FC2ブログ
01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

ラストチャンス

2008年02月01日
今朝はいつも以上に高次元の宇宙エネルギーを強く感じました。8時頃、そろそろ三女デンプ(仮名)を保育園まで自転車で送ろうと思ってソファーに座って少しくつろいでいたとき、この強いエネルギーに包まれながら心地よくなり、ついつい眠ってしまいました。時間にしたら数分?もしかしたら数秒?・・・3次元的な時間の経過はよくわからなかったけど、じゅうぶんに睡眠時間をとった時の朝の目覚めのように、とても深い眠りについて心も体も霊性もすっきりとした感覚になりました。

そして、今、朝の10kmサイクリングを終えてパソコンに向かいながら、軽い瞑想状態の中で深呼吸を繰り返しながら宇宙と地のエネルギーと深くつながり、ハートチャクラにそのエネルギーを集中させました。心は温かくなり第三の目のあたりがじわじわきて、こうして日記を書きたくなりました。

最近頻繁に「ラストチャンス」という言葉が顕在意識に浮かび上がってきます。このラストチャンスとは、最後のチャンスであるという意味も含みますが、多くの場合の意味することは「今ここで軌道を修正すれば、本来の宇宙の目的に向かって自分を存分に生かすことができるチャンス」「今すぐにアセンションに向けての大きな変化(天変地異・経済的大混乱など)があっても、ネガティブに受容してしまうような出来事には合わないくらいに、今という時に波動を一気に上げるためのチャンス」ということになります。そして、すべてを言葉にしてまとめると「アセンションした地球に存在できる状態に至るためのチャンス」ということになります。ですから、最後のチャンスになるかもしれないし何度もそんなチャンスがまだ先に訪れるかもしれないということになります。ただし、この先とはいっても、いつ大きな変化があるかとかいつアセンションするかということがはっきりとわからないわけですから、今というチャンスが本当の意味での最後であるラストになる可能性は常にあるということになります。そして、ここで意味する「ラストチャンス」という絶好の機会は逃さない方がより幸福感を感じられるしより向上していくわけですから、そんな素敵なチャンスにおいては、より宇宙の意味する本来のわくわくすることを選択するということが必要になるというわけです。

身近な人や知人に接した時やふと心に浮かんできて波動をあわせた時も、スピリチュアルアドバイスをした時も、テレビ番組を中心にマスコミの情報を見た時も、昨年末の12月22日ころを境に、ふと「ラストチャンスかもしれないのに…」と思ったり、つい言葉に出してつぶやいたり妻に話したりすることが実に多くなりました。それまでは、ほとんどこの言葉は使っていなかったのですが…。

このラストチャンスは、一瞬の選択である場合もあるし、いくつかの選択をひっくるめている場合もあるし、今後歩んでいく道の方向性である場合もあるし、大きな気づきである場合もあるし・・・といった具合に、とても広い範囲のことを意味するし、ラストという言葉の意味も一瞬という短い時間から、何ヶ月とか何年とかといった長い時間を意味する場合もあります。

さて、いろいろな内容を羅列して書きましたが、ここで、こうして文章にして述べたいことの本題は何かということを表現したいと思います。

つまり、もうすでに現段階において、地球がアセンションすることができるか否かということにおいては、ラストチャンスという表現をすることができるというところまで迫っているという、実に喜ばしい状況になっているということです。このことについては、それなりの表現においてこれまでも様々なアセンションの情報からすでにそのように感じられている方もいらっしゃるでしょうし、あまり実感できていないという方もいらっしゃるかと思います。ただ、多くの方が思っているほど、速度はゆっくとはしていません。3次元の知識や感覚や経験といったことでは計り知れない、想像をはるかに超えるスピードで進んでいるということです。

食に関しての情報から実感できるでしょう。スポーツに関しての情報からも実感できるでしょう。政治や経済に関しての情報からも実感できるでしょう。地球自体の地形や気象などの情報からも実感できるでしょう。人間の本来の食の在り方が浸透していきます。不正はあばかれます。競い合うことに強くこだわったり、肉体を傷つけあったりするスポーツは変革していきます。政治も経済もこれまでの概念や常識とされていたものが覆って大変革がおこり、やがて無力化していきます。このように、五感(聴覚・視覚・触覚・嗅覚・味覚)でわかる3次元的な物質界のことを見ても簡単に予測がつきます。しかし、3次元の人間にとっては、五感としてわかりにくいために実感することが難しいかもしれませんが、気とか波動とかといったエネルギーレベルでいえば、もっともっと3次元的な大変革が起こってあたりまえであるという状態にまできています。

今、多くの霊的感覚が顕在意識に表出することを生かして世の人のために尽くしている人たちには、これまで以上にたくさんの予知的なことがインスピレーションとして与えられています。ここでいう予知とは、3次元的な知識や経験などから思考においてこの先に起こるだろうということを予測するということとはまったく違う、インスピレーションによる感覚や言葉や映像などといった無意識からの情報を顕在意識に表出したことによって知り得た情報のことをいいます。

私も特にここひと月くらい、予知をたくさん感じています。これまでも何度かそういった状況になりましたが、今回はこれまでで最も多くの場面におけることにおいての予知のようなものが伝わってきます。

たわいもないことや日常的なことにおいての予知というか先を知り実生活に生かすということは、少なくともここ数年はあたりまえのようになっているので、私自身も家族もそのことは普通の状況として捉えているのですが、それ以外にも、地域のこと、日本のこと、世界のことといった、身近というよりはとても広い範囲におけることが多く感じられるということです。もしかしたらお知らせした方が良いようなことがありましたら、きっと必要な場合には日記に書くようになるかもしれません。まあ、これまでの日記にも、さりげなく書いてきてもいますが…。

ちなみに宇宙の同志によると「予知とは、波動・気といった現状のエネルギーの状態や状況の流れが、今後も続いていった場合に起こりうると予想されること」ということです。そして、先にも述べましたとおり、この予知は無意識という宇宙との深いつながりの中から主に得ることができます。

では、次に、この予知という情報に触れたときに、どのように受容して、人間として何ができるかということについて述べます。

もし、予知した者が言葉や映像等で表現したことが、災難や困難などといったできれば避けたいこととか大難を小難に抑えたいといったネガティブと思われることをよりポジティブにしたいという場合には、現状のエネルギーや流れをよりポジティブに変化させれば、予知された状況という結果も変化するということです。このエネルギーや流れを変化させる方法としては、身近なことであっても遠方のことであっても、自分自身をポジティブな状態にして愛の思いをめぐらせればよいということになります。具体的にどういうことかといいますと、予知にあてはまる状況や場所や人々等に対して、「大難が小難になりますように」とか「高い波動のエネルギーで満ち溢れますように」などといった、愛から発する思いを、心の中で唱えてもよいですし、神仏や宇宙などを介してめぐらせてもよいですが、一人でも多くの人がより高い愛の波動をめぐらせることによって、エネルギーの質が変わり流れも変わっていくということになります。物質的な部分を変えても本質が変わらなければ何もポジティブな状況には変わっていきません。でも、本質が変われば表面でありうわべである物質的な状況が変わる場合もあります。ですから、逆に、予知されたことが望む状況であれば、さらなる波動の高いよりポジティブなエネルギーに満ちた状況にしていけば、予知は実現していきますしさらに素晴らしい結果として現れるということになります。

最近、予知ともとれるし3次元における知識や経験により分析したことによる予測ともとれるような、恐怖や不安や心配を引き起こすようなことがマスコミでもたくさん取り上げられています。私が強く感じているのは、実は不安や心配を感じることではなくて、逆にアセンションに向けての変化や変革といった、とてもポジティブな現象として受容できるものが、とても多いということです。しかし、ここのところとても目立って増えてきたのは、第一の目的がネガティブな波長を生み出すための情報という、魔から発せられた情報も含まれていますので、これに関してはただ単に削除すれば良いということになります。

今、地球にとってアセンションできるか否かというラストチャンスといえる状況に突入しています。もちろん、その大きな鍵を握っている地球人類にとっても同様であるということです。でも、あせることはありません。恐怖や不安や心配といったもので受容するべきことも本来は一切ありません。そういったネガティブな波動が多くなればなるほどアセンションは遠のきます。

我々地球人類が今なすべきことは、こういった状況であるということをできるだけ強く意識しつつ、だからこそ今という時の様々な選択を、デメリットの少ないことを選択するとか、経済的な数字というものに捉われすぎて本来のわくわくではないことを選択するとかといったネガティブな選択をするよりは、本来の魂が鼓舞するようなわくわくすること、よりポジティブな感覚に基づいたこと、デメリットに捉われずにメリットの多いこと、何かの問題に直面したときには逃げたり他人や他の物事のせいにしたり依存したりせずに自己解決をすること、そういったことを選択し続けるということが大切になっていくということです。そして、目の前のことやマスコミなどによる情報等の、すべての物事を受容する際には、たとえ多少なりともネガティブに感じたことがあっても、すべてをポジティブなエネルギーにして受容するということも大切になります。
スポンサーサイト



スピリチュアルメッセージ(オリジナル)
 | HOME |