FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

今日掲載したいと思ったこと 

2010年05月04日
以前妊娠中にレイキの遠隔伝授1~3を受けて下さった方から
つい先日にメールをいただきましたが
無事にご出産されたとのこと。

3ヶ月になる可愛い赤ちゃんの写真も添付してくださいましたが
時々マイケルジャクソンのようにシャウトしながら
元気に育っているようです♪


また、4月中ですが
レイキの遠隔伝授を受けて下さった後に妊娠され
つわりのきつい頃には遠隔ヒーリングをご依頼いただいた
海外に在住する方からメールをいただきまして
つわりもあさまってきて
お腹の中の赤ちゃんもご自身も
順調に健康でいらっしゃるとのことでした。


先日お子さんの遠隔ヒーリングのご依頼をいただいた
小学生のお子さんのお母さんからのメールで
医者には原因不明とされていた心身の不調が
遠隔ヒーリングを1週間受けていただき
その間に徐々に改善されたようで
しばらく学校にも行けなかったのが
登校できるようになったとのことでした。


また、4月の大祓い終了直後にいただいたメールでは
「アセンションするまで月末の大祓いを
継続してお願いしようと思っています」
というような内容を書いてくださった方もいらっしゃいました。


他にもありがたいメールを何通もいただきましたが
レイキの遠隔伝授をお受けいただいたり
遠隔ヒーリングをお受けいただいたりした皆さまから

特にここひと月くらいの間に
上記のようなメールをいただいたこともありますし

私も妻もとても嬉しくなり
今のお仕事をしていて本当に良かったと
心から感じて幸せな気持ちになる温かいメールをいただく機会が
なんだか以前よりもさらに増えてきたように感じています。

(メールをいただいたのに、まだ返信をする機会が作れずに返信していない方々もいらっしゃいまして申し訳ありませんが、近日中にメールします)

また今世でも以前からご縁をいただき
何度もメールのやり取りをしたり
サポートもしていただいたりしている方で

魂同志のお付き合いは
はるか昔から続いている
今世は日本人として転生している女性から
先日いただいたメールを読んで
なんだか私は素直に納得したことがありました。

以下はその同志の女性からいただいたメールの内容の
一部を転載しました。

☆~ ☆~ ☆~ ☆~ ☆~

昨晩めずらしく眠れずに思っていたことは
タエヌさんのお仕事への設定金額の事です。
失礼を承知で言わせてください。

お金はエネルギー
波動のひとつですよね。

そのエネルギーはよいエネルギーと
循環させてまたよいエネルギー
波動として人と人とを繋いでいく。

エネルギーでもある波動は高いほうがよいことのほうが多い。
そう考えると、タエヌさんはご自分のエネルギーでもある波動・パワーを
あまりにも低く設定している。

もちろん宇宙のエネルギー・波動もあるとおもいますが
タエヌさんや奥さんの波動だから
癒される、助けられる、救われる方々がいると思うんです。

今どんなヒーリングでも1回最低3000円以上しますよ。
もっと金額を上げてもいいんじゃないでしょうか?
私の想いはこの拙い文章で伝わったでしょうか?

☆~ ☆~ ☆~ ☆~ ☆~

私たち家族が最低限の必要に満たされた
普通の実生活を送るために必要な生活資金は
実際に現段階では足りていません。

公共料金等の支払いが滞ったままで
支払期限が過ぎた振り込み請求書が幾つもあります。

でもまだ今現段階の時点では
再請求を受けるとか電気や電話等の
生活ラインの何かを止められるとかといった
ネガティブな状況には至っていません。

でも、このような経済状況が続き
最低限の日常生活を家族が送ることができなくなれば

私はその必要に応じて
今理想としてここまで積み重ねてきた
私なりにポジティブに感じていたお仕事や

理想とかスピリチュアルな根本とかと私なりに感じていた
今送っているスピリチュアルライフを変えてでも…

ブログにはこうして現実的なことと感じて
理想やスピリチュアルなことを書き綴ってきたりしたことや
アセンションスペースシューリエのお仕事を
たとえ終わりにしてでも…
たとえ後戻りしたとしてでも…

家族のために
第一の目的がお金を得るためと設定して就労し
実行してもよいとは常に思ってここまできました。

今の状況の中で
私が家族を犠牲にしてまでも
理想を貫くなんてことにはわくわくしませんし

今の時点の基本は自分の幸せでもあり家族の幸せでもあります。
今の素直な気持ちとしては
家族の幸せなくしては今の自分の幸せはないと思っています。


そんなふうにいろいろと思う中で
やっぱり最高にわくわくすることは…

今のお仕事をこれまで通りに
わくわく感に従ってポジティブな思いの中で続けつつ
家族が最低限の必要に満たされた生活を送ることです。

これまで通りに最高のお仕事と感じている
今行っているようなことを
できる限り続けていきたいという気持ちは
強くわくわく持ち続けています。


先ほど紹介しました
知人からのメールを読んで
私や妻なりに感じた思いや気づき等からも

今のお仕事を続けつつ
これまで通りに家族が
経済的に最低限の必要に満たされた実生活を送るためにも

結論としましては
月末大祓いの料金を
5月分から2500円と設定することに決めました。

また遠隔ヒーリングの料金を
これまではご依頼者様にお任せしていましたが
当所で金額を設定しました。

もちろんこれまでに
ご予約のご依頼をいただきました皆さまに関しましては
すでにご入金頂いております料金にて
ご依頼をお受けしておりますことからも
追加で料金をお願いするようなことは決していたしませんことを
ご了承くださいませ。


もし必要に感じられご依頼いただきましたら
これまで通りに感謝とわくわく感の中で
私や妻なりに精いっぱいの尽力をさせていただきます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html




スポンサーサイト



日記

高まる宇宙エネルギーによって生じる葛藤

2010年05月04日
宇宙が与えてくれているエネルギーが激増していることは、繰り返しお伝えしている通りですが、それなりに実感されている方も多くいらっしゃることと思います。私自身も、肉体的にも精神的にも様々な影響を受けていることを感じています。

地球全体のアセンションに向けての急激な動きは、今から70年ほど前から起こりました。あらゆる宇宙から与えられるエネルギーも地球自体のエネルギーもどんどん高まっていく中で、1987年頃にはじまったフォトンベルトから与えられているエネルギー量も徐々に増え続けていて、1,2年ほど前からはさらに増量の度合いを増しています。

このようにして高まっているエネルギーの質に関しては、陰陽の調和の法則によるものでもあり、波動の法則によるものでもありますが、今、地球に対して宇宙から与えられているエネルギーには、高い波動のものもあれば低い波動のものもあります。この両極のエネルギーの影響を、私たちは受けているのです。ですから、地球表面に住む地球人類は、両極のエネルギーが混在している中でバランスを保っているのです。

そんな中、ポジティブな方向へと歩んでいる人は、波動が高まれば高まるほど、波動の引き寄せの法則によって、ポジティブなエネルギーをより多く与えられます。逆に、ネガティブな方向へと歩むものは、同様に波動の法則が働き、ネガティブなエネルギーを多く引き寄せてしまうのです。

ですから、今、とてつもなくたくさんのエネルギーが地球に与えられているために、地球表面に存在している私たち3次元の肉体を持つ地球人類やあらゆる生物や物質は、ポジティブな方向へ歩むものとネガティブな方向へ歩むものとの2極化は、急速に進んでいるのです。そして、この2極化に伴い、世の中全体のしくみも物事も2極化が進んでいます。

そして、地球全体の総合的な波動はアセンションに向けて順調に高まっているために、ポジティブな方向へと歩むものは、さらなる光をめぐらせながら発展していき、やがてアセンションした地球においても存在して、肉体をもった地球人類として至福の時を迎えることができるのです。

逆にネガティブな方向へと歩むものは、地球全体の波動と合わなくなっていくために、必然的に地球上から去る選択をしたり、消滅していったりして、同じ波動域である地球以外の3次元の世へと移行することを選択するよになっていくのです。


地球人類の波動の2極化がさらに進み、地球全体の波動が高まるにつれて、経済・政治・教育など、私たちの実生活に影響するあらゆる分野におけるアセンションに向けての変革が進んでいく中で、小さな地域レベルから、国や世界といった大きなレベルにおける葛藤も多々見られています。

次の世に必要である物事は、光の世に向けてさらなる発展を進めていきます。しかし、次の世には必要のないようなネガティブな物事は、ネガティブな部分がポジティブに変革されていくか、あるいは必要のないものは消滅していきます。

そのためには、必要に応じて、隠されていた物事が世に表出されて明るみに出ることもあります。明るみに出ることで世の人々からさらに多くの光が与えられ、よりスムーズに変革することができるのです。

このようなアセンションに向けての変革作業は、スムーズに進む場合もありますが、多くの作業には、多かれ少なかれ葛藤が生じます。この葛藤は、地球上がアセンションして光の世に至るまでの間は続きますが、地球人類全体の意識が高まり波動が高まっていくにつれて、徐々に解決されていきます。そして、アセンションを迎えて次の世へと至った頃には、黄金時代にふさわしい世の中へと変革されるのです。


3次元の世で培ってきた4次元より高い世には必要のない、ネガティブな固定観念や執着を、強く信じて脱却するのを拒んでいるような人々や、エゴを強く持ち合わせている個人や組織や国家など、ネガティブな道を歩むことを選択しているものが、まだまだ現在の地球上には、数多く存在しています。

このようなネガティブな道を歩んでいる人が進めようとしている物事に対して、光を求め、光の道を歩もうとしている人々との間に生じる葛藤は、アセンションに順調に突き進んでいる今の世の中のあらゆる状況の中で続いていきます。

しかし、こうした葛藤の中において、さらに波動を落としてしまうことを選択し続ける人もたくさんいますが、物事が光の方向に進むにつれて、中にはネガティブな道を歩んでいた人が、その光の素晴らしさに気づいて、やがて歩む方向を光の道へと転換することを選択する人もたくさん出てきていますし、それがやがて組織や国家レベルの集合意識として発展していくのです。そして、現にそのようにして光の道へと方向転換している人々がどんどん増えてきているのが事実なのです。


おおまかではありますが、ここまでに述べたような観点における、組織や地域や国や世界レベルにおける変革や、変革するために生じている葛藤は続いていますが、あらゆる情報機関を通して、世に示されています。中には、紛争や汚職や事件などのネガティブに感じられるような物事もたくさんありますが、根本的(スピリチュアル)な観点や総合的な観点で捉えてみると、すべてがアセンションに向けて変革するための葛藤であると結びつけることができるはずです。

そして、このようなアセンションに向けての仕上げともいえるべき変革作業は、世の出来事と平行して、すべての人の個人的なレベルにおいても起きているのです。そして、現段階におけるエネルギーが増大し続けている中において、個人内におけるアセンションに向けての変革作業が、急ピッチで進められているのです。その中で、順調に光の道を歩んでいる人々においても、多かれ少なかれ、様々な個人内における葛藤が必要に応じて生じているのです。


今、こうして私のブログをお読みいただいている皆さんは、今の世の地球上でもたくさんの経験をされてきているわけですが、それらの経験はすぐに思考によって呼び起こすことができるような記憶もあれば、奥にしまいこんで忘れ去ってしまったようなものもあるでしょうが、すべては魂の学びとして、しっかりと記憶され蓄積されてきています。

その中で、似たような経験を繰り返しているような時や、参考になるような状況になったような場合などには、記憶にとどめていたことを思い出して、過去の学びを活用しようとすることは多々あることだと思います。これは、意識的に行うこともあれば、直感や潜在意識からくることもあるでしょう。

しかし、そういったケースではなく、特に関連することがないのに突如として過去における経験を思い出したり、寝ている時に夢に見て起きてからも覚えていたりするなど、顕在意識や思考からではなく、直感や潜在意識の領域から突然湧き上がってくるような過去の出来事を思い出すことがあるでしょう。

その中でも、ポジティブに感じることは、そのまま受け止めることでさらに波動は高まります。その記憶から感じられる心地よさやイメージなどは、ポジティブなエネルギーとしてさらなる活力となります。

しかし、ネガティブに感じるような過去の経験は、ポジティブに変換して受け止めたつもりでいたり、ネガティブに感じて忘れ去りたいと思って忘れたつもりでいたりしたのに、実際にはネガティブな感覚や情緒などを含んだままのネガティブなエネルギーとして、意識の中に記憶として受容してしまっているものなので、そのまま表出した記憶を受け止め続けるとネガティブなエネルギーが生じてしまい、そこから広がる思考やイメージなどによって、さらなる低い波動やネガティブなエネルギーが生じてしまいます。

今、こうして宇宙のエネルギーが高まっていて、私たち地球人類の肉体や意識にも大きな影響を及ぼしていますが、この増大しているエネルギーの影響から、特にアセンションに向けて順調に歩み続けて波動を高めている人は、以前にも増して肉体や意識の大きな変革がもたらされています。そのようなポジティブな変革のための現象の1つが、ポジティブな記憶はもとより、このような‘ネガティブな記憶を呼び起こして顕在意識に表出させる’状況が生じることなのです。

このように、ネガティブな波動のまま記憶にとどめている過去の経験は、これまでにも思い出すことはあったでしょうが、小さなものは湧きあがってきてもすぐに顕在意識の奥へとしまいこんだり、大きなものはトラウマのようになってつきまとうたびにしまいこもうとしたりしてきたはずです。しかし、このような対処をしても、実際には解決するには至っておらず、一時的にしまいこんでいるだけであって、意識の奥にはそのままの状態で存在しているために、ネガティブなエネルギーを発するまま貯めている状態になっているのです。

魂における学びをした過去の経験のすべての記憶を顕在意識に表出させるのは難しいでしょう。しかし、大切な学びをした経験は、顕在意識に表出しやすい状態になっており、必要に応じて顕在意識に表出するのです。また、この大切な学びをした経験の記憶は、自分自身の思考の中ではたいしたことのないことと感じていても、実際には大きな学びである場合もありますし、些細なことと感じていることの中にも、ネガティブなまま受容して蓄積していくうちに、解決すべき大きくネガティブなエネルギーとなっている場合もあるのです。

まだ、これまでの状態ではそれほど問題はなく、そのまま意識の奥にとどめておいても大丈夫であったような過去のネガティブな経験の記憶が、今、こうしてエネルギーがたくさん与えられ、アセンションに向けて自分自身の波動がどんどん高まっていくうちに、いち早くポジティブに変換して受容するようにすることで、ネガティブなエネルギーを意識から払拭させる必要性が出てきているのです。それが、‘ネガティブな記憶を呼び起こして顕在意識に表出させる’状況が生じる大きな要因なのです。

そして、このような個人内レベルにおけるアセンションするための移行直前期における波動を高めるための現象は、記憶している過去の経験のみにとどまらず、意識の持ち方や行動などにおける自分自身の改善すべき欠点や、本来は目指すべき道から反れていると感じているような選択の仕方や歩んでいる道、実生活の在り方や習慣など、アセンションした高次元の世には必要のない、3次元的なネガティブなことすべてをポジティブに変換するための作業が進められているのです。


今、アセンションに向けての移行期において、地球上で盛んに起きている世の中の隠されていたネガティブな事実が明るみに出ることによって光が与えられ、ポジティブな状況へと変革されたり、必要のないことは消滅したりするような状況と同じようなことが、波動の高まっている人個々の意識の中で起きているのです。その中の1つが、ネガティブに受容してしまっている過去の経験の記憶に関しての受容のしかたの変革です。

記憶がネガティブな状態でしまいこまれたままでいては対応することは難しいのですが、顕在意識ではっきりと認識できるような状態でネガティブな記憶が表出されれば、意識的に対応することができます。自らの全体的な波動が高まるにつれて、(思考や現状と関連していたとに関しても同じようにいえることではありますが)無意識のうちにこのような記憶が顕在意識に表出してはっきりと認識することができるようになる現象は、ネガティブなことを払拭して、さらに波動を高めるために与えられる素晴らしいチャンスでもあるのです。ですから、このチャンスに、ネガティブに感じていた記憶をポジティブに変換して受容し直すことで、さらに波動を高めることができるのです。

本来、ネガティブなまま受容してしまっている過去の経験の記憶が表出した時、意識的にポジティブに変換しようとさえ努めれば、必ずポジティブに変換して受容することをできると自分自身を信頼してみてください。アセンションに向けて順調に波動を高めている人にとっては、これまでに経験してきたことすべてが必然であると意識することができるでしょうし、その経験から学んできたすべてのことに無駄はなく、すべての学びはポジティブなものであると意識することができるはずだからです。

ネガティブに感じていた記憶をポジティブに変換して受容し直すこととは、怒りや悲しみや苦しみ等のネガティブな感情を抱いた記憶や、マイナスなものであると捉えていた経験を思い出すことによって、今でもなおネガティブな感情が生じたりネガティブに捉えたりしているようなことを、意識的に許しや慈しみや感謝などの愛の気持ちに変換したり、ポジティブな意味のある必要な経験であったと捉えるようにしたりすることです。そして、このようにポジティブに変換したものを、あらためて受容し直すということです。

しかし、もしその時点でポジティブに変換することが難しいようでしたら、その記憶を広げれば広げるほど、ネガティブな状況に陥りやすいので、いちど保留にして忘れるようにすると良いでしょう。そして、ポジティブに変換することのできない自分自身の低さを認識して、さらなる修養に励み続けていれば、またその後に必ず再チャレンジする機会が訪れますので、次の機会を待てばよいのです。

これは、実際には意識的に行ってもそうでなくても、低い波動のまま受容した状態でとどめているようなポジティブに変換できなかった記憶は、自分自身の波動が高まれば、さらに波動を高めるためには必要であることから、必ず解決するまでは繰り返し顕在意識に表出してきます。何度も同じネガティブな記憶が表出するのは、そのためでもあるのです。解決したつもりでも解決していなければ、表出するたびにネガティブな思いがめぐるはずですので、識別することができるはずです。

また、もしネガティブに感じたまま受容してしまっている記憶が表出した時、そのネガティブに感じるままにしてめぐらせてしまえば、そこにはさらなる低い波動が生じてネガティブなエネルギーが発されます。そして、そのネガティブなエネルギーに対して高まる宇宙エネルギーの中のネガティブなものが引き寄せられるために、とりとめもないようなネガティブな状況(大きな取り越し苦労)に陥る場合もあります。それをポジティブに変換しようとして強く葛藤しても、さらに自分自身を追い詰めるようにしてネガティブな状況に陥ってしまうと、せっかくのポジティブに変換するためのチャンスが、逆にさらにネガティブにしてしまい波動を落としてしまう結果になってしまいます。

ですから、このようにネガティブに受容した過去の記憶が顕在意識に表出した時には、ポジティブに変換することができれば最良のことですが、無理やり変換しようとして大きな葛藤を生じるよりは、考えるのをいったんやめて保留にすることも必要な場合があります。

たとえ一度にポジティブな状況へと変換することができなくても、ポジティブに変換したいと意識の中で望み、自らの波動を高め続けていれば、意識が高まる中で思い出すにつれて、少しずつポジティブに変換することができて、最終的には解決することができるはずです。特に、トラウマになってしまうような大きくネガティブなものとして受容してしまっているような過去の経験は、それなりに時間を要する場合もあるのです。


宇宙から与えられているエネルギーには、ネガティブな質のものもポジティブな質のものもあり、そのエネルギーは完ぺきに調和されているわけですが、アセンションに向けて波動の高まっている地球全体に送られているエネルギーは、はるかにポジティブなエネルギーが勝っている状態で調和されているのです。調和とは5分5分の同じという意味ではありません。バランスがとれている最良の状況であるということなのです。

このように波動が高いエネルギーと調和させて意識を高め続けてさえいれば、そのめぐりによって、意識も肉体の物質的な密度も、スムーズにアセンションの世へと移行することができるのです。過去の経験をポジティブに変換して受容する作業は、そのための1つの大切なこととして、自己責任を強く持って解決する必要があるのです。

すべての経験は、自分自身の自由意思によって招いたことであるわけですし、ネガティブに受容したことすべては自分の領域内で自らが選択したことなのですから、自己の責任によって自分のみですべてを解決することができるものなのです。

ただし、そのためには多かれ少なかれ葛藤が生じる場合が多いでしょう。しかし、この葛藤は、このように今の時期にはとても大切なことであり、この葛藤の中から意識的にポジティブなものへと変換するに至ることは、アセンションに向けて個々の波動を高めるためには重要なことの中の1つなのです。


*上記の内容は、2009年10月29日~11月2日に当ブログで掲載した内容を一部改訂して転載しました。



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html






バックナンバー改訂版
 | HOME |