かを食べたいと思ったり
ちょっと贅沢な旅行でもしたいと思ったりします。

家賃やら水道光熱費やらと気にせず
お金に余裕を持って暮らしたいとも思います。

でもそれができないからといって
みじめであるとか自分たちは苦しみを味わっているとかとは感じませんし
極度の我慢をしているわけでもありません。

必要はかならず与えられることを信じ
今与えられているものを必要に感じ
その中で生きぬくことを選択しているからです。


他者や他の家族と比較すると
それはそれは物質的に乏しく
みじめにも見えるのかもしれませんが

私も妻もたぶん子どもたちも
他者や他の家族や集団と比較するような
ネガティブであり無意味なことは
極力しないように意識していると思います。

だから私たち家族の実生活が
お金が他者と比べて少ないし
食事もあっさりとしているなどの物質的な理由から

苦しいとかみじめであるとかといった
ネガティブな見られ方をして
そのように表現されてしまうと

その人自身の尺度と比較して
勝手にそのようにジャッジをしている人に対して

その人の心の貧しさや
波動の低さや愛の質の乏しさを感じ取り
かわいそうにと慈悲の思いを抱きます。

私たち家族は
わくわく感に従って
自分内で感じている幸せに満足しているだけなのです。


尺度が物質中心になり
他者との比較をしたり
他者をジャッジしたりすることを重ねたりすると

知らず知らずのうちに
波動が下がり続けてしまい

自己の責任が弱くなり他者に転換したり
自己防衛のために他のせいにしたり
自己弁護をしたり

まるで他者を思っているようなことを述べたとしても
実際には自己中心的な言葉になってしまったり
物質中心主義な思考に走ったりしてしまいがちになります。

もしそのように陥ってしまった人が
私たち家族の前に表れて
ともに生活をしようとしても

気づいて改善しようとして向上心を持ち
自己の責任と他者への信頼と
他者に向けた愛をより多く持とうと努めない限り

波動の法則により
必要の法則により
共に過ごすことは難しくなるでしょう。

私たち家族は
自分たちの生き方や選択に対し
責任と信頼を持ち続け

あらゆることを参考にはしつつも
他と自分たちを比較したり
他をジャッジしたりせず

私たちなりのポジティブに感じた生き方を
これまで通りに実践し続けていきたいとう思いを抱いていることを
今あらためて明記したいと感じました。


私たち家族は
今こうして石垣島に住んでいることを
心底から誇りに思っています。

そしてたくさんの皆様からの
愛のエネルギーのめぐりや
物質的なサポートをいただいているからこそ

結果的にはこうして石垣島にて必要に満たされ
ポジティブに暮らしていられるということを常に意識し
心から強く深く感謝している次第です。


*上記の内容は、2010年5月27日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。


タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html

☆くるみ あんず☆(タエヌのもう1つのペンネーム)
アセンション小説「かのこの現実」改訂版連載中
http://ameblo.jp/anzukurumi/







バックナンバー改訂版
 | HOME |