FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

地元の新聞に載りました! ~石垣島ダイアリー~

2010年04月08日
2010年4月8日(木)の天

晴れのち曇り

最高気温 24.3度
最低気温 18.6度

DSC00957_convert_20100408131955.jpg
~4月8日 八重山日報の記事~

昨日のデンプ(3女仮名)の小学校入学式は
吉原小学校の先生方や
御来賓のみなさま
そして地域の皆様がご参加くださり

アットホームな感じで
終始とても温かく
なごやかな雰囲気の中で行われました。

式の終了直後
最初に私と妻が
その後にデンプは単独で

取材に来ていた3人の新聞記者から
インタビューを受けました。

吉原小学校では
2年ぶりの入学式とのこと。
しかも2人とも移住者。

どうやら地元では
それなりに話題となっていたようです。

そして今日の新聞を見たら
昨日の入学式のことが
新入生の写真入りで
大きな記事として取り扱われていました。

なんだかとても嬉しくなったので
新聞記事を写真に撮って掲載します♪

DSC00959_convert_20100408132605.jpg
~4月8日 八重山毎日新聞の記事~







スポンサーサイト



日記

「わくわく」の言葉の意味について

2010年04月08日
宇宙における真実を日本語によって表現をしようとしたとき、日本語の言葉や表現によっては、とてもあいまいになったり誤解されたりしてしまうことがあります。そんな中でも、バシャールを筆頭に、高次の存在である宇宙の同志のみなさんがよく表現する「わくわくすることを選択しましょう」というこの表現も、とても意味合いが広すぎるために、少し取り違えたりちょっと誤解したりしてしまっている方もいらっしゃるかもしれません。

「わくわく」という言葉は、広辞苑によると「期待・喜びなどで心がはずみ、興奮ぎみで落ち着かないさま。」という意味であると書かれています。つまり、感動とか感激とかという表現に近いものということになります。

わくわくすることをやってください…
わくわくすることを選択してください…
わくわくの気持ちにしたがって生きましょう…

こういった表現において「わくわく」という言葉を広辞苑に書かれている意味にあてはめてみますと、日常的には当てはまらない場面が多々出てくると思います。

例えば、尿意を強く感じたからトイレに行くという選択をして行動したとします。トイレに行くということは「期待・喜びなどで心がはずみ、興奮ぎみで落ち着かないさま。」という感動や感激という意味合いの選択ではありません。でも、行くか行かないかという選択としては、ナチュラルな感覚の中での最良の選択であるといえますし、これもわくわくを選択したという事実でもあるのです。

人はこの世において肉体を持って生きている限り、毎瞬毎瞬が選択の連続です。そもそも、今、こうして肉体を持って存在している、つまり生きているということも「生きる」ということを常に選択しているという結果となります。「目をあけて物を見る」これも選択結果です。では、目をあけて物を見るときに、感動や感激を常に感じるかというと、感じることもありますが、ほとんどの場合はそこまで感じないはずです。それでも、行動しているときには目を開けて物を見るということを、自然なこととして無意識のうちに選択をしているはずです。そしてこのことも本来のわくわくを選択したという事実でもあるのです。

魂が肉体をまとって3次元の世に存在してから魂のみの状態に帰るまで、地球人類が地球上の物質的存在という状態においては、意識上においての選択もしていますが、上記のように、ほとんどの場合は無意識や潜在意識によって瞬時にわくわくすることを選択しています。この、無意識における選択は、本来の魂によるものであり宇宙とつながっての選択でもあります。この選択こそが「わくわくすることを選択している」という、一番わかりやすい事例ということになります。

しかし、地球人類の行う選択には、思考や直感などによって表出されている顕在意識の中での自由意思による自己責任を持った中での選択というものが、魂の向上や人としての在り方にとって、たいへん重要となっているわけです。その選択をどのようにするのか…つまり自分自身の自由意思の中で、本来のわくわくすることを選択することがどれだけできるのかどうかが、波動を高めるためにはたいへん重要なこととなるのです。


前置きが長くなりましたが、それではこの顕在意識においての「わくわくすることを選択する」ということに関しまして、BASHAR②という1989年に㈱VOICEより刊行された本の中の文章をそのまま引用することで、説明させていただきます。

以下は、ダリル・アンカがバシャールをチャネリングした話の内容です。 バシャールはエササニ星の高次元の宇宙存在です。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


私たちが皆さんにワクワクすることをやってくださいというのは、次のような理由からです。

皆さんの「自分は誰か」という存在の表現、波動が「ワクワク」です。自分の存在の周波数を肉体的なレベルに翻訳した言葉が、ワクワクという気持ちになっていきます。それが、みなさんを導いていく信号になります。ですから、自分の歩むべき道を歩むことは、本当は簡単なのです。ひとりでにワクワクした気持ちが出てくるものなのです。

皆さんの文明では、何千年もの間、本来の自然な自分に抵抗したり、否定したりしてきました。ワクワクするものは抑圧しなければいけない、と学んできたのです。なぜなら皆さんは「人生というものは辛いものなのだ」と年上の人から教えられてきたからです。

でも、だからといって、私たちはただワクワクしていればいいと言っているのではありません。ワクワクしてくださいといっても、毎瞬毎瞬、飛び上がっていなければならないということではないのです。

「ワクワク」というのは、自分が本当にやりたいことをやっている、やりたいことを知っている、もしくは、非常に内なる心の穏やかさ、心の平和がある、ということなのです。

「ワクワク」の波動は、存在の非常に基本的な波動です。創造的な力です。ですから、それを感じるときには、自分がとても強力になっていることを感じられると思います。

また、ワクワクしているとき、自分が他の人を輝き照らしていることが分かります。生きている光だということを、他の人に示すことができるのです。

自分がワクワクすることを始めるとき、二つのことが起こります。

第一に、非常に素晴らしい偶然が次々と起こります。常に魔法のように、あるべき所に、あるべき時に、あるべきことが起こります。

そして第二に、自分のやることが、無理して努力するようなことはなく進むようになります。

「自分自身が誰か」を示すことを自然にやっているからです。

皆さんが、自然な、本来の自分であるとき、宇宙は非常に楽に皆さんをサポートすることができます。

自分の欲しいもの、必要なものが入ってこないときは、本当の自然な自分を出していないときです。ですから宇宙の方では、どれを誰にあげたらいいのかまったく分からなくて、ウロウロしてしまいます。皆さんが本来の自分自身でないとき、宇宙は皆さんを見つけることができないのです。

もうひとつ、こんなことがあります。

まず第一に、自分はなんのために創造されたのかを、自分で感じとることができます。

第二に、自分はすべての創造物とつながっている、と感じることができます。

第三に、本来の自分自身であることのお返しとして、豊かさがすべて自分に戻ってきます。

この世の中では、非常にたくさんの人が、自分の人生の目的や使命を一生懸命に探しています。探すことを喜んでいる人はそれで構いません。でも、本当に見つけたくなったら、それは非常に簡単なことなのです。ワクワクする気持ち、興奮する気持ちが、どれが一番近道なのかを教えてくれます。

だからといって、今日ワクワクするものと、明日ワクワクするものとが同じでなければいけないということではありません。

宇宙の中でただ一つ一定なのは「変化」だけです。

ワクワクすることをやっていると、いろいろなものはひとりでに、どんどん変化していきます。今の仕事や自分の持っているものとは別なものに魅かれてワクワクすることもあります。それでも結構です。心に描いている大きなビジョンや夢、そういったものに対するアプローチの仕方、ライフスタイルも変わっていきます。

自分の使命はなにか、人生の目的はなにかと、宇宙に祈るとき、自分が一番ワクワクすることが答えになります。

この世界では、小さい頃から何々しなければならない、「ねばならない」ということをたくさん与えられてきました。

自然に自分に流れ込んできたアイディアに耳を傾けないで、社会の要請にちょうど合うようなものを探します。社会の期待に沿うようなものを見つけても、それは必ずしも自然なあなたと一致するとは限りません。なぜなら根本的に、あなた以外の人から与えられた答えだからです。合うはずがありません。

しかし、だからといって人からのアドバイスを無視していいということではありません。他の人からもらったアドバイスを、自分で、自分のために選ぶことができるということです。

すべての痛み、苦しみ、病気は、自然な本来の自分になることに抵抗することから生まれてきます。自分自身が非常に疲れるのは、本当の自然な自分に一生懸命抵抗しているからなのです。

一番簡単なのは、本当の自分になってしまうことなのです。

逆に、一番むずかしいのは、自分以外の自分になろうとすることです。

ときには、こういうことをすぐ分かる人もいますが、そうでない人は、一生懸命、一生懸命、自分以外の人間になろうと、くたびれ果てるまで続けます。本来の自分になるまでに、どの位の時間を費やすかは自分で決めればいいことです。

ここでひとつ皆さんに申し上げておきたいのは、いままで皆さんがやってきたことの中で、無駄なことはひとつもないということです。すべてのことから学ぶことができるということを知っておいてください。ですから、今までの経験を捨てたり、逃げようとしたりしないで、その中から得た知識と共に前進してください。

そして、自分にとって。他の人とは違う非常にユニークなやり方でそれを応用していってください。

それが、ワクワク興奮する、ということです。

それによって、あなたは満足することができます。


BASHAR② ㈱VOICE  宇宙存在バシャール  チャネラー ダリル・アンカ  より転載


*この内容は2007年12月12日付けの当ブログで掲載した内容を一部修正して転載しました。








バックナンバー改訂版
 | HOME |