FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

肉体とスピリチュアルなエネルギーとの関係

2010年07月11日
*下記の内容は、2010年4月24日にタエヌが書き下ろした内容の改訂版です。

先日、レイキの遠隔伝授を行った方からいただいたご感想とご質問についての内容です。

この内容は他の方からいただいた疑問にも当てはまりますし、レイキの伝授を受けているか否かには関係なく、スピリチュアルなエネルギーに関することや、エネルギーと肉体との関係の説明としても当てはまるかと思いますので、ブログで掲載することにしました。

ちなみにこの方ショコラさんは、エネルギーに対してとても敏感な方ですので、いろいろと感じられたようです。でも、実際には遠隔でも直接でも同じですが、レイキの伝授を行っても特に何も感じられない方もいらっしゃいますし、さあまざまな映像や色を見たりいろいろな感覚などを感じられたりする方もいらっしゃいます。これは、人それぞれの個性によって違いますので、強く感じたか否か、何かが見えたかどうかなどといったことと、レイキの伝授がきちんとできたかどうかとか、ヒーラーとしての能力があるかどうかとかといったこととは、あまり関係はないことであることはご了承ください。


Q.遠隔なのにどうしてこんなに実際感じられるのだろうと不思議になるぐらいエネルギーを感じ、タエヌさんが言っていた遠隔も直接も変わらないといっていた意味がよくわかりました。

最初の15分はものすごい鳥肌のさざなみが足のほうから頭へ、そして(横になっていたのですが)お布団側の下のほうから上にも鳥肌が波のようにたちビックリしましたが、素敵な音楽を聴いたときになる鳥肌のような感じで、リズムはシンフォニーのように穏やかでした。

次の15分は頭のほうからエネルギーの通り道が足のほうへ抜けるのを感じ、なぜか胃がきゅるきゅる、きゅるきゅると音をずっと鳴らしていました。(これは最後までずっとでしたが何か意味があるのでしょうか?最後のほうは胃が温かくなるのを感じました。)

またトイレがすごく近くなり、5分間の休憩のたびにトイレに行っていました。これにも意味があるのでしょうか?

伝授が終わってすぐに自己ヒーリングをやってみました。頭部はあまり感じられなかったのですが、喉のチャクラから尾てい骨のチャクラまでものすごく温かくて、きもちい~という感覚があり、ほんとに使えてるんだ私・・・!?と変なのですが驚いています。

頭部があまり感じられないのはなぜなのでしょう?
頭部のどこかが悪くて(特に今現在悪いところはありません)感じられないのか、もしくは異常がないから感じられないのか?
ただ、感じられないだけなのか・・・???まだ扱いはじめたばかりだからか?教えていただけるとうれしいです。

また質問ばかりですみません。よろしくお願いします!


A.レイキのアチューンメントをさせていただきながら、ショコラさん(仮名)がとてもエネルギーに対して敏感なことや、癒しのエネルギーを多く発する方であることを実感しました。メールの波動からも感じていましたが、これまでの過去世において何度もヒーラーのようなことを経験されていて、今世でもその特性を開花させる転機が訪れたために、こうしてレイキのアチューンメントを受けるに至ったと感じます。このような必然の中で私を選んでいただけたことに、あらためて深く感謝の意を表します。

アチューンメントをしている最中に、私は時々お腹のきゅるきゅるが始まりますし、しばらく続くこともあります。同じくティーチャーである妻も同様のようです。直接アチューンメントをした時にもお受けいただいている方から何度かお聞きしたこともありますし、実際にアチューンメントをしている最中にお腹の音が聞こえてくる場合もあります。また、ヒーリングをしている時にも時々あります。この要因は、全身のエネルギーが活性化されていく中で、特に胃のエネルギーが活性化された場合に起きる現象であると私は感じています。

トイレに多く行くということもよくあることです。これは、肉体の自然治癒力が活性化されるために、体内の浄化作用が促進されているためです。浄化期間中は特に水分を多めに摂るようにとテキストに書いてあったかと思いますが、体内の浄化作用が一気に進むと、排泄したり発汗したりして、体内にあるネガティブなエネルギーや余分な物質を外に出すことがよくあります。ですから、そのような作用を促進するためにも、水分を多く摂ることが必要になります。

手のひらのこれまで以上に感じられる温かさは、レイキのエネルギーによるものであると捉えて下さい。これは、意識してもしなくても同様です。ただし、常に感じられるとは言い切れませんが、特に意識していなくても、ふとした時に感じることはよくあります。これが、日常的になるとあたりまえなこととなっていきますが、それでもヒーリングを行っている最中やその前後には温かく(時には熱かったりピリピリと電気が走るような感じであったりするなど)感じることが多いです。また、エネルギーの強い場所に行くと感じる場合もよくありますが、これは個人差があるので人によっても違います。でも、たとえ手のひらに特別な感覚がなくても、レイキのエネルギーの量や質とは関係ないので、そのような場合でもネガティブに考える必要はありません。

同様に、その時にどのように感じられるかはその時点の状況によって違うので、その時点では頭部に何も感じられなくても、次は逆に頭部に強くエネルギーを感じられるといった場合もあります。つまり、今回はただ感じられなかっただけ・・・というように軽く捉えて良いかと思います。

レイキは根本を癒します。ですから、本人の自覚がなくても、必要な場所に必要なエネルギーが届きますので、たとえ本人の自覚がなくても、レイキは確実に届きます。ただし、それがすぐに効果として表れるか否かとか、感じられるか否かというのは、ケースバイケースとなりますので、ヒーラーはレイキヒーリングを大きな愛を持って行うことのみに尽力し、結果はどのようになってもポジティブに受け止めるよう意識されることが望ましいです。

以上です。
ご参考ください。


*上記の内容は、2010年4月24日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。


タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html









スポンサーサイト



バックナンバー改訂版
 | HOME |