FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

マシュー君のメッセージ(11)

2008年09月19日
これまでも何度か紹介しています森田玄さんのブログ「玄のリモ農園ダイアリー」に載せていただいたマシュー君からの新しいメッセージの和訳文です。今回も素敵なメッセージを届けてくれたので紹介いたします。マシュー君そして森田玄さんには多大なる感謝の意を表します。

このメッセージを送って来たマシュー・ワード(Matthew Ward)君は、1980年に17歳で亡くなっていて、それ以来、お母さんのチャネリングを通してさまざまなメッセージを送ってきているのです。

マシュー君は太陽系のもっとも高い菩薩界磁場相に存在する意識体で、さらに上なる銀河系磁場からの情報を伝えてくれているようです。



金曜日, 9月 19, 2008
マシュー君のメッセージ(11)

サブプライムローンからはじまって、ファニー・メイとフレディー・マック、メリルリンチ、リーマンブラザーズ、そして一昨日は保険業界最大手のAIGと、つぎつぎとアメリカを代表する金融・証券・保険会社の崩壊がつづき、アメリカ政府がそれらの救済につぎ込んだ国民の税金はなんと90兆円!

いよいよ何も実体がない闇のグローバル金融システムの崩壊が表舞台に出てきた感です。これが日本の金融・証券界を襲うのは時間の問題でしょう。

そんな折り、マシュー君のメッセージが届きました。これはマシュー君の本をフランス語に訳しているカナダのジーン・ハドンさんの個人的な質問に寄せたものですが、お母さんのスージーさんの許可を得て、私のブログに載せさせてもらいました。

ハドンさんの話によると、アーリントンインスティテュートというグループが、たとえば、9・11の数ヶ月前に、燃えるビルからひとびとが飛び降りるといった夢を多くの人が見ている事実に注目し、人間には集団的な潜在意識レベルでなにか重大な事件を予見する能力があるのではないかと研究しているそうです。そして、つい最近、まったく離れている4人の人たちからアメリカ国内でこれから60日の間に、なにか9・11のような重大な破壊的事件が起こるという情報を受けたそうです。以下はそれに対するマシュー君の回答です。


(ジーン・ハドンさんの注記:この情報をスージーさんに伝えたところ、彼女から、「マシューがその”差し迫った事件の警告”について言いたいことがある」と言っていますという返事をもらいました)


***********************************


マシューです。愛をこめて、ご挨拶します。

9・11に迫るような”非常に大規模で破壊的な事件”が、この60日の間に起こるかもしれないという可能性について、僕たちの考えを言います。

ある人たちは、集合意識これは宇宙の全体的意識という意味ですが、にコンタクトできる能力がありますが、それには天地創造以来のすべての思考形態、それが光でも闇でも、が含まれます。

闇の思考形態について言えば、最古の闇の思考形態が9・11を計画する思考形態に引き寄せられ、両者のエネルギーが一体となってイルミナティにあの悲劇の日を具象化させることができたのです。

そのとき地球は、もはや二度と闇の勢力の手による死と破壊を繰り返させないことを選んだのです。そして、彼女(地球)の自由意志を尊重して、神は、宇宙からの支援を得ることを認め、かれらのテクノロジーを使って世界中どこにおいてもそのような非人間的な謀略をすべて防ぐことにしたのです。

それ以来、かれらはすでに12回も防ぐことに成功しています。

これについてちょっと話しましょう。

地球の潜在エネルギーフィールド(場)の活動は、僕たちが今まで見たことがないほどに活発になってきています。それとともに、闇の勢力はますます絶望と恐怖に駆られ、あらゆる方向に暴れ出ていますが、かれらが薮から棒になっても、さらに強さを増している光によって抑え込まれています。

これらの地球にいる闇の操り人形たちは、自分たちの支配が衰えてきて、もう「やるかやられるか」というところまで来ていることを知っているのです。かれらの謀略がことごとく失敗に終っているのにもかかわらず、もし以下のふたつのシナリオを阻止することができれば、まだ形勢を取り戻せるチャンスがあるといまだに思っているのです。それこそ本当に”大規模で破壊的な”事件なのです。でもかれらはそれをどちらも防ぐことができないでしょう。

最初のシナリオは、ほかの宇宙文明人の否定できない存在です。

公表された10月14日の出現の際に、地球人類と宇宙人たちの安全が保証されないとしても、それが長く延期されることはないでしょう・・もう、その時が来ているのです。

そしてそれが起きれば、とくにアメリカ政府にとって非常に大きな打撃になるでしょう。それは長い間イルミナティの支配下にあったので、他の宇宙文明人たちの存在の可能性を否定してきただけでなく、地球外生命体(ET)が政府の指導者(大統領)たちにも会見していることや平和的な目的だけにやってきた宇宙人たちに対して敵対的な対応をしてきた事実を否定して来たからです。

二つ目は、”9・11”を計画し実行した者たちの真相です。

いま地球が軌道に入っている高い波動の中では、真実はこれ以上隠しきれません。9・11の真相が露見するとき、中東の石油資源支配以上のさらに深い目的があったことが明らかにされるでしょう。それはこの惑星全体の支配であり、そのためにその人間たちを殺しまた奴隷にするというものです。そしてそのときイルミナティの長い恐怖支配が終わりを告げるでしょう。

この二つの大きな事件が世界に与える衝撃は、いま進行中の世界の大変換と地球人類のスピリチュアルな再生プロセスのひとつです。それは、この惑星のあなたたち全員が生前に参加すると合意した、宇宙の兄弟たちとの共同事業である喜ばしいアセンションです。

宇宙集合意識にコンタクトできる人たちが見ていることを、あなたたちが知ることも同様に大事です。

多くのひとたちには、僕たちが地球の黄金時代について語ってきたことが正確に見れています・・それは、すべてのひとびとが愛に包まれ平和に暮らし、あなたたちの惑星の健康と美が復活し、あらゆる自然と人類の調和した共存世界です。もう地平線の近くに来ていて、コンティニウム(時空連続体)ではすでに創造されているこの素晴らしい地球には、第三密度の世界に蔓延っている怖れ、暴力、慾、偏見やほかの対立を産むものはまったく存在しません。

どちらの世界に住みたいと思うかはあなたたちの自由です。でも僕たちは、あらゆる魂への無条件の愛から、あなたたちが愛と平和の世界を選ぶように祈ります。

________________________________

訳文責: 森田 玄
スポンサーサイト



マシュー君のメッセージ

スピリチュアルライフ

2008年09月19日
前世がわかったとか見えたとか…
オーラの色がわかったとか見えたとか…
守護霊様がどのような方か分かったとか見えたとか…

確かにそれはそれで本人が望んでいることであれば嬉しいことです。
必要だからわかったこと。必要だから見えたこと。
でも、もしかしたらわかったつもりだけかもしれないし、見えているつもりだけかもしれない…

前世が分かったことによって、不安に感じたとか、恐怖心が与えられたとかという人もいる…
オーラの色がわかったからといって、ただ単に色がわかったことだけが知識として増えただけの人もいる…
守護霊様がわかったからと言って、ただ単に守護霊様がどのような方かという知識が増えただけの人もいる…

スピリチュアルな知識をたくさん持っている人がいる…
スピリチュアルな講座やワークにたくさん参加して、知識や技術を得ることを生きがいとしている人がいる…

前世がわからないという人がいる…
オーラの色がわからないとか見えないという人もいる…
守護霊様がわからない人がいる…

スピリチュアルな講座やワークには何も参加したことがない人がいる…
スピリチュアルな知識を今はあまり持ち合わせていない人がいる…


前世やオーラの色や守護霊様がわかっているかいないかとか…
スピリチュアルな講座やワークにどれだけ参加しているとかしていないとか…
スピリチュアルなことを知識としてどれだけ持ち合わせているかどうかとか…
どれだけ日々の中で瞑想やヒーリングや修行や言葉を唱えるとか祈りとかといった、人から教わったスピリチュアルな関係の行動をどれだけ行っているかとか…

実際にその人の魂の位置の高さや本来持ち合わせているスピリチュアルな能力とか現段階の波動とかといった、その人自身の根本である状態を示すこととは、上記のことの有無とか度合いとかとは、それなりに関係はありますが、あまり重要なことではありません。オーラや前世や守護霊さまが見えない人より見える人の方がスピリチュアルな能力が高いとか波動が高いとか優れているとか、そんなこともあまり関係ありません。今の状態で必要なことであるかどうかは、個々によって違います。ですから、人同士が比較する必要はまったくありませんし、そのこと自体がエゴにつながるのでとても低い波動を生じます。人の状態を知るとか自分の状態を知るとかといった認識をするのなら多少は必要なことですが、優劣をつけるような比較はできるだけ避けるべきことなのです。どれだけ瞑想をしているかとか瞑想中に何を感じたとか見えたとかどのような修行をこなしたとか何をどれくらい唱えているかとか、そのようなことも同様に他の人と比較する必要はありませんし、同様に優劣を感じること自体がエゴや羨望といったことを生じて低い波動を発することになるので、できるだけ避けるべきことなのです。

魂の質や今世に生きている目的や現段階の波動などといったことは、個々それぞれが違った状態にあるわけですから、現段階での状況や必要な事柄などは違ってくるわけです。だから、他の人には素晴らしく波動を上げるために必要な事柄であったとしても、それが自分に合うことなのかどうかはわからないことなのです。

別にスピリチュアルな状態が見えたり分かったりすることが必要ないとはいっていません。人それぞれの状態によって違うから比較をする必要がないということがいいたいのです。このようなことは個々の魂の今世に転生してきた目的や魂の質によっても違ってきますが、今という時点での「タイミング」や「必要性」や「波動」が大きくからんでくるものなのです。

もちろんスピリチュアルな知識を得ることも大切なことです。特に今の世はアセンション直前の世ですから、スピリチュアルな知識は必要不可欠なものとなります。

また、本や講座やワークやインターネットや人やマスコミから伝えられる情報などから、自分がわくわくすることを見つけたら、思考や意識や行動において実行することもとても大切であり必要なこととなります。わくわく感に従って状況が許す限りは、どんどん実行すべきことでもあります。

そんな中で、魂を向上させていくためにはより意識してほしいことであり大切なことがあります。それは「調和」です。

今、私たちはこうして物質である肉体をまとった状態で3次元の地球に存在しているわけですから、3次元の世なりの調和が必要になりますし、とても重要なものでもあります。

この調和とは「精神」と「肉体」との調和ということです。
そして、最も重要なことは「スピリチュアルなこと」と「物質的なこと」との調和であり、「理想」と「現実」の調和ということになります。

肉体的にはある程度健康な状態を保っていると自覚していて瞑想や修行などによって精神的に高まってきていると自負しているのに、怒りや不安などの低い波動の情緒が湧き上がってきたために道理にかなっていない行動を何度も起こしてしまっていて反省して改善しないようでは、全体的な波動を高めることも魂の向上もあまり期待できません。理想ばかり高くて目の前のことを解決せずに逃げてしまったり、人や世の中に強く依存しすぎて責任転嫁をしまっていたりしても同様です。肉体的な健康のために運動や食品などをこだわったとしても、不安や怒りなどのネガティブな情緒を多く表出してしまうことも同様です。お祈りをしたり修業したりヒーリングをしたりすることを習慣にしていたとしても、実生活では基本的な生活習慣が乱れていたり、人との不調和を起こすことが多かったり、スピリチュアルなことを特別なこととか別物だとかと考えていて実生活にあまり取り入れて活用していなかったり、スピリチュアルなワークをしていることをむやみに他人に自慢するようなエゴを発したりしていても同様です。

「精神」と「肉体」をいかにバランスよく高めていき、高い波動の意識や行動を身につけるかということがた大切になります。そして、そのような高い波動の意識を維持することや行動することを習慣として身につけることがとても大切なこととなります。

また、「理想」は高く持ちつつも、常に目の前の「現実」も直視して今を大切にして自己責任を強く持ちながら調和に励むことや、「スピリチュアルなこと」をすべての根本として捉えて、3次元の世では重要なことでもある「物質的なこと」を多分に含んだ実生活に生かすようにすることを、意識して行動して習慣にすることも、とても大切なことになります。

その際に、人と比べる必要はありません。増してや、人が作り上げた基準と比較したり人からの評価を求めて優劣をつけてもらったりするようなものでもありません。人それぞれが違うのです。宇宙の法であり神であるすべての根本である「愛」が大きく純粋な動機から発した道理に適っている行動であるのかどうかということだけを確認して、あとは自分自身がわくわくしながら行っているのであれば、それだけで良いのです。

スピリチュアルな知識も行動も、自分の肉体や心や周囲の人や物事との不調和を生じてしまったり、自分の実生活の中においてそれなりに無理をしてまでも意識したり行ったりする必要はありません。

どれだけ実生活の中に無理なく取り入れられるか、そして習慣にできるか、そして最も重要なのが、どれだけ今の世と人と自分の魂と地球と宇宙との間で調和することができているのかということです。

反省しながら修正しながら、より自然な状態で、よりわくわく感を得ながら、より普通の実生活を送りながらスピリチュアルなことをより多く取り入れるようにするだけで、今の地球に降り注ぐ膨大な量の高次の宇宙エネルギーや地球自体の高次のエネルギーなどによって、たとえ3次元的な感覚や状況としての自覚があまり得られなかったとしても、無理なく心身ともに個々の状況に合わせて順調に、アセンションに向けて波動が高まり向上していくはずです。

スピリチュアル
 | HOME |