03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

惑星内部の存在・闇という言葉の意味など

2010年04月30日
*下記の内容は、2009年6月16日にタエヌが書き下ろした内容の改訂版です。

地球自体はすでに4次元もしくは5次元の状態ですので、あとは地球表面上の存在がアセンションできれば、地球のすべてのアセンションが完了します。そして、アセンションすることができれば、何万年もの間の愛に満ちた大調和の世における平和が保障されるのです。ちなみに、多くは我々の祖先でもある「地球内部(地底)に存在している」みなさんは、すでに4次元(もしくはそれよりも高い次元)の存在として、長い年月を地球表面上の発展のためにも尽力してくれています。また、宇宙との親交も深いので、地球内部には高次の宇宙存在もたくさん行き来してくれています。そもそも、地球以外の太陽系の惑星の多くにも、惑星内部には高い文明をもつ高次のみなさんが存在しています。宇宙の中には、まだまだ未熟な知識しか持ち合わせていない我々のような地球表面上の人類くらいのレベルとは違い、4次元以上の高次の存在として地球の3次元の世に比べるとはるかに高い文明社会を築いているみなさんは、星の外部に存在するよりも、安全であり最適な状況を保ちやすい、星の内部に存在するということは常識的なことでもあるのです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

これまでに何度か書き表してきましたが、世の中のあらゆるものが2極化している状況を、日増しに、よりはっきりと、よりくっきりと感じることができるようになってきています。この2極化とは、ポジティブな方向に進むことを選択するものと、ネガティブな方向に進むことを選択するものとの2極化のことです。よくグミ(長女当時中1仮名)や妻と話題にするのですが、身近なこととしては、テレビで放映されるニュースや、散歩途中や買い物などで出会う人たちからも感じられることでもありますが、グミにとって特に身近に感じるのは、学校教育に携わっている教師の2極化のようです。

グミとは学校の話題が出るたびに、ジャッジをしないようにしたり愚痴や悪口にはならないようにしたりすることを意識しながら、2極化している学校教育現場の状況をポジティブに認識し合い識別するようにしていますが、グミにとっては不可解であったり許せないようなことであったりした出来事は、どうしてもネガティブな感情も出して話をすることがあります。そのような時には、ポジティブに受容できるよう親としてサポートするようにしていますが、グミの話に出てくる教師の中にも、グミのオーラを通して感じられる教師の中にも、たいへん素晴らしい愛に満ちた教師がいる反面、なんとも情けなく憐れでかわいそうな教師もたくさんいることが実感できます。そんな中、今のところのグミは、できるだけ波動を落とさないように意識して、自分を保つよう尽力しつつ、それなりにポジティブな学びを続けているようなので、親としてはとても安心している状況です。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

言葉のニュアンスは、表現する人や受け取る人によって、人それぞれ違う場合があるので多少の誤解を生じてしまうことはよくあることでもあります。そのような中でも「闇」という言葉は、その捉え方も色々とありますので、幅広い意味を持つ言葉であると私は認識しています。

たとえば、私が(たぶんマシュー君も)「闇の存在」「闇が隙を狙っている」とかと称している際の「闇」と表現する言葉の意味は、古くから地球上を支配しているイルミナティーとか魔とかといわれている、組織的でもあり意図的で自覚を持って闇の存在であることを選択している、根っからの闇である魂やその影響を強く受けている魂のことを指しています。このような闇の魂は太古の昔に地球外から地球に訪れ、古くから地球上に存在しています。この闇の存在は、アセンションを前にして随分少なくはなりましたが、残りわずかとなっている今でも、地球がアセンションできないようにするための最後の抵抗(悪あがき)をしています。ですから、未成仏霊とか、悪魔化した霊とか、人の心にある悪の部分とかといった意味合いではない場合が多いです。

しかし、一般的に「闇」とだけ表現した場合には、もっと広い意味で使っている場合が多くあります。この「闇」という言葉の意味には闇の存在も含むことがありますが、「陰(いん)」とか「未成仏霊」とか「邪気・邪念」とか「低い波動を多く持ち合わせていること」とか「闇の存在の影響を強く受けている」とかという表現もできるような、上記で表現した「闇の存在」とは違った広い意味も含まれているということです。

これらの闇を持つ存在は、白が光で闇を黒としての色で表現すれば、100%黒ではなくて、必ず白の混ざっている黒に近い灰色とか、白と黒のまだら模様とか縞模様であるとかと捉えられますし、少なくとも3次元の世の地球上で暮らしている地球人類はみな、多かれ少なかれ必ず闇(黒)の混ざった白であるとも捉えられるので、広い意味で言えば、3次元の世の地球人類のすべてのものには、光と闇(陰と陽)が混在しているともいえるでしょう。


*上記の内容は、2009年6月16日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html






スポンサーサイト
スピリチュアル

磯遊び&散歩 ~石垣島ダイアリー~

2010年04月29日
2010年4月29日(木)

曇り

最高気温 24.5度
最低気温 21.3度

今日は午後2時頃の干潮に合わせて
アマンダとデンプと一緒に
午後1時頃に自宅を出て
ピゲカゲ浜へと磯遊びに行きました。

自宅から浜に降りるいつもの小道には
イワサキクサゼミがたくさん鳴いているので
つかまえては手に乗せて遊んでいました。

DSC01271_convert_20100429150138.jpg

子どもたちとゆっくり歩いても
10分ほどで浜に出られるはずですが

DSC01274_convert_20100429150412.jpg

いつも道草をして虫や植物などと
遊んだり観察したりしているので
倍くらいの時間はかかっていると思います。

DSC01276_convert_20100429150606.jpg

干潮近くのピゲカゲ浜は
サンゴがたくさんある所まで
子どもたちと一緒でも
歩いて行くことができるまで干上がります。

DSC01289_convert_20100429150759.jpg

途中にたくさんの黒いナマコたちが
所狭しとくつろいでいる場所もありまして
だいぶ慣れてはきたものの
デンプはナマコがちょっと苦手なため
ギャーギャー騒ぎながら歩いています。

DSC01290_convert_20100429150948.jpg

浜を1km近く北方向へと歩き
県道と浜との隣接する所から県道に出て
帰りは県道沿いを歩きました。

途中に牛たちが
のんびりとして過ごしている
牧場があります。

DSC01292_convert_20100429151146.jpg

自宅までラスト100m地点の急な登り坂が
私にとってはやけに今日はきつく感じましたが
子どもたちは急に走り出して帰宅しました。
約2時間の磯遊び&散歩の時間でした。



☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html





日記

宇宙の願い ~高次の同志からのメッセージ~

2010年04月29日
*以下の内容は、2008年9月22日にタエヌが宇宙の高次元に存在する同志とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

止めることを選択するのもあなた次第。何をするのかはあなた自身が最もよく分かっていることなのです。もちろん、何をするのかを決めるのもあなた次第。あなた以外の何かが否定しても制限しても、すべてはあなたにとっては領域外の参考意見であり、あなたのことはあなた自身がすべて自己責任のもとに決定して選択するものです。それが、今、あなたが最も必要としているスピリチュアルな感覚を養ったり知識を得たり技術を得たりするなどの、スピリチュアルな関係のことを受容するための、もっとも重要な要点ということになります。

今、あなた方地球人類の周囲には、数え切れないほどの高次の存在が、まるで重なり合うように何重にも輪を描くように見守っています。あなた方の振動では見ることは難しいのですが、私たちの存在を信頼しながら意識を集中して心を無にしながら感じるようにすれば、それなりにあなた方の意識の中に、私たちの存在するエネルギーや波動などといったものや、あるいはメッセージや愛の思いなど、何かしらの存在している状況を感じ取ることができることでしょう。

あなた方の多くの地球人類のみなさんから今私たちに対して手を差し伸べようとしても、あなた方の振動と私たちの振動との周波数が合わないために、物質的な存在として感じ取ることは難しいでしょう。でも、私たちの波動を落として振動を大きく荒く修正することによって、あなた方に私たちの姿や私たちの乗り物などの物質をお見せすることは可能なのです。言い換えれば、あなた方の波動が上がり私たちと同じような周波数の音を出すような状態になれば、私たちとは、今のあなた方の地球上の物質や人などに接するように、物質的存在として認知し合うことが可能なのです。

あなた方の地球全体がアセンションすると、地球表面に住むもの全ての波動も大きく変化します。つまり、4次元の世である微細な振動である音と調和するために、意識も身体もすべての物質が変化するのです。そして、その変化をすることによって、私たちとの波動があって同じ波動域に達するために、ごく普通に宇宙ファミリー同志として、まるで兄弟姉妹のように仲良く触れ合うことができるようになるのです。

ただし、そのようになるためには、ある波動域を超えるまでにあなた方個々の波動が高まっている必要があるのです。つまり、地球表面全体が4次元の領域に至った時、波動が低く4次元の領域の波動に適応するため準備のできていない者たちは、瞬時に地球を離れることを選択して、自らが存在できる世に移動する必要があるのです。これはもちろんあなた方の意思でもありますが、宇宙の法則によるものでもあります。波動の法則は絶対です。4次元の世の波動で存在できないような荒い音を発している場合には、存在することが不可能なのです。

4次元の世においても、さらに微細な5次元の世においても、そこには物質が存在します。しかも、今、3次元の世においてあなた方が見たり感じたりしているような物質を同様な感覚を得られますので、硬いとか柔らかいとか色とか香りとかといったことも味わうことができるのです。ただし、いくつもの大きな違いもあります。たとえば、危険を感じるような物質も生物も存在していません。つまりネガティブに感じる物は何も存在していないのです。人の意識も高まるためにネガティブな情緒は存在しませんが、物質自体もその要因となることはありません。肉食の生物や毒虫や悪性のウィルスは存在することができません。危険に感じるような場所も波動域も存在しません。アセンションをした瞬間に、すべてが4次元の世に存在できるもののみが残り変革して存在することができるのです。

4次元の世に残ることができた生物の中には、生態が変わり肉食だった生物が草食になる場合もあります。人ももちろん同様でして、すでに3次元の世でも感じている人が増えているように、肉食をするような必要はなくなり肉食しようとする欲求もまったく表出せず、全ての人が穀物や植物や木の実や果物などを食するように変革するのです。

人の身体自体は、宇宙から与えられる様々な高次の波動のエネルギーを受けながら、4次元の波動域で生活できるように変革します。もちろんあなたの意思でもありますが、ある波動域まで達している魂の肉体は、宇宙に任せていればまるで自動的な感覚で調整されて調和されるのです。

今、こうして世の密度が4次元に移行する直前ではあっても、まだ地球表面上の密度は3次元であるために、意識だけは4次元の世に至っていても、肉体は3次元の密度に適するために波動を下げているのです。そんなアンバランスな状態でもありますから、意識が4次元以上の状態にある人は、そんな状態であることが分かっていない場合に、時によっては体調の不調を感じたり情緒が不安定になってしまったり、愛から発しているのに不安や怒りがこみ上げてしまったりするなどの波動が下がってしまうような状況が生じてしまう場合があります。心当たりのある方は、そのような状態に自分が陥っているものだと意識してみると、ポジティブな状態へと変換することが容易になるはずです。

まばたきをして目を開けたら次の世に変わっていた…あなた方の状況は、そのような感覚であるほんの一瞬のうちに3次元から4次元の世にアセンションします。今、あなたの感じている直線的な時間の感覚では、そのように感じることでしょう。このことをあなた方の経験で例えてみると、ほんの一瞬眠った間に、まるで長い時間眠ったように感じたり、まるで長い時間を経験したような夢を見たり、たくさんの思考をしていたりしたことがあるでしょう。つまり、3次元の世における直線的な時間と無限な時間においての関係は違ってくるということです。そして、今までもあなた方にはパラレルワールドと称されている多次元的な世界も、たくさん平行して存在しているのです。3次元の世は、このパラレルワールドの中でもネガティブな世界の一部が表出しているわけですが、4次元の世はポジティブなもののみの世が表出して、もっとも存在感を感じる現実世界として実感することができるのです。

あなたが4次元の世に移行することができた時、あなたは宇宙とあなたが一体であることを強く実感することができます。そして、地球上に存在しているすべての魂とも一瞬のうちに交信することが可能になるのです。ですから、どの魂が地球以外の世に旅だったのかも同じ密度の地球に残っているのかも、瞬時に知ることができるようになるのです。

3次元の世に存在してカルマを果たし魂の成長をすることを望むものは、すべてが自身の自由意思の選択に従って地球を去ることになります。そして、地球以外の3次元以下の密度の世へと、自らの波動に従って存在を移行するのです。これは、アセンションした瞬間の出来事になる場合もありますし、この先も続くアセンション現象の中において肉体の死を選択することによって移行する者もあります。いずれにしても自分自身の自由意思による選択ではありますが、必ずしも意識上の意思による選択と一致するとは限りません。多くの場合は、3次元的には無意識の領域における自己の魂の意思により選択をした結果となります。

この3次元の世においては無意識の領域である魂の本質や、波動の法則やカルマの法則などの宇宙の法則によるものなどから、この先も4次元の世の地球に存在することを選択するためには、今のあなた方の表層意識において、波動を高めることを選択し続けることが必要なのです。それだけを選択するようにしていれば、何一つ問題なく4次元の世へと肉体も魂もスムーズに移行することができるのです。

私たちの願いは、一人でも多くの地球人類が、前世からの願いを果たして4次元の世に存在することを選択してくれることです。あなた方の描いている天国といわれる世のような素晴らしい世界に、実際に存在して長い年月を自己の意志によっていつまででも過ごすことができるようになるのです。そして、宇宙のすべてとつながっていることを実感することができるのです。

あなたが今後どの世に存在するのかは、すべてが今後まもなくアセンションするその時までの間に、あなたの自由意志による選択内容にかかっているのです。

*上記のメッセージは、2008年9月22日に当ブログで掲載した内容を転載しました。



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html





バックナンバー改訂版

沖縄県民として ~石垣島ダイアリー~

2010年04月28日
2010年4月28日(水)

雨時々曇り

最高気温 22.6度
最低気温 20.1度

私たち家族が
沖縄県民になってから
まもなくひと月が経とうとしています。

移住する前や移住した当初は
書類などに‘沖縄県石垣市’と書くと
なんだかジワ~ンと感激したり
わくわく嬉しくなったりしていましたが
やっと近頃は普通の気持ちで書けるようにもなりました。


私は人生の
約半分を東京都民として
約半分は千葉県民として
今年の3月まで過ごしてきました。

ですからいまだにテレビの画面で
全国版の天気予報を見ると
無意識のうちに東京と千葉を見てしまいます。

アマンダも同じようで
今朝も「間違えて千葉県の天気を見ちゃった~♪」と
なんだか嬉しそうに話していました。

足立区に在住していた頃には
平日でも学校が休みになる嬉しい日だった
10月1日の都民の日は忘れることはないでしょうし

つい先月まで住んでいた
6月15日の千葉県民の日も覚えています。

ところで沖縄県民の日ってあるの?
ふとそんなことを思ったので
たった今調べてみましたら…

県民の日という名称はないようですが
県民の日に相当する日として
5月15日の本土復帰記念日がありました。

1972年5月15日に
アメリカの統治下にあった沖縄県が
日本に復帰したことに由来しているそうです。


いろいろな意味合いで
ここしばらくの間の全国的なニュースとして
普天間基地移設問題が話題になっていますが

私は20代中頃までの都民だった頃も
ついひと月前までの千葉県民だった頃も

沖縄県における地上戦についても
米軍基地問題についても
興味・関心をそれなりに強く抱いていたので

日本国民として
地球人類として
私なりに身近に感じて

ご関係している皆さまや沖縄の地が
この先に少しでもよりポジティブな状況になりますよう
心の中で応援し続けてきました。

でも今、まさに同じ沖縄県民として
より身近な問題として捉え
よりポジティブな状況に至りますよう願い

次の世の黄金時代に向かって
真実の自由と平和に満たされますよう
私なりに光をめぐらせて尽力したいと

なんだかこの文章を書きながら
今あらためて強く思いました。

DSC01260_convert_20100428134058.jpg
~月桃(げっとう)の花です。沖縄ではサンニンとも呼ばれているようです。自宅周辺のあちこちで見かける花です。種は香辛料としても使われ、葉や茎から出る汁は香料や虫よけなどにも使われるようです。 午後1時半撮影~

DSC01264_convert_20100428134250.jpg
~自宅から数百メートル坂道を登った場所から望遠で撮影しました。奥は干潮のピゲカゲ浜。左にある4階建ての建物が自宅マンション。右の建物や屋根周辺が小学校です。午後1時半撮影~



☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html





日記

波動に関するちょっとしたお話

2010年04月28日
たとえばあなたが、親しい知人から心が傷つくようなとても厳しい言葉を言われたとします。あなたは、とても悲しみに感じて落ち込み、怒りもおぼえ恨むようになったとします。その結果としてあなたは、知人の放った低い波動とあなたの感情がネガティブになったために下がってしまった波動とが引き寄せ合い、あなたは知人のネガティブなエネルギーとあなた自身から生じたネガティブなエネルギーとの両方のネガティブなエネルギーを受け取ることを選択したことになるのです。そして、そのまま悲しみや怒りや恨みの感情を持ち続けていれば、さらに継続して波動は下がりネガティブなエネルギーを蓄積させていくのです。

しかし、まったく同じ状況に合った場合、知人から厳しい言葉を言われた時は同様にネガティブな感情が湧き上がったとしても、その直後に自分自身が次のように意識すると、エネルギーは全く違うものとなります。

「知人が何も言ってくれなかったら知ることができなかったけど、思ったことを言葉にして伝えてくれたから知人の状況や気持ちを知ることができたし、私のために話してくれたのだから伝えてくれたことに対しては‘ありがとう’って‘感謝’の気持ちをもとう。そして、もっとやさしく愛を持って伝えてくれれば良かったのに、なんだかイライラしながら低い波動の中でひどい話し方をして‘かわいそうに~’という慈悲の気持ちを持つとともに、もし今後私が同じようなことを人に伝えるときは、感情をネガティブにせずにやさしく伝えるようにしようと‘今後に生かそう’。」

上記の内容のように、意識的にネガティブな感情や捉えかたをポジティブに変換し、実際にそのように思うだけで、あなたが放つエネルギーも、あなたが受け取るエネルギーも、あなたに蓄積されるエネルギーも大きく違ってきます。つまり、あなたがこのように、感謝や慈悲や許しの気持ちを持てた時点で波動が高まるわけですが、相手が低いままでいた場合には、相手の波動を引き寄せることもなくなったり波動が合わなくなったりするために、相手のネガティブなエネルギーの影響を最低限しか受けなくて済みます。また、その後も高い波動になるために、逆にポジティブなエネルギーが蓄積されるのです。

また、相手にとっても違ってきます。あなたの波動が高まったことにより、相手にもポジティブなエネルギーが伝わります。そのため、愛のエネルギーが循環し、相手にとっては癒しとなります。あなたは、あなた自身の領域の中で意識的に波動を高めるために変換したことによって、人を癒すことができるのです。

たとえば、テレビの画面で悲惨な事故現場の映像を見たとします。あまりの惨状に、悲しみやつらさや怒りの感情が湧き上がったとします。その時点で映像の中にある低い波動とあなたの波動とが合うために、ネガティブなエネルギーを引き寄せてしまいます。しかし、直後に「一人でも多くの人が助かりますように」「救助している皆さんに感謝します」「がんばってくださいね」などといった、慈しみや感謝や応援するなどといった愛の気持ちを向けることができれば、映像を通して愛のエネルギーが遠隔で届きます。愛のエネルギーは思うだけで光となって瞬時に届きます。同時に、あなたの波動は高まるために、ネガティブなエネルギーの影響は最低限しか受けませんし、あなたの光が事故現場に関係するものすべてに届き、活力となり癒すことができるのです。

歌や話などを聞いて、ある人は感動し、またある人は何も感じなかったとしても、これは意図的に感動することもしないことも難しいことなので、ナチュラルに感じることが最も必要とされることになるでしょう。しかし、上記に挙げた2例のようなネガティブである感情が湧き上がった場合には、自分自身の領域の中で、意図的に波動を高めることができ、ポジティブなエネルギーとして受容することができるのです。すべては、あなたの領域内における受け止め方次第で、自己解決することができるのです。

このようにネガティブなエネルギー(感情)をよりポジティブなエネルギー(感情)に変換することを、より意識的により多くの場面でより瞬時にできるようになると、それだけでもあなたの魂を向上させることにつながりますし、より習慣化させてポジティブなエネルギーを蓄積しつつ愛の光を放ち続ければ、ライトワーカーという役割においても、世のため人のため地球のため宇宙のためにより大きく貢献することができるのです。

*上記の内容は、2009年月25日に当ブログで掲載した内容を転載しました。



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html





バックナンバー改訂版

エネルギー過多 ~石垣島ダイアリー~

2010年04月27日
2010年4月27日(火)

雨のち曇り

最高気温 22.3度
最低気温 17.5度

昨日の午後のことですが
デンプ(小1仮名3女)の帰宅時間は
いつもより30分ほど遅い3時半頃でした。

帰り際に教室でたくさんの鼻血が出たとのこと。
その処置をしていただいたために遅くなったとのことで
担任の先生からも報告の電話をいただきました。

デンプの帰宅した少し後に
グミ(中2長女仮名)から電話が入り
もう帰るから迎えに来てほしいとのこと。

本来は部活動があって
6時半過ぎのバスに乗って帰宅するのですが
部活動を休んだとのことで

理由は頭がくらくらすることや
軽い頭痛があったからとのことでした。

グミが帰宅してすぐの夕方4時頃には
アマンダ(小4次女仮名)も帰宅しましたが
授業の途中に何度か目がぼやけてしまい
字がよく見えなくなったとのこと。
頭も時々モワモワしたとのことでした。

3人ともそれぞれが肉体的に
不調和を感じることがあったようですが
それでもみんな帰宅してからは
熱も平熱に近い状態でしたし
何だかやたらと元気でして

おやつをぺろりと食べて
娘たち3人ともいつものようにさっさと
宿題をしたりお風呂に入ったりしていました。

夕食もいつも通りに6時頃には食べはじめ
普通に食べていましたが
とにかく3人ともお腹がすいていて
いつもの量では足りないとのことで

私と妻のいつかの昼食用にと思って
前日に冷凍しておいたお好み焼きすべてを
3人でぺろりとたいらげてしまいました。


実際は日曜日から急激に高まっていましたが
昨日も朝からものすごい量の
高い波動のエネルギーを感じました。

ここ2日間に感じた
急激に高まったこのエネルギーは

地球全体にもたらされていたのか
日本近辺なのか
もしくは私たち家族が反応しているだけなのかの
識別がはっきりとはできませんでしたが

娘たち3人も私も妻も
この高まるエネルギーの影響をもろに受けて
肉体的にもそれなりの不調和を感じたことは確かです。

そしてそのエネルギーに肉体が順応した後は
食欲が旺盛になったり
すぐに眠りについて眠りも深かったりして

いつも以上に活力がみなぎり
しっかりと浄化され
今朝もみんなやたらと元気に登校しました。

先生方や友だちには
病気かもしれないからと心配されたり
お気遣いをいただいたりしたようですが

私からはいつものように
急激に高まったエネルギーをたくさん受けたことが
目のかすみや軽い頭痛などの
軽い不調の要因であると感じたので
そのように伝えました。

そんな両面の解釈を
子どもたち個々なりに識別して

友だちや先生の伝えてくれることも
そのお気持ちもポジティブに受け止めつつ

私から伝えられることも実感して
両面の捉え方をポジティブにバランスよく
うまく受容して対応しているように感じられます。


DSC01252_convert_20100427140830.jpg
~ブログの内容とは関係ありませんが…これは‘オオタニワタリ’という食材です。今日のお昼頃に自宅近くの道路端にある無人野菜コーナーにて100円で買ってきました。シダの一種で、葉が成長すると1m以上にもなりますが、食べるのは先端がクルッした出たばかりの若葉の部分です。2日前にはじめて買ってきて、てんぷらにするとおいしいようですが、この時はバターソテーにして塩・コショウ・昆布醤油で味付けをして食べてみました。メカブのようなしっかりとした歯ごたえでもありピーマンにも似た歯ごたえともいえますが、味は甘みがあってくせがなく、とてもおいしかったです♪娘たちにも好評で、2日前に料理した時には、あっという間に全部食べてしまいました!今回はその時に食べそこねてしまったシュー(長男高2仮名)の弁当のおかずとしても、少しは使ってあげようかと思っています~



☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html





日記

タエヌが霊的感覚の中で感じとっていること

2010年04月27日
*下記の内容は、2009年2月26日にタエヌが書き下ろした内容の改訂版です。

守護霊・前世のリサーチ(現在前世リサーチのご依頼はお受けしていません)は、とてもたくさんの霊力を使いますし、私の波動や体調が、かなり高まった状態をキープできる時のみ可能です。なぜ、そんなに霊力を使うのかといいますと、相手の守護霊様や前世と意図的につながってリーディングするために、基本的には相手の一霊四魂といわれる魂本体や内在する神とつながる必要があるためです。そのためには、私よりもはるかに高い波動を持つ、ご依頼を受けた相手を特定してその特定した相手の方の一霊四魂に呼びかけて波動をできるだけ合わせるようにして合わせていただくからです。そして、伝えていただいたことをより正確に読み取るには、右脳や第3の目やすべてのチャクラなどを集中させて、3次元の領域とは違う霊的な領域に入り込み、3次元の世と意識を分離しつつも、顕在意識で認識して言葉にする状態を、ある程度長い時間キープする必要があるからです。

私のリサーチした結果の内容をお知らせする際には「見せてくれた映像は~」「~をしている場面です」などというような表現をしてお知らせする場合がよくありますが、実際は目で見ているのではなくて右脳の奥や上の方などに出てくる、5感に当てはめれば映像としてはっきりと見せてくれたことを描写しているのと同じことなのでそのように表現していますが、実際は目で見ているわけではないので「感じている」というのが適切な表現であるとも思っています。そして、それは微細な感覚における領域なので、思考や自らが描いたイメージなのか、それともインスピレーションなのかというジャッジは一件難しい様にも思われがちですが、私がこれまでの経験によって培った感覚や現段階での自分自身の霊的能力への信頼から、思考やイメージとインスピレーションとを分離して認識していることを確信しています。

ちなみに、上記のような状態の時に、3次元的に言い換えてわかりやすく表現すれば、私は映像を見ています。この映像は、写真のような場合もあれば、短編ドラマのように動いていることや音声が聞こえる場合もあるなど、私が状況をわかりやすいような状態にした映像を見せてくれます。ですから、色が何色であるとかどのような姿でどのような表情をしているかなど、細部にわたって伝えることもよくあるのです。これは、ご依頼いただいた人の状況によって違うので、そんなに詳しく分からない場合もありますし、はっきりと感じさせられる場合もありますが、すべては必要に応じてのことと私は感じて信頼しているために、リーディングさせていただいたまま表現しています。

普段、人と会ったり人を見たり感じたりしての霊視は、私が意図したり3次元的な5感と分離させて感じるように意識したりしなくても、必要な情報は相手から私に伝えられてくるので、私はただ単に「聞き役」であるだけでよいということになり、特別な霊力を使おうとしたり状況をめいいっぱい高めたりしなくても、より純粋な気持ちで愛を持って接するようにすれば、私はナチュラルな感覚の中で教えていただけるのです。

この場合もやはり必要に応じて…ということが基本となるのでしょうが、人によっては見た瞬間にオーラの色も今世の在り方も現段階の波動も状況も前世も守護霊様も瞬時に分かる場合もありますし、何一つ見た目以外には感じられない場合もあります。以前、私の霊的能力がどうやら人よりも高いのだろうと感じた頃は、やたらと人を意識的に霊視したこともありました。でも、今は必要以上には極力しないようにしています。理由は、これも不干渉の法則にのっとっているからです。必要以上に相手を知ろうとすると、自分も同じことをされてしまいます。

直接お会いしてスピリチュアルカウンセリングを行っていた頃の中でも、3,4年ほど前までに何度か経験したことなのですが「私の身体の健康状態を見てください」と最初にいきなり試されるような質問をされたことがあります。たぶん、今ならそのような質問に対しては冷静に対処して、いきなり答えるというよりはそのような人を試したり疑ったりすること自体に対しての根本的な話から入ると思いますが、当時は自分を信頼してもらおうと必死な部分もありましたので、ちょっと力みながら肉体のオーラを見て知らせていました。実は、肉体のオーラはとても感じやすい(見やすい)ので、それなりに正確に読み取って伝えると、みなさん決まって驚くと同時に、その直後から私を信頼してくれて、その後にご相談の本題に入るというパターンでした。同様に「私を見て感じることを言ってください」と、いわゆるシッティングを求められることもありましたが、私にそのように見てほしいという気持ちを持たれた方は、自らの根本的な状況をより鮮明にオーラに映し出してくれるので、やはりとてもわかりやすいという結果になります。

でも、ここ3,4年は、試されるようなことはなくなりましたし、いきなり本題に入る方が多くなりましたので、私としてはお互いにそれなりに信頼関係が保ちやすく、必要以上に知る必要がないために、よりリラックスして感じるままにチャネリングした状態のまま相手に伝えるようにしています。でも、これも人によって違うので、ある人は過去世や今世の状況が伝わってきてズバズバと私が話す場合もありますが、ほとんどスピリチュアルな感覚から伝わってこない場合もあります。そもそも、もうここ1年ほどは基本的に対面によるスピリチュアルアドバイスを基本的にはお受けしていないので過去の話になってしまうかもしれませんが…。

またこれはメールでのやり取りでも同じことでして、相手と対面をしていなくても、必要に応じて感じることができますし、気がつくと相手の一霊四魂とチャネリングしてリーディングした状態で書いていることも少なくはありません。ですから、私はメールを書く時も、それなりに波動を高めてある程度その波動をキープして落ち着いてメールを書ける状態になった時のみメールを書くようにしています。ただし、最初に書きました守護霊・前世リサーチをする時のように、相手を特定して意図的にチャネリングしてリーディングするわけではないので、あのような状態にまで自分をもっていかなくても大丈夫ですので、今日のような感じの時には、それなりに状態を保てるように自分をもっていって仕事に励むようにしています。ちなみに、今、こうしてブログを書いているこの状態も、そんな状況を作ることができたために書き綴ることができています。

霊能者といわれる人の中には「霊能力のスイッチをオンやオフの状態に場面に応じて切り替える」というような表現をする方がいらっしゃるようですが、私は同様の状態を感じつつも、普段の実生活の中においての霊能力のスイッチのオン・オフは、私の一霊四魂が自動調節してくれているものと信頼しています。ですから、感じる必要が生じた時にはその必要性に応じて感じる(霊的感覚の中で見える・聞こえる・味わう・触れる・匂う・香る)ことが許されます。中でも、神様の独特な香りやお姿、いろいろな色や肉体を見せてくれた宇宙存在のみなさん、どれだけ多くの方々とお会いしたかという数はわかりませんがすべての守護霊様のお姿は、本当に感じる(お会いする)たびに至福感を得ることができます。ちなみに妻の感じ方は、見たり聞こえたりしたことはないようですが、匂いや香や味として感じることが多いです。

ちなみに、高低の波動から発されるエネルギーは、肉体の感覚で察知するのがもっともわかりやすいと私も妻も感じていますし、特に低い波動から発されるエネルギー(邪気・邪念など)は、はっきりと感じ取ることができると自負しています。(特にこめかみや後頭部、第3・4を中心とした各チャクラは敏感に読み取って顕在意識に伝えてくれます)

神道フーチによる神社リサーチに関しましては、紙に書き記した相手の情報をもとに神道的な儀式の中で相手の一霊四魂とつながり、割り出した神社へとフーチを通して1件1件訪ねて、神社とかかわりのある大神さまとつながることによって、ご依頼者様との関わりをお伺いするというやり方で行っています。そのためには、お知らせいただいた住所近辺の地図を探して特定したり周囲にある神社を調べたりするなどの準備に時間がかかりますが、やはりメールやブログを書くときと同様に、それなりに自分の波動を上げた状態で落ち着いて取り組める時間さえ確保できれば、リサーチを行うことができます。

遠隔ヒーリングは、妻が1日の中でうまく調整して波動を高めて落ち着いた状態にて仕事を行える時間帯を作っているので、必ず妻がご依頼を受けている期間中は毎日もれなく行うようにしています。私は、よりエネルギーをたくさん必要とする時や除霊やかなり厳しい状況の方にヒーリングを行う時、また、リーディングを依頼された時などといった必要に応じて妻にプラスして行うようにしています。

私は特にここ1年ほど、こうしてブログを書く際に、時には高次の方の名前まで知ることを許されるのでその際には書き表しますし、どのような存在であるかという大まかなことを伝えられた場合にも書き表しますが、実際はなるべく分離しないで、今回もそうですが自分に降りてきた高次からのメッセージや感覚などのインスピレーションの大小に限らず、できるだけ私の顕在意識の中で整理するようにして、私の名で書くことを望むようになりました。もちろん必要に応じてより最良の状態を望んでいるということは常に意識しているわけですからケースバイケースということになりますが、私が書き表すブログの内容に対する責任感は、やはり私が書いたという文章表現の方がより強く自己責任を持てるということも理由の1つであろうと感じます。でも、どなたからのメッセージであろうと、何を転載したかとか参考にしたかとかといった内容であっても、同じように私のブログに載せた以上、すべては私の自己責任によるものであるわけですから、そのように自覚して公開している次第でもあります。



*上記の内容は、2009年2月26日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html







バックナンバー改訂版

浄化現象 ~石垣島ダイアリー~

2010年04月26日
2010年4月26日(月)

晴れ時々曇り

最高気温 27.9度
最低気温 23.6度

私は石垣島に住むようになってから
夜中にトイレへ行く回数が増えました。

以前は一晩で1回行く程度でしたが
多い時には4~5回
少なくとも2回は行っていました。

先日のレイキに関するQ&Aにも書きましたが
このようないつも以上に排泄をする現象は
肉体的な浄化の急激な促進のためであると
私は認識しています。

でもやっとここ数日は
いつものように1回に留まっていますので
この急激な肉体の浄化現象も終わりに近づき
普通の感じに戻ってきただろうとも感じています。


もう1つやはり浄化現象の1つと感じていることは
やたらと過去の体験をもとにした
夢を多く見るようになったことです。

1,2年ほど前までは時々あったことでしたが
夢を見て過去のしまいこんでいたことを思いだし
夢の中もしくは起床してから
ポジティブに変換することで浄化していました。

昨日の夢は
私が学生時代に遊びとバイトをやりすぎて
学業をおろそかにしたことが理由で留年をしましたが

その頃の自分に戻っていまして
このままでは単位が取れないから
卒業して教員免許状をもらえない…
そうすると教師になることができないと
少し落ち込んでいました。

でも(夢の中で)考えてみたら
今は教師を辞めたのだし
もう教師を職業にする気持ちはないから関係ないと思い

やっぱり卒業しなくても良いという結論に達して安心し
この夢は終わりました。


私なりに今生のお役目として感じている今のお仕事を
わくわく感に任せて
精一杯に尽力し続けているつもりでいますので

実際には経済的にかなり厳しい現状にある中でも
いつものように「なんくるないさ~(なんとかなるさ)」と
宇宙にお任せをしているつもりでいましたが

今のような生活は変えてでも
今のように仕事はできなくなっても…

教員免許状を活用してでも
お金を得ることを第一の目的として
どこかに就労しないといけないかな~と

自分にとっては過去の栄光として
もうとっくに捨て去ったつもりでいた道を
また再び歩むことに対して

本来のわくわく感などほとんどない中で
「家族が普通に暮らしていくためには仕方ないことなのかな~…と」
ちょっと真剣に考えてしまったことでネガティブなエネルギーが生じてしまい
このような夢になって出てきたようです。

また時々ふと思っていたことですが
なにもお金をすべて使い果たしてまでも
一気に石垣島まで移住しないで

千葉県の海の近くだって
素敵な場所はたくさんあるのだから
本当はそれでも良かったんじゃないのかな~…

こういったような
経済状況優先の思考や
後悔のようなネガティブな感覚も
時々ふと浮かんでいたのも事実でした。

でもこのような葛藤は湧き上がるたびに
ポジティブに変換していたので
ほんの一時的なことであるつもりでいましたが…


しかしこのような夢を見たことで

「ここまでくることができたのだから
もう後戻りすることなどは考えない!」

「わくわく感に従い、前に向かって歩み続けるのみ!!」

そう意識の中でポジティブに変換して
いつものように朝のお祈りをしたり
朝食を作ったりしていたら

子どもたちが起きてくる頃にはすっきりとしていて
今日も家族みんなと一緒にさわやかな気分で
朝食を食べることができました♪

DSC01250_convert_20100426103824.jpg
~東シナ海と川平湾 AM10:30 自宅マンジョン屋上にて~

*ちなみに、私と妻とで行っている朝のお祈りは、オリジナルの祈り方、既存の祈りや真言、自分自身の願いや高次元のエネルギーなど、自分自身や家族、そして地球人類や宇宙のすべてのものに対して、私と妻なりに、その時点でやりたいと感じているやり方でお祈りをして、私たちなりに愛をめぐらせているつもりでいます。

過去に掲載した記事です→「朝のお祈り」2009.4.7


☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html






日記

ヤエスベコフからのメッセージ

2010年04月26日
*以下の内容は、2008年9月12日にタエヌが宇宙の高次元に存在する同志とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

光り輝いているあなた方の魂の中でも、最も美しい光を放つのが愛の光であります。何万光年もの彼方から私の送るこのメッセージが届くように、あなた方の愛の光も、私たちのところまで、それはそれは美しいオーラの色とともに、鮮明な光とそれにともなう素晴らしいエネルギーとともに送り届けられ感じることができます。

あなた方の住まう地球には、何万光年もの彼方から、たくさんの宇宙存在たちが飛来してきています。もうすでにご存じの方もいらっしゃるでしょうが、その数たるや、あなた方の想像を絶するような数に至っています。

あなた方に知られているシリウスやオリオンやエササ二やプレアデスや太陽系の惑星などといった、古くから地球人類との密接な関係のある星からやってきている者もありますが、それ以外にも、たくさんの惑星からやってきています。

ふと、あなた方が空を見上げてみても、何もそのような存在が確認できないかもしれませんが、それは周波数が合わないのですから当然のことです。私たち宇宙存在は、あなた方の波動領域に入っても、私たちの微細なる振動で存在するために、あなた方の視覚では確認しずらい状態を保っています。ただし、あなた方がこのような波動の状態で我々の存在を捉えようとすれば、あなた方の感覚的な心の目で捉えることは可能なのです。逆にいえば、私たちの波動を下げて荒い振動に変えれば、あなた方の視覚によって見て確認することも可能なのです。

ちなみに、私たちにとっては、あなた方が私たち宇宙存在を見ることができたか否かということは、それほど意味を成すものではありませんが、今の時点のあなた方にとっては、とても衝撃的であり大きな問題を引き起こすものとなることも十分存じ上げています。

あなた方は、目というものを使ってみることがすべてであるという、古くからの人間の思い込みや間違った教育や習慣によって、本来持ち合わせている心の目で見ることを忘れさせられています。この、心の目とは、あなた方が本来持ち合わせている、第3の目ともいわれる霊眼のことです。

第3の目とは、あなた方の額にあるチャクラが多いに関係しますが、額の奥に実際にあなた方が知っているような目があるわけではありません。主に、このチャクラにおいてそのエネルギーを感知するということですので、物質的なものがあるとか、額のあたりで見えるとかといったものではありません。実際は、ハートチャクラがあなた方の知覚にて感知させる役割を示しているために、第3の目で感じた情報を中心に体の細胞全体で感じた事や波動やオーラの領域で感じたことなどのすべての感覚における総合的な情報をハートチャクラにて統括して、あなた方の右脳に送られるのです。そして、あなた方は主にこの右脳によって視覚的に捉える事が出来るのです。

このような、視覚的に捉えることもそうですし、チャネリングによるメッセージに関しても同様ですが、あなた方が信じている目や耳といった器官を使って捉えるような感覚とは同じ感覚ではありません。とても、微細な波動によるものですので、3次元の領域にある肉体においては、あなた方の意識における五感によるようなはっきりとした捉え方をするのは難しい場合が多いのです。

それでも、あなた方の意識において、リラックスした状態で自分自身の感覚を信頼し高次の存在を信頼しハートチャクラや右脳に意識を傾ければ、それなりに霊的に敏感になっている方や魂の目的に沿った生き方による経過の中においてこのような情報が必要であるとみなした場合など、あなた方や周囲の者にとって必要な情報を得ることができるのです。

ただし、見よう、感じよう、聞きたいなどといった情緒が強すぎてしまうと、その波動が荒い波動になってしまうために、あなた方の感覚的な能力が低下して、高次の波動と合わなくなってしまうために、本来は必要な情報であったとしても、あなた方が感じ取れなくなってしまいます。もちろん、信頼が薄い場合、つまり疑いという低い波動が発生するために、同様なことが生じます。

私は今どんな目的を持って生きていけばよいのだろうか?次はどのような行動をとることが必要なのか?私にできることって何なのだろうか?などといった、愛を深めめぐらせたいという純粋な動機からこのような疑問が生じた場合には、高次の存在は喜んでその答えを導くための教えを、あなた方に伝えます。伝え方はその時々にもよりますし、あなた方の目覚めの度合いにもよりますが、もっとも適した方法で伝えようと努めてくれます。ただし、依存心を強く表出させると、やはり低い波動が発してしまいます。時には明確な答えを知らされることもあるでしょうが、あくまでもあなた方の自由意思による選択が必要になりますので、ヒントとなるような参考程度のものとか、インスピレーションによる感覚的なものとか、抽象的なものとかといった感じのことが、メッセージの内容としては多くなります。

今、アセンションを目の前にして、一人でも多くの同胞が宇宙親交の仲間入りをしてくれるように、私たちは願っています。あなた方地球人類に対して、私たちは惜しみない愛を捧げ、あなた方の目には見えないところで様々な支援をしてきています。あなた方は、自分の波動領域におけることに関して、あなた方の自己責任のもとに自由意思にて解決していく必要があります。私たちは、私たちの領域内で、できる限りのことを施しています。お互いの願いはいつも一緒です。愛を広めて分かち合い、自由と平和のもとに何もかもが統一されて共存し合い助け合っていくこと。

あなた方も私たちも、同じ宇宙における家族であるという、私たちにとっては当たり前である思いを、あなた方も普通に感じてお互いが信頼できる関係になることを、私たちは切なる願いとして、そして、まもなく実現する真実になることとして、その時を心待ちしています。

*上記のメッセージは、2008年9月12日に当ブログで掲載した内容を転載しました。



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html


バックナンバー改訂版

日本一小さいセミ‘イワサキクサゼミ’ ~石垣島ダイアリー~

2010年04月25日
2010年4月25日(日)の天気予報

晴れ時々曇り

最高気温 26度
最低気温 21度

自宅からピゲカゲ浜へと向かうには
家の近くの県道を
数百mほど下ったあたりを左折して

サトウキビ畑や雑草や林の中を抜ける
車がぎりぎり一台が通れるくらいの小さな道を
500mほど歩いていきます。

その小道を歩いていると
たくさんの生き物たちと
出会うことができますが

今回紹介します石垣島の仲間は
‘イワサキクサゼミ’という名の
日本一小さなセミです。

DSC01227_convert_20100425114450.jpg

全身は黒で金色の微毛があり
腹部はオレンジ色で
翅の脈は美しい緑色をしています。

体長は2cm前後で
餌はサトウキビをはじめとする
イネ科の植物の汁です。

DSC01224_convert_20100425114257.jpg

草むらの中で「ジー」とか
時々「チッチッチ」とかと鳴いていますが
千葉にいた頃に聞いていた
秋の夜の虫の声にも似ています。

小道の脇の葉にとまっていたクサゼミを
デンプとアマンダがつかまえて
手に乗せてみましたが逃げようとはせず
しまいには手につかまったまま鳴き始めました。

DSC01241_convert_20100425114810.jpg

今日もあちこちでにぎやかに鳴いていますが
例年2~3月頃から現れはじめて
8月頃まで鳴き続けているようです。



☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html






日記

「物質」と「波動によって生じるエネルギー」との関係

2010年04月25日
《物質には波動によって生じるエネルギーを付着させて蓄積させる力》があります。ですから、波動の高い場所にある物質には波動の高いエネルギーが蓄積されますし、波動の低い場所にある物質は低い波動のエネルギーが蓄積されていきます。建物や壁などの、物質に囲まれて気の流れが滞っている場所も同様にエネルギーが蓄積されます。

《物質には波動によって生じるエネルギーを媒介する力》もあります。物質を媒介とすることによって、エネルギーをその物質を通してより強くよりピンポイントに集約させて放つことができます。

上記で述べたエネルギーに対する物質の2つの力を、現実的なことでいくつか例えてみます。

神主さんや巫女さんなどの神社を管理している人が神様とより深く通じあうことができていたり、参拝する人の信仰心が篤かったりする神社などの神様と通じ合っている神社には、「神柱(かんばしら)」といわれるパイプが立ち、神社と神様がしっかりとつながっている状態が保たれています。そして、この神柱を通して常にご神気を与えられているために、壁や木などによって囲まれている神社の境内や、ご拝殿やご本殿などには、たくさんのご神気が蓄積されて高い波動を保っています。また、神社は神様と通じる窓口にもなっています。本来はどこにいても、神を信頼してお祈りをすれば神様とはより通じることができるのですが、3次元の世の人は物質的シンボルがあった方が、より実感したり信頼したりする人が多いので、神社はそういった役割もはたしています。

多くの方が身近に置き使用している携帯電話や固定電話やパソコンは、もっともエネルギーを媒介する物質としては一般的ですし、とても影響力の大きい物でもあります。たとえば、メールを打ちながら相手のことを思います。それだけで、相手との思念や波動がつながります。そして、メールを相手に送った時点で、神社に例えるとまるで神柱のようにパイプができるのです。そして、送ったメールも物質ですから、送った人の思念や波動がそのままメールに付着します。さらに、その文字霊の力も加わります。そして、そのメールと送った人とのパイプがつながっているために、送られたメールを消さない限り、ずっとその送った人のエネルギーもつながって送られている状態になります。たとえば電話で話をする場合は、直接会って話した時と同じくらい、相手や相手のいる場所の波動を受けます。そして、電話を切った後も、電話には自分や相手の波動が残ります。

水晶は、宇宙エネルギーや地のエネルギーなどの中でも高い波動のエネルギーを吸収して放つ力を持っています。ですから、永久的に高い波動のエネルギーを保ち続けることができるのです。また、低い波動の場所や人などのエネルギーを吸収し浄化する力もあります。水晶はこのようにエネルギーを放つ力と吸収して浄化する力を持っていますが、生命体のように波動に合わせての個体として変化する力は乏しいために、時にはそのエネルギーの大きな高低のギャップから、ひびが入ったり破損したりすることもあります。また、ブレスレットやネックレスの場合は、水晶をつなげるワイヤーやゴムや糸などが切れる場合もあります。ただし、単なる物にぶつかるとかこすれるとか傷むとかといった物質的な衝撃を受けて破損する場合もあるので、破損したからといってすべての要因がエネルギーの関係していることではありません。

その他には、磁場、家やビルなどの建物、テレビなどといった身近な物質も、エネルギーを媒介したり蓄積したりしています。

このような様々な物質が存在している3次元の地球上において、これらのあらゆる物質の中で、最も万能であると思われる物質は人間の持つ肉体です。エネルギーを蓄積しやすい反面浄化もしやすく、自ら発する波動によって周囲の波動を引き寄せることによってエネルギーの影響を受けやすく、あらゆる波動の媒介になることができて、高い波動のエネルギーでも低い波動のエネルギーでも両方のエネルギーを、意図的でなくても意図的にでも発することができるという、とても優れた物質が人間の持っている肉体なのです。

人の肉体はその人の顕在意識、行動、言葉、情緒など、あらゆるエネルギーの媒介となってエネルギーを発します。また、そういったことから発されたエネルギーを蓄積しています。さらに、身を置いている場所、5感によって感知しているすべてのことなどから受けているエネルギーも蓄積しています。

このように、人の肉体には、様々なエネルギーが蓄積され与えられ続けていますが、同時に浄化もなされているために、常に変化し続けています。これは、肉体とか精神とかのオーラにも反映されますし、魂の状態にも影響を与え続けていますので、人の状態は常に変化し続けているということになっています。

たとえ意図的であってもそうでなくても、日常生活の中で、より高い波動のエネルギーの媒介となり、より高い波動のエネルギーを蓄積していると、肉体という物質自体の波動も高くなります。肉体は常にその波動によって変化し調和させるように、人の意識には関係ない無意識の状態でも努めています。そして、より高い波動のエネルギーを蓄積すればするほど、より物質的状態が調和され、より精妙な状態になるために感度もよくなり、低い波動のエネルギーに対してはより浄化力が高まります。

これは、魂の入っている物質である生命体のすべてにも当てはまりますが、生命体ではない物質との大きな違いは、エネルギーに対してとても敏感に物質が変化しやすいということです。そして、それは魂の高さや大きさとも関係しているために、地球上でもっとも大きい魂が宿っている人間の肉体は、地球上の物質の中では最もエネルギーに対してより敏感に精妙に変化して調和を保とうとする優れものであるということになります。

肉体の不調和が生じてしまったことによる代表的な状態を、一般的に病気と称されています。このような肉体的な不調和を生じるための要因としてもっとも多いのは、その人の蓄積しているエネルギーの状態が、よりネガティブなものであるためだけの場合もありますが、実際に大きく左右するのは、その人の持っている魂の大きさや質や転生した目的といった魂の状態と、その時点において蓄積しているエネルギー(波動)の状態のギャップの大きさによるものです。

つまり、そのギャップが大きいほど肉体の不調和を起こしやすいということになります。ただし、カルマなどの宇宙の法則によるものや、必要な学びを得るための意図的なものである場合もありますので、すべてが、この要因であるとはいえませんが、病気といわれる状態になるための要因としてもっとも多い要因であるということになります。

たとえば、今世の転生した目的が、アセンションに向けてライトワーカーの指導的な立場として、多くの人の波動を高めてスピリチュアルな目覚めのサポートをするというような、魂のとても高い状態で光を多く放っていて地球や宇宙に対する貢献も大きいはずの人が、まだ自分のわくわくする道を歩む状態に至っておらずに、たとえ3次元的な人としては一般的に普通な道を歩んでいたとしても、アセンションを目前とした今の時点では、より早い気づきや目覚めを得るために、魂と現段階との大きな波動のギャップから、健康を損なうことによって学び気づきを得るためのチャンスを与えられている人もいます。

たとえば、魂の状態がそれほど高くなくて、人を意図的に傷つけるようなことしないことが今世に転生してカルマを果たすということが魂の目的だった場合、その人が今世において盗みや詐欺の犯罪を繰り返したとしても人を意図的に傷つけさえしなければ、その人の今蓄積されている波動と魂との波動のギャップがそれほど大きくなかったり、今世における転生した目的からあまりずれていなかったりするのであれば、肉体的には健康といわれる状態である人もいます。

今回のこの物質とエネルギーの関係のお話の最後に「物質に蓄積された低い波動のエネルギーの浄化方法」に関して、いくつかの例を挙げて述べることにより、しめくくりといたします。

ある程度物質から離れた状態にある大気中のエネルギーは常に調和されています。宇宙から降り注ぐエネルギーは、日増しに強く高い波動のエネルギーへと変化し続けているので、大気中のエネルギーはとても高い波動を保っています。太陽や月から与えられているエネルギーも同様です。また、常に大気に触れているような、地球や宇宙の高い波動のエネルギーの媒介になっている植物や土や石や海や川といった水なども、同様に高い波動を発しつつ保っています。

人の肉体は波動の媒介となったり蓄積したりするので、もっとも簡単な方法は、このような高い波動の場所により長い時間身を置いて過ごすことです。もちろん、ただ身を置くだけでもより波動が高まって浄化されますが、さらに効果を高めるには、波動の高い場所において、充実することや楽しめる事やわくわくすることなどといったポジティブな意識をもつことができるような状態でいられると、波動の法則によってさらなる高い波動のエネルギーを与えられるようになります。

物質をできるだけ外気に触れるようにするだけでも違ってきます。太陽や月の光を浴びるだけでも違います。また、部屋を換気するとか光を与えるとかといったことは、大気のエネルギーを室内に与えるといった波動を高めるためにはとても大切なことになります。

人の肉体に蓄積された低い波動のエネルギーを、肉体という物質から分離して大気のエネルギーによって浄化する方法もあります。例えば、深呼吸をすること、軽い運動をすることなどです。また、浄化力の高い物質によって体外に出すこともできます。例えば水分をたくさん摂るようにして排泄物や汗という物質で体外に出すとか、入浴して汗をかいたり体をよく洗い流したりすことによって、水のすぐれた浄化力を利用するのも効果的です。また、お祈りや言霊や真言やお題目を唱えることなどによって、高い波動のエネルギーを意図的に肉体へと取り込むことにより、低い波動のエネルギーを肉体から分離して浄化させる方法もあります。

もっとも大切なことは、肉体に高い波動のエネルギーを蓄積するように努めること。同時に肉体に低い波動のエネルギーを蓄積しないように努めること。できるだけ高い波動のエネルギーの媒体となれるように努めること。同時にできるだけ低い波動のエネルギーの媒体とならないように努めること。


*上記の内容は、2008年11月27日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html





バックナンバー改訂版

‘ムスビ’を大切に ~石垣島ダイアリー’

2010年04月24日
2010年4月24日(土)

雨のち曇り

最高気温 23.4度
最低気温 17.6度

空を眺めていると
白銀色の光が
キラリ☆キラリと光ることがあります。

この光は
小さな粒状の場合が多く
一瞬の輝きで消えることが多いのですが
時折少し長く輝いていることもあります。

とても強く発光する場合もあれば
微細な光の場合もありますが
はっきりと認識できる場合が多いです。

このような現象は
ここ4,5年の間はよくあることですが
今日は特に多くの光を感じました。

この光は
とても高い波動の
高次元の光であると認識しています。


空を眺めているとはいっても
実際には同時に海を眺めたり
大地を眺めたりもしているのですが

キラリと光るのは
ほとんどの場合が空のどこかです。

今朝は石垣島の海や緑と一緒に
空に輝くたくさんの光も眺めていると
「‘ムスビ’を大切に」という言葉が入ってきました。

この‘ムスビ’とは…

人との縁の結び

今の世との結び

今存在している大地との結び
空との結び
海との結び
つまり地球との結び

すべての魂との結び

そして大宇宙との結び

宇宙のすべてと我とは
深い領域ではしっかりと結ばれていて

決して離れることなく
お互いを必要とし合い
お互いが助け合っています。

もちろん神とも結ばれていて
我は神の一部でもあります。

すべての存在は
全知全能の神の一部なのです。


‘ムスビ’により
宇宙のあらゆる法則は
完璧に成り立っています。

愛は愛を引き寄せ

愛をめぐらせれば
愛が返ってくるのです。

孤独を感じて憂えたら
‘ムスビ’を思い出して
元気になってください。

困っていると感じたら
‘ムスビ’を思い出して
必ず解決できると信頼してください。

宇宙のすべてと我とは
強く深く結ばれているのです。

DSC01191_convert_20100424091403.jpg

DSC01194_convert_20100424091910.jpg
~霊眼を開きながら曇り空に輝く光を撮影しようとしましたが…単なる曇り空ですよね~ AM9:10~

☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html





日記

肉体とスピリチュアルなエネルギーとの関係 

2010年04月24日
先日、レイキの遠隔伝授を行った方からいただいたご感想とご質問についての内容です。

この内容は他の方からいただいた疑問にも当てはまりますし、レイキの伝授を受けているか否かには関係なく、スピリチュアルなエネルギーに関することや、エネルギーと肉体との関係の説明としても当てはまるかと思いますので、ブログで掲載することにしました。

ちなみにこの方ショコラさんは、エネルギーに対してとても敏感な方ですので、いろいろと感じられたようです。でも、実際には遠隔でも直接でも同じですが、レイキの伝授を行っても特に何も感じられない方もいらっしゃいますし、さあまざまな映像や色を見たりいろいろな感覚などを感じられたりする方もいらっしゃいます。これは、人それぞれの個性によって違いますので、強く感じたか否か、何かが見えたかどうかなどといったことと、レイキの伝授がきちんとできたかどうかとか、ヒーラーとしての能力があるかどうかとかといったこととは、あまり関係はないことであることはご了承ください。


Q.遠隔なのにどうしてこんなに実際感じられるのだろうと不思議になるぐらいエネルギーを感じ、タエヌさんが言っていた遠隔も直接も変わらないといっていた意味がよくわかりました。

最初の15分はものすごい鳥肌のさざなみが足のほうから頭へ、そして(横になっていたのですが)お布団側の下のほうから上にも鳥肌が波のようにたちビックリしましたが、素敵な音楽を聴いたときになる鳥肌のような感じで、リズムはシンフォニーのように穏やかでした。

次の15分は頭のほうからエネルギーの通り道が足のほうへ抜けるのを感じ、なぜか胃がきゅるきゅる、きゅるきゅると音をずっと鳴らしていました。(これは最後までずっとでしたが何か意味があるのでしょうか?最後のほうは胃が温かくなるのを感じました。)

またトイレがすごく近くなり、5分間の休憩のたびにトイレに行っていました。これにも意味があるのでしょうか?

伝授が終わってすぐに自己ヒーリングをやってみました。頭部はあまり感じられなかったのですが、喉のチャクラから尾てい骨のチャクラまでものすごく温かくて、きもちい~という感覚があり、ほんとに使えてるんだ私・・・!?と変なのですが驚いています。

頭部があまり感じられないのはなぜなのでしょう?
頭部のどこかが悪くて(特に今現在悪いところはありません)感じられないのか、もしくは異常がないから感じられないのか?
ただ、感じられないだけなのか・・・???まだ扱いはじめたばかりだからか?教えていただけるとうれしいです。

また質問ばかりですみません。よろしくお願いします!


A.レイキのアチューンメントをさせていただきながら、ショコラさん(仮名)がとてもエネルギーに対して敏感なことや、癒しのエネルギーを多く発する方であることを実感しました。メールの波動からも感じていましたが、これまでの過去世において何度もヒーラーのようなことを経験されていて、今世でもその特性を開花させる転機が訪れたために、こうしてレイキのアチューンメントを受けるに至ったと感じます。このような必然の中で私を選んでいただけたことに、あらためて深く感謝の意を表します。

アチューンメントをしている最中に、私は時々お腹のきゅるきゅるが始まりますし、しばらく続くこともあります。同じくティーチャーである妻も同様のようです。直接アチューンメントをした時にもお受けいただいている方から何度かお聞きしたこともありますし、実際にアチューンメントをしている最中にお腹の音が聞こえてくる場合もあります。また、ヒーリングをしている時にも時々あります。この要因は、全身のエネルギーが活性化されていく中で、特に胃のエネルギーが活性化された場合に起きる現象であると私は感じています。

トイレに多く行くということもよくあることです。これは、肉体の自然治癒力が活性化されるために、体内の浄化作用が促進されているためです。浄化期間中は特に水分を多めに摂るようにとテキストに書いてあったかと思いますが、体内の浄化作用が一気に進むと、排泄したり発汗したりして、体内にあるネガティブなエネルギーや余分な物質を外に出すことがよくあります。ですから、そのような作用を促進するためにも、水分を多く摂ることが必要になります。

手のひらのこれまで以上に感じられる温かさは、レイキのエネルギーによるものであると捉えて下さい。これは、意識してもしなくても同様です。ただし、常に感じられるとは言い切れませんが、特に意識していなくても、ふとした時に感じることはよくあります。これが、日常的になるとあたりまえなこととなっていきますが、それでもヒーリングを行っている最中やその前後には温かく(時には熱かったりピリピリと電気が走るような感じであったりするなど)感じることが多いです。また、エネルギーの強い場所に行くと感じる場合もよくありますが、これは個人差があるので人によっても違います。でも、たとえ手のひらに特別な感覚がなくても、レイキのエネルギーの量や質とは関係ないので、そのような場合でもネガティブに考える必要はありません。

同様に、その時にどのように感じられるかはその時点の状況によって違うので、その時点では頭部に何も感じられなくても、次は逆に頭部に強くエネルギーを感じられるといった場合もあります。つまり、今回はただ感じられなかっただけ・・・というように軽く捉えて良いかと思います。

レイキは根本を癒します。ですから、本人の自覚がなくても、必要な場所に必要なエネルギーが届きますので、たとえ本人の自覚がなくても、レイキは確実に届きます。ただし、それがすぐに効果として表れるか否かとか、感じられるか否かというのは、ケースバイケースとなりますので、ヒーラーはレイキヒーリングを大きな愛を持って行うことのみに尽力し、結果はどのようになってもポジティブに受け止めるよう意識されることが望ましいです。

以上です。
ご参考ください。

2010.4.24


☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html





スピリチュアル

かわいい野うさぎ ~石垣島ダイアリー

2010年04月23日
2010年4月23日(金)

曇り時々雨

最高気温 22.8度
最低気温 19.0度

ここ数日間は南風が強く吹く中
汗ばむような夏日の気温が続き
5月下旬の暖かさだったとのことでした。

しかし深夜から明け方にかけて
風は北東の風へと変わり
今日はここ数日に比べて
一気に6~7度ほど下がっています。

海も荒れ模様ですが
石垣島一帯は
周囲がサンゴ礁に囲まれているため

外海が荒れても
サンゴ礁が防波堤になってくれます。

写真の白波は
サンゴ礁のある辺りにできていますが
岸から100~200mほど沖合に位置しています。

DSC01180_convert_20100423114941.jpg
~自宅ベランダにて午前10時頃撮影~

先ほど川平の町中にある
郵便局に行ってきましたが
帰宅途中のガードレール下にいた
かわいいうさぎと出会いました。

ドライブする時も散歩する時も
いろいろな仲間たちに出会えることがあるので
このような出会いも大きな楽しみの1つとなっています。

そんな石垣島の仲間たちを
写真に撮影して
ブログで紹介したいと思っていますので

出かけるときには
デジカメを用意するようにしていますが
野うさぎを撮影できたのは初めてでした。

シロハラクイナやオオクイナ
カラスバトやキンバト
クジャクやリュウキュウイノシシなど

実際にはまだまだ他にも
撮影して紹介したいと願っている
たくさんの石垣島に住む仲間たちがいます。

DSC01185_convert_20100423115140.jpg
~自宅から2kmほど離れた県道沿いにて午前11時頃撮影~


☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html






日記

人の波動を高めるために必要なこと

2010年04月23日
人の発する波動を、次のような観点で見ると大きく2つに分けることができます。

1つは、「情緒や思考や意識や肉体の状況などによって‘瞬時に変化する波動’」です。楽しい時、嬉しい時、充実していると感じている時、感動している時、幸福感を味わっている時、肉体を休めている時、ほどよい運動をしている時、健康であると感じている時などは、とても高い波動を発しています。逆に、悲しい時、苦痛を味わっている時、不安や心配な時、怒りに満ちている時、恐怖を感じている時、過酷な運動をしている時、痛みを感じている時、病気であると感じている時などは、とても低い波動を発しています。高い波動とは、とても微細な振動(音)を発しますが、低い波動はとても荒い振動(音)を発します。

例えば人との会話を楽しんでいる時、突然他の人が割り込んできて話をしてきたことに対して怒りを感じるような場合、楽しんでいた時の高い波動が、怒りを感じて強まった瞬間に、とても低い波動へと変化してしまいます。また、例えば楽しい計画を考えて波動が高まっていた時、ふと不安がよぎって不安がめぐるような計画を思考によって深めていった場合、取り越し苦労の中で波動を思い切り下げてしまいます。過酷な運動、睡眠不足や食事の乱れなどの肉体的なネガティブな状況があっても、その状況に合わせて波動は下がってしまいますし、肉体を酷使した後にほどよく休息をとれば波動が高まります。このように、情緒や思考や肉体の状態によって、波動は毎瞬変化します。

そしてもう1つは、その人自身が「今世の人生において様々な経験によって積み重ねてきた‘総合的な波動’」です。この総合的な波動は、様々な経験や習慣による積み重ねたことにより身についている波動なので、瞬時にはそれほど急激に変化するものではありません。

例えば、常にネガティブに物事を捉える習慣が身についている人が、とても嬉しい場面に遭遇して波動が瞬時に高まっても、それ以外の場面ではネガティブ言動や思考を続けていれば、総合的には低い波動を積み重ねていくことになります。例えば、ひとつの悲しいと感じることがあって波動を下げてしまっても、日常的にはポジティブな思考や意識を習慣づけているために、悲しみを乗り越えてポジティブなものに変換させたり、ひとつのネガティブなこと以外をポジティブに過ぎすようにしたりしていれば、総合的な波動は高いものになります。より健康的な実生活を送り続け、肉体的にポジティブな状態を保っていれば、肉体の波動も高まり、高まるにつれてより繊細になっていきます。


波動は、エネルギーに敏感な人にとっては、振動(音)として感じることができます。例えば自分よりも極端に波動が低い(荒れている)人や場所に接すると、私の場合を例にして肉体的に分かりやすく感じるのは、皮膚がビリビリするとか、頭痛や腰痛のような軽い痛みを感じるとか、吐き気がするとか、みぞおちの辺りが重くなるとか、脱力感に襲われるとか、寒気や身震いがするとかといった感覚になることがよくあります。

また、霊的能力の強さを発揮しているような人には、オーラとして霊眼により見ることもできます。オーラの大小や色の鮮やかさやくすみやオーラに記憶されているあらゆる事実は、言葉や表情でどんなにごまかそうとしたり表現を抑えたりしようとしても、波動としての振動やオーラには顕著に表れます。

そして、たとえ振動(音)としてはっきりと感じられなかったりオーラの色として見えなかったりしても、相手や場の状況を、感覚的に客観的で総合的に判断できる人には、雰囲気とか気配とか直感とかといった感覚によって、読み取ることができます。また、情緒や思考などといった表面的な波動も、その人自体の総合的である波動も、最もわかりやすく表面的に表れるのは目です。人の目を見れば波動もオーラもわかります。ですから、人の目を見て話をしたり聞いたりすることは、より真実をわかりあって話をするには、お互いにとって大切なことになります。

自分自身の波動の状態がどうであるかを、日頃から意識して実生活を送っていれば、自分の波動の状態を簡単にしることができます。そして、自己を省みたり内観したりする意識を持ち習慣づいていたりしている人は、自らの波動の状態をより瞬時に的確に知ることができます。

そんな中、自分自身の波動がなかなか高まっていかないとか、高まったつもりでいても長続きがしないとかと感じている方は、次の点に留意する必要があると思います。

最も基本的なことはより波動の高いことを選択することや、できるだけ波動を意識的に高めるように努めたり、ネガティブと感じたことをポジティブに受容するよう変換することに努めたりすることを意識するということですが、さらに、そのように意識したことを「ネガティブに感じたことにどれだけ早い段階で気づいてポジティブな状態へと変換することができるのか、もしくはより高い波動のものを選択することができるか」そしてそのことを「どれだけ習慣にすることができているのか」さらに「その習慣をどれだけ積み重ねているのか」ということが、総合的な波動に大きく影響を与えます。

つまり、より高い波動のものを選択できてきたり、瞬間的に低い波動を高く変換することができてきたり、反省することによってネガティブに感じたことをポジティブに受容することができるようになってきたと自負するまでに至ったとしても、急激に総合的な波動を高く変化させるのは難しいことでして、「より瞬時に」「より習慣化させて」「より長く積み重ねるか」という3つの要素を加えていくことによって、総合的な波動は徐々に徐々に高まっていくということになります。そして、この総合的な波動が高まっていけば、自らの意思によって大きな罪を行うようなとてつもなく低い波動の言動を選択しない限り、急激に下がるようなことはありえません。精神の波動、魂の波動の状態とは、こういったことを徐々に積み重ねた結果によるものなのです。


なかなか自分の状況が変わらないとか、物事をうまく受け入れられないとか、ネガティブな感情を手放すことができないとか…

そういったネガティブな状態に至ってしまっては、せっかく波動を高めようと意識していても、結果的にはネガティブな波動を積み重ねてしまいます。とにかく、波動を高めようと意識し続けることが大切なのです。意識して初めて、次に進み、継続して初めて力となり自らの総合的な波動を少しずつ高めることができるのです。

心(思考・意識・情緒)が変われば行動(言動)が変わる。行動(言動)が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格(波動・オーラ)が変わる。人格が変われば運命(精神・魂の状態)が変わる。

「今」をよりポジティブに受容できるように努め、よりポジティブな思考や情緒や意識や言葉や行動などを自らの意思によって選択し続けることに努め、自己の経験を省みてネガティブに受容していることに気がついたらポジティブに変換することに努めること。ただひたすら、そのことを意識して習慣にすることを常に目指していくことが、今の地球の世である3次元の世において波動を高めていくためには、とても必要であり重要であることと感じています。


*上記の内容は、2008年10月21日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html







バックナンバー改訂版

家の守り神‘ヤモリ’に会いました! ~石垣島ダイアリー~

2010年04月22日
2010年4月22日(木)

晴れのち曇り

最高気温 28.7度
最低気温 25.4度

今朝目が覚めると
石垣島に来てから最も強く
高い波動のエネルギーを感じましたし
高次の音が耳の奥で
いつも以上に高らかに鳴り響いていました。

グミ(長女仮名中2)がいつものように
朝6時頃に起きてくると
目がよく見えないでぼやけると言っていました。

グミもエネルギーに敏感なため
私が強いエネルギーを感じているような時
目がかすんで見えるとか
頭がキーンとするとかといったように
何かしらの異変として
五感的にも感じることがよくあります。

本当は今日の午前中に
ご依頼をお受けしている
守護霊様とのチャネリングや
高次の存在とのチャネリングを行う予定でしたが

あまりにもエネルギーが高すぎて
肉体的にも霊的にも
調整が難しくなりそうだと感じたので
明日との予定を入れ替えて
午前中は市街地へと買い出しに出かけました。

買い出しの際に
大きなクーラーボックスを持っていくのですが
いつもベランダに置いてあります。

買い出しに行く前に
そのクーラーボックスを持ちあげると
なんとそこには
会いたかったけどまだ一度も会っていなかった
石垣島のヤモリがいてくれました。

クーラーボックスをどかした瞬間に
ものすごい勢いで逃げましたが
窓のサンの所で立ち止まってくれました。

急いでカメラを持ってきてシャッターを押すと
写真を撮り終わるまでじっとしてくれていて
2枚撮ったら見えない所へと隠れてしまいました。

ヤモリは漢字で「家守」「守宮」と書きますが
石垣島ではヤモリは
家の守り神として崇められているそうです。

とても小さなことなのかもしれませんが
私にとってはたいへん嬉しい出来事でしたし
さらに高らかにピキーという
高次の音が強く鳴り響きました。

DSC01177_convert_20100422115804.jpg

少しずつ少しずつ
でも時には一気に

自らの肉体やエネルギーが浄化いしていく様子を
あらゆる状況の中で感じています。

そんな中で石垣島の神々や
石垣島の高い波動の癒しのエネルギーと
私たち家族との間で

調和がなされていく心地良さと
大きな幸福感を味わっています。

そして引っ越しの準備が始まった頃から
三次元よりに大きくかたよった状態で
バランスが保たれていた私のスピリチュアルモードも

片道切符分ちょうどぎりぎりぴったりのお金と
子どもたちがスムーズに転校するためにも
ぎりぎりセーフとなる時間を与えていただき

移住の準備が始まってからも
移住が完了するまでの間も
移住してからも

みなさまからの愛のめぐりの中で
たくさんの光を与えていただき
慈しみのお気持ちを向けていただいた御蔭で

活力となり家族みんなが健康でいられて
結果的にネガティブに感じるようなことは
何一つ起こらず

石垣島へとこうして
身を置くことができてから

時間が経つごとに
実生活が落ち着いていくにつれて
スピリチュアルモードが高まっていき

今では以前よりもスピリチュアルな感覚が
より強くなってきていることを認識しています。


ありがとうございます。
ありがとうございました。
心より深く感謝しています。

そしてそのご恩返しとしても
魂を向上させるためにも
人のため世のため地球のため宇宙のために

この素晴らしい石垣の地にて
今世の私のお役目と感じるわくわくすることを
私なりに精いっぱい尽力をさせていただきます。



☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html









日記

アセンションスペースシューリエの仕事状況

2010年04月22日
アセンションスペースシューリエの仕事内容は、ホームページに載せてあります通り、月末の大祓い、レイキの遠隔伝授、遠隔ヒーリング、産土神社・鎮守神社リサーチ、守護霊リサーチ、パワーストーンの販売を行っています。

仕事を行うメンバーは私と妻の2人のみです。たとえば師と仰ぐ人とか、わからないことがあった場合に相談したり質問したりする人はいません。全ての仕事は、2人の感覚と経験や知識やあらゆるスピリットの皆さんからいただくインスピレーションやご依頼者様からいただくエネルギーや情報、またレイキや神道フーチなどのいくつかの技法によって、仕事を成就しています。

月末の大祓いは、お知らせいただきました生年月日とフルネームもしくはご住所等の情報によって特定し、ご依頼いただきました1人1人(場所は一か所ずつ)と深い領域で繋がるリチュアルからはじめます。そして、深い領域でしっかりと繋がったあと、私を媒介にして、高い波動の宇宙エネルギーや地球のエネルギーっを与えること、癒しや浄化や活力のもととなるようなパワーの強いいくつかのマントラを使ってのヒーリング、御蔭さま(守護霊様・守護神様・指導霊様・高級守ご先祖霊団などの守護してくださっている存在)のご加護の強化などを、遠隔にて行っています。

私が8年ほど前にレイキの伝授を受けたことは、私にとってのスピリチュアルな目覚めが始まったと感じられる大きなきっかけとなったことでしたし、家族の健康促進に大きく貢献しましたので、より多くの皆様に伝授することで、スピリチュアルな目覚めの促進、ヒーリング力を高めること、宇宙や地球などの高次元とより一体化することなど、よりポジティブライフを送っていただくためのお役に立ちたいと願って行っています。詳しくはホームページに記載ありますが、レイキはどなたでも伝授を受ければヒーラーとして、自他共に癒しを行うことができる優れたテクニックです。

遠隔ヒーリングは、毎日必ず妻が行っています。私は必要に応じて追加で行っています。妻は、ヒーリング能力が高いことと、送るお相手や場の邪気を受けても、比較的早く浄化させる力を持っていますので、適している仕事であると感じています。私は、徐霊や浄霊などの特別なエネルギーとかやり取りとかを必要な場合や、送るお相手や場の状況をリーディングする時、また私が送る必要を感じた時には私も妻のヒーリングに加えて遠隔ヒーリングを行っているというのが現状です。

産土神社や自宅や職場や学校の鎮守神社リサーチに関しましては、神道フーチという技法でお調べしています。それには、ご本人のフルネームと生年月日をお知らせいただくことで、その方の一霊四魂(自己に内在する神さまや魂の本質)とつながる必要があります。そして、産土神社をリサーチするには、生まれた時に居住していた住所をお知らせいただき、鎮守神社はその場所の住所をお知らせいただくことで、私が地図を用いて近辺の神社を調べたり一の宮などの影響力が大きい神社を調べたりして、その一件一件の神社や主祭神とつながり、フーチを使って尋ねることによってリサーチしています。

守護霊リサーチは、二つのいずれかのやり方によって行っています。1つは、上記の神道フーチによって一霊四魂とつながってリサーチする方法です。守護霊さまの守護パワーや守護の度合や高級守護先祖霊団の数は、必ず神道フーチによってリサーチしています。リーディングに関しましては、そのつながった状態で与えられるインスピレーションを書き留めたりレコーダーに録音したりして行うこともありますが、山あいの道や海岸などに行ってエネルギーの高い場所にとどまって行ったり散歩したりしながらチャネリングしてリーディングしたことをレコ-ダーに録音する場合もあります。レコーダーに録音した内容をパソコンに打ち込むのは妻の役割です。打ち込んだ内容をチェックして修正して仕上げた内容をメールに転載してお知らせするのは私が行っています。

チャネリングを行えるような状態までに自分の波動を高めて時間を確保できる状態にできるまでに、それなりの準備が必要になりますし、日によってはそのような状態まで高められない時もあります。また、チャネリングしている時には、たくさんの集中力や霊力を使います。ですから、守護霊リサーチを行うには、1日おきにお一人分を行うくらいのペースが今のところはスムーズな感じですので、1週間に3~4人のご予約をお受けするようにしています。そんな感じで、今の私の力では限られてしまうので、ご依頼をいただいてから結果をお伝えするまでの間をお待たせしてしまう結果となってしまいますが、ご了承いただければ幸いに思っています。それでもほんの半年ほど前までは、1週間にお二人分くらいを行うのが限度でしたし、チャネリングをした後には疲れきってしまい、眠ったり他の仕事がまったくできなくなったりしていましたが、今は、少し休んだあとにブログを書くことができたり、普通に他のお仕事もできるようになっていますので、自分なりに少しずつではありますが、気力や霊力が高まったと自負しています。半年ほど前には、その調整がうまくいかなかったために、いったん守護霊さまのリサーチをホームページから削除しましたが、私自身がこのように少しは成長することができたことを感じたので、今回は再度ホームページに載せてご依頼をお受けするようになった次第です。

パワーストーンに関しましては、ブレスレットの作成や梱包は私よりも手先の器用な妻が行っています。私は、浄化とパワー入れと宛名書きを行っています。世間の物価はいろいろと変わっていますが、私が最も信頼していて1件のみに絞ってのお取引をしている水晶を中心としたパワーストーンの卸業者さんは、取引を始めた6年ほど前から、アメジストやブルーレースの価格が上がってしまいましたが、他のパワーストーンは高品質を維持し、価格もほとんどく変わらず、私の知っている限りでは他の業者と比較して最も安価で取引をしてくれています。特に、天然本水晶の品質もパワーも最良であると感じていますので、できるだけ多くのみなさんにご提供できるようにと願い、一般的な価格よりも比較的安価で販売しているかと思います。

そんな感じで、妻と2人でアセンションスペースシューリエの仕事を行っています。現段階では、遠隔ヒーリングは日中に行っていますので、午前中くらいまでにお申込みいただきお受けしてお知らせできた場合には、即日から行うことが可能ですし、翌日からでしたらお受けできる場合には確実に行うことができます。産土神社・鎮守神社のリサーチは結果をお知らせするまでに1~2週間お待ちいただいています。守護霊リサーチは、2~3か月ほどお待ちいただいています。料金に関しましては先払いでも後払いでも、ご依頼者様のご都合を優先していただくことが最も良いと感じています。また、遠隔ヒーリングに関しましては、これまで通りに料金をいただくか否かも金額の設定もご依頼者様にお任せしている状態ですが、私にとってはこのような状況が最もスムーズであり気楽な状態でもあります。 月末の大祓いや遠隔レイキ伝授に関しましてのお申し込みの詳細は、ホームページをご覧いただきますようお願いいたします。

このような内容をお伝えすることにわくわくしましたので、宣伝のようにもなってしまいましたが、紹介させていただきました。お読みいただきましてありがとうございました。


*上記の内容は、2008年11月26日に当ブログで掲載した内容を改訂して転載しました。



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html





スピリチュアル

濃くて深い緑色 ~石垣島ダイアリー~

2010年04月21日
2010年4月21日(水)

曇り時々晴れ

最高気温 28.9度
最低気温 25.1度

石垣島はコバルトブルーの海の色や
白砂のビーチも美しいのですが

DSC01172_convert_20100421122556.jpg
~自宅屋上から見た東シナ海 PM12:20撮影~

山全体を見た時に感じる
木々の濃くて深い緑色からも
石垣島の自然の素晴らしさや奥深さを
しみじみと実感することができます。

DSC01167_convert_20100421122329.jpg
~自宅屋上から見た小学校の裏山~

自宅周辺を少し歩いただけでも
いろいろな種類の熱帯雨林特有の植物を
たくさん見ることができます。

私は観葉植物も好きだったので
千葉県にいた頃は
いろいろな観葉植物を育てていました。

小さなゴムの木を挿し木にして
何年かかけて
私の背丈ほどの高さまで育てたことがありましたが
とても可愛いいなあと思っていました。

今の自宅近くには
立派なゴムの大木が何本もありますが
とてもたくましく感じます。

DSC01151_convert_20100421113505.jpg
~自宅近くに生えている高さ10mくらいのゴムの木~

ハイビスカスも好きで
よく育てていました。

ハイビスカスの花には
いろいろな色がありますが

赤い色の花からは
活力を与えてもらえますし
魔除けにもなってくれます。

DSC01161_convert_20100421113842.jpg

ピンク色の花からは
おもに美的センスややすらぎを与えてもらえます。

黄色やオレンジの花からは
おもに希望や勇気のパワーを与えてもらえます。
DSC01156_convert_20100421113649.jpg

千葉に住んでいた時
冬場でもあまり暖房を使わないような我が家でしたので
ハイビスカスにとっては寒すぎたのか
冬場になるとうまく育てることができませんでしたが
石垣島では一年中元気に花を咲かせているようです。

千葉では小さな鉢で育てていた
かわいいガジュマルも
石垣島には立派な大木がたくさんあって

陽ざしの熱い時に木陰に入ると
とても優しく迎えてくれて
緑の息吹の安らぎの中
心地良い涼風を吹かせてくれます。

以前千葉の地で鉢植えにして育てていた
かわいい観葉植物たちからも

石垣の大地に根を張って
たくましく生きている熱帯の植物たちからも

私たち家族は
たくさんのパワーをいただき
癒していただきました。

もちろん地球上で育っている
すべての植物たちからも
多大なるサポートをいただいていることも
私たちは意識しています。


ここであらためて
ご縁あるすべての植物に対して
深く感謝の意を表するとともに

植物を含めた
地球上の自然界で生きている
あらゆる存在とも

同じ地球上で
同じ時代に
生を受けることが許され

魂を磨くために
3次元の世を生きるもの同士として

たくさんの愛をめぐらせあいながら
共にアセンションしたいと
今あらためて強く思いました。


*以前お知らせしましたが、4月1日より、タエヌのメールアドレスが変わりました。以前使用していました@以下がybb.ne.jpのアドレスは使用できなくなりました。つきましては、お申し込みやお問い合わせ等がありましたら、タエヌのホームページ‘アセンションスペースシューリエ’のメール欄より、新しいアドレスに送っていただけますようお願いいたします。また、もしうまくメールアドレスが開けないとか送れないといったような場合には、shuwrie1ではじまり、@以下はdocomo.ne.jpへ送っていただければ、タエヌの携帯につながります。お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html





日記

木の精からのメッセージ

2010年04月21日
*以下の内容は、2008年11月5日にタエヌが木の精とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

地球という惑星の今の世に、人として存在できていることに感謝してみると、今あなたがここに在ることを思うだけで、喜びと感謝と愛がさらに大きくなることでしょう。あなたが心に残っている「サクラの木を尊敬している」という人がいて、そんなふうに木を尊敬できることやそんな気持ちを表現できることが素晴らしいと思えているあなたを、私は愛しています。

今あなたが人として存在できていることに感謝して大地に足を踏みしめている感触を味わうと、愛を通して大地のぬくもりや偉大さやエネルギーの素晴らしさを実感することができるでしょう。大地にこうして立てることはとても幸せなこと。あなたの周囲に在る木々はだから幸せなのです。そして、あなたやあらゆる地球の生物とともに今を生きるということが、木々に宿る魂が地球上に転生してきた一番の目的なのです。

今あなたが人として存在できていることに感謝して耳を澄まして風の音を聞いてみると、確かな大地のささやきや神の音が聞こえてくるでしょう。神の音とは高い波動のエネルギーのこと。とても暖かく包み込むようなやさしい音。大地のささやきに比べると微細な音ではありますが、いつもあなた方に降り注ぐエネルギーの音なのです。

人と木とは同じ地球上に生きているもの同士としての、神のもとでは大いなる友達関係であるのです。いつでも木々は人を尊敬しています。木がたとえ犠牲になろうとも、木は人を守ろうとしています。木はやさしい存在です。たくましい存在です。時にはほほえみ、時には悲しみ、時にはうつろい、ときには喜ぶ。人と同じように木には感情があります。

人はまだ今のように物質的文明が栄える以前は、もっともっと木と共存することを望んでいましたし、木と人は助け合って生きていました。私はそのことを覚えています。そしてこの先、地球が本来の素晴らしい高次元の文明がもたらされて栄えるとき、人と木々は、昔以上に友として共存することを望み合い、お互いに喜び合うのです。

もしもあなたにとって好きだと思える木があるのでしたら、その木に話しかけてごらんなさい。木は必ずこたえてくれますから。もちろん人のように口があって発声するわけではありませんから、録音することは難しいでしょうし、耳から振動として捉えることはできません。でも、あなたと木々とは魂同士が通じ合ってひとつになっているので、いわゆるテレパシーとして感じることができるのです。

今あなたが人として存在できていることに感謝して私たち木の精の存在を信頼することができるのでしたら、私たち木の精は人の存在を信頼しているので、その信頼関係からお互いの愛が結ばれて、より深い絆が結ばれるでしょう。そして、深い絆を結ぶことができることは、私たちにとってもあなたがた地球の人々にとっても、今という時に地球上で存在できていることをさらに大きな幸せとして感じるためには、とても必要なことでもあるのです。

木々は人々を尊敬しています。

すべての木々は、今、こうして地球に存在していること自体を大きな喜びとして感じています。


*上記のメッセージは、2008年11月5日に当ブログで掲載した内容を転載しました。

☆以前お知らせしましたが、4月1日より、タエヌのメールアドレスが変わりました。以前使用していました@以下がybb.ne.jpのアドレスは使用できなくなりました。つきましては、お申し込みやお問い合わせ等がありましたら、タエヌのホームページ‘アセンションスペースシューリエ’のメール欄より、新しいアドレスに送っていただけますようお願いいたします。また、もしうまくメールアドレスが開けないとか送れないといったような場合には、shuwrie1ではじまり、@以下はdocomo.ne.jpへ送っていただければ、タエヌの携帯につながります。お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。


タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html





バックナンバー改訂版

離島ターミナル ~石垣島ダイアリー~

2010年04月20日
2010年4月20日(火)

曇り時々晴れ

最高気温 28.4度
最低気温 24.3度

石垣島は
八重山諸島の中にある島の中でも
人口が最も多い島です。

「八重山」(やえやま、やいま)の名称は
石垣島・竹富島・小浜島・黒島
新城島・西表島・鳩間島・波照間島の

有人8島を遠方から眺めると
八重に連なって見えるとの伝承より
名付けられたとされています。

現在はこの8島に加えて
西表島に隣接する由布島と
与那国島も八重山諸島に含まれています。

石垣島はこれらの島々(由布島以外)と
空路や航路で結ばれていますが
石垣港の離島ターミナルからは
八重山の島々に渡る船に乗ることができます。

DSC01131_convert_20100420131825.jpg
~離島ターミナル正面出入り口~

私は子どもの頃から憧れていた西表島と
竹富島にはできるだけ早く行きたいと願っていますが
まだ今の時点では行く機会が作れていません。

竹富島には高速船で約10分
西表島には高速船にて約35分で行くことができるので
来月あたりには行きたいと思っています。

DSC01138_convert_20100420132107.jpg
~写真を撮影した本日午後12時少し過ぎた頃の時間帯は船があまり停泊していませんでしたが、5,6隻の定期高速船が並んでいることもあります~

ちなみに先週聞いたのですが
デンプとアマンダの小学校も
グミの中学校も

4月末の全校遠足では
離島ターミナルから船に乗って
‘黒島’に行くそうです。

DSC01133_convert_20100420134420.jpg
~離島ターミナル内の室内にある大きな待合所には、切符売り場とともに、お土産やお弁当などの置いてあるいくつものお店が並んでいます。そこでは、石垣島っぽい感じのお弁当が安く手に入るので、2度の旅行の時には、何度となくお弁当を買って、海や船を見ながら食べました~

アマンダ(小4次女仮名)の担任の先生は
黒島の出身だそうで
人口が2百数十人の黒島では
人の数と同じくらい野生の孔雀がいて
人の数よりたくさんの牛がいるそうです。

3人ともすごく楽しみにしていますが
私も妻もまだ離島には行ったことがないので
パパとママよりも先に離島へ行ける…!
という優越感もあるようです。

ちなみに石垣島にも野生の孔雀がいまして
私は1度、妻は2度見ましたが
まだ写真に撮影することに成功していません。

DSC01139_convert_20100420132425.jpg
~今日は3日に一度の食料品等の買い出しのために市街地へと出かけてきました。街中のあちこちに、今度の日曜日に開催される石垣島トライアスロンの旗が立てられていました。高校の駅伝部に入部したシュー(長男仮名高2)は、この大会の手伝いをさせてもらえるそうです。ちなみに、先週金曜日の八重山毎日新聞には、高校駅伝部部員全員の顔写真とフルネームが1人ずつ紹介されていまして、ちゃっかりとシューもドアップ写真とフルネームが紹介されていました。~

DSC01109_convert_20100420131628.jpg

~昨日の午後6時50分頃に自宅ベランダより撮影した川平湾西側にある前嵩に沈む夕日~

☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html





日記

黄金時代への移行期間 ~「今」ラストスパート~

2010年04月20日
*下記の内容は、2009年6月12日にタエヌが書き下ろした内容とマシュー君のメッセージを転載した内容です。かなり長い文章になっていますが、重要な内容と感じたので、今ここであらためて掲載したいと感じました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

地球はいつアセンション(次元上昇)するのだろうか?ということに対して、いろいろな情報が流れています。中でも「2012年12月22日前後」だろうという情報は多く出まわっていますが、私も実際にそのように感じていますので、その日にちをひとつの目安にして修養に励んでいる次第です。

今回の地球のアセンションでは、今の地球の世は3次元でありますが、4次元に上昇し、さらに5次元にまで上昇するのです。

では、3次元と4次元と5次元の違いって何?アセンションすると私たち地球人類はどのような状態になるの?どうしてアセンションするの?本当にそんなことがあるの?・・・などなど、主に今世での記憶に頼っている我々にとっては、アセンションということに対しては未知のことに感じるので、様々な疑問が湧きあがってきて当然です。

また、アセンションすることを未知のことに感じるが故に、様々な情報が出まわっている中、何を信頼したら良いかという判断が難しいと感じられる方もいらっしゃることでしょう。もちろんその答えは、みなさんご自身の直感に従って、信頼できると感じられる情報を得て学ぶことが最もポジティブな選択をしたことになるわけですが、もし、そんな直感によって私の信頼している「マシュー君のメッセージ」や私のブログを選択していただけるのでしたら、以下の内容を受容していただき、「今」をよりポジティブに生きるための参考にしていただければ幸いに思います。

ちなみに、4次元や5次元の世とは、思考や今世の記憶の中での認識では未知なことになるでしょうが、現時点で、アセンションが間近に迫っている移行時期の最終段階であることは確かであり、その中で実生活を送っているのは事実なわけです。そんな大切な「今」をよりポジティブに生き抜き、マシュー君の表現する「黄金時代」に、1人でも多くの人が地球上で肉体を持った人間として存在することができるためにも、以下の内容を知識として得ていただくことをお勧めします。

そして、今起きている様々な出来事の根本的な意味合いはアセンションするための変化であり変革であると捉えると、すべての出来事をポジティブに捉えやすくなるはずです。

ちなみに、以下の内容すべては森田玄さんのブログ「玄のリモ農園ダイアリー」http://moritagen.blogspot.com/に記載されている「マシュー君のメッセージ」を過去に当ブログにて転載して公開した内容です。「今」私があらためまして転載したいと感じた記事を精選して転載させていただくことにしました。

*マシュー君のメッセージに表現されている第3密度とは3次元、第4密度とは4次元に相当するものです。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

2008.7.2

《2012年についてのエッセイ》

2012年を闇の終わりの始まり・・世界の終末など心配しなくてもよい・・と考えているひとたちは、その重要性を取り違えている。もっと簡単に言えば、2012年は地球がその黄金時代に入ることを告げる前触れなのだ。そして今からその時までの間は、これまでの生き方がすべての自然と完全に調和して生きるように変わる移行時期だ。

宇宙にあるものはすべてそれぞれの振動数で振動している波動エネルギーだ。地球がかつてもっとも健康だったとき・・そのうちあなたたちも分かるだろう、いまは忘れているだけだ・・その生命体はすべて調和して振動していた。地球が60年以上前に死にそうになったとき、調和しているものはまったくなく、自然のバランスが失われていた・・地球自身を含めて、あらゆる生命を維持するのに充分な光がほとんどなかったからだ。いま起きていることは、宇宙の安定勢力の助けによる、あなたたちの世界の変容だ・・地球の再生とバランスの回復・・それが2012年に完結する。

しかしその年は予言で言われていたような”絶対的時間”ではなくなっている。それは、直線的時間が消滅していっているので、あなたたちのカレンダーが大規模な移行変化が完了するときを正確に伝えることができなくなっているからだ。あなたたちが時間がどんどん早くなっていると感じるのは、今いるエネルギー場がより高くなってきている影響だ。そこでは、地球が時空連続体に入って行くにつれ・・もっと正確に言えば、意識が無時間という永遠と無限の現実世界を把握するにつれて・・すべてが加速されているのだ。

地球がより高い第4次密度の波動に入っていくにつれ、光がより速く、より強く地球に注ぎ込み、それだけ速くあなたたちの”時間”が進む。だから、ちょうど今の瞬間では、あなたたちのカレンダーの1週間は、12、3年前の1週間にくらべて半分以下の時間で過ぎているために、2012年は現在のカレンダーが示しているよりもずっと速く来ることになる。

では、どうしてその年が全世界の歴史のうえで重要性を持つのだろう?それには天体軌道周期とそれがあなたたちの惑星に与える影響、そしてまた完全なる明瞭さで創られた生命デザインが関係している。それは今の地球人類をはるかに凌ぐスピリチャリティ(霊性)と知性をもったより高度のユニヴァーサル・マンを計画した高い進化の存在によって創られている。

より高い密度への帰還へのチャンスが以前の軌道周期の際にも何回かあったのだが逃してしまった。今回ふたたびエネルギー場が最適な配列になっているときに、進化した宇宙人たちの援助を得て、地球が以前の波動レベルに昇りたいという希望がかなえられるのだ。地球で起きることは全宇宙にも影響する。だからあなたたちの住む惑星の闇の時代が光のなかに融和し、あなたたちが宇宙の家族の一員として本来あるべき場所にもどることが、それらの進化した文明社会人(宇宙人)にとっても非常に大事なことなのだ。

その道のりには著しい、あなたたちには想像できないような変化がたくさん起こるだろう。その変化によって今までの暮らしが世界中の自然とすべて完璧に調和するように変容し、そのようになって宇宙に流れ出すのだ。地平線の彼方にある素晴らしい世界は、これまでのあなたたちのシステムに根ざすものではないまったくない・・だからこそ、あなたたちが新しい世界を創造しているのだ。すでに影響を及ぼしている神性なる波動がひきつづきあなたたちひとりひとり、そして人類全体を祝福するだろう。

黄金時代には、怖れ、慾、侮辱、暴力のもとであるネガティヴ(否定的)なことが なくなり、地球全体の波動がすべて愛に変わる。”愛”とは”光”と同じエネルギーであり、単に違う表現にすぎない。それは創造主の純粋なるエッセンスであり宇宙の究極的パワーである。このエネルギーが魂を構成するものであり、こころを開き、こころを照らす鍵になるものだ。それがかつてないほどの莫大な量で地球に降り注いでいる。闇が消えて行くにつれ、愛が争いと専横に代わって平和と協調をもたらすだろう。愛が、自分のグループがほかのグループよりも優れているといった浅はかな優越感を消してくれるだろう。愛が、他人を支配し自由にできると考えるひとびとのこころを目覚めさせ、また、そのような犠牲になっているひとびとのこころを癒すだろう。つまり、”愛”があなたたちの世界を変えているパワーなのだ。

闇の拠点が急になくなるわけではないが、暴力、不平等、乱用、偽りが蔓延っていた長い時代にくらべれば、この変化は稲妻のようなものだ。ほんの僅かな光がたまにちらっと差し込むだけの闇が支配してきた長い何世紀もの時のながれと、強力に光が増しているこの数十年のスピードをくらべれば、その変化の速さにおどろくだろう。

この変化を進めるためには地球外生命体の助けが必要であったし、これからも必要である。私たちが話したり、場合によっては直接かれらからメッセージが届いたりすることもあるが、かれらのことはほとんどあなたたちには知られていない。しかし、この宇宙でもっとも強力でもっとも経験ある光の勇者たちがあなたたちのなかにいて、できるだけ多くの地球の住民が地球といっしょに高次の霊的レベルに行けるよう見えないところで実質的な変化を導く仕事をしている。このことから、あなたたちの惑星が、宇宙からいかに愛されまた大切にされているか、そしてあなたたちがいかに愛され大切に思われているか分かるだろう。

あなたたちは地球の安寧をこころから望み、宇宙の法に則って、ほかの文明社会のひとびとの助けを求め招いたが、人類が広範囲にもたらしてきた傷を癒すことの困難に直面していたことも創造主がその援助を認めたことの理由である。しかし、それはあなたたちがやることなのだ。なぜならそれはあなたたちの故郷であり、この変化に参加するべくわざわざここを選んでやってきたからなのだ。だからこそ、何百万ものひとびとが暴力の断絶と環境破壊阻止のための活動に立ち上がり、また金銭的な支援をしているのだ。

最初の改革は政府からだ。いま進行中の変化に気づいていない多くのひとたちは、政府の政策によって地球が破滅の瀬戸際にまで追いやられていると思っている。光の使者たち(ライトワーカー)の中でさえもこの危機的な世界状況で何が起こるのか心配しているひとがいる。いままで馴染んできたものからまったく異なるシステムを想像することさえ難しいのだから、必要な改革がどんなものになるのか、その混乱ぶりを心配するのは当然だろう。どうか知ってもらいたい。霊的に優れ、各分野の統治に精通した信頼おける魂たちが、腐敗した専横的な政府指導者たちが追いやられるとすぐに、舵をとり秩序を回復するよう用意ができている。

アメリカ政府内の大々的な”入れ替え”によって戦争は終わり、国内外での紛争も終結するだろう。また専制的なほかの国々の支配者たちもその地位を奪われ、その結果、内戦、大量虐殺、また長いことつづいている紛争がなくなるだろう。

過去生でかつて地球に暮らした多くの優秀な指導者たちが迫っている未曾有のこの時期に、やり残した仕事を完成させるために選んでこの惑星に戻って来ている。ほかはあなたたちの”宇宙家族”たちだ。その多くはあなたたちの祖先たちだが、かれらはこの移行時期に援助しようと進んで選んで来ている。かれらは”乗っ取る”ために来ているのではない。それどころか、あなたたちの世界の平和、公正、安寧への思い,感情、行動に応えてやってきているのだ。

まじかに迫っている変化はあなたたちが望んだことであり魂レベルのビジョンなのだ。そうでなければ、それは起こりえない。もうすこし未来を見れば、過去10~20年の間に霊的に進化した明晰さと古代の叡智を供えた魂たちが現れてきており、かれらは当然指導的立場につくことになるだろう。 

お金は商業にとって基本的なものであるだけでなく、権力の集中のためにはそれ以上に重要なものだから、世界的な経済改革が国の指導者たちが代わることと同じようにきわめて重要だ。報じられている経済というのは現実とはほど遠い神話にすぎない。世界経済がいかにうわべだけで腐敗しているか、幾世代に渡って世界経済を牛耳ってきた闇のグループ、イルミナティによって証券取引が操作されていることを知る者はわずか一握りしかいない。かれらはそのような支配と高利の銀行ローンや不正な麻薬取引きから巨大な富を築き、その金を使って政府を買収し、国を破産させてその天然資源を略奪し、何十億のひとびとの暮らしを最低限の状態に抑えつけている。また、戦争当事者の両方に金を貸し、その戦争をけしかけまた継続させることで莫大な利益をあげている。

こんなことはつづけられないし、またつづかないだろう。良心のかけらもない不公平なお金の分配は世界から消えるだろう。この切り替えプロセスがどのようなものになるか詳しいことは言えないが、大まかなことは言える。正直で知識豊かなひとたちがそのプロセスを管理するので、混乱は最小限に抑えられ、世界中の富が公平に分配されることは確かだ。

イルミナティが不正に悪どく蓄積した資産は分配され、世界中の天然資源の搾取も終わるだろう。その権力の根源こそかれらをして政府の政策や金融政策そして自分たちの多国籍企業を支配することを可能にさせたものだから、そのような腐敗した支配も終結するだろう。最貧国が抱える巨大な債務は、かれらの絶望的な状況が招いたものだが、その原因を探るとイルミナティの仕業とその影響であることがよくある。借りた資金はその国の独裁者に行くだけで、国民はその恩恵を受けないのだ。しかし、そのような負債は帳消しにされ、国民に直接援助が与えられるだろう。国境の多くは天然資源を欲しがる戦勝国が勝手に決めたのものだ。それが”持たざるもの”をつくったが、かれらはもともと”持てるもの”だった。魂の中の愛があらゆる争いを終えるときには、すべてのひとが”持てるもの”になる。そこでは国境が紛争のもとになることはもはやなくなるだろう。

世界でもっとも財政的に健全な国だと誤って思われているアメリカ合州国の金庫は、ここしばらく空になっている。イルミナティが支配する連邦準備金制度(FRS)とその収税代行業者である税務庁(IRS)による不正行為がその主な要因である国家債務は、いまのシステムが崩壊するときには管理できるような状況になるだろう。いろいろな通貨、とくに米ドルは、それを支えるものがない・・毎日何十億ものドルやほかの通貨が取引きされているが、それは単に情報がコンピュータからコンピュータに通過しているのにすぎない。それらは実際の価値をはるかに越える金額なのだ。”新らしい”通貨本位制は、貴金属が交換の本位基準であった昔のかたちに戻ることになろう。”昔風の”バーター制度が国やコミュニティレベルでの商業取引の素晴らしい方法として復活するだろう。

現在の経済の多くを支えている基盤が大規模に変化することで、雇用も変わるだろう。しかし、波動が高まるにつれ、あなたたちのスピリチュアルな明晰性が高まり、脳の活動能力が増すので、国々の協調と自然とのハーモニーを支えるエネルギー場への移行は喜びにあふれるものになるだろう。石油や天然ガスの採取や採鉱、伐採による夥しい環境破壊とそれによる汚染は終わり、大気や土壌、水系中のあらゆる種類の毒性物質は排除されるだろう。森林は自然のバランスの回復に必要なレベルまでに再生される。同様に非常に重要なことは、動物がかぞえられるほどに減少している地域の生態系の保存と拡張であり、そして絶滅しかかっている海洋生物をふたたび繁殖できるように海洋の健康をとりもどさなければいけない。これらの目標を達成すると同時に、貴重な陸地からコンクリートの侵入を防ぎ、自然エネルギーを利用する計画もできている。すでに開発されているが抑えられているテクノロジーやあなたたちの宇宙家族によって提供されるであろうはるかに進んだテクノロジーによって、汚染は除かれ、再生可能エネルギーや新しい交通手段、新しい建築材、そして非常にすぐれた食料生産手段がもたらされる。それらの変化が驚くべきスピードで起こるので、あなたたちのこころが踊ることだろう。

植物とともに広範囲に使用されることになる自然建築材には粘土や葦、ワラ、熱帯トウ(籐)、表層石が含まれるが、これらはすべて人類との合意確認のうえで使用される。

あなたたちは宇宙人が全能かのように思っているかもしれないが、その知性レベルには低いものから高いものまで数えきれないほどある。しかし、集合意識から除かれるものはひとつとしてない。より個人的なレベルで言えば・・もっと正確に言えばだが・・”もの”にも”魂”を考えれば、この宇宙の全体性のなかでの相互関係が見えてくるだろう。

どのような環境でもその波動が高くなれば、それだけその中のすべての生命の理解度は高くなる。そのように、意識が広がれば、同時にあなたの世界のすべての自然の存在がそれぞれの目覚めのレベルに成長していくのだ。成長のはやい食用作物、花、綿やほかの繊維植物、薬用植物、トウ(籐)、草、あらゆる種類の樹木が必要に応じて成長し、そのエネルギーをあなたたちが使えるように提供することに同意するだろう。今のように材木をたくさん使うことはないが、木と人間との聖なる関係から、樹木は、短い期間たぶんこれから50年間は、建物のインテリア部材や家具として使われることをよろこんで選ぶだろう。これらのすべての自然素材の重要性を認識すること、それらがあなたたちのために進んでその命を提供してくれることを知って、それに感謝することが、すべてのひとびとの自然な行為になるだろう。そして同様に、あなたたちが自然と考えているすべての存在の美と繁栄と密接につながっているデービック王国を知りその宝を知るだろう。

豊かな国々にある食料とほかの生活必需品は、世界的な生産体制が確立するまで貧しい国々に分配される。ひとびとの食生活も、すべての動物のいのちを敬うことを学ぶことから、肉や海産物から植物食に変わって行くだろう。 食料用の家畜は飼育の停止と自然な変化移行によって減少するだろう。植物が主食品となるので、遺伝子組み換えされた有害成分はすべて排除されるだろう。

野生動物たちは本能的にその数を過剰に増やさないことを知るだろう。また肉食のものたちは植物王国に食物を求めるだろう。いくつかの動物種で生まれているアルビノ(白子)にはスピリチュアルな意味と過渡期という意味がある。あなたたちは白を平和のイメージに結びつけているが、そのような珍しい現象が起きていることは動物界でこれから予想される変化を象徴するものだ。それは、弱肉強食の食物連鎖が終わり、かつてあった人類をふくむすべての生物種が平和に共存する関係を取り戻すことなのだ。考えられないような異なる種の生物どうしが仲良くなる事例や、母親が異種のこどもを育てるようなことさえ起きてくるが、これも地球が本来のパラダイスであったところに戻る徴候でもある。しかし、このなかで非常に重要なことは、動物たちをだいじにして、人間たちのせいでなっているかれらの悲惨な状況を軽減させようという気持ちが多くのひとびとのこころに生まれることだ。

クジラたちは、巨大なからだで海に住み、そこで、はるかかなたの宇宙文明人たちから地球に向けて発せられる光エネルギーを吸収し、しっかりと固定するというスピリチュアルなミッション(使命)をもっているが、それはまもなく成就されるだろう。クジラとイルカは、生物種としては、あなたたちの惑星上で霊的また知的にもっとも高度に進化した種であるが、その魂が肉体を離れる時は本来の光エネルギーの場に昇って行くだろう。でもかれらは愛のエネルギーで、あなたたちの惑星に恩恵を与え続けるだろう。

”地球温暖化”や”エルニーニョ”として一般に知られている現象は、地球全体が本来の温暖な気候に回帰する自然のプロセスの一環である。地球がこれをやり遂げるにつれて、氷河は解け、広大な砂漠が農地に変わり、熱帯雨林が広がり、気温差が著しく減少する・・そして最後には、世界中どこでも快適に居住できるようになるだろう。いま寒帯地域や熱帯地域に住んでいる人たちはじきになじむだろう。しかし、極地帯のいくつかの動物種が姿を消すのは仕方ないだろう。その周辺にいるものは移り住むことで生き残れる。影響を受ける生物種は、生殖を止めることやいつ移動すべきかを本能的に知るだろう。

現在の世界人口そして予想される世界人口に反して、あなたたちの人口は減少しているし、急激ではないが出生率も現象しつづけるだろう。自然界のバランスにはもう疫病が必要なくなるので、病気の原因とか伝染性といった要因が存在しなくなる。また有毒化学物質や処方薬の一般使用もなくなる。医学治療は、もう治療が必要なくなるので、劇的に変化するだろう。なぜなら、肉体が非常に長い寿命を持つことになり、あらゆる病の不安から解放されるからだ。新しい教育システムと教科書によって実際の世界史と宇宙惑星の歴史が学ばれ、明らかにされる真理にしたがって宗教が真のスピリチャリティ(霊性)にとって替わられるだろう。

これらは、いま起きている、そしてこれから起こるもっとも重要ないくつかの変化だ。それはすべて上から下へ流れるように、地球生命体のあらゆる側面に浸透してゆき、それらを高める効果を示すだろう。黄金時代・・”第2版”エデンの園・・は、精神の愛とハーモニー、静穏さ、美に輝くだろう。それらが、あなたたち自身が神であることを思い出し気づくなかで、あなたたちの真の姿なのだ。

さて、この麗しい世界にはどんなもっと”実際的”なものが期待できるか話してみよう。都会生活は、基準以下の建造物の解体やかつて素晴らしかったが朽ち果ててしまった建築物の復元で、精神にとって今日よりもはるかに充実したものになろう。それにはこのようなものがふくまれる。多くの小さな公園や色とりどりの遊園地、野菜農園や花園、近くの図書館、コンサートホール、博物館、地域のアートを集めたギャラリーの増設。あらゆる年齢層と興味に応じられるエンターテーメントとリクリエーションのセンター。そして動物たち。野獣だと思われていたものも自由に歩き回っているだろう。

また、新しい交通手段と富のより公平な分配によって、都会人が田舎に自由に出かけたり、また遠くまで旅行できるようになる。日常生活に飽き、つかの間のオアシスを求めるひとたちが増えてくるので、田舎では“B&B宿”(朝食付き民宿)が大繁盛するだろう。でも、都会にいま住んでいる多くの人は、森があり閑静な生気を呼び戻すようなエネルギーのなじんだ郊外に移り住むことを好むかもしれない。また、開拓者たちの新しいうねりのように、あるひとたちはいまは居住不能な地が甦るにつれそのようなところに移り住もうと思うかもしれない。静かに休める海でハウスボートに住みたいと思うひとたちもいるだろう。

建築物はイマジネーションと選択によるものだけに限られるが、かといって見にくい建物はなく目的に適わないものもないだろう。ジオデシックドーム(ドームハウス)といった、長い間地球人たちが否定されてきた快活さを反映するような想像力に富む建築デザインが人気を得るようになるだろう。これまでのテクノロジーと新しいテクノロジーによって、今あるコンクリートやスティール、硬性および弾性プラスチックと同様な強度と外観の建築材が生産され、自然素材と上質材と変わらない品質の加工製品と一緒に広く使用されることになるだろう。ガラスも今の組成とは変わるが同様に生産される。室内にいるときは自然にできるだけ近くにいたいとあなたたちが思うだろうからだ。

全員の一致した意思から、どこにもごみや目障りなものはいっさい存在しないだろう。どこに住んでいてもまた旅行しても、その土地の電柱は仕方のない存在だが、せっかくの景色を台無しにしてほしくはないだろう。それで、電柱は取り除かれ、配線が必要な場所は地下に埋められる。また電線を必要としないほかのエネルギー源が直接入ってくるようになるだろう。テレパシーが一般的な通信手段になるが、遠方との声による通話も今のように大事になるだろう。しかし、いま用いられている有害な無線方式はなくなるだろう。新しい交通手段によっていまの燃料と高速道路の必要性が変わるので、広大なコンクリート舗装道路網は徐々に廃止される。

不正な法律と政策は改められ、世界中の教育は宇宙の真理を正確に反映するようになるだろう。教科書の執筆、印刷、配給が、コンピュータ化された授業とあいまって迅速におこなわれる。 生まれながら教える準備がある魂は自分が選んだその使命に本格的にとりかかるだろう。

あなたたちを待っているこれらのことや他の素晴らしい暮らしの変化は本当に今の生活から見れば途方もないものだが、あなたたちが経験する最大の変化は人類の内部に起きることだ。それは愛と高次の意識が”奇跡”を再創造することだ。

それは、地球の魂とニルヴァーナの魂がまたふたたび肉体界と霊界との間を行き来するようになることだ。第三密度による制限によってこころが閉ざされるまでは、そのような旅は普段に当たり前だった。また、ひとりぼっちの存在だと思っていたことから、この宇宙のあらゆる存在につながっていることに気づくようになることだ。地球外文明の人たちを兄弟姉妹のように、じつは実際そうなのだが、受け入れることだ。すべての国と文化のひとびとが平和で協力的、親切、霊的に高く、快活で優しくなり、人生から不安や争いがなくなることだ。

さて、このことも言っておかなければいけないが、いまからその世界までの移行は試練の連続でもあるだろう。それを言わなければ、あなたたちの期待に反することになり、真実でも賢明なことでもない。そうしないと、試練をうまく乗り越える変わりに、地球がアセンションの旅をどんどん進めるにつれて弱気になってしまうだろう。だが、あなたたちにはそれに対する智慧と力強いスピリットと個性があるので充分用意ができている。さもなくばわざわざ選んで参加することもなかったし選ばれることもなかっただろう。

戦争とそのほかの暴力、不正、虚偽、腐敗は、その原動力になっているエネルギーがなくなるまでつづくだろう。闇の勢力は、それはネガティヴな思考の巨大エネルギーの場だが、すでに銀河系のこの領域から去っている。しかし、そのエネルギーの影響を受けた触手が残っていて、もっとも影響されやすい魂を支配したり、もっとも明るく輝いている魂を攻撃しようと最後のあがきをしている。

さらに、いまこの惑星上により強さを増している波動によって人間のすべての特徴が顕著に現れてきている。その増大が、闇の影響を受けている者たちがますます敵対心や慾、暴力にはしったり、苦しんで救いを必死に求めているひとたちへの無関心となって現れている。

だから、まだ闇の小競り合いがすべて終わっているわけではないが、立ち上がるひとのすべてから勇気をもらってほしい・・それは闇が終わるのはもうそれだけ真近いということだからだ。その勢いが燃え尽きるところまで来ていると知って喜んでいいのだ。なぜなら光のままに生きているあなたたち全員がそれを早く終わらせる助けをしているからだ。

お金の流れをコントロールすることが、闇の輩たちが最後に考えるよくある手段だ。それをできるかぎり自分たちの手のうちにおこうとするだろう。植物で言えば、”主根が腐って”がたがたになって、支えてきた巻きひげも壊れているのだ。しかし、すべてなくなるまでは、経済的な混乱によって多くの暮らしが影響されるだろう。覚えておきなさい、引き寄せの法則によってあなたたちは自分で豊かさを創造するパワーをもっていることを。そして持っているものを分け与えることが人生にそれ以上の豊かさを引き寄せるベストな方法だということを。

平和と調和が地球に行き渡るまでに、じつに多くの魂がいまと同じような病気や飢餓、戦争などの暴力行為による怪我そして自然災害などの原因で去ることになるだろう。そうやって人口は減少しつづける。それらの死は非常に痛ましいことのように見えるかもしれないが、それらの魂は前世での約束を超えるような苦難を経験することによって、飛躍的な魂の成長を遂げるのだ。もし別の地球での転生を選べば、そこに住むひとたちがお互いに愛し合う素晴らしい輝ける世界が再生されていると知っていながら、かれらはニルヴァーナに喜んで戻っていくだろう。

地球の自然なまた必要な浄化プロセスとして地球物理的な出来事(自然災害)がつづくだろう。過去数千年にわたる人間と動物たちのいのちへの甚だしい軽視・・今でもつづいているのはまったく嘆かわしいことだ・・によって莫大な量のネガティヴなエネルギーが蓄積されている。地球物理的な現象によってこれが大幅に減少されてはいるが、その残余エネルギーは、いま現在も新しく創造されている分も含めて、放出されなければならない。

これが自然によるものか、人為的な現象なのかは問題ではない。このネガティヴなエネルギーを除くことが重要なのだ。これらの現象によって、地球がアセンションするにつれて増す波動と過酷さが弱められるが、その影響は、あなたたちの宇宙家族たちのちからで可能な限り軽減されつつある。かれらのテクノロジーですべての死や破壊を防ぐことはできないが、地震と火山噴火によってエネルギー放出を広大な地域に分散させ、また巨大台風を人口過疎な地域に誘導することで死亡者数や建物の損害を抑えている。

記録的な高低気温や干ばつ、洪水は地球全体が本来の穏やかな気候に移行する一環で、しばらくは困難なときがつづくだろう。じょじょに海岸線が水没するところもあるだろう。しかし不安を抱く必要はない。そのような地域のすべての住民たちには防災と保障対策が施されるだろう。アトランティス大陸とレムリア大陸が浮上するという推測があるのをわれわれは知っているが、それは起きないだろう。それらの広大な陸地はその時代の地球でのかれらの文明を支えていたのであって、それが戻る必要はない。しかし、その時代に生きていた魂が戻ってきていて、今日の人類のなかに入り、進行中の意識改革とスピリチュアルな再生を手助けしている。

”神の言葉”を教えている宗教は、そのうそを産んだ偽りをあからさまに見せられることになろう。あきらかにされる真理を信じようとしない人が大勢出てくるだろうが、それはあなたたちが直面する課題になる。なかには反キリストや異端者を打ち倒すことは神聖なる行為であり義務だと信じて流血の戦いをする者たちもあるだろう。そこに見るのは・・復讐する神をこしらえて幾世代にもわたって欺き、支配してきた者たち・・そして新しい啓示に少しでもこころを開くひとびとのショックや混乱、怒り、幻惑、そしてそうだ、たいがい怖れだろう。

かれらの疑問には思いやりをもって安全な逃げ場をつくっておいてあげなさい、そして最良の対応をできるように自己の直感に頼りなさい・・かれらをあなたたちが必要とするときがくるだろう。しかし、かれらの信仰・・人生の生きる目的であるかもしれない・・を支えてきたものがうそであることをかれらに信じさせる責任はあなたたちにない。もしその努力が報われたら喜びなさい。われわれも嬉しいだろう。でも、うまくいかなくても落胆しないでほしい。反抗する魂は、宇宙のほかの魂もすべてそうだが、それ自身の必要とされる最適な方法で進化の道程を歩みつづけるからだ。そして創造主の永遠無限なる愛がかれらの行く道を守って行くだろう。

では、あなたたち、愛する地球の家族に、手短に言おう。あなたたちが共同で創造している愛と平和と調和の世界が、もうすぐ目の前にきていることを全身全霊で知りなさい。宇宙のこの未曾有の時期に参加しようと選んできて、今まさにここにいることを思い出せば、こころが光で満たされ、あなたたちの旅が輝かしい冒険になるだろう。どのような場合でも幾百万の光の存在があなたたちと供にあり、待ちに待った地球の”2012年”黄金時代を迎え入れるときには、聖なる光の愛と加護があなたたちを包むであろう。


2008.10.22

23.では、”黄金時代の最初の日”に何が起こるのでしょうということに関連した質問をまとめて、ある読者の言葉を引用しましょう。でもまず言っておきますが、もしその信念とビジョンが集団的意識としてなっていれば、あなたたちの世界は一瞬のうちに黄金時代に変化するのですよ。でも実際は違うので、すべての変化は段階的に起こることになるでしょう。

また、地球が第五密度の高い波動へと移るアセンションの旅をする際,光が肉体的な生存を可能にするのですが、その光を吸収する魂たちだけが黄金時代の恩恵に預かれることを忘れないでください。光を拒否する魂たちの肉体が生存能力をそれ以上維持できなくなると、その魂たちは、そのエネルギーが彼らの一生のエネルギーに見合う世界に行き、意識を高め、霊的に進化する機会を得るでしょう。

24.それで、第三密度が終わるのと黄金時代が始まるのには、はっきりした境界はありません。そして、闇に基ずいたすべての活動が一斉に終わることはあり得ません。様々な進歩には健康的な環境が必要なので、地球から汚染物質を除去することが最優先事項になるでしょう。ですから劣化ウランによる放射線を含むあらゆる汚染物質は、宇宙ファミリーのテクノロジーによって極めて急速に非物質化されまた中和されるでしょう。

この惑星の苦しみとなっているほかの状況・・戦争、殺人、レイプ、その他の暴力;人間が作り出した病気と天候;政府による市民の監視;警察の虐待、不正な法律、虚偽の告発と不正な投獄;兵器や他の軍事品の売買;性奴隷、児童虐待、ポルノ・・これらはすべて闇の影響からもたらされたものです・・は、完全になくなるまで減少していくでしょう。人々の意識が高まり、そのスピリチュアリティ(霊性)がはっきりとしてくるからです。

25.同じように、”日頃の暮らし”といった中では、極端から極端といった変化が急激に起こるわけではありません。病人や衰弱した人たちは、すべての人々にからだと心と感情の健康がもたらされるまで、次第に増えて行く自然療法とエネルギー療法によって治療されるでしょう。これには、あなたたちの言う”特別ニーズ”の人たちと足や視力や聴力を失った人たちが含まれます。

フォトン(光子)の数が電子と同じくらい増加して、やがては地球のエネルギーフィールド(場)を支配するようになるので、それが電気的、電子的、機械的な分野でさまざまなかたちで応用されるようになるでしょう。あなたたちが慣れ親しんでいる交通手段やその動力エネルギーは、段々と新しいデザインの乗物にとって替わられ、今すでに開発が進んでいるエネルギー源が広く使われるようになるでしょう。知的で霊的な成長が進むにつれ、やがてはあなたたちが惑星の上をテレポート(念力移動)し、他の世界にもアストラル体で旅行できるようになるでしょう。

いま健康に害がある無線通信機は改良されてその有害性が除かれます。電柱と電線は地下に移されるか廃止されます。監視システム、それにはあなたたちのテレビも含まれます、は必要ないのでなくなります。そして、そうです。誰もがテレパシーで通信できるようになるでしょう。


2008.11.21

9.アセンションしたいという地球の自由意志を尊重する神の命令を遂行するために、銀河系と銀河系間連合のメンバーたちが宇宙の最高位の存在たち の意見を求め、そのレベルでの協議から、ある計画が立てられました。それは、地球が、闇勢力が支配する第三密度から離れて、闇勢力が存在できない第五密度 まで上昇できるようにするものでした。彼女(地球)のアセンションする過程で、第三密度のカルマをすべて消滅させる必要がありました。そのために、その役 割のほとんどが非常に困難な経験をすることになりました。貧困あるいは過酷で抑圧的な社会体制、戦争で若くして死んでいく命、大量虐殺、餓死、殺人、悲し み、肉体的・精神的疾患や障害、そして、奴隷性、不法行為、家庭内や国内、国家間の争い・・肉体や精神や心を痛めつけるあらゆるものを終わらせ、なくすよ うにしなければいけなかったのです。ある魂たちは、そのような苦しみや困窮、争い、死の要因を造る側の人間になり、大勢の人々がまだ終わっていないカルマ 経験を完了することができるようにしなければならなかったのです。

10.この計画によってどういうことになるのかをすべて知ったうえで、そしてあらゆる魂への無条件の愛が基本になってそれぞれが転生での役割を選ぶ と いう理由から、この惑星に居住可能な数を越える多くの魂たちが、このアセンションの数十年間に参加を希望しました。肉体化することに選ばれなかった者たち は、ほかの重要なやり方で支援することになりました。また選ばれた者たちはその役割をやり遂げることで自分自身を進化させ、それと同時に、他の人たちのス ピリチュアルな成長を手助けすることを楽しみにしているのです。


2009.2.13

アセンションは肉体を持ったままなのか、エーテル体の魂で起こるのか?アセンションは2012年に起こるのか?誰が、或は何が地球と一緒にアセンションできるできないかを決めるのか?惑星と一緒にアセンションしない人たちはどうなるのか?アセンションは宇宙船に乗ってどこかに行くことか?この惑星が破壊されるから、私たちはアセンションするのか?もしそうなら、私たちはどこに行くのか?地球と一緒にアセンションするかしないかを知らせてくれる間違えようのない印(サイン)があるのか?魂で合意した転生の使命について知らなくてもアセンションできるのか?地球がすでにアセンションしているのに、どうしていまだに多くの暴力があるのか?それは何時終わるのか?というものです。

14. 光を受け取っている人たちは、地球がより高い波動の第四と第五密度の中へ入って行くときに、彼女(地球)と供に肉体のままアセンションするでしょう。光を吸収することで、からだの細胞構造が高い波動中の強力な光を生き残れない第三密度の炭素基盤から、生存可能なクリスタル構造に変化します。ここで付け足したいことは、地球のアセンションの旅の間に肉体生から霊体生に移行する人たちは、最近の数年間に移行した多くの人たちたちと同様に、充分な光があるという点については、”資格がある”と事実上されています。しかし、本来の,或は修正された彼らの魂の合意に従って、彼らの選択は当分の間は霊体での転生になっています。

15. 地球のアセンションは・・それは世界変革とスピリチュアルな再生プロセスで、それによって地球が第三密度から立ち上がり黄金時代へと進み続けることができます・・線形時間で言えば約70年も続いて進行しているのです。あなたたちのカレンダーで2012年末までには、何千年間もあらゆる凶暴な形で支配して来た闇がすべて消え失せているでしょう。でも、これは2012年以降には何ももう変化が起きないという意味ではありません・・実際、スピリチュアルで知的な成長以外に、多くの分野での素晴らしい変化があるでしょう。生きることは継続的な学びのプロセスです。或は、もっと正確に言えば、魂の知識を意識的に思い出すプロセスです。

16. 誰がアセンションして誰がしないかは、それぞれ個人の問題です。それは勝手に決まるものではありません・・それは個人のエネルギーの問題で、その人の自由意志による選択が光の中にあるか、闇の中にあるかで決まります。僕が説明したように、光に溢れた人たちはアセンションします。それで、闇に傾いている人たちについてはちょっと後に述べましょう。

17. アセンションとは宇宙船に乗って行くことではありません。でも、今でも、宇宙船団の乗組員たちを彼らの宇宙船に会いに行くのは、最も啓発された、或は光りを得た魂たちの素晴らしい特典のひとつです。

18. 地球が破壊されることは絶対あり得ません!その反対に、彼女は本来の健康を取り戻す過程にあるのです。そしてそのアセンションへの道を進むに伴って、彼女のエデンの美が復活するでしょう。

19. その人が地球と一緒にアセンションするという”間違えようのない”特別の印などありません。なぜなら、それはあなたたち一人ひとりがそうであるように、それぞれ独自のものだからです。もっと明確に言うと、その人のアセンションとは意識が魂と合体することです。それを認識できる特徴としては、意識の向上、識別力と信頼できる直感の強化、ハイアーセルフ(超意識)と神/女神と真の霊性の気づきの拡大、魂の合意に合致した生き方からもたらされる平和な感覚があります・・あなたたちはこれを、まるで“流れに逆らう”代わりに”流れに沿って行く”ように感じるでしょう。

自己発見は、”あ、そうか”という瞬間で来るかもしれませんし、それが印にもなるでしょう。そしてこれにはいろいろあって、困った状況や難しい人間関係の最良の対処方法を思いついたり、人生の新しい方向とか心に”呼びかける”場所へ引っ越しするというインスピレーション、或はある実験の解決法かもしれません。

20. 人生での使命を知らなくても心配することはありません。地球人で魂の合意を知っているのはむしろ一握りの人たちだけです。ただ内なる声に従うこと・・それが意識への魂からのメッセージです・・それが自然と自分の使命に導いてくれます。時が来れば、これは人にもよりますが、最も自分が必要とされ、最もやりがいのある場所が分かるでしょう。その時には、その目的を成し遂げる自信を持つでしょう。今起きている変化の中で自分が何か重要な役割を果たさなければいけないのではないかと思わないでください・・あなたたち一人ひとりが重要です。他の人たちに比べて,自分は充分貢献していないと思うかもしれません。でも、魂のレベルであるがままの自分でいることだけで、自分ではそうしていることを意識して気づいていないかもしれませんが、あなたたちは自己の使命を果たしています。そして、あなたたちが人生で関わるすべての人たちに光を送っているのです。

21. あなたたちの世界で暴力がまだ日常の現実であることは、地球と供にアセンションしない人たちの運命と関係しています。この重大な節目の時に、集団意識は、いまだに地球に潜んでいる闇の触手に絡んだ要素を含んでいます。かつてカルマの清算が主な目的で“悪役”を演じていた人たちが、それを手放すことを止めようとしないので、闇に捕われています。地球がそのアセンションの行程に従ってさらに高い波動へと入って行くにつれ、闇に傾いている個々の人間は・・良心のかけらもないほど残虐、強欲で権力を欲しいままにしていて、ある者たちは支配的地位にいますが、他の多くは世間からは見えない背後で支配しています・・地球から離れるでしょう。その魂のそれこそ生命力であるわずかな閃き以外に光がなければ、それらの人たちの肉体は死ぬでしょう。そして、彼らの魂たちはその転生エネルギー記録に対応する非常に密度の濃いエネルギー領域に自動的に行くことになります。その領域世界で、彼らは絶え間ない光を与えられます。そこでもし彼らが反応すれば、彼らの意識が向上するでしょう。


2009.3.10

30. 密度の間にははっきりした境界はありません。ですから地球が第三密度を離れて,第四に入り、さらに第五まで旅したという劇的な徴候はないでしょう。あなたたちが地球の辿る行程の中でこれから気づくことは、人間と動物の行動に見られるポジティブな変化、抑えられていたテクノロジーの出現と新しいものの紹介、新しいエネルギー源と交通システム、環境の回復、医療や教育システム、食料生産の方法、建築材料、コミュニケーション、雇用の改革など・・実際、日常生活のあらゆる面に及びます。そして確かに言えることは,あなたたちが僕たちの宇宙ファミリーのメンバーたちと肩を並べて働くことになるでしょう。もっとも、彼らの助けをあなたたちが必要とし歓迎するのであればです。

31. 第四と第五密度はどんな感じがするのですか? 地球にはそのような領域に霊的また知的に到達している人たちもいますが、 質問者は地球と供にアセンションの旅をする地球住民たちのことを言っているのだと思います。こころに太陽のように輝く溢れるような喜びを思ってください・・これが高い波動領域の暮らしがどんなに素晴らしいものかのヒントになるでしょう。こころが”魂の座”であることを思い出し、自分自身を輝ける星に想像すれば、自分が天球の一部として存在しているという感覚に満たされるでしょう。


2009年4月9日

1. 今日はマシューです。このステーションにいるすべての魂から心からのご挨拶をします。あなたたちの惑星の上に、そしてその周りに絶え間なく光が強さを増しているのに、それとは相容れないようないろいろな出来事が起きて決定がなされていることにあなたたちがとまどっているのが見えます。世界中の様々な国で改革が進んでいる証拠がありますが,同時に相変わらずいつものように、同じ強硬姿勢の政府もあります。僕たちの愛する地球家族の皆さん、今のこの分岐点では、第三密度エネルギーの流れがそれ自身を使い切るまで、混乱がつづくのは避けられないことなのです。

2. 世界レベルと個人レベルであらゆるものが加速され、人間の性格や行動が極わだって来ているのを見聞きし、また経験していることでしょう。これらの宇宙の光の勢力が一緒になって、闇が人間たちをコントロールしていることを一般の目に明らかにしつつあります。そして同時に、光にこころと気持ちを開く人たちの数が増えています。究極的には、光の存在になった人々が素晴らしい世界で平和に暮らし、自然の豊かさを分かち合うことでしょう。それはあなたたちにすでに約束されたことです。コンティニウム(時空連続体)ではすでに存在していることが,地球時間の線形時間内でいま起きつつあるのです。

3. 僕たちには“トンネルの向こうに”地球の黄金時代の光が見えているので大喜びしているのですが、そうは言っても改革が思ったように急速に進まないのでがっかりしている人たちがいるのも見えます。エネルギーの低い第三密度世界から第四密度世界まですっかり変容するというこれだけの規模の変化は急速には起きません。このプロセスは出発点から最終目的地まで直線的に進まないのです・・変化を望む声が大きく力を得てくれば、変化に反対する者たちは既得権を守ろうと抵抗する力を増すでしょう。地球の場合、後者のグループの中には自分たちが闇の支配にあったことを気づいてそれを振りほどいた人たちもいますが、一方で、いま起きている地球規模の改革に反抗しても無駄だということを受け入れない者たちもいます。ですから、闇の残党がぼろぼろになって消え、光の存在に勝利があがるまで、これからの道程はジグザグに進むことがつづくでしょう。

4. これを地球の線形時間枠に置いてみましょう。多くの宇宙文明社会の進化の過程では、第三から第四密度に移行する期間は、あなたたちのカレンダーで言えば何千年、時には何十万年も掛かるのです。それにくらべて、地球がそれを開始したのはわずか70年前です。それ以来、ものすごい変化が起きていて地球を第四密度に押し進め、それが2012年に完了するのです。あなたたちの“時間”感覚ではどんどん速くなって来ていることも含め、あらゆるものが加速されていて、もうあなたたちはそこにほとんど着いています。地球のアセンションはこの宇宙内でもこれまでにもなかった未曾有の、驚くべきスピードで起きていることなのです。

5. そして、じつは第四密度が地球の目的地ではありません・・第五密度まで行くのです。そこまでつづく旅の暮らしはさらに素晴らしいものになるでしょう。このことを心に留めていれば、まだ残っている闇が消えて行く最後の移行段階でいろいろな出来事が起きて来ても、我慢がもっとしやすくなるでしょう。それに、これまでもずっとそうでしたが、最も影響力ある目標と成果は人々の目に触れないところで起きています。草の根運動から国際的な活動まで、あらゆる前進的な変化のサインがあることを見てそれに感謝することが、あなたたちの大きな恩恵になります・・感謝のこころの光は精神を向上させる驚くようなパワーがあるのです。

原文:Matthew's Message
訳文責:森田 玄

森田玄さんのブログ「玄のリモ農園ダイアリー」http://moritagen.blogspot.com/に記載されている「マシュー君のメッセージ」を転載しました。


タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html






バックナンバー改訂版

シャコガイと島らっきょ  ~石垣島ダイアリー~

2010年04月19日
2010年4月19日(月)の天気予報

曇りのち晴れ

最高気温 28度
最低気温 24度

昨日は午前中に購入したり作ったりした
野菜やサーターアンダギーに関して掲載しましたが

夕方近くになって
マンションの大屋さんの奥さまが
ご自身の畑で作ったとりたての
‘島らっきょ’を持ってきてくれました。

軽く塩もみをして
カツオブシをまぶしてから
醤油をつけて食べるとおいしいとのこと。

確かに食べてみると
私にとっては酒のつまみに最高でしたが
子どもたちにはちょっと辛かったので

残りは下漬け(塩漬け)にしましたので
甘酢漬けとかはちみつ漬けとかに
仕上げようと思っています。

以前、大屋さんにも言われましたが
近くに畑があるから
野菜を作るのなら使ってもよいとのことでした。

ありがたいお申し出に
「生活に余裕が出てきたらぜひお願いします!」
と喜んで返答しました。

DSC01085_convert_20100419150639.jpg

お隣にお住まいのご夫婦は
釣りやダイビングがお好きのようで

昨日の夕食前に
ピゲカゲ浜で採ってきた
シャコガイをさばき
刺身で食べられるように造って
持ってきてくれました。

ピゲカゲ浜は
一部の領域を除いて
魚貝類の採集は自由にできます。

でも、まだ私たち家族は
一度も魚貝類を採集して
食べたことがありませんでしたので
昨日が初めてのことでした。

初めて食べたシャコガイは
初めて味わう触感でしたし
肝の味はくせもなく美味でした。

ちなみにこれまでに
沖縄ではアーサーと呼ばれている岩ノリは
ピゲカゲ浜で何度か採ってきて
アーサー汁やてんぷらにして食べました。

DSC01099_convert_20100419150433.jpg
~昨日いただいた約20cmのシャコガイの貝殻~

実は石垣島に来てから
家族でお刺身を食べたのはこれで2度目でして

今月の初旬に
ささやかながら引っ越し祝いとして
スパーでパックのお寿司を買ってきて
みんなで食べて以来の贅沢をしました。

ちなみに有名な石垣牛は
引っ越してから
まだ食べていませんが

きっと機会があったら
食すだろうとは思っています。

でも、4つ足の動物(牛・豚など)の肉食は
我が家ではさらに減ってきていますし
加工品や調理済みのお肉以外は
最低1年は調理していません。

特に肉食を我慢しているわけでも
無理して食べないでいるわけでもないので
たま~に食べたいと思った時にお肉を食べると
とても美味しく感じます。

ただし、食べはじめてすぐに食べたくなくなったり
あとで胃が持たれたり
お腹を少し下したりすることがありますので
食べる量はとても少なくなりました。

ちなみに子どもたちの楽しみにしている
小中学校の給食の献立表を見ると
ほぼ毎日、魚や動物の肉が出ています。

私や妻は生き物のお肉を食す際には
慈しみの気持ちと
感謝する気持ちを大切にしていますが

子どもたちも同じような気持ちを抱いて
肉を食していることだろうと信じています。

DSC01093_convert_20100419150834.jpg
~先ほど午後2時半頃、自宅から1kmほど離れたところにある牧場に行って牛を撮影しようと思ったのですが、放牧していなかったので撮影できませんでした。このような話題で、牛たちは撮影してほしくはなかったのでしょうか…。すぐにあきらめて、今日もたくさん出会った、道端を舞う様々な種類のたくさんの蝶々の中で、黒に白い模様のの入ったアゲハ蝶と、美しい青い模様が素敵だった蝶の写真を撮ってきました。~

DSC01097_convert_20100419151048.jpg


☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html








日記

手を差し伸べることについて ~プレアデスからのメッセージ~

2010年04月19日
*以下の内容は、2008年6月6日にタエヌがプレアデスの同志とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

さしあたって、今この場にて早急に書きとめて知らせてほしいというような緊急性はありませんし、改善するとか何かを願うとかそういったことを書き表してほしいということではありません。ですが、今、もう一度確認することが必要とすることを書き綴りますので、すでに承知して実生活に生かしている方にとっては単なる確認事項としてお読みいただいて結構ですし、そうでない方はあらためて見直して生かしていただくことを望みます。

明日から始まるなどというわけではなく、もうこの世は未知のエネルギーの領域に入っていますので、あなた方が予測不可能のような事態がすぐにでも目の前の現状として起こっても、何ら不思議ではないということをご承知おきください。そして、身近などなたかがこうして目の前のことにおいて行き詰っていることがお分かりであったとしても、あなたのできる範囲というか領域というか、そんな役割がある程度は決まっているということを念頭において、手を差し伸べるべきこととそうでないこと、手を差し伸べるにしてもどこまでさしのべるべきかという判断、どこまでが自己責任の範囲で、どこまでを助けてあげるべきなのかという認知、そういったことを今のあなたにおいてできるだけポジティブな思考の状態の中で淡々と冷静になれるときの瞬間に判断して身の振り方を知り、行動すべきであるということです。別に、ここの場面では見過ごしてしまおうと思うことは、決してすべてが見捨てるとかかわいそうな人に手を差し伸べないなんていう冷酷であるとかといったことではないということ。あなたがあなたの現段階における霊性に基づいて判断して、それが人にとっても自分にとっても良かれと思うことは、それが真の正しい道である選択をしたといえることなのです。

だから、そんな体裁のようなことがひらめいてきても、それは思考からくるものでもあるし、できるだけ多くの方々に手を差し伸べたいという理想からくるものでもありますから、その中でも自分のできる範囲、そして宇宙の調和の中でのあなたの役割である範囲は、最初に感じたことが最も素晴らしい選択となるわけですから、それを信頼するように努めると良いということになります。

愛する人のために全力を尽くすことは素晴らしいこと。愛するが故にたくさんの愛という気持ちとともに行動や物質による支援を行うことも素敵なことであります。ただし、その素晴らしい動機と目的により起こした行動が、時には相手の領域に入り込みすぎて、有難迷惑だとか、本来は自立するための状況なのにその機会を台無しにしてしまうとか、結果としてそういったことになることも時にはあるということです。その判断は、途中である経過において、いくらでも気づき修正可能であるわけですから、そのような素晴らしい動機から発した素晴らしい行動や思考といったことを、本来は正しいことなのであるという宇宙の道理にかなっていることであるがゆえに、結果としてもより最良な状況になるほうがよりポジティブな状態になり、より高い波動を生じる結果になるということです。

逆にいえば、目の前の状況においても、あるいは今世においてそれほど縁が深くない人に対してでも、手を差し伸べたい人に手を差し伸べることが最良のこととしてわくわく感を抱いたのならば、何も迷うことなく心も行動も物質も、できる限りのことを全力で支援することは、最も愛をめぐらせ、自分に豊富であるものを分配することで必要である人に生かされて平等にすることになり、その中でさらなる愛のめぐりが生まれて、どんどん広まっていくという、こんなに最高であることはないわけですから、そんな時にはどうか迷わずに行動に移してください。

すべては、第一インスピレーションが大切です。直後の思考、そしてそのあとにくる自分自身の3次元の世において身につけた固定観念や価値観で宇宙の法からは逸れてしまっていること、自分自身のエゴ、保身、危機感などといった、そんな中で判断してしまうと、せっかくの宇宙から頂いた本来のインスピレーションが役に立たなくなってしまいます。

すべての信頼は自分自身の感覚を信頼することから始まります。自分自身の真の感覚は、魂を向上させるために、宇宙から与えられた最も素晴らしいプレゼントでもあります。もっと、自分自身を信頼してください。それが、今世において身につけた価値観や固定観念とはたとえ多少なりとも違っていたとしても、必ず素晴らしいめぐりとなって自分自身に返ってきたとき、その本来の意味がよくわかりますから。自分を100%信頼できれば、すべてのものを同様に100%信頼できるようになります。信頼は深い愛によるものです。信頼はすべてが愛をめぐらせます。深く強く自分を信頼してください。


*上記のメッセージは、2008年6月6日に当ブログで掲載した内容を転載しました。


タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html






バックナンバー改訂版

吉原日曜市 ~石垣島ダイアリー~

2010年04月18日
2010年4月18日(日)

曇り

最高気温 26度
最低気温 22度

自宅の住所は川平ですが
川平の中でも
吉原地区と呼ばれている地域に住んでいます。

グラスボートで有名な観光名所や
郵便局や川平小中学校などのある
川平の大きめの集落まで
4~5kmほど離れています。

自宅から200mほど離れた所に
吉原公民館がありますが
毎週日曜日には
日曜市が開かれています。

201004181002000 (3)

日曜市では地元で採れたての野菜が
たくさん売られていますが
今日も買い物に出かけました。

赤シソ、チンゲンサイ、ニラ、ネギ、
サニーレタス、キャベツ、ミニトマトとトマト
〆て700円也。

野菜の中のほとんどが
100円均一で売られていましたが
1袋や1束の量は
とてもたくさんあります。

DSC01079_convert_20100418132500.jpg

帰宅してすぐに赤シソを煮込んで
グラニュー糖とクエン酸を入れて
シソジュースを作りました。

ミニトマトとレタスは
昼食の食卓に並べました。

買い物とは関係ありませんが
午前中は娘たちとサーターアンダギーという
沖縄のお菓子を作りました。

F1010125_convert_20100418134225.jpg


☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html





日記

シリウスより愛をこめて その12

2010年04月18日
*以下の内容は、2009年4月1日にタエヌがシリウスの同志とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

あなた方地球人類が体験していると実感できる、5感的に認識できるような目の前に起きている現実という言葉で表現されている3次元的な世の自らが関わっている出来事は、自らの意識の中で理想や願望としていることの映し出しであるということは、それを知る人々によって、あらゆる場面においてすでに伝えられ続けていることでもあります。しかしながら、みなさんはそれをわかっていても、心の中で自らの望んだことが、本当に3次元の世で実現して体験できているのかといったら、そんなに簡単に体験できるものではないと感じている人が多いということは事実であるわけです。

この矛盾ともいえるべきことはいったいどのようなことであるかといえば、より直感的である感覚的な意識からくる理想や願望と、今世におけるあなたの経験や固定観念や3次元的な知識の中から思考によって作り出した理想や願望とは、大きく違っている場合が多いということにあるのです。つまり、多くの地球人類のみなさんにとっての理想や願望は、たとえ出所が魂から湧き上がってきた感覚的な意識であったとしても思考によって大きく変化させてしまう場合が多く感じられますし、エゴによってできた3次元的思考によってのみ顕在意識に表出していることも多くあるというのが現状です。ですから、このような願望や理想は、魂から感覚的に湧き上がってきた純粋な理想や願望とは違った形で捉えている場合が多いということが事実であります。

地球人類のみなさんすべては本体である魂があり、顕在意識は魂から湧き上がってきているものでもありますが、これまでに地球上で経験してきた中で得てきた最も表面的な意識である思考は、魂から湧き上がってきたものとは違った形に変化したものも多くあり、あらゆる固定観念や制限やエゴなどといったネガティブなエネルギーが入り込んでいる場合が多い結果に至って、顕在意識として認識しています。

ちなみに、魂はあなたのすべての過去世の記憶を持ち合わせています。過去世の記憶が、顕在意識にはほとんどが表出されていない状態であるあなた方にとっては、なかなか実感するには至らないでしょうが、そのようなものであるだろうと意識することは大切になってきます。そもそもあなた方すべての地球人類の魂は、それぞれが皆深い領域ではつながっているので、あなた自身のみではなくて、全人類の記憶ともつながっていますし、宇宙全体も深い領域では1つにつながっているために、宇宙全体の記憶も持ち合わせているのです。そして、ほんのごくわずかな一部の記憶が、今、あなた方の顕在意識に表出することが許されているわけですが、これはすべて必要の法則によるものでして、必要なことすべては魂から顕在意識へと表出されてきているわけですから、今あなたがわかっていることが、今の時点でのあなたにとっての必要な記憶や叡智であるということにもなります。

ただし、この先に魂の持ちあわせているより多くの記憶や叡智を顕在意識に表出させたいと望むのであれば、根本的に必要になることは、あなたの持つ魂の本来の素晴らしさをより信頼することができるかどうかにあります。そして、そのことと並行して、あなた自身の今の時点の波動をより高めること、つまりより大きな愛の循環を作り、より光に満ちた実生活を送るように努め実践することが必要になります。そして、さらに実生活をより波動の高い愛に満ちた状況にするためには、魂の持ち合わせている宇宙の真理である本来の叡智を知り、より多くの必要な記憶を知ることが必要になってくるのです。しかし、急な変化は人々をネガティブにしてしまいがちですので、これも必要に応じてということになるわけですが、よりスムーズに光の道を歩むためには、徐々に変化する道を選択する場合がほとんどなのです。ですから、一気に魂と顕在意識とが近づいて表出することは、よほどの必要性がないかぎりは、ごくまれにしか起こらないというのがこれまでの状況でもありますし、アセンションの時を迎えるまでは、これまで通りのよりスムーズな道を多くの魂は選択していくことになります。ですから、急激な変化がない場合にははっきりと自覚することは難しいでしょうが、自覚があるかないかは別にして、着実に光の道を歩み続けていれば、その状況に応じて魂からの必要な叡智を確実によりスムーズな状態でインスピレーションとして受け取ることができるのです。

この魂の記憶の中には、あなたがたの直線的時間に当てはめると、過去のこともありますが未来のことも含まれています。つまり、この先に起きることも記憶しているのです。いわゆるあなた方の表現する予知にあたることですが、予知とはいってもそれは直線的な時間に置き換えた場合でのことでして、実際には平行して存在している世界では、もうすでに現実として起きていることが、直線的時間においては遅れるような形で、あなた方がもっとも実感している3次元的世の現実世界の中に表出するというだけのことなのです。つまり、他次元的な世界の出来事がすべて3次元的な世界において実現するわけではありませんが、3次元的世界の現実として表れることのすべては、必ず他次元的な平行している世界においては、もうすでに経験済みなことばかりであるというのが、宇宙における真実であります。

つまり、あなた方がより波動を高めてより愛を多くめぐらせつつスピリチュアルな目覚めが進んでいき魂の波動に自己の意識の波動がより近づけば近づくほど、あなたにとって必要な叡智として、その必要に応じた魂の記憶である過去も未来も、顕在意識において認知することができるようになっていくのです。

そして、今の時点では実現していなくても、今の世の実生活において、より波動を高めて愛に満ちた道、つまり神により近づくための道であり地球にとっても宇宙にとっても大歓迎である光の道を歩むために必要であれば、惜しみなく魂の記憶が顕在意識に直感的な形で表出することが許されるわけですが、それがあなた方の言葉では「理想」とか「願望」となってイメージや夢といった非現実的といわれる世界に表出されるのです。

先ほど述べましたように、これはあくまでも波動がより高まっていくための光の道を歩み続けることで魂により近づいた場合に起こる状態ですが、逆に光から遠ざかるような、愛が薄くなりエゴが増大していくような道を選択し続けると、同じ言葉として表現される「理想」や「願望」も、高次の魂から湧き上がるものとはまったく違い、残念ながら自らの波動を落とすための道を選択してしまっているために、魂の記憶はほとんどなく、3次元的な思考、特にエゴからくる思考によるものが多くを占めてしまうのです。

もちろん、願望や理想を描けば、その他次元的世界で実現していることのいくつかは、その波動や必要性に合わせて、3次元の世でも実現します。これは、魂の記憶である願望や理想と同様に、思考によって描かれたイメージの世界もパラレルワールドでありますので、3次元の世におけるあなたが光を遠ざける道を歩むことを続けていれば、その道をさらに進むための3次元的現実が実現してしまうのです。つまり、自らはポジティブな選択をしているつもりであって、不調和を生じたり光から離れたりアセンションへの貢献度が薄れていく道を選択しているつもりはなくても、あなたのわくわくが宇宙の真理から反れた方向への道を選択していれば、結果的には宇宙における道理からは離れてしまい、ネガティブな状況に陥るようになってしまうのですが、そのようなことでも必要に応じて実現するのです。


3次元の地球上における判断として、不調和を数多く起こしているとか、迷惑行為や人を傷つけるような事や、犯罪といわれる地球の世の法律を犯すようなことをするとかといった、いわゆる悪人とジャッジされている人々も、実際にはその人の波動の中では、わくわくすることを選択し続けているのです。ただし、その人の個性や持ち合わせている波動や意識の在り方、そして進む方向が光から遠ざかっているというだけのことでして、そのような人々にとっては、光の道を歩んでいる人々が感じているような悪いとジャッジされるようなことをしているという自覚は、本人にとってはとても薄いものであり、目の前の道をポジティブに選択しているつもりの、わくわく感に従った結果であるという意識が強いのです。

人の人生に他の人が勝手に介入することは、宇宙の道理には適っていません。しかし、より光の道を歩み続けて、その歩んでいる道を自らの実生活を通して表現することは道理に適っています。そして、その様子を見たり感じたりして、光から遠ざかる道を歩んでいた人が気づいて目覚めようという意識を多少なりとも持つことができて、あなたに対してサポートを求めてきた場合には、あなたは相手が必要としている光を与えるために、あなた自身のできる限りのサポートをしてあげることが許されるのです。そして、その中でサポートを求めてきた人が、その人生の道を方向転換して光の道を歩みだし、実際に光を得て波動が高まって魂を向上させるための本来の道を習慣として歩むようになった場合には、あなたはあなた自身のライトワーカーとしての大きな責務を十分に果たしたことになり、それがとても大きな光となってめぐってくるので、あなた自身もさらなる愛の光を与えられるのです。

あなたが魂により近づくような光の道を歩んでいるのだろうと感じ、以前の自分と比較して、純粋な感覚の中でより多くの幸福感を少しでも実感できるようでしたら、あなたは間違いなく高次の存在である自らの魂に対し、より近づいている状況であるはずです。そして、そのように、自分自身の波動が高まっていることを実感している時には、より直感的によりわくわくすることを選択すれば、さらなる波動が高まるための光の道を着実に歩むようになるはずです。そして、そのためには思考をできるだけ取り除き、より純粋な直感的なことや、インスピレーションによってわくわく感を得られることを顕在意識に叡智として自覚することが大切になります。

そして、その中でも、顕在意識における理想や願望であるポジティブなイメージが意識の中で膨らんできた場合には、実際にあなたの魂における未来の記憶としての叡智である場合が多いので、それをより早くより確かな形で3次元の世においても経験したいと望むのであれば、時間を惜しまずより純粋な気持ちで、3次元的な制限や固定観念などといったネガティブなエネルギーを加えずにイメージし続けつつ、今の時点で無理なく可能な範囲内のことを行動に移すことが、とても大切なことであり必要なことでもあります。

たとえこれまでの3次元的な常識としては無理だと感じるようなことであっても、あなたが純粋な意識の中で理想や願望を描くことができていることのすべては、本来は3次元の世においても実現可能なことばかりなのです。そして、そのようにより強く意識において信頼し続け、パラレルワールドにおいて理想や願望を持ち続けてすることができて、可能な範囲のことは行動に移してさえしていれば、その必要な状況に至った時には必ず実現するものなのです。

2009.4.1 AM11:40


*アセンションスペースシューリエよりお知らせです。

☆石垣島の様子や島の暮らし等に関しまして、もし何かご質問がありましたら、アセンションスペースシューリエのHPのメール蘭のアドレスからメールでお知らせいただきましたら、分かる範囲内でブログに掲載して回答いたします。また、スピリチュアルな内容のご質問もお受けして、ブログにて回答いたします。ただし、すべてのご質問にお答えできない場合もあるかもしれませんし、回答するまでに時間がかかってしまう場合もあるかもしれませんが、私なりにできる範囲内で、わくわく感に乗じてブログに掲載する予定でいます。よろしければお気軽にメールしてください。またその際に、ブログに掲載しても差し支えのないペンネームもお知らせいただきましたら、ブログにご質問や回答を掲載する際に使わせていただきますので、よろしくお願いいたします。

☆4月の月末大祓いはまだまだ受け付けております。もしご依頼をいただきましたら、当方なりにせいいっぱいの尽力をさせていただきます。宇宙エネルギーを中心としてさまざまな高い波動のエネルギーとともに、石垣島の癒しのエネルギーもたっぷりとお届けします!

タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html








バックナンバー改訂版

さかなクントークショー ~石垣島ダイアリー~

2010年04月18日
2010年4月17日(土)

曇りのち晴れ

最高気温 25.2度
最低気温 19.1度

千葉県に住んでいた時
さかなクンの家が
千葉県館山市にあることを
自宅や部屋にあるたくさんの水槽などの写真入りで
子供向けの雑誌にて紹介されていました。

アマンダもデンプも
テレビでさかなクンを何度か見て
とても好きな有名人の1人でしたので
その後は館山方面へと行くたびに

「さかなクンはいないかな~
さかなクンの家はどこかな~」
と車窓から見たり歩いたりして探すことも
館山への旅の楽しみの1つとなっていました。

結局、千葉県在住中は
一度もさかなクンには会えなかったのですが
なんと石垣島でさかなクンの
トークショーが開かれるという情報を知りました。

そしてついに昨日
アマンダとデンプの願いはついに叶い
白保公民館の広場に作られた
屋外特設ステージにて
さかなクンのトークショーに参加してきました。

さかなクンのトークショーは
テレビで見るさかなクン以上に
超ハイテンションのまま
トークとパフォーマンスが続き

数百人は詰めかけていると思われる
会場全体の人を巻き込んで
笑いあり勉強にもなる
とても楽しい1時間ほどの時を過ごしました

さかなクンのトークショーを
大いに楽しんでいたデンプは
いつのまにか舞台すぐ下の最前列にまで行き
同じような気持ちになった小さな子どもたち数十人とともに
目の前でさかなクンを見ていました。

最後には握手までしてもらったとのこと。
大感激していました!


今朝は子ども番組のゴセイジャーに
さかなクンが出演していましたが
昨日の話も合わせて
家族みんなで朝から大いに盛り上がりました。

ちなみにさかなクンは
撮影禁止とのことでしたので
当ブログでアップできないのが少し残念ですが
白衣にネクタイとフグの帽子が
なんだかとてもお似合いでした。

魚が好き海が好き自然が好きなさかなクンの
ナチュラルな様子をなまで見て

純粋な子ども心のまま
わくわく感に従って生きている
素晴らしい実践者であると感じて
とても嬉しいわくわくした気分になりました。

DSC01059_convert_20100418070600.jpg
~加藤登紀子さんのリハーサルの様子 さかなクントークショーも加藤登紀子さんのコンサートも入場無料でした。午後2時頃撮影~

ちなみに、トークショーのあとには
加藤登紀子さんのコンサートも開かれるとのこと。

時間が遅くなるので
コンサートには参加しませんでしたが

開始時間の1時間ほど前に会場に到着した時
ちょうど加藤登紀子さんのリハーサル中でして
30分間ほど生リハーサルを見ることができました。

張りのある奥深い歌声に
私も妻も大感激でした。

その間、娘たち3人はバッタを探したり
近くにある鳥小屋を見たりしていて
素敵な歌声をバックに
思い思いのことをして楽しんでいたようです。

DSC01053_convert_20100418070354.jpg
~ステージ近くにあるガジュマルの木 ガジュマルの木には‘幸福を招く精霊が宿っている’といわれています~


*アセンションスペースシューリエよりお知らせです。

☆石垣島の様子や島の暮らし等に関しまして、もし何かご質問がありましたら、アセンションスペースシューリエのHPのメール蘭のアドレスからメールでお知らせいただきましたら、分かる範囲内でブログに掲載して回答いたします。また、スピリチュアルな内容のご質問もお受けして、ブログにて回答いたします。ただし、すべてのご質問にお答えできない場合もあるかもしれませんし、回答するまでに時間がかかってしまう場合もあるかもしれませんが、私なりにできる範囲内で、わくわく感に乗じてブログに掲載する予定でいます。よろしければお気軽にメールしてください。またその際に、ブログに掲載しても差し支えのないペンネームもお知らせいただきましたら、ブログにご質問や回答を掲載する際に使わせていただきますので、よろしくお願いいたします。

☆4月の月末大祓いはまだまだ受け付けております。もしご依頼をいただきましたら、当方なりにせいいっぱいの尽力をさせていただきます。宇宙エネルギーを中心としてさまざまな高い波動のエネルギーとともに、石垣島の癒しのエネルギーもたっぷりとお届けします!

☆タエヌのホームページ☆
「アセンションスペースシューリエ」
http://www.shuwrie1.com/index2.html






日記

調和のとれた人間関係を築くために

2010年04月17日
やさしさ、謙虚さ、思いやり、慈しみ、純粋さなど、人は必ずこのような波動の高い要素を持ち合わせています。逆に、エゴ、意地の悪さ、ねたみ、怒り、不安、自意識過剰など、波動の低い要素も持ち合わせています。3次元の世に存在する私たち地球人類は、だれもがこのような波動の高い部分も低い部分も持ち合わせているといってよいでしょう。

人と人との関係は、宇宙の普遍の法則である「波動の法則」と「カルマの法則」が大きく関係してきます。そして、多くの人間関係の根本は、この2つの法則によって結ばれていると言っても過言ではありません。

人間関係において、お互いにネガティブなことをそれほど感じずに、それなりに調和のとれた関係を保てていれば良いのですが、相手から低い波動の要素を多く感じたり、自分との波動が(気が)合わないと感じたりしているのに、それなりに顔を合わせて人間関係をより調和のとれたポジティブな関係を保つように努めるべき場面は、このブログをお読みいただいている皆さんの中でも、日常生活の中でそのような状況におかれることは、多かれ少なかれ多くのみなさんが現実的な状況として当てはまることがあるでしょう。


例えば職場で同じ室内に勤務しているある人が、自分に対しては意地悪で冷たく接してくるのに、他の人に対しては笑顔でやさしく接しているという状況であったとします。そんな時、あなたはとても嫌な気持ちになるでしょうし、イライラ(怒り)や不満な感情を心の中に抱くでしょう。そして、その人が近づいてきただけでもそんな気持ちが湧きあがったり、話しかけられた瞬間に恐怖のようなものや嫌気を抱いたりもすることもあるでしょう。

しかし、このような低い波動の情緒からの邪気(マイナスエネルギー)を出すと、波動の法則によってその人の低い波動の要素とつながって、低い波動の状況をより作り出しやすくしてしまうのです。ですから、お互いの低い波動が重なり合って、現実としてはネガティブなエネルギーが倍増するために、さらにネガティブな状況が生じやすくなるのです。これは、言葉に出しても出さなくても発することでして、感情や思念によるエネルギーが大きく関係するために、口に出さずに黙っていれば解決することではありません。もちろん、口に出すと言霊のパワーも加わり、さらにネガティブになってしまいますが…。

陰で人の悪口を言っても同じことです。帰宅して一人でネガティブな情緒を出して相手を憎んでも同じことです。すべては相手に伝わります。思念や想念のエネルギーは、とても現実的なものでありストレートに伝わるのです。なぜならば、3次元の世では個性ある別の存在として生きていますが、すべての人は皆、魂の奥では1つにつながっているから、相手を特定した瞬間に相手の魂と深い領域ではしっかりとつながることができるのです。特に、このような強い念を持って相手を特定すれば、よりダイレクトに相手につながるのです。

では、このような関係を改善するにはどうしたら良いのでしょう。この答えはとてもシンプルでして「自分自身の波動をどれだけ高い状態に保てるのか。」「どれだけ波動を低くしないでいられるのか。」この2点だけ気を付けていれば良いのです。

自分自身の波動が高い状態で相手に接すれば、波動の法則がはたらいて、相手の高い波動の要素が引き出されやすくなります。もちろん、これは言葉尻や表情だけではなく、心の中の状況も大きく影響します。ですから、自分の波動を高くしたつもりでも、心の中でこれまでのように恐れや怒りなどの低い波動の感情が多少なりとも残っていれば、その分だけ低い波動も引き出してしまいます。ですから、長い間ネガティブな関係であったとすれば、今日明日で改善させるのは難しいかもしれませんが、少しずつ改善しようということは、自らの意識次第で何とかなっていくはずです。これにはカルマの法則も大きくからんできます。過去のネガティブなカルマは、その度合いに応じて解消するにはそれ相応の努力や時間などが必要になるのです。


たとえば、何年も会っていない学生時代の同級生と、久しぶりに地元に里帰りをする際に会ってしまうかもしれないという状況が予測されたとします。その知人は、とても意地悪だし、会うだけでも嫌な気分になるし、できれば会いたくないと感じていたとします。あなた自身は今とても幸せで、アセンションに向けて光の道を順調に歩んでいるのに対して、知人は実際にもネガティブな道を選択し続けて、過去の印象以上に低い波動を多く発するような人だったとします。

もしあなたがその知人のことを思い出せば、知人もあなたのことを思い出します。あなたの思念力が強ければなおさらです。そして、あなたが低い感情を知人に向ければ、知人にとっては普通であるネガティブなそのエネルギーに対して、こころよく反応してあなたとの波動をより強く合わせるために、あなたと知人は里帰りをした際に、波動の法則によって引きよせ合い、直接会う確率はとても高くなるでしょう。そして、直接会うことでお互いのネガティブな情緒はさらに重なり合い、あなたのイメージした以上にネガティブな状況が実現しやすくなってしまうのです。

でも、もしあなたがいつものように波動の高い状態を保ち、明るいオーラを放ってルンルン気分で里帰りをしたとします。その知人を思い出しても、素敵な人生を歩んでいることを願い、たとえ良くない噂を聞いたとしても、慈しみや憐みの心を持って愛の光で包んであげるなど、その知人に対して高い波動である愛の気持ちを向けてあげたとします。これが、「しているつもり」ではなくて、本心からそのようにポジティブな気持ちで行うことができたのなら、もし里帰りして出会ったとしても、相手の高い波動の要素を引き出して接することができるでしょうし、もし相手がそのような状況ではなく低い波動を強く出していれば、波動が大きく違って合わないために、出会う可能性はとても低くなります。

相手が自分をどのように思っているのかということを考えたり探ったりすれば、これは相手の感情とか思考とかといった相手の領域に踏み込むことになるので過干渉になってしまいます。そして、ネガティブなカルマとして自分に必ず返ってきます。また、相手の気持ちを変えようと思うと、さらに相手の領域に入ってしまいます。ですから、相手の思考や感情を変えようとすることは、不干渉の法則に反してしまい、ネガティブなカルマを作ってしまうのです。でも、自分の感情や思考を変えることでしたら、過干渉にはなりませんし、自らの意識次第で、いつでもすぐにでもできることですし、その自らの意識をポジティブに変換することが重要であり、それだけで自己解決することができるのです。

実際には、相手との関係をより調和のとれた状態にしたいという純粋な気持ちからの愛ある動機は、とても素晴らしいことなのですから、お陰様(守護霊様・守護神さまなどの陰ながら自分をサポートしてくださっているスピリット)も宇宙の神も心からご加護くださり応援してくださいます。そして、相手に対して愛の気もちからの心遣いをしつつ、相手の感情や思考や外見や言葉遣いなどの相手の領域内のことにはできるだけ干渉せず(意識を向けず)、自らがどのような意識を持っているのかということのみに気を配っていれば、相手との関係はより調和のとれた状態になっていくのです。

中でも、家族であるとか学校や職場であるとかといった、比較的多くの時間を同じ場所で過ごしたり、何らかの連携を保つために接したりする間柄の場合は、波動の法則と同様に、お互いのこれまでの関係におけるカルマの法則も多くからんでくるので、それなりにネガティブな関係が続いてしまうと、急に改善しようとか一気に問題解決をしようとかといっても、難しい場合が多いでしょう。ですから、この先のポジティブなカルマをこつこつと積み重ねる努力が必要になります。

でも、時々しか会わないような人との関係や、コンビニの店員さんとか、タクシーの運転手さんとか、道端ですれ違う人とかといった、とても浅い関係の中で接するような場合には、このような自分の波動の状態がどのような状態であるのかによって、相手の状態にとてもよく表れるのです。ですから、もしコンビニの店員さんがとてもやさしい対応をしてくれたと感じたのなら、あなたの波動が引き出したことでもあるのです。いつも優しい店員さんの態度が今日は冷たいと感じたとき、あなたの波動を見つめてみてください。

もちろん、すべてが自分の映し出しというわけではないので、困っている人を見かけたからあなたも困っているとか、醜い姿に感じる人を見たかあなたもそんな姿をしているとか、そういった「極端に同じ」とか「鏡」であるとかという場合ばかりではありません。ここには必要の法則もはたらきます。全ての出会いは必然であり、カルマの法則や波動の法則もからんでいますが、すべてはお互いの霊性の向上のための学びに必要なものなのです。

困った人や醜く見えるような人を見かけたら、自分なりにできる範囲内で愛を与えるのか、それともネガティブな思いを抱いただけになるのか。どのような意識や行動をとるのかによって、その学びはポジティブなものにもネガティブなものにもなるのです。霊性向上のための無駄な経験とか学びにならない経験などというものは、実際には何一つないのです。

すべての出来事に対して、あなたがどれだけ「自分自身の波動をどれだけ高い状態に保てるのか。」「どれだけ波動を低くしないでいられるのか。」が霊性を向上させるためにはキーポイントとなりますし、どれだけポジティブな学びを得るのかも、すべてはあなた次第なのです。


*上記の内容は、2009年6月20日に当ブログで掲載した内容を転載しました。



タエヌのホームページ
☆アセンションスペースシューリエ☆
http://www.shuwrie1.com/index2.html






バックナンバー改訂版

浜下り ~石垣島ダイアリー~

2010年04月16日
2010年4月16日(金)の天気予報

雨のち曇り

最高気温 23.5度
最低気温 18.7度

きょう16日は「浜下り(ハマウリと読みます)」という
沖縄や奄美地方に伝わる
旧暦3月3日の行事の日です。

美男子に姿を変えたヘビの
子どもを宿した娘が
神のお告げに従い
海の潮で洗い流したという由来から

婦女子が海水に足を浸して
浜辺でけがれを払う日と
されているようです。

このような内容を
新聞記事を読んで知ったので

昼食後に妻と2人で
家の近くにあるピゲカゲ浜に行って
浜下りをしてきました。

DSC01041_convert_20100416140447.jpg
~ピゲカゲ浜 午後1時半頃~

干潮約1時間前に行ったのため
遠浅の浜には岩肌や砂浜があらわれ
サンゴ礁のある岸から数百メートル先あたりまで
歩いて行けそうになっていました。

DSC01039_convert_20100416140816.jpg
~海から岸方向にいる浜下りをしている(?)妻を撮影~

DSC00910_convert_20100416140248.jpg
~4月4日に撮影した海水が満ちているピゲカゲ浜~

浜から家に戻る途中
家のすぐ近くにあるサトウキビ畑で
大きな農機を使って
サトウキビの収穫をしていました。

DSC01045_convert_20100416141021.jpg

サトウキビは太くてかたいため
まるで岩を砕くような
大きな音が響き渡っていました。




日記

シリウスより愛をこめて  その10

2010年04月16日
*以下の内容は、2009年2月18日にタエヌがシリウスの同志とチャネリングして書き下ろしたメッセージです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「トュモース! アストゥーノ!」  
(よくやったよ~!よくがんばったね~!)

~アトランティス時代に使っていた言葉~


住み慣れたこの地球の3次元における様々な歴史的な流れの中で、今、この次元における流れに沿った生活をそろそろ少しずつ脱ぎ捨てて、次の次元の世へとスムーズに移行するために、3次元の世に合わせた生活を、より多くの人がより強く意識して変化させていくように努める時がきました。

少しでも高い世に近づくために意識をしていても、実際上の生活となると、まだまだ自分の思うように高い波動の中で軽い密度の中にある生活をする事が難しいと思っている人たちも、今こそ更なる強い意識のもと、「より軽やかに」「より楽天的に」「より自分らしく」「より宇宙の道理に沿った」「よりシンプルな」「より調和のとれた」「より愛に満ちた」実生活を、より多く選択するために強く意識を持つべき時がまさにやってきているのです。

かといって急激に変えようとする必用はありません。無理に変える必要もないのです。ただただ目に前の、あなたができる事で、たとえ小さな事だと思っていても、一つ一つを高い波動のものへと変えて積み重ねていくだけで、徐々に大きな光へと変化し、次から次へと高い波動を発するようになっていきます。

ほんの些細な事のように感じられることでも、高い波動のものへと変化させて自らの習慣として定着させていけば、その習慣として積み重ねる事によって、更なる高い波動に位置することができて、より魂の波動に近づく事によって、また次なる高い波動の習慣をあなたは求めるようになります。それは、これまでには気付かなかったことである場合もありますし、気付いていて意識はしていてもできなかった事であるかもしれません。でも、あなたの魂はあなたの顕在意識がどんどん魂に近づいてくる事を望んでいますし、あなたの意識も本来の魂の状態にある高次の意識に近づけるために、今、この地球に転生してきた事を知っているわけですから、そのように魂に近づけるように努力することは、大変光栄な事でもあり必要な事でもあり望んでいる事でもあります。

たとえそこに困難というようなものが感じられても、もともとがそのような困難を乗り越えるべき資質をあなたが持ち合わせているわけですから、逃げることをせず、また、無理をすることもせず、自分自身の魂の高い波動を信頼し、あなたを守ってくれている全ての存在を信頼し、宇宙を信頼していけば、必ずあなたが乗り越えられないという壁などはなく、全てがポジティブな美しい光となってあなたに巡ってきます。

あなたは変化していないつもりでいても、あなた自身も地球上の全ても宇宙の全ても、毎瞬必ず変化をしています。宇宙にとって最も普遍なものが、この「全ては変化をする」ということであると、宇宙の真理の一つとして認識して下さい。ですから、あなたの波動も毎瞬に変化をし続けているのです。

今はとても高い波動の中にあっても、この先のあなたの選択次第では、簡単に波動を下げて密度を重くする事ができます。そして、その事を習慣にしてしまうと、更に周囲からも低い波動を呼び込み、簡単に重く深く落ちていく事ができるでしょう。しかし、それに気がつきまた光の道を進むために密度を徐々に軽くし、あらゆるものを波動の高い習慣にしていく事ももちろん可能ではありますが、堕ちていく事はとても簡単なもの。何も乗り越えず努力を惜しみ、人や宇宙や周囲の全てのものと不調和を起こせば簡単に堕ちていきます。しかし、愛や調和といった密度の軽く波動の高いものは、急激に深まったり高まったり広がったりするという事はできないのです。あなたの習慣によって選択によって、徐々に徐々に高まっていくもの、それが個人の魂における総合的な愛の大きさであり高い波動の光なのです。

今、この地球がアセンションを目の前にしてすでに多大なるエネルギーが、宇宙からも、高次の宇宙の存在からも、地球自体からも、かつてないほどたくさん注ぎ込まれており、このエネルギーは、主にあなた方地球人類に向けて発せられているものでもあるのです。

地球上にはたくさんの生物が存在し、石や砂や水といった物質もたくさん存在していて、全てに魂があるわけですが、あなた方地球人類の魂の大きさや波動の大きさに比べると、他の生物や物質の量や体積としては圧倒的に多い地球人類以外の全ての波動を合わせても、地球人類の波動を合わせたものとは、質も量も比較にならないぐらいの小さなものでしかありません。つまり、地球表面上の次の世へとアセンションするために必用なのは、このように大きな力を持つ「地球人類の波動」が総合的にアセンションするまでの高さまでに高まるという事が、最低限であり絶対的な条件でもあるのです。

実際に地球がアセンションするという事は、もうすでに決まっているようなことではありますが、それでもまだ、あなた方地球人類の選択いかんによっては、地球と共に地球人類が本当にアセンションできるかということに関しては、宇宙は常に変化しているわけですから、100%保障されているというあなた方の言葉に当てはまるかといったら、それはまだ分からないといった答えになるでしょう。しかし、今現在こうして宇宙からあなた方を見ている限りでは、アセンションはもうすぐそこまできている状態になっていますので、地球人類の波動はアセンションする臨界点のすぐ近くいまで高まっているのです。

もちろん地球人類全ての波動が高まっているという意味ではなく、より光を発しているものが、光の少ないものや闇のものなどといった低い波動のものと合わせたときに、その闇のものをも勝る強さを発しているということなのです。そして、これから地球がどんどん浄化されることによって、光の少ないものや闇のものや光を選択する事を怠ったものなど、まだまだ3次元の世にて魂を転生させ魂の向上を選択するものたちにとっては、これ以上に地球の波動が上がってしまうと、波動の法則によりカルマの法則により、自らの人としての顕在意識からではなく、宇宙の法則や宇宙の調和や自らの魂の選択によって、この地球を離れる事になります。(*注・・・中には3次元の世の地球人類としてアセンションに貢献するのではなくて、高次の存在において地球に貢献することを約束していたり選択していたりしている魂もあるわけですから、アセンションする前に地球を離れる魂のすべてが、波動が低いために波動の法則によって地球から離れることを選択したというわけではないということを、ここで付け加えておきます。)

すでに、地球自体が急激に変化する、このアセンションという一大イベントを行うために、今、その臨界点の間際にまで達しているのです。ですから、もし地球と共にアセンションして光の世へと自らの肉体を移行し、この素晴らしい地球と共にアセンションする事を選択したいのであれば、今すぐにでもできる事をどんどん改善することによって、波動を高める事が急務であると言っても過言ではないのです。

かといって焦る必要はありません。何かしなくてはと躍起になって探す必用もありません。焦ってしまったり躍起になって探してしまったりすることによって、見つからないという虚無感を感じたり、自分は何もできないと感じたり、人に何かをしようとした事が逆にエゴとなってしまったり、人の領域を犯してしまい低い波動を生じてしまったりする場合などもありますので、無理をしてまでも何かをしなければいけないというわけではありません。

それよりも、今、あなたが目に前のことの中で、すぐにでも行えそうなことを実行して習慣にするように努める事が大切なのです。そして、あなたの波動が高まれば高まるほど、あなた自身もさらに波動を高めていく必要を感じて、さらにより意識的にあらゆることを見つめ直し波動を高めるために変化させたくなっていきます。また、波動が高まれば高まるほど、波動の法則に基づいて、あなたの波動を高めるために必要な出来事や人間関係などを引き寄せるでしょうし、あなたの光を必要とする人には光を分け与える機会が増えていくでしょう。

今、もっと人のために役立ちたい、地球のために役立ちたいとかと思っていても、自分が何をしたら良いのかがわからないとか、何もしていないとかといったようなネガティブな意識をお持ちの方は、これまでに述べてきたように、まず、自分が無理なく実生活の中でできるところから、意識や行動を高い波動に変化させて習慣づけるように努めるようにすることが、もっとも大切なことになります。そして、そのような波動を高めるための習慣を増やしたり継続したりしていくうちに、徐々にあなたの波動が高まっていき、その波動に見合った事があなたの意識にも沸きあがりますし、周囲の環境や周囲の人々がその波動の状況にあわせて、あなたと共に変化していくのです。そして、少しずつでもあなたに光が増していき、その光をまた周囲に還元していくことを習慣にすれば、その波動の高まり方は今のこの地球のエネルギーの高まりに乗じて、これまでのスピードには比較にならないほど急激に波動が高まっていくのです。今、まさに地球の歴史における過去にはまったく経験したことのない最大級の量と質のエネルギーが地球に注がれ続けて充満していますし、さらに、今、この瞬間も増え続けているのです。


*上記のメッセージは、2009年2月18日に当ブログで掲載した内容を転載しました。



バックナンバー改訂版

ご協力いただきましてありがとうございました!

2010年04月15日
なんとな~くわくわくしたので
以前少しお世話になっていた
ブログ村とブログランキングに登録してみましたが

やっぱりあまりわくわくしなくなりましたし
私にはあまり合わないこともはっきりとわかりましたので
ランキングへの登録を解除しました。

たぶんもう2度とこのようなランキングのようなものには
あらためて登録はしないと思います。
今回もとても貴重な経験と学びをさせていただきました。

短い期間でしたが
ご協力いただきました皆様には深く感謝いたします。

ありがとうございました。

引き続きタエヌのスピリチュアル日記は
わくわく感に従って書き続けますので
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

タエヌ

日記
 | HOME | Next »