08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

波動をより高く保つために

2008年09月30日
あの優しいまなざしを思い出してごらんなさい。すべてを包み込むような愛おしいまなざしには、なにひとつかげりがなく、澄みきっていて、奥深くまで吸い込まれるような感覚になったことでしょう。目にはその人のすべてのオーラが映し出されています。つまり、その人の魂の歴史の全てが、目を見ると読み取ることができるのです。もちろん今の魂の状態も、目に全てが凝縮して表れているのです。あなたがこれまでに出会った方の中で、こんなふうに思いだすことができる優しく愛おしいまなざしはいくつあったでしょうか。そしてあなたは、そんなまなざしで何人の人を見つめることができたでしょうか。

あなたの持つ波動は表現を変えれば音の振動なのです。波動が高まるにつれてこの音の振動はより繊細になっていき、やわらかく美しい音を発します。また、波動が低くなるにつれて振動がより大きく荒くなっていき、激しくゆさぶるような鈍い大きな音を発します。

もしもあなたが、あなたよりも極端に低い波動の人と接した場合には、その人と波動を合わせる(近くに寄る・会話をする・目線を合わせるなど)ことにより、あなたの波動である振動はより大きく揺さぶられて、鈍い大きな音を不快に感じます。これは、波動の低い場所に入ったり物質に触れたりテレビやパソコンなどの画面を見たりした場合も、同様の現象が起こります。また、波動はオーラともエネルギーフィールドとも表現を置き換えることができますので、あなたの周囲や発しているエネルギーが荒らされてしまうことになるのです。

肉体を持った人間は、魂が肉体によって保護されているために、たとえ極端に低い波動の影響を受けても、魂自体が瞬時に直接的な影響を受けることはありません。しかし、あなたの波動は直接的に影響を受けますし、それが肉体や心の不調和を生じることもあるのです。

低い波動の影響を強く受けてしまった時、肉体レベルに生じてしまう不調和の状況は人それぞれではありますが、ある程度まとめることができます。最も多いのが頭部に違和感として表れることです。軽い痛み、じわじわくる感覚、ズキンと刺されるような痛み、ゴツンとたたかれたような痛み、ヘルメットをかぶされたような圧迫感、後頭部の痛みやうずくような感じなどです。脳に近いために、もっとも敏感に感じるのが頭部なのです。他には、胸部や腹部の違和感が生じる場合もあります。息苦しくなる、腹痛がする、普段よりも尿意や便意を多くもよおす、気分が悪くなり吐き気がするなどです。また、のどがいがいがしたり痰が出始めたり咳が出たりする場合もあります。それ以外にもいろいろとありますが、もともと肉体的に弱い部分がネガティブな状態になる場合が次に多い症状です。例えば膝の状態が良くない人が急に強く膝が痛みだすような状況が生じるということがそうです。

心の不調和としては、気がめいる・だるい・気が重い・その場から離れたい・楽しめない・不安や心配や怒りなどの感情が強くなるなどといった、ネガティブな情緒が湧きだしたり気持ちが前向きにならなくなったりすることを実感します。

上記の症状は、あくまでも波動の差が大きい場合に発することですので、何も感じないから何も影響を受けていないということではありません。瞬時には何も感じていなかったとしても、自分の波動が低い波動の影響を受け続けて、少しずつ徐々に荒れてしまった場合には、その場では気づかなくても、少し後になってから肉体的な不調和を感じる場合もあります。

逆に、自分の波動よりとても高い人の波動に触れた時や高い波動の場に居続けたり高い波動を発する物に触れたりした時には、上記の状態の逆の状況になります。つまり、相手のより微細な波動の影響を受けて、あなたの波動もより微細になっていくのです。ですから、肉体的に不調和な部分があった場合にはより調和されていきますし、精神的にもより穏やかでポジティブな状態になっていきます。つまり、波動の高い人の近くにいるだけでも、その人の持つ波動(オーラ・エネルギー)によって、低い波動の人は癒されるのです。波動を高めることができるのです。(*注…ただし、自分よりも極端に波動が高すぎる存在やエネルギーに触れた場合には、上記と同様の肉体的や精神的な不調和が生じることもあります。)

肉体を持った人間は、肉体が防御しているために、波動がこれほどまでに大きく違う人同士が同じ場所で存在することができています。しかし、高次元の世は波動の高さによって、ある程度の範囲内で区切られているために、あなた方の3次元の世のように、天使と魔が同居することは決してあり得ないのです。

3次元の世に住むあなた方は、肉体によって防御されている反面、このような波動を感じる力が鈍くなっています。これは、必然的ではありますが、3次元的肉体を持っていても、意識を少し変えるだけで、肉体的にもエネルギー的にもこのような波動の違いをより強く感じることはできるのです。

肉体レベルでも精神レベルでも、上記に挙げた様な不調和は、波動の違いからくるもの以外にも、ウィルスに感染した場合や邪気邪念を多く受けた場合や体に合わない飲食をした場合や情緒が思い切りネガティブになってしまった場合など、肉体の不調和という肉体が表現してくれた顕在意識への気づきのための信号は、様々な要因が考えられます。そんな中でも、直観的に「この人の低い波動の影響かな」とか「この場所は良くない場所かな」などと感じた場合には、その直感を信じて、相手と波動を合わせないようにするとかその場所から離れるとかといった防御策をとるとネガティブに感じたり肉体的に不調和を生じたりした状況が改善されるばあいがあります。こういったときには間違いなく、自分の波動が自分よりも低い波動からの影響を受けていたということになります。

意識を変えるとは、この直感を信じることもそうですし、自分自身の体に聞いてみることもそうですが、最も大切なのはエネルギーレベルがどうであったかという視点で捉えることです。

そのためには、人と接する際に最も重要となるのは、相手の目を見ることです。そして、直観やインスピレーションによって感じるようにするのです。目を見て瞬時に感じることもあるでしょうし、より長い間目線を合わせていくうちに感じる場合もあるでしょう。いずれにしても、相手の目をより強く意識してみると良いです。相手の表情や言葉遣いや話の内容は参考程度にして、目を見て感じるようにするのです。だからといって、顕在意識において見極めるとか低いか高いかを評価するのともニュアンスは違っていて、直観やインスピレーションから読み取るのです。そして、その人と波動を合わせることが自分にとっては苦痛であるとか有害であるとかと感じ取った場合には、できる限り波動を合わせる時間を少なくするために、より必要な時間のみをともに過ごすように配慮するとか、ネガティブな感情が生じた場合にはポジティブに変換したり相手がネガティブな感情を発したときには感情レベルの波動を合わせないようにしたりして、愛を強く持って慈悲慈愛の気持ちを保つようにすることが必要になります。。(*注…愛を大きく持って自分の波動を高く保つようにすることを意識することによって、自分の波動の状態をより強い状態の波動にすることができるので、相手の波動の影響を極力受けないように自分の波動を保ち続けることができるようになります。)

場所や物の場合は、第一インスピレーションが大切になります。その場に入った瞬間の感覚。物に触れた瞬間の感覚。そういったものがもっとも大切なことであり、より真実に近い状況を感じているはずです。その後に、思考や過去の経験やデーターや他の人の意見などを混ぜてしまった場合には、判断が違ってしまう場合が多くなるでしょう。多くの人が、第一インスピレーションをいつのまにか固定観念や思考によって、違うものに変換してしまう習慣がまだ身についてしまっているようです。もし、第一インスピレーションによってネガティブな感覚を生じた時、できるだけその場にいる時間を短くするとか、物に触れている場合は早く手放すとか、そういった対処をすることが必要になります。

ここまで述べてきたのは、波動に関しての一部の内容でありますし、あくまでも波動の違いが大きい場合のいくつかの事例でもあります。今回の内容で参考にしていただきたいのは、このように波動の状態が肉体的にも精神的にも、人の健康に対しても実際はそれなりの大きさで関わっているということと、そのような視点で捉えることによって、より健康な心身の状態を保つために役立つということです。そして、最も重要なことは、自分の波動が他の人や物や場所などのエネルギーからも強い影響を受けていることをより意識し、波動をできるだけ高い状態で保ちつつ低い状態にならないように努めるということです。

ますます地球にそそがれる宇宙エネルギーは増え続けています。もし、エネルギーを数値で捉えることができたのなら、毎日何倍もの量で増え続けていることがわかるでしょう。そのくらい、極端に増えていることを意識してください。そして、このエネルギーはポジティブなものもネガティブなものも両方のエネルギーが含まれています。ですから、波動が高い人や物や場などはどんどん高まり、波動の低いものはどんどん低くなってきている状態が続いています。ですから、以前にも増して波動の2極化が進み、アセンションできるものと3次元の世の旅を続けるものとの、さらにその波動の高低差が開いてきているのです。もちろん、今の時点で波動が低くてもその人の意識や行動次第では、いくらでもすぐに波動を高めることができますし、逆にどんなに波動の高い人でも瞬時に波動が下がる危険性もあるのです。魔がさすこともあるのです。

自分の波動の状態を大切にしてください。そして、より波動を高く保つことによって、一人でも多くの人の波動も高められるように努めてください。それには、このような視点ややり方によって、波動をより意識的に高めることも一つの手段として必要になってきているのです。
スポンサーサイト
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

~ 願い ~

2008年09月29日
あなた方地球人類よりも、先の文明を歩む私たち宇宙の高次元に存在するあなた方の同志たちや、地球人類として過去に存在しつつも、地球表面を離れて天界に存在するスピリットである同志たちは、いずれにしても同じ宇宙に存在する同志であり、宇宙の神の一部として同じ目的を持つもの同士として、分け隔たりもない同じ仲間であり兄弟姉妹であると認識していただくのが、最も望ましい状態であると私たちは思っています。

そしてもちろん、今の時点では3次元の世である地球表面上に地球人類として肉体を持って存在するあなた方も、肉体があるか否かだとかどの次元に位置しているのかとかどの惑星を起点としているのかなどの条件はまったく関係なく、意識体でありエネルギー体である魂という存在として存在している以上は、やはり何も変わりのない仲間であり兄弟姉妹であり同じ神の一部でもあります。

私たち宇宙の神の一部として存在しているもの同士は、すべてがつながっています。ですから、私はあなたであり、あなたは私でもあるのです。しかし、つながってはいても、個性を持ち合わせるために、無理にお互いを制限し合ったり行動や意識を同じにしたりする必要はありません。宇宙の神は、私たちすべての個々に対して、自由意志と自己責任を与えてくださっているのです。自己責任を持って自由に自らの意志により、個々が成長する道のすべてを選択することができるのです。

3次元の世に存在している多くの人は、この自由意志を与えられていることを忘れかけている人が多いのは事実であります。そして、3次元の世の地球に輪廻転生を繰り返して行くうちに、自由よりも束縛や制限や規制といったネガティブな状態を心地よく感じたり、個性はあれども一斉に在ることを心強く思ったり、人や物に依存することによって自己責任を軽くすることを望んだりするといった、宇宙の神が与えてくださったポジティブな状態を返上して、あえて自らの選択によってネガティブな状態を歩んでいる状態が、まだまだ地球表面上に住むあなた方地球人類の多くの人が継続しているのが事実です。

あなた方よりも先の文明を歩む私たち宇宙存在は、宇宙の神により与えられている自由意志も自己責任も、基本的なこととしてしっかりと意識して存在しています。同時に宇宙の絶対的に普遍な法則であるカルマの法則や波動の法則などといった宇宙の法則も、最も基本的でありかつ絶対的であることとして意識しつつ存在しています。3次元の世に存在するあなた方と4次元以上の高次元に存在する私たちとの違いを強いてあげるならば、ここにあげた自由意思の尊重と自己責任の強さ、そして宇宙の法則への信頼、宇宙の神への信頼といったことが、あなた方地球人類よりは大きいということが真実であります。

私たちは人が人を裁きません。カルマの法則に従って自己の責任としてすべてを清算するのです。相手に対して無理やり指示を出したり思考や行動に対しての干渉をしたりしません。個性を重んじ自由意志と自己責任の意識を尊重するのです。あなた方の文明よりもはるかに優れている高次元に存在するものたちの宇宙の文明を築きあげてきた背景には、これらの基本的なことが、ごくあたりまえのこととしてすべての存在が周知していて実行しているのです。

ここまであげてきた内容の中で、全ての基本となっていることが愛であります。宇宙の神は愛です。その一部であるすべての存在も、愛によりつながっているのです。愛が広く深くあればすべてが調和されるのです。すべてがひとつであることを実感できるのです。

あなた方の中には、トランス状態によるチャネリングによって、高次元の存在と深い領域においてつながることにより、メッセージや知恵を言葉や知識として降ろしている存在があることを、あなた方はすでにご存じのことでしょう。このようなチャネラーのほとんどは、地球人として転生するよりも前の状態の時に、高次元の存在との間での約束が交わされていてお互いに承諾しており、それを実行しているだけなのです。このようなトランス状態でチャネリングを行っている際には、そのチャネラーの地球上での波動とか意識とかとはほとんど関係なく、人として存在するための肉体の機能のすべてを高次元の存在に預けるために、特に何か特別な努力を必要とはしない場合が多いのです。

しかし、顕在意識がしっかりとしていて自由意志も自己責任も持ち合わせながら行うチャネリングの場合は、多くの場合が3次元に存在する人間としての波動がそれなりに高い状態まで到達することにより、自らの使命を思い出したり魂の波動に近づいてきたためにスピリチュアルな意識が開花したりすることによって、自己の意識と高次元の存在とのコンタクトをすることによって得た知識やメッセージなどを、より顕在意識の中で明確に振り分ける作業ができる状態にまで至った者は得ることができるのです。

つまり、意識的かつ自らの自由意志や自己責任を含めての統合した状態で行うチャネリングは、波動が高まることにより、自己の魂をより強く信頼することにより、高次元の存在自体をより強く信頼することにより、自己の高い波動の魂の位置に近づけば近づくほど、そして宇宙の存在全てがひとつであることをより信頼できるような宇宙意識が目覚めれば目覚めるほど、自らの意識の変容によって、だれでも実行することができるようになれるのです。

そもそも、これまでに述べてきたように、あなた方も私たちもすべての宇宙の神の一部である存在はひとつにつながっているのです。ですから、あなたの意識は宇宙の神の意識でもあり、あなたの意識は私たちにも影響を与えるのです。そして、違う捉え方をすれば、私たちの意識をあなた方が知ることができますし参考にして生かすこともできるのです。あなた方の意識は私たちの意識とは常に一体であり、影響し合っているのです。

あなた方が時々感じるポジティブな意味を持つ自己の意識を超えた所からくる直感・インスピレーション・イメージ・創造的なことなどについての多くは、高次元の存在からの贈り物であります。高次元に存在する者は、愛が大きくとても謙虚であります。ですから、さりげなく授けるためにあなた方はまるで自分の意識の中から湧き上がったような感覚になる場合が多いことでしょう。しかし、真実は高次元の意識とつながっているために与えられているのです。ただし、高次元の存在からより多く贈り物をいただくには、意識の波動が高いことが条件のひとつになります。つまり、波動の法則が働くのです。逆に、意識の波動が低すぎると、同様に低い波動のスピリットとつながってしまい、さらに波動を下げてしまうような贈り物が届いてしまうのです。あなた方の中には、このサニワが難しいと感じている方がおりますが、自分の波動を感じることができればとても簡単なことなのです。つまり、伝えてくれるスピリットの波動を意識するのではなくて、自らの波動がどのような状態であるかを意識すれば容易にわかるのです。

今、地球にはこれだけ多くの高次元の存在が、まるで群がるように意識を集めています。ですから、以前のような特別な意識をあなた方が持ちあわさなくても、少しでも波動が高い位置にあり、少しでも私たちを信頼して意識するだけで、私たちからの贈り物が何であるのかを、顕在意識において捉える事が出来るのです。ただし、どこまでが贈り物でありどこまでが自己の意識なのかということを判断するためには、自己への信頼度の高さとか波動の高さとか贈り物の使い道の目的とかといったものもからんでくるために、その仕分け作業が難しい場合が多々あります。

実際に、今世に地球上へと転生してきた魂の大きな目的が高次元からのメッセージを世の多くの人々に伝えるということであることが認識できている人も、意識の波動が高まったために宇宙意識が大きく目覚めることによってチャネリングを意識的にできるようになった人も、個人的にコンタクトしてくれた場合には、どの次元のどこに存在しているのかを教えていただいたり、名前がある場合は名前を教えていただいたりすることによって、さらなる確信を持てる場合があります。しかし、地球全体に対して、あなた方の世でいうラジオやテレビの電波のように送られているメッセージを得る場合には、存在自体が何であるかが明確にわからない場合が多く出てきます。いずれにしても、必要である情報であることには変わりないので、どちらとも受け取ることができたメッセージは、あなたにとってはもっとも重要なものであるのです。

結果的には波動や目的などの状況による個々の必要に応じて、高次元の存在が合わせてくれるのです。ですから、顕在意識においてはっきりとしたチャネリングがしたいとか、高次元の相手を選択して波動を合わせてチャネリングをしたいとかと人が思っても、エゴが強かったり意識の波動の段階が違っていたり個の目的に即していなかったりしている場合には、3次元の人の顕在意識の望んだ通りに物事が進まない場合が多々あります。つまり、これも波動の法則でありカルマの法則であり引き寄せの法則であり、そういった宇宙の基本的な法則が働き、必要や領域の範囲内において調和されるのです。



今、アセンションに向けて順調に歩み続けている敬愛なるあなた方は、常に高次元の宇宙の意識とは密につながっている状態であります。そして、高次元の意識は、あなた方の必要に応じて、順次知恵を授けているのです。そこには、あなたの意識であるのか、他の意識によるものなのかの区別は随時必要なわけではありません。もし、その区別が必要であれば、あなた方個々の必要に応じて知らされることでしょう。しかし、基本的には宇宙の意識はひとつであるわけですから、ほとんどの場合は自己の意識として捉えることは必然でもあります。

あなた方の地球上におけるより具体的な道のりや出会いなどといった身近なことは、主にあなた方のガイドスピリットがあなた方の必要に応じて導いてくれているのです。ですから、あなた方は自分の歩んでいる道にある毎瞬訪れる選択肢の中で、よりポジティブなことを選択し続けることのみを意識し続けてください。そして、あなた方のガイドスピリットの存在と愛の高い波動を信頼してください。そして、宇宙の神を信頼してください。たくさんの高次元の存在があなた方を護り導いてくれているのです。そして何よりも、あなた方個々の魂を絶対的に信頼してより多くの真実の愛をめぐらせるために歩み続ける事のみを意識してください。それがすべての高次元の存在の願いであり宇宙の神の願いでもあります。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

秋のひととき

2008年09月29日
1,2週間ほど前から、我が家の近くのあちらこちらで彼岸花が咲き乱れています。アマンダ(次女小2仮名)もデンプ(3女5歳仮名)も彼岸花が大好きですので、この季節は散歩をしたりドライブをしたりすると、あそこの彼岸花がきれいだとかたくさん咲いているとかといったことが、何度も話題になります。残念ながら我が家の庭にはありませんが、庭の向かいにある用水路沿いや玉前神社周辺にもたくさん咲いているので、とても満足しています。球根を購入すると1個100円ほどするようですが、来年は我が家の庭にも植えたいな~と思いました。

畑の野菜で、今、とてもいい感じなのは、九条ネギの葉ねぎです。とてもやわらかくて、くせのないほのかな香りが心地よいです。ねぎをあまり好んでいない娘3人も、この葉ねぎはおいしいようでして、先日食べた、だまっこ鍋(NHKの子ども番組「からだであそぼ」で紹介されていた秋田の郷土料理をアレンジしました)にたっぷりと葉ネギを入れたのに「おいし~!」と言って食べてくれました。

鍋といえば、今回のだまっこ鍋には肉類を入れませんでした。(鰹だしを使いましたが…)これまでの我が家の鍋には必ず動物の肉か魚介類は入れていたのですが、初めてのことでした。ここ数か月は、あれだけ好きだった魚の生ものも食べる気にならず、最近は焼き魚も受け付けなくなってきました。まったく肉を食べていないわけではないのですが、家族全員が確実に肉食をすることに対して、自然と徐々に遠ざかっている状態が続いています。少しずつ肉食が減っているし、食べることを我慢をしたことはありませんが、肉食が減ったと感じ始めた1年半ほど前の状況を振り返ってみると、信じられないほど食事が変化していることに気づきます。でも、時々テレビ番組でステーキを食べているシーンを見るとおいしそ~と思って食べたくなることもありますし、海を見るたびに大好きだった海釣りをまたやりたいと思っている自分に気づきますが、自分が動物の肉を調理したり食べたりするシーンをイメージしただけで食欲はなくなりますし、魚を釣ることによって命を奪ってしまう…と思うだけで釣りをする気持ちが失せてしまいます。肉好き刺身好きで一番の趣味が海釣りだった私が、ほんの1年やそこいらでまさか「だった」と過去形で表現するに至るとは、本当におもしろいな~と思っています。

今日は朝から小雨がしとしとと降り続き、娘たちが薄手の長袖の服を着て登校するような涼しさになりました。夏の暑さを乗り越えて、今が自分たちの季節であることに喜びを感じているように咲き乱れているコスモスや彼岸花などの秋の草花の可憐さを、我が家のリビングから見ることができます。そして、新緑の季節とは一味違った、秋の植物の葉の緑の濃さと花の美しさとが混ざり合い、素晴らしい調和がなされていて、美しく深みのある素敵な彩りを醸し出しています。こんな素敵な風景を見ていたら、今、自分がここに存在していること自体が、なんだかとても幸せだなことなんだな~と、またあらためて実感している次第です。
日記

視野を広げること

2008年09月25日
仰向けに寝転んで空全体を見上げると、空がとても大きくて広く感じます。それは、あなたの視野を空の色が大部分を占めたために、空がもっともクローズアップされたことからそう感じるだけです。空の大きさは変わっていません。あなたの視野の問題だけなのです。

小さな蟻を注意深く観察していると、蟻の動きがよくわかります。こんなに小さくても、とても活発に動きまわっていることがわかります。でも、あなたは蟻自体やその近辺はよく見ることはできますが、蟻を観察している最中には、視野がとても狭くなります。

あなたの周囲を見渡してみると、人がいたり家が建っていたり木々や山々が見えたりと、たくさんの物質を目で見て認識することができます。あなたにとって、あなた自身のことも周囲の状況についても認識するためには、この目という物質はとても重要な役割を担っています。

でも、私のような霊的存在には、目という物質はありません。それでも、あなたのこともあなたの周囲のことも地球全体のことも見ることができるのです。しっかりと認識することもできるのです。

人として魂が物質に閉じこもった時、最初に不便に感じることは視野の狭さに関してです。魂の存在の時には、360度どこでも見ることができたし時空を超えて現在も過去も未来も認識していたし地球上も宇宙もずっと広い範囲にわたって認識することもできたのです。

人が目で見ている範囲は、とても限られています。そして、人は地球上で暮らしているうちに、本来は持ち合わせていた時空を超えるほどの視野の広さを、徐々に徐々に狭めていき、多くの人が現在のように目で見える物に限定してしまったのです。

でも、やっと最近になって、人の視野はどんどん広がってきています。それは、目で見える範囲だけではなくて、心の目で見るとかイメージの目で見るとか右脳で感じるような霊眼で見るとか、とにかくいろいろな目を使って見ようとするために、スピリチュアルな認識を広げることによって開花してきているのです。

目で見えるものではなくても本当は見えているのです。耳から聞こえていなくても、本当は聞こえているのです。花から伝わらなくても、たくさんの匂いが存在していることがわかっているのです。舌で物質として味わわなくてもエネルギーの味も感じとってわかっているのです。手などの肉体を使って触れなくてもスピリチュアルな存在がいることを本当は感じ取ってわかっているのです。

ここで表現した「本当は」とは、人の魂とか潜在意識と顕在意識との間にあるもので、本来は人として肉体に宿っていても、十分に生かして認識することができる意識のことを指します。つまり、顕在意識のほんの少し奥に隠れている意識において、本当はわかっていることなのです。

私は何度も地球において輪廻転生を繰り返してきましたが、今は天界からあなたを見守っています「やこのひこ」と申します。すでに一度あなたにはしっかりとした形で認識していただいたことがありますので、すぐにおわかりいただいたことでしょう。

あなたもあなたの言葉を通して認識してくれる皆さんも、どうかあなたの視野をもっと広げるように努めてください。もともと持ち合わせている視野の範囲に戻すだけのことですから、そんなに難しいことではありません。人としての転生を繰り返しているうちに、徐々に制限していき意識の奥にしまいこんでしまっただけのことなのです。

あなたがよくテーマにしている信頼という高い波動が、ここでも重要なことになります。より多くの人がもともと人としてのDNAとして今よりもずっと広い視野を落ち合わせている事実を信頼し、もとに戻すように意識さえすれば、一気に戻ることはなくても、その人の信頼度や波動や必要に応じて、より広い視野において世の中を見渡すことができるようになるのです。



*ここまで使ってきた「視野」という言葉は、物質的な視野に関してはもちろんのこと、人という形で3次元の物質世界に存在する者以上に多く存在する様々なスピリットたちに関してや、あらゆるエネルギーに関しても、神も仏も、・・・つまり、人として3次元の世では目に見えないとか感じ取りにくいとかといった存在や状態や物事の根源をすべて含んだものを「みる」ことや「わかる」こととしての意味も含めた広い範囲の言葉として捉えるようにしてみてください。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

宇宙存在をはっきりと認識できるとき

2008年09月24日
あなたはこれまでに何度も私たちに会い、話をして、私たちの姿形も知り、宇宙の法則とは何かも知ることができているわけですが、やはりあなたの3次元の存在としての肉眼で私たちを認識しないと、どうにも完全に信頼していただくことは難しいことだと悟ってきました。ですから、私たちはもうすぐ先にあなたの目の前に肉眼で確認できるような状態で現れる予定でいます。

今でもあなたは私たち宇宙存在を探して、気配を感じるたびに霊眼を開いておられますが、やはりそのように感じるところまでが今の必要なことでもありますし、それだけで十分であるとも思われているのも知っています。でも、先ほど申しましたとおり、完全に100%信じていただくには、3次元の世での表現方法があるわけですから、そろそろ私たちもそれに従い、あなた方の波動の状態でも肉眼で見えて声帯を使って話をできるようにする必要があるようです。

こうして私たちとつながってメッセージを書き降ろしてくださっているあなたでさえ、肉眼で私たちを見て認識するまでは完全に信頼してもらえないわけですから、存在を感じたりイメージの目で知ることができなかったりしていて、写真や言葉などの他のものからの情報によるものだけで私たち宇宙存在を認識している地球人は、宇宙存在に対する信頼や認識が薄い人が多いことくらいは、十分に承知しています。

これまで私たちがあなた方の中でも、多かれ少なかれスピリチュアルな目覚めの最中である皆さんに対しては、宇宙の存在も天界のスピリットなどといった肉眼では見ることが難しい高次元の存在に対しては、その存在自体やどのような正体であるのかをたとえ強く信頼していなかったとしても、あなた方に送るメッセージの内容さえ理解し信頼しより多く実生活に生かしてくれさえしてくれれば、それだけでも私たちの最低限の願いが通じ、仕事としての目的を果たすことができたと感じ喜ぶべきことでした。

しかし、今のこの時期に至ったこの時点においては、もはやそれだけでは次のステップに進めない状況までアセンションは近づき地球全体の波動は高まってきたわけですから、このようなメッセージを降ろす私たちの存在とは具体的にどのような存在なのかを十分に知ることも大切であり必要でもあることとして加わりました。

目覚めが進んでいる方の中には、すでに高次元の多くの存在に対しての大まかな状況をある程度の知識として持つことができている方や、知識として得たいと求めている方がどんどん増えてきています。それでもやはり、まだまだ私たちと3次元の世に肉体を持っているあなた方地球人類とでは、感覚的な領域における範囲が五感に頼っている今の状況では、この波動の違いから、十分に認知するのは難しい状況であることは再三述べている通りです。

目覚めが進んできている地球人類がここまで多くなるに至った今、私たち宇宙の存在をもはや敵としてとかいかがわしい物体としてとかではなくて、あなた方地球人類の味方であり仲間であり愛でつながっている者同士であるということを少しでも認識して信頼している方が、人数も意識による波動の高さも、私たちが存在をはっきりと示すことができる臨界点にまで達したのです。

もし、これまで以前に、宇宙存在が公の場で姿を現しても、地球人類全体的な波動を下げてしまい、私たちの存在を信頼すること自体がアセンションを不可能にするほどの事態に至ることが簡単に予測できていました。しかし、今の時点では、私たちの存在を認識して信頼することにより地球人類全体の波動が上がり、アセンション完了のときをよりスムーズに迎えることができる状態にまで達したのです。

私たち宇宙存在は、いつもあなた方に対して愛を向けて応援し続けていました。地球に人類が存在していた当初からのことでもありますし、そもそも地球人類の祖先も実際は宇宙存在なのです。つまり、あなた方もおおもとをたどれば、すべての人の魂が地球以外の宇宙の存在であったという事実に至るのです。今のあなた方の記憶にはほとんど残っていないと認識しているでしょうが、あなた方の魂自体は、すべての魂の歴史を記憶しているのです。

まるで切り離されたような状態になってしまっている3次元の地球人類の顕在意識と、私たち宇宙存在の意識との間の溝が、間もなく埋まって元の状態に戻る時が来るのです。あなた方の愛と私たちの愛が、あたりまえのように通じ合って同じ宇宙ファミリーとして存在するための大きなステップアップの時が間もなくやってくるのです。

私たち宇宙存在が姿を現す時点では、あなた方の魔の勢力もさらに衰え、私たちの同胞が核やミサイルなどによる攻撃が決して行使されないように要所へ配備されているので、私たちもあなた方地球人類も、この宇宙と地球の友好のための大きなかけ橋となる一大イベントを、より安心して楽しめるように体制は整いつつあります。

毎日のように夜空を見上げることはしなくても大丈夫です。見るべき人には見えるときがわかります。また、実際に見ることができなくても、テレビやインターネットの情報などで見ることができます。ですから、待ち望んでいただけることはとても嬉しいことでありわくわくすることによって波動が高まることなので素敵なことなのですが、待ちわびて時がたつにつれて信頼が薄らいだり疲労してしまったりして波動を下げてしまっては残念です。大丈夫ですから。必ずあなたの必要に応じて私たちを認識できるように宇宙は配慮していますから。

宇宙の完全な計画の下、準備は着々と進んでいます。あなたがた地球人類の意識による波動の状態次第で、その時がきたら実行する予定です。大いに楽しみにしていてください。

あなた方が先のメッセージにおいてすでに認識しているハトンの同胞である宇宙存在により、あなた方に深い敬意と愛情をもって、このメッセージを送りました。ありがとうございました。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

彼らを救済する方法 

2008年09月22日
まるで小魚が天敵から身を守るために集結して群れているように、今、地球上に存在する魔や未成仏霊といったおもいきり低い波動の存在や、多くの低い波動が占めている場所が、限定されて寄り集まっているような状態になってきています。でも、実際は、群れをなすとか身を守るとかといった意味合いではなく、居場所が限定されているというのが事実です。

まだ地球表面上にはそれなりの量のネガティブなエネルギーが存在していてポジティブなエネルギーの波動も最近のように極端に高い波動ではなかった少し前までの状態では、未成仏霊が浮遊霊や地縛霊となってあちらこちらに存在していました。しかし、ナノセカンドの最終段階に入った頃から、極端にポジティブなエネルギーの威力が増したために、世の中のあらゆる場所に存在することができなくなり、多くの魔や未成仏霊は地球上から離れていったのです。

その反面、ネガティブなエネルギーも今もなおたくさん存在しているのですが、その場所が限定されてきているのです。ネガティブなエネルギーの集まる場所には、いくつかの特徴があります。それは、風通しの悪い「気(エネルギー)の滞っている場所」太陽や月の光の届きにくい「暗い場所」人が嫌がるような「異臭を発している場所」「湿気の多い場所」などですが、そこに必要不可欠なのが「人が発するネガティブなエネルギー」も加わることです。(他には磁場の乱れている場所や人のカルマの状況などが要因である場合もあります。)

人が発するネガティブなエネルギーは、もっとも未成仏霊や魔が好むエネルギーです。人の発するエネルギーは、ポジティブな物もネガティブなものも、とても強い力を発しています。ですから、たとえ上記のような物質的な環境ではなかったとしても、ネガティブなエネルギーの強い人の周囲やその人の内部には、未成仏霊や魔が存在していることもあります。つまりこれが憑依です。人が発するネガティブなエネルギーに護られて存在しているために、さらにネガティブなエネルギーを発するように住みかとした人の波動を落としていきます。もちろん、人の波動が高まれば存在できなくなるのですが、最近多く起きている人の行為としては悲惨すぎる事件の背景には、このような実態が要因となっていることも少なくはありません。

ですから、例えば人の踏み入らないような場所の洞窟とかジャングルの密林とか、そういった物質的な条件が満たす場所であっても、地球本体のポジティブなエネルギーが優るために、ネガティブなエネルギーがたまって未成仏霊や魔が引き寄せられることはめったにありません。逆に、ネガティブな波動を強く発する人が存在していたり、廃屋や廃墟などの過去に存在していた低い波動がこびりついて浄化していないような場所で物質的環境の条件がいくつか当てはまるような場所には、魔や未成仏霊が寄り集まるのです。

もし、このような場所が存在していて霊の引き起こす心霊現象をはじめとするネガティブな出来事が起きてしまう場合には、できるだけ風通しを良くして換気するようにし、清掃を頻繁に行って清潔さを保ち、太陽や月の光をできるだけ当たるようにしたり電気をできるだけつけているようにしたりするだけでも、除霊や魔除けの効果は大いに期待できます。そして、そのような環境を整えさえすれば、それだけでも人の波動は大いに高まりますので、あとは少しずつでも波動を高めるように意識さえすれば除霊は簡単に完了する場合もありますし、除霊が完了すればその後は2度とネガティブな存在もエネルギーも戻ってくることはないでしょう。

アセンションすれば魔も未成仏霊も引き寄せてしまうような低い波動の人もエネルギーも、すべてが存在できなくなります。それでも、なお、3次元の世である今の時点では、魔や未成仏霊による最後のあがきは続いています。でも、怖いことはありません。心配に思ったり怖れたりする必要もありません。そういった心を発すると魔や未成仏霊の思うつぼです。

彼らはとてもかわいそうな存在です。慈悲慈愛の心を持って愛の波動を送ってあげましょう。愛によって生じる高い波動により、彼らは浄化して光に変わる場合もありますし、地球以外のネガティブな波動を持つ星に移動することを選択するかもしれません。どちらにしても今の地球上にすがって存在するよりは、より良い状況になるための選択をすることができることになりますので、彼らを救済してあげることができるのです。

*人に入り込んでしまい、人を操るまでに至っている魔や未成仏霊の存在は、このような方法だけで救済するのは難しい場合が多いでしょう。そのような人に対しては、真実と愛の光を与え続けるのみです。必ず光は闇を照らします。今の世界全般にわたって見られる様々な状況でもわかるように、急速に光が増えて闇は消滅しています。それでも、まだそれなりに多くの魔も未成仏霊も残っているので、我々地球人類は、これまでのように愛と真実により自由と平和と統一を実現するように努めることで、アセンションへの道をよりスムーズに歩み続けることが、彼らを救済するために最も必要なこととなります。

*上記の内容は基本的な方法ですが、カルマや磁場などが要因している場合もありますし、いくつかの要因が複雑にからんだような場合もありますので、すべてがこのような単純な問題ではありません。でも、一般的には最も多い状況であると感じています。あとは、これまでにお知らせした真言や言霊の力を利用したりスピリチュアルなエネルギーを取り入れたり水晶等のパワーを取り入れたりするやり方なども合わせて行うことによって、効果が増します。でも、やはり最も重要なのは人の発する波動を高めることです。
スピリチュアル

宇宙の願い

2008年09月22日
止めることを選択するのもあなた次第。何をするのかはあなた自身が最もよく分かっていることなのです。もちろん、何をするのかを決めるのもあなた次第。あなた以外の何かが否定しても制限しても、すべてはあなたにとっては領域外の参考意見であり、あなたのことはあなた自身がすべて自己責任のもとに決定して選択するものです。それが、今、あなたが最も必要としているスピリチュアルな感覚を養ったり知識を得たり技術を得たりするなどの、スピリチュアルな関係のことを受容するための、もっとも重要な要点ということになります。

今、あなた方地球人類の周囲には、数え切れないほどの高次の存在が、まるで重なり合うように何重にも輪を描くように見守っています。あなた方の振動では見ることは難しいのですが、私たちの存在を信頼しながら意識を集中して心を無にしながら感じるようにすれば、それなりにあなた方の意識の中に、私たちの存在するエネルギーや波動などといったものや、あるいはメッセージや愛の思いなど、何かしらの存在している状況を感じ取ることができることでしょう。

あなた方の多くの地球人類のみなさんから今私たちに対して手を差し伸べようとしても、あなた方の振動と私たちの振動との周波数が合わないために、物質的な存在として感じ取ることは難しいでしょう。でも、私たちの波動を落として振動を大きく荒く修正することによって、あなた方に私たちの姿や私たちの乗り物などの物質をお見せすることは可能なのです。言い換えれば、あなた方の波動が上がり私たちと同じような周波数の音を出すような状態になれば、私たちとは、今のあなた方の地球上の物質や人などに接するように、物質的存在として認知し合うことが可能なのです。

あなた方の地球全体がアセンションすると、地球表面に住むもの全ての波動も大きく変化します。つまり、4次元の世である微細な振動である音と調和するために、意識も身体もすべての物質が変化するのです。そして、その変化をすることによって、私たちとの波動があって同じ波動域に達するために、ごく普通に宇宙ファミリー同志として、まるで兄弟姉妹のように仲良く触れ合うことができるようになるのです。

ただし、そのようになるためには、ある波動域を超えるまでにあなた方個々の波動が高まっている必要があるのです。つまり、地球表面全体が4次元の領域に至った時、波動が低く4次元の領域の波動に適応するため準備のできていない者たちは、地球を離れることを選択して、自らが存在できる世に移動する必要があるのです。これはもちろんあなた方の意思でもありますが、宇宙の法則によるものでもあります。波動の法則は絶対です。4次元の世の波動で存在できないような荒い音を発している場合には、存在することが不可能なのです。

4次元の世においても、さらに微細な5次元の世においても、そこには物質が存在します。しかも、今、3次元の世においてあなた方が見たり感じたりしているような物質を同様な感覚を得られますので、硬いとか柔らかいとか色とか香りとかといったことも味わうことができるのです。ただし、いくつもの大きな違いもあります。たとえば、危険を感じるような物質も生物も存在していません。つまりネガティブに感じる物は何も存在していないのです。人の意識も高まるためにネガティブな情緒は存在しませんが、物質自体もその要因となることはありません。肉食の生物や毒虫や悪性のウィルスは存在することができません。危険に感じるような場所も波動域も存在しません。アセンションをした後に、すべてが4次元の世に存在できるもののみが残り変革して存在することができるのです。

4次元の世に残ることができた生物の中には、生態が変わり肉食だった生物が草食になる場合もあります。人ももちろん同様でして、すでに3次元の世でも感じている人が増えているように、肉食をするような必要はなくなり肉食しようとする欲求もまったく表出せず、全ての人が穀物や植物や木の実や果物などを食するように変革するのです。

人の身体自体は、宇宙から与えられる様々な高次の波動のエネルギーを受けながら、4次元の波動域で生活できるように変革します。もちろんあなたの意思でもありますが、ある波動域まで達している魂の肉体は、宇宙に任せていればまるで自動的な感覚で調整されて調和されるのです。

今、こうして世の密度が4次元に移行する直前ではあっても、まだ地球表面上の密度は3次元であるために、意識だけは4次元の世に至っていても、肉体は3次元の密度に適するために波動を下げているのです。そんなアンバランスな状態でもありますから、意識が4次元以上の状態にある人は、そんな状態であることが分かっていない場合に、時によっては体調の不調を感じたり情緒が不安定になってしまったり、愛から発しているのに不安や怒りがこみ上げてしまったりするなどの波動が下がってしまうような状況が生じてしまう場合があります。心当たりのある方は、そのような状態に自分が陥っているものだと意識してみると、ポジティブな状態へと変換することが容易になるはずです。

まばたきをして目を開けたら次の世に変わっていた…あなた方の状況は、そのような感覚であるほんの一瞬のうちに3次元から4次元の世にアセンションします。今、あなたの感じている直線的な時間の感覚では、そのように感じることでしょう。このことをあなた方の経験で例えてみると、ほんの一瞬眠った間に、まるで長い時間眠ったように感じたり、まるで長い時間を経験したような夢を見たり、たくさんの思考をしていたりしたことがあるでしょう。つまり、3次元の世における直線的な時間と無限な時間においての関係は違ってくるということです。そして、今までもあなた方にはパラレルワールドと称されている多次元的な世界も、たくさん平行して存在しているのです。3次元の世は、このパラレルワールドの中でもネガティブな世界の一部が表出しているわけですが、4次元の世はポジティブなもののみの世が表出して、もっとも存在感を感じる現実世界として実感することができるのです。

あなたが4次元の世に移行することができた時、あなたは宇宙とあなたが一体であることを強く実感することができます。そして、地球上に存在しているすべての魂とも一瞬のうちに交信することが可能になるのです。ですから、どの魂が地球以外の世に旅だったのかも同じ密度の地球に残っているのかも、瞬時に知ることができるようになるのです。

3次元の世に存在してカルマを果たし魂の成長をすることを望むものは、すべてが自身の自由意思の選択に従って地球を去ることになります。そして、地球以外の3次元以下の密度の世へと、自らの波動に従って存在を移行するのです。これは、アセンションした瞬間の出来事になる場合もありますし、この先も続くアセンション現象の中において肉体の死を選択することによって移行する者もあります。いずれにしても自分自身の自由意思による選択ではありますが、必ずしも意識上の意思による選択と一致するとは限りません。多くの場合は、3次元的には無意識の領域における自己の魂の意思により選択をした結果となります。

この3次元の世においては無意識の領域である魂の本質や、波動の法則やカルマの法則などの宇宙の法則によるものなどから、この先も4次元の世の地球に存在することを選択するためには、今のあなた方の表層意識において、波動を高めることを選択し続けることが必要なのです。それだけを選択するようにしていれば、何一つ問題なく4次元の世へと肉体も魂もスムーズに移行することができるのです。

私たちの願いは、肉体を持った地球人類として地球とともにアセンションすることを望んでいる、一人でも多くの地球人類が、前世からの願いでもあり、魂の願いでもあることを果たして4次元の世に存在することを選択してくれることです。あなた方の描いている天国といわれる世のような素晴らしい世界に、実際に存在して長い年月を自己の意思によっていつまででも過ごすことができるようになるのです。そして、宇宙のすべてとつながっていることを実感することができるのです。

あなたが今後どの世に存在するのかは、すべてが今後まもなくアセンションするその時までの間に、あなたの自由意思による選択内容にかかっているのです。

スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

今日の午前8時ころから・・・

2008年09月21日
今日の午前8時ころから・・・

これまでには感じたことのないようなたくさんの宇宙のエネルギーが地球全体に与えられています。これは、個人規模とか地域や国の規模とかではなく、地球レベルにおけるものだと感じます。

それに対して地球自体も、たくさんのエネルギーを与えられて急激にこれまで以上に活性化してきています。そんな地のエネルギーも、ものすごい量が放出され始めました。

こんな時期にはポジティブなエネルギーもネガティブなエネルギーも、両方のエネルギーが急激に増します。ですから、両面の世の中のできごとが起こりやすくなります。

また、人体に対する影響が表れる方もいますが、たとえばいつもより体が重く感じる、熱っぽい感じがする、耳鳴りのような音が聞こえる、胃腸の調子がおかしくなる、やたらと眠くなる、頭痛がする、吐き気がするなどの諸症状を感じやすくなります。これは、ポジティブなエネルギーを多く受け取った場合でも、肉体が調和するための作業の途中に起きることですので、最初の頃がピークでして、徐々に治まっていきます。もし、ネガティブなエネルギーを多く受けてしまった場合には、逆にどんどん厳しい状況になってしまうので、それなりに対処する必要があります。

情緒面がいつも以上に大きく揺れ動く人もいるでしょう。つまり、いつもよりも怒りっぽいとかやたらと不安になるとか、やけに清々しいとか楽しい気分になるとか、低い波動も高い波動も、どちらとも生じるような情緒が多く発しやすいです。もし、低い波動が発したと気づいたできるだけ早く気を休めることに努め、高い波動が生じた場合には我を忘れない程度に大いに楽しむことが必要になるでしょう。

物質的現象が何かが起きるのかどうかは、はっきりとはわかりません。それでも、気を静めて無にしながら意識を世界全体に向けてみれば、さまざまな情景や波動の状況が浮かんできます。みなさんも事前に知る必要があることに関しては、予知的な感覚でインスピレーションを受けることができるはずですし、特に必要なければわからないでしょう。

私が、今、ここでみなさんに伝えられることは「なにがあってもすべてはアセンションに向けたポジティブな出来事です。波動を落とさないように努め、物事の根本のみを捉えて、できるだけポジティブに受容するようにしてください。そして、自分自身や地球や宇宙を信頼して、目の前のこと一つ一つを解決することに努め、ネガティブなイメージを持って先を見据え過ぎて波動を落とすようなことなく、ポジティブな未来をイメージしてください。」ということです。


もし、3次元的には何も現象として起こらないようでしたら、そんなふうにタエヌが感じたのだな~くらいに軽く受け流してください。この先、少なくとも48時間以上はそんな感じの状態は続きそうです・・・。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

プチ除霊方法

2008年09月20日
言霊や思念やお題目といったスピリチュアルなエネルギーの力を使っての、一時的なものでもありますが、即効性が期待されて簡単にできる未成仏霊の徐霊や恐怖心の緩和や嫌な感じのする場所の浄化や邪気邪念を祓うなどといった、マイナスのエネルギー体やマイナスエネルギーの浄化や除去する方法を、3つのみですが書き表してみます。

1つめ。最初に目的を唱えます。目的はいくつあっても良いです。(「~に憑いている未成仏霊を徐霊できますように」「私の恐怖心が消えますように」「この場に存在するすべてのマイナスエネルギーが浄化できますように」など。)次に「トホカミエミタメ トホカミエミタメ 祓いたまへ清めたまへ」という言葉を気の済むまで繰り返し唱えます。トホカミエミタメという8文字の言霊は、祓い清める言霊の力の中でも最高峰のエネルギーを発しますので、特に徐霊をする際に、私は必ずこの言霊の力も借りています。(同じ言霊の力を使ったもので、先に日記に書き込んである「先天の三種の大祓」はさらに威力があります。)

2つめ。上記のやり方と同様に、最初に目的を唱えます。次に「私を守護してくださっている神様仏様守護霊様ご先祖様をはじめとするすべてのみなさま。私をより一層お守下さいますようお願いいたします。いつもありがとうございます・ありがとうございます・ありがとうございます・・・」と、最後は「ありがとうございます」だけを気の済むまで繰り返して唱えるようにします。自分以外の人に対してお祈りする際には、「私」の部分を「○○さん」とお相手の名前に変えてください。心をこめてお祈りすれば、守護の皆様からのより強いご加護が受けられます。また、「ありがとう」の5文字の言霊は、最高峰の高い波動のエネルギーを発しますので、低い波動である未成仏霊や恐怖心や邪気邪念の浄化には効果が期待できます。

3つめ。同じく最初に目的を唱えます。次に「南無妙法蓮華経」を気の済むまで繰り返し唱えます。このお題目は、神仏のエネルギーを強く発しますので、徐霊には特に効果的です。ただし、思想や信条などから、お題目を唱えるのはネガティブに感じるようでしたら、やめた方が良いです。

上記3つのやり方の留意点は、上記の言葉をより心をこめてより信頼しながら唱えるようにするだけですが、それだけでも、とても高い波動のエネルギーを発します。実際に私自身の経験によっても効果を実感していますし、何人もの人に伝えたこともありますが、「金縛りが解けた」「暗闇が怖くなくなった」「未成仏霊が部屋に現われなくなった」などのご報告が寄せられました。

唱える際には、言葉に出しても心の中で唱えるだけでもどちらでも良いです。もし、他の人に向けて発する場合には、相手のことを心の中で思いながら唱えれば、通じ合ってつながることができますので、相手に対してエネルギーを送ることができます。また、家の中や部屋の中などの場所に送る場合は、家や部屋などの送りたい場所全体に言葉が響き渡るようなイメージで唱えると良いです。そして、これらの言葉を何かネガティブなことがあった時に唱えても良いですし、何もない普通の時に唱えてもネガティブな状況を未然に防ぐ効果もあります。

たくさんの言霊やアフォーメーションや真言などの、唱えるだけでも波動が上がり除霊や浄化に役立つ言葉は他にもたくさんありますが、この三つの方法が、私にとってはなじみやすい言葉でありパワーを感じているので、今回は代表的なものとして紹介しました。

人の波動を上げるには、このような言葉だけを唱えるとかお祈りをしているだけでは難しいわけでして、実生活での行動や意識や情緒などが大きく関わるわけですが、上記の言葉を補助的なこととして加えるとか、緊急時に唱えることとかも加えることによって、波動を上げるためには役立つでしょうし、結果として除霊や浄化などの効果ももたらされるということにつながる場合があります。

除霊とか浄化とかといった高い波動を用いて低い波動を引き離すとか変化させるとかといったスピリチュアルな力は、波動の法則が大きく関係します。たとえ高い波動のエネルギーを発しても、もし自分自身や相手や場所がその時点で低い波動をたくさん発していたとしたら、焼け石に水のような状態になることもあります。

今回書いたのはあくまでも「プチ(petit)」除霊方法ということですので、その場しのぎのようなものでもありますし、積み重ねれば大きな力になるものでもあります。また、人や場の波動の状態によっても違うので、すぐに効果がある場合もあれば、効果が表れにくい場合もありますが、知識の一つとして得ることにより、もし今後、気が向いた場合には唱えてみることをお勧めします。

スピリチュアル

マシュー君のメッセージ(11)

2008年09月19日
これまでも何度か紹介しています森田玄さんのブログ「玄のリモ農園ダイアリー」に載せていただいたマシュー君からの新しいメッセージの和訳文です。今回も素敵なメッセージを届けてくれたので紹介いたします。マシュー君そして森田玄さんには多大なる感謝の意を表します。

このメッセージを送って来たマシュー・ワード(Matthew Ward)君は、1980年に17歳で亡くなっていて、それ以来、お母さんのチャネリングを通してさまざまなメッセージを送ってきているのです。

マシュー君は太陽系のもっとも高い菩薩界磁場相に存在する意識体で、さらに上なる銀河系磁場からの情報を伝えてくれているようです。



金曜日, 9月 19, 2008
マシュー君のメッセージ(11)

サブプライムローンからはじまって、ファニー・メイとフレディー・マック、メリルリンチ、リーマンブラザーズ、そして一昨日は保険業界最大手のAIGと、つぎつぎとアメリカを代表する金融・証券・保険会社の崩壊がつづき、アメリカ政府がそれらの救済につぎ込んだ国民の税金はなんと90兆円!

いよいよ何も実体がない闇のグローバル金融システムの崩壊が表舞台に出てきた感です。これが日本の金融・証券界を襲うのは時間の問題でしょう。

そんな折り、マシュー君のメッセージが届きました。これはマシュー君の本をフランス語に訳しているカナダのジーン・ハドンさんの個人的な質問に寄せたものですが、お母さんのスージーさんの許可を得て、私のブログに載せさせてもらいました。

ハドンさんの話によると、アーリントンインスティテュートというグループが、たとえば、9・11の数ヶ月前に、燃えるビルからひとびとが飛び降りるといった夢を多くの人が見ている事実に注目し、人間には集団的な潜在意識レベルでなにか重大な事件を予見する能力があるのではないかと研究しているそうです。そして、つい最近、まったく離れている4人の人たちからアメリカ国内でこれから60日の間に、なにか9・11のような重大な破壊的事件が起こるという情報を受けたそうです。以下はそれに対するマシュー君の回答です。


(ジーン・ハドンさんの注記:この情報をスージーさんに伝えたところ、彼女から、「マシューがその”差し迫った事件の警告”について言いたいことがある」と言っていますという返事をもらいました)


***********************************


マシューです。愛をこめて、ご挨拶します。

9・11に迫るような”非常に大規模で破壊的な事件”が、この60日の間に起こるかもしれないという可能性について、僕たちの考えを言います。

ある人たちは、集合意識これは宇宙の全体的意識という意味ですが、にコンタクトできる能力がありますが、それには天地創造以来のすべての思考形態、それが光でも闇でも、が含まれます。

闇の思考形態について言えば、最古の闇の思考形態が9・11を計画する思考形態に引き寄せられ、両者のエネルギーが一体となってイルミナティにあの悲劇の日を具象化させることができたのです。

そのとき地球は、もはや二度と闇の勢力の手による死と破壊を繰り返させないことを選んだのです。そして、彼女(地球)の自由意志を尊重して、神は、宇宙からの支援を得ることを認め、かれらのテクノロジーを使って世界中どこにおいてもそのような非人間的な謀略をすべて防ぐことにしたのです。

それ以来、かれらはすでに12回も防ぐことに成功しています。

これについてちょっと話しましょう。

地球の潜在エネルギーフィールド(場)の活動は、僕たちが今まで見たことがないほどに活発になってきています。それとともに、闇の勢力はますます絶望と恐怖に駆られ、あらゆる方向に暴れ出ていますが、かれらが薮から棒になっても、さらに強さを増している光によって抑え込まれています。

これらの地球にいる闇の操り人形たちは、自分たちの支配が衰えてきて、もう「やるかやられるか」というところまで来ていることを知っているのです。かれらの謀略がことごとく失敗に終っているのにもかかわらず、もし以下のふたつのシナリオを阻止することができれば、まだ形勢を取り戻せるチャンスがあるといまだに思っているのです。それこそ本当に”大規模で破壊的な”事件なのです。でもかれらはそれをどちらも防ぐことができないでしょう。

最初のシナリオは、ほかの宇宙文明人の否定できない存在です。

公表された10月14日の出現の際に、地球人類と宇宙人たちの安全が保証されないとしても、それが長く延期されることはないでしょう・・もう、その時が来ているのです。

そしてそれが起きれば、とくにアメリカ政府にとって非常に大きな打撃になるでしょう。それは長い間イルミナティの支配下にあったので、他の宇宙文明人たちの存在の可能性を否定してきただけでなく、地球外生命体(ET)が政府の指導者(大統領)たちにも会見していることや平和的な目的だけにやってきた宇宙人たちに対して敵対的な対応をしてきた事実を否定して来たからです。

二つ目は、”9・11”を計画し実行した者たちの真相です。

いま地球が軌道に入っている高い波動の中では、真実はこれ以上隠しきれません。9・11の真相が露見するとき、中東の石油資源支配以上のさらに深い目的があったことが明らかにされるでしょう。それはこの惑星全体の支配であり、そのためにその人間たちを殺しまた奴隷にするというものです。そしてそのときイルミナティの長い恐怖支配が終わりを告げるでしょう。

この二つの大きな事件が世界に与える衝撃は、いま進行中の世界の大変換と地球人類のスピリチュアルな再生プロセスのひとつです。それは、この惑星のあなたたち全員が生前に参加すると合意した、宇宙の兄弟たちとの共同事業である喜ばしいアセンションです。

宇宙集合意識にコンタクトできる人たちが見ていることを、あなたたちが知ることも同様に大事です。

多くのひとたちには、僕たちが地球の黄金時代について語ってきたことが正確に見れています・・それは、すべてのひとびとが愛に包まれ平和に暮らし、あなたたちの惑星の健康と美が復活し、あらゆる自然と人類の調和した共存世界です。もう地平線の近くに来ていて、コンティニウム(時空連続体)ではすでに創造されているこの素晴らしい地球には、第三密度の世界に蔓延っている怖れ、暴力、慾、偏見やほかの対立を産むものはまったく存在しません。

どちらの世界に住みたいと思うかはあなたたちの自由です。でも僕たちは、あらゆる魂への無条件の愛から、あなたたちが愛と平和の世界を選ぶように祈ります。

________________________________

訳文責: 森田 玄
マシュー君のメッセージ

スピリチュアルライフ

2008年09月19日
前世がわかったとか見えたとか…
オーラの色がわかったとか見えたとか…
守護霊様がどのような方か分かったとか見えたとか…

確かにそれはそれで本人が望んでいることであれば嬉しいことです。
必要だからわかったこと。必要だから見えたこと。
でも、もしかしたらわかったつもりだけかもしれないし、見えているつもりだけかもしれない…

前世が分かったことによって、不安に感じたとか、恐怖心が与えられたとかという人もいる…
オーラの色がわかったからといって、ただ単に色がわかったことだけが知識として増えただけの人もいる…
守護霊様がわかったからと言って、ただ単に守護霊様がどのような方かという知識が増えただけの人もいる…

スピリチュアルな知識をたくさん持っている人がいる…
スピリチュアルな講座やワークにたくさん参加して、知識や技術を得ることを生きがいとしている人がいる…

前世がわからないという人がいる…
オーラの色がわからないとか見えないという人もいる…
守護霊様がわからない人がいる…

スピリチュアルな講座やワークには何も参加したことがない人がいる…
スピリチュアルな知識を今はあまり持ち合わせていない人がいる…


前世やオーラの色や守護霊様がわかっているかいないかとか…
スピリチュアルな講座やワークにどれだけ参加しているとかしていないとか…
スピリチュアルなことを知識としてどれだけ持ち合わせているかどうかとか…
どれだけ日々の中で瞑想やヒーリングや修行や言葉を唱えるとか祈りとかといった、人から教わったスピリチュアルな関係の行動をどれだけ行っているかとか…

実際にその人の魂の位置の高さや本来持ち合わせているスピリチュアルな能力とか現段階の波動とかといった、その人自身の根本である状態を示すこととは、上記のことの有無とか度合いとかとは、それなりに関係はありますが、あまり重要なことではありません。オーラや前世や守護霊さまが見えない人より見える人の方がスピリチュアルな能力が高いとか波動が高いとか優れているとか、そんなこともあまり関係ありません。今の状態で必要なことであるかどうかは、個々によって違います。ですから、人同士が比較する必要はまったくありませんし、そのこと自体がエゴにつながるのでとても低い波動を生じます。人の状態を知るとか自分の状態を知るとかといった認識をするのなら多少は必要なことですが、優劣をつけるような比較はできるだけ避けるべきことなのです。どれだけ瞑想をしているかとか瞑想中に何を感じたとか見えたとかどのような修行をこなしたとか何をどれくらい唱えているかとか、そのようなことも同様に他の人と比較する必要はありませんし、同様に優劣を感じること自体がエゴや羨望といったことを生じて低い波動を発することになるので、できるだけ避けるべきことなのです。

魂の質や今世に生きている目的や現段階の波動などといったことは、個々それぞれが違った状態にあるわけですから、現段階での状況や必要な事柄などは違ってくるわけです。だから、他の人には素晴らしく波動を上げるために必要な事柄であったとしても、それが自分に合うことなのかどうかはわからないことなのです。

別にスピリチュアルな状態が見えたり分かったりすることが必要ないとはいっていません。人それぞれの状態によって違うから比較をする必要がないということがいいたいのです。このようなことは個々の魂の今世に転生してきた目的や魂の質によっても違ってきますが、今という時点での「タイミング」や「必要性」や「波動」が大きくからんでくるものなのです。

もちろんスピリチュアルな知識を得ることも大切なことです。特に今の世はアセンション直前の世ですから、スピリチュアルな知識は必要不可欠なものとなります。

また、本や講座やワークやインターネットや人やマスコミから伝えられる情報などから、自分がわくわくすることを見つけたら、思考や意識や行動において実行することもとても大切であり必要なこととなります。わくわく感に従って状況が許す限りは、どんどん実行すべきことでもあります。

そんな中で、魂を向上させていくためにはより意識してほしいことであり大切なことがあります。それは「調和」です。

今、私たちはこうして物質である肉体をまとった状態で3次元の地球に存在しているわけですから、3次元の世なりの調和が必要になりますし、とても重要なものでもあります。

この調和とは「精神」と「肉体」との調和ということです。
そして、最も重要なことは「スピリチュアルなこと」と「物質的なこと」との調和であり、「理想」と「現実」の調和ということになります。

肉体的にはある程度健康な状態を保っていると自覚していて瞑想や修行などによって精神的に高まってきていると自負しているのに、怒りや不安などの低い波動の情緒が湧き上がってきたために道理にかなっていない行動を何度も起こしてしまっていて反省して改善しないようでは、全体的な波動を高めることも魂の向上もあまり期待できません。理想ばかり高くて目の前のことを解決せずに逃げてしまったり、人や世の中に強く依存しすぎて責任転嫁をしまっていたりしても同様です。肉体的な健康のために運動や食品などをこだわったとしても、不安や怒りなどのネガティブな情緒を多く表出してしまうことも同様です。お祈りをしたり修業したりヒーリングをしたりすることを習慣にしていたとしても、実生活では基本的な生活習慣が乱れていたり、人との不調和を起こすことが多かったり、スピリチュアルなことを特別なこととか別物だとかと考えていて実生活にあまり取り入れて活用していなかったり、スピリチュアルなワークをしていることをむやみに他人に自慢するようなエゴを発したりしていても同様です。

「精神」と「肉体」をいかにバランスよく高めていき、高い波動の意識や行動を身につけるかということがた大切になります。そして、そのような高い波動の意識を維持することや行動することを習慣として身につけることがとても大切なこととなります。

また、「理想」は高く持ちつつも、常に目の前の「現実」も直視して今を大切にして自己責任を強く持ちながら調和に励むことや、「スピリチュアルなこと」をすべての根本として捉えて、3次元の世では重要なことでもある「物質的なこと」を多分に含んだ実生活に生かすようにすることを、意識して行動して習慣にすることも、とても大切なことになります。

その際に、人と比べる必要はありません。増してや、人が作り上げた基準と比較したり人からの評価を求めて優劣をつけてもらったりするようなものでもありません。人それぞれが違うのです。宇宙の法であり神であるすべての根本である「愛」が大きく純粋な動機から発した道理に適っている行動であるのかどうかということだけを確認して、あとは自分自身がわくわくしながら行っているのであれば、それだけで良いのです。

スピリチュアルな知識も行動も、自分の肉体や心や周囲の人や物事との不調和を生じてしまったり、自分の実生活の中においてそれなりに無理をしてまでも意識したり行ったりする必要はありません。

どれだけ実生活の中に無理なく取り入れられるか、そして習慣にできるか、そして最も重要なのが、どれだけ今の世と人と自分の魂と地球と宇宙との間で調和することができているのかということです。

反省しながら修正しながら、より自然な状態で、よりわくわく感を得ながら、より普通の実生活を送りながらスピリチュアルなことをより多く取り入れるようにするだけで、今の地球に降り注ぐ膨大な量の高次の宇宙エネルギーや地球自体の高次のエネルギーなどによって、たとえ3次元的な感覚や状況としての自覚があまり得られなかったとしても、無理なく心身ともに個々の状況に合わせて順調に、アセンションに向けて波動が高まり向上していくはずです。

スピリチュアル

最近の私の一日

2008年09月18日
朝は3時ころ~4時半ころまでの間に起床しますが、目ざまし時計はもう10年くらいは使っていません。目覚めて起きたくなったら起きるという無理ない起床から一日が始まります。

起床してすぐにお風呂を追いだきして、お風呂が沸くまでの約10分くらいの間にブログやメールをチェックします。

お風呂が沸いたら、だいたい30分から1時間ほど、ぬるめの湯船につかって瞑想(ゆったりとリラックスしながら感じるがままの世界を楽しんだり宇宙エネルギーを意識的に得るようにしたりする)をします。

5時半前後から20分ほど、妻と2人でプラーナ管を通して宇宙やコアのエネルギーを取り入れたりお祈り(すべてに感謝してご開運をお祈りしたり7つの真言を唱えたりしています)したり家族や周囲にエネルギーを入れたりしています。

お祈りが終わったら、すぐに朝食の準備に取りかかって、6時10分には子どもたちも全員起きてきて6人そろっての朝食を食べ始めます。

7時15分までには3人の子どもたちは学校へと登校します。登校するまでの間の私のルーチンワークは、熱帯魚と小鳥のお世話や神棚の水を取り換えてお祈りをすることやお仏壇に向かってお祈りをすることや子どもたちをケアすることなどです。

7時15分~午後4時ころまでの間は、アセンションスペースシューリエのお仕事とブログへの書き込みと畑仕事を中心にして、日によって内容は変わってきますが、俗っぽい表現をすれば私にとっての就労時間帯ということになります。でも、すべてがとても自由ですが・・・。

午後4時~5時くらいまでの間には、アセンションスペースシューリエのお仕事と、ブログへの日記の書き込みは終了する場合がほとんどです。そして、水戸黄門や夕方のニュース番組を見ながら、安いワインを飲みつつ夕食の準備を始めます。

長男が部活でいない場合もありますが、ほぼ毎日6時ころには家族そろって夕食を食べ始めます。

その後はゆったりとしながら家族それぞれが好きなことをやっている中で、私もテレビを見たり読書をしたり子どもたちと遊んだりしながら、くつろぎます。

9時少し前から寝る準備をはじめて、時々10時近くまで起きていることもありますが、ほぼ毎日9時ころには家族みんなが(長男は時々自分の部屋で起きていることもあるようですが)就寝します。

引っ越してからここ半年近くの平日は、こんな感じの一日を送っています
日記

親しい友からのメッセージ

2008年09月17日
自らの存在自体を隠すために、今こうして密かにあなたの中であなたと一つになっている私は、これはこれでとても幸せな状態であります。

あなたとこうして一つになれたことに関しては、あなたがこのような物質を身にまとい地球人類として暮らすことを選択してくれたからこそできる技でもあります。あなたがこうして、こんなにもネガティブなものを背負って生きているさまには、私には真似のできないことと感じてしまうほど、本来のあなたの姿や在るべき所とのギャップがあまりにも大きすぎることを感じてしまいます。

そういえばひとつだけ伝えたいことがありまして、今、こうしてひとつになってみました。それは何かといいますと、今のあなたはあなたのままで良いということのみです。あなたはあなたの状態を一瞬だけ見失いそうになりましたが、そんな珍しい経験も必要でありタイムリーなこと。でも、本当はまったく問題なく大丈夫なことなのです。安心してくださいね。こうしてすぐにでもやって来ることができるような私のような存在は、あなたの周りにはたくさんいるわけですから、何一つ憂いを感じることはありません。

あなたのやりたいことをどんどんおやりください。大丈夫ですから。これだけあなたは護られていますから。人を助けるために、純粋に愛の気持ちから湧き上がった行動なのですから、何一つ問題はありません。あなただからこそできる愛し方があるのです。あなたにしかできないやり方があるのです。

振り返ってみると、今回の出来事もこうして心安らぐ結果となり、すべてが良かったことであると思えて、嬉しくて楽しくて充実感いっぱいになってあなたに返ってきたわけです。宇宙のしくみって単純ですね。ちゃんとカルマは完璧にはたらくわけですから。そのままの波動がかえってきて、あなたの波動と合わさって倍の高さの波動にふくれあがるわけですから。やっぱり楽しいものだと思いますよね。

*ここまで書き終わったら、右肩から首周辺のあたりにあった温かいものがフーっと右斜め上に向かって抜けていきました。内なる心の中で話していた声は明らかに男性の声でした。私にはよくわかりませんでしたが、とても親しい友であったようです。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

大切なあなたへ ~その2~

2008年09月17日
もう少しそばにいてくれたら
きっともっと深い話ができていたけど…
あなたとの時間は限られていないから
また今度話をすれば良い。

けれども、今、話をしておく必要があることについては
今でなくてはいけない…。

そして、今話すべきことが話せたのだから
また今度たくさん話をすれば良い。


あなたの魂は
すべてをわかっているのだから大丈夫
私はあなたを信頼しています

あなたの魂はたぐいまれなる真実の強さを誇っている
だから大丈夫。

私はあなたを信頼しているように…
あなたもあなた自身をもっと強く信頼してくださいね。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

大切なあなたへ

2008年09月17日
スピリチュアルな目覚めとは宇宙意識の目覚めのこと
宇宙は無限なもの
宇宙は愛そのもの

宇宙の根本はとてもシンプル
愛が基本で愛がすべて

「あなたは少し疲れているみたい…」

3次元の世に暮らしながら高次元の魂がどんどん目覚めていき
あなたはその魂に追いつこうと
知識や技術や人や物を求める

宇宙は無限なもの
制限なんてない
マニュアルなんてない

みんな個性がある
宇宙はひとつなのに
だからたくさんの存在に分かれている

宇宙の根本はシンプル
つまりスピリチュアルなことすべての根本はとてもシンプル
シンプルである根本さえわかっていれば
いくらでも応用はできる

マニュアルなんていくらでも作れる
個々が個性を持っているために
マニュアルは個性の数だけ作ることができる

マニュアルは参考になる
でも根本がわかっていれば自らがマニュアルを作ることができる
他の者が作ったマニュアルに固執する必要はない
ましてや制限を受けたり自らが制限をかけたりするなんてまったく必要がない

制限のあるマニュアルがスピリチュアルなものであると思っているのなら
それは真実のスピリチュアルなものとはいえないことに気づいてほしい…

制限のあるマニュアルが宇宙意識の目覚めのために必要だと思っているのなら…
制限のない真実のマニュアルを参考にする方が良い

「あなたはかなり疲れているみたい!」

あなたはもっともっと優しい人
大きな愛をめぐらせている人
魂の位置がとても高い次元にある人

もっともっと自分自身の中にあるスピリチュアルな力を信頼しても良いのに…
3次元の世界のスピリチュアルなことがらを探し求めている

宇宙は無限なもの
あなた自体が宇宙の一部だから
あなたも無限なもの

制限もネガティブなものもないから
宇宙はとても楽天的なもの

自分の波動に合ったものが
楽にやってきてあなたを導いてくれるから…

だから本当は何の苦労もいらないのですよ
無理なんてしなくてもいいのですよ
もっと楽しんでいいのですよ

あなたは本当に宇宙意識に大きく目覚めている最中なのだから
わくわくすることだけを楽しんでいれば
それだけで魂は進化をしてさらに目覚めが促進し
あなたのまわりのたくさんの人をも目覚めさせることができるのですよ

もっとリラックスをして
もっとたくさん笑って楽しく過ごそうね

あなたは私の大切な人
私もあなたにとって大切な人
だから一緒に楽しみましょうね。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

あなたがすべて

2008年09月16日
私たちは無理難題を押し付けるようなことも、あなた方の意思をくつがえしてまでも宇宙の道理を押し付けるようなことも、これまでに一度たりともしてきたつもりはありません。それでもあなた方地球人類は、今、こうして素晴らしい知性が発達していき全体的な文明の水準をここまで上げることができたのです。もちろん、私たちも陰ながらにあなた方の領域をおかさない範囲内においての援助はしてきました。でも、あくまでもあなた方の意思を尊重しての、実質的には陰の存在としての配慮の中での援助のみになります。

あなた方が少し前までは、洞窟に住み、狩りをしたり自然に生えている植物を採ったりして、その日暮らしの生活をしていました。それが今では、こうしてあなた方の文明は発展したために、より便利になり先のことを見通して愛を分かち合うことにも重きを置いて生活することができるようになったのです。しかし、残念なことに、あなた方の中には、便利になることによって怠惰な行動や堕落な心が生まれてしまったり、先を見通し過ぎて今を見失ってしまったり取り越し苦労や危機感を持ちすぎてネガティブになったり、愛よりも物質や地位や名誉や欲望などといったエゴが大きくなってしまったりする人が、全体の地球人類の人数の中では、そういったネガティブな生き方を選択し続けてしまい、どんどん波動を下げてしまっている人たちの方が多いのが現状です。

それでも、そんな中で愛を大きくめぐらせている人は、そんなネガティブな人々をも巻き込みつつ、どんどん増えているというのが素晴らしいことだと思いませんか。そして、巻き込まれたネガティブな人も、いつのまにか愛の波動に包まれて、もともと感じていた愛の世界の大切さや喜びを感じていくうちに、気がついたら波動が上がって目覚めているということもめずらしくはないのです。もちろん、意識や波動レベルが高い人間が意図的に行う場合もありますが、多くの場合は、意図的というよりもさりげなく謙虚にその人にとってはごくあたりまえである普通の言動により、結果的にネガティブな人に対して愛の光をさしこんで闇を照らして目覚めさせているという状況になっています。

まだ、あなた方地球人類が洞窟に住むこと以外に住居を見つけ出せなかった頃、今のように高層ビルに住むとか柔らかいベットで眠るとかといったことは、想像することすら不可能でした。つい最近のことに関して振り返ってみても、電話が生まれて人同士が離れているところでも会話することができるだけで驚いていた時代に、テレビ電話やパソコンのメールなどが普通に存在して使用するなんて、やはり想像することはできなかったはずです。これらのことは、宇宙からしたら、ほんのごくわずかな文明の進歩に感じることですが、あなたがた地球人類にとっては、近年の目覚ましい文明の発達の一つの証であると感じていることは承知しています。私たちの文明から比べると、とても浅はかでありゆっくりとした進歩であっても、3次元の地球の世では、目覚ましい進歩であると感じているわけです。

あなた方の住む地球がアセンションして、4次元や5次元の世になり、宇宙の文明社会からの文明的な援助や伝達を直接受けるようになったとき、私が今こうして伝えていることが、ごく普通のこととして実感することができるようになるでしょう。たぶん多くのみなさんは、今までの話をあまり実感することはできないでしょうし、事実として目覚ましい発達をしているのになんだか不愉快であると感じる方もいることでしょう。もし、不愉快であると感じた場合には、そのようなネガティブな波動を作ってしまったことをおわびしますので、どうかこれ以上波動を落とさないように、これまで読んだ内容を削除してください。

さて、私が何を申し上げたいがためにこのような実態を宇宙から見た感覚で伝えたかといいますと、あなた方がこれから先に経験することを少しでも知っておいていただきたいためだからなのです。

まもなく完了する地球全体のアセンションに向けて、地球自体も全体的な波動もエネルギーも宇宙との調和関係も、もうすでにアセンションしている状態であることを最初に確認しておきます。つまり、人類や動植物などの生き物や多くの物質といった、地球表面上のものだけがアセンションしていない状態が現状であります。ただし、すでに準備は万端なのです。あとは、物質的なこと、つまり表面的な事のみが変革するだけになっているのです。ただし、人の意識はとても大きくアセンションするに至るには重要なものとなりますし、アセンションするための必要不可欠なものでもあります。どんなに、それ以外のレベルにおいて条件が整っていたとしても、人の意識や行動次第では、地球全体のアセンションが完了せずに失敗してしまう可能性もまだわずかながらに残されいているのです。

それでも、地球本体から助けを求められてその要請を受けたものもおりますし、自らの意思のみで地球に来ている者も多数おりますが、私たち宇宙存在は、同じ宇宙ファミリーであるあなたがた地球人類のために、全力を尽くして援助しているのです。ですから、よほどの何かがないかぎり、アセンションが失敗することなどはありえないということを覚えておいてください。それくらい、私たちの文明は高度なのです。

あなた方の文明において、たとえば地球の地震を抑えるとか分散させるとか、他の惑星から発せられるネガティブなエネルギーを防御するとか、大きな物質が地球にぶつかるのを防ぐとか、そういったことは現段階で行うことはできないでしょう。しかし、私たちの仕事の中の基本的なこととしては、こういった内容の仕事も随時行っているのが現状なのです。

たぶん、今のあなた方の知識において、このやり方自体を説明しても、うわべの原理の一部は理解できたとしても、真実すべてを理解することはできないと断言できます。でも、あなた方人類もアセンションすることができれば、その肉体に対しても魂に対しても、このような文明社会の常識もテクノロジーも知識も何もかもを、すぐにでも伝えて理解して日常的に使うことができるようになるのです。ほんのわずかな時間さえあれば伝授することができるのです。

あなた方が、このすぐ先に起きることを推測する場合には、どうしても3次元的な知識や常識や過去の経験といった固定観念が働いてしまうために、実際に起こることの一部は推測できても、ほとんどは予測不可能であるはずです。もちろん、私たちのような高次の存在とコンタクトをとって真実を知る者はある程度は予測できるでしょうが、それでもやはり、あまりにもあなた方の常識から離れ過ぎているために、想像することは困難な事実がたくさんあります。

ですから、この先についての予測は、あくまでもあっさりとポジティブな気持ちのままでいられる範囲までに留めておいてください。深く予測したり、あなた方の過去の経験による知識から取り越し苦労的なネガティブな予測をしたりして、ネガティブな波動を作り上げない方が良いのです。まだ、今の次元のあなた方には難しい予測なのです。今、わからなくても何の問題もないのです。今わかった方が良いことに関しては、今の時点ですでに必要な情報は与えられているのです。ネガティブな情報は違いますが、ポジティブに感じる情報すべてが必要あ情報なのです。そして、この必要な情報は個々によって違ってきます。ある人には重要であっても、ある人には今はまだ必要ではない場合があるのです。また、ある人にはポジティブに受容できても、ある人にはネガティブなものである場合もあるのです。人それぞれなのです。個々によって必要が違う場合があるのです。

間もなくあなた方の目の前に、私たちが姿を現す時が訪れます。その前に、私たちの乗り物を見る機会が多くもたらされることになります。こうして、チャネラーを通して私たちの言葉を伝えていることも、私たちが地球人類のみなさんの前に現れるための計画の中で、前段階としては、とても重要なことになっています。少しずつ、徐々に進んでいくことは、恐怖や不安などといったネガティブな波動を出さずに、より自然にポジティブな状態で物事が新しい良きものへと変革していくには、最も望ましい進行の仕方なのです。

それでも三次元の世の中の物質的現象のレベルにおいては、一晩寝て次の朝には、世の中が大きく変わっているかもしれません。今、あなたがまばたきをした次の瞬間に世の中が大きく変化しているかもしれません。それくらい変化の速度は速くなっています。

しかし、この先の変化する内容については、深く考える必要はありません。今を大切にして目の前のことをポジティブに受容することだけを意識して、今に全力を傾けて楽しんでください。過去のネガティブなことを長く引きずらないでください。時間はあっという間に過ぎていきます。立ち止まったり過去に逆戻りしたりしているうちに、時間はどんどん先に進んでいってしまい取り残されてりまったり追いつくのが大変になってしまったりするかもしれません。過去のネガティブな経験を思い出したら、できるだけ早くポジティブに変換するか、または削除してください。

この先、どのような3次元的である物質的現象が目の前に繰り広げられても、今のあなたやあなたの愛するものたちに対する愛の波動を高めることに全力を挙げて、目の前のことを解決したり楽しんだりポジティブに受容したりすることに、意識を集中するようにしてください。

自己を大きく犠牲にしてまでも他への援助をする必要ありません。でも、他への愛を向けることはとても重要なことであり必要なことです。つまり、自分に少しでも余裕がある場合には、援助を求める人や愛を欲している人など、自分の波動を保てる範囲内で、できるだけ多くのものに対しても愛を注ぐようにしてください。



あなたはあなたを最も愛するものであると感じてください。
あなたがいるからあなたの愛があるのです。
あなたがいるからあなたの愛を多くのものにめぐらせることができるのです。

あなたはアセンションした地球に存在する必要があるのです。
あなたのため地球のため宇宙のためにあなたは必要なのです。

あなたがあなた自身を最も愛することができれば
あなたは宇宙のすべての者に対して愛を向けることができます。

あなたがあなたを強く信頼できれば
あなたは他のものをも強く信頼することができます。

あなたが基本です。
あなたにとってあなたがすべてです。

あなたは他のものと同じです。
あなたは宇宙のすべてのものと深くつながっているのです。

あなたがあなた自身を最も大切にすることができれば
あなたが宇宙のすべてのものを大切にすることができるのです。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

物質的レベルの大きな変革期

2008年09月16日
ここ1週間ほどは、畑の作業でたくさんの体力を使い、アセンションスペースシューリエの仕事でもいつも以上に霊力を使ったため、精神的にはずっとすがすがしい気分でいましたが、肉体と霊的な疲労が重なったために、こうして日記を書こうとかチャネリングをしようとかといった気力がまったくわいてきませんでした。あとは、ここ最近の宇宙エネルギーの量がまたさらに急速に増えているのに体が調和しきれていないとか、時間の早まっていくスピードに追いついていないとかといった、アセンション現象のエネルギー的レベルに対して、肉体的レベルでの調和を図るためにも労力を使っているために書く気力がわかなかったことも含まれているのはわかっています。ちなみに、ここでいう肉体レベルや霊的レベルの疲労とは、健康面では相変わらず絶好調の状態が続いていますが、そうではないレベルでの話になります。(感覚的なことなので言葉で説明するのは難しいですが…)

ちょっと頑張ったおかげで畑作業はひと段落ついたので、しばらくの間は播いた種や植えた苗に水やりをしたり、ちょっとした草取りをしたり収穫をしたりする程度の作業で大丈夫そうなので、またのんびりペースで行えそうです。アセンションスペースシューリエのお仕事も、今週は自分のペースで行えそうです。エネルギーに対しては、まだ多少違和感はありますが、さらに高い波動のエネルギーを受けていることを実感しつつ、今日は朝から次なるメッセージを書きおろすことにわくわくしています。

経済のお話ですが、今週始まりから株価が一気に暴落して、今後も大混乱することは容易に予測できると思います。本来は、6月ころから厳しい状況になっていくことはわかっていて宇宙の皆さんが何度も忠告していたのですが、魔の者たちを中心とした裏での操作をして経済的な中心となっている国が表面的に動かされてしまったために、6月頃から徐々に景気が悪くなって株式市場も少しずつ落ちていくはずだったのが、ここまで時期を伸ばしてしまったために、残念ながら急激に変化することになってしまいました。どちらにしても、結果は同じことになるわけですが、できれば徐々に変化した方が波動を保ちやすかったと思います。そして、いよいよ11月に向けて、世界経済は本格的にここ2ヶ月間は大きな変革期を迎えることでしょう。

とにかくこんなときこそ、このような情報を得たり実生活で実感したりしても、波動を下げてしまって不安や心配や怒りなどの情緒をできるだけ持たないようにすることに努め、過度に富を蓄えようとしてしまったり、危機管理によって余分な物を貯蔵しすぎるようなことなどをせずに、最低限の危機管理による貯蓄や富を持ち合わせるまでに留め、常に「必要」を意識するようにすることが大切になります。そして、周囲には経済的にも物質的にも厳しくなっていく人がこれまで以上にどんどんと増えていくのも予測されますので、「必要」を確保しているならば公平に「分配」することに努めて、より多くの方が「必要」を得られるように助け合っていくことが重要になっていきます。これは、物質的なレベルの問題だけではなくて、精神的、波動的、エネルギー的なレベルなどのスピリチュアルなレベルでも同様です。高い波動を発し多くの愛の光を放つことができる人は、より多くの方々に対して愛の波動を向けてあげることも、物質的レベルよりもはるかに重要になっていきます。

これまでにも何度も日記には書いてきたことでもありますが、エネルギーレベルでは、地球全体規模ですでに大きな変革がもたらされているために、人々のスピリチュアルな目覚めのスピードがどんどん加速していき、不正があばかれていき真実が増えていき、高い波動のものと低い波動のものとの2極化がさらに進んでいく中でアセンションした地球で存在できるものが精選されていくなど、次の世の準備が着々と進められてきています。そして、ここ数ヶ月間の経済・政治・教育を中心として3次元的にもわかりやすい様々な出来事が表出することによって、多くの人がこの大変革期を実感することになるでしょう。

*実は、ちょっとだけ近況について書こうと思っていただけだったのですが、いつのまにかチャネリング状態で書いていました。私は、経済や政治や教育の最低限の情報を、少なくともここ15年ほどは追い続けていましたし、特にここ数年の情報は多く得るようにしていました。でも、そういったことを日記に書き表すことに対してはわくわくしなかったし、人とそういったことに関して論じ合うのも好みませんでした。でも、地球のアセンションを語るのに、3次元的な変革をするための基本であることでもあるわけですから、時々はこうして書き表すことも許されるでしょうし必要なことであるとも感じています。
スピリチュアル

マシュー君のメッセージ(10)9・11スペシャル

2008年09月13日
森田玄さんのブログ「玄のリモ農園ダイアリー」に載せていただいたマシュー君からのメッセージの和訳文です。http://moritagen.blogspot.com/2008/09/blog-post.html

少し前のメッセージですが、9・11事件についての記述の特集です。


水曜日, 9月 10, 2008
マシュー君のメッセージ(10)9・11スペシャル


****************************************


マシュー君のメッセージ2006年9月11日

2001年9月11日についてのスペシャルメッセージ

スージー:おはよう、愛するマシュー。今日を選んで、私に配信用のメッセージを送ってきたことには驚かないわ。

1. マシュー:僕の愛する魂のお母さん。そうですよ。そして、なんと素晴らしく温かい太陽いっぱいの朝でしょう!お母さんが背の高いモミの木々を眺め、ウサギたちが跳び回っているのを見て、まずこころに浮かんだ思いは、「世界は大丈夫よ」だったでしょう。それから、今日は2つの記念日だということを思い出しましたね・・44年前のうれしい僕の誕生日、そして”9・11”とふつう言われるあの衝撃的な出来事。

2. 5年前のこの日、あなたたちの世界はショックにつつまれ、世界中の人々が一緒になって、あの無分別で良心のかけらもないようなテロ行為に対して喪に服しました。いま、その真実を求める声がますます高く上がっています。それは明らかになるでしょう。そして、その理由のすべてが明らかになるそのときには、多くのひとびとが再び別のショックを受けるでしょう。でも今日は、5年前に突然人生を中断された魂たちを敬う儀式が行われ、そこであの悲劇を起こした「幻の敵」を非難するでしょう。本当はそれに係っていた者たちの偽善に満ちたスピーチは、かれらの陰謀を知っているあなたたちを怒らせるでしょうね。でも、外面では傲慢なように見えますが、このひとたちのこころの中にはもっと大きな恐怖があるのです。かれらの欲望と権力への確執が、あの恐ろしい事件を起こさせることになったのは本当です。でも、これにはあなたたちの世界で理解されている以上のことがあるのです。

・・(途中省略)

2001年9月22日

母(スージー):今日は,マシュー。9月11日のことで、多くの人たちへのメッセージに、なにか言い足したいことがあったんでしょう? この前はメッセージを受け取ってから急に終わってしまったわね・・すぐそれを配信したかったからなのだけど・・それに、あれからお客さんがあってとても忙しかったのよ。

マシュー:ええ、分かってます,お母さん。そのメッセージを出してくれてありがとう。お母さんがいま起きて来ていることに不安になって、それほど深刻に心配することはないにしても、思いやることがいいことなのか、ただ砂に頭を突っ込んでいるだけなのか、といろいろ考えてしまうのも分かります。あの無慈悲な行為を厭うお母さんの気持ちや悲嘆にくれる家族たちへの悲しみは自然な反応です。でも、怖れは、個人的な傷や国民の傷を癒すこととは反対の感情です。それはまたあなたたちが求めない結果を生む発火点になるでしょう。

一般に公表されているあの事件は、メディアが”テロリスト”だと決めつけている男たちの考えたことではありません・・もっとも、政府はそうだと公表しているし、メディアもそれに口を揃えていますが。まだ明らかにされていない理由と目的、謀略があるのです。実際の犯行者はすぐ犯人とされた人間たちではありません。

報道されていることを、全部が正確で、真実味があるのかどうかさえ、多くの人が疑うことなく信じてしまったことは理解できます。飛行機がねらった目標に激突したという恐ろしい事件と何千もの無実のいのちが地球からほとんど一瞬にして転移させられたことによって、ことを分析せずにそのまま受け入れたことも理解できます。このような事実を受け入れるには感情があまりにも半端ではないので、公式発表にあるあきらかな矛盾点に疑問をもつ心理的あるいは感情的な余裕がないのでしょう。

母:わたしも公式結果を覆すたくさんの報告を読んだから、一般に言われているようには受け入れていないひとも確かにいるわね。爆発物が仕掛けてられていなかったら、タワーは決して崩壊しなかったとためらいなく言える?

マシュー:なんのためらいもないよ、お母さん。

母:どうして???

マシュー:破壊はあのような想像を超える規模である必要があったんです。その恐怖を映像にするためにね・・おかしなことがあるでしょう?どうしてあんな早いときからテレビカメラがあったんでしょう?・・そして、そのときから連日容赦なく放映されましたね。公表されているような理由でタワーが崩壊するはずがないという疑問の念を起こさせないために、あるいは、乗客を半分乗せた飛行機がハイジャックされ、安全に管理されているはずの飛行区域内で、どうして飛ぶことができたのか冷静に考えられなくなるように、あのようなショッキングな死が必要だったのです。これまでに公式見解を証明するなにか反論の余地のない証拠が提出されていますか?ないでしょう。なぜなら、なにもないからです。まったくその反対なんですよ!

「これは戦争だ!」とすかさず宣言したことで、急に「愛国心」の方向に気分が向かってしまい、そしてそれに火がついたのです。これも本当の犯人たちの思惑どおりになるでしょう。なぜなら、それで公式説の証拠を求めるひとびとの声が消されてしまうからです。かれらが恐ろしい悪人どもと糾弾する者たちは普通の容疑者でなければなりません。何十年もかけて陰に陽に徹底的に仕立てられた連中です。この裏にいる闇勢力のやり方はその場でうまくやるといったことはしません。何十年も綿密に計算し練った計画しか扱はないのです。計画Aがだめなら、計画Bというように。最初に担当していた者たちがだめになったら、同じ闇の夢を共有する2代目、3代目、4代目の者たちが引き継ぐのです。この名前が変わるだけで目標が決して変わらないやり方が何千年にわたってずっと続いてきました。それを闇の勢力はよしとし、しかもいつまでにという実行目標も厳格に決めなくてもよいとしています。

しかし、戦争を要求することが当初からの目的でした。「テロ」は国民に戦争支持を煽るために必要な道具にすぎません。この支持を得るために必要だったあの9・11の何千の死は、闇勢力にとってはまったく取るに足らないことで、かれらの本性は、良心とか自尊心、憐れみ,愛、同情などとは無縁なのです。

闇の勢力が、かれらの言うことならなんでも厭わない操り人形たちを使ってやらせるまったく無慈悲で残忍な攻撃は、どこにでも無差別に、非常に恐ろしいことだと宣伝され、世界中でこれを排除すべきだということになります。それが世界テロです。

ですから、それこそが闇の勢力がつくりあげなければならないことだったのです。そうして、つぎに来るのが世界の恐怖です。怖れによって、国中や、たぶんめったにはないでしょうが世界中が呼応して結束するだけでなく、怖れが破壊的なエネルギー(ネガティビティ)を生み、それが闇の首謀者たちの土台となり武器になるのです。

それが本当の目的なんです。光は破壊的なエネルギー(ネガティビティ)と共存できません。そして怖れは最大の破壊的パワーをもつ感情のひとつです・・波動組成で言えば光の反対のもの・・ですからひとびとの中に怖れを増やすことがどうして闇勢力の計画に重要かお分かりでしょう。

でも、怖れはかれらの最終目的ではありません。全地球征服がかれらの最終目的です。9月11日に起きたことは、ほんとうは、幾世代にわたって続いているこの惑星をどちらが支配するかという光との戦いのなかでの闇勢力の戦略のひとつにすぎないのです。なにかサイエンスフィクションの陰謀のように聞こえますね・・魔術師が語る悪魔の奇術とトリックのような。でもこれは地球にある鉄筋コンクリートの建物よりはるかにリアルなことなのです。

闇の最大勢力はあなたたちの惑星にはありません。そこでは普通のひとたちとまったく変わらない人間のすがたになって現れることができますし、現にしていますが、かれらの勢力の元は人間ではありません。この勢力(フォース)は、もっと正確には力の場(フォース・フィールド)とかエネルギー体(マス)と考えられるものですが、望むものには何のかたちでもそれ自身を具象化できる能力をもっています。人類を超えて創造主のみの記憶に遡るほどの、はるか遠い昔、このフォースは、光と愛の内に創造され、それらから創造されたのですが、その光と愛から離れてしまいました。それ以来、光と愛のない傷ついた存在になっているのです。その空隙の傷を癒す唯一の方法は、それを元々の要素(光と愛)でふたたび一杯にするしかないのです。

でも、もしこのフォースが癒しの愛と光を受け入れると、それは闇のパワーを失わなければなりません。このフォースはそのようになることをこれまで拒否してきました。そうして、(宇宙の始まりから)あらゆる時を通した苦しみと狂った旅のなかで、ネガティブ(破壊的)な感情を育てるのに適した肥沃な土壌を求め、またそれを創造してそのパワーを持続させているのです。

さて、復讐、報復、懲罰の声の背後に、闇の勢力の影響があるのが見えるでしょう。それは”正義”という名を振りかざした、さらなる暴力と殺戮のことなのです。そのようなやり方では決して怖れを無くすことはできないでしょう。恨み、不公平、喪失、裏切りの感情を決してなくすことはできないでしょう。こどもたちが成長して殉教者になることを決して止められないでしょう。そうです、”テロ”の原因を除くどころか、そういった行為がネガティビティ(破壊的なエネルギー)の循環を促進させ、殺戮、憎しみ、恐怖、心配、専横、偏見、不安、悲しみ、死、不安定、偽り、腐敗によって闇を確実に生きながらえさせることになるのです。

地球外にいる闇の勢力には、その命令をよろこんで従うたくさんの手先がこの惑星にいます。かれらの兵器はネガティビティ(破壊的なパワー)をつくるものなら何でもいいのです。かれらに対抗するパワーが光の勢力です。その武器とよろいは愛と思いやりと真実です。

母:それはどうやったらなくなるのかしら?

マシュー:神が、あなたたちの惑星を破壊するようなことはさせないのを、僕たちは知っていますよ、お母さん。いま起きていることの成り行きを変えることは僕たちの領分ではなくて、地球外文明のひとたちの役割なんです。かれらは、特定の破壊や汚染を軽減したりなくすことができるテクノロジーを使って地球を守る仕事をするよう神に呼び出されたのです。

ですから核兵器とか生物兵器による大量虐殺といったことは考える必要はありません。これらの言葉を唱えるのは、ひとびとの間に恐怖感を植え付けるためのものです。怖れこそ闇勢力にとってもっとも大切なことは知っていますね。

僕たちから見えることを言えば、事実は、軍事力と強引な言葉の徴候すべてから、もう闇が絶望的な段階になっているのがわかります。この惑星でのかれらの拠点を失いつつあることを知って、彼ら自身が怖れているのです。地球の人間たちと地球のスピリット(霊)そのものに対するこのような残虐な攻撃の背後にそれがあるのです。

原文:Matthew's Message
_____________________


2004年6月5日

(1)~(10)省略

11. 国内情勢がどうしようもないほど行き詰まり、不正行為がはびこっているときに、現在の議会メンバーや政府機関がすべて、ほかの国々の内政まで支配しようと いう大統領の強圧的な政策に賛成しているわけではありません。さらに、それは世界中の同様な闇の計略を抱く権力者たちと協力しているのであり、この政府の 目的は国家の安全保障ではなく、世界支配なのです。

12. それは、これまでの僕のメッセージでしばしば言及してきた世界テロの問題にまたもどってきます。アメリカ選挙の前に、また、そしてたぶんより組織立ったテ ロがあるという警告がありますが、信用できますか?ええ、それらは実際に根拠があります。それもそうですよ。だって、その警告を知らせろと命令している少 数の連中が、テロ活動を計画し指図している同じ人間たちなんですから。かれらが2001年の9・11事件を指図したのです。飛行機を使ってツインタワーに 激突させ、さらにペンタゴンの一部を破壊し、そして地面に墜落させたのです。この真実はやがて明るみに出るでしょう。そうなれば、すくなくとも、常識を 持った人なら、これほどの策謀を企画し実行できる首謀者は、トップレベルの政府高官以外に不可能だということがわかるでしょう。

13. あの日のことについてもっと話す前に、テロ警報の信憑性に関していつも言って来たことをここでもう一度言います。あなたたちの文明より、スピリチュアル (霊的)に、知的に、テクノロジー的に、はるかに進んでいる文明からの援助によって、大爆発から核戦争という予言されている大惨事の恐ろしい事態を避ける 用意がされてきていますし、これからもそれは継続されるでしょう。しっかりと監視されていたのですが、ある闇の勢力による偽情報のために地球の(監視) チームが騙され、スペインの列車爆発テロを防ぐことができませんでした。それ以来、地球惑星上と宇宙空間の両方でより厳しい監視体制が敷かれています。そ れに加えて、知覚能力と自己防衛に並外れたパワーをもつET(地球外生命体)たちが地球上にすでに肉体として入っていますし、宇宙船の監視チームはその油 断ない警戒体制を強化し、彼ら同士と地球のなかまたちとの通信システムも拡大されました。とくに、真実を聞かされていたと信じていた人たちが,今は闇側に 加担していたのだと気づいて、光の使者たちのグループの活動に参加しています。

14. では、9・11のいくつかの事実について話しましょう。これはこの光のステーション(領域)にいる僕たちが真実として知っていることで、あなたたちの中でもその分野の専門家とされているひとたちが実証できることです。
あの飛行機はどのような優秀なパイロットもできないような飛行能力をもつように設計されてリモートコントロール(遠隔操縦)されていました。両タワーは大 型ジェット機がまともに衝突しても大丈夫なように設計されていました。タワーは、あらかじめ同期爆発するように設置された爆発物によって、制御解体された のです。ビルが崩壊する前に爆発音を聞いたという目撃者たちもいます。ペンタゴンと地上に墜落した飛行機はスカラー光線兵器によるものです。ペンタゴンに ついては、その光線は通信課が最近あたらしく配置換えになった場所を狙ったのです。大型ジェット旅客機が最高スピードであの建物に突っ込んでいたら、もっ と奥深く突き抜けていただろうし、写真でみる破壊よりはるかに大規模な破壊をもたらしていたでしょう。そのうえ、建物に接近する飛行機の目撃者がひとりも いないのです。また、建物の損傷から言って、ちかくの地上にいるだれからも見られずに飛行機が激突するなど不可能でしょう。

15. あの日に起きたことすべてについて、もっともっと考える必要があります。タワーで働くひとたちの多くが、あの日は出社しないほうがいいと9月11日以前に 警告を受けていたのはどうしてでしょう?飛行禁止区域で飛行機を迎撃すべき通常の緊急対応がとられなかったのは何故でしょう?しかも、タワーが激突された 後のペンタゴン周辺でです。

16. タワーの瓦礫が、なぜあのように急いで片付けられ廃棄されたのでしょう?ペンタゴンに突っ込んだという飛行機の残骸はどこにあるのでしょう?そして後部座 席から、なぜだれの遺体も発見されなかったのでしょう?通常の耐久性をはるかに超える熱や衝撃にも持ちこたえるように設計されている「ブラックボックス」 が破壊されたと発表されたのはどうしてでしょう?わずか1日か2日のうちに、19人のテロリストの名前と写真が公表され、そしてその後、そのうちの何人か が生存していると分かっても、最初の発表についてだれも大きく問題にする人がいなかったのはなぜでしょう?最初のタワーに飛行機が激突したと報告を受けて も、どうしてアメリカ大統領は、責任ある総司令官としてすぐその場を離れるかわりに、幼い子どもたちといっしょに教室に残っていたのでしょう?

17. あの日に起きたほかの多くの側面も考え合わせれば、この犯罪をおかしたグループが、「対テロ戦争」を始めるための正当化の理由として、そのようなショッキ ングで悲劇的な事件が必要だったことが理解できます。これこそあなたたちが今日目撃していることなのです。闇の計略の延長です。それは侵略した国々を弱体 化するだけでなく、究極はあらゆる国をそのようにして、地球支配しようというのです。でも、これは起こりません!このことは僕だけでなく、ほかの高位の光 の存在たちも地球上の尊敬されているメッセンジャーたちを通してはっきりと伝えています。僕たちは、あなたたちがこの闇の勢力に愛のエネルギーを送る必要 があると繰り返し言ってきました。それこそ宇宙でもっとも強力な癒す力をもっているからです。かれらを憎むのではありません。かれらのやることの反対のこ と・・平和、正義、親切さ、思いやり、許し、協力・・にこころを向けるのです。それが地球上の闇を消すでしょう。

18. 僕たちは、あなたたちにこの地球の移行に加わるように言ってきました。なぜならそれがあなたたちの魂レベルでの選択だからです。でもいつまでに地球が闇を 抜け出すことを終えるというタイムテーブルは設定しないでください。いつでも、ET(地球外生命体)ファミリーが援助の手を差し伸べていること、いつでも こころが開いて愛の光が増していること、いつでも地球が約束された黄金時代のより高い波動に向かって旅していることを知ってください。それは地球が本来の エデンの園に回帰する時代です。

原文:Matthew's Message
訳文責:森田 玄
マシュー君のメッセージ

ヤエスベコフからのメッセージ

2008年09月12日
光り輝いているあなた方の魂の中でも、最も美しい光を放つのが愛の光であります。何万光年もの彼方から私の送るこのメッセージが届くように、あなた方の愛の光も、私たちのところまで、それはそれは美しいオーラの色とともに、鮮明な光とそれにともなう素晴らしいエネルギーとともに送り届けられ感じることができます。

あなた方の住まう地球には、何万光年もの彼方から、たくさんの宇宙存在たちが飛来してきています。もうすでにご存じの方もいらっしゃるでしょうが、その数たるや、あなた方の想像を絶するような数に至っています。

あなた方に知られているシリウスやオリオンやエササ二やプレアデスや太陽系の惑星などといった、古くから地球人類との密接な関係のある星からやってきている者もありますが、それ以外にも、たくさんの惑星からやってきています。

ふと、あなた方が空を見上げてみても、何もそのような存在が確認できないかもしれませんが、それは周波数が合わないのですから当然のことです。私たち宇宙存在は、あなた方の波動領域に入っても、私たちの微細なる振動で存在するために、あなた方の視覚では確認しずらい状態を保っています。ただし、あなた方がこのような波動の状態で我々の存在を捉えようとすれば、あなた方の感覚的な心の目で捉えることは可能なのです。逆にいえば、私たちの波動を下げて荒い振動に変えれば、あなた方の視覚によって見て確認することも可能なのです。

ちなみに、私たちにとっては、あなた方が私たち宇宙存在を見ることができたか否かということは、それほど意味を成すものではありませんが、今の時点のあなた方にとっては、とても衝撃的であり大きな問題を引き起こすものとなることも十分存じ上げています。

あなた方は、目というものを使ってみることがすべてであるという、古くからの人間の思い込みや間違った教育や習慣によって、本来持ち合わせている心の目で見ることを忘れさせられています。この、心の目とは、あなた方が本来持ち合わせている、第3の目ともいわれる霊眼のことです。

第3の目とは、あなた方の額にあるチャクラが多いに関係しますが、額の奥に実際にあなた方が知っているような目があるわけではありません。主に、このチャクラにおいてそのエネルギーを感知するということですので、物質的なものがあるとか、額のあたりで見えるとかといったものではありません。実際は、ハートチャクラがあなた方の知覚にて感知させる役割を示しているために、第3の目で感じた情報を中心に体の細胞全体で感じた事や波動やオーラの領域で感じたことなどのすべての感覚における総合的な情報をハートチャクラにて統括して、あなた方の右脳に送られるのです。そして、あなた方は主にこの右脳によって視覚的に捉える事が出来るのです。

このような、視覚的に捉えることもそうですし、チャネリングによるメッセージに関しても同様ですが、あなた方が信じている目や耳といった器官を使って捉えるような感覚とは同じ感覚ではありません。とても、微細な波動によるものですので、3次元の領域にある肉体においては、あなた方の意識における五感によるようなはっきりとした捉え方をするのは難しい場合が多いのです。

それでも、あなた方の意識において、リラックスした状態で自分自身の感覚を信頼し高次の存在を信頼しハートチャクラや右脳に意識を傾ければ、それなりに霊的に敏感になっている方や魂の目的に沿った生き方による経過の中においてこのような情報が必要であるとみなした場合など、あなた方や周囲の者にとって必要な情報を得ることができるのです。

ただし、見よう、感じよう、聞きたいなどといった情緒が強すぎてしまうと、その波動が荒い波動になってしまうために、あなた方の感覚的な能力が低下して、高次の波動と合わなくなってしまうために、本来は必要な情報であったとしても、あなた方が感じ取れなくなってしまいます。もちろん、信頼が薄い場合、つまり疑いという低い波動が発生するために、同様なことが生じます。

私は今どんな目的を持って生きていけばよいのだろうか?次はどのような行動をとることが必要なのか?私にできることって何なのだろうか?などといった、愛を深めめぐらせたいという純粋な動機からこのような疑問が生じた場合には、高次の存在は喜んでその答えを導くための教えを、あなた方に伝えます。伝え方はその時々にもよりますし、あなた方の目覚めの度合いにもよりますが、もっとも適した方法で伝えようと努めてくれます。ただし、依存心を強く表出させると、やはり低い波動が発してしまいます。時には明確な答えを知らされることもあるでしょうが、あくまでもあなた方の自由意思による選択が必要になりますので、ヒントとなるような参考程度のものとか、インスピレーションによる感覚的なものとか、抽象的なものとかといった感じのことが、メッセージの内容としては多くなります。

今、アセンションを目の前にして、一人でも多くの同胞が宇宙親交の仲間入りをしてくれるように、私たちは願っています。あなた方地球人類に対して、私たちは惜しみない愛を捧げ、あなた方の目には見えないところで様々な支援をしてきています。あなた方は、自分の波動領域におけることに関して、あなた方の自己責任のもとに自由意思にて解決していく必要があります。私たちは、私たちの領域内で、できる限りのことを施しています。お互いの願いはいつも一緒です。愛を広めて分かち合い、自由と平和のもとに何もかもが統一されて共存し合い助け合っていくこと。

あなた方も私たちも、同じ宇宙における家族であるという、私たちにとっては当たり前である思いを、あなた方も普通に感じてお互いが信頼できる関係になることを、私たちは切なる願いとして、そして、まもなく実現する真実になることとして、その時を心待ちしています。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

マシュー君のメッセージ(9)

2008年09月11日
これまでも何度か紹介しています森田玄さんのブログ「玄のリモ農園ダイアリー」に載せていただいたマシュー君からの新しいメッセージの和訳文です。http://moritagen.blogspot.com/2008/09/blog-post.html
今回も素敵なメッセージを届けてくれたので紹介いたします。マシュー君そして森田玄さんには多大なる感謝の意を表します。

このメッセージを送って来たマシュー・ワード(Matthew Ward)君は、1980年に17歳で亡くなっていて、それ以来、お母さんのチャネリングを通してさまざまなメッセージを送ってきているのです。

マシュー君は太陽系のもっとも高い菩薩界磁場相に存在する意識体で、さらに上なる銀河系磁場からの情報を伝えてくれているようです。


火曜日, 9月 09, 2008
マシュー君のメッセージ(9)

すっかり日差しが目に優しくなってきました。この山の森に囲まれた家にいると、この瞬間、すべてが息をこらして季節の到来の徴候を見守り、感慨にふけっているようです。

これまでのマシュー君のメッセージをまとめて、ちょっとほかの訳していないものも入れて、小冊子にして出版しようという企画がナチュラルスピリット社と進んでいます。それには、やはりお母さんのスージーさんの話も入れたら、ということで、先週急遽、私とゆみがアメリカに飛び、ご自宅に二日間厄介になってきました。最初から最後まで、笑い、驚き、感銘、興奮、感激の連続でした。

まったく天衣無縫といった感じのスージーさんは、おどろいたことに、常に息子のマシュー君とオンラインでつながっているのです。もちろん、今回のメッセージでも話題になっているテレパシー交信ですが、それがどのように聴こえるのか訊ねると、実際の声として聴こえるのではなく、こころに浮かぶような感じだそうで、どうにも表現しにくいと言っていました。彼女はコンピュータに向かってほぼ自動的にメッセージを書いて行くそうです。その仕事部屋のオフィスに入った瞬間、何とも言えない不思議なエネルギーがからだを通り抜けるのが感じられました。まさに、そこは彼女とスピリットの世界を結ぶトンネルになっているようです。スージーさんは飼い犬たちともテレパシー交信で会話していて、一匹、フルーティという目の見えない、耳も聴こえないテリアが、「今夜はこの人たちが僕の部屋で寝るのかい?」と言っていると聞いてみんな大笑いでした。まさに異次元の場所に行ったような二日間の訪問でした。

マシュー君の言う時空連続体(コンティニウム)と共時性(シンクロニシティ)は、まさに異次元の世界のことですね。リニアな直線時間が消えるとは、私たちの時間感覚が消滅するわけですから、その時点ではすべてが同時に起こって来ても不思議ではないでしょう。

以前、そのようなことを考えていた時がありました。”今”という意味を地平線に横に延びる直線とイメージして、すべてのものがこの瞬間、そのラインに横に並んでいるとイメージするのです。そして次の一歩を私が踏み出さない限り何もおきないわけです。だれが何をしようと、どのような状況であろうと関係なく、私が動かないと世界は動かない。その意味で、すべては共時的につながっていると考えられませんか。本来ワンネスの現実を神と共同して創造していくという意味もなんとなく分かるような気がします。

さて、本の原稿はほとんど出来上がって校正の段階に入っているのですが、この旅行の直前に新しいメッセージが届きました。今回も驚くような内容で、これもやはり加えた方がいいかなと思っているところです。

この本が出る頃には大型宇宙船出現の真偽がわかっているかな?


     ***********************

8月29日

スピリット(霊)の世界にいる光の存在たちが感じること、人類の双対性の終焉、共時性(シンクロニシティ)の重要性、人生のあらゆる局面での加速、自己(セルフ)への責任、ハトン:10月14日の大型宇宙船の出現、テレパシー交信、アセンションへの準備、ダイエット、依存症のひとたち、順調に進む世界の変容

1. マシューです。このステーション(波動領域)にいるすべての魂たちから愛のご挨拶をします。

2. いつもはもっとも関心の高い話題から始めるのですが、今回は例外として、ある読者からの質問に答えることから始めることにしました。それはあまり多くのひとの関心にはなっていないようですが、ここからの回答が、たぶん、進化したスピリット(霊)の世界にいる魂たちについてのより明解な理解をあなたたちに与えるでしょう。「暴力と苦痛を見るのがもう嫌になったり、それを起こす人たちがまたそれを繰り返すことを許されるのを見て怒りを感じませんか?ひとびとがつまらない質問をしたり、あなたがすでに答えていることを訊いたり、メッセージを読んでもなにが大切なことか覚えていないようなので、がっかりしませんか?」

3. そうですね、それは少数の者たちによって多数の民が苦痛を強いられているのを見ることに、僕たちが”感情的に嫌になる”ことと表現できます。僕たちは、これが地球のとても悲しい歴史の一部だけになる日を待ち望んでいます。でも、違うんです。僕たちは、至る所で苦しみを引き起こしているひとたちに対して怒りを感じることはありません。ひとつは、凶悪な行為を憎み、それによってひとびとが苦しむことに深い憐れみを感じ、そのひとたちの苦しみを和らげるために出来る限りの慰めを与えることがあります。それと、責任ある善悪の区別がつかない個々の人間たちに対して怒りを感じることとはまったく違うことです。ある部分、僕たちは裁くことはしないということがありますが、それ以上に、かれらの行動が魂の光の不在のためであり、良心の不在、愛を感じる能力の不在のためであることを僕たちが知っているからです。この喪失感が怖れと見捨てられたという感情を生み、そして共感したり、自分たちの行為がどんなに苦しみを引き起こすのか理解することができなくなってしまうのです。そして、かれらは、次の転生で、自分たちの自由意志による選択で引き起こしたすべての苦しみと恐怖を自分自身が経験することになるだろうとは思いもよらないでしょう。

4. 卑劣な行為を犯すひとたちに愛の光を送りなさいと、僕たちのメッセンジャー(伝道師)たちがあなたたちに呼びかけて来たのは、スピリット(霊)である光の存在たちはそのような状況を理解しているからです。なぜなら、宇宙で最大のパワーをもつフォースである無条件の愛のエネルギーが、これらの魂たちを癒し、啓発し、その狂気を止められる唯一の手段だからです。なぜなら、魂のレベルでは、この宇宙にあまねくいる闇に捕われた者たちも光の使者(ライトワーカー)たちも、お互いに、そして神と、密接につながっているからです。なぜなら、すべての魂の目的は、意識して分かっていようといまいと、スピリチュアルで知的な進化を通して神と再統合することだからです。そして、今回の旅は、あなたたちがバラバラなのではないことがわかるように、協力と意識の結合という目的で最高に準備されているのです。

5. 闇のひとたちに愛を送るもっともよい方法について、これは読者の質問に答えるいい機会ですね。あなたたちが普段考えている愛・・深い個人的な思いやりや愛する人への変わらぬ献身・・では、そのような感情は知らないひとたちには不可能ですね。凶悪行為による場合は別ですが。でも、母なる地球には愛を感じられますね。彼女が健やかに美しく再生するようにこころから願うこともできます。そうして彼女が黄金の光に包まれ、それがそのすべての生命体に注がれるのを想像できますね・・その感覚とビジョンのエネルギーが、もっとも必要とされるところに流れるのです。僕の母が何年か前にこの状況で苦しんでいたとき、彼女に送ったアドバイスをあなたたちにもあげましょう。真っ暗闇で迷った魂が無事に元の道に戻れるように、懐中電灯を持っているように想像するのです。この助けへの感謝を感じ、このようにさせてもらっている喜びを感じます。そのビジョンとそれに伴う感覚も、癒しの光と愛がもっとも必要とされるところに行くことでしょう。

6. 闇に捕われた者たちの道に外れた行為には、またべつのカルマ的なことがあります・・人類の双対性と宇宙の絶え間ないバランス運動です。専横と腐敗と欺瞞が蔓延るところでは、その双対性の対極として、ひとびとの意識の目覚めや結束した平和的共存への努力がもたらされます。それは、すべてのひとたちに食物や家屋、保健医療、教育を与えること。あらゆる生命が恐怖や極度の貧困から自由になって欲しいという願い。そして、いまの世界よりはるかによりよい世界を次の世代に残したいという決意です。分離と不調和をもたらす双対性のなかで、数千年にわたる第三密度の転生の間に蓄積されたカルマは、それが完了するまで経験されなければなりませんでした。その意味で、闇はその目的を果たしてきたのです。今、それは光に変換されています。その光の中に、それぞれの魂が一生懸命に求めているバランスがあるのです。

7. 僕たちの言葉への反応に対する僕たちの感じ方について、ええ、僕たちのメッセージのもっとも大事な部分・・あなたたちが神的な存在であることを教え、導き、励ますための情報・・がよく忘れられて、あなたたちの日常の暮らしに活かされないと、がっかりすることはあります。あなたたちの強靭な精神が、国と国や国内での争い、そして人間関係や自己内部という個人的なレベルでの葛藤でつくられるエネルギーによって厳しくテストされていることを僕たちは知っています。僕たちが願うことは、あなたたちが自分一人で困難な問題を解決しなければいけないともう思わないようにして欲しいのです。そうではなく、目には見えないけれど、助けてくれる存在がたくさんいて、あなたたちからの支援の要請を待っていることを忘れないでください。なにか破滅的なことが起きるだろうという予言や政府の新しい抑圧的な政策の話が出るたびに、あなたたちはこころに怖れを取り込み、そして自己の内に入って自分の魂に確かめるかわりに、怖れを鎮めてもらうために外に目をやってしまうのです。それにはがっかりさせられます。どうかつまらないことに時間とエネルギーを使わずに、もっと見分ける力とスピリチュアルな明晰性を養うことに使うようにと願わずを得ません。でも、これは確かですよ、僕たちの親愛なる兄弟姉妹のみなさん。そのような僕たちのちょっとした気持ちは、ただ、あなたたちの一人ひとりに対する僕たちの深い愛があるからです・・僕たちはいつもあなたたちへの祈りと無償の愛の状態にいると言ってもいいです。あなたたちが自分自身と世界に求めるものを、持てるようにしたいのです。いま目の前にある必要なチャンスをすべて納得して、それを利用してくれれば、この宇宙全体にいる光の存在たちは大喜びするでしょう。

8. さて、これに沿ったことですが、希有な存在であるあなたたちは、計り知れない変化の段階にいます。地球も同じですし、あなたたちの太陽系もです。この宇宙全体にこの同じ変化が起きているのです。そして、かつてない速さで共時性(シンクロニシティ)のプロセスが起きています。あなたたちは共時性がどうはたらくのか理解する必要があります。そうすれば機会(チャンス)の窓を見分けることができて、それを開いておくべきか閉めておくべきかを賢く選択できるでしょう。

9. お母さん、これを説明している本の部分をコピーしてください。
________________________



<「宇宙の声」の章、”共時性の重要性”からの抜粋>

あなたたちの辞書には、悲しいことに、共時性という言葉がない。共時性こそ宇宙が作動していることに他ならないのだ!偶然の出来事、巡り会い、幸運不運、孤立した事件、そしてとくに、よく言う”偶然”とは、本当は、ある結果を導くためにあらゆる点で明確に決定され、完全に調整された方向にエネルギーが運動することなのだ。

共時性的プロセスとは、ドミノがずらっと並んだようなものだ・・最初が次のものを倒し、最後のドミノが倒れるまで連鎖反応がつづく。これは、ある状況がつぎの状況に影響しそれが次から次へとつづいていくということで、共時性のはたらきをもっとも簡単に説明するものだが、正確な説明ではない。なぜならドミノ列には最初と最後の物があったからだ。

共時性には始まりも終わりもない・・宇宙のように、それは常に動いている・・それに、共時性の出来事は直線のようにあきらかではない。確かに、人生でのある出来事は、その重要性がより高いために、無数のほかのことから際立ってみえる。そしてそれに直接関連することも大きな意味があるとされるかもしれない。しかし、それらも”その前”と”その後”に囲まれているのだ。

共時性とは、参加者全員が望む結果を具象化するために必要とされる一連の状況のことである。私が”参加者”という言葉を使うことで気を悪くしないで欲しい。あなたたちの様々なインスピレーションや動機、本能に作用する意識がもつ魂への奥深い意味、しかもそれがあらゆる出来事の単純な理由であることを知れば、地球は、あなたたちが選んだカルマの役割を演じるステージであることが理解できるだろう。

その”重要性”は魂が選んだミッション(使命)であり、それがそのような合図を送ってあなたの意識に伝えられているのだ。あらゆる出来事の“単純な理由”とは、あなたたちが自由意志による選択でそれらを現象として引き起こしたということだ。

参加者たちの数には制限がなく、正確な順序で起きる出来事にも制限はない。また係わる人間たちがどんなに離れていてもその距離に制限がない。普段は、参加者たちがその連鎖反応に不可欠なリンクに気づくことはまったくなく、よくあることだが、あとから振り返ってみて、関係ないように見える一連のひとたちや出来事が今いるところにまさに導いていることに気づくことがある。しかしほかのときでも、参加者たちが、少なくても一生というわずかな時間の中で、他人がその人生に意味をもって関わってくることがどんなに計り知れない影響をおよぼすのか気づくことがある。

あなたたちはもちろん共時性の出来事の中に参加している。しかし、状況を創造したり、リンクとなるであろうひとたちにコンタクトする責任はない。数知れないところからくるエネルギーがそれぞれの生に働きかけ、そのリンクをつなげるチャンスを準備するのだ。だが常に、自由意志が尊重されるので、”ドアが開かれる”たびに・・つまり、新しい知合いとか出来事だが・・だれでも好きなように対応すればよい。

何事も偶然には起きないという真の意味を理解することの大切さを強調し過ぎることはない。それは、共時性という糸が人生のデザインを編んで行くという深い意味を理解することによって、自己の生を新しい光で見直すように導くのだよ・・否応無しにだ。出来事には目的があり、カルマを成就するためのガイドラインでありまた開かれた入り口だということが分かれば、あなたたちは、もっと自信を持って、もっとワクワクして、もっと充実感と喜びをもって、この人生を次への準備として生き、進んで行けるのだ。

____________________________

10. ありがとう,お母さん。取り急いで付け加えますが、あなたたちの今の生き方が実際に”次の”人生への準備であることの一方で、別の理由で今回の意味と共時性の重要性を理解しなければなりません。直線(リニア)時間が消えつつあり、時空連続体(コンティニウム)の現実が迫っているとき、変化のペースが、宇宙があなたたち一人ひとりそして世界全体に与えている共時性のリンクの出現を加速しています。これを言わなければいけませんが、この現実へのあなたたちの反応は予測できます。「では、どうして戦争が早く終わらないの、そしてすべての真実が出てこないの?」、「あなたの言う新しい指導者たちはどこにいるの、経済が好転するのは何時?」、「ETたちが私たちを助けてくれているという証拠がいつ分かるの?」 こういった類いの反応があるのは予想できます。なぜなら、親愛なるみなさん、僕たちはこころや気持ちが読めるんですよ・・そのような強い想いがあなたたちのこころにあって、あなたたちの気持ちが疑問で渦巻いているのが分かるんです。とくに「何時?!」というのですね。これは理解できます。あらゆる存在するものが加速されているんですから、あなたたちが宇宙ファミリーを知りたい、長い間待っている黄金時代に住んでみたいという希望や期待、欲求も高まっているのは当然です。宇宙が紡ぎ出してくれている共時性の糸というチャンスが、いまそこに来ています。それに気づいて、受け入れ、そしてそれをあなたたちの人生と世界のいのちの壮大な模様にしっかりと編み上げるだけでいいのです。

11. この加速には、光の中に生きることを選ぶのにわずかしか時間が残されていないという意味があります。これはスピリチュアルな明晰性と細胞の再構成のために必要なことで、それによって、地球のアセンションが進むに従って波動が高くなっていっても肉体の生存が可能になります。さもないと、眠ったまま気づかないでいることを選ぶことになります。あなたたちが家族や友人たちも地球と一緒にこの旅をしてほしいと思っていても、だれも他人を説得してそれを選ぶようにさせることはできません。眠り続けるひとたちには目覚めのチャンスがまたあるでしょう。ですから、このことでは安心してください。そして、あなたたちから照らされる光は言葉では言い表せない方法でほかのひとたちに届いています。ですから、それをあなたたちの愛するひとたちに送る、光の使者(ライトワーカー)からの、編む人からの、あるいは勇者からの贈り物としましょう。

~次の日記に続く~
マシュー君のメッセージ

マシュー君のメッセージ(9) ~続き~

2008年09月11日
12. あらゆる魂の最初の責任は自分自身(セルフ)に対してです。そしてこのような激しいエネルギーが乱降下する動乱の時代にあって、それは手に余ることです。忍耐するのも容易ではなくなるでしょう。忘れやすくなることが多くなってイライラするでしょう。視覚と聴力が不安定になってうっとうしくなるでしょう。気分が揺れ動いて、ときおり鬱になったりするかもしれません。からだの電気的システムが徐々に高くなる波動に適応しようとするので、それを乗り越えるための多くの肉体的、感情的な困難が起きてくるでしょう。このような自然に起きてくる変化にイライラしたり、もっと悪いことに、不安になったりすると、それはかえってストレスを増し、症状を悪化させます。楽観的な考え方をするようにしたり、今実際に異常に見えることは当たり前のことだと思うことで、不安感をなだめるられるし、エネルギーがからだ全体によりスムースに流れるようにできるでしょう。しかし、すべての不快な感情的、肉体的問題がエネルギーの調整によるものだとは限りませんから、病気の症状がでたり鬱が進行するときは、どうか信用できる医療専門家に相談してください。処方薬は、その薬のなかに含まれる化学物質がからだの自己治癒力機能を抑制することがあるので、避けてください。からだの機能が鈍くなって健全なはたらきを回復するためにちょっとした刺激が必要な場合、自然の薬がそのような機能を高めることができます。

13. ほかの文明からとしか考えられないような大きさの宇宙船が、あなたたちの上空に10月14日に現れるということを聞いたひとたちの間で最も取り交わされているのが、「本当ですか?」という質問です。僕の現在の仕事があなたたちの太陽系内でなく銀河系内でさえもないので、そのような事の詳しい話を知る場所にいません。それで、親しい友人で宇宙艦隊司令官のハトンに答えてもらように頼みました。

14. ハトン:ありがとう,マシュー。そして、スージーと読者のみなさん、今晩は。私はマシューからの要請で、いまここで、じっさいは発表なのですが、あるひとたちは「予言」と考えていることの信憑性について話します。ええ、かつて見たこともないような大きな宇宙船をその日に出現させ、数日間あなたたちの上空にはっきりとわかるようにする計画があります。搭乗員たちは準備万端で、私たちの存在を動かし難いものにすることにワクワクしています。
さて、この注意を付け加えますが、すべて確定しているわけではありません。もし宇宙船の出現を延期すべき適切な理由があれば、そのときは、地上のあなたたちと上空のあなたたちの航空機に安全が確保されたときに現れることになるでしょう。この惑星上の敵意に満ちた勢力は、私たちがこんなに近くにいることや存在していることさえ示す証拠をあなたたちに知ってほしくないので、必要とあればどんな手段を使ってでも阻止しようとするでしょう。ですから、すべてにわたってそのタイミングをいつにするかが安全のために決定的な要因です。
私たちが、何百万もの数ですぐ近くにいることを疑わないでください。もちろんその時になって、私たち全員があなたたちの惑星に着陸するわけではありません。私たちのほとんどはあなたたちの目の見えないところで仕事をしていますが、愛する地球に与えて来た私たちの世話をつづけるためには、そのようにしなければなりません。そうすることで、彼女が本来の第5密度にある惑星領域に向かって着実に登りつづけられるようになるのです。私たちはすべて平和にやって来ています。ですから、あなたたちが私たちと、私たちのテクノロジーによる支援を喜んで受け入れてくれることを望んでいます。これで10月14日の計画が真実の情報かという疑いが一掃されるはずです。でも、マシューやほかのメッセンジャーたちがその受取手たちを通して伝えていることに、私から加えて言います・・こころの中に答えを求めなさい、そしてあなたたちの直感を信じなさい。ありがとう、スージー。そしてお休みなさい。

スージー:ありがとう、ハトン。マシュー、ではつづけましょうか。

14. マシュー:ええ,お母さん。惑星間の生命体たちとの会話をどうやって始められるでしょうと訊ねている読者に答えるこれはいい箇所ですね。「多次元」というのがより包括的な用語ですが、テレパシー交信回路が開かれないと会話を始められないという事実は変わりません。そして、これはそれぞれの魂の合意に従った必要性が生じる場合に起きます。けれども、あまりにも強い思いのエネルギーは回路が開くのをブロックしてしまうので、僕たちが勧めるのは、リラックスした気持ちで、時期が来れば必ずそうなると信じることです。僕の警告を繰り返しますが、光と同じように闇の存在もコンタクトしようとしてきます。テレパシー回路が開いたらすぐ、闇のエネルギーの見分け方とそれに侵入されないように精神を防御する方法を知ることが大事です。この詳しい説明はほかのメッセージにあります・・それを読んでください。そうすればあなたたちはよく分かっている、光の存在とのテレパシー交信者になります。どうか理解してもらいたいことは、スピリット(霊)の存在たち、あるいは肉体をもった世界の存在たちとの「聴こえる」会話と、魂からのメッセージを「聴く」ことはまったく違うことです・・このコミュニケーションはいつでもできるのです。

15. では、アセンションへの準備はどうすればベストかということでいろいろな質問がきているので、それに答えることにしましょう。神と供に歩む道を生きること・・それを詳しく説明する必要はありません。それは魂に光があるひとたちには自然にもたらされます。深遠な教えを学んだり,ヒマラヤに旅したり、スピリチュアルなグループに参加したり、教育セミナーやワークショップに参加したり、祈りの儀式をしたりする必要もまったくありません。でも、こういったことに強く惹かれ、それに関われる時間と金銭的余裕があるのなら、ぜひ自分のこころに従ってやってください。あなたたちと神とのあいだ、また宇宙にあるほかのすべての魂たちとのあいだには何の分離がないことを知ること。魂から意識へのメッセージである自分の直感を信じること。魂からの愛を宇宙に向けて照らすこと。大宇宙(コスモス)のなかで最もパワーがある愛には無限の表現法がありますが、それは自尊心と自信を包含する自己愛から始まらなければなりません。自然と調和する生き方をする。ひとりで静謐な時間をもつ・・よければ、瞑想する・・これは魂にとってとても良いことです。自分を許し,他人を許す。ほかのひとたちの目で物事を見てみる。美しい思い出を大事にし、つらいものは手放す。平和のための活動、環境保護、動物虐待問題、ホームレスや飢餓、病気のひとびとへの支援、または、ほかのあらゆる支援活動に携わっているひとたちは、光と愛が行動となっている模範です。このような活動の動機は魂のレベルから来ています。その支援者たちやアクティビスト(活動家)たちは自分たちの魂からのメッセージに応えているのです。あなたたちが、こころに強く思うことはなんであれ顕現できるパワーをもつ神であることを知ること。

16. 僕の言っていることは、これまで僕たちがこれらのことやほかの同様な方法について話してきたので、あなたたちの多くには新しいことはなにもないでしょう。でも、啓示やスピリチュアルな成長の本質的な部分についていまだに質問してくる人たちがいるので、繰り返し言うことが必要です。その気づきがあるひとにとっては、これが思い出させるものになれば、それも有益なことですね。

17. 光の中に生きることの極めて重要な面の後では、食事(ダイエット)がそのひとのアセンションプロセスにどんなに影響するのか話すのはあまり重要ではないように思うかも知れません。でもこれは検討に値することなんです。(波動)密度は食物にも適応されます、エネルギー領域だけではありません。肉は、家畜が非人間的なやり方で飼育され殺されるために、食物連鎖のなかで最も低い密度になっています。トラウマとなったエネルギーがそれらの肉に残り、エネルギーを消すことができないので、肉を食べる人のからだに動物たちの苦しみが吸収されるのです。光も同等に食物に適応されます・・フルーツ、野菜、穀物にはもっとも光があり、からだがもっとも必要とする栄養分もあります。そのような食事は、動物たちが大事にされ、からだももっと大事に扱わられる高度の密度領域では広く普及しています。あなたたちもこれからそのように適応し始めたらどうですか、役に立ちますよ。

18. 依存症のひとたちが地球といっしょにアセンションできますか?なにかに依存性であったり、行動が依存性でも、それに前向きに対応しているひとたちは、波動が高まるにつれ力が増幅されるので恩恵を受けることができます。ほかの種類の肉体的、感情的な欠陥や虚弱性が、地球の目的地のより高い波動密度の中では存在できないように、第三密度の依存症も存在できません。光を受け入れるひとたちの中で、地球のアセンションが進むに連れて癒されていきます。

19. 幾人の魂が、地球とその目的地までずっと一緒にいくのか、僕たちは言えません。なぜなら、未知の変わりうることがたくさんあるからです。元々の魂の合意規定、未完の合意、修正された合意、自己(セルフ)のみに影響する自由意志による選択、そしてほかの多数の魂たちに大いに影響を与える選択です。

20. 100歳まで生きる自信があって、地球上の天国に暮らそうと思っている親愛なる女性に対して、あなたの魂の合意を知りませんが、これだけは言えます。あなたの黄金時代に生きようという意思がそのための最善の道です。でも、もしあなたの合意ではそうなっていなかったら、そのときはこの惑星を訪れることを楽しみにできるでしょう。黄金時代の素晴らしいことのひとつは、かつて頻繁に行われていたニルヴァーナと地球の間の自由な旅の復活です。またそれと同時に両世界の住人たちのあいだのテレパシー交信も復活されます。

21. どの人や情報源が信用できるのかとか、腐敗や欺瞞がすべてなくなるのをどうやって知るのかといった疑惑を一掃してくれる「信号」を待っているひとたちには、こころの内に入って行くのですと言います。必要な答えはすべて魂の中にあります・・魂が意識に送ってくるメッセージを信じることを学ぶことです。

22. あなたたちの世界のこの重大で希有な時期に起きてくる特定の出来事に関心をもつのは分かりますが、僕たちとほかの光の魂たちがこれまであなたたちに伝えて来ている進展の必然的な成り行きに改めて加える「新しいニュース」は実際ありません。各国政府と経済の改革プロセスは速いスピードで進んでいます。それはまだほとんど一般からは見えていませんが、古く崩壊しているシステムを終結し、あらゆるひとびとと地球自身にはるかによりよく仕える新しいシステムを導入するためです。バラク・オバマの背後にある強力な勢いは、組織的な中傷と有権者が何を信じていいか混乱したことでちょっと紆余曲折しましたが、その勢いはそのエネルギーをまったく失っていません。戦闘と戦死は続くでしょう。でもそれらが全面戦争に発展することはありません。ますます多くの魂たちが「光を見る」ようになり、闇に引き入れられ前にUターンしています。その中にはイルミナティのメンバーからの脱離者もいます。地球のアセンション速度は、ほかのすべてのものと同様に、加速されつつあります。この惑星のネガティビティ(破壊的エネルギー)による圧力を解放するために、嵐や洪水、火事、地震がひきつづき起きるでしょう。メディアをコントロール(支配)している者たちの支配力がますます弱くなって、真実を伝える報道が増えてくるでしょう。”9・11”の真相をしっかりと塞いでいた蓋(ふた)が外されるのも時間の問題です。

23. しかし、世界変容の規模からすれば、そのプロセスの進展には時間が掛かります。でもそうすることで、混乱ではなく秩序が、いま起こりつつあるかつてない変化から生まれてくるのです。最上位の闇の存在たちの、あなたたちの中にいる迷えるレプタリアンたちも含めて、自分たちの地位を保とうする努力はすべて徒労に終わりますが、かれらは、言わば、最後の息の根が止まるまで抵抗するでしょう。時空連続体のなかでは、直線時間のなかでこの瞬間あなたたちが供に創造している地球の黄金時代はすでに存在していることを知って、あなたたちの光のパワーを高めましょう。この宇宙全体の光の存在が、あなたたちの一歩一歩を愛情をもって支えるためにあなたたちと供にいます。
        ______________________

原文:Matthew's Message
訳文責: 森田 玄
マシュー君のメッセージ

アイディッシュからのメッセージ

2008年09月08日
ある方にメールを打ち終わって送信した直後から、急にピキーという宇宙の高次元のエネルギーを感じる際の独特な音が私の耳の奥で鳴り響きました。

「どなたですか?」と私が尋ねると

「アイディッシュがあなたに対して祈りをささげているところです。」と優しいお言葉が返ってきました。




天の川に近い銀河宇宙から、あなたに向かって祈りをささげています。距離も時も関係なく、祈りによるエネルギーは、愛が深く大きければ大きいほど、個人的な祈りであっても、宇宙の神も地球の神も携わってくれるために、あなたに届くときにはこのようにそれはそれは絶大なるエネルギーの強さになります。今、あなたの受けているこのエネルギーは光でもあります。愛は光です。美しい光なのです。

今、あなたは気がついて頭を前後左右に振りましたが、先ほど感じた痛みも伴うような強烈に肉体を包み込み体の中心を貫くようなものすごい力のこの光は、だんだんとあなたの体になじんできているのを感じたことでしょう。それでもまだ、この強い光のエネルギーは、あなたの肉体には不調和を起こしてしまうために、もうしばらくはこうしてすっかりとなじんで調和が保てるようになるまで、それなりにしんどい状態が続くことになるでしょう。そして、徐々に肉体が馴染んでいき、すっかりとなじんで調和した時には、さらに肉体の波動が高まるために、より軽やかで最良な感覚になるわけです。これまでもこのような経験をあなたは何度も積んできたわけですから、まったく不安には陥ることなく、私を信頼してこうして委ねてくださるわけですが、なかなかこの感覚を肉体をもつ地球人類のみなさんにわかっていただくことが、やはりむずかしいものであると感じています。

今、また急激に地球の世の表面的な物質的状況が変貌を遂げるために、さらなる様々な出来事が表出します。そして、その中でも、混乱を招くようなことが多々出てくるでしょう。そんな時、あなたやあなたの同志のみなさんであるあなたのメッセージをこうして伝えられることを選択し、それなりに個々の状況に合わせて理解し共感し実生活に生かしているあなた方ライトワーカーのみなさんは、今以上に、日に日に高いエネルギーを受けていく必要がありますし、そのために強い光を受けることによって、エネルギーを受けて心身が調和できるようになるまでには、どいしても今のタエヌのような状態になるために多少の不調和が起きるので、軽い頭痛や耳鳴りのようなものやお腹を下したり体のふしぶしが痛くなったりだるくなったり眠くなったりするなど、日常生活には支障をきたすことはほとんどありませんが、ふと気持ちが落ち着いたときや肉体も心も休めた時や瞑想中などのリラックスしている時に、そのように感じることが時々あるはずです。

でも、これはとても素敵なことなのです。つまり、高次元の光である高い波動のエネルギーをたくさん与えられているという事実を体感しているのです。ただ、肉体がそのような光の波動になじまずついていけていないだけなのです。ただし、高次元の光はあなた方に無理な量を与えることはありません。受け取るのに十分な量だけ送られます。波動の法則によるものなのです。そして、その量も送られる頻度も、かつてないほどに頻繁に最大限のレベルで送られているのです。ですから、肉体がこのような状況になっても、どうかネガティブな意識にならないように努めてください。もしもがまんできるようでしたら、薬にはできるだけ頼らずに、しばらくの間、がまんできるようでしたらそのままそのエネルギーを受け止めてください。そして、肉体が調和するまで待つようにしてみてください。

ただし、もしもその感覚が嫌なものであると感じた時は、もちろんエネルギーを受け止めるのはやめてください。その際にはマイナスのエネルギーである可能性が高いですし、受け入れることによってさらに不調和を起こしてしまう可能性が高いのです。その際の、光のエネルギーと闇のエネルギーの見分け方は、その時点での自分自身の波動がどのような状態であるかということをチェックすることです。簡単にいえば、その時点での心の在り方がポジティブな感覚が強いかネガティブな感覚が強いかということです。つまり、先ほども述べましたように、ふと気持ちが落ち着いたときや肉体も心も休めた時や瞑想中などのリラックスしている時といった、ポジティブな状態の時に、肉体的な違和感を感じる場合に限るということになります。

心も肉体もリラックスして目を閉じて心を無にした瞬間、ふと言葉が湧いて出たり、感覚の玉が入ってきて何かがわかったり、内なる心が会話をしていたり話を聞いたりすることがあるかもしれません。それは、すべて高次元の存在からのメッセージだと信頼してください。特に、上記のようなエネルギー過多のような状態になっている時には、このようなメッセージをより具体的に知ることができる最大のチャンスなのです。

ちなみに、今、ここまでこのメッセージを読まれて少しでも理解し納得し共感してくださったみなさんのすべてはライトワーカーであり、すべてのみなさんの魂の本来の位置は4次元以上に存在し、そして、すべてのみなさんはいつでもタエヌのようにチャネラーとしてメッセージを言葉として降ろすことができるのです。あとは、もしもメッセージを少しでも直接感じて受け取りたいと思われたら、あとは自分自身と私のメッセージと宇宙の高次元の存在を信頼するということだけです。強く信頼するだけで、メッセージはより確実に受け取ることができるのです。そもそも実際は、あなた方は高次元の存在からのメッセージを受け取り、これまでの実生活においても行動にも思考にも生かしてきているのですが、気づかずにいるだけなのです。でも、そのメッセージに気づき、意図的に取り入れた方が、より実生活における波動を上げるために役立たせることができるようになりますし、自分のみならず、周囲の人へも伝えることができるようにもなるのです。

今、私のメッセージによって私と意識の波動がつながっているあなた方すべてのみなさんは、魂の位置が4次元もしくは5次元6次元、さらにそれ以上に高い所に在ります。どうか、私のメッセージを信頼してください。そして、あなた方個々が望めば、いつでも私のメッセージを受け取ることができるのです。そしてもちろん、私以外の高次元に存在するものから発されるすべてのメッセージを受け取ることができるのです。どうか、あなた方の魂を信頼してください。ここまで波動を高めてきたあなた自身を信頼してください。私と今こうして意識をつなげることができた方、つまり共感できている人すべてがライトワーカーです。




*今、こうしてメッセージを書き終えて私の肉体に意識をもどしてみましたら、2時間ほど前から感じていた肉体的な違和感であった軽い頭痛や頭の重さやけだるさや微熱があるような熱さは、ほとんど薄らいで肉体的に楽になりました。冒頭の文章に書いたように、メールをある人に書いている時には、そのメールを書き上げるだけで気持ち的にいっぱいいっぱいな感じだったので、そのメールには「今日は日記を書かないつもり」と書きました。でも結局は、自分自身に制限をしただけでして、私の気持ちに反して結果的にはこうしてメッセージをおろして書き上げることができましたし、その間の時間は保障されていました。本当はこうしてメッセージをおろして書き上げてできるだけ多くのみなさんに伝えることが、今の私にとってはもっともわくわくすることなわけですから、自ら制限するというネガティブなことをする必要はないことを、今、あらためて感じました…。それにしても、エネルギーが調和されて肉体的にすっきりしてきてはいますが、今日の午前中も畑で作業をしたために、その筋肉痛だけはあまり消えていません…。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

今日の日記

2008年09月05日
今日の午前中は今にも雨の降りそうな曇天でしたが、とても涼しかったためか、急に畑作業がしたくなって、妻とデンプ(3女仮名5歳)と3人で2kmほど離れた畑に行き、休憩なしで2時間ほど一気に作業を行いました。

8月中は猛暑だったために、収穫以外の作業はほとんどしなかったですし、夏前に植えたさつまいも・さといも・モロヘイヤ・大豆・黒豆・なす・ピーマンが植わっている場所以外の30坪ほどは、背丈が膝や腰までにも伸びている雑草で埋め尽くされていました。昨日も1時間半ほど作業しましたが、今日もスコップで土を掘り返して耕しながら草を取ってならした土に苦土石灰を蒔くという重労働を、滝のような汗を流しながら夏の間になまった筋肉を奮い起こして行いました。本当は、家庭菜園用の小さな耕運機があれば簡単にできるのですが、安くても6万円近くもするので、今の我が家の経済状況ではとても手の届く金額ではありません。なにせ、今あるお金は今月末に支払う予定の家賃分を蓄えてあるのと、1,2週間分の食料がまかなえるくらいしかありませんから…。ですから、今、本当に究極の必要のみの金銭的な状態です。畑を始めた時から、耕運機は必要だから買っちゃえ!と何度も思いましたが、最も必要としている今という時点の経済状況からして、大きなギャンブルになるのに、とてもポジティブな気持ちで購入するには至らず、結果としては労働を選択しました。これまで、目の前の必要を選択してきたつもりでしたが、今回は必要である物質よりも少し先のネガティブな状況を考えた上での保守的な選択をしている自分が、ちょっと残念にも感じていますが、ネガティブな気持ちにはなっていないので良しとしたいと思っています…。

妻は育てている野菜周辺の草取り作業を行っている中、デンプはビニールシートを敷いて座り込み、収穫した大豆と黒豆のさやを割って豆を取り出す作業をしていました。すぐあきてしまうかな~と思っていたら、なんと1時間半ほど、黙々と作業を続けていました。なんだかやっぱりすごいなあと感心してしまいました。デンプは、保育園を夏休み中は一時的に退園して、9月から入園し直して通う予定でしたが、本人の希望で家庭にいることを選択しました。来月も行かない…と言っています。デンプは1歳の時から保育園に通っていましたが、我が子ながら驚くほどの友達からの人気ぶりでして、保育園の先生方も一目置いていました。とにかく、リーダーシップをとることが上手ですし、とてもしっかりしているので頼られる存在でもありました。我が家の上の子3人と比較してしまうと、別格という感じです。引っ越してから3か月ほど通った近所の保育園でも、すぐに打ち解けて友達もたくさんできましたし、楽しんで通っていました。でも…やっぱり我が家にいる方が楽しいとのことです。確かに、保育園の費用は今の時点ではもし支払っていたら結構やばかったのですが、そんなことは関係なく、親としては通園する方がデンプは楽しいだろうし、私も妻も仕事ははかどるのに…と思いましたが、とにかくデンプ様の意志を尊重することにしています。

借りている畑はそんな感じでして、少しずつ秋野菜の準備を進めています。すでに育苗用のポットではレタス・ブロッコリー・白菜の種をまいて、順調に芽が出て育っていますし、秋植え用のジャガイモの種イモやたくさんお野菜の種は用意してあります。ちなみに、我が家の庭にある10坪弱の畑は、それなりにきちんと管理してきました。今の時点では、ミニトマトやナスといった夏野菜がまだまだ収穫できますし、大豆もまもなく収穫できそうですし、小松菜・ホウレンソウ・かぶ・シソ・パセリ・ネギなども順調に育っています。それにしても、庭の畑ではちょこちょこ作業ができるのに対し、思った以上に2kmほど畑が離れているということが不便に感じますが、今の時点ではこれがベストだろうと思い、楽しんでいます。

今、体がやや筋肉痛で少々重くて握力が低下していて力が入りにくい状態ですし、とても眠くなってきました。本当は今日もメッセージを下ろして書き込みたいなあと思っていたのですが、なさけないことに、わずか2日間の短時間集中肉体労働をしただけで、そんな気力が失せている自分が在りました。もちろん、アセンションスペースシューリエのお仕事や家のルーチンワークなどは普通にこなしています。でも、私にとって今の時点でもっともわくわくする大切なお仕事であるチャネリングをしてメッセージを書き下ろすことが、霊力をたくさん使って特別な状態に波動を上げて集中して行うといったいつもの状況を作ろうとしても、目の前の実生活を優先すると、今日のような心身的に難しい状態になってしまうことは避けられないのが現実です。畑の修復作業は始まったばかりですが、きっとまた体が肉体労働に慣れてきて気候も涼しくなり、それほどきつく感じなくなって余裕が出てくるだろうと、ここ何年もずっと健康な状態を維持している自分自身の肉体と気力に期待しています。それにしても、ちょっとだけ日記を書こうと思っていたら、ずいぶんと長い日記になってしまいました…。
日記

すでにわかっている領域

2008年09月04日
新しいものを生み出すことも新しい状態にすることも、まだ未知のものであり知識も経験も自らの領域を越えている状態を作り出すことは、たくさんの努力が必要になるでしょうし、それなりに覚悟することも必要になるでしょう。特にたいへんであることは、魂の波動を高次元の位置からさらなる高次元の位置へと上げることは、並大抵の努力では成し遂げることは難しいでしょう。3次元から4次元へ、4次元から5次元へ。そして6次元、7次元・・・。次元が上がるごとに、それなりの多角的な経験と波動を上げるという大きな愛をめぐらせる経験が必要となっていきます。

あなた方の魂の状態はあなた方の魂がよく知っているわけでして、どの次元に位置するのかは十分に無意識の領域ではわかっています。それと同時に、今の時点での課題や転生してきた目的、そして、魂の次元を上げるにはどうすれば良いのかもわかっています。ただし、あなた方地球人類は、顕在意識ではそのことをほとんどわかっていません。

あなた方の魂は、今の波動よりも高い場合がほとんどです。同じ3次元に位置していても、前世における状態よりも低い人が多いというのが事実です。ただし、一部の人は、その前の転生した時よりも高くなり、3次元から4次元まで波動を高めている魂もあります。この魂から成る人間は、このまま順調に歩めば地球とともにアセンションすることができるでしょう。

今、日本人として転生している魂の中でもっとも多いのが、魂自体の波動の位置は4次元以上の状態である魂です。中には6次元や7次元など、はるかに高い位置に在る魂も今は波動を下げて3次元の世界の人間として転生しているということです。どうして、それほどまでに高い波動の魂が、わざわざこんなにもネガティブな世である3次元の地球を選んで転生したのかということは、これはすべての魂と目的は一緒でして、もちろん自分自身の魂の波動を上げるためです。

さて、先ほど述べましたように、人間の魂の中には、3次元の状態からより高い次元に上げるために今、人として地球上に存在している者がいます。そして、一部の者は4次元の世へとアセンションすることができるような状態にまで魂の状態を上げることができています。それにしても、このような魂はそれはそれはここまで来るまでに、様々な困難があったことでしょう。何度も挫折しそうになったりくじけそうになったりしながら、輪廻転生を繰り返していくうちに少しずつ波動を高めていき、今世ではそれらすべてのカルマの中でもネガティブなカルマを解消してきたわけですから、並大抵の努力ではない強靭的な精神力を要したことになります。

しかし、そうではなくて4次元以上の高次元に位置している魂を持ち、今の時点で地球人類として転生している人は、実際には魂の波動自体は高次元に位置しているわけですし、無意識や顕在意識においても、高次元的な意識を持っていますし、高次元に存在していた経験も記憶もあります。ですから、前に述べたような魂とは違って、地球がアセンションした世である4次元の世は、もうすでに存在したことのある領域でして、決してはじめてである新しい領域ではありません。また、一度は3次元の世を乗り越えて4次元以上の位置にまで魂を上げた経験も持ち合わせているわけですから、どのようにすればアセンションできるかということも、実はすでに知っていることなのです。

私はあえてあなた方、このタエヌの日記を読まれているすべてのみなさんに申しておきますが、あなた方すべてのみなさんの魂はすでに4次元以上の高次元に位置しています。私から見て、絶対に間違いはありません。そもそも、そのような魂を持ち合わせたみなさんのみが、このメッセージに触れることができるということもご承知ください。これは、すべてが波動の法則によるものであり、すべてが宇宙におけるあなた方が交わした約束でもあるのです。こうして、このようなメッセージやタエヌの日記により、意識を一つに結んで地球のアセンションに貢献しつつ、自らの魂を上げるために3次元の世においても波動を高めあっていこうという、魂同士の転生前から約束による必然の結びつきなのです。

もちろん、残念ながら、今世においての波動が高まらずに、この約束を果たせていない者もたくさんいます。また、この先に人としての縁を結んで約束を果たす者もいます。逆に、せっかくこうして意識を合わせることができたにもかかわらず、その後に波動が下がってしまい離れていく者もあります。どちらにしても、すべてが波動の法則、引き寄せの法則、愛のめぐりの法則、必要の法則などといった、宇宙の法則に基づくものでもあり、あなた方が交わした大きな愛による約束でもあるのです。

あなた方すべての魂が高次元に位置しているとはいっても、そのすべての記憶を持ち合わせて顕在意識に表出してしまっては、せっかくこうしてわざわざネガティブな重い波動を自らの選択でまとい、肉体というさらに重く動きずらいものをまとって、あえてネガティブな状況を作り出してまでも地球に転生してきた意味がなくなってしまうのです。あなた方は、自らの自由意思によって、地球におけるカルマの昇華や解消をすること、そして低い次元にて波動を高めるという武者修行によって魂を高めようという選択をしたのです。もちろんこれは宇宙の神の意でもあり、神による絶大なる愛という信頼関係によって、このような困難をも乗り越えられるだろうという、絶対的な信頼のもとの選択でもあります。

繰り返し申し上げますが、今、こうしてこの文章に触れているあなた方すべての魂は4次元以上の高次元に位置しています。だから、顕在意識よりも深い領域では、すでにアセンションをした経験があります。そして、あなた方の思う天国という世のような…はたまた想像を絶するような深い愛のみで包まれている神の世のような…そんな高次元の世をあなた方は知っているのです。そして、一度は経験しているために、自分の波動を高めていき魂の波動に近づけば近づくほど、その経験も魂の状態も転生してきた目的も、何もかもの記憶を少しずつ思い出すことができるようになっていきますし、すでにあなた方の多くは、自覚している以上に魂の高次元の記憶を思い出しています。そして、思い出すことさえできれば、より意識して行動するようになり、さらに近づいていくことができるようになっていくのです。徐々に徐々に全体的な波動は高まっていき、そしてある時振り返ってみると、すでに魂が高まってきている自分に気づいていくはずです。気づいて喜びを感じれば、さらなる喜びを求めてより幸せになるための道を選択していきます。

あなた方のたくさんの支援の中でも、今はフォトンベルトと称されている高く強い宇宙エネルギーという絶大なる絶対的な支援を得ることができます。これは、宇宙の中でもとても恵まれているたぐいまれな素晴らしい状態なのです。あなた方の愛の意識が高まり、それに乗じて宇宙エネルギーをより受け取ることができるようになり、神も仏も宇宙の存在も地球自体も、すべての高い次元のものたちからの支援も受けているために、あなた方はさらなる高い次元の波動に包まれることにより、急加速度的にアセンションへと向かい一気に上りつめているのです。そして、前だけを見て上り続けている途中にはあまり気がつくことのできないあなた自身の高い位置を、上りつめて後ろを振り返った時、その高い位置に、大いなる喜びと至福感を得ることができるでしょう。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

わくわくワールドの我が家

2008年09月03日
早朝の瞑想中に、ふと安房の国一ノ宮の安房神社に行きたくなりました。その後も朝食前後に何度も参拝に行きたい!というわくわく感が湧き上がり、結局、小中学校へ子どもたちを送りだしてひと仕事を終えた後、妻と3女デンプ(5歳仮名)と3人で行ってきました。

外房の海岸沿いの道をひたすら南下し、休憩をはさんで2時間ほどで安房神社に着きました。以前は館山に住みたかったために、2か月に1度くらいの割合で行き参拝しながら強くお願いをしていましたが、今回は半年ぶりの参拝となりました。これまで安房神社に参拝する際には、いつもとても穏やかなご神気を感じ、暖かいエネルギーに包まれて浄化される感覚になっていましたが、今回参拝している間はそのような感覚に加えて、頭上やこめかみ周辺に時々ずこんずこんとくるような、個人的に強いエネルギーをいただいている感覚になりました。なんだかやっぱり安房神社に参拝しに行って良かった!と嬉しくなりました。

実はもう一か所気になる場所があって、そこに行くことも今回の大きなわくわくでした。その場所は、4年ほど前に私が館山に住みたいと強く思いながら探しだした、私たち家族が住みたい場所である、海の見える小高い場所に広がる土地です。この場所には安房神社や洲崎神社への参拝に行くときには必ず寄っていましたが、昨年の10月頃に行った時には、ついにだれかに売れてしまったようで、売り地の看板が外されて土地を整備している状態になっていました。どちらにしても、もしも約1000坪ほどあるこの土地を購入して家を建てるとした場合には、きっと億くらいのお金が必要だろうなあ~と思っていましたので、宝くじが当たるとか何かよほどの幸運がもたらされない限りは無理だとも思っていましたわけですから、夢に抱いてポジティブになっていたそれまでの数年間に感謝して、あきらめることにしました。

でも、なんだかあきらめきれずに、ふと今日行ってみたら・・・確かに荒れ地だった土地が整理されて平らになっていたし1軒の家も建っていましたが、その家には人が住んでいる気配はまったくなくて、土地の入り口が柵で閉じられていました。そして、なんと売り地約760坪とか○○不動産管理地とかといった看板が、3か所ほど建てられていました…。なんだか状況は詳しくわかりませんでしたが、どうやらまだあの土地のすべてが売れていないだろうということだけはわかりました。

妻とその土地の前に車を止めて何度も確認し、帰宅時間を急がなければならない関係上、足早に帰宅しました。なんだか、帰宅中の運転中に、思わず嬉しくて嬉しくて、一度あきらめかけたはずなのに、私のわくわくワールドである理想の世では、またあの土地に我が家を建て始めていました。以前はペンションを経営したいと思っていたのですが、今はまったく興味はないので、今のお仕事を充実させるために、落ち着いた雰囲気で家族みんなが楽しめる家や環境作りが基本としたおおまかな計画の上に、とりあえず1軒建ててみました。もちろん畑もついています。

今私たち家族が住んでいる貸家は、今の時点では最高の住み心地でして、この地ならば一生住んでいたいとも感じていますので、この土地に点数をつけるならば今の時点では100点です。でも、やっぱり今日見に行った館山の土地も100点です。そんなわけでして、結局、今の時点では、3次元の世の現実と理想の世のわくわくワールドにおいて、結果的には両方の土地に同時に住んでわくわくしている状態です。
日記

サンフィア アトランティス

2008年09月02日
ここ最近あなたが感じているエネルギーの中で、あなたが最も敏感に感じて捉えているメッセージ的エネルギーは、あなたが今気づかれたように、あなたと同じアトランティスの世において地球に貢献するために地球で生きていた、アトランティス時代からの同志による集合的意識によって発しているメッセージであり、私たちの愛のエネルギーなのです。

昨日の日記にも書きましたとおり、そして、もうすでにあなたもご存じであることも知っていますが、地球における過去において存在していたアトランティス文明を生きた同志が、3次元の世の地球表面から脱して、他の惑星や地球内部に存在している者やその子孫たちが多く存在しています。このアトランティスの同志たちは、みなが愛が多く波動の高いものばかりが選ばれて、そして自らが選択して、今、こうしてそれぞれの場所に存在しつつ、故郷である地球の表面にある大地や自然やあなたがた人類などの生物を、心から愛おしく思って、できるだけ多くの存在がアセンションできるように、こうして祈り続けているのです。

地球の大地よりたくさんの恵みを与えていただいていることを、あなたがたは知っているはずですが、実際はあなた方の多くの方が感じている以上に、地球本体からのエネルギーも土や岩石などのあなた方が実際に触れている大地も、そして大地からの恵みであるたくさんの有機物も、あなた方の心身の健康や波動やエネルギーや魂の成長に対して、多大なる援助をしてくれているのです。そして、大地に根付く植物たちは、あなた方の多くが想像する以上に魂もエネルギーも発達しています。あなた方は、植物自体をそれほど命ある気高い存在として意識していない場合が多いようですが、植物たちはあなたがた人類と共存し調和するために、たくさんの愛を与えてくれています。今からでも遅くありませんので、もし、少しでも植物に対しての愛が足りないと感じている方は、あなたなりに植物に愛を注いでください。もし、これまでもたくさんの愛を与えていると思い、また愛を与えられていることを感じているあなたは、今まで以上にさらなる愛のめぐりを意識してください。大地の土や岩石や鉱物や海や川など、地球自体のエネルギーを発したりネガティブなエネルギーを浄化したり宇宙エネルギーを取り入れたり保存したり発したりする役割を持っている、いわゆる地球の地肌を、もっと大切にしてください。コンクリートやアスファルトに塗り固められて鉄で覆われていて…地球はとても苦しい思いをしています。そして、何よりもその苦しい思いは、そのようにしてしまった地球人類に対するカルマとしてすべてが跳ね返ってきています。

地球全体の浄化のために、アセンションのために、大地は揺れ動き天はこれまで以上に荒れることが多く、ネガティブな人の波動も人以外の生物の波動も浄化して地球上から存在位置を移すために、変化を促したり魂を移動させるために物質的に存在することを止める選択をとるための疫病や事故や災害といった手段を示したりするために、まもなく地球は一気に変革が進んでいくことになるでしょう。実際はすでに今の段階でも進行中ですが、まだ規模が小さいために、これまでと大きな違いに気づいている地球人類は少ないと感じています。でも、もうすでに始まっているし、それなりの状況にまで進んでいることは確かであるということを、少しでもよいですから意識されることをお勧めします。もちろん、このようなことを不安や恐怖などの低い波動を発してしまうような受容をされる方は、この情報は削除することをお勧めしますが…。

もっとも美しく素晴らしい愛にあふれていた頃のアトランティスの世のあの時代では、あなた方の今の世のように普通にあふれているネガティブなことは、ほとんど存在していませんでした。しかし、そんな時代がもし長く続いていたのでしたら、アトランティスが滅び海の底に沈むことはありませんでした。分かりやすくたとえるならば、4次元にほど近い世から3次元におけるとても低い位置にまで全体的な波動が落ちてしまったために、アトランティスは自滅の道を選択してしまったのです。それでも、私たちのようにこうして生き残っている者がおります。私たちは、愛を多く保ち私たちなりに愛をめぐらせようとしていた数少ない人類だったのです。

あなた方の多くの方が感じられている以上に、宇宙の文明は発達しています。あなた方の知識や想像ではその文明の発達の程度を知ることは難しいでしょう。そして、あなた方の多くの方が思っている以上に、宇宙ファミリーはあなた方地球人類を愛してくれているのです。その宇宙ファミリーが私たちを助けてくれて安全な地へと届けてくれたのです。

私たちはあなた方の一人でも多くの人とともに、魂同士の交流がしたいのです。そして、私たちアトランティス時代の同志たちは、またあの地球の大地をポジティブな思いで踏みしめて、あなた方とともに愛と自由と平和の歌を歌いたいのです。

もともとあなた方も私たちも宇宙の存在すべても神も、何もかもはひとつでつながっているのです。その中でも、私たちとあなた方とは、地球に存在していたという物質的なDNAにおいてもつながっているので、より親密なつながりがあると思っています。だから、余計にあなたがたを家族として友達として同志として、親しみの愛の気持ちを持って応援しているのです。

サンフィア アトランティス  ~アトランティスの良き時代よもう一度~
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

ゥムーンル ストーラハーム

2008年09月01日
‘ゥムーンル ストーラハーム
 ゥムーンル ストーラハーム
 ハニーマスル- ストーラハーンムルー’




とても懐かしい地の響き
アトランティスの歌
神にささげる歌

遠く宇宙の星に去って行ってしまった
アトランティスの仲間たち
今も地球を思い
こうして歌い続け祈り続けている

地球に残り地の底に暮らす者も
遠い星に行った者と同様に
地球表面に住む3次元の世を愛しく想う

そしてあなた方地球の表面に輪廻転生することを選んだ者たちの
なんとも勇気のある選択に
わが身を惜しまずに捧げるあなたがたに
愛の歌を祈りとともに送る



‘ゥムーンル ストーラハーム
 ゥムーンル ストーラハーム
 ハニーマスル- ストーラハーンムルー’








*この歌(‘ゥムーンル ストーラハーム ゥムーンル ストーラハーム ハニーマスルー ストーラハーンムルー’)にはメロディーがあります。楽譜を載せられればメロディーを紹介できるのですが、楽譜を載せる手段がわかりません。私はこの歌を知っていますが、今の時点ではなぜだかこの歌の意味を思い出せません…。でも、なんともいえない奥深い歌だということは感じています。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

気分爽快♪

2008年09月01日
先週は高次元の方からのメッセージを書きあげている最中やその直後にも感じていましたが、これまで以上に高いエネルギーの波動や私にとっては新しい質の波動の存在とつながることができたことに、大いなる喜びを与えていただきました。そして、30日土曜日には、たぶんこれまでの中では最も長い時間を高い波動の中で過ごしつつ霊力を使うといった素晴らしい経験をすることができました。そのために先週1週間の霊的な疲労はかなり大きかったようで、霊的な力や精神力はほとんど使う気持ちになれず、メールもコメントもお休みして、昨日はただ単にのんびりとした普通の休日であるすべてを休める一日となりました。

30日の日中は、私は私で素晴らしい経験をしている間、3人の娘と妻の4人は「崖の上のポニョ」を映画館に観にいっていました。次女のアマンダ(小2仮名)は最後の方になって少し気持ちが緩んでしまったようですが、5歳のデンプ(3女仮名)は最初から最後までずーっと集中して見ていたそうです。なんだか本当に面白かったようで、ここ数日は何かというとその話題で盛り上がっていました。

昨日の日曜日は、午前中に買い物に出かけた以外はのんびりと過ごしていました。そんな中、長女は24時間テレビがおもしろいようでよく見ていましたが、私も気が向くと一緒に見ていました。夕方の6時半過ぎだと思いますが、夕食を終えてだらりとしてながらテレビを見ていた時、な…なんと、私が教員時代に初任から約5年間と教員生活の最後の1年に再度移動して勤務していた、私にとっては教員生活の最後の場所となった県立M学校(肢体不自由で車いすを使って生活する子の多い学校です)が画面に映りました。しかも、ヤンクミをはじめとする‘ごくせん’のメンバーと一緒に翼をくださいを歌ったり演奏したりするという、大きな企画でした。今朝のズームインでも特集していましたが、私にとっては最も思い出深い勤務校でもありますし、昨日武道館に上がったメンバーの中には、私の最後の年に担任していた教え子もいましたので、かなり私の中では興奮してしまいました。(Mちゃ~ん!リコーダーの演奏、素敵だったよ~!!)私にとっては子どもたちの元気な姿を見ることができたことや素敵な経験をしている様子にも感激しましたが、学校の駐車場や教室や自活室やプレイルームなど、本当になつかしくて温かい気持ちになりました。

今朝は、寝起きからすっきり。最高の状態です。いつもそうですが、高い波動の中での霊的疲労を経験した後に肉体や精神が調和された状態になると、またひとつの段階が上がって肉体や精神のアセンションが進んだことを実感できるような感覚になります。 そして、そんな爽快な気分の中、今もそうですが、文章を書きたいし畑の仕事はしたいし・・・などなど、あれもこれもやりたいと、心も体もやりたいことだらけで超わくわくしています。
日記
 | HOME |