FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

梅雨空の川平公園 ~石垣島ダイアリー~

2010年05月11日
2010年5月11日(火)

曇り

最高気温 24.0度
最低気温 22.0度

午前中は自宅から4.5kmの所にある
川平郵便局に行きました。

ついでに郵便局からさらに500mほど先にある
川平公園を散歩してきました。

川平公園周辺は
観光客がたくさん訪れる場所ですが
駐車場は無料で気軽に行くことができます。

DSC01435_convert_20100511111556.jpg

川平公園に入ってすぐ
川平観音堂があります。

DSC01436_convert_20100511112229.jpg

なんとも独特な雰囲気が感じられます。

DSC01441_convert_20100511112431.jpg

今日はどんよりとした曇り空のために
晴れた日に見られるような
とても美しいコバルトブルーの海面を
撮影することができませんでしたが
これはこれで素敵に感じました。

DSC01449_convert_20100511111217.jpg
~AM11時頃撮影~

ちょっと見えにくいかもしれませんが
上の写真の中央周辺で
川平湾の向こう側の山の下あたりに見える
小さな集落が私の住んでいる吉原地区です。

DSC01454_convert_20100511152926.jpg
~子どもたちが帰宅した午後3時を過ぎた頃には、うっすらと晴れ間が広がりましたが、またすぐに曇り空になりました。この写真は自宅から見た川平湾ですので、先ほどの反対方向から撮影しました。ちなみにアマンダとデンプは、6年生のねーねー(石垣島ではお姉ちゃんをねーねー、お兄ちゃんをにーにーと呼んでいます)の自宅に誘われたので、帰宅してすぐに、マンション下の部屋に住んでいる6年生のにーにーとその弟の3年生の子と帰宅途中に家まで来てくれたねーねーと一緒に、全校児童の半分以上の5人が集まって、徒歩10分ほどの場所にある、ねーねーの家へと遊びに行っちゃいました。~

☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html









スポンサーサイト



日記

急激に増加するエネルギーが心身に及ぼす影響

2010年05月11日
*下記の内容は、2009年6月19日にタエヌが書き下ろした内容の改訂版です。


これまでにもメールを通してお付き合いのあった方から、下記のようなご質問をいただきましたので、私なりに感じたことを返信しました。この内容は、他にも必要とされている方がいらっしゃると感じましたのでご本人に確認しましたところ、ブログに載せることをご快諾いただきましたことから、以下の内容を転載することにしました。


Q.今日は遠隔ヒーリングの申し込みなのですが、私も自分自身にレイキでセルフヒーリングを施したりもしてるのですが…6月に入ってから段々体調がおかしくなって、ここ10日間は両耳は気圧でも上がったような感覚があって、モアーンとこもった感覚があり煩わしく、最近はフラフラとふらつく事もあり、疲れかとゆっくり休んでみたり、睡眠を沢山とったりしてるのですが、少しも良くならないのです。単なる運動不足かな?とか色々考えました。

もしかしてチャクラのバランスが悪いのかも知れないと思い、タエヌさんに遠隔ヒーリングをお願いしたいなぁと思いたったわけです。本当は自分の力で治したいと思ってきましたが、どうも上手く出来てないようです。

でもこのままもう少し様子を見てからにした方が宜しいでしょうか?
点滴打てば治るのかなあ~とかも考えるのですが、食欲はあるし、体もさほど疲れも溜め込んでないと思うんです。良いアドバイスをお願いします。


A.これは私も妻も感じていることで、今朝も妻と話をしたばかりですし、今月に入ってから何度も話をしていたことでもあるのですが、ここ2、3週間の地球上に降り注ぐ宇宙エネルギーの状況はさらにものすごい勢いで強さが加速しているように感じます。私も妻も、結構肉体的にも精神的にもその影響を受けていることを感じていて、お知らせいただいたことと同じような「耳のふさがったような状態」は数日前に起こりましたし、食欲がないようで食べるとたくさん食べたりとか、腹が急にくだったりとか、いつも以上に頭がごんごんと痛むような感じがしたり押されているような感じがするとか、熱っぽいのに計測すると平熱であるとか(妻はエネルギー過多の時はよく立ちくらみがすると言っています)・・・ずっとではなくて、突然そんな症状が表れて、すぐに消えることもあれば、しばらく続くこともあり、かといって少しは不快ですが耐えられないとかおもいきり嫌になるとかというわけではないなどなど・・・というのは、プラスのエネルギーが強くなった時の特徴的な状態でもあります。プラスのエネルギーを強く受けたための不調和は、体や心がうまく調和してなじめば、消えるかもしくは違和感が小さくなっていきます。これまでに、ここ数年の間に、何度もこのようなエネルギー過多による心身の不調和を経験してきましたが、今回の場合はその中でも特別と言えるほど、エネルギーの増加のすごさを感じています。

実はお知らせいただきました内容と同じようなことを、つい先日、私がレイキを伝授した方からメールでお知らせいただいたばかりですので、今回のメールと同じようなことをお知らせしました。

遠隔ヒーリングのご依頼をいただければ、私どもなりに尽力いたしますが、実際にはご自身が、今回メールでお知らせしました内容をポジティブに受容されて、「ご自身の今の状況が、急に増加している高い波動のエネルギーの影響を受けての心身の調整していく過程における一時的な不調和であるだろう」とご理解されたのでしたら、特に問題はありませんし、以下のマシュー君のメッセージで示されて様なことに気をつければ大丈夫かと思います。

以下は私のブログに載せました最新のマシュー君のメッセージに、このことに関連する内容がありましたので転載しますのでご参考下さい。

アセンションのプロセスでは高い波動が様々な影響を与えるので、読者の皆さんが気になるようなものを言いましょう。疲労感、衰弱感、言いようのない不安感、集中力不足、物忘れ、躁鬱的症状、普段にない短気や怒りの爆発、目のかすみ、消化不良、”頭に虫がいる”ような感覚(ピーとかシャーとかというような耳鳴りのような音がする)です。もし、これらが、そしてもっと多くの種類の肉体的、感情的そして精神的な反応があることは疑いないことですが、束の間に一時的にもつづいたり、繰り返されることがあったら、それらは広まっているエネルギーにからだが自然に順応しようとしているのであって、治療の必要性はありません。それらの症状に対するベストの対応ということでは・・そして、どんな病気に対する最良の防衛力である健全な免疫システムの維持には・・健全なライフスタイルを生きることに尽きます。睡眠をよくとり、よい水をたくさん飲み、栄養のある食べ物を食べ、毎日運動し、できるかぎりストレスあることを避け、そして静かに回復する時間を過ごすことです。けれども、もしからだの状態がますます悪化し、それが長引くようであったら、波動変化によるものだろうと思わずに、信頼できる医療関係者に相談してください。それで内臓に異常がないことが分かれば安心するでしょう。そしてもし治療を必要とするような状態であれば、適切な処置を受ければいいのです。

以上です。
ご参考下さい。


*私のお知らせしたメールをお読みいただきご返信いただいた内容です。


~前略~

早速のお返事有難うございます。
本当に全く同じような状態です。丸一日ずっとの時もあれば、1日の内、途切れ途切れに体調が辛い時もあります。

最初はポジティブに考えてたのですが、あまりに長いので、段々不安になってきたので、今回メールさせていただきました。ここはもう少しポジティブにとらえ、改善する所は改善しながら乗り切ろうという気になりました。

~後略~

*上記の内容は、2009年6月19日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html






バックナンバー改訂版
 | HOME |