FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

太陽のエネルギーに感謝

2009年03月02日
今朝の太陽はとても輝いていました。もちろんいつも輝いているのですが、さらにまぶしく輝いている感じがしましたし、太陽から与えられる大いなるエネルギーの素晴らしさにあらためて感謝しました。

ここのところ、海に出勤していて感じたことの1つに、太陽の光を浴びている時の方が、チャネリングをしてリーディングする際にはより長い時間できますし、後に感じる霊的な疲労度も少ないことがわかりました。今朝も、素晴らしい青空のもと、冷たい風は吹きつつも、太陽のエネルギーに癒されて、充実したお仕事をすることができました。

太陽の輝きが増していると感じたことに加えて、太陽を縁取る円がよりはっきりと肉眼で見えるようになったようにも思えます。また、数か月前に気づいたのですが、月の周囲にも青い円状の光の線が、とてもはっきりと見えるようになったと思ったので、月を見ながら妻に話したことも思い出しました。なんだかやっぱり素敵なことに感じて嬉しくなります。

庭の畑に80本ほどのソラマメを昨年の秋に植えましたが、私がこれまでにソラマメを育てた経験の中ではもっとも早く成長していまして、ひと月ほど前から花が咲き始めましたが、今は背丈が50~60cmほどまで伸びて、たくさんの花やつぼみを持っています。これまで住んでいた地域よりも南方に引っ越してきたために、多少の気候の違いもあるのでしょうが、それにしても私にとってはあまりにも早すぎるように感じるこの成長の様子に、太陽の光や地球上のエネルギー増加のために、素敵な恩恵を受けたことによる1つの結果であると感じ、さらなる感謝の気持ちがあふれ、喜びの気持ちもあふれてきます。

一昨日の土曜日は、朝目覚めた直後からスピリチュアルなお力をいただきたいと感じたので、日蓮上人ゆかりの清澄寺さまと安房の国一ノ宮の安房神社へ参拝しに行きました。もともと私は安房神社のみ参拝して、あとは海やいくつかの遊べる場所で子どもたちと楽しもうと思っていたのですが、デンプとアマンダが日蓮様にお願いしたいことがあるとのことだったので、清澄寺さまにも行くことになりました。

デンプはつい先日「デンプの守護霊様は日蓮様だよ」と妻に話をしたそうですが、毎日お題目を唱えて合掌をしてごあいさつしているお仏壇にも、数週間ほど前にデンプが日蓮様宛ての願いを書いた手紙が置いてあります。デンプの願いとは「トイプードルを飼いたい」ということです。現時点で住んでいるのは貸家のために、何かと制限があり犬を飼うことは許されていません。「もし石垣島に住むようになった場合には、自由に住めるような家に住むはずだから、石垣島で住むようになったら飼えるよ。」私も妻もデンプに聞かれるたびに本気でこのように答えているのですが、デンプは一日も早い実現を私たち以上に望んでいるようです。ちなみにアマンダは、何年も前から南の島に住みたいと言っていますし、私と共に熱帯魚が大好きで、早く海の中で泳いでいる熱帯魚たちと仲良くなりたいようです。(最も好きな魚介類はタコですが…。)


昨日は、なんだかスピリチュアル本をむしょうに読みたくなり、丸一日、本を読みまくっていました。アマゾンで3冊購入して届いたばかりの本を読みまくりましたが、素敵な内容に夢中になって読みましたので、いつもとは違うあまりにも動かずにゆったりとした日曜日の過ごし方でしたが、いつものようにあっというまに感じる1日でした。

私は、高い波動の本を読むと、よく眠くなって寝てしまいます。5,6年ほど前には夢中になって読んだシルバーバーチの霊訓を読んでいる時に、10ページほど読むと眠くなり、ソファーで横になるとあっという間に熟睡してしまい、短時間で起きてまた読み始めるということを繰り返しましたが、その時はどうしてこんなに眠くなるのかはわかりませんでした。その次に同じような感じになったのは、3年ほど前に知人の紹介で出会った、私にとっては初めてとなった宇宙存在のチャネリング本であるバシャールを読んだ時でした。この時は、ページを開いた瞬間から強いエネルギーを感じ始め、数ページ読むごとに眠ってしまうという状態でした。この時、私は本から伝わってくる自分の波動よりもはるかに高いエネルギーの影響を受けて眠くなっていることがわかりました。ちなみに、バシャールの本を一通り読み終えた頃から、今のような高次元の宇宙のみなさんとの交信がはじまりましたので、私にとっては大きなきっかけとなった本です。

その後も、アセンションの時代、オムネクの本、日月神示、ハトホルの書などの、とても高い波動を発する本を読むと同じような状況になりましたが、これは、私が高次の存在とチャネリングしてメッセージを受けた後にも同様な状態になってもいたことでもあります。それでも、ここ半年ほどは、本を読んでいてもメッセージを降ろした後でも、短時間熟睡をするような機会は以前よりもだいぶ少なくなりましたので、私の肉体的にも霊的にも波動がだんだんとなじんできたのかと感じていましたが、昨日読んだ本は、50~100ページほど読むごとに短時間熟睡するような状態を繰り返したので、読み終えるまでに5,6回は眠ったかと思います。

白峰著の「地球一切を救うヴィジョン」は、内容の半分くらいはわくわくしましたが半分はさらりと読みました。全体的には、より具体的に3次元的世界の地球全体を見渡した根本的な現状を知ることができましたし、それなりに共感できる内容でしたので、読んで良かったと感じました。ゲリー・ボーネルさんの「5次元世界はこうなる」は、ゲリーボーネルさんのやわらかくて温かく高い波動に心安らぎ、心地良いまま読み進めることができましたが、スピリチュアルな観点での現状やこの先の状況など、私にとってはたいへん共感できましたし、とても参考になる内容でした。妻は今、ゲリーボーネルさんの「新・光の12日間」を読んでいますが、とってもわくわくする内容だと言っていましたが、私も次に読もうと思っているので、とても楽しみにしています。

DSC00796_convert_20090302135132.jpg

DSC00798_convert_20090302135048.jpg

DSC00793_convert_20090302134617.jpg
スポンサーサイト



スピリチュアル
 | HOME |