FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

お願いがあります。

2010年02月15日
私は昔からよく空を飛ぶ夢を見ていましたが、最近は見ていなかったように思います。でも、今日、私自身の体のみで空を飛ぶ夢をちょっと久しぶりに見ました。最初は狭い倉庫のような所や、都会の地下街のような所を天井すれすれに飛んでいましたが、ビルのような所の窓から外に出て飛んでみると、真下には広い草原が広がっていて、その先には果てしなく森林が広がっていました。あまりにも気持ち良い空気や、大自然の絶景に触れて、「ほら、ここだよ~。これがあの場所だよ~。」と心地よく感じながらしばらく上空を飛んで景色を楽しんでいるうちに、朝の目覚めを迎えました。

そんな夢を見たことをつい先ほど思い出して妻に話をし、なんだか心地よくなったと同時に、いつか書くようになるかもしれないと感じていた内容であるブログを書きたくなりました。私は夢に関して、あまり気にすることはありませんが、私にとっての大きな転機の時を、この夢からも感じられて、なんだかわくわくしました。


先日のブログでも少し書きましたが、私たち家族が現在住んでいる貸家の契約は、3月第一週で切れます。ですから、3月初旬までには次の住む場所を決めて引っ越しを終えていなければなりませんし、私の感覚としても、今の家に住んでいる期間はもう終わりにしたいとも感じています。

つい2週間程前まではこの先の身を置く場所である家族の住まいの予定に関しまして、意識の中ではいろいろと感じることや考えていることはあっても、物質的には特に行動は起こさないでいましたし、起こせずにもいました。しかし、期限が迫ってくるにつれて、より具体的に予定を立て始め、先週から少しずつ動き始めました。

しかし、物質的な現状は、引っ越しどころか、今月の生活費ぎりぎりを与えていただいているという、いつもの状況と変わらない経済状況が続いています。そんな中、まだ2週間近くはあるということからも経済的な状況からも、引っ越し先も探せず、引っ越し業者への手配もせず、今月で切れる車検の予約もせずにいます。


私はタエヌのスピリチュアル日記を書くことに対して、今、もっともわくわく感じています。それと同様に、アセンションスペースシューリエの仕事を通して、ご依頼いただいた皆様に対して尽力できることに対してもわくわく感じています。私は、この2つの仕事や、家族とともにスピリチュアルライフをよりポジティブに送ることを通して、人のため世のため地球のため宇宙のために、私なりの今世のお役目を果たして、少しでも貢献することができているのであろうという自負のもと、自分自身を信頼してここまで過ごしてきました。

しかし、私は、このように3次元的な現実としての期限が迫ってくるにつれて、そのことを考えるたびに少しずつ不安や不信感のようなものが表出してきていることを感じていました。「本当に大丈夫なのであろうか…」「必要は本当に与えられるのだろうか…」「今のようなポジティブな波動のままこの先も過ごせるような状況が続くのであろうか…」「このような仕事を続けていくことができるのであろうか…」「そもそもこれで私は本当にポジティブな道を歩んでいるのであろうか…」

そう思うたびに、その思いをダイレクトに素直に受け止めましたが、結論としては「まだ日にち(時間)は少し余裕がある。取り越し苦労はやめよう」「今の時点での自分自身の意識も家族の意識もたいへんポジティブであるわけだから大丈夫であろう」「今の時点ではネガティブに感じてポジティブに変換できないようなことは起きていない」と感じてポジティブに変換してきましたし、目の前に迫ったことに関しては、すぐにでも解決することに全力を注いできました。ちなみに、今日解決すべきと感じていることは、不動産屋さんに連絡をして、転居をするという意思を伝えたり、残りの家賃の件に関してをはっきりとさせることと感じていますので、これから連絡する予定です。(今、ブログの原文を書き終えてすぐに電話したところ、3月6日で契約は切れますが、3月末まで住んでいても大丈夫であると確認できました…。来月初めには転居しなければいけないと思っていましたので、そのプレッシャーのようなものから解放されて、かなりホッとしましたし、1つの取り越し苦労が解決しました)

私は石垣島に住みたい、きっと住むことができると信頼してきましたし、この先も信頼し続けるだろうと思います。しかし、今の時点ではこのように3次元的にはまったく現実化させる方向に動いていないのが現状です。私も、少しずつそんな中で、石垣島どころか住む場所さえ決まっていないことに関してネガティブになりかけていたのは事実でして、先週はブログを書きたいというわくわく感には至らなかったのはそのためであるだろうと認識していますし、その前(1~2週間程前)に掲載した幾つかのブログの内容は、私自身への応援歌のような、そして信頼していることの確認のような内容であるということも、読み返してみて実感しました。

そんなネガティブに傾きかけてきている中、一昨日の午後、ある大きな気づきがありました。

「私は自分自身が勝手に膨らませている期待感に捉われすぎている。そして、期待したことが物質的に現実化しないことに対してネガティブに感じている。そもそも私の求めていることは、そのような3次元的なことに対して重きを置きすぎるのはなく、バランスをうまくとりながら、結果的には私自身や家族の波動といった、魂の根本の状態がポジティブでいられることであり、魂のさらなる向上を目指すことである。今の時点で、私も家族も、波動の多少の浮き沈みはあっても、結果的にはあらゆることを私たちなりにポジティブに受け止め、とても安らぎの多い状況であり、波動は高まっていることを感じている。それでいいのではないか。たとえこの先の物質的な状況がどのようになっても、この波動さえ保ち向上させるように意識することに全力を注げば、現実的な状況もそれに見合った状況を引き寄せるはずである」ということでした。

でも、一昨日に気付いたこのような内容は、よくよく感じてみれば、私が常に基本と感じていた内容でもありますので、新たな気づきというよりは、さらに学びを重ねていることに気づいたということになるとも認識しました。私は家族6人の中の父親としての責任を感じる中で、少しずつネガティブになってしまっていた弱い自分自身が出てきてしまい、気がつくと取り越し苦労の中で波動を落としていたのだと気づきましたし、もうこのような経済的なことではネガティブになることはほとんどないのであろうと感じていた自尊心のようなおごり高ぶりのような自意識過剰というような形のネガティブな自分にも、大いに気づくことができました。

かといって、私たち家族は3次元の世という物質世界を選んで転生してきました。ですから、結果的には最低限の物質が必要になりますし、あの夢で見たような大自然の気高い波動のような場所に住みたいと感じるような、長い時間身を置く重要な場所である私たち家族の住いを、より自分たちに合った場所に在ってほしいという物質的な願望を持ち続けることは、決してネガティブなことではなく、むしろ必要なことであるということはこれまでと変わることなく感じています。一昨日の気づきは、自らの抱いた物質的状況の期待感が現状としてどのようになっているのかといった物質的状況に対して、こだわりすぎてしまっていたことに対する反省でしたが、自分や家族の波動をより高めるために、魂向上のために、世のため人のため地球のため宇宙のためにお役に立ちたいという願望を持ち続け、そのための物質的な状況に関してのある程度の理想を抱き続けることは、やはり大切なことであるとは認識しています。


感じるがままにいろいろと書いてきましたが、そんな私の現状の中、このブログの読者の皆様方に、私にとっては最初で最後のお願いをしたいと感じましたので、以下、そのお願を具体的に書かせていただきます。

今から70年ほど前、意識体である地球自体が高次元の宇宙存在に対して、地球へのサポートを要請したために、今、こうしてたくさんの高次の宇宙ファミリーのみなさんがアセンションに向けての地球自体や地球人類へのサポートをしてくださっています。勝手なサポートは、時には必要のない場合もありますし、時には相手の学びを損ねてしまう結果に至る場合もありますし、時には過干渉になってしまう場合もありますので、本来は同意を得てサポートすることが望ましいということは、宇宙では根本的なことであります。でも、こうして宇宙のみなさんが地球をサポートしてくれているのは、意識体である地球自体からの要請に応えたいと感じて集まってくださっている、自由意志のもと、無償の愛で地球をサポートしてくれている皆さんによるものなのです。

私のお願いは、このような地球自体の願いと比べると、それはそれはたいへんちっぽけなことではありますが、今の時点の私や家族にとってはたいへん重要なことであると感じていることです。

私は物質的なこととスピリチュアルなこととのバランスをとって、よりポジティブな実生活を送るために必要な物質として、最低限の生活費を与えていただくことと、心地良く感じる波動の場所に住むことを強く望んでいます。そのために今の私にできることは、アセンションスペースシューリエのお仕事を通してお金をいただくことと、宝くじを購入することくらいだと思って行ってきました。(宝くじは収入を得るどころか、今の時点ではマイナスを積み重ねていますが…)でも、今回に限っては、最初で最後である以下のお願いをさせていただきたいと思いましたので、書かせていただきます。


もし、少しでも経済的に豊富や余裕がありまして、私が当ブログを書き続けることや、アセンションスペースシューリエの今後の活動資金としまして、また、私たち家族の今後の実生活をよりポジティブに送るための転居の資金としまして、少しでもお恵みをいただけましたら幸いに思い、お願いをさせていただきます。

もし、ご援助いただけますようでしたら、お手数をおかけしますが、下記の当方のホームページを開いていただき、HPに掲載されているメールアドレスからご連絡をいただけましたら有難いです。また、これまでにアセンションスペースシューリエのご依頼等で当方の口座をお知らせしました皆さまに関しましては、口座もメールアドレスも変わっていませんので、こちらへお願いできればと思いますが、メールでもご一報いただければ、私からの御礼のメールを差し上げることができますので有り難いです。(本日の午後3時くらいより後にいただきましたメールに返信させていただくのは、翌日になってしまうことをご了承くださいませ)

タエヌのホームページ ⇒ アセンションスペースシューリエ

私にとっては、このようにお願いすることは、たいへん勇気のいることであり、恥ずかしいことでもあると感じていますし、このお願いの内容を読まれて波動が下がってしまったり読者をおやめになったりされる方もいらっしゃるかとも思いますが…今の時点ではそのようなネガティブなことよりも、わくわく感の方が大きいためにお願いをさせていただくに至りました。

どうぞよろしくお願いいたします。

タエヌ







スポンサーサイト



日記
 | HOME |