09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

マシュー君のメッセージ(13) ~前編~

2008年10月31日
これまでも何度か紹介しています森田玄さんのブログ「玄のリモ農園ダイアリー」に載せていただいたマシュー君からの新しいメッセージの和訳文です。今回も素敵なメッセージを届けてくれたので紹介いたします。マシュー君そして森田玄さんには多大なる感謝の意を表します。

私はマシュー君のメッセージを深く信頼しているので、わくわくしながら読ませていただいていますし、このように転載させていただいています。でも、もし、みなさんの中でこのメッセージを信頼しないとか疑わしいとかと思われているような方がいらっしゃいましたら、そのような方はお読みにならないことをお勧めします。

このメッセージを送って来たマシュー・ワード(Matthew Ward)君は、1980年に17歳で亡くなっていて、それ以来、お母さんのチャネリングを通してさまざまなメッセージを送ってきているのです。

マシュー君は太陽系のもっとも高い菩薩界磁場相に存在する意識体で、さらに上なる銀河系磁場からの情報を伝えてくれているようです。


以下、森田玄氏が10月30日に「玄のリモ農園ダイアリー」に記載してくださった内容を転載いたします。



木曜日, 10月 30, 2008
マシュー君のメッセージ(13)

先週は小樽、そのあと鴨川と、ハーモニクスヒーリングのワークショップがつづき、グリフィン博士の秋田での911講演会そして国会での記者会見と、慌ただしい日々がつづいてなかなかコンピュータの前に落ち着ける時間がありませんでした。

そこで、やっとマシュー君のメッセージの全訳がおわりました。やはりひとつにまとめた方がベターなので、ここに前回(パート1)のも含めて改めて書きます。

時空連続体(コンティニウム)の話がここでも出てきますが、私たちは転生というとやはり過去とか未来というリニアル(直線的)な時間概念の範疇で考えてしまいます。同時に、この一瞬に多くの人生を経験していると言われても、はいそうですかと納得できるひとはまずこの地球上にはいないんではないでしょうか。

これは、意識という概念に帰着するのではないかと私は思っています。うまく説明できませんが、私たちの顕在意識(通常意識)が捉え得るリアリティは、非常に限られていて、本当のリアリティは、まったくそれを超えたところにあるのではないかという考えです。これは認識論という学問が扱う問題だそうですが、早い話、認識できない問題を論じてもどうやらあまり意味がないんではないかと思いますね。

結局、おまかせする・・マシュー君の言うように、理性ではなく、直感に従うことが、私たちにできるリアリティへの近道なのでしょう。

さて、4日(火曜日)はいよいよアメリカ大統領選挙です。どうやらオバマの地滑り勝利になるようですが、本当に彼がイルミナティのせいで猫をかぶっているのか、これからが見物です。

私は、彼が真に独立した9・11事件の真相究明調査委員会をあらたに設けて、再調査を命じることがその最大の証しになると思っています。その委員長がデニス・クシニッチだと言うことなしです。


********************************




2008年10月22日

10月14日の光の宇宙船未出現の理由と反応、ほかの文明人による地球への過去のコンタクト、世界経済のイルミナティ支配からの脱却と経済的混乱の乗り切り、ある魂の人生の目的、宇宙の引き寄せの法則、アメリカ大統領選挙、エクアドル憲法改正案、黄金時代とその移行に期待すること、スピリチュアルの旅への手短かなガイドライン

1.マシューです。このステーション(霊的エネルギー領域場)にいるすべての魂たちから心からのご挨拶をします。世界中で、世界経済とアメリカ大統領選挙がますます大きな関心の的になっていますが、10月14日に大きな光の宇宙船が見えることを期待していた人たちに失望、幻惑、怒りやほかの人たちからは「やはりイカサマだったんだ」という感情を起こすことになった問題についてまず話しましょう。

この発表はいたずらではありませんでした。この宇宙船出現のメッセージを受けて、勇敢にもそれを広めてくれた光の存在たちに、僕たちから敬意を払います。

2.あの日、あなたたちの上空にはっきりわかるように現れようと思っていた乗組員や乗員たちは、あなたたちよりもっとがっかりしたんですよ・・彼らは長い間ずっとそれを熱望しいつでも準備できていたのです。あなたたちは、彼らの出現をほんの数週間待っていただけではないですか。彼らは、惑星地球での敵対心と暴力が収まり、その存在をすべての人々が歓迎できるように安全が保証されるのを何年も待っていたのです。

けれども、彼ら(宇宙人)の存在をあざ笑い、そしてそう言いながら宇宙船を破壊する兵器を開発している政府内部の人間たちに対して、彼らはなにも怒りを抱いていません。飛行船を観るのを期待していた人たちが宇宙船の乗員たちのことを、いい加減な者たちとか、上空や地上で起きる得る危険な状況に対応できないほどの弱虫なんだとか、自分たちを表に晒す日にちを発表するなんて、なんて馬鹿な連中だとか思っているからといって、宇宙船の乗員たちが幻滅することもありません。

3.そういうこともあって、(普段は)テレパシーで情報を送る光の発信者たちは、どのようなことでも決まった日時を伝えることは控えるようにしています。それは状況がその時々のいろいろな条件で変化してしまうからです。もし、あなたたちが僕たちのいるところから見ることが少しでもできたら、常に変化するエネルギーの動きの影響を理解できるでしょう。あなたたちが正確な日にちを与えられたら、期待と楽観が高まるでしょう。でも、それが納得いく理由もなしにだめになったら、”なーんだ”と思うのも当然でしょう。

でも、あなたたちは、”もうすぐだよ”と言われるのもうんざりしているでしょうし、宇宙の兄弟たちがあなたたちの第三密度の暴力と腐敗を終わらせる手伝いしているのは幻想ではないという確固たる証拠を欲しがっているのも本当です。

もちろん彼らはそうしています。でも、かれらの助けは、電気工事人が悪い配線を取り替えるようなもので、あなたたちにはそれが見えないので、地球の多くの不安定な状況がもう救いようがないのではないかという怖れと相まって、宇宙人の支援に対する疑惑がそこに入り込んでくるのです。

このような感情はさらにネガティビティ(破壊的なエネルギー)を増大させ広めることになります。それで、(宇宙船の)出現計画に関わるものすべてが、時間(時系列)についての一般的な決まりの特別な例外として、宇宙船の正体を現す日にちを公開することに同意したのです。

そのような日を明らかにしたら闇の勢力たちになにか悪巧みする時間をあげるようなものだから馬鹿げているという意見がありますが、すでに彼らはもう長いこといつでもその準備をしっかりとしているのです。まあ、そう彼らは思っています。それは、私たちの宇宙ファミリーがいつもいるんだという真実を世界に知らせないためにです。

4.関係者たちのことを批判するのは、”終わったあとでグダグダ言う”ことだと思いますよ。なぜなら、彼らの行動計画は、それがダメになる最後の瞬間までまったく問題なく進んでいたからです・・でも、それがどうしてダメになったかは事実のあとでのみ説明できるんです。
今回の場合、大型宇宙船を数日間誰の目にも見せて”私たちは平和の目的で来たんです。乗っ取るためではありませんよ”と示そうというのがその行動計画でした。そしてそれが姿を公開する予定の直前で、地上の監視グループから、惑星(地球)の安全体制が保てない状態になっているという報告を宇宙船の司令官が受けたため中止になったのです。

それは、延期することでいろいろと反発があるでしょうが、”彼らが来たんだ!”と否定できない証拠に歓喜して集まる人たちを危険にさらす可能性を考えれば、その方がはるかによいと結論したのです。

この宇宙船を破壊しようと闇の勢力がしても無駄でしょう・・小型偵察宇宙船と違って大型宇宙船にはさらに強力な防衛システムが備わっています・・でも、そのために人々が傷つく結果になったかもしれないのです。あなたたちがこの出来事を家族や友人たちに言い広めたために、今笑い者になっていても、落胆しないでくださいね・・宇宙船が一度でも現れれば、その人たちも一緒に喜んでくれますよ。

5.延期されたことに反発する反応だけがあったわけではありませんよ。お母さん、とっておいてと頼んでいたEメールをここにコピーしてください。なぜなら、これは多くの人たちが受け取った品格ある反応のこころこもった一つの例だからです。

「なんとまあ、宇宙船が出現しなかったことに対するある人たちの反応を見たら、私がET だったら、そりゃ来ないですよ。実際のところ、この出来事全体に対する私自身の反応から判断して、そして私の心の声を聴いて、言いますが、今回のことがこのような結果になったことは本当に成功だったと思います。それは、たくさんの人たちが全員、彼ら(ET)が本当に現れたらいったいどういうことになるのか考える機会を与えてくれたからです。これはみんなを期待でワクワクさせるリハーサル(予行演習)みたいなものです。そうでもしなければ、それこそ彼らは人々のこころを吹き飛ばしていたことでしょう!(文字通りにね!)もう何年も待ってきたんですから、今さらほんの数週間や数ヶ月がどうしたと言うのです。彼らは現れるべき時にそうするでしょう」

6.ありがとう,お母さん。ほかの多くの人たちも今回の出現しなかったことを、冷静に、忍耐を持って、宇宙船が来ることを疑わずに、受け止めてくれています。これほど、すべての肉体をもつ、また霊的な光の魂たちにとってうれしいことはありません。ここで言い直しましょう・・”来る”というのは正しいことばではありません。なぜなら、それでは宇宙船があなたたちのところから去って行ったような意味になるからです。そうではないのです。じつは、あなたたちのすぐそばにいるのです。ですから幾人かの特に感覚がシャープな人たちは、その存在が”包みに隠されて”いて、いつでも覆っているものをパット外せることをわかっています・・その覆い隠したり、外したりする彼らのテクノロジーはすごいんです。ですから、ここで敢えて言いましょう、宇宙船を見るのは”もうすぐ”ですよ!

7.僕が考えていたあることを話すこれはよい機会だと思います。僕のメッセージや本をよく知っている読者のみなさんは、僕が決して”最初の接触(ファースト・コンタクト)”という言葉を使わないことを知っています。これはよく使われている言葉なので、どうして僕がそう言わないのか不思議に思うことでしょう。それはどうしてかというと、その言葉はかつて地球人類とほかの(宇宙)文明社会との間になにも接触がなかったかのような意味になってしまうからです。本当は、他の文明社会からの人たちがこの惑星にいなかったのは、この惑星に生命がなにも存在していなかったときだけです。

太古の昔、この惑星に人々がたくさん住んでいたとき、人々は自分たちの中に他の世界からやってきた人たちがいることを知っていましたし、やってきた人たちもすべて自分たちの故郷と生まれながら受け継いで来たものを知っていました。それからもっと最近の時代になって、高度に進化した文明からきた魂たちがいつも地球人類の中にいることを地球人類は忘れてしまいました。そして今日、たくさんの高度に進化した魂たちが宇宙からやってきていてあなたたちと一緒に暮らし働いていることを知るひとはほんのわずかしかいません。

8.幾世代にわたって、宇宙船があなたの星にやってきています。そして60年以上もの間、何千もがすぐ近くに接近しています。それには地球の救助活動をしていた乗員たちを乗せた母船も含まれます・・かれらの助けがなかったら、彼女(地球)の惑星としてのからだは死んでいたでしょうし、あなたたちは誰も今日そこにいることはないでしょう。

アメリカのメディア(マスコミ)では報道されていませんが、ほかの場所では小型宇宙船の目撃報告はほとんど日常茶飯事になっています。そしてこの種の宇宙船は、たいていは極東地域とラテンアメリカといった安全性が確保されている隔離された場所にずっと以前から着陸しています。しばしば乗員たちは、そこの住民たちと一緒になっています。住人たちは本能的に彼らが遠いところから来ていることを知って心良く受け入れています。しかし、50数年前にあなたたちの政府首脳者たちと会った(宇宙からの)訪問者たちは、平和のこころを持って訪れたのですが、そのような応対を受けませんでした。それらの国家元首たちが戦争をやめ、兵器を増大させるのではなくそれらを破壊することの代わりに、彼らのテクノロジーを分け与えようと申し出たのですが、殺されなかった者はきっぱりと拒絶されたのです。

9.地球内部の空洞にはある文明人たちが住んでいます。彼らの中のひとり以上の人たちと地球表面の住人たちとが時折会ってもいます・・バード海軍大将の日誌には、彼の部下たちが友好的に受け入れられたことやその人々と彼らの環境の美しさが詳細に書かれています。

そして、地球上の魂たちとそのほかの文明社会人とのテレパシー交信は緊密にそして終わることなく続いています。

10.ですから、”最初の接触”という言葉がどうやって出て来たのか知りません。正直なところ、それを言っている人たちがどういう意味で言っているのか知りません。けれども、それはつまり、世界中で握手し抱き合って歓迎し、長い間の”隠ぺい”が、”やったー”という大きな歓声で終わる日のことだと思います。そしてそれが本当に重要な接触(コンタクト)になるでしょう・・地球人類のほとんどの人たちの意識に記憶として残る最初のものになるでしょう。

~後編に続く~
スポンサーサイト
マシュー君のメッセージ

マシュー君のメッセージ(13) ~後編~

2008年10月31日
11.さて、経済ですね。銀行やほかの金融機関を安定させようとテコ入れする目的でとられている対策はどれも思ったようにはいかないでしょう。それは、巨万の富の支配をわずかな数の権力者たちの手に留めておこうというものです。それはいいニュースです。

悪いニュースはよく知られています。それは、より多くの雇用とビジネスと住宅が失われている一方で、その損失に責任がある者たちが”救済”され、彼らによる世界経済の悪意ある操作がつづくことです。最後まで抵抗しているイルミナティの者たちは、彼らの腐敗しきった長い時代が終わったことをなかなか受け入れようとしませんが、一方で幹部連中の中にはこれらの対策がまったく無益だと見て、言わば、船から飛び降りています。ドルをAMERO貨幣に変換しようという考えは、そんな変換しても無駄だろうと思われているように、実現されることはないでしょう。

12.でも、新しいアメリカ大統領の政権が変わったからと言って、事態が急に良くなるわけではありません・・彼らは大変な混乱を引き継ぐわけで、それを修正するには時間が掛かるでしょう。連邦準備金のハゲタカが牛耳っているあの国には修正が始まらなければなりません。それを新しい指導者が始めるでしょう。でも、この瞬間地球の潜在エネルギー場は非常に動揺しているので、地球の改革にどのくらい掛かるのか今見分けることができません。

13.今起きている国際経済危機と、ついに呼ばれることになったその影響を、世界中の人々がどうやって凌いでいったらいいのでしょう、と僕たちは訊ねられています。それに対しては、地球のほかのどんな状況のときでもそれは同じですよ、と答えるだけです。つまり、完全に中立で、常に働いている宇宙の引き寄せの法則、あるいは”類は類を呼ぶ”ということが、一人ひとりの個人的な状況に対する見方や反応に合わせて、それぞれに起きてくるということです。

自分が悲劇の犠牲者とみる人たちによって引き起こされるエネルギーは、それぞれの思考と感情とぴったり合う、"宇宙のスープ”の中の同じ思考形態のエネルギーに急速に焦点を充て、それ自身に引き寄せるのです。するとその合成されたエネルギーは、その人が”悲劇的犠牲者”となって取り組むための状況となって現象化されるのです。与えられるものに心から感謝の気持ちを持つひとには、より感謝するべきものが与えられ、心良く分け与えるエネルギーは同様な良い結果をもたらします。

14.でも、どんなつらい状況でもそれを乗り越えるための基本的なことは、いつでも、そのことを怖れないことです。怖れのエネルギーが増大すると、引き寄せの法則がはたらいて怖れている本人に怖れでいっぱいの状況が作り出されてしまうのです。今の混乱から抜け出して、必ずすべての人たちに豊かさがもたらされるんだと、前向きに、怖れの破壊的なエネルギーに負けないようにすれば、志を高く、強固な意志を保つことができるでしょう。怖れはそれ自身をさらに生むだけでなく、人から人に広がって行きます・・ですから自分のエネルギーの流れに決してネガティビティ(破壊的なエネルギー)を入れて、すぐ近くにいる最愛の人たちを苦しめないようにしてください。

15.地球人類は誰でも、飢え死にしないよう充分な食物を得るための闘いの一生、どちらかというと多くの生涯、を送って来ました。

その細胞には、生存のための強靭な精神と決断力をもたらす本能が記憶されています。この場合、それはこの束の間の経済的混乱を生き抜き、そのトンネルの向こうにある豊かな暮らしに到達することです。でも、貧困諸国にいる何百万の人々は、独裁政権と強欲が終わり、豊かさが訪れるまで生き残れることはできないことも本当です。気遣い、思いやりある、こころの優しい生命として、苦しみや多くの死をもたらす状況をあなたたちは嫌だと思いますね。そのような悲劇的な存在を終わらせようとするあなたたちの努力は神性な行為です。

16.僕たちはほとんどの人たちには理解できないことを理解しますが、それでもそのような苦しみを見ると悲しく感じます。悲惨な状況にいるそのような魂たちは、長寿の幸せで健康な人生を送るように肉体をもって来ているのではありません・・第三密度を抜け出る必要があるというカルマを終わらせるために来たのです。そうすることで、彼らはその人生の目的を無事に達成しているのです。

また、このことは彼らが魂のレベルでのみ分かっていることも、僕たちは理解しています。だからこそ、僕たちは彼らの生きて死ぬ状況を思って彼らと共に泣くのです。多くの輪廻転生を知っている人たちでも、健康に輝いて生きた人たちは、恐怖と病と貧苦に生きた他の人たちとバランスをとるためのものだと分かっている人たちにとっても、やはりそのような”運命”が誰にでも降りなければならないことは、なかなか理解できることではありません。

リニアル(直線的)な時間が存在しない時空連続体(コンティニウム)の中では、様々な人生が同時に経験されることを、魂のレベルでは知っています。でも、苦しみの人生を送っている魂が、そのまったく同じ瞬間、別の人生で美と歓喜の中に生きていることを理解できるのは、それが高い意識の状態にあるときだけです。

17.ここでちょっと引き寄せの法則のことに話を戻して、そのもうひとつの次元について触れてみましょう。もし、スピリチュアル(霊的)に進化した魂が見知らぬ人と出会うとなんか居心地の悪かったり、反発さえ感じることがあるとしたら、それはエネルギーフィールド(場)が合わない・・つまり、お互いに引き合う“似たもの”がないからなのです。その同じ人が、まったく知らない人に強く引かれるのは、”類は友を呼ぶ”からですね。その見知らぬ人が思いやりや誠実さ、助け合いの精神、正直さ、正義感という素晴らしいものを持っていることを意識的に知らなくても、個々の魂は、お互いにそういった特質をその人のエネルギーの成り立ちの中に認識するような経験をするのです。

18.このことからアメリカの大統領選挙の話に行くのは、あまりにも(話が)飛び過ぎているように思えるかも知れませんが、あの国のリーダーになるべく故郷の星を離れてやってきた光の魂のことを思えば、決して筋の通らない話ではありません。

その点で言えば、僕たちの最後の報告以来何も変わっていませんから、ほとんどの人が投票日が目と鼻の先に近づいていることでホッとしていること以外ほとんど何も言うことはありません。

そうそう、読者の方々からの質問に答えましょう。バラク・オバマの市民権について持ち上がった疑惑に関してです。神が、極めて重要な役割を魂が進んで引き受けようとすることを許すときは、組織的な中傷といった、技術的解釈のような些細なことが干渉することはあり得ません。

オバマが”金融救済策”を支持したのは、ほとんど無名だった彼を大統領候補に押し上げたイルミナティの一派に今も従っているふうにしていなければならなかったからです。一度彼がホワイトハウスに入れば、彼の本心がどこにあるのか彼の行動が示すでしょう。それは、ある人たちが彼も同類だと感じているような腐敗と欺瞞の繰り返しではありません。オバマに光が見えない人たちには、「どうか我慢してください。見えるようになりますよ」と、僕たちは言います。

19.また選挙が不正に行われる心配はありません。”宇宙の選択”だと考えてもいいことですが、数ヶ月前に僕たちが報告した止めようがない勢いはもう誰の目にも明らかになっていますね。ですからマケインに有利にしようと投票操作などしたら国民の激怒を買うでしょうから、彼を押しているイルミナティのグループが”透明性のある”調査の要求を招くようなことはあえてしないでしょう。

ここにもう一つの考えもあります。選挙がマケイン擁立派グループには関心がなくなっているとは言っていません。でも、イルミナティのふたつの派閥とそれぞれの中のグループの”共通の利害”というものがあるとすれば、それは彼らの莫大な財産の保全です。世界経済への彼らの支配力がますます弱まってきていることに、彼ら全員が非常に不安になっているのです。

20.ほかの質問もすべてこのように答えられると思います。霊的に進化した文明社会での転生からもたらされたオバマの生まれ持った英知と指導者としての経験が統合し、それと地球人類の意識をますます高めつつある光が相伴って、現在の選挙での醜い中傷合戦による明らかな国民の分断が癒されるでしょう。あなたたちの宇宙ファミリーが公然と援助を申し出ることができるようになれば、新しい政権はこころよくそれを受け入れるでしょう。それは、必要とされるものであれば何であれ、新しいテクノロジーから学生への教育援助まで、マスコミから新しい建築法と材料まで、さまざまなかたちに及ぶでしょう。ここで急いで付け加えますが、宇宙からの同じ支援は世界中に提供されます。

21.エクアドル国民が、自然の権利を認めることを含む憲法改正案を国民投票することになったのは僕たちにとってもうれしいことです。このことが挿入されたという特筆すべきことは、どんなに世界中で光が一人ひとりの道を照らしているかという一例です。僕たちのいるところからの眺めを、あなたたちが見えたらどんなにいいことでしょう!・・これからの子どもたちの地球がいったいどうなるのだろうかといった不安は一瞬に消えますよ。

22.このことに関した話ですが、現在の化石燃料の使用はあなたたちの環境にとって不健康ですし、その採掘は地球の惑星体にとっても不健康であることは確かです。でも、地球温暖化についての科学的論争はエネルギーの無駄です。氷河と氷山の溶解と気候変動は、荒廃した土地を耕作地に再び復活させ、熱帯地域と極地の両方をなくして、全地球を快適な気候に向かわせるための道筋をつけているのです。

そうです、これはそのような生態系の急激な変化に適応できない動物種がいくつか絶滅することを意味します。でも変化に順応できる他のものたちは生き延びて繁栄するでしょう。次第にあらゆる動物は草食性になっていき、多くの"補食動物”を殺すことが必要なくなるでしょう。その間は、どうかみなさん、あらゆる動物たちのいのちを守る努力をつづけてください。そして恐ろしい動物の虐待と陸上と海での大量虐殺を止めさせてください。人間たちの非人間的な動物の扱いが、地球が対応できないほどに膨大な破壊的エネルギーをもたらしています。

23.では、”黄金時代の最初の日”に何が起こるのでしょうということに関連した質問をまとめて、ある読者の言葉を引用しましょう。でもまず言っておきますが、もしその信念とビジョンが集団的意識としてなっていれば、あなたたちの世界は一瞬のうちに黄金時代に変化するのですよ。でも実際は違うので、すべての変化は段階的に起こることになるでしょう。

また、地球が第五密度の高い波動へと移るアセンションの旅をする際,光が肉体的な生存を可能にするのですが、その光を吸収する魂たちだけが黄金時代の恩恵に預かれることを忘れないでください。光を拒否する魂たちの肉体が生存能力をそれ以上維持できなくなると、その魂たちは、そのエネルギーが彼らの一生のエネルギーに見合う世界に行き、意識を高め、霊的に進化する機会を得るでしょう。

24.それで、第三密度が終わるのと黄金時代が始まるのには、はっきりした境界はありません。そして、闇に基ずいたすべての活動が一斉に終わることはあり得ません。様々な進歩には健康的な環境が必要なので、地球から汚染物質を除去することが最優先事項になるでしょう。ですから劣化ウランによる放射線を含むあらゆる汚染物質は、宇宙ファミリーのテクノロジーによって極めて急速に非物質化されまた中和されるでしょう。

この惑星の苦しみとなっているほかの状況・・戦争、殺人、レイプ、その他の暴力;人間が作り出した病気と天候;政府による市民の監視;警察の虐待、不正な法律、虚偽の告発と不正な投獄;兵器や他の軍事品の売買;性奴隷、児童虐待、ポルノ・・これらはすべて闇の影響からもたらされたものです・・は、完全になくなるまで減少していくでしょう。人々の意識が高まり、そのスピリチュアリティ(霊性)がはっきりとしてくるからです。

25.同じように、”日頃の暮らし”といった中では、極端から極端といった変化が急激に起こるわけではありません。病人や衰弱した人たちは、すべての人々にからだと心と感情の健康がもたらされるまで、次第に増えて行く自然療法とエネルギー療法によって治療されるでしょう。これには、あなたたちの言う”特別ニーズ”の人たちと足や視力や聴力を失った人たちが含まれます。

フォトン(光子)の数が電子と同じくらい増加して、やがては地球のエネルギーフィールド(場)を支配するようになるので、それが電気的、電子的、機械的な分野でさまざまなかたちで応用されるようになるでしょう。あなたたちが慣れ親しんでいる交通手段やその動力エネルギーは、段々と新しいデザインの乗物にとって替わられ、今すでに開発が進んでいるエネルギー源が広く使われるようになるでしょう。知的で霊的な成長が進むにつれ、やがてはあなたたちが惑星の上をテレポート(念力移動)し、他の世界にもアストラル体で旅行できるようになるでしょう。

いま健康に害がある無線通信機は改良されてその有害性が除かれます。電柱と電線は地下に移されるか廃止されます。監視システム、それにはあなたたちのテレビも含まれます、は必要ないのでなくなります。そして、そうです。誰もがテレパシーで通信できるようになるでしょう。

これで質問のすべてに答えたと思いますが、今から2012年までとそれ以降の移行期間には、もっと多くのことが期待できるんです。それは以前の僕のメッセージ(マシュー君のメッセージ(6))で詳しく話してあります。

27.このステーション(霊的エネルギー場)の魂たちは、低い(エネルギー)密度の中で、私たちはいつも人生に複雑さを持ち込んでしまいますが、進化の中で成長するにつれ、人生がより単純になって、その目的がはっきりしてくることを学びました。創造主と神は、魂たちが、愛溢れる、歓喜に満ちた、すべてがひとつであるワンネスの内で充実した生を送れるようにしたのです。

この4冊の本と70いくつかのメッセージが世に出て以来、このことと他の宇宙の真理を語ることは、いつも第一の目的です。もし僕が、あなたたちのスピリチュアルの旅への助けになるような手短なガイドラインとしてこの情報をまとめて欲しいと頼まれたら、こんな感じになるでしょう:

あなたたちが神の一部であり、神とこの宇宙のあらゆる魂たちと不可分であることを知りなさい。自分と他の人たちを愛し、許しなさい。怖れずに、思いやりと親切心をもち、高潔でいなさい。恩恵を知り、それへの感謝のこころを持ちなさい。常にこころを開いて学び、しっかりと見極めなさい。直感を信じ、それに従いなさい。

もっと簡単に言うのなら、愛こそすべてへの鍵です。

28.では、このステーション(場)にいるすべての魂たちに代わって、言葉だけのさよならを言いましょう。僕たちはいつでもあなたたちの行く道を一緒に歩いているのですよ。

________________________________

訳文責: 森田 玄
原文: マシュー君のメッセージ
マシュー君のメッセージ

やこのひこ(天界)からのメッセージ

2008年10月30日
ふらふらとした足取りで歩いているように見えても、しっかりと大地を踏みしめながら目的に向かって歩み続けているあなたが、よろりと倒れそうになったように見えたので、あなたを抱きかかえようとしたら、その私の両手を優しくほどいて、ありがとうの言葉を残してあなたはひとりで歩まれました。

あなたが寒そうにしているのであたたかい服をさし上げると、あなたは笑顔で受け取ってくれました。歩き続けてのどが渇いたようなのでお茶を差し出すと、あなたは喜んでお茶を飲んでくださいました。あなたが道に迷いそうになった時、道しるべを差し出してこの先の道のりのヒントをさし上げると、あなたはうなずきながら聞いてくれて、あなたは自分で選んで歩き続けました。

必要なものを必要な時に必要なだけいつも受け取ってくれるあなたは、あなたを必要としている人がいたらあなたのできる範囲であなたは人にしてあげてきました。あなたの次に進むべき道がすぐ近くに待ち受けていても、ひとまずそれはそれで置いておき、必要があれば喜んで回り道をしてきました。それでも必ずあなたは最初に選択した道までたどり着き、また新しい道を歩み続けました。

そんな繰り返しの中で、あなたはふと後ろを振り返ってみると、たくさんの出会った人も出来事も思い出の品も、捨て去ってしまいいつも身軽でいます。捨て去るとはいっても、むやみに投げ捨てるのではなくて、南無妙法蓮華経を唱えるように、大事にしながらいつでも拾い上げるための仏心という紙をくるんで、あなたは優しく捨てていくのです。でも、そういった物質的なものは捨てるのに、愛はどんどんと得て積み重ねています。物質とは違って、愛は積み重ねれば積み重ねるほど、肉体も魂も霊性も波動も軽くなっていくのです。そして、より微細な音を発しながら、温かく優しくふんわりとしていくことをあなたはとても快に感じています。

いつも1人で歩んでいるようで、あなたの周囲には必ずたくさんの魂があります。たとえ物質的な状態としては少なくても、あなたを応援しあなたを愛で包みサポートし、そしてあなたを必要としているたくさんの魂が存在しているのです。あなたは、その魂たちに包まれて、今も、そしてこの先も、皆同じ仲間として兄弟として家族として歩み続けるのです。あなたは一人になることは決してありません。あなたが孤独になることはないのです。あなたの周りには、たくさんの魂があり、無限なる宇宙の果てまであなたが歩んだとしても、あなたの周りには必ずあなたが必要としている魂が、そしてあなたを必要としている魂が、常に在り続けるのです。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

シリウスより愛をこめて その2

2008年10月28日
乗ろうという顕在意識における自らの意思により乗った流れや、自らが作り上げた流れに乗っていくのであれば、今のあなたがどのような流れの中で生きているのかという状況を認識しやすいでしょう。しかし、あなたが気づかないうちに、いつのまにか流れに乗っていたとしたら、その流れがどのようなものであるかとか、いつ乗ったのか、そしてこの先にどのような道のりが待っているのかといったことを認識しずらい場合が多くなるでしょう。

今、あなた方このメッセージを読んでいただいている多くのみなさんが乗っている、地球がアセンションに向かっていく次元上昇に向けての流れは、顕在意識の自由意思によってあなた方が乗ろうとしたというよりは、いつの間にか乗っていたというように、今、人生を振り返ってみればそう感じられる人が多いでしょう。しかし、それは今のあなた方が知っている顕在意識による認識であって、あなた方の本質である魂は、このような流れに乗りたいという希望を持ち、その希望がかなって意図的に地球のアセンションの流れに乗ったということが真実なのです。ですから、あなたの魂レベルの認識では、今、流れのどのあたりまで来ているのか、この先にどのような道のりが待っているのかということなどの、アセンションまでの道のりの多くのことを認識しているのです。

今の時点での3次元の世で暮らした経験をそれなりに長く記憶として持っているあなた方オトナといわれる年長者は、地球に転生したてで今の3次元の地球の世の経験の少ないコドモたちとは違って、3次元レベルでのネガティブな知識や経験や固定観念や常識といわれるものなどを、たくさん持ち合わせている人が多くいます。そんな顕在意識においては、いつのまにかコドモのころにはわずかながらでも思い出したり力を発揮できたりしていた魂のレベルにおける高次元の認識がっどんどん薄れていってしまい、3次元の世の経験によって培ってきた顕在意識レベルの思考が勝るにつれて、ネガティブなことの多い経験や知識として教え込まれたことなどの思考に頼ってしまい、本当は魂レベルではわかっているはずの、現在の自分の状態や進むべき方向性やこの先の見通しや予測といったことを、本来必要としていることの多くを顕在意識の中では認識できないでいるというのが、今の地球人類の多くのオトナにみられる状況です。

それでも、目覚めが進み、霊的成長が急激になされていき、これまで以上に多くの光が急加速度的に差し込んでいるという現状の中、魂の記憶すべてを思い出すまでには至らなくても、少しずつではありますが、本来の魂の持つ力を発揮してきている人が、実にものすごい勢いで増えてきています。しかし、魂そのものの記憶を思い出したり、アセンションするということやその後の地球上の予測を魂の持つ力と同様に認識したりすることは、3次元の世においては、それらすべてを完全に顕在意識の中に呼び起こすことは不可能であります。それでも、魂のレベルにおける認識をできるだけ多く呼び起こすことによって、今の流れの中でよりポジティブな実生活を送ることに関しては、2極化してきている中でも波動を高めているみなさんすべてが、自由意思により選択したことにより、徐々に顕在意識の中で思い出しつつあります。

あなた方は地球の世に転生してきたとき、あなた方の自由意思によって魂の記憶の多くを潜在意識や無意識の中にしまこんで生まれることを選択しました。それが、3次元の世における転生の目的を果たすためには、最も適した状態であると知っていたからです。そして、あなた方は、自分の波動さえ上がっていけば、その魂の記憶を波動に見合った状態で必要なだけ呼び起こして顕在意識レベルもしくは直感的に認識し、さらに波動を高めるたえに生かすことができることも知っていたのです。

波動が高まるにつれて、スピリチュアルである本来の自己の魂に近づいて行くわけですから、その人自身もよりスピリチュアルな生き方を選択するようになっていっきます。そして、多くの方は自分が本当は何者であるのか、どこから来たのか、何の目的で地球上に生まれてきたのか、などといった魂の記憶を知りたくなります。これは、ごく自然な流れなのです。しかも、こういった疑問や知識として得たいという願望が強く表れる方は、急激に目覚めている最中であるという証拠でもあるのです。

本来、魂が高まるにつれて必要な情報は徐々に手に入れることができて実生活に反映させることによってさらに波動を高めるといった連鎖が生まれるために、とてもスムーズに流れていくので、こういった自己の魂の記憶を顕在意識で認識したいという願望は持ち続けていても、それほど強くは持たない人がほとんどなのです。しかし、急激に目覚めたみなさんは、その目覚めの勢いに顕在意識がついていけず、魂の位置に実際の波動がより近づいて行くにつれて、それに見合った記憶を知りたくてたまらなくなるということは、当然の状態でもあるのです。

必要の法則は絶対です。今の時点ですべて必要な情報は手に入れているのです。ただし、今の時点で知識として持ち合わせていないことを知りたいと思うことも、実は必要な情報であるということになります。ですから、その情報を求めて、信頼する人に聞いてみたり、本やネットなどの情報を読むことによって探ってみたり、瞑想したり内観したりするなど、尽力して探究することは自然でありポジティブな流れなのです。ただし、そのように尽力したからといって、必ず真実を知ることができるかどうかは別問題です。やはりこれも必要の法則に則っていて、必要な情報は知ることができますが、今はまだ知る必要のない情報は知ることができないのです。ですから、そんな状況になった場合には、そういったポジティブな意識を持って、さらに霊的成長を目指してよりポジティブな実生活を送るように努めることが大切になります。

これまでに何度も私たち宇宙の同志からのメッセージとして伝えてきたことですが、地球のアセンションの道のりは、まもなく終着を迎えます。そして、次の世は、今のあなた方の顕在意識の中では想像することは難しいほどの、愛と幸せに満ち溢れた世の中になります。

あなた方は実に素晴らしい瞬間を、今、地球上で経験しています。このような大変革期を、こうして実体験できるということは、宇宙広しとはいえども、そうめったに経験できるものではありません。どうかできるだけ多くのみなさんが、自らの自由意思で、アセンションする流れか、もしくはもう一度3次元以下のネガティブな世へと旅立つ流れかといったこの2本の流れの中でも、より最良の流れに乗る選択をすることを望みますし、あなた方の周囲の人々をもより多く最良の流れに乗ることを選択できるように誘ってほしいと願います。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

ゆったりとした1日

2008年10月27日
なんだかせわしなく動いている世の中の雰囲気とは別に・・・

今日はとてもゆったりとしてしまっている自分が在ります。

今日はほとんどメールが届かず、返信したメールは今のところ3通のみ。

お約束しているお仕事は明日行うことにして

朝のうちに日記を書いた後は霊力をはゆったりと休ませることにしました。


庭に野菜の種を蒔いたりサクラソウの苗を植えたり・・・

政治・経済の動向をながめたり・・・

妻やデンプと外出したり話をしたり・・・

mixiにコメントを書いたり日記を読んだり・・・

今は水戸黄門を見ながらこうして日記を書いています。


こんな日もいいな~と思いつつ

いつも…こんな感じでのんびりできた日の次の日からは~

全力で霊力や気力を使うようなわくわくすることがたくさんやってきます。

そんな明日を楽しみにしながら・・・

このあともゆったり気分で夕食作りに励んで

家族とのんびりとした夜を過ごします~
日記

ふと書きたくなったこと…

2008年10月27日
高次元の宇宙の存在である地球のアセンションをサポートしてくれている同志のみなさんを、肉眼で確認したり肉声で話をしたりすることは、確かに理想ではあります。しかし、今の私にとっては、今の時点でたとえこれまでのように3次元の世における物質的な状態でコミュニケーションをとることができなくても、今まで通りに、いわゆるテレパシーにおいてメッセージや映像などをいただいたり会話を楽しんだりエネルギーを感じたりするだけで、十分すぎるほど幸せに感じているのが実状です。

もちろん、宇宙の同志の乗り物である宇宙船に関しても、肉眼で見ることができればとても嬉しいことではありますが、たとえ今の時期に肉眼で見ることができなかったとしても、まったくネガティブには感じていないということで、宇宙の同志のみなさんに関することと同様に感じています。そんな中、私が今回多くのみなさんに宇宙船を見ていただくのが理想であると感じたのは、こんなにも素晴らしい高度な文明の中で存在している愛の深い高次元の宇宙の存在は「本当に実在するのですよ」ということをより多くのみなさんに、より実感していただきたかったということです。

これは、私が願っているというよりも、宇宙の同志の皆さんの願いでもあります。やっとその時が来た…そんな思いで喜んでいました。しかし、その時期が予定より少しずれたことに関しては、「必要」がまだ十分でなかったことや「領域」の問題が解決していなかったこと。そして、「波動の法則」が働いて、まだ地球表面の波動が低かったというだけのことのようです。


守護霊さまをはじめとする高次元の霊的存在や神様仏様にしても、やはり高次元の宇宙のみなさんの状況と同様でして、「必要」「領域」「波動」の調和が十分になされないために、地球人類の多くが物質的五感(視覚・聴覚・触覚・匂覚・味覚)で実感できる状態に至ってはいません。逆にいえば、今のような状態が、宇宙の法則や調和においては、最良の状態であるということになります。

ですから、私がシリウスからのメッセージであるとか、神様のメッセージであるとかと書き表しても、100%の信頼を持てなくて当然のことなのです。その存在に関してとか、私が本当にチャネルしてコンタクトしたことによるメッセージであるのかどうかということは、やはり「?」と感じることは当然なことであると私は認識しています。

結局、そんな中でもメッセージであると表現して書き表して、このようにブログによって公開しているに当たっては、私の自己責任や信頼という私の領域レベル内では、100%確信しているということが最低条件である内容のみをご紹介しているということは真実であります。でも、チャネル状態で高次元の皆さんのメッセージを書いたものであるということを信じてほしいとか、高次元の存在を信じてほしいとかといった意識が多少はありますが、それほど大きなものではありませんし、読まれてどのように感じられるかといった読まれる皆様の領域に関しましては、皆様の自己責任と自由意思にお任せしていますので、私にとっては本来介入するべき領域ではないと自覚しています。

そんな中、疑問に思われたこととか、内容を詳しく知りたいとか、内容をどのように実生活に生かしていくかの方法を知りたいとかといったりした、よりポジティブに捉えるために必要なことに関しては、私は情報を差し上げたりアドバイスや感じたことをお伝えしたりすることも、私のお役目であると感じていますので、必要に応じてお役目を果たしているのが現状です。ただし、もともとから信頼が薄い方に信頼していただこうとか説得しようとかといった相手の領域に関して干渉することは一切いたしませんし、そのようなことに対してはまったくわくわくしませんし興味・関心はありません。また、自己解決に向けてのアドバイスをご質問やご相談にお答えすることによってお伝えするように努めているつもりですが、結果的に私に対して強い依存を生じてしまうような事態に至ってしまいそうになった場合には、私が介入することを拒否してしまう場合もあります。

私は、とにかく少しでも多くの皆さんが、私の書き表した内容をお読みいただくことで参考にしてくださり、少しでも波動を高めるために、より幸せを多く導くために、そんなお役に立つことができれば嬉しいという願いをこめて、こうして表現しているということが、私のお役目であると自負していますし、とてもわくわくすることでもあります。

私が本当にチャネルした状態で書いているのかどうかとか、誰からのメッセージであるかとか、私の意識が多く入っているのか高次元の存在の意識が多いのかとか、とにかくそういったことを多少はお気になされたとしても、私の書き表す「内容がどうであるか」ということに重きを置いていただきたいということは、常に強く願っているのは真実です。

特に私がどなたかから何かご指摘をいただいたとか、情緒が動いて訴えたくなったとか、そういったことからこのような内容を書いたわけではありませんが、直観的にこのようなことを書きたいとわくわくしたので、あとはいつものようにキーボードを見つめて湧き出てくる言葉を文章として連ねることに尽力しました内容です。もちろん、私の強い信頼と自己責任を持って書き表した内容です。
スピリチュアル

マシュー君のメッセージ(13) パート1

2008年10月26日
これまでも何度か紹介しています森田玄さんのブログ「玄のリモ農園ダイアリー」に載せていただいたマシュー君からの新しいメッセージの和訳文です。今回も素敵なメッセージを届けてくれたので紹介いたします。マシュー君そして森田玄さんには多大なる感謝の意を表します。

私はマシュー君のメッセージを深く信頼しているので、わくわくしながら読ませていただいていますし、このように転載させていただいています。でも、もし、みなさんの中でこのメッセージを信頼しないとか疑わしいとかと思われているような方がいらっしゃいましたら、そのような方はお読みにならないことをお勧めします。

このメッセージを送って来たマシュー・ワード(Matthew Ward)君は、1980年に17歳で亡くなっていて、それ以来、お母さんのチャネリングを通してさまざまなメッセージを送ってきているのです。

マシュー君は太陽系のもっとも高い菩薩界磁場相に存在する意識体で、さらに上なる銀河系磁場からの情報を伝えてくれているようです。


土曜日, 10月 25, 2008
マシュー君のメッセージ(13)パート1

さて、マシュー君から最新のメッセージが送られてきました。

これまで、さまざまなコメントを寄せてくださったみなさん、ありがとうございました。私はきっとマシュー君が説明してくれるだろうと思って、あえて何も意見を述べずにいました。

きっとみなさんも早く内容を知りたいと思い、メッセージの前半部分だけを訳したものをここに書きました。メッセージの後半は世界経済に関することですが、これは後日パート(2)として書きましょう。

とりあえず、10月14日に大型宇宙船が出現しなかったことについての説明です。

********************************



2008年10月22日

マシューです。このステーション(霊的領域)にいるすべての魂たちから心からのご挨拶をします。世界中で、世界経済とアメリカ大統領選挙がますます大きな関心の的になっていますが、10月14日に大きな光の宇宙船が見えることを期待していた人たちに失望、幻惑、怒りや、ほかの人たちからは「やはりイカサマだったんだ」という感情を起こすことになった問題についてまず話しましょう。

この発表はいたずらではありませんでした。この宇宙船出現のメッセージを受けて、勇敢にもそれを広めてくれた光の存在たちに、僕たちから敬意を払います。

あの日、あなたたちの上空にはっきりわかるように出てあげようと思っていた乗組員や乗員たちは、あなたたちよりもっとがっかりしたんですよ・・彼らは長い間ずっとそれを熱望しいつでも準備ができていたのです。あなたたちは、かれらが出現するというのをほんの数週間待っていただけではないですか。彼らは、惑星地球での敵対心と暴力が収まり、彼らの存在をすべての人々が歓迎できるように安全が保証されるのを何年も待っていたのです。

けれども、彼ら(宇宙人)の存在をあざ笑い、そしてそう言いながら宇宙船を破壊する兵器を開発している政府内部の人間たちに対して、彼らはなにも怒りを抱いていません。飛行船を観るのを期待していた人たちが宇宙船の乗員たちのことを、いい加減な者たちとか、上空や地上で起きる得る危険な状況に対応できないほどの弱虫なんだとか、自分たちを表に晒すような日にちを発表するなんて、なんて馬鹿な連中だとか思っているからといって、宇宙船の乗員たちが幻滅することもありません。

そういうこともあって、(普段は)テレパシー情報を送る光の発信者たちは、どのようなことでも決まった日時を伝えることは控えるようにしています。それは状況がその時々のいろいろな条件で変化してしまうからです。もし、あなたたちが僕たちのいるところから見ることが少しでもできたら、常に変化するエネルギーの動きの影響を理解してくれるでしょう。あなたたちが正確な日にちを与えられたら、期待と楽観が高まるでしょう。それが納得いく理由もなしにだめになったら、”なーんだ”と思うのも当然でしょう。

でも、あなたたちは、”もうすぐだよ”と言われるのもうんざりしているでしょうし、宇宙の兄弟たちがあなたたちの第三密度の暴力と腐敗を終わらせる手伝いしているのは幻想ではないという確固たる証拠を欲しがっているのも本当です。

もちろん彼らはそうしています。でも、かれらの助けは、電気工事人が悪い配線を取り替えるようなもので、あなたたちにはそれが見えないので、地球の多くの不安定な状況がもう救いようがないところまできているのではないかという怖れと相まって、宇宙人の支援に対する疑惑がそこに入り込んでくるのです。

このような感情はさらにネガティビティ(破壊的なエネルギー)を増大させ広めることになります。それで、(宇宙船の)出現計画に関わるすべての者が、時間(時系列)についての一般的な決まりの特別な例外として、宇宙船の正体を現す日にちを公開することに同意したのです。

そのような日を明らかにしたら闇の勢力たちになにか悪巧みする時間をあげるようなものだから馬鹿げているという意見がありますが、すでに彼らはもう長いこといつでもその準備をしっかりとしてきているのです。まあ、そう彼らは思っています。それは、私たちの宇宙ファミリーがいつもいるんだという真実を世界に知らせないためにです。

関係者たちのことを批判するのは、”終わったあとでグダグダ言う”ことだと思いますよ。なぜなら、彼らの行動計画は、それがダメになる最後の瞬間までまったく問題なく進んでいたからです・・でも、それがどうしてダメになったかは事実のあとでのみ説明できるんです。

今回の場合、大型宇宙船を数日間誰の目にも見せて”私たちは平和の目的で来たんです。乗っ取るためではありませんよ”と示そうというのがその行動計画でした。そしてそれが姿を公開する予定の直前で、地上の監視グループから、惑星(地球)の安全体制が保てない状態になっているという報告を宇宙船の司令官が受けたため中止になったのです。

それは、延期することでいろいろと反発があるでしょうが、”彼らが来たんだ!”と否定できない証拠に歓喜して集まる人たちを危険にさらす可能性を考えれば、その方がはるかによいと結論したのです。あなたたちの宇宙の兄弟たちは、彼らの結論は強い反応を引き起こし、信用を失う魂たちもいるでしょう、でも、惑星での安全性が彼らの活動を進める上で何よりも大事な条件であり、これからもそうあり続けることを理解しています。

この宇宙船を破壊しようと闇の勢力がしても無駄でしょう・・小型偵察宇宙船と違って大型宇宙船にはさらに強力な防衛システムが備わっています・・でも、そのために人々が傷つく結果になったかもしれないのです。あなたたちがこの出来事を家族や友人たちに言い広めたために、今笑い者になっていても、落胆しないでください・・宇宙船が一度でも現れれば、その人たちも一緒に喜んでくれることでしょう。

延期されたことに反発する反応だけがあったわけではありません。お母さん、とっておいてと頼んでいたEメールをここにコピーしてください。なぜなら、これは多くの人たちが分別ある受け取め方をしたという、こころこもった一つの例だからです。

「なんとまあ、宇宙船が出現しなかったことに対するある人たちの反応を見たら、私がET だったら、そりゃ来ないですよ。実際のところ、この出来事全体に対する私自身の反応から判断して、そして私の心の声を聴いて、言いますが、今回のことがこのような結果になったことは本当に成功だったと思います。それは、たくさんの人たちが全員、彼ら(ET)が本当に現れたらいったいどういうことになるのか考える機会を与えてくれたからです。これはみんなを期待でワクワクさせるリハーサル(予行演習)みたいなものです。そうでもしなければ、それこそ彼らは人々のこころを吹き飛ばしていたことでしょう!(文字通りにね!)もう何年も待ってきたんですから、今さらほんの数週間や数ヶ月がどうしたと言うのです。彼らは現れるべき時にそうするでしょう」

ありがとう,お母さん。ほかの多くの人たちも今回の出現しなかったことを、冷静に、忍耐を持って、宇宙船が来ることを疑わずに、受け止めてくれています。これほど、すべての肉体をもつ、また霊的な光の魂たちにとってうれしいことはありません。

ここで言い直しましょう・・”来る”というのは正しいことばではありません。なぜなら、それでは宇宙船があなたたちのところから去って行ったような意味になるからです。そうではないのです。じつは、あなたたちのすぐそばにいるのです。ですから幾人かの特に感覚がシャープな人たちは、その存在が”包みに隠されて”いて、いつでも覆っているものをパット外せることをわかっています・・その覆い隠したり、外したりする彼らのテクノロジーはすごいんです。ですから、ここで敢えて言いましょう、宇宙船を見るのは”もうすぐ”ですよ!

僕が考えているあることを話すこれはよい機会だと思います。僕のメッセージや本をよく知っている読者のみなさんは、僕が決して”最初の接触(ファースト・コンタクト)”という言葉を使わないことを知っています。これはよく使われている言葉なので、どうして僕がそう言わないのか不思議に思うことでしょう。それはどうしてかというと、その言葉はかつて地球人類とほかの(宇宙)文明社会との間になにも接触がなかったかのような意味になってしまうからです。本当は、他の文明社会からの人たちがこの惑星にいなかったのは、この惑星に生命がなにも存在していなかったときだけです。

太古の昔、この惑星に人々がたくさん住んでいたとき、人々は自分たちの中に他の世界からやってきた人たちがいることを知っていましたし、やってきた人たちもすべて自分たちの故郷と生まれながら受け継いで来たものを知っていました。それからもっと最近の時代になって、高度に進化した文明からきた魂たちがいつも地球人類の中にいることを地球人類は忘れてしまいました。そして今日、たくさんの高度に進化した魂たちが宇宙からやってきていてあなたたちと一緒に暮らし働いていることを知るひとはほんのわずかしかいません。

幾世代にわたって、宇宙船があなたの星にやってきています。そして60年以上もの間、何千もがすぐ近くに接近しています。それには地球の救助活動をしていた乗員たちを乗せた母船もふくまれます・・かれらの助けがなかったら、彼女(地球)の惑星としてのからだは死んでいたでしょうし、あなたたちは誰も今日そこにいることはないでしょう。

アメリカのメディア(マスコミ)では報道されていませんが、ほかの場所では小型宇宙船の目撃報告はほとんど日常茶飯事になっています。そしてこの種の宇宙船は、たいていは極東地域とラテンアメリカといった安全性が確保されている隔離された場所にずっと以前から着陸しています。しばしば乗員たちは、そこの住民たちと一緒になっています。住人たちは本能的に彼らが遠いところから来ていることを知って心良く受け入れています。

しかし、50数年前にあなたたちの政府首脳者たちと会った(宇宙からの)訪問者たちは、平和のこころを持って訪れたのですが、そのような応対を受けませんでした。それらの国家元首たちが戦争をやめ、兵器を増大させるのではなく破壊することの代わりに、彼らのテクノロジーを分け与えようと申し出たのですが、殺されなかった者はきっぱりと拒絶されたのです。

地球内部の空洞に住む文明人がいて、彼らの中のひとり、あるいはそれ以上の人たちと地球表面の住人たちとで時折会ってもいます・・バード海軍大将の日誌には、彼の部下たちが友好的に受け入れられたことやその人々と環境の美しさが詳細に書かれています。

そして、地球上の魂たちとほかの文明社会人とのテレパシー交信は緊密にそして終わることなく続いています。

ですから、”最初の接触”という言葉がどうやって出て来たのか知りません。正直なところ、それを言っている人たちがどういう意味で言っているのか知りません。けれども、それはつまり、世界中で握手し抱き合って歓迎し、長い間の”隠ぺい”が、”やったー”という大きな歓声で終わる日のことだと思います。そしてそれが本当に重要な接触(コンタクト)になるでしょう・・地球人類のほとんどの人たちの意識に記憶として残る最初のものになるでしょう。




~ タエヌから一言 ~

たとえ肉眼で3次元の世で物資的に見ることができる状態で現れなくても、感覚的やエネルギー的に感じたり、チャネル状態で言葉またはそれに準ずる表現によるメッセージや映像や直感などのインスピレーションとして情報をいただいたり、地球上の霊的存在や神仏などと同様に霊眼によって宇宙人としてや宇宙船としての存在を見ることができるといったことが、私にとっては日常的なので、さらに肉眼で見て実感できたら素敵だろうな~という理想を抱いて、この件に関してはわくわく待ち続けていましたし、今も待っています。

「感じること」や「ポジティブな意識を持って信頼すること」が、物質的世界を五感(視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚)によって実感しつつも、スピリチュアルな感覚も融合して、バランスよく総合的にポジティブに捉えるということは、とても大切なことであると感じています。


~ 今、マシュー君を感じたのでメッセージを降ろします ~

まだそれほど大きなものにはなっていない、あなた方のスピリチュアルな感覚に対する信頼は、私のメッセージを通して少しずつでも価値観を変容して信頼をより深めてくれることも、ひとつの願いとして抱いています。そのために、私は地球上の政治や出来事などといった物質的現象をメッセージの中によく盛り込むようにしていますが、この件に関してはそのことがかえって信頼度を弱めてしまう結果になったことがとても残念であると思っています。しかし、このことも深い意味のあることなので、どうかまもなく訪れる本当にはっきりと宇宙存在を認識できる日を、少しでも信頼している人は楽しみにお待ちください。きっと、その時が来たら、これまでのすべての疑いが晴れてしっかりと認識して信頼することができるでしょう。それまでの間は、疑念や否定などといったネガティブなエネルギーを生じてしまっては、とてももったいないことなので、これまでと変わらずに見ることができないという、ただ単に物質的現象としては変化がないだけであるということだけを信頼して、感覚的にどのように感じるかということに意識を傾けてみてください。きっと、あなた方の日に日に高まっている波動の意識を通せば、スピリチュアルな感覚的には、高次元の宇宙存在をより身近に感じることができるはずですし、もちろん今もそのような状況で以前よりも身近に感じてきている人が多いことでしょう。


~ 高次元の宇宙存在ハトンの同胞からのメッセージです ~

まだ今の私たちは、真実の愛と平和と自由と統一によって、本当の意味の幸福とはどのようなものであるのかということをあなた方に感じていただくためには、これまでのように、高次元の状態にてあなた方とのコンタクトを主に行うことが、地球上の時間の現時点での「今」という時の中では最適の選択であることになります。ただし、直線的時間の少し先にある「今」になれば、ごくあたりまえのように私たちとコミュニケーションをとりあうことができるようになるのです。その、大きな転換期である私たちの存在を物質的に認識していただくという一大イベントが、少しだけ「今」を先延ばしにしただけのことですから、「今」はまだ最適ではないということを信頼して、最適になる「今」を楽しみにお待ちください。


~ 地球神からのメッセージです ~

もともとが、私たち地球神や地球自体が高次元の宇宙存在をお呼びしたために、このような計画を実行するために具体的な地球上の時間までも設定して準備を進めてきたことなのです。地球の神も地球自体も地球人類も、すべてが地球そのものであり、地球が存在している間は、地球に存在している限りは地球に対しての責任をしっかりと持ち合わせている状態です。その、地球に存在する者たちが、自ら高次元の素晴らしい友である宇宙存在をお呼びしたにもかかわらず、自らの手でそれを妨害してしまうといったこの罪ともいうべき責任のない状況を作ってしまったということは、本来は神も地球自体も地球人類も、すべての地球に関わる存在が反省すべきことなのです。そして、この反省をもとに、次の機会には心から愛をもっておもてなしをして歓迎するべきことでもあります。どうか、このような意識を少しでも受け止めることができる人は、あなたの意識の中で愛をもってしっかりと認識していただくことを願います。

マシュー君のメッセージ

シリウスより愛をこめて

2008年10月24日
自らの手で物をつかまなくても、自らの目で物を見なくても、信頼できる人が触れたり見たりして感じたことを情報として得ることによって、あなたの信頼度さえ高ければ、自らが体験したことと同様に、実際に経験したことに近い感覚を得ることができるでしょう。

あの世のことも宇宙の果ての出来事でも、本来のあなたは体験していることであるにもかかわらず、今のあなたが真実だと感じている肉体における感触や肉体における目で見たという確信が持てないだけで、そんな魂の経験は真実とは思わず疑うどころか顕在意識によみがえらせることさえ拒否してしまうことがよくあります。

あなたは目を閉じて心の目で物ごとを見ようとすれば、あなたの波動に見合った感覚的な見方ができるのです。それは、あなたが答え合わせをすることはなくとも、あなたの波動に合った答えであるわけですから、あなたがいかに信頼するかどうかによって、真実の答えが違ってきます。あなた方地球人類は、あまりにも周囲の答えを気にしすぎていて、周囲の基準や価値観によって個の基準や価値観といった、本来のあなたの持っている素晴らしい特性を、見失うようなことが普通におきています。

より周囲と同じである平均的な自分を、あなた方はとても心地よく思う傾向があります。そして、3次元の世で良いことと認められていることが、周囲の平均的基準より優れていると、自意識過剰とか他者と比較しての満足感とかといったエゴが強く発生してしまいます。宇宙はみな平等です。個々の特性があるために、他者と比べてもなにひとつポジティブなものを生み出すことはできません。あなたがすべてなのです。

もし比べるとしたら、あなた自身の中であなた自身の波動やさまざまな状況を思い起こして、今のあなたと過去のあなたとを比べてみてください。もしも、それなりに成長していると感じたのなら大いに喜べばよいですし、もしもネガティブなものを思い出したり波動が下がっているように感じたりした場合には、反省して次に生かすようにすれば良いのです。

地球の世の比較として、今、こうしてエネルギーが過去にはなかった最高値に達しているという状態が、毎瞬、記録更新がなされていて、今もこうして時が過ぎるにつれて、宇宙のエネルギーも地球自体のエネルギーも最高記録を更新し続けているのです。そんな中であなた方は生きているのですから、大きく変化していて当然ですし、たとえ目で見たり顕在意識として感じることができなかったりしていたとしても、毎瞬単位で実際の地球の世は大きく変化しています。

これまでにも申し上げてきましたが、私たち宇宙ファミリーは、あなた方の住む地球表面上の安全確保のために、大気や地中における、私たちの許されている領域内において支援を行っています。これは、地球自体にも依頼されたことでもあるので、地球自体の地のレベルの問題であることや地球表面上の大気の問題であることでもある、気候や地震などといった天変地異的なことを緩和させることは行っています。ただし、今急激に進んでいる地球表面上における波動の高低の2極化により、低いエネルギーが与えられることを選択している人たちによって、自らを地球外の惑星へと移動させるための物質的な動きが形成されてきています。

これは、単純に宇宙における絶対的法則である波動の法則によるものでして、地球表面上の波動が高まるにつれて、すでに波動が合わなくなっている人々は、毎瞬その低いエネルギーを受けることを選択し続けているために、自らの魂の意思によって、地球を離れることを選択している人が急増しています。その波動の法則やカルマの法則によって生じる物質的現象である天変地異や治療困難な病気が蔓延したとしても、これはあなた方地球人類の領域の出来事であるので、私たち宇宙ファミリーが手出しをすることが許されないこともあるのです。むやみに宇宙の自然な流れを変えることはできないのです。

別に、地球を離れることを選択することはネガティブなことではありません。あなた方の中でも、自由意思によってそのような選択をするわけですから、個によって違いがあっても何一つ問題はありません。これも宇宙の不変の真理なのです。ですから、今の地球の波動の高まりに乗って流れている人たちが、このまま波動を高めることを選択し続けていれば、たとえ身近なところで大地震がきても津波が来ても病気が蔓延しても、地球上に存在することを魂の意思が選択していて波動の法則やカルマの法則といった宇宙の法則に即しているのでしたら、なにひとつネガティブに思うことなく、周囲の状況がたとえネガティブだと感じたり、周囲の人々の基準が下がったりしたとしても、それによって動じることも流されたりすることもなく、そのままポジティブなままに地球上に存在し続けることができるのです。

まもなく、このエネルギーによって大きく変動することが、目で見て知識として顕在意識において捉える事が誰でもできるようになります。それには、最も身近に感じることから大きな変化を感じるようになるでしょう。今はまだ楽観視している人が多い経済的な状況は、実はとても大きく変化しているものの中でも、最たるものなのです。11月の終わりを迎える頃には、そのことがはっきりとわかることでしょうが、このことは地球上の物質である富が、より公平に分担されるようになるための素晴らしい変革なわけですから、本来はなにひとつネガティブなことはない大いに喜ぶべきことなのです。ただし、まだ闇の勢力は存在していて、これほどまでに弱まったとはいっても、その勢力が今もなお政界経済界に及んでいるために、表面的な数字や言葉による操作は続けられるでしょう。しかし、もうそろそろ限界に達するのです。このエネルギーの高まりにより、真実の愛が勝るために、宇宙における真実の平等と自由と平和がもたらされていくのです。

あなたがたは、今の世がこのような状態であることを少しでも認識しているのでしたら、この変化に対応するために、顕在意識を柔軟にしておくことが大切になります。特に、これまでに教えられてきたり信じこんできたりしていた、固定観念や価値観といったものは、この先は宇宙における真実に変化していくにつれて、そのままであるものもありますが、大きく変わっていくものもたくさんあるのです。本来は何事も徐々に変化することが望ましいのですが、今回のアセンションに関しては、徐々に変化することもありますが急激に変化することがいくつもあるのです。

決して、この先急激に変化しても、あせらないで、恐れないで、心配しないでいてください。総合的な観点で、ポジティブに見つめて、宇宙の道理と照らし合わせて世の中の動きを捉えて、ポジティブに受容するように努めてください。私たちは、あなた方すべての人が、アセンションする地球という宇宙の中でもごく限られた貴重な体験をするために選ばれてきたことを知っています。そして、あなた方の多くの人が実際にアセンションして、私たちと宇宙の家族として面と向かって幸せを分かち合うことを選択するために今もこの地球上にいることを知っています。

あなたの道はあなたの自由意思によって切り開くことができます。今、地球上に存在していることを選択している人は、すべてがアセンションする地球上に存在できる可能性を秘めているのです。3次元以下の次元の世をもう一度どこかの惑星にて経験することを選択するのか、それとも地球上にて私たちとともに高次元の世において暮らすことを選択するのかは、すべてが毎瞬お訪れる「今」をあなたがどのような選択していくかによって決まるのです。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

人の波動を高めるために ~まとめ~

2008年10月23日
波動を高めようと意識することはとても素敵なこと。

波動を高めようと意識し続けることや波動が下がった時にはより早く気づいて高めるように努めることはとても大切なこと。



わくわくするスピリチュアルな知識を得ることはとても素敵なこと。

わくわくするスピリチュアルな知識をよりポジティブに実生活で生かすことはとても大切なこと。



信頼できるアドバイザーに出会い、信頼できるアドバイスを得ることはとても素敵なこと。

アドバイスをもとによりポジティブな実生活を送りつつ、より自己解決することを目指すことはとても大切なこと。



医者に行ったり薬を飲んだりして結果的に病気が治ることはとても素敵なこと。

健康を取り戻すことができたあとは、医者や薬に頼らずに健康を保つことに努めることはとても大切なこと。



弱い自分やネガティブな自分に気づいて向き合うことはとても素敵なこと。

たとえ何かに頼ったとしても、すべては自分の中に答えがあることが基本であることを意識しつつ、自己責任をより強く持ちつつ反省して改善することを繰り返し、より自己解決ができるように努めることはとても大切なこと。



スピリチュアルな世界を心地よく感じることはとても素敵なこと。

スピリチュアルな世界にかたよりすぎてしまうよりも、物質的世界にかたよりすぎてしまうよりも、3次元の世に人として存在しているうちは、物質的世界とスピリチュアルな世界とを融合して、ほどよいバランスを保って実生活を送るように努めることはとてもとても大切なこと。


スピリチュアル

人の波動を高めるために ~その2~

2008年10月22日
真実の信仰を習慣にすることはとても素晴らしいこと。

そして、実生活においても、慈しみの心を大切にし、目に見えるものからも目には見えぬものからも護られていることに感謝しつつより強く信頼し、自分を高めつつ他にも愛をめぐらせるように意識することができるように努めることも、とても素晴らしいこと。

このように、信仰することをきっかけとしたり糧としたりすることによって、3次元の世の人間として、どれだけ思考や情緒や意識や言動などにポジティブに反映させて実生活を送ることができるかといった調和を図って融合させることが大切です。

信仰によって…修行することによって…

ただそうすることだけで波動が高められ魂が向上するのであれば、こんなに楽なことはありません。

この楽は楽天的というポジティブな意味ではなくて、堕落や責任転嫁などを導き現実逃避の意識を生じてしまう場合があります。


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



滝行によって精神統一をしたり自然と一体化したりするとか、坐禅を組んで無の境地に至るように努めるとか、神社に参拝して浄化したり神様を崇めてご神気をいただいたりするとか、お経や真言などを唱えて神仏のお力をいただくとか、瞑想をするとか、スピリチュアルな内容の本や話などから知識として習得するとか…そういった修行のようなことや、信仰や、スピリチュアルな観点を意識することによっても波動を高めることはできますので、日本でも古くから行われていました。そして、近年、このようなことが見直されてきて、行動に移す人が増えてきているようです。

もちろん、このような観点で自分を高めようとする意識も行動も、波動を高めるためにはとても有効である素敵な選択であり、実際に宇宙の道理に適った動機から(純粋・愛)行っているのでしたら、結果的に波動はより高まることでしょう。しかし、このようなことを行って波動を高めることができても、日常生活の中における思考や情緒や意識や言動などにおいてもどれだけ反映させることができるかどうかが、その人の総合的な波動(精神・魂の波動)を高められるかどうかに大きく影響します。

もし、このような行動によって、ポジティブな気づきや悟りを得ることができたり、浄化されエネルギーが高まって活力が高まったり、守護のスピリットの皆様からより護っていただくようになったりするなどして、大きく波動を上げることができた場合に、基本的生活習慣や周囲の人や場との調和や言動などといった、日常生活において反映することができ、よりポジティブな実生活を送ることができたとしたら、総合的な波動もどんどん高まっていくことでしょう。つまり、修業的なことやスピリチュアルなことを、より多い場面において日常生活にもポジティブに反映させることができるということが、総合的に波動を高めるには理想的な状態であるといえるでしょう。

逆に、修業的なことやスピリチュアルなことを、日常的な実生活においては、ある意味「別もの」のようにして分離してしまい、自己責任を強く持とうとせずに自己を見つめるより他に求めたり他を責めたりするとか、低い波動の言霊を平気で発するとか、感覚よりも思考に頼りすぎるとか、ネガティブな情緒や思考をめぐらせていても反省して気づこうと意識しなかったり気づいてもポジティブに変換しようとしたりしないとか、自然や地球や宇宙に目を向けないとか、目に見える物や現象を重視しすぎてスピリチュアルな存在に対する感謝や崇める心が薄いとか高次元の自己とか気や波動などといったスピリチュアルな感覚的なことを軽視しすぎるとか…そういったことによって、実生活において低い波動を多く発していては、せっかくの波動を上げるためには素晴らしい言動をしたにもかかわらず、結果的には「情緒や思考や意識によって瞬時に変化する波動」を得ることはできても、一時的な言動として習慣化されなかったために、総合的な波動にはあまり反映されないという残念な結果になってしまうでしょう。

肉体的に健康を害してしまったために、投薬することによって治療して治すという行為は、ごく普通の行為として今の日本では受け入れられています。実際に、投薬したことによって、心身の苦痛からより解放されることによって波動を高めるといったことは、多くのみなさんがこれまでに経験してきたことでしょう。つまり、病気やけがなどといった心身の苦痛から解放されるために投薬に頼るということは、そういった動機も行動も、3次元の世において波動を高めるという観点では、ひとつの有効的手段でもあります。

ただし、このことも先ほどの修業的な行動の内容に当てはまります。つまり、心身の苦痛から解放されることによって波動を上げることができてポジティブな状態になった結果、その後の実生活でどのような選択をするのかが、総合的な波動に反映していきます。

心身の状態がよりポジティブになるにつれて思考や情緒や意識や言動もよりポジティブになっていけば、全体的な波動は高まっていき、カルマも波動が引き寄せる状況も、波動の高まった状況に応じてよりポジティブなものになっていくことでしょう。逆に、投薬や他に頼ってしまいより強く依存するようになってしまうと、薬による副作用によってより肉体的にさらに不健康になってしまったり、自己解決をしようとせずに薬や医者やヒーラーや学問などといった他者や他のものに頼ったり求めたりすることによって、自己解決をしようという気力を失ってしまうなど、結果的にはさらに波動を下げてしまうようになってしまうでしょう。

総合的な波動、つまり自分自身の魂の状態を高めるためには、より強く自己責任を持ち続けて、自由意思によってより高い波動のものを選択することをどれだけ習慣にして継続できるか、そして自分の状態に満足することなく、さらに高い波動の状態を求めようという意識や理想をどれだけ持ち続けることができるかということが、とても重要であり大切なことであると感じています。
スピリチュアル

人の波動を高めるために必要なこと

2008年10月21日
人の発する波動を、次のような観点で見ると大きく2つに分けることができます。

1つは、「情緒や思考や意識によって瞬時に変化する波動」です。楽しい時、嬉しい時、充実していると感じている時、感動している時、幸福感を味わっている時などは、とても高い波動を発しています。逆に、悲しい時、苦痛を味わっている時、不安や心配な時、怒りに満ちている時、恐怖を感じているなどは、とても低い波動を発しています。高い波動とは、とても微細な振動(音)を発しますが、低い波動はとても荒い振動(音)を発します。

《*波動に関しては、私の過去の日記でも何度も触れていますので、もし私の表現する「波動」という言葉の意味を捉えずらいようでしたら、よろしかったらごく簡単に説明している内容ではありますが、下記の日記をご参照ください。》
http://mfhqc9393.blog65.fc2.com/blog-entry-7.html

例えば人との会話を楽しんでいる時、突然他の人が割り込んできて話をしてきたことに対して怒りを感じるような場合、楽しんでいた時の高い波動が、怒りを感じて強まった瞬間に、とても低い波動へと変化してしまいます。また、例えば楽しい計画を考えて波動が高まっていた時、ふと不安がよぎって不安がめぐるような計画を思考によって深めていった場合、取り越し苦労の中で波動を思い切り下げてしまいます。このように、情緒や思考の状態によって、波動は毎瞬変化します。

そしてもう1つは、その人自身が「今世の人生において様々な経験によって積み重ねてきた総合的な波動」です。この総合的な波動は、様々な経験や習慣による積み重ねたことにより身についている波動なので、瞬時にはそれほど急激に変化するものではありません。

例えば、常にネガティブに物事を捉える習慣が身についている人が、とても嬉しい場面に遭遇して波動が瞬時に高まっても、それ以外の場面ではネガティブ言動や思考を続けていれば、総合的には低い波動を積み重ねていくことになります。例えば、ひとつの悲しいと感じることがあって波動を下げてしまっても、日常的にはポジティブな思考や意識を習慣づけているために、悲しみを乗り越えてポジティブなものに変換させたり、ひとつのネガティブなこと以外をポジティブに過ぎすようにしたりしていれば、総合的な波動は高いものになります。

波動は、エネルギーに敏感な人にとっては振動(音)として感じることができます。また、霊的能力の高い人には、オーラとして霊眼により見ることもできます。言葉や表情で、どんなにごまかそうとしたり表現を抑えたりしようとしても、波動やオーラには顕著に表れます。そして、たとえ振動(音)としてはっきりと感じられなかったりオーラの色として見えなかったりしても、相手や場の状況を、感覚的に客観的で総合的に判断できる人には、雰囲気とか気配とか直感とかといった感覚によって、読み取ることができます。また、情緒や思考などといった表面的な波動も、その人自体の総合的である波動も、最もわかりやすく表面的に表れるのは目です。人の目を見れば波動もオーラもわかります。ですから、人の目を見て話をしたり聞いたりすることは、より真実をわかりあって話をするには、お互いにとって大切なことになります。

自分自身の波動の状態がどうであるかを、日頃から意識して実生活を送っていれば、自分の波動の状態を簡単にしることができます。そして、自己を省みたり内観したりする意識を持ち習慣づいていたりしている人は、自らの波動の状態をより瞬時に的確に知ることができます。

そんな中、自分自身の波動がなかなか高まっていかないとか、高まったつもりでいても長続きがしないとかと感じている方は、次の点に留意する必要があると思います。

最も基本的なことはより波動の高いことを選択することや、できるだけ波動を意識的に高めるように努めたり、ネガティブと感じたことをポジティブに受容するよう変換することに努めたりすることを意識するということですが、さらに、そのように意識したことを「ネガティブに感じたことにどれだけ早い段階で気づいてポジティブな状態へと変換することができるのか、もしくはより高い波動のものを選択することができるか」そしてそのことを「どれだけ習慣にすることができているのか」さらに「その習慣をどれだけ積み重ねているのか」ということが、総合的な波動に大きく影響を与えます。つまり、より高い波動のものを選択できてきたり、瞬間的に低い波動を高く変換することができてきたり、反省することによってネガティブに感じたことをポジティブに受容することができるようになってきたと自負するまでに至ったとしても、急激に総合的な波動を高く変化させるのは難しいことでして、「より瞬時に」「より習慣化させて」「より長く積み重ねるか」という3つの要素を加えていくことによって、総合的な波動は徐々に徐々に高まっていくということになります。そして、この総合的な波動が高まっていけば、自らの意思によって大きな罪を行うようなとてつもなく低い波動の言動を選択しない限り、急激に下がるようなことはありえません。精神の波動、魂の波動の状態とは、こういったことを徐々に積み重ねた結果によるものなのです。

なかなか自分の状況が変わらないとか、物事をうまく受け入れられないとか、ネガティブな感情を手放すことができないとか…

そういったネガティブな状態に至ってしまっては、せっかく波動を高めようと意識していても、結果的にはネガティブな波動を積み重ねてしまいます。とにかく、波動を高めようと意識し続けることが大切なのです。意識して初めて、次に進み、継続して初めて力となり自らの総合的な波動を少しずつ高めることができるのです。

心(思考・意識・情緒)が変われば行動(言動)が変わる。行動(言動)が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格(波動・オーラ)が変わる。人格が変われば運命(精神・魂の状態)が変わる。

「今」をよりポジティブに受容できるように努め、よりポジティブな思考や情緒や意識や言葉や行動などを自らの意思によって選択し続けることに努め、自己の経験を省みてネガティブに受容していることに気がついたらポジティブに変換することに努めること。ただひたすら、そのことを意識して習慣にすることを常に目指していくことが、今の地球の世である3次元の世において波動を高めていくためには、とても必要であり重要であることと感じています。
スピリチュアル

なんとなく書きたくなったこと。

2008年10月20日
今朝は4時ころに起床しました。私にとってはちょっと遅めな起床時間ですが、どうしても早めにメールに書き込みをして送信しておきたい仕事があったので、いつもの早朝はメールをチェックしたり一日の大まかな予定を立てたりする程度ですが、今朝は早朝から張りきっちゃいました。

朝食や子どもたちが登校するまでのフォローをはさんで、結局10時ころまで、アセンションスペースシューリエの仕事をわくわくしながらびっちりと行ったら、なんだか充実感いっぱいで疲れちゃいました。3女と妻と3人で買い出しに出かけて帰宅し昼食を食べ終わった頃には、もうすっかりと眠気の渦中に入ってしまい、1時間ほど昼寝をしました。

起きたら急にサイクリングがしたくなったので、5,6kmほど離れた海岸まで、ちんたらと自転車をこぎながら、秋の自然を満喫してきました。海岸の少し手前から、ものすごい音が鳴り響いていて、何か工事でもしているのかと思っていたら、なんと海が大荒れでしてその波の音でした。うす曇りで4,5mの風は吹いてはいるものの太陽はほどよく照りつけている心地よい天気だったので、太平洋の沖合に台風があったことをすっかりと忘れてしまていました。青い海に程よい高さの波を見ながら空も眺めてちょっと瞑想でもしようかと思っていたのに、灰色の海に大荒れの波というイメージとは違ったロケーションに一瞬驚いてしまいましたが、これはこれで穏やかな海とは違った感じではありますが、海と空と風とがとても素敵に調和されているので、なんだかとてもわくわくしました。でも、じっくりとそこにいたいとは思わず、なんだかその自然の強さを感じたら、急に家に帰って久しぶりに日記を書きたくなりました。

実は、ここ1週間は、特に何か忙しい仕事とか用事とかがあったわけでもないのですが、ストレートに表現しますと、ただ単に日記を書きたいというわくわくした感覚にならなかったというのが理由で何も書きませんでした。でも、もう少し詳しく表現するとしたら、14日ころからずっと、それまでに私の日記をお読みいただいている方々から感じられていたポジティブなエネルギーとは違って、反感とか興味本位とかといったとてもネガティブなエネルギーも強く感じたので、その低い波動の余波を受けてしまいまったく書く気力がわかなかったし、増してや高い波動を保ってのチャネリング状態で書く状況は、とても作ることができませんでした。でも、久しぶりに海に向かって自転車に乗っているとき、いつものあの感覚になって、頭の中に言葉があふれるように湧いて出てきましたし、海を見た直後にすぐに家に引き返したくなってこうして書いているところから、どうやらそれなりに波動の状況が戻ったのではないかと感じています。

私のようなコンシャスチャネリングといわれている、自分の意識をはっきりと残した状態で自由意思や自己責任もしかりと保って行うチャネリングをするには、自分自身のエゴとか思考とか固定観念とかといった意識と、チャネルした高次元の存在の意識やメッセージといったインスピレーションとは、とても微妙であり微細なところでの接点が常にあります。

より深くチャネリング状態に入っている時は、言葉や内容が次々に湧き上がってくるのでとてもわかりやすいのですが、内容によっては私の経験や知識にある程度具体的な内容を任される場合があります。こういった時には、チャネル状態であっても私自身の意識が強く出ているために、時々内容が脱線しそうになる時があります。そのまま脱線してしまうと、私はふ~っとエネルギーが外れた状態になるので、自分の思考や固定観念やちょっとしたエゴが先走った時にはその感覚によって気づきますし、気づいたことを意識することによって修正され、またもとのチャネリング状態にもどります。とにかくこういった感覚は、とても微細な感覚ですので、チャネリングしている状態を保つには、それなりの高い波動を保つことや落ち着いた環境などが必要になります。

私は10代から7,8年近く前までの間に、低級霊の心霊現象をたくさん経験してきましたし、自分自身も低級霊と波動が合って憑依を受けたり、お酒にほろ酔いした状態でメッセージを降ろしたためにサニワ(審神)を間違ったりした経験もありますし、低級霊に憑依されている人と接するなど、低級霊を見たり感じたりした経験は、それなりに多くあると自負しています。今もご依頼を受けた時には徐霊をしますし、ヒーリングのご依頼を受けた際に、依頼者は自覚がなくても憑依を受けている場合も少なくはありません。そんな数々の経験の中で培った私自身が行っているサニワに対しては、私自身は強く信頼しています。

そんな自分自身の信頼の中での低級霊か高次元の存在かといったサニワ(神審)は、私のこれまでの経験から、常に細心の注意を払っています。もちろん、このサニワは自分の文章のみならず、ホームページや本などの公開している文章や画像などに対しては常に行っていますので、私のサニワによって波動の高い内容であると感じたものは自己責任ももって人に対してお勧めしますし、そうでないものを私は人には勧めませんし、見ても気がついたら消しますし読んでいても気がついたらそれ以降は読まずに削除してしまいます。まあ、サニワも何もそんなに難しいことはなくて、文章でしたら波動の低いものか高いものかということは内容を読めば一目瞭然でもありまして、「愛に基づいていて自由で謙虚でストレートで、時には心温まり、時には優しく感じたりするようなとてもポジティブに感じる内容のもの」は波動の高い内容で「制限や否定が多く、依存をさせようとしたり脅すような表現をしたり傲慢であったり愛が足りなかったり排他的であったり自らを崇めさせようとしたり言葉が乱暴であったりするなどの愛が不足しているもの」は低い波動の内容ということになります。チャネリングによるメッセージは、さらにはっきりとわかりやすいので、上記の内容と照らし合わせればすぐにわかると思います。

なんだかとても気持ち良い気分のまま書き始めていたのが、いつのまにか没頭するように気を張った状態で書いている自分に気づきました。今回は、最初のほうは自分の意識がほとんどの割合を占めていましたが、途中からは高次元のスピリットで守護霊様的な存在とつながって書き降ろした文章です。まあ、実際にだれとつながったということはほんのわずかな参考程度にとどめていただき、それよりも内容がどうであるかということを重視していただきたいという願いを常に持っています。そして、内容が参考にならなかったり受け付けなかったり反感を覚えたりするようでしたら心から削除するとか私の文章を読まないようにするとかというとても簡単な自己解決をすることを望みますし、もしも少しでも共感していただいたり参考にしていただいたりする内容でしたら、今後の知識として得ることによってさらなるポジティブに実生活を送るために生かしていただいたりご納得していただいたりしていただければ幸いと思っています。

私は自分の書いて公開した文章に対しては、私の自由意思による選択の結果として自己責任をしっかりと持つようにしています。でも、私が書いた内容をどう受け止めるか、どのように解釈するか、どのように実生活に生かすかなどといったことなどの私の領域外であり読者の皆様の領域内であることに関しましては、宇宙の法則の中でも不干渉の法則も重要視している私としては、相手の領域に干渉することは意に反しますので、干渉する必要を感じていません。ですから、あとは読者の皆さんの領域になるわけですから、すべてを読者のみなさんにお任せいたします。

なんだか、はじめのころに書こうと思っていた内容とは方向が違ってしまいましたが、わくわくしながら書いたので公開します。
スピリチュアル

わくわく

2008年10月14日
これまでに私のブログに載せたマシュー君のメッセージやBlossom Goodchildさんという方のチャネリングによるメッセージによると、高次元の宇宙のみなさんが超巨大宇宙船を見せてくれる予定日が、今日14日から3日間の予定であるということは、ご承知の方が多いかと思います。たぶんこの情報を知り少しでも信頼している方は、今日は何度も空を見上げていることでしょう。もちろん私も朝からとてもわくわくしながら何度も空を見上げています。

ただ、これはあくまでも予定であるとのことですので、近日中には出現してくれることは間違いないようですが、いくつかの諸問題もあるために多少の日時の変更もありうるようだという情報もあるようです。

私自身が個人的にメッセージを降ろした中では、今のところ日時について知らされてはいませんが、感覚的にはこの3日間のいずれかであると信頼しています。また、日本は順番としては後ろの方になるとも感じています。ですから、他国における目撃情報が入って確認した後に見ることができると感じています。とにかく、高次元のみなさんの愛による行為である、今の地球の低い波動にまで下げてまで、私たちの目の前に姿を現してくれるというこの素敵なイベントが、無事に行われることを願うばかりです。

今回出現してくれる予定の宇宙船は、超巨大とのことですので、私たち地球人の多くがイメージしているような空高くに小さく見えるUFOという感じではなくて、肉眼で宇宙船であるとしっかりと認識できるような大きさと明確さがあると、私は感じています。

ちなみに、大紀元日本9月6日の記事に、おもしろい記事が載っていましたのでご紹介します。たぶん、この記事のような感じにはっきりとしていて、さらにずっと大きな宇宙船が現れるとしたら、そんなに注意深く空を見上げなくても気がつくとも思いました。


上空にUFO出現、3時間停留=中国四川省重慶
________________________________________
【大紀元日本9月6日】8月31日午後7時ごろ、四川省重慶市大足県鉄山鎮と、季家鎮の上空に突然多数の未確認飛行物体(UFO)が現れた。村民たちは隣近所を誘い合って、腰掛を持ち出して庭でそれらの飛行物体を観賞した。村民は「本当に綺麗。こんな綺麗なものはみたことがない」と驚嘆した。

 *観覧車のような飛行物体

大足県鉄山鎮新水村の廖玉昆さんはその晩、庭で乾燥させていた玄米を片付けていた時、東側に幾つかの発光物を発見した。廖さんは「最初は懐中電灯かと思ったが、近づいてみたら、円盤のようなものが空を飛んでいることが分かった」と語った。

廖さんが目測で約500メートル離れたところから観察した円盤は、すべてが透明の光った黄色で光の輪に包まれていた。「円盤は空中で乱れて飛びまわり、尻尾から白い煙が出ていた。円盤は互いにすれ違うときに、動きは少し止まってから引き続き飛行した」と説明した。数分後、円盤は規則正しく移動するようになった。廖さんは「まるで遊園地の観覧車のように、円に沿って動いていた」と語った。廖さんは親戚友人たちを電話で呼び出し、自身が幻覚を見ていないことを確認した。

 *「エイリアンだ」と叫ぶ子どもたち

一方、廖さんの自宅から5キロ離れた鉄山鎮麒麟村の鄒代全さんは庭で仕事をしていた時、廖さんの電話を受けた。鄒さんは「その場で見上げたら、すぐに発光物体が見えた」と語った。

鄒さんは「時には1つしかなかったり、一気に複数が現れたりした」と話した。鄒さんに呼び出された12歳の孫は空を見て、エイリアンだと叫んで部屋に走り戻って、布団に隠れたと話した。こんな珍しい光景を見たことがなかった鄒さんは、椅子を持ち出して発光物体を観賞しながら、隣人に電話で連絡した。しかし、隣人も先ほどから見ていると答えた。

午後9時半ごろ、さらに強く光る別のUFOが遠くから移動してきた。鄒さんは、元々そこにいたUFOに入り込もうとしているかのようで、UFOが近づく度にまぶしさがました。黄色い光は空を明るくすると、すぐにいなくなったと語った。

一方、廖さんは、白い光が夜空を2つに切り分けたかのように、片方の空には星が見えるが、もう片方は何かに遮られたかのように何も見えなかったと語った。このときに、UFOはすでに跡形も残っていない。30分後、空はいつもの夜空に戻った。

この前日、鄒さんが村を散歩したときには、変わった様子はなかった。村中の殆どの村民がこの発光物体の話題で論議してやまない。一方、大足県気象局は、前日の夜に気象観測用気球を出しておらず、発光物体が気球だと主張する村民の意見を否定した。

この状況に対して、重慶天文科普及教育協会事務局長の田香遠氏は、UFOを見たという人々は物理、天文現象、さらにはある種の偶然に対する誤解だとコメントした。今回は村民たちが目撃したものは何であるかについて、考証する必要がある。しかし、これまでの状況からすると、多くのUFOが自然現象であり、例えば各種の光源の屈折が大気中における一時的な現象のようなものと示した。
スピリチュアル

秋休み

2008年10月13日
今朝は8時半頃から約2時間、家族6人で庭や家周辺の作業を行いました。私は長女と3女デンプ(5歳仮名)と共に庭を担当して、草取り、畑の土作り、花壇の土作り、追肥などをしました。長女とデンプはペアでソラマメの種の育苗ポットへの植え込み、チューリップの球根の植え込みなどをやりました。今、作業を終えた庭を見渡すと、わりとすっきりとしたのでとても気持ちが良いですし(まだ雑草は残っていてだらしない部分もわりと残っていますが~…)、春になると咲くであろう今日植えこんだチューリップやスイセンやアネモネの花などが目に浮かび、なんだかもう春が待ち遠しい気分になっています。ちなみに、今度の春までこの家に住むことが許されるかどうかはわからないので、球根を植えるのはやめようというネガティブな思考もちょっとだけ以前に出たことがありましたが、今はこうして春のうららかな中で、家族6人がこの家にいるイメージがしっかりと出来上がっています。

妻と長男と次女アマンダは家の前や駐車場などの草取りをしました。雑草を大事に育ててしまっていた結果、たくさんの種類の雑草たちが生き生きと伸びていましたが、美化のために取ってしまいました。この雑草に宿っていた魂たちは、今度はどこに生まれ変わるのでしょうか…。

なんだかここのところ、とても空が気になってしまい、何かにつけて空を見上げてしまいます。私はもともとよく空を見てはいましたが、最近の空はとても変化があわただしく、雲や大気の様子もどことなくいつもと違う感じがします。時々光るものが見えたり動くものが見えたりしますが、今日もしくは明日から16日までの3日間のいずれかに、もし宇宙の同志のみなさんの宇宙船がはっきりと視覚を通して確認できるように見えたら最高だな~と思ってわくわくしています。

地球上の経済的状況は、宇宙の同志の皆さんの予想通りに変革が進んでいます。まだ、今の時点では過去にも似たような経済状況の混乱を経験していたことや現状がまだ大きく変化している人が少ないことなどから、それほど変革していることを強く実感できない方もいらっしゃるでしょうが、まもなくこの経済的な大変革は、未体験ゾーンに突入して、今世のこれまでの知識の中からでは、その先の経済的状況を予測するのが困難になっていくでしょう。こんな時こそ「アセンションに向けてのポジティブな変革であるとより強く信頼すること」「豊富や危機管理ではなく分配と必要に徹すること」「自分自身や宇宙をより強く信頼すること」などを意識することによって、波動を下げないように努めることや、波動が高い状態であれば、より多くの人の波動を高めるためのサポートをすることが、今後ますます必要になっていくでしょう。

今月に入ってから11日(土)までは結構はりきって頑張っちゃいましたが、昨日と今日の2日間は、家族とのコミュニケーションをより優先にして、私の気力や霊力を休ませる機会を多く設けました。たっぷりと鋭気を養った感覚になりましたので、明日からはこれまで以上にいろいろなことをわくわくしながら尽力していきたいな~と思っています。
日記

BIG HOP

2008年10月12日
今日は私たち家族が3月まで住んでいた印西市方面に行ってきます。車で1時間半ほどかかるのですが、そこでしか手に入らないような物などを購入したり、子どもたちが当時は慣れ親しんでいた場所の中でもBIGHOPというショッピング街に行きたいという希望を強く持っていたりしていることから、連休中の唯一の外出となりそうですが、私もとてもわくわくしてきたので実行することにしました。

そんな中で、私にはちょっとした楽しみがあります…。今年の2月にたま出版より発売している拙著「タエヌのスピリチュアル日記」は、販売開始当時に居住地であった印西市内の大型書店2店舗で、出版社と書店のお計らいにより、10冊もの数の本を新刊コーナーに山積みしていただいていました。当時、私も妻もとてもわくわく気になっていましたので、週1,2回の割合で見に行っていました。BIGHOPにある書店がそのうちの1か所ですが、引っ越しをする直前の3月中旬ころに行った時には、5冊売れていました。そして、3か月ほど前に行った時には、スピリチュアル本のコーナーに移動されていて2冊残っていました。今日はどうなっているのかな~と、なんだか子どものようなわくわく気分の私が今あります。

本当は、以前住んでいた家も気になるのですが、行ってみたいとは思いません。きっと、子どもたちも思い出の詰まっている生まれ育った旧我が家を気になっていることだと思いますが、やはり行きたいという申し出はないようです。過去のことでも、その振り返り方はいろいろとあるわけですが、ネガティブになるような感覚を察知したことに関しては、よりあっさりとポジティブな思いのまま振り返って、そっと心の片隅の思い出のアルバムにしまいこむことが得策であることを感じたのでしょう。

今朝は、うす曇りの空に少しだけ晴れ間がのぞいているような感じですが、とても涼しくて心地良い朝に感じます。思わず早朝から庭の畑仕事をしたくなり、雑草取りやネギの土よせなどを行って、軽く汗をかいてきました。我が家の休日の朝食はいつもより少し遅い6時半頃に食べ始めますが、今朝はいつも以上にみんなすっきりとした浮かれ顔で起きてきましたし、食卓もいつも以上ににぎやかでした。当時の日記でも何度か書きましたが、半年ほど前までは、ちょっとしたサイクリングや散歩がてらに行っていたBIGHOPやジョイフル本田も、今の我が家にとっては、ちょっとした遠出をして行く一大イベントのようになっています。

では、そろそろお出かけの時間なので、今日はこの辺で失礼します!
日記

2008年10月14日

2008年10月10日
先日のマシュー君のメッセージにより、私は初めて10月14日に大型の宇宙船が姿を現してくれることを知りました。

私の娘の次女アマンダは10月16日が誕生日ですが、いっときでも早く宇宙人と仲良くなりたいと常に願っている娘なので、この情報を得てすぐに「14日から誕生日の日の間の3日間くらいに大きなUFOをはっきりと見ることができそうだぞ~!」と伝えました。それはそれは、アマンダは目をキラキラさせて大喜びでしたし、その後日になっても何度も確認してわくわくしています。でも、あの時のマシュー君のメッセージには14日ころとしか書かれていなかったのですが、私の感覚では14日から16日ころまでの3日間と思いこんでいました。

つい先ほど、あるブログに出会いました。それは、この10月14日の情報を載せているブログです。‘転載自由’と書いてありますので、以下、コピーしたものを載せます。



~百万疋のねずみ さんのブログ~

Blossom Goodchildさんという方が、銀河連邦とのメジャー・ファーストコンタクトが今月14日に行われるとのメッセージを発信しています。

HP :
http://www.blossomgoodchild.com/index.html

メッセージ原文 :
http://www.blossomgoodchild.com/index.html



本文を和訳したものを掲載します。ハートで読み、直感で感じてみてください

私的には、いつ起きてもおかしくないタイミングだと思っています。

You Tube にも関連動画がたくさん登場していますね。

http://jp.youtube.com/watch?v=ZOF7IIQYmlI



転載自由です。一人でも多くの人に、このメッセージが届きますように...



メッセージ



指導者、統治者、政治家、地球のすべての人々へ

地球時間での2008年10月14日、地球の上空に巨大な宇宙船が出現します。宇宙船は南半球に現れ、様々な国々を通過するでしょう。

宇宙船は、アラバマと命名されました。


宇宙船は、あなた方の24時間という単位で、少なくとも3日間滞在します。


この間、地上は大騒動となることでしょう。あなた方の最高権力者らは、宇宙船を取り囲む空電バリアを突破しようとするでしょう。
私達が愛をもって訪れることを否定する人たちが繰り広げる茶番劇、それに対応するためには、このセキュリティ・フィールドが必要となります。


以下のことをお分かりください。

私たちは、あなた方の世界を支援するために訪れます。

侵略するためではありません。

破壊するためではありません。

あなた方に希望をもたらすために訪れるのです。



私達は、他の惑星からの存在であり、あなた方の時間でいう悠久の時をこの日のために準備してきました。

このメッセージを読むすべての魂よ、この中に込められた真(まこと)をハートで受け止めてください。ハートこそ、この出来事が起きることを知っているからです。

多くの人が否定するでしょう。多くの人が放逐されるでしょう。

これが真実であることを知る人がいるでしょう。

これは、必ず実現します。


私達は、あなた方がこの特定の宇宙船を動画に収める機会を提供します。一部の人達が希望しているような形でのコンタクトは行われません。
初の会見であるため、宇宙船のご披露にとどめることになります。

初回としては、それで充分理解いただけるはずです。

私達のセキュリティ・バリアを突破しようと、あらゆる試みが行われるも、すべて失敗に終わるでしょう。

私達の来訪が愛に基づくものであるとあなた方が確信するまで、私達の訪問に関しすべてを公開することはありません。


これは始まりであり、終わりではないことをお分かりください。


あなた方の政府やメディアは、私達の隠蔽を試みるでしょうが徒労に終わります。すべての経路は、私達によってすでに押さえられています。

メディアには、真実の姿を伝えるより他に選択肢はありません。すべての人々が目撃するために現れるのですから。

地球の友たちよ。どうか恐れないでください。あなた方の惑星の幸福と繁栄を阻止しようとする者たちを失脚させるための、私たちの来訪であることをどうか信じてください。

遥かな時をかけて計画してきた通りに、今、私達が介入しなければ、手遅れになるかもしれないのです。

どうか、愛によって私たちを受け入れてください。

私たちはそのために訪れたのです。


映画などを通して言われてきたことは嘘ではないのです。この時のために、私達はあなた方の惑星に真実の種を蒔き、水を与えてきたのです。

実際、私達は平和の内に訪れます。

このことを忘れず、心(ソウル)を信頼で満たしてください。

私達は、他の星々から来たあなたの兄弟姉妹なのです。

私たちのテクノロジーは遥かに進歩しています。支配階級のトップの者達はこれを熟知しています。武器によって私たちを破壊できるとは彼等も考えていません。

私たちが現れる日については、自分のハートにこそ訊ねてください。自分達の権力を失うことを恐怖する者たちの言葉にではなく...。

この地球は、余りに永い時を、ほとんどの人が気付くことなくある影の下に生きてきました。あなた方がその真実を知るならば、ぞっとしてまったく信じられないことでしょう。

今こそ、あなたの魂がその本来の姿を取り戻すときなのです。

覆いは取り除かれるのです。

喜びましょう。

その時が来ました。

私たちの訪問の真の理由をあなたのハートが受け入れるとき、それがわかるでしょう。

愛を理解するために、次のことを知っていてください。

私達は愛に任せることを選択します。

注意深くあること。空に注目していること。

心に愛を保ち続けること。

我々、光の連邦は、これでお別れします。
新しい世界へのアセンションの始まりのとき、あなた方に激励と希望をお送りします。

あなた方の誰もが、今回のアセンションのために自ら選択してここに生まれてきました。地球に生きる人間のとして、それを愛によって受け入れるか、恐れによって拒否するかを選択してください。


勇気を持って前進するとき、あなたの魂の神性が光に満ちますように。

私たちを支援してくれるあなたに感謝しつつ...





和訳: by maka
スピリチュアル

干渉できる領域

2008年10月10日
ここ数日間、私の意思によって書きたいと思う事柄がいくつかありましたが、結局は書こうという気力がわかずわくわく感もなえてきたので書かないでいました。ところが、今朝の瞑想中に私の指導霊的な立場で常に陰ながらサポートをしてくれているハマラが、私を使ってハマラの言葉として書き降ろしてくれるとの申し出がありました。私はありがたくお受けし、今から書き表すことにしました。



あなたが初めてともいえる、このように自分の伝えたいことを他の存在に頼るという事態に対して、今のあなたの状況をみたときに、致し方のないものと私たち守護霊的な存在の皆で感じていることでもあります。さほど重要なことではないかもしれませんが、あなたがあなた自身の現状を伝えるということは、大きなことを伝える以上に繊細であり慎重になるということになりますから、あなたとは親しい立場にある私とあなたとの共同作業でみなさんに伝えるということは、私、ハマラにとってもわくわくすることになります。そこで、あえて明言する必要なないのかもしれませんが、ここでひとつのまとめのようなことをする必要があるいくつかの内容に関して、今から書き表します。

ここ1年ほどのタエヌは、様々な変化をしています。もちろん、この変化をするということに関しては、宇宙のすべても同様なわけですが、タエヌの変化は大きな変革となって表れています。その1つが、干渉する領域についてです。以前、オムネクの不干渉の法則という内容をブログに添付しましたが、まさにあの内容が当てはまるわけですが、さらに細部にわたってタエヌが築きあげたタエヌ独自の干渉の領域があり、これはまだ過干渉な部分はありますが、3次元の世においては調和するためには仕方のない妥協ラインの中にあると私は捉えています。

タエヌに寄せられる相談ごとの中でも、相談者本人のことでしたら、無条件で受け入れて、タエヌなりに伝えたいと感じた事を、愛の気持ちを深く大きく保ちながら書き綴っています。ただし、相談者本人のこととはいえ、聞かれたことをすべて回答できるわけではなく、本人の学びや波動の位置などといった状況に応じて答えられる範囲や内容は変わってきます。それすら、タエヌの思考によるレベルではなく、スピリチュアルな感覚的なレベルである無意識の領域において判断しています。少し前までのタエヌは、来るものは拒まずというような感じで受け入れていましたが、それによってより強い依存心を持たせてしまったり、直接本人が探るべきことを答えてしまったりするなど、不干渉の法則に反する過干渉をしすぎていたこともあったのです。しかし、それに気づいて反省して意識や行動に反映させているタエヌは、宇宙の真理に近づくべく変革を成し遂げています。そして、もともとから基本的なこととして強く意識している、「内なる魂の神性に気づき、自分自身の魂や守護の存在を強く信頼することにより、すべてを‘自己解決’することができるように導く」ことを、さらに実行するために、今の状態に至りました。ですから、以前に相談を依頼した人が今のタエヌに触れた時、何か別の存在に感じたり、まるで冷たく冷めたように感じたり、突き放されたように感じたりすることがあるかもしれませんが、そんな時にはタエヌの変革した今の姿を通して伝えられる事のみを受容するようにして、変化する前の過去のタエヌのことは、今よりも成長する前の幼い姿として、思い出の片隅にしまいこんでください。

遠隔ヒーリングにおけるタエヌが行うことが許される領域は、宇宙の道理に基づく範囲ですと、依頼をした本人のみとなります。そして、たとえ本人でも、自己解決ができるような波動に達している場合は、ヒーリングを行う前に自己解決をする手段をアドバイスして、それでも必要とされる場合にはヒーリングを行うということが、もっとも宇宙の道理に適っていることとなります。しかし、これは、3次元という現状の地球におけるネガティブな状況で当てはめてしまうと、とても制限が多くなりますし、このようなテクニックや波動を身につけているのに、必要としている人を援助できなくなってしまっては、わざわざ3次元のネガティブな世を選択してきた転生の意味が薄らいでしまいます。そこで、今、タエヌが行っている遠隔ヒーリングの依頼を受ける範囲を「依頼者本人、依頼者に依頼することを同意しているという意思を示している人、依頼者と深い愛によって結ばれている親類関係」までとしていますが、今の時点での地球の波動レベルからすれば、干渉の法則においてはぎりぎり許される範囲内であると、私を含めたタエヌの守護霊的存在も認めています。ただし、この先の世の変化によっては、この範囲もタエヌの仕事内容も変化することは十分にあり得るということもご理解いただきたいと願います。

よくタエヌが用いる言葉に「足は大地に。理想は高く。心には愛を。」というアミのお母さんの言葉があります。この言葉には、様々な3次元の世をポジティブに生き抜くための内容が凝縮されて表現されている素晴らし言葉です。その、あらゆる意味において、もし当てはまる人がいたら、ぜひより強く意識してほしいという願いを込めて書き表しますが、「足は大地に。」の意味の一つである、身近な人との調和を最優先させるということです。

これまでの地球における歴史の中で、国家の統一が乱れてくると、他の国を攻めることによって気持ちをそらすという方法が繰り返しとられていたという事実があります。これと同じように、個人レベルにおいても、自分自身の身近な問題においてスムーズに解決がなされなかったり意に反するような状況にあったりするなどのネガティブな状態から抜け出すことが難しい時に、他者との調和を図ることに尽力することを中心としたり、他者に愛を送ることによって自分の気持ちを満たしたりするなどの、心には愛を持って高い理想を反映する意識や行動をするという高い波動の行動をしていても、実際には最も大切にして解決しなければならない家族や親類や友人などといった、今の世における今の時点での深い縁のある人、つまり足を大地に向けることに対して、怠ったり逃避したりするなどの、ネガティブな状況にある人もいるということです。

ひとつの大きなネガティブなものを抱えていると自覚している中においては、他のあらゆることがポジティブに進んでいたとしても、その大きくネガティブに感じることをポジティブに解決することができない限り、本当の意味においての4次元的な意識を保つことは難しくなります。4次元以上の世においては、ネガティブな意識も物事も何一つ存在していないわけですから。しかし、今の地球の3次元の世を生きている以上、ネガティブに感じることが今の時点で何一つないという人は、宇宙の視点ですべての人の意識や知識や経験や現状をとらえた場合には、とてもあり得ないことです。

私がここで伝えたいのは、そのありとあらゆることから発する解決すべきネガティブに感じるようなことの、解決をする優先順位もしくは重要視する順位を、より身近な所に求める必要があるということです。もちろん、第一優先は自分自身です。そして、次は今の時点において縁の深いと感じる身近な者との調和です。調和とは一緒に仲良くいる事のみが調和ではありません。そのような調和は理想的ではありますが、少し距離を置くとか離れることを選択するとかということも調和の一つです。3次元の世では、肉体的な血縁関係が親族という結びつきを持っていますが、魂のレベルにおいては、たとえ親族とはいっても本来は別々に学ぶべき道を選択する方がより最良の場合も多々あるのです。また、夫婦になるとか親子であるとかといった深い縁がある者同士でも、ある程度の年数が経ったり、お互いが自立したりした場合には、別々になって違う道を歩むということも、調和の一つなのです。もちろん、もっとも理想的なことは、縁深いと感じる人とさらに愛をめぐらせ合うことによって、お互いにとっての信頼関係を深めて深縁になることなのですが、そういった理想的な調和以外の調和もあるということです。


それでは最後に、今、ある高次元の霊的存在のマスターが伝えてくれた言葉をお伝えします。


あなたの未来はあなた自身によって切り開いていくものです。

あなたはあなた自身を愛することにより、他者へも愛を与えることができます。

そして、あなた自身を強く深く信頼することによって

あなた自身に対するあなたの愛の意識のめぐりにより

他者への愛もあなたの周囲に起こる物ごとにも宇宙のすべてに対しても・・・

愛をたくさん与え続けることができるのです。

さらに、あなたの未来も愛に満たされていくのです。


すべてが、あなた自身に対するあなたの愛の深さ次第で

あなたの未来が展開されていきます。

あなたはあなた自身を深く愛するように意識してください。

そして、あなたの身近なものにも深い愛を向けてください。

さらに、宇宙のすべてに愛をめぐらせてください。

あなたの意識一つで

それは簡単にできることでもありますが

あなたの意識一つで

あなたもあなたの周囲の状況も簡単に変えることもできるのです。


あなたがあなたの波動に責任を持ち続けて

自由意志による選択の結果

より素晴らしい未来をあなたが送ることができますことを願っています。


スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

アジョバからのメッセージ

2008年10月07日
身近に位置している私たち地の底の住人とあなた方地球表面上のみなさんとは、もともと一緒に住んでいたわけですし、肉体的なDNAとしても魂としても同じ地球に存在する者同士としてつながっているわけですから、この先、一緒に暮らすことはこれといって難しいことはありません。今、一緒に暮らすには波動が大きく違うために難しいのですが、それでも意識レベルではもうすっかり同じレベルの波動になってきているので、あなたがたの顕在意識では気づかない場合がほとんどですが、私たち地の底の住人達とはコンタクトをとっているばかりか、地球内部の世界とあなたの世とを普通に行き来しているのです。

まだまだ多くのみなさんが、まさか地の底に人が住んでいるなんて…といった疑いが強く、信頼するどころか宇宙存在よりも遠く感じている人の方が多いことを知っています。それでも、こうしてまもなくお会いするための準備は着々と進んでいまして、タエヌのように普通に受け入れて信頼している人がどんどん増えている状況でもありますし、このような情報に触れることによって、まったく意識していなかった人が少しでも意識をしてくれるようになってくれたとか、より信頼を増してくれたとかといったことがとても重要なことにもなっていくのです。

あなた方の隣にいる人が、実は地底人かもしれません。もちろん宇宙人かもしれません。そこまで私たち高次元の同志たちは、あなた方のすぐ近くにも存在しているのです。オムネクがその真実を明かしたように、私たちが真実を明かす時が近づいているのです。もはや、この時期は間近に迫っていますが、もうだれも邪魔をすることはできません。今、あなた方の確かな情報として、まもなく宇宙船を見ることができるという真実が広まっていますが、ついにそこまであなた方地球表面の波動は高まってきたという喜ばしいことなのです。そして、私たち地の底の同志たちも、あなた方にとってはすべてをポジティブに受容できる波動に至って状態が整い次第、すぐにでも目の前に現れて、お互いの再開を祝福し合う素晴らしい機会が訪れることを、今か今かと心待ちしているのです。

これまでに紹介しましたマーモストロイの館やアーヴィンの森やアナバンサノ宝石や美しい橋などは、私たちの世界のごく一部です。まだまだ、あなた方には想像がつかないような、美しく素晴らしい世界や愛あふれる住人たちがたくさんお待ちしているのです。どうかみなさんの楽しみの中の一つに、私たちとの再会も含めていただけることを願っています。

~アジョバより愛と敬意をこめて~
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

第3・4・5密度の調和

2008年10月07日
もしも数字300,000が手に入ったら…今月は家族6人が普通に生活できるだろう。

もしも数字3,000,000が手に入ったら、自主出版でもなんでもいいから「タエヌのスピリチュアルメッセージ」の著書を出版できるだろう。

もしも数字30,000,000が手に入ったら、借りている家や土地を購入し、今ある制限から解放されて自由に使用することができるので、よりポジティブで快適なスピリチュアルライフを満喫できるだろう。

3次元的な意識の私は、ここ半年ほど、よくこんなことを考えています。かといって、数字を手に入れるために努力をしているかといったら、それなりには考えてはいても、いつも結果的には後回しになってしまいます。でも、毎週、ロト6とミニロトを2口ずつ購入している私があります。

ここ最近の株式市場は急落しているために、一晩で大きな数字を失ってしまう人も少なくないようです。一晩で職を失ってしまう人もいます。ネガティブに感じている人には慈しみの気持ちを向けてしまいますが、でもやっぱり、すべてがポジティブな出来事であり必然であるのでしょうね。

私はもう失うことを恐れるような数字という財産はありません。現在は5桁の数字しか持っていないので、もし突然に失ったとしても恐れるというよりはちょっとビビっちゃう程度でしょうか。今の時点では、とりあえず食料は畑にも少しの蓄えもあるし、今月は家を借りることが許されているし、こうしてパソコンを使ってみなさんと意識や波動を交えることができるわけですから、「今」だけを考えれば、何一つネガティブなことはないという結論に達するわけです。

でも、「今」の全てがポジティブであっても、常に理想は高く持ち続けることにわくわく感を強く持っています。しかし、理想的には本来は数字の必要などはないはずです。ただし、今の時点の日本の世では、数字があれば物質的状況として簡単に実現させることができるのに、数字がないだけで物質的に実現させるのが難しいということになっています。それでも、スピリチュアルの観点から捉えれば、必要なものはすべてが与えられています。ですから、今の時点で必要なすべての手に入るべきものは手に入っているわけですから、何一つネガティブなことはありません。そして、この先にも、自分の今世の生きる道や波動に見合った必要なものはすべて手に入るはずですから、物を欲するということを強く抱いたり固執したりすることによってエゴを生じる必要など、まったくないわけです。

ダウ平均株価やナスダック指数や円相場や日経平均株価の動きなどといった経済や日本とアメリカを中心とした政治の動向が気になって情報を随時仕入れたり、宝くじを買い続けたり、家や土地や本の出版といった物質をほしがったりしている、とても3次元的な自分があります。でも、これまでに表現してきたように、自分自身のスピリチュアルな目覚めを自覚し、さらに大きく目覚めることを常に目指して波動を高めるための修養を続けることにより、自らの魂の向上を成しながら、人のためのお役に立ちたいという動機を持ち続けて行動している自分もあります。

私は、この3次元的な自分もスピリチュアルな自分も、どちらとも深く愛していますし全面的に信頼しています。それでも、時々、信頼がぐらついたりネガティブな情緒が湧きあがったりすることもありますが、結果的にはすべてをポジティブに変換することができていると自負しています。

いつまでこのような状態を楽しむことを選択し続けるのかは自分でもよくわかっていませんが、これまでの結果や経過といった「今」も、すべてが自分にとっては最も必要なことであり宇宙から与えていただいている「必然」であるということを、基本的なこととして常に強く信頼しています。
スピリチュアル

真実の道を歩み続けるために

2008年10月07日
物ごとを進めるには「動機」が最も大切であり重要なものとなります。動機が純粋なものであり愛あるものでありポジティブでわくわくするものであれば、あなたにとっても宇宙にとっても、たいへん素晴らしいものであるはずです。

次に「行動が道理に適っているか」どうかをチェックする必要があります。行動が最低限の道理にさえ適っていれば、何もネガティブに感じることはありません。

そして、自分自身をどれだけ「信頼」することができているかという度合が関わってきます。自分の思考や意識や情緒や行動など、顕在意識でわかっていることに関する信頼も必要ですし、それ以上に自分の魂を信頼し、護ってくださっているすべてのスピリット、そして宇宙を信頼する度合いがどれだけ大きいかどうかが、どれだけ自分の今世における使命に従った真実の歩むべき道をスムーズに進めるかどうかを左右させます。

また、道を歩きながら「最低限の生活習慣」や「最低限のやるべき行動」をきちんと行いつつ「周囲との調和」を保つ必要があります。生活習慣を崩したりひとつのことに没頭しすぎてやるべきことを怠ったりおろそかにしたり…そして、周囲の人や物事などと不調和を起こしてまでも押し進めてしまうと、波動が下がってしまい、そのカルマがめぐりスムーズに進むことが難しくなってしまいます。

そして、これらのことを「自己責任」を強く持って「わくわくすることを自由意志により常に選択し続ける」ことが大切です。ものごとを進めながら、あらゆる選択が連続して訪れますが、その都度より最良の選択をするためには、より波動を高く保っていることが望ましいということになります。

今、自分自身の内側(魂)からわきでてくる本来のスピリチュアルな自分自身の姿に目覚めつつあるみなさんは、謙虚であること、反省し続けることはより波動を高めるためにはとても必要なことになります。そして同様に、自分自身を信頼することもとても重要なこととなります。五感よりも微細なスピリチュアルの感覚の世界は、五感によってわかるように証明したり理屈や物質的な状況として表わそうとしたりしても、難しい場合があるのです。ですから、自分自身のスピリチュアルな能力や感覚をどれだけ信頼できるかということが、この先も目覚め続けて今世に転生してきた真実の目的を果たすための道を進めていく場合には、とても必要であるということになります。

魂の本質、現在の魂の位置、今世における使命・・・etcは、今、自分自身がわくわくした中で感覚的により強く実感していることが、今の時点で知る必要のある重要な真実のすべてであります。そして、道を正しく歩み続ければ、その時点での必要に応じて順次知ることができるはずです。どうか、ご自身の感覚をもっともっと信頼しながら、わくわくする真実の道を歩み続けてください。
スピリチュアル

虹色の光り輝く素敵な世界

2008年10月06日
地の底から湧き上がる光はあなた方に幸福をもたらせます。あらゆるエネルギーの中でも、もっともあなた方に適したエネルギーの光のシャワーを降らせています。もちろんそれは地球からの贈り物だからです。あなた方地球人類にとっては、何よりも身近である地球自体からの贈り物であるわけですから、親が子供にプレゼントを渡すような気持ちで、ただただ喜んでもらいたいと思う無償の愛の気持ちのみで与え続けているのです。だから、あなた方が最も喜んでくれるエネルギーだと確信しているのです。

地球自体から発されるエネルギーは、宇宙エネルギーの恩恵によるものでもあります。地球は宇宙の一部であり、地球人類も宇宙の一部なのです。あなたは宇宙の神の一部でもあり宇宙の神はあなたの一部でもあります。宇宙の神ははるかに高い位置にありますが、あなたは神の一部として担い手としていつも一緒でいることができています。宇宙の神は全てに対して愛を平等に分け与えてくれます。分け与えられた愛を受け取るあなた方の状態によって愛の与えられ方が違っているだけなのです。

地の底の暮らしを一度味わってみると、今の地球表面の暮らしには2度と戻りたくなくなるでしょう。あなた方のほとんどの人には顕在意識において想像すらできないような、愛の光に満ち溢れていて、何一つネガティブなものが存在しない世界なのです。

地の底の世界とはいっても、すべてのものが幸せに過ごすための十分な光があります。もちろん、地球自体からの光もありますが、宇宙からの光も惜しみなく注ぎこまれているのです。そして、地の底の住人は、自らもたくさんの光を放っているために、常に明るい状態にあるのです。水だって生命を持っているので、あなた方の知っている水とは異なり、美しい光を放ちながら幸せに過ごしているのです。そんな水をあなたも見て感じてみませんか。水は生きているのですよ。輝いているのですよ。

もう間近に迫ったあなた方地球表面に住む地球人類と私たち地の底に住む者との真の出会いの時が楽しみでなりません。今はまだ私たちの波動域にはあなた方の波動では存在することは難しいことがありますが、まもなく迎える光の世へと転じる次の世の始まりの時になると、あなた方は意識も肉体も波動も何もかもが私たちの世に住むための準備が出来上がるのです。そして、あなた方がいつでも自由に出入りできるように、今は隠されて閉ざされている扉を、大きく開くことができるのです。

何も心配しないでくださいね。あなた方の信じている地底人のように暗くあやしげな存在ではありませんから。地底は暗くないですから。エネルギーに満ち溢れて、とても快適な場所ですから。人も物も何もかもが輝いていますから。あなた方が見たこともないような虹色の世界が待っていますから。早くあなた方をこの世界へと導きたい。

そんな愛の思いを込めて、私ミコスがあなた方にメッセージを送りました。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

私のチャネリング事情

2008年10月05日
1日(水)にアセンションスペースシューリエのことに関する日記を書いて以来、それ以前に比べると4~5倍ほどの数の、お仕事のご依頼やご相談・ご質問や励ましのメッセージやご感想などのメールをいただくようになりました。これまでよりも窓口を少し広く開けた結果、こんなにもたくさんのみなさまからメールをいただけたことに対して、心より感謝するとともに、少しでも私を必要としてくれる方からこうして直にお言葉をいただけることを、とてもありがたく感じています。

私は日常生活の中で、常に高次元の意識とチャネリングしている状態であると確信して信頼しています。ただし、私の意識とハイヤーセルフ(高次元の自己意識・魂の本質)や高次元のみなさんの意識との割合も、どのような高次の存在と主にチャネリングすることが必要かということも、私の魂や高次元のみなさんが調整してくれるので、状況によって変化しつつ最良の状態でつながっていることを実感しています。ですから、私の何年か前までの状態とは違って、私が意識して高次のどなたかを指定してチャネリングする必要はまったく感じず、必要である高次の方から私とつながってくれるために、私はとても楽天的な状態でいられるのです。もちろん、今でも私からお願いしてつながることもできるでしょうが、そんな風に制限する必要を今の私はあまり感じていないので、普段は行っていません。

例えば、私が宇宙の高次の存在からのメッセージを書き降ろしている時は、私の意識は3~5割くらいの時が多く、高次の存在の意識が私の顕在意識の範囲を半々あるいは少し多く占めているような状態で書いています。そんな時の私の意識の状態ははっきりとしつつ、内から湧き出てくる言葉をそのまま書いたり、ボンと入ってきた内容を少しずつ解凍しながら私の知識や経験上のことなどによって言葉で書き表したり、イメージとか映像とかで入ってきたものを私の言葉で表現したりするなど、高次の存在から頂いたこれらのインスピレーションを、私の顕在意識はしっかりしている中での自己責任と自由意志における選択の中で、よりわかりやすく表現するといった、共同作業を行っている状態です。ちなみに、この日記もそうですが、私が皆さんに公開する日記のすべては、私の顕在意識の思考の中で書いていながらも、実は2~3割は高次の同志の意識も入っていることを知っています。常に高次の存在とはつながっている中で、その意識の割合が少し違うだけのことなのです。また、高次のどのような存在と主にチャネリングをしているということは、今の私にとってはほとんど気にならなくなっているために、感覚的にはどのような方なのかはわかりますが、どのようなお名前のどの星の存在なのかなどといった素性は、あまり書き表さなくなってきていることを感じています。

例えばテレビの画面に夢中になっている時は、ほとんどが私の意識ではありますが、気づきがあったり気づいた方が良かったりする場面では、たちまち高次の存在やハイヤーセルフの意識の割合が増えて顕在意識にポジティブなものとしてしみこむことを感じます。私は人と話をするときもそうですし、メールを書いている時も同様ですが、話し始めたり書き始めたりするときには自分の意識や思考が多く占めていても、話を進めていくうちに徐々に高次の存在の意識が大きく入り込み、ふと我に返るとメッセージを降ろしっているような高次の存在の意識が多く入り込んでいるということも少なくはありません。以前は私のお仕事の一つとしてスピリチュアルアドバイスを実際にお会いしての対面で行っていましたが、その時にお話しした方は、私のそんな状態を実感されたことでしょう。また、私の書く日記からも、そんな様子が読み取れた方がいらっしゃるかもしれませんが、そんなことからも、常に高次の方とつながってチャネリングしている状態であることを確信していますし、実際はすべてのみなさんが同様でもあります。

ただし、このような高次元の存在とのチャネリングしている状態を保つには、常にある程度の波動の高さも保つことが必要となります。波動の法則は絶対ですが、ここにも当然当てはまってきます。逆にいえば、波動が低い状態だと、高次の存在との波動が合わないばかりでなく、低い波動の存在との波動が合ってしまうこともあります。これはもう、1年以上も前の話ですが、私は2度ほどそんな経験をしたことがあります。その経験で共通している状態が、疲労感が強くてお酒を飲んだほろ酔い状態で寝る直前の時、ふとメッセージを書きたくなって書いたということです。書き終えたときには、いつものように満足感や充実感があふれてすぐに就寝したものの、翌朝になって読み返してみると、とても波動の低い未成仏霊からのものであることがわかり、早い段階で消去しました。私はお酒(赤ワインの輸入物の500円未満の安い物)を毎晩のように飲んでいますが、かなり強い方だと自負していますし、常にほろ酔い状態ですので意識ははっきりとしています。それでも、アルコールの力は、感覚をある程度は麻痺させるので、微細であるスピリチュアルな感覚はどうしても鈍くなってしまうことを、そんな経験からさらに実感することができました。そして、あれ以来、少しでもアルコールを飲んでしまったら、日記は書かないようになりました。もちろん、みなさんから頂いたメールも、読むことはしていますが、返信は必ず翌日以降にするようにしています。

私は、これらの様々な経験をふまえて反省を繰り返した結果や今の感覚からの判断により、簡単な事務的な内容や意思交換のメールは、普通の状態でも書くようにしていますが、ご質問とかご相談とかといったことや、感覚的に捉えたことを書き表すような内容のメールは、高次元の存在からのメッセージを書き降ろす時と同様に、自分の波動がある程度の基準以上に高く保てる状態の時のみに書くようにしています。

その際に、直接人と会っての対面によるスピリチュアルアドバイスをするときと同様に、いただいたメールを読み返す時点から、私の波動はその時点での最高点に達するようにしています。そして、書きだした瞬間から、私とハイヤーセルフと高次の存在との意識の割合は、内容に合わせてすべての調整はお任せした状態で書き続けます。私からしたら、自動調整されている状態なので、常にわくわくしながら絶対的な信頼のもと、文章を書き続けることができるのです。

いただいたメールは、必ずできるだけ早い段階で読ませていただいています。しかし、返信に関しましては、いただいたメールの内容によっては長い時間をお待たせしてしまうこともありますし、比較的即座にお知らせできることもあります。この差は、もちろん、私の波動の状態の問題だけではなく、いただいたメールの内容以外でも、その時点での返信するメールの数量の多さも関わってきます。早急性を感じる内容はできるだけ優先にするようにしていますが、それでも遅くなってしまうことがあります。少しゆっくりできる内容やより微細な状態でのチャネリングやリーディングが必要であろう内容などは、お待たせしてしまうことが多くなりがちになってしまいます。事務的な内容やごく簡単な表現のみで済む内容以外は、どうしても私の意思や意図による予定を立てることが難しくなってしまいがちです。

あとは、私の実生活の中でも、家族とのかかわりの中でも優先すべきことは第一優先になります。毎日のように行っている畑仕事も、家族にとっては生きていくために必要最低限のことでもあるために、やはり優先順位は高いものになります。

長い文章になってしまいましたが、今回の日記の結論としましてお伝えしたかったことは・・・

いただいたメールはできるだけ早いうちに、深く感謝しつつ拝読させていただいています。しかし、メールをいただいているのに、返信が遅くなってしまっていたり早い時や遅い時があったりして安定しない理由は、そんな事情のためであることをご承知いただきたいということです。私にとっては最良の状態の時にメールを書くようにしている結果としての状況であるということを、勝手なことながらご理解いただき、今後も末永くお付き合いいただけると幸いに思っています。もちろん、このブログに書き表す内容も同様でして、それなりに波動が高く保てる状態で、かつ書きたいというわくわくした気持ちになった時のみ書いています。ですから、いつもとても楽しく充実した気持ちの中で書き続けることができているために、今のように書ける条件さえ整っている間は、きっと末永く書き続けることだろうと感じています。

*普段は午後5時前にはお仕事モードを終了して一杯やりながら夕食の準備をしていることが多いので、それ以降のメールや日記は書かない日がほとんどです。夜は9時前後には就寝し、最近は起床時間がさらに早くなって2時~4時には起床しています。ちなみに、今朝は午前2時10分に起床しましたが、昨晩は夜8時少しすぎには3女と一緒に就寝しました。なんだか徐々にですがどんどん時間帯がずれていて、どこまでいっちゃうのかな~という感じですが、私にとっては自然の流れの中でのことですので、いつものように流れに従って楽しんでいます…。
スピリチュアル

マシュー君のメッセージ(12)

2008年10月04日
これまでも何度か紹介しています森田玄さんのブログ「玄のリモ農園ダイアリー」に載せていただいたマシュー君からの新しいメッセージの和訳文です。今回も素敵なメッセージを届けてくれたので紹介いたします。マシュー君そして森田玄さんには多大なる感謝の意を表します。

このメッセージを送って来たマシュー・ワード(Matthew Ward)君は、1980年に17歳で亡くなっていて、それ以来、お母さんのチャネリングを通してさまざまなメッセージを送ってきているのです。

マシュー君は太陽系のもっとも高い菩薩界磁場相に存在する意識体で、さらに上なる銀河系磁場からの情報を伝えてくれているようです。


マシュー君のメッセージ 2008年9月24日

1. みなさんにこころからこんにちは、マシューです。ひとびとの最大の興味と関心あることについて、僕たちから見えることを伝えます。一般世間では世界経済が大きく展開していますが・・それはもう誰の眼からも隠しきれないほどに巨大な動きになっています・・このメッセージを長く読んでいる人たちには驚くことではないでしょう。

でもそれは、僕たちが”予測”していたアメリカの破産とそれによる世界中へのドミノ効果ではありません。そうではなく、僕たちに見えているのは、その最初のドミノの背後にあるエネルギーの勢いなのです。それがしっかりとコースを進みながら、その強さを非常に増しているので、イルミナティの目くらまし的な経済操作によってコースを外されるようなことはありません。

けれども、かれらがやろうとしていた・・世界中の全資産を自分たちの所有するわずかな数の巨大な金融機関の中に集める・・ことの代わりに、かれらがやったのは、あなたたちの言葉で言う”メルトダウン”でした。宇宙からの視点で言えば、これは長かった想像を絶する欲と腐敗の時代を光のパワーが終わらせることです。それを地球から観れば、世界金融経済の基盤崩壊です。

ほとんどのひとびとにはイルミナティの存在がどんなものか想像すらできないでしょうが、アメリカの納税者たちには、政府が国家経済の大きな傷口をふさぐための財政負担を自分たちに負わせようとしているのがはっきりと分かるでしょう。

2. この最終的な結末は、金融、商業、投資システムの腐敗者たちを除いて、世界中のあらゆるひとびとが心から喜ぶものになるでしょう。しかし、影響を受けるすべての国々では多くのひとびとに困難が降り掛かることは否定できません。特に、世界経済の崩壊が、公正、誠実、保全に基づく新しい経済基盤に移行するためのものであることを知らない人には、恐怖でしょう。いま起きている狂乱は世界変革への移行段階であることを知っているあなたたちにお願いします。どうかその怖れを増すようなことはしないでください。

この(霊的エネルギー領域)場にいる魂たちのほとんどは、極めて貧しい生涯を送ってきています。ですから僕たちはいま経済的に困窮しているひとたちに同情します。”類は類を呼ぶ”という宇宙の法則がいつでもはたらいていることを忘れないでください・・あなたたちよりも貧しい人たちと分け与えることが、結局はあなたたちが必要なものを手に入れることになるのです。

こころから与えることのエネルギーがあなたたちの光を増すだけでなく、そうすることで、あなたたちが触れるすべてのいのち(命)を照らし、それが精神向上のサイクルを始めるのです。あなたたちがほかのひとびとを助けるとこころが軽く感じるように、そのひとたちも今度は感謝と希望をもち、その感謝と希望のエネルギーがかれらが触れるひとびとすべてにより多くの光を与え、そうやってつながっていくのです。

3. 「どこにお金を投資したら安全でしょう?」という多くの質問には、僕たちは投資アドバイザーではありませんと繰り返しお答えします。でもこれだけは保証しますが、この一時だけの混乱状態の後には、あらゆるひとたちに有り余るほどの豊かさが待っています。それまでの間は、物やサービスを交換することがお金の代わりになる素晴らしい方法です。そして、とどまるところを知らない欲望が少数の闇のこころに入ってくるまでは、かつて人類がやっていたバーター(物々交換)方式に戻ることで多くのひとたちが恩恵を受けているのを見るのは、僕たちにとってもとても元気づけられることです。

この闇のこころの者たちは、商人たちのあいだで高利の金貸しなどの金融システムをつくりあげました。その後、そのような取り引きを取り締まる法律ができても、高利貸しは止まるところがなく世界中に広がっていったのです。これが今日の破壊的な経済を形づくっている要因でしたが、それだけでなく欺瞞も大きな部分を占めていました。

十分の一税(訳注:ヨーロッパ中世時代に農民に課せられた教会への租税:すべての農作物の10%は神のものであるという旧約聖書の記述が根拠になっている)は、欲の深い初期の教会指導者たちが、罪の赦免料とともに、考えついたものです。それが当時かれらの私腹を肥やしましたが、それは今日でもつづいていて、バチカンの知られない富を潤しているのです。課税制度もまた非常に大きな位置を占めていました。それは王侯貴族がその領地のもっとも貧しい者たちから租税を強要したことです。

その後、アメリカでは連邦準備金制度(FRS)とその税徴収機関である国税局(IRS)が何も知らない市民に押し付けられました。今でもほとんどの人は、これは連邦政府の中枢機関だと信じています。事実は、この連邦準備金というのは、私的な国際金融コンソーティウム(合同企業体)であって、所得税として国税局に支払われるお金は、すべてイルミナティの手に直接入るようになっているのです。また連邦準備金は、財務省から通貨をその額面価格にかかわらず、あらゆる紙幣1枚につき数セント払って買っていますが、それをまた政府に対して額面価格で貸して、常に国の負債を増やしているのです。

地球の天然資源搾取もクモの巣のようにしっかりと編み込まれたイルミナティの経済支配のひとつです。内戦や国家間の戦争を仕掛けるのもかれらです。そして、その軍事機構(軍産複合体)が、それを支えるかれらの企業にいつも多大な儲けをもたらしてきました。

4. この盗みのすべて・・これこそ、まさに起きて来たことで、しかも驚くような規模で・・は、イルミナティの幾世代もの昔からあった計画に完全に沿ったものなのです。それは貧困と徹底的な破壊をつくりあげ、それらを増大させ、かれらの恐ろしい目的に適わない人間はすべて殺すことで、地球支配を成就するというものです。

”持つ者”と”持たざる者”という何世紀にも渡る許し難い不平等からつくられた莫大なネガティビティ(破壊的エネルギー)は、これ以上存続できませんでした。もしそうしなかったら、それは地球の惑星としてのからだを破壊してしまったでしょう。

知覚ある存在として、地球はそうさせないことを選んだのです。彼女(地球)が、その生存能力と活力を取り戻すことを選んだために、ついに、あなたたちの世界にある、分断させ、不公正で、欺瞞の、暴力的で残酷なものすべての背後にある闇の長い支配に、終わりが来なければいけなかったのです。そして、ついにその終わりが来たのです。

5. さて、世界からのスポットライトを浴びているのが、差し迫ったアメリカ合衆国の大統領選挙です・・以前も大きな関心はありましたが、今破綻しつつある経済とそれに対する候補者の対応策のためにより重要性を帯びています。

ええそうです、ジョン・マケインの副大統領候補の選択もこれに入りますね。多くのひとがサラ・ペイリンが副大統領として職務能力があるかどうか、僕たちの意見を訊ねていますが、僕が言えるのは、もう何度も光の存在たちからのメッセージでも言っているように、僕たちはすべての魂を無条件に愛しています、ということです。

これは、ある地位にはすべてのひとが平等に適任だと考えなければいけないとか、合意があるのにもかかわらず、自分たちや他人に害を与えるような意見や活動をすべて尊重しなければならないという意味ではありません。それは、どのような選択であっても、僕たちのすべての魂たちに対する愛は、神の愛のように、無限で永遠であるという意味です。あなたたちがすべての魂たちの神とお互いの不可分性を、知るだけでなく、感じれば、あなたたちもあらゆるものへの無条件の愛を感じるでしょう。

6. もっと多い質問は、ペイリンが副大統領候補でマケインが選挙で勝てるか、というものです。まず繰り返しますが、僕たちは政治のことには係りません。ある特定の魂を推薦したり、他より贔屓(ひいき)にすることはしません。ただ地球の潜在エネルギー場(フィールド)に見えることと時空連続体(コンティニウム)に存在するものを報告するだけです。

それでですが、マケインがペイリンを選ぶことを発表して以来、そのエネルギー場が非常に活発になっています。でも、特定有権者グループ内での彼女の人気は落ちることなく続きはしますが、やがて落ちてくるでしょう。選挙の結果がそれで変わることはありません。

知覚ある魂の地球は、60数年前の断末魔の苦しみに耐えかねて、その惑星体の救出をほかの文明人たちに求めたのです。そして9・11のようなテロ行為はもうさせないことを選びました。彼女自身からネガティビティ(破壊的エネルギー)を排除することで、本来の健康とエネルギー振動を回復し、彼女(地球)の人類がより高い意識を得てスピリチュアルな再生に輝くようなエネルギー振動レベルまで上昇できるようにしたのです。

第三密度の闇から抜け出る彼女(地球)のアセンション(訳注:宇宙の法則による魂の霊的進化のステップ)を推進してきたエネルギーパワーが、自然に、スピリチュアルに進化した明確なビジョンを持った魂を、あなたたちが世界でもっともパワーがあると考えている国の大統領として、選んだのです。

7.このようにして、地球自ら選んだビジョンに沿って、バラク・オバマはアメリカ合衆国政府に叡智と公正と保全をもたらすという彼の使命を全うすることでしょう。そして思いやりと和解によって分断された国を統一する彼の政治統治手段が世界中によい例として歓迎されるでしょう。

地球を黄金時代へ導く進化した魂は彼だけではありません・・ほかにも多くの魂たちがやってきて、あるものたちはオバマを支え、またあるものたちは他の国々の指導者として影響力ある地位に就いています。

アメリカの主要メディア”ニュース”が、ある国々の指導者たちを民主主義を危うくするとか国家を揺るがす存在だと誤って描写していることに注意してください。じつはかれらは光の存在たちなのです。かれらのやっていることは、2世紀以上にわたって、そのほとんどがアメリカ政府による他国の内政への極秘な侵入によって形成されてきたイルミナティの帝国建設から自分たちの国を遠ざけているのです。

ブッシュ政権によって非難されているこれらの指導者たちで注目される存在が、ウラジミール・プーチンともうひとり、ユーゴ・チャベスです。暴力的紛争に長い間明け暮れた国々では、悲観論から楽観論、また悲観論といった交渉のやりとりがあるでしょうが、最後には、世界中が賢明で思いやりある指導者たちの下で安定するでしょう。

地球人類の意識がひきつづいて向上し真理が現れてくれば、光を受け入れる準備があるあらゆるひとびとが歓喜に沸き立つでしょう・・それはまたこの宇宙全体にいるあらゆる光の存在にとっても同じです。

8. さて、これらの2つの主要な問題ほど知られていないことについてコメントしましょう。それは、”差し迫った事件の警告”というタイトルで飛び交っているEメールに関するものです。お母さん、この2ヶ月の間に非常に大規模で破壊的な事件、たぶん9・11のような深刻な事件が起こる夢を見たと言う4人の予知能力のある人たちについてのジーン・ハドンへの僕の返答をコピーしてください。

       _________________________________________________

マシューです。愛をこめて、ご挨拶します。9・11に迫るような”非常に大規模で破壊的な事件”が、この60日の間に起こるかもしれないという可能性について、僕たちの考えを言います。

ある人たちは、集合意識これは宇宙の全体的意識という意味ですが、にコンタクトできる能力がありますが、それには天地創造以来のすべての思考形態、それが光でも闇でも、が含まれます。

闇の思考形態について言えば、最古の闇の思考形態が9・11を計画する思考形態に引き寄せられ、両者のエネルギーが一体となってイルミナティにあの悲劇の日を具象化させることができたのです。

そのとき地球は、もはや二度と闇の勢力の手による死と破壊を繰り返させないことを選んだのです。そして、彼女(地球)の自由意志を尊重して、神は、宇宙からの支援を得ることを認め、かれらのテクノロジーを使って世界中どこにおいてもそのような非人間的な謀略をすべて防ぐことにしたのです。それ以来、かれらはすでに12回もそのことに成功しています。

これについてちょっと話しましょう。

地球の潜在エネルギーフィールド(場)の活動は僕たちが今まで見たことがないほどに活発になってきています。それとともに、闇の勢力はますます絶望と恐怖に駆られ、薮から棒になってあらゆる方向に暴れていますが、それらもさらに強さを増している光によって抑え込まれています。

これらの地球にいる闇の操り人形たちは、自分たちの支配が衰えてきて、もう「やるかやられるか」というところまで来ていることを知っているのです。かれらの謀略がことごとく失敗に終っているのにもかかわらず、もし以下のふたつのシナリオを阻止することができれば、まだ支配を取り戻せるチャンスがあるといまだに思っているのです。それこそ本当に”大掛かりで破壊的な”事件なのです。でもかれらはそれをどちらも防ぐことができないでしょう。

最初は、ほかの宇宙文明人の否定できない存在です。

公表された10月14日の出現の際に、地球人類と宇宙人たちの安全が保証されないとしても、それが長く延期されることはないでしょう・・もう、その時が来ているのです。

そしてそれが起きれば、とくにアメリカ政府にとって非常に大きな打撃を与えるでしょう。それは長い間イルミナティの支配下にあったので、他の宇宙文明人たちの存在の可能性を否定してきただけでなく、地球外生命体(ET)がその指導者(大統領)たちにも会見していることや平和的な目的だけにやってきた宇宙人たちに対して敵対的な対応をしてきた事実を否定して来たからです。

二つ目は、9・11を計画し実行した者たちの真相です。

いま地球が軌道に乗っているさらに高い波動の中では、真実はこれ以上隠しきれません。9・11の真相が露見するとき、中東の石油資源支配以上のさらに深い目的があったことが明らかにされるでしょう。それはこの惑星全体の支配であり、そのためにその人間たちを殺しまた奴隷にするというものです。そしてそのときイルミナティの長い恐怖支配が終わりを告げるでしょう。

この二つの大きな事件が世界に与える衝撃は、いま進行中の世界の大変換と地球人類のスピリチュアルな再生プロセスのひとつです。それは、この惑星のあなたたち全員が生前に参加すると合意した、宇宙の兄弟たちとの共同事業である喜ばしいアセンションです。

宇宙集合意識にコンタクトできる人たちが見ていることを、あなたたちが知ることも同様に大事です。多くのひとたちが僕たちが地球の黄金時代について語ってきたことを正確に見ています・・それは、すべてのひとびとが愛に包まれ平和に暮らしていくこと、あなたたちの惑星の健康と美の復活、あらゆる自然と人類の調和した共存です。もう地平線の近くに来ていて、コンティニウム(時空連続体)ではすでに創造されているこの素晴らしい地球には、第三密度の世界に蔓延っている怖れ、暴力、欲、偏見やほかの対立を産むものはまったく存在しません。

どちらの世界に住みたいと思うかはあなたたちの自由です。でも僕たちは、あらゆる魂への無条件の愛から、あなたたちが愛と平和の世界を選ぶように祈ります。

     _____________________________________

9. お母さん、ありがとう。これに付け加えますが、闇の触手が暴れているあいだは、恐ろしい発表や予言、推測、警告がつづいて渦巻くでしょう。僕の母が受け取るEメールから判断すると、ライトワーカー(光の使者)たちのあいだでさえこのことが不安の種になっているようです。よくインターネット上の記事やチャネリングされたメッセージに出現しているいくつかの問題についての不安を和らげるために言います。

イランとの戦争は起きません。強制収容所のような場所が政府の政策に反対する者たちで何百万もいっぱいなるようなことは起きません。”惑星X”とか巨大な彗星が地球と衝突する軌道に乗ってはいません。地球がその惑星浄化によって人類が住めなくなる前に、宇宙ファミリーによってあらゆるひとびとを救出する必要はありません。NESARA(国民経済安全保障改革法)は、”発表”されるというような出来事ではありません。 

そして以下のような現在の問題もそうです。ロシアが大きな戦争をすることはありません、中国も同様です。ブッシュ政権が選挙前に戒厳令を布告して権力に居残ることはありません・・それをやるには劇的な事件が必要でしょう。でも超テクノロジーをもった宇宙の魂たちとあなたたちの中にいる魂たちが、そのような謀略を防ぐでしょう。

~次に続く~
マシュー君のメッセージ

マシュー君のメッセージ(12) ~続き~

2008年10月04日
10. 夢の話題ですが、それについてのあなたの質問に答えましょう。”闇のエネルギーがひとびとに悪い夢を送って弱めようとしているのですか?”、”マインドコントロールのようなものですか?”、”私の悪い夢は自分だけの悪い前兆ですか、それとももっと広い意味があるのですか?”、”どうしたら繰り返し見る悪い夢を止められますか?”

この質問者全員に、こう答えます。怖れがあなたたちの言う悪夢の根本原因です。このような夢を引き起こすものを意識的に怖れる必要はありません。それらは、他の過去生からの細胞に記憶されたものや、今生での(顕在)意識が抑え込んでいる恐ろしい出来事、あるいは、そのまま放っておかれる代わりに夢が解放してくれるいろいろな不安感から起きてきたものかもしれません。

11. さて、怖れがサイキ(心理)に入ると、闇の触手を運んでいるエネルギーがそこを狙ってきます。これは、個人的にプログラミングされるマインドコントロール、あるいは宗教的教義や、例えばテレビなどによる集団催眠とは異なるもので、ひとの思考を変え、また悪い夢に悩まされているひとの行動にも影響を与えることができるのです。ここでもまた、引き寄せの法則がはたらきます。怖い夢を見てしまうという先入観が、それを繰り返すことになるのです。一般的に、このような夢は、それが引き起こされるのは怖れからであり、その怖れの感情はその人の内部のことなので、夢を見る人だけに関わるものです。何度も見る夢を止めるには、聖なる(神の)救いとキリストの光(訳注:魂の成長と闇勢力から守るためにすべての存在に与えられている創造主の愛の顕現)の加護を求めるのがまず最初の有効的なステップです。しかし、この祈りには信頼が伴わなければなりません・・疑いのこころは低い波動エネルギーを伴っているので、光がサイキ(心理)に入って闇を排除することが難しくなります。

あるエネルギー・ヒーラーたちは、怖れの元を判別できるので、それが妨害しているものを排除し、ひとの全体システムのエネルギーの流れをスムースにして気持ちよくさせることができます・・ここでもまた、信頼することが大切です。信用できるセラピストによる催眠術も役立ちます・・夢がこころの中で本来あるべき位置に置かれることで、それを引き起こしている怖れが何であれ、こころがそれらをクリアできるのです。

12. 同様な話題ですが、あるカイロプラクターが書いたものを要約しましょう。

”この分野での真の治療師は、宇宙の知性があらゆるものに生気を与えていると信じています。またその知性が個人を通して流れることで、神経系が最適に機能しているかぎり、すべての能力がよりよく発揮されます。肉体的、化学的、感情的ストレスはからだと脳との交信を阻害するため、健康を害し、状況への不適切な反応をもたらします。カイロプラクティックはある特殊な力を用いることで、その人の能力を高めて変化する世界に適応するようにします”

この人は、より高い意識レベルに進化する人間の能力とこの思想が合うものか僕の意見を聞きたいそうです。この思想を分かち合ってくださったこの作者に感謝し、お答えします。その理解は啓示を受けた意識の結果です。それによって医学界が、からだとこころと精神の相互関連性、すなわち、科学とスピリチュアリティ(霊性)とが分けられない(一体である)ことを知ることができるでしょう。

13. ダイエット(食事)についての僕のコメントが、たくさんの質問を招いたようです。いえ、肉食を止めないと黄金時代に入れないとは言っていません。また、ええ、汚染されていないのが分かれば、卵も乳製品も海鮮食品も食べていいんです。一般に、生のフルーツと野菜の栄養価は調理したものよりもはるかに高いです。でも、野菜によっては生はあまり美味しくないですから,その場合は調理してください。全粒穀物は精白したものよりよく、生ミルクは殺菌したものよりよく、ナッツ類はミントよりいいです。毎日赤ワインを出すことがある病気のよい予防になるからといって、わざわざお酒を飲まないひとが無理して始めるほどのことではありません。

なにか新しい研究結果が出て、この食物とかあの食物がからだに影響を与えるとか、これまでの通説が間違いだったいうたびに、あなたたちの”食べ物ピラミッド”(訳注:アメリカ農務省が策定した栄養摂取に関するガイドライン)がひっくり返るのを知っています。

あなたたちのからだに注意すればいいのです・・からだがどんな食べ物がいいのか、また避けるべきを知らせてくれます。食品の放射線照射の本当の目的は、あなたたちの免疫系を弱めるためです。でも、僕たちの宇宙ファミリーからのテクノロジー援助のもうひとつの例として、そのような毒性を消していることがあります。確かに栄養不良は脳に深刻な影響を与え、知能発達を阻害しますが、知性とスピリチュアル(霊的)な進化を同列に考えないでください。

ここで肝心なことは、あなたたち一人ひとりが独特の存在なのですから、すべて自分にふさわしいものがあるように、ダイエットについても、こころの中からのガイダンス(導き)に従うことが、いつでもうまくいく方法です。

14.黄金時代では、すべてのひとびとは、年齢に関係なく、感情的なストレスと環境や食物中の毒性汚染の影響から癒されるでしょう。拒食症はなくなります。そして新生児はすべて完全に生まれるでしょう。そうです、寿命はもっと長くなります。でも今以上に特に”目を見張る”ような長生きはありません・・いつでも魂の成長が決定的に重要なファクターです。

魂がまったく異なる領域に移動するために必要なあらゆる経験を、地球が与え終わると、かれ(魂)は去って行くでしょう。その素晴らしい違いは、黄金時代では、生が終わりのない学びと成長だということがスピリチュアル(霊的)にはっきりと理解できることです。そこでは今のような耐え難い悲しみや喪失感はありません。そしてあらゆるひとがテレパシー交信で宇宙にいる愛する魂たちと交信できるのです。

15.スピリチュアルに進化した人間が、左脳の仕事からのストレスのない暮らしをヒーリングワークをしながらしていくには、どこがベストな場所でしょう?

魂だけが、生前の選択にしたがって、あなたたちのあるべき場所とやるべきことを知っています。ストレスがあると、思考を鎮(しず)めて魂からのメッセージを聴くことが、より難しくなることに、僕たちは気づいています。これは個人的な気持ちの弱さのせいではありません。それは世界中の人間たちに影響を与えている破壊的なエネルギーの結果で、そのために、魂レベルから来る直感と外からの影響に対する反応とを区別することが困難になるのです。

それでも、あなたたちにはすべて落着きを取り戻すパワーが備わっていて、そのおかげで意識があなたたちの魂と通い合うことができるのです・・静かに、耳を傾けるのです。そして、広く行き渡りつつある高い波動エネルギーによってリニアルタイム(直線時間)が加速されている昨今では、共時性的なできごとがまるでポップコーンのようにそこら中で起きてきています。ですから宇宙がもたらしているこのような絶好のチャンスを逃さないように。

16. アセンションしたマスターやホワイト・ブラザーフッドとあなたたちが呼ぶ魂たちと、あなたたちが知らないほかの光の勢力のパワーフルなエネルギーが、惑星地球に強度を増して来ています。

それはあなたたちすべてに与えられているのです。これらの魂たちがからだを持ったり、あるいは、あなたたちがそれらの名前を知る必要もありません。単に、聖なる助けを求めればいいのです。そうすれば、これらの神の使者がそれを与えてくれるでしょう。

それは、あなたたちの求めるようなかたちでは来ないかも知れませんが、魂での合意にしたがったあなたたちに必要なものでしょう。自分やほかのひとへ善かれと祈ることのパワーを、決して見くびってはいけません。 

17.この宇宙には、無数の評議会、星間グループ、フォース(力)の場、そして宇宙および宇宙間連盟があります。あなたたちの太陽系に近い唯一のものは、光の存在のものですが、あなたたちの時間計算でいうわずか数年前までは、そうではありませんでした・・闇からもたらされた思考形態からなる巨大なエネルギーフォース(力)の場がこの地域を君臨していました。それは注ぎ込む光が莫大な量になって、光を忌み嫌う(闇の)フォースの場がもはや耐えきれなくなるまで留まっていたのです。

18.レプタリアンたちと闇に感化された人間たちはどちらも、イルミナティ"傘下”の多くの分野でトップの地位にいます。かれらは僕が話して来た、各々のカルマと地球の第三密度カルマが終了するまで”悪役”を演じることを同意した人たちです。その時には、かれらは光の勢力に加わることになっていたのですが、代わりに、その合意に背いたのです。

あらゆる魂のように、かれらは光を受け入れ、それと供に生きることを選べます。さもないと、光に満ちた肉体のみ生存可能な波動エネルギーに地球が到達するときには、肉体の死が訪れるでしょう。そのときには、宇宙の法則に則って、かれらの魂たちは自動的に、肉体をもった人生でのエネルギーに釣り合ったエネルギー領域に行きます。

19. 自分とはスピリチュアルに合わないひとびとを人生からすべて排除することができて、ただ家族だけ残ったという寂しくなりがちなひとに。見えない助っ人がいつもたくさんまわりにいることを忘れないで。かれらがそばにいるのを感じて、こころで話しかけるのです。そして、あなた自身が自分の最高の友達になるのです。そうです、気の合うスピリット(霊)同士はつながっていることを知って、”気(スピリット)が向いたときに行動する”ことがすべてです・・だれでにも言えることですよ。

20. 巨大な宇宙船が現れたら、それは地球を転覆しようという悪魔のトリックだろう、と信じているひとたちにどう答えたらいいでしょう?

あなたたちが言うことが正しいとどうしても思えない人たちには、同情してあげてください。そしてその話題にまたなったら、ただ、”時が示してくれるでしょう”と言うのです。計り知れない喜びをもたらしてくれる真理にこころを閉ざすひとびとを見るのは悲しいことです。

21. 水が商品になって、買えないひとたちが乾きで大量に死ぬことを心配する必要はありません。

22. さて、現在の出来事についての質問に戻りますが、大型ハドロン衝突型加速器(LHC)実験が破滅的な結果をもたらすかもしれないという憶測は、言わば、”さまざまな事件の陰に隠れて”しまいましたが、この話題を取り上げたのは、次のことを言いたかったからです。

宇宙ファミリーはそのテクノロジーで、破滅的な結果を許すことはなかったでしょう。またどのような実験でもそのようなことはさせないでしょう。

23. あるライトワーカー(光の使者)たちは、”いま”(宇宙人)に大挙してやってきてもらいたいと思っていて、ほかのひとたちは、必要な改革はすべて自分たちでやるべきことだから、地球のひとたちが空を眺めて救援を求めるのはやめるべきだという意見です。

さてさて、これは分断攻略ですか?あなたたちの宇宙ファミリーがあなたたちにはできないところで地球を援助しているのです。でもあなたたちの世界変容に全体の責任をとってやっているわけではありません・・あなたたちの望む世界を創出させるためにあなたたちと一緒にはたらいているのです。また、かれらは、自分たちとあなたたち全員の安全が保証されるまでは、大勢で着陸して、すぐ汚染除去とほかの技術の作業に取り掛かるわけにはいきません。

24. ハリケーン”ガスタブ”の被害が”アイク”よりも少なかったのは、”表からは見えない”理由があるからです。宇宙テクノロジーが見事にガスタブの風力を弱めた後、地球の気象をコントロール(制御)している者たちは、そのテクノロジーのパワーを全開にして、”エイリアン”たちも被害を食い止められないほど巨大な嵐を創造したと思っていました。ところが、その闇の連中がうろたえたことには、宇宙テクノロジーがハリケーンの目をすっかり減少させてしまい、その進路を沿岸の石油採掘所と精油所から逸らせてしまったために、石油流出による広範囲な生態系被害や北極圏自然保護区の採掘の圧倒的な支持、オイル価格の再上昇、石油会社の被害補償というイルミナティの狙っていたことを防いでしまったのです。

ここでほかのことが2点あります。気象をコントロールしようという者たちは嵐を起こす必要はないのです・・母なる自然がやってくれますから。自然がそれを起こすと、かれらは悪意でそれを利用するわけです。ガルベストンアイランドの住民たちを早く戻させなかったのは、死者の数が報道よりもはるかに多く、その死体を全部捜して処置するために時間が必要だったからです。

どのような方法による人口削減もイルミナティの目的ですし、死者数は母なる自然の原因ということになるわけですから、住民たちの帰還を延期した理由はよくわかりません。それでも、どんな方法であれ、ネガティビティ(破壊的エネルギー)を起こすことが闇の目的に適うわけですから、何千ものひとびとを惨めな状況におき、そのひとびとの家や仕事がどうなったか分からないままにストレス状態に放っておくことで、かれらは目的を達したわけです。

25. イスラマバードの自爆テロは、パキスタンにさらなる内紛と不安をつくり、イルミナティの傀儡ではない指導者を追い出そうという意図で行われたCIAの”裏工作”です。この事件はまた、地球規模の経済危機とその救済策のペテンに対する怒りから目を逸らさせるために起きたことです。

これはどうも怪しいと思い、またこの自爆テロは、イルミナティがオバマをコントロールできないかもしれないと段々心配になって来たことの徴候かもしれない、だからかれらが、マケインのテロに対する好戦的スタンスを支持するように有権者を焚き付けているのだ、と思ったのなら、これらの点が結ばれて全体像が浮かんでくるでしょう。

26. でも、そのような事件やほかの暴力的出来事があなたたちの主要メディアの焦点になっているとしても、僕たちが観る地球のアセンションは着実に目標に向かっています。またあなたたちの宇宙ファミリーの休みない警戒と支援がつづいているのです。そして、ますます多くのひとびとの心に、光が昼間の太陽のように明るく輝いているのが見えます。

それでは、こころからのお別れを言って、この場(ステーション)にいる僕たちと宇宙全体の光の存在たちすべてから、日ごとに地球の黄金時代へと近づいているあなたたちに声援を送ります。

    _______________________________

原文:Matthew's Message
訳文責: 森田 玄
マシュー君のメッセージ

素敵な秋のひとときに届けられたメッセージ

2008年10月03日
あたたかいエネルギーに包まれて優しい気持ちになれたときのあなたは、これが本当の私であると確信してください。あなたが感じているあたたかいエネルギーのためではなく、あなたのあたたかい波動が引き寄せたエネルギーであるわけですし、そもそもあなた自身が愛の大きな人だから、こうしてまるで天使のような優しい気持ちになれたことを感じるのです。

あなたを愛する人はたくさんいます。だから、あなたも愛している人がたくさんいるのです。あなたを見ている人がたくさんいます。だから、あなたもたくさんの人を見ているのです。あなたの領域にまで入り込み、あなたにとっては余計なことと感じることまでも干渉してくる人がいます。もちろん、あなたも他人の領域に入り込んでしまい、愛大き人だからこそ愛を与えたのに、過干渉による愛は形を変えて相手にとってはネガティブに受け取ってしまうこともあるのです。

あたたかい日差しはあなたを心地よい気分にさせてくれます。時々そよぐ涼風は、さらに快感を覚えます。あなたは優しい人だから、こんなにも心地良く感じるのです。同じ気候の中にあっても、日差しの眩しさが目にしみて避けたくなる人もいます。涼風を寒いと感じて身震いしてしまう人もいます。あなたはあなたのオーラで、この心地よい気候をさらに心地よく調和させることで、あなたにとっての楽園を作り上げるのです。

道端に咲く小さな花を見てあなたは美しいと感じ愛おしくも思います。淡いピンク色を優しい色だと感じます。この花もあなたを見ていて同じように愛おしく感じています。花は生きています。全ての植物には魂が宿っているのです。人のカルマの中には、人同士のカルマだけではなく、すべてのあなたの行いも情緒もカルマとして返ってきます。あなたにとって良き出来事が多いと感じている時は、あなたのことを素敵な人だと思う魂がたくさんいるからですし、地球そのものも宇宙も同じように感じているからなのです。あなたにとって、少しネガティブになるような感情が湧き上がっている時、同じようにあなたに対してネガティブに感じるような感情を抱いている魂が存在しています。それは何も人間だけが対象ではありません。むやみに小さな虫の命を奪うようなことはしていませんか?食べ物を粗末にしていませんか?

あまりにもややこしい出来事が起きてしまったために、あなたはとてもネガティブになったとします。そんな時、あなたがどのようにするのかを宇宙はわくわくしながらみています。とてもポジティブな状態の時、冷静な判断をすることができる人が多くいます。優しくできたり思いやりを大きく持てたりする人もいます。でも、あなたの状況がネガティブな状況の中であった場合、あなたの情緒や思考や行動はどのようになるのかが、あなたの魂の進化している過程の位置をあなた自身が知るチャンスなのです。テレビカメラの前ではいつでも笑顔を作り素敵な人を演じている人がいます。でも、普段のマスコミに触れていない生活は愛の薄い生活を送っている人もいます。それでごまかされる人もいるし見抜く人もいます。でも、そんな他人の評価は関係ありません。宇宙は全てをみています。そして、そのすべてのカルマは確実に自分に返ってきます。偽りを行えば偽りが返ってきます。そして真実が明るみに出るのです。

今、どんどん明るみに出てきている様々な真実は、エネルギーの激しさを増す今の世の状態において、これまで以上にカルマの清算が早くなっている証拠です。偽りを続けることはできません。偽りは罪となり返ります。真実が明らかになり偽りは明かされるのです。ある1つの偽りが明るみになった時、大いに反省して偽りが招いたカルマをポジティブに変換するために尽力して解決ができた時、あなたのその1つの偽りに対するカルマが清算されます。そして、清算された後、真実をもって世を生きることに終始し、愛をめぐらせる選択をし続ければ、それ相応に波動は高まり、愛をめぐらせたというカルマを受けて、愛もさらに大きくなっていくのです。3次元の世で生きているすべての人は、今からでもいくらでもカルマを清算して波動を高めることができるのです。すべてが自己責任をしっかりと持っての自由意志による選択にかかっています。カルマのめぐるスピードは日増しに早くなっているのです。

あなたの心にあるネガティブな思い出は、もう過去のものだからあなた自身の顕在意識においてそのカルマを清算することができるわけですから、いつまでも抱えていないで早く清算しポジティブな思い出に変換して受容すべきです。あなたがネガティブに思うだけで、そのカルマはあなたへとネガティブなエネルギーとして返ってきます。過去に失敗をしたのなら、繰り返さないようにすることを意識して貴重な経験という思い出へと変換することができます。今後会うことができないであろう相手に対して、心を傷つけるような言葉を発したことを悔やむのなら、相手と会えなくてもその相手を思い浮かべて愛の気持ちを持って謝罪してさらに自分も許すことができれば、相手にはポジティブなエネルギーが届けられ、このカルマも清算することができます。もし、気軽に会える相手ならば、できるだけ早く愛を持って今ある反省の気持ちを伝えて解決するようにすれば、行動をしないで取り越し苦労をすることもなく、解決へと導かれることでしょう。

もう10月になったのに、夏の花であるひまわりの花が誇らしげに鮮やかなオレンジ色の光を放っています。ひまわりは夏に咲く花という固定観念は、こうして秋が深まってきても元気に咲き乱れることによって崩されていきます。これまでに持ってきた3次元の世の人々が大切にしていた様々な固定観念の中でも宇宙の真実ではないものが、次々と崩されていきます。そして、すべてが真実へと変わり、あなたがたをアセンションの世へといざなうのです。ひまわりの花は地球で生まれ育ったのではありません。太古の時代に金星からいただいた贈り物なのです。それが真実なのです。

ほんのすぐ先に見えてきた地球上の次の世は、そこに残ることを選択できた人たちにとっては、天国であり理想郷であり楽園である愛と夢の世界なのです。おもしろいことに、そんな世に至ったとき、今経験しているあなたの様々なネガティブなことが、まるで遠い過去の出来事のような感じられるほど、あなたの意識も肉体も波動もオーラも、一気に宇宙の調和のもとに高次元の世に染まり、あなたはあなたの本来の魂の姿を思い出すのです。


あなたはそんなセンセーショナルな体験をするために、今の世の地球に転生することを選んだのです。


そして、今はそのための準備期間の中でも仕上げである最終段階なのです。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

アセンションスペースシューリエ

2008年10月01日
私のホームページで公開しているメールアドレス宛てに、ブログを読まれたご感想やご質問、あるいはご相談事やスピリチュアルな事や日常生活全般にわたってのご質問など、最近は以前にも増して多くのみなさんからお寄せいただくようになりました。私にとっては、とても嬉しいことですし、特にご質問やご相談事に対しては、できる限りお役に立てますよう、心をこめて返信している次第です。

しかし、料金的なこととか気軽さとかという面では、今のようなあいまいな形では不自由な部分があることも承知していましたが、特に何も設定を考慮せずにいました。そこで、このたびホームページに「メールカウンセリング」のページを復活させることにして、より多くのみなさんのお役に立ちたいと思いました。また、ここ数か月ほどメールカウンセリングをホームページで公開することを休止していた理由の一つに、料金の設定の難しさがありましたが、今回は金額を設定せずに、ご依頼者様にお任せすることで解決しました。さらに、遠隔ヒーリングに関しましても、一時期もそのようにしていましたが、やはり料金の設定に関しまして私なりにしっくりとこなかったので、同様にご依頼者様にお任せすることにしました。一時期、ご依頼者様に料金の有無もお任せしていたにもかかわらず、メールのやり取り中で振込口座をお知らせするのが、どうにも違和感があったので、私の銀行口座をホームページに載せて公開しました。

そんな感じで、ホームページの一部を変更しましたので、もし私がお役に立てるようでしたら、ホームページをご覧いただいてから、お気軽にご連絡いただけると幸いです。また、ご入金に関しましては、本来は無料でもよろしいかとも思っていますが、私の家族の経済状態がぎりぎりで綱渡りをしているような状況であるために、ご無理のない範囲内で、相応に感じられた金額を設定していただいて分与していただけると幸いと思っています。ただし、私のような経済状況のような方から分与していただいたり、もし特にお役に立つことができなかった場合とかごく簡単なご質問をいただいたりした時などにも料金をいただくのはとても心苦しいので、そういった場合には料金が必要ないと思っていますので、お気遣いなくお気軽にご利用いただけるとありがたいです。

私の今後の目標の1つは、パワーストーンの販売以外は、すべてを無料にて奉仕することですが、現状ではとても難しいです。そもそもパソコンが使えなくなったり住む家を追いやられたりされては、今のようなことを続行することすら不可能になるわけですから・・・

私が今現在、最も大切にしているお仕事(人のお役に立ちたいために行っていること)であるタエヌのスピリチュアル日記と同様に、私のお仕事の一つであるアセンションスペースシューリエも、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

日記
 | HOME |