FC2ブログ
01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

わかりやすい転機の日

2008年02月08日
転機とはいっても、3次元的にわかることと、あまり実感できないような多次元的であったり物質的ではなかったりすることもありますし、小さな転機も大きな転機もあるわけですから、日々転機の連続であるとも言えます。

そんな中、私も妻も、今日が3次元的に見てもとてもわかりやすい比較的大きめな転機を迎える日となるようです。

私にとっての今日(もしくは明日)という転機とは、タエヌのスピリチュアル日記の本が、どうやらウェブサイトなどでの発売日ということになるからです。もっと具体的に表現しますと、より多くの方が私の書いた本やブログを読んでいただくようになるための節目の日になるだろうということです。

本に書いた「はじめに」と「著者紹介」には、FC2ブログのアドレスを載せてありますので、今後、本を読まれた方の中からあらたにブログをご覧いただける方がいらっしゃるだろうと思われます。これまでは、ブログを読んでいただいていた方の多くの方は、私の知人であると思われますが、今後はそうではない方々が増えることが予想されます。ますますご縁が広がっていくだろうということや、私が書いて表現したことがさらに広がっていくだろうという、そんなことを思うだけで、なんだかさらにわくわくしてきちゃいます。

私にとっての本を出版したいと思った最も大きな動機は、「私に降りてくるメッセージや私自身が書きたいと思って書いたことを、本やブログを通して表現することにより、読んでいただいた皆さんにとって、より豊かな実生活を送っていただくための参考にしていただけると幸いである」ということ。そして、「さらに多くの方がより大きな目覚めをするためのお役に立ちたい。」ということです。ですから、今日(もしくは明日)という日がその目的に向かって、大きく動いていく転機になるということだと思ってます。

私の妻にとっての今日が転機であるというのは何かといいますと、平成元年から勤務していた公立学校の職員である公務員を辞職するために、最後の勤務日となる日であるということです。

勤務日は、朝6時50分頃に家を出て帰宅はPM5時半過ぎ。約11時間という一日の半分近くの長い時間をこの就労に時間を費やしていました。数年ほど前からは、きっとこの就労の第一の目的は充実感や人のために行うということよりも、金銭を得るということになっていたかと思いますが、本来は自分の最もわくわくする道を歩むための仕事にもっと時間を費やしたかったようです。でも、3次元的な固定観念や価値観、家族にとっては妻の収入というものが計算上では必要であり確実に得られるものであるという保身的な考え。そこから、妻も、きっと私も抜け出せないでいた結果として公務員としての就労を続けていました。

所属長である校長も、お世話になっている弁護士の先生も、この妻の辞職という決断には大きな驚きを表現していました。今の我が家にとってのこの先の収入という計算を考えると、逆に辞職などということは考えずに、公務員という職をありがたく大事にしていくのではないか・・・そう思われているようです。ご主人にきちんと相談したのか?と、何度も聞かれたようですが、私が常々辞職することを奨励して勧めていたわけですから、私からしたらやっと本来のわくわくを選択してくれたと、心底から大喜びしている状態であります。

今晩は、妻が本来のわくわくするお仕事を始めるためのお祝いの日ということで、パパの握り寿司をみんなで食べるということを、今週はじめから3女のデンプ(仮名)と計画していました。そのことが、昨晩も今朝の朝食でも家族の話題となって、大いに盛り上がりました。そういえば家族みんなが大好きなお寿司を家族みんなで食べるのが、今年に入って今晩が始めてであることに気づきました。今の我が家にとってはとても贅沢なごちそうとなるわけですが、たまにはこのくらいの贅沢をしてもいいんじゃあないかな~とおもいきりわくわくしています。

明日からの3連休は、いつものように家族みんなでたくさん遊んで大いに楽しむ予定です。きっと、妻はこれまでの疲労がど~っと出て遊びどころではないかもしれませんが・・・今まで家族の家計のためにありがと~!お疲れさま~!!という感じです。。

来週からは今までは主に私一人で行っていたこれまでのお仕事を、妻とともに行うということになるので、ここからが本当の意味での転機になって、いろいろなことがさらにわくわくする方向へと変革していきそうな気がします。

スポンサーサイト



日記
 | HOME |