FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スピリチュアルなこと

2008年06月18日
スピリチュアルなこととはいったい具体的にはどういうことなのでしょうか。スピリチュアルという言葉の意味を広辞苑には次のように載っていました①精神的・霊的 ②アメリカの宗教的な民衆歌曲。白人霊歌・黒人霊歌・ゴスペルーソングなど。

でも、私はもっと総合的にとらえて日頃からスピリチュアルという言葉を使っています。つまり、私が定義するスピリチュアルとはどのようなことかといいますと、「(宇宙における)より根本的なこと」という意味になります。ここで(宇宙における)と書いた理由は、宇宙においては非文明的ともいえる現段階の地球上の知識や理屈においての根本的なこととはいっても、表面的なことや浅はかなことやそのように教え込まれたことなどといったネガティブ(部分的)なものである事実が多いために、地球上における人類の意味付けされてきた固定観念や価値感覚による物質的世界の中で根本とされていることの多くはこの根本には入らず、本来の宇宙の中における根本的なことという意味になります。

人間の根本は魂です。魂の根本は宇宙です。魂を表現するときにオーラや波動も含まれていきます。魂は宇宙に存在しているすべての魂とつながっています。その魂の中でも、地球上の生物の魂はもとより、霊・神・仏・地球に関わっている地球外生物などがとても身近な魂であるということになります。ですから、ここに挙げた「魂」「宇宙」「オーラ」「波動」「霊」「神」「仏」「地球内外生物」は、スピリチュアルな観点の意味付けをするときによく使われるのは、当然なこととなります。

地球人として経験していて最も実感できる3次元の世における現実といわれている物質的な世界の根本は、すべての人類が同時進行している多次元的な世界の映し出しによるものであって、3次元的な現実世界よりも先に多次元的な世界において実現していることなのです。そして、この多次元的な世界は、その人自身の3次元の世における思考や価値観や固定観念や波動などの状態によっても作り上げられていきますが、思考やイメージといった顕在意識のみではなくて、潜在意識や無意識も関わってくるので、ただ単に空想の世界を自分の理想の世界としてイメージし続ければ物質世界に映し出されるかといえば、そうとも言い切れない場合も多々あります。つまり、魂の転生した目的やカルマもからんでくるために、さらに広い範囲における中で「魂自体が自己成長のためにもっとも最良の選択をした内容」が、3次元の世の目の前に起きている物質的な現実世界なのです。

よく、現実世界は自分の望んだことが映し出された世界であると表現されることがあります。確かにその通りですが、人によっては「自分の望んだこと」の意味を、「思考により望んだこと」のみであると勘違いしている方もいるようです。もちろん思考により望んだ理想をふくらましたりイメージしたりすることは大切ですし、最も表面的なレベルでは操作しやすいですが、よりスピリチュアルな観点で捉えて表現しますとそういった思考やイメージも含めた上で「魂が望んだことが現実世界に映し出される」ということになります。つまり、魂が望むことと思考による理想とが一致していれば、最も早くより具体的に現実化していくわけですが、そうではなくて理想や希望にエゴが多く含まれているなどの魂が成長するにはふさわしくないような内容であった場合には、物質世界における現実化する可能性は低いということになります。

一般的にスピリチュアルという言葉の意味を日本人が捉えるとき、心霊的・宗教的・目に見えない物ごと・神仏的・ちょっと怖いこと・神秘的・謎・変なこと・現実的でないこと・空想の世界などという感じの方が多いかと思いますし、今の世とは少し違った観点のこととか非現実的なことであるとかと思われる方が少なくないかと思います。でも、本当は最も現実的であるわけでして、3次元の物質的な世界を自分自身がよりポジティブで理想に近い状態に映し出して経験するためには、物質的なことを理想に近づけようとすることも大切ではありますが、それ以上に、すべての根本であるよりスピリチュアルな観点で物事を捉えるように努め、さらにより実生活に生かしてよりポジティブに日々を過ごすようにした方が、より実現される可能性が高くなることになります。そして、本来は高次元に位置している自分自身の本質である魂の高い波動と、自ら望んで魂の波動を落としてまでも魂を最長させるために3次元のネガティブな世において転生してきた中においてここまでの経験で培ってきた人間としての波動とが、より近づいていればいるほど、理想の世界を映し出すことができるということになります。もちろん、理想の世界とは物質的に裕福か否かということだけではなく、根本は愛がどれだけ大きく深く広くめぐっているかという観点になるわけです。

最後になりますが、今の世の中をスピリチュアルな観点で捉えるときの最もわかりやすい留意点とは「アセンションを意識する」ことです。地球がアセンションする際にどのようになっていくかという根本である知識ががある程度以上分かっていて当てはめてみれば、すべてがポジティブなこととして受容できるはずです。

スポンサーサイト



スピリチュアル

風邪をひいたときに&風邪をひかないようにするために

2008年06月18日
デンプ(三女5歳仮名)が私や妻に対して「~ちゃんが風邪ひいて(病気で)保育園休んだよ。邪気がいぱいになっちゃったんだね~」というような話を時々ですがすることがあります。友達が休むたびにこのような表現をするかというとそうではなくて、デンプ自身がそのように感じた時に話しているようですし、家族の中ではそんなちょっとスピリチュアルな言葉で表現をしますが、外ではしていないようです。。

咳、のどの痛み、頭痛、発熱、吐き気などの不調和による身体の諸症状により、心身がネガティブに感じることを現代の医学的には風邪と総称されることが多いようですが、私の理解しているスピリチュアルな観点からみますと、この風邪と称されることに至った要因は、大きく分けて2つあると思っています。

1つは、プラスのエネルギーを多く受けすぎてしまったために肉体の不調和となって表れた時。この場合は、普通に実生活を送っていれば徐々に回復していきますし、回復して体がさらなる高い次元のエネルギーに順応した時、これまで以上にポジティブな気持ちが生じて波動も高まります。風邪の諸症状のようなことは確かに多少のつらさがありますが、それでも気持ちはなえずに元気であることが特徴です。

もう1つは、ほとんどの風邪と称される病の要因になると思いますが、冒頭にデンプが慈悲の気持ちを表して話したような、邪気(低い波動)が要因となったことです。邪気が徐々に肉体レベルにもたまってしまったために、それを除去するための肉体が自己治癒力から起こす行動に、咳をするというのがそれなりに即効性がありますし、一気にたまった場合には嘔吐することが最もよく生じる行動ということになります。また、全身の不調和が発熱となってあらわれることもあります。

自分自身の低い波動が自分の身体をネガティブにしてしまったという場合以外の要因として、頭痛は主に自分自身や他の人や場所から邪気や邪念を受けてしまった場合に起こりやすいです。特に、後頭部周辺は未成仏霊、こめかみ周辺は生きている人の邪気邪念が影響して痛みとして現れることが多いです。

もし風邪と称される諸症状によりネガティブな状態になった時、自身の波動が下がっているとか波動の低い場所や人や未成仏霊等のネガティブなエネルギーの影響を受けてしまっていることが要因であるだろうとかと感じられた際には、次のような対処法をお勧めします。

・できるだけ気持ちが休まる場所にてゆっくりと休むこと。そして、もし部屋のように密閉されているような環境の場合は、できるだけ換気をするようにして、邪気を追い出し新鮮な地球や宇宙のエネルギーに入れ替えるること。

・お風呂にゆっくりとつかって邪気を浄化すること。(発熱が高すぎた場合はお勧めしません)そして、できるだけしっかりと洗って、表面についている邪気を洗い流すこと。

・果物を多く摂取すること。肉体的な自然治癒力がさらに高まります。そして、水分をたくさん摂ること。体内の邪気を浄化してくれるし、汗や排泄により邪気を外に出してくれます。逆に動物や魚などの肉類、卵や牛乳は、波動が荒い食物なのでできるだけ避けた方が良いです。

風邪をひいたからお風呂に入らない方が良いとか、部屋を暖めるために換気をしないでいるとか、できるだけ栄養あるものを摂取しようとして動物性のものを摂取してしまうとか、そういったことを私が子どものころには母が選択して施してくれていましたが、今の私は現段階までの様々な学びの中で、本来の対処法の中の基本となることとして上記の3つのことを提唱するに至りました。

もちろん、このようなことは、風邪とか病気だとかと自覚するほどの不調和を起こした時のみならず、日常的に意識して実践すると良いでしょうし、我が家ではもらい邪気が多いとか違和感や不調和のようなものを少しでも感じたような時には、その時点で直感的に必要と感じた方法で、上アkに努めています。

風邪をひいてしまって病気であると自覚したような場合、たぶん、もっとも身体上でポジティブに感じるための即効性のあるものとして、薬を摂取することも一般的ではありますし、良いことなのかもしれませんが、病気の根本的な解決に至るかどうかはわかりません。ただし、薬によって一時的にでもネガティブな状態から解放されることにより波動がポジティブになることで、浄化が進み波動が高まって心身共によりポジティブな状態を招いてくれるという観点では、摂取しても良いのかと私は捉えています。ただし、依存につながってしまったり、常用してしまったりすると、まったくの逆効果であるとも私は思っています。

デンプもそうですがアマンダ(次女小2仮名)も小6の長女も、スピリチュアルな視点で様々な物事を捉えて実生活に役立てていると感じられる場面が多々あります。3人とも、もともとがインディゴチルドレンやクリスタルチルドレンという分類に当てはまるような子たちですから、よりスピリチュアルな観点を分析して表現できるようになってきたとか、より実生活に生かせるようになってきたという方が適切な表現かとも思います。中でも、病気や怪我といった邪気がたまってしまったり強かったりしたときにそれが要因としてすぐに現実化することに関しては、その因果関係をあたりまえのように理解して行動いるのがよくわかります。

もちろん、私も妻もそのようにしているつもりです。だから、もし邪気を受けてしまっている、または自分の波動が下がっているとかと感じた時、できるだけ瞬時に、もしくは一日の終わりが近い時で自宅から外には出ない時までに、上記の3点の方法を基本としてその時に合った方法の中で、邪気を浄化や除去できる最も良いとされる方法を選択して行動することにより、日々の健康を手に入れることに努めています。

ちなみに長男はとても3次元的な現実的であり世間的な価値観や固定観念の中で存在していますが、行動は他の5人に合わせようとしていますし、私や妻の邪気払いの指摘には従って行動しています。それでも長男には邪気が残っていることが多いのですが、我が家のヒーラー5人がかりで癒しているというのが現状です。もちろん本人はあまり気づいていないようですが…。

その結果として、少なくともここ3,4年は家族みんな見事に健康です。しいて言えば虫歯で私とアマンダが医者にかかったことと、デンプが2年ほど前に一度だけ小児科医に診てもらったことはありますが、それ以外は心身のネガティブな状況になっても医者や薬の力を必要とすることなく、すぐに家族内で解決できています。

スピリチュアルな観点をそれなりに多く取り入れている我が家の実生活を送っている様子の中でも、今回は健康に関しての一部の内容を紹介してみました。
スピリチュアル
 | HOME |