FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

浄化現象 ~石垣島ダイアリー~

2010年04月26日
2010年4月26日(月)

晴れ時々曇り

最高気温 27.9度
最低気温 23.6度

私は石垣島に住むようになってから
夜中にトイレへ行く回数が増えました。

以前は一晩で1回行く程度でしたが
多い時には4~5回
少なくとも2回は行っていました。

先日のレイキに関するQ&Aにも書きましたが
このようないつも以上に排泄をする現象は
肉体的な浄化の急激な促進のためであると
私は認識しています。

でもやっとここ数日は
いつものように1回に留まっていますので
この急激な肉体の浄化現象も終わりに近づき
普通の感じに戻ってきただろうとも感じています。


もう1つやはり浄化現象の1つと感じていることは
やたらと過去の体験をもとにした
夢を多く見るようになったことです。

1,2年ほど前までは時々あったことでしたが
夢を見て過去のしまいこんでいたことを思いだし
夢の中もしくは起床してから
ポジティブに変換することで浄化していました。

昨日の夢は
私が学生時代に遊びとバイトをやりすぎて
学業をおろそかにしたことが理由で留年をしましたが

その頃の自分に戻っていまして
このままでは単位が取れないから
卒業して教員免許状をもらえない…
そうすると教師になることができないと
少し落ち込んでいました。

でも(夢の中で)考えてみたら
今は教師を辞めたのだし
もう教師を職業にする気持ちはないから関係ないと思い

やっぱり卒業しなくても良いという結論に達して安心し
この夢は終わりました。


私なりに今生のお役目として感じている今のお仕事を
わくわく感に任せて
精一杯に尽力し続けているつもりでいますので

実際には経済的にかなり厳しい現状にある中でも
いつものように「なんくるないさ~(なんとかなるさ)」と
宇宙にお任せをしているつもりでいましたが

今のような生活は変えてでも
今のように仕事はできなくなっても…

教員免許状を活用してでも
お金を得ることを第一の目的として
どこかに就労しないといけないかな~と

自分にとっては過去の栄光として
もうとっくに捨て去ったつもりでいた道を
また再び歩むことに対して

本来のわくわく感などほとんどない中で
「家族が普通に暮らしていくためには仕方ないことなのかな~…と」
ちょっと真剣に考えてしまったことでネガティブなエネルギーが生じてしまい
このような夢になって出てきたようです。

また時々ふと思っていたことですが
なにもお金をすべて使い果たしてまでも
一気に石垣島まで移住しないで

千葉県の海の近くだって
素敵な場所はたくさんあるのだから
本当はそれでも良かったんじゃないのかな~…

こういったような
経済状況優先の思考や
後悔のようなネガティブな感覚も
時々ふと浮かんでいたのも事実でした。

でもこのような葛藤は湧き上がるたびに
ポジティブに変換していたので
ほんの一時的なことであるつもりでいましたが…


しかしこのような夢を見たことで

「ここまでくることができたのだから
もう後戻りすることなどは考えない!」

「わくわく感に従い、前に向かって歩み続けるのみ!!」

そう意識の中でポジティブに変換して
いつものように朝のお祈りをしたり
朝食を作ったりしていたら

子どもたちが起きてくる頃にはすっきりとしていて
今日も家族みんなと一緒にさわやかな気分で
朝食を食べることができました♪

DSC01250_convert_20100426103824.jpg
~東シナ海と川平湾 AM10:30 自宅マンジョン屋上にて~

*ちなみに、私と妻とで行っている朝のお祈りは、オリジナルの祈り方、既存の祈りや真言、自分自身の願いや高次元のエネルギーなど、自分自身や家族、そして地球人類や宇宙のすべてのものに対して、私と妻なりに、その時点でやりたいと感じているやり方でお祈りをして、私たちなりに愛をめぐらせているつもりでいます。

過去に掲載した記事です→「朝のお祈り」2009.4.7


☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html






スポンサーサイト



日記

ヤエスベコフからのメッセージ

2010年04月26日
*以下の内容は、2008年9月12日にタエヌが宇宙の高次元に存在する同志とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

光り輝いているあなた方の魂の中でも、最も美しい光を放つのが愛の光であります。何万光年もの彼方から私の送るこのメッセージが届くように、あなた方の愛の光も、私たちのところまで、それはそれは美しいオーラの色とともに、鮮明な光とそれにともなう素晴らしいエネルギーとともに送り届けられ感じることができます。

あなた方の住まう地球には、何万光年もの彼方から、たくさんの宇宙存在たちが飛来してきています。もうすでにご存じの方もいらっしゃるでしょうが、その数たるや、あなた方の想像を絶するような数に至っています。

あなた方に知られているシリウスやオリオンやエササ二やプレアデスや太陽系の惑星などといった、古くから地球人類との密接な関係のある星からやってきている者もありますが、それ以外にも、たくさんの惑星からやってきています。

ふと、あなた方が空を見上げてみても、何もそのような存在が確認できないかもしれませんが、それは周波数が合わないのですから当然のことです。私たち宇宙存在は、あなた方の波動領域に入っても、私たちの微細なる振動で存在するために、あなた方の視覚では確認しずらい状態を保っています。ただし、あなた方がこのような波動の状態で我々の存在を捉えようとすれば、あなた方の感覚的な心の目で捉えることは可能なのです。逆にいえば、私たちの波動を下げて荒い振動に変えれば、あなた方の視覚によって見て確認することも可能なのです。

ちなみに、私たちにとっては、あなた方が私たち宇宙存在を見ることができたか否かということは、それほど意味を成すものではありませんが、今の時点のあなた方にとっては、とても衝撃的であり大きな問題を引き起こすものとなることも十分存じ上げています。

あなた方は、目というものを使ってみることがすべてであるという、古くからの人間の思い込みや間違った教育や習慣によって、本来持ち合わせている心の目で見ることを忘れさせられています。この、心の目とは、あなた方が本来持ち合わせている、第3の目ともいわれる霊眼のことです。

第3の目とは、あなた方の額にあるチャクラが多いに関係しますが、額の奥に実際にあなた方が知っているような目があるわけではありません。主に、このチャクラにおいてそのエネルギーを感知するということですので、物質的なものがあるとか、額のあたりで見えるとかといったものではありません。実際は、ハートチャクラがあなた方の知覚にて感知させる役割を示しているために、第3の目で感じた情報を中心に体の細胞全体で感じた事や波動やオーラの領域で感じたことなどのすべての感覚における総合的な情報をハートチャクラにて統括して、あなた方の右脳に送られるのです。そして、あなた方は主にこの右脳によって視覚的に捉える事が出来るのです。

このような、視覚的に捉えることもそうですし、チャネリングによるメッセージに関しても同様ですが、あなた方が信じている目や耳といった器官を使って捉えるような感覚とは同じ感覚ではありません。とても、微細な波動によるものですので、3次元の領域にある肉体においては、あなた方の意識における五感によるようなはっきりとした捉え方をするのは難しい場合が多いのです。

それでも、あなた方の意識において、リラックスした状態で自分自身の感覚を信頼し高次の存在を信頼しハートチャクラや右脳に意識を傾ければ、それなりに霊的に敏感になっている方や魂の目的に沿った生き方による経過の中においてこのような情報が必要であるとみなした場合など、あなた方や周囲の者にとって必要な情報を得ることができるのです。

ただし、見よう、感じよう、聞きたいなどといった情緒が強すぎてしまうと、その波動が荒い波動になってしまうために、あなた方の感覚的な能力が低下して、高次の波動と合わなくなってしまうために、本来は必要な情報であったとしても、あなた方が感じ取れなくなってしまいます。もちろん、信頼が薄い場合、つまり疑いという低い波動が発生するために、同様なことが生じます。

私は今どんな目的を持って生きていけばよいのだろうか?次はどのような行動をとることが必要なのか?私にできることって何なのだろうか?などといった、愛を深めめぐらせたいという純粋な動機からこのような疑問が生じた場合には、高次の存在は喜んでその答えを導くための教えを、あなた方に伝えます。伝え方はその時々にもよりますし、あなた方の目覚めの度合いにもよりますが、もっとも適した方法で伝えようと努めてくれます。ただし、依存心を強く表出させると、やはり低い波動が発してしまいます。時には明確な答えを知らされることもあるでしょうが、あくまでもあなた方の自由意思による選択が必要になりますので、ヒントとなるような参考程度のものとか、インスピレーションによる感覚的なものとか、抽象的なものとかといった感じのことが、メッセージの内容としては多くなります。

今、アセンションを目の前にして、一人でも多くの同胞が宇宙親交の仲間入りをしてくれるように、私たちは願っています。あなた方地球人類に対して、私たちは惜しみない愛を捧げ、あなた方の目には見えないところで様々な支援をしてきています。あなた方は、自分の波動領域におけることに関して、あなた方の自己責任のもとに自由意思にて解決していく必要があります。私たちは、私たちの領域内で、できる限りのことを施しています。お互いの願いはいつも一緒です。愛を広めて分かち合い、自由と平和のもとに何もかもが統一されて共存し合い助け合っていくこと。

あなた方も私たちも、同じ宇宙における家族であるという、私たちにとっては当たり前である思いを、あなた方も普通に感じてお互いが信頼できる関係になることを、私たちは切なる願いとして、そして、まもなく実現する真実になることとして、その時を心待ちしています。

*上記のメッセージは、2008年9月12日に当ブログで掲載した内容を転載しました。



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html


バックナンバー改訂版
 | HOME |