FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

日本の神々の個性(エネルギーの質)の捉え方 ~この時点でタエヌ個人が信頼している捉え方について~

2010年07月06日
*下記の内容は、2009年1月26日にタエヌが書き下ろした内容の改訂版です。

「神」とひとくくりの言葉で表現される存在の中にも、様々な存在があります。各宗教の神と称される存在には、地球上で現存している人を崇めるような宗教と、物質的存在でない異次元の存在を神として崇める宗教とがあります。このことは、3次元の世の物質的存在を崇めるのか、または3次元の世の存在以外を崇めるという大きな違いがあります。また、目には見えない物質的存在以外の神の中でも、ほとんどは高次元の存在を崇めていますが、中には低次元的な存在を崇めている場合もあります。その高次元の存在としての神として崇められている中でも、もともと人としての輪廻転生の経験がある魂としての存在と、宇宙の大いなる意志である意識の集合体である存在、つまり人としての転生した経験のない集合意識とがありますし、またさらに集合意識とはいっても、それぞれの特質によって神の名が違うわけですから、神という名で崇められている存在は様々であるということになります。そのような神々において、今回は「神道として日本において伝えられている神々の中でも、宇宙の大いなる意志である意識体が集合したエネルギー体として日本に対し貢献してくださっている神々」という存在に限定しまして、私なりに今の時点で信頼している「日本の神々の捉えかた」について記述します。

たとえば怒りとか傲慢さだとかといったネガティブな感情やそのように感じるような表現は、今の地球のような3次元の世までは普通に存在する状況ですが、4次元以上の高次元における意識には、そのようなネガティブである情緒は存在していませんし、そのように感じるような表現をすることもありません。ましてや、神として純粋な愛のもと地球人類をご加護してくださっている存在がそのような状況であるはずは決してありません。

天変地異があると神の怒りであるという人がいたり、ネガティブな状況になると神様のばちが当たったとか天罰がくだされたとかということを言う人がいたりしますが、神は怒ることはありませんし、ましてや人に対して罰を与えることなど決してありません。これはすべてが3次元の世の人が神という名を借りて、3次元の世のネガティブなカルマを、目には見えない存在であることを盾にして、本来は崇高な慈愛に満ちた存在である神のせいにして表現したことに過ぎません。また、神は物質をほしがりません。そんなエゴなど持ち合わせていないからです。争いごとを奨励しません。神は愛のみの存在だからです。


神道において神と表現されている崇高な存在は、宇宙にある大いなる意志であるエネルギーの中でも、同じ質を持ったエネルギーが集合体となって地球上に降りてきてくださり、宇宙の神のもと、日本にとってはより身近な状態で純粋な愛の気持ちのみにより、日本の発展のために貢献してくださっていると私は理解しています。ですから、日本の神々にはそれぞれの個性があるために、多少のエネルギーの質の違いがあるのは事実ですが、「深い愛のみの存在である」ということは、すべての神々に共通していることです。


私がよく参拝する神社の中の一つである、下総の国の一ノ宮香取神宮に行きますと、その時々によって神社のご神気が違って感じる場合があります。多くの場合には、とても優しく穏やかなエネルギーを感じて清々しさを与えていただくのですが、時としてはとても強いエネルギーを与えていただき一気に浄化していただくこともあります。また、私の知人や家族などのエネルギーに敏感な人の話を聞いても、じゅわじゅわとたくさんのエネルギーが与えられる感じがするとか、いつもすっきりとさわやかな感じがするとか、特に何も感じないとか、人それぞれ感じ方が違う場合がよくあります。ちなみに、この香取神宮の主祭神である経津主大神は、刀剣の威力を神格化した戦いの神といわれているようです。

私は、神がどのような質の存在であるのかは、人それぞれの感じ方によても違ってくると思いますし、その人自身の参拝した時の波動やオーラの状態などの状況によっても違ってくると思います。ですから、この神様は~であると人が伝えていることや、古事記等の書物などによって歴史上で伝えられてきたことなどはあくまでも参考程度にして、結果的にはご自身がどのように感じたかということが大切であり「(今の)私にとっては~の神様を~のように感じる」と捉えるようにすることが、もっともスピリチュアルでポジティブな捉え方であると、私は思っています。


*上記の内容は、2009年1月26日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。




タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html






スポンサーサイト



バックナンバー改訂版

タエヌの1日 ~石垣島ダイアリー~

2010年07月06日
2010年7月5日(月)

晴れ

最高気温 32.8度
最低気温 28.7度


私はほぼ毎朝4時~5時頃に起きています。
もうたぶん10年以上は目覚まし時計を使っていませんが
起きたい時間を意識の中で設定しておくと
勝手に目が覚めてくれます

起きてすぐにパソコンを開いて
メールやブログをチェックします。
アセンションスペースシューリエの仕事は
この時点から始まります。

妻が起きて準備が整うと
先日ブログでも紹介したような
20分前後の朝のお祈りを2人でします。

その後すぐに朝食を作り
6時20分を目安に
ほぼ毎朝家族全員が揃って
6人用の食卓で朝食を食べます。

朝食後に少しパソコンで仕事をした後
朝7時15分になると
グミ(長女仮名中2)とシュー(長男仮名高2)を
車で学校及びバス停まで送り出し

帰宅してすぐにアマンダ(次女仮名小4)とデンプ(3女仮名小1)が
登校するのを見送るのが7時40分前後です。

その後は子どもたちの帰宅する
午後3時~4時くらいまでの間が
私の本格的な仕事時間となります。

仕事時間とはいっても
霊力や気力や体力に無理をかせると
ポジティブな仕事ができませんし

時間に追われたりせっぱつまったりしても
波動が下がってしまったり
波動の高い状態をキープしたりするのが難しくなるために

自分自身の状態を識別したり
周囲の波動や妻などと調和を図りながら
ある程度の計画はたてつつも
臨機応変にその日その時の様子の中で
わくわく感じてできる仕事を進めています。


午後3時~4時にはデンプやアマンダが帰宅しますので
その少し前までには霊力・気力をたくさん使う仕事は
終わりにすることが多く

「ただいま~♪」の声を聞くと
自分の心の中で「お疲れさ~ん!」というような感じになり
その後はメールやブログを打つのは止めにして

子どもたちと話をしたり
夕食の支度を始めたりして
家族のための仕事や団欒を楽しむことが多いです。

だいたい午後4時~5時台には
完全に家族と一緒にくつろぐモードに入るために
自分をリラックスさせるための楽しみとして
一杯飲みはじめます。

暑い日には缶チューハイレモンとか
オリオンビールから飲み始めることもありますが

ほとんどの場合は1.8リットルパック800円前後の
テーブル赤ワインに氷を入れて
冷えて薄まった状態で飲み始めます。

ワインに氷を入れるなんて
ワイン通には邪道だと言われるでしょうけど
夏場はとても美味しく感じますし
量がたくさん飲めるので喉も潤うことからも
私にとっては最高の癒しの一杯となっています。


夕食を作り終えて夕食を食べはじめるのは午後6時前後ですが
グミとシューは部活やバスの時刻の関係上
それよりも遅い時間に個々で食べることが多いです。

ですから食後に4人でのんびりしつつも
グミやシューが帰宅するたびに
1人分の夕食をこしらえて出しています。

そんな感じの中でソファーに座ってワインをちびちびと飲みながら
テレビを見たり話をしたりしながら
家族での団欒を楽しんでいます。


夜9時前後になると子どもたちも妻も
寝床に着きますが
私は寝る直前にパソコンをチェックします。

でもチェックするだけで
メールもブログも打つことはまずめったにありません。
ですから、私がメールを送ったりブログを書いたりする時間帯は
ほぼ毎日朝5時頃~午後3時頃までの間になることが多いです。

パソコンチェックとはいっても
簡単に済ませるので
私も夜9時台には寝ることが多いです。

こんな感じの過ごし方が
平日のタエヌの普通のパターンです。

結果的には千葉に住んでいた頃と
生活パターンはほとんど変わりありませんが

睡眠時間が少し増えていることと
自己浄化の時間がとても少なくてすんでいることは
それなりに変化したこととして感じています。

takesan135x157 (2)
~この似顔絵は、3年近く前にタエヌのスピリチュアル日記をたま出版より出版することが決まった後に、本の自己紹介欄に載せたいと思って、私が友人にお願いして描いてもらったタエヌの顔です。結局は本にこのイラストを載せませんでしたが、以前、当ブログでも紹介したことがあります。我が家では、みんな笑いながら「パパだ~!」「似てる~♪」と、当時大ウケしていましたし、私を直接知っている知人からも「似てる~おもしろ~い(笑)」と評判だったこともあって、眠らせておくのももったいない…と感じ、今回のテーマに即しているとも思ったので、久しぶりに掲載することにしました。お見苦しい物をお見せしてしまい、失礼いたしました~・・・~

*タエヌの今世におけるプロフィール

昭和39年2月 辰年生まれ みずがめ座
血液型:O型
身長:175cm 体重:84kg(2010年7月5日現在)
出身地:東京都足立区(今も実家があります)
現在:沖縄県石垣市在住
産土神社:さいたま市大宮区に鎮座する武蔵の国一ノ宮「氷川神社」
主の守護霊様:日蓮宗の僧(母方の27代前のご先祖様)


タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html






日記
 | HOME |