FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

久しぶりの来客を迎える前に思ふこと

2009年11月14日
私にとっての平日と土・日・休日との主な違いは、子どもたちが家にいる可能性が高いことと、朝食がいつもよりも少しだけ遅くなる場合が多いということくらいです。

子どもたちがどこにも行く予定がなければ、よりわくわくした気分で充実した日を過ごすために、家族で出かける機会は多くなります。でも、私にとっては平日でも同じ感覚の中で過ごしているので、行動の内容は多少の違いがあっても、よりわくわくした気分で充実した日をすごすという観点では同じです。

私はアセンションスペースシューリエの仕事のスケジュールや、やるべきことで日時が決められているものは、1冊の手帳にまとめて記入しています。一通りの早朝のルーチンワークを済ませた後、スケジュール表を見ながらその日1日の大まかな予定を立てています。

私にとっての時間が決められているアセンションスペースシューリエの仕事は、レイキの遠隔伝授と月末・年末大祓いくらいしかありません。それ以外でも、時間が正確に定められるような予定が入っていることはめったにないために、時間のはっきりとした区切りのない、とても大まかなスケジュールを立てることが多いです。

今の家に引っ越ししてから1年と8カ月が過ぎましたが、今年に入ってからの我が家への来客は5人しかいません。(ここにはもちろん、セールスマンや宗教活動の勧誘等の招かざる客が勝手に訪ねて来たケースは含まれていません。)また、私自身が誰かと約束をしてどこかの場所で待ち合わせをして会ったたことは、たぶん今年はただの1度もないと思います。

学校に通っていた頃も、教育公務員をしていた頃も、教員を辞職して約4年間ほどヒーリングルームと称して直接お会いしてレイキの伝授やスピリチュアルカウンセリングやパワーストーンのショップ等を行っていた頃も、様々な職種(高校生から教員になった25歳頃までの間に長・短期間のアルバイトをしていた、コンビニ、ファミレス、引っ越し業者、ツアコン、海の家、レコード店、ファミレス、ミスドー、アンケート調査、交通量調査などや、社員としてのファミレスや学習塾経営者)を経験していた時も、草野球チームや卓球チームに所属して参加していたり、飲み会やカラオケやスキーや釣りやゴルフなどをするために友人と会って遊ぶことが好きだったために、約束して会っていたりしていた頃などなども(思い出して書きながらとても懐かし~い気分に浸りました)、ある程度きちんと決められた時間の中で生活することが普通だった頃とは、時間の使い方の観点では、今の生活は大きく違っています。

思い起こせば、教員を辞職して、今のような仕事をメインとして行うようになった5年半ほど前の頃から、徐々に知人関係との付き合いが減って行きました。また、人ごみや都市部に行く機会も減った半面、自然の中や家族の中でいる機会が増えていきました。私は特に意識的に人と会うことを避けたり、人ごみや都市部に行くことを避けたりしていたというよりも、わくわく感に従っている結果、ナチュラルな流れの中で、波動の法則やカルマの法則などに即しているうちに、今のような状況に至ることを選択してきたというように捉えています。


今日は、本当に久しぶりとなる、1ヶ月ほど前に久しぶりの電話をいただいて、だいたいの時間を決めてお約束した女性のお客様がいらっしゃる予定になっています。その方は、私にとっては恩人であり、教員時代には初任の時にお世話になった大先輩でもあり、今の私の仕事をポジティブに受け止めてくださっている方でもあります。

私が結婚する1年くらい前に、妻も一緒に早稲田のおいしい寿司屋さんに連れて行ってもらったことがあるので、妻の若い頃や私の体重が70kg弱のスポーツマン体型だった頃(今は92kgです)を知っている方でもありますし、最近では今の家に引っ越しをした頃に、今でも使っている8人乗りの自動車を譲ってくれた方でもあります。

なんだか、この久しぶりの人と会う独特な緊張感が、今、とても心地よく感じています。でも、散らかっている家の片づけやらおもてなしの準備やらで、なんとなく落ち着かないような感じもありますが、以前はごく普通であった時間を決めての約束も、知人と会うことも、とても新鮮でポジティブな感覚になっています。

そんなわくわく感の中、たわいもない内容ですが、今、書きたいと感じたことを表現してみました。

ちなみに、ほんの10分ほど前から、我が家(いすみ)は突然突風と大雨にみまわれています。庭の畑の畝の間にはたちまち水たまりができ、風がうなっています。今日いらっしゃるお客様は、車で2時間以上かけてお越しいただくのですが、無事に来られることを祈っている次第です。


☆《にほんブログ村》と《人気ブログランキング》に参加しています。よろしければ‘1日に2か所へ1クリックずつ’のご協力よろしくお願いいたします!
   ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

☆当ブログをより多くの皆様にお読みいただき、波動をより高めるために、少しでもお役にたつことができれば幸いであると願っています☆






スポンサーサイト



日記

マーモストロイの館 ~ダウディからのメッセージ~

2009年11月14日
ダウディという名の地の底に住む者です。今日は私の住む地の底の世界について紹介いたしましょう。

たぶんあなたがたの発想としては、地の底というと暗い、狭い、息苦しい、寒い、独特なにおいがするなどといった、あまり良いイメージがわいてこないのではないかと思います。もちろん、あなた方の住む地球の表面に見られる洞窟とかほら穴とかといった小さな穴は、確かにそのようなものであるわけですから、しかたのないことだと思います。

ドーム球場に入ったことのある方は感じられたかと思いますが、空調が完備されていて常にほどよく肉体的に心地よい温度に管理され、適した光が放たれることなどの、人にとってより居心地の良い環境が整えられているし、天井があまり気にならないために圧迫感もそれほど感じないかと思います。地の底の世界は、このドーム球場のような空間とは比べ物にならないほどの広さと高さがあります。地球の表面の中でも最も高い山よりも高い山があるくらいの空間なのです。

空もありますが、もちろんあなた方の住む表面のような大気でできた物ではなくて、とても美しい色合いで有害物質はまったく存在せず、常に周囲との調和が保たれています。動物もいます。植物もたくさんの種類が存在しています。水もあります。川も海もあります。そして、これらの自然とか生物とか水や空気や土や岩など、すべてが完璧に調和されているのです。どこにいても、最高に心地良さを感じるし、何一つネガティブなものは存在しないのです。

地球に限らず、文明が進歩した星には、表面に住むよりも内部に住むことを選択する魂が多くあります。それにはたくさんの理由がありますが、最も大きな理由としては、外部よりも安全であることと、内部の方が調和を保ちやすいからです。もし、今のあなた方が月の表面や火星の表面などの、地球人類が行くことの可能である星の表面に大きな文明都市を発見したとした場合、まず真っ先に考えることは「警戒」でしょう。そして、そのようなネガティブなものから「攻撃」とか「防御」とかといった発想が生じるでしょう。これが、危険というものであり、表面に存在してあなたがたのような非文明的な存在には知られない方がお互いにとって良い理由のひとつなのであります。

このような話に初めて触れた方にとっては驚くようなことや信じられないようなことばかりなのでしょうが、別に信じる必要もないですし、驚きが恐れや不安などのネガティブなものに変らせる必要もありません。私たちにとっては、今の段階で最も必要であると思っていることは、私たちの存在が少しずつみなさんに知られていくということにあります。

もうまもなく、あなたがたの密度が上がって我々の存在を直に知ることになるまでに、少しずつでも目覚めた方とのコンタクトを深めていくことが、私たちにとっての大きな仕事でもあります。ですから、こうして私たちとつながることを求めてくれた人や私たちを心から歓迎してくれる人に対しては、その人の波動に合わせて、私たちは存在を示したり、その人を通してメッセージを世に送り出してもらったりしています。

私の住むマーモトスロイの館には、たくさんの展示品が飾ってあります。そのほとんどが、過去の産物です。あなた方にとっては今のものが多いのでしょうが、おもしろいことにあなた方がこの館に訪れるまでの期間はそう長くはないのですが、あなた方が訪れてみて触れてみた感想は、そんな時代もあったなあとなつかしむことでしょう。

今のあなた方が過ごしている直線的な時間に換算すると、とてもなつかしむような過去の物ではないはずですが、そのような時間という観念ではなくて、波動とか密度とか文明とかといった観点から触れることで、そのように感じるようになるはずです。

ちなみに、あなた方の世界のような時間は、地の底のこの高次の世界もそうですが、宇宙全体の高次の世界にも存在しません。時間とは、今のあなたがたが頼っていたり基準にしたりしているような直線的な物ではなくて、永遠のものであり同時進行しているものであり確かに存在はしているけれども区切れるようなものではありません。

マーモストロイの館で、あなた方と直接触れ合うことができることを心待ちしています。そして、あなた方に対しての永遠の愛を誓います。


*2008年07月17日にタエヌがチャネリングして書き下ろしたメッセージです。過去に当ブログで掲載した内容を転載しました。



☆《にほんブログ村》と《人気ブログランキング》に参加しています。よろしければ‘1日に2か所へ1クリックずつ’のご協力よろしくお願いいたします!
   ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

☆当ブログをより多くの皆様にお読みいただき、波動をより高めるために、少しでもお役にたつことができれば幸いであると願っています☆






バックナンバー改訂版
 | HOME |