05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

川平の夕焼け

2010年06月30日
2010年6月30日(水)

晴れ

最高気温 32.6度
最低気温 28.6度

つい先ほどまで
6月末の大祓いを行っていたために
気力・霊力をたっぷりと使ったので
今はかなりぐったりしています。

そんなお疲れモードの中
ふと昨日の夕方に撮影した写真が気になり
パソコンで画像を開いてみると

私が19時40分頃に
夕暮れの景色を見て感動して撮影した画像が
何枚かありましたが

DSC02284_convert_20100630152151.jpg
~自宅ベランダより川平湾周辺を撮影 29日19:40頃~

その前の日のほぼ同時刻に
アマンダが感激して
「パパ~♪雲の芸術だよ~!!」とはしゃぎながら
私のデジカメを使って撮影した画像も入っていました。

DSC02260_convert_20100630151537.jpg
~自宅ベランダより川平湾周辺をアマンダが撮影 28日19:30頃~

今こうして画像を見たら
なんだか癒されて
少し元気になりました♪

DSC02264_convert_20100630151829.jpg
~アマンダが撮影した写真は夕焼け雲が燃えていました!~


タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html






スポンサーサイト
日記

過去世の記憶とカルマの法則

2010年06月30日
「自分がなぜ存在し、なぜここにいて、どこへ行こうとしているのか、そして物質的世界を超えて存在する偉大な力とは何かと問いかけるようになり、それらの答えを熱心に探し求めるようになっている」と感じている方が、私のブログをお読みいただいている方の中には多いのだろうと感じています。

そのような方は、あなた自身がこの世界での転生サイクルが終わりかけている頃、つまりあなたの存在する必要性が、3次元の世から4次元の世へと移行する直前であることを示す、ひとつの特徴でもあります。

スピリチュアルアドバイスや過去世リサーチのご依頼を受けることによって、私が過去世を知ることが許されたために過去世をリサーチするための魂の旅をして見せていただいた様々なみなさんの過去世を思い浮かべると、多くの方は貧しさと豊かさ、権力と非力、有名と無名、健康と不養生、転機と愚鈍などの双方を経験していることを知ることができます。この双方の経験は、1度の人生の中で経験することもあれば、いくつかの輪廻転生の中で総合的に経験する場合もあります。

魂は自らが必要な体験をするために、転生する時代や地域や両親などを自らの意思によって選択し、自身自身のその転生における人としての性格を作り上げたり、肉体に代々伝えられている遺伝子の影響も用いたりして、カルマの清算や霊性向上のために、必要に応じて自分自身の3次元的状況を作り上げるのです。

そして、たくさんの3次元の世における輪廻転生の経験を経て、物質的世界である3次元の世におけるバランス状態が保てた時、次の世である4次元の世で存在することができるようになるわけです。地球表面上の物質的存在である我々も、すでにアセンションした高次の状態にある地球自体と同じ密度になり、3次元的な肉体を持ったまま3次元の世の経験を経て4次元の世、そして5次元の世へとアセンションできるというたいへん貴重な体験ができる、そんなビッグチャンスが間近に迫っている今、こうして地球人類として存在しているわけですから、今、私たち個々のできることをせいいっぱいポジティブに成すよう、より意識的に日々の修養に励むことが大切であります。


以下は「私はアセンションした惑星から来た」 オムネク・オネク著 徳間書店 より転載した内容です。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


『過去世の記憶とカルマの法則』

自分たちの過去世の記憶が閉ざされているのは私たちには好都合なことなのです。もし人があまりにも多くの記憶の洪水に飲み込まれたら、最終的には隔離施設に送られてしまいかねません。これらの記憶は魂の知識の一部であり、私たちがそれを取り扱えるほどに成熟するまでは、あまり気づくことはないのです。時空を超えた世界での経験を幸いにも覚えている人は誰でも、下層世界にはいろいろと不完全なところが多いことを知っています。それではなぜ私たちはこんなにも長いあいだ下層世界に縛られて留まっているのでしょう?それは私たちを浄化して完成させるために作り出されたネガティブなパワーが、できるだけ長く私たちをここに押しとどめておこうとしているからです。その道具であるカルマの法則は、引力の法則と同じように、私たちがその存在にすら気づいていない遥か昔から私たちをここにとどまらせていたのです。

カルマの法則が目に見えないものであることを疑う人はいませんが、それがどれだけ現実的なものかに気づかないでいる期間が長ければ長いほど、人は物理的な世界により長く縛られることになるのです。キリストはカルマの法則について次のように言及しています。「あなたが蒔いたように、あなたは収穫するでしょう」。地球上のほとんどすべての宗教や精神的な道の指導者たちは、かつてこの普遍の法則を説きました。今日ですら地球の大部分の人たち、とくに東洋の人々は、カルマの法則を知っています。しばしば言われてきたことですが、心は便利な召使になり得ると同時にひどい主人にもなり得ます。

魂は濃密な体を常にコントロールしていなければいけませんが、それができていないことがあまりにもしばしばあります。聖霊なる魂が心をコントロールしなければ、ネガティブな‘カル・パワー’が支配権を奪い、人を虚栄心、怒り、渇望、貪欲さ、そして物質的な物への執着という5つの激情に溺れさせていく恐れがあります。このような状態になっている限り、カルマの負債を生み出しながら魂は下層世界に縛り付けられていくでしょう。清算すべきカルマがある限り、再び生まれてこなければならないからです。人間としての多くの輪廻転生を通して、魂はカルマのしがらみに巻き込まれます。誰もがかつては貧しさと豊かさ、権力と非力、有名と無名、健康と不養生、転機と愚鈍などの双方を体験してきましたが、やがて魂が物質的世界においてのバランス状態に近付くときが訪れます。個人がこの世界での転生サイクルが終わりかけている頃、彼は自分がなぜ存在し、なぜここにいて、どこへ行こうとしているのか、そして物質的世界を超えて存在する偉大な力とは何かと問いかけるようになり、それらの答えを熱心に探し求めるようになります。そして伝統的な教えはもはや自分を満足させないことに気づきます。この時点において、人は自身の内在する人物……自らのフィーリング、思念、そして直感に、さらに気づき始めるようになります。

やがて人は真理を求めて物理的世界を超えた領域を意識的に探査し始めるようになるでしょう。もはや現代の宗教に魂は納得しなくなります。なぜならそこには十分な真理も答えも見いだせないからです。魂は物理的な世界を超えた何かを求める準備ができているのです。この時に人はスピリチュアルな教えを見出し、魂について、そしてかつて物理的世界に入ってくる前の自身の存在について知ることになるのです。そしてこの教えを意識的に学ぶことによって、「魂の旅」ができるようになることに気づくでしょう。この技能と科学を通して、魂の体として肉体を一時的に離れ、物理的な宇宙を越えた世界のどこへでも、あるいはすべてを訪問して探査するようになるのです。これはまるで宗教が天国と呼んでいる場所を、死の前に教わるようなものです。この体験を通してのみ、死後の生が各個人に証明されるのです。

「私はアセンションした惑星から来た」 オムネク・オネク著 徳間書店 より転載


*上記の内容は、2009年6月15日に当ブログで掲載した内容を転載しました。



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html













バックナンバー改訂版

「平和」 ~石垣島ダイアリー~

2010年06月29日
2010年6月29日(火)

天気予報 晴れ

最高気温 32.6度
最低気温 27.8度


DSC02254_convert_20100628161415.jpg

自宅でアマンダ(次女小4仮名)と
デンプ(3女小1仮名)で
裁縫をして何やら作っていましたが

黄色のフェルトの中に
綿を入れて縫い合わせ

片面に「平」という文字を糸で縫い
もう片面に「和」と縫い込んである
ふかふかした物が出来上がりました。

アマンダに聞いたら
「なんとなく作ってみた…」
とそっけなく言っていましたが

なんとなく「平和」を作っちゃうなんて
なんだか素敵だな~と思いました。

DSC02253_convert_20100628161314.jpg


☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html








日記

マイナスエネルギーの影響を抑えるための留意点と浄化方法

2010年06月29日
ほぼ同じ時期に、3名の方々からメールで同じようなご質問をいただきましたので、必要に感じたことからブログで掲載することにしました。

そのいただいたご質問の内容は、病院でお仕事をされている方やこの先に病院関係のお仕事をする予定である方から、邪気(ネガティブなエネルギー)を受けないようにするための対処の仕方や受けた際の浄化方法、留意点等に関してです。病院に勤務することに限らず、ネガティブなエネルギーの影響を受けてしまいそうな場所に行く際の留意点や、事後の浄化に関して等を、以下、簡単にまとめてみましたのでご参考下さい。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

病院は、どうしてもネガティブなエネルギーが溜まりやすい場所ですから、自分自身の波動が下がって入れば下がっているほど、それなりにマイナスのエネルギーの影響は受けやすいです。また、人のために役立ちたいというポジティブな思いを強く抱いて病院で仕事をしていたり、自分自身の病気を治療するためにとポジティブな願いを持って病院に行ったりしたとしても、やはりそれなりにネガティブなエネルギーの影響はどうしても多少なりとも受けてしまいます。しかし、そのようなポジティブな思いが強ければ強いほど、その人自身がポジティブなエネルギーを発するために、低い波動の影響もマイナスエネルギーの影響も、それなりに受けにくくはなります。

また、病院に限らず、電車やバスなどの乗り物の中や役所や警察署や税務署や裁判所などの、人ごみ、気の滞っているような場所、訪れる人があまりポジティブな気持ちではない場合の多い場所も、マイナスエネルギーが多く溜まっていることがよくあります。

ですから、そのような場所へと必要に応じて行ったり、仕事をしたりしているような方は、できるだけ自分自身の波動を下げないように意識しつつ、よりポジティブにいられるように努め、ネガティブなエネルギーの影響を最小限に食い止めるように意識することは、波動をそれなりの状態に保つためにも、健康をよりポジティブな状態に維持するためにも、実際はとても大切なこととなります。

そして、そのようなネガティブなエネルギーの多い場所に行った際には、その影響を多少なりとも受けてしまうことはしかたのないことであるとポジティブに捉えて、場所から離れた後には、それなりにしっかりと浄化に努めることもお勧めします。また、浄化の力の強いマントラを心の中で唱えたりオーラを強めてガードしたりするなど、身につけている方法があれば、その時に行いたいと感じるがままに実践することも効果的でしょう。

また、そのような場所で波動が下がってしまうような状況になると、さらに低い波動がめぐってしまい、ネガティブなエネルギーをより多く受けてしまう可能性が高くなりますので、不安や心配や怒りなどのネガティブな感情を極力抑えるように努めるなどして、より波動を下げないように意識することも大切になります。


そのようなネガティブなエネルギーの多い場所を離れてからの浄化の方法は、普段、マイナスなエネルギーの影響を受けた時に行っている浄化方法があれば、その時点でこうしたらすっきりとしそうだと感じられたことを行うことが最も適している方法となりますし、特に普段は浄化を意識的に行っていないようでしたら、何らかの方法を用いて、意識的に行うことをお勧めします。

私の場合は、邪気を多く受けていると自覚した場合には、その都度、自分で思い浮かんだ方法により浄化するように努めています。浄化の具体的な方法や浄化力の高いマントラなどに関しましては、過去のブログの記事「浄化&パワー入れ実践方法」「風邪いついて」「朝のお祈り」等に書いてありますので、よろしかったらご参考ください。

その中で、基本的にいつも私が邪気払いのために最も即効性があると感じているために行っているのは、入浴法(ぬるま湯でじっくりと温まり、身体全体をよく洗う)と、多めの水分摂取をすることです。特別なことではありませんが、意識的にいつもより長くお風呂に入ってしっかりと体を洗うようにしただけでも効果的ですし、水分をたくさん摂取して、発汗や排泄などにより体内の邪気を排出するのも即効性があります。また、呼吸法を用いたりイメージしてエネルギーを取り入れて浄化したりする方法もお勧めします。


上記のようなマイナスエネルギーが強いと思われる場所に行った後、気持ちがネガティブになった、疲労感が強くある、体や心が重い、頭痛や吐き気やのどの痛みや食欲不振などの肉体的な不調和を感じるなど、心身にネガティブな状況が生じた場合には、明らかにマイナスなエネルギーを受けてしまっている証拠であると捉えるべきでしょう。

そしてそのように認識した際には、意識的に浄化することを行うか否かによって、その都度の状況も違ってきますし、意識的に浄化することを日常生活において積み重ねることによって習慣にしてしまえば、体内にマイナスエネルギーを極力貯めこまずに済むために、より健康でいることができ、全体的な波動も高まる結果に至るでしょう。



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html







スピリチュアル

「不干渉の法則」「魂のバランス」

2010年06月29日
*下記の内容は、2008年7月5日にタエヌが書き下ろした内容の改訂版です。

オムネクは金星人で5次元の世界に存在していましたが、地球上での過去の転生の際にネガティブなカルマを残したために、そのカルマを果たす目的であえて次元を落として肉体をまとい地球に転生してきました。また同時に、地球がアセンションするために地球人へのサポートをするという目的もあるようです。オムネクの転生のしかたは、5次元の金星人であったことや転生の目的を、顕在意識の中の記憶としてすべてそのままとどめた状態で地球に降りてきているという、めずらしいケースでした。そして、地球人として実生活をしていく中でカルマを果たし、金星人であるということを発表する機会が設けられた時に、その真実を公の場で明かしました。

オムネクの本には5次元の世を経験した記憶を持ったままの状態で、地球における実生活を送っている経験もふまえた上で今の3次元の世である地球を捉えた内容や、5次元の世界の実生活の様子や視点などの詳細を言葉でわかりやすく表現されています。今回は、その中でも「不干渉の法則」と「魂のバランス」について書かれている2つの内容を紹介します。


「不干渉の法則」 ~魂がより高い世界へ精神的進化を遂げるために必須なもの~

バランスを整えること、そしてよけいな干渉をしないということは、私たちの同胞が何世紀にもわたって大きな発達を遂げてきた人生の秘訣でもあります。これらは魂がより高い世界へ向かう旅の中で精神的に進化し、自己実現そして神の顕現を成就させるために必須なものです。

けれども地球の人たちはまだこれらの教訓を学んでいないのです。不干渉とは、各個人の自由のためにあるスピリチュアルな法則です。この世界に同じ人間はひとりもいません。考え方、感じ方、反応のしかた、そして心の傾向や視点は個人によって異なり、精神の開花の度合いもそれぞれ違っています。一人ひとりが持っている自分独自の私的な世界を尊重すべきであるというのがスピリチュアルな法則なのです。

このことが地球では認識も理解もされておらず、今日の多くの問題の根底要因となっているのです。もし人々が自分自身の人生を主導することにより多くの関心を注げば、世界中の問題はもっと少なくなることでしょう。人が他の人々の人生に干渉すればするほど、その人の人生も他の人たちに干渉されることになるのです。これがカルマの法則のはたらきです。

相手に対して、このようにすべきだと思ったら、ある基準やものの見方を持つべきだと思い込んだりすることが干渉につながります。理想的なのは、他の人たちの個性を受け入れ、それぞれの人がそのレベルに応じて自分に必要なレッスンを受けている魂の存在であると認識することです。自分の考えや見解を押し付けること、相手の許可を得ずに手助けをしたりアドバイスを与えたりすること、さらに相手のしていることが間違っていると思うことすらも干渉に含まれます。

単に自分ひとりで判断を下すのではなく、相手がなぜそのように行動し、考え、あるいは感じているのかを理解することのほうが遥かに有益なことなのです。それはまた各個人が自分自身をさらによく理解するための手助けともなります。私たちは論争をしません。私たちが求めるのは理解であり、相手が伝えようとしていることのほうが大切だと感じています。なぜなら人は自身の心の中にあることはすでに知っているからです。

「私はアセンションした惑星から来た 金星人オムネク・オネクのメッセージ」 オムネク・オネク著 徳間書店 より引用  


~宇宙全体にも重要な「魂のバランス」をとるためのレッスンが必要~

人生においてバランスは非常に大切なもので、それは宇宙全体においても重要なことですので、すべての下層世界(今の地球人類が存在している3次元の世界もここに含まれます)の存在たちがバランスを成就させようと努めています。人生においていかなる種類の極端さにも陥らないでいることは、魂を下層世界の時空から解放するための方法のひとつです。残念なことにバランスのレッスンを学んでいる地球人はほとんどいません。

魂としてバランスがとれているということは、すべてにおいてバランスがとれているということです。食べることにおいてすら、人はポジティブ・フードとカル・フード(ネガティブな食物)のバランスをとらなければいけません。とても悲しいことに地球の「文明人」たちが口にしているのはカル・フードが大半です。

欲望については、人は常にどのような物や状況からも離れることができる状態にいなければなりません。さもなければ、この世界の物ごとの奴隷になってしまうからです。人は何ごとにも傾倒しても反発してもいけません。この中庸の道を歩くということは、時にはカミソリの刃の上を歩くことにも似ています。スピリチュアルな人は時として精神的なパワーの媒体ともなりますが、またある時にはカル・パワーともなります。自己中心的な人はほとんどいつでもネガティブなエネルギーの媒体となっています。

心の5つの感情(貪欲さ、怒り、渇望、虚栄心、物質的な物への執着)を完全に排除してしまうことは、極端なポジティブさに向かうアンバランスな状態を意味しますので、それもまた良くないことです。なぜなら感情をコントロールするレッスンの機会を失ってしまうからです。人は肉体に宿っている限りは、物理的な世界の物事を楽しむことができますが、それらの奴隷にならないことが望ましいのです。

ここでいろいろなことを公開する理由のひとつは、人々が地球での生活においてバランスを達成するための手助けをするためです。バランスは自然との関わりの中においても見出さなければなりません。地球ではデリケートな生態系に対して既に甚大なダメージを与えてきており、それは現在も続いています。

ずっと昔に金星と火星の住民たちは、自然を破壊する行為は自らおも破壊する愚かな行為であることを、手遅れにならない内に悟りました。彼らは自然を敬うようになり、やせた土壌を再生させ、都市部や村落を作る時も自然を残すようにすることから始めました。世界的な規模で見られる地球の枯渇した土壌が改善され、成長促進や害虫駆除の化学物質の使用が中止されなければ、人類は21世紀を生き延びることはできないでしょう。

「私はアセンションした惑星から来た 金星人オムネク・オネクのメッセージ」 オムネク・オネク著 徳間書店 より引用


*上記の内容は、2008年7月5日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html








バックナンバー改訂版

天と地が近い!? ~石垣島ダイアリー~

2010年06月28日
2010年6月28日(月)

晴れ時々曇り

最高気温 32.2度
最低気温 28.2度

石垣島に来てからずっと感じていたことですし
夏になってからさらに強く感じられるのですが
空も雲もとても近い所にあるように感じられます。

天国と3次元世界が近づいているから…
高次の世と地球上の世とが近づいているから…

石垣島のエネルギーが高く感じるのは
そのためでもあるのだろうと思えるような
天と地との近さを感じられるような情景を
今日も朝から見ることができました。

DSC02248_convert_20100628161217.jpg

DSC02246_convert_20100628161107.jpg
~AM9時頃 自宅ベランダより撮影~



☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html





日記

波動をより高く保つために  ~高次元の存在からのメッセージ~

2010年06月28日
*以下の内容は、2008年9月30日にタエヌが高次に存在する同志とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

あの優しいまなざしを思い出してごらんなさい。すべてを包み込むような愛おしいまなざしには、なにひとつかげりがなく、澄みきっていて、奥深くまで吸い込まれるような感覚になったことでしょう。目にはその人のすべてのオーラが映し出されています。つまり、その人の魂の歴史の全てが、目を見ると読み取ることができるのです。もちろん今の魂の状態も、目に全てが凝縮して表れているのです。あなたがこれまでに出会った方の中で、こんなふうに思いだすことができる優しく愛おしいまなざしはいくつあったでしょうか。そしてあなたは、そんなまなざしで何人の人を見つめることができたでしょうか。

あなたの持つ波動は表現を変えれば音の振動なのです。波動が高まるにつれてこの音の振動はより繊細になっていき、やわらかく美しい音を発します。また、波動が低くなるにつれて振動がより大きく荒くなっていき、激しくゆさぶるような鈍い大きな音を発します。

もしもあなたが、あなたよりも極端に低い波動の人と接した場合には、その人と波動を合わせる(近くに寄る・会話をする・目線を合わせるなど)ことにより、あなたの波動である振動はより大きく揺さぶられて、鈍い大きな音を不快に感じます。これは、波動の低い場所に入ったり物質に触れたりテレビやパソコンなどの画面を見たりした場合も、同様の現象が起こります。また、波動はオーラともエネルギーフィールドとも表現を置き換えることができますので、あなたの周囲や発しているエネルギーが荒らされてしまうことになるのです。

肉体を持った人間は、魂が肉体によって保護されているために、たとえ極端に低い波動の影響を受けても、魂自体が瞬時に直接的な影響を受けることはありません。しかし、あなたの波動は直接的に影響を受けますし、それが肉体や心の不調和を生じることもあるのです。

低い波動の影響を強く受けてしまった時、肉体レベルに生じてしまう不調和の状況は人それぞれではありますが、ある程度まとめることができます。最も多いのが頭部に違和感として表れることです。軽い痛み、じわじわくる感覚、ズキンと刺されるような痛み、ゴツンとたたかれたような痛み、ヘルメットをかぶされたような圧迫感、後頭部の痛みやうずくような感じなどです。脳に近いために、もっとも敏感に感じるのが頭部なのです。他には、胸部や腹部の違和感が生じる場合もあります。息苦しくなる、腹痛がする、普段よりも尿意や便意を多くもよおす、気分が悪くなり吐き気がするなどです。また、のどがいがいがしたり痰が出始めたり咳が出たりする場合もあります。それ以外にもいろいろとありますが、もともと肉体的に弱い部分がネガティブな状態になる場合が次に多い症状です。例えば膝の状態が良くない人が急に強く膝が痛みだすような状況が生じるということがそうです。

心の不調和としては、気がめいる・だるい・気が重い・その場から離れたい・楽しめない・不安や心配や怒りなどの感情が強くなるなどといった、ネガティブな情緒が湧きだしたり気持ちが前向きにならなくなったりすることを実感します。

上記の症状は、あくまでも波動の差が大きい場合に発することですので、何も感じないから何も影響を受けていないということではありません。瞬時には何も感じていなかったとしても、自分の波動が低い波動の影響を受け続けて、少しずつ徐々に荒れてしまった場合には、その場では気づかなくても、少し後になってから肉体的な不調和を感じる場合もあります。

逆に、自分の波動よりとても高い人の波動に触れた時や高い波動の場に居続けたり高い波動を発する物に触れたりした時には、上記の状態の逆の状況になります。つまり、相手のより微細な波動の影響を受けて、あなたの波動もより微細になっていくのです。ですから、肉体的に不調和な部分があった場合にはより調和されていきますし、精神的にもより穏やかでポジティブな状態になっていきます。つまり、波動の高い人の近くにいるだけでも、その人の持つ波動(オーラ・エネルギー)によって、低い波動の人は癒されるのです。波動を高めることができるのです。(*注…ただし、自分よりも極端に波動が高すぎる存在やエネルギーに触れた場合には、上記と同様の肉体的や精神的な不調和が生じることもあります。)

肉体を持った人間は、肉体が防御しているために、波動がこれほどまでに大きく違う人同士が同じ場所で存在することができています。しかし、高次元の世は波動の高さによって、ある程度の範囲内で区切られているために、あなた方の3次元の世のように、天使と魔が同居することは決してあり得ないのです。

3次元の世に住むあなた方は、肉体によって防御されている反面、このような波動を感じる力が鈍くなっています。これは、必然的ではありますが、3次元的肉体を持っていても、意識を少し変えるだけで、肉体的にもエネルギー的にもこのような波動の違いをより強く感じることはできるのです。

肉体レベルでも精神レベルでも、上記に挙げた様な不調和は、波動の違いからくるもの以外にも、ウィルスに感染した場合や邪気邪念を多く受けた場合や体に合わない飲食をした場合や情緒が思い切りネガティブになってしまった場合など、肉体の不調和という肉体が表現してくれた顕在意識への気づきのための信号は、様々な要因が考えられます。そんな中でも、直観的に「この人の低い波動の影響かな」とか「この場所は良くない場所かな」などと感じた場合には、その直感を信じて、相手と波動を合わせないようにするとかその場所から離れるとかといった防御策をとるとネガティブに感じたり肉体的に不調和を生じたりした状況が改善されるばあいがあります。こういったときには間違いなく、自分の波動が自分よりも低い波動からの影響を受けていたということになります。

意識を変えるとは、この直感を信じることもそうですし、自分自身の体に聞いてみることもそうですが、最も大切なのはエネルギーレベルがどうであったかという視点で捉えることです。

そのためには、人と接する際に最も重要となるのは、相手の目を見ることです。そして、直観やインスピレーションによって感じるようにするのです。目を見て瞬時に感じることもあるでしょうし、より長い間目線を合わせていくうちに感じる場合もあるでしょう。いずれにしても、相手の目をより強く意識してみると良いです。相手の表情や言葉遣いや話の内容は参考程度にして、目を見て感じるようにするのです。だからといって、顕在意識において見極めるとか低いか高いかを評価するのともニュアンスは違っていて、直観やインスピレーションから読み取るのです。そして、その人と波動を合わせることが自分にとっては苦痛であるとか有害であるとかと感じ取った場合には、できる限り波動を合わせる時間を少なくするために、より必要な時間のみをともに過ごすように配慮するとか、ネガティブな感情が生じた場合にはポジティブに変換したり相手がネガティブな感情を発したときには感情レベルの波動を合わせないようにしたりして、愛を強く持って慈悲慈愛の気持ちを保つようにすることが必要になります。。(*注…愛を大きく持って自分の波動を高く保つようにすることを意識することによって、自分の波動の状態をより強い状態の波動にすることができるので、相手の波動の影響を極力受けないように自分の波動を保ち続けることができるようになります。)

場所や物の場合は、第一インスピレーションが大切になります。その場に入った瞬間の感覚。物に触れた瞬間の感覚。そういったものがもっとも大切なことであり、より真実に近い状況を感じているはずです。その後に、思考や過去の経験やデーターや他の人の意見などを混ぜてしまった場合には、判断が違ってしまう場合が多くなるでしょう。多くの人が、第一インスピレーションをいつのまにか固定観念や思考によって、違うものに変換してしまう習慣がまだ身についてしまっているようです。もし、第一インスピレーションによってネガティブな感覚を生じた時、できるだけその場にいる時間を短くするとか、物に触れている場合は早く手放すとか、そういった対処をすることが必要になります。

ここまで述べてきたのは、波動に関しての一部の内容でありますし、あくまでも波動の違いが大きい場合のいくつかの事例でもあります。今回の内容で参考にしていただきたいのは、このように波動の状態が肉体的にも精神的にも、人の健康に対しても実際はそれなりの大きさで関わっているということと、そのような視点で捉えることによって、より健康な心身の状態を保つために役立つということです。そして、最も重要なことは、自分の波動が他の人や物や場所などのエネルギーからも強い影響を受けていることをより意識し、波動をできるだけ高い状態で保ちつつ低い状態にならないように努めるということです。

ますます地球にそそがれる宇宙エネルギーは増え続けています。もし、エネルギーを数値で捉えることができたのなら、毎日何倍もの量で増え続けていることがわかるでしょう。そのくらい、極端に増えていることを意識してください。そして、このエネルギーはポジティブなものもネガティブなものも両方のエネルギーが含まれています。ですから、波動が高い人や物や場などはどんどん高まり、波動の低いものはどんどん低くなってきている状態が続いています。ですから、以前にも増して波動の2極化が進み、アセンションできるものと3次元の世の旅を続けるものとの、さらにその波動の高低差が開いてきているのです。もちろん、今の時点で波動が低くてもその人の意識や行動次第では、いくらでもすぐに波動を高めることができますし、逆にどんなに波動の高い人でも瞬時に波動が下がる危険性もあるのです。魔がさすこともあるのです。

自分の波動の状態を大切にしてください。そして、より波動を高く保つことによって、一人でも多くの人の波動も高められるように努めてください。それには、このような視点ややり方によって、波動をより意識的に高めることも一つの手段として必要になってきているのです。


*上記のメッセージは、2008年9月30日に当ブログで掲載した内容を転載しました。



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html









バックナンバー改訂版

今日の石垣島5景 ~石垣島ダイアリー~

2010年06月28日
2010年6月27日(日)

晴れ時々曇り

最高気温 31.5度
最低気温 28.1度

DSC02245_convert_20100628080244.jpg
~AM6:20 自宅ベランダから見た朝焼けの米原方面と東シナ海~

DSC02206_convert_20100628075526.jpg
~AM10:40 玉取崎~

DSC02214_convert_20100628075839.jpg
~AM12:00 御神崎から見た西表島~

DSC02229_convert_20100628075947.jpg
~PM5:15 自宅マンション屋上から見た空 撮影者アマンダ~ 

DSC02237_convert_20100628080113.jpg
~PM7:35 自宅ベランダより夕暮時の川平湾周辺~



☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html






日記

日本は世界の雛型~プレアデスからのメッセージ~

2010年06月27日
*以下の内容は、2008年8月11日にタエヌがプレアデスの同志とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

まだ忘れてはならぬ、いくつかの出来事があります。それは、あなた方地球人類にとってはとても大きな衝撃となっていたことです。(第二次世界大戦のこと)それでも、我々宇宙の存在としてみれば、あなた方がこれらのカルマをどのように果たすかということに関しては、すべてがあなた方次第になるわけですから、心から応援している愛のメッセージやエネルギーを送り続けることが、我々にできることであると認識してできうることを行っています。

あなた方の世が、一時期、暗い大きな闇の中に入り込み、自滅するのではないかと思われるくらいにネガティブなエネルギーが充ち溢れ、物質的にもこの物質地球を破壊することができるレベルまで、進化してきた地球の科学を宇宙の法の逆である平和と愛を壊すために使おうとしていたあの時がありました。まるで、日本だけがその大きな損害を受けるに至った(長崎と広島が被爆したこと)ことで害を受けたと思ったことでしょうが、害を与えた者たちのカルマの大きさは、被害を受けた者のネガティブな波動も全て受けているので、はるかに大きなものとなっていたのです。

日本は、あの被爆という2つのネガティブな出来事により、ようやく神性を導く方向へと全体的な体制を変換するようになっていきました。そんな、ひとつの大きなきっかけになったのです。しかし、日本人のたくさんの命を奪い、今もなおその後遺症で苦しむ人々や地や自然といったたくさんのネガティブな波動を受けている、国家としても個人としてもその責任を果たさなければならない要因国家は、その後も引き続き行っていた殺戮やそれに準ずる邪悪な行為のカルマにより、どんどん波動が下がっていて歯止めがかからないような状況が続いています。

3次元の世における指導者であるとか指導的な立場にあるグループや国家などは、残念ながら4次元以降の高次元の世においては、そのままのやり方を貫き通そうとした場合には、逆に必要のないものとして他の星の3次元の世にて魂の成長を図るために転生していく道を選択するしかなくなるでしょう。

4次元の世における指導者とは、人を抑えるわけではなく従わせるわけではなく束ねるわけでもありません。支配などという言葉は存在しなくなるのです。愛という宇宙の基本法をすべてのものが理解して普通にあたりまえのこととして実践しているために、統制とか人の罪を人が裁くとか制限とかといったネガティブなことはまったくなくなるのです。ただし、統括すべきこと、一丸となって行うこと、代表者としてまとめることなどといった人々や地球自体や宇宙の者たちとの調和を図る必要がある場合には、指導者的な存在が必要となります。また、霊的に特に大きく進化したマスターは、皆の波動をさらに高めるために、また宇宙の文明においてさらなる貢献をしていくためにも、波動を高めたり知識を授けたり霊的進化を促進したりするためには、指導者的立場としてとても大きな存在となります。

今の地球の世における、子どもたちの集う学校という場におけるにおける教師といわれる存在は、本来の理想としてはこのようなマスター的な存在として子どもたちの霊的進化をするために導く存在であることですが、残念ながら、一部の波動の高い教師を除いた多くの教師は、単なる範囲を決められた地球における常識とか固定観念とか画一化した心の持ち方とかといった、とても浅はかな部分を伝えることに終始して全力を注いでいるというのが現状です。さらにネガティブなこととして、宇宙からみたら明らかに間違った知識というものをまるで洗脳するかのごとくたたきこんでいたり、教師自体が素晴らしいことを伝えていると思いこんでその自らの行為に自己満足をしていたりする姿を多く見受けたりするので、それだったらもっと自由に個を大切にしながら、本来の子どもたちの魂に即した生き方の中で、自らが学ぶ道を選択できるように、地球の世の先輩という名の先に生まれてきた大人であるみなさんが場を整えてあげるべきだということです。

今、続々と次の世におけるマスターになるべく魂が大きく目覚め、この3次元の世の中においてもネガティブな殻を徐々に脱ぎ捨てることを人々に示して周囲の波動をも高めながら、自らの神性を表現していけるように進歩し続けています。でも、今の時点ではそのマスターとなるべく多くの人は、3次元の世においては謙虚さを増してエゴが減少する一方であるために、世の人の中においては目立つ存在として表出していないのが現状です。それでも、いつのまにか、それぞれの波動の高まりに引き寄せられる魂により、徐々に徐々にそのソウルつながりの同志を中心として、周囲の魂を引き寄せ合うことにより波動が高まるためにたくさんの集団が出来上がってきています。もちろん、この集団とは物質レベルにおける集団というよりは、波動レベルとか意識レベルとかにおける集団ですので、五感的に認知できる場合とはっきりとは認知できない場合とがあります。でも、今、指導者的なレベルまで進化している魂が、さらに他の魂を目覚めさせて指導者レベルの魂が増えていくことによって、どんどんその数も集団も増え続けています。

あなた方はどこまで意識しているかはわかりませんが、今在る世界の国々の中でも、日本という国には、この指導者的なレベルにまで達している魂を持ちあわしている人間としての存在は、地球全体の人類の中でも圧倒的に多数を占めているのです。ですから、こうして日本語でコミュニケーションを取り合えるというだけでも、すぐにでもたくさんの日本人同士が意思を疎通しあえるというのも必然ですし、言語としては世界における少数の人しか使用していなくても、次の世に暮らす人のレベルでとらえれば、もうすでに今の段階で日本語によるコミュニケーションや言霊や思念や想念により波動を高めあうことが、同じ日本に住んでいるというだけで刺激し合って波動が高まっているということになりますので、これも実は宇宙における意図された必然でもあるのです。

今一度、日本に関わる皆さんは、この日本の風土、日本人の気質、日本に古くからある素敵な慣習、神国日本の神々に対する崇拝、純粋さ、素朴さ、日本語のエネルギーや素晴らしさなど、日本人を中心としてこれまで育まれてきた日本独特な文化を、今一度見つめなおしてポジティブな要素はどんどん実生活に取り入れるように努めると良いでしょう。

日本は世界の雛型であります。もちろん、波動を高めるための雛型です。これは、神や宇宙存在により地球がアセンションするために計画されて多年にわたって実行されてきた結果である、その必然的な成果でもあります。日本に生まれてきた方、日本に関わってきた方は、心から喜んでください。日本は本当に素晴らしい波動の指導的な国として、宇宙から見るととても順調に育っています。そして、次の世における地球をリードすべく状態が近づいてきている今、あなた方がさらに宇宙へ向けて貢献するために、本来の転生してきた目的を果たすべく、とても重要な役割に気づいてさらに全力を挙げて従事するようになるでしょう。


*上記のメッセージは、2008年8月11日に当ブログで掲載した内容を転載しました。



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html








バックナンバー改訂版

沖縄県最高峰 於茂登岳 ~石垣島ダイアリー~

2010年06月27日
2010年6月26日(土)

晴れ時々曇り

最高気温 31.9度
最低気温 27.4度

於茂登岳の標高は526mで
石垣島の中で最も標高の高い山ですが
沖縄県全体でも最高峰になります。

自宅から10分くらいで麓まで行ける
近場にある山ですし
市街地から帰宅する際に
於茂登岳周辺をよく通ります。

夏場に入って晴天が続いてから
於茂登岳の頂上付近には
厚い雲のかかっている時が多く
頂上がはっきりと見えない日が多いのですが

今日は周囲が曇っているのに
山頂付近にはほとんど雲がありませんでした。

DSC02138_convert_20100627082429.jpg

於茂登岳は見ているだけでも周囲にいるだけでも
心癒され活力を与えていただける
とても気高いエネルギーを発していると感じています。

ちなみに於茂登岳周辺を通って帰宅する際には
於茂登トンネルを通りますが
於茂登トンネルは沖縄県で最長のトンネルです。

DSC02140_convert_20100627082127.jpg
~於茂登岳とパイナップル畑~


☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html






日記

アセンションに向けて~意識のセンターで認識することの大切さ~

2010年06月26日
今、この地球にて3次元の世における肉体を持った人間として実生活を送っている地球人類にとっては、五感で分かる目の前の現実といわれる出来事や、顕在意識において感じる事や自らの思考であるといった、3次元的に認知しやすいことが、基本的にとても大切なことであり、自らが最も分かりやすく気付きやすいので、魂を向上するためにはわかりやすい重要なことでもあります。

そもそも私たち3次元の世に生きる地球人類は、3次元の肉体を持たない魂であった状態から、3次元の肉体を持った人間に転生して人生を送る選択をした時点で、肉体を持った状態での3次元の世における自らの実生活において、どのように波動を高めて魂を向上させていくかといった事が、自ら望んだ修養するための根本的な状態であるということであります。

今、多くの方がスピリチュアルな目覚めを進めており、その中には3次元的な意識をより分離させる事によって、多次元的な意識や経験や知識などといったことを顕在意識で認識し、それを言葉や文字や芸術などによって表現し、自らの実生活に生かしつつ、世のため人のために生かすことを実践している人が増えているというのが現状です。

このようにスピリチュアルな目覚めを進めていく人が増えるということは、地球が4次元の世5次元の世とアセンションしていくには必要不可欠なわけですから、大変順調にアセンションに向かって地球が歩んでいる証拠でもありますし、3次元の物質的な世界での固定観念や価値観に固執せず、より高次元の意識を顕在意識にて認知することにより、アセンションへの移行をスムーズに行うという意味でも、とても大切なことであります。

ただし、ここで一つ忘れてはいけないことは、先ほど述べましたように、私たちが地球人類として転生することを魂として選択した時は、高次元の世ではなくて3次元の世の地球人類として修養する道をあえて選択したということです。つまり、まだこの地球にはネガティブなエネルギーがたくさん存在し波動域が3次元の状態であり、4次元以上の世に存在できないような3次元的なネガティブな波動を持ち合わせている人も混在している状況と分かっていて、あえて選択したというのが事実です。

急激にスピリチュアルな目覚めを進行し、これまでは実生活において、あらゆることを物質的側面や3次元的な観点を重視してとらえていた人が、より多次元的な自己の存在や多次元的なスピリットの存在とのコミュニケーションを図ったり、スピリチュアルな観点も重視して物事を捉えるようにすることを、より顕在意識で認知するようにして、より意識的に実生活を行うようになってきた方々の中には、3次元的現実世界の実生活の中で、多次元的な世界により重きを置くようになることは大切であり必要ななことではありますが、重きを置き過ぎてしまったために、3次元の実生活においてアンバランスを生じてしまい波動を落とすことになる危険性もあるということを、今一度改めて認識し調和するよう意識する必用があると感じられます。

多次元的な世界の中で起きていることを、様々な形で認知できたとしても、また多次元的な世界のスピリットからメッセージ等のインスピレーションを受けたと顕在意識の中で思考や顕在意識とインスピレーションとを分離して認知したとしても、それを重視したり表現したりすることは素晴らしいことではありますが、今の時点のこの地球表面上の3次元の世においては、足元の目の前にある3次元的現実世界において、どのようにポジティブな形で還元するかという事が最も重要になるということになります。そして、3次元の世も含めた多次元的な所から伝わってくる全ての総合的な顕在意識において認知したことを、結果的には3次元の世の地球人類として、より自分自身の中で調和を保つことによってセンターをしっかりと安定させ、そこからより多く発せられる光によって自分の周囲や関わるより多くの世のため人のために還元していくことが、どれだけできるかということがもっとも大事なことになります。

つい何年か前までは、3次元的な物質的な世における中では見たり聞いたり存在を確認したりする事が難しいような、スピリチュアルな存在が実在しているということが真実であるという事を認識するということだけでも、それなりに目覚めが進んでいる人であるともいえましたが、現段階ではそういった目覚めを行った方は急速に増えているために、それよりも先のことである、スピリチュアルなこととして認識したことやエネルギーなどを、具体的にどのように生かすのかということが、ライトワーカーとして指導者的立場や中心的存在になりうる者にとっては大変重要になっていきますし、少しでも目覚めが進んでいるすべての人類にとっても必要なことでもあります。

そもそも、スピリチュアルなことといわれる、3次元の世でとらえられている五感以外から感じられるようなことは、特別な事とか特定の霊的能力が発達しているもののみが受け取っていて認知できているというのではないというのが真実であります。どのようなことかといいますと、もともと地球人類の全てのものの肉体に宿る魂はスピリチュアルな存在であるわけですから、そういったすべてを感知していることを本来は分かっているのですが、物質世界である3次元の世において人として実生活を送るには、それぞれの多次元的な意識を分離して複雑にして生きる、よりも一つの人間としての個の心のセンターにある、1つの顕在意識で集約したほうがよりシンプルに3次元の世ではよりポジティブに生きていきやすいために、そのような顕在意識を持つことを選択して存在しているわけです。

いわゆる霊能力の高いとされている人は、その多次元的な意識を3次元的物質的顕在意識から、いかに分離して別々にし、顕在意識における認知がどれだけできるかどうかという能力が高いかどうかということが基本的なことであって、実際は全ての人が直感もインスピレーションも多次元的な世界も同時に経験していることを魂は知っていても、3次元の世の顕在意識があえて分離をせずに、シンプルに一つにまとめて五感でとらえるものを重視しつつ実生活を送っているということだけなのです。

もし自らの意識を多次元的に分離して、3次元の世における現実的なことよりも多次元的なことを「重視しすぎて」しまい、そのことによってネガティブになってしまったり不調和を起こしてしまったりするような人がいたら、今一度、本来の3次元的な顕在意識を見つめなおすようにしつつ、今の時点の自分自身の足元の実生活や周囲の状況を見つめなおすようにして、あえて分離をせずに本来認知しやすい状態である5感に意識を集中して、つまり、自分の心のセンターにしっかりと意識を集めて、よりシンプルな状態で実生活を一度見つめなおすことが必用である人もいるように感じます。

特に、これから先の世をライトワーカーの中心的な役割や指導者的な役割となる責務を担っているだろうと自覚している人にとっては、このエネルギーが極端に高まっているアセンション直前の状況において、一つの認識すべき大切なことが、どこまで自らのセンターをしっかり保ちつつ、多次元的なところから得た様々な知識を3次元の世において、いかに意識して実践することで、自らもそして周囲のより多くの人たちに対しても波動を高めたり魂を向上させたりするために実生活の中に生かしていけるかということを、もう一度確認する事が必要に至っている場合もあるということを、ここに書き表しておきます。

宇宙における真理の中の一つである調和(ハーモニー・バランス)を保つことは、全てのものにとってより必用なことでもあります。そして、3次元の世において、実際に肉体を持って実生活を送っている地球人類は、3次元の世におけるあらゆる調和を保つことを、最も大切にする事がとても重要であります。3次元の世の調和がより大きく崩れてしまうと、たとえ多次元的な所でどんなに素晴らしい光を与えられていたり、どんなに素晴らしい知識を得ることができたとしても、どんなに素晴らしい意識を持って行動したとしても、結果的に3次元の世での人や世の中での調和を崩してしまったり、周囲の人々とのアンバランスさから波動を落とすような結果を生じたりしてしまっては、結果として表れることは、3次元の世に存在している自己の魂を向上させる事ができず、さらに周囲に対して光を与えるライトワーカーとしての仕事も大きく果たす事ができないということになってしまうでしょう。逆に、多次元的な世から得た様々な知識もエネルギーも光も、より多く3次元の世に還元し、自らの心身も3次元の世の中や縁ある人々の間でもより大きな調和を保ちながら、自らの意識のセンターをしっかり持ち、より意識的により多くの光を世のため人のため地球のため宇宙のために実生活を送ることができることができれば、ライトワーカーとしてより大きく羽ばたき魂を向上させることができるでしょう。


*上記の内容は、2009年2月25日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。


タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html






バックナンバー改訂版

体に感謝! ~石垣島ダイアリー~

2010年06月26日
2010年6月25日(金)

曇り時々晴れ

最高気温 31.6度
最低気温 27.4度

今週に入ってから自宅マンションの室内の温度計は
29度台~30度台を指していていることが多く
平均気温も高い日が続いています。

湿度も80%以上をキープしていて
80%後半から90%前半くらいが
ここのところの平均値のようです。

千葉に住んでいた時と
ついつい比べてしまいますが
この室温と湿度は
夏の暑く感じる日に相当すると記憶しています。

それでも今の時点の感覚としては
なんとなくいつもより蒸し暑いな~と思い
室温計を見ると30.5度

普通に感じて室温計を見ると29.6度
雨上がりで結構涼しいと感じて見ると28.6度

今日の午後3時半頃には
子どもたちが5・6校時に
学校でプールに入って帰宅するために

エアコンを入れて
快適に感じた時で28.2度

冷房の風が当たる場所は
かなり涼しいと感じたけど27.4度

ちなみにプールの水温は31度だったそうで
とても気持ち良かったとアマンダは言っていました。

自分の体感温度と実際の温度と感覚との関係が
徐々に徐々に変わっていき
今の時点では28度台が快適に感じられます。

内地にいた時よりも
かなり暑い日が続いている
石垣島の初夏の気候に

肉体や多次元的体がうまくバランスを保とうと
いつもがんばってくれているために
それなりに馴染んできていることを感じます。

自分の体に感謝♪感謝!


PS.今回は石垣島の初夏の気候とはいっても、自宅の室内で感じたことに限って書きましたが、外の日差しの強さはとても強いので、また違った意味の暑さを感じます。その反面、木陰に入った時の涼しさや快適さも、とても心地良く感じられます。ちなみに、家族の中で私は寒さにはめっぽう強い方なのですが、暑さに最も弱いのは私でして、妻も子どもたちも、私以上にこの熱帯雨林気候を快適に感じて過ごしているようです。

DSC02131_convert_20100626071849.jpg
~26日朝6:50頃の自宅マンションから見たピゲカゲ浜周辺と東シナ海。天気は薄曇りで、部屋の窓は全開にして風がそこそこに吹き抜けています。AM7時の室温は29.4度。25日夕方から26日AM6時頃(今から1時間ほど前)までエアコンを使って除湿していたために、体感的には少し蒸し暑い感じがします。~


☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html




日記

ヤエスベコフ(高次の宇宙存在)からのメッセージ

2010年06月25日
*以下の内容は、2008年9月12日にタエヌが高次に存在する宇宙の同志とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

光り輝いているあなた方の魂の中でも、最も美しい光を放つのが愛の光であります。何万光年もの彼方から私の送るこのメッセージが届くように、あなた方の愛の光も、私たちのところまで、それはそれは美しいオーラの色とともに、鮮明な光とそれにともなう素晴らしいエネルギーとともに送り届けられ感じることができます。

あなた方の住まう地球には、何万光年もの彼方から、たくさんの宇宙存在たちが飛来してきています。もうすでにご存じの方もいらっしゃるでしょうが、その数たるや、あなた方の想像を絶するような数に至っています。

あなた方に知られているシリウスやオリオンやエササ二やプレアデスや太陽系の惑星などといった、古くから地球人類との密接な関係のある星からやってきている者もありますが、それ以外にも、たくさんの惑星からやってきています。

ふと、あなた方が空を見上げてみても、何もそのような存在が確認できないかもしれませんが、それは周波数が合わないのですから当然のことです。私たち宇宙存在は、あなた方の波動領域に入っても、私たちの微細なる振動で存在するために、あなた方の視覚では確認しずらい状態を保っています。ただし、あなた方がこのような波動の状態で我々の存在を捉えようとすれば、あなた方の感覚的な心の目で捉えることは可能なのです。逆にいえば、私たちの波動を下げて荒い振動に変えれば、あなた方の視覚によって見て確認することも可能なのです。

ちなみに、私たちにとっては、あなた方が私たち宇宙存在を見ることができたか否かということは、それほど意味を成すものではありませんが、今の時点のあなた方にとっては、とても衝撃的であり大きな問題を引き起こすものとなることも十分存じ上げています。

あなた方は、目というものを使ってみることがすべてであるという、古くからの人間の思い込みや間違った教育や習慣によって、本来持ち合わせている心の目で見ることを忘れさせられています。この、心の目とは、あなた方が本来持ち合わせている、第3の目ともいわれる霊眼のことです。

第3の目とは、あなた方の額にあるチャクラが多いに関係しますが、額の奥に実際にあなた方が知っているような目があるわけではありません。主に、このチャクラにおいてそのエネルギーを感知するということですので、物質的なものがあるとか、額のあたりで見えるとかといったものではありません。実際は、ハートチャクラがあなた方の知覚にて感知させる役割を示しているために、第3の目で感じた情報を中心に体の細胞全体で感じた事や波動やオーラの領域で感じたことなどのすべての感覚における総合的な情報をハートチャクラにて統括して、あなた方の右脳に送られるのです。そして、あなた方は主にこの右脳によって視覚的に捉える事が出来るのです。

このような、視覚的に捉えることもそうですし、チャネリングによるメッセージに関しても同様ですが、あなた方が信じている目や耳といった器官を使って捉えるような感覚とは同じ感覚ではありません。とても、微細な波動によるものですので、3次元の領域にある肉体においては、あなた方の意識における五感によるようなはっきりとした捉え方をするのは難しい場合が多いのです。

それでも、あなた方の意識において、リラックスした状態で自分自身の感覚を信頼し高次の存在を信頼しハートチャクラや右脳に意識を傾ければ、それなりに霊的に敏感になっている方や魂の目的に沿った生き方による経過の中においてこのような情報が必要であるとみなした場合など、あなた方や周囲の者にとって必要な情報を得ることができるのです。

ただし、見よう、感じよう、聞きたいなどといった情緒が強すぎてしまうと、その波動が荒い波動になってしまうために、あなた方の感覚的な能力が低下して、高次の波動と合わなくなってしまうために、本来は必要な情報であったとしても、あなた方が感じ取れなくなってしまいます。もちろん、信頼が薄い場合、つまり疑いという低い波動が発生するために、同様なことが生じます。

私は今どんな目的を持って生きていけばよいのだろうか?次はどのような行動をとることが必要なのか?私にできることって何なのだろうか?などといった、愛を深めめぐらせたいという純粋な動機からこのような疑問が生じた場合には、高次の存在は喜んでその答えを導くための教えを、あなた方に伝えます。伝え方はその時々にもよりますし、あなた方の目覚めの度合いにもよりますが、もっとも適した方法で伝えようと努めてくれます。ただし、依存心を強く表出させると、やはり低い波動が発してしまいます。時には明確な答えを知らされることもあるでしょうが、あくまでもあなた方の自由意思による選択が必要になりますので、ヒントとなるような参考程度のものとか、インスピレーションによる感覚的なものとか、抽象的なものとかといった感じのことが、メッセージの内容としては多くなります。

今、アセンションを目の前にして、一人でも多くの同胞が宇宙親交の仲間入りをしてくれるように、私たちは願っています。あなた方地球人類に対して、私たちは惜しみない愛を捧げ、あなた方の目には見えないところで様々な支援をしてきています。あなた方は、自分の波動領域におけることに関して、あなた方の自己責任のもとに自由意思にて解決していく必要があります。私たちは、私たちの領域内で、できる限りのことを施しています。お互いの願いはいつも一緒です。愛を広めて分かち合い、自由と平和のもとに何もかもが統一されて共存し合い助け合っていくこと。

あなた方も私たちも、同じ宇宙における家族であるという、私たちにとっては当たり前である思いを、あなた方も普通に感じてお互いが信頼できる関係になることを、私たちは切なる願いとして、そして、まもなく実現する真実になることとして、その時を心待ちしています。


*上記のメッセージは、2008年9月12日に当ブログで掲載した内容を転載しました。



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html





バックナンバー改訂版

島バナナ ~石垣島ダイアリー~

2010年06月25日
2010年6月24日(木)

雨時々曇り

最高気温 30.2度
最低気温 26.4度


今日は久しぶりにまとまった雨が降り
朝から時折雷鳴が響いたり
激しい雨になったりもしていました。

午後3時過ぎに雨がやみ
その後はほとんど曇りとなりました。

小学校の裏山を見ると
山から煙が出ているようにして
もやが立っていました。

DSC02122_convert_20100625061157.jpg

話は変わりますが…
昨日購入した島バナナは
風通しの良い所に吊るしおいたら
あっという間に黄色く熟したので
7~8本ほど食べました。

島バナナ独特の酸味と
甘みと香りがマッチした
濃厚な味わいがとても美味しいです。

島バナナは「幻のバナナ」とも言われていて
本土ではほとんど出回らないと
旅行雑誌には書かれていました。

DSC02127_convert_20100625061316.jpg


☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html






日記

「動機が大切」ということの意味

2010年06月24日
人が何かの物事を行う際に、もっとも基本的に大切にすべきなのは「動機」です。動機が純粋である、愛が大きいものである、宇宙の真理に基づいているといったようなポジティブなものであれば、その行おうとしている物事がポジティブである場合が多いでしょう。

そして次に大切になるのは、その「行動」が道理に叶っているのか、ある程度の周囲との調和が成されているのかといったことを行動しながら自らの中でチェックし、ポジティブなものであればそのまま進み、何かネガティブなことがあれば反省して改善させながら進めれば良いということになるでしょう。

例えば、動機が我が子に対する純粋な愛からくるものであるとしたら、それはとてもポジティブな動機といえるでしょう。しかし、その行動が暴力的な行為に至った場合には、行動が道理に叶っていない、不調和を起こしているネガティブなことであるために、結果的には低い波動(エネルギー)を生じてしまい、ネガティブな結果をもたらしてしまいます。

動機は根本的に最も大切なことでありますが、当所の動機がポジティブであれば、その後の動機も行動もポジティブなことが続くのかどうかといったことは、その人の選択次第になります。最初の動機や行動がポジティブであっても、次に行う選択で動機や行動がネガティブになってしまうと、結果的にはネガティブな状況に至ってしまいます。

先ほど例えたことに当てはめますと、最初の動機は我が子に対する愛情から言葉でわかってもらおうとして叱ったとしたら、それは動機も行動もポジティブです。しかし、なかなか理解できない我が子に対して、怒りや辛さを感じて感情的にネガティブになったり、子どもの領域に過干渉しすぎてしまったりして、いつのまにか動機が親の思いを押し付けることに至り、行動が暴力になってしまったら、動機も行動も共にネガティブなものとなってしまいます。

物事は常に変化し続けていますが、その変化をたどらず、当所の動機や行動をもとにして自らの意識や行動を省みると、そのネガティブさに気づかないことがあったとしても、その1つ1つの変化していく様子を省みて、動機と行動、要因と結果を捉えてみると、自己分析がしやすくなり、自己の中で反省して改善しやすくなる場合があるのです。

もう1つ例えますと、思春期を迎えている我が子がいて、なかなか言うことを聞こうとしないことがよくあったり、感謝の態度を余り示さない中で親をアッシーのようにして車の運転をさせたりして、反抗期であるとはわかっていても、ついイライラしてしまい、言葉を控えたり感情を抑えたりするにも限界があって、結果的には怒鳴ってしまう場合があるような事態が繰り返されているとします。イライラしたり怒ったりしない方がよい、もっと子どもに対して愛を持って寛大に接したいと思っていても、自分を意識的に改善させることが難しいけどどうしたらよいのか…そんなふうに悩んでしまったとします。

その場合の解決方法も、先ほど述べましたように、動機と行動、要因と結果を、1つ1つ分けて捉えると、わかりやすいかと思います。具体的にどのように分けるのかといきますと、子どもに対して何かを伝えたいという親の愛情と、感受的にネガティブになってしまうということを、2つにわけるということです。

この1つである親の愛情から我が子に対する純粋な愛の思いの中で分かってもらいたいから話しをするという動機と行動は、とてもポジティブなことですから、伝えるべきことはしっかりと、その都度タイムリーな時に伝えるとスムーズなはずです。逆に伝えるべきことを言わずに心の中で貯めてしまうと、それだけでもネガティブに感じます。

また、伝える際には、本来「伝えるまでが自分自身の領域内のこと。」という不干渉の法則も意識した方が、ポジティブな結果に至る場合が多いでしょう。親の言葉をどのように受け止め、どのように活用するのかは子どもの自由意思や選択に在る程度任せるように意識しない場合によく見られるのが、もし子どもが反抗的な態度をとったりわかったような表現をしなかったりした場合には、その次なる親としての動機も行動も、わからせようとしての押し付けになってしまったり、子どもの自由意志や領域を侵害してしまったりするようなネガティブなものになてしまう場合があります。ですから、それなりにお互いの領域を意識的に気をつける必要があります。

もう1つの感情のコントロールは、伝えるべきことを伝えさえすれば、あとは自分自身の問題なので、もしネガティブな感情が強いと自分で認識していれば、その際に子どもと接したり言葉を交わしたりすることをできるだけ避けて、気持ちを落ちつけてから接するように配慮すれば、波動はより下がらず、よりポジティブな状況の中で接することができるはずです。

つまりこのように、伝えたい話をすることと、このような感情レベルとを分けて捉えるようにすれば、このような親子の関係になっている場合には、よりスムーズに調和に向かってお互いの関係が保たれていくはずです。そもそも、もともとの動機は親の愛あってのことですし、子どもからしたら、親への深い信頼があってのナチュラルな言動なわけですから、動機や行動がネガティブになってしまったと認識するたびに、この大元である動機がポジティブなものであれば、すぐにでも反省して改善しようとすれば、いつでもポジティブな状況に至ることができる可能性を大きいということなのです。


最初の動機さえポジティブであれば、そのことから生じた次なる動機や行動がたとえネガティブなものになってしまったとしても、改善する余地は多分にあるということ。逆に、当所の動機が愛の薄い純粋さのないようなネガティブであれば、その後に生じる行動もその動機も、さらにネガティブなことが広がっていってしまい、改善される余地が少ないということ。

シルバーバーチの霊訓に示されている「動機が大切」ということは、そういった意味であると私は理解しています。

2010.6.24 AM9:50



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html





スピリチュアル

アセンションに向けて

2010年06月24日
マシュー君は太陽系のもっとも高い菩薩界磁場相に存在する意識体で、さらに上なる銀河系磁場からの情報を伝えてくれています。

以下の内容は、森田玄氏のブログ「玄のリモ農園ダイアリー」http://moritagen.blogspot.com/に掲載されています‘マシュー君のメッセージ’中で、アセンションに関するメッセージを中心に、過去のメッセージの中の一部の内容を抜粋して2009年11月6日に当ブログで掲載しました記事を転載します。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


今日はマシューです。このステーションにいるすべての魂から心からのご挨拶をします。あなたたちの惑星の上に、そしてその周りに絶え間なく光が強さを増しているのに、それとは相容れないようないろいろな出来事が起きて決定がなされていることにあなたたちがとまどっているのが見えます。世界中の様々な国で改革が進んでいる証拠がありますが,同時に相変わらずいつものように、同じ強硬姿勢の政府もあります。僕たちの愛する地球家族の皆さん、今のこの分岐点では、第三密度エネルギーの流れがそれ自身を使い切るまで、混乱がつづくのは避けられないことなのです。

世界レベルと個人レベルであらゆるものが加速され、人間の性格や行動が極わだって来ているのを見聞きし、また経験していることでしょう。これらの宇宙の光の勢力が一緒になって、闇が人間たちをコントロールしていることを一般の目に明らかにしつつあります。そして同時に、光にこころと気持ちを開く人たちの数が増えています。究極的には、光の存在になった人々が素晴らしい世界で平和に暮らし、自然の豊かさを分かち合うことでしょう。それはあなたたちにすでに約束されたことです。コンティニウム(時空連続体)ではすでに存在していることが,地球時間の線形時間内でいま起きつつあるのです。

僕たちには“トンネルの向こうに”地球の黄金時代の光が見えているので大喜びしているのですが、そうは言っても改革が思ったように急速に進まないのでがっかりしている人たちがいるのも見えます。エネルギーの低い第三密度世界から第四密度世界まですっかり変容するというこれだけの規模の変化は急速には起きません。このプロセスは出発点から最終目的地まで直線的に進まないのです・・変化を望む声が大きく力を得てくれば、変化に反対する者たちは既得権を守ろうと抵抗する力を増すでしょう。地球の場合、後者のグループの中には自分たちが闇の支配にあったことを気づいてそれを振りほどいた人たちもいますが、一方で、いま起きている地球規模の改革に反抗しても無駄だということを受け入れない者たちもいます。ですから、闇の残党がぼろぼろになって消え、光の存在に勝利があがるまで、これからの道程はジグザグに進むことがつづくでしょう。

これを地球の線形時間枠に置いてみましょう。多くの宇宙文明社会の進化の過程では、第三から第四密度に移行する期間は、あなたたちのカレンダーで言えば何千年、時には何十万年も掛かるのです。それにくらべて、地球がそれを開始したのはわずか70年前です。それ以来、ものすごい変化が起きていて地球を第四密度に押し進め、それが2012年に完了するのです。あなたたちの“時間”感覚ではどんどん速くなって来ていることも含め、あらゆるものが加速されていて、もうあなたたちはそこにほとんど着いています。地球のアセンションはこの宇宙内でもこれまでにもなかった未曾有の、驚くべきスピードで起きていることなのです。

そして、じつは第四密度が地球の目的地ではありません・・第五密度まで行くのです。そこまでつづく旅の暮らしはさらに素晴らしいものになるでしょう。このことを心に留めていれば、まだ残っている闇が消えて行く最後の移行段階でいろいろな出来事が起きて来ても、我慢がもっとしやすくなるでしょう。それに、これまでもずっとそうでしたが、最も影響力ある目標と成果は人々の目に触れないところで起きています。草の根運動から国際的な活動まで、あらゆる前進的な変化のサインがあることを見てそれに感謝することが、あなたたちの大きな恩恵になります・・感謝のこころの光は精神を向上させる驚くようなパワーがあるのです。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


ここで黄金時代の夜明けと一般に結びつけられている2012年についてお話ししましょう。あなたたちのカレンダーでは地球がその時代へ旅する時間を正確に示すことはできません。なぜなら彼女(地球)の進むコースの増加する密度エネルギーがあなたたちが感じる時間を加速しているからです。月日が経過する毎に変化はより速くより明確になっていくでしょう。そして月日は速度を増しながら経過していくでしょう。

2012年までの転移する期間の間は、一人ひとりの人生にたくさんの共時性の出来事が起きて来るでしょう。それがそれぞれの魂の選んだ合意にふさわしい経験をもたらすのです。適切な出会いと状況が誰にでももたらされ、それが直感となって伝わります・・新しい可能性への瞬間的な反応です・・でも多くの人たちはそれらを成長へのチャンスだと理解しないでしょう。あるいは、それには変化が伴うので行動しないことを選ぶのです。僕たちはこれらの魂たちを咎めることはありませんし、愛する気持ちに変わりはありません。でも、せっかく第三密度でのカルマ学習を完了しようと選んで来たのに、地球の旅に歓喜して同行する代わりにその密度に留まることを選ぶ魂たちを見るのは悲しいことです。

他のあらゆるものが加速されている今、宇宙の引き寄せの法則による影響もますます速く強力に働いています。望まないのは何かではなく、何を望むのかに気持ちを集中させることがどんなに重要か、強調してもし過ぎることはありません。

そして最後に、すっかり知られるようになった2012年12月31日が来たからといって、地球人類がなにも起きない安定の時代に入ったということではありません。宇宙で唯一変らないのが変化なのです。あなたたちの世界のあらゆる面で素晴らしい発展が引き続いて起きるだけでなく、あなたたちは数えきれない肉体をもつ転生を通してスピリチュアル(霊的)に知的に成長し続けるでしょう。中には地球の黄金時代の栄光を凌ぐ人生を送る世界に行く人たちもいるでしょう。

約70年前、神が地球の救済開始を許可したスピリチュアル(霊的)にそしてテクノロジーに高度に進化した宇宙文明人たちは疑いもなく光の存在たちです。闇の勢力たちを追いやったのは、それらの強力な文明人たちからの光でした。安全が確認されれば、地球を取り巻いている宇宙船にいる何百万の光の存在たちの何人かが地球に着陸し、彼らのテクノロジーを分け与えるでしょう。また他の方法で地球とその生命体を助ける仕事をしてから彼らの故郷に戻って行くでしょう。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


愛する人が深刻な病気から治るようにという祈りが叶えられないのは、祈りがその人の自由意思を侵害したからではなく、その時その人が肉体生を抜け出ることを選択したその人の魂の合意が優先しているからです。あなたたちの想いと感情から出たそのエネルギーは”愛のブーメラン”となって、あなたたちが祈っているその人の魂に恩恵をもたらし、それはまたそっと戻って来てあなたたちの精神に力を与えるのです。

暗闇に生きている人たちに光を送ることは、たとえ意識レベルではないにしても、同じ効果を魂のレベルで与えます。そしてその博愛の行為がそれを送る人に光をもたらすのです。

魂の合意を変更したいという願いは魂のレベルでされます。というのは、その人の人生の状況が生まれる前に選んだ経験よりも過酷かどうかはそのレベルでしか分からないからです。その願いが許されるのは過剰な苦しみがあることが基本になっています。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


あなたたちはこの身近に迫った希有の時期を見事に乗り越える用意のある、すごいパワーを持った魂たちだということを数多くのメッセンジャーによって繰り返し言われて来ました。あなたたちも、僕たちのように自分自身を知ることができるといいんですが。いつの日かそうなりますよ。でも今のところは、神と創造主の無限、永久の愛を経験する分身として、あなたたちは無限の可能性をもつ神自身でありまた女神自身だというこの真実をこころに刻んでおいてください。目には見えませんが、光の存在たちがあなたたちと一緒に旅をしています。そして宇宙全体にいる数えきれない他の光の存在たちがあなたたちの前途を祝福しているのです。


スザンヌ・ワード著
原文:Matthew's Message
訳文責: 森田 玄

森田玄氏のブログ「玄のリモ農園ダイアリー」http://moritagen.blogspot.com/に記載してくださった内容を転載させていただきました。



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html










バックナンバー改訂版

沖縄県 慰霊の日 ~石垣島ダイアリー~

2010年06月24日
2010年6月23日(水)

曇り時々晴れ

最高気温 31.6度
最低気温 27.9度

DSC02111_convert_20100624075033.jpg

DSC02108_convert_20100624075747.jpg
~昨日デンプとアマンダと一緒に買った島バナナです。このお店は以前も紹介しましたが、いつも石垣島産の果物を安く売ってくれます。今日はこの27本で500円の島バナナと、ピーチパイナップル2個プラス1個おまけの3個で400円、そして青バナナという青い実のうちから食べられる甘いバナナ1房10本とレンブ2個もタダでおまけしてくれました。~


今日は沖縄県の慰霊の日です。

昭和20年6月23日に
沖縄戦の組織的戦闘が終結した日とされ
休日の扱いではないけど
公立学校は休校になっているようです。


アマンダ(次女小4仮名)とデンプ(3女小1仮名)の
小学校においてはひと月ほど前から
沖縄戦を中心とした第2次世界大戦に関することや
道徳的ことなどの平和教育が行われています。

そのためにずいぶんと詳しくなった2人は
よく私に学校で教わったことや資料館で見てきたことなど
戦争についての話をしてくれますし
私も自分の知識や思いを話しています。

連日のように沖縄県民向けのTVのニュースでも
沖縄戦に関することを特集して放映していますので
その画面を見ながら話すことも日常となっています。

このような歴史的真実を学ぶことは
もちろん大切なことですが

アマンダもデンプもとても感受性が強いので
バランスを保つために
ある程度の調整も必要に感じるため

学んだことをどのように受容し
今後どのように活用するのかということが
もっとも大切なことであるということを意識させ

自宅での学校における事後学習的なことや
ポジティブな受容の仕方や活用の仕方など
ここのところ毎日のように話し合っている次第です。

DSC02112_convert_20100624075919.jpg
~アマンダが島バナナと一緒に写真を撮っていると、手を洗っている途中のデンプが石鹸の泡の付いたままの手で写真に入ってきました。アマンダの身長は150cmありますので、4年生の中ではかなり高い方ですが、デンプも1年生としては身長が高いのに、写真ではちょっと小さく感じられます。



☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html





日記

シリウスより愛をこめて その8

2010年06月23日
*以下の内容は、2008年12月27日にタエヌがシリウスの同志とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

地球表面に存在しているあなた方は、地球内部から湧きあがるものも宇宙から降り注ぐものも、この大いなるエネルギーがどんどん高まる事を実感している人もいれば、まだそれほど気付いていない人もいるようです。これまでに私たち宇宙存在があらゆるメッセンジャーを通して皆さんに伝えてきたように、今、この地球上に降り注いでいるエネルギーは、多くの地球の皆さんが思っている以上にとても強いものとなっています。もともと地球自体は4次元以上のエネルギーを持っているので、それほど急激に変わっていくものではありませんが、地球表面上の3次元的な物質世界におけるエネルギーは、まさに大変革をしたといってよいほど、このエネルギーの急激な増大していく状況に即して、エネルギーの状態は大きく変化している事は事実なのです。

これも再三申し上げている通り、地球の3次元の世はまた更なる二極化が進みつつあり、ポジティブなものとネガティブなものとの差はどんどんとはっきりとしてきて、世の中のポジティブな流れに乗っているものとネガティブな流れに乗っているものとの差がはっきりしてきています。

目覚めるべきものは目覚め、まだ目覚めに向かってないものも目覚めようという意識さえあれば、どんどん目覚める方向を歩み続け、波動を高めていきアセンションに向かって順調に修養し続けているために、さらに日増しに高まっている高次元のポジティブなエネルギーが加わっていることもあって、急激に波動は高まってきています。

逆に、自らが自覚してネガティブなことを選択し続けてしまっていたり、向上心を持てなくなってしまったり、反省して改善する意識すら薄れてしまったり、たとえ元々は目覚めていたとしてもエゴやネガティブな状況に飲み込まれていったりして、3次元的なネガティブな世から脱せられないものたちは、どんどんとその波動を下げてしまい、次の世に地球ではなく、ほかの3次元の世を選択する方向へと向かっているのは事実です。

あなた方の存在する3次元の世である地球の表面上の状況の中で、気温の平均化、物質の平等化、人々の自由、そして差別や隔たりの無い自由意志における統合、より愛が深くめぐることにより愛の薄い状況が変革されていく事など、これまではそういった変化や変革しているという状態が、まだなかなかはっきりと認識している人が少ないように思われますが、これからしばらくの間は、そういった事がアセンションに向けてのポジティブな変革現象であるということを、強く実感できる物質的現象が、これまで以上にわかりやすい状況として表れる事でしょう。

まるで、予測とは違った変化をする事や、これまでの歴史上に類のないような新しい事が起きる事や、3次元の世における宇宙の道理とは違った固定観念や知識においてはネガティブに思えるような変化などは、マスコミや3次元の世の知識を多く持っていると言われる人たちが、このようなことをとてもネガティブに捉えがちであり、そういったことがマスコミ等で伝えられることによって、3次元の世の人々の波動を下げてしまうような影響力があるわけですが、今、目覚めの進んでいる多くの皆様や、また、ライトワーカーとして地球のアセンションの世のために貢献する事を自覚し自らを高めることに努めている人たちにとっては、ネガティブな情報やまやかしのような事は、それはそれでそのような表現や状況であるという見解を参考にしつつも、自らの波動をネガティブに揺るがさずに、自らのペースで淡々とこの世の中をポジティブに観察し、目の前の事一つ一つをポジティブに受容し、ポジティブな行いや意識や愛のめぐりを促進させ、その個々のできる限りの光を発することによって地球のアセンションに大きく貢献をしているのです。

シリウスの愛の祈りの力は、そんな地球の世のエネルギーの大きな変化に対して、さらに加速をかけるように、あなた方のもとに送り続けられています。私たちシリウスのものは、地球人すべてを愛しつつも、シリウスと深く関わっているものには、よりその深い結びつきからなる魂の繋がりによって、更なる深く強いシリウスからのエネルギーを伝える事ができます。今、タエヌの見ている海の青と空の青とその間に位置する白と薄いパステルカラーの水色と太陽の白銀色の光の色は、シリウスのエネルギーを色としてとらえると似たような色であります。でも、シリウスの白も青も地球の3次元の世で見ることができる色に比べたら、はるかに美しい色を放っています。でも、地球の空の色も海の色も、3次元の世の色としては最高に美しいわけですから、これはこれで素晴らしいものであるわけでして、この色を見るだけでも、またそこから発せられるエネルギーに触れるだけでも、非常に高い波動のエネルギーを与えられるわけです。

そして、我々の発しているエネルギーは、このような3次元の世のものとは比べ物にならないほど、はるかに高い波動のものであるということを少しでも認識していただき、そのようなエネルギーがあなた方に送られているという事をたとえそれほど実感できなかったとしても、少しでもより多く意識される事により、今あなた方はどのような立場にあったとしても,どのような状況であったとしても、私たちはシリウスから高い波動の光を送り続けていて、そのエネルギーを与えられているという事を励みにして、更なる波動を高めるための3次元の世における修養に励んでいただきたいと願っています。


*上記のメッセージは、2008年12月27日に当ブログで掲載した内容を転載しました。


タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html




バックナンバー改訂版

初夏の石垣島 その2 ~石垣島ダイアリー~

2010年06月23日
2010年6月22日(火)

晴れ時々曇り

最高気温 32.3度
最低気温 28.0度

DSC02092_convert_20100622145735.jpg
~伊原間湾  とんがっている山は野底マーぺの山頂~

今日はちょっと気分転換に
島の北部をドライブしてから
グミのバースデイケーキを買いに街に出ました。

DSC02076_convert_20100622144418.jpg

上の写真は伊原間の県道沿いの景色ですが
道の右側は北海道を思い出すような草原で

DSC02081_convert_20100622144615.jpg

道の左側はトロピカルな原野と海といった感じで
同時に2つのわくわくを味わいました。

DSC02084_convert_20100622144756.jpg

DSC02085_convert_20100622145412.jpg

明石周辺の島バナナの木にも
たくさんの島バナナがなっていました。

DSC02089_convert_20100622145512.jpg

海を見渡せる広い牧場では
たくさんの石垣牛たちが
のんびりと草を食べていました。

DSC02104_convert_20100622145928.jpg

DSC02105_convert_20100622150040.jpg

伊野田にあるドラゴンフルーツ畑では
まだ小さいドラゴンフルーツの実が
たくさんなっていました。

まだまだこれからが夏本番となるわけですが
すでにとてもトロピカルな夏を味わっています。

DSC02091_convert_20100622145612.jpg



☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html






バックナンバー改訂版

あと2年半♪

2010年06月22日
地球上がアセンションすると予測されているのは2012年12月22日頃であるということは、様々なアセンションの情報の中で伝えられてきていることでもありますし、私自身もそう認識しています。

実は12月22日は、我が家の長男シュー(仮名高2)の誕生日でもあります。私は、このアセンションの日付を意識してから、シューの誕生日を迎えるたびに、あと~年とカウントダウンしてきました♪

そしてその半年前である本日6月22日は、長女グミ(仮名中2)の誕生日です。やっぱり同じように、あと2年と半年♪って感じでカウントダウンしています。

今朝、朝食をとりながら、私はテレビのニュースに気を取られていたので詳しい話は聞こえてこなかたのですが、私の目の前に座っていたデンプ(3女仮名小1)が、私に対してつぶやくように「まあいっか。デンプが9歳か10歳になった頃には次元が上がるから、そんな嫌なことはなくなるだろうから…!♪」と言っていました。その話をつい先ほど思い出して妻に話したところ、妻には今朝の話は聞こえていなかったようです。でも、そう言えば~…と妻が話しだしたのですが、昨日にも「次元が上がればもっと思い通りになるから、まあいっか」と言って、何かを解決して自分の中で納得していたそうです。でも、私も妻も、デンプの口から出た「次元が上がる」という表現に驚いて、すごい!とは思ったものの、何の話か気になりつつも、なぜか詳しく聞き返さずにいたことも不思議な話しだと思いました。

デンプは何年か前からアセンションの話に深く興味を抱き、アセンション前後の話をよく私に質問や確認をしてきました。でも、石垣島に来てからはそんな話をまったくしていなかったはずでしたが、突然、ここ2日間にアセンションを意識した話をしだしたので、受けたインスピレーションの認識力や直感力の強いインディゴ&クリスタルチルドレンのデンプがそのように言っているということは、何か意味があることなのだろうと感じて、今、妻とわくわくしていたところです。

 

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html









スピリチュアル

スピリチュアルヒーリング

2010年06月22日
*下記の内容は、2007年8月25日にタエヌが書き下ろした内容っを一部改訂して転載しました。

レイキというヒーリングテクニックの伝授を受けてから、かれこれ5年以上経ちます。ティーチャーという資格も持っているので、これまでたくさんの方々に伝授を行ってきました。今現在も、一月に平均2~3人ほどですが伝授を続けています。レイキは私にとっても家族にとっても大きな財産となり、健康にもスピリチュアルライフにも大いに役立っています。

わが家では、ケガや成長痛などの痛みがあるとレイキ。体が重い感覚や疲労感があるとレイキ。そしてとても即効力もあるためにここ5年ほどはほとんど医者いらず。薬いらず。宇宙エネルギーレイキの力にとても感謝しています。

ただし、ここ1、2年はレイキというよりもスピリチュアルヒーリングということを意識して行うことにより、さらなる高い効果が表れてきています。スピリチュアルヒーリングとは、レイキも含めて、目に見えないエネルギー(宇宙・地・神仏やお蔭さま・水晶などから発されるポジティブなエネルギー)を、対象とする人や物や物事などにより強く送ることです。

ところで、地球人類を含めた地球上のすべての物質は、宇宙エネルギーと地のエネルギー(地球エネルギー)と常につながっており、そのエネルギーをいただくことによって存在することができているということ、これは基本的なこととしてとらえるべき事実です。

質の高低の差や量の差はあっても、誰もが宇宙や地のエネルギーとつながって恩恵を受けているということ、つまりレイキも含めた宇宙エネルギーとは、だれもが元来つながっていてエネルギーを受けているということです。宇宙エネルギーの質は、ポジティブなものもネガティブなものも人間では分類不能のものがたくさんあるわけです。ですから、何のエネルギーがレイキで何のエネルギーがどこからきているのか、といった分類はできるはずがありません。

私がよくスピリチュアルメッセージをお伝えする時に、次のようなことを前提としてお知らせすることがよくあります。

「誰からのメッセージかということはあくまでも参考にしてください。時には誰からのメッセージかはわからないけどスピリットからのメッセージだということが確信できる場合もあります。ただし、誰からのメッセージかということは、あまり関係ありません。内容がどうであるか、心にどれだけ響いてポジティブなものとして受容できるかということが重要なのです」

レイキもほかのスピリチュアルヒーリングといわれる目に見えないエネルギーを使って癒すことも、このメッセージを受容する際の前提と同じことがいえます。

つまり、相手を癒す場合はレイキだろうが、神仏の力だろうが、言霊や思念の力だろうが、地球のエネルギーだろうが何でもいいわけです。とにかく、ヒーラーに純粋な愛の気持ちがありヒーリー(ヒーリングを施す相手)に対してその気持ちを向けているのなら……ヒーラーがパイプ役として、またはエネルギーを増幅させるための補助役として、ヒーラー自身の愛の気持ちとヒーリーの愛の気持ちとのめぐりの度合いによって、ヒーリーにとっての必要最大限のエネルギーが注がれるということです。神も仏も人間も地球もすべてが一つにつながっているし、すべてが宇宙の神の一部なわけですから、それぞれの特性の中での、必要なエネルギーが愛により自然と惜しみなく注がれていくのです。

これまで述べてきたように、誰でも宇宙や地のエネルギーとはつながっているわけですから、心を傾ければ、信じれば、多少なりとも方法を知れば、そして愛をヒーリーに向けることができるのならば、誰でも今すぐにスピリチュアルヒーリングを行えるヒーラーになれるのです。そして、実は言霊や思念によるヒーリングは近くの人にも遠隔においてもすでに全員が日常的に行っているのです。

人に対しての言葉を、より愛の深い思いやりのある言葉にするだけでエネルギーを注ぐことができます。思っただけで、その愛は地球の裏側の人にも霊界にある魂にも近くにいる人にもポジティブなエネルギーとして注がれるのです。そこにレイキという技法を身につければ、それがより確かなものとしてより強く大きくヒーリーに届きます。これは、レイキに限らずさまざまなヒーリングテクニックといわれる既存のものでも自己流のものでも同様です。愛の度数が高くて愛をより大きくめぐらせることができていれば、その分、ヒーリーをより癒すことができます。

レイキが近年、爆発的な早さで広がっていった要因の一つとして「誰でも伝授を受ければ宇宙エネルギーを使ったヒーリングができるようになる」というシンプルさであるといえます。そこに、このたびのアセンションに向かっての宇宙エネルギーの高まりという状態(これは100年ほど前から急速に高まり、数十年ほど前からさらに急激に高まり、ここ5年やこの先5年は爆発的に高まっていくものです)、スピリチュアルな目覚めをしている人がものすごい勢いで増えているということなどから、地球も人類自体も急激にエネルギーが高まっているので、よりレイキによるヒーリング効果は大きくなることは間違いありません。しかし、これはレイキに限らず、スピリチュアルなエネルギーに気づき利用したり取り入れたりすれば、同様にこれまで以上に大きなヒーリング効果が期待できます。すべては、ヒーラーとヒーリーの愛の度数次第、波動次第、魂の位置次第によります。

最後にヒーラーとして、次の点に留意してくださいという参考意見を述べることで、この記述をしめたいと思います。

ヒーリングをした時、相手がどう思っているかとか相手にどのような効果があったかとかということを、それほど気にする必要はありません。大切なのは、ヒーラーとしてどれだけの愛を持って愛のエネルギーを送ることができたかということです。あとの結果はすべてが受け取るヒーリー次第。ヒーラーの立場の人は、愛を送った、愛をめぐらせたということでポジティブなこととして受容するだけで良いのです。もちろん、ヒーリーからの感謝の言葉をいただいたり状況が改善したなどという報告を受けたりした場合には、お互いで大いに喜び合うことは愛をさらに深め合うことになるので、大切なことでもあります。


*上記の内容は、2007年8月25日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html








バックナンバー改訂版

青パパイヤ ~石垣島ダイアリー~

2010年06月22日
2010年6月21日(月)

晴れ時々曇り

最高気温 31.5度
最低気温 26.8度

パパイヤの熟していない青い実を
石垣島では野菜として食していますし
手ごろな価格で販売しています。

我が家では4月に移住してから
サラダやあえ物やチャンプル(炒め物)にして
結構頻繁に食べています。

パパイヤは千切りにして食すのが一般的なようで
我が家でも常に千切りにしてから調理してります。

とてもあっさりとした味で
くせのようなものは特に感じられず
歯ごたえもしっかりしていて
子どもたちにも大人気です。

パパイヤの千切りときゅうりの千切りに
減塩昆布醤油・白すりごま・マヨネーズ
胡麻ドレッシング・醤油ドレッシングを
適当な分量を入れて混ぜてあえ(小さく切ったトマトを入れる時もあります)
冷蔵庫で30~60分ほど冷やしてから食するのが
我が家で一番人気の調理法です。(タエヌオリジナル)

パパイヤの木は石垣島内のあちこちで見かけますが
下の写真は我が家から200mほど離れた
県道沿いに実っている青パパイヤです。

DSC02062_convert_20100622074321.jpg



☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html





日記

石垣島の初夏 ~石垣島ダイアリー~

2010年06月21日
2010年6月20日(日)

晴れ時々曇り

最高気温 31.4度
最低気温 27.7度

毎日じめじめして
暑い日が続いていますが
最低気温も高いために
1日の中での温度差が少なく
体がだいぶ慣れてきました。

でもやっぱり湿気の多さには
肉体的に体力を消耗してしまいます。

ですから睡眠をしっかりとりたいために
日中は家の窓を開けて常温で過ごしていますが
夜はエアコンで除湿にして
扇風機をかけながら寝ています。


窓の外の緑の景色は
日に日に色濃くなっていくのがわかるほど
植物たちは熱帯雨林気候の恩恵により
ぐんぐんと元気に成長しています。

魚たちも活性化しているようで
窓から見える海辺には
春よりも釣り船の数が増えています。

鳥たちの鳴き声も
なんだかよくわからない生き物の鳴き声も
セミの鳴き声も
やたらと元気に響き渡っています。

石垣島の夏はこれからが本番ですが
すでに私たち家族にとっては
初体験であるとってもトロピカルな夏を
ひしひしと実感しているところです。

DSC02050_convert_20100621083635.jpg
~21日朝7時15分頃、長男・長女を車で送迎するために自宅を出てまもなく、突然の大雨が降ってきました。思わず聖子ちゃんの歌「OH SQUALL!」のフレーズが浮かびましたが、その15分後くらいには雨はやみ、車道脇の山には虹がかかっていました。~

DSC02052_convert_20100621083906.jpg
~道沿いから見た川平湾~

DSC02054_convert_20100621084108.jpg
~スコール直後の自宅近くの長い坂道~

DSC02055_convert_20100621084259.jpg
~7時35分頃の自宅マンション階段から見た川平湾方面~


☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html



日記

波動が高まってくると

2010年06月21日
波動が高まってくると…


道ばたに咲いている草花が

なんだかとても愛しくかわいらしく感じたり

木の芽吹いている様子を見て

生命の尊さや素晴らしさを感じたり


小鳥の鳴き声を聞いて

思わず楽しくなって微笑んだり

太陽から与えられる光を

なんだかとても有難く感じて感謝したり


近所の人と笑顔で挨拶を交わしただけで

とても温かい優しさを感じたり

自分が生きて今ここに存在していること自体が幸せに感じて

深い愛と感謝の気持ちで満たされたり


車でお店に到着した途端に入口の前の駐車スペースが空いた

ふと立ち寄ったお店になかなか見つからなかった物が置いてあった

なんだかこのようなちょっとした喜びが

やけに大きな喜びとして感じられたりする…


波動が高まってくると

これまではあまり気にとめなかったような

自分の周囲にあるものや些細な出来事を

今まで以上にポジティブな感じ方をしていることに気づくことがあるでしょう


このような何気ないようなことをも

これまで以上にポジティブに感じたり

ポジティブに感じている自分自身に気づいたりすると


さらに波動は高まってポジティブなエネルギーがめぐり

高い波動のものごとをより多く引き寄せたり

より多くの光エネルギーを受け取ったりすることができるのです


もちろん人生の転機と感じるような

大きな出来事の中でもポジティブに感じるようなことがあれば

その高まった波動から発されるエネルギーは全宇宙をめぐり

すべては自分に返ってくるのです


★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。,:*:,.:*


悲しみや苦しみや不安や恐怖などの感情を

それなりに強く抱いてしまい

波動が下がってしまっているような時には

自分の周囲が見えずらくなってしまいます


道ばたに咲く草花にも小鳥の声にも

愛を向けるどころか

気づくことすらできないこが多くなるでしょう


このようなネガティブな波動の渦中に入って埋もれてしまうと

自らが周囲に気を向けられなくなり愛のめぐりが少なくなり

周囲からも気を向けられることが少なくなり愛のめぐりも減ってしまいます



さらに波動の下がってしまうような状況である

強い恐怖感を抱き続けたり

強いエゴを果たそうとして不調和を続けていたり

詐欺や暴力などの大きな罪を犯すようなことをしたりすると

強いネガティブなエネルギーを発します


このような強いネガティブなエネルギーはバリアとなってその人を覆うために

宇宙から降り注いでいる高い波動の光も

高次元の存在である神も仏も天使も御蔭様(守護のスピリット)からの光も

届くことが難しくなってしまうのです


そしてあまりにも強いネガティブなエネルギーを生じている場合には

宇宙はその人を探し出すことすらできなくなってしまうこともあります

神も仏も天使も御蔭様も

手を差し伸べようとしても見つけることすらできなくなってしまうのです


★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。,:*:,.:*


いつも以上に

人にやさしくされたり微笑みかけられたりするように感じ

ポジティブな気分に感じるような時は

あなたも高い波動の中でポジティブなエネルギーをめぐらせているのです


そんな時

鏡で自分の顔をよく見てみると

自分の顔が微笑んでいたりやさしく感じたりするでしょう

中でも特に目が素敵に輝いて見えることでしょう


目はその人のオーラーを映し出します

目から感じられるオーラは

その人の過去も今もすべてを映し出しますが

今の時点での波動がもっともダイレクトに映し出されます


★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。,:*:,.:*


なんだか人との関係がうまくいかないと感じたり

目の前の出来事をネガティブに感じるようなことが多かったり

気分があまりすぐれないと感じたりしたような時


世の中のせいにしたり他者のせいにしたり

薬に頼ったり人に頼って相談したりジャッジしてもらったりする前に

今その時点での自分自身を見つめ直すことからはじめることが大切になります


もし今に何か見当たらなかったら

少し過去にさかのぼって反省していけば

今もしくは少し過去の状況から

何らかの自らが発している低い波動を見つけることができるでしょう


そんな時

鏡で自分の顔をよく見てみると

自分の顔がこわばっていたり疲れきっていたりするなど

ネガティブな感じに見えることでしょう


特に目を見つめてみると

本来の自分自身の健康な時の目と比べると

怖い目・悲しそうな目・冷たい目…

なんだかネガティブに感じることでしょう


そんなネガティブな状態であることに気付いた時

意識の持ち方や行動において解決すべきことがあれば

できるだけ早い段階で解決し

ポジティブな状況に変換すれば良いのです


もしその時点で解決することが難しいようでしたら

ひとまず保留にしておいて

解決するための算段をつけて意識にとどめれば良いでしょう


どうにも気分がめげてしまうような時には

気分を晴らすためになるような

ポジティブに感じることを選択して波動を下げないように努めれば良いでしょう


自分自身がネガティブな状態になった時

まずは自分自身がネガティブな状態になっていると気づくことが大切です

そして気づいた時点からできるだけ早い段階で

ポジティブに変換するように努めることが大切なのです


でももしせっかく気がついたのに

容認してそのままの状態を保ってしまっては

さらに波動が下がることを選択し続けてしまうでしょう。


ネガティブな状況と容認した後

自らの意思で何を選択するのかが

その経験の中からどのような学びを得ることができるのかという結果に

大きく関わってくるのです


それまでの経過よりも

その時点での結果が大切です


経過がたとえネガティブであったと感じても

結果としてポジティブな波動に至り

ポジティブな学びを得ることができれば

魂は向上するはずなのです


そのためには自らが意識的に

波動を下げないように努めることと

波動を高めるように努めることが大切です


★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。,:*:,.:*


波動の法則・カルマの法則・引き寄せの法則・不干渉の法則…などなど

宇宙の法則は絶対であり普遍的なものでもあります


この先の世をよりポジティブに生きていくには

これらの法則の内容を知識として得ることはとても大切なことです


そしてさらに大切なことは

この素晴らしい知識をいかに実生活でポジティブに活用できるかということです


自由意思によって自己責任を持ち選択をする権利は

宇宙の神がすべての魂に対して平等に与えてくれているものです


そしてその選択した結果として生じることのすべては

自分自身のもとへとめぐってくるのです


ポジティブなこともネガティブなことも

すべては自己の責任で招いたものなのです


*上記の内容は、2010年1月19日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。


タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html






バックナンバー改訂版

シリウスより愛をこめて その11

2010年06月20日
*以下の内容は、2009年3月11日にタエヌがシリウスの同志とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

無意識のうちに動いているようなあなたの行動の中の多くは、あなたの魂にとっては意識的に動いていることが多く、魂とあなたの肉体とがより直結した状態で動いている場合が多いという状況であります。また、これは顕在意識においても同様なことが当てはまるわけでして、無意識のうちにイメージの世界の中に入り込み、その世界の広がりや体験を楽しんでいる時や、インスピレーションとして受け取ったことを自らの顕在意識において認識し、自らの思考によって得て確信したことのように感じるのに、その根拠がよく分からないような場合においては、あなたの魂の意識である無意識とあなたがはっきりと認識できる顕在意識とがより近づいて直結したために、魂の意識をあなたが顕在意識として認識したことであるということになります。

元来、あなた方すべての地球人類の魂は、膨大な量の知識や叡智や愛を持っているわけですし、宇宙の意識と直結しているわけですから、3次元的な顕在意識としてあなた方がはっきりと認識していることは、ほんのごく一部であるnano(10億分の1)の部分のみなのです。あなたがもし少しでも多く、この素晴らしい魂の持ち合わせている叡智を思い出して顕在意識の中にて認識したいということでしたら、基本的なこととして、あなたの魂自体はこれだけ素晴らしいものであるということを、より強く信頼することに始まるのです。

残念ながら、地球人類の多くの人は、これだけスピリチュアルな目覚めが進んでいるにもかかわらず、まだまだ自分自身の魂の素晴らしさを信頼することができていないということが、宇宙からは現状として認識できます。それなりに目覚めが進んでいる人は、魂が素晴らしいものであると認識しているつもりである方が増えているのはわかるのですが、多くの人が思っている以上にはるかに高い位置に魂は到達しており、宇宙のすべての意志とつながり、アカシックレコードと称されている全宇宙の記録とも直結しているということまで信頼できるまでに至っていない人が多いということです。

3次元的な物質社会に慣れ親しみ、その中における常識とされることを手放せないでいるうちは、何かにつけて物質的にも理論的にも、顕在意識において納得して確信できるような物理的な証拠を求めることや、同様の感覚で信頼できる人の共感する意思を求めるなど、自らの魂からくる直感を信頼できず、このような外へ外へと求めて確認作業を行う習慣ができている人が、いまだに多くの地球人類に傾向として感じられるということなのです。

肩書きが信頼できる人を求め、多数意見を求め、立証できるような証拠付きの論理を求め、より具体的なメソッドやツールを求めつつ他者の体験談を比較対象としたりするなど、自らの魂による直感がもっとも信頼できるはずなのに、このような外に求めることに重きを置きすぎて、自己の識別力や判断力を養い自己責任や自己への信頼を深める方向に歩もうとすることを怠っていては、いつまでたっても本来の魂と顕在意識との間を縮めることは難しい状況が続くことでしょう。

もちろん、魂からくる直感の信頼度を薄く感じている人は、自らの直感的な感覚を確かめたり養ったりするために、外に確認を求めることは大切なことですし、外に求めることが良くないことであると表現しているわけではありません。外に重きを置きすぎて、自己解決することを怠ってしまったり、外に信頼できるものを探し求めることに努めすぎてしまったり外に強く依存し過ぎてしまったりするよりも、外で得たことを参考にしつつ、自らの中にある魂からくる直感を顕在意識として捉える能力を高めて、より自己の責任を強くもって自己解決ができるように修養し努めることが大切であるということなのです。

これだけ、今、たくさんのエネルギーが宇宙からも地球からも地球表面上にもたらされていて、こうして毎瞬たくさんの地球人類が目覚めを進めている中、魂と3次元的顕在意識との間がこれだけ近づいてきているにもかかわらず、多くの人がその直感的であり3次元的には立証できなくても宇宙的にはもっとも信頼できる自己解決方法を信頼するよりも、3次元的である浅はかな情報によって得たことを中心にして、思考により分析したことをより強く信頼する傾向が、なかなか改善されていかない現状が、なんとももったいなく歯がゆく感じることであります。

自分自身の自覚の中で、過去よりも現在の方が愛は深まり楽天的であるというようなポジティブな状態であるとほんの少しでもいいから認識できている人は、あなたが思っている以上にあなた自身の波動は高まっています。光の道を歩んでいるのです。

波動の2極化はアセンションが近づいている今、さらに進んでいるのです。そんな中、波動の高まりの度合をそれほど自覚しているか否かに限らず、こうして波動が高まっているだろうということを信頼している人は、あなたの波動はあなたの顕在意識や思考において認識しているよりも、はるかに高いところまで達しているということを、今、このメッセージをお読みいただいた方は、より強く信頼することをお勧めします。なぜならそれは、真実であるからです。このメッセージを読まれて少しでも共感された方は、間違いなくかなりのハイレベルな状態にまで、あなたの波動は高まっていて、光をたくさん発しているのです。

私たちシリウスの存在は、あなたがたを強く深く敬愛し信頼しています。あなたがたの魂は宇宙の中でとても美しく輝いてみえます。もっともっと強く深く、あなた方地球人類のすべてのみなさんが、ご自身の魂の素晴らしさを信頼してください。そして、あなた以外のすべての地球人類の魂の素晴らしさも信頼してください。言葉ではとても言い尽くせないほどの愛と叡智を、あなた方地球人類すべての魂は持ち合わせているのです。



*上記のメッセージは、2009年3月11日に当ブログで掲載した内容を転載しました。



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html






バックナンバー改訂版

スピ友 ~石垣島ダイアリー~

2010年06月20日
2010年6月19日(土)

晴れ時々曇り

最高気温 31.3度
最低気温 27.6度


スピリチュアルな本やHPなどの情報は
それほど得ていないようですし
言葉によるスピリチュアルな知識は
きっとあまり持ち合わせたりはしていないのだろうと思いますが

物事の捉え方はとてもスピリチュアルで
強い責任を持っての大事な選択は
思考をたくさん使いつつも直感を重視して
ポジティブな結果を生じている。

そんなお母さんと妻と私とは気の合うスピ友であり
子ども同士はとても仲の良い
デンプの同級生とお母さんが

先週に続き今日も遊びに来てくれて
結局約9時間も一緒の時間を過ごしました。



☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html






日記

まん中はあなたなのです

2010年06月19日
*下記の内容は、2009年1月19日にタエヌが高次元の存在からのメッセージと自分の中のこととをミックスして書き下ろした内容です。今から1年半ほど前、急に湧きあがった石垣島に移住したいというわくわく感が、どうにもならないほど意識の中で広まり強まった頃に書いた内容です。

そして、今、こうして実際に石垣島の地で暮らしていることを喜びに感じ、私たち家族を石垣島へと導いてくださったすべてのみなさまへ、あらためて深く感謝している次第です。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

まん中はあなたなのです。あなたにとっては、あなたが地球の中心に位置しています。そして、あなたにとっては、あなたが宇宙の中心に位置しているのです。だから、あなたの基準があなたにとっての中心となるのです。

もちろん、あなたの基準がすべて宇宙における真理に基づいているのかどうかはわかりません。あなたの基準が、世の中をよりポジティブにするために適切なものなのかどうかもわかりません。でも、今のあなたの波動や魂やオーラなどといった、これまでに今世における地球上の経験からも、過去世における経験からも、魂の全記憶からも、あなたのすべてにおける状況から感じられる基準は、今の時点のあなたにとってはもっとも最高に信頼のおける基準なのです。

かといって、その基準は最高であり宇宙における最良の基準であるとは思わないことです。今のあなたにとっては最高であったとしても、この先により高い波動の生き方を選択するには、さらなるハードルを高くしてのより繊細な基準が必要になるかもしれません。あなた自身も世の中も宇宙も、常に変化しているのです。ですから、あなたにとってのより最高の基準も、常に変化する可能性はあるものなのです。

あなたの歩む道も、常に変化する可能性を秘めています。今、最高であると感じていても、明日には違う道を歩きたいと思うかもしれません。少し前まで興味があって熱中していたことが、すぐにやる気がなくなってしまうこともあるでしょう。そして、また違うことに強く興味を示して探究する…そんな変化があっても、それはそれでとても素敵なことなのです。1つのことに打ち込むのもよろしい。でも、そうやっていろいろなことに興味を示しても、それがあなたのストレートでありより純粋であるわくわく感からくるものであれば、あなたにとっては最高の選択をしていることになります。

まるで1つのことをやり続けることが素晴らしいことであるという価値基準を定めている人がいます。もちろん、その人にとっては最高の基準であるでしょうが、それが他の人にも当てはまるかどうかはわかりません。他の人にとっては、そのような基準は参考にはなりますが、人それぞれの基準であり価値感覚があるわけですから、多数決的に世の中の人のより多い人数が持っている基準が正しいかどうかとか、それに従うことが良いのかどうかなどといったことは、やはりその個々の価値感覚によるものなのです。

つい先日まで千葉県に身を置くことが最高であると感じていたのに、いつのまにか和歌山県や九州に身を置くことにわくわくしている。でも、それがふとした時から沖縄に魅力を感じ、今では石垣島に住むことがもっともわくわくしている。そして、そのことを考えるといくらでもパラレルワールドにてポジティブに過ごすことができる。しかも、今回も夫婦そろって同じ時に同じ場所に身を置くことを強く望んでいる。なんだか、あっちこっちと迷走しているような、はたまた単なる旅行気分であっち行きたいこっち行きたいと浮かれているような…このように表現するとそんな風にもとられがちではあるが、それでも本人たちは、今、石垣島に身を置くことを最高に楽しみであり理想としている。これまでにも、屋久島にも住みたいと思っていたが、今回のわくわく感は以前のわくわく感とはケタの違う感じがしている。沖縄の神々が呼んでくれているように感じる。今、こうしていてもあらゆる沖縄の神々が手招きしながら、まるで吸い寄せるように風を起こして私たちを引き寄せてくれている。過去世で、今は海底に沈んでいる文明都市で暮らしていたことを思い出させてくれた。アトランティスの世ほどの盛大さはなかったものの、それなりに大きな文明として栄え、そして海に帰っていった。はかなくも、今はなき文明も私の魂にとっては大きな経験を積み、魂を育てることができた、最高の場所のひとつであったということ。そんな文明都市が今の石垣島がもっと大きな大陸であった頃に存在していたことを私は知っている。気候は今よりもさらに過ごしやすかったけれど、今の石垣島の気候も素晴らしい。私にとっては、ついにめぐりあうことができた最高の土地ということになるであろう。今世では、まだ一度も訪れていない石垣島という地に、きっとそれほど遠くない時期に行く機会が訪れて、気がついたらいつのまにか住んでいたという感じで、とてもスムーズに、とても自然な流れの中で、私たちは身を置くことになるであろう。私たちを呼んでくれてありがとう。また、沖縄の神々とともにこの地にて、人々のために光を放つ時がくるであろう。今、やっとこうして思い出し目覚めるときに大きく目覚めることができたことを光栄に思う。


ゆるやかに曲がった道を歩いていて、気がついてみたら全く違う方向へと歩いていた。もと来た道を引き返しているわけではないのに、まるでらせん階段を上るように、まるで同じことを繰り返したり違う方向に向かったりしている3次元の世の人生も、今が少しでも過去よりも幸せに感じているのであれば、着実に波動という階段を上っているのです。時には、一気に高くジャンプすることもあるでしょう。また、時には逆に落ちてしまうこともあるでしょう。それでも、今がほんの少しでも過去の自分よりも成長しているとか、幸せでいるであろうとかと感じている人すべては、アセンションというゴールに向けて、着実に階段を上り続けているのです。

人によっては、多くの人がわかるような素晴らしい状態にまで至り、光を放ち続けている人もいるでしょう。また、ある人は、自らが波動の階段を上っていることに気がつかず、それでも必死になって3次元の世を少しでもポジティブに生き抜こうとしてもがいているかもしれません。人それぞれが魂を向上させる手段も、目的も何もかも個性によって違うわけですから、何が良いとかだめだとかといったことはないのです。だから、人と比べなくてもいいのですよ。あなたはあなたの基準の中で生きていくことが素敵なのですよ。周囲の基準はあくまでも参考。もちろん、素晴らしいことや改めたいことなどの気づきがあったらあなたの基準に取り入れることは大切ですが、他の人の評価もあくまでも参考程度にしてね。他の人や法律や習慣などからくる基準や評価は、あくまでも参考程度にね。そして、あなたの基準としてポジティブな感覚から採用してから初めて、あなたの中で重要視したほうがいいのですよ。あなたにとって、あなたが宇宙の中心なのですから。あなたが中心で宇宙はまわっているのですから!


*なんだか最初は高次の宇宙の同志とつながっていると感じていたのですが、いつのまにかたくさんの神々を感じたり、高次の自分の魂を感じたり、どなたかのハイヤーセルフを感じたりと、いろいろと変化する感覚の中で文章を書き綴りました。このように、チャネリングの途中に相手が入れ替わることはそんなにめずらしいわけではありませんし、いくつもの魂が1つの集合意識体になって送ってくれることも普通にあることですが、今回ほど様々な質の高次の存在とこんなにも短期間で入れ替わるようにしてつながり1つの文章にしたことは、たぶん今までにはなかったことであろうと感じています。


*上記の内容は、2009年1月19日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。


タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html









バックナンバー改訂版

今日感じた2つのわくわく ~石垣島ダイアリー~

2010年06月19日
2010年6月18日(金)

曇り時々晴れ

最高気温 31.0度
最低気温 27.7度

DSC02048_convert_20100619054638.jpg

石垣島の本日の日の出時刻は
AM5時55分

上の写真は19日の午前5時45分に
北東方向の東シナ海を撮影しましたが
薄曇りのためもありまだ薄暗いです。

DSC02044_convert_20100619053312.jpg

日の入り時刻は
PM7時34分です。

上の写真は本日午後7時52分に
北西方向の川平湾周辺を撮影しましたが
まだ少し明るさが残っています。

午後8時を少し過ぎた頃に
あたりは真っ暗になりましたが
関東に比べてかなり遅い日の入に
やっぱり時々わくわくします


話は変わりますが…
ハカラメの葉をとってから
35日ほど経ちますが

DSC02030_convert_20100619052818.jpg

芽は順調に育っていることも嬉しいですし
ハカラメの葉っぱが
まだいまだにきれいな緑色をしているので
その生命力の強さにあらためて驚きました。

DSC02031_convert_20100619053153.jpg
~自宅近くの歩道脇の花壇にたくさん植わっているハカラメ~


☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html






日記

7種のパワーストーン

2010年06月18日
*下記の内容は、2010年4月13日にタエヌが書き下ろした内容の改訂版です。

今から6年ほど前、私が教育公務員を辞職して、スピリチュアルな道を生業とした当時、ヒーリングルームとともに小さなパワーストーンのショップも開いていました。

その頃は、主に5か所ほどの業者から仕入れていましたが、3年ほど前からホームページによる販売のみにした頃からは、最も素晴らしい質のパワーストーンを安定した価格で提供してくれる山梨県の甲府盆地にある輸入業者1軒にしぼり、今もお取引を続けています。

現在、アセンションスペースシューリエのホームページで紹介させていただき、私が自信を持ってお届けできると感じられたパワーストーンのみを販売していますが、種類を7種類に限定しています。この理由は、安定して良質のパワーストーンをお届けできることと、常にパワーが強く素晴らしいと感じているからです。

今回は、この私が販売している7種類のパワーストーンのパワーに関することを紹介させていただきます。

☆水晶 ~招福・浄化・直感力・オールマイティーのパワー~

古来より霊石として崇められており、生命や精霊が宿っているともいわれてきました。アメリカ先住民族のシャーマンは、儀式や病気回復のために用いていたようです。浄化力に優れています。持ち主のエネルギーと共鳴したり、一緒に持ち合わせている他のパワーストーンのエネルギーとも共鳴したりするために、直感力を高めたり、一緒に持ち合わせている他のパワーストーンのパワーをより高めたりする効果もあるといわれています。

☆アメジスト ~インスピレーション・魔よけの護符・真実の愛・冷静な判断力~

古代から、高貴な石として扱われてきました。インスピレーションや直感力を高めるパワーや、ネガティブな感情や高ぶりすぎる感情を鎮めるパワーがあります。「恋愛成就」「愛の守護石」ともいわれています。

☆ローズクォーツ ~女性性を高める・美意識を高める・愛をはぐくむ

美と愛を象徴する石とされています。やさしい感情と円満な心を養うパワーがあり、他人からの好意を受けやすくなるといわれています。また、ダイエットや美容にも有効とされています。

☆ブルーレース ~平和と安らぎ・知性・情緒の安定・忍耐力~

古代から危険を回避する御守りとして用いられていました。身につけている人を平和と安らぎで満たしてくれるといわれています。また、情緒を安定させる効果もあり、試験前や仕事上の課題に追われているような時に、安らぎや落ち着きを与えてくれるでしょう。

☆タイガーズアイ ~ 洞察力・邪気払い・幸運・仕事運・金運~

「虎目石」とも言われていますが、虎の目は「すべてを見通す目」ともいわれ、洞察力を高め、災厄を避け、成功をもたらす石とされています。他人からの邪気や邪念を跳ね飛ばし、直感力や行動力が高まり、仕事運や金運をアップさせるともいわれています。

☆赤メノウ ~魔力の石・悟りの石・気力の石・向上心の石

イライラしているような時には心を鎮めて、内面のやさしさを引き出す効果があるといわれています。好奇心引き出し、気力や行動を起こしやすくなるとも言われていて、勇気や勝利の祈願として、御守りにも用いられてきました。

☆オニキス ~甘い誘惑から逃れ邪念や災いを振り払う石~

邪念を払うとされて、昔から護符として用いられてきました。気持ちの高ぶりを抑制し、感情をコントロールするパワーがあるとされています。「自己防衛の石」ともいわれているようです。

上記の内容は以下の書籍も参考にして書きました。
・パワーストーン&宝石の事典 タナカヨシコ著 日本文芸社
・パワーストーン 森村あこ著 実業之日本社



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html






バックナンバー改訂版

川平湾の真珠養殖場 ~石垣島ダイアリー~

2010年06月18日
2010年6月17日(木)

曇り時々晴れ

最高気温 30.0度
最低気温 27.6度

DSC02022_convert_20100618074924.jpg
~毎朝、長女を4.5km離れた中学校へ、長男をさらに500m先にある川平公園近くのバス停まで車で送っています。自宅からは川平湾を半周する感じで移動して、ほぼ対岸にあたる位置に中学校もバス停もあります。この写真は、中学校近くにある黒真珠の養殖をしている琉球真珠駐車場前の川平湾です 18日AM7:30撮影~

今日の石垣島は
朝から10mほどの風が吹き荒れ
じめじめした蒸し暑い気候が続いていまして

ここしばらく室内の温度計は
27度台中ほどから29度台前半を指していて
扇風機が手放せない状態が続いています。

エネルギーも相変わらず急増中ですが
これは石垣島に限らず
地球レベルのことであると感じます。

家族のみんなも
ふと肉体のどこかに違和感があったり
不調和を感じたりすることがありますが

この要因はエネルギー急増中のためという
私のいつもの見解を信じて
ポジティブに捉えているようですし

よく食べよく眠り(すぎ)
いつものように実生活を楽しんでいます。

DSC02025_convert_20100618075133.jpg
~琉球真珠駐車場近くにある記念碑と人魚像~

DSC02027_convert_20100618075238.jpg
~海面に見える黒いボツボツは真珠の養殖場です~



☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html




日記
 | HOME | Next »