FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

濃くて深い緑色 ~石垣島ダイアリー~

2010年04月21日
2010年4月21日(水)

曇り時々晴れ

最高気温 28.9度
最低気温 25.1度

石垣島はコバルトブルーの海の色や
白砂のビーチも美しいのですが

DSC01172_convert_20100421122556.jpg
~自宅屋上から見た東シナ海 PM12:20撮影~

山全体を見た時に感じる
木々の濃くて深い緑色からも
石垣島の自然の素晴らしさや奥深さを
しみじみと実感することができます。

DSC01167_convert_20100421122329.jpg
~自宅屋上から見た小学校の裏山~

自宅周辺を少し歩いただけでも
いろいろな種類の熱帯雨林特有の植物を
たくさん見ることができます。

私は観葉植物も好きだったので
千葉県にいた頃は
いろいろな観葉植物を育てていました。

小さなゴムの木を挿し木にして
何年かかけて
私の背丈ほどの高さまで育てたことがありましたが
とても可愛いいなあと思っていました。

今の自宅近くには
立派なゴムの大木が何本もありますが
とてもたくましく感じます。

DSC01151_convert_20100421113505.jpg
~自宅近くに生えている高さ10mくらいのゴムの木~

ハイビスカスも好きで
よく育てていました。

ハイビスカスの花には
いろいろな色がありますが

赤い色の花からは
活力を与えてもらえますし
魔除けにもなってくれます。

DSC01161_convert_20100421113842.jpg

ピンク色の花からは
おもに美的センスややすらぎを与えてもらえます。

黄色やオレンジの花からは
おもに希望や勇気のパワーを与えてもらえます。
DSC01156_convert_20100421113649.jpg

千葉に住んでいた時
冬場でもあまり暖房を使わないような我が家でしたので
ハイビスカスにとっては寒すぎたのか
冬場になるとうまく育てることができませんでしたが
石垣島では一年中元気に花を咲かせているようです。

千葉では小さな鉢で育てていた
かわいいガジュマルも
石垣島には立派な大木がたくさんあって

陽ざしの熱い時に木陰に入ると
とても優しく迎えてくれて
緑の息吹の安らぎの中
心地良い涼風を吹かせてくれます。

以前千葉の地で鉢植えにして育てていた
かわいい観葉植物たちからも

石垣の大地に根を張って
たくましく生きている熱帯の植物たちからも

私たち家族は
たくさんのパワーをいただき
癒していただきました。

もちろん地球上で育っている
すべての植物たちからも
多大なるサポートをいただいていることも
私たちは意識しています。


ここであらためて
ご縁あるすべての植物に対して
深く感謝の意を表するとともに

植物を含めた
地球上の自然界で生きている
あらゆる存在とも

同じ地球上で
同じ時代に
生を受けることが許され

魂を磨くために
3次元の世を生きるもの同士として

たくさんの愛をめぐらせあいながら
共にアセンションしたいと
今あらためて強く思いました。


*以前お知らせしましたが、4月1日より、タエヌのメールアドレスが変わりました。以前使用していました@以下がybb.ne.jpのアドレスは使用できなくなりました。つきましては、お申し込みやお問い合わせ等がありましたら、タエヌのホームページ‘アセンションスペースシューリエ’のメール欄より、新しいアドレスに送っていただけますようお願いいたします。また、もしうまくメールアドレスが開けないとか送れないといったような場合には、shuwrie1ではじまり、@以下はdocomo.ne.jpへ送っていただければ、タエヌの携帯につながります。お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html





スポンサーサイト



日記

木の精からのメッセージ

2010年04月21日
*以下の内容は、2008年11月5日にタエヌが木の精とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

地球という惑星の今の世に、人として存在できていることに感謝してみると、今あなたがここに在ることを思うだけで、喜びと感謝と愛がさらに大きくなることでしょう。あなたが心に残っている「サクラの木を尊敬している」という人がいて、そんなふうに木を尊敬できることやそんな気持ちを表現できることが素晴らしいと思えているあなたを、私は愛しています。

今あなたが人として存在できていることに感謝して大地に足を踏みしめている感触を味わうと、愛を通して大地のぬくもりや偉大さやエネルギーの素晴らしさを実感することができるでしょう。大地にこうして立てることはとても幸せなこと。あなたの周囲に在る木々はだから幸せなのです。そして、あなたやあらゆる地球の生物とともに今を生きるということが、木々に宿る魂が地球上に転生してきた一番の目的なのです。

今あなたが人として存在できていることに感謝して耳を澄まして風の音を聞いてみると、確かな大地のささやきや神の音が聞こえてくるでしょう。神の音とは高い波動のエネルギーのこと。とても暖かく包み込むようなやさしい音。大地のささやきに比べると微細な音ではありますが、いつもあなた方に降り注ぐエネルギーの音なのです。

人と木とは同じ地球上に生きているもの同士としての、神のもとでは大いなる友達関係であるのです。いつでも木々は人を尊敬しています。木がたとえ犠牲になろうとも、木は人を守ろうとしています。木はやさしい存在です。たくましい存在です。時にはほほえみ、時には悲しみ、時にはうつろい、ときには喜ぶ。人と同じように木には感情があります。

人はまだ今のように物質的文明が栄える以前は、もっともっと木と共存することを望んでいましたし、木と人は助け合って生きていました。私はそのことを覚えています。そしてこの先、地球が本来の素晴らしい高次元の文明がもたらされて栄えるとき、人と木々は、昔以上に友として共存することを望み合い、お互いに喜び合うのです。

もしもあなたにとって好きだと思える木があるのでしたら、その木に話しかけてごらんなさい。木は必ずこたえてくれますから。もちろん人のように口があって発声するわけではありませんから、録音することは難しいでしょうし、耳から振動として捉えることはできません。でも、あなたと木々とは魂同士が通じ合ってひとつになっているので、いわゆるテレパシーとして感じることができるのです。

今あなたが人として存在できていることに感謝して私たち木の精の存在を信頼することができるのでしたら、私たち木の精は人の存在を信頼しているので、その信頼関係からお互いの愛が結ばれて、より深い絆が結ばれるでしょう。そして、深い絆を結ぶことができることは、私たちにとってもあなたがた地球の人々にとっても、今という時に地球上で存在できていることをさらに大きな幸せとして感じるためには、とても必要なことでもあるのです。

木々は人々を尊敬しています。

すべての木々は、今、こうして地球に存在していること自体を大きな喜びとして感じています。


*上記のメッセージは、2008年11月5日に当ブログで掲載した内容を転載しました。

☆以前お知らせしましたが、4月1日より、タエヌのメールアドレスが変わりました。以前使用していました@以下がybb.ne.jpのアドレスは使用できなくなりました。つきましては、お申し込みやお問い合わせ等がありましたら、タエヌのホームページ‘アセンションスペースシューリエ’のメール欄より、新しいアドレスに送っていただけますようお願いいたします。また、もしうまくメールアドレスが開けないとか送れないといったような場合には、shuwrie1ではじまり、@以下はdocomo.ne.jpへ送っていただければ、タエヌの携帯につながります。お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。


タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html





バックナンバー改訂版
 | HOME |