FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

みんないろいろあるのです

2009年01月09日
私は、今、とても幸せであることを実感しています。ただここに存在しているというだけで幸せであると感じています。

でも、実はほんの少し前まで、私は少しネガティブな状態から完全には立ち直れないでいました。理由は、生まれたての雛の頃から6年近く一緒に住んでいたペットの手乗りの桜文鳥が、午前10時ころに死んでしまったからです。

私は毎朝、水とえさをあげていたのですが、いつもなら水を取り替えるときには必ず近くに来てピーピー鳴きながら私にちょっかいを出してくるのに、今朝は止まり木の下に降りて、顔を羽の中に入れて眠ろうとしていました。日中にも時々見られる姿なのでよほど眠いのだろうと思って、いつもは声をかけるのですが、今朝はそっと水を取り換えたりエサを補充したりしました。生きているぴっぴ(名前)の姿を見たのはこれが最後でして、10時ころに妻が発見した時には、その場に横たわって亡くなっていました。

何度も悲しみや寂しさといったネガティブな状況から抜け出したと思っても、亡骸を見たり思い出を振り返ったり昨日の晩に鳥小屋から出してあげようと思ったのにまた今度にしようと思って止めたことを悔やんだり…私はつい先ほどまで、どうしてもネガティブな情緒から抜け出せずにいました。昼食後に亡骸をお仏壇に移し、30分ほどお経を読み南無妙法蓮華経のお題目をたくさん繰り返して捧げ、どうにかネガティブな情緒から抜け出したつもりでいました。それでも、今、こうして日記を書き始めたら、またまた涙がポロポロ…。

最近、以前とてもお世話になった親類が亡くなったり、数年前にはもと同僚でとてもお世話になった方が亡くなったりしても、必然と感じて淡々と受け止めたり、慈愛の念はあっても涙を流すようなことはまったくなく、とてもポジティブに受け止めてご冥福をお祈りしていました。そのくせ、水戸黄門の悲しいシーンや感動的なシーンを見ては泣き、日頃の生活での子どもたちの様子をみて喜んだり感動したりしては泣き…と、涙線は以前よりもゆるくなっていることも感じていました。でも、もっと簡単に身近なことでもネガティブなことをポジティブに変換できるようになったと思っていたのに、たかがペット…されどペット…私にとっては7年も一緒だった家族のような存在だった「ぴっぴ」が死んだことで…こんなにもネガティブになるとは思いもしませんでした。

今、私はとても幸せであることを実感しています。でも、まだすべてがポジティブな状態で受容できているわけではありません。毎瞬が感動的な出来事ばかりだなんて言う人もいますが、私は全くそうは思っていません。すべては必然でありポジティブなことであることは理解していますが、そのように受容するためには時間のかかることだってあるのです。それが、3次元の世に生きている人間としての宿命でもあるのです。

私は何一つネガティブには感じていないとか、毎瞬が感動やわくわくするような幸せな出来事のみだとか、エゴはまったくないとか…と言い切っている人もいますが、そういう人に限って、3次元的な表面的にはスムーズにポジティブに生きているようで、実際は残念ながらネガティブな生き方をしている人が多いということを私は感じています。3次元の地球の世で生きている以上、ネガティブに感じることがあって当たり前なのです。それをストレートに受け止められるということも霊性の高い証拠でもあるのです。

そして、悲しみや苦しみなどといったネガティブであると感じた自分の感情をそのままストレートに受け止めて、それを乗り越えることによってポジティブなこととして変換して、その必然に感謝し、その後の人生に良き経験として生かすことによって、さらなる霊性の向上を目指すということが3次元の世の中をポジティブに生きるための必然的な調和であり循環であると私は感じています。

3次元の世に生きている人は、本来は皆だれもがネガティブな情緒を持ち合わせ、ネガティブに感じるような状況に遭遇し、解決すべき事柄がたくさんあって、それが日常生活の中で次々と目の前に訪れるのです。それが3次元の世でありますし、そのことが当然である必然であり、すべての人が「今」経験していることであるのだという認識はとても大切なことなのです。

私の今日のような経験はとても簡単にポジティブに受容できることですし、頻繁にあることではない特別なことですし、自分自身の感情を変換するだけのことですから、もう少し時間が経てば簡単に解決するのはわかります。でも、たとえば我が家の経済的な問題として、娘が中学校へ、そして息子が高校に今春進学する予定であることを考えるたびに、お金の蓄えなどほとんどない私も妻も、ふとネガティブな感情が湧き上がりますが、もう何年も続いています。他の日常的なことでも、家族を始めとして人とかかわっている以上、小さなことにおけるネガティブな情緒は、繰り返し湧き上がるものです。

でも、私はその都度できるだけ早い段階ですぐにできることを実行し、できるだけ早い段階でポジティブに変換するよう意識しています。また、家族個々に対しても同様に、ネガティブなものをポジティブに変換できるよう私の領域において出来る限り全力でサポートしているつもりです。そして、このような実生活すべてのことと並行して、自分の乗り越えるべき大小様々な壁を乗り越えつつ、私はブログやアセンションスペースシューリエのお仕事などを通して、より多くのみなさんがよりポジティブな実生活を送るために、少しでもお役に立てますよう尽力するのが、今の時点での私のお役目であると感じています。そして、そのようなお役目を自覚することができたことも、自覚できたことから始まって今もわくわく感に従った実生活を送っていると自負できていることも、今、私がここに存在できていることだけでも幸せであると感じている大きな要因であろうと思っています。
スポンサーサイト



スピリチュアル
 | HOME |