FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

沖縄県民として ~石垣島ダイアリー~

2010年04月28日
2010年4月28日(水)

雨時々曇り

最高気温 22.6度
最低気温 20.1度

私たち家族が
沖縄県民になってから
まもなくひと月が経とうとしています。

移住する前や移住した当初は
書類などに‘沖縄県石垣市’と書くと
なんだかジワ~ンと感激したり
わくわく嬉しくなったりしていましたが
やっと近頃は普通の気持ちで書けるようにもなりました。


私は人生の
約半分を東京都民として
約半分は千葉県民として
今年の3月まで過ごしてきました。

ですからいまだにテレビの画面で
全国版の天気予報を見ると
無意識のうちに東京と千葉を見てしまいます。

アマンダも同じようで
今朝も「間違えて千葉県の天気を見ちゃった~♪」と
なんだか嬉しそうに話していました。

足立区に在住していた頃には
平日でも学校が休みになる嬉しい日だった
10月1日の都民の日は忘れることはないでしょうし

つい先月まで住んでいた
6月15日の千葉県民の日も覚えています。

ところで沖縄県民の日ってあるの?
ふとそんなことを思ったので
たった今調べてみましたら…

県民の日という名称はないようですが
県民の日に相当する日として
5月15日の本土復帰記念日がありました。

1972年5月15日に
アメリカの統治下にあった沖縄県が
日本に復帰したことに由来しているそうです。


いろいろな意味合いで
ここしばらくの間の全国的なニュースとして
普天間基地移設問題が話題になっていますが

私は20代中頃までの都民だった頃も
ついひと月前までの千葉県民だった頃も

沖縄県における地上戦についても
米軍基地問題についても
興味・関心をそれなりに強く抱いていたので

日本国民として
地球人類として
私なりに身近に感じて

ご関係している皆さまや沖縄の地が
この先に少しでもよりポジティブな状況になりますよう
心の中で応援し続けてきました。

でも今、まさに同じ沖縄県民として
より身近な問題として捉え
よりポジティブな状況に至りますよう願い

次の世の黄金時代に向かって
真実の自由と平和に満たされますよう
私なりに光をめぐらせて尽力したいと

なんだかこの文章を書きながら
今あらためて強く思いました。

DSC01260_convert_20100428134058.jpg
~月桃(げっとう)の花です。沖縄ではサンニンとも呼ばれているようです。自宅周辺のあちこちで見かける花です。種は香辛料としても使われ、葉や茎から出る汁は香料や虫よけなどにも使われるようです。 午後1時半撮影~

DSC01264_convert_20100428134250.jpg
~自宅から数百メートル坂道を登った場所から望遠で撮影しました。奥は干潮のピゲカゲ浜。左にある4階建ての建物が自宅マンション。右の建物や屋根周辺が小学校です。午後1時半撮影~



☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html





スポンサーサイト



日記

波動に関するちょっとしたお話

2010年04月28日
たとえばあなたが、親しい知人から心が傷つくようなとても厳しい言葉を言われたとします。あなたは、とても悲しみに感じて落ち込み、怒りもおぼえ恨むようになったとします。その結果としてあなたは、知人の放った低い波動とあなたの感情がネガティブになったために下がってしまった波動とが引き寄せ合い、あなたは知人のネガティブなエネルギーとあなた自身から生じたネガティブなエネルギーとの両方のネガティブなエネルギーを受け取ることを選択したことになるのです。そして、そのまま悲しみや怒りや恨みの感情を持ち続けていれば、さらに継続して波動は下がりネガティブなエネルギーを蓄積させていくのです。

しかし、まったく同じ状況に合った場合、知人から厳しい言葉を言われた時は同様にネガティブな感情が湧き上がったとしても、その直後に自分自身が次のように意識すると、エネルギーは全く違うものとなります。

「知人が何も言ってくれなかったら知ることができなかったけど、思ったことを言葉にして伝えてくれたから知人の状況や気持ちを知ることができたし、私のために話してくれたのだから伝えてくれたことに対しては‘ありがとう’って‘感謝’の気持ちをもとう。そして、もっとやさしく愛を持って伝えてくれれば良かったのに、なんだかイライラしながら低い波動の中でひどい話し方をして‘かわいそうに~’という慈悲の気持ちを持つとともに、もし今後私が同じようなことを人に伝えるときは、感情をネガティブにせずにやさしく伝えるようにしようと‘今後に生かそう’。」

上記の内容のように、意識的にネガティブな感情や捉えかたをポジティブに変換し、実際にそのように思うだけで、あなたが放つエネルギーも、あなたが受け取るエネルギーも、あなたに蓄積されるエネルギーも大きく違ってきます。つまり、あなたがこのように、感謝や慈悲や許しの気持ちを持てた時点で波動が高まるわけですが、相手が低いままでいた場合には、相手の波動を引き寄せることもなくなったり波動が合わなくなったりするために、相手のネガティブなエネルギーの影響を最低限しか受けなくて済みます。また、その後も高い波動になるために、逆にポジティブなエネルギーが蓄積されるのです。

また、相手にとっても違ってきます。あなたの波動が高まったことにより、相手にもポジティブなエネルギーが伝わります。そのため、愛のエネルギーが循環し、相手にとっては癒しとなります。あなたは、あなた自身の領域の中で意識的に波動を高めるために変換したことによって、人を癒すことができるのです。

たとえば、テレビの画面で悲惨な事故現場の映像を見たとします。あまりの惨状に、悲しみやつらさや怒りの感情が湧き上がったとします。その時点で映像の中にある低い波動とあなたの波動とが合うために、ネガティブなエネルギーを引き寄せてしまいます。しかし、直後に「一人でも多くの人が助かりますように」「救助している皆さんに感謝します」「がんばってくださいね」などといった、慈しみや感謝や応援するなどといった愛の気持ちを向けることができれば、映像を通して愛のエネルギーが遠隔で届きます。愛のエネルギーは思うだけで光となって瞬時に届きます。同時に、あなたの波動は高まるために、ネガティブなエネルギーの影響は最低限しか受けませんし、あなたの光が事故現場に関係するものすべてに届き、活力となり癒すことができるのです。

歌や話などを聞いて、ある人は感動し、またある人は何も感じなかったとしても、これは意図的に感動することもしないことも難しいことなので、ナチュラルに感じることが最も必要とされることになるでしょう。しかし、上記に挙げた2例のようなネガティブである感情が湧き上がった場合には、自分自身の領域の中で、意図的に波動を高めることができ、ポジティブなエネルギーとして受容することができるのです。すべては、あなたの領域内における受け止め方次第で、自己解決することができるのです。

このようにネガティブなエネルギー(感情)をよりポジティブなエネルギー(感情)に変換することを、より意識的により多くの場面でより瞬時にできるようになると、それだけでもあなたの魂を向上させることにつながりますし、より習慣化させてポジティブなエネルギーを蓄積しつつ愛の光を放ち続ければ、ライトワーカーという役割においても、世のため人のため地球のため宇宙のためにより大きく貢献することができるのです。

*上記の内容は、2009年月25日に当ブログで掲載した内容を転載しました。



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html





バックナンバー改訂版
 | HOME |