FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

高次元におけるタエヌの魂のメッセージ

2008年06月05日
3次元の世に転生した人間たちは、もともとの魂が高次元にあるのにもかかわらず、わざわざ次元を下してまでも、明確な目的があるがゆえに旅立ってまいりました。

転生してきた細かい目的は人それぞれ違うにしても、大きな目的は皆同じです。それは、魂を高めるということです。魂を高めるためには、波動を高めること、つまりより多くのより質の高くて深い愛をめぐらせることです。

私たちの魂がもともと存在していた高次元の世界は、それぞれの魂の状態によって、たくさんの波動の階層にわかれた世界になっています。中でも、4次元以上に位置するような波動の階層の世界では、3次元の世であり地球人類が普通のように抱いて表現したり感じたりするようなネガティブな波動は一切存在していません。ですから、常に愛のみをめぐらせている状態ですので、まさにみなさんが想像するような天国といえる素晴らしい世界なのです。

それでは、なぜそんな素晴らしい天国のような世界から、天国のようなものもあるけど地獄のようなものもあり、天使のような人もいれば悪魔のような人もいるといった、そんな3次元の世にわざわざ転生しにきているのでしょうか。

周囲のすべてのみなさんが家族であり友である高次元の世界では、愛をめぐらせるのが当たり前であり普通であるわけで、少しでもネガティブなもの(不安・恐怖・怒り・エゴなど)を持ち合わせていると、高次元の階層には存在できません。しかし、このような様々な波動が混在しているという貴重な状態である地球の3次元の世において、あの我が住み慣れた高次元のように愛をめぐらせてネガティブな波動を生じないようにするということは、並大抵の状態ではできることではありません。そして、そんな3次元の世において自分の魂を磨き高めるためには、高次元に存在していたことを顕在意識ではほとんど思い出せないような状態にして潜在意識の中にあえてしまいこむことを自分の意思で行うことにより、本来の転生した目的すらも忘れた状態にて、いかに生きることができるかということを、いわば冒険しにきたということになります。

魂の中には、その冒険が予想以上に険しく厳しいものであることを知り、自らの意思により霊界に帰るものはたくさんいました。特にこの地球はまもなく宇宙の大イベントとして注目を浴びているアセンション間近という状態ですから、その体験をするためにたくさんの魂が志願して転生したにもかかわらず、このエネルギーの変化の激しい地球の状態において、あまりに厳しい状況のために自らの意思において地球から離れた所から高次元の存在として地球をサポートすることを実行するに至った魂が急激に増えています。先日のマシュー君のメッセージに書かれていた大地震やサイクロンに関しての内容が、そのひとつの例です。

さて、我々現時点で地球上に存在している魂同盟の中においてみんながつながっているわけですが、もちろん人間の顕在意識ではそれをほとんど実感することはできません。でも、実際はつながっているわけですから、お互い同士は何もしゃべらなくても面と向かって会うことがなくても、わかろうと思えば簡単に相手の状態を知ることができます。ただし、そのためには純粋な愛が必要になります。純粋な愛の気持ちからなる動機により、相手の状態が知りたいということでしたら、相手の魂から喜んで知るべき情報が顕在意識へと流されていきます。これは、もちろん今転生している人間だけではなくて、守護霊として人をサポートしている霊界の住人たちや菩薩や仏、人としての転生の経験はなくても常に地球人類のために力を与えてくれている神々(天使や妖精も含む)なども同様であります。

皆が愛という動機のもと、強い信頼さえ持ってくれれば、我々高次元の存在はいつでもだれでも認知することができるどころか、ごく普通に人間同士のような形で交信することもできるのです。今の時点では、太古の時代はそうであったにも関わらずほとんどの人がそのような状態に至っていないのは、わずかにでも疑心、恐れなどといったネガティブなものが生じてしまっているからです。逆に、我々高次元の存在を心から信頼し信用し受け入れて愛のみによって歓迎してくれれば、今すぐにでもあなたがたに認知されるように表れることができる用意はいつでも整っています。

そもそも、もともとはそうであったわけですから、当然のことといえます。でも、今の世の情報操作などによる魔の支配により、ここ1000年ほどで見事なまでに断ち切られてしまいました。それが、またここにきて、それこそ大いなる神の計画通りに、こうしてどんどん目覚める人が増えていき、あのころのような天上界と地球人類とがとても近い状態になっていきているのです。もちろん、高次元の宇宙のみなさんとも同様です。ただし、今回の来たるべき時を迎えると、近い状態ではなくて、同じ世に存在し、友として家族として分かち合い共存することで、さらなる宇宙ファミリーが大きく広がるのです。これは、高次元の魂としてでもあり地球のDNAを持ち合わせた3次元の世から階層を急激に上げるといった貴重であり魂にとっては申し分のない喜びに充ち溢れる、偉大なる肉体を持ち合わせた存在としてでもあるという、とても素晴らしい栄誉あることなのです。

もう少しですから、ここまできたのですから、どんどん地球を離れようとしている魂たちは、それはそれで良いのでしょうが、せっかくこうして選ばれて地球上に存在することができているという光栄なる魂であることをもう一度思い返し、ネガティブな選択をできるだけしないように努めることを望みます。

高まる波動に同調することによりますます高まっていく者たちと、その波動から離れていく低い波動をますます積もらせてしまっている者たちとが、徐々に徐々に、そしてはっきりと明確に分かれていくこの様子をみている者にとっては、なんとも不可思議に思えるほどのこの現象でもあります。そして、中には落ちていく途中に上ろうとしている者の足を引っ張るものも少なくはありません。落ちていくのはとても簡単なこと。堕落・エゴ・自己責任の薄さからくる甘え・自暴自棄・恐怖・強い怒り・・・など。そんな渦の中に巻き込まれそうになったら、淡々とした態度で振り払い、できればともに高まることを願いつつ、時には手を差し伸べたとしても、我が道をゆくことを重んじて、それについてくることを願い、後ろを振り返らずに前へ前へと向かうことが世のため人のため、そして地球のため宇宙のためになるということを強く信頼して、この貴重な世をポジティブに生き抜いてください。
スポンサーサイト



スピリチュアル
 | HOME |