FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

アセンションへのラストスパート期間とアセンション後の予測

2009年10月02日
宇宙のあらゆるものから与えられているエネルギーや地球自体から発されるエネルギーや地球人類の個々や集合意識によるエネルギーなどによって、地球上はアセンションするために、この先の残された月日の間には、これまで以上にさまざまな変容が起こるでしょう。

これからも引き続き起きる、アセンションするまでのラストスパートともいえる移行期間の現象としては、根本的に以下のような観点で捉えてみると、たとえ一見ネガティブに感じられるようなことであったとしても、すべてを高次元の世へと移る直前であるために起きている現象であると、多かれ少なかれ認識することができるでしょう。また、アセンション後に変革する状態を知ることで、より強く実感することができると思いましたので、以下、この先の実生活をよりポジティブに過ごすための参考にしていただければ幸いと思い、いくつかの内容を書いてみました。


☆これまでの3次元の世のであった期間に、地球上での常識とされてきた様々なことや法律や真実とされていたことなどの中で、実際に宇宙の法則に反しているようなことや、宇宙の真理とは違うようなことは、徐々に消滅したり修正されたりします。そして、アセンション後の世では宇宙の法(愛)に基づいた宇宙の原理の中で、地球のすべてが愛による平和と統一が成されるような状況に至るように変革します。ですから、今のような社会構造の多くが崩壊していき、アセンション後には奉仕社会が確立します。お金による経済も崩壊して、アセンション後にはバーター制(物々交換)に変わり、必要なものを必要なだけ手に入れることができるようになります。そして、宇宙の法則が地球人類の常識として認識されるようになり、大調和が成されます。


☆地球磁気は減少していき、結果的に地球磁気は消滅するでしょう。また、地球自身の意識によって、浄化作用や本来の地球のあるべき姿に戻るために起こる現象として、異常気象と呼ばれるような現象や地殻変動等が起こりやすくなります。また、地球自体が活性化されるために、地球の温暖化現象がおこっています。また、やがては地球上のすべての地域の気候が、人類が住むために適した状態に至るため、寒すぎる地域はより暖かく、暑すぎる地方はより涼しくなっていき、気候が過ごしやすい状態に平均化されていくでしょう。


☆精神的には、アセンションに向けて波動が高まっている人にとっては、これまで以上に心地よく感じたり幸福感を強く抱いたりするようになる反面、3次元の世の意識と目覚め続ける高い意識とのギャップによって生じる、不安やイライラなどのネガティブな感覚や、物事の捉え方や選択の基準の迷いなどから、葛藤が生じやすくなります。また、感情の起伏が激しくなりやすくなります。思考やイメージは実現化しやすくなっていきます。4次元や5次元の世では、思考やイメージしたことがすぐに実現されるのです。


☆意識が高まるにつれてエゴが減少していき愛が大きくなるために、それにつれて競争したり対立したりすることが減少し、協調し調和を求めるようになります。また、エゴは減少していき、自他への愛に満ちていくにつれて、奉仕することに価値観を多く見出すようになっていきます。自分自身を大切にするために、無理することなく自然体で過ごすようになっていきます。隠しごとをすることなく公開するようになっていきます。贅沢やムダなどの浪費をなくしたり、貯蓄をして余剰や豊富を求めたりするよりも、必要に徹するようになり公平に分配するようになっていきます。


☆DNAが活性化され、やがて眠っているDNAが目覚めていきます。4次元の世における密度の中では、肉体が半霊半物質化するに至るために、その変革期では、高い波動のエネルギーを受けて肉体自体も変化し続けるために、適応するための状況に応じて、様々な肉体的不調和が起きる場合があります。また、肉体に蓄積されていたネガティブなものや、日々受けているネガティブなものを浄化して排除するためにも、同様に肉体の不調和が起こる場合もあります。この不調和の例としては、微熱やのどの痛みや頭痛や咳が多く出るなどの風邪の諸症状のような状況、下痢、めまい、吐き気などです。これらの肉体的な不調和による症状は、肉体が高い波動のエネルギーになじんで調和されれば治まります。そして、調和された時点では、肉体自体がアセンションに向けて、さらに波動が高まりより微細な密度に至るために、肉体がそれまで以上に軽いとか心地よいとか調子良いとかと感じるようになる場合もあるでしょう。


まだまだこのように挙げていきますといろいろと出てきますが、今回はここまでとします。最後に教育に関して少し詳しく表現して、今回の内容を閉じさせていただきます。


☆4次元や5次元における世の中では、強制は自由へ、束縛は解放へ、競争は協調へ、差別は平等へとすべての人の意識は変革します。ですから、子どもたちに対する教育の世界も大きく変容していきます。学校のような学びの場は存続するでしょう。しかし、学ぶ場所も時間も内容も、子どもが自由に選択することができるようになります。学ぶべき師(マスター)も、子どもの自由意思で選択することができます。学ぶ際や遊ぶ際にグループになる場合には、子どもが波動の合う者同士のグループを波動の法則に伴って自由に選択して作ります。そこには、男女とか年齢とか人種とかによる区別も差別も存在しません。教育の場は、本当の意味での個を伸ばすことが重んじられ、自由意思が尊重されるのです。

残りの3次元の世の中では、このような教育を子どもたちに保障するに至るのは難しいでしょう。しかし、アセンション後の世において、これは理想ではなくて必ず至る現実でもあるのです。ですから、この先3年余りの間には、少しずつ近づいていくための変化は起きていくことでしょう。また今の時点でも、日本の教育界全体を見渡してみれば、以前に比べれば徐々に、偏差値等の数値による位置づけや学歴重視の社会は薄れていき、受験の激化も少しずつ治まりつつあり、教師による子どもに対する暴力や暴言は減少しています。ただし、まだまだ理想とも言える高次の教育とはかけ離れているのが現状ですので、保護者として子どもを養育する立場にある大人たちが、家庭や家庭に準じる中において、子どもたちをより安心して心地よく楽しく暮らせるように環境を整えるように配慮した中で、個を伸ばし個を認めてあげるように努め、魂を向上させるために必要なサポートを、全力をあげて行う義務があると思います。



*にほんブログ村のランキングに参加してみました。よろしかったらプチっとクリックをお願いします!

    ↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村










スポンサーサイト



スピリチュアル
 | HOME |