FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

石垣島の概要を紹介します ~石垣島ダイアリー~

2010年04月09日
2010年4月9日(金)の天気

雨のち曇り時々晴れ

最高気温 25.4度
最低気温 20.3度

ここのところ
ずっと曇り空が続いていましたが

今日は久しぶりに
雲の切れ間から
晴れ間がのぞきました。

自宅のベランダから見える東シナ海は
コバルトブルーの美しい色をしていたので
思わず写真を撮りました。

DSC00968_convert_20100409145238.jpg


今日は石垣島の
土地、気候等の概要を
簡単に紹介します。

石垣島の面積は約222.6km²でして
私の出身地である東京都足立区の約4倍の広さで
茨城県の水戸市や大阪市と同じくらいの面積です。

人口は2010年2月現在で
48,629人です。

石垣島の人口の多くは
南部に集中しています。

気候は熱帯雨林気候(Af)に属していて
1日の中での寒暖の差は少ないです。

もっとも寒い1~2月の平均気温は
最低気温16度
最高気温21度

もっとも暑い7月~8月の平均気温は
最低気温27度
最高気温32℃です。

DSC00946_convert_20100409144820.jpg

島内にはさとうきび畑と

DSC00951_convert_20100409145018.jpg

パイナップルの畑がたくさんあります。

標高526mの於茂登岳は
沖縄県で最も高い山です。

DSC00937_convert_20100409144406.jpg
~米原の八重山ヤシの郡落~

米原のヤエヤマヤシ群落は
天然記念物に指定されています。

名蔵アンパルは
2005年にラムサール条約に基づいて
保護すべき貴重な湿地に登録されました。

DSC00943_convert_20100409144607.jpg
~名蔵湾のマングローブ~





スポンサーサイト



日記

シリウスより愛をこめて

2010年04月09日
*以下の内容は、2008年10月24日にタエヌがシリウスの存在とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

自らの手で物をつかまなくても、自らの目で物を見なくても、信頼できる人が触れたり見たりして感じたことを情報として得ることによって、あなたの信頼度さえ高ければ、自らが体験したことと同様に実際に経験したことに近い感覚を得ることができるでしょう。

あの世のことも宇宙の果ての出来事でも、本来のあなたは体験していることであるにもかかわらず、今のあなたが真実の実態だと感じている肉体における感触や肉体における目で見たという確信が持てないだけで、そんな魂の経験は真実とは思わず疑うどころか顕在意識によみがえらせることさえ拒否してしまっています。

あなたは目を閉じて心の目で物ごとを見ようとすれば、あなたの波動に見合った感覚的な見方ができるのです。それは、あなたが答え合わせをすることはなくとも、あなたの波動に合った答えであるわけですから、あなたがいかに信頼するかどうかによって、真実の答えが違ってきます。あなた方地球人類は、あまりにも周囲の答えを気にしすぎていて、周囲の基準や価値観によって個の基準や価値観といった、本来のあなたの持っている素晴らしい特性を、見失うようなことが普通におきています。

より周囲と同じである平均的な自分を、あなた方はとても心地よく思う傾向があります。そして、3次元の世で良いことと認められていることが、周囲の平均的基準より優れていると、自意識過剰とか他者と比較しての満足感とかといったエゴが強く発生してしまいます。宇宙はみな平等です。個々の特性があるために、他者と比べてもなにひとつポジティブなものを生み出すことはできません。あなたがすべてなのです。

もし比べるとしたら、あなた自身の中であなた自身の波動やまざまな状況を思い起こして、今のあなたと過去のあなたとを比べてみてください。もしも、それなりに成長していると感じたのなら大いに喜べばよいですし、もしもネガティブなものを思い出したり波動が下がっているように感じたりした場合には、反省して次に生かすようにすれば良いのです。

地球の世の比較として、今、こうしてエネルギーが過去にはなかった最高値に達しているという状態が、毎瞬、記録更新がなされていて、今もこうして時が過ぎるにつれて、宇宙のエネルギーも地球自体のエネルギーも最高記録を更新し続けているのです。そんな中であなた方は生きているのですから、大きく変化していて当然ですし、たとえ目で見たり顕在意識として感じることができなかったりしていたとしても、毎瞬単位で実際の地球の世は大きく変化しています。

これまでにも申し上げてきましたが、私たち宇宙ファミリーは、あなた方の住む地球表面上の安全確保のために、大気や地中における、私たちの許されている領域内において支援を行っています。これは、地球自体にも依頼されたことでもあるので、地球自体の地のレベルの問題であることや地球表面上の大気の問題であることでもある、気候や地震などといった天変地異的なことを緩和させることは行っています。ただし、今急激に進んでいる地球表面上における波動の高低の2極化により、低いエネルギーが与えられることを選択している人たちによって、自らを地球外の惑星へと移動させるための物質的な動きが形成されてきています。

これは、単純に宇宙における絶対的法則である波動の法則によるものでして、地球表面上の波動が高まるにつれて、すでに波動が合わなくなっている人々は、毎瞬その低いエネルギーを受けることを選択し続けているために、自らの魂の意思によって、地球を離れることを選択している人が急増しています。その波動の法則やカルマの法則によって生じる物質的現象である天変地異や治療困難な病気が蔓延したとしても、これはあなた方地球人類の領域の出来事であるので、私たち宇宙ファミリーが手出しをすることが許されないのです。宇宙の自然な流れを変えることができないのです。

別に、地球を離れることを選択することはネガティブなことではありません。あなた方の中でも、自由意思によってそのような選択をするわけですから、個によって違いがあっても何一つ問題はありません。これも宇宙の不変の真理なのです。ですから、今の地球の波動の高まりに乗って流れている人たちが、このまま波動を高めることを選択し続けていれば、たとえ身近なところで大地震がきても津波が来ても病気が蔓延しても、地球上に存在することを魂の意思が選択していて波動の法則やカルマの法則といった宇宙の法則に即しているのでしたら、なにひとつネガティブに思うことなく、周囲の状況がたとえネガティブだと感じたり、周囲の人々の基準が下がったりしたとしても、それによって動じることも流されたりすることもなく、そのままポジティブなままに地球上に存在し続けることができるのです。

まもなく、このエネルギーによって大きく変動することが、目で見て知識として顕在意識において捉える事が誰でもできるようになります。それには、最も身近に感じることから大きな変化を感じるようになるでしょう。今はまだ楽観視している人が多い経済的な状況は、実はとても大きく変化しているものの中でも、最たるものなのです。11月の終わりを迎える頃には、そのことがはっきりとわかることでしょうが、このことは地球上の物質である富が、より公平に分担されるようになるための素晴らしい変革なわけですから、本来はなにひとつネガティブなことはない大いに喜ぶべきことなのです。ただし、まだ闇の勢力は存在していて、これほどまでに弱まったとはいっても、その勢力が今もなお政界経済界に及んでいるために、表面的な数字や言葉による操作は続けられるでしょう。しかし、もうそろそろ限界に達するのです。このエネルギーの高まりにより、真実の愛が勝るために、宇宙における真実の平等と自由と平和がもたらされていくのです。

あなたがたは、今の世がこのような状態であることを少しでも認識しているのでしたら、この変化に対応するために、顕在意識を柔軟にしておくことが大切になります。特に、これまでに教えられてきたり信じこんできたりしていた、固定観念や価値観といったものは、この先は宇宙における真実に変化していくにつれて、そのままであるものもありますが、大きく変わっていくものもたくさんあるのです。本来は何事も徐々に変化することが望ましいのですが、今回のアセンションに関しては、徐々に変化することもありますが急激に変化することがいくつもあるのです。

決して、この先急激に変化しても、あせらないで、恐れないで、心配しないでいてください。総合的な観点で、ポジティブに見つめて、宇宙の道理と照らし合わせて世の中の動きを捉えて、ポジティブに受容するように努めてください。私たちは、あなた方すべての人が、アセンションする地球という宇宙の中でもごく限られた貴重な体験をするために選ばれてきたことを知っています。そして、あなた方の多くの人が実際にアセンションして、私たちと宇宙の家族として面と向かって幸せを分かち合うことを選択するために今もこの地球上にいることを知っています。

あなたの道はあなたの自由意思によって切り開くことができます。今、地球上に存在していることを選択している人は、すべてがアセンションする地球上に存在できる可能性を秘めているのです。3次元以下の次元の世をもう一度どこかの惑星にて経験することを選択するのか、それとも地球上にて私たちとともに高次元の世において暮らすことを選択するのかは、すべてが毎瞬お訪れる「今」をあなたがどのような選択していくかによって決まるのです。


*上記の内容は、2008年10月24日に当ブログで掲載した内容を転載しました。






バックナンバー改訂版
 | HOME |