05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

アミより

2008年06月30日
もう少し軽く構えてもいいのかもしれないね。あれもこれもに全霊を傾けてしまうとやっぱり疲れちゃうから。結局は、全霊を傾けながら軽くしたりしっかりと霊力を使ったりするように振り分けているわけだけど、その都度自分自身を最高の状態に持っていこうとすることがとてもたいへんだろうということを言いたいんだよ。あなたの好きな野球を例にすれば、リリーフピッチャーみたいなものだよ。準備が大切だけど、いつどうするかわからない状況で準備していると、気が気じゃないんだよね。でも、それができる人はきちんとこなせるし、そうでないタイプは先発投手とか違う役目に回るわけだから。いろいろなタイプの人がいるからすべてが調和されるんだよね。

明日のこと明日のことって言うけど、まあいいじゃない。今のことを考えていれば。分かっているっていうことも分かっているけど、気がつくと先を考えすぎるというこの癖がずいぶんと緩和されてきたけど、ぼくから見るとまだまだおもしろいくらいに先をみすぎてあれこれと迷っているんだよね。だから、大丈夫だっていうことを、もう一度考えなおして受け止めるようにした方がいいよ。

まだ先とはいえ、それはあなたが選択することであればそういうことに至るわけだけど、そうではなくてこの先に起こりうる事柄に関しては、これは考えるのではなくて予測がつくわかっていることでもあるわけだから、それがわかるとかそのためにどのように対処しようかとか心構えをしておこうとか、そういったことは普通に必要になるわけだけど、そこもわかるよね。

相対的に見て、あなたがしようとしていることは宇宙における進化した魂が普通にしていることだから、別に目新しいことではないし特別なことでもない、いわばあたりまえなことという捉えかたになるわけで、だから普通にこうやってあなたのお仕事を続けていればいいだけの話だよ。

あの宇宙にいた頃の話になると、ついついもう遠い出来事のように思えてしまうかもしれないけど、平行していることを思い出せば、今ということになるわけだから、もっと身近に感じて思いだしてね。みんなでこうして地球を中心に愛を送り続けて、その地球にこうして住むことにしたのだから、もっともっと地球を楽しんで地球人のこの体で宇宙を満喫しちゃおうよね。すぐ近くにいるあなたの友もあなたの大切な人たちも、あのような約束とか希望とか再会する喜びを味わうためのしくみとか、そんなことから発した地球上でのさらなる縁を、こうして楽しむに至っているのだから、それだけでもとても喜ばしいことだと思わないかい。だって、きっとあなた方地球的な見方をすれば、これって奇跡的な確率っていう、感動的なことでもあるよね。まあ、本当は宇宙における自らがしくんだ必然であるわけだけれど、自らが自らの罠にはまって驚くわけだから、これはまたこれでとてもおもしろいわけだよね。はははは~。

何気なく心を傾けて、なんとなく気になるあの人とは、もう何世代にもわたってともに地球の世で縁の合った人。でも、もちろんそれは約束して同じ時代の地球に生まれ地球上で会っているわけだからあたりまえであることになるわけだけど、こうしてちゃんと出会えるまで生き抜いて約束通りの波動の状態にまで上がってこれたから波動が同調して会えているわけだから、よくもまあこうしていつもこのネガティブな地球においても、人生というものを楽しんで波動を高められているなあと感心しているわけで、本当に尊敬しちゃうよね。

急にこうしてあなたに書いてもらったのは、あなたのことだけど実はあなた以外の人の多くにも当てはまることだからなんだよ。つまりね、本当に今のご縁がある人の多くは、いつかどこかでのご縁の続きとか約束とかカルマとか、そういった関係から成ることがめずらしくはないということなんだよ。そして、今世では、そのすべてが最後のカルマの解消するための清算ということになるわけだから、仲良くなろうが別れようが、縁が深くなろうが切れようが、とにかくあなたはわくわくすることを選択し続けていれば良いことであって、それがカルマを最高の形で果たすことになるわけだから、結果が地球の今の世の価値観としてどうであるかとか、この先を見据えての損得を考えるとか、そんな取り越し苦労やちっぽけな体裁なんていうネガティブなものから判断して無理したり道が逸れていったりしてしまうと、宇宙の神が与えてくれたせっかくのチャンスを逃したり台無しにしたりしてしまうかもしれないんだよ。そして、もう解消したはずのネガティブなカルマが、また新たに作られて、もう次の世ではどうなるかがわからないけど、少なくても今の世の縁の中で果たされなければ、また次の世まで今度は地球以外のまだ3次元である星に転生して持ち越されたカルマを果たすために出会うことになるわけだから、もしも地球を愛し自分の魂のすみやかな向上を望むなら、どのように選択をするかがおのずとわかってくるのではないかなあと思うんだ。

あなたを愛する人はたくさんいるわけだし、あなたが愛している人もたくさんいるわけだけれど、愛されたから愛さなければいけないわけではなく、愛したから愛されなくてはいけないわけでもない。愛は与えるまでがこちらのお役目で、それがどのようにめぐるかは相手任せで宇宙任せ。今、伝えたいことはこんなところまでかな~。 アミより
スポンサーサイト
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

浄化&補充はOK

2008年06月29日
心も体も、もう何年もとても元気で健康な状態は続いていますが、先週は霊的な力をたくさん使ったようで、霊的には疲労感がたまってしまいました。特に金曜日は東京の霞が関の家庭裁判所まで行って、金銭的な法的処理の最後となるお勤めをしてきましたが、この霊的な疲労は私にとって厳しいものでした。金曜日の内容はわずか5分ほどで簡単に終了しましたし、昨年9月から始まったこの法的な処理はすべてが順調に滞りなく進みましたが、なんといっても裁判所に来る強くネガティブな波動を発する人々の邪気の質も量もとても低くて、普段のなまぬる~い環境に身を置いている私にとっても妻にとっても、波動のとてつもなく大きいギャップの中、これでもうこの件はすべて終了というすがすがしい気持ちもありましたが、帰宅後は霊的な疲労でぐったりでした。それにしても、何度か妻と話しましたが、こうして東京のビル街にいっときでも身を置くのが、もしかしたらこれで最後かも。見おさめかな~・・・と本気で思いました。

昨日は、この1週間の浄化とエネルギー補充と家族の楽しみとを目的として、我が家から車で30分ほど離れた鵜原の理想郷と海岸へハイキングに出かけました。青空の下、数キロメートルのハイキングコースというちょとした運動量や、理想郷から眺める美しい景色や心地よい風、鵜原海岸の穏やかな海辺で過ごしたひとときは、本当に心から癒されて1週間の霊的疲労はすっとんでしまいました。

メールとかリサーチとかといったアセンションスペースシューリエのお仕事が、先週は思ったように行えなかったので、連絡が遅くなってしまった何人かのみなさまには、たいへん申し訳なく思っています。もう、すっかり普通に戻りましたので、今週は、はりきってお仕事に励みたいと思っていますのでどうぞよろしくお願いします。
日記

今日の夕食はポテトサラダ・トウモロコシの塩ゆで・おかひじきのおひたし・湯豆腐・トマト・わかめときゅうりの酢の物

2008年06月26日
4月に入って間もない頃、ホームセンターにて廃棄直前のジャガイモの種芋が特価100円で販売していましたが、長女が育てたいというので購入して、植え時期としては遅かったのですが、庭の畑に植えてみました。

そして昨日の夕方はその時に植えたジャガイモの初収穫として3分の1ほどを掘り起こすことにしました。アマンダは帰宅後すぐに同級生と待ち合わせをして網とバケツを持ってオタマジャクシや魚を採りに行ってしまったのでいませんでしたが、デンプと長女と一緒に掘り返してみたら、植え時期がずれたわりには見事に育ったジャガイモをたくさん収穫することができました。

早速、とりたてのジャガイモを夕飯でじゃがマーガリンにして食べましたが、甘くてほくほくだし皮が柔らかいので皮までおいしく食べられたので家族みんなで大満足でした。他のメニューでは、サラダに入れたきゅうりは畑で収穫した10本目くらいになる物ですが、この先にもっと暖かくなるともっとたくさん収穫できる予定です。だいこんも今が収穫時で、今回はぶりだいこんや甘酢漬けにして食べました。ミニトマトも、5個ほど赤くなったので今日初収穫する予定です。ミニトマトの6本の苗は私の背丈くらいにまで育ち、青い実をすでに数百個はつけているので、ミニトマト大好きな3人娘は収穫を心待ちにしています。一昨日はおかひじきを収穫しておひたしにしましたが、シャキシャキとした歯ごたえは最高でして、たくさんゆでたのにあっというまに食べつくしてしまいました。その他の野菜も順調でして、青菜やなすやネギもちょこちょこ収穫できていますし、まもなくレタスやピーマンなども収穫できそうです。

畑仕事は結構良い運動量を確保できるので、畑仕事をした日は散歩に行かないことが多いのですが、気分は散歩した時と同様でとてもポジティブな気分になります。庭の小さな畑はちょくちょく作業ができるのですが、2kmほど離れた所に借りている4,50坪の畑には3日に一度くらいしか行かないし、もともとが雑草のたくさん生えていた土地ですので、草を除去するだけでも結構時間がかかります。そういえば先日は、中3になる息子がめずらしく畑作業を手伝ってくれましたが、体力勝負の力仕事を任せたところ予想以上の速さでこなしてくれたので、若いもんがいるっていいなあ~と思いました。

昨日の夕食はブリ大根にブリのあらを使いましたが、それ以外は野菜のみのメニューでしたし、今朝の食事も肉類は残ったブリ大根の少しばかりのブリのみ。1年半ほど前までの我が家のメニューには、ほぼ毎食肉類が並んでいましたし、特に私や長男や長女は肉類が大好物でしたので、肉類を中心としたメニューがあたりまえでした。

たとえばチャーハンにウィンナーを入れたりラーメンにチャーシューを乗せたりパンにハムをはさんだりするなど、今でも時々牛や豚の肉類を出すことがありますが、子どもたちの様子を見たり話を聞いてみたりしてみると、どうやらこのような加工品ですらほとんど必要がなくなったように感じます。きっとまもなく我が家の食卓から肉類が消えることになるのでしょうが、調理人の私のメニューからは、まだ完全には肉類を消すことが選択できないでいます。でも、今の段階のわくわくはこんなところまでですから、この先もわくわくに従って家族が満足する食事を作り続けていきますが、ひと月先、半年先にはどのようなメニューを選択しているのかが楽しみです。

肉を食べることに関しては世間全体が縮小されていくように宇宙からサポートされている出来事が頻繁に起きているため、我が家の食卓に限らず、そういった外部からの影響からも日本の肉食の全体量がどんどん減り続けているという事実がとても嬉しく受容できます。食肉の偽装問題、燃料費高騰のためにイカやマグロなどの漁業が縮小されていることなど、一見ネガティブな事実に思えるようですが、スピリチュアルな観点で受容すれば、実際は肉食が減少していくとか豊富よりも必要が重んじられるなどといった、日本人にとってはアセンション現象が順調に進んでいるという、とてもポジティブなことであります。
日記

素敵なあなたへ ~2度目のメッセージ~

2008年06月25日
6月の涼風が窓からそよそよと流れ込み

心地よい気を運んでくれる

天の恵みの雨粒も

必要に応じて降り注ぐ

陽を浴びて育つ生き物たちは

求めなくとも与えられた必要を吸収して育む

ごく自然な流れの中のこの時期も

神が与えてくれた必要な季節


世の多くの人々の音が

ここのところ大きく揺れ動いていることを感じる

季節はいつものようにめぐっている

神は必要を与えてくれている

季節のせいではないのですよ

他の人のせいではないのですよ

世の中のせいではないのですよ


全てが自分の選択してきたこと

自分自身をしっかりと見つめて信頼すれば

自分も身の周りも世の中に起こることすべてのことも

素敵な理想の世界に近づいていく


宇宙においてはすべてが平等で

あなたの行動や思考に対しての制限も否定もおしつけもありません

すべてはあなた自身の自由

あなたは何をしても良い自由の身なのです


だから無理しないでね

もっと素敵を選択してね

不自由を制限を固定観念を自由だと勘違いしないでね


残りわずかな時間の中で

あなたのこの先に選択して歩む道によっては

あなたもあなたの家族もあなたにご縁のあるすべてのものも

さらにより大きな愛をめぐらせて

より光輝いて宇宙に溶け込むことができるのですよ


これまで魂が培ってきた素晴らしい波動により

あなたが周りに対して放つことができる光明のエネルギーは

あなたが感じている以上に大きなものなのです


だからそんなに小さなエネルギーをめぐらせることで満足するのはどうなのかな?

本当にこのままの道を歩むことで満足できているのかな?


素敵なあなたに対して

こうしてメッセージを送るのは2度目だけれど

きっとこれが個人宛としては

最後のアセンションメッセージ


がんばってね!

また同じ道を歩むようになったら一緒に語り合おうね!

いつでもあなたの帰りを待っているからね!

ありがとう!ありがとう!ありがとう!
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

霊界の真実 ~宇宙連合(主にハモンデウス)からのメッセージ~

2008年06月24日
何が真実であるかという問いに対して答えるならば、あなたが最も信頼したことがすべて真実であると答えます。ちなみにここで表す真実とは、宇宙本来の真実も含まれていますが、絶対的な真実だけではなくて、海のように広くて浅くもあり深くもある、全事実のことを指します。

大海原に出た時、周りを見渡しても、ブルーの穏やかな海の水以外には何も見えない時、この広く果てしない海のブルー全てが真実でありますが、そこには何一つ変わり映えのしない、ただただ同じブルーの水のみが存在します。でも、あなたの目に映るものがただ単にそれだけでしたら、それのみが真実ということになるのですが、同じ海を見ていても流れを感じる人、多少の色合いの違いを感じる人、時々通り過ぎる魚の群れが見える人、水平線のはるかかなたに人の住む街の気配を感じる人など、様々なはずです。このように、同じものを見ていても、その個々の洞察力によって、物の見方によって、経験によって、固定観念によって、波動によって、魂の状態によって、様々な捉え方があります。ですから、何か一つの物ごとを複数の人たちがとらえた時、これが真実であると論ずる必要はありません。人それぞれが違っていてあたりまえなのです。

ただし、ここまで述べてきたことは、地球上におけるこれまでの物質的な世界における真実についてのみです。この地球上にはとても高いポジティブなものから、とても低いネガティブなものまで、たくさんの階層の波動による物質的な物事があふれかえっているわけですから、その中で同じように様々な幅のある波動を持ち合わせているあなたがた地球人類にとっては、このような真実についての意味があてはまるということになります。

しかし、宇宙における真実とは、このようにたくさんあるような複雑なものではありません。すべての宇宙における真実はいたってシンプルであります。その、大きな違いとは、物事が偽りか正義かとか、嘘か誠かなどといった見極める必要がないということです。本来の宇宙的なスピリチュアルな観点で物事を捉えてみると、たとえどんなに複雑のようにみえても、直線的な時間が長くかかったという長い時代の中での様々な変化があった事実だったとしても、すべての真実はとてもシンプルでありポジティブなものであることがわかるはずです。

さて、ここで今から述べていく真実に関してですが、少しでも疑いをもたれたら、それもあなたが今地球上での人間として持ち合わせている波動からくる捉えかたなわけですから、その疑いの気持ちも含めて、素直にストレートに受容してください。また、全面的に否定されるようでしたら、それもあなたにとっての真実ですから、何も信じこもうとする必要はまったくありませんから、否定するという真実のもと、この情報を心から削除してください。そして、信頼することが真実であるとわくわくされた方は、私やタエヌとの波動が同調しているということになりますので、どうぞご自身を信頼してこの事実も真実として受容することを選択なされると良いでしょう。

今からお知らせする真実とは、地球においては「霊界」と称されている場所についてです。そもそも、霊界とは何かと申しますと、簡単に表現すれば地球独自のために作られた世界であります。さらに説明を加えますと、宇宙に存在する魂が物質世界である3次元の世の地球に転生するための入り口でもあるし、地球上の物質界における死を迎えて物質から魂が抜けだした後に迎い入れる場であり、魂を浄化したり本来の魂という意識体に戻るための学びをしたりする場でもあります。そして、この霊界が果たしている役割の中でも最も大きなものが、魂が地球上において輪廻転生するための発着地点であり故郷であるということです。

地球上でのネガティブな経験をたくさん選択したために傷つき疲れ果てて帰って来た魂を迎い入れ、本来の魂の状態を無理なく徐々に思い出させるために、最初は地球上のような物質世界にそっくりの世界で暮らしながら、徐々に移行しつつ本来の魂の状態を完全に思いだすための目覚めを促してもらい、あるときに大きく目覚めた瞬間から、本来の魂が望む位置に存在することを選択するのです。

繰り返しになりますが、これまで述べてきましたとおり、みなさんの認識している天国ともいわれる霊界とは、地球の波動が向上するために、宇宙の神によって地球に輪廻転生する魂のために作られた世界なのです。

さて、今回述べたい真実はこれまで述べてきたことを前提として、今の地球にはこの霊界の必要性もほとんどなくなってきたために、以前から終結に向けての準備が徐々に行われていましたが、地球上の年代でいうと12年ほど前から霊界の役割はほとんどなくなってきたために、完全に必要とされなくなるまもなく訪れる新たなる地球の誕生の日を迎える時には、今もなお霊界に存在しているすべての魂が解散することを選択することになっています。これはもちろん、今霊界に存在するものも地球上で物質的世界の一員となっているものも宇宙全体の魂も、合意の上でのことであります。

地球上で物質に宿っていて死を迎えた魂は、今の時点においての選択方法が広がったことになるわけです。つまり、霊界に帰らずに、魂の波動と同じ階層である宇宙のすべての階層の世界に直接行くことができるようになったということになります。ですから、これまでのような宇宙に保護され営まれてきた地球に輪廻転生するための恩恵として与えられてきた特権ともいえるべき安全を保障されていた霊界がなくなるわけですから、今から旅立つ魂にとっては、さらなる地球上での残りわずかな時間における経験は、とても重要になってくるわけです。もちろん、霊界に帰るという選択もできますが、これまでの霊界のように次なる転生の準備のために至れり尽くせりのような状態であったり、長い時間をかけて癒しや学びを行わせてくれたりするわけではありませんから、わずかな休息の場にはなったとしても、すぐに魂としての自己責任の下、次なる階層世界へと向かっていくことを選択するようになります。もうひとつの選択として、これまでは未成仏といわれる状態のとても低い波動の階層の魂が選択していた幽玄界に、波動の高い魂としての自覚に目覚めることができたならば選択して存在することも可能になったということになります。どのような魂がそのような選択をしているかといいますと、今、地球上に存在している肉体を持った魂を応援するために、守護霊のように見守っていくという選択です。ですから、よほど強く地球上で存在した時に愛した人に対しての恩返しをしたいという愛をめぐらせたいという意志があるとか、愛の深さによって結ばれていてさらに魂が早く目覚めるような生き方をしていた高い魂などがこのような選択を許されているということになります。

地球上の霊的能力者といわれるような人の中には、このような霊界の真実をわかっていて世間に知らせる役割を担った人たちが、霊界の扉が開いたとか、かつてない天上界のスピリットたちの光がさしこんでいるとか、その人なりの表現により本やマスコミや話などで世の人々に伝えられてきましたが、この事実はつまりこのように霊界を発展させて充実させることを重要な役割として担っていた5次元や6次元などの高い波動に位置しながら地球での輪廻転生をする魂たちを育んできた天界の教師たちが、その役割を終えて、直に地球上に存在する魂に向けて波動(光)や教えを与えてくださっているというのが真実であります。これは、先ほど述べましたように徐々に進められてきたことですが、もうまもなく完全に霊界には教師は存在する必要がなくなるので、すべての地球をサポートし応援するスピリットたちは、宇宙のスピリットと同様に地球で転生している魂に向けて、全力でサポートしてくれるのです。

だから、どうか今の世の中で、正しいことを選択し続けてください。そして、正しいこととは宇宙における真実であると捉えてください。宇宙における真実か地球における無数に存在する真実であるかどうかという見極めをする方法はとても簡単なことです。それは自分自身を信頼することです。自分を信頼することができればできるほど、その人自身の波動は高い所にあります。もちろん、信頼とは愛という意味に置き換えることができます。つまり、愛多くあり愛をめぐらせていることを信頼しているのでしたら、あなたが選択することも思考やインスピレーションによって得られる情報も、すべてがあなたの受容する時点での捉えかたは、宇宙の真実であるといって間違いありません。

必要を選択してください。あふれる豊富な愛は、愛を必要としているものに分け与えてください。あなたが分け与えた愛は必ずさらなる大きな愛としてあなたにめぐってきます。宇宙は必要の世界です。必要だから存在しています。制限はありません。豊富は分け与えるものです。あなたがた地球には、宇宙における無数ともいえるような多大なるあふれるような愛が分け与えられています。どうか、快くこの愛を受け取ってください。そして、地球に宇宙にその愛をめぐらせてください。私たちへの信頼は宇宙への信頼。私たちは、もうすぐそこまで手を差し伸べて、あなたがた地球上で勤しんでいる魂に向けて心から祝福するための準備を整えています。あなたがたと、直接的な対話が実現することを心待ちにしています。あなた方との、真実の中での同調による調和を喜び合い友としてこの宇宙の愛を分かち合いたいと心より願っています。愛するあなたへ。アセンションプリーズ。


*霊界がまもなく必要でなくなるということに関しての補足の説明をします。地球がアセンションして4次元以上の次元に上昇した後は、今のように輪廻転生する必要がまったくなくなるという理由からです。つまり、魂そのものの波動の状態で地球に存在することができますので、今のように死という3次元的でネガティブと思える選択をする必要がなくなるということです。そして、3次元の世が間もなく終わるために、霊界から地球に転生する魂も残りわずかとなりました。わずかではあっても存在しているわけですから、霊界もまだ必要に応じた状態で存在し続けています。

スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

アセンションに向けての変換作業

2008年06月23日
最近私は心の中にしまいこんでいたネガティブな気持ちで受容してしまっている今世における過去の経験を、ふとした時に思い出すことが多くなりました。時々思い出していた経験もありますが、中には忘れかけていたことや忘れようと意図して心の奥に隠していたこともありました。

寝起き間近の記憶に残る夢、朝すっきりと目覚めた直後、湯船につかってゆったりとしている時、ワインを飲みながらくつろいでいる時…

インスピレーションがわいてくるときや高次元のみなさんからメッセージをいただくときのように、何の脈絡もなくふと湧き上がってくるのです。

受容した際にネガティブな波動であった、映像や言葉などの過去のそのような経験は、湧き上がってきたときには受容してしまいこんだ当時のままですので、思い出すのが嫌になってしまうことが多くあります。

でも、いつもその記憶をたどったり当時の情緒を鮮明に思い出したりした直後、無意識のような状態の中で自己解決が開始されます。


これまでの経験の中で、何一つネガティブである無駄な経験はありません。すべてが自己成長に向けての必然的な経験であります。

その時の自分自身のネガティブな波動により、ネガティブのままで受容している経験は、ポジティブに変えて受容したほうがより必然を生かし自己成長のために役立てることができるのです。ここで表現した自己解決とは、そんな変換作業のことです。


最初は無意識や潜在意識から始まった変換作業は、やがて顕在意識に移行されます。顕在意識に移行された時、自分自身の波動が高い状態にあれば、過去の経験の中でも取り返しがつかないと思っていたネガティブな経験でさえ、おもしろいくらいにすぐに変換作業は完了します。

時にはポジティブに心の中へと溶け込んで良き思い出と化したり…

時には繰り返してはいけないという教訓として今後に生かしていくことを確認したり…

時には思念や想念によって謝罪したり愛を送ったり…

顕在意識の表面に湧き出すたびに、まるでバブルのようにはじけて浄化していきます。そして、浄化して高い波動に変換したカルマは昇華したので、すべてがもう2度とネガティブなカルマとして潜在意識はもとより顕在意識上にも表れることはないのです。

私は特にここ数ヶ月間、この変換作業が急ピッチで進められていることを実感しています。そして、表面に湧き出てくるネガティブな状態で受容していた経験が、なんだかだんだんとても浅はかなことやネガティブな質がそれほど低くないものが多くなってきましたし、量も減ってきました。ですから、私のこの変換作業も終わりに近付いていることを感じています。

そして、今あらためて思っていることは、自分のみならず、これまで以上にできるだけ多くの皆さんのネガティブな過去の経験(ここでいう過去の経験とは、今世におけるつい最近の経験からずっと遡った過去性の経験までのすべてを含みます。)をポジティブに変換する作業を、私なりに尽力してサポートしていくというお役目を果たすことに、さらなるわくわく感が強まっているということです。

そしてもちろん平行して、できるだけ多くのみなさんがこの先をよりポジティブな実生活を送るために、自分自身の実生活を大切にしつつ、私なりのお役目の範囲内においてより尽力させていただくということに関してもとてもわくわくしていますし、今のスピリチュアルなお仕事をしていることに対して、おおいなる喜びを感じています。


スピリチュアルな観点において、過去のカルマのすべてをポジティブに受容できるようになったとき、この先の経験もすべてをポジティブに受容できるようになります。そして、その瞬間、その人自身が人間としてアセンションできたことになるでしょう。
スピリチュアル

バースデイディナーは冷やし中華

2008年06月21日
明日22日は長女12歳の誕生日です。ちなみに、長男は12月22日ですので、夏至の頃と冬至の頃になるわけですが、4年半後の長男の誕生日をわが家族が、そして地球がどのように迎えるのか、とても楽しみです。

我が家では1年間に6回の誕生パーティーが開かれますが、プレゼントとケーキと夕食のメニューを決めるのは誕生者の特権となっています。プレゼントとケーキはその都度違いますが、夕食のメニューは定番となっているのがパパの握り寿司。ところが今回の長女のリクエストメニューは迷いもなく「冷やし中華~!」でした。確かに長女は冷やし中華が大好物で、真冬でもリクエストすることがあるくらいですが、ちょっと驚いた反面、ついにそうなったか~という喜びのようなものを感じました。
日記

愚痴・悪口 ⇔ 確認・相談

2008年06月20日
愚痴や悪口は波動が低いネガティブなものです。人に対して話をすることで、言霊や思念の力によりとても低い波動を発します。もちろん、言葉を発している本人もさらに波動が下がってしまいますが、それを聞いている人や周囲にいる人もその低い波動の影響を受けてしまいます。さらに、そのような話を親身になって聞くことは愛ある行動ですが、話を聞きながら同情しすぎたり同じネガティブな感情を抱いたりすると、自分の波動が下がることで相手の低い波動と合ってしまい、相手の低い波動をもろに受け取ってしまいます。つまり、邪気の横流しの状態になってしまうので、愚痴・悪口などのネガティブな言霊や思念を発した人はすっきりして楽になる反面、それに同調してしまった人はその低い波動を受け取ってしまうために、とてもきつい状態になってしまいます。よくある、愚痴を言ってすっきりした~という人と愚痴を聞いて疲れた~(憑かれた)という人は、そんな波動の影響が関係しているということになります。

それでは、身近に愚痴・悪口という思念や言霊を発する人がいた場合にどのように対処したら良いかという解決策を述べます。それは、「波動を合わせない(同調しない)こと」です。

感受性の強い人、優しすぎる人など、愛をめぐらせる素敵な人の中には、ついつい愚痴を聞きながら相手の情緒に自分の情緒を合わせたり引き込まれたり感化したりすることで、同じような情緒になってしまうことがあると思います。これが、波動を合わせること(同調すること)であるわけですが、これでは同じレベルになってしまうし相手からすればわかってくれる存在と認め、さらなるネガティブな波動の話を続けたくなります。

ではどのように対処するのが良いのかを具体的に述べますと、相手のネガティブな話や思いに対して、常に感情レベルでは同調しないようにして聞いてあげて、「かわいそうに」とか「頑張ってね」とか「幸運を祈っているね」とかといった、ポジティブな思いから発した言葉や思念を常に相手に向けるようにすることです。それを繰り返していると、相手の方からすれば波動が合わないわけですから、話していてつまらなくなってきたり、ネガティブな自分に気づいて反省して解決策を見出そうとしたりするなど、話の内容や相手の気持ちがポジティブに変わってきたり、逆に嫌になって話をやめたりするはずです。

それでもさらに話を続けてくる相手に対してイライラしたり「いかげんにしてくれ!」というような怒りという大きなネガティブな波動を発してしまうと、さらに低い波動がめぐって増長してしまい、お互いがより苦しくなってしまいます。だから、そこまでがまんできなくなったらネガティブな情緒を抑えるように努めて「話を聞くのはもうおしまいにするけど、応援しているから頑張ってね~」くらいの愛を向けてあげて、その場から立ち去ることを選択すると良いでしょう。

ちなみに、私がこれまでに何度もスピリチュアルアドバイスをする中で指摘することがあったことですが、愚痴や悪口というネガティブなものと「確認」や「相談」とはまったく違うということになります。

どのようなことかといいますと、話の内容がきついことや苦しいことなどのネガティブな状態であっても、相手に話すことにより物事が実際はどのような状態にあるのかとか、どのように解決したら良いかといったような確認をしたり相談したりすることは、解決に向けての前向きなことであるわけですから、とてもポジティブなことになります。

直接お話しするスピリチュアルカウンセリング(アドバイス)はそのような内容になることがほとんどですので、確認や相談を受けて、その解決策や解決するための方向性がわかることで、相談者はもちろんのこと、相談を受ける側も気づきや解決策を示してポジティブになっていく波動を受けるために、お互いの波動が高くなるということになり、愛のめぐりという素晴らしい結果となるわけです。

相手が愚痴のつもりで話してきても、いつのまにか相談者と回答者のようになっている場合もあります。この場合は結果としてとても高い波動が生じます。逆に、相談のつもりがネガティブな情緒が多くて愚痴になってしまい解決するための話にはならない低い波動をめぐらせるだけになってしまう場合もあります。いずれにしても、話をする相手は、話すことや聞くことやどのように受容して今後の実生活に生かすか否かということは、すべてが本人の問題となるわけです。そして、話を聞く側や周囲に居合わせる側は、伝えたくなった話を伝えたり思念を送ったりするまでがお仕事(人のためにすること)。情緒レベルを合わせるか否かは自己責任の問題。そして、このようなご縁をいただいたことに感謝して、「がんばってね」とか「かわいそうに(慈悲)」とかといったポジティブな高い波動である愛の言葉や思念を送ってあげることと、自分自身はすべてをポジティブに受容することが大切になってきます。
スピリチュアル

スピリチュアルなこと

2008年06月18日
スピリチュアルなこととはいったい具体的にはどういうことなのでしょうか。スピリチュアルという言葉の意味を広辞苑には次のように載っていました①精神的・霊的 ②アメリカの宗教的な民衆歌曲。白人霊歌・黒人霊歌・ゴスペルーソングなど。

でも、私はもっと総合的にとらえて日頃からスピリチュアルという言葉を使っています。つまり、私が定義するスピリチュアルとはどのようなことかといいますと、「(宇宙における)より根本的なこと」という意味になります。ここで(宇宙における)と書いた理由は、宇宙においては非文明的ともいえる現段階の地球上の知識や理屈においての根本的なこととはいっても、表面的なことや浅はかなことやそのように教え込まれたことなどといったネガティブ(部分的)なものである事実が多いために、地球上における人類の意味付けされてきた固定観念や価値感覚による物質的世界の中で根本とされていることの多くはこの根本には入らず、本来の宇宙の中における根本的なことという意味になります。

人間の根本は魂です。魂の根本は宇宙です。魂を表現するときにオーラや波動も含まれていきます。魂は宇宙に存在しているすべての魂とつながっています。その魂の中でも、地球上の生物の魂はもとより、霊・神・仏・地球に関わっている地球外生物などがとても身近な魂であるということになります。ですから、ここに挙げた「魂」「宇宙」「オーラ」「波動」「霊」「神」「仏」「地球内外生物」は、スピリチュアルな観点の意味付けをするときによく使われるのは、当然なこととなります。

地球人として経験していて最も実感できる3次元の世における現実といわれている物質的な世界の根本は、すべての人類が同時進行している多次元的な世界の映し出しによるものであって、3次元的な現実世界よりも先に多次元的な世界において実現していることなのです。そして、この多次元的な世界は、その人自身の3次元の世における思考や価値観や固定観念や波動などの状態によっても作り上げられていきますが、思考やイメージといった顕在意識のみではなくて、潜在意識や無意識も関わってくるので、ただ単に空想の世界を自分の理想の世界としてイメージし続ければ物質世界に映し出されるかといえば、そうとも言い切れない場合も多々あります。つまり、魂の転生した目的やカルマもからんでくるために、さらに広い範囲における中で「魂自体が自己成長のためにもっとも最良の選択をした内容」が、3次元の世の目の前に起きている物質的な現実世界なのです。

よく、現実世界は自分の望んだことが映し出された世界であると表現されることがあります。確かにその通りですが、人によっては「自分の望んだこと」の意味を、「思考により望んだこと」のみであると勘違いしている方もいるようです。もちろん思考により望んだ理想をふくらましたりイメージしたりすることは大切ですし、最も表面的なレベルでは操作しやすいですが、よりスピリチュアルな観点で捉えて表現しますとそういった思考やイメージも含めた上で「魂が望んだことが現実世界に映し出される」ということになります。つまり、魂が望むことと思考による理想とが一致していれば、最も早くより具体的に現実化していくわけですが、そうではなくて理想や希望にエゴが多く含まれているなどの魂が成長するにはふさわしくないような内容であった場合には、物質世界における現実化する可能性は低いということになります。

一般的にスピリチュアルという言葉の意味を日本人が捉えるとき、心霊的・宗教的・目に見えない物ごと・神仏的・ちょっと怖いこと・神秘的・謎・変なこと・現実的でないこと・空想の世界などという感じの方が多いかと思いますし、今の世とは少し違った観点のこととか非現実的なことであるとかと思われる方が少なくないかと思います。でも、本当は最も現実的であるわけでして、3次元の物質的な世界を自分自身がよりポジティブで理想に近い状態に映し出して経験するためには、物質的なことを理想に近づけようとすることも大切ではありますが、それ以上に、すべての根本であるよりスピリチュアルな観点で物事を捉えるように努め、さらにより実生活に生かしてよりポジティブに日々を過ごすようにした方が、より実現される可能性が高くなることになります。そして、本来は高次元に位置している自分自身の本質である魂の高い波動と、自ら望んで魂の波動を落としてまでも魂を最長させるために3次元のネガティブな世において転生してきた中においてここまでの経験で培ってきた人間としての波動とが、より近づいていればいるほど、理想の世界を映し出すことができるということになります。もちろん、理想の世界とは物質的に裕福か否かということだけではなく、根本は愛がどれだけ大きく深く広くめぐっているかという観点になるわけです。

最後になりますが、今の世の中をスピリチュアルな観点で捉えるときの最もわかりやすい留意点とは「アセンションを意識する」ことです。地球がアセンションする際にどのようになっていくかという根本である知識ががある程度以上分かっていて当てはめてみれば、すべてがポジティブなこととして受容できるはずです。

スピリチュアル

風邪をひいたときに&風邪をひかないようにするために

2008年06月18日
デンプ(三女5歳仮名)が私や妻に対して「~ちゃんが風邪ひいて(病気で)保育園休んだよ。邪気がいぱいになっちゃったんだね~」というような話を時々ですがすることがあります。友達が休むたびにこのような表現をするかというとそうではなくて、デンプ自身がそのように感じた時に話しているようですし、家族の中ではそんなちょっとスピリチュアルな言葉で表現をしますが、外ではしていないようです。。

咳、のどの痛み、頭痛、発熱、吐き気などの不調和による身体の諸症状により、心身がネガティブに感じることを現代の医学的には風邪と総称されることが多いようですが、私の理解しているスピリチュアルな観点からみますと、この風邪と称されることに至った要因は、大きく分けて2つあると思っています。

1つは、プラスのエネルギーを多く受けすぎてしまったために肉体の不調和となって表れた時。この場合は、普通に実生活を送っていれば徐々に回復していきますし、回復して体がさらなる高い次元のエネルギーに順応した時、これまで以上にポジティブな気持ちが生じて波動も高まります。風邪の諸症状のようなことは確かに多少のつらさがありますが、それでも気持ちはなえずに元気であることが特徴です。

もう1つは、ほとんどの風邪と称される病の要因になると思いますが、冒頭にデンプが慈悲の気持ちを表して話したような、邪気(低い波動)が要因となったことです。邪気が徐々に肉体レベルにもたまってしまったために、それを除去するための肉体が自己治癒力から起こす行動に、咳をするというのがそれなりに即効性がありますし、一気にたまった場合には嘔吐することが最もよく生じる行動ということになります。また、全身の不調和が発熱となってあらわれることもあります。

自分自身の低い波動が自分の身体をネガティブにしてしまったという場合以外の要因として、頭痛は主に自分自身や他の人や場所から邪気や邪念を受けてしまった場合に起こりやすいです。特に、後頭部周辺は未成仏霊、こめかみ周辺は生きている人の邪気邪念が影響して痛みとして現れることが多いです。

もし風邪と称される諸症状によりネガティブな状態になった時、自身の波動が下がっているとか波動の低い場所や人や未成仏霊等のネガティブなエネルギーの影響を受けてしまっていることが要因であるだろうとかと感じられた際には、次のような対処法をお勧めします。

・できるだけ気持ちが休まる場所にてゆっくりと休むこと。そして、もし部屋のように密閉されているような環境の場合は、できるだけ換気をするようにして、邪気を追い出し新鮮な地球や宇宙のエネルギーに入れ替えるること。

・お風呂にゆっくりとつかって邪気を浄化すること。(発熱が高すぎた場合はお勧めしません)そして、できるだけしっかりと洗って、表面についている邪気を洗い流すこと。

・果物を多く摂取すること。肉体的な自然治癒力がさらに高まります。そして、水分をたくさん摂ること。体内の邪気を浄化してくれるし、汗や排泄により邪気を外に出してくれます。逆に動物や魚などの肉類、卵や牛乳は、波動が荒い食物なのでできるだけ避けた方が良いです。

風邪をひいたからお風呂に入らない方が良いとか、部屋を暖めるために換気をしないでいるとか、できるだけ栄養あるものを摂取しようとして動物性のものを摂取してしまうとか、そういったことを私が子どものころには母が選択して施してくれていましたが、今の私は現段階までの様々な学びの中で、本来の対処法の中の基本となることとして上記の3つのことを提唱するに至りました。

もちろん、このようなことは、風邪とか病気だとかと自覚するほどの不調和を起こした時のみならず、日常的に意識して実践すると良いでしょうし、我が家ではもらい邪気が多いとか違和感や不調和のようなものを少しでも感じたような時には、その時点で直感的に必要と感じた方法で、上アkに努めています。

風邪をひいてしまって病気であると自覚したような場合、たぶん、もっとも身体上でポジティブに感じるための即効性のあるものとして、薬を摂取することも一般的ではありますし、良いことなのかもしれませんが、病気の根本的な解決に至るかどうかはわかりません。ただし、薬によって一時的にでもネガティブな状態から解放されることにより波動がポジティブになることで、浄化が進み波動が高まって心身共によりポジティブな状態を招いてくれるという観点では、摂取しても良いのかと私は捉えています。ただし、依存につながってしまったり、常用してしまったりすると、まったくの逆効果であるとも私は思っています。

デンプもそうですがアマンダ(次女小2仮名)も小6の長女も、スピリチュアルな視点で様々な物事を捉えて実生活に役立てていると感じられる場面が多々あります。3人とも、もともとがインディゴチルドレンやクリスタルチルドレンという分類に当てはまるような子たちですから、よりスピリチュアルな観点を分析して表現できるようになってきたとか、より実生活に生かせるようになってきたという方が適切な表現かとも思います。中でも、病気や怪我といった邪気がたまってしまったり強かったりしたときにそれが要因としてすぐに現実化することに関しては、その因果関係をあたりまえのように理解して行動いるのがよくわかります。

もちろん、私も妻もそのようにしているつもりです。だから、もし邪気を受けてしまっている、または自分の波動が下がっているとかと感じた時、できるだけ瞬時に、もしくは一日の終わりが近い時で自宅から外には出ない時までに、上記の3点の方法を基本としてその時に合った方法の中で、邪気を浄化や除去できる最も良いとされる方法を選択して行動することにより、日々の健康を手に入れることに努めています。

ちなみに長男はとても3次元的な現実的であり世間的な価値観や固定観念の中で存在していますが、行動は他の5人に合わせようとしていますし、私や妻の邪気払いの指摘には従って行動しています。それでも長男には邪気が残っていることが多いのですが、我が家のヒーラー5人がかりで癒しているというのが現状です。もちろん本人はあまり気づいていないようですが…。

その結果として、少なくともここ3,4年は家族みんな見事に健康です。しいて言えば虫歯で私とアマンダが医者にかかったことと、デンプが2年ほど前に一度だけ小児科医に診てもらったことはありますが、それ以外は心身のネガティブな状況になっても医者や薬の力を必要とすることなく、すぐに家族内で解決できています。

スピリチュアルな観点をそれなりに多く取り入れている我が家の実生活を送っている様子の中でも、今回は健康に関しての一部の内容を紹介してみました。
スピリチュアル

いつもありがとうございます!

2008年06月16日
6月9日の日記「久しぶりの夜更かし~」に書きましたアセンションスペースシューリエのお仕事について、その後も私なりに思考やインスピレーションを働かせて最もわくわくする状態とはどのような内容にすることであるのかということを、それなりに時間をかけて練ってみました。でも、結局は今世の家族の生活にはどうしても必要不可欠となる最低限のお金というものが、やっぱりそれなりに必要であるわけですから、結論をだすのが難しくなってしまいました。

金銭的にはほとんど底をついた状態なのに、今の世の経済的な基準がこのまま続く限り毎月かかる家賃とか水道光熱費や電話代と子ども4人の教育費や保育園費だけでも最低限20万とう数字が必要であることは、とりあえずここしばらくはどうやら避けては通れませんし、食費やちょっとした娯楽費を加えるとこんな数字では済みません。でも、私と妻だけだったらどうにかなるのに、子ども4人がからむということになるので、相変わらず私の思考も選択肢も余儀なくより複雑化していきます。でも、いつものように単純にストレートな状態に戻すと、最もわくわくすることを選択するというシンプルなことに行きつくので、結局はそんなわくわくすることが何かということを最終的にはインスピレーションに任せて選択するということになります。

本を出版してから、ブログへのアクセス数が増えましたし、ホームページに載せてある私のメールアドレス宛てにご感想をお寄せいただいたり、お仕事のお申込みをいただいてメールのやり取りをする際に私の本をお読みいただいていることをお知らせいただいたりすることが、これまでに数十件ほどありましたので、どうやら全国的にそれなりの人数の方に本をご購入いただいているのだということが実感できて、とても嬉しく思っています。そして、何度もいただいた続編をご期待してくださっているとの励ましのお言葉には、私も常に本の続編を出版したいという気持ちがありますので、心からありがたく思っています。でも、私のように知名度はほとんどなく、本を1冊販売したとはいってもまだ収入にはつながるほどの売れいきがない状態なのに、こんな経済状態では本の出版を出版社がしてくれるなんて、まずありえないことだと思います。でも、いつかまたきっと出版していただく機会が、もし世の中で本が必要とされているのでしたらいつか必ず用意していただけるのであることはわかっているので、そんな必要とされる時が来ればできるだけ早く出版できるように、より完璧な状態に準備は常に進めています。

FC2ブログやmixiへの書き込みは、私にとってはストレートに表現できるし不特定多数の波動のつながった方にいつでもメッセージを届けることができるので、最高の喜びを感じながら気軽に常にわくわくする気持ちで表現したいときに表現させていただいています。ちなみに、mixiの日記を公開はしていませんが、マイミク限定にしてコメントをお受けしてのやり取りも楽しんでいます。でも、なぜFC2ブログではコメントをお受けしていないかという理由を申し上げますと、これまで何度かコメントを受け付ける設定にしたのですが、必ず複数の変なコメント(まったくブログには関係ない卑猥な文章や広告など)を入れられてしまいました。もちろん、普通のコメントもありましたが、変なコメントをいくつも入れられてしまうと、その文章から伝わってくるとてつもなく低い波動に合ってしまい、とてもきつい嫌な状態を味わってしまいました。ですから、わくわくする選択として、現在も今後もコメントはお受けしないことにしました。でも、本当はご感想とかご質問とか実生活におけるちょっとしたお悩み事で私がお役に立てそうなこととか、そういったことを気軽にお寄せいただいて、私なりにエネルギーをいただいたり与えたり文章で表現したりして、お互いの波動を高めあいたいという気持ちは常にあります。でも、そのくせ、メールやコメントの返信がすぐにできず、数日や1週間以上もあいてしまうこともありますが、これも私がわくわくする選択の中で、書きたいときに書くというストレートな気持ちの中での行動になっているということで、お許し願っています。

いろいろと書きましたが、今回の日記で書こうと思っていた中でも、最もみなさんに伝えたかったことを書きます。

6月9日の日記「久しぶりの夜更かし~」に書いた内容に関して、基本的な意向は変わっていませんが、ホームページの内容は現段階の内容からほとんど変更はしないことにしました。

料金に関しまして、どのように表現したら良いか、いろいろと考えてみましたがどれもおかしな表現になってしまいます。例えば~・・・「基本的には料金の設定および請求はいたしておりません。ただし、もし見返りとして料金をいただけるようでしたら、ありがたくお受けいたしますので、メールにてお問い合わせいただければ銀行の口座をお知らせしますので、お振込みをお願いいたします。」・・・やっぱり表現が変ですよね~。

なんだか今世の日本の経済的なシステムにおいて、結局はお金がなくては、とても気に入った最高の土地であるし引っ越しをする余力もなく家もそれなりに気に入っている現在の我が家には住んでいられなくなってしまいますし、中学3年生、小学6年生と2年生、保育園年中組の4人を養って行くのは難しいし、こうしてパソコンに文章を打ち込んだりインターネットを使用したりすることすらできなくなるわけですから、やっぱり最低限の毎月に必要となるお金は確保しなくてはならないということになります。そんなことはあたりまえなのでしょうが、やっぱり私にとっては不可思議な感じがします。でも、こうして3次元の世に強く望んで転生してきたのですから、今の世では必要であるお金を分与していただき確保することは、決してわくわくしないわけではありません。だから、やっぱり今の世をポジティブに生きていくために、せめてアセンションスペースシューリエのお仕事だけは、料金を設定して報酬として分与していただくことは続けていくことにしました。

また、日記には守護霊様のリサーチをやめることに決めましたと表現したことは撤回して、引き続きお受けすることにしました。この継続する理由はただ単にお金のためではなくて、おもしろくてありがたいことに、あの日記を書いた以降に守護霊さまのリサーチの結果を報告した何人かの方々からいただいたご感想が、目覚めや気づきのお役に立てたという内容の私にとっては大きな喜びとなるものだったことも、引き続き行った方が良いという御蔭さまのお導きであったと感じたからです。逆に、メールによるご相談をお受けして答えるということで料金をいただいて行うというのは止めました。メールカウンセリングに関しては、逆のお導きをいただいたからです。

これまでも、守護霊さまのリサーチや産土神社・鎮守神社のリサーチにおいては1週間から10日ほどお待ちいただくことがほとんどでした。また、メールのやり取りでもお待ちいただくことが多々ありました。申し訳ないと思いつつも、これでも自分の心身をポジティブな状態に保つこと、つまり、より波動の高い状態を保って実生活を送り、メインであるブログを書きつつアセンションスペースシューリエのお仕事を行い最高の健康状態を保っていくことを優先にすると、このペースがぎりぎりでした。でも、やはりぎりぎりであるがために、そんなちょっとしたネガティブな状態から「久しぶりの夜更かし~」に書いたような内容の思考が生じてしまったことを大いに反省して、この「ぎりぎり」にもう少しの余裕を与える選択をすることが、最もわくわくすることであると今、思っています。つまり、1週間とか10日とかと最初から無理な設定はしないで、できるだけ早くお知らせしたいという気持ちは持ち続けながら、もっと余裕のある範囲を設定してお知らせすることで、自分を追い詰めるような状況にしないことにしました。

今後、このブログをお読みいただいてくださっている方の中で、もしアセンションスペースシューリエのお仕事をご依頼いただける方がいらっしゃいましたら、状況に応じてそれなりにお待ちいただくことがあるかもしれませんが、ご了承いただければ幸いに思いお申込みをお受けして尽力いたします。もちろん、余裕のあるときはすぐにお役に立てることがあるかとも思いますし、遠隔ヒーリングやパワーストーンに関しては、妻の協力の中、これまで通りにより早く対応させていただきます。また、もしブログをお読みいただいている方の中で、こんな私たち家族に少しでも物質を分与いただける豊富がありましたら、よろこんでお受けしたいので気が向きましたらご連絡いただけると幸いにも思っています。

なんだか、とても3次元的なネガティブなことも表現していると感じられるかもしれませんが、私にとってはここ数ヶ月間、常に多少なりとも引っかかっていたアセンションスペースシューリエのお仕事とお金(物質)との関係や、家族のことをふまえた私自身のお金の捉え方が、どうにかこうして文章を書くことによって整理して最もポジティブな状態で解決できたと自負して最高の面持ちになりました。なんだかとても勝手なタエヌだと感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、芯があるようなないような、ポジティブのようなネガティブのような、自由のようなわがまま気ままのような…そんなよくわからない部分を感じられたかもしれませんが、でも、やっぱりこういった表現においても生き方においてもやっと自由を手に入れることができてきたタエヌとその家族を、どうか少しでもお見守りいただき愛をめぐらせていただけましたら幸いに思います。

いつもありがとうございます。
日記

再開

2008年06月12日
あの美しい白と紫のパステルカラーは、アトランティス時代に上から人々の住む街並みを見渡した時に、時々見ることができたあの美しい光景の彩りによく似ていることを思い出してくれたでしょうか。

あのアトランティスが美しく輝いていた時代には、今のあなたがたが想像するような大地や空などの自然の色よりも、もっと神秘的な色合いであったり淡い色彩であったり、緑や青が濃い色であったり、それが時には大きく変化したりしていましたが、それはもうとにかくどのような色彩に変化しても、今の世のものとは比較にならないほど美しく素晴らしく色彩の調和が成されていました。

人々の中には、その美を芸術にして表現し、さらなる美を多くの皆さんに分け与えることによって、アトランティスの輝ける時代を彩っていました。自然だけではなく、あのもっとも輝ける時代であったアトランティスの世でも4次元の世に最も近くにあった頃は、地上の楽園という名がふさわしく、だれしもがこのまま素敵な世が続くであろうとまで思うほどでした。

今の世からは想像ができないかもしれませんが、香気漂い美しき空間の彩り、人も大地も植物も街並みも自然も何もかもが調和される世になることは、もうすぐ目の前にきているということになっているのです。あたかも、それを普通のようにしてこのように書き表すと、今の人々は余計に夢物語であると思われてしまうようですが、このようなことを普通に書けるほど、まもなくその答えが分かる時代にまで来たということになります。

ナノセカンドのこの時期の、もっとも素晴らしいことは、人の努力も意識も意志も何もかものポジティブな世に向けて行われるべき人間自身が行う変革を、本来はそれなりの困難の中で行い時間も要するものであるのに、地球のアセンションに関しては、宇宙が全力を持ってアシストできる状態にあるということなので、人の意識がそれなりにポジティブになりネガティブでなくなれば、宇宙の常識の中で比較すると、とても簡単に成し遂げることができるといえるのです。

宇宙のアシストとは、ナノセカンドというエネルギーが極端に高まっている状態であるということ、前代未聞ともいえる多くの宇宙生命が宇宙の法の中での許される範囲内でサポートしてくれているということ、そして何よりもそれ自体が生命体である地球はすでにアセンションしているということ、これらの状況にあとは地球人類が乗るだけで良いというお膳立てができている状態になっています。

先ほどのこの直接的な出会いの中、まるであいさつ程度のものだったかもしれないのですが、こうして肉体をもった人間として直接エネルギーを交わし意思を表現するということは、やはりとても重要なこととなるわけです。何か、そっけないように思えるようでもありましたが、本来はやっとこの世でも会えたという感激な思いが潜在意識ではあったことを、ルフィナもatumiも気づいていたのでしょうか。そもそも、そんな気づきよりもこれから先にこの大きな意味合いがわかるときが来るので、それはその時にまた今度は表面で感じることで喜びを2度味わうことができるのです。

そんな感じのアトランティスの続きの物語が、またこうして一つ今の世において現実という最も実感できる状態において導かれて成り立ったのです。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

マシュー君のメッセージ

2008年06月12日
これまでに何度か紹介しました森田玄さんのブログ「玄のリモ農園ダイアリー」http://moritagen.blogspot.com/に記載されているマシュー君のメッセージに関しまして、今回も大いに参考となる内容が載っていたので紹介いたします。

ちなみに、ブログの内容を転載することに関して森田玄さんに確認してみましたが、ブログ元を記載すれば転載は自由にしても良いとのことでした。




月曜日, 6月 09, 2008
マシュー君のテレパシー交信ガイダンス

さて、マシュー君のメッセージ(5)のなかで言及されていたテレパシー交信のガイダンスに関して、その部分を訳してもらいたいという希望を読者の方からいただいたので、私自身もとても興味があったものですから、以下にそのメッセージ(2006年2月18日付け)の抜粋訳を書きました。

光と闇の見分け方なんて、そんなに簡単にできるものでしょうか?みなさんのなかで、これを試してみてその経験などコメントいただけるとありがたいです。

じつは、すでに友人でこれを昨夜試してみた人がいるのです。寝入りばな、なにか寝苦しいと思ったら突然いわゆる金縛りになってしまいました。気づくとなにかが自分の上に乗っかっています。でも手も足も動きません。そこで、さっそくサナンダの言葉を言ってみたそうです。するとあっと言う間に金縛りが解けたというのです。

この友人は、じつはサナンダの言葉をもとの英語でいったそうです。ここにその英語文を書きましょう。

“I here and now command in the name of Jesus The Christ that if there is any entity that is not of the most evolved form of the Jesus The Christ Consciousness, that is not of the most evolved form of God I Am, then you are to here and now disappear and cease to exist. This I command in the name of Jesus The Christ. “

ちなみに、サナンダというのは、イエス・キリストがこの肉体世界からアセンション(昇天)したときに、与えられたスピリチュアル名で、”霊的に進化した”という意味だそうです。

さて、じつはこの文章の翻訳でちょっと考えてしまいました。私たち日本人には、キリスト教徒は別として、「イエス・キリストの名に於いて」と言葉に出すことにはちょっと抵抗感があるのではないでしょうか。でも、サナンダは正確に言葉を変えずにいいなさいと言うものですから、どう訳したものかと困ってしまったわけです。どうも私たちには聖書のイエス・キリスト像が焼き付いているので、マシュー君の世界から見たイエス・キリストのイメージとはだいぶ隔たりがあるようです。まあ、そのあたりをわきまえた上でこの言葉を言えばいいのではないでしょうか。

ところで、この友人は、じつはサナンダの言葉はうろおぼえで、とりあえず"In the name of Jesus The Christ"だけは覚えていて、あとは適当に言ったそうですが、それでも効果があったようです。

**************************************



マシュー君のメッセージ

2006年2月18日

(1〜12省略)

13. 闇の魂と闇パワーにコントロールされている魂とを識別できるようになって、どんなものにでもうまく対応できるように、僕はお母さんに頼んでその見分け方と防御に役立つ情報をまとめてもらいました。では、お母さん、それに、光の存在とテレパシー交信する方法、相手が本物かどうか見分ける方法のガイダンスも加えておいてください。 読者の中にはもう生まれながら知っている人やまたすでに学んだ人もいるでしょう。初めての人にはこれはとても役に立ちますよ。そして、だれでも自由にこのガイダンスを受容力ある人たちに分け与えてください。

母:マシュー、それではいつもの文章の体裁に直さないで私の書き付けをそのまま出すようにするわ。そのほうがいいでしょう。

14. 目は魂の波動がそのまま反映しているところ。光に満ちた魂か、闇かは、その目を見ればよい。光の魂はいきいきと輝いているが、闇の魂の目はどんより濁って温かみや輝きもない。光の魂の人はあなたと話しているときに目を逸らすことはない。”普通の”闇の魂の人や闇の影響をどっぷり受けている人は、あなたの目の光をまともに見れないので、いつも目を逸らしているはずだ。

15. 計略的に触ること。闇の存在は、首すじと腰のうしろがからだのエネルギーシステムのなかで特に侵入しやすい場所だということを知っている。もし、だれかがあなたのその箇所をどれか、または両方をつかんだら、それはふざけているのでも親しみからでもないかもしれない。その人の中にいる闇があなたに侵入しようとしているのかもしれない。これはその人が故意に意識して起こることではない。その人に影響を及ぼしている闇が、あなたのエネルギーの流れを遮って触手を注ぎ込もうとするので自動的に反応しているのだ。

16. 声の調子、言葉の使い方、会話の内容。闇の存在が人を使っている徴候はゴシップ、皮肉、傷つけたり自慢げな言い回し、いわれのない批判や中傷、会話の独り占め、集まりでの傍若無人なふるまい、恐ろしいことばかりに取り付かれること、に現れる。人が話しているのが、エゴからか、魂からなのか聴いていて分からなかったら、心の中で魂に訊ね、すぐにどう反応が帰ってくるか注意してみていなさい。それが直感だ。魂が意識と交信するひとつの方法だ。いつでも自分自身の魂の声に耳を傾けなさい。それは決してウソを言わない。魂は、他からウソがはいって来ると直感や直感的思考と感覚を通してあなたに警告する。それらを信じなさい。

17. 特徴:ひごろの態度の変化。他人を支配しようとか意図的に害を与える、動物への虐待、自制のきかない怒り,慾、不正直さ、自己信念の固執、エゴイズムなどはあきらかに闇の魂の徴候で、その人を気づかないうちに使っている。これまでそんな素振りや行動を見せなかった人が突然それらの態度をいくつか示すようなら、闇のパワーに乗っ取られているのは明瞭であろう。ちょっとした傾向、行動や心理的なすきまがこれを”招く”のだ。


18. オーラは、目のように、決定的な証拠だ。あなたの魂にオーラ(からだから発するエネルギー)が見えるように頼み、そして頭から5センチ上を見てみなさい。色や形あるいは幾何学記号がちらっと見えるだけかもしれない。なにが見えるかにもよるが、からだから光か闇のエネルギーが流れ出ているのがわかるはずだ。十字架やなにか神聖なかたちのようなものを感じたら、それは光の魂のしるし。あなたが光エネルギーを感じられる人なら、人の周りに金や白、青、虹色のプリズムが見えるだろう。闇の魂のオーラは、そのエネルギー放射の程度によって暗くなる。その場合に見えるシンボルはあなたが良いことや光と思うことの反対のもの・・たとえば、毒ヘビ、尻尾(襲いかかっているかも)、逆十字や欠けた星である。その人の足もと5センチ前にオーラの中に見えた同じようなシンボルが見えるだろう。

19. エネルギーの輝き。エネルギーに敏感な人は光の魂からは温かみを、闇からは冷たさを感じるだろう。床を見ているふりをして、足下のエネルギーを感じなさい。そこの闇のエネルギーは氷のように冷たい。氷のような手(冷たい飲み物を持っている場合は別だが)とか冷たい握手も、もし闇が存在する主だったサインを同時にしめしていたら、闇が影響している徴候だ。

20. ほかの肉体的反応。ネガティブな闇のエネルギー流はひじょうに重いので、闇の魂や闇の存在にコントロールされている人たちの前では、重い感じを受ける。また、光の魂は通常嫌な感じを抱くようになり、なかには皮膚がかゆく感じる人もいる。闇エネルギーは寄生虫のようなものだ。あなたのエネルギーをすっかり抜き取って自分のものにしてしまう。それに出会ってしまうと、からだがたくさんの水や塩水を欲しがり、元気をすぐ取り戻すのに砂糖さえ必要になることがある。闇のエネルギーの流入からあなたのチャクラがそれ自身を守ろうとするので、急にからだがこわばったり、こめかみや第三の目のあたりがずきずきする感じがするかもしれない。チャクラはいつも本能的にその根のように広がるシステムを守ろうと反応して動き、肉体的な感覚で闇のエネルギーをあなたに警告してくれる。


21. 闇パワーのレベル。闇の勢力は自分と同じパワーの光エネルギーの存在を攻撃する。弱いものは明るい光から逃げて行くだろう。かれらはまともにその光エネルギーを見れないので近くには寄ってこれない。光がたくさんある人ほど、より強いものが侵入しようと送られてくる。だから、新しい、より強力な存在がやってくるので、光の存在の"テスト"はそれだけ難しくなる。闇の魂も、強さに勝る闇パワーにコントロールされている人たちも、光の中にしっかりといてその偉大なパワーを知っている魂を支配することはできない。あなたたちの"安全網”は内にあって、なにか外にあるものではない。すべてのレベルの闇は、あなたたちがよく知って行動することで排撃できる。

22. 小さなこどもや動物はその無邪気さからエネルギーにとくに敏感である。こどもたちがなにかおかしいと見えたり、自分自身怖がったり、ほかの人たちが怖いというような反応や素振りがあるか気をつけなさい。また動物がなにか他の動物たちや人間たちを警戒していないか注意すること。そういうときは、かれらはエネルギーが暗い人たちを避けて、闇エネルギーから守ろうとしている。

23. 防御。闇の勢力には積極的に立ち向かわなければならない。神から授かった以下の言葉を書き留めておきなさい。その言葉がもつ波動があなたを守ってくれるから、そのままの言葉が不可欠だ。この命令をおぼえて、充分練習して言葉がまちがいなくこころに浮かぶようになれば、命令はすぐ自動的に感覚で来るようになり、もう言葉にする必要はなくなる。こころを静かに保ってから声を出し、あるいは心の中で、言ってみなさい。「イエス・キリストの名に於いて、私は命令する。もしお前がイエス・キリスト意識のもっとも高い、もっとも進化した現れでないのなら、お前はいまここで即座に姿を消し,二度と戻ってきてはいけない」闇の魂はその言葉の波動のためにこの命令に絶対背くことはできない。


24. 闇の魂は非常に狡猾であり、しかも執拗だ。光を受けている人に1対1で向き合い、真っすぐにじっとアイコンタクトをしてきて、コブラのように人を幻惑する。かれらの強力な凝視の影響を破るには、”光”という言葉を力強さをもってこころに思いなさい。この命令はそのような状況には不可欠だ。闇の魂はその波動に背くことはできない。それはその魂の闇と同じちからを持った光エネルギーなのだ。この命令はほかの状況のときの防御には代用できない。

_____________________________



ソース(情報源)のチェックとエネルギーの調整


口述:神とサナンダ
書き取り:セレストとデービッド

admin@godumentary.com

www.godumentary.com/sources.htm

闇の勢力が光の勢力のふりをして大々的なエネルギー攻撃を無実のひとびとに対して行おうとしているまさにこの時、これらの問題の重要性を知る必要がある人たちに語りかけることを許される時を、われわれは心待ちに待っていた。今こそその時だ。これを書いているのは、初めてのひとたち、そしてすでに自己の内的叡智に従っているが、まだ自分にはないスピリチュアルな知識を他から得る恩恵を受けられる人たちに対してである。宇宙の叡智を学ぶには限りはなく、それを日頃の実践としていくことにも充分ということはない。

多くの人が、知性が話しかけてきているのか、魂からの声なのか、なかなか判断がつかないという問題を抱えているようだ。これは”人間である”ことなのだが、まったく簡単に解決できる。人はこの重要な違いを識別できるようになるまでは、よくその声を聞き違えるものだ。いちどそのバリアを越えれば、それは自然でストレスのない真のコミュニケーション手段になる。

われわれが知っているだれでも出来る一つの方法は”魂・知性テスト”というものだ。だが、このやり方はからだやこころではコントロールできないことを覚えておきなさい。これが正しい答えを見つけるテクニックだ。真っすぐ立ちなさい。そうできない事情がある場合は座ったままでも良い。裸足で、足の間隔を少し開けて、目を閉じなさい。リラックスして、この姿勢で両腕を前に胸の高さにまっすぐ延ばし、手のひらを開いて下側に向けなさい。腕は無理無くバランスのとれる位置にあることが必要だ。

問題,あるいは誰かがあなたにくれた答え、または自分自身で考えた答え、そして本当か知りたいことは何でも頭に思いなさい。もしそれが問題なら、自分が正しいと思う質問形式の答えというように変えなさい。例えば、問題が”他の州に引っ越しする”ことだとする。引っ越しするかどうか分からないあなたが、それが正しい行動なのか知りたい。これを質問形式に直すのだ。なるべく具体的に、でもあまり演出しないように。そして目を閉じることを忘れずに、質問する。声をだしても出さなくてもよい。質問が終わったら数秒待つ。言ったような姿勢を保ったまま、目を開け、自分の手と腕を見なさい。3つのうちのひとつのことが起きているだろう。あなたの右手、右腕が左手、左腕よりも高くなっているか、左手、左腕が右手右腕より高くなっているか、両腕が同じ位置に留まっているかのどれかだ。

右腕=脳の右半球。魂の声。

左腕=脳の左半球。知性。

両腕と手が最初の位置と変わらない場合=なかなかリラックスできない人は真実がそれ自身を現れるようにできないので、正しい答えを受け取るのが難しい。右利きでも左利きでも両手利きでも関係ない。”声”はコントロールすることはできない。これは大事なことだ。人びとが知性と魂の違いが分かるようになるまでは、その人の進化はだいぶ妨げられることになる。そのうち、簡単な見分け方ができるようになって人混みの中でも出来るようになる。なかなか上達しない人はリラックスして出来るようになるまで何回も練習することだ。難しい人は知性ばかりに長い間耳を傾けてきた人が多い。

             隔たりを埋める

このテクニックには精神集中が必要なだけだ。これは、より高度の存在とエネルギー体と、どのような”チャネリング”や交信をする際にも、その妨害や邪魔をすべて緩和させ消散させる素晴らしい方法だ。またそれには、星間協力隊(地球ではETと呼ばれている)とコンタクトしている人間たちにとって、必要な情報の送受信をすべてはっきりと理解出来るようになるという意味でもある。この場とさらに高い次元界の多くが直面していることだが、これによって、第三次元の密度と燃焼エネルギーを通して交信しようとする際の問題が解決される。また、送られた言葉のすべてが聴き取れないという問題も解消されるだろう。

軽く息を3回吸い、鼻から吐く。目を閉じて、この"つながり”を始める前に必ず裸足でいることに留意しなさい。簡単なイメージングで、一本の柱を、ローマ時代にあるような巨大で丸い柱だけを思い浮かべるのだ。その柱は透明で、あなたの少なくても2倍の大きさだ。その柱の真ん中に自分を置きなさい。柱があなたの足よりも長く地面の中に延びているように。てっぺんはあなたの頭の上に何マイルも延びて”天国”にまで届いているように。これがイメージでき感じられたら、金白の光を柱に呼び入れなさい。その際、同時に光があなたのからだを通すことを忘れずに。

光が入ったら、”神の金粉(ゴールドダスト)”を呼びおこし、柱の光と混ぜ、お互いに反応するようにさせなさい。あなたの柱の部屋をゴールドダストが上下に浄める(フィルタリング)のを見たり感じたりできるだろう。さて、柱(部屋)に向かって接続の螺旋(渦巻き)回転ダンスを始めるように頼むのだ。最上位のエネルギーが、黄金のつながり(橋)を構築するためにそれに相応しい相手を求めて、上方と外に向かって広がっていくのが見えたり感じたりできるだろう。もしあなたがすでに特定の存在とコンタクトしているのなら、その名前を呼びなさい。そうすれば、それらとすぐより深く、簡単に聴こえるレベルで交信できるようになるのが分かるだろう。

あなたがもしこれらの生命体とコネクトするのが初めてなら、これがあなたにとって新しい経験なら、これはすでに多くの経験をもっている人たちにも言っておくが、いつでも必ず、ソース(情報源)をチェックすることが大事だ。 [以下の”ソースのチェックの仕方”を見なさい]自分が思っている存在と本当にコネクトしているのか確かめなさい。交信が終わったら、自分と交信相手に「私は終了します」と言えばよい。その時点で、柱は消えるだろう。再びあなたが必要になるまで。

この方法を使えば使うほど、柱がより早くあなたと一体化するようになるだろう。なかには最初から完全なる統合ができるひともいるだろう。”何か来ている”サインをよく”聴いて”いるひとは、柱をすぐ立てることができるだろう。これはあなたにコンタクトしようとしている存在にとっても重要なことを忘れてはいけない。

www.godumentary.com/sources.htm


ソースのチェック方法


これが、ソース(情報源)のチェックとその本質を正しく見極めて受け取る方法である。これはサナンダの言葉であることを言っておく。もし、あなたが進化した魂だと称するものからメッセージを受けていたら、またもし、だれかがそのようなメッセージを受けていると思ったら、それらの情報が”最高位の進化したソース”からのものなのか調べなければならない。善意でいっぱいの人でさえ、このことをよく知らないで異常な状態になり誤った情報を流すことがある。本質的には、”ソース”とはあらゆることである。すべては真理の妥当性にかかっている。さもなければ受け取る情報は単に幻想の反復にすぎない。それらは”計略的に意図され造り上げられた”幻想であり、それを信じる人間だけでなく、受け取る人間にも危険であり命取りにもなる。われわれには、つぎつぎと出てくる悪魔的レトリックを鵜呑みにする者が実に多いことは不思議に思えるが、その理由も理解は出来る。

宇宙の法則のもとでは、闇の勢力が創造主のつくったバリアを越えることはできないことを、あなたたちは理解する必要がある。これは、それとは知らずにコンタクトしている地球の人間に闇の勢力がしゃべる虚偽やウソについては、その情報ソースの正体をあきらかにする簡単で信頼できる方法があるということだ。多くの存在が故意に自分を光の存在だと偽っているので、注意して調べないと騙されてしまう。なぜなら、今が”偽予言者”の時代だからだ。いま、ゆっくりと築かれた意識の統一の場がこの惑星中に広まっているのを、かれらが必死に破壊しようとしているのだ。宇宙の法則の基では、そのソースを決定できるだけでなく偽予言者をも破壊できるのだ。それは人をコントロールしている存在であって、その人自身ではない。

情報を受けているとき、その情報源をチェックするにはこう言えば良い。「イエス・キリストの名に於いて命令する。あなたはイエス・キリスト意識の存在か、創造主の聖なる光の意識である真の神性体か、イエスかノーで答えなさい」

この時点で、3つのことが起きる。イエスと答える、ノーと答える、あるいは黙っている。この法の定める所によれば、これらの存在はどんなことでもウソをつけるが、このことだけにはウソをつけない。もし沈黙かノーであれば、すぐこの言葉を言いなさい。「いまここでイエス・キリストの名において命令する。イエス・キリスト意識のもっとも進化した存在でないのなら、神なる私のもっとも進化した存在でないのなら、いまここに消えてなくなりなさい。これをイエス・キリストの名に於いて命令する」

サナンダの言葉はとても明解だ。あなたたちはその言葉を正確に言うことが重要だということを知る必要がある。サナンダが言ったとおりに繰り返さなければいけない。変えてはならない。ひとびとが知るべきことは、この(闇の)勢力は言葉にすることにも干渉し、これらの言葉を思い出すことにさえ邪魔しようとしてくるのだ。だからこれを書き留めておき、それを読むようにしなさい。そうしないと間違えるだろう。われわれは知っているよ。これを教えた途端にそうなることが分かっているからだ。これはマントラではない。まじないでもない。サナンダの言葉だ。したがって、これは神の言葉でもある。創造主によってデザインされた宇宙の法と真理を支える創造というものがある。しかるべきとみなされれば偽りを破壊でき、またそうするのだ。


初心者むけマシューのテレパシー交信ガイダンス


テレパシー交信能力はあなたたちに生来そなわった魂のはたらきですから、ありがたく上手に使ってください。コンピュータからの情報の送信や受信をする前に、創造主の光の加護を求めてください。病気やからだが疲れているとき、感情的や精神的にダウンしているとき、ストレスを抱え、怖れや怒りがあるときは受信してはいけません。そういうときはエネルギーが低くなっているので、低いレベルの存在があなたのエネルギーシステムに入り込みやすくなっているからです。自信をもつことも大事ですが、新しいこの交信能力に謙虚になることも必要です。エゴイスティックになったり、名前を売ってお金儲けをしようなどと思ってはいけません。そのような思いや感情にまとわるエネルギーがかならず闇のソースを呼び込むことになるのです。受け取った光エネルギーの満ちあふれる情報をぜひほかの魂の求道者たちと分かち合ってください。またもしその人たちがまだ始めたばかりだったら、これらの注意事項をアドバイスしてやってください。

原文:http://www.matthewbooks.com/mm/anmviewer.asp?a=50&z=2

訳文責:森田 玄
マシュー君のメッセージ

食事について

2008年06月11日
先週の土曜日にアマンダ(小2次女仮名)といっしょに乙浜港という房総半島の南端近くにある港へ釣りに行き、いわしとボラ(40cmのボラを隣で釣っていたおばちゃんにもらった)を持ち帰りました。

ボラをさばき始めて間もなくのこと、親指をわりと深く包丁で切ってしまいました…。実は、ひと月ほど前のデンプの誕生日にも近所の魚屋で地魚のクエを1匹買ってさばいていたら指を深く切ってしまいました。もともとめったに包丁で指を切ることがなかったのに、こうして立て続けに切ってしまったのにはわけがありまして、2つの場面における思考の中に「魚をさばくのって残酷だな~」とか「血が出るのがきついな~」とかといった、それまでは魚をさばくのは得意であり、食べることを想像するとわくわくしていたはずなのに、ここ1年くらいの間、徐々に違和感が強くなっていき、ついに今回はそのネガティブな思考が次から次へとわいてきました。そんな低い波動から、怪我という経験をしたことは明白です。今、こうして文章を打ち込んでいる親指にはバンソコが巻かれています…。

そんな感覚になっていく自分を素敵だなあと思いましたが、さらに素敵なことは、他に握り寿司用として買った近海生本マグロやサーモンなどのこれまで大好きだった魚が、寿司にしてもそのまま食べても、まったくおいしいとは感じなくなっていました。子どもたちはいつものようにものすごい勢いで食べまくっていたので味は良いようでしたが、実はこの時に妻も私と同様の感覚になったとのことでした(翌日になってお互いに確認しました)。それでも、焼いたイワシはおいしく感じたし、今朝のおかずでしゃけの切り身を焼いて食べても大丈夫です。でも、お刺身は今でもまったく食べたいとは思いません。ついひと月前まではお寿司は大好物でもあったのに…この突然ともいえる味覚の変化には正直言って妻ともども驚いています。

以前の日記にも何度か書きましたが、牛や豚などの動物の肉食もさらに減ってきていますが、それでもまだハムやウィンナーなどの加工品を中心に時々食べています。デンプ(三女5歳仮名)にいたっては、少し前まで大好きだった動物の肉類を、食卓に上がっていても今ではほとんど食べなくなりました。肉食が減り続けている分、野菜類や果物や穀物の食べる量は増え続けています。特にここ数か月は、自分の畑で作った野菜類が毎日食卓に並んでいるので、より一層おいしく感じています。ちなみに、安酒のワイン(500円以内の物しか買いません)はこれまで通り毎日1本半は平均で飲んでいますが、以前よりも酔いを感じなくなってきましたし、翌日の朝もよりすっきりとした胃腸の状態が続いています。アルコールを飲んでいる時以外は一切間食をとらず、ひたすらDX健養茶という体にとても最適な健康茶を飲み続けていますが、体重は少しずつ増え続けています。今日の午前中も畑仕事に精を出しておもいきり汗をかきましたし、普段も毎日の運動量はある程度確保しているせいか、食欲はおとろえません。おとろえないというよりも、引っ越してからの食欲は以前よりもかなり増しています。

飲食ということは、今の次元の地球上の人間にとっては大切なことのひとつだと思いますし、楽しみにしている人も多いだろうと思います。私はもちろん毎食のメニューを考えて材料を手に入れることも、作ることも食べることも楽しみだし、夕食を作りながら開始するキッチンドリンカーとしてワインを飲むこともわくわく楽しんでいるので、食事は大いに波動を上げたり浄化させたりするためのルーチンワークであると感じています。

私自身もそうですし家族みんなも同様に、食事の内容が無理なく少しずつ理想に近付いていることを大きな喜びに感じます。そして、この先も続いていくアセンションに向けての意識の変化や肉体の変化やオーラや波動の変化に合わせて、自分や家族の食事もどのように変革していくのか、とても楽しみにしています。
スピリチュアル

久しぶりの夜更かし~

2008年06月09日
いつものように夜9時ころに寝床についたのに、たくさんの思考もしくはインスピレーションがめぐり、目が冴えてしまい眠れません。こうして眠れない夜を過ごすのは、少なくてもここ数年間はなかったことだと思います。

どうやら私にとってのちょっとした転機を迎えているようで、昨晩の寝る直前にもそうでしたが、今晩もその変革をする内容が次々に浮かんできます。

その中でも、私が現在主に行っている3つのお仕事の1つで、唯一金銭をいただくことも目的としているアセンションスペースシューリエの仕事内容に関してが、最も急務での変革を必要としているようでして、今すぐにでも新しい状況に変えたいとわくわくしています。

現段階で、最も私にとってのわくわくする仕事はブログへの書き込みです。特に、高次元のみなさんからいただいたメッセージを書くことは、最高の至福感を得られます。しかし、何度かブログに書きましたとおり、簡単につながってメッセージを降ろせるわけではなくて、それなりの高い波動をキープする必要があるのと、メッセージをいただいた後の疲労から回復するまでに、それなりのケアーや時間が必要であるというのが現状です。

アセンションスペースシューリエのお仕事は、ブログや本をお読みいただいた方を中心として、有難いことに私や妻が思っている以上にご利用いただけるようになりました。それでも、収入という面では家賃と教育費や水道光熱費がどうにかまかなえるくらいでして、生活費は妻の微々たる退職金の残りでやりくりしています。

昨年に金銭的な問題を法的措置に任せた結果として財産といえるものはほとんどなく、妻の退職金の残りをもとに暮らしていますが、今世の経済的な計算によると、まもなく底をつく状態と予測されます。それでも、今、こうして家族みんなが不自由することなくポジティブに暮らすことができていますので、大いに満足しているし最高の幸福感に浸っています。

ブログでは、より多くの皆さんにお読みいただくことで、きっとそれなりにお役に立つことができているのだろうと自負しています。しかし、1年半ほど前まで最もわくわくすることとしてのお仕事だった個人セッションは、ブログの書き込みだけでは難しいので、これまではアセンションスペースシューリエのお仕事として直接お会いすることはしていませんが、今の時点のできる範囲内で個人的なセッションを行ってきました。

それなのに、ここ最近になって、お申込みいただけるのは大変ありがたいのですが、個人的なセッションに霊力や時間を費やすためにブログへの書き込みが思うようにできないような状況が続いてしまっているというのが現状です。もちろん、個人的なメールのやりとりや守護霊さまのリサーチはわくわくすることですし、お役にたてることとして充実した中でのお仕事をさせていただいています。しかし、ただ単にメールの返信をしたり守護霊様とつながったりするのではなくて、高次元のみなさんからメッセージを降ろす時と同じように、自分の波動をより高い地点にもっていきキープできる状態にした中でつながって行うために、時間的にも霊的にもそれなりに力をたくさん使います。ですから、疲労度もそれなりにありますし、体力的なこととか精神的なこととは違って気力ではどうにもならないこともあります。

私はきっと、アセンションスペースシューリエのお仕事は、第一の目的は人のためのお役に立ちたいことと思ってやっているつもりでいますが、蓄えもほとんどなく家族6人の生活を今の次元でネガティブな状況にならないようにしていくために、実際は料金をいただくことも同様に第一の目的になっているように感じてきました。

以前からもそうですが、特にここ1カ月くらいは、メールのご相談は特にそう思うのですが、それ以外の守護霊リサーチや遠隔ヒーリングに関しても同様に、料金を設定してお知らせいただいた口座にご入金いただくことを請求するという行為が、私にとってはどうにもわくわくしません。それでも、もちろんお振込みいただいたお金はとてもありがたく思っていただき、即実生活で役立たせていただいていることに対して大いに感謝しています。また、私が尽力したお礼の気持ちから霊力を使って表現した見返りとしてお金をいただくという、それなりに正当な交換であるだろうとも思っています。でもこうして私が金銭を設定して要求するということは、私や家族が、今世において金銭面においてこれ以上の苦労をするかもしれないという恐怖や不安や心配を逃れるための保身ということが大きな動機ではないかと、以前からも感じていましたが特にここ2晩は強く思うようになりました。

いろいろと思うがままに書きましたが、結論としましては、今すぐにというわけにはいかない事情はありますので近々ということになりますが、アセンションスペースシューリエのお仕事の料金を設定してお振込みいただくというやり方はパワーストーンの販売のみにして、それ以外のスピリチュアル関係のお仕事は違うシステムに変えることに決めました。また、ホームページから守護霊さまリサーチとメールカウンセリングを省くことにしました。現在、最もご利用いただいている2つの内容でもありますが、私のブログの内容をお読みいただき参考にしていただく中で、自己解決していただくように尽力していただくことを期待することにしました。それでも、まったく受け付けないのではなくて、もし自己解決ができずに私のアドバイスを必要とされるようでしたらご連絡いただければ、私なりに感じたことをお伝えするということは、これまで通りに継続して行う予定です。ただし、現段階のような料金を請求してご相談をお受けするというわくわくしないことは止めにするということです。

宇宙のみなさんからのメッセージとして、最近になって繰り返しいただく内容があります。それは、マシュー君のメッセージにもありました豊富や貯蓄ではなくて「必要」ということ。偏りではなくて「分配」することであり「均等」であること。

お金をいただかないと私が守護霊さまの存在やメッセージをお知らせしないとかメールカウンセリングをお受けしないとかといった今の私のやり方では、私の今世の目的であり私の魂の特質の一つでもあるスピリチュアルな能力を生かしてスピリチュアルな目覚めを支援するためにお役に立つように尽力するということが、必要な時に均等に分配することを金銭が豊富か否かによって変わってしまうということを私が提示することに対して、強い違和感があります。また、最もわくわくすることを選択するならば、ブログへの書き込みを充実させることになるわけですから、そのことを優先するということにおいても同様になります。それでも、遠隔ヒーリングや産土神社・鎮守神社リサーチやパワーストーンの販売に関しては妻が広く支援できるのでブログの書き込みにはそれほど差し支えることはないので、ホームページには残しておきます。

なんだか、ここまで書いたら急に眠くなりましたので、これでおしまいにします。もうまもなく深夜0時。こんなに遅くまで起きていたのは1年ぶりくらいになるでしょうか。それでも、やっとすっきりしたようなので書いて良かったな~と思っています。今後、これまでに書いた内容をふまえてホームページを大幅に書き換えると思います。その時にはまたブログに書き込みますのでよろしくお願いします。それではおやすみなさい…。
日記

「私はアセンションした惑星から来た」

2008年06月08日
これまでたくさんのスピリチュアル関係の本を読んできましたが、振り返ってみるとここ半年間はほとんど本を読んでいないし購入もしていないことに気が付きました。

つい先日、マシュー君のメッセージが和訳されている本を出版されていたことを知ったので久しぶりにスピリチュアル本をamazonで購入することにしましたが、少し前からとても気になる本があったので合わせて購入しました。

「私はアセンションした惑星から来た」金星人オムネクのメッセージ (徳間書房)

チャネリングでも霊界通信でもない、5次元存在の人間から直接明かされる次元上昇、太陽系惑星とアストラル界の超秘密!

この本は、金星人オムネク・オネクが金星人であることを隠し、地球人として生活してきましたが、その秘密を明かし450ページほどある読みごたえたっぷりな本にして公開し、現段階の地球人にとって必要なさまざまな情報を教えてくれています。

地球上の人々は、転生した目的や本質などのそれぞれの状況の中で、地球がアセンションするために貢献していますが、オムネクのように地球外の星で転生した異星人の状態で地球に降り立ち、記憶をしっかりと持ち続けながら地球人としての実生活をしているという数少ない状況の方からのメッセージが、私にとってはこれまで以上に鮮明さとリアル感を感じながら読み進めることができ、この本の内容が心地よく心にしみこんできます。

お勧め本として紹介します。
スピリチュアル

手を差し伸べることについて ~プレアデスからのメッセージ~

2008年06月06日
さしあたって、今この場にて早急に書きとめて知らせてほしいというような緊急性はありませんし、改善するとか何かを願うとかそういったことを書き表してほしいということではありません。ですが、今、もう一度確認することが必要とすることを書き綴りますので、すでに承知して実生活に生かしている方にとっては単なる確認事項としてお読みいただいて結構ですし、そうでない方はあらためて見直して生かしていただくことを望みます。

明日から始まるなどというわけではなく、もうこの世は未知のエネルギーの領域に入っていますので、あなた方が予測不可能のような事態がすぐにでも目の前の現状として起こっても、何ら不思議ではないということをご承知おきください。そして、身近などなたかがこうして目の前のことにおいて行き詰っていることがお分かりであったとしても、あなたのできる範囲というか領域というか、そんな役割がある程度は決まっているということを念頭において、手を差し伸べるべきこととそうでないこと、手を差し伸べるにしてもどこまでさしのべるべきかという判断、どこまでが自己責任の範囲で、どこまでを助けてあげるべきなのかという認知、そういったことを今のあなたにおいてできるだけポジティブな感覚の中で淡々と冷静になれるときの瞬間に判断して身の振り方を知り、行動すべきであるということです。別に、ここの場面では見過ごしてしまおうと思うことは、決してすべてが見捨てるとかかわいそうな人に手を差し伸べないなんていう冷酷であるとかといったことではないということ。あなたがあなたの現段階における霊性に基づいて判断して、それが人にとっても自分にとっても良かれと思うことは、それが真の正しい道である選択をしたといえることなのです。

だから、そんな体裁のようなことがひらめいてきても、それは思考からくるものでもあるし、できるだけ多くの方々に手を差し伸べたいという理想からくるものでもありますから、その中でも自分のできる範囲、そして宇宙の調和の中でのあなたの役割である範囲は、最初に感じたことが最も素晴らしい選択となるわけですから、それを信頼するように努めると良いということになります。

愛する人のために全力を尽くすことは素晴らしいこと。愛するが故にたくさんの愛という気持ちとともに行動や物質による支援を行うことも素敵なことであります。ただし、その素晴らしい動機と目的により起こした行動が、時には相手の領域に入り込みすぎて、有難迷惑だとか、本来は自立するための状況なのにその機会を台無しにしてしまうとか、結果としてそういったことになることも時にはあるということです。その判断は、途中である経過において、いくらでも気づき修正可能であるわけですから、そのような素晴らしい動機から発した素晴らしい行動や思考といったことを、本来は正しいことなのであるという宇宙の道理にかなっていることであるがゆえに、結果としてもより最良な状況になるほうがよりポジティブな状態になり、より高い波動を生じる結果になるということです。

逆にいえば、目の前の状況においても、あるいは今世においてそれほど縁が深くない人に対してでも、手を差し伸べたい人に手を差し伸べることが最良のこととしてわくわく感を抱いたのならば、何も迷うことなく心も行動も物質も、できる限りのことを全力で支援することは、最も愛をめぐらせ、自分に豊富であるものを分配することで必要である人に生かされて平等にすることになり、その中でさらなる愛のめぐりが生まれて、どんどん広まっていくという、こんなに最高であることはないわけですから、そんな時にはどうか迷わずに行動に移してください。

すべては、第一インスピレーションが大切です。直後の思考、そしてそのあとにくる自分自身の3次元の世において身につけた固定観念や価値観で宇宙の法からは逸れてしまっていること、自分自身のエゴ、保身、危機感などといった、そんな中で判断してしまうと、せっかくの宇宙から頂いた本来のインスピレーションが役に立たなくなってしまいます。

すべての信頼は自分自身の感覚を信頼することから始まります。自分自身の真の感覚は、魂を向上させるために、宇宙から与えられた最も素晴らしいプレゼントでもあります。もっと、自分自身を信頼してください。それが、今世において身につけた価値観や固定観念とはたとえ多少なりとも違っていたとしても、必ず素晴らしいめぐりとなって自分自身に返ってきたとき、その本来の意味がよくわかりますから。自分を100%信頼できれば、すべてのものを同様に100%信頼できるようになります。信頼は深い愛によるものです。信頼はすべてが愛をめぐらせます。深く強く自分を信頼してください。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

高次元におけるタエヌの魂のメッセージ

2008年06月05日
3次元の世に転生した人間たちは、もともとの魂が高次元にあるのにもかかわらず、わざわざ次元を下してまでも、明確な目的があるがゆえに旅立ってまいりました。

転生してきた細かい目的は人それぞれ違うにしても、大きな目的は皆同じです。それは、魂を高めるということです。魂を高めるためには、波動を高めること、つまりより多くのより質の高くて深い愛をめぐらせることです。

私たちの魂がもともと存在していた高次元の世界は、それぞれの魂の状態によって、たくさんの波動の階層にわかれた世界になっています。中でも、4次元以上に位置するような波動の階層の世界では、3次元の世であり地球人類が普通のように抱いて表現したり感じたりするようなネガティブな波動は一切存在していません。ですから、常に愛のみをめぐらせている状態ですので、まさにみなさんが想像するような天国といえる素晴らしい世界なのです。

それでは、なぜそんな素晴らしい天国のような世界から、天国のようなものもあるけど地獄のようなものもあり、天使のような人もいれば悪魔のような人もいるといった、そんな3次元の世にわざわざ転生しにきているのでしょうか。

周囲のすべてのみなさんが家族であり友である高次元の世界では、愛をめぐらせるのが当たり前であり普通であるわけで、少しでもネガティブなもの(不安・恐怖・怒り・エゴなど)を持ち合わせていると、高次元の階層には存在できません。しかし、このような様々な波動が混在しているという貴重な状態である地球の3次元の世において、あの我が住み慣れた高次元のように愛をめぐらせてネガティブな波動を生じないようにするということは、並大抵の状態ではできることではありません。そして、そんな3次元の世において自分の魂を磨き高めるためには、高次元に存在していたことを顕在意識ではほとんど思い出せないような状態にして潜在意識の中にあえてしまいこむことを自分の意思で行うことにより、本来の転生した目的すらも忘れた状態にて、いかに生きることができるかということを、いわば冒険しにきたということになります。

魂の中には、その冒険が予想以上に険しく厳しいものであることを知り、自らの意思により霊界に帰るものはたくさんいました。特にこの地球はまもなく宇宙の大イベントとして注目を浴びているアセンション間近という状態ですから、その体験をするためにたくさんの魂が志願して転生したにもかかわらず、このエネルギーの変化の激しい地球の状態において、あまりに厳しい状況のために自らの意思において地球から離れた所から高次元の存在として地球をサポートすることを実行するに至った魂が急激に増えています。先日のマシュー君のメッセージに書かれていた大地震やサイクロンに関しての内容が、そのひとつの例です。

さて、我々現時点で地球上に存在している魂同盟の中においてみんながつながっているわけですが、もちろん人間の顕在意識ではそれをほとんど実感することはできません。でも、実際はつながっているわけですから、お互い同士は何もしゃべらなくても面と向かって会うことがなくても、わかろうと思えば簡単に相手の状態を知ることができます。ただし、そのためには純粋な愛が必要になります。純粋な愛の気持ちからなる動機により、相手の状態が知りたいということでしたら、相手の魂から喜んで知るべき情報が顕在意識へと流されていきます。これは、もちろん今転生している人間だけではなくて、守護霊として人をサポートしている霊界の住人たちや菩薩や仏、人としての転生の経験はなくても常に地球人類のために力を与えてくれている神々(天使や妖精も含む)なども同様であります。

皆が愛という動機のもと、強い信頼さえ持ってくれれば、我々高次元の存在はいつでもだれでも認知することができるどころか、ごく普通に人間同士のような形で交信することもできるのです。今の時点では、太古の時代はそうであったにも関わらずほとんどの人がそのような状態に至っていないのは、わずかにでも疑心、恐れなどといったネガティブなものが生じてしまっているからです。逆に、我々高次元の存在を心から信頼し信用し受け入れて愛のみによって歓迎してくれれば、今すぐにでもあなたがたに認知されるように表れることができる用意はいつでも整っています。

そもそも、もともとはそうであったわけですから、当然のことといえます。でも、今の世の情報操作などによる魔の支配により、ここ1000年ほどで見事なまでに断ち切られてしまいました。それが、またここにきて、それこそ大いなる神の計画通りに、こうしてどんどん目覚める人が増えていき、あのころのような天上界と地球人類とがとても近い状態になっていきているのです。もちろん、高次元の宇宙のみなさんとも同様です。ただし、今回の来たるべき時を迎えると、近い状態ではなくて、同じ世に存在し、友として家族として分かち合い共存することで、さらなる宇宙ファミリーが大きく広がるのです。これは、高次元の魂としてでもあり地球のDNAを持ち合わせた3次元の世から階層を急激に上げるといった貴重であり魂にとっては申し分のない喜びに充ち溢れる、偉大なる肉体を持ち合わせた存在としてでもあるという、とても素晴らしい栄誉あることなのです。

もう少しですから、ここまできたのですから、どんどん地球を離れようとしている魂たちは、それはそれで良いのでしょうが、せっかくこうして選ばれて地球上に存在することができているという光栄なる魂であることをもう一度思い返し、ネガティブな選択をできるだけしないように努めることを望みます。

高まる波動に同調することによりますます高まっていく者たちと、その波動から離れていく低い波動をますます積もらせてしまっている者たちとが、徐々に徐々に、そしてはっきりと明確に分かれていくこの様子をみている者にとっては、なんとも不可思議に思えるほどのこの現象でもあります。そして、中には落ちていく途中に上ろうとしている者の足を引っ張るものも少なくはありません。落ちていくのはとても簡単なこと。堕落・エゴ・自己責任の薄さからくる甘え・自暴自棄・恐怖・強い怒り・・・など。そんな渦の中に巻き込まれそうになったら、淡々とした態度で振り払い、できればともに高まることを願いつつ、時には手を差し伸べたとしても、我が道をゆくことを重んじて、それについてくることを願い、後ろを振り返らずに前へ前へと向かうことが世のため人のため、そして地球のため宇宙のためになるということを強く信頼して、この貴重な世をポジティブに生き抜いてください。
スピリチュアル

プレアデスの同志からのメッセージ

2008年06月03日
地球人という存在においては、肉体のみが実態であると思われている方がまだまだいらっしゃるようですが、肉体は本体である魂が3次元の世の地球において存在しやすくするための道具であるというのが、宇宙においては基本的な知識になっています。道具とはいっても、あなた方の思っている日本語により意味する道具とは多少違うこともあって、魂の歴史の中での様々な記憶や経験などの融合によって作られているDNAにより、何よりも緻密であり複雑でもあり、魂を反映して高めるために、地球人類の中での科学といわれる浅はかな知識では解明できていないたくさんのすぐれた機能を持ち合わせているものでもあります。そして、地球上でどのような生き方をしているかというバロメーターとして利用すると、とてもわかりやすいものでもあります。

あなた方の本体である魂は、とても素晴らしい輝きを放っています。その輝きの中には、これまで培ってきた様々な経験により得た、たくさんの愛や智慧などが含まれています。そして、あなた方は宇宙との深いつながりの中で、魂や肉体などを通して宇宙からの惜しみないサポートを受け続けているのです。そして、自分自身の多次元的な運命をどのようにするか、中でもあなた方が最も身近で重要であると感じている物質世界である3次元的な運命ということに関していえば、あなた方の思考や想像、理想や行動、目的や結果をどのような選択をするのかによって、思った通りの運命を簡単に作り出すことができるのです。

すべての3次元の世における運命の基本となり初歩的なこととして大切なことは、自己責任をどれだけ重んじるかどうかにあります。何か思い通りにならないとき、困難といえるような出来事に直面したとき、結果が厳しいものになったときなどといった自分自身が招いて引き起こしたために目の前の現実として現れた状況に対して、本来は自己責任のもとで反省をして解決し、より理想的な現実へと近付けようと尽力すれば、本来の自分を少しずつ取り戻しながら軌道修正しつつ理想の状態に近づけることができます。しかし、自分自身が招いた結果であるのに、他の人のせいにしたり、運が悪かったただ単に偶然が引き起こしたことにしたり、物ごとの順序や世間の法律などのせいにしたりするなど、自己責任を感じて解決したり受容したりしようとせず、他の何ものかが引き起こしたことと思いこんで逃げることを選択するようでは、今の世を輝ける魂の状態により近づいてポジティブに生きていくための初歩的である自己責任を重んじていないことになるので、どのような選択をしたとしても、理想的な経験を作り出すことは難しくなってしまいます。

もともとの素晴らしい魂の輝きを発揮するために、宇宙や魂のエネルギーや波動をキャッチするアンテナとなり行動するために3次元の世において身に付けている肉体は、そのキャッチしたことから肉体や思考を働かす際に、幼いころから正しいと教え込まれてきた地球上で常識とされている固定観念や制限や束縛などといった中でも、本来地球を含めた宇宙の常識では間違っているネガティブなことを選択し続けた時、そのために生じたネガティブな情緒である不安・悲しみ・怒り・恐怖・強いエゴ・ねたみなど、アンテナがキャッチした宇宙や魂からの高い波動と今の地球上のネガティブなこととの大きなギャップにより生じてしまった不調和から、肉体が怪我や病気といった破滅に近付くための望ましくない状態になっていくことがあります。そんな苦しいとか痛いとかという望んでもいない苦痛が肉体を通して感じられた時、表面的にまとっている肉体を修正して改善することも大切ですが、その要因となっているネガティブなことを選択し続けているという選択肢を反省し改善していくことを並行して行っていかないと、表面的に改善されても、またすぐに同様の状態、もしくはさらに厳しい状態になってしまいます。そして、ネガティブな波動を作り出してしまった要因を、すべてが自己責任によるものだという初歩的な認識を持って、気づきや目覚めの中で自己解決を志して思考し解決するようにしていけば、自らが今世において生じてしまった不調和が原因としている病気においては、治らない病気などは一切存在しません。

もともとが、肉体とは3次元の世において存在しながら魂を高めるための最も優れた状態に作られた宇宙からの最高のプレゼントであります。そして、本来が意の向くままに自由に扱える物でもあります。ただし、ここでいう自由に意の向くままにとはいっても、過去性におけるカルマなどといったDNAの影響も含んでのことですから、あなた方が思う自由とは多少違う部分も含まれます。ですから、自らの肉体に対しても、強い自己責任の中で調和を保っていくように意識して尽力し、表面的な事のみに捉われずに、より魂の波動に近づくために、より波動の高いことを選択し続けようと気づき目覚めつつ実生活を送るように意識して行動するだけで、今世において宇宙から最大限に許されている自由の域において肉体を意のままにコントロールすることができるのです。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

すっきりした朝

2008年06月01日
うす曇りではありますが、なんだかすっきりとした朝を迎えて気分も霊力も体力も最高といった感じです。でも、妻や子どもたちは少々お疲れ気味のようで、7時を過ぎたのにまだだれも起きてこないという事態でして、我が家にとってはここ数年では最も遅い時間の朝食となりそうです。新しい土地で暮らしてから2か月少々経ちますが、土地や人や学校などでの調和を図るだけでもそれなりに気力を使っているわけですから、たまにはこんなのんびりした朝もいいのかと思っています。

今日はこれから日蓮上人ゆかりのお寺さまである清澄寺と、南房総市にあります酪農の里という日本酪農発祥の地として史跡に認定されている所などへ家族6人で出かける予定です。

長男は先日の修学旅行で奈良・京都に2泊3日で行ってきましたが、まもなく長女は鎌倉へ郊外学習で行く予定です。私にとって大好きな場所ばかりなので、私も鎌倉や江の島に行きた~いと思いつつも、今日の行き先として最終的な選択をしたのは地元近辺でした。先日も富士山に行きたいと思ったのに同様の選択をしましたが、どうやらしばらくの間、私は愛する房総半島の中で英気を養いながら充実した実生活を送りつつ、3つのお仕事に励むというのが最高の選択のようです。

こんな日記を書いていたら、7時20分ころになったらあっという間に長女以外4人が起きてきました。急ににぎやかになり、いつもの我が家の朝っていう感じになりました。それでは準備しておいた朝食を出しに台所へ行ってきま~す。
日記
 | HOME |