FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

子どもたちのために

2009年01月08日
「私はアセンションした惑星から来た」金星人オムネクのメッセージ (徳間書店)

チャネリングでも霊界通信でもない、5次元存在の人間から直接明かされる次元上昇、太陽系惑星とアストラル界の超秘密!

この本は、金星人オムネク・オネクが金星人であることを隠し、地球人として生活してきましたが、その秘密を明かし450ページほどある読みごたえたっぷりな本にして公開し、現段階の地球人にとって必要なさまざまな情報を与えてくれています。

地球上の人々は、転生した目的や本質などのそれぞれの状況の中で、地球がアセンションするために貢献していますが、オムネクのように地球外の星で転生した異星人の状態で地球に降り立ち、記憶をしっかりと持ち続けながら地球人としての実生活をしているという数少ない状況の方からのメッセージが、私にとってはこれまで以上に鮮明さとリアル感を感じながら読み進めることができ、この本の内容が心地よく心にしみこんできます。

上記のように、オムネクの本を半年ほど前にこの日記にて紹介いたしましたが、今回は教育をテーマにした記述をこの本から引用します。

5次元の世である金星は、3次元の世である今の地球と比較してしまうと、あまりにも理想的な世界であり、地球の現実とはかけ離れた世界でもあります。しかし、地球がアセンションした後には、現実的な世界としての参考となる世界でもあり、今の世における地球が目指すべき理想の世界でもあるのです。その中でも、金星における教育は、今の日本の教育制度とはかけ離れているために、日本全体の教育制度の参考にして改革するのを今すぐに行うのは難しいことでしょうが、理想として目指すことはできると思います。そして、教育制度といた社会の仕組みを変革することは難しくても、各家庭においてとか、地域や有志によって、金星で行われているような教育を理想に掲げて日常生活に取り入れ、より理想に近づけることは、意識の持ち方次第では、とても容易なことであると強く感じていますし、私もできる範囲内で実行しています。

◇金星の幼児教育 ― 親が生後5年間で生きる基本を家庭で教える

大部分の金星の子供たちは、生後5年間はありとあらゆる遊びやゲームを通して、生きていくための基本を学ぶことになっているようです。(ちなみにオムネクが言う金星での5年間とは、金星の子供が地球の5歳の子供と同じくらいの外見に成長するまでの期間を指すもので、地球時間の5年という意味ではありません)。金星では、子供が学芸院に通い始める前までに、これらの基本的なことを家庭で教えておくのが親の義務となっているようです。つまり、基本的な文字や数字の学習、惑星の文化、神性の法則についての学びや、遊びやゲームなどを通しての学習など、人として5次元の世の金星で生きていくために必要な基本的なことは、家庭で学ぶのがごくあたりまえのこととなっているようです。

また、人との関係においても、もちろん家庭における大調和の愛あふれる中で学びますが、友だちも少しずつできてきて遊びながら関わりを深めて調和の中で学び合うようです。その際の友人とは、「意識レベルがほぼ同じ子ども同士」が結ばれていくようですので、とてもスムーズな関係であるようです。

以下は「私はアセンションした惑星から来た」金星人オムネクのメッセージ (徳間書店)の内容を抜粋して転載します。

◇チュートニアの学芸院 ― 創造性と想像力を高めることが中心

学習することは私自身の人生の中では常に測り知れないほどの価値を持つものでした。近世社会においては、それは年齢に関係なく人々にとって各自の人生の日々の瞬間ごとに訪れる機会でもあります。

私たちは地球に見られるような教育制度は持っていません。地球の学校はまるで完成した製品を送り出すための工場での生産と組み立ての流れ作業のようです。私たちの言う学習とは、個人の魂の成長のための終わりなき経験の連続を意味します。金星の子どもたちにとっての勉強は、心の重荷になるような嫌な努力ではなく、楽しさを感じさせて、満足感を与えてくれるものです。アストラル界では、私たちは生計を立てていくためのつらい労働からは解放されておるので、日々の生活は創造性と想像力を高めることが中心となっていて、教育システムもそのような生き方を反映しているのです。

チュートニアの中心部は、商業エリアではなく、私たちの地域に住む人々のためのカルチャーセンターとなっています。都市の大部分は学芸院のための敷地となっています。各々の学芸院の建物はそれ自体が本来の姿としての芸術作品となっており、それぞれが芸術や科学の1つの分野の発展に貢献しています。各学院では子供も大人も自分たちが選択した学習分野のマスター(熟達した教師)によって導かれています。そこでは常に生徒がマスターに昇進し、その分野を専攻する人々の教育に従事しています。また習熟度の高い生徒はまだ学習を始めて日の浅い生徒たちのガイドに加わるように推奨されています。学院での勉強をいつから始めるかについては、一人ひとりの子どもの自由意思に委ねられています。子どもたち本人以外の誰も彼らの代わりに意思決定や入学手続きをする権利はなく、それはたとえ親であっても同じです。どの科目をいつ習うかについての選択も完全に本人の自由であり、学院にはカリキュラム、卒業、あるいは学位認定などの制度はありません。ここでの学習は個人的なものなのです。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 

私の知人にカエルさん(ニックネーム)という女性がいます。カエルさんは2児の母なのですが、カエルさんの小学生であるお二人のお子さんは、個を強く持ちとても精神性が高くて霊性も高く周囲のエネルギーに対してとても敏感である、いわゆるスターチルドレン(インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・レインボーチルドレン)でして、地球がアセンションするためのライトワーカーとしてこの世に生まれてきた子どもたちです。私もカエルさん同様にスターチルドレンとしての2人のお子さんの素晴らしさを感じていますが、カエルさんの強く実感して意識しつつ、お母さんとしての立場で共に学び波動を高めあいながら、子どもたちの成長をサポートし続けているお姿はとても素敵だと常々感じています。

そのカエルさんが、今日のミクシィーの日記に書かれた「私のやりたいこと」という日記は、私が今日書いた上記の金星の教育に関することとリンクしている内容でした。私はとても素敵なことだと感じましたので、ご本人に連絡したところご快諾いただきましたので転載します。

♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣

テレビを見ていると、
時おり、素晴らしい人との出会いがあって、
私はすごく嬉しくなります。
画面に釘づけになって、感動の涙をだ~だ~流すこともあります。
そして、
ミクシィでも、
みなさんが生き生きと活動している
キラキラと輝いた姿にふれるたび、
すごく良いね! すごいね! と嬉しくなって
みなさんとふれ合える幸せで、
心が、ほんわかキラキラしてきます。


それで、
今日は、私のやりたいことを書いてみようと思います。


私は、学校の雰囲気に合わなくて学校に行きづらい子どもたちの場所、
フリースクールのようなものを
やってみたいな~、と思っています。

ご存知の通り、うちの子どもたちは、
ストレスを感じて、よく学校を休みます。
先生も一生懸命やってくれている、友達の誰かが悪いわけではない、
うちの子どもたちも、さぼりたくて休んでいるわけではないのです。
それで、学校以外の居場所がどこかないか探したのですが、
なかなか良いところが見つかりません。

それなら、自分で作ったらいいと思いました。
他にも、学校に行きづらいと感じている子どもたちが
きっといると思ったのです。

しかし、我が家でそれをやるにしても、
家族とその荷物だけでまんぱんのこのスペース、
隣接した隣近所への迷惑を考えると、
やはり無理か..と思いました。

土地が欲しい、大きな家が欲しい、と思いました。
そして生まれて初めて、
たくさんのお金がほしい!と思って泣きました。

泣いた後、不思議にすっきりしていました。
そして気が付きました。
まずは、できることから始めてみよう、と。

まずは、自分の子どもの心に寄り添おう。
いつでも光の選択のできる、輝いた私でいよう。
そして、同じような子どもを持つお母さんと、
コンタクトをとってみよう。

そんなことを思いつきました。

できることや小さいことの積み重ねが、
いつか、夢の実現につながるのだと思います。

来るべき時のために、
家の中の整理整頓も、忘れずにやっていきたいです。


お掃除に、こんなにわくわくするのは初めてだ~


読んでくださってありがとうございました。



2009.1.8  カエルさんのミクシィーの日記 「私のやりたいこと」を転載しました。
スポンサーサイト



スピリチュアル
 | HOME |