FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

‘超熱帯夜’!?予報 ~石垣島ダイアリー~

2010年07月04日
2010年7月4日(日)

晴れ

最高気温 33.3度
最低気温 29.6度

「熱帯夜」は日本の気象庁の用語で
「夜間(夕方から翌朝まで)の最低気温が
摂氏25度以上のこと」をいいます。

そして摂氏30度以上の夜を指す用語は
公式には定義されていないようですが
「超熱帯夜」という表現をされているようです。

2004年7月21日に
東京で「超熱帯夜」が観測され
当時はマスコミで話題になったようです。

~ここまでの内容はフリー百科事典‘ウィキペディア’参照~

石垣島の気温は連日じわじわと
着実に上がり続けていますが
ついに今朝新聞で発表された予報では

最低気温が‘30度’
つまり「超熱帯夜」になるかもしれないとの
すっゲー予報がさりげなく書いてありました。

毎日気温をそれなりに気にしている私は
妻や子どもたちに速報や予測を伝えていますが
なんだかみんな結構そっけなく聞いているように感じます。

今朝も予報を見て
「ついに超熱帯夜になるかもしれないぞ~!!」と
私はなんだかとてもわくわくして

未体験ゾーンを経験できるかもしれないという
この予報を知ってはしゃいでいましたが
家族の反応はイマイチそっけない感じでした。

朝、車で中学校まで送る間に
グミ(長女仮名中2)とその話を再度しましたが

「こんなふうに風が吹いていると日陰にいれば気持ちいいよね~」
というようなさりげない話になってしまい

「運動会でもずっとこんな風が吹いていたらいいな~♪」
と締めくくられてあっさりと終わってしまいました。


ここ1週間の気温や室温は
6/26(先週土曜日)の日記「体に感謝」に書いた時より
全体的に1度前後上がっていまして
日中の室温は平均31度台まで上がっています。

エアコンを入れて
それなりに快適と感じても
室温は29度台!?

やっぱり徐々に気温が上がってくれているので
体が頑張って適応してくれいるようでして

千葉にいた時と比べて体感的には
それほど特別な暑さとしては感じず

家族のみんなは
今の時点では暑さが厳しいことで
それほどネガティブにはなっていないようです。

例年ですと盛夏の気温でもある
そんなここ最近の石垣島の気温にも
家族みんながバテずにうまく適応して
健康状態を保っているので
なんだかホッと一安心しているのも事実ですが…

まだまだ夏は始まったばかりです♪

*翌日の新聞発表では最低気温は29.6度でしたので、四捨五入すれば30度でしたが、実際には‘超熱帯夜’と呼ぶにはちょっと足りませんでした…。就寝時にエアコンで除湿26~27度に設定して寝ましたが、明け方の時点で室温は29度ほどありました。でも、夜中は快適に熟睡できました。



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html






スポンサーサイト



日記

無理しすぎないでポジティブに頑張り続ける事が大切 ~アミからのメッセージ~

2010年07月04日
「がんばらなくてもいい」っていう言葉を時々耳にしますが、それは日本語の表現のあいまいさが表れているものだと感じています。本当の意味では、あなたはあなたの人生で与えられた(自らが選択した)課題に向かい、せいいっぱい頑張り続けることが必要なのです。ただ、時々耳にする「がんばらなくていい」という言葉は「無理しすぎなくてもいい」とか「肉体や心の不調和をたくさん生じてまでも努力をしなくても良い」という言葉に置き換えれば、わかりやすい言葉になるはずです。

魂から発されて表層の意識に湧きあがってくる「直感」に従い、自分が努力すべきことと感じることに努力をし続けることは、途中経過においては多少の苦労とか困難とかというようなネガティブに感じるようなことがあるかもしれませんが、それを乗りえたあとに振り返ってみると、実際には決してネガティブなものではなくて「魂を向上させるためには必要な学びを得るための努力」であったと感じるわけで、そんな学びをしてきたみなさんには、思い当たることが幾つもあることでしょう。

体が不調和を起こして苦しくなったり、努力したのに充実感や幸福感などといったポジティブな感覚が得られなかったりしたような場合には、あなたが努力している物事には、何かしらのエゴや無理などといったネガティブなエネルギーがそれなりに多く入っている場合があるかもしれませんし、そもそも魂からくる直感に従っているつもりだったとしても、実際には3次元的な世の常識や固定観念や執着によって思考に浮かんだことを「無理しすぎなくてもいい」のに「肉体や心の不調和を生じてまでも努力」し続けている結果かもしれないという表れである可能性が高いということになります。

そんな自らの体や心の不調和に気づいたら、まずは自分で自分自身の内部を見つめ直す必要があるはずです。そのやり方は、瞑想をしてもいいし落ち着く場所に身を置いて内から湧き上がるものを感じてもいい。ただし、本に書かれていることや偉い人と他者が評価するような先生のやっていることを真似するとか、そういった他者のやり方を模倣するのではなくて、そういった他のやり方は参考にしてもいいのですが、結果的には自分自身でもっとも心が穏やかになり、心を無にして、魂とでききるだけ近い状態になるために波動を高められる状況を作り出すことが大切になります。そして、その時に自分自身の内部から感じられることが、内在している高次の神性からくる「直感」であり「インスピレーション」である場合が多いのです。

でも、実際に自分自身の本当の直感やインスピレーションであるとは信頼できないと感じた場合には、疑いを持ち始めた時点で波動は急激に下がってしまいますから、そんなときは、また違う機会にやり直した方がいいでしょう。でも、その直感やインスピレーションを受けたと感じた最初の時点には信じられても、あとになって疑うようなことは‘ほんもの’である場合が多いですから、その最初に得た感覚に従ってみると良いいです。そして、その‘ほんもの’と感じられた感覚に従って、意識を働かせ行動に移してみた結果として、次なる選択に対して心が踊るようなわくわく感に至るようでしたら、間違いなくあなたの歩むべき道を自分自身の内部から聞き出して、それに従っていることであると確信してよいでしょうから、そのままさらに直感にし従って選択し続けて波動を高め続ければ良いことになるでしょう。

逆に、意識がポジティブに膨らんでいかないとか、歩んでいる道が理想とか願望であるとはほとんど感じられないとか、反省するとネガティブに感じることが多いとか、心や体に不調和を生じてしまうなどのネガティブな無理や困難のようなものが多く生じてしまっているとか、あまりわくわくしないとかといった場合には、実際には自分自身の内部から湧きあがった‘ほんもの’ではない可能性が高いということになりますので、また自分自身の内部を見つめ直す必要があるでしょう。

そして、常に向上心を抱き、愛を意識し、自分自身の神性を信頼しながら内部をみつめることを繰り返していけば、‘ほんもの’と‘そうでないもの’の識別が徐々にできるようになっていきますし、‘まざったもの’である場合には、そうでないものを排除してほんもののみにすることもできるようになっていきます。そしてそれが、あらたまって行う‘特別なこと’ではなくて、日常的なものとして習慣化させてしまえば、あえてあらたまって特別に状況を作り上げるようなことをしなくても、どのような状況であれ自分の意識を整えて「自分自身の神性からくる直感やインスピレーション」を顕在意識に表出させて、日常的に実生活で活用することができるようになっていくのです。


*上記の内容は、2009年9月24日にタエヌが高次の宇宙存在である友人アミとチャネリングして書き下ろしたメッセージです。


タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html







バックナンバー改訂版

運動会 ~石垣島ダイアリー~

2010年07月04日
2010年7月3日(土)

天気予報 晴れ

最高気温 33.3度
最低気温 28.4度

今日は朝から
強い風が吹き荒れています。

もうずいぶんと慣れてきましたが
石垣島は風の強い時が多く
めったに無風状態にはなりません。

でもこの風が心地よく
夏の暑さを緩和させてくれます。

明日はグミの中学校の運動会です。

中学校の運動会とはいっても
小学校も幼稚園も同じ敷地にあるので
幼・小・中合同の運動会です。

運動会当日4日(日)の
予想最高気温は34度
予想最低気温が30度です。

勝ち負けなんてあまり気にせず
参加する子どもたちみんなが
無理なく楽しく健全に
過ごしてほしいと願っています。


ちなみにデンプ(3女仮名小1)とアマンダ(次女仮名小4)
の通う小学校の運動会は
9月に予定されています。

小学校単独で行うために
全校児童8人による運動会になりますが
少人数での運動会が
どのような形で行われるのかも楽しみの1つです。

DSC02335_convert_20100704081259.jpg
~4日(日)朝、グミ(中2仮名長女)が運動会に参加するため学校に送った後、学校近くにある川平公園に行って撮影しました。日中は連日たくさんの観光客でにぎわう川平公園も、朝7時40分頃はとても静かで駐車場に一台も車が止まっていませんでした。ちなみに、グミの学校は会場準備などですでに盛り上がっていて、場所取りのために荷物を持って急ぐご家族の姿もありました~~

DSC02338_convert_20100704082159.jpg
~川平公園はコバルトブルーの海や美しい海岸線や緑あふれる石垣島有数の景勝地として知られています。写真を撮影した時点では、風速10m前後の風が吹き荒れ、水面は小波がたっていて水の色が少し濁っていましたが、それはそれで素敵な景色に感じました。~

DSC02345_convert_20100704082303.jpg
~浮かんでいる船の多くはグラスボートです。船底がガラス張りになっていて、サンゴ礁や熱帯の魚たちなどを見ることができます。ちなみに、この写真を撮った時点では、こうして湾内に浮かんでいるすべての船には人が乗っているわけではなく、いかりを下ろして停泊させている状態のようで、動いている船は1つもありませんでした~

DSC02348_convert_20100704082408.jpg
~川平公園は自宅から見ると川平湾をはさんで向かい側に位置しています。この写真は、車で帰宅する途中にある、自宅近くの展望台より4日(日)8時頃に撮影しました~


タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html






日記
 | HOME |