FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

人の波動を高めるために ~その2~

2008年10月22日
真実の信仰を習慣にすることはとても素晴らしいこと。

そして、実生活においても、慈しみの心を大切にし、目に見えるものからも目には見えぬものからも護られていることに感謝しつつより強く信頼し、自分を高めつつ他にも愛をめぐらせるように意識することができるように努めることも、とても素晴らしいこと。

このように、信仰することをきっかけとしたり糧としたりすることによって、3次元の世の人間として、どれだけ思考や情緒や意識や言動などにポジティブに反映させて実生活を送ることができるかといった調和を図って融合させることが大切です。

信仰によって…修行することによって…

ただそうすることだけで波動が高められ魂が向上するのであれば、こんなに楽なことはありません。

この楽は楽天的というポジティブな意味ではなくて、堕落や責任転嫁などを導き現実逃避の意識を生じてしまう場合があります。


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



滝行によって精神統一をしたり自然と一体化したりするとか、坐禅を組んで無の境地に至るように努めるとか、神社に参拝して浄化したり神様を崇めてご神気をいただいたりするとか、お経や真言などを唱えて神仏のお力をいただくとか、瞑想をするとか、スピリチュアルな内容の本や話などから知識として習得するとか…そういった修行のようなことや、信仰や、スピリチュアルな観点を意識することによっても波動を高めることはできますので、日本でも古くから行われていました。そして、近年、このようなことが見直されてきて、行動に移す人が増えてきているようです。

もちろん、このような観点で自分を高めようとする意識も行動も、波動を高めるためにはとても有効である素敵な選択であり、実際に宇宙の道理に適った動機から(純粋・愛)行っているのでしたら、結果的に波動はより高まることでしょう。しかし、このようなことを行って波動を高めることができても、日常生活の中における思考や情緒や意識や言動などにおいてもどれだけ反映させることができるかどうかが、その人の総合的な波動(精神・魂の波動)を高められるかどうかに大きく影響します。

もし、このような行動によって、ポジティブな気づきや悟りを得ることができたり、浄化されエネルギーが高まって活力が高まったり、守護のスピリットの皆様からより護っていただくようになったりするなどして、大きく波動を上げることができた場合に、基本的生活習慣や周囲の人や場との調和や言動などといった、日常生活において反映することができ、よりポジティブな実生活を送ることができたとしたら、総合的な波動もどんどん高まっていくことでしょう。つまり、修業的なことやスピリチュアルなことを、より多い場面において日常生活にもポジティブに反映させることができるということが、総合的に波動を高めるには理想的な状態であるといえるでしょう。

逆に、修業的なことやスピリチュアルなことを、日常的な実生活においては、ある意味「別もの」のようにして分離してしまい、自己責任を強く持とうとせずに自己を見つめるより他に求めたり他を責めたりするとか、低い波動の言霊を平気で発するとか、感覚よりも思考に頼りすぎるとか、ネガティブな情緒や思考をめぐらせていても反省して気づこうと意識しなかったり気づいてもポジティブに変換しようとしたりしないとか、自然や地球や宇宙に目を向けないとか、目に見える物や現象を重視しすぎてスピリチュアルな存在に対する感謝や崇める心が薄いとか高次元の自己とか気や波動などといったスピリチュアルな感覚的なことを軽視しすぎるとか…そういったことによって、実生活において低い波動を多く発していては、せっかくの波動を上げるためには素晴らしい言動をしたにもかかわらず、結果的には「情緒や思考や意識によって瞬時に変化する波動」を得ることはできても、一時的な言動として習慣化されなかったために、総合的な波動にはあまり反映されないという残念な結果になってしまうでしょう。

肉体的に健康を害してしまったために、投薬することによって治療して治すという行為は、ごく普通の行為として今の日本では受け入れられています。実際に、投薬したことによって、心身の苦痛からより解放されることによって波動を高めるといったことは、多くのみなさんがこれまでに経験してきたことでしょう。つまり、病気やけがなどといった心身の苦痛から解放されるために投薬に頼るということは、そういった動機も行動も、3次元の世において波動を高めるという観点では、ひとつの有効的手段でもあります。

ただし、このことも先ほどの修業的な行動の内容に当てはまります。つまり、心身の苦痛から解放されることによって波動を上げることができてポジティブな状態になった結果、その後の実生活でどのような選択をするのかが、総合的な波動に反映していきます。

心身の状態がよりポジティブになるにつれて思考や情緒や意識や言動もよりポジティブになっていけば、全体的な波動は高まっていき、カルマも波動が引き寄せる状況も、波動の高まった状況に応じてよりポジティブなものになっていくことでしょう。逆に、投薬や他に頼ってしまいより強く依存するようになってしまうと、薬による副作用によってより肉体的にさらに不健康になってしまったり、自己解決をしようとせずに薬や医者やヒーラーや学問などといった他者や他のものに頼ったり求めたりすることによって、自己解決をしようという気力を失ってしまうなど、結果的にはさらに波動を下げてしまうようになってしまうでしょう。

総合的な波動、つまり自分自身の魂の状態を高めるためには、より強く自己責任を持ち続けて、自由意思によってより高い波動のものを選択することをどれだけ習慣にして継続できるか、そして自分の状態に満足することなく、さらに高い波動の状態を求めようという意識や理想をどれだけ持ち続けることができるかということが、とても重要であり大切なことであると感じています。
スポンサーサイト



スピリチュアル
 | HOME |