FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

『見えない世界』の扱い方

2010年03月19日
スピリチュアルな内容が書かれている書物やブログなどは、アセンションに向けてどんどん増えてきているのは事実です。その中でも、5感(視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚)ではっきりと認識できないようなことや、歴史的事実として過去の資料等が残っていないために3次元的に立証できないようなことに関しての情報もたくさん出回っていますが、ある程度一致している場合もあれば、人によって様々な表現や説がある場合もあります。

中でも、自分自身が3次元的なレベルでははっきりとした認識はできていなくても、自分なりに感覚的に確信していたり、真実であるだろうと信頼していたりしているようなことが、まったく正反対であるとか、とてもネガティブに感じてしまうような内容として表現されたりとかしている情報に触れることも、私はこれまでに数多く経験していますし、それなりにスピリチュアルな情報を得ている人でしたら、多くの方が経験してきたことでしょう。

このような情報が、実際には心地良く感じたりスムーズに受け入れられることができたりするような、ポジティブで活用できる必要な情報であったというような場合は自分なりに識別して受け入れれば波動は高まるわけですが、逆に疑念が生じたり不安や心配や恐怖のようなものが湧き上がるなどといったようなネガティブに感じて波動を落としてしまうような情報に触れた場合には、情報を心から削除するとか特に気に留めずに保留にしておくとか、意識的に情緒をポジティブに変換するとかといったようなことが必要になります。

以下の内容は、私のブログの読者様でもあり、アセンションスペースシューリエのご依頼も何度かいただいていて、以前からメールのやり取りをしている方からいただいたメールの内容の一部を転載したものです。

先日、この方があるスピリチュアルな情報に触れて、ポジティブであると信じていたことがネガティブに感じられるような表現をされていてショックを受けられたとのこと。私もその内容を読ませていただいて、それなりに同様なショックを受けました。でも、ショックとはいっても瞬間的なもので、最終的には自分の中で解決すべきことであり、発信者には悪気があるわけではなく、信頼している内容をポジティブに感じて表現しているだけなわけですから、その情報に触れた必然に感謝し、内容を自分自身で識別して、結果的にはそれをどのように受容するのかはすべてが読んだ人自身の問題となるわけです。

私は結果的にそのブログを今後は読まないことを選択し、その内容は参考にしつつも活用しないで心から削除することを選択しました。そしてこの方は、以下のような学びを得られたようで、返信メールでとてもわかりやすく表現してくださいました。私は読ませていただき、共感してとても参考になる内容と感じましたので、書かれたご本人様からこのように転載して公開することをご快諾いただけましたことから、以下に掲載することとなりました。Nさん、ありがとうございました!

★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。,:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。,:*:,.:*☆。.:*:・'゜★。,:*:,.:*

『見えない世界』の扱い方は、本当に難しいですね。

『見えないから存在しない』とは絶対に思えませんし、かといってそれがどのようなものであるかはっきりと(私には)認識することができない。

エネルギーワークにしてもアセンションにしても、『ある』事は確信していますが『内容についての確信』は持てないでいます。

誰かが発信したものを前提として、『受け入れられるか否か』で判断するしかありません。

発信している人は、その人なりの真実を伝えて下さっているのだと思いますが、それをどう受け止めるかは、あくまでも自己責任ですよね。

私は今まで『見えない世界』について、いろいろなご縁を通じて感覚的に『理解』し、確信をもって信じてきたつもりなのですが、それさえも危ういというか・・・。

今回の件に限らず、今まで信じていたものが突然覆される事がこの先もあるのかも知れません。

それは単に、騙した騙された・・・という次元ではなく、私自身の判断基準が変化していく可能性が大いにあるという事ですが。

何が真実なのか・・・?そもそも、真実とは何か・・・?

きっと、『答えを外に探しているうちは何も見つからない』というのはこういう事なのかもしれませんね。今回の事でいろいろ気づくことができて良かったと思います。

スポンサーサイト



スピリチュアル
 | HOME |