04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

アトランティス時代のタエヌと同志

2008年05月29日
タエヌがシリウスよりアトランティスの地に至った時、現在のような人としてではなくて、高次元のDNAを備えた半霊半物質の存在として、地球上に在りながらも高次元な世界に存在していました。タエヌの存在していたその世界は白く輝いていて、山や草原が広がっていまして、アトランティス大陸全体を一望できる高い所にありました。白い石でできた建物の前にある庭のようなところに、平べったくて座るにも寝転がるにも適した大きな白い石があり、そこに座って空や大陸をながめながら、宇宙のみなさんとテレパシーによって交信するのが主な過ごし方でした。まるで理想の天国のような地にて、高い波動の暖かいエネルギーに包まれた中、タエヌが地球に降りてからアトランティスが消滅するまでの6000年近くの間、アトランティス文明を陰ながら支援し続けていました。タエヌより少しあとに同じ使命を持ってシリウスよりこの世界に降りてきたのがドァウです。タエヌは男性性ですが、ドァウは女性性です。その後、2人の間には子の役割でアマンダも降り立ち、それぞれが調和しながら使命をまっとうしていました。

タエヌ、ドァウ、アマンダの使命とは、高次元の宇宙人と3次元の地球の人々の間に位置して、物質世界であるアトランティスの地における人々の実生活を、精神的にも物質的にも支援することにより、地球上の人々の意思によって3次元から4次元の世へと地球が上がれるようになるために波動を高めていくということでした。

タエヌが受け取った宇宙からのメッセージの中でも、アトランティスの地の人々に伝えるべき内容をテレパシーや言葉によって受け止めて、より物質的な人間のDNAを多く持ち合わせることによりアトランティスの地に降り立ちながら、タエヌと同じ使命を持ってシリウスから降りてきたデンプへと伝達するといった、情報を中継する役割を担っていたのがモエルです。

デンプは、アトランティスの世に降り立つ前に、一度地球に人間として天生した経験をすることで、人々をよりひきつけるための勇者としての経験を得て、モエルから伝えられたメッセージを神の言葉としてアトランティスの人々に言葉として伝える役割をしていました。

より実生活を豊かに送るために、人々にとって必要な植物の種子を蒔いたり動物を中心とした生き物を地に送り込んだり天候の操作をしたりするなど、アトランティス大陸の生物的な物質面やより住みやすい環境にするための支援をしていたのがゥレリェールです。ゥレリェールが地に降り立つことはほとんどなかったのですが、雲に乗るようにしながら移動して人々から身を隠しつつ、主に自然の調和を図りながら貢献していました。

ユンフィア、アニフィ、アニュフィ、アウェルなどの同じくシリウスから降り立った同志たちは、さらにアトランティスの人々の中に入ることを選択して、占い師のようなこと、カウンセラーのようなこと、教育者のようなこと、医師的なことなどを行いながら地における実生活を送って、タエヌや宇宙の同志と交信しつつ、人々の波動を高めるために貢献していました。

もちろん、今まで書いた当時の名前までも私が知ることを許された皆さんは、タエヌと一緒で、人や人に近い存在ではありましたが、宇宙の高次元の肉体である遺伝子も意図的に組み込んで存在していたために、何千年もの間、アトランティスの消滅するときに意図的に脱ぎ去るまで、同じ肉体のまま存在していました。

アトランティス文明が存在していた年代ははっきりとしていませんが、エジプト文明よりも以前のできごとであることだけは確かです。というのは、アトランティスがこの世から消える直前に、高い文明から来た宇宙人の支援によって、アトランティス文明に存在していた一部の人々はエジプトへと移動して、その後に今も知られているエジプト文明が栄えるために貢献したことはわかっているからです。ちなみに、シリウスから直接降り立って貢献していた私や同志のみなさんに関しては、アトランティス消滅後に、一度地球の世から天界にもどってから、あらためてエジプトに降り立つことを選択して、今度は完全に地球人としてのDNAを持った人間として降り立ち、その後、地球における輪廻転生を繰り返して現在に至りました。今の時点ではまだ私が知ることを許されてはいませんが、同じような使命を持って宇宙から降りてきた同志はもっとたくさん存在していたはずです。また、私や同志がこのような使命を遂行していた時代も場所も、きっと全体ではなくて一部ではないかと思っています。



ここまで書いたら、ふ~っと気が抜けてしまいました。なんだか、急に書きたくなったのですらすらと書きましたが、私の現段階でわかっている(教えていただいた)アトランティス時代の私やすでに今世でも出会うことができている同志たちとの関係や当時の役割についての大まかなことです。この内容に関しては、1年半ほど前に初めて教えていただき、その後は当時の同志と出会うたびに追加して教えていただいていることです。特に何を意味しているのかはわかりませんが、書かせていただいたので公開します。
スポンサーサイト
スピリチュアル

マシュー君のメッセージ(5)

2008年05月28日
マシュー君のメッセージ(5)の和訳文が、森田玄氏のブログ「玄のリモ農園ダイアリー」で公開されました。メッセージの内容が、益々深くなり、真実をストレートに表現してくれているので、とても参考になるメッセージだと思います。

このメッセージを送って来たマシュー・ワード(Matthew Ward)君は、1980年に17歳で亡くなっていて、それ以来、お母さんのチャネリングを通してさまざまなメッセージを送ってきているのです。

マシュー君は太陽系のもっとも高い菩薩界磁場相に存在する意識体で、さらに上なる銀河系磁場からの情報を伝えてくれているようです。


以下、コピーした文章です。




火曜日, 5月 27, 2008
マシュー君のメッセージ(5)


2008年5月21日

ミャンマーと中国の災害の高次の意味;ネガティヴなことの減少;双対性の例;グローバル経済、分かち合い;第三次密度のカルマ;光の源;アメリカ大統領選のオバマ、「陰の政府」の終焉;恐ろしい予言や話しを怖れないこと;人生の目的が明らかになる;テレパシー交信に必要なこと;「宿題」

============================================================


1. こころからこんにちは、マシューです。まず最初に、多大な犠牲者と破壊をもたらした最近のミャンマーと中国での災害について語りたいと思います。

これらの災害による悲劇とショックで悲しみに打ちのめされた家族は、自分たち自身も生き延びるために想像を越える困難に立ち向かっていますが、これらの出来事が高次元ではどのような目的でどのような意味があるのか説明しましょう。このなかには前世からの約束を全うしたひとたちがいますが、この災害やその怪我によって(次の生に)移行した何万のひとたちは、つらい肉体での人生から解放されたいという魂レベルでの願いをしていました。そして、聖なる存在がその願い出を許したのです。そのひとたちが非常に困難で、ときには自分で選んだカルマ経験を越える恐ろしい状況を耐え忍ばなければならなかったことから生じたネガティブなことが、それによって癒されただけでなく、ニルヴァーナに入ったその大勢の魂たちが今、光のエネルギーを送って自分たちが住んでいた地域に残っているネガティブな要因を軽減しています。

2. これらの魂たちによる地球への貴重なはたらきに加えて、この惑星(地球)に長い間溜まっていた大量のネガティブなエネルギーが解放され、サイクロンと地震によって光に変換されました。今回の災害が両方とも邪悪な目的の気象コントロールテクノロジーが主な原因であることは嘆かわしいことでしたが、それによって地球の癒しとアセンションにもっとも重要な浄化作用は影響を受けませんでした。そして、これを上回るの破壊がどのようなものになるのか想像することも難しいかもしれませんが、地球外生命体救助軍のテクノロジーによって水と風のエネルギーと地震とその余波の影響を減少させることがなかったら、そうなっていたでしょう。生存者たちのトラウマと苦痛は、人間界の感情で計り知れないでしょうが、ふたつの巨大災害の結果、ネガティブなことをはるかに越える光が創造されています。

3. これとは別に、これらの自然とは言えない災害によって莫大な量の光が呼び起こされ、世界中から同情と思いやりとなって溢れ出て、可能な救援活動が行われています。これは第三次密度の双対性が自然な経過をたどる例です。つまり、食料、避難場所、医療品、援助金がこころよく提供されたことは、ポジティブなエネルギーが強まっていることの証拠ですし、差し迫って必要な援助を断るのもネガティブなエネルギーが増大していることの証拠です。そうなんです、エネルギーそのものは中性なのですが、それを起因した者の動機によって、光(ポジティブ)や闇(ネガティブ)の触手とか付着がエネルギーに伴うのです。救援の問題での反対する動機は双対性が消えて行く行程なのです。

4. この双対的エネルギーの影響がさらに明らかになっているのが、ますます増えているあらゆる階層のひとびとの話しに現れています。それは小さな町々から国や世界まで、性的暴行、横領、贈収賄、盗み、不法ビジネス交渉、児童ポルノ、あくどい虚偽行為といったことに関わっているひとたちです。そしてこの際立った領域の反対側で真理が明らかになりつつあります。その結果、長い間敬われてきた既成組織の非道な活動が白日の下に晒されるので、そのような「聖域」は残れません。政府、宗教、金融、企業、教育、商業、保健医療といった、あなたたちの信仰を構成しあなたたちの活動の支えとなってきたすべての基本システムの虚偽と腐敗の元がすべてきれいになるまでこの大掃除がつづくでしょう。このスピリチュアルで精神的な浄化は地理的な浄化と並行して起きていますが、あなたたちの世界には避けられないことなのです。ですからどうか、このような暴露現象が次から次と起きてもうろたえたり嫌な気持ちにならないでください。その代わりに、その「光の到来」を歓迎してやってください。そのひとつひとつが地球の黄金時代へ向かうステップなのですから。

5. 世界中に影響を与えているアメリカ経済の混乱ぶりに大きな不安を抱えていることは分かります。世界全体の経済システムの崩壊がつづいて、あるゆる通貨が正常な基盤体制に変わり、地球資源の公正な分配システムに移行せざるをえなくなっている今、金銭的な問題を抱えているほとんどのひとたちはますます深刻な影響を受けることになるでしょう。金融と商業でのお金の流れを支配している者たちの行き当たりばったりの試みも無駄におわるでしょう。なぜなら、かれらの戦略は今のシステムをそのまま残そうという、つまり、すでに巨大な富を握っている連中の手にその金が回るようにしておこうというものだからです。かれらが動揺する経済にねらった主な副産物は怖れです。もう読者のみなさんはどうして闇の者たちが怖れを煽るようにしているのかお分かりですね。それに乗ってもけしかけてもいけません。

6. 自分のお金をしっかり持っていることが賢明なことのように思えますが、いまは自分よりももっと必要としているひとたちに心良く分け合うときです。それを犠牲的な義務感でなく、こころからの愛で行うならば、そのエネルギーは多大なお返しとして戻ってくるでしょう。それはなにか「同等の」ものではないかもしれませんが、常に作用している宇宙の法則によってはっきり自分でも分かるような恩恵がもたらされるでしょう。多くのひとにはそんな金銭的な余裕はないかもしれませんね。そのときは、なにかボランティアの仕事に愛情をもって奉仕することが同じ効果になります。新しい経済と通商システムが確立するまでは、食料や技能や道具などだれかが必要であればなんでも交換することでうまくやっていけます。それにその方が物やサービスのもっとも満足いく交換法かもしれません。

7. 社会を不安にさせ、嫌悪を催させるほどのこと・・・様々な暴力;盗み;麻薬中毒の子どもたちと大人たち、それが医者からの処方であろうと不法であろうと;不正な法律といかがわしい有罪判決;増大するホームレスと失業者;拷問;学校での落ちこぼれ・・・は、「加害者」でもあり「犠牲者」でもあって、第三次密度(地球上での肉体世界)での生を二度と繰り返す必要がないように自己のカルマの学習の仕上げをしているのだということを忘れないでください。また、たとえそうであっても、これらの魂はすべて祈りの癒しエネルギーの恩恵を受けます。こころや行動が本来の魂の約束からまったく外れている闇に捕われた者たちこそもっとも祈りの光を必要としています・・・地球とその生命体すべてへの祈りは、誰にでもできるもっとも尊い貢献のひとつです。希望の中にも光があります。希望はあなたたちの外貌にも大きな変化を起こしますし、同時にまわりのひとたちにも影響を与えます・・・希望のエネルギーはちょうど微笑みのエネルギーのように、あなたたちの世界に恩恵をさざ波のように伝えていくのです。

8. アメリカ大統領候補には世界中の関心が注がれていますね。中間選挙でのヒラリー・クリントン候補に有利な不正操作があったり、ジョン・マケイン候補自身が煮え切らないために彼の支持者たちがああだこうだと言っていますが、そのうち投票者たちの間ではバラク・オバマ候補の人気が格段に抜きでてくることは誰の目にも明らかになるでしょう。このように大多数のひとびとの自由意志が反映されているわけですが、さて、この選択にちょっとでも影響を与えることなく僕たちがあきらかにできることは、潜在エネルギーの場では、オバマの勢いというのはいつでも止めようがなかったことなのです。この多くの過去生を賢い優れた指導者として生きてきた進化の進んだ魂は、霊性と知性が進んだ文明からいまの傑出した存在となるべくしてやって来ているのです。彼は魂のレベルで自分の使命を知っていますが、意識レベルでは生来の指導者としての能力と自分で広言しているように国に仕えようという高邁な意思に気づいているだけです。やがて自分の由来と今生でのやるべきことを意識レベルで気づくことでしょう。彼がいちど役務につくと、これまで歴代アメリカ大統領と多数の議員を支配してきた闇の陰謀者たちがまた支配しようとするでしょう。けれども、そのような悪どい政治支配は終わります。ヒラリー・クリントンがレースはまだ終わっていないと抗議するかもしれませんが、もう彼女とイルミナティのトップたちは「陰の政府」の崩壊を目の当たりにしていることは承知です。ですから、オバマファミリーはいま地球上でもっとも強い光で保護されているもののひとつと言えます。

9. この選挙が重要なことは否定できませんが、ほかの国々の政府にも恩恵がもたらされるような変化が起きるよう導くことも非常に重要です。地球上いたるところでおびただしい数の変革が起きています・・・これは世界変革なんですよ・・・そして、やがてあらゆる国の代表が光に照らされた魂になるでしょう。地球を惑わし、有史以前から人間たちを騙してきた闇パワーは、これまで戦争で国境というものをつくって自分たちを富めさせてきましたが、この戦いに負けたのです。「世界政府」には恐ろしい意味が暗示されています。そしてまさにそうなのです。なぜなら、それがイルミナティの計画と結びついていて、この陰謀団が自分たちの目的に使えそうだとみなした地球上の人間たちをすべて支配し、ほかはすべて抹殺しようというものだからです。この計画は忘却のかなたに埋没され、わずかに狂った考えの者たちがすでに破綻した思惑にしがみついているだけでなく、あらゆる場所のあらゆるひとびとが平和に協調していこうと合意することで、国境や国籍が色あせてしまう世界を必ずあなたたちは歓喜をもって迎えることになるでしょう。

10. 祝福するときが待っています。僕たちは、こころからスピリチュアルな再生を願い、俗世のことにはもうこころを奪われないというすべてのひとびとに喜んでおめでとうと言います。でも同時に、あまりにも多くの光の使者(ライトワーカー)が今でも恐ろしい予言やとんでもない話で恐怖に陥っているのも分かっています。また、地球がより高い波動へとアセンションすると、この宇宙の稀なる時期にまだ自分のミッションを見つけられない人は残されてしまうのではないかとか、テレパシーで通信したいのだが、うまくいかないと感じているひとが大勢います。それで、もういちどこれらの問題について言及したほうがいいようですね。

11。そうですよね、僕のメッセージや本をよく知っているひとは怖れの闇のパワーは分かっているから、ここでは繰り返しませんが、もし思い出したいというのでしたら、それについてはたくさん書いてありますから簡単に探せます。( www.matthewbooks.comで検索するか本/メッセージのインデックス)

ですから、ここではこれだけはっきり言っておきます。核戦争はないし、宇宙戦争もだれも引き起きしません。宇宙人の地球侵略も征服もありません。浄化プロセスで陸地が何百万平方マイルも水没して何億人が死ぬことなどありません。あなたたちの惑星が終わる直前に宇宙船が助けに来る必要もないし、戻ったときには地下に暮らす必要もありません。アメリカ政府の政策に反対するひとたちが何百万も拘束されて強制収容所に入れられることはありません。人工ウイルスが放たれて人類の大半が死亡することなどありません。経済と政治改革を始めるために何億ドルも金に投資する必要はありません。

12. がっかりさせるような、あるいは恐ろしいようなことが起こるという情報がインターネット上を現れては消え、駆け巡っていますが、そのうちのいくつかは忘れているかも知れません。でも決して怖れにエネルギーを与えないように!そうです、いま起きていることが原因で肉体の死はつづくでしょう。そうして魂は霊的な進化を継続するでしょう。でも、この永遠につづく生命のサイクルの中で、怖れが存在する場などないのです。

13. さて、魂の約束した「使命」について、あなたたちは「全体像」は分かっているようですが、その詳しい内容については知りません。それで、もういちど言いましょう。ひとりひとりの存在が大切です。そうでなければいまのあなたたちはありません。主立った指導的立場に必要なひとの数は比較的少なく、その何人かはあきらかにそうなっています。でも多くの何百万のひとびとはそれを支える役割なのですが、まだその必要性が地平線のかなたで入口まで来ていないのではっきりしていないのです。あなたたちが地球のこのかつてない時期に生きることを選んだだけでなく、これまでのあなたたちの過去生の経験、叡智そしてスピリチュアルな力が必要とされるからこそ選ばれたのだということを思い出せば、時がくればどのように行動すべきか自然に分かるでしょう。でも、たいていの使命というのは「あ、そうか」という具合に簡単に分かるものでもないので、まず自分のこころ、魂の座に従っていけば、あなたたちが光の役割を果たし、約束した人生の目的を成就するでしょう。

14. ええ、テレパシー交信はできるひととできないひとがいます。ニルヴァーナにいる愛しい魂たちやほかの文明のひとたちと交信したいと思うのは当然ですね。でもあまりそのことにこころを奪われているとかえってそのエネルギーの接続を妨げてしまうのです。ですからここでもやはり忍耐が必要ですし、交信する理由があれば自然にそうなるという理解も必要ですね。注意しなければいけないのは、光と闇の存在は両方ともあなたたちに近づこうとすることです。前者は愛の絆から、後者は偽りの情報で考えや行動を支配しようとするものです。なにか自分ではない変わった声が聞こえたり考えが起こり始めたら、それはなにかの魂があなたに接触しようとしているサインであることは間違いありません。そんなとき、ふたつのステップがとても大切です。まず愛の光で護ってくれるように頼み、光の生命体だけがあなたたちと話せるのだと要求するのです。そして情報がどこから来ているのか確認します。お母さん、ここにテレパシー交信の詳しいガイドラインを言っている僕のメッセージの日付(2006年2月18日)を書いておいてください。ありがとう。

15. 僕があなたたちに宿題を出す役目があるとしたら、考えられるもっとも重要なことは「あなた自身が神」ということです。魂から意識へのメッセージである自分の直感を信じ、それにそって行動すること。二つ目の宿題は、神のメッセージ(2007年8月1日)を読み、それをこころに留めること。それから、2012年のことについての情報を読んで、あなたたちのパワー溢れる魂が手助けをするためにやってきているこの世界の創造に思いとビジョンを合わせるのです。(2008年1月27日のメッセージ)

16. 地球黄金時代へ向かうあなたたちの旅のすべてのステップに、光の魂が宇宙中から肉体をもって、あるいはスピリットとしていつもあなたたちといっしょにいることを忘れないでください。今、あなたたちの中にもいろいろな働きをしている魂たちがいるんですが、そのうちみんなが知ることになるでしょう。ほかの大勢の魂たちは光を送って地球全体の波動を上げたり、かれらのテクノロジーを使ってあなたたちが第四次密度へ移行する助けをしています。このエネルギー場にいるすべての魂たちに代わって、あなたたちすべてへの僕たちの愛は無限であることを伝えます。
マシュー君のメッセージ

今日の日記はこれでおしまい。

2008年05月27日
今日は午前中で霊力のオーダーストップという感じで、昼食後は1時間ほど爆睡しましたが、何にも考える気力がおきず、畑まで自転車で行って収穫したくらいで、あとの時間は気がつくと思考やイメージの世界に入って楽しんでいるといった感じでした。

今日もそうですし最近のチャネリング中の感覚としては、私自身の意識とスピリットの意識が5分5分くらいだと思います。ですから、比較的、私自身の普段発する言葉遣いや言い回しが多くなっているので、より自己責任を強く持って書き綴りやすい状態になっています。

それにしても、やっぱり今日は朝から本当にありがたすぎるくらいの高い波動のエネルギーをたくさんいただいたために、体は軽いのに何もやる気は起きず、かといってじっとしていられなくなるので何かしらしていると、ふと気がつくとぼーっとしていたり、目の奥やこめかみのあたりが重いのに、こうしてパソコンに向かって文章を打っていたり、食欲がわかないと思っていたのに、いつも以上に昼食の量をとってみたり…とってもポジティブな状態ではありますが、もう、自分の中でうまくコントロールができないような状態になってしまったので…今晩は外房の海にて夜風を当たってくることにしました。つまり、電気ウキを浮かべての久しぶりに夜釣りをしてきます

すでに、先ほどカレーライスを作ったので準備オッケイ。釣り場までは車で15分ほどなので、暗くなってから出発します。何年か前までは、夜釣りに行くと深夜まで釣っていましたが、海までも近いし明日やるべき霊力を使ったお仕事はたくさんあるので、今日はどんなに遅くとも夜9時までには納竿する…と心に決めましたが、どうなることでしょうか。

メールの返信をお待ちいただいている皆様方、そんなわけでして、このあと気力霊力の充電を完了して心をこめて明日以降にメールを書いたりリサーチしたりして連絡いたしますので、どうかお許しください…。自分勝手で自由にさせていただいて申し訳ありません…。

こんな私の実生活の送り方ですが、今後ともお付き合いいただける方は、引き続きブログをお読みくださいませ。そして、こんな感じの中でのお仕事を遂行するということでもよろしければ、お仕事をする際には精いっぱいの高い波動にもっていくようにして私なりに尽力いたしますので、アセンションスペースシューリエもよろしくお願いします!
日記

卑弥呼からのメッセージ

2008年05月27日
ありがとう。ありがとうって、そんな渦中に埋もれて、もうすべてが有り難く思えていると感じた時、すべてがその信頼をもとに、愛を広げることになっていくのです。

あまりにも無理やり感謝するということを提言されたり実行しようとしたりしても、これは無理ということや制限といったことなどの、ネガティブな低い波動が生じてしまうために好ましい状況ではないことになります。それでも、素晴らしきこの言霊である「ありがとう」というエネルギーを使うのでしたら、それはそれは宇宙からもたくさんの高い波動のエネルギーがいただけるわけですし、何よりも肉体と心がポジティブに反応して受け取れるわけですから、とても素晴らしいことになります。

あなた方日本語を使っている素晴らしい文化の中に暮らしている皆さんは、私のころに意識して伝えた言霊もそうですし、その後にも増え続けた美しいパワフルな言霊もそうですが、言霊のアマをもっと大切にして過ごすだけでも、これは大きな影響力を持っているために、それなりに生きている中での感覚を左右していくことになっています。

また、本を読むこともそうです。音楽や耳に入ってくる音を聞くこともそうです。別に自分や周囲の人が発する言葉によらず、そういった音に対して、どんな音を選択するかということも言霊を発したり聞いたりすることを選択することと同様で、重要になっていきます。

もちろん、気持ち、心、つまり顕在意識はとても大切なものです。そして、その顕在意識の持ち方により、言霊も音も選択することが多くなるわけですから、より高い波動であることが理想的であります。でも、なかなかそのように高い波動を感じられるような状態を保つことが難しかったり、低い波動から立ち直ることが難しくなっていたりする場合もあるわけですら、言霊と顕在意識とが一致しなくてはいけないとかその必要があるかといったら、必ずしもそうではないこともあるわけです。

何を申し上げたいのかといいますと、もしも顕在意識の波動が下がってしまった場合でも、言霊や音を発したり聞いたりすることを選択する際に、できるだけ波動の高いものを選択することにより、顕在意識の波動を高めるということを意識的に行うことは道理にかなった、一つの素晴らしいテクニックでもあると認識してくださいということです。つまり、心がネガティブであっても、表面的である言葉や音をよりポジティブにすることによって、心の波動を高めて実生活をよりポジティブに送ることができるということです。

ただし、このテクニックには裏がない方が好ましいです。つまり、表面の言霊により人をだますとかエゴを果たすためとかといった、目的が波動の低いものがあっては逆効果になります。あくまでも、純粋に自分自身の波動を高めるためにこのテクニックを用いるということが絶対的な条件となります。

私がこのたびタエヌを通してこのようなメッセージを伝えたことには、ひとつの動機があります。タエヌはこのような内容を、以前から何人ものみなさんに伝えてきたわけですから、ひとつの確認になるわけですが、それよりも、今の時点で、このメッセージをどうしても必要としていて、このメッセージによってまたひとつ大きな目覚めをするという方々がいらっしゃるということです。

素敵な言葉、素敵な音、つまりみなさんにとって心安らぐ理想とする素敵な環境に在ることをできるだけ多く選択して、実生活を送っていただきたいと願っています。

また、こうして世にメッセージを送ることができたことを心より感謝しています。ありがとうございました。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

シューリエからのメッセージ

2008年05月27日
デンプを保育所に送りに行って帰宅した妻が私の横に座って、今日の予定を話しましたが、電気がはしった様なようなびりびりした強い感覚を感じると言ってエネルギー過多による咳をしながら、話が終わるとさっさと立ち上がってどこかに行ってしまいました。

次の瞬間、私はなんだかこうして文章が書きたくなったのでパソコンに向かいました。




何だかこうして、このように愛する地球を見つめていると、その愛にあふれるみなさんの輝きをいとおしく感じて、シリウスの心から発する愛による光で包みこんでいたいという思いでいっぱいになりました。あなたにこうして、私自身の強い波動というものを直接向けることができるようになったのも、あなたの何ものをも愛するという思いがあなたの愛の大きさを育み、地球の愛と一体化して肉体的にも愛の大きさに耐えられるほどの成長をしたということが、今こうしてつながりより深い領域からのメッセージを伝えることができるということにいたり、その幸福感でいっぱいになりました。

シリウスから送られるメッセージの中でも、シリウス本体からのメッセージということに関しては、なかなか届けられる状態ではなかったことから、これまではダイレクトに届けることを差し控えざるを得なかった状況でした。それが、今、こうしてあなたのもとに直接届けることができたということは、私たちにとってはなんとも喜ばしい事態であるということを、再三ながら感謝申し上げたい次第であります。

あろうことに、あなた方の住まうこの地球の世には、いくつもの試練というべきものが存在していると教え込まれてきたあなた方は、自らをその試練の波の中に陥れて、そんな試練という必要もない中でもがいてしまうという選択をしてきました。

例えば、あなたもそんな表現をした経験をお持ちですが、試練を乗り越えたからこそ人に対して人生論を語ったりカウンセリングやヒーリングができるようになるという考えもまったく同じことでして、別にそのような経験を今の世にて好き好んで経験する必要は、本当はまったくないことでもあります。

それでも、自由意思によって選択したことにはそれなりに重要な意義があり、全ての事柄に関して必要性は十分にあるわけですから、これまでの選択が間違っていたとか無駄であったとか、そういったことではありません。

ですから、こうして今、自分の存在が地球上に在るということが、結果として無駄ではなかったという証拠にもなるわけですから、存在していられることに感謝して、存在できているということから自分は地球にとっても宇宙にとっても必要とされている存在であるということを認識して、さらに今の混沌としているようで素晴らしく目覚めていっている地球上のすべての魂たちのエネルギーの中で、自分もその一員としていられることを誇りに思っていただきたいと強く希望します。

あなた方の、我々宇宙の存在に対する感覚は、もう、それなりに実感するに至らなくても否定することなく受け入れる状態にあるという事実が、とても嬉しく感じています。残念ながら、3次元的な宇宙人としてとらえるように仕組んだための情報操作がされていて、あなたにとっての素晴らしき祖国である日本の政府という存在が、宇宙からの侵略の防衛についてということを世に示していますが、これも波動の法則としてとらえ方が違ってくるわけですから、今こうして私のメッセージに触れているみなさんにはたいした影響を与えていませんが、このような情報に情緒を強く動かしてしまう方々にとっては、真実に目覚めてほしいと切に願う次第であります。それでも、このようなことを政府という中心となって世の中を動かしていると思いこまされている機関が、こうして本格的な会議の中で決定してマスコミを通して世に示すことにより、宇宙の生命体の存在が示されたという事実は大いに歓迎すべきことであるし、これもひとつの今の世だからこそ必要な、宇宙の大きなアセンションに向けての動きの中の一つであるということになります。

浅はかな捉え方で結構ですが、今、私がこうしてメッセージを伝えている背景には、タエヌとの深いつながりの元、さらにタエヌが深くつながっていることからこうして波動を合わせてつながっている皆さんに対して、急を要する事実を伝えたいという目的があるからです。

それは、宇宙による塵があなた方の住まう地球の表面を覆ってしまうために、しばらくの間、気象が乱れてしまう状態が続きそうだという情報を伝えたいからです。もう、すでに始まっていることでもありますが、大気が乱れたり太陽や月の光がさえぎられてしまったりするために、どうしても日照時間の不足や雨や風が多くなるという状態が増えるということです。さらに、その不足分を補うために、太陽や月が地を照らす時には、地球全体がこれまで以上にエネルギーを吸収しようとしするために、気温の上昇や光線の強い状況が起きてしまうということになります。それでももちろん、この現象の真実にはまったくネガティブなことはなくて、陰陽の調和のため、地球の浄化のため、地球のエネルギー増幅のため、そして、まもなく迎えようとしているアセンションという素晴らしき輝ける状況になるために、必要な出来事ということであります。

何事もシンプルにポジティブに受容してみてください。何事も根本を見つめるようにしてください。何事も必要であることと認識してみてください。余計なことはありません。余分なことはありません。ネガティブなことはありません。怖いこと、恐れること、心配に思うこと、そんなことは一切ありません。

宇宙を信頼してください。地球自体を信頼してください。そして、あなた方個々の素晴らしい魂を信頼してください。必要なことの中には、一見ネガティブに思われることは多々あります。でも、それはすべてが物質的な3次元的な観点により捉える事から生じるネガティブな情緒です。なるようになっていくなかで、どうせなら素敵な方向に進みたいと願い、自分自身の波動を高めるという、ただ、そんなシンプルなことを意識して実生活を送るようにすること、それだけで輝かしい夢の世界にアセンションすることができるのです。

だから、もしも太陽や月の光が差し込まないような薄暗い状況になったとしても、あなたがたの光明による愛の光を輝かし続けてください。そして、世の中にたくさんの光の輪が広がりますように、光の手と手を結んで宇宙の光の輪にどんどん溶け込んでいってください。そんなある時、ふと気がついたら、あなた方と私たちは、しっかりと手をつないで同じ光の輪の中にあることを実感して、友として同じ道を歩んでいることに喜び勇むことでしょう。そして、さらなる光の輪の広がりを求めて、宇宙の果てまで愛を広げることに終始する在り方を選択することでしょう。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

今朝8時半の時点の状態

2008年05月27日
今朝6時半頃、いつものように家族6人での朝食中に、右目の視野の中にダイヤモンドのように輝くリングが映りました。それから徐々にそのリングが広がっていき、さらに薄い雲のような白いもやがかかり始め、7時ころになると視界の半分を覆ってしまいちょっと気分が悪くなりました。ひとまず横になって10分ほど自己ヒーリングをしたらその現象はおさまりましたが、視界がさえぎられるという現象は7,8年前くらいまでは時々ありましたがとても久しぶりでしたし、気分が悪くなって寝ころんだのも久しぶりです。

低いものからではないことは、はっきりとわかりました。でも、何からきているかはよくわかりませんが、今の時点では、なんともいえない感覚的に研ぎ澄まされた状態になっていて、いつも以上に霊的にとても敏感になっていることを強く感じます。今日、この先に何があるのかはまったくわかりません。今の時点ではメッセージのようなものも感じません。今日の予定としてちょっと長くなりそうなメールを今の時点では5件、それ以外にもリサーチやヒーリングをする予定ではありますが、今のままでは遠隔ヒーリングは妻と一緒なので問題はありませんが、それ以外のお仕事がどうなるかは未定です。

なんだか、目をずっと開けているのがきつくなるような目の奥の重さと、体全体がじゅわじゅわして力の抜けるような感じや軽い眠気と、ハートチャクラ近辺の軽い痛みといった、これまでの感覚の中でも肉体的には結構しんどいけど、またこれまでと違った高次元の強いエネルギーを感じています。

いったい自分には今日この先どんなことが待っているのか、とてもわくわくしています。
日記

魔(陰の政府・イルミナティー)の結界の1つ(マスコミ操作)が崩れつつある事実の一コマ

2008年05月24日
昨日から今日にかけて、とてもわかりやすい魔(陰の政府・イルミナティー)の弱まってきていることから現実的状況として現れた、2つのマスコミの報道です。少し前までは、このような報道をされて明るみにされないように隠せていたはずです。ヒラリー候補に関していえば、もともとからあった最終手段としての陰の政府の計画をばらしてしまった…ということになりますが 。

この先、どんどんこのような真実の情報が出回るようになっていきますが、それが本来の表の情報ですので、しっかりと現実を受け止めてポジティブに受容して実生活に生かしてほしいと思います。



「オバマ氏暗殺」を期待? ヒラリー氏大失言
~5月24日9時59分配信 産経新聞~


【ワシントン=山本秀也】米民主党の大統領候補指名を争うヒラリー・クリントン上院議員は23日、劣勢の選挙戦を継続する理由として、同党の候補指名を目指したロバート・ケネディ元司法長官が1968年6月に暗殺された事件を挙げた。ライバルのオバマ上院議員が“不測の事態”に見舞われることを期待したともとれる極めて不穏当な発言で、同氏は「遺憾だった」と陳謝した。
 
来月3日に予備選を控えたサウスダコタ州スーフォールズの地元紙オーガス・リーダーとのビデオ会見で、クリントン氏は、「私の夫は92年、6月半ばのカリフォルニア州予備選で勝つまで活動をやめなかったでしょ。ボビー(ロバートの愛称)・ケネディがカリフォルニアで6月に暗殺されたことは、みんな覚えているわよね。だから(選挙戦撤退の要求について)私は理解できないわ」と語った。

テキサス州ダラスで暗殺されたケネディ元大統領の実弟で、司法長官や上院議員を務めたロバート・ケネディ氏は、68年の大統領選で、民主党の候補指名に向けた選挙活動を展開した。しかし、カリフォルニア州予備選での勝利直後、ロサンゼルスのホテルで銃撃されて死亡。民主党内の足並みは乱れ、本選で同党候補のハンフリー副大統領は共和党のニクソン候補に敗れていた。

黒人初の大統領をめざすオバマ氏には、昨年の序盤戦段階から襲撃の懸念が浮上し、シークレット・サービスが身辺を厳重に警護している。クリントン氏は、オバマ氏を「恥知らず」呼ばわりしたり、武勇談を創作したりと放言や失言を繰り返してきたが、ケネディ暗殺をオバマ氏に重ねたともとれる発言は、米メディアが一斉に報じる騒ぎとなった。

クリントン氏は「(言及した暗殺は)歴史的な事実だ」としながらも、騒ぎの広がりに「発言が国全体やケネディ家のみなさんを傷つけたのなら遺憾だった」と陳謝した。オバマ選対では、「発言は残念だ」と、あきれ気味にコメントしている。




GDPと景況感がこれほどズレる理由 夏前から「景気減速」本格化か
~5月23日14時57分配信 ダイヤモンド・オンライン~

「あり得ない数字だ」とある中堅精密機械メーカーの関係者は苦笑する。

円高や原燃料高により、今期十数億円の営業減益を予想する同社を取り巻く環境は、まさに「逆風]だ。にもかかわらず、「テレビや新聞で報道される経済指標が好調そのものなのはおかしい」(関係者)というのだ。
 
その「あり得ない数字」とは、5月中旬に内閣府が発表した2008年1-3月期の実質GDP(国内総生産)速報値である。これが大方の予想に反して、意外なほど好調だった。1-3月期の実質GDP成長率は前期比+0.8%となり、年率換算では、07年1-3月期以来最高となる+3.3%を達成したのだ。

しかし、冒頭の関係者が驚くように、GDPと一般の企業や個人が肌で感じる「景況感」とのあいだには、実は大きなギャップがある。

「決算期が迫っているため、少しでも多く売り上げを計上しないと、銀行から次の融資を受けられない。建材価格の高騰でコストは2割もアップしているが、500万~1000万円も値下げしないと家が売れない。まさにジリ貧、バナナの叩き売り状態だ」(中堅住宅メーカー)

「乾いた雑巾を絞るようにコストカットを行ない、納入価格を下げてきたが、業績が悪化した得意先の自動車メーカーから、先日ついに契約解除を持ちかけられた。もう人員整理しかない」(中堅自動車部品メーカー)

景気がよどころではなく、巷にはこんな悲痛な声が溢れている。GDPと一般の景況感にここまでギャップが生じる原因は、「GDP計算の特殊性」である。企業や個人を苦しめている円高や物価高の影響が、正確に織り込まれていないのだ。

GDPの計算において、本来、円高の悪影響は貿易額に織り込まれるべきだが、モノやサービスが日本から輸出される時点の円ベースで計算されるため、最終的な為替差損は考慮されない。特に、巷で最も重視されている実質GDPは、物価を織り込んだ「名目GDP」から物価変動の影響を除いているため、原燃料高の悪影響も反映されていない。

円高による企業収益の悪化は設備投資減少を、物価上昇は消費減退を招くが、一般的には波及までにタイムラグもある。このように、GDPを見ただけでは「足元の景気」を正確に判断するのは難しい。

とはいえ、企業業績や家計が本格的に悪化すれば、今後の経済成長に無視できない影響を与えるのは確かだ。GDPの構成要素で見ると、この1-3月期に日本の経済成長を牽引したのは、新興国向けが増えた「財貨・サービス輸出」、閏年で計算対象期間が増えて底上げされた「民間最終消費支出」、改正建築基準法による住宅着工件数減少の反動需要が現れた「民間住宅投資」となっている。

しかし、今後は景気減速中の米国向け輸出減少、さらなる物価上昇による消費減退、買い控えによる住宅需要の頭打ちなどが起きる可能性が高い。「4-6月期以降の実質GDPは連続でマイナス成長に陥り、通年の成長率が1%台を割り込む」と予想する専門家さえいる。われわれが本当に危機感を抱くのは、景況感とGDPとのギャップが縮まる「これから」だ。

(ダイヤモンド・オンライン 小尾拓也)



最後に、今年の1月27日に届けられたマシュー君のメッセージを、2月4日付けの森田玄氏のブログ「玄のリモ農園ダイアリー」に記載された内容をコピーして載せますので参考にしてみてください。

このメッセージを送って来たマシュー・ワード(Matthew Ward)君は、1980年に17歳で亡くなっていて、それ以来、お母さんのチャネリングを通してさまざまなメッセージを送ってきています。

マシュー君は太陽系のもっとも高い菩薩界磁場相に存在する意識体のようで、さらに上なる銀河系磁場からの情報を伝えていると考えられるので、その内容の真実性はひじょうに高いと言えるでしょう。

以下、森田玄氏の訳文です。



1. これは私マシューから2008年初頭のあなた方への挨拶である。今年は驚くべき決定的な年になるであろう。

2. 世界の目と耳がアメリカの大統領予備選に注がれているが、それはサーカスにすぎない。ヒラリーはイルミナティの指名する次期大統領候補である。それは彼女が世界のイルミナティ・グループの中でもっとも影響力を持っているからだ。かれらは不正な投票操作で、自分たちが選んだ候補が各地域でトップ当選するように仕組んでいる。これらの候補が各党の有力指名候補であるかぎり、かれらはイルミナティが満足する話題だけをとりあげ、本当のことを語らないであろう。このように大統領の一般教書演説は本当のものは隠され、かれらの意向にそったものになっている。アルカイダたちによるテロの世界という無慈悲な宣伝文句に、投票者たちはいったい誰を信じ、大統領の権力を任せていいのか分からなくなっている。イルミナティの意向に逆らう候補はメディアから外されることは自明である。 しかし11月の大統領選挙前に、候補者たちの正体が光明エネルギーによって暴露されるだけでなく、投票も正確な数が数えられるだろう。イルミナティはホワイトハウスに自分たちの候補を送り込もうとするだろうが、地球人類と慈悲深い地球外生命体(ET)の協力で、その悪の計画を挫くための強力な動きが進行中である。さいごにはあらゆる国の指導者は正直で賢明で能力ある者たちになるであろう。

3.全世界を揺るがしているアメリカの経済不況についても同じような協力体制が存在している。銀行が巨大な負債を抱え、住宅ローンの破綻、クレジットカード負債激増、株式証券の乱高下などビジネス体制が大変化するであろう。

4. アメリカを中心としたグローバル経済はすでに破綻している。イルミナティは必死でそれをコントロールしようと躍起になっていろいろやっているがすべて無駄であろう。増大する光エネルギーが問題の禍根を照らし出し始めているからである。腐敗した金融システム、連邦準備金とIRSの私物化、不正証券取引操作、自然資源の略奪などだ。かれらの何世代にも渡った世界経済支配が、かれらの足下から崩壊しつつある。

5. イルミナティとは「光明を受けた者」「啓発された者」という意味の名前であり、あなた方の世界を何代にもわたって支配し真実を隠して来た悪意の輩たちである。別名には、陰の政府、闇の結社、エリート集団などと呼ばれているが、そのような会員制のグループではなく、むしろ世界中の権力ある個人たちが大勢集まったものである。かれらこそ、政府、司法組織、王族、宗教、マスコミ、金融、教育、医療、エンターテーメント、国際企業、つまり、地球上の生命をコントロールするあらゆるビジネス、組織、機関を実質的に動かしているのだ。あまりにも幅広くしっかりとこの闇の権力のネットワークが世界中に張りめぐされているので、ひとびとは長年に渡って簡単に支配されて来た。それ自体生命体である地球は、闇の権力の気ままな乱用によって引き起こされている地球人類と動植物そして惑星本体の苦しみにもはや我慢するわけにはいかない。そこで地球は、その住人たちが深く捕われている虚偽、腐敗、欲望、専横から自由になれるように宇宙からの助けを求めてきた。要するに、自由解放プロセスがいま世界で起きているのだ。

6.これから数ヶ月は経済的大変動があるだろう。これは夜明け前の闇といえるものである。多くがしばらく苦しい経験をするだろう、だがイルミナティが考えていることに比べれば比較的軽いものである。かれらの計画では、数十億人が飢える一方で、闇の権力者たちはかつてない不法な富を得ることになっているのだ。ブッシュ大統領が石油依存を軽減するという目的で再生エネルギーよりもエタノール生産計画を押し進めているが、それはトウモロコシを人びとや家畜の食料生産にではなく燃料に使おうというものだ。ブッシュはイルミナティの有力者たちに言われたた通りにやっているだけだ。その計画も実施されることはないだろう。経済とビジネス管理に精通した霊的に進化した魂がいつでも介入できる態勢にあるので、金本位経済体制にもどるまでの経済的空白はないだろう。


7. これまで政治家たちの楽観的公約やバラ色の経済的予測を額面どおりに受け止めて来た多くのものは、いまだに期待感をもっているが、だんだん慎重になって来ている。真理があきらかになるにつれ、とくに宗教が教える教義の起源と目的が明らかになると、このような気づきが起きてくる。光明エネルギーがさらに強くなってより高い意識と霊的理解が可能になっても、何世紀に渡るイルミナティ支配の真実暴露を信じる人たちがすべて宗教の何世紀にも渡る支配にかかわる真実を受け入けられるわけではないであろう。

8. 真実の歴史とニュース速報について言えば、こんにち最も信頼置けるニュース源はインターネットである。誤った情報も伝える可能性もあるが、主要メディアが伝えない情報や相反する情報を知るもっとも信頼できる情報源である。インターネット上で事実が飛び交う事態になれば、新聞もテレビも無視するわけにいかなくなるだろう。インターネットを使ってマインドコントロールをしようという闇の連中のもくろみは、それにすぐに気づいたものたちによって解決されたが、いまだこれは偽情報を流す目的で使われるので、その内容と発信源につては注意が必要である。

9. あなた方の判断力を高める点で、少なくてもラジオやテレビについて言えば、音が重要である。 あらゆる音源は、精神とからだにとって有益なものと害になる周波数を発している。いま地球には、より高い周波数が行き渡っているので、あなた方はまわりの音にさらに増して影響されるようになっている。闇の権力者たちはこのことをよく知っていて、耳に聞こえない音波であなた方を攻撃しているが、これは防ぎようがない。しかし通常はラジオやテレビやステレオの音を選ぶことができる。最近の音楽やプログラムは危険な不協音や音量でいっぱいだが、これらの雑音は避けることができる。 モーツアルトやベートーベンなどの音楽家の作品が重症患者を癒したり、植物の成長を促進したり、動物を落ち着かせる効果があることが科学的実験で明らかになっている。クラシックがだれにでも好まれるわけではないことはもちろんだが、この素晴らしい利点をおぼえておくと良い。できるかぎり自然に親しむようにしなさい。それが提供する音をよろこび、すべてとひとつになることのエッセンスを大いに楽しみなさい。そして、沈黙の音(Sound of Silence)のやすらぎ感を見落とさないように。それこそ黄金の音!そしてできるだけ多くの機会をつくって、自己の回復と高揚のために、静寂に浸りなさい。


10. さて、光エネルギーが増大していると再三われわれが言っているのにもかかわらず、あなた方の目には暴力がさらに蔓延り、戦争から個人的なレベルの暴力や殺人まで起こっているのを見て、どこにその証拠があるのかと思うかもしれない。しかし、これはより高い周波の波動はあらゆる特性と行動を拡大誇張させる、つまり、「よいもの」はさらによく、「悪いもの」はさらに悪くなるという効果を生むという意味で考えて欲しい。世界中で指導的立場をねらう者たちが殺されるのはこの増大したエネルギー力の部分的影響であり、身内や知合いの暴力や無差別殺人も同じである。このような事件は、それを引き起こしている闇の触手のエネルギーが燃え尽きるまでつづくであろう。怖れてはいけない、それこそ闇のパワーのもっとも恐るべき力を増長させる道具になるからだ。増大した光エネルギーはいまや中心においてより強さを増しているが、精神面での恐怖はそこに割れ目をつくり、そこが闇の触手が入って来る入口になってしまう。光はつねに強いことを念頭におきなさい。光は愛と同じであり、宇宙でもっとも強力なエネルギーである。しっかりと自己の光を維持することが、闇も崩すことのできないあなたの砦になる。


11.われわれの見た限り、通常の霊魂契約を考えると、われわれは光明エネルギーのおどろくべき進展に喜んでいる。また、われわれが共感する、そうだ、同情するだけでなく共感するのは、地球変換のこの段階での混乱、悲しみ、苦悩を経験している魂たちである。前世からの契約でおおくの魂が地球を離れているが、さらに多くがあまりにも苦しい地球での状態を避けて契約を変更し地球を早めに離れ、魂からの光明プロセスに参加して地球のマイナス・エネルギー解除の手伝いをしている。よりよくなることがより悪くなることよりはるかに早いスピードで起きつつあることをとりあえず言っておこう。


12.まず、三次元での文脈で、世界でもっともメディアに取り上げられている国について言おう。イラクとアフガニスタン:ひきつづく戦闘と 混乱と米国傀儡政権、イラン:闇のパワーの次なる目標、そのための核兵器開発阻止というレトリック、パキスタン:深刻な政情不安、イスラエルとパレスティナの60年間にわたるシオニストたちによる紛争問題、そして今レバノン。この地域全体での自殺爆弾テロなどによる暴力行為はイスラム過激派のせいにされているが,ほとんどはそうではない。平和と自由の新しい敵はイスラム教だというプロパガンダのひとつにすぎない。「反乱者」というラベルは、外国の占領から自国民を解放しようという者たちに付けられたもので、以前は外国の抑圧者から母国を解放しようという「愛国者」たちのことであった。爆弾自殺テロを含む死と破壊のほとんどが、実際はイルミナティの息が掛かったCIA分子の仕業であり、マインドコントロールされた個人がよく利用される。全体的にいえば、暴力行為はすべて偽りの「対テロ戦争」を押し進めるためのバネになっている。この戦争の拡大こそがイルミナティの本心である。それは市民の基本的権利をさらに奪い、世界支配のための征服と占領を維持するのに必要な人的資源確保の宣伝文句である。しかし、最下位の三次元エネルギーに捕われている妄想観念を除けば、これは起き得ない。


13. 宇宙の連続性と生命の輪廻経験という意味では、これらの国々でいま起きていることは、はるか昔に始まった三次元エネルギーカルマの清算であり、これはこれまで幾世代にわたって繰り返されて来たことである。前世での契約によって、地球の現居住者たちは自己のカルマのバランス調整に関わることと、暗闇の第三次元の温床からの地球のアセンションを助けるためにそれぞれの地へ戻ることを選んだ。より遅く始まってはいるが、専制政治と流血が長い間日常になっているアフリカ諸国においても同じ真理がある。当然のことだが、そのような重いカルマの清算を必要としない国々に比べると、これらアフリカ地域のすべての抑圧と死の終結はよりゆっくりになるであろう。このような被害を受けているひとびとにとって、意識レベルでの人生はやはり厳しいものであるが、かれらの生と死をカルマでの意味でとらえれば、光エネルギーが強くなっているのになぜこのようなことが続いているのか理解する助けになるだろう。

14. 最近のパレスチナ人が、食料や生活必需品のためにエジプトとの国境の壁を乗り越えて流出している件は、 三次元の文脈でみればその目的は自明である。抑圧された人びとが自己の生存のために自ら乗り出したということである。より高い視野から観れば、すべての魂の統一意識が高まり人や国の境がなくなりつつあることの象徴的事件である。


15. 情報操作で言えば、悲劇が起きるごとにそれが大きく取り上げられることで恐怖と暴力と悲しみが繰り返される。だれでもこれほどの人類の苦しみを受け入れることはできない。闇の人間たちは、この圧倒的な数に対して、何をしても変えられないから結局なにもしないという人びとの無関心な反応を利用しているのすぎない。なんと人びとは騙されていることか!しかし何百万という人間が小さな組織から国際的運動にいたるまで大胆な行動をとって創造的な変化を起こしつつある。世界中のこころに浸透している増大する光エネルギーはだれも止めることは出来ない。どうか、指導者たちだけが重要だと思わないで欲しい。すべての魂が重要である。あなた自身の光を輝かすだけで、あなた方ひとりひとりが世界変容に貢献するのだ。

16. これはあなたの世界だからだこそそうなのだ。霊的に進化したものたちからのメッセージがいくどとなくあなたがたに間違いないと伝えている。無数のあなたがたの宇宙家族が一歩一歩手助けするためにあなたがたの中に存在していること、地球のまわりを囲んでいることを。愛と畏敬とをもって、かれらはあなた方の素晴らしい世界ビジョンを顕示する手助けをしようと来ている。そして、どのような時にでもわれわれが心の中であなた方を愛で抱擁していることを忘れないように。
スピリチュアル

3つのお仕事

2008年05月24日
私が現在行っているお仕事の中でも、特に重要であり日常的であることを大きく分けると3つあります。私が捉えているお仕事という言葉の意味は「人のためにすること」であり、金品をいただくことも目的の一つの場合もあれば、まったく関係ないものもあります。

3つのお仕事の中でも、最も重要であり長い時間を費やしているのは「家族のためのお仕事」です。妻は決して楽をしているわけではありませんが、たぶん平均的なご夫婦よりも、私が家事をしたり子どもの成長にかかわることをしたりすることが少しだけ多いかと思います。妻との関係で、きっとうまくいっているだろうなあと思うことの2つの大きな要素が、価値観が一致していることと、得手不得手があまり一致していないために補い合えることだと思っています。例えば料理にしても、妻は好きなこととはいえないし経験もあまりなかったのですが、私はそれなりに調理関係の就労をしていた経験があったし好きなことでもありましたから、私の家事分担となっています。また、日用大工的なことや電気関係のことを私は興味がわかないし知識も技術も乏しいですので、妻が主にやってくれます。もちろん力仕事は私の役目ですが。

次に最優先にしているお仕事が、mixiへの日記を書くことです。特に、高次元からのメッセージが降りてきた場合はなおさらですが、いつも書ける状況の時に降りてくるので、できるだけ多くのみなさんい伝えたいメッセージは書き残すことができていると思います。比較的慣れ親しんだ霊界からのメッセージを受け取っている時は、それほど心身がきつくならずにいますが、それでも1時間を超えるような長い時間になると疲労は大きくなります。それよりも、宇宙のみなさんとつながっている時は毎回、霊力も体力もかなりの度合いで使っています。ですから、チャネリングして日記を書きあげた直後は、ほとんどが横になって平均30分~1時間くらいは爆睡しています。特に、新たな質のエネルギーを持ち合わせている方とつながった時は、しばらくは何もしたくない状態になるので、そんなときは風呂に入って心身を整えるようにしています。

これまで、世界各国のチャネリングをしている方々の中には、肉体がぼろぼろになったとか、チャネリング直後の数時間は歩くことも立つこともできないなど、肉体的に不調和をおこすということを伴いつつも、お仕事として自らが望んでチャネリングをしている人もいるようです。私は、今のところ肉体的にも精神的にも絶好調ですが、それでも直後はかなりしんどくなることもあるし、メッセージを受け取って書いたり私への個人宛の場合に受容したり思念による会話のやり取りをしたりすることを何日か続けていると、それなりの霊的な疲労がたまってしまうので、そんな時は1日とカ2日とか、私の霊力や体力が回復するまでの時間を開けてくれます。どちらにしても、私が意図的に調整をしているのではなくて、私の状態を見てメッセンジャーの同志のみなさんが気遣って調整してくれているようです。だから、私は常に目の前のわくわくしたことを選択しつつ実生活を送るのみですので、とても楽天的に過ごすことができています。

3つめのお仕事は、私にとって唯一の見返りとしてお金をいただくことを条件として行っているアセンションスペースシューリエのお仕事です。もちろん本心はお金などというものは関係なく行いたいところですが、3次元の今の世を生きていく中では、現時点でお金がとても必要な物のひとつであると認識しているので、要する時間や霊力に見合った料金を設定しました。そして、この料金の設定を承知の上でアセンションスペースシューリエを必要としてくださりお申込みをいただいた皆様方には、常に当所なりに尽力しています。現在、当所のメンバーは私と妻の2人です。主に妻は補助的な役割をしていますが、ヒーリング能力が高いために私と共同で遠隔ヒーリングを行っています。また、私よりも手先が器用なのでブレスレットの作成もしていて、パワー入れや浄化を私がしています。メールのほとんどは私が書いていますが、時々、長く書いて伝えるメールが多い時には、私がレコーダーに内容を録音したことを妻がパソコンに書き残し、最終的に私がチェックして仕上げた内容をメールにして送るということもしています。

そろそろ時間がきましたので朝食を作ってきます。まだだれも起きてきませんが、ここひと月くらいの土・日の朝は平日より遅くて、7時前後に家族そろって朝食をとっています。

みなさんにとって素敵な一日でありますように!
日記

我が家の平日によくあるパターンの1日

2008年05月23日
今朝は4時ころに起きて朝風呂に入り、すっきりしてからパソコンを確認してやりたいことをやり、5時半少し前になると妻と一緒にいつもの朝のお祈り(身近なみなさんへの感謝の気持ちを唱える、高次元のエネルギーを真言や深呼吸やイメージなどをしながら受け取る、家族や家などに光を与えて護ったりエネルギーを与えたりするなどのオリジナルのことや、唱えたいことを声を出したりイメージしたりしています。時間は約15分です。)をして、終わってから朝食を作り、6時10分には家族全員で朝食を食べ始めました。小学生の2人は7時15分に家を出てデンプは8時少し過ぎに保育所に行きました。これは、平日の我が家のパターンです。長男は今日は土日が修学旅行で京都・奈良に行ったための代休ですが、普段は部活の朝練のために6時40分頃に家を出ます。今日はデンプ(仮名三女5歳)が遠足でお弁当を持ってわくわくしながら保育所に行きました。天気が良いしとっても嬉しそうにしていました~ 。

保育所に送った後、妻と2人で午前中は畑仕事に精を出しました。雑草を取り除いたり間引きをしたり…結構体力を使うので汗びっしょりになりましたが、2時間ほどの作業が終わって、それなりに整った畑を見ると疲れがふっとび、さわやかな気分になりました!

帰り支度をしていた時、畑のご近所で梨農園と畑を長年しているという大先輩でありプロの農家のご老体が来てくれました。なんだか、近辺の畑の指導をしているとのことでしたが、大先輩が私の畑を見て、最初の一言が「プロの畑だね~」なんだか最高のほめ言葉をいただいたようでとても嬉しかったです。人に面と向かってほめられた言葉により嬉しいと感じたのは、なんだか久しぶりのような気がしました。

その後にトマトやキュウリが少し弱りかけているのを見て病気の対策を教えてくれたり、間引きの時期まで早いと思い来週にしようかと思っていたトウモロコシを見て、すぐに間引きをした方が良いことも教えてくれたりと、やっぱり素人であり経験は浅い私たちに対して、大先輩のプロは要点をご指導してくれたので、たいへんためになりました。ありがとうございました~!

帰宅してからお昼をはさんでつい先ほどまで、メールを書いたり神道フーチのリサーチをしたり遠隔ヒーリングをしたりしていましたが、この日記を書き終えたら今度は庭の畑の作業に取り掛かります。明日あさってと雨が予想されているために、やることがたくさんあります。今、妻に畑作業の内容を伝えたら、農作業用の帽子をかぶって庭に出て行きました。

畑作業が終わる頃、アマンダ(次女仮名小2)が帰宅する予定です。4時にはデンプをお迎えに行き長女もその頃に帰宅します。長男は部活がある日は6時半過ぎに帰宅しますが、今日は代休のために午前中に部活があって午後は一人でサイクリングに出かけて行きました。

夕食は午後6時台。夜9時前にはほぼ全員が就寝。私は一番遅く寝床に就くことがほとんどですが、9時台には寝ています。

こんな感じの1日が、我が家の最近の平日に多いパターンです。
日記

地球を応援してくれているみなさんからのメッセージ

2008年05月22日
宇宙ステーションという名が最もイメージしやすいと思うような小さな星がいくつもあって、たくさんの星からやってきた宇宙人といわれる高度な文明をもつ人々が集っていることは、承知している方もそうでない方もいると思いますが、そんな所から我々はあなた方の住まう地球という星を見つめています。見つめるとはいっても、ただ見ているだけではなくて、我々のできる範囲で支援をしたり上るための手助けをしたりともに歩んだりしているわけです。

魔の飛び立つ勢いは、それはそれはおもしろいほどは早いわけでして、細かい塵が流れ星のように宇宙に散っています。中には、大きな塊になっているものもあり、それが時には災害となって人々に最後のあがきとして地に刻まれています。でも、それも宇宙の神の手のひらのことでして、そのことも地球の浄化を進め助ける役割を担っているのです。なかでも、火山の噴火というものはとてもわかりやすいことでして、いわゆる魔の地球から浄化するための出口であると捉えても良いかと思います。今、出て行っている魔のものたちは、まだそれほど地球の奥深くまで根付いていないような浅はかなものが多いですが、この先、地球の根底まで根を張り、人という素晴らしい存在の心や肉体までにも入り込んだものたちも散りゆき浄化されて宇宙に旅立つわけですから、その最後の悪あがきはこれまでのようなことでは済まないということになります。でも、やはりこれも神の手のひらのこと。地球浄化にはとても最適な出来事となることでしょう。

何も地を揺らし噴火させるだけではなく、天をもひねり捻じ曲げる力も持っています。風が多く吹くのはそのためでもあり、地球がどんどん浄化されるためには必要なことであるわけです。雨も降ってすべてを洗い流し、洗い流せば魔は天に宇宙に地球を離れるために浄化して去っていきます。そして、すべての魔が去りゆくまで、この地の爆発、天のねじれからくる大風や大雨は続いていきます。ですから、これはとても嬉しいことでして、決して恐ろしいことではないので、ああ、こうやって浄化されて洗い流されてひとつひとつ次の世に進んでいくのだなあと、なにも情緒を動かすことなくただただ自然的な現象として感じていてくれれば良いとわれわれは思う次第であります。

先ほど言いました宇宙ステーションとは、もともと宇宙のみんながより高度な次元の文明を寄り集めることで、さらなる宇宙のために最適な文明を作り上げていくための豊かな知恵や波動を作り上げるために神のお計らいの元、作ったものです。ですから、われわれ集う者たちには、義務感というものはなく、そうしたい者たちがただ集うというだけなので何かの一つの目的で召集されたわけではありません。そんな中の一つの集合体が同じ意識を持って始めたのが、この素晴らしき星であるあなた方の住まう地球に向けて、アセンションプロジェクト推進のための力になることです。プロジェクトとはいっても、ただただあなた方の手助けをするためのものでして、この先にこうしていこうなどという計画とか予定とかはありません。その時その時に必要なことで我々にできることをしていこうということだけなのです。

我々のような集合意識を持って、地球のみにエネルギーを送るものもあれば宇宙全体に送るものもあれば、それはそれはたくさんの仲間たちがそれぞれの思惑でやりたいように宇宙のために楽しんでいるわけですが、我々はそんな中でも、しばらくはこの地球のみに対して愛を向けようという集団意識であるということをわかっていてください。

タエヌに対して、先ほどからまるで一点に光線を浴びせるようにしてこのメッセージを届けつつエネルギーを与え続けていますが、いかんせん肉体というものが3次元的なレベルであるということから、それなりに限界があることを感じました。でも、限界があるとはいっても、こうして少しずつでも受け入れられるようにDNAが変化し進化し高まっていくということも、これまでの結果からよくわかったので、やはり地道に進歩していけばなるようになるということがよくわかりました。そして、みなさん個々がそれなりに高い水準まで肉体も波動もなにもかもが上がった時に、もともと持ち合わせていた4次元上昇のためのDNAに変わり(戻り)、その肉体を持って地球に存在することになります。もちろん、これは宇宙の強制とか自然ななりいきとかではなく、地球人類の意識が総合的に全体的に高まり望んだから起きることであるわけですから、このままで良いとか波動がこのまま乱れた低い状態が続いていては無理なことであります。

あまりにそっけないほど、この世の果てともいえるべきこれから起きる大変化を、淡々とポジティブに見つめてみると、そこにはとても繊細かつシンプルな光が感じられるはずです。哀れなこと、痛々しいこと、悲しいこと、そんな低い波動はたくさん生じるのは仕方ありませんが、愛と慈悲と高い波動を持って包み込んであげてください。上がれるものは上がれるし、移るものは移るのです。それでも、みんなの一つ一つの射しこめてあげる暖かい光によって命が救われ波動が上がり、ひとつ高まって上がれる魂も増えていくのです。

あなた方、一人ひとりに天使がついてくれています。天使は羽があり、天にあなたの夢や希望や思いを届けてくれます。天は、とても暖かく気高いところなので、その波動を受け止めてあなたの思う所に天の暖かい波動も加えて差し込めることができます。その暖かい波動が、地球のあちこちからたくさん差し込み、まるでこの世の美とは思えぬほどのあまりにも美しい光景が地球のあちこちで見られるようになったとき、天使も天の世界もあなた方のすべての世界と一致して、この美しい天の世界が地の世界である地球の世の世界になるのです。あなた方一人でも多くの麗しきみなさんに、この天の世界を見て美しさを実感していただきたいと思っています。そして、この輝けるこの場から二度と離れたくないという思いを持ち続け、永遠の宇宙の愛の中で愛に溶け込み幸せな時をあたりまえのように過ごし続けるのです。あなた方は、自らが天使になったことを知り、宇宙の中で羽ばたき続けるのです。そして、我々とともに、宇宙の中で永遠の愛に満ち溢れた至福な時を過ごし続けるのです。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

癒しのエネルギーの強い方

2008年05月19日
ここ1週間くらいの間に、同じような状況の方からご質問をいただいたり同じような内容を伝えたりする機会が何度も続きました。今日もお二人の方に対してそのようにしましたが、どうやら書き残しておいた方が良さそうだという気になりましたので、当てはまる方もあまり当てはまらないと思われた方も、何かしら参考にしていただければ幸いに思います。



癒しのエネルギーの強い方は、何かのヒーリングテクニックを身につけるようなことをしなくても、たとえ意識をしていなくても必然的に人や場などのマイナスなエネルギーに対して、ポジティブなエネルギーを与えたり浄化したりしています。そして、それなりのテクニックを身につけて実践していたり癒しを意識的に行っていたりする場合はもちろんのことです。

癒しのエネルギーが強い方の特徴として、感受性が豊かである、人ごみが苦手である、霊的に敏感なほうである、エネルギー的な観点で好ましい場所と好ましくない場所があると感じる、人を癒したいと思う、などのいずれかの自覚があれば間違いありませんし、そうでなくても癒しのエネルギーが強いのではないかと思う方は、本当に強い場合が多いです。

そんな本質から、実生活の中で、悲しみ、不安や心配、怒り、つらさ、痛みや苦しみなどといったネガティブな情緒に触れた時に、自然と人一倍に波動を合わせてしまい、同じネガティブなものを共有して感じすぎてしまうという状態が生じているということが多々あるはずです。そんなネガティブな情緒を表現している人や場といったものに対して、同情をするとか自分なりになんとかしてあげようとかと思って愛の気持ちを向けたり行動したりすることは、もちろんとても素晴らしいことですし、そうすることはとても大切なことです。しかし、波動が合った時に同じようなネガティブな情緒を強く持ってしまうために、波動の法則によって相手や場のネガティブなエネルギーをもらってしまうことがあります。ですから、相手の方や場の気は癒されてよりポジティブなエネルギーになる(すっきりするとか良い感覚になるなど)のですが、反面、本人はマイナスなエネルギーを受けてしまい、もらったまま徐々にいつのまにかためこんでしまっているという状態になってしまうことがあります。

また、癒しのエネルギーの高い方は、ご自身の高い波動と低い波動のギャップの大きさが大きい方がよくいらっしゃいます。癒しのエネルギーを強く備えている魂をお持ちの方は、魂がそれなりの高い位置にあるということでもあります。そんな魂のわくわくに従っている時、つまり、充実している時、楽しんでいる時、大きな愛をめぐらせている時などといったポジティブな状態でとても波動の高い時は、一般的な人と比べると、とても高い波動になっています。逆に、先ほど書いたような理由などから、もらい邪気によって肉体的にも精神的にも苦痛を感じている時、相手のネガティブな情緒を感じすぎて受容してしまった時、また、そんな邪気が多い時には取り越し苦労(自らの思考でネガティブなことを考えてしまい解決できなくなってしまうこと)や波動の法則によりネガティブな現象や人の情緒を呼んでしまうために、目の前の事実として現れてしまいさらに波動を落とすことが多くなってしまうときには、とても波動が低くなってしまっているという状態になってしまいます。その、波動の大きなギャップによって、精神的にも、肉体的にもギャップの大きさについていけずに不調和を起こしているということがあります。また、精神の芯の部分は大丈夫でも、表面的な精神の部分や思考には不調和をもたらしてしまうこともあるはずです。

肉体の話になりますが、せき、たん、鼻水、嘔吐、排泄、発汗は、邪気が肉体に物質化してたまった物を外に出しているという、ひとつの肉体的な浄化の手段でもあります。特に、嘔吐は即効性がありますし、最も強い邪気が物質化したものでもあります。咳は、物質化する直前の邪気です。

さて、癒しのエネルギーの高い方が波動を下げないようにしたり浄化したりする際に、根本的に解決した方が良いと思われることは、以下の3点にまとめることができます。

・邪気を他からできるだけもらわないようにすること。
・波動をできるだけ下げないようにすること。
・これまで以上に、自己浄化を行うこと。

ご自身の魂の本質でもありオーラでも表れている癒しのエネルギーが強いために、ただ、存在するだけで、そのオーラにより癒しを行っていることがよくあります。そして、そのために周囲の人が癒され浄化されたために、周囲の人は癒されて良いのですが、相手や場が持ち合わせていた邪気をもらってしまい、知らず知らずのうちにためこんでしまっているということです。まずは、そんな事実を少しでもよいですから、今まで以上に自覚されるということが基本になります。

先ほどの3点に関しまして、いくつかの解決策をご紹介します。

「邪気を他からできるだけもらわないようにすること。」

人の悲しみ、つらさ、不安・心配などの低波動を発する情緒に触れたと時、多少の同情をしつつも、できるだけご自身の波動は同調しないように高い波動を保つということです。具体的にどのようにするかといいますと、「応援(がんばって・味方だよなど)」「許し」「慈悲・慈愛(かわいそうに・大丈夫など)「希望」「勇気」などといったポジティブな高い波動の状態をできるだけ保って相手や場といった状況に触れて、受容するときにはすべてをポジティブなものにするということを心がけるということです。例えば、マスコミの報道で悲惨な災害の現場を見た時、悲しみや痛みや怒りを感じたとしても、その事実を受容して場や相手に波動を向けるときには、「たいへんだけどがんばってね」「かわいそうに」「最良の状態になるように祈るね」などといった愛をめぐらせる高い波動にするということでうす。目の前の出来事や実を置く場所はもちろんのことですが、こういったマスコミを通した報道やホームページや人から聞こえてくる話などからも、邪気の影響を受けますし、逆に高い波動を向けるだけで、自己防衛にもなるし、もちろん向けた相手や場にとっては高い波動のエネルギーを送られるわけですから癒しになるということになります。

「波動をできるだけ下げないようにすること。」

私のブログや本にもいくつかの表現で書きましたので、ここでは省略いたします。波動をあげるための意識はしつつも、波動を下げないようにしたり、下がったと自覚した時に上げようと努力をしたりすることにも意識を向けて習慣にできると、より一層、全体的な波動は高まってよりポジティブな実生活を送ることができるはずです。私はついイライラしたり思考の中でネガティブなことをめぐらせたりした時の即効性のある対処策として、「ありがとう」という最高峰の高い波動を発する言霊または思念のエネルギーを使います。心の中で、または口に出して「ありがとう」を唱えるだけで、体も心も場も波動が上がります。波動を上げた後の思考や行動や言葉は、低い時よりもよりポジティブなものへと変化しますので、お試しください。トホカミエミタメは、特に憑依するような霊的な低い波長のものに対して結構即効性があります。

「これまで以上に、自己浄化を行うこと。」

様々な浄化方法がありますし、すでに行っていることやご存知なことがたくさんあるかと思いますが、これまで日記にて紹介した方法に加えて、私がお勧めする浄化方法をいくつか紹介いたします。

・最も即効性のある肉体的な浄化方法は「断食」です。でも、断食とはいっても長い期間行わなくても良いですし、すべての飲食を断つ必要もありません。例えばお勧めなのは、1日でも良いですし数日間でも良いですが、それほど無理のない期間を目標にして、食事はできるだけ断ち100%果汁のジュースやミネラルウォーターを飲みながらの断食です。水分やくだものは体を浄化してくれます。そして、汗や排出物は体にたまった邪気や邪気が物質化されたものや不調和によってもたらされた産物を排出してくれます。

・数ある呼吸法の中でも、私が毎朝行っている呼吸法を紹介します。軽く目を閉じて姿勢を正します。深く息を吸い込みながら頭上(第1チャクラ)から宇宙のエネルギーが身体に入ってくるイメージをしてハートチャクラ周辺にためます。同時に陰部と肛門の中間あたりから、地球のコア(中心)からのエネルギーが入ってきてハートチャクラにたまるイメージをします。つまりこれは、プラーナ管を地と宇宙のエネルギーをより深くつなげるということになります。息を吸い込んだ時に一瞬息を止めて、ハートチャクラ周辺にたまったエネルギーを体全体に浸透させます。次にゆっくりと息を吐きながら、体中の毛穴からどろどろした体内の良くないものが出て行くイメージをします。これを、気が済むまで繰り返します。この時の深呼吸は、深く息を吸って吐くということが基本になりますので、速度はゆっくりでも早くでも良いので、できっるだけ楽に深呼吸できるようにしてリラックスして行うと良いです。
スピリチュアル

我が家近辺の紹介

2008年05月18日
我が家の場所は、小さな県道から車が1台通ることはできるけど、すれ違うのは難しいような田んぼや梨畑の間の細い道に入り、200mほど進んだ所にあります。我が家の庭の前が少し空き地になっていて、その向こうは梨畑、さらにその先は田んぼがあります。我が家は20年近く前に宅地化された8件の家が立ち並ぶ小さな住宅地です。近隣は古くから住んでいるような家が多いようで、地元のお付き合いの行事がなにかとあるようですし、なにやらいろいろとあるようですが、我が家の近辺8件がひとつの班になっているようで、そういったお付き合いにはどうやら縁がないようですので、近所づきあいのわずらわしさのようなものは、今のところひとつもありませんし、とても親切にしていただいているのでありがたい限りです。我が家は、この小さな住宅地の角に位置し、すぐ横は地元民しか通らないような細い道がありますので、庭にいると通りかかった方々、特に散歩される方とは挨拶を交わしたり時々会話をしたりもしていますので、孤立しているという感じはなくて、うまく調和してお付き合いができているな~と感じています。

この小さな住宅地のもともとお住まいである7件のみなさんは温和な方々ばかりで、これも波動の法則なのだろうと思いました。そんなみなさんの中に入れていただいたので、安心して生活することができています。小さな子どもがいるのは我が家だけですが、住宅地の路地は住民以外はほとんど通らないし、行き止まりにもなっているので比較的安全なために、アマンダとデンプの自転車や縄跳びなどをする恰好の遊び場になっています。

徒歩5分くらいの所には、昔からあるような小さな商店街があります。もちろん商店街とはいっても人通りはまばらですが、それでも20件近くの店が立ち並んでいて、そこそこに必要な生活用品一式はだいたい揃うようになっています。小さなスーパーもあってちょくちょく買い物に行きますが、日替わりの特価商品がものすごく安いですし、一通りの食料品は手に入ります。また、店員さんみなさんがとても明るく親切なのも魅力的です。そういえば、今日は3女デンプ(仮名今日で5歳になります)の誕生日で、誕生ケーキをひと月ほど前にこのスーパーに注文したので、あとで取りに行きます。昨年は日記にも書きましたように何かとあったデンプの誕生日でしたが、今回はすでに希望のプレゼントは渡したし、ケーキはず~っとあこがれていたプリキュア5GOGO!ケーキです。

私と妻の散歩コースは、30分ほどの短いコースから数時間の長いコースまでいくつかありますが、どのコースも小高い山々に囲まれていてメインは田んぼと畑と梨畑ですが、ほどよく民家が立ち並んでいます。周辺の民家の特徴として素敵だと思うことの1つは、庭や隣接している土地で家庭用と思われる野菜類を栽培している家が比較的多いということです。作物の植え時期や状態や種類など、とても参考になります。

今日は暖かくなったらはまぐりの潮干狩りに行く予定で、はまぐりや海産物でバーベキューをする予定でしたが、今の時点では曇天で風がそこそこにふいていてちょっとひにんりしているといった、海に入るにはなんだかきわどい天気になっています。太平洋までほど近いためか、内陸部に比べると気温が今の時期は少し低めでして、東京が夏日の日でも最高気温が20度くらいまでしか上がっていませんし、昨日の午後はアマンダと釣りに出かけましたが、漁港にはもやがたちこめて風が冷たくて、めずらしくアマンダは長袖のパーカーを着ていたし、近くの方はジャンバーのような厚着をしている人もいました。そんな状況でも、私はいつものように半そで1枚ですし、私にとっては涼しいこの土地の気候はとっても過ごしやすいです。

今朝、朝風呂に入ってすっきりしたら、なんとなく我が家近辺の紹介をしたくなったので書いてみました。
日記

なんだかとてもごんごんじわじわぴきー

2008年05月14日
今日も昨日と同様に、昼ころからなにやら高い波動のエネルギーが私に向けて何かを伝えようとしてくれていますが、その高さが高いということやこれまでとは違う質のものであるといった理由からか、なかなか具体的なインスピレーションや言葉として、私の顕在意識においてはとらえることができません。

昨日は、そんな状況の中、午後1時半頃という早い時間にお風呂に入ってじっくりと浄化&瞑想をした後に、急に書きたくなって書いたのがあの日記です。今日も、このままではメールを書いたりリサーチのお仕事をしたりするのは難しそうだし(明日は大丈夫のはずですので、お待たせしている皆様方、申し訳ありませんが明日にお知らせします~)、きちんとメッセージを受けて日記を書きたいという思いが強くなったので、今日も1時ころにお風呂に入ってきました。

今日、お風呂の中で頭に浮かんできたことは「次の本を出版したい」ということでした。時々、続編を期待してくださっているというメッセージを聞いて嬉しく思いつつも、私はもし出すことができるとしてもまだまだ先のことになるのか、それともこの1冊で充分なのかも…といった感じで、それほど強くは思っていなかったと思います。それでも、なんだかふと思い立った時には、その後のタエヌの日記を編集したり誤字脱字をチェックしたりして、ワードにまとめて保存するという作業をし続けている私がいます。

お風呂から上がって少ししてからパソコンに向かったら、むしょうにまだ編集していないここ約4週間分の日記をワードに移したくなったので、つい先ほどまで、そんな作業を楽しんでいました。そしてこのあとは、いつものように印刷して読み直すつもりです。

それにしてもなんだかよくわかりませんが、この日記を書いている間も、頭にごんごんじわじわ、耳にぴきーといういつもの音、軽い眠気と脱力感を感じるという、よくある高次元の強いエネルギーが私に向かっているか入っている状態は続いています。今日はこのまま特にメッセージを書かずに終わるのか、はたまたこの後に書くことができるのか、それともただ単に強いエネルギーを感じているだけなのか、今の時点ではよくわかりませんが、いずれにしても高い波動のエネルギーをいただいていることだけは確かであるので、とても有難く思っています。
日記

アセンションに関する1つの豆知識

2008年05月13日
肉体を持ち合わせていない意識体としての魂という本来の姿に戻ったにもかかわらず、この世とあの世の狭間である世界に成仏せずに残ることを選択してしまった、いわゆる未成仏霊といわれる魂たちが、ここのところのさらなる急激な波動の高まりによって、地球の磁場がさらに変わり、全体的な波動が高まり、人の意識や波動も高まっているために、この美しき地球に存在できなくなって、自らが存在すべき新たな場所への大移動が行われています。もちろん、波動の高まりに乗じて、自らの気づきや魂の本質がよみがえったことなどから、成仏して高次元の霊界に帰ったものもありますが、多くの魂は残念ながら同じ低い波動の世へと移動しています。

未成仏な霊たちには、アセンションなどということはわかっていないので、今の地球に何が起きているかが根本的にはまったくわかっていません。光を与えられることを選択して成仏していくものは良いのですが、そうでないものたちにとっては、ただただ、これまで以上に時間を追うごとに存在しにくくなり、さらなる苦しみや怒りや強いエゴなどといったものが増していき、地球の波動の高まりとのギャップの大きさにネガティブのどん底状態になっています。

肉体をもった人間をはじめとする生物は、3次元の世で存在するには、この肉体が大きな力となっているために、意識体である未成仏霊や魔と違って、波動の影響を受けつつもある程度の期間は存在し続けることは可能なのです。ただし、可能とはいっても限度がありまして、いわばおもいきり波動が下がったままでいたり下がり続けながらも存在していたりする者たちには、神からの猶予期間が与えられているという状態にあります。ですから、このまま残念ながら波動が低いままであれば、せっかく肉体をまとって地に存在できるといった神からの素晴らしきプレゼントを与えられたという、願ってもいないチャンスをふいにしてしまうということになります。

今現在の地球の物質的な現実といわれる世界と幽玄界において存在する波動の低い存在たちが、その苦しみから逃れようと様々な行動を起こしています。ただし、この行動もたかがしれていますが、それでもたとえ一時的な状態といえども波動がおもいきり下がってしまって同調してしまった場合には、その影響をまともに受けてしまう場合もあります。例えば、人の意識にまで入り込むくらいの深い位置まで憑依することができれば、まだ存在し続けられることを知っている未成仏霊や魔は、そんな肉体をもった人の存在を探してさまよっていますので、もし入り込まれて気付かないでいればたいへんな状態になることは間違いありません。また、波動の低いことから生じた事故や事件によって波動が同調したために巻き込まれてしまった人の波動がさらに下がって全体的な場も人も波動が下がれば、存在しやすくなるためにそんな場を求めているのです。

そんな状態なわけですから、今世にとても近い幽玄界は大きく状況が変わっています。つまり、波動が高まっている影響から浄化しているということになるわけですから、素晴らしい状態へと変革しているということになります。

今世・現実・物質的世界のいずれも同じですが、このように表現されるあなたがた地球人類が住まうより実感しやすいと思っている世界と、幽玄界を含めた霊界や地球神仏界や宇宙の高次元の存在といったスピリチュアルな世界とが、これまで以上に地球人類が近く感じられるような状態になってきています。しかも、かなり急激な変化が起きていますので、より多くの方がなんらかの形で実感してきているはずです。

これには、様々な要因がある中でも、最も大きな要因は、このような状態になっていくことを望むということを選択する人がどんどん増えてきているために、大きな願望という意識となって波動を高めて近付けているということです。つまり、地球人類自らの選択によることであるといえます。

宇宙の高次元の存在は、人の意識がわれわれとの調和を求め、文明を分かち合うことを求め、友として家族としてともに愛の輪の中に入ってくれることを望んでくれれば、いつでも受け入れる準備はもうずいぶん以前から整っているのです。ただし、地球人類の意志を尊重せずに強引に行うということは神から許されていませんし、そのようなことはもともとしようとも思っていません。地球神も仏も、高次元の霊界のみなさんも、やはり同様なことでして、地球人類が本来の関係を保とうという中での調和を求めているために、こうしてより近づきご加護したり直接的に与えるべき光や結びやめぐりなどを、地球人類のために施しやすくなっているということです。

そんなに構えなくてもいいのですよ。ただただ、できるだけ自分に素直にストレートに生きようとすればよいのですから。日々、生活を振り返りながら、ちょっとだけ反省をして向上心を持ち続けて行動して習慣にしていけば良いだけですから。

普通にできるだけ明るくオーラを輝かせていられるように、楽しいこと、安らぐこと、心が落ち着くこと、わくわくすること、充実すること、やりたいことなどといった、自分の本来の姿が求めることを優先して選択し続けようとすれば良いだけですから。人や物事や自分の心などとの調和のために、たとえ違った選択をしてしまったとしても、反省して繰り返さないように努力しようと思うだけでも良いのですよ。

たとえ、人を傷つけたり、人との不調和を起こすような態度を表したり言霊として発したり、心配や怒りや取り越し苦労などといったネガティブな世界に自らを落とし入れたりしたとしても、本当は望んでいる状態ではないということに気づいたら、もうその時点で自分を許してあげてください。そして、自分をもっと愛して、理想の自分に近づけるようになりたいと思うだけで良いのですよ。もちろん、他の人や物事も、その時には許せなくても、いつになってもいいけどできれば早い段階で許してあげられるといいですね。無理なら無理で、そんな自分を許してあげてくださいね。

波動を上げるといっても、特別な努力とかワークとかといったことを、あえて選択しなくても良いのですよ。もちろん、そうしたいのならばそうすることも素敵なことですけどね。ほんの少しずつでも意識すること、そして習慣にしていくこと、ただそれだけを繰り返していれば、気がついたらアセンションしているなんていう状態になっているはずですよ。

魔や低い波動の未成仏霊のことを書きましたが、実はそれほど気にしなくてもよいのですよ。でも、知らないよりは知っていた方が、世の中のことをより根本的に見やすくなるしポジティブに受け止めやすくなるわけですから。だから、そんな感じなのかなあというくらいに、心に留めておいてくださいね。これは、これまで伝えてきたアセンションの情報と同じです。世の変革をポジティブに捉えて受容するための、一つの豆知識ということになります。

明日からも、この波動の急激な高まりによって、幽玄界にも大きく影響してこれまで以上にあからさまとなるほどの大変革がもたらされていることから、今世はさらに大きな現象が起きることでしょう。

どうかみなさん。大きく見つめてください。広い観点で捉えてください。ポジティブに受容するようにしてください。総合的にとらえれば、決してネガティブなことにはなっていないはずですから。ただただ必要なことが起きているということだけですから。

それでも、もしアセンションする地球における肉体から離れていく人や動物などの魂があったら、慈しみの波動を与えてあげてください。悲しみや苦しみや痛みなどによって波動を下げてしまっている人(生物)が近くにいたり映像に映ったりしたら、がんばってね、応援しています、最良の状態になりますように、などといった思念や言霊によって、高い波動を向けてあげてくださいね。宇宙に地球にお祈りをするということも良いでしょう。

みなさん、ひとりひとりのこういった波動を発したり向けたりすることが、地球にとっても宇宙にとっても大きなことなのであります。この日記に触れてお読みいただいているみなさんは、特にそのことを自覚されて、地球の今後の行くえを、自らの波動によって大きく動かすことができるということを意識して、どうかポジティブに世を楽しんでくださいね。


*今回のメッセージは、また新しい質のエネルギーの意識からきたものでして、結構肉体的にも精神的にもきつく感じながらの書き込みでしたし、時間も数時間かかるという、私にとってはとても長い時間のチャネリングとなりました。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

「動物も人間と一緒にアセンションするのですか?」

2008年05月11日
mixiでいただいたご質問「動物も人間と一緒にアセンションするのですか?」について、私の知っている範囲のことをまとめて書きます。

これまで何度も書きましたが、不安・心配・恐れなどといったネガティブなものは、3次元までの低次な状態でしか存在しません。もちろん、4次元より上の次元では、そういったことはまったくなくなってしまうのです。つまり、そういった低い波動に同調している生物は存在できなくなるし、そういった低い波動をを生じる要因もまったくなくなるのです。

例えば蚊・蜂・毒蜘蛛などの毒を持つ虫は、人の肉体に危害を及ぼしたり、時には死に至らすこともあったりするなど、心配や恐怖といった低い波動を生じる要因にもなります。肉食を主とする動物は、他の生物の命を奪って食することによって生きています。時には人間にも危害を及ぼしますが、人間に限らず、周囲の生物に対して恐怖を感じさせますし、自身も低い波動を発生しています。魚類でも、他の生物を食することを主食とするものもありますが、思い浮かべるとこういった人に対してのみならず、他の生物に対して恐怖や不安のような低い波動を生じさせたり、自らも低い波動を発生している生物は、今の世には多種存在しています。ウィルスといわれるものなどの、有害とされる細菌類も同様です。

実は、こういった生物すべてが、アセンション後の地球には存在できなくなってしまうのです。存在できなくなるとは、絶滅するものもあれば、人のように変化(進化・魂本来の状態になる)するものもあります。

そして、人も動物もすべての生物が、お互い同士で傷つけあったりいがみ合ったり恐怖や心配などの低い波動を生じあったりすることは、まったくなくなるのです。
スピリチュアル

マシュー君のメッセージ

2008年05月10日
以前にも紹介したことがある、森田玄氏のブログ「玄のリモ農園ダイアリー」http://moritagen.blogspot.com/2008/05/blog-post_08.htmlに記載してあるマシュー君のメッセージです。今朝、目覚めてすぐにこのメッセージの存在に気づいたので読ませていただきました。読みながら、たくさんの愛や喜びといった高次の光をたくさん与えられて、とてもすがすがしい朝のひとときを味わうことができました。

このメッセージを送って来たマシュー・ワード(Matthew Ward)君は、1980年に17歳で亡くなっていて、それ以来、お母さんのチャネリングを通してさまざまなメッセージを送ってきているのです。

マシュー君は太陽系のもっとも高い菩薩界磁場相に存在する意識体で、さらに上なる銀河系磁場からの情報を伝えてくれているようです。

以下、森田玄氏の訳文をコピーして載せます。



マシュー:親愛なる地球のみなさま、こころからこんにちは。地球はアセンションに向かって着実にすすんでいます。惑星地球の中から、上、まわりに光がその強さを増していますから安心してください。

僕は、心配ありませんと何度も繰り返し言っていますし、ほかの光の存在たちも受け手のひとたちにそう伝えているのですが、表の世界では恐怖を煽るような嘘の恐ろしい情報が出まわっていて、多くのひとびとが影響を受けています。
ですから、宇宙の光がいつもあなたたちの光をしっかりと支えていることを忘れないでください。そして、他の人たちが不安を煽るパワーに屈しないように、あなたたちの怖れない光パワーを送ってやってください。

このことに関して、核戦争が起こりうる理由を詳しく述べている報道記事について、僕が最近依頼されて言ったことをコピーするようにお母さんに頼んであります。その記者たちの信憑性を疑っているわけではありません。ただ、その情報は三次元レベルでの知識にもとずいているもので、高度の意識レベルでの気づきではないことを、僕は示そうとしているのです。さらに、あなたたちが共同で宇宙ファミリーにそのような戦争を起こさせないよう要請する必要があるのか訊ねられました。

僕のメッセージをよく知っている人なら、こういったことについて幾度となく答えているのでべつに驚かないでしょうが、でも今回はこれまでにないくらいはっきりと言います。

_______________________________

その報告記事は、たしかに恐ろしい内容に聞こえます、でもあなたたちの世界で起きることに影響を与えているはるかに重要なパワーを考えればその意味は違ってきます。

本質的な要点がいくつかありますが、まずはじめに、この宇宙のどこでも核戦争はもう起こさせないという創造主の決まりがあります。なぜなら、すでに深刻な害を魂に及ぼしているからです。それは魂の肉体的な一生の仮の「宿」であるからだに対してではなく、あなたたち自身の神性の全本質である魂に対してなのです。

創造主は、あらゆる魂の自由意志は尊重されるというその法則にこの例外をもうけました。それは、核戦争を引き起こそうとする者はだれでも止めさせられる、ということです。この創造主の決まりにしたがって、神は、この宇宙にいるスピリチュアルで、知的に、テクノロジー的に進化しているひとびと(宇宙人)を使って、そのような戦争のもくろみをすべて阻止させることにしました。そして近年の地球では一回以上もそれでうまくいっているのです。

神がこれらのひとたちに与えた許可には、惑星地球のあらゆる暴力と破壊を地球自身で止めるという自由意志を尊重することも含まれています。地球がその選択をしたとき、あなたたちの直線的時間だと60年前になりますが、おびただしい数の光の使者が・・・あなたたちの想像を超える数の強力な魂たちの集合です・・・光とともに地球にやってきたのです。

この莫大な量の光が流れ込んだことによって惑星地球が救われただけでなく、その人間たちの意識も向上したのです。しかし、数千年にわたる人間たちの暴力は急になくすことは不可能です。ですから、金儲けと領土獲得のための戦争機構に費やしてきたエネルギーと、ひとびとをコントロールしようというものたちの支配欲が尽きるまでは仕方ありません。

それは起きつつあります。第二次世界大戦中の意識とくらべ、今日の平和を求める世界の叫びとそれ以降つづいている戦争をなくそうという意識を考えれば、光がひとびとの気持ちとこころに影響しているのが分かります。

進化した文明のひとたちは、たとえどこかで助けが必要だとわかっても、請われない限り介入することはできません。事実、地球からの援助要請の声は充分あったのですが、あなたたちの要請に加えて、平和と抑圧を終わらせようという世界的な活動が自然に大きくなって行きました。

宇宙に他の生命体が存在すること、ましてやあなたたちの中に多くの高度に進化した魂が生きていることや何百万の生命体があなたたちの惑星のまわりにいることなど信じる必要はありません。あなたたちのより良い世界を望む気持ちが、宇宙からの助けを招き入れる言葉でない意識表現です。
あなたたちの世界の闇パワーは、宇宙からの光の使者たちの存在や、地球が闇のはびこる第3次元世界からアセンションする助けを求めて以来ずっと援助していることを知りません。

これが闇の魂に恐怖感を生んだために、かれらはもともと縁がない理性も良心の呵責も失ってしまいました。かれらの世界支配計画がズタズタになるのを見て、闇パワーはますます絶望的になってぼろ切れにしがみついているのです。

これに関係したことですが、地球のアセンションはすでにより高いエネルギー波動域に到達していて、そこでは行き過ぎた双対性がそれ自身尽きてきています。おかげで人類が光の中で本来のバランスに戻ることができるでしょう。

この時点で、ひとびとの行動にあきらかに現われているように、すべての性格と感情が増大します。顕著な例では、横暴で抑圧的で欲張りのものたちは、支配を取り戻そうと必死ですが、その反対に、賢明で霊的に覚醒している魂は、みな同等に舞台裏で健全な指導者を取り戻す活動に徹していて、世界中で大規模な改革に取り組んでいます。

深刻に聞こえる情報について核心的なことは、闇パワーの計画があっても、けっしてそれがかれらの期待通りには行かないことです。そのような会議や討議内容が・・・どうか覚えておいてください、そのような情報はよく恐怖を煽るために故意に「漏れ」てくるもので、これは闇パワーがもっともよく使う手です。これがないとかれらは生き延びられません・・・僕の説明した地球と宇宙の光ネットワークに掛かると、破壊的な計画は実を結ぶことはありません。


光の中にしっかりといてください、そして地球の黄金時代をなにより優先して頭とこころに留めていてください。いまこの瞬間あなたたちがいっしょに創造している世界の変容は、すでに連続体次元では起きているのです。そのくらいあなたたちのパワーはすごいんですよ!
__________________________

お母さん、ありがとう。今のところ、地球を何千年も支配してきた闇のパワーを急には消すことはできません。なぜなら、ひとびとは3次元レベルでの集合意識で、それができないと信じ込んでいるからです。否定的な考えがまだ残っていて、それがほとんどの魂をその次元に引き止めています。その次元では、生まれながら授かっている顕現能力に気づくことはありません。ですから、一挙にやるのではなく、地球惑星上のこころと精神のクリーニングと目覚めのプロセスをやっていかなければいけません。

でも、そのプロセスは思っていたよりもはるかに早いペースで進んでいます。人類の双対性シーソーはかつてはいつも否定的な方向に傾いていましたが、今では上下エネルギーのバランスをとりながらスピードをあげて進んでいます。

食料難、個人への暴力から国レベル、国際レベルの暴力、増え続けるホームレス、金融機関の崩壊などが起きていますね。でも、それに対してバランスをとるようにこのようなことも起きていますよ・・・抑圧的な支配者たちを排除しようという要求が強まっています。紛争解決に対話が叫ばれています。ひとびとの苦難を救おうという声が広まっています。不正のない選挙を要求する声が高まっています。地球の汚染を止めようという意識が高まっています。

あたなたたちの世界のどのような否定的なことでも、それにバランスをとっているそのような行為があるので、そもそもすべてがバランスされている光によって双対性が世界からなくなる日が早まっています。あなたたちは、地球が第3次元世界から抜け出す手助けをするという使命を無事に終えることでしょう。

いくつかのインターネット上のサイトを除いて・・・本当の情報が嘘情報といっしょに宣伝されているので、しっかり見極めることが必要です・・・報道されていないことは、秘密に起こっていることです。遠い星からやってきているあなたたちの宇宙ファミリーメンバ-が、地球市民と手と手を取り合って崩壊状態の旧システムに替わる新しい統治と経済システムの法的基盤をしっかりと創り上げる作業をしています。

はるか遠方からの兄弟姉妹たちは、新しい方針を指示をするために来ているのではありません。あなたたちのなかから現れる指導者たちがあなたたちのヴィジョンを現実化するのを助けるためなのです。そのヴィジョンとは、紛争が協力に代わり、豊富が必要に代わる平和な世界、誰もが天賦の市民権を奪われない世界、こどもたちが愛され、安全で明るい未来を持てる世界、健康が約束され、正しい法があまねく施行され汚染が過去のものになる世界、違いが尊重され、女性が本来の女神として尊敬される世界、人類が自然と調和して生き、すべての創造の本質に光を認める平和な世界です。

あなたたちの宇宙ファミリーは、あなたたちのヴィジョンの世界をおどろくべきスピードで成し遂げるスピリチュアルな意識と叡智とテクノロジーを持っています。

ええ、私たちは前にもこのような保証を与えましたが、もういちど繰り返す理由があるのです。それは支配を取り戻そうと闇の権力者たちが最後の手段として、「宇宙からの侵略」を演出して宇宙人の侵略という恐怖でひとびとを一様に団結させようとするだろうという推測や信仰さえあるからなのです。そうなると、陰謀者たちは戒厳令を布いて、反対者を大々的に検挙し、この地球にかつてない大混乱を引き起こすでしょう。あなたたちの上空にたくさんのUFOの目撃報告があってもまったく無視してきたにもかかわらず、こんどはそのような宇宙船の目撃報告を「侵略」計画だと都合良く決めつけようとするでしょう。

おやまあ!めちゃくちゃなのはそんなことを考える連中のあたまです。そんな「宇宙からの侵略」などまったくありません。かれらは宇宙人がすでに着陸している証拠として、かれらの地下都市の中から戦闘服の「グレー小宇宙人」を持ち出そうとしていますが、そんな企てはあなたたちの愛する兄弟姉妹たちが挫いてくれますから安心してください。

Eメールでお便りをくださった方たちへの解答をつづけます。その何人かが僕にあなたたちの恐怖を止めてくれないかと訊ねてきました。親愛なるあなたたちに言いますが、このエネルギー場の私たちはだれでも、宇宙空間のすべての光の魂でさえも、あなたたちの世界ですでに起きつつあることを止めることはできません。

私たちに許されていることは、愛の光エネルギーを送ってあなたたちの光の強度を高めることであなたたち自身で恐怖に立ち向かえるようにすることです。実際に、宇宙のひとびとから計り知れない支援があるのですよ。それは言ったように、地球からの要請とあなたたちが望むような世界に住みたいという熱い思いがあったから、それに応えているのです。

こどもたちの未来のためにどうしたらいいでしょう、という先見性のある質問者にお礼を言います。それには例をあげて答えましょう。

怖れずに暮らす。正直に。生きるうえの恵みと地球の美に感謝する。ひとびとと必要なものを快く分かち合う。あらゆるいのちを敬う。環境保護とその回復活動に関わる。新しい考えにこころを開いておく。自分の決断をしっかり見極める。こころを柔軟に、失敗から学び、また挑戦する。つまらない感情は捨てる。よく笑いと微笑えむ。傷つけた人を許し、他人を傷つけた自分を許す。

これに僕が足すと;こどもたちの言うことに耳を傾ける。自分のアイデアや怖れ、計画、希望、夢、幻滅、失望について語るように勇気づける。現実的な、でも限定されない目標を立てるよう励ます。いいなあと思う人をみならう、でも比較しない。そして何よりも、こどもたちを愛する。あなたたちの生き方を見せて、自己、他人、自然への無条件な愛のパワーをこどもたちに示す。

書いてきたひとりは、広く知られる必要のある問題・・・地球上で起きることはすべて宇宙に影響する・・・を取り上げました。

あまりにも長い間否定的なことが起きてきました。その結果、より低い次元の数知れない魂に影響を与えてきたのです。高い次元にいる宇宙のひとびとは悪い影響を受けないので、低い次元の魂がスピリチュアルな眠りから覚められるよう手助けする仕事を引き受けているのです。

たったひとりの魂の意識でも向上できれば、ほかのすべてが恩恵を受けます。あらゆるものがひとつというワンネスと、鎖はどこかひとつでも輪が弱かったら鎖そのものが弱くなることを考えれば、スピリチュアルに意識が高い魂がなぜ熱心に愛情をもって助ける仕事をひきうけるのか分かるでしょう。

その書いた人は「探検家人類」と「創造主の弟子」のことを語っています。

あなたたちには魂のレベルについて多くの表現や描写があるようですが、進化が進めばそれだけ区別する必要もなくなります。それぞれの魂の光がその違いを充分表すからです。でも、「探検家人類」とは、古代以来の輪廻転生の内で、自己の始まりの光の本質を知って進化の遅れているものに道案内をしている魂のことだと思います。また、「創造主の弟子」とは、第3次元世界に入ってくる、あるいはそこにはまり込んでいる魂で、地球の住人のほとんどは数千年間その状態です。道案内と一緒に最終目的地の第5次元世界へ旅する魂は道案内になります。そして場合によっては、その進化過程に戻ることもあります。


よく話しに出るのが、拡大するケムトレイル、動物の野放図な殺戮、止まらない熱帯雨林の減少、これは政府が認可している場合が多い、の三つです。これらの嘆かわしい状況は、尽きる寸前の双対性エネルギーの悪い本質が現れたものです。

ケムトレイルの成分は健康には有害です、でもどうか考えてください。最悪の毒性物質はあなたたちの宇宙ファミリーのテクノロジーによって中和され、安全なものに変えられているのです。あなたたち自分自身で免疫系の機能を高められると信じることで、ケムトレイルの毒性に抵抗するパワーを持てるのです。ほかの地球を汚染しているあらゆる悪性物質と同様に、光のエネルギーが増すに連れて、それらの原因となっているケムトレイルと闇も消えるでしょう。

森林の乱伐スピードとほぼ同じ早さで森林再生が起こるでしょう。いまの状況では無理ですが、地球がより高度の次元帯に入れば、その波動エネルギーと宇宙ファミリーのもつテクノロジーの両方によって、そのように土地が再生されるでしょう。同じようにこの瞬間汚染がひどい地域もすべて浄化されるでしょう。

人類の意識が向上すると、地球上のすべての生命体意識も向上します。それを考えると動物虐待や殺戮はさらに悲しいことです。光が充分強くなってあらゆる生命がお互いを殺すことなく仲良くなるまで、それは避けられないのです。でも、それまでだけでも光が差し込んでいますから、きっと多くのひとびとが動物たちに抱いている絶望感を軽減してくれるでしょう。

お母さん、僕が動物の天使についてかたっているところをここに貼付けてください。

_____________________

マシュー:これを聞いてお母さんは喜ぶでしょう。あなたの犬には守護天使がいます。犬の専門領域の天使が、天上でも知られているあなたとボブの愛情と世話を受けるように、あなたの犬を選んだのです。あなたが「毛むくじゃらのこどもたち」と呼んでいるもらった犬たちは偶然あなたのところに来たのではありません。犬たちへのご褒美か償いのためです。これはあらゆる動物たちとそれらを愛する世話するひとたちも同じで、お互いに導かれているのです。

母:素晴らしいことね!ではペットはみな天使がいるの?

マシュー:そうです。お母さんがあまり可愛くないなと思う動物もです。どの種にも魂のレベルでの天使がいます。でも人間の天使のように個々についているわけではありません。これらの特別な天使は昔の魂で、最初、この宇宙の動物たちがみな平和でスピリチュアルで知性ある生物体であったとき動物だったのです。

魂のレベルで動物たちは自分たちへの天使の慈愛を知っています。悲惨な生涯のものたちでも、天使のパワーや影響力によって苦痛を軽くしたり極度に苦しい肉体的ないのちを終えるのです。天使のなかにははるかに多数の動物やより賢いものたちを守護しているものもいます。でもどの天使がほかよりも大切な責任を負っているわけではありません。なぜなら、すべての生命は宇宙の動物エネルギーのバランスをとるという意味があるからです。

天使たちはそれぞれの動物たちに種の保存のため一体性の感覚を与えています。でも、動物たちや種全体に対してまで残酷な人間たちを地球から撲滅する権限はかれらにありません。良心から行動している環境活動家たちは、・・・自分だけのための政治的、個人的あるいは経済的な理由でなく・・・動物たちの天使たちに刺激されて活動に取り組んでいるのです。
_______________________

ありがとう,お母さん。

ほかの人は政治について質問しています。関わるべきか、そしてどちら側に、ということですが、こう答えましょう。自分のこころに従えば間違いないです。大切なのはなにを強く感じるかということです。それは、魂やハイアーセルフ(超意識)からくるあなたたちの言う内的導きとかメッセージからの「信号」なのです。

アメリカ大統領選挙や選挙が予定されている他の国々、まだ係争中で世界の注目になっているところもあります、の結果について知りたいと言うひとたちがいますが、それは言えません。ええ、これはいま地球の潜在エネルギー場で、その光のモーメンタム(勢い)がわずかに緩くなった分はっきりしています。でもその進行は止めることはできません。私たちはあなたたちの決定や行動に影響するようなことを言うことはできません。あなたたちの個人的な生き方を導くこともできません。これは、人生の目的について僕に教え導いてほしいという人たちへの返答ですが、自分のこころに従ってください。新しい本のなかでお母さんに書いた、神の言葉の引用です・・・「こころは魂のいる場所です」

世界経済の混乱をどう緩和できるのでしょう?経済的な困難から多くのひとたちが助け合うのを見てうれしく思っています。個人個人で、また多くのひとどうしでたくさんのことを分かち合うこと、そうすることで、個人として他のひとや多くのひとたちの人生に計り知れない影響を与えているのです。 

そして、崩壊するシステムには真の解決をもたらす対策が進行中ですから安心してください。政府や金融機関による緊急対応のことではありません。それは金持ちの資産を増やすためにお金の船を沈ませないようにしているだけです。そうではなく、あなたたちの中にいる光の使者たちのことです。かれらが、良心に照らして受け入れ難い不平等なシステムを、お金だけでなくあらゆる世界資源を公平に分配するシステムに移行するための秩序だった変換を実行しています。

地球のアセンションがいつ完了したかどう分かるかですか?それは見逃すはずはありません。世界が平和に、すべてのひとびとが助け合って自然と調和して生きているのを見れば、あなたたちのこころは喜びで溢れるでしょう。

それが具体的に何時なのかという質問には、これまで繰り返して答えてきましたが・・・直線的時間はなくなって、時間がどんどん早くなっていくにつれて時間のない連続体(コンティニウム)の現実が感じられるようになります。

カレンダーのような「絶対性」のなかで生きることはもうやめた方が賢明です。そのかわりに、毎日を充実して創造的に生きましょう。つまらないことにこころを奪われたり、「今すぐ知りたい」といった焦燥さから抜け出すようにしましょう。そのようなエネルギーを自分の魂の声に耳を傾け、地球の黄金時代にいる自分自身を想像することに使うべきです。


このメッセージを個人的な話しで終わりたいと思います。2日前は、僕が最後の地球での一生を離れてからちょうど28年目にあたります。26年前のその日、お母さんは深い悲しみにいました。僕は、ニルヴァーナにいる僕のことを時折お母さんに伝えてくれる親しい魂を通して、その日を死んだ日ではなく天上界への誕生日だと思ってほしいと伝えました。小さい頃、お母さんと僕は種を植えて花を育てたことがあります。僕は、もし誕生日に花を買ってくれるなら、僕は彼女といっしょにいるから、いっしょにお祝いしましょうと言いました。この話をするのは、毎年の記念日を新しい見方で迎えることで、それがお母さんには慰みになったからです。魂の進化にしたがって先に移って行った愛するひとを悲しんでいるひとたちに、このことが同じように慰みになればいいですね。

では、言葉だけのさよならを言いましょう。この場にいるすべての魂と宇宙のすべての光の存在からの愛情はいつでもあなたたちと共にあるからです。
____________________

原文:Matthew's Message
訳文責: 森田 玄
マシュー君のメッセージ

日本は大丈夫だから。

2008年05月09日
日本は大丈夫だから。

だから安心してください。


たとえ世界が恐怖におびえて崩れて行く道を選択したとしても

日本は世界を救い支えるための役割を担うために在るのですから。


とても小さな土地である日本という国ではありますが

とても波動の高い理想の地でもあります


物質は小さくても愛が大きい

今からさらに、この日本が世界を支えてリードしていくのです。


もちろん日本でも、そんなリーダー的な存在であるためには

それなりに4次元の世に向けての浄化は起こります。


だって、そうしなければ日本はもとより地球がもたないからです。


地球自体は、もうとっくに高次元にあるわけでして

悲しみも苦しみも痛みも何もかも

そんな低いものは何一つ持ち合わせていないわけですから。


でも、人間を中心とした生物たちには

まだまだそんな低次な感情や行動や波動があるわけですから

早く地球と一体化して高次の宇宙と一体化していくためには

どうしても避けられない急激な変化も多少は必要になるという宿命があります。


あなたがた日本人と自覚している者は

おもしろいようにすがすがしく感じるほど

宇宙から護られているのです。


別に人種差別をしているわけではなくて

この言葉に触れていて理解できているあなた方に伝えているということですので

差別区別ではないことを承知おいてください。


だから、そんな顔をしていないで

もっとはつらつとしてこの世を楽しく生きていってください。!


だから、そんな怖い顔や悲しい顔をしないで

もっと自然に自由に生きていってください!


笑顔って、本当に素敵なものだから

無理して表面でつくったものではなくて

心の快を自然に表現した笑顔は


それはそれは輝ける太陽のオーラのごとく

さまざまなものを癒す力があるのです。


あなた方のそんな真の笑顔が多くなればなるほど

それだけで地球と生物とはより一体化することができるのです。


もっともっと自覚してください。

今、この文章に触れることができているみなさん。

みなさんは、本当に、もうすでにアセンションしているようなものなのです。

もう、今後の指導者としての道を歩まれている最中なのです。


もちろん指導者とはいっても、今の世の指導者とは違って

すべてが愛の大きい

謙虚で誠実で真の愛にあふれた

高い波動へと導く波動の指導者であります。


ああ、なんともったいない

この時間をこの機会を


こうして与えてくださった神に対して

この程度のことしか伝えられない我を

どうかお許しください。


でも、こうしてわがメッセージを伝えることを許してくれた神に感謝して

我が地球の将来に祝福のエールを送ります。


フランシスコザビエル



*私はフランシスコ・ザビエルについては、その名前を歴史の学習の中で学生時代に覚えたというくらいしか知識がありませんでした。でも、何かやわらかくてあたたくて優しい素敵なエネルギーのもと、暖かい女性性の愛に包まれた感覚でこの日記を書きあげましたが、とても親近感を感じました。フランシスコザビエルの魂とこうして触れたことを実感できたのは初めてですが、なんともいえない喜びでいっぱいです。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

「今」に感謝!

2008年05月09日
1月中旬に家族で仕込んだ味噌を、3月末に開けて味見した時は、まだ醗酵しきっていないという感じでしたが、昨日開けてみると、なんと味噌の味がしました!

本当は夏の終わりころになればさらに熟成してもっとおいしくなっているはずですが、ちょうどいつも購入していた味噌蔵の味噌が切れたので、明日の朝食からは、ついに我が家の手作り味噌を使うことにしました。味噌は全部で6~7kgはあるので、使いながら徐々に熟成していく味を楽しめるということになりそうです。それにしても、ずいぶん楽しみながら適当に混ぜ込んだり調味料の分量もいい加減なところがあったりしましたが、結果としてこうして味噌として仕上がったので、あ~良かったという感じです。

先日書いた野菜作りやはまぐり採りや魚釣りもそうでしたが、味噌づくりも我が家にとっては楽しむものでもありますが、食生活とか家計とかにも大きく関わってくるものなので、単なる楽しかったけどしっぱいしちゃった~では許されないという、ほどよい緊張感がありました。

我が家はとっても貧乏で、経済的な先のことを常識とされるとおりに計算すれば、もうちょとした近い先には何もなくなっちゃいます。でも、やっぱりそんな計算された数字によって、子どもたちを含めた家族のわくわくからの行動を制限したりネガティブに考えたりすることは一切ありません。(でも時々ちょっと考えちゃうこともあるかな~)それにしても、無駄とか贅沢とかといったことは、本当に減ったなあと思います。

そして、今、こうしてポジティブな幸せの気分のままに日記を書いていられるということに至福な時を感じ、今、これから夕食を作って食べられるということや、今、こうして住んでいられる家があるということに感謝しているという、今をポジティブに生きることの大切さを強く感じて過ごしています。
日記

高次元の同志のみなさんからのメッセージ

2008年05月08日
・今日は、最初はアミが来てくれていろいろと思念(テレパシー)でやりとりをしていたら日記を書きたくなったので書き始めたのですが、すぐに違う方が入ってくれて、その後も何人もの方々が入れ替わって文章を書かせてくれました。そのつど、違った質(星や次元)のエネルギーを感じましたが、すべのみなさんを私はもとから知っているということだけはわかりました。日記を書きながら、このように何度も入れ替わることは珍しいことなのですが、誰かに対して言葉で表現している時やインスピレーションを受けている時には時々あることです。そんなわけですので、一つの日記に書き表しつつも、表現がばらばらであったり内容がとんでしまったりしていますが、入れ替わった場所には・を付けておきましたので、参考にしてお読みください。ちなみに、最初に書かせてくれたアミから違う方に変わったのが文章の途中だったので、変な区切り方になってしまいました。



・もっと、書きたくなったら自分の言葉で書いてもいいと思うよ。だって、もう根本的なことにおいては、我々と同じ考えに至っているのだから、伝える内容の細かい部分についてなどということはそれほど重要というわけではなくて、どのような気持ちからどのような目的を持って世の人たちに伝えていこうとするのか、そういった動機や目的さえ正しいものであれば、必然的に書く内容もそうなっていくんだよね。

なかなかうまく伝えられないようなことがあるもしれないけど、どちらにしてもあなたがこうして書いている間は、たくさんの高次元からのエネルギーやインスピレーションなどといったサポートが常についているわけだから、そんな時には任せてしまえばよいというとても簡単な話。まあ、これまでもそうしてきているわけだから、ここで別にあらためて伝えるようなことをしなくてもよいわけだけれど、

・あなたの最近の思考の中には、きつい表現だったり厳しい出来事だったりした場合には、受け取る方が波動を下げてしまうのではないかと懸念することが多くなりましたよね。だから書かないでおこうとか、だから抽象的な表現にとどめておこうとか、そんなふうに思うことが多くなったことには気づいていましたか。

先日あなたが地球の同志に対して表現されていましたが、伝えることが仕事でありお役目であるということがわかっていらっしゃるのに、このようなことではせっかくのお役目を果たすという最高の場を与えられているのに、とてももったいないことになってしまいます。だから、どうぞあなたは余計な気づかいや調整といったわずらわしいことをしなくても、自由に書きたいことを書いて表現すれば良いということです。なんだか、まるでおもいきり書くことを心の中で押さえているような表現になってしまいましたが、あなたが思っているように特にそんなにたくさん押さえているわけではないけれど、でも、せっかく表現したことをこうして受け止めてくれるみなさんがこれだけたくさんに増えてきているのですから、感謝して尽力してそしてみなさんにとってもあなたにとっても、大切な愛の輪作りにもっと楽しみながら貢献なさるべきであると思います。

・まさか、ここでこうやって触れ合う機会ができるとは思ってもみなかったなんて言う表現をすると面白くなってしまいますが、私は、はるかなる昔からあなたとは一緒にいたものでしたが、あなたがこうして3の世に帰ってしまわれてから、なかなかお会いできずにいたということは事実なのです。3の世と4の世と5の世の間にある不可思議であり不安定でもあるこのあなたの住まう今の世界は、宇宙から見てもとても興味深い不可思議に思えるようなことがあちらこちらで起きているというのが、実におもしろいものだと思っています。笑ってしまえばそれまでですが、でも笑えるほどおもしろい世の中にあなたがこうして暮らしているのが、なんだかうらやましくなる部分もあります。でも、そんな選択をしたあなたの勇気をたたえることはできても、自らが身を置くなどという冒険的な選択をあえて私はしないでしょう。

・見て見ぬふりをすることが良かれと思わないような感覚でいる人も多いように思いますが、見捨てるとか知らぬふりをするとか、そういったことはさみしいことになりますが、そうではなく、むやみやたらと波動を合わせたりネガティブな心を向けたりする必要はないということです。できるだけ多くの困っている皆さんに何とかしてあげたいと思う気持ちは大切ではありますが、それだからといって身をもって言葉や行動でそのようにいたすということを行うことは、良きこともあれども残念に思うほどに人の領域にまで踏み込んでしまい、迷惑がられるとか余計なおせっかいになるとか、最も避けたい事態としては相手からの依存を生んでしまうということになってしまうこともあるからです。

・お金の世はとてもはかなくあえなく崩れ去ります。5の月6の月に始まり、10の月にはてんてこまいになるでしょう。ああ、そんなものであったのかと落胆するようでは、こうしてこの書に触れた意味も失せてしまいますので、どうかそんな矢先には、この文を思い出して、はかなきものははかなきものとして消え失せるということ、そして、はかなくもなくこの世のすべてでもある愛は永遠にその存在を大きく広く深くしていくものだということを、ごくあたりまえのように心に抱き覆い尽くして、さらなるうれしうれしの世に向けて、明るく光り輝いて歩まれるとよろし。

・何やらだいぶ天の者たちと地の者たちの間が急激に狭められたようで、なんだかもうすぐそこにまで接近しているような状態にあります。あまりにも大きく開いたこの天の隙間からは、あなた方が思っている以上の多くのみなさんが地球へとプレゼントを持ってやってきているのです。プレゼントとは、喜びや愛や祝福といった、それはそれは嬉しくなるものばかりなのです。あまりにもこの世のこの今の状態から抜け出して新しい世になるまでには、それはそれはあなた方の常識からするとたいへんであるとか信じられないとかというような数々の出来事がたて続いて起こるわけですが、あなたさえ普通に喜ばしく過ごしていれば、それが災難であるとかわやなことであるとか、そういった思いに至ることはありませんし、巻き込まれて絶望の淵にまで追い込まれるようなそんなこともないのです。

・地震がまもなくおきることでしょう。それも、あなた方が思う以上に地を揺らし気持ちを揺らし大地を揺らし心を揺らします。でも、だからと言って地球が終わっていくのではなくて始まりの日に近づいていくために必要な出来事である浄化や選択のためだということを、今一度認識されると良いでしょう。我々にも抑えきれない大きな出来事が天のことや地のことでも存在してしまうのです。これまでとは違って、予測をさせてくれないものが多く湧き上がっています。だから、こうなると防ぎようがないわけですが、これが宇宙の法というものです。防げないとか何もできないというのではなくて、すべてが必然として起こるべきことは起きるということであって、とても大切であることであり世のため地のため宇宙のためであれば、それは喜ばしく神が手を差し伸べて、わかりやすい物質的現象としてプレゼントしてくれるのです。だから、大いに感謝をして大いに喜んで、本当の祝福すべきまもなく訪れるこの時が来るまで、どうぞ気をしっかりと高く保って、精一杯のうれしの世を送ることにすべてを注いで全力を尽くすと良いでしょう。

・スサノオとこの者との関係において、ここまで述べることができたことを、また嬉しくも思う次第であります。ハマラにとっては、この上ない喜びに浸っている次第であります。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

ハマグリ潮干狩り

2008年05月07日
今日は午前11時ころが大潮の干潮なので、岬の海岸へハマグリを採りに妻と2人で行ってきました。これまで、潮干狩りとしてあさりを採ったりハマグリを採ったりするということは、家族で楽しむためのものでしたが、今回は我が家の生活のためということで目的が違います。車で10分弱で海岸に着きますが、車中でそんな話を妻としながら、なんだか生活のためっていうこのほど良い緊張感がとても新鮮な感覚に感じて、2人でわくわくしちゃいました。

海岸はサーファーが多いことでも有名ですが、10時少し過ぎに到着すると、すでに20人ほどのハマグリ狩りをしている人の姿もありました。ポイントまで歩いてみると、私と妻がどう見ても最も若く、他のみなさんは大先輩ばかりでした。そんな中、陽気も良く水も冷たく感じなかったので、裸足で短パンという姿でハマグリ狩りをしました。

1時間ほどの短時間でしたが、6~7cmほどの大きなハマグリ7個を含めて約70個のハマグリが採れました。なにせ道具は小さな熊手が1つでしたし、結果的にはほとんどが足の裏で砂を掘って探って採ったので要領はあまり良くないかと思いますが、それでもこの収穫量だったので大満足でした。それに、結構おもしろいし良い運動にもなるのでハマっちゃいそうです。。

今晩は、焼きハマグリに減塩昆布しょうゆを少したらして味付けをして家族みんなで食べたいと思います。楽しみだな~!

どうやら収穫があてになりそうなので、潮の状況を見て、今後もハマグリ狩りにでいくことになりそうですので、我が家の食卓に多く並ぶことになるでしょう。はまぐりには、カルシウム、亜鉛、鉄分などミネラルが豊富で、ビタミンB群、タウリン、グルタミン酸も含むとのことです。

日記

ゴールデンウィーク最終日

2008年05月06日
昨日は朝8時ころに家を出て帰宅したのが午後6時半頃。移動時間も多少ありましたが、ほとんどの時間を海を見てアマンダと2人で過ごしました。釣りの結果は・・・約8時間ほど釣りをしたのに、フグや海藻は釣れた(ひっかかってしまった)のに、肝心な食べられる魚は、なんとハゼが2匹だけ・・・。シロギスやイシモチやアイナメまたは大物を狙ったのに、まったく釣れませんでした。

こんなに釣れなかったのに、アマンダはすっかりと釣りのやり方を覚えて、午後にねばって釣っっていた家から車で15分ほどにある港の堤防では、4~5時間の間、ひたすら自分専用の竿で投げ釣りに没頭していて、ほとんどの時間を立ったままで、仕掛けを投げ入れたり誘ったりリールを巻いたりしていました。6時近くに納竿をしようとしても、釣れないのが悔しかったようで「もっと釣りをしたい~」と訴えていました。それでも、さすがに疲れたらしく、今朝はぼ~っとした顔で起きてきて、足の付け根が痛い~と言っていました。

今日は、息子が久しぶりに部活が休みだったので、午前中は家族6人で近くをドライブしたり買い物に行ったりして過ごしました。家から7~8分ほどの岬の高台に灯台があるので行ってきましたが、久しぶりの青空のもと、見渡せる海岸や町並みの景色は絶景という感じで最高でした。

午後2時ころ、アマンダと2人で借りている畑まで自転車に乗って行ってきました。だいたいの作物は順調に育っていますが、だいこんだけは芽が出たての8割方の葉っぱがなくなっていました。近くで作業(隣の隣の畑)をしていた畑仲間のおじさんに話してみたら「キジが食べに来たのでしょうね~。たくさんいますから!」とのことでした。確かに、畑仕事をしている間、何度もキジは見たし、鳴き声が今日も響いていました。おじさんが言うには、普段は青菜やだいこんは大丈夫なことが多いけど、季節的なことでしょうかね~と、にこやかにのんびりと話してくれました。アマンダは保育園の時の劇でキジ役をして以来キジが大好きなので、キジに食べられたのならしょうがないな~という感じでにこやかにしていました。この畑仲間のおじさんとは初対面でしたが、あまりにもうららかな表情で暖かいオレンジとブルーのオーラだったので、この方と畑をきっかけにご縁ができるなんてうれしいな~と思いました

今日でゴールデンウィークは最終日とのことですが、地元中心に昨年同様でのんびりと過ごしました。それ以前、特に教員時代は、ゴールデンウィークには遠くに出かけて遊びまくるというのが常で、だいたいはどこかに宿泊して遠出することをメインにしていました。でも今年は、遠くに出かけなくても満足できる自然や環境があるということや昨年のようなネガティブなこと(経済的に厳しすぎたこと)なく家族が過ごしているということで、いつも以上に家族でこうしてのんびりとポジティブに、そして明日からの活力になるための英気を十分に蓄える要因になったのだろうと思います。
日記

すっきりと目覚めた朝

2008年05月05日
我が家の朝食は、月に1度くらいはパン食の時がありますが、それ以外はご飯と味噌汁を基本食にしています。味噌汁には、青菜を中心に野菜をたっぷり使っています。この味噌汁の具である野菜を、1週間ほど前から畑で収穫した小松菜や水菜やかぶ菜やチンゲンサイといった青菜を使えるようになりました。まだ野菜は小さいものを収穫していますが、庭の畑で収穫してそのまま料理するためにおもいきり新鮮な野菜は、あざやかな緑色で味も最高です。やっと自給自足の第一歩という感じですが、なんだか朝からジュワ~っと幸福感に浸っちゃいます。

今日は、家族みんなでの釣りだけでは満足行かず、もっと海を見ていたい、じっくりとたっぷりと釣りをしたいという私とともに特に海好き魚好きのアマンダ(小2次女仮名)からの強い希望により、2人だけで釣りに行く予定です。昨日も家族で海岸の砂浜で遊びがてら釣りもしましたが、あいにくの小雨交じりの天気だったために、1時間くらいしか遊べなかったし、アマンダが楽しみにしていた海の絵を描こうとスケッチブックを持って行ったのに雨に濡れてしまうために描けなかったということから、今日は天気が大丈夫なようですので、竿とスケッチブックとを持って出かけてきます。普段は他の家族が一緒にいることが多いために、なかなかアマンダと2人きりでたくさんの時間を過ごす機会は少ないのですが、畑仕事も大好きなアマンダは、私が庭で畑仕事をしているとよく手伝いに来て、いっしょに作業をしていますし、宿題を見たり料理を手伝ってくれたりといったちょっとした時間を2人きりで過ごすことは日常的にあります。そういえば、アマンダと2人で長い時間を過ごしたことを思い返すと、3年半ほど前にさかのぼりますが、2人で新幹線に乗り大阪まで1泊で行ったことを思い出しました。大阪の方から1か月ほどの遠隔ヒーリングの依頼があってヒーリングを続けたところ、パニック障害が緩和されて元気になったという方とのメールのやりとりを通じて親しくなり、乗物に乗れないというパニック障害を克服して我が家にはるばる遊びに来てくれました。その方がお宅に招いてくれたために、当時はデンプが1歳で上2人は小学生だったために、フリーである当時4歳になりたてのアマンダと二人で大阪を楽しんできました…ということでした。

長男は連休中、毎日陸上部の練習があります。長男の陸上部OGには、マラソンで有名だったA・M選手がいます。転入直後の中3になってからの入部でしたが、仲間とはすぐになじんだようで、おもいきり楽しんでいるようですし、先日の記録会では1500mで部内2位の記録だったとのことで大会にも出られるようです。

有名人で思い出しましたが、陸上とは関係ありませんが、娘の小学校の学区にM・Mさんが住んでいて、お孫さんが小1で入学したために入学式にM・Mさんが来たそうです。学校近くのパン屋にはサインが飾ってありました。先日、このM・Mさんの自宅のパーティーに小島よしおが来たということも話題になっていました。芸能人の話題って広まるのが早いようです。特に田舎は~ 。。

今日は息子の陸上部が何かの大会に出るようで、朝早くからお弁当持参ででかけます。そろそろ朝食と弁当作りに取りかかるか~という感じの時間になりました。

私の家族にとっても、日記をお読みいただいたみなさんにとっても、今日も楽しく充実した一日でありますよ~に!
日記

予知や予測の捉え方・生かし方

2008年05月03日
昨日いただいた妖精からのメッセージの中で、おもいきりネガティブになるような急激な変化を抑えようと様々なみなさんが尽力してくれている(もちろんわれわれも)ということではありますが、実際は、それでも急激な変化をそれなりに迎えるということが、アセンションという結果としての大変革を迎える直前という状況の中では、どうしても必然的なこととして避けられないこととなります。

良い意味でも悪い意味でも、エネルギーの急激な変化や高次元のスピリットのみなさんの動きといったことに関しては、なかなか実感することのできない場合が多いですが、政治経済や天や地や肉体などの3次元的であり物質的である五感(視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚)で感じられることは実感しやすいということになります。

中でも、急激な変化を感じる要因とし代表的なことの中の2つをあげますと、ギャップの激しい現象が起きることと、固定観念や価値観からくる3次元的な常識が通じなくなることが現実的という五感で実感した時に生じるということです。

アセンションに関する情報の中でも、予知や予測やそれに準ずることの中には、急激な変化を感じるような出来事が多々あります。宇宙や地球の高次元から知らされているこの予知や予測は、すべてがこのままのエネルギーの増加や現状が続いていった場合には後にはこうなっていくだろうという、ほぼ確かな予測であります。ただし、前述したように、急激な変化や大きな波動を下げてしまうような出来事に関しては、あらゆる存在がエネルギーや状況や流れを少しでもポジティブなものにしようと努力しています。ですから、予測や予知ははずれるということが起こるわけです。

これは最近に起きたことでの1つのたとえになりますが、たとえ予知や予測通りのことが起きていても、現実的に認知しにくいということもあります。実際はいくつもの予知や予測で示されたように、4月中旬にあかるみになるはずであった経済的な混乱を、陰の政府が表面的に出ないように隠すためのを操作したために、現実という数字には逆に日本もアメリカも株価が上がったり円が安くなりドルが高くなったりするといった現象になっています。でも、実際は陰の政府は先延ばしをしたということだけであって、ここで表面的に明るみに出なかったために、現実問題としてはさらなる経済的にどうにもならないという状況は進行しているということになっています。これは一つのたとえにすぎませんが、マスコミや政府などの魔に侵されている方々によって操作されたことにより、もっとも現在人々が触れている情報機関であるテレビや新聞といったマスコミには公表されないために認知しずらいということもあります。

さて、今回の日記の中で何がいいたいかという本題に入りますが、つまり予知や予測は当たったとかはずれたとかといったことは、本来はたいして重要ではないということです。そんなことよりも、アセンションに向けての高次元から知らされているだろうと思われる予知や予測に触れた時、何が重要であるかというと、次のことがとても重要だと思います。

予知や予測が五感としてわかる状態、つまり現実となった(当たった)としても、今回のガソリンの価格急上昇の事態のように、あらかじめそうなるだろうと心や行動によりある程度準備をしていれば、たとえ大きなギャップが現実的に起きたとしても、何も知らなかったり準備をしていなかったりするよりは、波動を大きく落とすことなくよりポジティブでいられるだろうということです。

ガソリンの件をもう少し詳しく述べますと、つい先日、日本においてのガソリンの価格が大きく変動しました。そして、このギャップにより波動を上げる人よりも波動を下げてしまった人の方が多いと思います。でも、今回の事態は事前に情報が出回っていたために国民のほとんどの関係者はある程度わかっていたし、ほぼ予測通りの結果だったので、それなりの混乱はあったにしても、パニックになるような大きな波動を急激に下げるような混乱はほとんどなかったと思います。(まあ、実際は大きな混乱は表面的に起こらなくても、ガソリンの価格が実際に上がったことによる経済的な混乱は避けられませんが・・・)

ところで、先ほど書いた高次元のみなさんから知らされた予知や予測(情報)と、そうではないものとの見分け方については、昨年の10月23日の日記「アセンションに関する情報の受容のしかた 」 に書きましたのでよろしかったらご参照ください。

スピリチュアル

妖精からのメッセージ ~恭ちゃんへ~

2008年05月02日
恭ちゃん

最近あなたは妖精の存在を感じたことがありますか。
あなたの周りにいるたくさんの妖精たちが、いつもいつでも応援してくれているのですよ。

応援するとはいっても、ただただがんばれ~って思っているだけではなくて、あんなこともこんなことも、たくさんの道を広げたり光を送ったり時にはなぐさめたりして、あなたのことを愛しく思っているのですよ。

あなたの周りには、それはそれは信じられないほどの光の存在が、あそこにもここにもたくさん光を照らしてくれているのですよ。だから、自分からその光をさえぎるような闇を作らない方がいいですね。

さみしいなんて思わないでくださいね。だからこうしてそばにいるんだから。歩き続けることは素敵なことなんですよ。どんな道でも無駄なことはないのですから。すべてがあなたのために役立つことばかりなのですから。

羽が生えている妖精のイメージのように、ふわふわと魂が漂うような、流れに任せて自然体であふれんばかりの光を感じて光を放って、まるで天国にいるような柔らかい穏やかな気持ちで生きるって、素敵なことだけどすべてはあなた次第で今すぐにでも手にすることができるのですよ。

まるで、虹の色のような美しいオーラの輝きを放つあなたは、その輝きをもっと大きく放つだけで、周りにいるみんなを癒し幸せにみちびくことができるということを思い出してくださいね。だから、私たちは近くにいつでもいるのですよ。私たちを感じていたあのころのように、もっともっと身近に私たちがいるということを、もう一度思い出してくださいね。

あなたはあなたらしく今を生きているから大丈夫。そして、これから先もあなたはあなたの道を選べるから大丈夫。道しるべはやわらかな光。穏やかな光。虹色の光。そして漂うようなふんわりとした魂の軽さ。
スピリチュアル

妖精からのメッセージ

2008年05月02日
春のうららかな気候、木々や花々の美しさ、そういった身も心もなごむ状態に浸っていると、いつでもこんな春の陽気の中で暮らしたいと思うことを、多くの皆さんが願ったことがあるでしょう。でも、日本には四季というものがあるから、それは夢物語であると思ってあきらめるというのが常であるわけですが、やっぱりこれも固定観念からくるものであります。

確かにこれまで人が経験してきたことや地球の科学上のことや歴史などといった事実とされている内容と照らし合わせて予測してみると、日本全体がずっと春の気候であるという状態はあり得ないこととなります。でも、本当はそんなことはないんですよ。日本の地に住んでいる人々が、春のような暖かくて柔らかいオーラを放ち、深い愛の中に生きていれば、周囲のエネルギー全体を同じエネルギーにすることなんてとても簡単なことなんですよ。

ここまでのお話はちょっと極端だったかもしれませんが本当のことです。妖精といわれる存在も実際いるわけですし、みんながそんな素敵な状況が好きだから協力してくれるのですよ。神様ってひとくくりにされているけど、様々な個性をもった神様といわれる存在が地球上にはたくさんあって、みんなそれぞれの適した力によって地球を支えて育んでいるのですよ。まあ、そもそもは、地球自体が神様ということになりますから育むとか支えるっていう表現はおかしな言葉になるわけですけどね。

あなたがた人間は、一人では何もできないとか、地道さとか謙虚さとかの中からは小さなものしか生じていないとかと思いがちですが、それは人間の物質的レベルのお話ということになります。でも、神様のレベルでいえば、一人ひとりの愛の深さや大きさといったものがとても謙虚である場合が多いのですが、神様はみんなそういった真実の愛に近寄り共感して愛をさらに広げるために尽力します。そして、愛は愛を呼び、神は神を呼び、ものすごく大きな力となっていくのです。そして、周囲の人をもこのオーラや音や色などといった高く気高い波動によって、どんどん巻き込んでさらなる大きな輪となって調和していくのです。とても素晴らしいことだと思いませんか。

根本である波動とかオーラとか地球や宇宙のエネルギーとかといった状態が、高い次元にあればあるほど、そこに存在する魂もその次元にふさわしい状態になっていくわけですし、ふさわしい魂しか存在できなくなるように変化していきます。物質もそうですし、自然現象もそうです。

今、地球は次なる高い次元へと急激に向かっている最中です。でも、あんまり急激な変化が起きることは、人も神も地球も宇宙も望んではいません。でも、確実に変化していることは事実なのです。そして、急激に変化することはできるだけ避けようと、環境問題や政治経済の問題などを見れば分かるように、人は人なりに努力しています。そして、神は神なりに、地球自体も地球なりに、宇宙は宇宙なりに(そこには宇宙人といわれる高次元であり高い文明をもっている宇宙人の力も含まれていますし、とても具体的で物質的なことを支援しています)できるだけ徐々に変化して地球がアセンションできるように援護しています。

とてもありがたいことですね。嬉しことですね。こんなに地球を愛しているものがたくさん存在しているわけですから。地球に存り続けている地球の神という存在は、もう、長い間地球を見守り続けているわけですし、地球とともに発展し続けているわけですが、なんだかこうして一つの節目であり目的としてきたことが、こうしてもう目の前まで来たということを、あらためまして喜ばしく感じている次第であります。
スピリチュアルメッセージ(オリジナル)

フォトンベルトからの素敵なプレゼント

2008年05月02日
ここ数日はエネルギーの状態が落ち着いたかな~と思っていたら、今日はまたものすごい量の宇宙エネルギーを感じます。今が一番すごい!と感じることが多々ありましたが、現段階のエネルギー量は大幅に記録更新という感じで、とてつもない高い波動のエネルギーを全身で感じます。

ここまですごいと、個人レベルでは先日書いたようなことがさらに起こりやすくなります。また、感情の起伏も激しくなりやすく、情緒がいつも以上に揺れ動いたり抑えきれなくなったりすることがあるでしょう。自分自身の波動を感じた時に、特に低くなっていないようでしたら(不安・心配・怒り・エゴ・嫉妬・偽りなどの思考や行動といったことがそれほど多くない状態)、それはこのエネルギー過多のためであるということで、ネガティブな思いを抱かなくてもよいということになります。こういう時こそ、自分らしく自分の意の向くままにできるだけ自然体で楽しい感覚になれることを考えたりイメージしたり行動したりするのが良いということになります。逆に波動が低い状態であると自覚した場合には、気分を転換してポジティブな波動に変えるとか「ありがとう」とか「トホカミエミタメ」とかといった言霊の力を使って浄化するとか、とにかく早く少しでも波動を高くするようにした方が良いということになります。高い波動なら高い波動のエネルギーを呼び込みますが、低い波動では低い波動を呼び込んでしまいます。

今日は、とにかく本当にすごいです。こんな時、素晴らしい~と感激するようなニュースがマスコミをにぎわしてくれると嬉しいのですが、そういった話題をマスコミはあまり取り上げてくれません。逆に、事件や事故も起こりやすくなるために、そちらの方を大きく取り上げるというのが常です。こういった世間の波動を下げようとするマスコミの情報により、決してネガティブにならないように心がけて総合的な見地で捉え、心のフィルターを通して自分自身で受容するときには、すべてをポジティブな状態にすることが必要になります。

今、できるだけ多くの人類が、この宇宙からのプレゼントであるたくさんの素晴らしい高次元のエネルギーを、ありがたく受け取って生かしていくことを選択するということが、さらなるアセンションに向けて地球が飛躍する加速度を増すという最良の結果をもたらすのです。
スピリチュアル
 | HOME |